シバケンの単なる雑談NO.111

雑談NO.106 雑談NO.107 雑談NO.108 雑談NO.109 雑談NO.110

雑談NO.105
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.112

NO.1380 中学3年同級生の訃報の話(1)

NO.1379 孫君3号の一升餅の儀の話(4) 化粧箱、楽天にて注文決定の話

NO.1378 孫君3号の一升餅の儀の話(3) スライド・ショー1000枚の話

NO.1377 孫君3号の一升餅の儀の話(2) 儀式無事挙行の話

NO.1376 孫君3号の一升餅の儀の話(1)

NO.1375 夢の世界の話(3) 夢での、妹の話(2)

NO.1374 夢の世界の話(2) 夢での、妹の話(1)

NO.1373 夢の世界の話(1) 現実は厳しかったの話

NO.1372 ディと、ショート・スティの鉢合わせの話

NO.1371 孫娘と婆様の話

雑談NO.110


NO.1371 孫娘と婆様の話

文化の日の振り替え休日、11月の4日<月曜日>なれどの、月参りの墓参に行って参じたです。
イヤ、月曜日、母、ディ・サービスの日でして。朝、8時45分、送り出してからです。戻るは、16時頃故、それまでには、私共夫婦、帰らんならんですが。これが、忙しない無いなあと。ついでの用事で、高島屋に寄ったりも、出来ませんでして。

での、月参り故、月毎でして。
それ、そのモノには、特段の話無いですが。流石に、11月の連休。京都に観光客の多い事、多い事。東大谷祖廟駐車場に他府県の車の多い事。年会もされてるかで、礼服の面々も、目立ってねえ。
円山音楽堂では、「私学フェスティバル」とやらが催しされてたですが。主旨何やろねえ。よお、知らんです。外から、チラとは、見えるですが。会場の様子がでして。観客席、超閑散。但し、見えるの範囲の事なれどです。そやから云うて、超の満員には、程遠く。

そして、観光シーズンと、だけに限らんですが。この数年、十数年でも結構の。外人が墓地をば、探索やろねえ。してまして。外国からしたら、墓石は珍しいのやろねえ。カメラ片手にでして。パチパチと。
昔は、墓地に外人なんか、知らんですが。外人も、昔と、当世、近世では、異質に成って来てるかと。

そもそもが、墓地で、写真はなと。
云い出せば、日本人でも、神社仏閣境内、墓地で、写真バチバチ、なれどです。原則、余り、良い事では無いなあと。
とは、我が感覚での話なれどです。
必要以上に、気にする事でも無いですが。忌み嫌われるの行為と、思てまして。私から、云わせて戴ければ、何も、わざわざの、そんな場所で、記念写真、風景写真を撮らんでもの、境内出てから。墓地、出てからにしたらと。
気持ちの問題なら、寺務所、社務所で、尋ねてからにしたらと。気持ちや、気持ちの世界故、断りを入れて、安心してからにと。まあ、云うたら、墓地ばかりをスケッチするの趣味人居たら、気色が悪いわと。
我が子どもが、孫が、そんな趣味持っててみい。ど思うやと。だけの話。

いやなあ、墓参から、帰って、草臥れてねえ。
14時半頃、戻ったですが。眠とおて、眠とおて。猛烈に、眠とおて。16時には、間がある故、横になったですが。16時までは、寝てられませんでして。そら、予め、スロープを、車椅子を、準備しとかんならんわと。安全見て、30分前にはと。準備してしもたら、又、安心して、戻るまでは、寝るも出来るですが。

イヤイヤ、矢張り、オシッコ番、お付き合いで、3時、4時が、続けば、思たより、相当に体力、気力、消耗するです。
思考回路が停止状態でして。又、母、一日、モロ居たら、30分、1時間に、一度は、ナース・コールで、諸般のどでもええよな用事で、呼ばれまして。
イヤ、鳴る故、何やと、問えば、鳴らしたかと。ンと。鳴らした故、来てるんやと。
そこから、10分せずび、鳴らされて。今度は、オシッコと。あのなあと。さっきはオシッコと違うかったんかと。或いは、テレビのリモコンがどこやろと。決まってまして。ベッドの下に落としてるですが。こっちの方なら、簡単なれどの、ベッドのあっちなら、隙間ありませんでして。下から、棒でも延ばして、取るしか無いですが。これが、日に、1回、2回とあってみい。腹の立つノリでして。

いやなあ、本日<11月5日>には、薬も調達せなばならず。近在の、とは云え、800メートルかの距離なれどの、町医者に貰いにと、するのか、代行で、行くですが。この日しか、日がありませんでして。
理由、明日から、「けやき」にショート・スティでして。ショート・スティでは、薬も一緒に持たせねばならず。丁度、連休明けでねえ。もしかしたらと、思いつつの、行けば、案の定の、大入り満員。
状況なるは、靴脱ぎ場の、靴の数見たら分かるわと。

ここは、過日の町医者と違いまして。待ち時間、どのくらいですかと、問おても、明確には、返答してくれませんでして。思いのホカ、早くになる事もありますし、待っててくれと。云われてもなあ、待合いの座るの場所も無く。
要は、子どもも多いし、風邪引きさんが来てるの哉と。風邪をうつされても、困るしと。
一寸だけ、外に出まして。裏手とするのか、院外薬局の前には、灰皿があってねえ。院外薬局で、灰皿置いてるの親切なるのは、ここ以外、知らんですが。ここで、タバコ等、一服吸うては、待合いの様子を見まして。見たら、又、タバコを一服も、本数が多過ぎる故、近在をウロウロしたり。

にしても、長時間、母、保つのかと。
ほんまやでの、出るに、これこれのためにと、理由説明の上、出てるですが。まずは、オシッコが保つの哉と。モ一つは、居てるか、確認のナース・コールを連発してる筈の。居てへんかってみい。多分なら、半狂乱。
要は、1人だけにされるが嫌なんやなあ。こっちにしてみたら、せめてもの、その程度、我慢せよと。誰の用事で無いの、アンタの用事なんやと。云うて、聞き分けるなら、世話無いけれどや。まあ、あきませんです。

とか、云うたって、出るにも、こっちの、都合だけで、出られませんでして。母をオシッコに連れてってからでして。さすれば、30分、1時間は保つやろと。思うですが、この日みたいに、大入り満員やってみい。
ども出来ず。

人数、少のおなって、待合いに戻れば、3歳、4歳哉の、女の子が、婆様と一緒に来てまして。3歳、4歳なら、孫君1号世代なれどです。女の子故、孫娘を彷彿させてねえ。
イヤなあ、これが、ジッとはしてませんでして。あっち、行ったり、こっちに、行ったり。待合いの面々も少なくなってる故、どて事無いですが。走っては、滑って、転けて。転けても、高がの、3歳、4歳。常でして。

順番、回って来て、婆様に抱えられ、診察室に行ったですが。3歳、4歳、軽いねえ。婆様が、ヒョイと抱え上げ。
これが、我が母やってみい。そは出来ませんでして。そら、相応に体重あるし、以前あったの、車椅子が無くなって。キャスター付き、椅子に座らせ、移動するしか無いですが。これがなあ、手でも、肩でも、支えて、自力で、歩けるなら、こっちも、楽なれどの、自力で、立つは、殆ど出来ませんでして。

まあ云うたら、可愛い孫娘連れて、婆様、町医者に来てるですが。
での、診察が終わり、精算もして。イザ、帰るに。その婆様と、孫娘の話。
孫娘、リュック・サックを持って来てるんやねえ。さあ、お婆ちゃん、帰ろと、そのデカいの、リュック・サックを持ってねえ。帰ったですが。
見てて、まるきりの、我が孫娘が、その当時と、一緒の行動してるなと。孫娘も、リュック・サック、持ってるですが。自分のオモチャを一杯、詰めて。兎に角、どこに行くも、持ってくと。道中、持つが、邪魔くさなったら、持ってくれと。爺様の私にです。こんな程度なら、協力してやれるですが。


オッとの、での、母の名、呼ばれて、代行にて、処方箋と、しかるべくの、代金支払いの。これが、830円也。
処方箋持って、院外薬局に行けば、先の婆様、孫娘が先客で、居てまして。案の定の、婆様が、リュック・サック、持たされててねえ。予想通りと、云えば、予想通りの、されどの、孫娘のモノでして。

ででの、母の薬を戴きの。金額、1270円也の。処方箋代含めの、都合の、2100円。
これが、後期高齢者と違うかってみい。3割負担なら、6300円也の。実際には、21000円もの薬に成るの哉と。オトトの、一箇月分なれどです。
受け取り、家に戻れば、これ又、ナース・コール、ガンガン状態。何やと、聞きに行けば、どこに行ってたと。全然、来てくれへんやんかと。オシッコ、オシッコ、早よして。早よして。出てしまうがな。
あのなあと。
(13/11/06)


NO.1372 ディと、ショート・スティの鉢合わせの話

イヤ、本日、6日。
「けやき」にショート・スティの日でして。
昨夜より、準備万端の、嫁はんがでして。準備は、着替え一式、薬一式。その他、諸々の持ち物をば、リスト化せねばなりませんでして。毎回、一緒故、コピーでもと、思うですが。手書きとなっててねえ。
朝からは、私の方が、スロープ出して、設置して。車椅子もしかるべくの、目立つの場所にと。その車椅子の乗ったまま、「けやき」に行くからでして。その方が、先方も、こっちも、処理し易くて。

での、ボチボチの、時間やなあと。
時間も、バラバラなれどです。概ね、9時から、9時半でして。9時を想定の、8時半には、母、着替えもさせて、イツでも、出られるよに、家用車椅子に乗せてるですが。
「けやき」の送迎の方、大体は、来て、即の、呼び鈴鳴らさはりませんでして。車は、音も無く、家の前に止まり。先様の若干の受入体制整えてから、呼び鈴哉と。この時、バタバタしてたら、分かりませんでして。

ででの、気配察知の、来たなあと。
外に出て、宜しくお願い致しますと、声掛け、母には、来やはったでと。玄関の方にで。送迎担当の方は、下用車椅子を持ち込んで戴き。2人して、母を移動させ。
移動とは、私が、母を車椅子から、降ろし、抱えて、玄関先に座らせるですが。これがなあ、イツもの事なれどの、玄関の手摺り、母用なれどの、握って離しませんでして。イヤ、一旦は持ってくれんの事には、転けるですが。私が抱えて、離してやと、声掛けたら、離してくれん事には、玄関先に座らせるに、ンの、重たいなあと。
よって、離して、離してと、叫ぶになるですが。
まあなあ、母も自分のカラダが宙に浮くになるがため、怖いは、怖いと思うですが。一寸は、こっちを、信用して、身を委ねてくれませんと、下手しての、玄関先で、一緒に転んでみい。送迎担当の男性にしたって、母と、私の2人を支えるは出来ひんわと。

オッとの、そんな事には成ってませんですが。反対に玄関先から、家に上げるの際が、問題でして。上げるの方が、チカラ要り。これが、上がらん事には、チカラ尽きるです。イヤ、母が、手摺りをガチリと、持つが故でして。これが、益々の酷く成り。困るなと。
にしても、母、車椅子に成るの以前は、どしてたんやろかなあと。以前なら、歩行器でして。その前は、自立式杖でして。どちにしたって、母、自力で、玄関先に座るは出来ませんでして。
まあなあ、とりあえずは、自力で、歩けてたなあと。
歩けると、歩けんでは、雲泥の差での、家族の負担桁違い哉と。

そんな次第の、送迎車到着の。
担当者、中年男性なれどの、準備の車椅子を持って来て戴きの。母を移動させまして。下用車椅子に乗せれば、担当者が、送迎車に乗せてくれるですが。
その、乗せてくれてるの真っ最中。マイクロ・バスが家のソバに来て、ピタリと止まってねえ。
イヤ、送迎車の移動を待つにしては、追い越せるの道路幅、ありまして。変やなあと、マイクロ・バスがどこのかと、ボディの文字見たら、「こもれび」としてあってねえ。ンと。
デハと、その運転席見たら、苗字までは、知らんですが。見知った方で、モ一発、ンと。何でやと。

瞬時、我が、超の鈍足CPU、MS−DOS時代の、20MHz程度で、沈思黙考の。データー僅少故、左程の時間、秒数掛からんわの、ンの、本日、水曜日かと。
回答即の出たです。母の、ディ・サービスの曜日が、月、水、土曜日でして。偶々の、通り掛かったで無くの、母を迎えに来やはったんやと。

での、運転席側に寄りまして。運転手、降りて来まして、お早う御座いますの、本日、これから、ショート・スティなんですがと。先様、ンと。しかるべくの、通してくれたはりますかと。

いやなあ、先様、「こもれび」には、我々、通すも、通さんも無くの。「こもれび」の、ケア・マネージャーを通じての、ショート・スティのスケジュールでして。こっちは、しかるべくの、希望日を伝えるだけでして。
ケア・マネージャーは、それを、「けやき」に伝え。「けやき」からの、返答をば、私共、家族に連絡頂けるです。
との、システムとするのか、手順でして。

とまあ、そこまでの話してませんですが。
イヤイヤ、某さんを通じてるですと、伝えたならばの、課長のですかと。課長か、平かは、知らんですが。とまでも、申してませんの、ケア・マネージャーの某さんですがと。嗚呼、ケア・マネのねえと。
業界では、ケア・マネと、短縮系で、云うてるの哉の。ンの、左様ですと。

とかとかの、話をしつつの。別途の予備機、鈍足MS−DOSパソコンにて、思考するに。ソ云うたら、この6日からの2日間は、付け足しやなと。元々は、8日<金曜日>からの予定が、2日間、追加して戴いたです。
当然の、ケア・マネージャーからの連絡でして。この付け足し分を、ケア・マネージャーが、しかるべくの、ディ・サービス部門に連絡し忘れたなと。

イヤイヤ、MS−DOSマシンなんか、現在唯今、所有してませんの。遠の昔に廃棄処分の、しもたなあと、後悔してるですが。それも、1台だけで、2台もはと。
そんな話は結構の。こんな事もあるのやなと。
「こもれび」の送迎車が、事情知りの、消えまして。「けやき」の送迎車で、母出発。しかる後、ケア・マネージャーに連絡一発。しといたですが。
イヤ、先様不在故、斯くの然と、お伝えくださいと。


送り出してから、つらつらと、沈思黙考の。難しいなあと。
結局は、母のオシッコでして。現状のままでは、こっちが、保たへんぞと。母も多少の協力してくれんの事にはなと。かと云うて、寝乍らのオシッコも慣れんと、難しいけれどです。
斯く申すの、私も、過年、30年昔であったか。倒れてねえ。初めての、救急車で、病院行きでの。京都南病院に2週間入院してたですが。当初、あそこにチューブを通されて。寝たままに、オシッコせよの意なれどの、出えへんねえ。そもそもが、チューブなんか、刺し込まれててみい。イタイ、痛いの、嗚呼、痛いの、とてもやないの、出るモノも出ませんでして。
イヤ、入院で、何も無くの、無罪放免で、退院したですが。諸般ベッドから、立ち上がりまして。

それでなあ、余所様、どしたはるのかと。
チラチラ、聞くは、オムツでしたはると。当初は、寝ずの番、出来ても、早々には、保たんわと。カラダ、壊すわと。さもありなんの。
我が方、イツからかと、考えたら、この、当年、本年、今年、1月からでして。

母、この状態になったは、一昨年<2011年>なれどです。
要は、恥骨骨折であったか、年末かに、「亀岡シミズ病院」に入院。2月に退院の、即の、そのままに、「ふないの里」にお世話になりまして。約11箇月の、1月初旬に退所致しまして。
この時、経過報告等々の会議が開催されての、「ふないの里」の方より、オシッコがと。1時間毎ですよと。どされますかの、話あったですが。
どされますかも、家に戻れば、私共で、何とか、せねばならぬわと。ホカに誰かが、代行してくれるで無しと。当然の如くに考えてたですが。
成る程の、こんな事かと。
何が云いたいかとなればの、寝た切りでもなくの、中途半端なんやと。寝た切りで、家で、介護とならばの、嫌応無くの、オムツで、決まりでして。
寝た切りで、自宅介護は大変なれどです。
(13/11/07)


NO.1373 夢の世界の話(1) 現実は厳しかったの話

さての、行ったら、行ったで、何がとなればの、母、ショート・スティにの、話なれどの。
電話一発、リンリンと鳴れば、ギクリ。

この電話がねえ、リンが、一発、二発で、止むのがあってねえ。誰かが、ダイヤル間違おたかと。当世、プッシュ、プッシュなれどの。勝手に間違いと、推測してるですが。当家の電話番号、間違い難い筈なんやけどねえ。
末尾、「1」でも、「0」でもありませんでして。「2」でも、「9」でも、「3」「8」でも無くの。「4」や、「7」でも、ありませんの、「Go Go」の、「郷ひろみ」の、下二桁、「55」でして。
概ね、会社の、末尾、「1」が多いですが。

これがねえ、日中なら、なれどの、真夜中、1時、2時にやられてみい。ギクリの中に、悪い知らせを連想致すです。大体が、そんな時刻に、電話するは、余程の緊急事態発生でして。
とは、世間の一般常識なれどです。
よって、掛けるにしても、慎重に、慎重にでして。されどの、緊急事態ともなれば、落ち着いて、電話するも難しく。
この、間違い電話とは、思うの、リンが一発、二発で切れたら、先様が誰か。様子、目的知りたいの気持ちに駆られるですが。何分の、ナンバー・ディスプレイの契約してませんでして。分からんですが。

オッとの、そんな話をしたいに非ずの、諸般、時々、何がため、ホーム・ページなんかをやってるのかと、尋ねられる事あってねえ。
我が返答、決まってまして。

簡単には、一つ、自分史であると。
自分史にするに、ある程度、長期間、継続せねば、「史」に成らぬですが。後刻、読む、読まんは、別としてです。まず、読まんですが。読まんとしてしもたら、断定したら、話、進まんですが。
再読して、嗚呼、この時には、こんな事があったかと。こんな事、考えてたの哉と。

一つには、自分の云いたい事をば、独壇場で、公開出来るは、このよな場でして。面と向こての場では、又、多人数居たら、尚更の、自分の考え伝えるに難しく。
ましてやの、一寸、ええ話なら、なれどの、一寸も、ええ話に非ずの、話なんか、聞き手が大変でして。そんな、どでも、ええよな話をモットもらしく、出来るの場が、この手、ホーム・ページ哉と。

別段にの、「ホーム・ページ」だけとは、限らんですが。当世なら、ブログが。フェース・ブックが。Twitter、Lineとかとか、諸般、手段、一杯あるらしいですが。ブログは、似てるですが。ホボの目的一緒なれどの、フェース・ブック等々、ある種、塊の場のは、意味合い、一寸、ズレあるよにも、思てまして。
ましてやの、見知らぬ者同士が集まったりの。それは、それで、ネットの世界故で、範囲広がり、宜しいですが。下手したら、犯罪に絡んでしまうよな、ツールなんか、変でして。
これは、参加者なり、運営者の資質の問題なれどです。

イヤイヤ、要は、発表の場、創作の場であると、想定しの、そのよに運営したなら、犯罪に絡んだり、パクリに成ったり、嘘八百の世界には、成りよが無くて。
正直、そのまま、思うがままが一番やと。それを、出来る限り、継続するが重要でして。折角の構築した、自分史なりが、ネットの世界に浮遊霊化したり、ではなと。


オトトの、ここで、云いたいは、そんな話でもあらへんわと。
「夢の世界」でして。
この、「夢」なるは、「理想」の、あるいは、「将来の夢」に非ずの、名実共、文字通りの、寝てるの間に、見るの、「夢の世界」。
そこで、一説とするのか、強力なるの説として、誰しも、イツも、夢見てるですて。只、目覚めたら、忘却するが故、「夢」ですて。フウンと。

私共、研究者でも、夢占い師、フロイトでも無くて。夢見て、何を意味するかとも、考えませんですが。オッとの、時には、考え込んでしまうの夢、見る事もあるけれどや。こんな夢、早々に、度々は、見られませんでして。出来たら、斯様な、意味あるの夢、何かを、連想するよなのを、見たいなと。とは、思うけれどや。思たって、朝目覚めて、忘却してたでは、残念無念の、夢霧散、露と消えの、無惨哉。
まあなあ、ええ夢なら、続きを見て見たいも、あるかと、思うですが。コレ又、そんな夢、見て無いなあと。


での、そは云えどの、イツまでも、覚えてるの夢もあるです。
正直、誰もが、経験の、寝しょんべんの時の夢があるです。
当たり前に、私も見てまして。且つは、覚えてまして。
云うとくの、寝しょんべんなんか、精々が、小学生時分の頃まででして。当世、この歳に成って、寝しょんべんの夢は別としてです。現世、現実の、寝しょんべんしてしもてたら、大問題やでと。

イヤ、ここで、この話、するのツモリは無かったですが。ついでの話で、しとこかと。これ又、正直には、過去、何度か、一度、二度、掲載してるの可能性あるですが。まあ、えかと。
とりあえず、当たり前の、正確なる内容失念してるですが。そら、半世紀以上、昔の夢の話故の。イヤ、夢見た、夢の話故。

兎に角、一生懸命に、場所を探し求めてまして。
目的、自分でも、夢の世界でも、分かりませんでして。そやねえ。夢の世界では、異様な事、してても、それを、異様とも思わずの、理屈、屁理屈、抜きでして。これが、夢の、夢たるの、値打ちで、所以哉と。
その場所を求めの、求めてるの目的も、何も解らんの、兎に角、一生懸命、闇雲に探しの。その場所が。自分自身の居てるの場所が、次第、次第に、狭く、暗く、薄気味悪くも、汚い場所に成って来てねえ。

進めば、進む程に、狭く、暗く、薄気味悪くの、より、汚い場所にと。
それが、嫌なら、進まへんかったらええのに。夢の世界、理屈、屁理屈抜きでして。目的大事、最優先の、兎に角、突き進みの、狭く、狭く、暗く、より暗くの、より薄気味悪くの。何よりも、汚い場所になって行ってねえ。
この汚いが、何故に、どんな具合にかとなればの、要は、場所的、洞窟を思えば宜しく。且つは、ジメジメした洞窟でして。洞窟故、薄暗く。本来なら、ランプも持たずなら、真っ暗なれどです。理屈、屁理屈結構の。
兎に角、そんな狭い、暗い、ジメジメした、洞窟みたいな場所を突き進んでるとするのか。ハタと、気が付けば、ドン突きでして。

しかも、途中から、何の目的云々、無関係の、何かから、逃げて、逃げて、逃げまくりの、洞窟みたいな、狭い、暗い、ジメジメしたの場所を、突き進んでたですが。最終的、逃げてるの感覚での。
嗚呼、万事休すの、ドン突きでは、これ以上、進めんわと。逃げられんわと。

覚悟決めたの、その瞬間であったか。嗚呼と。
現世に戻ればと、するのか。戻されたの原因、寝しょんべん。
気が付き、嗚呼、しもた。嗚呼、恥ずかしいと。出来れば、穴ががあれば、入りたく。出来れば、無かった事の。それこその、「夢」の世界の出来事、失敗であって欲しかったけれどや。
厳しい現実が、待ち受けての、結果、最悪に、成りに、蹴り。
(13/11/08)


NO.1374 夢の世界の話(2) 夢での、妹の話(1)

町内会各戸に配りモノが放り込まれたです。
中身、訃報。

イヤ、町内会の、某さんのご主人様<74歳>が、他界されたですと。ついては、お通夜、イツ。告別式、イツと、記載されてまして。
只なあ、私、その某さんとやらを、知りませんでして。イヤイヤ、町内会の方故、顔見たら、嗚呼、見た事あると、成る筈なれどです。少なくとも、喋った事無いです。
それを云い出せば、町内会の面々での、これまで、葬儀には参列の、まともに喋った方、殆ど居たはりませんですが。苗字聞いて、嗚呼、あの方かと、分かる故、参列してまして。
顔が想い浮かばんの方の葬儀に参列もなと。此度、パスしたです。

にしても、当世、香典を遠慮するの式が、多なったです。その方が、しかるべくの、金銭、不祝儀袋、準備せずに済むですが。
そやけどなと。
思うに、考えるに、冠婚葬祭の、特には、葬祭にての、香典なるは、遠慮するの風潮一般化しつつあるですが。コレ、日本独特とするのか、美風である故、一寸なと。
イヤ、葬儀費用、バカに成らずの。可成りの出費故、互助の精神にて、香典をと。出しの、しかるべくの、自分の時には、宜しくの意の、儀礼でして。
要は、葬儀費用の足しにして頂戴の。沢山、参列して戴ければ、それだけ、沢山、金銭集まりまして。実質的出費、少なくて済むです。

イヤイヤ、有り体、その通りと思てまして。葬儀の香典なら、その他大勢、3000円程度が相場哉と。仮にの、100名様、参列して戴ければ、30万円也でして。当然の、これでは、とてもや無いの足らんですが。粗供養も、お返しもしんならんし。そのままの、金額、助からんけれどや。
又、相手様、住所が、故人と、どんな関係かも、分からんの場合もありの、後処理大変もあるですが。その大変の手間を省略したいの気が勝ちで、香典遠慮の傾向強まったかと。

いやなあ、世の風潮に、反対モノ申したいですが。
そやから云うて、余所様、香典遠慮で、当家、戴くも出来ませんでして。香典遠慮致すの一文あれば、又かと。イヨイヨの、互助の精神から、遠退くなと。

での、余計なる話の、祖母の時には、参列者多くてねえ。京都の自宅で、長年住んでたがありの。知人多くの、献花の数も多かったです。
精算結果、私は無関係での、収支知らんですが。
親父の時には、亀岡でしたですが。後にも、先にも、町内会で、自宅葬当家のみ。
そらなあ、私の場合、しかるべくの、葬儀会館での、葬儀を知りませんでして。全部、自宅でやってましての、自宅でするが、当たり前に思てたわと。それ以降哉の、葬儀社でが、散見致しまして。
遂には、自宅葬珍しなってねえ。

ほんまやでの、会社関係の面々、上司、同僚、部下のでも。その親族のでも、全部、参列してるですが。葬儀会館でを、知らんかったわと。
結果、20年昔の頃より、葬儀会館のが、増えて来て。それでも、香典は要ったですが。要って当然の。ここ、数年ではなかろかと。香典遠慮が増えて来たと、するよりは、町内会のは、誰様のとは、申さんの、以降、全部、遠慮でして。
ソラ、一軒が、それしたら、以降出来ませんです。参列者の、出費を気の毒と、配慮するが大きいとは、思うですが。結局は、付き合い、希薄、原因哉と。

何度でも、申すの、新興住宅街では、苗字知れどの、名知らず。年齢も、ええ加減の、前歴も知らんわと。生まれの、育ったの地なら、町内会の面々なら、全部、全員、とまでは、申さんの、殆どの面々、承知してるしと。
喋った事も、一度や、二度やあるまいにの。葬儀あれば、心底、寂しく、涙、嗚咽致すわと。
そやけれどの、悪いけど、現、亀岡のでは、余程の方で無ければ、まあ、ソレは無いなあと。
変な話、神輿で、一緒に参加の面々とかや。同じの組の面々とかや。少なくともの、何かで、ご縁あっての、行動共にしたの方ならなれどの。それ以外では、顔なら承知の程度でして。
ではあれどの、同じの地域に住みの。ご縁あったが故、同じの町内会になったと、考えるしで、僅かの手掛かりでもあれば、参列してるの次第やわと。

当然の、我が親族の葬儀の時には、来て欲しいわと。
ほんまやでの、自分の葬儀で、ダアレも。とは、申さんまでも、僅少やってみい。草場の影から、我輩、この程度の、人望しか、無かったのかと。寂しいわと。
まあなあ、時には、ほんとの家族、親族だけの、内々での葬儀を望む方もあるですが。その気持ち、分からんでも無いです。多くの場合、生まれ、育ったの、地では無いがあるの哉と。


その葬儀。
我が初体験の葬儀となればの、妹のでして。現在居てるの妹、次女でして。
他界のは、生まれて幾日かで、産院にて、死亡しまして。私が幼稚園の時でして。

その時の葬儀、親族だけであった哉の。この時の夢も、記憶してるです。只なあ、幼稚園児時代やしなと。現実の光景と、夢、幻の区分曖昧でして。
とは云え、これは、現実、コレ夢と、自分なりには、分かってまして。

現実と、分かってるは、兎に角、親戚縁者が、沢山我が家に来まして。珍しい事故、興奮状態に成ってたです。
只、誰とは、申さんの、見知らぬの、親族も来てまして。親族とは云え、当家との、血縁無いですが。理由、母方伯父嫁の親族。多分なら、その姉妹哉と。よって、私からしたら、軽くの、小母さんでして。
記憶では、2人来たはってねえ。要は、顔知らんの小母さんでして。それが、我が家2階に陣取ってたかの、こそりと、探索に階段登れば、着替え中。くどいけどの、幼稚園児と、30代後半女性とならばの、母親年代でして。
覗きは、どんな人なんかなあの、好奇心だけでして。

イヤ、事実、先様も、それで、隠すとするの気配も無く。とかとか、当時、我が年代で、そこまでも、考えてえへんけれどや。
我が祖母に見つかっての、アカン、アカンと、叱られたです。での、諸般、あれ、誰と、聞いても、誰とは、返答してくれませんでして。アンタが知らんでも宜しいと。
とは云え、幼稚園児でも、概ね、誰とは、分かっててねえ。理由簡単、それ以外は承知してるし、伯父嫁の親族であるも、承知してまして。その上で、尋ねたよな気がしてるです。

イヤイヤ、それは、現実の話の。
妹の死についての、夢も見てまして。これは、理屈的、光景的、夢やろと。
(13/11/09)


NO.1375 斯くしての、本日、11月10日<日曜日>。
孫君3号、次男家第一子の、「一升餅の儀」挙行出来たです。

とする程の、大層な話。
でも無いけれどや。
大層で無いにしてもや。私共、爺婆、次男夫婦、当人、孫君にしてみたら、記念すべきの行事でして。孫君には、夢の世界での、さっぱりなれどです。祝<いお>てやれるなら、祝てやるべきでして。

イヤイヤ、準備万端。
一升餅、既に、準備。
とは云うても、やるは昼からでの、来るは、昼前、直前哉と。暢気に構えてたらです。朝寝してたらです。朝寝するも、私共、珍しいわと。ソラ、母居たら、朝寝出来ませんでして。朝飯、請求されるし、オシッコ番もありまして。それらが、習慣化してるもありまして。
大抵なら、土日祝日でも、7時半頃には、起きてるですが。

この日、本日なれどの。何故か、朝寝しまして。起きたが、8時過ぎやったかなあと。
嫁はんのケータイに、着信の、今出ると。多分なら、嫁からやろねえ。
イヤイヤ、当然の、着信あったの、その時刻には起きてるけれどや。へえの、えらい早いなと。云うても、10時に出ても、下道ならなれどの、小一時間、掛かるですが。

オッとの、ノンビリとは、構えてられへんの。諸般準備をと。
イヤ、掘り炬燵にしてまして。孫君、コチョ、コチョ、動き回って、下に落ちたら、大変と。蓋をと。この蓋も堀り炬燵にする際、同時に注文してまして。
どちみちの、「一升餅の儀」の際にも、炬燵の上。テーブルには、諸般のモノを置きましての、舞台とするのか。選び取りをするの、ツモリしてまして。その際には、炬燵の移動せねばならぬです。広いの家屋敷でありまいにと。

その他、諸々、あれをあっちに。これを、あそこにと。孫君、登場なら、しかるべくの、危険とするのか。触られて、困るのモノは、遠くえと。
ンの、孫君、ケータイが好きでねえ。この年頃のは、皆、ケータイに興味持つですが。出来れば、本物のケータイをと。昔のを引っ張り出して来まして。充電器もと。
電池なら、くっついてるし。上手く、充電、出来れば、動くやろと。動くとは、電話は、SIMカードがあらへんしで、出来ませんですが。電話出来ぬで、幸いの。要は、音がしたり、光ったりしたら、結構でして。


そんな事で、次男一家、到着の。
まあなあ、孫君3号も、次第、次第に、この爺婆にも、慣れて来たかの、見て、一発と、までは申さんの。抱っこしての、即には、泣かんよになってねえ。さりとての、いきなりでは、心配顔での、自分の親の方、一生懸命、目で追おてるですが。

泣かんまでも、拒否姿勢に成る事もあるですが。これも、時間と共に時間、保つよになって来てるです。
そらなあ、親が一番に安心ゾーンであるです。


イヤイヤ、そんな次第の、斯くなるでの。
昼飯喰てから、主人公、孫君、ご機嫌麗しいの間に、やってしまおかと。寝てしまわれたり、泣かれてたら、出来ませんでして。この子は、余り、泣かんですが。
喰う方、凄いわと。食べても、食べても、まだ、請求致しまして。腹ポンポンでも、マダ、不足で、請求するの子でして。誰に似たんやろなあと。イヤ、食べるが嫌と、拒否されるよりは、数段に、宜しいですが。

話、決まれば、早速にも、炬燵の移動。
要は、一升餅を風呂敷に包みまして。肩から背負わせるの恰好でして。
そやけどなの、1歳程度では、歩けるのと、歩けぬがあるですが。この孫君、つたい歩きなら出来ても、自力で、歩くは出来てませんでして。それでは、一升餅、背負ての、歩くなんか、とても、とてもの、出来ませんですが。

それは、それでの、その子に合わせた行事に致すわと。
歩けるなら、僅かな距離でも、歩かせまして。歩けても、一升餅背負ては、とてもの、無理なら、後ろから、誰かが、手を添えてやると。
それも、出来ぬなら、選び取りの、モノを置いたの台とするのか。テーブルのソバで、立たせの、背負わせるです。背負わせるも、誰かが、手を添えての、餅の重さで、ひっくりの、反らんよにと。

イヤイヤ、「一升餅の儀」なるは、地方、地方、家々にて、やり方、様々での、その家のやり方で、やれば結構でして。
地方によれば、一升餅、背負いの、立って、歩けるのよな子なら、敢えて、転ばせるの風習もあるらしく。
嫁、伊勢故、伊勢では、どんな具合にと。問えば、一歳の誕生日に、歩けてるなら、「一升餅の儀」を行うですが。無理なら、致しませんですて。へえと。
そしたら、「一升餅の儀」をやってもらえるの子と、やってもらえんの子が存在するになるですが。確かに、それは、それで、仕方が無いの哉の。どしても、誕生日にと。しんならんでもあらへんしの。何なら、歩けるよになれば、しかるべくの時にと、しても良しと。

これは、その家々の考えで結構でして。
こしんと、アカンの決まり無く。
要は、一つの行事、記念でして。とは、私共の考えでして。長男家の、3人、どやったかなあと。記憶辿るに、思い出しませんでして。イヤ、どの程度、歩けたのかをです。多分なら、孫娘が、歩けてたよに、思たり。

歩けるも、一升餅を背負ては無理でして。
後ろから、嫁はん、婆様ですが。手を添えてやってるわと。そんな事なら、従前、3人の孫共、背負ては、歩けてませんです。とてもや無いの、無理難題。
云うたら、こっちも、3人の様子見てまして。相応に合わせてやらんとと。そらなあ、歩けへんのに、1メートル、絶対に、背負て、歩けとしたでは、拷問、虐待でして。

での、兎に角、選び取りの、モノを何にするかの。適当の、電卓、はさみ、絵本<塗り絵>、ドライバー<工具>、デジカメ、財布辺りを揃えたの哉と。
いやなあ、この中でなら、この孫君3号、何に興味示すかは、概ね、想像出来るの、デジカメやろと。

オトトの、そんな次第の、準備万端出来まして。ご機嫌麗しいの間にと。
イヤイヤ、はっきり申すの、一切の、泣いてませんです。行事、順調に進行したです。オッとの、一升餅背負ての、歩けたとは、申さんの。つたい歩きしか出来んのに、歩けるの筈、あらへんわと。

諸般、偶々ですが。
その、偶々の、本日<11月9日>、まずは、朝、四国、嫁はんの姉宅より、海産物が、佐川急便、保冷車で届きまして。
間も無くの、これは、どこ様かは、伏せるですが。何も伏せるですが。何便も、伏せるですが。伏せてばかりでは、さっぱり、分からんですが。喰い物届きまして。

昼からは、「芋煮会」に参加で、大根の間引きを致しまして。間引いたのは、参加者全員にて、別けまして。
全員とは、この日、10人。1人、10本。

ハタと、農園主の横手庭に目をやれば、柿が見えまして。諸般、欲しいと云うのが、居てまして。
欲しいなら、取ってやるかと、取りに行ったですが。手の届くの範囲に、柿は無く。イヤ、柿は沢山出来てるですが。
農園主に、道具貸して頂戴なあと。道具、借りるならばの、1人、2個程度はと、思ての事なれどの。
ほならの、籠まで、出してくれて。応援1名加わって。となればの、1個、2個とはなの、参加者全員に、何個かずつでもと。10名掛ける事の、5個を目標にしたですが。つまり、50個なれどの、50個を取るも大変でして。

イヤイヤ、農園主、場に来て、取り方教えてくれての、この木のを、全部取れの、最低でも、1人5個はと、申したですが。柿の木、2本あっての、その1本の話なれどの。片方、別途のグループあっての、そっち用に残しておくと。
での、数まで、数えてませんの、籠に一杯になったが故、しかるべくの、前庭にて、10箇所、10人分に別けたら、1人4個。これでも、40個しか、無かったかと。

ででの、偶々の、この日、過日注文の。注文してたを忘れてたですが。せんべいが届いたですて。イヤ、メンバーの1人、女性なれどの、とあるのせんべい、「こころの味石崎のえびせん」と、称するですが。
これを、沢山注文で、安くなると。よって、皆で、注文しやへんかと、持ち掛けまして。ンの、結構の、宜しくと、注文したですが。注文した矢先にも、失念しててねえ。

ハイ、柴田さんと、手渡されの、しかるべくの、代金支払いましたですが。えの、こんなに沢山、注文してた哉の。嗚呼と。
息子共とするのか。嫁共の分とするのか。孫共の何人かは、マダ、食べられへんけれどや。とりあえずは、3箇所分も、注文してたんやと。ハタと、思い出し。

での、何故に、偶々を繰り返してるかと、なればの。明日、10日、大安吉日。なるの、大安吉日までは、考えて無かったですが。偶々の、カレンダー見たら、大安吉日でして。
孫君3号、延び延びに相成ったの、一升餅の儀を挙行致すかと、成っててねえ。
話簡単の、沢山のモノをお裾分けしてやれるなと。

イヤ、全部が、偶々の事でして。
何も、お裾分けしてやるが故の、ための、本日着に非ずでして。一升餅の儀を明日には、10月27日に、神戸で、やるに成ってたけれどや。
諸般、先月、10月の25日。
母、高熱にて、急遽、病院にと。ショート・スティ先の、「けやき」より、連絡受理の、「亀岡シミズ病院」に、連れてくに、特段の無事でして。最後の最後まで、27日には、神戸行きをと、してたですが。

先様の話もありの、断念したですが。
肝心の、当人、孫君3号も、少々、風邪気味でと。結果、明日、10日に成っただけでして。
<参考=「単なる雑談NO.110」母高熱の話>

思うに、諸般、徳な子やなあと。偶々の、これだけの、モノが集まるかと。但し、主人公、当人、マダ、喰えませんですが。喰えるは、周囲の大人だけ。オッとの、多少なら、喰わせてやれると。とは、思うけれどや。一歳の誕生日は過ぎてまして。そこから、1箇月は経ってえへんけれどや。

当然の、昨日には、一升餅も、「塩武」に取りに行ってるです。
「塩武」の店主、毎度、有り難う御座いますと。毎度ねえ。前回、2週間前でして。同じの、一升餅をです。取りに行ったがです。
先様、店主、多分なら、孫2人、連続かと、思てるやろなあと。こんな2週間なら、同時にやるですが。同時の場合、2人なら、果たして、一升餅2個も、注文するやろかと。しやへんやろなあと。


いやなあ、前回のは、行けずと決定の日にか、明くるの当日、27日、日曜日には、鏡開き致したです。早急に切ってしまわんと。硬<か>たなったら、切るが大変故でして。
そんな事なら、この、一升餅の切ったのも、別けてやるが出来るなと。
沢山の、お持ち帰りの品あって、ええなあと。徳やなあと。万事、ご縁や、ご縁の世界でして。一つも意図してませんです。


そんな次第の、斯くなるでの。明日は、明日の話の、夢の話の続きをと。
妹の葬儀にて、母方、伯父嫁の親族。二階で着替えの小母さん連中をば、覗きに行ったは、現実の世界。覗きとするよりは、様子見するに、コソリと、階段上がっただけなれどです。こそりも、隠れてるで無いです。隠れるの場所、あらへんわの。部屋には、扉も、襖もあらへんわの。上がれば、そこでして。
上がってくの、我が姿、見えてるわと。
只なの、見知らぬの小母さん故、こっちが、興味津々、怖々もありの、コソリとでして。知ってるの人なら、相手しに行ってるわの。当時、幼稚園児やしなと。

ではあるですが。
葬儀そのものは、全くの記憶に無いです。変な話、現<うつつ>の世界の事として、記憶は、その事、だけでして。
それ以外となればの、毎日のよに。イヤ、毎日と思うです。産院に行ってたです。
イヤイヤ、横町でして。歩いて、一分とは、掛からんの、「梅鉢産院」と、申すです。私も、そこで、産まれたです。
病室とするのか、部屋の様子も記憶してるです。当世と異なりましての、木製ベッド。
我が家で、ベッドなるは、現在唯今、母だけでして。私も、一時、槇島時代の独身時代。ベッドにしたですが。ども、苦手で、止めたですが。

オトトの、そんな事で、妹を覗きにと、するのか、行ってたですが。窓も、木製の。当時、それが、普通なれどの。ベッドも、立派でねえ。個室でも無かったみたいに、思てるですが。広い部屋で、ホカの方の存在までは、覚えてませんです。

まあなあ、ソレ程に、妹の誕生、楽しみにしの、喜んでたですが。
何分の、幼稚園児故、「死」を理解してませんです。

ででの、夢としてるは、その妹が、家に戻るの光景でして。
先の通りの、歩いて、1分。産院からの事でして。
その光景なるは、母方伯父。但し、先程の、伯父嫁の親族の方の、伯父に非ずの、伯父でして。これが、自転車に、妹を入れたの箱を乗せて、自転車を押して、戻って来てるの光景。
その自転車の片脇では、私が、喜々としの、ニコニコしての、踊ってるとするのか、ステップ踏むよな感じで、舞ってまして。これの、目線、第三者。

イヤイヤ、先の小母さんを覗きには、私自身の目線での光景をば、記憶してるです。当然の如何なるの姿勢であったも、記憶してるですが。
処がの、産院からでは無くの、殆ど、我が家の手前での。云うたら、感覚的、2、3軒手前での光景でして。
常識的、赤ちゃんでして。箱に入れては、分かるも、自転車に乗せるも変の。伯父がも、変でして。何故に、私、喜々としての、乱舞してるかとなればの、妹が我が家に帰って来るの印象、イメージでして。

されどの、記憶してるの光景より、常識的、変故、夢哉と。
そもそもが、伯父が自転車で、我が家に来た事無く。我が家に自転車無く。親父、自転車にさえ、乗れませんでして。
当時、近距離でして。母方伯父宅なんか、歩いて、5分。
後年、記憶の光景分析するに、夢としか、考えられぬ故、夢での、話哉と。
(13/11/10)


NO.1376 孫君3号の一升餅の儀の話(1)

斯くしての、本日、11月10日<日曜日>。
孫君3号、次男家第一子の、「一升餅の儀」挙行出来たです。

とする程の、大層な話。
でも無いけれどや。
大層で無いにしてもや。私共、爺婆、次男夫婦、当人、孫君にしてみたら、記念すべきの行事でして。孫君には、夢の世界での、さっぱりなれどです。祝<いお>てやれるなら、祝てやるべきでして。

イヤイヤ、準備万端。
一升餅、既に、準備。
とは云うても、やるは昼からでの、来るは、昼前、直前哉と。暢気に構えてたらです。朝寝してたらです。朝寝するも、私共、珍しいわと。ソラ、母居たら、朝寝出来ませんでして。朝飯、請求されるし、オシッコ番もありまして。それらが、習慣化してるもありまして。
大抵なら、土日祝日でも、7時半頃には、起きてるですが。

この日、本日なれどの。何故か、朝寝しまして。起きたが、8時過ぎやったかなあと。
嫁はんのケータイに、着信の、今出ると。多分なら、嫁からやろねえ。
イヤイヤ、当然の、着信あったの、その時刻には起きてるけれどや。へえの、えらい早いなと。云うても、10時に出ても、下道ならなれどの、小一時間、掛かるですが。

オッとの、ノンビリとは、構えてられへんの。諸般準備をと。
イヤ、掘り炬燵にしてまして。孫君、コチョ、コチョ、動き回って、下に落ちたら、大変と。蓋をと。この蓋も堀り炬燵にする際、同時に注文してまして。
どちみちの、「一升餅の儀」の際にも、炬燵の上。テーブルには、諸般のモノを置きましての、舞台とするのか。選び取りをするの、ツモリしてまして。その際には、炬燵の移動せねばならぬです。広いの家屋敷であるまいにと。

その他、諸々、あれをあっちに。これを、あそこにと。孫君、登場なら、しかるべくの、危険とするのか。触られて、困るのモノは、遠くえと。
ンの、孫君、ケータイが好きでねえ。この年頃のは、皆、ケータイに興味持つですが。出来れば、本物のケータイをと。昔のを引っ張り出して来まして。充電器もと。
電池なら、くっついてるし。上手く、充電、出来れば、動くやろと。動くとは、電話は、SIMカードがあらへんしで、出来ませんですが。電話出来ぬで、幸いの。要は、音がしたり、光ったりしたら、結構でして。


そんな事で、次男一家、到着の。
まあなあ、孫君3号も、次第、次第に、この爺婆にも、慣れて来たかの、見て、一発と、までは申さんの。抱っこしての、即には、泣かんよになってねえ。さりとての、いきなりでは、心配顔での、自分の親の方、一生懸命、目で追おてるですが。

泣かんまでも、拒否姿勢に成る事もあるですが。これも、時間と共に時間、保つよになって来てるです。
そらなあ、親が一番に安心ゾーンであるです。


イヤイヤ、そんな次第の、斯くなるでの。
昼飯喰てから、主人公、孫君、ご機嫌麗しいの間に、やってしまおかと。寝てしまわれたり、泣かれてたら、出来ませんでして。この子は、余り、泣かんですが。
喰う方、凄いわと。食べても、食べても、まだ、請求致しまして。腹ポンポンでも、マダ、不足で、請求するの子でして。誰に似たんやろなあと。イヤ、食べるが嫌と、拒否されるよりは、数段に、宜しいですが。

話、決まれば、早速にも、炬燵の移動。
要は、一升餅を風呂敷に包みまして。肩から背負わせるの恰好でして。
そやけどなの、1歳程度では、歩けるのと、歩けぬがあるですが。この孫君、つたい歩きなら出来ても、自力で、歩くは出来てませんでして。それでは、一升餅、背負ての、歩くなんか、とても、とてもの、出来ませんですが。

それは、それでの、その子に合わせた行事に致すわと。
歩けるなら、僅かな距離でも、歩かせまして。歩けても、一升餅背負ては、とてもの、無理なら、後ろから、誰かが、手を添えてやると。
それも、出来ぬなら、選び取りの、モノを置いたの台とするのか。テーブルのソバで、立たせの、背負わせるです。背負わせるも、誰かが、手を添えての、餅の重さで、ひっくりの、反らんよにと。

イヤイヤ、「一升餅の儀」なるは、地方、地方、家々にて、やり方、様々での、その家のやり方で、やれば結構でして。
地方によれば、一升餅、背負いの、立って、歩かせるとするよりも、敢えて、転ばせるの風習あるらしく。
嫁、伊勢故、伊勢では、どんな具合にと。問えば、一歳の誕生日に、歩けてるなら、「一升餅の儀」を行うですが。歩けてえへんで、無理なら、致しませんですて。へえと。
そしたら、「一升餅の儀」をやってもらえるの子と、やってもらえんの子が存在するになるですが。確かに、それは、それで、仕方が無いの哉の。どしても、誕生日にと。しんならんでもあらへんしの。何なら、歩けるよになれば、しかるべくの時にと、しても良しと。

これは、その家々の考えで結構でして。
こしんと、アカンの決まり無く。
要は、一つの行事、記念でして。とは、私共の考えでして。長男家の、3人、どやったかなあと。記憶辿るに、思い出しませんでして。イヤ、どの程度、歩けたのかをです。多分なら、孫娘が、歩けてたよに、思たり。

歩けるも、一升餅を背負ては無理でして。
後ろから、嫁はん、婆様ですが。手を添えてやってるわと。そんな事なら、従前、3人の孫共、背負ては、歩けてませんです。とてもや無いの、無理難題。
云うたら、こっちも、3人の様子見てまして。相応に合わせてやらんとと。そらなあ、歩けへんのに、1メートル、絶対に、背負て、歩けとしたでは、拷問、虐待でして。

での、兎に角、選び取りの、モノを何にするかの。
適当の、電卓<ソロバン>、はさみ、絵本<塗り絵>、ドライバー<工具>、デジカメ、財布、マジック<筆>の辺りを揃えたの哉と。
いやなあ、この中でなら、この孫君3号、何に興味示すかは、概ね、想像出来るの、デジカメやろと。

オトトの、そんな次第の、準備万端出来まして。ご機嫌麗しいの間にと。
イヤイヤ、はっきり申すの、一切の、泣いてませんです。行事、順調に進行したです。オッとの、一升餅背負ての、歩けたとは、申さんの。つたい歩きしか出来んのに、歩けるの筈、あらへんわと。
(13/11/11)


NO.1377 孫君3号の一升餅の儀の話(2) 儀式無事挙行の話

いやなあ、孫君2号、人を呼ぶ、集めるの子。
孫君3号、モノを呼び、集めるの子。
双方、相応の徳運あるなあと。

イヤ、孫君2号の初宮参り、「八坂神社」で、なれどの、仁尾の義姉夫妻が来てくれて。オッとの、別段の、初宮参りに参列がため、来たでは無いですが。単純明快、京都見物でして。
当初、適当にと、云うたら、失礼乍らの、円山公園でも、知恩院さんをでも、散策したらと、申してたですが。折角なら、一緒すると。
そして、妹夫婦は、それがため、参列に来てくれて。フウンと。
イヤイヤ、この直前、滋賀、大津から、伏見に転居してまして。近く故と。

孫君3号なら、産まれる以前より、衣装持ち。
あっち、こちより、衣類がドンドン集まってねえ。選り取り見取りの、掃いて捨てる程でして。そらまあ、親の好みもあるわいなと。別段の、衣類だけに限らず、オモチャも一杯。
そして、此度なら、期せずしての、何が届くは、四国からは、海産物が。せんべいもと。大根葉もあるし、餅は、2個分もありまして。云うても、これら、当人、喰えませんですが。喰えんでも、縁起、ご縁のええ事でして。

正直、孫君2号、3号君、ワタシャ、羨ましいなあと。
不思議にこの手の徳運、生涯、継続する事、多々あってねえ。我が承知の範囲なれどです。

オッとの、での、肝心の、「一升餅の儀」、孫君3号、マダ、つたい歩きの程度でして。とてもや無いの、自立では歩けてませんでして。婆様であるの、嫁はんが、従前通り、従前とは、既に、孫3人の、一升餅を風呂敷に包んで、下から、餅を持ち上げてたですが。
此度も、そのよにしてやって。
歩くとするよりは、その恰好にて、テーブルの選び取りをさせたですが。

果たして、何を手にする、取るやと、思いきやの、矢っ張りとするのか。デジカメでして。将来、写真家に成って、撮る方にか、撮られる方に成るのか、知らんけれどや。
そして、次ぎには、ドライバーをと。ドライバーねえ。私共同様、電気屋に成るの哉の。電気屋云うても、ドライバーを早々には手にしてへんけれどや。電気工事屋してへんしと。ドライバーで、電気屋とは、限らんですが。機械屋もあるですが。
要は、その辺りの、技術者とするのか。理系に成ってくれるの哉と。

そらなあ、爺としたなら、あくまでもの、希望、感覚的にも、文系より、理系に進んで欲しいわと。
少なくとも、理系を理解出来るよに成って欲しいわと。
での、この2つだけで、止まらずの、次々、色んなのを手にしたですが。マジックも手にしたし。財布もと。そらまあ、この年頃、興味を抱いたのを順々にと。只なあ、ドライバーはイツまでもは危ないしと。即の取り上げまして。誰が取り上げたか、知らんですが。

とかとか、「一升餅の儀」なるは、諸般、形だけでして。形だけで、結構でして。選び取りも、それで、将来、必ず写真に絡むと、決まったで無く。無心の状態にて、何に興味津々の、示すかを大人が勝手に見定めてるだけでして。
イヤ、それで、結構哉と。気持ちや、気持ちの、世界でして。一つの可能性を見ただけでして。万事、大人の自己満足の世界哉の。
イヤイヤ、一升餅、一生、喰うに困らぬよにの、祈願でして。

そんな次第の、斯くなるでの。儀式終われば、眠とおなってねえ。
ソラなあ、一升餅も、二度、「塩武」に注文致しまして。やっとで、無事挙行出来まして。爺婆と致しましては、責任全う出来たよなの。一升餅、肩から、降ろしたよな、気持ちに成って。
孫君さえ、寝てくれたら、寝させてもらうぞと。その孫君、母親に連れられ、二階にと。それで、寝てくれたら、結構の。寝るを前提に、横に成れば、うとうとの、ウトの。小一時間寝たのかなあと。

結果、孫君、大して寝てくれへんでねえ。嫁が、抱っこで、降りて来て。
にしても、何でやろねえ。この辺りのは、寝さすに、兎角に抵抗致しまして。眠とおなったら、ご機嫌麗しく無くの。不機嫌に成って。
ではあれどの、この孫君、余り、泣きませんでして。泣かんだけ、ハタも安堵致すですが。


での、「一升餅の儀」「選び取り」の写真を嫁が撮ってくれてまして。
見るに、「フォト・フレーム」でと。フウンの、そ云うたら、「フォト・フレーム」なるは、そのための、ツールやったなと。イヤ、過年、何かの、プレゼント。私の誕生祝いであったか。嫁はんのか。
息子共が、買おてくれてまして。居間のテレビの前に飾ってるですが。用途、時計。

そらなあ、写真をなあ、幾ら、孫共のでも、スライド・ショーで、四六時中、見ててもなと。そもそもが、SDカード入ってませんですが。
オッとの、流石に、若手、嫁が、それで、写真をと。手持ちのデジカメのSDカードを抜き取りまして。セットするに、2000枚からの写真が撮れてる筈の。前半、1000枚のしか、認識してませんでして。「フォト・フレーム」がです。
イヤイヤ、くれぐれもの、選び取りでの、デジカメは、私のと、するのか、この嫁から貰たモノでして。嫁達は、自分のを所有の。その写真の見せてくれるの話でして。

余計な話、くれたデジカメ、殆ど、使てえへんでねえ。殆ど故、全くでは無いですが。多分なら、長男家の孫娘、孫君1号辺りを、町内会公園で遊ばせてたのを、撮った覚えあるですが。

でででの、次男、ほならの、テレビで撮すかと。ンの、そんな器用なるの芸当出来るの哉と。
デジカメから、コード引っ張って、テレビに接続するなら、コードが要るけどなの。そんなモン、要らんですて。当世、テレビに、SDカード接続口、コネクター装備ですて。へえと。しかるべくの、蓋を外せば、らしきの箇所、あったです。

後は、そこにSDカードを挿入の、しかるべくの、スライド・ショーを見られるよに、テレビを設定するだけの。当世、便利やねえ。ソラ、「フォト・フレーム」や、「パソコン」で、写真を見てるよりは、大画面、37インチで、見る方が、ええに決まってまして。

そんな話は結構の。
2人の結婚式のからがあってねえ。孫君産まれた時のが、あってねえ。嫁の姉妹、姪甥、ご両親も写ってまして。オットとの、私共が、孫君産まれて、伊勢に行ったのも、あってねえ。
しかるにの、嫁の親父さんを久しぶりに、写真で見まして。ンの、現、孫君、この親父さんを彷彿させるの面あるなあと。

現としてるは、小さい子は、どんどんと、人相替わるし、色んな表情見せまして。その都度、これは、誰にと。コレ誰にと。連想、彷彿させられるです。
イヤ、実は、孫共、当然の、ある瞬間、私に、似てるよに、見えてまして。ダアレも云うてくれへんけれどや。特には、2号、3号、良く似てまして。

オトトの、別段にの、嫁の親父さん、私が、アンパンマンに似てるでは、断じて無いですが。逆立ちしても、間違おてもです。全くの、似てへんけれどや。親父さんと、私も似てへんけれどや。
そやけどなと。それは、現在の顔、人相を見てるからでの、小さい頃は、似てたの可能性がと。
イヤ、くれぐれもの、アンパンマンにでは無いの。丸顔の意。但し、その頃はの話。
云うたら、現在唯今でも、誰が見たって、見てくれたって、面長とは、云われませんです。見えませんです。真ん丸でも無いけれどや。
(13/11/12)


NO.1378 孫君3号の一升餅の儀の話(3) スライド・ショー1000枚の話

ハタと。
回り回って、結果、期せずしての、ご先祖様の面前、仏壇のあるの場で、「一升餅の儀」を挙行したになるなあと。
イヤ、全くの意図してへんけれどや。そんな事になるの哉と。

での、息子共なら、相応の年齢にての、相応の人相してるですが。最早の体型からして、兄弟にしては、似てへんですが。嫁共にしたって、その姉妹には、似てると思わんですが。特には、長男嫁<二人姉妹の妹>は、ご両親にも、似てる面、僅少の印象あって。
次男嫁<三人姉妹の中手で、一番下弟>なら、強いてならの話、姉と共にの、親父さん似かなあと。妹さんなんか、どっち似かと。どっちにも、似てへんみたいでねえ。一度しか、会おてえへんけれどの、弟さんは、お母さん似かと。
当たり前の、会おてるの回数、極の僅少、並べて、見比べたでもあらへんし。会おてるの間、嫁が誰似かと、なんか、全然の考えもしてへんしと。
息子共なら、時として、我が従兄弟の誰ソレを、彷彿させられるの事、あったり。ギクリと、する程に、自分に、あるいは、嫁はんにと。コレ又、当然の事なれどです。

孫共ならばの、相手してるとするのか、相手されてるとするのか。してる時には、コレ又、ある瞬間、ギクリの、自分の小さい頃、見てるのよな感覚に成ったり致しまして。
この、ギクリの場面、孫君2号、3号については、多い哉の。これ又、顔見てて、誰似かなんか、考えてえへんけれどや。孫君3号なら、抱っこしてたら、只々、泣いてくれるなよと。それが先決問題でして。最早の、泣きはしやへんけれどの、不安顔されててねえ。
我慢の限度越したら、降ろせ、離せと、振り払われて。

降ろせ、離せなんか、既に、孫共3人から、やられてての、充分、経験してる故、どて事、無いけれどや。
当初、孫娘だけの時には、その期間長く、2歳過ぎてもでの、腹立つノリの事あったですが。腹立って、どついたろかの。どつきはしてへんけれどの、ソラ、寂しいわの。偶にしか、会わんかったら、そんなモンやと、諦めてたですが。
それが、懐いてくれだしたら、ホンマかと。信じられんかったが、本音での。懐きだしたは、孫君1号、出来てからでの。孫君1号、2号なら、姉が、兄が、一緒故、当初より、泣いたりはしてへんですが。
それからしたら、孫君3号、抱っこで、即の、泣かれたの期間、短くて。助かってるですが。されどの、まだまだ、時間、保たへんでねえ。まあ、仕方が無いわと。


とかとかは、テレビにセットされた、デジカメの写真の、スライド・ショーを見乍ら、思たですが。
にしても、自分が写ってるのは、どみても、歳やなと。こんなに老けて来てるかと。我れ乍らに、ガクリの、写真故、ある程度は正確でして。困ったなあと。
イヤなあ、自分で、爺とは、云うて、記載もしてるですが。事実故で。別段の、爺と云われた、全くの抵抗感無いですが。

イヤイヤ、我が母はねえ。
嫌がったです。孫から、お婆ちゃんと云われるは、多少は抵抗あるものの、仕方が無いにしても、我々から、お婆しゃんは嫌であると。
云うわれてもなあ。一緒に暮らしてたら、ソなるです。我が息子共中心故でして。

現時点、息子共、嫁共から、どのよに呼ばれてるかと、なればの。長男の嫁からは、お父さんであったり、お爺ちゃんであったり致しまして。次男嫁からは、お父さんなれどです。
イヤ、長男の嫁も、我が子中心にしたら、当然のお爺ちゃんでして。自分を中心になら、お父さんでして。
お父さんを連発されたら、どっちの、お父さん哉と、成る場合もあってねえ。基本、息子共が、孫達のお父さんでして。

ででの、写真もなあ。
余所の孫、赤ちゃんの写真を、1000枚も見せられたら、拷問なれどです。精々が、100枚止まり哉と。その範囲なら、余所のでも、へえとか、はあとか、云うて、見てられるですが。
我が孫でありの、息子共でありの、嫁の、その両親、兄弟姉妹故、何枚でも、飽きずに、見てるですが。モっとあっても、見るですが。

ほんまやでの。
病院でも、テレビででも。そこらででもです。
小さな子が居て、嗚呼、可愛らしいなあ。美人やなあ。男前やなと、思えるの子も偶には、居てるですが。その、偶でして。殆どの場合、一種、違和感のあるの子の方が多いわと。
何がと、なればの、ソラ、我が方にも好みありまして。
どしても、好きに成れんの人相あってねえ。コレのどこが可愛らしいの哉と。

そんな意味ならばの、赤ちゃんの段階では、皆、似てるとは、云うもののです。既に、個性現れてての。とするのか、親に似てるです。その家系とするのか、個性が出てるのやなと。
ここで、私の場合、既に、好き嫌いがあってねえ。
当然の、当たり前の、我が孫ならばの、好きとするのか、愛らしく。フウンと、感心して見てるですが。

とかとかの、ナカナカに、上手く表現出来ませんですが。
テレビで、赤ちゃんの写真等募集で、放映されるの事、あるですが。我が親族でも無いの、余所の赤ちゃん見てて、楽しいやろかと。失礼乍らの、犬猫、ペットの方が、罪無く、余念無くの、見てられまして。


さての、主人公、孫君、「一升餅の儀」「選び取りの儀」が終われば、ホと安堵の、寝てしもたですが。私がですが。
起きたら、スライド・ショーを見せてくれて。これなら、1000枚でも、2000枚でも、見るですが。


オトトの、話、前後するですが。「一升餅の儀」のための、鯛なら、孫君、昼飯、一番に喰てるです。ソラ、当日の主人公故での、コイツのタメの、鯛でして。
されどの、デコレーション・ケーキはなあ。大人だけで、戴きまして。イヤなあ、そらなあ、諸般、万事、準備万端されてまして。我々の範疇にて、出来るの事はしてまして。しても、悪いけど、当人には、ケーキ、当たらんですが。
とは云えどの、目出度いの、祝いの場故、和洋の、祝い事の象徴、鯛と、デコレーション・ケーキは要るです。必須でして。

でででの、モ一発あってねえ。
11月18日には、嫁の誕生日でして。モすぐでして。
過日、過月より、品は決まってまして。何と称するのか。化粧箱、コスメ・ボックス哉と。
品は決まっててもなあ。種類様々での、私共、夫婦で、相応にの、方々、見に行ったですが。この、私でさえが、これではなの、モノばかりでして。
要はデザインがダサあてねえ。これでは、嫁が可哀想のモノばかりでねえ。
ではと、ネットで調べるに、今度は種類があり過ぎて。イヤ、私が調べたでは無いですが。見に行くは、参考のため、一緒に行ってたですが。店頭のは、ダサい以前の、種類僅少。
ネットでは、ある過ぎてと。
結果、当人、嫁に決めてもらうかと。ネットで、見て、これをと、なれば、それにしたら、良いのであってと。
(13/11/13)


NO.1379 孫君3号の一升餅の儀の話(4) 化粧箱、楽天にて注文決定の話

いやなあ、どこ様とは、申せませんです。
とあるの先様の娘様。

イヤ、過日の事なれどです。
その娘様が丁度、自宅玄関先にで、目線会いまして。当方、軽くの会釈したですが。先様、娘様、我が方、無視の横向かれてまして。有らぬ方向に消えたです。
この娘様の親父様の、顔みてみたいも、重々承知の、同様でして。そもそもがの、目線、会わせるを避けるですが。「こんにちは」と、声掛けたら、ぼそぼその、横向いて。ぼそぼそは、多分なら、嗚呼の、程度哉と。嗚呼なら、ぼそ哉と。こっちに、聞こえるの、声の大きさで無く。

娘様も、最早の一児のママ様でして。
日本語喋り出したら、我が子に、挨拶の仕方、教えるの哉と。
挨拶なるは、わざわざの、教えるの事柄に非ずの、身を以て、自然に教えるモノと承知してるですが。
イヤイヤ、多くの、若き、ママ様、時折、申されてるです。挨拶の出来る子にと。あのなあと。親が挨拶してたら、自然に身に付くわと。当初は、しかるべくの、促さんならんの時、あるけれどや。
訪問先等々にての、面と向かいの、挨拶するだけが、挨拶に非ずでして。挨拶なるは、日常の、常日頃からの、習慣、習性でして。

イヤイヤ、先様一家に、私め、余程に嫌われてるなと。特段の、何した、何云うたの、覚え無いけれどや。オッとの、つらつら、考えたならばの、無い事も、無いけれどや。
先様、数字間違えたなら、正解、これこれやでと。とは、云うた覚えならあるですが。まさかのソレで哉の。やったとしたなら、既に、7年は経つの、時は金也の、タマタマ小さいなと。口はデカくの、お上手なれどです。
私め、どちかとなればの、明らかなるの間違いならばの、はっきり申すです。年齢上下無関係。先様、下なれどです。


オトトの、そんな話、結構の。
流石に、嫁、現代人やねえ。オッとの、私も同時代に生存してるですが。生存してるが故、会うが出来てるですが。
フォト・フレームも、一発、操作しまして。へえと、感心したです。
イヤ、次男宅に、フォト・フレーム見てへんけどなあと。あったのかなあと。ある無しの、そこまで、キョロキョロして、室内見てませんですが。あれば、一発、分かると思うですが。

使い慣れてるとは云えどの、デジカメの、SDカードもヒョイと、取り出すしと。
私なんか、どこにセットされてるかも、知らんわと。
イヤイヤ、過日、過年、嫁から、デジカメ、もろたですが。殆ど、使てえへんがバレバレのです。
イヤ、嫁が撮してたデジカメのSDカード満タンになったらしく。ならばの、そのもろたデジカメのSDカードを使たらと。デジカメの写真、SDカードに保存してるの程度、承知してるわと。

での、ヒョイと一発、取り出して。へえと。
正直、嫁、メカに強いのやなと。
まあなあ、所謂の文系に非ずの、薬剤師でして。薬学も広くの、理系でして。
とかとかの、この程度の操作、メカに強い、弱いと、云えるか、問題なれどです。全然の知らんのが多いわと。私なら、そもそもがの、バレバレの、使たが、数回での、SDカードを出すも、出さんも、マダ、そこまでの、操作さえ、してませんでして。
にしても、イツにもろたかの、<2010年12月>でして。
<参考=「親父として、爺としての話NO.11」NO.107 閑話休題(6) ノート・パソコンとデジタル・カメラの話>

そんな話も、結構の。イヤ、後刻、話、結合させるですが。
とりあえずの、話、戻すの、化粧箱とするのか、コスメ・ボックスをば、「楽天」のインターネット・ショップで申し込むにしたですが。ども、嫁に貸したのパソコンの日本語入力が上手く出来ませんでして。

ならばと、我が愛機にての、しかるべくの、画面表示させまして。
これかいなあと。嫁に問えば、これやと。ハイ、承知の、申し込むにです。従前、「楽天」でも、インターネットで、注文してるですが。
イヤ、メール・アドレスの登録の話での、念のためと、確認したら、あらへんでねえ。

ならばと、「Yahoo!セーフティアドレス」にて、「amazon」のを削除で、「rakuren」に変更。
イヤ、先日、「amazon」で、買い物致しまして。インターネットで、買い物する度、その先様のに、登録し直してまして。結果、ショップ用のは、「amazon」になったり、「rakuten」にしたり。
断じての、迷惑メール遮断、阻止のためでして。

即の、「rakuren」用メール・アドレス作成、登録のです。
登録したら、注文の品、これでええなあ。ハイの、デハと、ポチっと、プッシュの。次ぎえの、次ぎにと。押し進めまして。
ンの、嫁曰くの、発送方法、梱包にての、「ギフト」なるのがある故、それをと。ンの、よお、見てるなと。ほんまやでの、こっちは、精算方法、その他、諸々の間違いないやろなの、全部見てるツモリが、梱包方法指定まで、見てへんわと。

そ云うたら、ギフト故の、当人、嫁のご希望通りの、「ギフト」をポチっと、マーキング致しまして。
精算方法なるは、コンビニの、「セブン・イレブン」が楽でねえ。最寄りの駅、並河駅のソバにあってねえ。レジの姉ちゃんには、しかるべくの、メモ見せたら、やってくれるですが。「セブン・イレブン」以外、自分で、端末とするのか、操作致しましての、30分以内に、レジで、精算せよと。

まあなあ、コンビニ内での操作故、レジまで、30分も掛からんけれどや。
自分で操作は、自信無く。数字の羅列故の。そもそもが、端末画面、見た事も、触った事もあらへんわと。それよりは、レジの姉ちゃんに、メモ提示で、ハイと、一発、チョイチョイの方が、間違い無く、早いわと。

そんな事で、嫁と2人、ノート・パソコンを覗き乍らです。
要は、ギフト故、精算こっち。モノは、嫁での、配送先住所、氏名、等々、アンタが入力して頂戴なと。私なら、自慢や無いの、住所まで、覚えてませんでして。

斯くしての、何箇月掛かったかの、モノ決定での、決めるに良い時期でもありの。ソラなあ、当日、11月10日でありの。嫁の誕生日、11月18日でして。
最早の後、一週間しか無くなってまして。
当然の、コンビニ決済故、「セブン・イレブン」にて、精算せねば、配送手配されませんでして。今日云うて、明日着も出来ませんでして。
注文決定の、ホと安堵。
(13/11/14)


NO.1380 中学3年同級生の訃報の話(1)

小学生時代からの同級生。
ヤス子さんから、中学3年の同窓生の、「女の子」が他界の連絡受理。
オッとの、この歳で、この年齢で、「女の子」なる表現、異は承知してるですが。そらなあ、隣の奥様、同い歳なれどの、「女の子」とは、申しませんし、思てもいませんです。ならばの、どんな具合にとなればの、「奥様」でして。「女の人」でして。

「芋煮会」には、3人の、「女の子」が、参加してるですが。ボチボチの、還暦の歳でして。されどの、私にしたら、「女の子」でして。
理由簡単の、同窓生は、その当時から、承知してまして。「芋煮会」なら、入社当時から。あるいは、その辺りから、見知ってまして。実際には、業務に直接の関係してへんですが。同じ部署であったり、立ち寄り先に居てたりでして。

ヤス子さんなら、小学校、6年間、一緒のクラス。中学3年で、又、一緒のクラス。云い出せば、高校3年生で、又々、一緒のクラスでの。小学校から、高校まで、一緒でして。
お母さんまでが、同じ歳。

での、他界したのは、中学3年の同級生としてるですが。当時、殆ど喋った事も無く。卒業して、同窓会では、会おてるですが。矢っ張り、喋った事が無く。
イヤ、同級生故、全くと、までは、云えませんですが。
時を経て、同じくの、中学3年で、同級生になったの、ヨウ子さんの演劇を鑑賞とするのか、「京都府立文化芸術会館」に出向いたの際、同席致しまして。或る意味、初めて、記憶に残るの雑談したですが。それが、イツの話やなの。2002年でして。その間には、同窓会も開催してるですが。その間の同窓会には、来てへんなあと。
イヤイヤ、来てたか、欠席かの、記憶に無く。
<参考=「単なる雑談NO.15NO.16NO.17NO.18」コンビニ・ダンス・ストア>

オトトの、での、別途の、同級生、キョウ子さんから、ヤス子さんに連絡あったらしく。カズエさんが、亡くなったと。心臓発作らしく。ご主人が、風呂から、ナカナカに出て来いひんなあと、様子見したら、そんな事になってたと。

ここで又、キョウ子さんなるは、小学生時代から、一緒でして。且つは、同じの町内会の、喜吉荒神町。云うたら、家は同じの並びでして。5軒先であったの哉の。矢っ張り、中学3年生が同じクラスで、高校も一緒。高校では、同じのクラスに成ってませんですが。

とかとかの、細かいの話は、この程度で収めまして。
昨日<13日>に死亡で、明日<15日>お通夜で、明後日<16日>が、葬式ですて。どするやと。ヤス子さんが、私にですが。
どするねえ。困ったねえと。本来、通夜か、葬式<告別式>には、行けるなら、行った方がと、思うですが。場所が、城陽<じょうよう>ですて。まあなあ、当人、カズエさんの住み処が、城陽でして。
亀岡から、城陽となれば、相応に遠いですが。

それ以前の、我が母がです。本日<14日>、ショート・スティ先、「けやき」から、戻りましてねえ。
戻ったが、朝11時でして。朝11時と、カズエさんの葬儀とは、関係無いけれどや。早速にも、本日より、寝ずと、までは、申さんのオシッコ番、開始でして。
出来れば、葬式に、出られるなら、出てやりたいけれどや。これが、又、16日となればの、土曜日でして。ディ・サービスの日でして。母を送り出すは、私が出来ても、13時の告別式に間に合い、1時間、参列で、見送りまで、居たら、14時半には、なってねえ。母、ディ・サービスの帰って来るの時間には、間に合わんわと。
ならばの、母のディ・サービスを止めるにするの手もあるですが。
イヤ、嫁はんでは、母を抱えて、玄関に座らせるも、持ち上げ、車椅子に乗せるも出来ませんでして。そらなあ、やろと思えば、出来るですが。失敗が許されませんでして。

正直、私でも、辛いけれどや。慣れて来てまして。その慣れ、要領が、重要でして。
慣れてえへんかってみい。母、只でさえ、怖がっての、ガチガチでして。余計に重とおなってねえ。手摺りをガチリと握られてみい。嫁はんでは、保たんわと。保たんからと、抱えた母を、離す訳にでもでして。

ならばの、どするやの、まあ云うたら、そこまで、無理するの仲では無くの、別途の案あるです。
連絡受理したの限りは、状況許せば、参列してやりたいけれどの、気持ちや、気持ちの世界でして。しかるべくの、賑わしにでも、電報打電してやろかと。香典なり、線香発送の手もあるですが。お返し考えて戴く、処理も、手間でして。
電報なら、そんな事、不要の、気持ちだけは伝わるやろと。

にしても、葬祭場に電話でもして、そこに間違い無いかを、確認とかんとと。
イヤ、探索、検索したなら、JR城陽駅の近くに、二箇所あってねえ。セレマでと、聞いたは、聞いたですが。念のためです。
そらなあ、間違おて、違うの葬祭場に電報打電してみい。受け取った方が、困らはるわと。電報も、空砲に成りまして。

斯くしての、中学3年の同窓生となればの、最早の何人他界かと。48名のクラスで、此度の、カズエさんを加えの、男女2名ずつの、4名に相成るです。但し、判明してるの場合でして。
既に、宛先不明のが、半数以上での話。
での、一番早かったは、男で、30代であった哉と。優秀なるのヤツでして。高校も一緒でして。ヤツは、阪大卆でして。家には、玄関先なれどの、一度だけ訪問したの哉の。松原通りに家があったですが。

まあなあ、同窓生にしても、親しさの度合いあってねえ。
無理してでも、参列すべき。したいのも、居てるですし。そこまでは、のも、居てまして。
どちにしても、同窓生、同級生の訃報は、ども、気分、沈むです。早いのは、遠の昔の、若くして、行ってるですが。還暦での訃報は、マダ、早いと云えば、早いけれどの、ボチボチの、摩耗故障段階に突入哉の年代でして。
ここから先、次々と、その手の報入るの哉の、嫌やなあと。


でででの、そんな次第の、若干の話戻しまして。
先の通りの、本日<14日>より、母、ショート・スティ先、「けやき」から、戻りまして。それも、通例なら、16時頃なれどの。此度、朝、11時でねえ。その約束とするのか、予定で、行ってるですが。ここから、22日の朝、9時までが、我が家で過ごすに成るです。その間、月水土曜日なるは、ディ・サービスでして。22日<金曜日>から、29日<金曜日>まで、「けやき」にお世話に成るになってるですが。

さての、「ふないの里」には、12月から、来年3月一杯まで、入所の申し込みだけはしてるですが。決まれば、ええのになあと。
ほんまやでの。高齢者には、寒暖の差の激しいのは、どもならんわと。
寒暖の差は、むしろの、朝晩、昼間の差が大きくて。夜の、朝の、オシッコなんか、気を使うわと。寝床、ベッドでなら、マダ、マシなれどの、ベッドから、起きてみい。寒いわと。
よって、ガス・ストーブをその時だけでも、点けてやるにしてるですが。まだ、11月やしなの、その時、点けたってなあ。車椅子に乗せて、オシッコさせて、ベッドに寝かすの間では、室内、暖<あ>ったこも、成っても、知れてるわと。
(13/11/15)



inserted by FC2 system