シバケンの単なる雑談NO.145

雑談NO.141 雑談NO.142 雑談NO.143 雑談NO.144
雑談NO.136 雑談NO.137 雑談NO.138 雑談NO.139 雑談NO.140

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.135
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.146

NO.1720 ミニミニの、同窓会の話(4) アキラ君、一浪してたの話

NO.1719 ミニミニの、同窓会の話(3) 全員集合の話

NO.1718 ミニミニの、同窓会の話(2) 道中の話

NO.1717 ミニミニの、同窓会の話(1)

NO.1716 見舞いの話(26)

NO.1715 見舞いの話(25)

NO.1714 見舞いの話(24)

NO.1713 見舞いの話(23)

NO.1712 見舞いの話(22)

NO.1711 見舞いの話(21)

雑談NO.144


NO.1711 見舞いの話(21)

以来、何の連絡も無い故、状況不明で、分からんです。
イヤ、あの状態なんか、変化してるかが、でして。
音沙汰無いは、あの状態なんやろなあと、勝手に思てるですが。

どちにしたって、ならばの、婿殿の、お母さんにしても、辛いやろなあと。
そらなあ、自身、何がため、入院かを、知らはりませんでして。こちも、大した話、聞いてえへんしで、知らんですが。
当人にしたら、毎日、毎日、4時間の点滴、3度でして。一日の、半分、点滴でして。
自身にしたら、元気、元気で、院内での、歩行訓練、手摺りを伝い歩きで、歩けてるのにと。

そらなあ、病院なら、或る意味、安心なれどの、病院は、病院での。
かと、申しの、一旦、「特別養護老人ホーム」を出て、入院での。席、外れてもてるの哉と。多分ならなと。
その辺り、当方、詳細、聞いてえへんしで、知らんですが。承知の範囲、そでして。ソラ、ホームにしたって、1箇月もの間、席空けるは、勿体ないです。しかるべくの、入所希望者を入れて仕舞うわと。

イヤ、母でも、そでして。
これは、入所も、リハビリ・センターでの。自宅が主での、住民票の移動なんかは、致しませんの、所謂の中期入所に成るですが。
入所期間、過ぎたら、出んならんです。
出たら、当たり前の、次ぎの方、予約してるの方が、入所されるです。次回、入所の際にも、あちら任せせの、こちの、希望は、希望での、空きが無ければ、入所出来ずで、原則、早まる事は無いの、遅れる事なら、あるですが。

場合により、その時期、丸々の、入所出来ずの事もあるです。「ふないの里」が、そやったなあと。
ここは、諸般、ケア・マネージャーが、はきりと、申しの、意地悪でねえ。遠の昔に、移動しやはったですが。もと、早くに、移動してくれたら、そちの方に入れたのにと。
ンの、結果的には、果たしての、どちが、家族に、母に、幸いしたかは、分からんですが。
ン、ンの、その意なるは、説明、解説するに、難儀故、止めるですが。

イヤ、簡単に申すならばの、そこには、「特別養護老人ホーム」が併設故、イザとなればの、横滑りも出来るです。
そらまあ、空きがあってが、前提なれどの、話早いわと。

では、あれどの、それ以前の、母、その手、施設入所、嫌がってたです。
又、我々、夫婦も、極力避けるにしてたです。
さもなくばの、遠の昔、数年の以前には、チラとなら、話あったですが。「こもれび」のケア・マネージャーからでして。検討されたらと。
されどの、そですかで、特段の、意に介せずでの、参考的に、承ったのだけでして。

これはなあ、個々人の判断、価値判断、事情に寄るです。
母の場合は、嫌がってるは、承知故でして。こちにしたって、嫌がってるのを、どしてもと、説得なりして、入所させるの気、毛頭無く。
まあ云うたら、家の中で、車椅子も、導入してるです。予めの、完全では、無いけれどの。よて、表現的、バリア・フリー的にも改造してるしと。母の行動範囲なら、車椅子で、左程の段差無く。

更には、云うてもたら、そらなあの、「特別養護老人ホーム」えは、最期の最後と、考えてまして。
意なるは、こちが、保たんなり、母の状態より、そちの方がと、なったの段階でして。
かと、申しの、実際問題、判断の目安、基準が分からんけどや。よて、「こもれび」の、リハビリ・センターの、ケア・マネージャーから、話あったの時、昨年、4月なれどの、こちでは、判断難しい故、しかるべくの、時に、そのよに、云うて欲しいと、返答したです。

イヤ、検討されてるですかと、問われた故、してませんと。
先の通りの、出来るの限り、自宅でと。自宅、云うても、殆どが、「こもれび」なりに、成ってたですが。晩年はなと。
ソラ、リハビリ・センターから、退所したら、ディ・サービスと、ショート・スティの、併用でして。
そらなあ、正直、申しの、中期入所してるの方が、費用高いわと。当たり前に、介護施設に行けば、その分、費用発生致すわと。家に居てたら、その分、出費不要。されどの、こちの、労力等々、大変でして。

実は、介護疲れ等々、諸般の三面記事賑わすの問題、この辺り哉と。
出費抑えるなら、家族の労力いるです。かと、申しの、要介護の、等級、高いなら、自宅での、入浴、殆ど、無理でして。そらなあ、車椅子で、移動の年寄りが、1人で、風呂になんか、入れるモンかと。
或る意味、ディ・サービスなるは、入浴目的哉と。母の場合、週に3日、通てたですが。結果、週に、3回の入浴に相成るわと。
これを、自宅でと、なれば、金あれば、機械浴の装置でも購入したらと、成るの。こんなモン、相応の広さの風呂で、改造費用も含めたらの、ン千万円と、聞いてるです。
ンの、家買えるの、金額やなと。

オトトの、又もやの、話、逸れてるですが。
コレ、母の希望やわと。
結果的、中期入所のリハビリ・センターでは、母の年金だけでは、足出るわと。出ても、希望なら、仕方があらへんわと。
有り体には、ディ・サービスも、週1回なり、ならばの、軽くの浮くわと。2回でも、3回でも、浮くですが。浮けば、場合によりの、生活費に組み込まざるを得んの世帯もあるやろと。ならばの、浮かさせんならんの、場合もある鴨と。

対して、ホームなら、浮くですが。詳しくは、知らんの、ソラ、母、入ってませんでして。
家族も楽やしで、その替わりに、入所待ち、ン百人番目、とかとかに、相成るわと。
とかとかの、これは、ここまでに、止め置くですが。
結果の、結果的、母、ホームには、希望通りの、入所せずに済んだなと。
どちにしたって、イヨイヨの考えて頂戴の話なら、出たですが。ボチボチの、家族として、施設に、見学、見聞に、行ってくださいの、指示、出るまでに、逝ってもた故、検討なんか、全くの、してへんのけどや。
まあ、良かったわと、当方、この辺り、幸いしてるなと。

そらなあ、何度でも、申すの、母を、ホームえは、こちも、気が進まんでして。
進んでたら、そんな話が、出た段階にての、しかるべくの、見学なり、見聞に出向いてるです。
出向きの、概ねの、ここなら、地理的、距離的、母にとても、環境良好也と、思うの施設を心積もりしての、何なら、予めの、申込みだけでも、してるわと。
イヤ、実際には、そんな話も、あったんやでと。
されどの、しかるべくの、時期が来たら、指示して頂戴なと。指示とは、見学、見聞するべきの時期をです。

さての、夫婦共々、気が進まんかったの理由ならです。
ここまで、一生懸命に、母の希望通りにして来てての。話出て、そかと、そは、易々のと。
リハビリ・センターさえが、追い出さんなら、母も、そこに居てられるし。母が、家に戻りたいと、申すなら、そかと、応じられるです。
それこその、理想的になら、気候のええ時期なら、自宅でと。寒い、暑い時期は、冷暖房完備の施設が過ごし易いに決まってまして。
そんな時期、特には、寒いの時期なんか、家でなんか、大変ぞの、可哀想やぞと。

そらなあ、真冬の夜、零下の時、ナース・コールで、オシッコに、なんか、風邪でも、引かせてみいと。
布団めくって、ベッドから、起こすに、ソラなあと。ガス・ストーブなら、点けるも、即には、暖まらんし、廊下、トイレの中まで、冷暖房なんか、出来るモンかと。
それこその、拷問でして。

よて、当方、計画なら、そんな具合のサイクルにて、自宅と、中期入所の繰り返しで、イツまでも、延々にを、想定してたんやと。
自宅も、出来る限りの、労力、こちの、負担軽減がため、ショート・スティを沢山と。
その分、費用掛かるのけどや。しょが無いわと。
オッとの、そらなあ、母、自宅なら、ベッド関連一式、車椅子が、上用、下用の2台に、スロープ等々。介護用品の、レンタル費用も、バカには、成らんのやでと。
さりとて、リハビリ・センター入所で、その間、借りるは勿体ないしで、返却したり、又、借りたりのと。
トトトの、そんな用事も、無くなってもたなあと。

オトトの、トットの、又、言葉足らず故、補足しとくですの。
介護用品のレンタル代も、介護保険が効くです。よて、1割負担。
当家の場合、月額、4500円程度やったの哉と。コレ、保険が効かんかったら、4万5千円故、よ、借りんです。
(16/04/09)


NO.1712 見舞いの話(22)

いやなあ、先刻、1時22分、震度3<亀岡方面>。
モ一発、1時52分、震度2<亀岡方面>。
震源地、兵庫東南部、震度3。

イヤイヤ、一発目のは、地鳴りが致しの、1、2秒揺れたです。
二発目のは、左程で無かったですが。有感は、有感でして。
まあなあ、それで、収まりの、ホと安堵したですが。


ンの、での、今更の、コレ、「禁断・奇談」に該当の話、してるなと。
されどの、あれ、母の話でして。介護にまつわるの、話でして。
一旦、脱稿しの、再開してたですが。再度の、「脱稿コンテンツ」にするです。
意図なるは、最早の終わったです。以降、この、「単なる雑談」でと。事実、そのよにしてるですが。明確に宣言致すです。

イヤ、お陰様で、この辺りの話には、詳しくなったです。なってるです。
余所様の話、チラと、聞いて、よっく分かるし、正解、不正解も、分かるし、何なら、助言も出来るです。
まあなあ、大抵ならばの、そこ様、一番に苦労しの、一生懸命に介護なり、してるの話、されるですが。まあ、それは、そ鴨の、お家に、お家の事情有りでして。
モ一発、大抵ならばの、こちの話、するに、お見事、聞く耳、持ったあらへんなと。それも、よっく分かるです。

かと、申しの、後日、話、又、聞かされてたら、聞いてたら、その過日に、当方申したの助言的内容をば、自身が仕入れた、勉強したの、知識として、抜かしてたり。
ンの、まの、構わんですが。
相手見て、云うて頂戴なと、思たりも。
いやなあ、これも、その方が、加齢のせいかと。とも、思たりも。
ほんまやでの、こちも、親の介護して来た、してたの身での。且つは、大抵ならばの、我が親の方が、年齢高く、こちも、年配やのにです。

只ねえ、幸いにしての、自宅介護で、呆けられての、徘徊されるの経験無く。
これは、相当なるの、負担と、推測致すです。兎角に、外出したがって。鍵掛けても、そこは、呆けて無くのか、器用に外しの、サと、出てまわれたら、困るわなあと。

いやなあ、複数の面々より、聞いてるです。聞かされてるです。
徘徊しては、パトカーで、送って戴いたりと。
持ち物、衣服には、氏名と、電話番号を記載してるですと。
オッとの、介護施設に持ち込むの、私有物、衣類にも、氏名、記載してるですが。コレ、靴下も、でして。云い出したら、ティッシュの箱にも、記載でして。
ソラ、入浴致す故での。それでも、余所様のと、間違いされる事、度々のあるですが。
通例なら、呆けると、食事した事、忘れてもての、何度も、食べたがるのらしく。冷蔵庫も、勝手に開けたりで、困るですて。母の場合、反対の、食欲がと。するのか、飲み込みが出来んよに相成ったですが。

これもなあ、徘徊したり、何度も食事をしたりもあるですが。
云い出せば、もと、大変なるの、事、多々あると、思うです。思うですで無く、あるです。
それこその、「禁断・奇談」に掲載してるですが。まあ、大抵なら、スと流されてまうの事柄なれどの。トイレが間に合わんよに相成るわと。

赤ちゃん、子どもならなと。我が子なら、なと。
尻の面積、小さいし。表現的、プリプリでして。ウエット・ティッシュででも、サと、拭けるし。無理なるの場合も、ヒョイと、抱えて、しかるべくの、処理出来るですが。
親の場合、そは、出来んわと。赤ちゃん、子ども程には、軽くは無いしと。
まずは、尻も、シワシワでの、拭くにも、皺にめり込みの、そらそら、なあと。量にしたって、結構なるので、拭いても、拭いても、拭き倒しても、ナカナカになと。
トイレで、間に合わずの、嗚呼と。
1人が、カラダを支えの、モ1人が、拭くなり致さんとなの。要は、2人掛かりで、でも、ナカナカにの。当人にしたって、ズと、立ってられず。脱がすも、着せるもなと。
オマケで、トイレ、周辺の大掃除もあるしなと。下手したら、数日、匂い、消えへんぞと。鼻、曲がるぞと。

その上で、マダか、マダかいなと。催促されて。
これでは、とても、とてもの、呆けとは、考えられんわと。ハキリと、言葉、発してるし、中身、事程左様の、逆撫でされてるよなモンでして。あのなあと。

いやなあの、こんな事なら、従前にも、あったわと。
失敗して、パンツをゴミとして、捨ててたり。
これが、パンツの範囲ならなと。パジャマから、下着等々。とても、とてもの、洗濯するもなと。結果、エイの、ヤで、廃棄処分にでもと、相成るわと。
この頻度が、晩年には、増えて来るんやわと。

よて、そらなあの、介護施設で、失敗せずの筈は無く。
親のでも、臭い、臭いの、鼻曲がるし、大変でして。他人のを、始末は、そらそらなあと。介護士には、頭下がるは、その辺りやわと。仕事、とは、云えどの、やてられへんを、やったはるです。
子どもでは無い故、そらなあの、テレ隠しもあるやろの。結果、口からは、えらそな言葉、発するは、重々承知も、そらなあと。

基本、親子故の、こちも、腹立てば、何抜かすと、小言、反論、何ちゅう事、抜かすかと、叱責も致すですが。叱責、反論したら、又、云うしなと。
正直、申しの、そんな事、云うてたら、二度とは、面倒見いひんぞと。後始末、しやへんぞと。口では、云うたって、さりとての、有言実行出来んわと。
そんな事、したら、尚、臭く。可哀想な仕打ちなんか、よやらんしなと。
オッとの、こちも、トイレが使ええへんやんかと。元通りにしてしまわんとと。

そんな次第の、斯くなるでの。
介護も、若けりゃ、1人ででも、出来るですが。歳喰て来たら、できんぞと。
生半可には、出来んし、相応の犠牲伴うわの。これを、犠牲と、思てたら、出来んわと。
ンの表現、難しいけれどの、犠牲は、犠牲なれどです。義務感、責任感、あっての事と、云えるの哉と。

そらなあ、トイレの後始末等々、面倒臭いわと。
始末したって、鼻曲がるわと。
されどの、しょが無いわと。義務果たさんとと。
されどの、されどで、自分がこんな事には、なりとは無いなあと。思えどの、ンのコマツタなと。
よて、せめてもの、ポックリ寺にでも、参拝、帰依する怪と。ええ寺あらへん怪なあと。
イヨイヨの、話、本題からは、ズレまくってもてるなと。
(16/04/10)


NO.1713 見舞いの話(23)

ンの、婿殿母親、現在唯今、入院してるの、「音羽病院」。
当世、入院出来て、基本、3箇月でして。3月1日入院故、計算上、5月末には、退院をと、相成るの怪と。
云われたってなあ、「ホーム」に席は無いし。「ホーム」に戻ったって、点滴が、流動食が、施せませんでして。
イヤ、多分なら、「ホーム」でも、点滴だけなら、してくれる筈と。これは、当方の勝手な推測なれどです。母の事例から、でして。

イヤイヤ、云うておくの、別段にの、点滴を、「こもれび」に依頼したで無いです。
処置なるは、理事長でもあるの、Dr.の判断でして。
何故にと、なればの、選択肢を説明して戴きの、治療するか、自然に任せるか、自宅にするかと。
治療とは、認知症の処置、改善は出来んですが、進行を遅らせるは出来ると。モ一点、喉を切開で、流動食なりを、入れるは、病院ですと。

この治療に対しの、特には、喉の切開の話に、当方、問答無用の、拒否反応。
Dr.も、そやねえと。家族も、80代の方に対するなら、迷われる事、あるですが。90代の場合、その手、処置、希望されませんと。
ンの、ンンの、80代なら、希望の事、あるの怪の、不思議に思たですが。オッとの、迷うの表現のみでの、希望とは、申されてえへんですが。

厳密、微妙なるの事、申せば、80代にも、幅あるわと。
80代、前半の方に対するなら、迷うも、マダ、分かるですが。そやからと、回復の見込み、あるの怪の。切開した箇所の管理も、大変でして。
云うてるは、切開しても、一生と、するのか、以降、死ぬまで、それやでと。外すの日は、死んでからなんやでと。

想像するだにも、残酷に過ぎるです。
それこその、言葉上なら、死んでも嫌でして。当方なら、なと。
それしんなら、死ぬるなら、死ぬを選択致すわと。コレ、当方の、死生観。

只ねえ、「徳州会」の創業者、前理事長の、徳田虎雄氏<78歳>。
2002年故、14年前やし、64歳の若さで、筋萎縮性側索硬化症<ALS>発症。
内容なるは、筋肉の萎縮、筋力の低下で、カラダ、手足を動かすが困難となり。過年、民主党政権時代の、鳩山由紀夫首相が、基地問題の件で、面談、会談、協力の要請をと<2010年>。
結果、時の首相の要請断られたですが、その際、既に、言葉、喋るが出来ず。勿論の、書くの、筆談も出来ずの、目の動きで、ボードに記されたの、文字を示すの方法での、意思の伝達でして。

むしろの、その目の動きを読み取るの方の方が、大変やなと。
ンの、読み取ってた方、虎雄氏の次男、当時なら、自民党衆議院議員の、徳田毅<44歳>。親族の選挙違反で、2013年、議員辞職されてるですが。
オッとの、徳田虎雄氏の場合、発症も、若いし、延命と、するよりは、進行を遅らせるの処置にも、納得の。又、自分の病院やしなあと。

いやなあ、地獄の沙汰、命の沙汰も、金次第。
又、発症当時の若さなら、諸般、理解も致すですが。
にしたって、目の動きで、意思伝達なんか、受け手の方が大変での、そこらの方々なら、してもらえるの怪と。
さりとての、寿命は、自分で、決められへんですが。諸般の処置、治療せぬなら、ここまで長くの延命出来ずと、思うわと。

名あり、金あり、地位あっても、これではなと。
名なく、金なく、地位なくての、これでは、不幸、不運、地獄やなと。としか、云いよが無いけどや。
当方なら、名なく、金なく、地位もないけれどの、幸い、幸運にしての、その手、奇病には、ご縁無く。
更になら、当方一家、家族にも、この手、奇病にご縁無く。

オトトの、何の話、してるの怪の。
死生観、全くの、諸般の、条件、考慮せぬなら、延命処置なんか、不要也と。
話簡単の、喉切開、云々の話なんか、断固拒否致すわと。
もと云うたら、自分なら、切開してでも、延命処置せよで、現10名の、家族に対してなら、不要也。となんかの、勝手な事、一切の、考えてえへんわと。

むしろの、そちの方には、別問題の、本来的、何とかと、思うが真意。
何とかが、当方の腎臓でも、肝臓でもの、移植云々の事なら、ンの、構わんでと。使えるモノなら、何なりと、云うて頂戴なの、即答致すわと。
残念乍らの、モノが、少々、古くなてもてるけれどの、役立つなら、構わんでと。遠慮すなと。
イヤイヤ、これで、自身、少々、イヤ、可成りの、寿命が短こなっても、特段にと。喜んでと。
するが、正解也と。
(16/04/11)


NO.1714 見舞いの話(24)

オッとの、ついついの、話が膨らみ。
とするのか、逸れてもての、本題、云いたいの話が、中途半端に終わってもて。
別段の、終わらせるの積もり無いですが。

イヤ、入院も、3箇月経てば、追い出されるの件。
妹婿殿の母親、3月1日に入院故、5月末には、退院、させられるに相成るですが。
次ぎの病院、探す、見つけん事には、生死に関わるわと。

イヤイヤ、妹夫婦が、どのよに、考えてるかは、当方、皆目の知らんですが。
当方なりの、理解なら、我が母と、同様の選択肢の。されどの、中身、状態が、母とは、違うのだけでして。
よて、クドクドの、解説、説明してるですが。その違いをや。

婿母の場合、諸般の事情よりの、現選択、正解でして。
とかとか、当方の立場で、とやかくも、何やけどです。正解と、するが故に、諸般、諸々、考えるですが。

いやねえ、当世の病院も、理不尽やなと。理不尽になったなと。
これは、入院患者、入院希望者と、するは、異なれどの、病床、ベッドの回転、医療の効率化もあると、思うですが。
厚生労働省の、指導、方針が、異様になってると、するのか、医は算術、金計算になってるの哉と。

かと、申しの、完全に回復するまで、入院されてたら、ベッド満床にて、入院加療必要とするの患者が入院出来ませんですが。
さりとての、個々人、患者により、入院加療、必要とするの期間も、一律では無いやろと。
云うてる、思うの話なるは、婿母の場合、加療止めたら、生死に関わる故、相応の病院の、協力もいるので無い怪と。
さもなくばの、場合により、病院出てけは、死ねと、同意になるのではと。これを、申してるです。

そらねえ、云い出したら、何故に、山科の、「音羽病院」かは、知らんわと。選定理由までは、聞いてえへんし、そんな細々もなと。
只、問題は、次ぎなるの病院、探すも、家族にとて、不便と、するのか、距離遠なてみい。見舞い、面会も、大変ぞと。
云うてるは、概ね、3箇月もあれば、充分なるの、回復して、退院出来るは事実も、再度の、加療内容にも、よるわと。かと、申しの、諸般、決着付くまでと、なればの、病院の使命はと、なるですが。

されどの、それも、病院の使命でなかろかと。
自宅で、点滴なり、出来るなら、なれどの、出来んやろな。イヤ、知らんですが。その程度なら、看護師資格無くとも、出来るなら、でして。
当世、資格が、資格がの時代故。
かと、申しの、無くても、結構として、間違おたの処理されても、問題でして。事と次第で、報道で、Facebookとやらで、ネット民から、個展、コテンの、パンパンに、揶揄されるわと。病院がや。大悪人、無責任として、叩かれるわ、断罪されるわと。

下手したら、家族が、でして。
家族なら、大抵ならばの、立場、立場で、相応に最善の策。或いは、出来るの範囲の事、してるわと。無関係の余所様から、とやの、かくのと、云われるの筋合い、あらへんですが。
こんな事には、世間、お節介焼きでねえ。
イヤ、ゴチャ、ゴチャ、申すの、世間に、責任あらへんでして。云うだけでして。その当事者が、どなろが、知った事かと。

での、ならばの、当方なら、どするやと。
なればの、入院中の、病院と、相談しな仕方があらへんわと。
他の病院、院長に、伝手<つて>あるで無く。追い出されてから、探してるでは、間に合わず。
それこその、殺人的行為に相成るわと。
ンの、どちらが、殺人的行為か。病院か、家族かと、なればの、病院なれどです。
いやなあ、思うは、他の病院で、受入出来るなら、現病院でも、出来るの筈と、思うですが。中身、当方には、分からんしと。

とか、先の事をば、当方が、あれこれ、考えても、仕方がなくて。
とかとか、申しの、諸般、こちも、落ち着かんでねえ。状況、分からんのだけにねえ。かと、申しの、当方の立場では、何とも、ハヤの、何も出来ず。
故に、落ち着かんわと。

いやねえ。
話、敢えての、替えての、我が身の事ならと。
我が一家のためなら、切り刻んでもても、結構なると。
それは、真性、純正、その通りの考えしてるですが。誤解無きよにの、そらなあと。

擦り傷して、傷むなら、ナカナカに、治らんなら。そこが化膿して、腐ってもての、切断にでもなればの、えらい事と、心配致すわと。
喉痛く、声枯れて来たりしたら、喉頭癌怪なあと。咳や、コンコン、息苦しくの、ぜいぜいと、なればの、ンの肺癌、肺結核哉と。
胃のもたれ、食欲無くの、吐き気したり、したならの、胃癌哉の。便秘症状、続いててみい。大腸癌が心配で、心配でと。
まだあるわの、尿も出難くは、前立腺肥大なれどの、癌化してへんやろなあと、心配で、心配での、心細く、なりも、するわと。人間故にと。

まあなあ、過日、先週、町医者、内科に行きましての。
便秘症状、余りの、長くの、云うてもたら、間欠的ではあるものの、今年に入ってから、延々のこの調子でして。
先生より、腹部をチョイ、チョイの、痛く無いですか。痛く無いですの、この会話、一言、二言の、診察での、ンの、マの、大腸癌。とかでは無いよです。
との、話で、ンの、マの、この件、安心したのか、その明くるの日、ドカン。

イヤ、念のためと、検便をと。
ンの、採取出来るの怪と、危惧してたですが。何の、何のの、その明くるの日も、ドカンで、一気、解消怪と。
イヤ、相応に、処方されたの、マグミットなら、服用してるですが。

ン、ンの、マグミットねえ。
正直、申しの、母のが、沢山、残ってまして。下手したらの、年単位、とまでは、申さんの、数箇月ならばの、服用出来るの数での。わざわざの、処方して戴くの事、あらへんですが。
コレ又、誤解招くも、問題での。母の場合、基本、食事毎、4錠での、日に、12錠に相成るですが。
実際には、食事毎に、1錠なり、2錠で、よくて。自然、残余のが、増えるですが。
コレ、下手に申すと、無くされてもてねえ。医師から、でして。
まずは、湿布薬、減らされ、時には、母から、請求、要求されての、困ったわと。よて、なるべくの、足ってるとは、云わんとこと。

イヤイヤ、再度の、処方して戴くは出来るですが。その際には、代理では、して戴けませんの、当人、一緒でなくてはなの。
それが、容易なら、連れてくですが。
風邪引いたり、インフルエンザの予防接種以外は、無理して、連れてく事もあらへんわと。
(16/04/12)


NO.1715 見舞いの話(25)

孫共、現在、8歳から、3歳。
どんな世界なん哉と。
8歳頃の事なら、年代、朧気、正確で無いにしろ、記憶してるですが。幼稚園以前も、覚えてるですが。
3歳、5歳なんか、どなん哉と。殆ど、記憶にあらへんなと。

されどの、こちから見たなら、前途洋々の、輝けるの未来でして。
いやまあ、そこまで、遡るも困るですが。危ない、危ない、親から、叱られっ放しでねえ。まあ、云うたら、大学生になったの頃から、20代、30代になら、モ一遍、出来る事なら、戻ってみたいなと。
とは、思うです。
もしかしたら、もしかしての、人生、大きくの、違てるの可能性あるなあと。

あの時、こしといたら。この時、あしといたらは、何箇所もあるです。
経験乏しい故に。又、余り、損得、考えてえへんかったが故、損してるなと。
ンの、現在唯今でも、その辺り、替わってえへんしで、同じの結果になるの哉と。
そやけど、概ね、幸運であったなと。とは、思てるです。致命的、失敗、間違いなら、してませんでして。要は、ホームラン打てる時、打って無いはあるなあと。
表現、替えれば、打てるのに、打って無かったなと。打ってても、知らぬフリしてたり、致しまして。或いは、一緒に、こいつとと。そでは、無いのになと。アホやなと、自身がや。

オッとの、一歩先の事、分からんが故に、ええの哉と。
現在の知識、経験持って、大学生になったの頃から、20代、30代を、モ一遍、遡れても、面白味がど哉と。答え、分かってまして。
イヤ、別の方向に行ってたら、その段階より、未知の世界なれどです。

要は、自身、辿って来た事しか、分からんわと。
あの時、右になら、左なら、別世界やわと。そこから先、経験してへんわと。当方の辿ったは、真っ直ぐでして。見掛けはなと。

過去の実績も、何じゃらホイの。
ほんとはなあ、その辺りの事、「実録ハイテク物語」で、掲載するの積もりが、結構、難しくて、中断でして。又、再開したいけれどの、ドンドンと、忘れてもてねえ。
イヤ、そっちでよりは、「みんながパソコン大魔神」掲示板での方が、適切なれどです。

ンの、又、話、逸れてもてるですが。
全くの、逸れてるでもあらへんですが。
心は、その時代。とするよりは、孫共には、輝けるの未来。可能性、無限大。
その未来の価値と、我々の未来の価値とは、雲泥の差。よて、当方、ご先祖様として、可能なるの事なら、我が身、惜しまんと、申してるわと。その機会あるならなと。
そやけど、我が身云々の方なら、無いに越した事無く。経験の伝承機会なら、まあ、あらへんなと。残念乍らの、あっても、極の僅少での。

オッとの、そんな話、本題で無く。
若い頃の死生観なら、具体的で無くの、死後の世界はと。死とは、何ぞやと。
まあ、云うたら、「チベットの死者の書」の、話の如く。三途の川は、あるの怪とかや。閻魔大王に糾弾されよが、ンの、何の後ろめたいの事なんか、してへんぞ。とかや。
とか、タイム・マシンがあったらなと。この世界、人生、面白いやろなあと。
ン、ンの、アインシュタインの計算、相対性理論は、正しい故、その内、タイム・マシンも、出来る鴨と。自動運転の自動車。正真正銘、文字通りの、自動車が出来るの時代やでと。
とかの、時間の世界まで、操作出来たらなと。

トッとの、申してるは、ソラ、我々でも、近未来の事、予言的、占い的、知りたいは、知りたいけれどの。意味合い、可成り、違て来てるなと。
知りたいの、1つなら、どんな死に方、するのやろかなあと。
事件、事故に、巻き込まれては、嫌やけど。孤独死も、嫌やけど。

いやなあ、承知の範囲、見舞いの話的に、ならや。
叔父の場合、死の選択してまして。コレ、複数、承知してると、申してるです。
とあるの方、どこで会おたの時哉の。癌なんやと。そやけど、ほってると。モええのやと。もしかしたら、町医者の待合いやったの哉と。はたまたの、出先、近在の、道端で、ばったり、やったん哉と。

イヤ、母の知り合いと、するのか。当方、区長時代の、時の、大井神社の宮総代の方でして。立場上、大井神社の、車のお祓いの申込みしたら、その方が、ステッカーなりを、持参して戴いたりで。結構、バタリと、会うの機会多く。会えば、親しくの、世間話等、したですが。
当方、諸般、所謂の、お年寄りには、親近感覚えてねえ。
そらなあ、基本、祖母なり、母なりに、極の身近に接してたも、大いに影響してるわと。こちが、親近感覚える故、あちら様も、そのよに、感じて戴けるの哉と。
それがなあ、はきりと、申しの、この数年、全くの、見掛けず故、亡くなったと、解釈してるですが。
苗字、その気になれば、調べるは出来るですが。そこまではなと。只、ご尊顔なら、しかりと、記憶してるし、時に、フと、あの方、どされてるの哉と。そやけど、最近、見やへんなと。

いや、つまらんなと。
実は、人生とは、死とは、そんなモンでして。

その前に、癌も、胃癌とまで、聞いてたですが。手術せずは、叔父と一緒。
そのまま、静かに、死を待つの意での。さりとての、風邪引いたり、便秘、インフルエンザで、咳や、コンコンなら、しかるべくの、町医者に通うなり、市販薬は買うやろな。
今々の、苦しい事、心配事なるは、解消出来るは、するやろなと。

叔父の人生なら、概ね、承知してるですが。
まあなあ、性格的になら、血縁故、当方と、似てるの面、多々あるわと。トトトの、あちが、年上故、あちに、こちが、似てる。とも、云えるですが。
要は、人のええ人でして。余所様を、かき退け、退<しりぞ>け、自分の、身は大事も、押し退け、騙してまではなと。
常に正直モノは、損するですが。
マ、ええかと。騙すより、騙されてるの方が、正直に、人生、送れるわと。
騙されたの話も、するも、聞くも、バカみたいなれどの。余所様にも、出来るわの。騙したの話を鼻高々に、自慢してたら、変でして。信用されませんです。

学歴、経歴詐称の、ショーン・マクアードル川上君<48歳>、略称、ショーンKで、本名、川上伸一郎君。日本人の両親。
当人、クオーター、四分の一と、申してたですが。脳味噌の事で無く。ホントの事が、で無く。血がですて。何のと、なればの、日本人の血がですて。要は、ハーフ、半分で無くの、クオーターでして。国籍、日本人で、ご両親も、日本人で、親族も、皆、日本人やのに、です。何がため、そんな虚構、口外するかは、当方には、皆目の。
まあ、云うたら、謎めいたの、人やなの、雰囲気作り哉の。
フウンの、一事が万事、この調子。

嘘付く故、次々と、嘘を重ねの、されどの、一世風靡。女性からの人気は抜群らしく。へえと、あのなあと。
学歴、経歴に勘違いは、有り得ませんでして。
当方、ここに、掲載、基本、事実をと。思てるですが、勘違い、思い違いなら、多々あるですが。年齢、学歴、経歴なら、詐称はしてへんわと。

ンの、学歴、経歴ねえ。
ここまでの、人生、概ねの、半分以上になら、影響してるですが。ここから先、関係するの怪と。まあ、しやへんなと。
そもそもがの、町内会の面々なんか、知らんやろと。もしかして、もしかしたらの、甥、姪も、知ってるの怪と。まあ、知らんやろと。
我が孫共、8歳から、3歳。知る訳、あらへんわと。これからも、知らんやろと。

そもそもがの、結婚式でなら、話、チラと出るも、葬儀でなんか、喪主挨拶でも、そんな、学歴、経歴なんかに触れるモンかと。
精々が、死因怪と。

まあ、詰まり、死ぬるに、そこまでの、人生なんか、無関係でね。
母の時、その経歴について、チラとでも、触れるかは、チラの、チラと、悩んだのけどや。止めとけと。
オトトの、触れるなら、触れたですが。ゲート・ボール命と、謡曲の事ならなと。まさかの、父親が、近衛騎兵まではなと。原案的、あるには、あったですが。
最終的、余計な話故、やめとこと。
(16/04/13)


NO.1716 見舞いの話(26)

本日<4月13日>、検便と、血液検査の結果を聞きに。
とするのか、町医者、内科に出向いたです。
朝三番。むしろの、昼前、11時半頃、診察券を出しにで。駐車場の様子、車満杯。待合い場所にも、人一杯故、受付嬢に、どれ程の時間掛かるですかと、問えば、概ねの、2時間ですかねえと。ゲと。

一旦、帰らはりますか。ハイの、帰ります。
ならばの、12時45分頃、電話してくださいと。意味なるは、マダ、時間掛かるか、ボチボチの順番故、来て頂戴かの、返答するの意でして。
帰って、12時45分、丁度に、電話したなら、あと、4、5人故、来て頂戴なと。

いやなあ、この受付嬢。
嬢も、二十ン年の以前、当方、ローム時代に、足首骨折にての、「南丹病院」に入院したですが。その時、その病棟の、受付してたの子でねえ。当時はなと。申してるは、二十ン年昔の、女の子。
当然の、結婚して、この病院に、通勤出来るの範囲に住んでるのやなと。

オトトの、但しの、彼女が、こちを、知ってる、覚えてるかは、分からんです。当方、数居てるの、入院患者の、1人でして。且つは、云うてるやろなの、二十ン年の昔の事でして。
当時、18歳でも、現在唯今なら、軽くの、40歳。
こちも、相応に、歳喰てるしなと。

面白い事に、こちは、あちの。あちは、こちの。多分なら、苗字すら、知らんわと。但しの、此度と、するのか、10年の以前より、この医院の受付してたしなと。
面白いも、この手、医院で、受付なら、こちの、診察券見たら、全て、分かるわと。
住所、氏名、年齢がや。病歴までは、どか、分からんの。この医院には、精々が、便秘症状の、診察でして。ソレ以外なら、ンの、よ、覚えてえへんわと。

そんな話は結構の。
オッとの、イヤの、特段の、アンタ、前、「南丹病院」に居たなあと。なんかの話、全然の、してへんでと。多分なら、そんな患者、多いと、思うわと。
トトトの、それでや。肝心の話。
検査の結果やなと。

検便については、血液は、検出されてませんですと。
問題は、血液検査の方での。血糖値当方、問題無く。へえの、ヨカツタなと。とは、当方の、頭の中の話での。
での、問題、コレステロールがと。ンの高いですねえと。コマツタなと。概ねなら、予測はしてたですが。

先生の話なら、2006年。ンの、十年前の結果も、一緒ですねえと。
ンの、十年前にも、ここで、血液検査したの怪の、覚えてませんでして。
要は、十年も、数値一緒なら、困りますねえ。薬を出しますかと。ンの、薬は、どれ程の期間、服用ですか。ハイ、ズとです。一生です。へえと。
この薬は、服用で、コレステロールを抑えるのだけですと。へえと。

での、便秘は、コレステロールに関係するですか。しません。
運動は。関係します。そですかと。
ならばの、当面、運動するにするですと。
それも、手ですが、10年、数値が替わってませんので、体質の問題もあるかと。それ以外なら、甲状腺の問題もありますので、次回にでも、検査をするも手ですねえ。へえと。

での、便秘の方、どですかと、尋ねられ。
マグミットをサボると、便秘ですねえと、返答したなら。そですかの、1箇月分、出しときますと。
1箇月分ねえ。前回のが、残ってるし、母のも、山程あるですが。まあねえ、えかと。

しかるにの、こちらでの処方されたの、マグミットなるは、500mg。母のは、330mgですて。へえの、ここのなら、1回、1錠。日に3回で、効果あるですが。母のでは、効果無しは、1錠の量とするのか、重さの差があったんかと。


そんな次第の、斯くなるでの。
いつの間にやら、「見舞いの話」が、死生観に。
そして、運命論、人生論に相成ったですが。
運命論なら、「不可思議の世界」の範疇哉と。

そやけどなと、選択肢も、選択により、そこから先の、道、未知とするも。
それは、そと、思うもののです。その時、この道を選択したは、運命論。
かと、申しの、それで、大きく替わる事と、替わらんの事、あるなあと。

イヤ、家の話ならです。
仏光寺の家、向かいは、会社でして。家とするのか、建屋の前は、駐車場になってまして。圧迫感、あらへんです。
引っ越した先の、槇島では、T字路の、ドン突きに当たるです。要は、家の前が道路でして。その替わりに、夜、走って来るの自動車のライトが、玄関の扉、ガラスに移って、鬱でねえ。
そして、現在唯今のは、家の前、段差があって。下には、駐車場での、全くの、圧迫感あらへんわと。

いやなあ、元々が、ここを選択したでは無いです。町内会は一緒も、別途の場所でして。
ところが、あとから、買い手のそこ様、どしても、そっちがええと、仰ったらしく。業者が、勝手に、そっちを、そこ様に売ってもてねえ。こちには、ここをと、相成って。
当然の、現在の家も、下見したの一軒なれどです。
当方では、どしても、あっち、でも無くて。ここでも、結構ですと。
その、あっちなら、向かい同士に家あるです。裏手は、実は、寺でして。オッとの、墓は無いの寺でして。只、壁面あっての、鬱やろなあと。イヤ、結果的の話やでと。

云うてるは、家の場所、もしかして、もしかしたら、違てるの可能性あったですが。
違うでも、運命論的になら、現在のに成るの運命やったん哉と、思わんでも無いです。
当方の、持って生まれた、ご縁的、家の前に、家あらへんなと。偶然とは、こんなモン哉と。
但し、あちの家になったとて、当方の運命なるは、左程に替わってえへんやろと。向かい三軒、両隣が、違うのダケでして。組も、違うのけどや。
それで、当家、我が家の、生活の中身が影響されるは、僅少と、思うです。

要は、運命が替わる程の、影響あらへんわと。
それよりも、結果的、何故か、我が家の前に、家が無いなあと。
家が無くて、好都合なるは、現在の家でして。息子共の車も、平気で、置けるです。一時的ならなと。さもなくばの、ガレージ法違反。

人生、大きく影響するは、矢張り、結婚哉と。
そらなあ、伴侶の選定、間違えば、トンでもの、事件勃発の可能性、多々あるわと。基本、相性問題にての。或いは、当世申すの、DV、ドメステック・バイオレンスで、離婚なりに、成らんなら、それで良しと、評価出来るの哉と。

オッとの、それで、何じゃと。
「見舞いの話」なら、最早の、神様、仏様、キリスト様の範疇での。我々、凡人、ましてやの、他家の事での、見守ると、するのか、待ってな仕方があらへんわと。
ンの、何を待つやの、訃報怪と。
現実的、有り体、申し訳無いけれどの、そでして。我々が、あすべき、こすべきなんぞと、口出し無用の。口出しするよな、話もあらへんでして。

よて、人生、つまらんなと。
婿母に限らんわの、人、それぞれに、相応の歴史があったの筈の。人生観も、死生観も、運命もと。
運命ねえ。これで、かたづけてもたら、万事、運命なれどです。
(16/04/14)


NO.1717 ミニミニの、同窓会の話(1)

いやねえ、本日<4月14日>、夜。
九州、熊本方面にて、震度7の大地震。
現時点、被害の規模、まだまだ、不明なれどです。対応は早いのではと。
ソラ、阪神・淡路大震災<1995/01/17>。
そして、東日本大震災<2011/03/11>の経験あるです。
東日本のは、地震の被害よりは、津波と、そのための、フクシマ原子力発電所の損傷によるの被害甚大でして。現在、尚、復興中。復興させても、放射線の影響で、最早の、元のよには、なりませんですが。
イヤ、福岡<熊本出身>の学友居てる故、大丈夫怪の、打電したですが。

での、これは、この程度にしての、明日<4月15日>、高校3年時代の面々での、ミニミニの、同窓会をと。
前回、ミニミニの、ミニ同窓会として、3人が集まったですが。此度、ソレに加えて、2人が参加の、5人でして。「ミニ」を1つ減らしの、「ミニミニの、同窓会の話」と致すです。
会場と、するのか。まずは、集合場所、京都駅中央改札口辺り。
そこで、集まり、「京すいしん」えと、昼食会に相成るですが。まあ、云うたら、前回と、一緒でして。

での、幹事のミノル君には、云うてたですが。
間違い無いよになら、「京すいしん」前の方がと。現に、アツオ君が、西口で待っててねえ。遅いなと。
されどの、間違うの可能性なら、分かってましての、こちに来いと、ケータイでねえ。

「京すいしん」なら、京都駅前、烏丸通りの、東側やと。京都タワーの、向かいやわと。ヨドバシ・カメラの、向かいとしても、通じるですが。
ヨドバシ・カメラは、知らんでも、京都タワーなら、通じるです。ヨドバシ・カメラは、新しい故。
オッとの、内の1人、東京からでして。
それを危惧して、ミノル君、安全策で、京都駅でと、したですが。
あのなあと。東京在住でも、元々は、京都人でして。京都タワー、烏丸通りなら、分かるわと。云うたって、既に、連絡済み故、どちでも結構なれどです。

での、経歴、申せば、基本、皆、「京都市立堀川高校」の、3年時代の、同級生でして。よて、ミニミニの、同窓会。
ミノル君なら、中学校から、一緒での。云うたって、同じのクラスには、なってえへんですが。承知はしてたです。
何度か、掲載もしてるですが。ここの、親父さんも、電気屋はんでして。但し、電気工事屋はん。
当方、親父は、電化製品修理及び、販売業。よて、業種、違うと、云えば、違うですが。話では、親父同士も、同級生。との事でして。
それもあるし、家がなあ、近くでもあってねえ。

ンの、そらなあ、中学校一緒なら、概ねの家の場所、近くて、当然なれどです。私立でも無いの、「京都市立郁文中学校」でして。
その、中学校も、一緒となればの、此度、参加の、マサノリ君も、一緒でして。但し、これも、同じのクラスには、なってえへんですが。
それでも、知ってたわと。
云うとくの、当時の、中学校の、クラスの数、12あったわと。1クラス、50名故、一学年、600名でして。それでも、一応は、3年間、一緒の学校なら、覚えるわと。知ってるわと。
ン、ンの、皆目の知らんのも、居てるですが。

ででの、あとの、2人は、別の中学校でして。
それこその、高校も、矢っ張り、12クラスありまして。ならばの、1学年、600名やなと。
それで、幾つ、何校の、中学校から、高校えかは、知らんけど。数字的には、1つの、クラスから、10名程度が、合格してるです。
云うとくの、当時、公立高校なるは、第一志望校でして。

更に、云うとくの。そらなあ、京都なら、進学校で、有名なら、「洛星高校」なるが、あったです。オッとの、現在でも、あるけどや。
そこは、所謂の、天才、秀才、神童が集まるの高校での。モと云うたら、京都大学とか、東京大学えの、進学希望の面々が行くの高校でして。但しの、私立やしなと。
まあ、云うたら、天才、秀才、神童で、実家が、相応の、金持ちで無ければなと。

我々、極の、普通のが。頭脳、学力がや。平たくならばの、学業成績がや。家なら、貧乏の、なんか、逆立ちしたって、行けるのモンかの。当然の、行きたいと、なんか、夢想だにもの、妄想、空想、仮想に、仮装も、するのモンかの、別世界の高校での。
とか、云うたってなあ。当方、知らんのだけもある鴨の。そこを、受験した、したい、するの話なんか、聞いた事、あらへんでねえ。
少なくともの、「郁文中学校」の、承知の範囲の、面々ならです。

ならばの、誰が行くんやろなあと。
もしかしたら、もしかしての、その手のは、中学校から、私立鴨なと。ほならの、余計に、家、金持ちなんやと。
当時では、余程でないと、中学校から、私立なんか、トンでもでして。当世でも、トンでもなれどです。

余計なるの、話なれどの。そらなあと。
周辺、周囲、皆、天才、秀才、神童の類ならです。雑談、遊びも、一味、二味、違うやろなあと。我々とは、次元、生息の世界が違うやろと。

オッとの、云うとくの、我が母校、堀川高校も、その昔より、名門ぞと。
我々、17期生。
それ以前なら、「京都市立堀川高等女学校」でして。まあ、云うたら、女子高でして。その上での、ここの卒業生なるは、学校の先生に成るの方、多く。
そもそもがや。その当時で、女子が高校なるは、相当なるの、家柄の方なんやでと。そらなあの、室町筋があるわいなと。呉服関係の、問屋はんが、そこらに多いわと。
チョと、筋が、違うわと。

オトトの、何の話をしてるの怪の。
「洛星高校」なるは、それは、それ。そこなら、東京大学、京都大学、大阪大学が、目標なんやろねえと。
さりとての、「堀川高校」でも、上位、50位辺りなら、京都大学に合格出来るの水準なんやでと。大体が、当時、余程でないと、東京大学は志望してませんでして。それでも、数名が、行ったの哉と。
余程とは、そらなあ、地方えは、金掛かるわと。現在のよに、新幹線なんか、あらへんぞと。

ンの、ン、ンの、「洛星高校」なんかは、置いといて。
中学浪人なんかも、あったんやでと。どしても、堀川高校え行けと。ここ以外は、許さんと。親がや。
誰とは、云わんの、苗字も、名も、云わんの、我が町内会にも、居たはったわと。何歳か、上の方。

トッとの、東京から、来るのは、京都大学に行ったのヤツ。
アツオ君なら、三重、名張在住で、大阪大学。
ミノル君は、東京の、電気通信大学<国立二期>でして。
マサノリ君は、同志社大学文学部。やったの哉と。ええなあ、羨ましいなあと。ええ氏の、女子大生、多かったんやろと。
ンの、多かったのみたいでねえ。
(16/04/15)


NO.1718 ミニミニの、同窓会の話(2) 道中の話

での、「ミニミニの、同窓会の話」。
11時半、京都駅中央口となればの、結構早く、我が家、出んならんです。
並河駅、10時29分でして。速歩なら、15分で到着出来るですが。5分でも、10分でも、早いほが、当たり前の、余裕持てるわと。

それもあるし、何を着て行くかと。暖かいよな、気がするし。日中なら、暑いよな。
少々、遅い時刻まで、やってたら、夕方には、寒い哉と、思たりも。

結果、考えるが邪魔くさくなりての、適当な服装にて、家出て、駅に着き。改札口を突破で、駅の向こう側のホームに行くに。ンと。
いやなあ、当方、区長時代の、土木役員さんが居たはって。居たはっても、真後ろを歩いたはってねえ。
イヤ、こんにちはと。
どこえ行かはるのん。京都駅に集合で、同窓会がと。ついでに、高校のと。どこの高校と、聞く故、ここ、亀岡の人に、京都の高校名、云うたってなあと。分からんやろと。
思いつつの。尚且つの、この方の家も承知の、まあ、云うたら、土地の方での、立派なお宅様でして。

何故に知ってるかと、なればの、「大井神社」の、「秋祭り」の、御神輿の時、町内会錬り歩くに、その方、見掛け。へえの、ここですかと。ンと。
それもあるし、別途の、年の、祭りの時には、宮司の足元と、するのか、トラックに乗り下りし易いよにの、お世話担当されててねえ。
コレ、所謂の、宮総代の役目での、へえと。
へえ、とは、所謂の、この、「大井町」の、顔役と、するのか、偉いさんなんやと。

そらなあ、その年、その年の、都合、人選の都合、方針もあるですが。自治会役員、三役とか、土木役員も、相応の、誰でもと、ではあらへんしなと。
話簡単の、当方でも、会計をの、年もあったのけどや。例外中の、例外でして。オッとの、結果的、そんな重責、担ってませんですが。会計を、も1人との、どちかが、やれで、結果的、土地の方がされたわと。
イヤ、その方がやる。との事故、こちは、立場上も、一切の出しゃばらず。

その明くるの年、その方、退任で、こちに、どかの、要請あったですが。選考委員会よりの。
区長時代に引き続きの、やるなら、その勢いにての、やれるですが。1年経てば、最早の、熱、情熱冷めてもての、丁重にお断りしたですが。

でや、何を云うてるかと、なればの、その方の状況より。状況とは、自治会役員されており。自治会役員なるは、区長経験者でして。その方の地域なるは、土地の方ので。諸般、お宅も、まあ、云うたら、田舎の、豪邸。
且つは、宮総代なんか、新人、新入者、転入者になんか、託されるのモンかと。そもそもがの、我々の町内会、新興住宅街の方に、回って来るの、役職とは、違うわと。回って来たって、困るの事よの。そこまでの、土地に対するの、愛着心があらへんわと。
ソラ、その手、役職、名誉職なるは、その地域で、産まれの、育ちの、学校出た方が適任でして。
しかるべくの、地域の、顔役、偉いさんでして。

そんな背景より、瞬時、どしょかと。
イヤ、有り体には、この方、一言でなら、癖の無いの、諸般の、ええ人でして。警戒心感じずの、喋り易いの方でして。
よて、そのままの、正直の、「堀川高校」ですと。返答したなら、スグには、分かってもらえへんでねえ。別途の、音楽高校の方哉的、応答された故に、イヤイヤ、そちの方では無いの、所謂の、普通課程の、そこまでは、申してませんの、進学課程であると。
オトトの、当時の、普通課程とは、進学課程でして。

ほならの、ほならで、ホームえの、道中。
向かい側のホームに行くの、高架を渡って、すぐのそこ、なれどの。自身は、「山城高校」也と、ンの、えと。
そらなあ、承知してるです。
云うたって、場所、ここの、ここと、までは、知らんのけどや。概略なら、京都北区、妙心寺の方でして。「京都府立高校」でして。

話簡単の、何でやねんと。
とまでの、単刀直入、表現にては、問おてえへんのけどや。
そのままの、ンの、立派なお宅やし、土地の方と、違うですかと。ソラ、先の通りの、御神輿の道中、邸宅の真ん前に居たはったし。その時、挨拶も、してるし。へえの、ここですかと。
当方の、申してるの意、理解されてるわの。
養子なんやと。
ンの、成る程のと、合点<がてん>したです。

そらなあ、亀岡の方が、京都市の、高校に通うは無いわと。学区制やしなと。
但しの、当世なら、ども、学区制、廃止されてるのらしく。その気なら、合格したならの話。京都市内の高校にも、行けるですが。

それでや。
ここから先、話、弾んでね。
思い出さはったかの。堀川高校なるは、元、女子高であるをです。
での、この方、誰様とは、申さんの、「北野天満宮」の近くが、出身地での、へえと。仰ってるの界隈なら、よっく、承知してるわと。

とかとかの、当時、昔の、高校、中学、小学校の話に成ったり致し。
イヤ、そのまま、一緒に、JRの快速に乗りの、席も、上手い具合に空いててねえ。シルバー席なれどの、変な話の、我々、正々堂々の、資格あるわと。
イヤイヤ、その方の方、若干の年配者でして。さりとての、正確なるの、年齢知らんのけどの。概ね、70代でして。ほならの、当方も、その内には、その年代になるの、けどや。

ででや。
当方なら、「郁文中学」での、四条大宮近く也と。申したならばの、よお、知ったはてねえ。概ねの場所をやでと。
そら、高校違えば、中学も、違うわの。されどの、同じの、京都市内やしなと。且つは、まあ、云うたら、「郁文中学校」なるは、場所的、四条大宮なるが、目立つの場所での。
それ云うたら、「堀川高校」なるは、尚の、目立つの場所でして。
そらなあ、京都の人間で、堀川通りを、知らんの筈無く。その通りに面してるの、高校での。ソバには、二条城やしなと。
云うたら、京都のド真ん中の、学校でして。
されどの、少子高齢化の、少子の方で、中学校、我が母校の名、消えてるですが。場所、そのままも、校名変更での、数校の学校、統合されてまして。
ソレ、云い出したら、小学校なんか、遠の昔に、校名消えてるわと。廃校での、その場所に、校舎なら、あるですが。コレ又、統廃合で、別の小学校に通てるのらしく。

トトトの、そんな次第の。
「ミニミニの、同窓会」に行くの道中にての、ひょんな事で、意外なるの事、知ったですが。
その方、嵯峨嵐山駅にての、下車。
イヤ、何の用事でか、までは、知らんわと。
(16/04/16)


NO.1719 ミニミニの、同窓会の話(3) 全員集合の話

オッとの、モ一寸、話、してるです。
イヤ、当方、区長当時の、自治会土木役員殿と、です。
中身、高校自慢をと。

いやなあ、「山城高校」出身の有名人。
浜村淳<司会者・81歳>、吉田義男、山城新吾<俳優・故人>が居てるですて。
ンの、聞いた時、吉田義男<82歳>が、分からんでねえ。ソレ、何ですかと、問えば、野球の監督やと。ン、ンの、嗚呼の、阪神の監督ねえ。

ならばの、堀川高校のは、葉加瀬太郎<ヴァイオリニスト・48歳>。云うたって、音楽学校の方なれどです。
音楽の方は、どこにあったんやろねえ。とりあえずは、我々に、無縁と、云えば、無縁の、交流ありませんでして。且つは、現在では、分離、独立してるです。オッとの、学校がや。
但し、我々の時には、同じ高校の、「音楽科」の筈でして。独立したは、1997年故、葉加瀬太郎は、音楽科の時代やわと。

ややこしい話になるですが。
独立した当時には、校名、「京都市立音楽高等学校」。
2010年には、「京都市立京都堀川音楽高等学校」と、再度の、「堀川」を冠したです。イヤ、二条城の近く、油小路御池に移転致しまして。
ンの、それなら、我が母校、「堀川高校」の近くでもあるですが。ついでになら、当方の家、油小路仏光寺で、御池になら、歩いて行けるわと。

オトトの、それ以外なら、藤田まこと<俳優・故人>、元巨人の、国松彰<81歳>。
但し、国松は、「西京高校」出身でして。ならばの、「堀川高校」とは、無縁みたいなれどの、コレ又、ややこしいけれどの、当時は、姉妹校でして。
実は、甲子園にも、「西京高校」「堀川高校」の、2校一緒に出場してるです。
での、国松が在籍時代、京都の、公立高校で、一度だけ、甲子園出場果たしたですが。伝説的、その時だけ、観光バスの、バス・ガイドが、ここが、「堀川高校」と、云うてくれたんやと。

での、「西京高校」と、「堀川高校」も、分離したが、我々、高校2年に成るの時<1963年・昭和38年>でして。
云うたら、あちらが、「商業課程」で、こちらが、「普通課程」のみになったです。
よて、一部、「商業課程」のが、「西京高校」に移動。ンの、あちから、こちには、居てたのか、居てないのかの、来たのは、知らんし、あちは、「商業課程」だけやったん哉と。

更には、有名人と、云えるかは、別としての、有名は、有名の、横田早紀江<拉致被害者・横田めぐみさんの母・80歳>。
拉致事件が、新潟故、あちらの方かと、思いきやの、京女でしたです。
且つは、早紀江さん時代に、高校卒なるは、相当での。そらなあ、京女でもありの、しっかり、したはるです。

そして、現京都市長門川大作<政治家・65歳>が、「堀川高校」での、ンの、この方、老けて見えるけどの、我が後輩怪と。
モ1人、本業よ、分からんの、市田ひろみ<服飾評論家・女優・83歳>でして。この方が、現、堀川高校の、同窓会長殿。

この、市川ひろみさんなら、岡崎公園の、「みやこめっせ<京都市勧業館>」で、会おたです。ンの、正確には、そこの、地下駐車場に、車を駐めて。
玄関口から、出るの際、前から、こちに、和服姿の女性をチラ見で。ンの、どこかで、見た事のあるの、お婆さん。すれ違うの時、再度のご尊顔、チラ見で、嗚呼と。堀川高校同窓会長様怪と。

オッとの、それでや。
その方の当時の住み処、「北野天満宮」の近くならです。
当方、高校入学の時までは、通称、チンチン電車、又の名を、ガタ電。公称、市電なれどの。
チンチン電車とは、警報が、鈴で、チンチンと、鳴るが故にで、ガタ電とは、ガタゴト、音を出しての、走ってる故の、「ガタ」でして。基本、市電となんか、申してませんでしたですが。
これがなの、入学の直前、廃止となっての。そのチンチン電車が、「堀川高校」の真ん前、堀川通りを走ってまして。ほんまやでの、校門のスグの前を、ガタ電、チンチン電車が走ってたんやでと。
されどの、廃止で、その線路の上を歩いて、高校えの。何故に、そんな話をしてるの怪と、なればの、京都駅始発で、北野天満宮行きが走ってたんやでの。
とまでは、申さんでもの、その方なら、意味合い分かるわと。

とかとかの、諸般、話に華が咲き誇りの、京都の高校の自慢話を致しまして。
とか、云うたって、掲載、記載、してるの半分も、話なんか、してへんでと。その他諸々の話等々、あっちの話、こっちのと、多岐に話、飛んでもて、行ってもて。

にしてもの、ひょんな事から、前歴がと。
あれから、11年経っててねえ。正直なるの話、一気、距離感、縮まってもたわと。元々が、話易く、好感、抱いてたですが。何故か、出先なりで、チラチラ、会おてねえ。その度、簡単なるの一言、二言の、詔までは、してへんですが。まさかの、京都市の出身、「山城高校」とはなと。
そらなあ、諸般の状況よりの、土地の、旧家の方と、頭っから、思てたわと。


そんな次第の、その方、嵯峨嵐山駅で下車で。当方、そのままの、京都駅。
着いても、30分の間、あるですが。当然の、駅前の、喫煙場所に一直線。
そもそもがの、余裕持っての、家出たは、それもあるです。

云うたって、30分もの間は、少々、有り過ぎるですが。
まあなあ、待ち構えるの方がの。中央口に居てたら、一番手、マサノリ君。
いやなあ、10年は経つの、久しぶりでの。瞬時、分からんでねえ。次ぎの瞬時には、分かるですが。やあ、久しぶりやなと。
マダ、以外は、見てへんなあと。云うてるの間にも、二番手、ミノル君。

この三人の、共通項、ミノル君と、一緒に、マサノリ君宅えの、お母さんの御見舞に行ってるです。
既に、寝た切りになって、居られましての、要は、脳梗塞で、倒れられ。オッとの、御見舞には、我々、ロームに在籍時代での。マサノリ君も、以前の、実家での。
五条の堀川の方でして。イヤイヤ、五条通りに面したの、自宅での。そらなあ、立派なるの、資産やわと。現在唯今、駐車場になってるですが。

イヤ、他の面々、待つの間、その話も、チラと。
してるの間にも、アキラ君参上の。これも、瞬時には、分からんでねえ。とりあえずは、背が高く。紳士面してると、ミノル君から、聞いててねえ。
その背の高い、爺様が、こちら付近の、様子見してる風情での。ミノル君なら、昨年、「めだか会」と、称するの、昭和、40年度卒業の、同窓会に出席で、アキラ君にも、会おてまして。

ミノル君に、あれと違う怪と、促せばの、ソレでして。やあやあと。
いやなあ、それこその、高校卒業以来。とまでは、申さんの、2回生辺りの頃、彼、我が家、当時には、仏光寺油小路の家なれどの。来てねえ。
云うたって、20歳の頃の話での。最早の、ン十九年、経ってるですが。以来やわの。

とかとかの、話、してるの間にも、嗚呼と。
諸般の、癖、表情なるが、その当時、最早の、高校3年時代からなら、ンの、えの、50年も、経つんやなの。半世紀なんやなの。恐ろしいねえ。考えただけでも、計算、暗算、見取り算の、ゲと。
それだけ、歳喰てるになるの。
ンの、その当時の情景と、するのか、替わらんなと。

癖、表情、特徴等々、そ簡単に替わってもたでは、困るの事よの。替わって無いが、分かって、ホと、安堵致すわの。
ンの、ンンの、又、アツオ君、遅めやなあと。
まさかの、西口で、待ってるは、無いと、思うのけどや。そらなあ、前回の、失敗での。彼がや。アツオ君がや。
二度まで、間違うの筈がと。思てる、云うてるの間にも、姿、見えての。
以て、5人、全員集合と、相成ったわと。
(16/04/17)


NO.1720 ミニミニの、同窓会の話(4) アキラ君、一浪してたの話

そんな事で、無事、5人集合出来て。
その前に、アキラ君、東京と、思てたら、神奈川の、横浜ですて。
我々、正直には、横浜も、東京みたいに、思てるですが。神奈川も、東京も、一緒くたでして。
且つは、嵐山の方。とするよりも、松尾橋。とするのか、松尾大社。とすよりも、梅津<うめず>の方と、した方が、分かり易いですが。
要は、桂川の四条通りを東の方の、辺りに、マンションをば、所有ですて。へえの、金持ちやなと。

ンの、株の運用で、儲けてるですて。へえの、ほんま怪なと。
ならばの、超の簡単には、欲張らずの、年、5%の運用、利益確保なら、そは難しくないぞと。それでも、複利計算、10年で、倍になるぞと。実際には、倍になら、15年掛かるのけどや。
まあねえ、理屈的には、そやなあと。

オッとの、トトトの、京都駅中央口で、全員集合にての、ほならと、早速にも、「京すいしん」にと、移動したですが。
移動で、前回の、「ミニミニの、ミニ同窓会」の時と、同じよに、寿司定食を注文。ついでになら、生ビールをと、乾杯致しまして。
ほんとにねえ、健康なればこその、こやって、会うが出来るです。

そして、この時のメインなるは、このアキラ君と、マサノリ君になるのやろかと。
云うたって、ややこしいのけどや。アキラ君となら、幹事の、ミノル君と、アツオ君が、昨年、「めだか会」と、称するの、「堀川高校17期生同窓会」で、会おてるです。
その後で、当方と、ミノル君、アツオ君が、「ミニミニの、ミニ同窓会」で。
当方と、マサノリ君なら、十数年以前なら、時々、会おてまして。二十数年の以前なら、マサノリ君宅え、ミノル君と、2人で、お母さんの御見舞に、伺おてまして。

結局のところ、マサノリ君は、アツオ君、アキラ君に会うが、半世紀ぶりに相成るです。
当方なら、アキラ君とが、半世紀ぶりでして。

それでや、アキラ君、申すに、アツオ君と一緒に、大阪大学に受験をと。
行って、アツオ君が合格、当人、落ちたと。えと。
いやなあ、知らんかったです。アキラ君、京都大学農学部での。ほならの、一浪してたんやと。
そらなあ、京都大学と、大阪大学を同時に受験出来ませんでして。同じの、国立一期でして。

いやなあ、当世の大学受験法、正確なるは、知らんですが。
共通一次試験なんか、ありませんでして。簡単には、どこの大学も、一発勝負。
一発勝負も、私学については、大学によりの、受験日、異なる故、何校かは、受験出来たですが。これも、大学に対しては、一発勝負で、同じの大学を何度も受けるは出来んでねえ。

所謂の、赤本。各大学の過去問集で、歯が立つか、立たんかを、推し量りの、志望校決めるの方法哉と。
大学模擬試験なんか、一学期に、一度だけ、あったの哉の。結果なんか、分かるは、秋口でして。その頃には、志望校、決めてるわの。話簡単の、自身の実力も、分からんがままの、受験やわと。
云うてるは、自分の偏差値なんか、知らんわと。
正直なるの話、高校3年生では、マダ、受験勉強も、本格的には、してへんの頃での。散々なるの出来であったは、記憶してるです。されどの、そんなモン、全くの参考になんか、してへんわと。

それよりも、赤本にて、この大学なら、この問題で、合格ライン、何点以上とかや。その方が、志望校、決めるに手っ取り早く。
その上で、諸般の家庭の事情、等々、考慮致しまして。当然の自身の自尊心もあるわと。
ここで、どの大学なら、入りたい、ここなんかなら、受験せずは、申しませんですが。

簡単には、理系志望故に、限られましての。当時の大学で、理系あるは、私学でなら、同志社、立命館の、2校のみ。
まさかの、龍谷大学、大谷大学なんかはと。理系あらへんわと。
そんな事なら、大阪まで、足伸ばせば、沢山あるのけどや。電車賃、使てまで、大阪の大学に通うは、全くの、問題外。

イヤ、受験なら、してるわの。大阪市立大学でして。
この日には、来て無いのけどの、現在千葉在住の、コウジ君と、一緒に受験しに行ったわと。残念乍らの、2人して、討ち死にしてもたですが。
そのコウジ君も、立命館大学の理系を受験したですが。コレ又、残念乍らの彼、討ち死にでの、浪人致し。結果、明くる年、京都府立大学合格したです。

事程左様の、偏差値分からずの、赤本なりで、自身の、その時の実力知るの程度やわと。
そらなあ、志望せずともの、その他、大学の赤本なら、本屋で立ち読み等、致しましての。ここなら、受かるなと。とかとか、あったのけどや。
よて、申すわの、進学希望ならばの、偏差値分からんでもの、どの大学になら、歯立つか、立たんの程度、自分で、よっく、分かるわと。分かってるわと。

そらなあ、大阪市立大学になら、合格したなら、通うの積もりあったのけどや。電車、国鉄で、チョと、距離ありの、通学にも、時間掛かりの辛いのけどや。
只なあ、実際に、通えたかと、なればの、少々の辛いモノがと。
通学時間に相当なるの、時間取られの、通学費用も要るしで、果たしてのと。
云うてるは、当世とは、違うの、兎に角の、時間掛かるわと。

通うの気、あっても、アルバイトも出来ひんしと。
イヤ、全部、自分で、賄わんと、進学不可の身分やわと。親からは、一銭たりともの。援助受けるが出来ませんでして。重々、承知してまして。
そらなあの、高校でさえ、堀川高校<市立>しか、あかんと。意味なるは、私立では、授業料出せずと、親父から、云われてるわと。

実際には、受験だけはさせてもろてるですが。イヤ、高校の話やでの、「京都商業高等学校」所謂の、「京商」でして。
ここだけの話の、中学3年の、担任からは、へえの、貴君、トップで、合格したぞと、聞いてるです。担任の先生からしたら、意外やったんやろなあと。
まあねえ、ここだけの話の、自身の学力で、トップとはなと。或る意味、自信は持ったものの、落胆もしたわと。
モ一発、そらなあの、中学時代の自分の成績、大した事、あらへんわと。
オトトの、申しとくわの。当時には、私立高校で、特進コース的なるは、存在致さんでして。我々の次ぎの年から、設立されたと、思てるです。

でや、「京商」では、学科試験合格者にか、学科試験に加えてか。面接試験あって。
面接には、5名程が、面接室に入りの、教官、5名程がおられの、覚えてるの質問、貴君、将来何になりたいかと。
返答、心にも無いの、税理士ですと、答えたを記憶してるです。そらなあの、当時から、一応は、理系をと、ボヤと、考えてたわと。されどの、ここ、「京商」なるは、文字通りの、商業課程でして。
まさかの、技術者、エンジニアにと、なんか、返答してみい、アホかと、ここは、商業やでと、相成るわと。

ででや、一緒に面接されたの面々、ガタガタ、震ててねえ。へえと、感心したですが。思えば、当時には、度胸座ってたんやと。反面、ここには、合格しても、通えんわと。親父から、そのよに、通告されてるが故。
よて、その分、どちみちのと、思てたからやと。
当然の、合格も、入学金等々、入金せずの、頭っから、出してもらえへんわと。
トッとの、「ミニミニの、同窓会」で、そんな話、してへんでと。
(16/04/18)



inserted by FC2 system