シバケンの単なる雑談NO.142

雑談NO.141
雑談NO.136 雑談NO.137 雑談NO.138 雑談NO.139 雑談NO.140

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.135
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.143

NO.1690 見舞いの話(3)

NO.1689 見舞いの話(2)

NO.1688 見舞いの話(1)

NO.1687 散髪屋の話

NO.1686 諸々の予定の話

NO.1685 元ワコー電器QC責任者の入院の話

NO.1684 母の一周忌の会席、どこでの話(5)

NO.1683 母の一周忌の会席、どこでの話(4)

NO.1682 母の一周忌の会席、どこでの話(3)

NO.1681 母の一周忌の会席、どこでの話(2)

雑談NO.141


NO.1681 母の一周忌の会席、どこでの話(2)

ンの、マの、しかるべくの、決断致したです。
イヤ、一周忌の件。

菩提寺、「光圓寺」には、5月3日、10時から、読経で、約の、1時間。
「東大谷祖廟」に移動で、墓参。まあ、移動時間、不明なれどの、所要時間、1時間哉と。
そして、「いそべ」に移動で、30分の余裕見て、12時半より会席をと。

要は、「いそべ」に決めたです。
主たる理由、駐車場の問題でして。まあなあ、大人だけなら、少々、強引にも、考えるですが。小さいのが居てたら、車は必須也と。

でや、早速にも、親戚筋に、連絡なれどです。
柴田の方、下の叔父に、その旨伝え。
当人曰くに、歳やしなと。ンの、分かってるわと。よお、よお、考えて頂戴なと。此度、一周忌の連絡をと。一週間したら、又、電話するしと。それまでに、考えてもろたら、結構なると。
会席の、「いそべ」の件もあるし、人数確定させんならんしと。
そらなあ、無理しんでも、ええで。
とは、云えず。

同様にして、上の叔父宅、電話で、従兄妹が出て。斯くの、然々でと。早いモンで、一周忌、チョと早めの、5月3日にと。
ンの、お母ちゃんがなあと、腰が云々での、立つが大変でと。ンの、マの、そ云われたら、申すの、無理しんでもと。人数の件あるしで、一週間したら、又、確認の電話するしと。

ここは、昨年、母の葬儀直後に、引っ越しまして。
伏見、深草の、京都教育大学の辺りでして。
本来なら、早々にでも、訪問したいけどの、引っ越し祝いも、諸般、葬儀の後だけにの、遠慮してるです。せめてもの、節分過ぎたらと、思てるの間にも、一周忌の事、真剣に考えんとの、2箇月先でして。

いやなあ、叔父の方は、諸般で、深草には、出向いたのらしく。
当人、先月<2月>にと、申したですが。従兄妹に、その話、伝えたならばの、来てくれやはったの、去年えと。ンの、サヨかと。

での、タケちゃん、とは、当方の事、なれどの、元気そな声やんかと。ンの、マの、何ちゅうかの、声だけやと。
そらなあ、腰が、歳がの、話で、元気、元気の、走り出す程の。とも、云えず。
モ一発、そらなあの、当方にしたって、イツの間にやらの、紅顔の美青年から、来年早々には、古希でして。我れ乍らに、嫌になってるです。ほんまやでと。

いやなあ、そらなあの、感覚的、来年にも、古希の声なるは、ボチボチの、この世、現世から、サイナラしても、無茶苦茶の早いなと、惜しまれるの年齢で無く。精々が、チョと、早いなの程度哉と。
少なくともの、我が感覚なら、そんなモンでして。
イツでも構わんの年齢哉と。

イヤ、事実、そんなには、この世に執着心、あらへんでして。
オッとの、されどの、長生き、しとは無いでも無いです。
この辺り、微妙なるの感覚での。そらなあの、健康で、動けて、食欲あっての、喰えての、金あっての、使えての、楽しい人生なれどの、ソラ、動けるですが。喰うは少食なれどの、旨いは、旨いし、旨いモノ、喰いたいは大いにあるですが。
先立つの、金無いわと。

ンの、こんな具合にの、金無い、金無いと、云うてたら、アカンですて。金運逃げるですて。
さりとての、あから様に、金欲しい、金欲しいも、貧相での。欲の皮、突っ張ってるみたいで、ども成らず。
簡単には、金に左程の、執着心無いは事実の、無いは、無いも、何故か、自然に回転してるも、事実で、当然の、贅沢なるは、してへんわと。しよが、無いと。とも、云えるですが。
オッとの、従兄妹にそんな話、してへんでと。来年には、当方、古希なんやと。とは、申したですが。

そらなあ、くどいけどの、皆、年々、一歳ずつ、歳喰うです。
それを、忘れる事あって。
叔父と、電話ででも、話、してたら、昔年の、一緒に暮らしてた頃の、事、フと、思い浮かべてまうです。そんな話、イツの事哉の、当方、20歳辺り、まで、でして。

ででや、柴田の方なら、その2軒。
母方、津崎の方なら、どの範囲哉の、基本、伯父達の、長男家にと。墓守、仏壇守の従兄弟にと。母の妹も生存してるですが。そこは、女子ばかりで、付き合い僅少の、情報無いです。

よて、下の伯父家の長男にと、電話したなら、大体が、コイツ、電話に一発、出て来るが、珍しく。
家にも、ケータイにも、電話したですが。アカンなと。後刻、後日にでもと。

デハの、上の伯父家の、ここは、次男家になるですが。長男家、早世にての、嫁、家継がず。そこの、長男も、ども、よお、分からんでねえ。イヤ、居てるですが。多分なら、家出て、どこかにと。
オトトの、所謂の、家出<いえで>で無いです。就職先なりが、地方ではと。
よて、長男家、墓守、仏壇守をば、次男家に託したわと。
要は、諸般の、親戚付き合い致さんの話での。
まあなあ、他家の事故、それ以上の事、当方知らんわと。

でや、そちに、電話一発の、ここは、嫁はん、出てくれての、久しぶりやねえも、昨年、母の葬儀、通夜で、会おてるですが。
いやなあの、早いモノでの、一周忌でねえと。

実は、ここは、当家に来た事も、当家、菩提寺も、知らんでねえ。墓地も知らんし、何も、知らんです。
そこの、長男なら、当家、親父の葬儀の時、来てくれたですが。先の通りの早世でして。
云うたら、下の伯父の長男家も、従兄弟も、来てませんの、親父の葬儀等々の時には、伯父健在でして。

よて、従兄弟嫁には、「光圓寺」の場所、松原通りの、西洞院東入るのと。細かくの、寺は、スグにも、分かるけれどの、寺には、駐車場は、無いしと。近在には、コイン・パーキングが、あるけれどと。
そして、そこには、10時から、読経で、当家のは、寺に墓無く、「東本願寺祖廟」也と。コレ、円山公園の、ソバなんやけどと。墓参で、その、円山公園内、「いそべ」で会席致すぞと。

どちにしろ、人数、確定せねばの、一週間したら、電話する故、よ、考えといてと。
尚、先の、モ片方の、従兄弟には、電話したけど、出て来いひんしで、連絡付いて無いでと。

それ云うたら、我が妹には、嫁はんから、ケータイ一発、出て来いひんでねえ。
ここも、ナカナカに、連絡がと。固定電話を引いてませんでして。
結果、折り返しの、電話も無くて。コマツタなと。
(16/03/07)


NO.1682 母の一周忌の会席、どこでの話(3)

にしても、俄然、気忙しいねえ。
イヤ、母の一周忌を決めたらです。
あっちに連絡、こっちにと。居てたら宜しいですが、居てへんかったり、ケータイに電話も、取ってくれへんかったり。
再度したら、嗚呼、昨日はなあと。
あのなあと、とは、申さんですが。後刻にでも、分かれば、連絡せよと、云いたいは、愚と、グの、我慢、ガマンにて。事を荒立てるの事もなと。

何よりも、困るは、何度、電話しても、出えへんの事。
これ、母方、従兄弟の事なれどの、どしてるの哉と。
葬儀の時、会おてるですが、元気無くて。そらなあ、一気、ガクンと、歳喰てもてねえ。当方より、若いのにと。パと見、老人でして。
ンの、マの、60代、還暦過ぎたら、それも、65歳にも、到達してたら、老人でありの、高齢者なれどです。世間的にはなと。
電話、繋がらんと、もしかしての、入院でも、してるの哉の。されどの、嫁も居てるやろにと。見舞いなり、付き添いで、行ってる鴨の、状況、皆目の分からんだけに、気ぃ揉むわと。

そらなあ、尋常で無いの、老けよでの。
その時、どしたんと、率直、単刀直入に尋ねたですが。酒止めたんですと。
あのなあと、酒止めて、そんなに老け込む怪と、コレ又、ズバリの、申したですが。ヘラヘラ、笑てるだけで、納得の応答得られずでして。それが、あるだけになと。

この従兄弟、京都の時には、スグの近くでねえ。
郁文中学校に通うの道中での、よお、立ち寄ったわと。イヤ、従兄弟に会うが目的に非ずの、伯父、伯母にでして。
それもあるし、当方、高校生時代には、こいつの進学援助で、家庭教師もチョとだけ致し。
ここには、従兄弟3人居たですが。一番下のは、遠の昔に、他界でねえ。30代であったか、40代になってたの哉の。生きてたら、60歳、チョと、過ぎでして。伯父、伯母も他界でねえ。
中手は、神奈川の方やしなと。伯父の葬儀以来、会おてえへんわと。
結果的、京都の、この従兄弟となら、諸般の、母方、親族、葬儀なり、年会で、会うの程度なれどの。会おてまして。

トトトの、入院とは、決まってえへんわの、とりあえず、こいつ、酒飲みでの。
従前、電話してても、云うてるの事、呂律回ってえへんで、何云うてるか、さっぱりでの。困るの事よと。

それもあるし、ここでは、この段階で、詳しくも、掲載出来ぬの、妹の義理の母、要は、婿母なれどの、昨年、特別養護老人ホームに入所なれどの、余り、様態、芳しく無いよでねえ。
イヤ、当方にとては、姻戚での。ええのなら、見舞いと、するも、変の、入所の事、聞いたの時、面会になら、行ってもと。申したですが、そのままになてもての、以降、その手の話、出してえへんですが。

での、此度の、この件、聞いたの時も、ならばの、ええならと、申してるですが。特段ので、どしょ怪なと。当方がや。
ンの、マの、再度の、我々の立場なるは、基本、婿殿なりの意向、考えに従うのダケでして。
イヤ、先方、妹なり、婿殿より、見舞いなり、面会をと、成るなら、そかで、参るですが。血縁に非ずの、姻戚なるは、誠に以て、微妙なるの立場での。
我々が、面会なりに、行くに、婿殿のお母さんが、気ぃ使われるも、困るし。ソラなあの、行けば、気ぃ使て当然での。気楽で無いわと。
こちにしたって、諸般の立場があるわと。

イヤイヤ、云うとくの、従前、骨折なりでの、入院されたの時には、見舞いに、行ってるわと。
これは、入院の報聞いて、ならばと、即の、日決まり。
行くにしたって、妹夫婦の案内無くして、勝手には、行けへんもあるし。行ってもええけどの、妹夫婦の立場もなと。

いやなあの、事程左様の、何、云うてるかと、なればの、当方歳喰てもてるは事実の、認識しの、前提での。
ハタと、気ぃ付けばの、相応に、周辺、皆、歳喰てもてて。自分だけが、歳喰てるで無いを実感致すわと。

反対には、周辺の状況より、ハタと、こちも、その年代に突入してるんやと。痛感させられるわと。
云うてるは、その以前なら、電話に出て来いひんでも、コイツ、どこをほっつき歩いてるやと。この時間に、遊び怪、パチンコ怪の、飲み歩いてるなよの、範疇での。入院なんか、一切と、までは、申さんでもの、一番手候補、念頭に来るでは、あらへんわと。

それもあるし、その親年代なら、正直なるの話の、ボチボチも、不思議で無いの、年代での。
そらなあの、我が柴田の親族、叔父、叔母<叔父嫁>にしたって、皆、ええ歳やでと。皆も、残ってるが、2人だけなれどです。

ソレ思えば、親年代のが、少々芳しく無くの、報聞けどの、変な話、ここだけの話なれどの、意外性あらへんでして。
そらなあの、我が母の事にしたって、80代後半より、骨折しては、杖になりの、杖も、2本になりの、歩行器になって。又、骨折で、車椅子に、なれどの、モ、ボチボチとは、頭の片隅には存在も、現実的、百歳も、生きるよに、思てるわの。下手したら、こちの方が、早い鴨の、範疇での。

イヤ、冗談で云うてる、思てたで無いわと。
母、見送れば、結果、親2人、無事に見送れたに相成りの、誠心誠意の、親孝行、実践したの自負も、ハタと、次ぎ、自分の番也も、冗談で無くの、現実での。
又、そで無くてはならんわと。

こんな事、自分で、決められんのけどや。一歩先の事、誰にも、分からんのけどや。
とりあえずの、現実問題、親世代、順々にも、特段の事、感じんわと。順当でして。
そやからと、柴田の叔父、叔母<叔父嫁>が、今日の、明日のと、そんな事、全然の想定なんか、してへんわと。
永遠は、無理も、イツまでも、元気にしてて頂戴な、でして。
それこその、叔父なら、血縁親族も、年齢上も、特段の、こちの方、早くなりても、そらなあと。我が親に非ずの、親の弟での。寿命は、分からんしと。
その心なるは、後も、先も、左程の事であらへんわの、自身の親なら、順当に、見送ってるわと。文句、あっかと。

オトトの、何で、こんな話、してるの怪のと。
とりあえずは、当面の話の、母の一周忌の事やと。
これは、むしろの、母方、血縁者であるの、参加、参列をと、だけでして。

考えよでは、ホンの身内だけでの、一周忌でも、構わんのけどや。
ここだけの話、でも無いの、こんな時にしか、血縁親族、一同に集まるの機会、僅少になってもて。
そらなあの、我が息子共、その嫁、孫共にしたって、祖母の、曾祖母方、血縁親族なんか、よお、知らんやろと。
母の葬儀の際、チラ見だけやろと。息子共なら、時折なら、見せてるの表現異なれどの、伯父達の家には、連れてってまして。されどの、従兄弟まで、居たやろ怪と。
かと、申しの、以降、親族としての、お付き合いもなと。知っとして、損にはならぬけどの、知ってて、左程の得も無く。
そんなモン、親族、広げてたら、大変ぞと。

ででの、「母の一周忌の会席、どこでの話」。
となればの、既に、決めたの、「いそべ」やわと。
(16/03/08)


NO.1683 母の一周忌の会席、どこでの話(4)

いやねえ、母方、従兄弟の1人。
前夜、20時頃哉の、ケータイも、固定電話も、留守電。
本日、朝、11時頃、昼一番、夕方と、夜の、21時の、4度<たび>、挑戦なれどの、悉くの、不発の、留守電。

にしてもの、留守電ねえ。
一応は、用件、超の簡単、こちの名と、目的、録音させてるですが。云うたってなあ、その都度、録音も、チョとなあと、ケータイに、2度、固定電話に、2度しか、文言、発してえへんのけどや。
この、留守電に、モノ云うは、変な気分でねえ。何を云うの怪と、まごつくです。
どちにしたって、現時点までは、云いっ放しで、応答あらへんわと。

にしたってや。
当家、外出の際にも、一々の、留守電になんか、しやへんでと。
ケータイにしたって、病院、映画館程度哉の、電源切るがです。或いは、会議とかや、講習会なりの、そもそもがの、この、電源切るが、留守電怪と。違うやろなの、この場合、それなりの、アナウンスされると、解釈してるですが。

要は、留守電ねえ。
よお、云うたら、コマメでして。
されどの、ケータイまで、留守電にするの、理由、矢っ張り、病院で、入院怪なと。されどの、電源切るやろと。
そやけど、やけどの、当世、ケータイの電源切るのよな、奇特な方、居るの怪と。
留守電にしてたって、しかるべくの、確認するやろと。

当方なら、電源切ったら、切ったで、切った事、失念での、数日してから、ハタと、気ぃ付くですが。
大体が、ケータイに電話が珍しく。基本、嫁はん程度での。偶には、学友から怪と。嫁なら、ケータイの、メールでして。
息子からは、ケータイにか、固定電話にかの、電話なれどです。

イヤイヤ、にしたっての、再度の、従兄弟嫁まで、留守怪と。
ここには、長男長女、居てるですが。両方、結婚したのか、して無いのかも、あるの、片方、息子の方、昨年、結婚したは、その弟、中手の従兄弟からは、電話で、聞いたですが。
多分なら、2人共に結婚して、家には、居やへんのやろと。
とまあ、それは、結構も、嫁はんまでが、留守が、解せんでねえ。
かと、申しの、夜の、遅くの、22時以降に、電話するの、緊急で無く。朝の早くの、9時や、10時に電話するもなと。
相応の、電話するにも、一般常識なるが、存在致すの、当方、それ、無視までは、憚るの。そんな事、云うてたって、連絡付かんなら、相応の対応せねばの、コマツタなと。

何よりもの、ここまで来たら、余計なるの、心配致すです。
とりあえずは、昨年6月の母の葬儀の際の、覇気の無さ。ガクンと、老け込んでもたの、様子。
この件、その中手従兄弟には、話、したですが。へえと、そんな事、無かったですと、申してたですが。
去年、息子結婚も、去年のイツかまで、聞いてえへんしと。オトトの、去年も、一昨年<2014年>の事に成るけどや。

余計なるの話、年月経つは、ホントに早いねえ。
歳喰たら、喰うだけ、時過ぎるが、早いと、聞いてるですが。事実、アと云う間に、一日過ぎての、月、替わりの、年過ぎるです。
その分、加速度的、歳喰う、年齢加えて、歳老いるになるです。

ほんまやでの、朝一番、顔洗うに、歯磨くに、鏡見るがゾとするわと。コレ、この老人、我輩怪と。ど見たって、自分1人しか、映ってえへんなと。
他に、幽霊も、居てへんし。幻覚、夢見てるで無いの、そこまでの、耄碌も、ボケても居てへんわと。
ほんまに、ほんまやでの、目の周辺、顎の、頬の、首筋の、皺がなと。分かるわと。見えてるわと。

手の皺もなと。自分でも、ゾと致すわと。
それ以上に、ゾは、腹の出っ張り。世に云うの、メタボ腹。
背高く、なら、都合、ええよにの、恰幅がと、出来て来てと。とも、解釈なれどの、背あらへんでみい。不格好ぞと。

ここだけの話の、されどの、同年代の、とは、比較で、可成りの、老け顔でも無くて。
自分で云うも、何やけれどの、若くは見られてるわと。
その若くもなと、まさかの、50代。60代も、なったのばかりの、辺りまでは、大袈裟でして。まあ、精々が、前半やろ怪の範疇での。

これが、損する事の方、多く。
損も、異なる表現なれどの、大体が、チョと下のからは、歳下に見られ。同年のからなら、当然の下に見られ。チョと、上のからは、可成りの歳下に見られの、概ね、上から目線で、モノ云われ。
よて、時折なら、アンタ、何歳と、問われたりの、申せば、そんな歳喰てるん怪と。されどの、それで、言葉使い、丁寧にもされへんでねえ。

オトトの、当方の話、余計なるの。
従兄弟、老けた、とは、頬痩けて、皺増えて。動作、よぼよぼの、までは、大袈裟でもの、きびきびも、この歳では、出来んけどや。
パと見、コレ、アイツ、従兄弟かと、瞬時、別人と、見える程の、でして。

まあなあ、幼いの時より、承知故、その瞬時より、相応に、見え出すですが。見えたって、当方よりも、軽くの年配に見えたわと。
そんな事、珍しくも無いのけど。余所様ならなの、その差激しくと。
言葉、弱々しくの、覇気、生気、乏しくて。
大丈夫怪と、病気でもと、心配になったが故、葬儀の時、我が運転の車内にて、問おたんやと。

そんな次第の、斯くなるでの。
若い頃なら、少々、老けたって、どて事、あらへんですが。この歳、60代も、半ばに達して来ててみい。この老けよは、尋常で無くの、必ずや、何か、隠してるの。
我々に隠したって、しょがあらへんのにと。

トットの、明日にでも、再度、電話してみる怪の。
電話が、マダ、掛からんなら、掛かってはいるけどの、留守電なら、埒空かんしで、別途の手段、葉書でもと。
出してみるかと。
(16/03/09)


NO.1684 母の一周忌の会席、どこでの話(5)

本日<3月9日>も、従兄弟の家に、ケータイにと。
電話、連発と、する程の、頻度で無いの、各々、4回なれどです。
イヤガラセでも、ストーカーでも、あるまいにと。
当方、至って、常識人の、積もりでして。

どちにしたって、当人、家族、家族も、多分なら、夫婦2人だけと、思うですが。
ダアレも、電話に出ませんし、留守電でして。当方的感覚なら、異常でして。特には、ケータイまでが、留守電、解せんなと。
されどの、まだまだ、急ぐ事もあらへんでして。

イザとなればの、葉書の手と、モ一発、あるです。
中手の従兄弟に、ケータイででも、尋ねるの法。
あのなあと、アイツに、なんぼ電話しても、出て来やへんのやけど、何か知ってる怪と。ソラ、弟故、兄の事、多少なら、なと。
云うたって、京都と、神奈川に別れて、ン十年。一々の、細々の、動向、知らせるかは、分からんですが。

コチにしたって、伏見の妹に、一々の、どのこのなんか、知らせませんでして。アチも、コチに、自分の事、家の事、細々とはなの、諸般、尋ねても、そんなにはなと。
イヤ、そんなモンです。
用事無くともの、面と、向こて、ナンボでして。
或いは、諸般の、通信あっての、値打ちでして。
そらなあ、通信あって、現状、チラとでも、世間話的、申すです。通信無いのに、テレパシーで、動向分かれば、予言師、占い師、神業でして。

今時、テレビで、「神対応」なる、文言、流行ってるですが。
要は、この有名人が、忙しいのに、ご親切にも、咄嗟の判断、対応にしても、素晴らしいぞの、宣伝でして。持ち上げでして、胡麻摩りでして。
「神対応」と、称され、気分、悪くなるの筈は無く。
かと、申しの、この通常の対応、出来ぬの面々、多いぞと。何でも、自分だけでして。

オッとの、自分だけも、結構なれどの、基本、本音の、本音での。最終的、とことんの、自己犠牲、出来るのなんか、居てへんわと。
とまでは、云い過ぎも、「神対応」にしたって、自分のためでして。
ンの、マの、それが出来ぬの面々、多い故、簡単なるの事、常識的なるが、「神」扱いされるんやの、或る意味、情けないの、世になったなと。

これを、当方、距離感と、思てるです。考えてるです。人間との、でして。従兄弟、ハトコ、親族、姻族、兄弟、親子間、夫婦間、町内会、同窓生等々。
会話あって、距離感、縮むです。面と向かうの機会あって、親密度増すです。コレ、何か、文句あっかの、当たり前やろと。
他家に出向きの、ご飯一膳でもは、その昔なら、当たり前の事やったんやと。もてなしのため、店屋物でも取るかは、歓待されてるの証左での。ンの、手製、手料理でも、結構なれどです。
昔なら、店屋物なるは、贅沢でして。その贅を、客人のためなら、一発と。
オトトの、当世、店屋物なるの文言、死語哉と。コレ、「てんやもの」と、読むんやでと。「てんやもの」ねえ。京都弁的なら、「てんやもん」なれどです。当方、京都故、「てんやもの」には、違和感がと。
要は、客人のため、出前を頼むの意での。当世、出前、そのものを、してくれるの店、僅少での。

昔なら、仕出し屋は、ソレやし、うどん屋でも、飯屋でも、近在のなら、出前してくれたわと。わざわざの、店に出掛けてまではなと。出掛けてもええけれどの、その道中の時間、さえが、勿体ない的感覚哉と。
モ一発、客人を動かすもなと。
イヤ、特段の、出前頼むも、高級料理に非ずの、先の通りの、うどん、とかでの。あるいは、丼、でもの、寿司なんかを、頼むとならばの、大散財、大歓待なれどの、そこまではなと。当然の、懐具合もあるやんかと。
云うとくの、寿司も、回転寿司なんか、あらへんの時代の話やでと。よて、握り寿司に相成るわと。これも、そこらに一杯と、までは、申さんの、あったんやと。京都市内の話やでと。

モと、云うたら、当時、その昔、店に、喰いに行くの方、贅沢的でして。
行くも、歩いての範囲故、近所やしと。店に入ってもたら、近在の方ばかりの、そんな店にショッチュウ、入るは、それこその、贅沢での、目立つし、皆、承知の方での、憚るわと。
店で、ばたり故、お互い様なれどです。
やから、当方にしたって、家の近所、歩いての範囲の店なんか、入って、喰たなんか、1回も、あるの怪の範疇での。
イヤイヤ、店になら、出向いてるです。親なり、祖母の指示で、出前を頼みにでして。「おつかい」で、でして。嫌も、応も、あらへんわと。

その当時なら、子どもの、「おつかい」なんか、当たり前。
云うたって、近所やしなの、町中での。車も、殆ど、走ってえへんの時代やわと。そこら、近在故、皆、承知やしと。当世の如くに、ホンの近所のみしか、双方、知らんの、水臭い、希薄なるの、関係とは、違うしと。

イヤ、兎に角、食堂なり、うどん屋に入って、喰うは、それ、そのものが、贅沢なんやと。昔はなと。当世でもや。
その多少の贅沢、気楽に出来るの時代になったんやと。それだけ、世間的、裕福になった。とも、云えるですが。事実、裕福になってるわと。

とかの、こんな話、してたら、ドンドンの、話逸れるですが。
この、中手、従兄弟と、前回、会おたとなればの、イツの話哉の、2003年の事やしなと。その伯父の葬儀の時やしなと。
<参考=「不可思議の世界NO.3NO.4」伯父貴が逝きよった>

その前には、その伯父が危篤の時での、見舞いに行けば、元気でねえ。そこから、1年以上、保ったの哉と。
イヤ、危篤と云うのか、今の内にと、そこの長男、申すが故、母と一緒に、京都府庁の、「京都第二赤十字病院」に、伯父入院で、見舞いに行った事、あったなと。
危篤、との話故、中手も、神奈川から、来てたですが。

ここだけの話でも無いの、そこで、兄弟喧嘩、しよってねえ。口喧嘩なれどです。
要は、弟が、兄は、頼り無いと。
当方、聞いてて、あのなあと。

親と同居で無いにしたって、ソバに居てて、食事は、毎回、毎回、届けてるですが。コレ又、大変なるの、努力での。親孝行での。
その辺り、弟からしたらの、兄故、当たり前の事でして。
されどの、口では、文句云えても、ソレ、実行、ナカナカに出来んぞと。
当方なら、親と、同居故に、その中手従兄弟にも、説教出来るですが。年配者でもあって。血縁親族でもあって。
オッとの、説教なんか、してへんのけどや。イヤ、したんかなあと。ゴタゴタ、云うたるなと。コイツの、出来る事、しとるわと。

そらなあ、何度も、何度も、緊急にの、救急車で、病院に、でして。
ンの、そ云うたら、「京都回生病院」にも、見舞いに行ったなと。そこの方が、伯父宅、従兄弟宅の、近所での。
そらもお、出たり、入ったりでの、伯父が、でして。長男君、その度、親父を入院させたりの、大変なるは、重々の承知してたわと。
その細々、までは、中手、知らんのやろと。
知らずに、兄は、頼りない、頼りないと。まあ、そんなモンやと。
やてるの方、当たり前で、やってても、知らぬモノ、見えてるの事、だけしか、知らんわと。
ソラ、一々の、細々までは、弟にまで、知らせてえへんやろな。

神奈川やしなと。
一々の、こち、京都に、来いとも、云えへんし。イザの時だけやしなと。連絡するがです。
まあなあ、中手も、親思い故やと。
ンの何の話、してるの怪と。
とか、申し乍らも、ここの事、チョとだけ、補足しとくです。さもなくばの、若干の、辻褄がと。

ここ、逆見てるです。
まずは、伯父嫁、他界で、三男、他界したです。
よて、伯父の晩年には、嫁はん亡くし、1人暮らしに相成ってたです。
とは、云え、息子<長男家>、まあ、歩いてなら、実家に、15分哉の近所に住んでるです。現在も、そこに住んでるですが。
住んでるの筈、なれどです。連絡、付かんなと、
(16/03/10)


NO.1685 元ワコー電器QC責任者の入院の話

津崎方従兄弟には、マダ、連絡付かず。
付かずで、3日連続なれどの、アレコレ、考えたって、しょがあらへんでして。病気等々、入院なんか、万事、想像、妄想、勝手推量の世界でして。
家の電話なら、嫁はんの実家に行ってる。或いは、息子、娘の方えでも、旅行も、考えられて。
ケータイなら、電源の入れ忘れ怪と。
どちにしたって、伝言、入れてまして。当初なら、又、連絡すると、してたですが。直近のは、連絡呉れと。

さての、諸般、あってねえ。
岡山、笠岡の、ワコー電器の、元社員。
ここで、実名出したって、最早の、ン十年の昔に退社してるですが。
とか、云うたってなあ、はきりと、申しの、田舎でして。ワコー電器の所在地が、でして。会社らしい、会社、工場らしい、工場。笠岡で、ワコー電器と、申せば、殆どの方々、承知でして。
とかとか、云うたって、退社して、ン十年ともなればの、現役社員が、承知はしてへんのヤツ、なれどです。
かと、申しの、実名、ズバズバなんか、憚るわと。

イヤ、云うとくの、この件、先様の話、掲載するゾと、伝えてるです。
返答、イヤイヤ、ドンドンの、大いに結構ですよと。むしろの、掲載して頂戴なと。
イヤイヤ、嘘や無いの、ほんまやでと。

実は、当方、ダイオード製造部時代の、工場QC責任者が入院しててねえ。2月からでして。
イヤ、コイツ、その昔、昔、丁度、四国、香川の、アオイ電子で実習致し、ダイオード製造の、でして。増設のためでの、実習終えて、笠岡、ワコー電器に戻り、初期稼働前段階にて、倒れてねえ。
この、担当者と、するのか、責任者がでして。

基本、実習中は、当方も、アオイ電子で、一緒してたですが。稼働準備からは、当方、京都本社ロームに戻り、電話でアレコレ、指示してたですが。
ソラ、生産設備も、組立中での、稼働もしてへんのに、行っても仕方が無くて。
指示も、簡単なる事での、出荷検査なりの、ための、限度見本、作れ。工程の、パイロット・ダイオード作成せよ。検査規格、記録表、帳票類の作成をと。
こんな事、実習中にやっとかんと、あかんやないかと。
までを、云うたかは、定かに非ずの、そんなよな事、云うてるの電話の最中哉に、倒れてねえ。

オトトの、云うとくの、コレ、全て、QC責任者にヤレと、云うてるでは無いです。QC責任者が指示し、工程責任者に作成させよと、申してるです。当然にして、QC責任者が行うの事項もあるけどや。
云うとくの、余程の事の無い限りは、本社QCが、工程責任者なりに、直接の、指示する事は無いです。万事、工場QCを通じてでして。
そらなあ、指示系統、統一しとかんとなと。工程QCが、全容、把握しとかんとなと。
さもなくばの、バラバラになるです。

ここだけの話の、でも、無いの。
時により、アホの、下手なのが、あちこちに、勝手に指示しの、以て、工程で、もめるです。問題発生致すです。意思統一、出来てませんでして。
ソラ、指示系統、一本化であらへんでして。混乱の元凶での。
まあ、云うたら、工場QCも、強大なる権限、有してる。とも、云えるわと。

イヤ、それでや。この工場QC責任者に、電話で指示なり、してるの最中。
突然にも、電話の声、聞こえんよになって。
只、誰かに、電話、替わって頂戴なと、聞こえてたですが。
替わった、誰かは、誰とは、記憶してへんですが。

実は、彼、入院と、矢っ張り、元ワコー電器の工場QC責任者の、黒君。
こいつ、入社は、抵抗器で、後年、LED製造の工程QC責任者になったですが。
この黒君より、ケータイ一発、あのねえと。彼、カツノリさんに、電話してやってよと。
見舞いに行ったら、当方の話が出てねえと。久しぶりに、話がしたいと。声聞きたいと。へえと。

そらなあ、ン十年ブリでして。
止めたも、承知してるし、過年までは、年賀状程度、往復してたわと。
云うたら、カツノリなるは、当方と、同年。黒君、一歳下でして。要は、同年配でして。

諸般、業務では、親密、濃密なるの、連絡、取ってたしと。ソラ、意思統一なるが、重要での。
黒君にしたって、カツノリにしたって、想い出一杯でして。

での、このカツノリなるは、一時、ブラジル工場に出向してて。
当時は、設備関係と、するのか、元々は、計測器担当での。大体が、QC担当なるは、電気屋でして。ンの、正確には、電気専攻のが、QC担当に相応しく。
そらなあ、そもそもがの、電子部品製造でして。抵抗器、ダイオード、LED、トランジスタ、集積回路等々、全て、電気、電子、知らずに、やれへんわと。知らんでも、やれる事も沢山あるけどや。
電子部品故、工程での、特性測定なるは必須での。その測定法、条件、判定基準、中身なるは、製造過程の、知恵の集結でもあって。ここを、ミスったら、ヒックリ反るわと。

とかとかの、そのブラジル工場にて、台風の時、彼、屋外に出て、設備の点検してたの哉の。その時、落雷に遭遇、大火傷。
よお、一命とりとめた程の重症での。腕、手には、火傷の跡が、残ってるです。
結果的、以来、体調悪くなり。時折は、しんどくなりての、入院したりも、してたですが。

イヤ、普段なら、元気、元気の、所謂の、冗談多いの、オッサンでして。
コイツも、黒君も、喋る、喋るの、喋り出したら、止まらんでねえ。黒君、速射砲の、早口、早口、一方的で、モええ怪と、尋ねんならんの程での。
カツノリなら、早口に非ずの、反対の、ユックリ、ユックリと、する程の、ユックリでも無いけどや。話するは、好きな方での、喋り出したら、止まらんは一緒の、両人、ええ勝負。

事程左様の、先月、2月、入院した故、電話してやってよと。ンの承知と、ここまで、掲載、記載のしてるの事、概ね、こんな事、あったなあと、ケータイにての、話をしたわと。
ンの、柴田さん、よお、覚えてるなと。
そらなあの、印象深い事故、覚えてるわと。

オッとの、話好きの、カツノリ故、当然の、当方の話は、その程度での。
大部分、あちが、延々の話を、こちが、聞いてたわと。正確には、聞かされてたわと。
中身、ワコー電器、退社してからの自身の、活躍ブリを、でして。フウンの、大したモンやなと。

オトトの、ケータイは、病院に、でして。
あちら、カツノリ、病室での、電話での話やでと。手術なるは、2月の、29日と、申してまして。
経過は、どなんやと、近々にでも、ケータイ一発、尋ねてやろ怪と。
イヤイヤ、彼の話では、簡単なるの、手術で無いのらしく。
(16/03/11)


NO.1686 諸々の予定の話

当方、知る人ぞ、知るの、出嫌い、電話嫌いで、医者嫌い。
よて、電話するなんか、鋭意決断の、清水の舞台、三度、四度と、飛び降りるの気分やでと。
まあ、そこまでは、大層で無いの、あんな高い所から、飛び降りたら、怪我するわの、怪我も、骨折大抵限の、下手したら、地獄まで、落ちて仕舞うの話での。
現在唯今、自殺するの気無く。天国、極楽にも、マダ、早いなと。この体調からはです。事件、事故に遭遇したなら、分からんですが。当世、この年代にもなれば、突然死もあるけれど。

オトトの、コマツタ、コマツタ、コマツタなと。
連絡の付かん、先様、2件。
余計な話、この、2件の、「けん」、漢字でなら、「件」か、「軒」か、迷うですが。口で喋る分には、区分せずとも、済むですが。この辺りを、掲載文では、悩むですが。

先刻、先日より、電話してるの、従兄弟は、マダ、電話が繋がらんでねえ。
年齢的、前回会おたの時の様子からして、心配でねえ。
さりとて、嫁はん居てるし、息子、娘も居てるしと。結婚したからとて、様子なら、知ってるやろと。オッとの、当方、そこまでの、先、知らんです。知らんとは、どこに住みの、電話番号も、皆目のと。
まあなあ、モ暫く、この状態で、根気良くと。

モ1件、元ワコー電器のヤツ。
過日、2月29日に、手術と、云うてたです。
よて、術後の様子、チョと尋ねてみるかと、ケータイ一発、「唯今、電話に出られませんので、ピと鳴ったら、云々」と、宣告された故、あのですねえと。柴田ですと。その後の様子はど哉と、電話したですがと、用件、入れて。

いやなあ、実は、簡単なるの、手術で無いです。
前回、イツであった哉の、2月の中旬、ケータイしたなら、その辺りの話も、しよったです。
症状、視界が狭くなってると。原因、髄液がと。
事、細かに、説明して呉れたですが。何分の、医者嫌い故、さっぱりでして。
只なの、脳下垂体に髄液がと。それが、原因とは、分かってましての、前回、頭蓋骨に穴開けてと。へえと。
そんな手術、度々の繰り返せずで、主治医が、諸般、学会に出席の際、知り合いの医者に尋ねて見ると。手術の方策なりを、でして。その手法で、29日、やってみると。
要は、電話したの時には、手法、決まってませんでして。只、29日に、手術すると、だけらしく。

以来、10日は過ぎた故、一応は、落ち着いてるやろと、思いの、電話したですが。
そんな事で、又、1つ、心配のタネが増えたなと。
イヤ、本日、午前中の電話での、現在唯今、日付的には、12日に成ってるですが。応答無く。

そんな矢先、我が家の電話が、リンリンと、鳴る故、誰怪なと。取れば、ミノル君での、実は、4月15日に、高校3年の、ミニミニ同窓会、再度やるの話になってての、その件での。
マサノリ君は、どなんやろなあと。
実は、実はの、電話して、出欠の確認しといて頂戴なと、頼まれててねえ。

イヤ、マサノリ君えの、電話なら、してるです。
奥様が出ると、思いきやの、いきなりの当人故、えの、マの、柴田です。嗚呼、柴田かと。
あのなあの、ミノル君から、葉書が届いてるやろなと。ミニミニの、ミニ同窓会の件なれどの、どやと。どとは、出席するのか、しやへんのかと。
ほならの、出席の積もりやでと。そかと。
いやなあの、ミノル君が、彼、彼とは、マサノリ君の事なれどの、どしてるんやろなあと。生きてるのやろなあと。との、生死の話は、冗談なれどです。
イヤ、実際にも、そのよに、申した故、この、10年、会って無いけど、年賀状なら、往復してるでと。少なくともの、一昨年までは、生きてた筈と。

イヤイヤ、平成28年度については、当方、年賀状遠慮の、喪中葉書でして。
喪中葉書に、返信無くて。
よて、前回、年賀状からは、生死の判断、出来兼ねるですが。まあ、生存してるやろと。

オッとの、その手、冗談も電話で致し。
話、それだけでの、積年の、積もるの話なるは、その日、4月15日にでもと。そやなあの、楽しみにしてると。ついては、ミノル君にも、連絡しとくと、マサノリ君、申してたですが。
連絡あらへんかったん怪と。無いなあと。
そかの、どちにしたって、当日、参加やしと。

このミニミニの、ミニ同窓会には、前回、アツオ君、ミノル君、当方の、3人に加えの、アキラ君と、マサノリ君で、都合の、5名に相成るですが。
アキラ君なるは、現在、東京在住での、多分ならなと。それが、戻ると、するのか、来る故、それに合わせての、ミニミニの、ミニ同窓会でして。
アツオ君は、三重県名張市でして。2名は、遠くから、遙々の、京都えと。

イヤイヤ、アキラ君なら、基本、大学生の頃、一度会おたですが。以来故、最早の、50年ブリ怪と。こいつ、京都大学農学部の筈でして。
既に、紹介の、アツオ君なら、大阪大学の、何専攻やったの哉の、そこまで、聞いて無いの、シャープの研究所では、レーザーをやってたわと。よて、理学、工学の、どちか、やろと。
マサノリ君なら、同志社大学文学部。
オッとの、こいつの話も、過去数度、掲載してるです。
後年、魁党首の、武村正義が、滋賀県知事時代の、番記者してたと。

トットの、トトトで、ここで、この手の話、してたら、延々の脱線で、戻って来るに難儀故、ここまでにして。
明日、12日<土曜日>は、今年初の、芋煮会でして。
明くるの、13日<日曜日>には、妹の婿母が入院してるの先に、見舞いにの、予定での。入院の事、聞いた時より、その積もり、してたですが。よおやくにしての、日が決まり。
いやねえ、婿殿、息子としたら、母親の様態、心配とは、分かるですが。ソラ、こちも、昨年、母亡くしたのところやわと。
とりあえずは、元気したはると。

ンの、元気で、入院、異なるの話なれどの、それは、ソレ。
先様、母親の入院でなら、過去、大昔を含めの、事の、3度、見舞いに出向いてるわと。
一度は、宇治の徳州会病院。これは、もお、30年、40年の、40年には、成らんですが。程の昔の話でして。
後は、滋賀、大津の日赤病院と、伏見の、大橋病院でして。この、2回なるは、骨折でして。
日赤は、妹夫婦、大津在住の時で、大橋病院には、伏見に転居してたですが。ついでになら、徳州会病院は、妹夫婦が、宇治、小倉時代<実家は黄檗>でして。こちは、宇治の槇島時代。

ついでの、ついでになら、19日、20日の、土日は、神戸行きでの、遅い、遅いの、大幅に遅くになったの、孫娘の、お雛さんを祝うの云々のと。とするのか、最早の、遅蒔き乍らの、ホワイト・デーのお返しなん怪と。孫娘にや。
そして、21日<月曜日・春分の日の振り替え休日>には、町内会の期末総会でして。

オッとの、トットの、明日、芋煮会<13時半、並河駅集合>までに、散髪に行っとかんと、アカンなと。
前回、行ったが、12月初旬やしと。それもあるし、見舞いで、この頭では、恰好ワルツと。
とまでは、大袈裟には、考えてえへんですが。
髪の毛、ボウボウ、目に毛が、入り出したわと。
加えての、来週には、神戸で、4月になれば、ミニミニの、ミニ同窓会もあるし、5月になれば、母の一周忌もあって。
散髪程度、しとかんとと。

ンの、今となればの、行くも、明日朝しか、あらへんわと。
13日の見舞いなるは、朝、10時、JR山科駅集合と、なっててねえ。ン、ンの、山科駅、よお、知らんでねえ。
ソラ、従前、用事があらへんかったわと。
(16/03/12)


NO.1687 散髪屋の話

での、本日<3月12日>、予定通りと、するのか。
朝、2番、9時過ぎに、家出て、散髪屋にと。当たり前の、安い散髪屋にでして。
着けば、いつもより、多くの方の、順番待ちの。皆様、中年、老年、話簡単の、中高年で、モと、簡単には、当方辺りの年代の、ばかりでねえ。
ソラ、60歳以上のは、割引されて、安いわと。

イヤ、多いからと、ほなら、サイナラ、次回にでもと、出直すには、少々、距離あって。一旦、来たからには、引き返すはなと。順番取りの、番号札取れば、23番。
ここ様、散髪屋、8時半開店でして。直近の呼び出し番号、16番での、へえの、既に、16人怪なあと。流石に、回転早いなと。
云うたって、待つ事、概ね、20分。20分なら、早いと、思うですが。
いつもの、散髪屋、近在のなら、殆ど、待つ事、あらへんですが。要は、ガラガラでねえ。ここの、3回分の、値でして。一度、ここに来たら、余程でないと、戻れえへんわと。

待つ事、20分で、散髪し出したら、15分程度で、終わるです。
只なの、少々、接客態度、とするのか、言葉使いが荒っぽいです。
どんな具合にと、問われて、耳にチョと、被さる程度にと、返答したなら、1センチ程度ですか。イヤ、モ一寸、短めにと、申せば、ンの、殆ど、見えるの程ですねえと。
文字にしたら、何でも無いの会話なれどの、言葉でなら、チョと、きつめ。
いやなあ、ビクリしたよな、声、表情で、云われたら、ンの、変な要求したの怪と、責任感じたり。

次ぎ、整髪はと、問われて、ンの、ムース程度でと、返答したなら、別けるか、別け無いかですと、云われてねえ。ほならの、最初に、そのよに、問おてくれたら、そのよに、返答致すですが。
確かに、髪の毛に付けるモノをどするかと。とは、問われて無いは、確かなれどです。
要は、理髪師の、質問の意図が、我々には、分かってえへんのやわと。その辺り、流石は、いつもの、散髪屋は、斟酌してくれてるです。その分、値が高いわと。

での、以前の、不機嫌な、小母ちゃんねえ。
居てるですが、この小母ちゃんも、似たよなと、するのか、モと、モと、数段に、酷い、応答、叱られてるよな、話し方やったですが。ハキリと申しの、こちの方、このところ、凄く、丁寧での、人が替わったみたいでねえ。気色が悪い程での、へえと、感心してるですが。その分、男性理髪師の言葉が、ぞんざいになりての、どもならず。
こちは、安い分、ガマン、我慢の、ガマン大会。

ほんまやでの、気分良くとも、3倍もの値では、ども成らず。せめてもの、1.5倍程度、2000円なり、2500円の範囲なら、気分を取るの可能性も、出て来るけどや。
我々なんか、この年代の、なんか、最低限の身だしなみ、髪の毛、ボーボー、ボサボサ状態で、さえ、なければ、特段のと。ビシリ、バシリと、決めるに、何がため怪と。
にしては、この散髪屋に、ええ恰好と、するのか、ええ服着た、中高年が来てるですが。ハキリと、申すの、場違い感、漂おてるわと。
そんなに、ゼニ、あるなら、高級散髪屋、理髪店に行けと。
ほんまに、ほんまやでの、天井向いて、おまえらとは、懐具合が違うわと、そんな表情、上から目線で、周辺、見渡しやがてねえ。腹の立つノリの、原監督も、辞めたなと。今や、高橋由伸監督での、大いに満足してるですが。
にしたって、元巨人、清原和博<48歳>の麻薬に、4人もの、投手、福田聡志<32歳>、笠原将生<25歳>、松本竜也<22歳>。そして、高木京介<26歳>の、野球賭博やてえ。

麻薬に、賭博となればの、ヤクザの世界での。
どもならんなと。
一掃したけりゃ、司法取引する事やと。
正直に、自白せよと。期限、ここまでに、申せば、罪、罰、一等、斟酌してやると。
さもなくばの、それ、過ぎてみい、事の大小に関わらずの、週刊誌、文春にでも、書かれ、事実やてみい。問答無用の、球界より、永久追放の、刑に処すると。
そのくらい、強固なるの事、やらんと、自分可愛さにて、隠すわと。人間でして。

結果、読売の、3首脳、渡辺恒雄球団最高顧問<89歳>、白石興二郎オーナー<69歳>、桃井恒和球団会長<69歳>が辞任でして。
中でも、渡辺恒雄氏は、読売の、ドンだけにねえ。
とは、云うたって、この3首脳なんか、ええ歳での、どにでも、して頂戴のと。後進に、道譲れの、ナベツネなんか、よおも、その歳で、君臨してるなと。老害の象徴での。

それよりも、選手は、若いしなあ。
可哀想は、可哀想も、球団も、相応に、教育してやらんとと。
当たり前に、賭博、それも、野球が対象では、悪い事、分かってやってるですが。よて、隠すですが。
よて、判明したなら、即刻の野球界、追放であると、明言しとくの、べき

オッとの、何の話怪と。
とりあえず、本日、散髪したの話の、昼からは、芋煮会で、ジャガイモの植え付けでの。
後は、面々の、飲み助の、相手で、農園主宅から、面々をば、亀岡駅まで、送り届けの、正直には、草臥れたわと。

明日は、明日で、朝の早くから、JR山科駅に向かうです。
10時集合故、車よりは、JRでの方が、安全、確実、移動時間も、短くて、済むわと。
そらなあ、山科駅界隈、知らんしなあ。知らんの場所え、車運転して、時間キチリは、無理でして。
そらなあの、我が家、亀岡から、山科駅には、少々、距離あっての、時間帯的にも、状況読めず。

よて、モ寝るわと。云うたって、既に、2時回ってもてるわと。
(16/03/13)


NO.1688 見舞いの話(1)

さての、そんな事で、3月13日<日曜日>には、朝から、山科えと。
病院なるは、丁度、名神高速道路の、京都東インターのソバ、とするのか、横手の、洛和会音羽病院。
イヤ、行った事、あらへんわと。従前には、そこから、名神高速道路に、突入なり、高速道路の、湖西線<道路>に入ったりでの、よお、行ってる故、存在のみ、承知。
湖西線は、以前には、その先、真野のインターの方、琵琶湖大橋の方、とも、云えるですが。そこに、妹一家、住んでてねえ。何回かは、使てるです。行ってるです。

いやなあ、妹婿母の、入院見舞いなら、宇治の徳州会病院、大津の、赤十字病院、伏見の、大橋病院、以外にも、洛西ニュータウンの、当時、関西医科大学病院。現在なら、洛西ニュータウン病院<シミズ病院グループ>にも、見舞いに行ったなと。
ここでは、白内障の手術でして。
一々の、解説しやへんですが。見舞い等々、必ず、嫁はんと、2人で、でして。

それでや、亀岡、並河駅までは、徒歩。
ここだけの話、スーパー、「マツモト」の駐車場に車駐めて、とも、思たですが。止めとこと。動け、歩け、歩けと、概ねの、1.5キロ。
イヤ、並河から、山科なるは、嵯峨野線で、京都駅。京都駅から、湖西線、琵琶湖線、両方、東海道本線なれどです。一駅での、片道、500円也でして。2人で、往復、2000円。

イヤイヤ、山科駅なるは、よお知らんです。
Web地図で、見たなら、ンの、ここ怪と、分かるですが。車ででは、細々なるの、経路とことか、どこに駐めて、待ち合わせも、さっぱりでの。うろうろ、もたもた、してたら、危ないわと。
一方通行なんかがあってみい。忽ちにして、狂てまうわと。
時間通りに、到着してたって、ロータリーでと、成ってるですが、車満車で、駐められへんかったら、大変でして。
その辺り、電車でなら、時刻通りでして。並河駅に、予定時刻通りに着いて、乗れて、京都駅での、乗り換えさえ、間違わんかったらと。

とりあえず、山科駅、そのものが、初でして。降りるがや。通過なら、従前、相当以前になら、何度かは、通ってるけどや。降りるの用事あらへんわと。
云うとくけれどの、山科、そのものは、重々の承知。
当世、京都市内の、「区」なれどの、その昔は、「村」で、「町」となりの、東山区の、一部になって。更に、分区で、「区」となってと。

そんな話は、結構と、云いたいけれどの、国道1号線なら、その昔には、度々の、車で、走ってるわと。滋賀に、行くには、山科経由でね。
特段の、妹家の、以前より、でして。
ボーリング場もあったし、ガソリン・スタンドもの。ガソリン・スタンドなんか、どこにでもあるですが。第一次オイル・ショックの当時<1974年>、世に云うの、トイレット・ペーパー、洗剤までが、消費者の買い占めに遭遇の頃。
イヤ、石油製品と、流布されて。

細かな、数字、忘れたけどや。
ガソリンがねえ、多分なら、リッター、25円辺りのが、一気、倍額、50円代になてもての、安いガソリン・スタンドをば、探しに、山科えと。
ンの、あるいは、加えてかの、日曜日が、休日になったん哉の、ローム、当時は、マダ、東洋電具哉の、残業、残業での、土曜日なるは、平日で、通常出勤の時代での。その日曜日にしか、給油に行けずで、その、ガソリン・スタンドが、山科にあったん哉と。
オーナーが、元売り、財閥系の、方針やったん哉の、値上げ、日曜日休日に、反旗翻し。別途の、ルートで、ガソリンをば、入手と、豪語。したよな、記憶がと。

イヤイヤ、余計に、話、逸れるのけどや。
当時、休日どころや、あらへんの、夜間でさえ、平日でさえ、閉店のが、出現の。ソラ、ガソリンが、スタンドに、配給されへんでねえ。ガソリン不足で、でして。
噂で、あそこのガソリン・スタンド、やってるでと、聞けば、サと、給油にと。
オトトの、先刻のは、独立系のガソリン・スタンドでしたです。その当時、独立系なる文言も流行ったなと。
そしたら、大元売り界からは、新聞で、でもや。混ぜモノ、されてるとか、純度が低いとか、様々の、イヤガラセ情報も、流布されて。

云われたってなあ。給油出来ずでは、通勤も出来ませんでして。
オッとの、その当時からや。世の中、ノー・カー・デーとか、節電に協力をとか。派手、派手の、パチンコ屋の、ネオンも、自粛せよとか、そんな風潮に成り出したがや。
イヤ、悪い事では無いですが。ノー・カー・デーには、コマツタわと。
この当時には、宇治、槇島在住での、交通の便、悪うてね。現在の、亀岡から、比べたら、数段のマシは、マシ、なれどです。ソラ、京都から、転出では、その差、歴然でして。
大体が、京都の家の時、交通の便、良過ぎたですが。
そやから、交通の便が、如何に、重要なんか、皆目のと。考慮するの意識、皆無。引っ越してから、ゲと。

とするのか、問答無用の、引っ越しせざるを、得んかったんやと。
ソラ、借家で、家壊れて来たんやわと。
直す、建て替えたいと、家主に申したならばの、費用、こち。それは、当然の、その積もりでの。問題は、建て替えるは、勝手も、建て替えたら、家賃、相応に上げると。ゲと。
されどの、年齢重ねたならばの、家主たる、当然の要求かと。

にしたって、オイル・ショックの直前には、祖母、他界しの。親父、入院。
その上で、所謂の、新興住宅街の、一軒をば、やっとの、ギリギリの、限度一杯、借りまして。
そらなあ、入社、2年目やったの哉の、祖母他界がで。親父入院も、家壊れ出したも、その年でして。くどいけど、オイル・ショックの直前の話やでと。

入社1年目では、年収の実績無く、借りるに、借りられへんの。2年目故、前年度実績にて、限度ギリギリを借りたんやと。借りられたんやと。
よて、母、妹の3人して、転出、転入したんやわと。
その歳で、よおやったの、以前の、それしか、道、あらへんわと。
イヤイヤ、その当時には、毎週の如くの、山科え、ガソリン給油に行ってたの哉と。会社終わってからでも、行ったわと。若い分、馬力もあったし、ドライブがてら的、気分もあったわと。


とかとか、云うたって、国道9号線沿いなんやと。
そこ以外、知らんわと。
知らんでも無いけどや。以来、チョと、用事が出来たは、妹家が、先の、真野の方に。そして、間空いて、次男嫁が、結婚以前、山科在住と、するのか、マンションにての、住んでてね。
云うたって、嫁のマンションに行ったであらへんしと。その近所哉と、するのか、真向かいのコンビニで、待ち合わせの、嫁の実家えと。実家に諸般のご挨拶に、でして。
コレ、次男の車で、やしなと。当方、運転してへんわと。
そんな事なら、余程に、次男の方が、その界隈には、詳しいやろなあと。最近の状況をや。

どちにしたって、山科駅になんか、これまで、用事無く。
此度、初での、さての、山科駅には、時刻通りの、9時50分着。
妹婿との、待ち合わせの、10時に、10分前での、電車降りて、プラット・ホームの、ンの、どち、方向怪の、皆が行くの方向に一緒にと。行けば、改札口で、そこ出て、さての、コレ又、どち方向怪の、まずは、灰皿でもと、探すのまでに、ンの、ロータリーみたいなのが、目に入りの、そちの方、行けば、そこに、妹婿の車が見えて。
嗚呼、残念の、タバコ吸うの時間、無いなあと。
心なるは、マダ、10時には、間があるしで、多少の時間待ちの間にでも、一服出来る筈が、無くなってもたわと。
(16/03/14)


NO.1689 見舞いの話(2)

ケータイに、固定電話にも、何度掛けてもの、留守電の、母方、従兄弟。
本日も、又、掛けたですが。留守電でねえ。コマツタなと。

思てたの矢先、電話がリンリンの、出たら、ソレ。
嗚呼、留守電えの、伝言、聞いて呉れたんやと。
イヤ、声聞けば、一発、誰と、分かるわと。当方、耳鳴り症も、案外に、電話の声、主、聞き分かてるです。

での、嗚呼、ノブちゃんかと。
どないしてたん等々、とりあえずは、電話を掛けて来てくれたが、一安心の、そら、最低限の、生存してるが判明したわと。2つ目には、電話が掛けられるの状態とも、分かって、ホと安堵したです。

只なの、何云うてるかが、分からんでねえ。聞き取り難い声、喋り方での、何度も、聞き返えしたですが。
とりあえずは、公衆電話からですて。へえと。
ここで、何でと、問うも、返答導くに、時間掛かるし、まずは、用件、母の一周忌、どするやの件。

問おてるのに、ゴタゴタと、云うのか、要は、自身のカラダの具合、芳しく無くの、スミマセンと。スミマセンだけは、明確に分かったですが。
その説明が、色々あっての、誰の事、云うてるのかが、次第、次第に判明の。
要は、嫁はんが入院してたですて。へえと、さもありなんの、やから、ダアレも、電話に出えへんかったんやと、合点したですが。

合点して、ンの、何の病気で、入院怪と。
これ又、云うてるの説明、よ、分からんでねえ。声が籠もってるみたいで、鮮明で無く。加えての、当方、耳鳴りで、耳も聞こえ難いんやろなあの、ども、心臓疾患らしくの、弁が何たら、かんたらの。
中身、よお分からんですが、へえの、えらい事やたんやと、申したならばの、過日か、今日か、退院したですて。それは、それは、ヨカツタなと。

での、再度の、再確認の、一周忌の件、明確にの、問おたならばの、不義理して、スミマセンと。嗚呼、了解と。気にして貰わんでもの、とりあえず、電話があって、よかったわと。
確かに、母の葬儀、通夜、告別式では、やつれてもてての、大丈夫哉と、心配になる程での。よお、来てくれたんやと。

ででの、親父の家を処分したとかとか、申しの、それは、大夫以前にも、しかるべくの、話聞いてたですが。只なの、置いてるの石等々、魂入れてての、伯父がや。
ポイと、簡単に処分も出来ずの困ってる。とは、聞いてたです。
まともに、しかるべくの、処分するなら、百万円は、掛かる鴨と。
云うたら、魂抜きするの、費用等々らしく。よて、下手に、石を家に持ち込み、魂入れてもたら、大変なんやと。

ここで、チョとだけ、解説したなら、伯父、聖護院派山伏やっててねえ。修験道が生き甲斐でしたです。
又、その手、不可思議の世界にも、趣味と、するのか、探求してて。家には、色んなモノを飾って、お守りしてたです。
オッとの、ダケで、当方、それが、何かは、知tらんですが。

にしてもの、一体、イツなら、家に居てるん怪と、問えば、朝の、5時半頃には、家、出てるですて。へえと。
イヤイヤ、結果、概ね、概要、理解したですが。
そらなあ、朝、基本、早朝も、失礼故、10時頃。昼頃、そして、夜なら、21時頃マデを一応の目安にしてまして。その時間帯、家に居てへんみたいでね。そやからと、ケータイにも電話してるですが。
その件、ゴタゴタ、説明して呉れてたですが。意味、文言、聞き取り難くの、公衆電話と、申してる故、分かるまで、問い返すもなと、遠慮したです。

どちにしたって、以て、ノブちゃんの消息判明。一周忌、欠席明確となりての、母方従兄弟達には、これから、出欠の確認でも、致すかと。
そらなあ、この件、不明確なままでは、柴田の方に、確認するも、踏ん切り付かずで、逡巡してたです。


での、話、コロリの、当方、云うまでも無いの、方向音痴。
自分で運転なら、概ね、現在地、分かるですが。分からず、運転、迷子になてるわと。

いやなあ、次男の車で、諸般、その当時なら、彼女とするのかの、乗せるの場所、さっぱり、分からんかったですが。
そら、山科の、どこかは、分かってるのけどや。マンションも見てるですが。目的果たしの、戻って来て、送るに、ここですと、嫁が申した故での。
嗚呼、そかと、返答するも、そやからと、そこが、山科のどこか、なんか、全然の分かってえへんわと。現在地が分かってえへんのにと。

くどいけど、方向音痴以前の、自分で運転してんへんのにと。
要は、どこ走ってるかも、考えてませんでして。万事、運転手任せ。
反対には、あち行け、こち行けと、なんか、当方、云えへんわと。

オッとの、それでや。余計なるの話、話前後するの、ン年経って、此度、妹婿殿の母親の見舞いに行ったの帰り、まあなあ、近在の、「ガスト」で、昼飯喰ての、帰り、通ったの道には、ンの、記憶あるぞと。
実際には、ン、ンの、このコンビニで、嫁をと。待ち合わせの場所での。ンの、ンンの、ならばの、その向かい側には、マンションある筈の、嗚呼、あったなと。ここやったんやと。
以前、住んでた、マンションがや。結構、ええマンションやったんやと。今更乍らの感心したですが。
イヤ、綺麗なマンションの意での。
コレ、車で走り乍らでの、チラとしか、見てへん、見えてえへんのけどや。概要のみ、当時には、記憶してるわと。
正直、申せば、その時には、コンビニが、嫁のマンションの真向かいとは、知らんです。そこまでの事、気にもしてへんでして。当方、頭の中、ご挨拶に向かうの、嫁の実家、ご両親なりに、話するのシュミレーション、想定問答集作成で、頭の中、一杯なんやと。

目的果たしの、帰って来ての、マンション前で、嫁降ろし。この時には、当方、気分的、安堵してての、マンションの方なら、ガチリと、記憶してもたわと。あくまでもの、外観をや。
ンの、記憶するの用事も、意味も、あらへんのけどや。
そして、この日、見舞いの日、初めて、コンビニと、マンションの位置関係、分かったわと。

結果、これからなら、当方運転にて、そのマンションに行けるのけどや。場所、はきりと、ここと、認定。ここの、そこは、三条通りからの道での。明確に分かったわと。
今更、分かって、意味あらへんのけどや。
嫁、最早の、そこの、住人でもあらへんでして。
今となればの、昔話の、偶々の通るの機会あらば、あのなあと。その昔、昔の、大昔、ここに、次男嫁、独身時代、住んでたの、マンションやでと、話のネタ、世間話の1つになら、なるの鴨と。

但し、有効期限、ここ数年限定。
理由、ボケてもたら、分からんわと。

いやなあの、事程左様の、当方の、記憶回路、メモリーなるは、基本、点でして。
点、点で、記憶を、後刻、線に結び付けるです。線になれば、ボケぬの限りは、記憶出来るけどや。
ボケなるは、揮発で、年齢的の、経時の、劣化も加速致すわと。
(16/03/15)


NO.1690 見舞いの話(3)

従兄弟の動静、分かったら、分かったで、心配で。
分かったも、中途半端、なれどです。
大体が、コイツ、表現下手でして。娘が何たら、息子がと、電話での話で、そこだけ、分かれどの、中身、要領得ませんでして。
何故に公衆電話から、かが、分からんし。母の一周忌の件のみ、確認したら、他の事も聞いたですが。くどいけど、公衆電話では、忙しないねえ。

とりあえず、出られへんは、了解でして。
そらなあ、諸般、無理して、出る事でもあらへんでして。
さりとて、この手の事でも無ければ、会うの用事無く。
そらなあ、ここ、ン十年、従兄弟に会うは、葬儀と、年会だけでして。

次回、会うと、なればの、誰かの、葬儀なんやろなと。年齢の順番なら、当方怪と。
イヤ、母方なら、叔母が1人、残ってるですが。この動静が、さっぱりでして。問えど、元気にしてる、としか、云うてくれへんし。そこの子、娘がでして。特別養護老人ホームに入所は、承知してるですが。どこのかも、教えてくれへんし。
問えば、教えてくれる。とは、思うですが。
ウウンの、表現、難しいけれどの、従兄弟も、付き合いあるのと、無いのがあって。そこは、余り、お付き合いが、密とは、云えへんでねえ。
ソラ、男は、男同士で、女は、女同士。そこは、男の子が居てませんでして。居たは居たけれどの、幼くして、夭逝してるです。
当方より、1歳、2歳、下やったの哉と。


トッとの、そんな話、ばかり、してたでは、話、進まんしで、本題に戻るです。
妹婿母故、妹の義理の母の、見舞いの話。
入院内容、一切の、公開致さんですが、現段階ではなと。所謂の、他家の事でして。遠慮しとくです。そらなあ、他家の、内輪の話を、事、細かくは、憚るわと。

での、婿殿の車に乗せてもろての、「音羽病院」えと。
名称なら、概ねの、場所なら、従前より、承知も、行くは初。
駐車場に車駐めて、正面玄関え、なれどの、その前に、婿殿曰くに、兄さん、玄関の左手の方に、喫煙場所、ありまっせ。へえの、嬉しいねえと、2人して、喫煙場所えと、出向いたです。
イヤ、屋外喫煙場所での、先客、2人。患者と、モ1人は、その友達なんやろ怪と。

さての、タバコ、一服したら、見舞いやなと。
それがため、来てまして。
妹夫婦の案内で、病棟、4階えと。

いやなあ、「音羽病院」なるは、相当の以前より、承知の、存在の、病院故、古い建屋と、思いきやの、そらなあ、この、ン十年の間には、改装も、されてましての、意外に、綺麗でねえ。
そして、ナース・センターで、婿殿、看護師に、曰くに、「談話室」の使用を申し出たです。

イヤ、見舞いに、結果的、4名故、病室の方々に迷惑やろと。との、配慮でして。
イヤイヤ、従前、婿母の見舞いで、「談話室」的なるの、場所に移動した事、あらへんでねえ。
病室で、短時間と、するのか、時間まで、計測してへんですが。まあ、云うたら、10分、20分の範囲哉と。
そらなあ、所謂の、入院患者に、長々の話もなの、疲れやはるわと。そもそもがの、我々なんか、話するのネタもあらへんでして。

オッとの、それでや。
婿殿、病室より、お母さんを車椅子に乗せて、連れ出して来たですが。来て、一緒に、「談話室」えと、行ったですが。「室」も、特段の、部屋で無くの、解放状態の、フロアの一角での、まあなあ、案外に広い場所での、テーブルが、4箇所程の場所での、その、1つに座りまして。

でや、正直、申すの、点滴三昧の入院での。と、聞いてるですが。
点滴は、してへんでねえ。問えば、日に3回、1回で、4時間ですて。ならばの、半日、12時間、点滴してるになるですが。現在、丁度、休みの時間。

更なるの、正直には、モと、げっそりしたはると、思いきやの。
そらなあ、以前には、ふっくらも、したはったの、けどや。頬なら、少々、痩けてるも、思いの外、元気そな感。
正確には、元気、元気の、顔色、皮膚の状態、色艶なんか、下手したら、当方よりも、若々しいので無い怪の、様子での。
表情も、明るうて。どこが、病人さん怪と。

ほんまやでと。
当方にしたら、従前、現在唯今まで、単なるの見舞いと、元気な今の内にの、見舞いにも、相当数、出向いてるわの、とても、とてもの、コラ、長くは無いぞの、印象受けるのがあれば、反対のも、見て来てるわの。
婿母なんか、元気、元気の、こちより元気は、大袈裟も、今日の、明日の、なんか、全くの、でして。

イヤ、今日の、明日のの、話で、見舞いに来てるで無いけどや。
少なくともの、元気な内には、正直なるも、面と向かいの、婿母の隣の椅子に座ったけれどの、へえの、元気やねえと。コレ、第一印象、おべんちゃらでも、気を使いの、でもあらへんの、心底、そでして。
そらなあ、婿殿、妹より、諸般、聞いてるですが。ほんま怪なと。

モ、これは、アカンなの、状態のも、何人も、見て来てるわと。
そらなあ、ここの、親父様、東山通りの、「京都第一赤十字病院」に、見舞いに行ってるですが。この場合、見て、一発、これはなと。長くは無いは、分かったわと。
足の色、土色、太さ、棒程での。当然の、顔も、カラダも、痩せこけてもてて。

我が叔父嫁のも、そやったわと。最終的にはなの、最初の見舞いでなら、話も出来たし、色艶、まあまあでの。そこからなら、半年軽く、保ったわと。
東京の、叔母なら、話も出来たし、当人、点滴持って、歩いてたですが。イヤイヤ、従兄弟、その長男なれどの、今日の、明日のの話故、母と一緒に見舞いに出向いたわの。そこから、軽くの、半年保ったわと。

いやなあ、婿母、それ以上に、元気、元気の、大元気。
左半身、脳梗塞にての、動かん故、自力で歩けんですが。よて、車椅子なれどの、東京の叔母よりも、元気、元気でね。

まだまだ、承知の、母方、従兄弟、上の伯父の長男なれどの、話簡単、当方よりも、年下なれどの、歯抜け、頬痩け、話すの声に、元気、覇気無く。動作緩慢での。
病室の、ベッドからは、身、起こしの、座った状態での、話をしたですが。
そらなあ、我が親族、皆と、までは、申さんですが。入院と、聞けば、入院先に、見舞いに出向いてるです。一度たりともの、聞いて、都合が、時間がと。
なんか、云うて、見舞い、断った事、あらへんわと。そんな、水臭いの人間、性格と、違うわい。


事程左様の、これは、モ保たん、保つ。
見たら、分かるわの。
婿母のは、正直、保つなあと。

そらなあ、ホレ、左足、動かせへんのでっせと、云いつつの、動かして。
動いてるや無いですかと、申せば、ここまでしか、動きませんねん。あのなあの、そこまで、動けば、動いてるですと。以前、大橋病院の時には、ほんとに、動かへんかった、ですやんかと。

申せば、リハビリで、手摺りを持ったら、何歩かは、歩けるのでっせと。そやけど、付き添いありますけどねと。
そら、当たり前の、その調子なら、ここで、リハビリ積んで、付き添い無しで、歩けるよになったら、儲けモンやねえ。そやねえと。
いやもお、話するの、ネタが無い故、早々にの、積もりが、結構、話、弾んでね。
オッとの、婿母殿、何歳怪の、90歳には、モ1年哉と。
(16/03/16)



inserted by FC2 system