シバケンの単なる雑談NO.156

雑談NO.151 雑談NO.152 雑談NO.153 雑談NO.154 雑談NO.155

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.157

NO.1830 神輿の法被が届くの話

NO.1829 古希、北海道旅行の話(39) 「ファーム富田」の話(2)

NO.1828 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(3)

NO.1827 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(2)

NO.1826 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(1)

NO.1825 古希、北海道旅行の話(38) 「ファーム富田」の話(1)

NO.1824 古希、北海道旅行の話(37) 「新富良野プリンスホテル」の話(2)

NO.1823 古希、北海道旅行の話(36) 「新富良野プリンスホテル」の話(1)

NO.1822 古希、北海道旅行の話(35) ニングルの話

NO.1821 古希、北海道旅行の話(34) 夕張メロンの話

雑談NO.155


NO.1821 古希、北海道旅行の話(34) 夕張メロンの話

過日。
とは、数日前。
いつ頃かと、なればの、多分なら、高校3年の、ミニミニの、ミニ同窓会の日<10月29日>、辺りより。
この日、外出での、蒸し暑く。明くるの、30日には、大した外出してへんのけどや。
その明くるの日には、孫君3号の、保育園での、運動会でして。この日も、曇天で、蒸し暑く。

それが、どしたとなればの、ハンカチをね。胸ポケットに入れて、汗拭いててね。汗も、顔が主なれどの、胸にも、汗がタラタラでの、拭き、拭きでの。
それが何じゃと、なればの、多分ならばの胸ポケットが、丁度の左胸、乳首の辺りでして。
ンの、それがどしたの怪と、なればの、出るに、ショルダー・バッグも、持ち歩いててね。そのバッグを首から斜めにブラ下げててね。この、バンドが、コレ又、丁度の、左乳首辺りに差し掛かってもてて。

で、何やなと、なればの、左乳首が、ヒリヒリして、痛あてね。
尋常であらへんでね。
そらなの、その程度で、乳首が、痛くなるは、あらへんでして。成っても、まあ、数時間なり、明くるの日には、回復と、するのか、痛みも、解消してるが、常なれどの、収まらんでね。
そもそもがの、この、数年、ン十年、こんな経験してへんわと。

2日の日曜日には、あまりに痛い故、何ちゅうかの、乳首の上に。とするのか、ガーゼにメンソレターム塗って、嫁はんに貼り付けてもろて。
イヤ、メンソレタームで、治るやろと。それもあるし、着てるのシャツなりが、乳首に触れると、痛あてね。触れんでも、ヒリヒリしての、コマツタなと。
ガーゼで云々も左程の効能無くの。寝るも辛いんやわと。パジャマの、Tシャツが、乳首に触れぬよに寝るがや。

での、3日の月曜日になっても、痛さ、ヒリヒリ加減も収まらずの、チョと、長引き過ぎでの。これで、このまま、痛いが続いてもてみい。歩くも、動くも、ままならずの、そら、それ程に痛あてね。
10月11日には、芋煮会で、雑草作業と、云うて来てるし。メールで、幹事がや。
16日には、神輿でして。15.5キロを練りの、歩くんやでと。走らさせられも、するしなと。加えての、23日なるは、中学校3年の同窓会やしなと。

どちにしたって、16日の神輿で、そんな状態では、巡行の、おつきあいもやてられんわと。
それまでには、何としてでもの、治ってんとなと。それ以前の、歩きの訓練も、出来んわと。

3日の月曜日の朝二番。近在の、皮膚科に出向いてね。
イヤ、空いてましての、即の、診察して戴くに、先生、チラ見で、ンの、どて事、あらへんねえと。悪性でも無いしと。
イヤ、当然の、心当たりなるは、申してるの、胸ポケットにハンカチなり、ショルダー・バッグの、バンドがと。胸の汗も、ハンカチで、拭<ぬぐ>たりで、摩れたんですかねえと。

には、応答無くの、左右で、特段の色の違いも、大きさも替わらんしと。
過日、6月に、処方したの、軟膏、塗り薬の、「アンテベート」が残ってるですかと、問われの、残ってるですと。返答したなら、それ使てくださいと。
乳首程度なら、塗るの量も知れてるし、新たには、勿体無いですと。ンの、そやなあと。
要は、メンソレータムでも、治るの程度と思うですと。一週間、それで、様子見してくださいと。
左様ですかと。

当方的になら、バイ菌なりが、入ってもての、事なら、困るなと、思たですが。そでもなさそでね。
での、以来の、1日経ったの、本日。痛み、ややの、ホンの僅かに、緩和の方向にあるの哉と。そらなの、マダ、痛みの、ヒリヒリは、ヒリの程度に収まりつつの、あるの哉と。


そんな次第の、斯くなるでの。
古希の、北海道旅行の話、なれどの、この時には、背中、腰のややの上の辺りに、スリ傷してて。
これが、7月21日、初日の、函館のホテルの、「ラビスタ函館ベイ」の、温泉にての、一発、治ってもてね。
まあね、治っても、スリ傷の辺り、風呂入っても、ごしごしは、出来んのけどや。

オッとの、話なるは、3日目<23日>。
観光バス・ツアーにての、富良野えの、道中。夕張経由でね。
夕張の話、飛ばしてもてた故、話前後するですが。

夕張なるは、その昔、石炭の地でして。その炭鉱夫の宿舎も残存してての、ンの、バス・ガイド曰くの、現在でも、6名かが、住んでるですて。へえと。6人とは、寂しいねえ。
されどの、所謂の、狭いの、長屋でね。
その昔には、何千名もが、働いてたと、思うですが。宿舎も、相当なるの、数あったと、思うですが。残存してるは、多分ならばの、数十軒程度哉と。
ソラ、遠の昔に廃坑でして。

ンの、にしてもの、山の中、やったんやねえ。
当方的、イメージなら、所謂の、ンの、そやなあの、矢っ張りの、炭鉱なるは、山なんかと。
山云うても、周辺なるは、平地のよに、思てたですが。

そらなあ、諸般の、諸般で、犠牲も沢山あったよに、記憶してるの、ここだけの話の、まともには、北海道は、夕張の炭鉱に、なんか、には、行かんわと。
それがや、いつの間にやら、「メロン」で有名になてもてね。へえと。

「夕張メロン」なるは、超の一流の、ブランドでして。
バス・ガイド曰くに、今年の初メロンなるは、300万円で、落札されたですて。へえの、へと。
どこかの、店主が落札致しの、店内に置いてたですが。売れずで、客に振る舞おたのらしくの、再度の、へえの、ええなあと。

そらなの、1個300万円なんか、宣伝、話のネタ話にするが為のモノでの。そんな意味でなら、充分なるの、宣伝には成ってるなと。
バス・ガイドが申すの程での、多分なら、全国版ニュースでも、取り上げられたんやろと。当方、全然の知らんかったのけどや。
まともなるの、「夕張メロン」なら、軽くの、1個、万円やろ怪と。
そんなの、よ、買わんわ。喰えんわと。
只で、呉れるのなら、喜んで、戴き、喰うのけどや。
(16/10/05)


NO.1822 古希、北海道旅行の話(35) ニングルの話

いきなり、なれどの、左乳首。
マダ、しっくり、致さんでねえ。
むしろ、昨日の方が、緩和されてたですが。マ、モ暫く、「アンテベート」を塗ってる怪と。

での、チョとだけ、話、ズレるですが。
当方、「メンソレターム」と、呼称してるですが。容器見たら、「メンソレータム」と、してあるです。
ならばの、当方の、云い間違い怪と、なればの、まあ、正確には、云い間違い同等なれどの、その昔には、「メンソレータム」やったんやと、強弁致すわと。
その昔なら、略称、「メンタム」とも、云う人、あったですが。

誰哉と、なればの、我が、親父、祖母。その他、巷でも、年寄りなるは、「メンタム」と、云うてたわと。
イヤ、それでも、充分に通じるの、それ程に、「メンソレータム」なるは、家庭の常備薬として、普及しの、重宝してたんやと。
薬少なく、高価なるの時代。チョとした、風邪、傷、怪我でなんか、医者通いなんか、トンでもの、時代には、なと。

イヤイヤ、その当時には、「メンソレータム」の製造販売元、「近江兄弟社」でして。
経営、何故か、左舞いと、相成りての、「メンソレータム」の権利を、売ってもたんやわと。
結果、容器見たら、ンの、「ロート製薬」と、してあったです。

イヤイヤ、正解はと、なればの、「メンシレータム」で、「メンターム」なる呼称正解での。
何故か、我々、巷で、「メンソレターム」「メンタム」と、云うてたのだけでして。実際には、米国の、「メンソレータム社」の開発製品でして。

での、昨日<10月4日>には、散髪行って。
1680円也の安い店でして。
ソラ、神輿もあるし、同窓会もで、ぼちぼちにでも、行ってしまわんとと。
は、結構の、今度は、左目が、チクチクしてね。逆睫と、思うですが。涙目になったりでの、コマツタなと。

イヤ、過月、過年にも、逆睫になてもてね。
近在の、目医者で、処置してもろて。
いやね、当方、時々に成るですが。逆睫程度で、目医者になんか、通てえへんかったのけどや。
理由、超の簡単、自分で、鏡見て、指先、爪先で、目に入ったのを、出してたわと。

それがや、正直申すの、だんだんに、見えんよになてもてね。
老眼が進んで来たの、証左での。そらなの、老眼なら、遠の昔に、なてもてるのけどや。それでも、挑戦してるのけどや。失敗ばかりでね。
昨年辺り哉と、あんまり、自分で、指先、爪先で、やってたら、目尻が、痛なってもての、反って問題やなと。医者通いして。
イヤ、挑戦の結果、諦めたの場合やでと。
それが、何故か、成功する事が無くなってもてね。

云うたって、年に一回の事でして。逆睫になるが、です。
でや、これも、こんな調子では、諸般、神輿も、やてられんが故、マダ、続くと、するのか、治せんよなら、目医者にでも、行かな、しょがないなと、思てたの矢先、ンの、成功したのか、或いは、もしかしてもしかしたらの、散髪に行ったの筈やのに、鏡見てたら、逆睫を治すのため、なれどの、ンの、長い、白い髪の毛一本、目に接近しててね。
モ一発の、もしかしての、もしかしたらの、コレ哉と、エイの、ヤで、引っ張っての、抜いてもたら、ンの、ンンの、治ったの感、致し。

この髪の毛一本、白髪と、とは、云えどの、最近では、抜くに、少々勇気いるわと。
理由、コレ又、超の簡単の、諸般、同窓会なんかをしてたら、へえの、同級生の、髪の毛の薄い事。
町内会の誰それの頭の天辺<てっぺん>、薄い事。その分、歳喰て見えるなと。

での、目がちくちく、現時点、治ってるですが。
指先、爪先での、処置成功か、白髪一本が原因かは、分からんわと。
再度の、コレ又、現時点、治ってるよに、思てるだけの事やしなと。


ででの、そんな次第の、斯くなるでの。
「新富良野プリンスホテル」での、昼食、バイキング料理喰て。
さての、時間有るが故、そこら、散策する兵衛怪と、皆で、大広間を出たのけどや。瞬時、ばらばらになてもてね。

当方、とりあえず、タバコ吸うの、吸えるの場所、探しの、エイジ君と、でして。
吸てから、どこえと、なればの、エイジ君申すの、「ニングル」の住むの、森がある筈と、申し。
「ニングル」とは、何ちゅうかの、「妖精」ですて。へえと。当方的、聞き始めなれどの、そんな、「妖精」が居てるの怪と、行ってみよかと、一緒して。

イヤ、エイジ君も、ここのホテル初での、場所知らんが故、ホテル・ガールと、でも、申すのかの、入り口付近なり、そこらに立ってるの、居てるの、ホテルの妙齢の美女、案内役なん哉の、女性に、尋ねたですが。
ほならの、あちらですと、示されたの方に向かいまして。

イヤイヤ、「ニングル」なるの、「ニン」とは、「縮む」で、「グル」は、「人」での、コレ、アイヌ語での、富良野地方に住むの、居たと、されてるの、「小人」らしく。
実存したかは、疑わしくと、されててね。
やのに、住むと、されてるの場所、この、ホテルに怪と。

その場所、行けば、森になっててね。
ログ・ハウスがあちこちに、あっての、要は、手作りの、人形、壁掛け、フクロウ等々の、小さな、売店での。
小ささ、売り子が1人居て、入るに、客、2人、3人も入れば、ホボの満員のと。

オッとの、売り子なるは、小人でも無いの、妙齢の美女から、歳喰た、小母さんから、中年男性までの、様々なれどの、観光、見物に来てるの方、可成りの人数でね。へえと。

いやね、この辺りで、孫共に、何か、ええのをと、との、考えにて、物色するにも、モノが少々の高めでね。
それもあるし、果たしての、孫共、この手のを、貰て、喜ぶのか、使うの怪と。
そらなの、ブック・カバーなんか、マダ、早いやろな。フクロウの、人形も、チョとなあと。置物なんかを、好むの年頃にも、なてへんし。

その他、コレはと、ええなあと、思うがあったのけどや。
使ええへんわと。アブナイわと。
モノは、木製の、小さな、手の平に軽くの、乗るの、ヘリコプター、飛行機なるが、あったわと。売り子の、中年男性、飛びますよと、申すですが。
飛ぶは結構の、より、怖いなと。
にしたって、この大きさで、木製で、飛ぶは、凄いなと、思うのけどや。

イヤイヤ、紙ヒコーキでも、昔、昔の、30センチ程度の、木片の、翼には、竹片を曲げての、紙張ったの、では、あらへんでの。
その大きさ、先刻の通りの、手の平サイズでね。まあな、形容難しいけどの、カブトムシみたいなのが、そんな形に似たよな、漫画の世界のがや。
ほんまに、飛ぶの怪の、フシギの造形での。
只なの、値がン千円也。高いのなら、軽くの、万円でね。

孫共にと、云うたって、男の子、3人やろな。
加えての、このフシギの、分かるの歳と、違うやろな。
男の子に、コレなら、見合うの、女の子、孫娘のもと、思うけどの、コレ又、難しくの、あらへんわいの、やめたと。
(16/10/06)


NO.1823 古希、北海道旅行の話(36) 「新富良野プリンスホテル」の話(1)

このところ、この手の話。
ばかり、してるですが。

逆睫で、或いは、髪の毛、白髪が、一本、目に入りかは、分からんですが。目のチクチク、涙目なるは、本日には、解消してるです。
マダ、若干の、気分的、スキリと、してへんですが。まあ、昨日までの、状況で無くて、嗚呼、ヨカツタなと。
イヤ、昨日には、その時、処方して戴いたの目薬、マダ、保管してての、それも、寝しなに点眼したですが。
赤い容器の、「ガチフロ」と、黒の、「フルオメソロン」の二種。

日付見たら、5月16日になっててね。まあ、この程度の日数なら、ええやろと。云うたって、モっと、モと、古いの、保管してるですが。
そこらに適当にであらへんの、所謂の冷暗所。とまでは、申さんの、暗所、カンカンの中でして。どて事、あらへんわいと。ほかすの、勿体無いわと。
始終の、度々の、医者通いもなと。

乳首の方は、どなんやろねえ。
自分の事なれどの、基本、マダ、チクチクしてるですが。これも、古いの、「アンテベート」を塗りたくってるわと。これも、日付見たら、6月7日。
まだ、新しいわいと。その時、2本、処方して戴いての、丸々の、1本余ってまして。それで、右足、膝のわき、外側の、何ちゅうかの、肌荒れと、するのか、治ってもてね。
先生、治るに長く掛かると、云うてたですが。1週間か、10日で、治ってもたわと。結構なると。

にしても、今度は、左足ふくらはぎに擦り傷してて。へえと。
いつに怪我と、する程の、重傷でも無いけどや。ほんとに、いつの間にやろなあと。これは、どて事、あらへんけどや。治るに、数日は掛かるやろ、なあと。
ほんまやでの、このところ、方々、擦り傷作ってもてね。それが、いつしたかが、分からんでねえ。困るの事よと。

どちにしたって、神輿の時には、万全の体制、体調にしておきたくて。目が、涙目、チクチクしてるは困るし、乳首がヒリヒリも、足が膝がも、なと。
ましてやの、風邪引きもあかんぞと。鼻水タラタラ、咳やコンコンで、巡行なんか、してられる怪と。
ほんまやでの、体調良好、最後まで、保つか、だけの心配にしときたく。


オッとの、そんな事で、古希の、北海道旅行の話。
いやな、最早の、3日目とも、なればの、少々の焦るです。何をと、なればの、土産モノの事。
まさかの、がごめ昆布だけもなと。

イヤ、この日、3日目、<7月23日・土曜日>には、函館の、「昆布館」から、送ったの、こんぶが、我が家に着いて。
実は、嫁はんの友達、同郷の、幼友達なれどの、年齢は、2歳上哉のが、我が家に泊まりに来てまして。
イヤイヤ、京都在住でして。

何袋、送ったの哉の、その方にも、お土産、上げてもええ怪の、問い合わせあっての、結構なると。
要は、諸般、チョと、多めに調達してて。そんな事も、あるやろと。
云うたって、ここだけの話の、そんなに安いモノであらへんでして。15袋と、送料込みで、14100円也なんやでと。
いやね、特産で、種類様々での、希少価値の、ええのを選んだんやでと。そら、云うてもたらの、同じの量で、安いのなら、500円程度であったわと。
がごめ昆布で無いのなら、なと。別途、がのめ紛いのもあったのけどや。
いやな、友達来てるも、承知故に、京都に届くの日も確認してるわと。ならばの、間に合うなと。

オトトの、そんな事で、「ニングル」ねえ。
「アイヌ」ねえ。
そ云うたら、北海道と、なればの、「アイヌ」なんやなと。そこまでの事、考え及んでえへんかったのけどや。
イヤ、売り子が、アイヌの方かは、知らんわと。多分なら、そでも無い、のではと。

にしたって、見物人、観光客の殆どなるは、まさしくの、見物での、買い求めてるの人、殆ど居てへんでね。
そらなの、当方、この手、小物の、相場、知らんけどや。少々、イヤ、可成り、高めの、値段設定されてるみたいに、思えてね。
勿論の事、多少は売れてると、思うのけどや。云うてもたら、小さな小屋、売店の数、概ね、10、15、20個あったの哉の。売って、生活成り立つの程の、売れ方してるよには、見えんでね。
売り子も、積極的に、売ってやるの、気も、あらへんみたいに伺えて。

要は、ホテルの、一つの観光資源哉と。
他になら、倉本聰の、「風のガーデン」「優しい時間」のロケ地も、あるの、みたいでね。
当方、その手、ドラマを知らんし、興味もあらへんかったのけどや。

ホテル館内には、土産モノの売店あって。
ンの、どしょ哉と、思いはしたのけどや。品数、少なくて。ちょとなあと。
最初っから、ここで、土産モノ、調達するの決意で以ての、物色するなら、なれどの、最早の、そこまでの、時間あらへんわいと。

いやな、こんな具合に、宿泊してるのホテルに、土産物コーナーがあって欲しかったわと。
ほならの、時間たっぷり、余裕持って、物色出来るですが。実は、あるやろと、思てたが、あらへんでね。
あって、コレと、思うが無ければ、買わんのけどや。
そらなの、気にいったので無いと、土産モノとして、買うもんかと。

モ一発、そらなの、宿泊してるのホテル内にあれば、送り状も、落ち着いて書けるしな。さもなくばの、当方、只でさえ、読めんの字しか、書けへんのに、急いでもたら、ミミズが這いの、暗号、附合、象形文字か。
解読不能、得体不明の外来星人のに見えるわいと。
(16/10/07)


NO.1824 古希、北海道旅行の話(37) 「新富良野プリンスホテル」の話(2)

での、目が云々の件。
マダ、少々の違和感あるですが。まあなと。
乳首の方、何でやなの、時折、チクリの、トゲでもが、刺さってるよな、コレ又、違和感、あるですが。感覚的、改善、回復の方向にあるのな、感してるです。
左足、ふくらはぎの擦り傷なるは、問題無しと、云えるですが。

どちにしたって、歩きに拍車掛けてるです。
そらなの、ハタと、気が付いたら、最早の、10日もあらへんでして。歩きの距離、云うたって、概ね、5キロ程度なれどの、これも、初期には、4キロを次第、次第に伸ばしの、6キロにしたりして。
本番では、公称15.5キロで、家の無いの場所、そらなの、この辺り、田舎やわと。所謂の、工場地帯、田園地帯は、疾駆致すです。
これで、我々、年寄り組、一発、ガタガタにされるですが。

オッとの、云いたいは、公称は、実際より、短いので無い怪の、15.5キロと、5キロ、6キロでは、不足なれどです。
それさえ、してへんなら、本番、当日の、15.5キロは、トンでもでして。
一発、ギブの、アップ、してまうわと。
なるべくの、朝早めには、歩きを鋭意決断の、家出てるですが。ソラなの、散歩とは、違うわの、歩きで、早歩きで、ユックリ歩きで、繰り返しで、汗かくわと。
かいてもたら、家に戻れば、シャワーでもしんと、風邪引くわと。
イヤ、諸般、一周して戻ったら、汗だくだくでして。暫く、止まらんわと。シャワー浴びても、マダマダ、汗出てもてね。困るの事よと。

イヤイヤ、過日には、シャツ程度は着てるですが。パンツも、ズボンも履いてるですが。上着、Tシャツさえも、着てへんでね。要は、上は下着のみでの、汗退くを待ってたですが。
そんな時、呼び鈴、ピンポンのパンで、ゲと。
大急ぎで、上、着てるの真っ最中、着てまうに、間に合わずの、町内会のご婦人、云うたって、70代なれどの、来られるは、ええけれどの、玄関ドア、パカと、開かれてもて。

いやな、着てもてから、ドア開けるの積もりが、ドアのガラス越しに、接近して来るの陰、見えててね。コマツタな。間に合わんなと、思てるの矢先に開けられてもて。
まあな、下はズボン、履いてるし。上は、下着なれどの、マア、着てるしなと。
云うたって、びくりするわと。

当方、云うとくの、家の中でも、基本、裸の状態で、うろうろなんか、しやへんわいと。
下着状態で、一歩たりともの、家出たりは、しやへんわと。
少なくともの、下着状態で、裏庭にさえも、出たりは、しんわと。

いやなの、余計なるの話、その昔、祖母から、云われてたわと。
まだまだ、男児なら、結構なれどの、歯ブラシで、歯磨きしてるの状態で。一歩でも、外に。
女の人が、化粧途中にでも、頭に何ちゅうかの、パーマやろかの、道具付けたのままの格好にての、一歩でも、外には、下衆の証左也と。
ましてやの、女の人が、シュミーズ一丁にて、一歩でもの、家の外に出るなんか、トンでもやと。色街のと、間違われるでと。

モ一発、いやなの、高齢、老齢の、爺様がや。
夏、真夏の、暑い日、シャツ一丁、ステテコ姿で、床几に腰掛けての話。コレ、所謂の、下町の情緒、とも、云うてるですが。
真夏に、その格好で、夕涼みし乍らの、よくぞ、男に生まれ蹴りと。

これは、なの、余程の下町ぞと。超の、長屋で、無いの怪と。そこら、一帯、自宅感覚の場合やろの。基本、許せて、上が、シャツでの、下、ステテコは、あらへんわの。その昔にも、近所では、見た事、あらへんわと。
そらなの、その手の格好、見える、見せるは、身内にだけ。それでも、限度あって、なと。
時折には、自慢げに、家の中で、裸で、うろうろしてると、テレビで、云うてるの、豪語してるの、ド阿呆ゲー人、ハイユー、ジョユー。


そんな次第の、斯くなるでの。
この手、ホテルを知らんでね。
イヤ、全容なんか、知らんのけどや。「ニングル」の居た、森も、広大と、までは、申さんも、結構、広いの、木々茂るの、森の中。

そして、何ちゅうても、観光バスが、ドンドン、入って来てての。自家用車も、結構なるの台数での、ホテルの駐車場、満車状態での。
コレ、云うてるは、昼間、昼食時の話での。
皆、昼食のバイキング料理で、来てるです。
ので、無い怪と。

そらもお、我々、到着したが、1番手、とまでは、申さんの。バス、一台分程度の先客居たですが。それでも、大広間、がらがら状態故に、そこらの、テーブルをば、合わせてもての、6名分の、席確保出来たのけどや。
チョとでも、遅かてみい。確保は出来るのけどの、少々、強引に見えるわと。それ程に、次々、新手の客増えてもてね。

フウンの、そかの、観光バス会社とは、昼食の契約してるんやなと。
前日の、ジンギスカン料理なら、観光バスも、一台だけでして。席は、それで、丁度の、満杯での。他には、客、入れてえへんみたいでね。

そらなの、バスの台数まで、数えてえへんのけどや。同じのバス会社のだけでも、3台。
ここのでなら、日本人客が多いよに見てたのけどの。後から、後から、到着のは、中華系、主体の団体さんでの。やから、バイキング料理も、中華系料理、多かったわと。旨かったわと。

とするのか、当方、正直、旅慣れてえへんでね。
ここまでの人生で、10回もは、宿泊伴うの、なんか、してへんわと。
オッとの、四国の嫁はんの里帰りなるは、旅行は、旅行なれどの、旅行の内には、入れてえへんわと。
(16/10/08)


NO.1825 古希、北海道旅行の話(38) 「ファーム富田」の話(1)

オッとの、1歩を、何メートル、何センチと、するか。
が、あるなあと。
コレ、早歩き、ゆっくり歩き。加えての、とぼとぼ歩きもあるし、身長でも、異なるの、らしく。
さりとて、標準では、2足分で、早歩きなら、3足分と、してるのよ、なれどの、ほんま怪と。

単純に、歩き乍らの、歩幅の、靴の先端から、一歩進んだの、踵、靴の最後尾の間なら、そんなモンなれどの、1歩とは、靴の、先端から、先端まで故、更に、靴一足分、加えんとと。
又、感覚的になら、歩幅、間を見た場合、2足分以上に見えるですが。

当方の場合、靴の文数、10文半。
戦地、イヤ、センチで、云えば、25センチなれどです。一歩、1メートルは、チョと、長過ぎるやに、思うのけどや。靴の先端から、先端なら、4足分に該当故、丁度の、1メートルで、ええのやない怪と。
ユックリ歩きもしてるが故。この場合、75センチ怪の、平均値的、87.5センチに相成るですが。
鯖読んで、90センチにでも、しとこ怪と。

そんな事、余りに重要で無く、本日、朝、7千歩強。夕方、嫁はんと、再度の歩きで、4千歩弱程度の、都合の、軽くの、万歩達成。おめでとうございます。
イヤ、基本、万歩なんか、一気には、とてもの、とてもやないの、考えただけでも、ゾと、するわと。
云うてるの場合や無いの、当日、神輿でなら、万歩どころや無いの、15.5キロ故、ンの、この場合、どれ程の歩数に成るの怪と。
暗算、見取り算、四則演算、よ、致さんわと。

いやね、当方、歩いてるの距離数とは、全然の違うなと。
そらなの、既に、8回の奉仕参加しててね。その実感距離と、万歩程度ではなと。
と、思たり、そんなモン哉と。とも、思たりもして。


とかとか、ホテルのロビーに行けば、エイジ君と。なれどの、他の面々、居てね。
ならばの、ぼちぼちの、バスに乗る怪と。
いよいよの、ラベンダー畑に行くになるですが。

道中、途中、妙齢では無いの、バス・ガイド曰くに、現地、「ファーム富田」なれどの、交通渋滞ですて。
いやいや、そこの、駐車場に入るの車が一杯でして。その道避けて、遠回りするですて。へえの、そですかと、思てな仕方があらへんでね。
その遠回りの道、なるが、舗装されてるですが、凹凸道と、するのか、起伏激しくて。運転手も、慎重に走るですが、へえの、舗装されたの道で、こんなに起伏あるの道、初体験での、へえと。

まあな、周辺荒野で、殆ど、車が走ってませんですが。時折の、行き違うの車の程度での。そこで、左手の、あそこが、「ファーム富田」ですと。見たら、へえの、遠目でも、綺麗でね。
それこその、距離の程、分からんのけどや。直線でなら、1キロ怪と。
そこを過ごして、要は、反対側から、駐車場と、するのか、突入するのらしくの、バス・ガイド曰くの、ここは、駐車場料金も、入場料も、無料で、お土産を買おて戴く事で、実入りで、収益ですと。

へえの、太っ腹やなと。
京都なり、云うたら、都会ならばの、駐車料金も、入場料も、ええ値、取るですが。
ここは、北海道やなと。土地広大。

その車中、エイジ君、申すに、ラベンダー入りのソフト・クリームがお勧めぞと。へえと。
ラベンダー入りやぞと。チョと、紫色、掛かってるしなと。何度も、何度も、教えて呉れたですが。
ここだけの話、でも無いの、イザ、喉が渇いた、暑いなと、喉の渇きに、ソフト・クリームは、逆効果なれどの、暑い、暑いの、只、京都なりとは、異なりの、湿度低い故に、暑いは、暑いも、蒸し暑く無く。

されどの、日は、7月の23日やでの、夏場やわと。汗だくだく程の、事でも無いのけどや。歩けば、動けば、汗出るわと。
いやな、本日、10月8日の秋口なれどの、こちで、歩きしてるの方、遙か、蒸し暑くの、汗だくだくでの。北海道とは、体感温度違うわと。
この日、天空、ややの、曇天なれどの、雨降っておらず。
イヤ、そもそもがの、幸いにしての、この旅行期間、一滴の雨、さえ、降ってませんでして。
とするのか、旅行中の4日間、カンカン照りの日、無くて。強いてなら、4日目、24日の日だけが、晴天でしたですが。

いやね、そんな事で、通常を知らんのけどや。
一旦、「ファーム富田」を行き過ごしての、反対方向からの、駐車場に、なれどの、誘導されるの場所には、1台分、空いててね。
我々のは、1号車で、後ろに、2台くっついて来るのけどや。さての、どするやは、我々が心配するの事で無く。

イヤイヤ、駐車場なるは、見たとこ、ホボの満車でね。されどの、何とか、成るのやろの、降りて、一番には、皆、揃てたのけどや。
ラベンダー畑に、行ったの時には、ヒカル君、忽ちにしての、見えず。
ケンイチ君、エイジ君も、その後、消えてもてね。当方の視界からの話やでの、ラベンダーだけで無くの、諸般の花、咲いててね。
何ちゅうかの、表現難しいけれどの、モと、広大と、思てたの割には、狭く。さりとての、期待外れとは、トンでもの、壮観での。

敷地と、するのか、全部の畑を見るは、トンでもの広さでね。
一つの畑、一周、歩くだけでも、大変やわと。ソラ、傾斜のあるの、土地でして。平坦であらへんわいと。
それこその、ええ歳して、滑って、転んでみい、怪我するわと。

でや、結果的、ノブユキ君、ヒロシ君との、3人だけになてもてね。
イヤイヤ、ラベンダー畑も、あちにも、こちにも、見学者と、するのか、見物人、観光客で、一杯でね。
あちで、こちで、台湾系か、香港、マカオ、カカオか、中華そばかの、韓国キムチか、知らんのけどや。自撮り棒で、カップルがや、邪魔な事。
そこを、中央突破も、出来んのやろな。我々、礼儀、常識、重んじるの、日本人紳士、爺様でして。
自分で、爺様も、嫌なれどです。別段にの、若いとも、思てえへんのけどや。

云うたってなの、カカオか、中華そばか、キムチで無くともの、日本人の若手も、その辺りの、礼儀も、常識も、知らんのばかりで、嫌になるわと。
実際問題、皆、同じよな、行動、動作、仕草しててね。区別、益々の付かんわい。
(16/10/09)


NO.1826 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(1)

本日、8158歩也。
多いやろな。

イヤ、朝2番より。
何故に、朝2番になったかと、なればの、ここ数日、便秘症状にての、昨夜、「マグミット」ン錠服用したなら、朝から、催してもてね。
何度、トイレ往復した事かと。

とりあえず、家出るに、その辺り、落ち着かん事には、具合悪くの、そらなの、道中、催してみい。待った無しで、悲惨ぞと。
途中、道中、コンビニでも、スーパーでも、あったら、なれどの、パチンコ屋にも、トイレならあるのけどの、最近、ここ、30年は、軽くの、ご縁無く。
コンビニも、田舎なら、駐車場完備なれどの、京都市内も、中心部の、では、あらへんわい。

そんな事で、落ち着いてから故の、朝2番。
いやな、家出るの目的、墓参で、東本願寺祖廟えと。
墓参終われば、御池の、市営駐車場に車駐めて。行った先、錦の市場。そこで、昼飯喰て、大丸えと。又、錦の市場に戻りの、買い物して。
三条通りの、蜂蜜屋で、ソフト・クリーム喰て、帰宅したです。

墓参は、月参りしてる故の、他<ほか>は、何でやと、なればの、遅蒔き乍らの、嫁はんの、誕生祝い。ンの、誕生日なるは、ン十ン回目で、9月の30日でして。諸般で、出来んかってね。
鋭意決断の、軍資金、万円にての、先の通りの、錦で、昼飯等々をと。

いやね、ほんまはね、「京都文化博物館」にての。
「京都文化博物館」ねえ。
コレ、「三十三間堂」向かいの、「京都国立博物館」とは、違うぞと。

開催の、「黄金のファラオと大ピラミッド展」<開催=2016/10/01から、12/25>を見に行こかと、してたですが。これが、三条高倉でね。
入場料、1500円也でね。
まあ、云うたら、大丸に近く。大丸との間になら、錦小路で、錦の市場があるなあと。久しぶりにでも、そこ、錦で、昼飯でもと、相成って。

ンの、ほならの、展覧会の方、見る怪、興味ある怪の、止めて、その分、入場料分、他に使うの方、使い応えがあるので無い怪なと、相成ってもて。
そらなの、「ツタンカーメン」の、なら、見応えあるですが。ンの、ン十年の昔、昔の、その昔の、半世紀程の昔に、それなら、「京都美術館」<岡崎公園>で、見たですが。
此度のも、クフ王の、なれどです。

いやね、錦小路の、錦市場。
その昔には、単なるの、市場での。
どこでも、単なるの、市場なれどです。
いやね、ここ、ン十年、観光客で、ごった返しの、大変なるの事になっててね。
話簡単の、スとは、通れませんの状況での。通れんとは、通行するに人で、人で、押し合い圧し合いの、真っ直ぐには、突破は出来んでね。

いやね、当方なら、その昔の、京都時代の、最寄りの市場なら、松原通りの、市場に、でして。そちの方が、近いしなと。
されどの、錦の、とは異なりの、松原の市場は、衰退したです。
いやねの、我々的の話の、その昔には、松原の方が、相当に、賑わってたやに、思うのけどや。

違いは、何かと、なればの、当方的、感覚、見解ならばの、松原は、京都の中心部、河原町四条からは、やや、離れてまして。
やや、云うたって、松原の、市場も、京都の中心部、なれどです。
錦小路の、市場と、ならばの、烏丸と、河原町通りの間でして。大きくは、なと。概ねは、なと。実際には、高倉通りから、御幸町の間でして。
先の通りの、大丸のそばでもあるし、寺町のそばでもあっての、観光客が、集まるの、集まり易くになるの哉と。

それとや、錦小路の、錦市場なるは、道幅狭く、先の通りの、ゴタ返すですが。松原のは、車がスレ違い出来るの、道幅での、可成りの人出があって、市場らしくなるですが。
それもあるし、松原通りは、車の通行出来るです。
イヤイヤ、錦の市場も、通行規制までは、してへんのけどや。事実上、車が通過出来るの道幅無くて。自転車も、通行出来んわと。
出来んけど、車椅子なら、通行してるですが。

オッとの、そんな事で、墓参は、月参り故、特段のと。
そこから、東山通りを五条。五条から、河原町通りを上<かみ>にで、御池通りを西にで、御池の市営駐車場。
そして、御池通りから、どの道やったの哉の、下<しも>えで、一旦は、うろうろなれどの、錦市場をや。

いやね、過年にも、イヤイヤ、ここには、数年に1回来てるのけどや。
その前回には、外国人だらけでね。赤は知らんの、白、黒、黄色の、一杯でね。外国人も、よ、知ってるのやなあと。
思たのけどの、此度、ソラ、多いは、多いけどの、左程で無くて。聞こえるの言語、日本語多く。へえと。

いやねの、いやねで、外国語なら、北海道旅行での方、圧倒的多かったわと。
その過年の、状況でも、聞こえるの言語、万国語なれどの、ンの、そんな意味でなら、京都は、国際色も、万国でして。
どちかと、なればの、北海道、函館、札幌では、アジア系が、殆どやったの哉と。その替わりに、日本人、日本語が、殆ど、聞こえて来やへんでね。
ここ、北海道なるは、日本国怪と、思たの程での。されどの、人種的、偏りがと。

それもあるし、この界隈に、観光バスなんか、駐めるの駐車場なんか、あらへんわいと。
よて、家族単位なりの、旅行者哉と。
(16/10/10)


NO.1827 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(2)

いやね、又、カラダの具合の話なれどです。
目については、過日、嫁はんと、墓参、錦と、大丸に行ったですが。その大丸で、痛かったわと。目が涙目になってもてね。
これは、帰宅して、目医者で、処方して戴いてるの目薬。若干の古いの、なれどの、挿せば、快方に向かい。
又、本日も、チクチクなれどの、目薬挿せば、治ってもてね。

乳首のチクチクも、実は、過日、2日前哉には、メンソレターム。正式名称、「メンソレータム」なれどの、切り替えたですが。
以来、チクチク解消しててね。結構なると。
マダ、若干の違和感あるですが。まあな、問題無いやろと。とするのか、明日、明後日には、メンソレタームからも、開放されるで無い怪なあと。

便秘症状なるは、どなん哉と。
マグミットなんか、早々には、服用してへんですが。マグミットで、解消するですが。癖になってもたら、困るの事よと。
只、本日、又、便秘症状でね。イヤ、マダ、マグミットは避けてるですが。

での、その、本日<10月10日>、体育の日。
新調の、1階の畳にカビがで、一発、干すかと。
とするのか、仏壇、箪笥、洋箪笥の下を見て見る怪と。そらなの、見えてるの箇所なら、カビの掃除したですが。そらなの、こんな調子、状況、状態ならばの、家具の下にも、当然の、カビあるやろと。

嫁はんと、年寄り2人で、よいしょ、よいしょの。ンの、インターネットで、検索、探索したなら、家具の下には、段ボールなり、毛布を敷くですて。敷いたの反対側から、押すなりしたら、簡単に動くですて。へえの、やてみるの怪と、実際には、段ボールで、下に敷く、入れるに苦労したのけどや。
確かに、簡単に、とまでは、云い過ぎも、動くねえ。
コレ又、実際には、下の方を動かせば、動くのけどや。畳に傷が付く故、慎重にと。

イヤ、仏壇なんか、結構、重たあてね。下をも、チカラ入れるの場所、難しく。片方、浮かせる、持ち上げるも、難儀しの、段ボールは止めて、チカラ尽くで、動かしたのけどや。
結果、思てた通りの、カビがで、凄かってね。諸般、外に出して、乾燥させて。

いやね、その昔には、衛生掃除、なるが、一斉に実施されたの、時代があったのけどや。
要は、畳も出してもての、パンパンと、叩<はた>いて、ホコリを出して。
オッとの、その畳を上げるに、コレ又、インターネットで、検索、探索の、当世便利やねえ。それで、概ねの手法なら、分かるなと。

イヤ、端の方に、マイナス・ドライバーなりを、突き刺して。持ち上げれば、簡単に、浮くですて。
正直、ほんま怪なと、ドライバーの適当なるが、あらへんしで、ヤスリの適当なるがあったが故、それを、使えば、見事、当方、非力、要領の悪いの、年寄りでもが、出来てもてね。

にしてもの、当世の畳、なるは、軽いんやねえ。裏地、ポリスチレンフォーム系になってるんやねえ。
イヤイヤ、業者からは、何にも、聞かされてえへんでね。
いやね、種類、これこれあっての、特徴、価格、これこれでの、どれに致す怪と、一言あれば、特徴、値の相談にての、決めるなり、するのけどや。
値の話も、何にもあらへんでね。とは、云えどの、当世、畳床なるで、藁を使用よりは、その手、樹脂系使うが主流らしいのけどや。
されどの、一番に良質なるは、藁でして。

オッとの、そんな事で、衛生掃除時代宜しくの、6畳の間の、3枚なれどの、屋外に出して。乾燥させて、ぱたぱた、叩いたり、エタノールで、拭いたり致し。
再度の、所定の場所に、コレ又、年寄り2人で、えっちら、おっちらの、元の場所えで、家具も、定位置にと。


そんな次第の、斯くなるでの。
錦市場では、2階に上がるの店、食事の出来るの場所あっての、そこで、海鮮の定食、注文したのけどや。過年にも、ここで、海鮮系のを喰た故での。
それがや、此度、ネタのみ、運んで呉れての、赤出汁、飯は、セルフですと。へえと。あのなあと。
あのなあと、までは、云うてえへんけどの。え、セルフですか。
とは、思わずの口にしたわと。
過年には、ちゃんと、盆に載せて、一式、運んで呉れたのにと。とは、云うてえへんのけどや。

いやね、喰てから、なれどの、更なるの過年には、別途の、2階に上がって喰うの店に行った事、あったなと、人で、人で、身動き難しいの、錦通りをどこやったの哉と、探せば、あったなあ。
少々の高いけどや。海鮮系、980円也で、そこは、2千円台するのけどや。次回、何年後か、分からんのけどや。来た時には、少々の奮発しての、そこにしよかと。

どちにしたって、この錦では、2階に上がって、食事の出来る店、3軒哉と。モ一軒なるは、漬け物屋、「西利」での。所謂の、お茶漬けでして。
飯と、赤出汁なんやろなあ。それと、「西利」のお漬け物。
いやな、これも、一遍、喰てみたいなと。只なの、お茶漬けも、ちょとなあと。乗り気で無いわと。

にしてもの、錦の、市場の値の高い事。
本来的、試食で無い怪の、スイート・ポテト。サツマイモの小片に、飴をくっつけたのモノなれどの、これが、実に、300円也としてあって、ね。
へえと、感心したわと。これが、数個、十数個の袋入りなら、マダ、理解もするのけどや。爪楊枝に、一個やでと。嘘やろなと。

或いは、その他、それこその、売り物、商品なんやろねえ。
皿に盛ってあるのに、「触らないでください」と、記載してあって、ね。
観光客が、触りまくりの、手にしたりの、喰たりするの、やろなあと。コレ、中華系の仕業、やろなあと。それこその、店主も、困るの事よと、書いてるの文字、日本語では、通じいひんわいと。

でや、大丸では、嫁はんが、服を見たいと、申すが故、お好きにして頂戴と、本コーナーに行ったのけどの、本の種類の少ないの事。
結果的、バーゲンの、ワン・ピースを買おたのけどや。
更には、地下デパと、申すの、地下の食料品売り場にての、晩飯の弁当でも、買う怪と。
いやね、高島屋の、よりは、品数豊富でね。安うてね。これは、ええなあと。

いやねの、いやねで、高島屋では、どちかと、なればの、土産モノの種類豊富。
そらなの、そらなで、ここだけの話の、大丸と、高島屋では、ブランド・イメージ的、高島屋の方、上でして。ついでになら、藤井大丸なるは、大丸よりも、モと、下でして。
ンの、よ、見たら、大丸も、松坂屋と、提携してるんやねえ。知らなんだわと。
松坂屋の、ブランドなるは、果たしての、どの程度か、までは、知らんのけどや。京都には、あらへんかってね。
馴染み無く。
(16/10/11)


NO.1828 嫁はんの誕生祝いの、錦市場の話(3)

本日<10月11日>、快便。
ハタと、昨日の、箪笥の移動、畳の、カビ処理にて、腹筋使たの故哉と。
どちでも、結構の、久しぶりにスキリと致したわと。

での、その本日、昼からは、「芋煮会」有志に寄るの、雑草取り。草刈りでして。
家出るに、あれを、これをの、長靴、着替えを出したり、軍手をと。オッとの、汗拭きタオルもいるなあと。
とかとか、やっとで、家出てから、オトトの、小銭もと。イヤ、飲料水、ペット・ボトルのお茶を自動販売機で、買うかと。
いやね、大銭なら、持参の、そら、財布には、免許証入ってまして。されどの、小銭は、別途の小物入れでして。引き返して、小銭入れをで。

やてる内に、集合時間、過ぎてもてね。
ケータイ一発、幹事に、少々の遅れると、伝えるに、出て来んでねえ。仕方無い故、フサオ君に掛けたら、一発出て呉れて。
そんな事で、このところ、家出るに、あれを、これをの、大変でして。一発で、思い出さんでね。

での、現地、農園主宅に付いて、庭に車置いて。イザ、やる怪で、様子が変故、参加者に尋ねたならばの、大根葉が、虫やろかねえの、喰い尽くされてもての、出来てえへんのやと。へえと。
凄いな、すさまじいなと。虫がや。
イヤ、犯人、虫か、どかは、分からんのけどや。

これまた、どちにしたって、次回、来月でもの、収穫も出来んでね。
ならばと、タマネギの苗の周辺の、雑草でもと。加えての、今からでも、大根の種、蒔くかと。数は知れてるですが、蒔いてもて。

別途に、農園主、カボチャを収穫して呉れててね。持って帰って呉れと。
ンの、有志、5人。カボチャ、3個ずつ、分けて。更には、裏庭と、するのか、横手の庭には、キュウイもあっての、これは、適当なるの数。1人に、6個哉の持ち帰るが出来るの数、我々が収穫致し。
そこには、柿の木もあるですが。成ってるは、成ってるも、数僅少でね。あっても、高い場所故、止めとこ怪と。

以て、本日、雑草取りと、するよりは、次回、「芋煮会」のための、種蒔き等々致しの、カボチャと、キュウイを我が家えの、土産モノと、相成ったなと。


でや、錦の市場も、可成り、替わってもてね。
前回、いつに来たかは、忘れたですが。当、「単なる雑談」でもを、紐解けば、分かるのけどや。そこまで、する事もあらへんわの、その昨年か、一昨年か、その前年かには、人出は一緒なれどの、店の様子が一変してて。

云うてるやないかの、値が、高くに過ぎてるの、ぼったくり価格。
コレ、はきりと申しの、韓国の日本人向け価格の様相での。ここ、錦では、日本人も、外人も、区別一切のあらへんのけどや。韓国とは、違うしなと。

ほんまやでの、南大門<ナンデーモン>の出店でなんか、下手に日本人がまともに、買い物してみい。ぶっかけられるぞと。
イヤ、値札なんか、ええ加減でね。韓国人なら、承知故に、値切り交渉致すわと。
日本人は、日本的感覚、値がなれどの、安いと、思ての買えば、粗悪品。元々が、韓国のは、粗悪品多く。知らんのが、安い、安いと、云い値、値札の公称値で買えば、高値つかみさせられるわと。

出来れば、韓国人通訳なりを同行させて、買わんとなと。
それでも、騙されるが、韓国やと。その辺り、百貨店なら、正価は、正価なれどの、正価に過ぎて。


そんな話は結構の。
大丸では、今夜の、夕食の、弁当買い。結構安うてね。それこその、正価の、3割引とか、シールが貼てあるを買おて。こんなモンこそ、正価で買うなんか、アホらしく。

ついでになら、和菓子でも買う怪と、物色してたら、ンの、高島屋のと、同じよなのがあってね。
ンの、よお見たら、高島屋にも、あるの、「仙太郎」。
イヤ、高島屋に行けば、ついでと、するよりは、必ずと、云える程に、「仙太郎」で適当なるの、和菓子、ぼた餅、饅頭とかや。買おてるわと。
当たり前の、我々夫婦だけ故、2個、2個の、4個だけ。これで、2日は保つわと。
オッとの、おやつなんか、度々は喰てへんわと。

それでや、ここだけの話、でも無いけどや。
高島屋なら、年に何回かは、出向いてるのけどや。大丸には、ン年に1回での。そらなの、どちかと云うたら、大丸の方が庶民的やねえ。一階から、上より、デパ地下の方が、ごった反しててね。

結構、買い物もしてもての、しもたなあと。
イヤ、5000円以上の買い物したなら、大丸の駐車場料金、2時間無料なんやと。
買うか、買わんか、分からんが故、御池の市営駐車場に車は駐めてもてるしなと。

ここで、若干の補足説明しとくですが。
墓参、済ませの、御池の駐車場に車を駐めて。まずは、錦界隈、散策しての、2階の料理屋で、海鮮定食、飯と赤出汁、セルフ・サービスでの、サービス悪なたなと。

喰えば、今度は、大丸に寄りの、嫁はん、バーゲンの服を買い。
更には、デパ地下で、今晩の弁当、3割引きのを買い求め、「仙太郎」で、和菓子を物色。しかる後、再度の錦に行きましての、過年には、入ったの、コレ又、2階の料理屋は、どこやた怪なの、探せば、あったなと。次回、来た時には、少々張り込み、ここで、喰いたいなと。

そしてや、暑いし、蒸し暑い日での、ソフト・クリームでもを、喰いたいなと。錦市場でなら、方々で、やてるが故、覗いてみたら、バカ高あてね。やめとこと。
そら、アレンジ、様々なれどの、450円もするよな、ソフト・クリームなんか、よ、喰わんわいと。

結果、寺町経由で、三条通りの、蜂蜜屋で、340円やったの哉の。マダ、高いけれどの、座るの場所もあったが故、ここのに、しよかと、決定致し。
ソフト・クリームにありつけて。
そらなの、動きっ放し、立ちっ放しでは、疲れるわいと。

斯くしての、御池の市営駐車場に戻りの、駐車料金精算したらの、1700円也での。
諸般、諸々の、都合の、万円札、1枚。
消えてもたわと。
(16/10/12)


NO.1829 古希、北海道旅行の話(39) 「ファーム富田」の話(2)

さての、いよいよの迫って来たです。
ンの、10月16日<日曜日>の、神輿の話。
最早の、諸般で、歩きをサボってられんわと。本日、水曜日で、後、5日で、本番でして。
正直、出不精故、邪魔くさいのけどや。鋭意決断の、歩きに出て。出たら、コーナンの交差点から、京都縦貫道路の下の道を上がってね。

イヤ、ここは、坂道でして。
本来、国道9号線から、ズと、登坂でして。
ここを、消防分団の若手は、神輿引っ張り、駆け上がるですが。我々、とてもやないの、よ、付き合えんでね。さりとて、歩いてでは、一発、遅れを取ってもての、後ろからは、役員とするのか、何ちゅうかの、リーダー達から、走れ、走れ、遅れるなと、尻叩かれるしなと。

よて、休憩時間もそこそこに、先に出発、距離稼ぐですが。
稼ぐに、既に、足の疲労で、ガタガタでの、えっちら、おっちら、歩くに、しんどく、難儀するの場所でして。
どちにしたって、全行程、歩くだけなら、こんな坂、どて事、あらへんのけどや。要は、登りの坂道では、思うよには、足、運ばんよになっててね。
そこから先、「太田」までが、丁度の半分、既に、過半哉の。後は、我が、町内会等々、近在の、経由で、「大井神社」に戻るだけ。

だけも、この辺り、家も少なく、田んぼ等々での、長距離、走るんやなあ。
モ一発、走られると、我々の足の体力、保たんわと。
とかとかでの、以前には、そこの坂道、行かんかったのけどや。歩き、とするよりは、この段階では、トレーニングでして。
此度、意図的、歩きの訓練の、コースに組み込んだわと。
でや、信号あっての、一つの信号では、渡り切らんでねえ。結果的、走れ、走れの、信号のあるの、横断歩道だけなれどの、しんどいねえ。

この程度で、この調子では、本番では、どなるやと。そらなの、正直、歳やわいと。初めての参加の時には、大して苦には、成らんかったのけどや。走るにや。
但しの、当然の、若手にくっついて、行けるで無いけどや。後方で、神輿の後方の縄、つかんで、引っ張ってもらうに、貰えて、走れてたが、その明くるの年には、それさえが、出来ず。この速度で、走られてみい。下手したら、足、追いつかずに、足もつれて、転けでもしたら、大変ぞと、縄離したわと。
それ程の速度で、走りやがるんやと。

その初参加が、2009年の事やしなと。この数年で、イヤ、年々の、体力、足のも、ガクンと、自分でも、分かる程に、落ちてるを、実感してるわと。
当時には、大した、トレーニングもしてへんのに、ゴールの、「大井神社」まで、しんどいは、しんどい乍らも、バテてえへんかったわと。


いやね、昨年、出てませんでして。
いやねの、いやねで、法被の下に着るの服。白シャツなれどの、一年に一度しか、着やへんしの。結果的、二年も着やへんかたら、黄ばんでもてね。
シャツ云うたって、下着で無いです。上着なれどの、ほならの、調達しな仕方無く。

本日、午前中、現物のシャツ持参で、亀岡の、「ユニクロ」に出向きの、妙齢の美女店員に、見せて、これと一緒の、あるですかと。
イヤ、2009年、「ユニクロ」で、買おたの、シャツでして。
店員、一発、同じのは、ありませんですがと、出して呉れて。
ンの、それで結構なるの、値は、1000円。消費税加えの、1080円也と。

にしても、肝心のや。
法被一式等々、区長、まだ、持って来て呉れんでねえ。例年、1週間前には、届いたと、思てるですが。


オッとの、そんな次第の、古希の北海道旅行の件。
なれどの、最早の、7月21から、24日の話での。唯今、10月12日やしなと。
ここ、数日、夜半ともなればの、ガクンと、涼しくと、するより、寒なってもてね。要は雨台風一過、一気、晩秋の如くでね。

いやなあ、7月23日、北海道も、三日目なるは、そらなの、あっちは、カラリと、した暑さ。
とは、云えどの、夏は、夏。
その日も、カンカン照りでは無かったのけどや。そら、暑いわと。日陰に入れば、楽なれどです。

オトトの、それでや。
結果的、ノブユキ君、ヒロシ君との、3人になてもてね。「ファーム富田」も、広大と、するのか、広いし、人も多く。
そら、そこらに居てへん哉と、注意はしてるものの、見つからんわと。

でや、暑いな、喉が渇いたな。渇きで、ソフト・クリームなるは、逆効果なれどの、喰うかと、そこらの売店にての、ンの、ヒロシ君、珍しくの、おごるでと。へえと。ご馳走さんと、戴いて。

でや、ででや、ソフト・クリームは喰たけれどの、エイジ君、何度も、申してたの、「ラベンダー」入りのやでと。
その事、綺麗さっぱり、忘れてもてて。
注文したは、バニラ。単なるの、バニラ。コーンの、バニラ。

そ云うたら、値が幾らしてたか、忘れてもたわの、おごりやしと。
朧気なるの、記憶ならばの、山勘、適当の、300円やったの哉の、高いなと。この手、所謂の、ここも、観光地故の値哉と。
モ一発、そ云うたら、「ラベンダー」云々と、なんか、書いてえへんかったなと。

後刻、エイジ君に聞けば、それ、売ってるは、別途の売店のみでして。そこらの、売店では、あらへんのみたいでね。それを、先に云うて頂戴なと。
とは、申してませんですが。そら、今更の、遅いわと。
(16/10/13)


NO.1830 神輿の法被が届くの話

本日、9200歩。
拍車掛かって来たです。
明日には、鋭意決断の、万歩達成をと。チラと、だけ、考えてるです。

オッとの、9200歩も、一気で無いです。午前と、午後の2回を足しての話。
且つは、午後の部、タバコを買いにで、近在のコンビニえと、歩いて、でして。
まあな、一気、万歩も、今なら、この状態なら、可能哉の、可能でなくては、本番、無理、ムリ、ムリの、無理難題。
そんな事なら、最初っから、この話、神輿の件、受けるべからずと。

イヤイヤ、正直には、このところ、肌寒い故。
歩いて、汗掻くも、少々での、午前に歩いて、そら、汗掻くですが。下着のシャツ替えるだけで、済むです。
そらなの、ホンの数日前なら、汗だくだくで、下着も上着もで。それ以前の、シャワーでも浴びて、着替えせぬ事には、風邪引くわと。
それが、下着のシャツだけ替えるで済む故、結構なると。歩くの気にも成るし、歩けるし。
何より、この辺りで、歩く気になる間に、距離稼ぐかと。心なるは、早めに歩きに慣れてしまわんとと。

いやね、モと正直には、歩くに、足が、何ちゅかの、突っ張ると、するのか、痛いんやと。暫く、歩けば、解消するですが。それと、アキレス腱の辺りが、凝ってるよな感致し。要は、本番前日辺りには、休むも一法哉と。休んだら、本番で、アキレス腱、凝り過ぎての、動かんよになるの危惧あるですが。
まあな、どちにしたって、明日は、兎に角、一気、万歩達成してやろ怪と。


での、本日、朝、歩きに出るの直前、歩きに出るかなあと、思てたの矢先に、呼び鈴、ピンポンの、パンと。
誰かと、思いきやの、区長の奥様。
手には、法被一式、パンツと、お守り持参でして。オオ、オオキニと。
いやね、例年なら、モと、早くに届いてるですが。此度、遅めでして。

ででの、そのままに帰るの様子故に、当日、迎えの件、話をしてしまわんとと、その件、どんな手筈にするの怪と、問えば、役員の某さんに、行ってもらうの予定で、「大井小学校」にでもと、申す故、あのなあと。
とは、云うてえへんけどの、小学校よりは、「並河駅」のロータリーでと。その方が、JRの踏切の手前やし、分かり易いしと。

ほならの、行きは、どしょ怪と、尋ねるが故、あのねえと。
とは、云わんの、行きは、いらんと。
詳しくの、申すなら、U原君、9時に子供神輿と一緒に行くと、申し。
T川さん、その時間はムリと、申しの、9時45分に家出ると。S田さんと、当方、その間の9時半、一緒にでの、皆ばらばらなんやと。
且つは、例年、行きは勝手にと、するのか、送ってもらわずの、神社に行ってるですと。そですかと。

それでや、区長のケータイの電話番号を教えてもらえへんやろ怪と。さもなくばの、こちも、いつ、終わるか、分からん故、終われば、しかるべくの、電話致すの手筈でと。

そですかの、チョと、確認するわと。
云うて、一旦、帰られの、その間、便意催しの、ンの、ええ調子也と、入ってるの真っ最中に、ピンポンの、パンで、えと。
来客、ほったらかしも、出来ずで、途中中断の、出たら、区長夫妻。
には、間違い無いけれどの、車で、どこぞえ出掛けるの様子での。

イヤ、奥様より、先刻の、電話番号メモったを、ハイと、手渡され。デハと、こちのも、メモって、手渡しましての。さての、ケータイに登録するに、最初の数字、「0120」で、ンと。
コレ、フリー・ダイヤルのやない怪の。先様、フリー・ダイヤルの、なんか、番号取ってるの怪と。商売もしてへんのにと。

ならばの、一発、確認のための、電話でもと。その前に、ケータイに登録の、ンの、区長のケータイ番号、登録されててね。へえと。
それは、「090」ので、この番号をフリー・ダイヤルにでも、変更したの怪の、にしたって、ケータイで、フリー・ダイヤルなんか、知らんぞと、よくよくの、二つの番号、見比べた、ならばの、ンのそこ以下の数字、一緒でね。
嗚呼の、あいつ、区長殿、「090」と、するのべきを、「0120」と、ミスったなと。

とかとか、現区長も、以前、3度、一緒に神輿に奉仕参加してるのにや。
すかりと、手筈、迎えの件、忘れてもてるなと。まあな、過日、法被はどこにあるの怪と、尋ねられたの程でね。
まあね、奉仕参加せぬなら、遠い過去の事での、忘れてまうのやろ、なあと。

いやねの、いやねで、昨年なら、諸般で、当方、奉仕参加してへんですが。ども、その昨年、行きの手筈が、上手く行ってえへんのみたいでね。帰りの事、知らんのけどや。
イヤイヤ、大体は、S田さんが、手筈、整えてたですが。時々の、区長のケータイの番号、聞いてたり。

よて、基本、任せてたですが。
此度、全然の、調整役してへんのみたいでね。
先の通りの、ここを出発の件、当方、調整と、するのか、聞き回ったり。結果、皆、ばらばらで、S田さんと、当方一緒に行く怪と、相成ったのけどや。

迎えの件なるは、以て、区長との、打ち合わせが出来たのけどや。
そらなの、当方的、こちを出るも、出来れば、同じの町内会故、一緒にと。するの、考えなれどの、皆、初心者、初めてでもあらへんしで、ばらばらでも結構も、そこを、皆が、皆、承知しとかんとなと、思うが当方。いやね、某さん、どするのやろ怪と、思てるよりは、時間ばらばらで、来ると、行くと、把握してる方が宜しいかと。
さもなくばの、水臭いわと。
こんな事まで、心配し過ぎなんやろ怪と。

イヤ、いつの間にやら、調整役、当方、買って出てるの感致し。
まあな、当方、頼りないけれどの、一番の年長での。我が町内会の面々の中ではの、話の。加えての、もしかしたら、もしかしての、神輿に奉仕参加の153名でも、最年長になてもてる鴨の。
これが、最後か、次回、マダ、奉仕参加、するかは、分からんしと。

それは、此度、本番、自身の体力、気力、足のスタミナ、保つかの問題での。
保つよなら、そらなの、諾と、出来るは、病気も、怪我も、入院も、してへんの、健康であるの、証左やわと。
只なの、正直、楽なるの、道中で無く。
まともには、最早の、正確には、遠の昔の、ムリなるの、歳なんやと。
(16/10/14)



inserted by FC2 system