シバケンの単なる雑談NO.144

雑談NO.141 雑談NO.142 雑談NO.143
雑談NO.136 雑談NO.137 雑談NO.138 雑談NO.139 雑談NO.140

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.135
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.145

NO.1710 見舞いの話(20)

NO.1709 見舞いの話(19)

NO.1708 見舞いの話(18)

NO.1707 見舞いの話(17)

NO.1706 見舞いの話(16)

NO.1705 見舞いの話(15)

NO.1704 見舞いの話(14)

NO.1703 見舞いの話(13)

NO.1702 見舞いの話(12)

NO.1701 見舞いの話(11)

雑談NO.143


NO.1701 見舞いの話(11)

チョとずつ、真相、真意に迫ってるですが。
それは、別として、当方、見舞いで、泣いたは、一度だけ哉と。

イヤ、23歳の時での、祖母が、交通事故に遭遇での、骨折入院したです。
その事、会社、ロームに連絡あって、即の、退社したのか。多分なら、そと、思うですが。
「四条堀川病院」に入院してて。ここは、我が家から、数分、母校、堀川高校に行くまでの、道中。
オッとの、この時には、軽自動車も、購入してたですが。ホンダの、NV時代での。家に、車置いてか、直接に行ったかは、定かに覚えて無いの。多分なら、当時には、そこらに車も適当に駐めるが出来て。

そんな事、どでも結構の。
病室、この時は、個室でしたですが。入って、祖母の顔見るなり、大泣きしてもたです。

これはなあ、生死には、無関係の、家族、それも、大事な、大事な祖母の顔見たら、可哀想な姿見たら、ガマン堪らん以前の、会社からの道中から、既に、泣いてたわと。大丈夫か、大丈夫かと。
それも、祖母の顔見たら、青アザ作ってもての。転けたんやなと。酷い事、されてと。
まあなあ、これは、見舞い的感覚あらへんですが。

あくまでもの、当方の場合やでと。
祖母が、親父が、母親が。
嫁はんが、息子共が、嫁が、孫でもが、入院なりしてみい。コレ、見舞い怪。中身に寄るのけどや。

同居してたの、叔父達が、入院でもしてみ。万難排しの、即の、駆けつけるやろな。オトトの、当方の場合やでと。
叔父達の場合、結婚してもての、家族が居てるなら、その都合もあっての、即に、とは、出来んけど。
ンの、息子共にしたって、既に、結婚しの、独立してるが故、コレ又、少々の距離ある故、即もなと、相成るですが。
母のなら、万事、こちの、判断やろな。行くも、行かんも、息子共一家が、見舞いにも、こちが、同伴やろな。

云うてるの意なるは、反対に、東京の叔母と、妹婿母とは、こちの、気の持ちよが、全然の違うのけれどの、叔母なら、従兄弟の都合に合わせの、婿母なら、妹夫婦の都合やしと。
そこに、こちの、都合との相談でして。
要は、こちの、勝手都合で、見舞いの日、決まらんわと。

オッとの、涙する、せんの話やったなと。
基本、当方、涙脆いわと。ましてやの、祖母の時<死亡>、24歳。年齢的にも、若いわと。素直に泣いてもたですが。

東京の叔母の時には、従兄弟の涙するの情景見て、ンの、コマツタなと。
それに、弱いんやと。
見てもたら、気持ち、重々の理解故、貰い泣きしてまうわと。実際にも、従兄弟と、チョと、場を離れの、別途の場所に移動で、そこで、諸般の雑談するにしたですが。
イヤ、叔母は、母に任せてと、するのか、叔母のカラダでも、拭いたげると、カーテン、閉められた故でして。

場を離れの、従兄弟と、何の話をしたかは、鮮明に記憶してるです。
そのままを掲載しても、背景説明大変故、超の簡単には、彼からは、当家、当方の状況なるが、理想的ですて。
何の事かと、なればの、ズと、親と、同居がでして。彼の場合、諸般で、別居なれどです。

まあねえ、確かに、別居の考え、全くのあらへんでして。
反対には、同居せざるを得んの状況でもあったですが。祖母他界で、親父長期入院<結核による、隔離入院>でして。自動的、家長。
とするのか、いきなりの、家長。
そらなあ、母と、妹の三人に相成って。母の収入では、生活なんか、出来んわと。妹なら、七歳違うし、当方、就職したの時、マダ、高校生でして。学資もいるやんかと。
そ云うたら、高校卒業させてから、槇島に引っ越したなと。

トトトの、何の話怪の、又、ズレてもて。
そらなあ、その一度、当方、泣いたは、祖母の時の、一度だけ。
コレ、見舞いでも、何でも無いの、簡単には、只々の、大急ぎで、戻って、大丈夫かと、様子見に行っただけ。
云うたら、白内障や、骨折での、入院なら、基本、生き死にの、問題で無く。脳梗塞で、半身不随も、大変は、大変も、生き死にではあらへんわと。見舞いで、涙するの場面で無いわと。

対して、叔母の時、婿母のは、基本、それでして。
当方、見舞いに行って、涙なんか、見せてみい。アカンやろな。当人、そのよには、聞いてえへんし、知らんの事になってるのにや。
深刻なるの、表情、顔にも出せんやろな。
とりあえず、陽気な話題で、こんな、あんなと、昔話なり、当人主体の話を繰り出すです。

イヤ、事実、元気、元気で、話も、陽気でして。
やのに、その光景、様子で、婿殿、泪目してたら、困るの事よの、こちは、それに、弱いんやと。

そらなあ、諸般、この手の見舞いで、ポロリと、真相口にしてもてみい、大変ぞと。
当人に真相、伝えられてるのなら、宜しいですが。それでも、こちからは、断じての、口にチャックで、門外不出の、知らぬの事。聞けば、へえの、ほんかですかと、相成るわと。

そ云うたら、一件のみ、当人、真相承知のがあったなと。
当方、ダイオード製造部時代の、上司でして。大腸癌で、入院での、人造肛門になってもたですが。
当時には、大腸癌ともなればの、モあかんです。
事実、術後、復帰も、1年保たず。

まあなあ、上司も、マダマダ、若いもあったのけどや。40代でして。
病状、重々の承知で、我々も承知で、数人で、滋賀の病院に見舞いにと。行けば、当人より、縷々の説明、解説されて。
曰くに、人造肛門でも、浮気するぞ、遊びまくるぞ、酒飲むぞの、必ずやの、復帰するぞと。コレ、自分に云い効かすの如くに、繰り返し、繰り返しの、申してたです。
事実、復帰は果たしたですが。

当方、知るの限り、大腸癌では、2例、早いねえ。亡くなるがです。
されどの、以降の、2例、変な話、何年も経過してるに、生存されてるです。誰とは、申さんですが。
それ程に、医療の世界、技術が、進歩してると、云えるですが。
トッとの、くれぐれもの、婿母、大腸癌とは、違うですが。
(16/03/30)


NO.1702 見舞いの話(12)

そらねえ、涙する、泪目になる。
分からんでないです。分かるです。

そんな事なら、当方、母の時、諸般、見舞いで無くの、面会なれどの。ソラ、病院と、違うしなと。
涙は出して無いし、泪目にも、なてへんでして。
頭の中が、その手、感慨に、ふけるの状態に無く。

イヤ、息子共含め、妹一家、姪一家にしたって、ダアレも、そんな状況になってえへんのと、違う怪と。
細々となら、妹家なら、3度、来てて。一緒したは、最初の、妹夫婦ダケの時ダケでして。他のは、時間少々ズレたり、付き合うは、してへんでねえ。
息子共のは、我が家から、一緒に出向いてるですが。

そらなあ、その状態になるの、以前なら、オヤツ的なるを、持参で、何個でも、好きなだけと。
云うたって、持参してるの数以内。
その状態になっても、オヤツは持参で、この場合、何個喰えるか、吐き出すか、出さんかと。
出せば、その処置せねばの、殆ど、そちの方に、全神経と、までは、大袈裟も、関心事、それでして。

それと、状態でして。
この、状態の判断、難しいですが。
日によて、違うしなと。調子のええ時、悪い時。

云うたって、母の面前では、一滴の涙も見せてえへんわと。先の通りの、気持ち、別問題にあっての。
「こもれび」内で、涙したは、したけれどの、一度だけの。それは、「同意書」の提出の日、時でして。
コレ、亡くなるの、1週間前になるの哉と。
ケア・マネージャーに手渡したですが。その時でして。

そらなあ、提出なるは、臨終を、「こもれび」に託すに、「同意」するの、意でして。
提出を、求められたもあるし、母の様子より、そんなには、保たんぞと、判断したを、意味してるわと。

これら、諸々の判断、今、振り返れば、的確での、ズバズバやったなと。
「同意書」提出、一週間前やし。
散髪も、直前にしててね。

散髪は、電気工学科、同期生の、同窓会もあるには、あったけどや。
それが、6月7日<日曜日>での、その前に、散髪してて。
大体は、同窓会のためと、散髪するの人で無いわと。当方がや。そんなモン、男ばかりやしと。
男ばかりも、最低限の身だしなみ、整えるのけどや。基本、気なんか、使わんの人でして。当方がや。それを、珍しく、散髪でもと。行っといて、良かったですが。

そら、同窓会の日の、明くるの日。とするよりも、その夜でして。真夜中、2時頃でして。電話がや。
当然の、その程度の時刻なら、起きててね。話簡単の、結果的、延々の、徹夜やわと。

それでや。
まずは、次男が、一旦、出勤の上、取って返して、斎場に来て。涙流したですが。それ見て、この時には、連れ泣きの、涙したですが。
次男嫁も、一旦、出勤の上、取って返して、斎場に来て。
等々、長男一家も、神戸から、馳せ参じの、変な話、諸般の説明方々、してるの間に、こちも、少々、声詰まってもたり。

以降、涙するの間なんか、あらへんわの。最後の最期、告別式での、喪主挨拶の時。
これは、最早の、覚悟しての、涙での。
そらなあ、挨拶では、母の状況述べるに、文言、構築するに、コレ、云うたら、どしても、涙してまうぞと、分かってたですが。

大体が、涙なんか、してもたら、声、詰まってもての、言葉、出て来んよになるですが。当方の場合やでと。
ここで云うも、異なれどの、声出たなあと。
最低限、これと、これは、挨拶で、云うを決心してての、そこで、云わんで、どこで云うの怪の、文言での。

イヤ、正直なるの、気持ちでして。
何の飾りもあらへんわと。飾るの意味もあらへんわと。地のまま、素のままで結構なると。
云うたら、ここでは、涙も、構わんわと。

トッとの、又もやの、何の話、してるの怪の、話戻しての。
いやなあの、当方的、嫁はんでもや。
親孝行なるの、文言、相応しく無いですが。親孝行とは、思てませんでして。やて来たの事がや。当たり前の事也と、してまして。

されどの、親孝行なるの、文言、便利で、分かり易い故、親孝行と、するなら、コレ以上の、親孝行、何せよ、何出来るの怪と。するの自負あるわと。
そらなあ、母抜かすに、小遣い呉れ。旅行に行かせよ、ええ服買え、旨いモン、喰わせよと、贅沢三昧の、聞いて、あのなあの、話ばかり、するですが。

云うたろ怪の、母のモノで、自身で、買おてるは、アクセサリー類に、衣類哉と。
その他、飾りモノ等々なるですが。
家に附随するの、冷暖房器具、ストーブとかや。エアコン等々、こちやしなと。下手したら、しんでもの、下着類、衣服も、毛布、布団も、ええのを、使てたですが。全部、こちやしなと。
ンの、そ云うたら、ベッドと、洋服箪笥等々の、家具なら、自分で、買おたの哉の。それも、多分なら、借金でと。借金なら、こちが、全部、尻拭いしてるわと。

トトトの、斯くなるでの、母の事に触れ出したら、恨み、辛み、ばかりでね。
それと、親であるの、話は、別問題での。

ンの、何ちゅうても、母の生い立ちもあるやろなと。ソラ、幼くして、両親亡くして、苦労して育ってるですが。
その時の苦労、金欠を、取り戻したいと。
ンの、ンンの、それは分かるですが。こちから、取るの怪に相成るですが。
それと、時代背景あるです。

当世と、違いの、当時には、男の子が生まれたら、基本、嫁の鼻高々。一安心でして。家を継ぐの跡取り出来たと。当家の如くに、財産、資産、あらへんでもや。
無くともの、までは、分かるにしても、最初っから、男の子なら、親の面倒見て、当たり前の考えでして。
ンの、これも、昔には、その通りの考えあったは事実也でして。当世、希薄になてるのダケでして。

オッとの、トトトの、話、若干の逸れてもてるですが。若干やしなと。
繰り返せば、出て来るは、恨み、辛みの、愚痴話、ばかりなれどの。
それと、親、大切には、別途の話やわと。この大切にが、表現難しくの、世間的、親孝行の文言、使われてるですが。当方、親孝行を意識した事、あらへんと、申してるです。
当たり前の事をば、当たり前に、してるんやと。
そらなあ、一言で、申せば、家族でして。

よて、諸般、親孝行、してあげてなと、云われたら、ンの理解に苦しむの、コレ以上の、何、せえと、相成るわと。
はきりと、申しの、云うてるの方、当方、夫婦が、親にやて来たの事、出来るの怪と。出来るモンなら、やてみいと。
イヤイヤ、親孝行の文言も、極の素直に、受け取れば、えのやけれどや。
(16/03/31)


NO.1703 見舞いの話(13)

諸般、種々の見方が出来るです。
泪目なり、涙するに、単純明快の、ええお母さんなんやと。

当方、年齢もあるですが。年齢とは、若いの意での。そら、当時、24歳やしなと。
祖母の時には、単純明快の、ベッドに横たわるの、祖母の、顔には、包帯の、痛ましいの姿見て、号泣。
イヤイヤ、多分なら、遠慮無用の、隠す事も無いの、ハタ目も気にせずの、大号泣したと、思うです。
ンの、個室やったし、ハタ目もあらへんですが。祖母と、2人だけでして。

ソラ、大好きな、大好きな、お婆ちゃんでして。
云うてるやないかの、ここぞの時、親からは、助けてもろてえへんですが。祖母からは、助けられてるです。
ええ想い出も、満載でして。

そんな事よりも、祖母、84歳で、他界したですが。
云うたら、その事故、車との接触で、転倒、骨折したが原因での。以来、立つが出来ませんでしたです。
イヤ、現在の医療、とするのか、当時には、リハビリの概念無く。
骨折は、大腿部の付け根で、手術的、当世と一緒で、金具はそのままでして。但し、骨がくっつくまで、動かさずが原則での、ソラ、あかんわなあと。
80歳も過ぎた、老婆が、動けんとなれば、寝た切りでして。

それまでは、元気、元気の、歩いて、出掛けてたです。
よて、横町、醒ヶ井通りの綾小路と、仏光寺の間で、自動車にと。当時では、駐まってるの車に祖母がぶつかって来たと。との、運転手、車の持ち主の証言が通ったわと。
云うとくの、当時は、そんなモンでの、当方、その件については、関与してませんでして。万事、親父任せで、経過も知らんですが。

それよりも、寝た切りも、そのまま、死ぬとは、夢想だにも、してへんでねえ。
今なら、寝た切りでは、あかんと、分かるですが。当時は、そんな知識もあらへんわと。
毎朝、出勤時には、行って参りますと、祖母に挨拶して、家出てたですが。その日も、いつも通りに、挨拶して出たですが。いつも、当方の顔見て、ンと、口では無くの、表情にて、応答してたですが。
この日も、そのよに、見えてたですが。
会社について、暫くしたら、帰って来いと。祖母他界と。

状況より、その時には、亡くなってたみたいでねえ。
ほならの、ンと、応答してたよに、見えてたは、何やったに相成るですが。
頭っから、いつも通りと、信じてるが故哉と。

そらなあ、同じの屋根の下に、ズと、暮らしてるの、家族でして。
矢っ張り、祖母とも、産まれて、死ぬまで、一緒でして。
ここだけの話、でも無いの、祖母、怪我以来、朝飯抜きに相成ったわと。会社の食堂で、パンと、牛乳で、凌ぐに成ったですが。
要は、当方の食事の世話、祖母やしなと。母、朝、寝てるしと。

モ一発、申すなら、事故以来の、祖母の世話、したては、親父やしなと。
ここで申すです。
確かに、母、水臭いは、あるですが。最終的、矢っ張り、その子でして。と、断言も、不正解なれどです。

当家の場合、そらなあの、嫁はん、相当に母の事に神経使い、努力してるです。当方以上に、気を使てたです。
云うてるは、細々な事、当方には、気が付かずで、出来ませんでして。
只なの、介護なるは、チカラ仕事也でして。介護の手法、知識無ければ、ナカナカに出来ませんですが。ベッドから、母を起こす、車椅子に座らせるも、便座に座らせるも、悉くに、チカラ仕事でして。
女性では、大変でして。男の、こちでも、チカラが消耗、どするやの時、度々での。
コレ、年齢と共にの、加速するわと。

祖母であれ、母であれ、女性でして。
意味なるは、体重知れてるわと。それでも、こちの、年齢と共にの、動かすが、チカラ仕事で、体力消耗するですが。男親なら、尚更に大変やろなあと。大変以前に、保たんやろなあと。
あくまでもの、介護者、家族の年齢に寄るですが。


オッとの、又もやの、話、少々のズレて来てるですが。
元の話に戻せば、涙したり、泪目になるは、ええ親やったからでして。多分ならなと。
そら、実体、内実なんか、親子なり、一緒に生活してへんかたら、分からんわの。ハタ目でなら、誰もが、ええ人やと。

オトトの、その上で、東京の叔母も、婿母も、基本、ええ人でして。
基本とは、叔母なら、何度か、泊まったり、泊めてもろたりの、ソラ、血縁親族での。されどの、婿母の事なるは、左程に知るもんかと。
当人様とは、何度か、話をしてるし、妹なり、婿殿からの話も、聞いてるのけどや。

ハタと、よ考えたら、3月13日<日曜日>、面会したの日、小一時間、話をしたですが。
これだけ、延々の、あれこれ、昔話、含めての、談笑したは、初めてでして。それまでは、会うの度、簡単なるの、挨拶とかや。その範疇でして。この時以前の見舞いも、そんな大した話なんか、してへんわと。
病室でして。長居もしてへんしと。

そんな事で、ええお母さんなんやと。多分ならなと。
にしたって、ここまでは、当方の見解、正解でして。
ンの、何の事かと、申せば、当初、妹夫婦の話なら、遠の昔、とは、極端なれどの、今頃、葬儀になるみたいな、なれどの、現に、その報、届いてませんでして。
少なくともの、入院から、3週間の話が、本日で、以て、1箇月経つですが。

イヤ、結構なるの、ご当人様と、面談しの、談笑しの、昔話に花が咲き。
ホームでの、話も、聞いたり致しの、要は、呆け防止で、諸般の事、されてるのみたいの、その講義まで、聞かされて。
兎に角、想定外の、元気、元気の、当方の、手の艶よりも、綺麗でねえ。現に、手にも触って、感触見たですが。へえと、感心する程での。

これも、病院をお暇してからの、国道の向かい側の、「ガスト」にての、昼食の時の、婿殿の話なら、入院する以前は、艶も無くと。
ソラ、食べ物、喉通らん故での、病院での、点滴なりで、そこまで、回復したと。
にしたって、当方的、印象なら、繰り返すの、元気、元気の、とても、とてもの、今日の、明日の、危ないの話には、見えんですと。

或る意味、血縁で無いだけに、沈着冷静、第三者的、受け取りよ、なれどです。
さりとての、諸般、回復の見込み、あらへんでねえ。その処置、してませんでして。

イヤイヤ、ここからが、婿殿、その息子としての、判断、難しく。
オッとの、さりとての、何か、出来るであらへんでして。
只々、ひたすらに、天命、下るまで、見守るしか、あらへんですが。かと、申しの、ご当人様より、退院イツかと、尋ねられての、何と、返答するかが、あるですが。
イヤ、動けるだけに。呆けて無いだけに、なと。
これが、人生でありの、死生観。
(16/04/01)


NO.1704 見舞いの話(14)

死生観も、自身の年齢、年代によて、違うやろと。

そらねえ、10代、20代でも、生とは、死とはと、恰好良くなら、形而上学的、哲学的、想像の世界、空想的、想念、巡らすの事、あったのけどや。
振り返れば、可成り、理想的に設定してたよな、気がしてるです。
超の簡単、簡潔になら、人間の生には、死には、相応の意味あり、価値あると。

30代から、50代。
とするのか、その前に、20代で、社会人と成り、定年退職の話なり、年金の事、聞いたってなあ、全くの、想像すら、出来んでねえ。
60歳で、定年とか、その歳から、年金がと、云われたって、その歳まで、生きてるの怪と。
事実、受け取るよな年齢では、爺様での、棺桶に、半身以上、突っ込んでるやろと。
とまあ、そんな具合に、考えてた、思てたよな、気がしてるです。

での、30代、50代でも、その手の事、考えんでも無いですが。大いに、考えた。
とは、思うですが。この頃なるは、結婚して、子どもが出来て。
まあ、云うたら、生活、支えるに必死やしと。生きる、死ぬの事なんか、あほらしいてねえ。考えるがです。
そんな事、考えてるの暇あらばの、仕事、仕事で、精一杯でして。

思てるの間にも、リストラされたですが。
結果、大いに、計画狂たは事実の、マダ、死とはも、左程にはなの、遠い世界でして。まあ、云うたら、親も居てるし、生活がと。
それが、60代、還暦になるよな頃より、今度は、異次元の世界の、息子共が結婚し出してねえ。

云うとくの、そらなあ、結婚してもらわな、困るの事よの、されどの、なの、現実的に、考えるも、難しいんやでと。想像、想定してるのと、現に、彼女なりを紹介されての、イヨイヨ怪と、なるがです。
くどいけど、自身が結婚して、子どもが出来ても、同じくの、そなるまで、現実的に、想像難しかったんやと。
それが、今度は、息子共怪と。
イヤ、結構なるも、です。複雑怪奇なるの、気分でね。

イヤイヤ、現実問題として、順々に独立、巣立ってもてねえ。
幸いにしての、ええ嫁で、ええ孫共での、当方、嫁はん、共々の、満足と、するのか、現時点、一安心も、二<ふた>安心もしてるは、事実で、正直なるの、真意。
そらなあ、常々、思てるの、普通で結構の、その普通やしと。
この、普通が、極めての、難しいは、重々の承知してるわと。

そらなあ、細々なら、心配事も、希望、理想も、あるけどや。
基本、余所様から、尋ねられての、そのままの、正直なるの話をして、特段の問題あらへんわと。多くの方々からしたらの、理想的状態でして。

での、当家からしたら、最初の祖母が。コレ、順当。
オッとの、叔父なら、戦死で、逆見てるですが。戦死故、仕方があらへんわの。祖父なら、当方とは、行き違いで、会えてませんでして。
次ぎ、親父で、最新、母親でして。極めて、順当でして。

そこで、当方、65歳、前期高齢者に位置付けされたの頃より、諸般、体力的問題、具体的に、実感も、し出してねえ。
云うたら、何やけれどの、それまでは、息子共、結婚しよが、孫出来よが。孫出来たら、名実共の、爺様なれどです。
それなら、初孫、当方、還暦の孫娘、なれどです。

この当時、爺様になて、爺様と、云われて、或る意味、幸せにも、感じててね。
ソラ、爺様に成れたんやと。孫出来たんやと。
只なの、当初、孫娘、こちに慣れてくれへんで、腹の立つノリ、状態やったのけどや。そらなあ、1歳、2歳の頃、日本語、まともに、喋れんのが、ホンの偶、会おて、コチの顔、見たら、逃げての、泣いての、どついたろかと。
この調子で、延々の、懐いてくれるの時期来るの怪と、相当に、不安やったのけどや。
諸般で、懐いて呉れるのよになりで、一安心、二安心してるですが。


オッとの、それでや。
当方の死生観、そのもは、不変なれどです。
不変も、質が替わって来てるですが。
そもそもがの、死、そのものは、避け難く。その布石さえ、打っとけばの、特段にの。当然の、身分相応の、なれどです。

いやなあの、そして、昨年、母を送った段階より、何度も、申すの、順当で、次ぎ、自分也と。
自分で、当然の、逆、困るの事よの、それでや、人間の一生も、とするのか、一生なんか、つまらんなと。
何が残るか、残せるかの、残す、残さんも、結果的、金品怪と。つまらんなと。

残すの意味なんか、あるの怪と。
云うたってなの、使い果たして、死ぬるも、至難の技でして。自身、責任負うは、嫁はんにダケで結構と。
と、云うたら、金品やしなと。

金なるは、生命保険が満期になってての、当方、死亡の時、下りるの、保険代でして。
この金額なるは、結構あるですが。云うたって、先にも、申してるの、身分相応の、なれどです。
但しの、保険屋、外交員も、申してたですが。当世の基準でなら、破格の額ですて。へえと。

オトトの、この保険金、当方が使えるの、モノで無く。死ねば、嫁はんに、でして。
但し、既に、満期故、下ろして、嫁はんと、2人で、使うは出来るですが。使てもたら、嫁はんに、残すのモノが無くなるしなと。
他にも、多少なら、あるのけどや。

オッとの、トトトの、又もやの、話、可成りのズレてもてるです。
云うてるは、云いたいは、65歳<前期高齢者>に達したの頃より、相応に考え出しの。母を見送り、次ぎ、自分やなで、更に、一段、数段の、具体性増してもて。
当然の、自身の年齢も関係してるですが。
そらなあ、年々、一歳ずつ、着実に、加齢の、その分、棺桶に、半身処か、限りなくの、全身がと。入って行くを痛感してて。

トッとの、さりとての、生前より、一度、どんな気分哉の体験、実感の、棺桶に入ってみたい。
となんか、考えてえへんけどや。
コレ、当世、流行ってるんやてねえ。体験、棺桶なるがです。名称、これが、正しいかは、知らんのけどや。
当方的、感覚なら、モノ好きやなと。そんなモン、生きてるの間に、棺桶に入っての、気分なんか、ゾとするわと。

とかとか、云うたってなあ。
自身、余命、ン年、ン箇月、ン日とか、宣告されてみい。
そらなあの、達観してるよな、事、云うてたって、イザとなればの、分からんわと。
かと、申しの、じたばたしたって、始まらんのけどや。
(16/04/02)


NO.1705 見舞いの話(15)

での、ほんとはねえ。
4月2日<土曜日>なるは、我々夫婦の、40回目の、結婚記念日でね。
ほんとはねの、「ルビー婚」と、申すのらしいけどの、嫁はん、風邪気味でね。
ほんとの、ほんとは、ショート・ケーキでも買い求めの、ささやかなるの、2人だけの、祝いでもと、思てたですが、延期したです。
延期も、延期の程の、大層なるの話で無いけどや。折角の、喰うにしたって、気分爽快の、マシな時の方がと。
オッとの、当方ならばの、便秘症状でね。大して、食欲もあらへんですが。延期も、イツまでの延期も、分からんですが。
どちにしたって、我々夫婦のみ故、大した事も致さんですが。

での、死生観、死生観、云うたってねえ。
「人の命は、地球よりも、重い。」
となんか、誰が云うたんやと。
ダッカ<バングラディッシュ>国際空港を舞台に、日本赤軍が起こした、ハイジャック事件<1977/09/28>にての、人質解放のための、身代金について、時の首相、福田赳夫氏の言でして。
超法規的、投獄の、日本赤軍メンバーの解放に加えての、600万ドルを出したですが。

これも、人、それぞれに、受け取りよも、違うですが。
人質になてもたの方、その家族と、第三者では、又、違うしと。
政治家として、ンの、そんな高額、支払えるモンかと、蹴ってもたら、又、非難囂々でして。

ン、ンの、又、余計なるの話、してもての、訳が分からんよに相成るですが。
毎日、毎日、この瞬間にも、どこかで、誰かが、他界してるですが。第三者の我々、そんな事、一々の知らんがな。
しかるべくの、高名、名のあるの方なら、テレビなり、新聞ででも、報道されるですが。殆ど、大多数は、無名やしと。精々が、地方新聞なり、地方版の、片隅の、死亡欄に氏名記載がやっとでして。

これも、不要としたら、掲載されませんですが。
されたって、我々の場合、この地、亀岡に、承知してくれてるの方なんか、果たしての、数えるの程でして。
ンの、産まれ、育ったの、地、京都、下京でも、知ってくれてるの人数、知れてるのけどや。まあ、同級生くらい哉と。

申せば、我が母、他界も、そら、我々夫婦は、諸般、大変でして。
親族も大変なれどの、大変の質も、量も、違うやろな。
諸般、落ち着くに、軽くの、半年掛かってるです。

悪いけど、事実、現実として、妹の、婿母の場合、当家、第三者でして。
ンの、ここらが難しくの、全くの、第三者にも非ずの、姻戚でして。
そらなあ、見舞いにも、行きの、しかるべくの、葬儀の際には、列席も、しんならんのやなあと。列席したって、末席の、その又末席の、最期の、最後の席なれどです。それで、結構なれどです。

云うたら、先様の親族、知らんがな。
妹夫婦の、結婚式では、会おてるの、やろねえと。お母さんの、妹さんなら、一度か、二度、チラと。
これ、親父様の見舞いの時でして。覚えてえへんわと。

ン、ンの、そ云うたら、婿殿家の、仏壇の魂入れの時、招かれての、参列したですが。当時、当家、総勢、5名様でね。
これは、親父様、他界で。他界は、遠の昔での。お母さんが、仏壇購入されての、その時でして。息子共、大学生故、10年までは、経ってえへんのやなと。云うたって、9年、8年なれどです。
その時にも、何名様かの、親族、参列と、するのか、来ておられ。
くどいけどの、知らんの方、ばかりでね。そらなあ、妹夫婦と、その子、姪、甥なら、承知してるですが。それと、主人公の、婿殿の、お母さんをね。
オトトの、その妹さんも、やけどや。話題なんか、あらへんわと。

当時には、当時で、当時の事、掲載してるですが。
検索、探索の、探してまで、この時やと、リンクしての、事細かにの、紹介する程の事で無く。

トトトの、何の話怪の。
人の人生なんか、つまらんなと。
母の時にしたって、そやけれどの、我々、何も出来んわと。ええ歳になってもたら、手術するにも、体力、保たんし、自然の成り行きに委ねな仕方が無くて。
今度、婿殿の母親の事なら、最終的、婿殿の判断でして。
この判断も、生き、死にに、関係してるしなと。してたって、どするも、出来んわと。

柴田の叔父にしたって、モ手術なんか、しやへんと、この場合、自分で判断、決断してるわと。
こちは、聞いて、あのなあと。手術出来るなら、した方がと、云うたって、当人の考えでの、どするも、こするもなと。ましてやの、その息子、我が従兄弟なれどの、居てるしと。
叔父、甥の関係も、それには、無力で、任せとくしか、仕方が無くて。

こちらも、後、何年保つかなんか、神でも無いの、当方に、分からんわと。
分からんも、こちは、血縁親族やわと。産まれて、高校生になるまでは、同じの屋根の下で、生活共にしてたの叔父でして。
当世の、一般的なるの、叔父、甥の関係よりは、濃厚と、思うのけどや。

もお、ほんとにねえ、自身の気持ち、説明するに、難儀でね。
簡単には、婿母なら、他家での、基本、当家に、影響あらへんわと。他家で、血縁親族でもあらへんしと。
母の時なら、形見別けとして、妹には、相応のと、したですが。大して、値打ちモノ、あらへんですが。よ、考えたら、実の母のを、当方、何1つ、手元に、残してるのモノ、あらへんなと。
祖母のなら、針刺しなるを、復元とは、大袈裟も、修繕しの、小物入れとして、使てるですが。使うも、小物入れ故、適当なるの場所に置いてるのダケなれどです。

親父のなら、三文判1本、判子入れの袋に残してるですが。
残してたった、使うの用事もあらへんですが。まあ、ええ怪と。
イヤ、当たり前の、他家の方が、亡くなっても、当方には、その辺りの形見等々、無関係。別段にの、欲しいモノもあらへんし。あるも、無いも、知らんしと。

での、一番の問題、言葉選ばずの、しかるべくの、時期でして。
実は、諸般の予定、計画なるが、存在致すです。

5月3日の連休冒頭なら、母の一周忌でね。
それ、突破なら、7月21日から、数日の予定で、学生時代、同期生の、古希の北海道旅行を計画してて。
更には、8月のお盆辺りには、嫁はんの里えの、当家全員、総勢10名様の、大移動でして。

細々となら、直近で、4月の15日<金曜日>には、高校3年時代の、ミニミニの、ミニの同窓会の延長戦も計画してて。
云い出したら、北海道のは、5月の連休直後にでも、一発、計画の打ち合わせ、意志統一、費用の問題等々の、打ち合わせ会、開催の積もりも、しててね。

かと申しの、そこを避けて頂戴なの、話でも無くて。
そやからと、生き、死にの話、葬儀なるは、突然でもありの、待った無しやしなと。
とかとか、当方的、勝手乍らの、その辺り、困るの事よに、成らんよにと、願うのみ。
(16/04/03)


NO.1706 見舞いの話(16)

今一、しっくり、致しませんでして。
云うてる、思てるの、死生観が、です。

基本、年齢によるですが。
医者から、余命、ン日、ン箇月、ン年と、教えられ、さての、どするやと。
なれば、コレ、その方の年齢にも、状態にも、寄るなあと。

叔父の如くの、ンの、叔父は、余命云々の話、では無いけどや。
医者から、すんなり癌、転移と、聞いて、モ結構の、ほっとくと。との、判断、自身でして。モ、ボチボチの、87歳やしと、当人、申してまして。

東京の叔母なら、当家、墓開きに来てくれて。
我が家にも、泊まり、兄弟にも会えて。戻って、暫くしたら、入院でして。
まさかの、死期を悟って、京都に来たのやろかと、思わんでも無いけれど。何ちゅうたって、60代やしなと。64歳やったの哉の、若過ぎるです。
但し、その分、動けたです。動けた故、産まれ故郷の、京都に来てくれて。

印象深いは、沢山あるけれどの、ほんとは、叔母婿殿、要は、ご主人<当時には、既に他界>の親族宅にも、方々、訪問の上、そのまま、東京に帰るの話が、行った、その日に、急遽の、当家に戻ったです。
イヤ、深い話、事情等々、なんか、聞いてませんの、只、一言、私は、ここから、嫁に出たんやと。
まあ、つまり、本家であると。里であると。

イヤイヤ、それに、間違いは無く。
只、家、そのものは、叔母が、嫁に出たの、当時の、下京の家で無いけどや。亀岡に引っ越してまして。
この亀岡には、初めて、来たですが。叔母がや。そんな具合に云うてくれたは、嬉しかったわと。
要は、柴田家を宜しくの意でもあり。自身、帰るとしたら、ここしか無いの意での。その意なるは、叔母の里、出生であるを、意味してるわと。

イヤ、全くの、正解でして。イツでも、戻って来て戴ければと。
とは、返事はしてへんのけどや。至極、当然の事でして。そらなあ、言葉無用の、我が家、一家全員、熱烈の、大歓迎して、迎えてるわと。
気の済むまで、事情許すの限りの、何日でも、泊まって頂戴なと。
とも、云うてえへんけれどの、ソレ、前提でして。

出生とするのか、里とは、そんなモンやと、思てるです。
まあ、そんな事、有り得えへんと、思うのけどや。何等かの、事情にての、叔父なり、叔父嫁なりが、当家に身を寄せるも、一向に、構わんわと。
叔父嫁の場合、当方とは、血縁無いけどや。やからと、邪魔者扱いする事、あらへんわと。当方は、なと。嫁はんでもや。

それ、云い出したら、息子でも、その嫁でも、孫共でもや。全くの、一緒やわと。
諸般の事情に、どんな事あるかは、分からんのけどや。戻って来ても、一時か、永遠にか、想像も、想定も、出来んのけどや。遠慮すなと。
但しの、こちの、歳が、歳やしなと。

ンの、そんな話、死生観に全くの無関係なれどです。
そらなあ、当家、水臭くはあらへんわと。云うたら、東京の叔母の時なんか、我が家、5人やでと。それでも、母の部屋に一緒にならと、泊まって戴いたわと。多分ならなの、正確には、覚えてえへんけどや。
今なら、夫婦2人だけやしなの、何とでも、成るです。

オッとの、での、死生観の話、なれどの。
母の場合、妹婿殿のお母さんの場合。
母のなら、「こもれび」の、Dr.から、聞いたの認知症が云々なんか、当人、母に話をして、何になるの怪でして。
流動食でもを、胃に入れるがため、切開云々なんかの、残酷な事、出来る怪。何歳やと、思うやの、90歳、過ぎてるです。

余命、何日も、分からんし、ならばと、当人の好きなよに、好きな事をと、云うたってなあ。
旅行するにしたって、どこえ、何しに行くやの。美味しいモノ、ご馳走でもと、云うたってなあ。食べられへんのやわと。
母の従前より、申してるの、ええ服着ても、着て、どするやの、話やわと。
結果的、一番の上等の、母の好きな、和服を着せて、送ってやったですが。

妹婿殿の、お母さんの事にしたって、難しいわと。
最早の、食べるは、流動食でして。後は、点滴での、車椅子で、どするやの話やわと。どこにも、行けへんわと。

云うてるは、東京の叔母なら、若かったし、その時には、見掛け、健康故、京都にも、1人で、来るが出来たですが。
80歳、90歳ではなと。自力で、動けるなら、やけど。
叔父にしたって、モ手術は、ええと、申しの、デハの、余生、好きにと、云うて、どこえ行くの怪の話での。とりあえずは、毎日のよに、その息子<従兄弟>が、訪問してるみたいなれどの、それで、充分哉と。

ほんまやでの、小説、ドラマ、演劇や、マンガで、あるまいにの、余命、どのこのと、云われて、ンの、何するやと。
まあなあ、やり残した事、やるが、小説なりの、物語なれどの、劇的になら、叔母の如くに、遠くの親族なり、知人に会いに行くの全国行脚なれどの。知人もなと。
叔母の場合、皆、京都、大阪やしなと。
三人の息子なら、東京方面でして。コレなら、イツでも会えるわと。

イヤ、そんなモンやでと。
そらなあ、我が子が、マダ、小さいとか、ならばの、諸般、残されたの、嫁はんなりの、今後の事等々、思い残すと、するのか、気がかり一杯なれどです。

そんな事でなら、今、マダ、若いと、するのか、動けるの間に、諸般しときたいなと。
思うのけどや。自由の出来た時には、当方、この歳やと。
さりとての、特段の、どこえ、行きたいも、あらへんでねえ。あるには、あるけれどの、金掛かるしなと。

イヤイヤ、思うの事、するに、全部、金掛かるわと。
新車が欲しい、カー・ナビ付きの。
とか、自動運転の車も、ええなあと。とは、思ても、バカ高く。現有、10年選手の、カローラで、ガマンしとこ怪と。
結果、現実に戻れば、現状維持と、相成って。

ンの、コレ又、死生観に関係ありや、無しやの、話なれどです。
死生観、云々して、意味あるは、若いの時期で、無いの怪と。
(16/04/04)


NO.1707 見舞いの話(17)

ンの、よ、考えたら、暗い話になてもてねえ。
モ一発、よ、考えたら、無理からぬ事での。

そらねえ、昨年、6月、母他界。
9月に、同じの町内会の同じの組の方が。そして、年明けての、1月、再度の、同じの町内会の方の葬儀でして。
この3名、何を隠そおの、2005年当時の、当方、区長した時の、敬老会で、参加されたの、3名様。

同じの組の方なら、会えば、話も致しまして。云うたら、婆様仲間でして。
1月のは、区長時代、含めの、諸般、よっく、お世話になったの方でして。
色々、考えるわと。

しかも、当町内会、約110軒で、年に1回、ありや、なしやの、葬儀でして。それが、一気、一期で、3軒連続でして。
さりとての、年々、高齢化、進みの、今後は、珍しくもなくなると、思うのけどや。
そらなあ、参列者、町内会の面々の事なれどの、コレ又、年々、歳喰てるなと。自分の事、片脇に置いてもての、思たりも。

そして、この3月には、妹婿母の入院の知らせ。
且つは、年齢も、年齢なれどの、状況より、そかの、話やし。
片やの、我が叔父の話の、年会の連絡の際、チラと、聞いた、胃癌云々でして。モ手術しやへんわと。へえと。あのなあと。云うたって、当人の決意でして。
コレ又、年齢問題あるしで、何とも、ハヤの。そら、叔父の息子とも、相談の上やろしと。強いてなら、主治医から、聞いて、話をしての事でして。

とかとかなの、最近、こんな話、ばっかりなんやでと。
オッとの、まだあったですが。
母方従兄弟のども、生気の無い状態と、その嫁はんの心臓の手術の話もあって。
ンの、まだあったなの、連絡、付かんの、岡山、笠岡の、元ワコー電器の、QCのヤツ。手術は、2月末の、29日と、聞いてたですが。以降、何度か、ケータイしてるですが。応答、あらへんでねえ。

こいつは、癌とは違うの、視界が狭くなりの、その原因、髄液云々と。手術では、頭蓋骨に穴開けてとかとか、凄いの話、しててねえ。
その手法での、手術かは、分からんけどや。主治医が、諸般、手立て考えると、してまして。
只なの、ケータイの留守録にも、メッセージは入れてるですが。応答の無い事にはなと。別途の伝手<つて>で、状況知りたいなら、聞くは出来るですが。

オトトの、それ以外にも、同期生なりの、親の訃報も、入ってるのけどや。
これはなの、我々の歳が、歳やし、その親の訃報も、特段の、なれどです。そもそもがの、当方の親も、以て、亡くなってもてるしと。

只なの、これも、重ねって来たら、気分良くは、あらへんわと。元々が、訃報で、気分爽快なんか、万が一にも、口にしたら、顰蹙買うですが。
意味なるは、従前なら、ン年、十年、ン十年の間を置いて、飛び込むの話が、最近では、連続してるなと、実感でして。
云うたら、こちが、若い時なら、左程に、思わんかった話も、じわり、ジワジワと、我が身に迫るの感してねえ。事実、迫ってるですが。

そらなあ、同期生、同窓生の親なら、相応の年齢での、或る意味、充分に長寿であったと、云えるですが。
云うまでも無いの、その分、こちも、歳喰て来てるを意味してるわと。
従兄弟達の親、当方にしたら、叔父、叔母なり、伯父、伯母に相成るですが。これも、年々と、までは、申さんの、次第、次第に、残ってるの人数、僅少になてもてねえ。
生存してるのも、健康で、しゃきしゃきの、顔負けするの話なんか、あらへんわと。皆、調子悪いのばかりやわと。
モ一発、そらなあの、皆、ええ歳やわと。

斯くなるでの、死生観。
その昔なら、イザ、知らずの、ソラ、その昔なら、人生五十年。
とは、織田信長の辞世の一句。とするのか、「敦盛(あつもり)」<幸若舞(こうわかまい)>の一節、なれどの。コレ、天界と、比較したでは、人の世の、時の流れの儚さについての事での、人の一生、五十年の事ではあらへんですが。

それでも、それに近く。
ならばの、既に、当方、その年齢、過ぎててねえ。
云うたら、叔母の年齢をも、超えててねえ。

オッとの、そんな話、どでも良くの、当世、自身の年齢なるは、中途半端なる、でして。
この歳で、死ぬるは、チョと、早く。まあ、ええよに、申せば、惜しまれるなと。
トッとの、そんな話、本命で無くの、この歳なら、歩けるし、その気なら、走れるし、旨いモノ喰て、旨いを感じられるし。まあ、云うたら、まだまだ、人生、楽しむが出来るの年代でして。

されどの、ここから、十年哉と。
80代に達してみい、そはなと。十年は、無理鴨の、それでも、十年哉の、微妙なるの、歳でして。
いやもお、有り体には、先が見えて来てるです。
まだ、80歳には、間があるも、80歳で、元気やねえと、云われる、思われるの方、多いのけどや。さりとての、行動範囲、知れてるわと。ンの中には、海外旅行にも、ガンガン、行ってるの方も、おられるですが。僅少でして。
そらなあ、くどいけど、先立つモノがあっての話やわと。

イヤイヤ、諸般、年齢もあるですが。
健康あっての事なれどの、まあ、正直、その歳まで、一遍の、不安、持病、病魔、抱えずの方、おられるの怪と。
まあなあ、旅行なり、ガンガン出来るの方なら、概ね、それ、出来る範囲の、健康あっての事、なれどです。

いやなあ、つまらんなあと。
人生、晩年なるは、です。
そこまで、生きてたらの話、なれどの、諸般、難しいなあと。
自分で、自分の寿命、決められへんし。決められても、さての、納得出来るの怪と。決めたの、その時期、決断がや。
納得するも、しんも、寿命は必ず、尽きるわと。

生きててこその、華と、申すですが、コレ又、ほんま怪の、ハタ迷惑の事もあるんやわと。
さりとての、死んだら、ほんとに、おしまいやなあと。あっさりしたモンやでと。
よて、生きててこそ、のと、申すは、分かるのけどや。
病気持ち、持病持ちでは、ど哉と。
(16/04/05)


NO.1708 見舞いの話(18)

死生観ねえ。難しいねえ。
基本、生きるを、どれ程に執着するかの話哉と。
病魔に挑み、戦い、生きるに努力されてる方に対しては、尊敬致すわと。えらいなあと。

只なの、その方の置かれたの立場に寄るやろなと。
親が居て、その子なら。その親も、或る程度、若いなら。親の介護が必須の場合、とかとかや。
そらなあ、その親が必死で、介護し、回復するに、させるに、努力惜しまずでして。
そやけどなの、双方、相応に歳喰て来てみい。親が大変ぞと。体力、気力が、保たんわと。常識的、親の方が、早く逝くです。

反対に、希に見るの、親孝行の子ども。云うたって、相応のええ歳の子どもが、親の介護も結構なれどの、コレ又、歳喰てもてみい。保たんわと。
やから、助けとして、福祉介護施設が存在するですが。
当世、ほんとに、充実しててねえ。昔っから、あったは、あったのけどや。
介護費用、個人負担、1割とは、違うかったしなと。介護保険なる制度があらへんかったしで。

又もやの、話、ズレまくるですが。当家にしたって、母の介護、母、最終的、「要介護4」やしなと。
正直申せば、「特別養護老人ホーム」に入所出来るの、等級でして。
されどの、その選択、我々夫婦、結果的、最後まで、してへんでして。何度でも、申すの、昨年4月に、担当ケア・マネージャーから、その話出たですが。
ボチボチの考えるの時期ですと。

実際問題、こちの、体力、気力に限界感じてての。ならばの、5月にでも入れば、ボチボチの、施設を、見学、見聞にでも、行こかと。コレ又、実際には、担当ケア・マネージャーからの、合図と、するのか、指示あればの話での。意味なるは、家族が、ここがええなあと、思うの施設に申し込めばの、助言でして。
相応の積もりしてたの矢先でして。急激なるの、老衰がや。母のやでと。

イヤ、本来なら、5月の連休明け、過ごし易いの季節になれば、母、家に戻すの積もりしてて。その計画の下の、リハビリ入所でして。
状況より、むしろの、「特別養護老人ホーム」の方がと。決まるまでは、「こもれび」に居て戴いてもの、話でして。
云うたら、結果的、しかるべくの、施設、「特別養護老人ホーム」の見学、見聞せずでして。

イヤイヤ、これ、我々夫婦の選択でもあって。
最期の最後まで、「特別養護老人ホーム」には、抵抗感あったです。ソラ、その分、こちが大変なれどです。重々の承知の上で、出来るの限り、自宅介護をと。ソラ、親でして。
ソレ云い出したら、相当の以前より、その選択肢、考えた方がの、話なら、あったですが。或る意味、無視してたわと。マダ、早いと。

そらなあ、その方が、こちは、楽は楽。
但し、住民票は、施設に移動でして。その替わり、費用、安くで、済むのけどや。概ね、概算なら、半額と、までは申さんですが。近いの哉と。さすれば、母の年金で、余るですが。
リハビリ・センターなりの入所でなら、ダケでは、不足で、足出るけどや。出てたのけどや。

オッとの、どしてもの、この手の話になるなあと。
本来的、最期の最後まで、我々夫婦で、見るの積もりやったんやと。それが、当然也と、考えてまして。
されどの、想定外の、状態になてもてねえ。それも、急激にでして。

何故に、最期の最後まで、我が家でと、考えてたかと、云うたら、これが、当方なりの、死生観也と。
まあ、云うたら、祖母のよな、状況をば、想定してたんやと。時代が違うのけどや。
そらなあ、家族と一緒がええに決まってるわと。残念乍らの、往診してくれるの掛かり付け医者がと、施設の、理事長、Dr.から、云われたならばの、あらへんでして。そんな事までは、考えてえへんでねえ。

そらなあ、万事、思うよには、成らんけど。
そらなあの、しかるべくの、施設に入れるなら、その方が、楽は、楽であるは、承知してるですが。これも、順番待ちやしなと。
更には、何が最善の方策かは、誰にも、分からんわと。

ンの、誤解無きよにの、これは、母も嫌がってたを承知もあるわと。
人それぞれに、考えあっての、それを望むの方もあるやろと。されどの、極の一般的、当方的、ほんま怪なと。嘘やろなの。
嘘と、までは、云い切らんのけどや。

そらなあ、大金あって、有料老人ホームなら、結構なれどです。
それでもや、何でわざわざのと、思うのけどや。
まあなあ、しかるべくの、介護士が居て、医者まで居て。何なら、食堂で、シェフの料理でもを、喰い乍らの、わいわい、がやがやを好むの方々なんやろなあと。多分なら、なと。

そんなモン、入所と、するのか、契約だけでも、ン千万円、億円での。
だけでは無いの、月々、20万円、30万円とかや。おまけで、食事なら、食事、洗濯なら、洗濯等々、別料金やしなあ。
とても、とてもの、庶民には、遙か彼方の、別世界での。

オトトの、そんな資金あらへんも、あるけれどの、行きたい、入りたいとなんか、全くのと。
とは云え、選択肢に入れるが出来るの身分、資産あったらなあと、思うは、思うのけどや。
イヤ、内実、実体、諸般の内部的事情あると、推測致すわと。
ン、ンの、死生観も、如何に老いて、死に場所見つけるかの話もあるなあと。

とか、云うたって、コレ又、選択出来る事と、出来ぬの事あって。
云うたら、突然に、刃物でも、突きつけられたり、銃口、こちに、向けられてみい。
ビクリ以前の、カラダ、ガタガタ、震えてもての、腰抜かしの、失禁もと。

されどの、これが、状況一緒も、身内、家族を助けるなりの場面なら、別段にのと。
左程に怖いの場面と、思わんでねえ。
云うてるは、殺すなら、こちを殺せと、相成るわと。そんな場面での、死するは、怖い、とかは、あらへんでして。
所謂の、犠牲は、厭わんわと。むしろの、それで、家族なりが、助かるならなと。どにでも、して頂戴でして。
これも、又、死生観での。意味あるわと。
(16/04/06)


NO.1709 見舞いの話(19)

死生観ねえ。難しいねえ。
とか、云いつつの、延々のやってるですが。
元の話、原題、「見舞の話」なんやねえ。
そこから、話、膨らみまして。

イヤ、今だ、どの、このの話、あらへんです。要は、入院されて、1箇月以上、経過したです。
変な話やねえ。何が、今だ、なんやと。失礼千万也と、思えどの、申し訳無いけど、仕方が無いわと。諸般、こちには、こちの、都合もあるです。

これが、再度の、申し訳無いけど、自身の家族と、そでは無いの差でして。
ほならの、我が母の時は、どやったの怪となればの、ある種、覚悟はしてたですが。余りの急激なるの変化に、頭が付いて行かんかったと、正直なるを、申してるです。
覚悟ねえ。覚悟は事実も、イツ頃かの、想定なんかも、してへんわと。明日なんか、来週なんか。1箇月、半年、1年先とかとか、全くのと。
イツでも、不思議で無くの、さりとての、人間、そは、易々の、逝かんわと。

云うたら、一番最初の、Dr.から、呆け云々で、食べ物、喉を通らんの話と、選択肢の件と、しかるべくの、時期になればの、「同意書」の提出をと、伝えられても、まだまだ也と。
少なくともの、「同意書」をば、即刻の出せの、話であらへんでして。
呆け云うたってなあ、年齢相応と、見てるわと。食べ物がと。これも、以前より、そんな事、時々ならあったです。只なの、頻度が、増してたは、察知してるですが。それと、呆けの関係がねえ。ド素人には、分からんでして。

事実、オヤツなりを、喰わせたら、喰てまして。
但しの、量が少なくなたなあ。とは、感じてるですが。吐くのも、又かと。厄介やなと。
の程度でねえ。
ンの、車椅子のあちこちに、吐いたモノが、こびり付いたりは、見てるです。見たら、掃除したり致しまして。
それも、発見するの頻度が、高くなり。とかとか、諸般、好ましい方向で無いは、分かってるですが。それが、何じゃと。又、治るわと。
事程左様の、相矛盾するの、状態でね。自身の頭の中、考えてるの事が、です。

その上で、呆け<認知症>が進行で、死ぬなんか、想定してませんでして。
イヤ、Dr.の説明には、納得してるです。
呆けのため、食欲がと。コレ、生存意欲でして。

又、その内には、息子さん、当方の事なれどの、分からんよになり、自身の名前も、分からんよになるですと。
これも、重々の、理解もしの、納得してるですが。
それと、死ぬが、結び付いてえへんでねえ。
そらなあ、コレ又、正直には、生存、生きるの意欲が薄れて来たら、ソラ、あかんわと。との、モ1人の、当方なら、申してるです。こいつの方は、沈着冷静でして。
生身の自身は、その反対の事、ばかりを想定してるです。何、抜かすの、呆けで、死んだの話、聞いてえへんわと。

呆けで、偶に訪問の、息子なり、娘の顔見ても、分からんの話、よお、聞くけどや。偶に故での、始終、顔見ててみい。分かるわと。
ほんまやでの、母親が、自分の顔見て、誰か、分からんであなと、寂しい思いしたの話なら、方々より、多数、聞いてるです。
年に数回しか、会わん、会えんなら、そ鴨と。そんな意味なら、呆けは、呆け出してたは、分かっても、当方の事なら、分かってたわと。表情にも、多少の変化あるわと。こちも、その辺り、観察しの、見てるわと。

かと、申しの、常の事での、一々の会話なんか、してへんわと。
何の話をするの怪と。オヤツ、持って来たで。喰うか、幾つやと。聞きましても、数なんか、聞かんの間に、数個、持たせてもての。無くなれば、マダ、欲しい怪の、話やわと。
この会話も、そらなあ、年々、日々、乏しくのなるのけどや。呆けのせいなんやろなあと。
されどの、所謂の、意思の疎通、伝達なら、明確にの、出来てるわと。

Dr.の最初の話を受けて、濃い親族には、通達したです。
結果、妹夫婦も面会にで、その際、色々話をしたと。へえと。結構なると。


さての、妹婿殿のお母さんに、お見舞に行っての、久しぶりもあったが故の、3年ブリ哉の。長々と、話をしたですが。小一時間と、申してるですが。
そんなに長く、話をしたなんか、従前、あらへんかったと、申してるですが。
お母さんも、ご機嫌さんで、色々な話をしてくれて。こちも、印象に残るの、昔話をしたりして。

イヤ、コレ又、事程左様の、全くの、呆けたあらへん故でして。くどいけどの、我が母とは、数歳、4歳、5歳、歳の差もあるしで、その歳なら、我が母も、呆けてえへんかったです。
それこその、呆けを思たは、Dr.の口から、呆け<認知症>の話が出た故でして。
事実、それ以来、急激なるの、変化も、体感、実感してるですが。

オッとの、多分なら、妹婿殿のお母さんも、我が息子が、面会なりに、行ったとての、そんなに話は、したはらへん、のではと。
精々が、イツ退院出来るの怪の程度哉と。
当方なら、3年ブリ故に、あれこれ、話に華が咲きは、重々の承知してるわと。

自身、元気であるを、示しまして。リハビリで、手摺りを伝い歩きなら、出来るんやと。介護士ソバに居てもろてと。
足がねえ、動かんでねえと、車椅子に座ったままなれどの、半身不随であったの、左足を動かしてみたりで、見たの、こちが、えと。動いてるや無いですかと。
当人、動かせへんのですよ。嘘云えと。今、動かさはったや無いですかと。事実、思たよりも、動かんの筈の左足が動いてねえ。

イヤイヤ、重々の承知してるです。
一生懸命に、嫁の兄夫婦に、心配させるまいの、努力でして。
当然の、偶故、積もるの話もあってねえ。多分なら、病室から、出るの際には、髪を整えられ、身嗜みも、確認されてるやろと。その上で、談話室と、するのか、来られてるです。病室から、連れ出したは、婿殿。
そして、一言も、イツになれば、退院出来るの怪。とは、息子<婿殿>には、詰問されてませんです。こちも、余計なるの、細々、一切のしてへんわと。
当方の、申してるの事、解るやろなと。要は、こちは、嫁の兄夫婦と称するの、客人でして。超の簡単、言葉選ばずの、赤までは、付かんの、他人やわと。

での、元々が、我が母と、このお母さんの性格、全然の違うのけどや。
環境も違うし、ここまでの、人生も、全然の、違うのけどや。

違うの事、倹約家で、遠慮しいと。
とは、聞いてるの話やでと。
確かに、華美なアクセサリー類なんか、されてるの場面、見た事は無く。派手な服装もしたはりませんでして。結構なると。
オッとの、ここ数年なら、病院に見舞いでしか、会おてへんのけどや。病院で、アクセサリーも、派手な服装も、しやへんのけどや。
我が母にしたってなと。

しかるにの、病院も、しかるべくの、福祉施設も、自身の、持ち物、殆ど一緒やでと。
置けるの場所、限られてまして。
下手したら、下手しんでもの、1人暮らしの、年寄りなんか、入院してるの方がええなあと。
理由、飯作ったり、家事せんでも、病院なら、やってくれやはるし、医者、看護師は居たはるし、安心で、楽、楽の、楽と。
とは、申しの、前提には、帰るの場所、家が、ある故になと。病状も、回復の見込みもある故になと。
云うてられるです。
(16/04/07)


NO.1710 見舞いの話(20)

死生観、死生観。
延々の、掲載してるですが。
基本、当方なら、延命処置、不用。
とか、云うたってねえ。状況にもよるです。植物人間的になてもたら、ソラなと。

申してるは、母の時の、保護者としての、当方の判断、正解也と、自信あるです。自分自身が、同様なるの、状態なら、自身でも、そのよに、返答してるわと。
処置不用也と。
叔父のよな場合、どなんやろなあと。胃癌で、一度は内視鏡で、処置するも、完全では無くて。再度のを、断ったと。当人がや。
その事、聞いて、当方、申してるです。やったらええのにと。何でやと。
何でやと、とは、何故に、再度の内視鏡での、処置しやへんのかと、でして。当人申すに、この歳やと。も、ええわと。

そかと、年齢の事もあったなと。
これは、その年齢にならな、分からんの話でして。
イヤ、申してるは、叔父と、母では、中身違うわと。
呆け、認知症は、現時点、治らんですが。治療により、進行、遅らせるは出来ると。遅らせるねえ。大した、期待、薄でして。

この呆けも、確かに、急激でして。車椅子になるの以前なら、こちが、へえと、ビクリする程に、記憶力、凄かったわと。
手術に向かうのベッドで、横たわり乍らに、各々の病室に掲げられてるの、部屋の人の名前見てたんやねえ。嗚呼、この、何とかさん、知ってるえ。
とかとか、結構、昔の話なんかも、鮮明に覚えててねえ。感心させられてたですが。

矢張り、車椅子になったでは、自力で、歩くが出来ひんし、運動が出来んし。テレビ見てるしか、あらへんでして。後は、トイレでありの、食事でして。家でならなと。
ディ・サービスなりでは、仲間が沢山居てて、話相手もあるですが。家ではなと。家族、とは、我々夫婦の事、なれどの、そんなに話も、しやへんわと。基本、家族となんかは、日常会話でして。

只なあ、そらなあ、自宅での方が、気楽やわと。
ベッドで、ひっくり反って、テレビ見てられるわと。
但しの、施設とは、違いの、キチリ、キチリの時間通りの、食事は出来ませんでして。ソラ、こちの、都合の時間やわと。早くになるは、珍しく。基本、遅れ気味。
云うたって、出来るの限りの、母のペースに合わせるよには、努力してるですが。毎回、毎日は、よやらんわと。母専属、介護士、料理人でも、あるまいにと。
結果、チョとでも、遅れたら、ブースカ、ガタガタ、文句タラタラ、愚痴ばかりを、申してたですが。
まあなあ、遅れるが、予めの、分かってる時なら、チョとした、オヤツでもを、あてがいまして。時間稼ぎをしたりして。

オッとの、又もやの、イツの間にやら、話、逸れてもてるですが。
そらなあ、ハキリと、申すの、施設で、家と、一緒の事、態度してられへんし、文句も、云うてられへんわと。食事なら、キチリ、キチリなれどです。
介護士の指示に従うが、原則でして。まあ、云うたら、介護士なるは、他人さんでして。家で、家族に対するの、文句云うたり、悪態付くは、出来んわと。

言葉、選ばずの、あちら、介護士なるは、業務でありの、こちは、家族でして。
イヤイヤ、超の話、簡単には、赤ちゃん帰りでして。口達者で、云う事、聞かんの、文句タラタラの、でして。
家族故に、親故に、ガマンと、するのか、しょがないと、思てるのけどや。他人さんなら、何で、そんな事、云われんならんのやと、血を見るぞと。当然の、冗談なれどです。
親でも、ガマンの限度、突破の事、度々の、コレ、日常茶飯なれどです。

ここで、チョとだけ、申すです。
ズと、家族故に、基本、双方、遠慮なんか、してへんわと。
あちでは、基本的になら、客でして。

で、終わってもたら、言葉足らずの、大いなるの誤解、語弊あるです。
我々、家族からは、しかるべくの、施設で、介護士のお世話にならねば、遠の昔に、バテてるわと。
感謝、感謝の、神様、仏様、キリスト様的、拝み倒してるです。

当世、少子高齢化で、介護疲れ等々にての、家族に手を掛けるの、妻が、夫を。夫が妻を。子が、親を。親が子をと。
三面記事、賑わすの事件、多々の、頻発してるですが。
我々、よっく、分かるです。そんな事、あり得るがです。

で、これ又、だけで、終わってもたら、言葉足らずの、大いなるの誤解、語弊あるです。
今後、益々の、この手の事件、多発するは、予測するですが。
我々、親を、手に掛けるとかとか、頭に過ぎった事、あらへんわと。瞬時、どついたろかと、思うの事なら、あるのけどや。実際に、どついてもてみい。そのままの親殺しに相成るわと。
ほならの、どついたろかと、思たは、過ぎったになるかと、なればの、次元違うわと。表現、言葉上の話やわと。

それ、以前の、何度も、既載してるですが。諸般の、ディ・サービスなりで、送るの時、母を抱えて、玄関先に座らせるに、迎えるにも、コレ、チカラ仕事での。こちも、年々、日々の、歳喰て行く故、体力、腕力、持続力に、自信無くなって来てての、万が一にも、抱えるの体力、失せてみい。時間掛かって、尽きてもてみい。母をば、落としてもてみい。
そのままの骨折、多分なら、殺人的失敗での。
そんな事が、こちの、加齢と、共にの、頭過ぎるに、なって来てもての、困ったなと。これが、真意で、真相でして。

要は、ハタと、これが、老々介護哉と。
それまでは、自身の年齢なんか、考えもしてへんのが、体力、気力、腕力、持続力の衰えと、共に、痛感、実感、恐怖、覚えるわと。
当人様、母の事なれどの、手摺りでもを、掴んで、離さんでねえ。やめてくれ、手を離せと、叫べば、叫ぶ程に、ガチリと、掴んで、離さんでねえ。考えてみたら、考えんでも、これも、母の体力、あったの時の話、なれどです。

イヤイヤ、諸般、諸々の、です。
コレ、日常の話やでの、偶の話と違うの、トイレも、短くなら、10分毎で、長くなら、2時間保つの哉の、一日も、24時間体制やでの。施設と違うの、直言するの、あちなら、交替制勤務で、こちは、家族のみ。

反対には、家族故、やってるですが。出来るですが。
突然で無く、次第、次第にの、重症化でして。但しの、骨折なり、転けては、重症化でして。

ンの、云うてるは、施設を利用出来てるが故、保つのけどや。保つとは、こちがやでと。
その上で、云いたいの放題、云われてみい。腹の立つのり状態なれどです。ソラなの、家族故での、こちも、云い反すの、家族故での。双方、遠慮があらへんしと。
よて、殺害、事件、勃発なるは、理解するも、我々夫婦、殺意、覚えたの事、無いなあと。

ン、ンの、我々、極の自然の、状態でして。
諸般の判断にも、間違いなるは、一切のあらへんと、大いなるの自負してるです。
そらなあ、自身の事でも、そのよに、判断してるわと。
まあ、云うたら、母の歳で、93歳で、呆けも、仕方があらへんわの、自然やわと。
進行遅らせるが出来たって、多少やわと。それよりも、喉の辺りを切開しての、食物、流動食、注入なんか、当方、そんな事、されるは、断じての、嫌やわと。
そんな事、されてまで、生きたいとは、思てえへんわと。

オッとの、トッとの、母の意思、分からんのけどや。確認なんか、してへんしと。
まともに、尋ねたならばの、母なら、生<せい>えの、執着大いにある。とは、思うのけどや。
喉の辺り、切開してまでは、ど哉の。嫌と、返答するわと。ここにも、歳の問題あるわの。

考えただけでも、ゾとしの、拒否反応やと。こちも、そんな状態なんか、想像するだに、可哀想也と。
当人にしたって、人間としての、尊厳なるが、存在致すわと。
別途の話、なれどの、頼むからと、懇願も、オムツをしてくれへんかったんやでと。してくれたら、こちも、夜の部、チョとでも、助かるのにや。頑として、受け付けずで、家族泣かせ。

であても、仕方が無いなあと、こちは、無理強いは、せずの、耐えたんやでと。
云うたって、3日が限度怪と。ソラ、寝てらんわと。夫婦共々、共倒れの危機に相成るわと。
とまあ、そこまで、してくれるの、息子、嫁が、居てるの怪と、自負してるわと。
とかとかの、介護の大変さ、なら、重々の分かるわと。
(16/04/08)



inserted by FC2 system