シバケンの天国
応援団NO.1


「シバケンの天国」の応援有り難う御座います。
感謝感激雨霰の気持ちを込め、ここに掲載し、シバケンの励みとさせて戴きます。
尚、個人的な内容を含み過ぎるもの等は割愛し、公開可能なメールに限定しております。


<西海のおっちゃん>さん
私、48歳となった、昨年(平成13年9月)初めてパソコンを触りまして、以来、悪戦苦闘しております。ここを知ったのはつい最近で、単なる偶然です。
まだ、「実録ハイテク物語」を少し読ましていただいたぐらいですが、その深さに感じ入っております。
今日は、「クルマのハナシ」を少し読ましていただいております。これからは、他のコーナーも読ましていただこうと思っております。
これからも、ますますのご活躍を期待しております。
(02/09/12)


<Water>さん
始めまして、貴サイトを影ながら応援している者の一人です。
「シバケンの天国」と出会いましたのは昨年12月頃で、すぐ虜になってしまいました。
柴田様の「お話し」は膨大な量でしたが総て拝読させていただいております。
特に印象に残っておりますのは、「実録ハイテク物語」です。当時の時代が偲ばされます。
最近はPCを立ち上げた時にはどんなに夜遅くとも締め括りとして更新内容を確認しないと落ち着きません。京弁も大分慣れてしまいました。
18歳の頃京都にあこがれ無銭旅行したことがありますが、特に縁があるのはそれ以来で不思議なものです。
今後とも影ながら応援致します。お体を大切になさって下さい。では、失礼いたします。
(02/09/12)


<真理子>さん
シバケンさんのいくつかのコンテンツを読ませて頂きました。
私が特に興味をひいたのは、占いのお話と、お祖母様のお話、お年寄りのお話です。
私も2、3年前から仕事を辞めたいと悩んでおり、占いで見ていただきたいと考えているからです。
随分前に友人が信じるに足る占いをして頂いたという方を、去年、思い出して尋ねてみましたが、既に場所が変わっておりお会いできず、会えない、ということは、現状を変えては行けないのかと解釈し、1年ほど我慢しましたがそろそろ限界。やめようという決意は堅いですが、家族の反対もあり、まだ闇の中です。
お祖母様、そしてお年寄りのお話は、うんうんと納得しながら読ませて頂きました。
「年寄りでなくとも家族が寝た切りになられたら困るのですが、寝た切りでなく、シャキシャキした老人でも困ることがありますし、痴呆で徘徊されたても困るよなあ。」
大爆笑してしまいました。まさしくその通りですね。
それ以上の言葉がみつかりません。元気が一番なのですが・・・。
私にも母代わりだった92になる祖母を10年ほど前に亡くし、大往生とはいえ祖母の心ゆくまでの世話が出来なかっただろうことを残念に思っております。
「我が母の云うこと為すこと非常識でありまして、親でなく、年輩者でもなければどついたろかと思う程に腹の立つこと度々ですが、其れでも佳いことであると思てます。」
私もケリいれたろかと思うこともしばしば。私の父は今年77歳になりますが、元気過ぎて私は幸せです(爆)
2年ほど前に呆け防止もあってパソコンを購入し、父に教えました。短気で物忘れの激しい人に一通り教えるのには本当に苦労しました。始めはダブルクリックもできませんでしたから…。
何かあるとすぐに仕事場にも電話をかけて来ますし、一番にみてあげないと怒りますし。
でもこちらもスパルタで教えたこともあり、低レベルながらも今ではメールもインターネットも使いこなし、株価速報なども一番に取り入れて、嬉々としています。
たまにそんな姿を見て「元気でなにより、憂うことのない現実を喜ぶべき」と思ったりもしますが、いえいえ、それは気の迷いで、すぐにケリいれたくなります。
PCがフリーズするのも、上手く起動しないのも、すべて私のせいにして、お前が悪い、早く直せ、と。。。
次は携帯を持ってメールとi-modeを使いこなしたいそうで、でも教えることを考えると私はちょっと頭が痛く気おくれしていますが、呆け防止のためにも持たせるべきか…などと悩むこの頃です。
愚痴になってしまいましたね。どうぞ読み捨ててくださいませ。
コンテンツにある膨大な量の読み物は、少しずつ読ませてください。
私の父にも「シバケンの天国」があることを教えたいと思います。多分、日がな一日、隅から隅まで読むと思います。
季節柄、日中と夜半では温度差が激しいこの頃です。どうぞお身体、ご自愛くださいませ。
(02/08/25)


<玄武>さん
シバケン様おひさしぶりです。
空き時間を全て投入し、全コーナーを拝読終了いたしました。
それぞれの文章の、面白さは勿論ですが、特に政治経済や憂国では、その時々の時事の積み上げを拝読しながら、刻々と現在へ近づく時間の流れを堪能いたしました。
シバケン様の予想に沿って、歴史が展開される場面に立会い、鳥肌の立つ思いです。
これからは、最新の物しか読めないかと思うと、少し寂しくもあります。
間もなくミリオンセラーを達成されますが、更なる飛躍を心よりお祈りいたします。
(02/06/14)


<Habit>さん
シバケン様のページを有難く読ませて戴いております。
ただ、お間違えではありませんが、読めないか理解できない語彙が少なからずございますので、必ずBookShelf Basic等の辞書も一緒に起動させて解釈に努めております。
感動したコーナーは多々あります。例えば、ウィルスの話、車の話、リストラの話…です。
そのうち、リストラの話は、私の年代からみていつお告げがくるか絶えず不安な心を持っております。触らぬ神に祟りなしと申しますので今回は触れないことにします。
私の容量の都合上、今回は、ウィルスの話だけに絞って体験談をお話し致します。お聞きになりたくなくとも少々我慢して頂ければ幸甚です。
本年小正月も空けない頃、ウィルスに二度侵入されました。一度目は、気が付いたときは既に遅く、My Documents−Windows−System等の主要ホルダーの中を覗くと、もう嫌になりました。二度目は、Cookiesの中で、親に貰った大切な名前を勝手に書替えられて怒り心頭に達しました。
そこで何とか尻尾を捕まえようと悪戦苦闘を三日続けたところ、民謡が鳴り出しました。
『♪♪はあ 春のはじめに この 家旦那様さ 七福神がおともして…私の国はなあ〜出雲の国の…』
とまぁ〜。これは、『♪南部俵積唄』でして、北の隣国岩手県の民謡です。
一方、出雲の国とは、遠く離れた西南国の島根県のはずです。疑心暗鬼にかかり、北の岩手県と、西南の島根県に暗躍生息している悪意に満ちたウィルスに攻撃されたと悟りました。
これって、サッカーで言うところの『オフサイド』に当たりませんか?
その後、度重なるリカバリーやインストールやその他で三日間殆ど不眠不休したためか、何処に居ても『♪南部俵積唄』が連続して耳に入ってきました。
細君に問い質したところ『何にも聞こえないょ~~』といわれました。其処で私は『幻聴』になったと悟りました。
廻りの人たちのおかげで、一日程で回復しましたが、その後は、過剰と言えるほど『ウィルス』に過敏になっております。
幻聴やノイローゼになった苦しみを考えますと、シバケン様の『耳鳴り』の症状乃至苦悶も他人事とは到底思えなく、ご回復を心よりお祈り申し上げます。
私のちょっと諸先輩方は学生運動の花盛りでして、角棒を振り回したり、砂利を投げて学生や建造物を損傷させたり、キャンパスをペンキで模様替えしたりする等、暴れて元気盛んでした。こういう人たちの中で、将来教育系の世界で偉くなっている人たちが少なからずいるということを聞いております(幻聴ではありません)。
一体何を言いたいのかねぇ~と言われれば、私はこうお答え致します。
「善意の人やコンピュータに対して、心身的乃至知的/財産的危害を与える悪意のウィルスプログラマー共よ、もしも、トレンドマイクロやシマンテック、或いは大手団体向けのインターネットセキュリティ会社等へ入ろうとしたら、出雲の国の大福神様、南部の国の旦那様方や七福神様が決してお許しにはなられないぞぉ!!」。
お疲れ様です。これからもご活躍を祈願しております。
(02/06/09)


<koji>さん
シバケンさま、はじめまして。私は、東京在住のギリギリ20代のkojiと申します。
はじめてこのホームページを発見したのは、2001年12月くらいでした。
とはいっても、あまりにも膨大なホームページなので10%ぐらいしか読めていません。
クルマの話では、運転マナーはどこからが良い、悪いの判断がつきかねます。
マナーの良い悪いは別にしても、関東関西の壁は無く同じ輩がいるという事を実感しました。
私が運転をしていて気になるのは、前の車が左折する際に左折指示器を出した後に減速しながら、右に車を寄せるドライバーが多いいということです。
左折するのであれば、指示器を出すのは当たり前ですが、その後減速をすると、すぐ後ろの私の車も減速をして車間が狭くなります。
そこで左折する車が、右に車を寄せると左折車のサイドミラーに映るのは、私の車であり・・・
後方の何を確認するの?という状態になります。
しかも、車の左側を走って来るバイクには、左折する車の指示器は、不本意ながら私の車が隠している為見えません。
何度か巻き込みそうになっているのは見ていますが、事故になっていないのが幸いです。
リムジンを運転している訳でもないので左折前右より運転などしなくても良い筈なのですが・・・。
こういうドライバーは、恐らくマナーが良いと思っているに違いありません。
マナーは良いけど無謀運転者。
自分もこうならないように気を付けております。
はじめは、応援のメッセージを書くつもりでしたが、気付けばアリャリャな文章になってしまいました。
シバケンの天国というHPの管理は大変だと思いますが、これからも、お体に気を付けながら、辛口で表現の面白い文章があるHPを続けていってください。
(02/05/30)


<玄武>さん
柴田様こんにちは。
膨大な文字の海に迷い込み、圧倒される日々が続いております。
ほんの小部屋を覗いただけですが、全室探索をめざしております。
一桁増えたカウンタの、最上位が変わった時に、いの一番でお祝いに駆けつけますので、その時点で勝手ファンの片隅に加えてやってください。
魔界列伝、リストラのハナシ、クルマのハナシ、不可思議の世界に続き、此処だけの話、そのトキの話題、財テク失敗談、耳鳴りのハナシまで読破致しました。(短い順にやってます、大作はマダマダ)
実は、私も電気屋です。
大学は電気通信大学(東京)(ちなみに正式名称では東京はつきません)中退です。
中退後、電子部品屋で働いていたことがありまして、東洋電具のトランジスタやダイオードなどを売っていたことがあります。
とりあえず、存在の自己申告でございます。駄文ご容赦。
(02/05/30)


<百之進>さん
東北の日差しも徐々に強くなり田植え後の温泉が話題になる季節になりました。
初めてお便りします、当方3月にたまたま貴ホームページに出会いました。
始めはあちこち画面で読んでコピーして一太郎に張り付け印刷していましたが4月に入ってからは地球環境とか省資源問題とか言っていられなくなりコピー用紙を買い込みまるごと印刷して読んでいます。
子供とスキー場に出かけても50台半ばの私は1日滑るパワーもなくなり昼食後は車の中で昼寝と貴ホームページの読書で過ごすのも楽しみになりました。
現在1000ページほどタックシールを付けながら読んでいる途上です。
同世代で共有できる文章は家内共々笑いながら又共感しながら楽しんでいます。
ご活躍を心から応援しています。
(02/05/27)


<YOSIDA>さん
初めまして。いつも拝見させていただいております。
世相やぼやき関係も共感をもって読ませていただいております。
私は神戸ですが、何かにつけて身近に感じます。
ここ2〜3ヶ月、循環的な要素やPKOで間違って株高などになっておりますが、いつまで持つことやら。
本当は、日本人として円を守らないといけないとは思いますが、愛想が尽き果てました。このまま心中するのはたまりません。
小泉さんは、他に誰もいないから、一応支持してきました。でも半年くらいしておかしくなり、今年に入ってからはもう惨めの一言です。
外務省がひどい役所だとは前々から聞いていましたが、これほどひどいとは。連中は、日本人や本当に困っている難民を守らないで、一体誰を守っているのでしょうか。
実は、今年はじめから日本に見切りをつけて、たいした財産ではありませんが、ドルや金に換え始めています。
今の株高、円高のうちに、もう少し円を減らし、外貨や金を増やそうと思っています。最悪の場合、銀行預金も郵便貯金も国債もどうなるか分かりません。
それにデフレ防止なんて言っていますが、デフレどころかまもなくハイパーインフレが来そうな感じで、そうなったら現金で持っていても紙切れになってしまいます。
私もぼちぼち定年を迎えます。あと10年もしないうちに最悪の状態になるかなと思っています。そのとき、収入も財産も若さもなし、でどうしたらよいのやろうと暗い気持ちになります。
ほんまに、ここ1ヶ月のみずほと瀋陽事件にはあきれました。
よくこれで国家がつぶれずに持っているなと思います。バブル以来ずっと、「もうあかん、もうあかん」と言われ続けて来ましたが、いよいよほんまにあかんと思います。
今年中にも、株と円ががたがたに崩れると思います。もうIT企業の業績がどうとか、半導体や液晶の値段がどうとか、流通産業のなんたらがどうとか、円高か円安か、とかそんな細かい分析は一切関係ありません。国の土台が音を立てて崩れつつあります。
産業界の馬鹿が、中国に生産を移すとか言っています。それが製造業再生の切り札やと思っているそうです。私は前々から中国に工場など作ったら絶対にあかんと思ってきました。第一あそこは法治国家ではありません。それに、日本は脅したらどうにでもなると見抜いていますから、日本が投資したものをごそっと横取りしようと手ぐすね引いています。そんなこと見え見えです。こんなことしていたら、いよいよ製造業も終わりです。製造業は、おそらく石原知事の言うように、中国以外のアジア諸国と連合して、お互い助け合いながら、分散型の基地を作っていくしかないと思います。今まで見たいに、アジア諸国を利用して金儲けばかりたくらんでいたらだめです。
まことに駄文を申し訳ありません。世相のあまりの憂鬱さについ愚痴を長々とこぼしてしまいました。
(02/05/16)


<X子>さん
始めまして。
ちょくちょく訪れさせていただいてます。
シバケンさんと同世代の者で北海道に住んでます。
出身は関西方面ですけど、人口7000人以下の市街から、8K先の山の中の田舎に住んでます。
独り暮しの70歳後半の腰の曲がったおばあちゃんのことです。
真冬のマイナス10度位ある日中、木の枝を杖にして、風呂敷を背負い、ほっかぶりして、ツルツルの道を8K先の郵便局まで用足しに小さな峠道をゆっくりと歩いています。
通り掛かった時に車に同乗を勧めましたけど、頑なに乗りません。
映画の八つ墓村だったかに出てくるような、まだこんな日本があるんです。
電動車なんてまったく無縁ですねえ。
(02/03/24)


<ODA-NGOO(王?)>さん
シバケンの天国、拝見させて頂きました。すばらしいの一言です。
驚愕の瞬間はもう形容できない、描写力にタダタダ感心致しました。
魔界列伝のキチガイにパソコン、掲示板での応酬の内容は、言葉のちょっとした行き違いから、生じた様に感じ取れました。
リストラのハナシ、実録ハイテク物語、JR嵯峨嵐山駅、パソコンあれこれ、不可思議の世界、単なる雑談、憂国、そのトキの話題は全て、悲しく、楽しく、色々な思いを抱きながら、読ませて頂きました。(AccessUP秘伝、財テク失敗談この話題は読ませて頂いている途中です。)
すばらしい、シバケンの天国を引き続き、読ませて頂きたいと思います。
ご健勝で、「現代、平成の徒然草」を続けていかれるという、ご活躍をされることを陰ながら、念じています。
(02/03/06)


<セレナ>さん
はじめまして。毎日HPを楽しく読ませていただいています。
私はシバケン様のHPを見つけてから半年ぐらいたちます。
内容については全部はまだ見切れていませんが、パソコンあれこれ、くるまのはなし、リストラのハナシ等を読ませて頂きました。
内容はとても面白く、時間がたつのを忘れてずっと読んでいました。
私は会社でHPを拝見させていただいていますが、自分のPCではインターネットが出来ないので、Wordにコピー/保存をして読ませて頂いています。
最初に見つけた由来は検索をしていたときにシバケン様のHPを見つけました。今では、このページの存在を知り大変うれしく思っています。
前置きが長くなりましたが、表題の単なる雑談についてです。
最新のNO.15についてですが、目次はいつもどおりだと思われますが、内容については、上が古いもの下が新しいものの順になっており、他のページとは違う作りになっています。
これには意味があるのでしょうか?
素朴な疑問で申し訳ありません。
これからもHPの発展を願っています。乱文失礼いたします。
(02/03/05)

<シバケン>
色んなご意見を戴いてまして、読み易くするため少しづつ修正しています。


<MOHENJO>さん
昭和22年ですか!1月ですから学年(古い表現)では私が1つ後輩ですが、同年生まれで無性に嬉しいです。
当方、某三流私大工学部中退で何故か財務、経理を20数年携わってきた者です。企業という金屏風を後ろ盾に傲慢な態度で接する(全ての人でない)輩と対峙して、もうすっかり辟易としていました。
経理、総務、人事等は全て齧った積りですが麻雀、パチンコは15年程前に止め、浴びる程飲んでいた酒もこの所、御無沙汰で、若い頃からの嗜好で音楽(Jazz)にのみ時間を費やす慎ましやかで無味乾燥な毎日でした。
ファミコンは14、5年前に子供と戯れてよくやりましたが、パソコンはごく最近からの超素人です。
ネット上で色々なサイトにお目にかかりましたが貴掲載文での斬新なコメントには、ベンチャラ(解りますか?)では無しに、ただ心ときめかしています。
不景気でうっとおしい毎日に、つい昔のヤケ酒生活に戻りそうでしたが、思わぬ助け船に出会った感じです。
今後も是非末永く頑張って下さい。陰ながら応援しています。
(02/01/05)


<olfa>さん
M社のISO物語を拝見いたしました。
文書をただ作ればよいのではなくて、他の文書や現実の作業に合わせて、作成していくようですね。
ウチの会社も、来年はISOの品質保証を取得します。(常駐先1ヵ所と本社だけです)
過去の経験をたよりにしている方々が多いなか、うまく文書に表すことができるか興味のある所です。
ボイラーマンは、あまり字を書きたがらないものなのだと職場の先輩(66歳)が言っていたのを思い出します。
今は、実録ハイテク物語を拝見しています。
パーツ屋で買う抵抗器も、メーカーの皆さんが色々と苦労された結果と考えるとパーツを見る目も変わってきました。
何の気もなしにパーツを見ていて、すみません。
(01/12/19)


<やまだ>さん
私は大阪に住むやまだと言う者です。年齢43歳柴田さまとは10歳違いです。
今日たまたまGOOでHPを検索していましたところ、柴田さまのHPに行き着いたわけです。(検索名は:耳鳴り)
そうなのです、私も半月くらい前からかすかに耳鳴りがし、最近では少し聞こえにくくなってきました。
もちろん医者へは行きましたが、柴田さまと同様の薬を処方され現在も飲んでいますが・・・あまり改善されません。
HPの色々な格闘(?)を拝見しましたが、気長に付き合って行くしかないのと、脳の障害だろうかとか色々考えてしまうんですねえ。
では突然失礼いたしました。

PS.シゲハンの天国 HPの感想ですが、この文章量たるやすごいものですね。
つくづく文才の有る方が羨ましいです。
ローム=東洋電具・・・そうやったそうやった。
(01/12/08)


<Jun>さん
ところで「シバケンの天国」、最近最大のヒットは、例のシモの話です。
「便器に手を突っ込んで〜」の下りは自分にも経験があり、シバケンさん独特の言い回しとあいまって、思わず吹き出してしまいました。(ご本人にとっては笑い事ではないのでしょうが。)
あの、固めの物体を握りつぶす時の、五指の間に感じる何とも言えない感触は、経験したものにしか解りませんよね。(詰まった便器に汚水がみるみる溜まっていく時の戦慄と、ついに場外にあふれ行く様を呆然と見るめるしかない、無力感とむなしさも。)
私も一時期、体調を崩し、消化システムと、自分自身の戸締りの機能に重大なエラーが発生して、薬局に駆け込んだことがあります。(椅子に座れないのはホント、仕事になりませんよね。)
薬剤師さんに勧められた「ボラギノールA軟膏」は、痛みにはよく効きました。(おすすめです。)

感想がいきなりシモの話では、無礼に対するフォローになっていないですよね。
モチロン、「政治、経済、云いたい放題」など、他の内容も読ませていただき、過渡期に入った日本社会を考えるうえでも、いろいろ参考にさせていただいています。
中身のないJAVAなホームページが多い中で、”ヒレとロースの2種類のメニューしか置かない、素材勝負のとんかつ屋”のような、内容の濃さを感じます。(ワケの解らないたとえですみません。)

私は、国際化とは、迎合することではなく、自国のビジョンと信念を明確に示した上で、共存が可能な最大公約数を探すことだと思っています。(そんなことできるのか?という悲観的な意見も持っていますが。)
お二人にとっては「釈迦に説法」だとは思うのですが、昨今、「子供には世界に通用する人間になって欲しい。」と言って、国籍だけをとるために、ハワイでお産をしたり、「英語を覚えたい。」という理由で留学する中身の無いバカが増えていますよね。
このような嘆かわしい勘違いを個人的には憂慮しています。
優れた国際人として敬意を集めるのは、”優れた日本人”ですし、留学は語学を覚えるためにするのではなく、「学びたい分野がそこにあるから」という理由で行うのが本来のあるべき姿だと思います。(西洋の文化を肌で感じたり、多少は度胸がつく、という効果はあると思いますが。)
語学自体は国内で勉強し準備してから、が常識で、たとえばアメリカの大学では、英語は出来て当たり前、州立大学クラスでも、正式入学には、最低限TOEFL550点以上が必要です。このレベルでも始めは授業についていくだけでもキツいはずです。(ここでドロップアウトしてしまい、ドラッグ中毒になって帰国する日本人のなんと多いことか。)
幸い私は英語にはあまり不自由しないのですが、国内では、どこへ行っても「英語が話せる=仕事が出来る」と勘違いされます。(過去の海外赴任もそんなレベルで決定されたようです。あーさみしっ。)
確かに、世界の60%が英語圏(または英語が通じる地域)なのは、動かしようの無い既成事実ですので、仕事にしても、文化芸術にしても、世界に向かって何かを主張したい場合、英語が話せない日本人には大きなハンディキャップがあると思います。
(優れたマック用のアプリケーションソフトがあるといくら叫んでみても、ウィンドウズでは使えませんからね。)
しかし、いくら英語が話せても、話す中身が無ければ意味がありません。(「とりあえず、ITの時代らしいので、やりたいこともないのにVAIOノートを買う。」、というのと同じですよね。)

私は日本人であることに誇りを持ちたいと思っています。もちろんそれを主張するための英語力(プロトコル)は持っていた方が得だとは思いますが、必須ではないと思っています。(向こうのの土俵で勝負するなら話は別ですが。)
英語が出来るはずも無い時代の日本の「武士道」が、いまだに西洋人の尊敬を集めているのを見ても、言葉は道具に過ぎないということは、明らかですよね。

話は飛びますが、最近のADSLなどの常時接続ブームにしても、「ブロードバンドが速くていいらしい。」と聞いては飛びついて、セキュリティーには無頓着な人が多すぎませんか。
Cドライブを共有して丸裸、重要なポートも開けっ放しで、常時踏み台状態の人。
自分の身の防御にはやたら敏感で、ちょっと知恵がついて自分がウィルスを発見したり、単なるポートスキャンを見つけたりすると、鬼の首でもとったかのように大騒ぎするくせに、実は自分もウィルスをバラ撒いている人。
「ウィルス送ってすいません。」というお詫びのメールで、再度ウィルスを送ってくる、笑うに笑えない人。
NTTだけを責められないような気がして、何だか、寂しさを感じてしまいます。

若僧の身で生意気なことを言いました。
体調のご回復と健康な年末年始をお過ごししになられます事をお祈りし、結びといたします。
それでは、失礼いたします。
(01/12/07)


<信者111>さん
シバケン様、はじめまして。
突然のメールで失礼します。
初雪や、初氷の便りが聞かれる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、大阪府堺市に在住する、昭和32年1月11日生まれ(ナンと、私とオナジ誕生日で、十歳違いです。by シバケン)の信者111と申します。
11月の上旬に、「シバケンの天国」にたどり着きました。

私にも、中学2年女子と、小学6年生男子2人の子供がおり、躾や教育について考えさせられるときが、多々あります。
シバケン様のHPの中には、大変参考になる言葉が多くPCの前で唸ってしまいます。
また、「単なる雑談」では、香川県出身ですので、帰省の話など懐かしく読ませていただいております。
これからも、お体に気を付けられまして、HPの管理頑張って下さい。
乱文、お許しください。ありがとうございました。
(01/11/27)


<きよひこ>さん
シバケンさん。
「実録ハイテク物語」は読み進めていくうちに、転職前に10年間務めていた通信機メーカー(工場です)のことを急に思い出しました。
もう何年も思い出したこともないのに、当時のことがいろいろと蘇ってきます。
もちろん、シバケンさんと比べられるようなものではありませんが、組み立て途中で行う機能試験用の冶具の設計・製作とか、下請け工場への技術指導とか、営業所に長期出張して修理してまわったこと、親切な先輩や同期入社のヤツのことなどなど。
もし、辞めなければどうなっていたかな、なんて今さらしょうがないことも考えたりして。
ほかのページも同様に読み進めておりまして、いつもページの更新を楽しみにしています。
これからも応援いたします。
(01/11/05)


<matyan>さん
お久しぶりです、シバケン様。
その後HP制作に没頭し、前のようにPCの勉強もしなくなりました。
HPを持ってみて初めて「シバケン様は凄い!」と思い知らされた次第です。
これだけのアクセス数と、日々の更新、レスポンスの早さ、は「異常」ではないですか?
これは決してけなしている訳では有りません。もう「尊敬」を通り越してしまいます。
それで「シバケンの天国」の「フォームに書いてある注意事項」の事ですが、その「自称大フアン」の方の「考えている事」が理解出来ません。
シバケン様のおっしゃる通り、「シバケンの天国」は「シバケン様」の物です。
私もシバケンの大フアンですが、もしこの先「シバケンの天国」が大脱線でもして「エロサイト」に成る事が有ったとしても、それはあくまで「シバケン様」がそうしたと言うだけの事です。
ただフアンを辞めるだけで「元に戻せ」と言う事は他人がとやかく言う事ではないでしょう。
ちょっと冷たいかもしれませんが、私たちは「シバケンの天国」を見る事で「シバケン様」や「大魔神様」を頭に描いているんです。
それが自分の理想から外れたからと言って、芸能人でもないんですから「ああしろ、こうしろ」「私はフアンだから」
と何故言えるんでしょう?
私のHPはまだアクセスなんて殆ど有りませんが、もしこんな事で意見されたら、「これが私です。お嫌いな方は仕方が有りません」と無視すると思います。
シバケン様は百歩譲って「訂正」したようですが、私はシバケン様が書きたい事を書くのが一番だと思っています。
中々思っている事が文章に出来ないんで、シバケン様に上手く伝わらないかもしれませんが、兎に角今回の件を読んでいて「腹立たしく」思えて仕方が有りませんでした。
「個人のHP」と言う事を根本的に理解出来ていない人ではないんですか?
しかもそれを大魔神様経由で意見するなんて・・・・・・!
もしこんな事がこれからも繰り返し有って、「当り障りの無いシバケンの天国」にでもなったらそれこそガッカリです。
長々しくなってしまいましたが、これからも「シバケン様らしさ」で「シバケンの天国」を続けて下さい。
(01/10/24)


<Chie>さん
私はちょうどAccessUp秘伝を読ませていただいている所です。
個人でこれだけのサイトになるとご苦労も大変なものですね。
普通これだけ文字ばかりのサイトだと、途中で疲れてやめてしまう事が多いのですがシバケン様の文章はサラサラっと読めてしまいます。

まだ、未読部分がたくさんあるのでとても楽しみなんですが、全部読んでしまうとシバケン様のHPの更新にプレッシャーをかけてしまいそうですし、ちょっともったいない気がするので、ペースを落としてゆっくりじっくり読もうかなぁなどとと考えています。
私の愛読書の中に「グイン・サーガ」という長編小説があります。
私が18歳の頃から読み始めているのでもう15年以上、初版からだともっとですね。
本編、外伝あわせると今は100巻位です。
1年でだいたい5冊くらい新刊が出るのですが1冊ずつは買わないで5冊ぐらいたまるまで、我慢します。それでまとめて買った日はとても楽しみで、まだ後4冊ある、まだ残りがあるという感じで一気に読みます。シバケン様のHPもそれと同じ感覚です。

これからも私を含め「シバケンの天国」HPファンのために、お疲れが出ない程度で、更新していただければ幸いです。
今後とも、よろしくお願い致します。
(01/10/21)


<あおおにくん>
お久し振りです。“あおおにくん”です。
ようやく読破しましたので、公言通りメール差し上げました(笑)
(いやぁ、それにしても凄い量でした)
ところで、先にお断りしておきたいことがあります。
僕は、メール等の文章の最後に“。”をつけない主義でした。(これにはちょっとした訳があるんですが)
ところが、シバケンさんのページを拝見していうくちに、『やっぱり、日本語だから、“。”はつけないと読みにくいかな・・』
との考えに至り、今後は少しずつ馴らしながら『マル』をつけていこうかな、と思っている次第です。
とはいえ、まだちょっと馴染んでいないので、もし忘れているような場合はご容赦ください。
ということで、堅苦しい話は以上にします(笑)

さて、シバケンさんのページでダントツに面白かったのは、『M社のISO取得物語』です。
僕自身、こういう概念を構築するのが大好きで、自分の思い描いたものが文章として出来上がっていく様を見ていると、心が躍っているような感じになってきます。
僕が日頃ブツクサ文句を言いながらでも、いまだにプログラマという職業に就いていられるのは、こういう部分が大きいのかもしれませんね(笑)
プログラムを組むのも、基本的に、こんな感じで自分で考え、作り、また効率化を考えて作り直し・・・の繰り返しですから。

それから、『実録ハイテク物語』も、シバケンさんの体験そのものですから当たり前の話なのでしょうが、非常にリアリティー感に溢れていて、今現在最後に記載されている最後の車で帰るシーンなど、ちょっと切なくなってきました・・・男がこんなこと書いてもなんにも麗しくないですが(爆)<失礼
以上の2つは、一応、父親にも強力に薦めました。
何故薦めたかといえば、父親は、町工場の社長だからです。
さらに、昭和21年生まれ(今年で55歳)の生粋の大阪人なので、シバケンさんの話には、いろいろ共感を覚えてくれるんじゃないか、そう思ったからです。
だけど果たして読んでくれているのやら・・・?また確認してみます(笑)

他には、『政治、経済、云いたい放題』のうち、最近になってアップされた分については、特に注意深く読んでいました。
本当に、最近は色々ありましたね・・・。悲しくなってくるくらいに。

アメリカの例の件については、個人的には、報復なんてして欲しくないと思っています。
それよりも、『何故あんな事件が起こってしまったのか』『当事者は、なぜあの事件を起こさざるを得なかったのか』という点を、もっともっとかみ締めて欲しいと思っています。
と、偉そうなことを言っていますが、僕だって自分の身に何かされたらいい気はしませんので、アメリカ国民の心情の万分の一はわかるような気もします。
ですから、こういう状況で重要になってくるのは、当事国以外の国だと思うんです。
今ここにある日本は、今のところ、極端な言い方をすれば第三者です。
僕は、その第三者だからこそ、出来る態度というものがあると思うんです。
例えば出来る限り、これ以上の被害を出さないよう、仲裁役を考えるとアメリカに進言するなり、逆にアメリカへの復旧支援を検討するなり、方法は幾らでもあると思うんです。
もっとも前者はまず無理でしょうが(汗)
ただ、もちろん僕は素人ですから、そんなに素晴らしい方法がおいそれとは見つかりません。
けれども、政治と毎日にらめっこしているような人が真面目に議論すれば、何か光が見えてくるはずだ・・・と信じたかったんですが・・・。

この間、天声人語だったか何かに目を通していると、あるアメリカの小学生が「アラブ人にも人生があるのに」という作文を書いていた、という文章が目にとまりました。
今の状況が進んでいけば、こういう純粋な子供の心をどんどん廃退的にするような気がしてならないですし、下手をすると、アメリカ自体、崩壊してしまうような気さえします。
そうなればもちろん、このままのアメリカのコバンザメ状態では、日本もいわずもがなだと思います。
・・・あまりにも悲観的過ぎるでしょうか?

小泉首相の行動(アメリカ行き)は、そんなことを考えていた折でした。
正直、あまりにも軽いと思いました。
はっきり言ってしまえば、尻軽とでもしておきましょうか(苦笑)<言い過ぎですか?(汗)
先日、とあるたこ焼き屋のおっちゃんと世間話をしていると、『アメリカに行ってる暇があったら、景気をなんとかせぇ!っちゅうねん』とおっしゃってました。
その通りかもしれません。
日本国内でも、経済以外にも、狂牛病問題等、差し迫った問題がいくつも山積していますからね・・・。
ちなみに、そのおっちゃんは、首相のことを『日本の親方』と言っておられました。
大阪風に言わせてもらえれば、
「親方ぁ、たのんまっせぇ〜 しっかりしてくれな困んねんで〜 わかってるかぁ?
あんたにかかってんねんで〜」
という感じでしょうか(笑)<おそまつさまでした。

とまぁ、なんだかんだと、あんまり考えると自分自身が滅入ってしまうような世の中だったんですが・・・。

この間の近鉄・北川選手の『代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン』で、久し振りに興奮しました!!(笑)
これぐらいで明るくなれる僕も、ヒジョーに軽いんですが(爆)
それにしても、いっやぁ〜すごかったですねぇ、あれは!!
あんなことがあるんですねぇ!!!
と思ったら、その次の日だったかその辺りに、今度はオリックス・藤井選手がまたもや『逆転サヨナラ満塁ホームラン』!
同じような日にMLB AtlantaもN.Y.Mets相手に『逆転サヨナラ満塁ホームラン』!
今年は流行ってるんでしょうか?(笑)
こういうのだったら、いくらでも流行ってほしいんですが(爆)<麻痺しちゃいそうだけど。
ここまできたら、野茂のノーヒッターが霞んじゃいそうですね(苦笑)

さて・・・なんだか何時の間にか長〜いメールになってしまいました(汗)
初めて送らせてもらったのに、恐縮です(汗)

と、こんな僕ですが、これからはちょくちょく掲示板に書かせてもらおうかな、とも思っていますので、もしよければ、これからもお付き合いくださいますでしょうか?

それでは、最近朝晩冷えてきましたので、お体の方にも十分お気をつけください。
以上です。
(01/10/01)


<夏目幸明>さん
シバケンの天国を定期的に拝見させて頂くのは、わたしの楽しみのひとつになっております。
その知識の一端を私のようなものにもお見せいただけることに、深く感謝するとともに、ますますのご活躍をお祈りし、筆をおかせていただきます。
(01/09/21)


<puri>さん
政治・経済・放題は、日ごろ、記事は読み、ニュースは聞けど、深くつっこんんで考えていなかっただけに(←いけないですよね。)、とても勉強になります。
クルマのハナシは私(バイク)は横浜なのですが、思うところはどこも同じなのだなと思いました。
煽る人、むやみに急ブレーキかける人、無理な追い越しする人、車間距離、方向指示器・・・などなど。
私は運転している人が大丈夫なら速度は多少早くてもかまわないと思いますが、ただ車というものが人を殺せる凶器であるという事を自覚して運転して欲しいと思っています。(こういう私はゆっくり端を運転する弱気派)
でもやっぱり今まで読んだ中で一番なのが リストラノハナシ です。
いつかは自分にも起こるかもしれない、でも想像できない(したくない)事が書かれ、時々思い出し身をひきしめています。
・・・と、まだここまでしか読んでおりませんが、これから徐々に読んでいくつもりです(^_^)。
(01/09/20) 


<Shiraishi>さん
いつもHP楽しく読ませていただいております。
実は、このようなすばらしいコンテンツを作成されているお方にお礼のメールを差し上げたく、筆(メール?)をとりました。
私(20代後半)はとあるパソコンサポートセンターで勤務している者です。
実は仕事の合間にこっそりと拝読しています。
不良社員です・・・ね。
最後になりましたが、これからもコンテンツの充実とサイトのご繁栄を願っております。

P.S.
シバケン様のコンテンツは読み応えがあり過ぎます。
まだ半分くらいしか読んでいないのですが、がんばって読破してみようと思います。

明日はウィルス(Nimda)で悩まされそうな予感がする前日
(01/09/19)


<Jun>さん
シバケンの天国いつも楽しく拝見しています。
人生の先輩のダシの効いたご意見、勉強になる点が多く、大変興味深いです。
これからも、辛口のサイト運営、期待しています。
それにしても、先日の同時多発テロにはビックリしましたね。
シバケンさんもWebページ上で触れられていましたが、本当に物騒な世の中です。
こういうことを言うと誤解を招くかもしれませんが、今回のテロはある意味でアメリカにとって自業自得ではなかったかと思います。
私は2歳から5歳までフランスで過ごしました。また、仕事でアメリカ・ニューヨークに住んでいたこともあります。
特に私が子供のころは(まだ31才の若僧ですが。)日常の白人文化の中にはまだまだ日本人は少なく、通っていたパリの幼稚園では、アジア人に対する差別(区別ではなく差別)を子供心によく感じたものです。
子供が無意識に人種差別をするということは、親が家庭生活や教育において差別を示唆したり、実際にそうした発言をしている証拠といえます。
日本の英語教科書では、
「ニューヨークは人種のるつぼ”Melting Pot"と呼ばれ、世界中の人々が平等に溶け合い暮らしている。」
と習いましたが、実際に暮らしてみると、白人以外がそう呼ぶように、
「ニューヨークはサラダ・ボウル”Salad Bowl”である。いろんな材料(人種)があるが、ボウルの中のサラダのように決して材料同士が混ざり合うことは無い。」
であるとしみじみ感じました。
実際にオフィス以外では人種(正確には民族)ごとにコミュニティーが確立していて、もちろん例外もありますが、基本的にお互いのコミュニティーに立ち入ることはありません。

アメリカにおける自由や平等の論理は、あくまでWASP(ホワイトアングロサクソン人)の利権を侵さない範囲において認められている感じがします。
民主主義制度や契約社会が発達しているのは、建前として人々にチャンスを与え、権利と責任を明確にする事で、WASP以外の不満を正当化させない目的もあるように思います。
もちろん私は共産主義者ではありませんし、正直言って私の中にもいろいろな差別感情があります。
また、アメリカの民主主義も全体としては論理的にはスジが通っていると思います。
問題はそれがあくまで建前であることで、自国の利権が侵されそうになったとき、彼らは民主主義の防衛の名のもとに武力を行使し、民間人の命も平気で奪っておきながら、自国の権利に関係ないとなると自由と平等はどこへやら、まったく見向きもしなくなる自己中心的な態度です。
アメリカがやってきたことといえば「君のものはぼくのもの、僕のものは僕のもの」という、ドラえもんで言うところのジャイアンのようなものなのではないかと思います。
クリントン政権が行ってきた中東政策においても数々の矛盾があります。
そして困ると”空爆”です。
これでは中東の若者が”ジハード”的な考えに傾倒していくも無理が無いかもしれません。
ある意味ブッシュはクリントンが作った飲み屋のツケをしょいこんでしまったともいえると思います。
アメリカがこれまでのような露骨な差別政策を考え直さない限り、単純な報復攻撃では火種を消すことは出来ないのではないでしょうか。
応援メールのつもりが私の国際政治論をながながと書いてしまいました。
すみません。
長々と駄文を書き綴ってしまいましたが、どうぞご容赦ください。
それでは失礼いたします。
(01/09/18)


<有薗>さん
早速ですが、シバケン様に関しては、財テクから憂国の話題など想像以上に多岐にわたっており、とても一言では言い表せない。
それでは私がとくに関心を抱いた実録ハイテク物語に絞っていこうと文章をまとめ始めたとき、ふと「そう言えば最新のお話を今日はまだ拝見してないな」と思い出しました。

この日見た内容はレントゲン撮影のおはなし。いつもページを拝見するのは仕事から戻ってから、失礼ながらたいていはビールを傾けながらで、あたかもテーブルのむこうににいるシバケン様と語っている図。
なのですが、(やから酔っ払いは嫌いや、たのむからやめてクレと怒られそう。)バリウム入りの黄金を昨日に続いて素手で粉砕「昨日の今日やからもう迷いはナイ」というくだりがほどよい加減の私にはとても可笑しく、出そうとしていたメールは取り敢えず保留してシバケン様のひょうひょうとした飾らない語り口とユーモアの余韻をもう少しの時間だけ頭の中で楽しみたいと思いつつメールした次第です。
シバケン様と大魔神様は一応別人と断わられておりますが、うすうす同じ方なのではと考えていた時期もありましたが、(読者がたくましく想像を膨らますのは読者の勝手であり特権でもあります。ご勘弁ください)落着しました。
前置きが長くてすみません。ここまでお読み頂き恐縮の限りです。

シバケン様がかつて現ローム社で抵抗器の試験を繰り返していたという記事は、業種こそ違え、開発部門で地道な試験をくり返している私にとりましても、なにか勇気付けられる思いです。とくに良質なセラミック加工業者を求めて愛知の半田・常滑にも足を運んだとの事で、同じ地で陶器メーカーで働く私は、ちっぽけな抵抗器にもっと感謝せないかんなと気付いた次第です。また、抵抗の加工工程で指を骨まで半分切断してしまった話はいまでも思い出すと体が凍ってしまいそうです 。

前置きが非常に長くなってしまい、肝心な部分が舌足らずですみません。今後も変わらぬご活躍心より願っています。
大先輩に対し、馴れ馴れしくニックネーム呼ばわりして失礼しました。
(01/09/06)


<榎本>さん
初めまして。
横浜市在住、DTP(Desk Top Publishing)やパソコン(DOS-V & WIN専門)の保守、修理、導入アドバイス、指導などを個人営業で行っているものです。44歳。
検索エンジンで調べ物をしておりましたところ、失礼ながら偶然に貴殿のサイトを拝見しました。なにしろ、膨大なデータ量ですので、まだ、ほんの僅かしか拝見させていただいておりません。少しずつ読み進めていきたいと思っております。

特に「M社のISO物語」はまだ、読み初めのため、どういう展開になるのか分からないのですが、興味深く思いました。私の取引先の会社が現在ISO取得を目指しているのですが、それに集中しすぎで顧客へのサービスが低下しております。
本末転倒というところです。ISOに対し懐疑的になっております。今から形式主義の悪弊が予想されて心配です。

では、貴殿の今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
(01/09/05)


<Natsuko>さん
はじめまして。ホームページ「シバケンの天国」を偶然みつけまして、楽しく読んでます。
わたしは今年31歳になりますが、やっぱり50歳代のひとの文章は計り知れないなぁと感嘆しました。
豊富な知識と経験。私の父も51歳でして、やはり学生運動の先頭に立っていた人間であり、口から出る言葉の質と量が我々とはまったく違うなぁ、と常々思っていたので、そのようなことをぼんやり考えながら読むと余計親しみがわいてくるようです。
そして私が常日頃はっきりとは言葉にできなかった様々な日常への疑問や戒めも、全部とは言えませんがかなり共感をもって読むことができます。

とくに30歳代の人間はバブルの絶頂で、人の話を聞かない、努力する努力をしていない、文章力がない、という件のテキストははっきりいってそう思います。わたしもこの「なぁなぁ」な世代がとてもいやだと思っていました。
だからいつも変わり者扱いされていますが、やっぱりそれでいいみたいですね。

ちなみにわたしもホームページを作っています。といいますか、ウェブデザインとプログラムをパートでやっています。就職は「いろいろ」あってしたことがないですが、やっと好きなことで少額ながらお金がもらえるようになってきましたので、このまま精進しようと思っています。
女性は「いろいろ」やらなければならないことが多いので好きなことばかりやっていくのは難しいですが、がんばっていこうと思います。

シバケンさんもいろいろあると思いますが、お体に気をつけてください。せめて応援のメールをお送りします。
(01/08/19)


<里見>さん
45歳でパソコン始めてこんなホームページを持つなんて偉い!
自己紹介読んで、親近感を感じメールしました。
私も昭和20年代(26年)。酒は缶ビール1つで満足。子供二人。
息子は大学生。体育会硬式テニス部。娘は小学生。娘がインターネットのことで大魔神に相談しました。
釣りは過去に数回で挫折。ビートルズ、ベンチャーズよかったなあ・・・。
違うところは、野球よりサッカーが好きなこと。それとスキーが好きなこと。
あまり長くなると読むのも大変でしょうからこの辺で。
(01/07/27)


<谷内>さん
シバケン様はじめまして。炎暑厳しき折、お伺い申し上げます。
私は石川県在住の、谷内と申します。40歳の男性です。
ご縁を頂きまして、先日来「シバケンの天国」を拝読しております。
些少ではございますが、お賽銭を送らせて頂きました。
魔界の者、無縁仏、掲示板荒らしはじめ、世の有象無象の悪霊に線香の一本でも供えて頂ければ幸いに存じます。
変わらぬご活躍と、貴サイトの益々の繁栄をお祈り申し上げます。
(01/07/25)


<浪速の船具屋>さん
偶然貴HPに辿りつき、途中ADSLの不具合等も有り、足掛け2週間かかり、余すところ無く拝読させていただきました。
野立て看板の陳列のようなHPの中で、貴HPは落ち着いたテキスト主体で、内容豊富、ほとほと感服いたしました。
申し遅れましたが、小生戦争末期(1944年)の生まれにて、柴田様とは同世代です。
職業分類にも載っていないような、船具屋というマイナーな零細企業を営んでおります。
学生時代に電算機演習で真空管と電磁石の塊の如きIBMを拝ませてもらった覚えはありますが、日常はヘンミの計算尺、手回しの計算機で結構用を足しておりました。
1980年初頭シャープのポケコンを入手し、5”FDドライブ2台付きのCPM機を振り出しに今日に至っております。
1984年から事務処理の機械化にとりかかったものの、莫大な費用をコンピュター屋さんに払う余裕は無く、
「あんなアンちゃんにも出来る事が、俺にできん訳が無い」
と怖いもの知らずの思いあがりに吝が後押しをして、泥沼でのた打ち回りながら何とかやっております。

大魔神コーナーは「さぁ〜 どこからでもカカッて来い!!」から順を追って拝読いたしました。
小生のレベルを超えて判りにくき所も有りますが、「アッなるほど」と思わずひれ伏すような部分が多く、玄人までは行かぬまでもネズミロートくらいと自負しておりましたが、やっとドがとれるかとれないかの素人であると思い知りました。
謙虚に、虚心にこれからものた打ち回ろうと心を新たにいたしております。

天国各コーナーは関西人の小生には語り口が目に優しく、楽しく、時には3ナンバーのオッサンに腹を立て、リストラの惨状に弊社のような社員の顔を見たら背後霊のごとく、その嫁さん、子供が浮かぶ会社では考えられんなぁと思いつつ、
「そういう生き残り策が無い零細は社長諸共玉砕か」
とつい落ち込んだり、気分転換に、ご一緒に鈴虫寺へ寄り道したり楽しませていただきました。
管理運営のご苦労大変でしょうが、どーぞ、お体おいといの上頑張っておくれやっしゃ。
(01/07/22)


<寿ふとん店>さん
おはようございます。
突然で申し訳ございませんが、NO.42「ウィルス感染(14)お節介小父さん(1)」についての”一言”です。
拝見させていただきました。(ここを訪れるのは毎日の日課です。)
『単にメールが何回か往復しただけの関係では、ナンの信頼関係も存在してませんし、信用などされてナイのです。』
とのことですが、柴田様のホームページを拝見させていただいている者からみれば当方の思いこみかもしれませんが、十分信頼に値すると確信を持っておりますし、信用もさせていただいております。
柴田様自身、自信は富士山あるいは太平洋ほどお持ちだと思いますが、そうは書けないのでしょうね。
ここを訪れる大多数の方はそう思っていると確信しています。
(そなもん分かっとるわい。)といわれそうですが”一言”お伝えしたくて・・・・。
ますます暑くなりますがお身体お気をつけて・・・・
(残念ながら若い女性ではありません)
(01/07/06)


<いちファン>さん
はじめまして。
いつも拝見している、35歳の既婚者(子供が1人)です。
本サイトを知ったきっかけは、昨年8月にたまたま発見した「パソコン大魔神」でした。
大変申し訳ない話なのですが、当初はこの「大魔神」コーナーに夢中になってしまい、シバケンさんのコーナーに目が行きませんでした(シバケンさんが管理人なのに!)。
シバケンさんのことを意識し始めたのは、本サイトに「供養塔」が設置されてからです。
それ以来、「リストラのハナシ」「クルマのハナシ」「財テク失敗談」と、夢中で読ませていただきました。
シバケンさんの文章は、毎日、終電まで仕事をし、疲れた私の体を癒してくれます。
個人的には、一度なんらかの形で質問/コメントなど寄せたいなあ、と思っており、特に「大魔神」先生のお告げを仰ぎたいのですが、私自身がコンピュータ業界にて16年携わっている意地もあり、いつも一歩手前でなんとか自己解決しています。
そこで今回、ついに掲示板への書き込みとなりました。
長くなってしまいましたが、いつまでも、このサイトの運営をお願いいたします。
シバケンさんのご健康と、ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
(01/07/05)


<堕馬>さん
シバケンさま。
歯に衣着せぬ訪問者に媚びないトークは、私には好感触です。
ダルいことをダルいと表明することは、実は勇気がいることと思っております。
私も10万カウントほどを稼ぐサイトを持っておりますが、せっかくサイトを運営するのですから無用な疲れは排除したいと常々思っております。
我がサイトに戻って、貴サイトの影響が出ないか心配です(笑) ←失言
また、驚愕の更新頻度にスタンディングオベーションをお送りしたい。
これなら、「最終更新日」などという掲示は必要ありませんね(笑)
(01/06/23)


<奥村>さん
シバケン様、愛読させてもらっております。
我が愛機のチップセット「430HX」でのgoogle検索により、シバケン様の天国に導かれ、片足突っ込むハメに成りました。
リストラへの怨念、ハタマタ執念が、このホームページに宿っているのかと思わせるほど、内容の濃いページだと思っております。
画像が殆ど無いのも、気に入っております。
これが無いから、自ずと文面に主眼が、置かれると思うのです。
と、誉めた割には、完読できておりません。
「こっち読み。イヤ、そっちが面白そうだ。あっちも気になる。あっ、新着記事だ。」
と、目移りばかりで、腰を据えて、まだ読む事が出来ていません。
京都inet、No1、我が事の様に思い、応援しています。
当初は、「何回もクリックして、カウンターの百や二百位、上げたろかなぁ」
なんて、アホな考えを抱いた事もありますが、それでは八百長のようで、やめました。
実力で、1位を勝ち取ってもらいたい、そう願っております。
で、現在、一日一回の天国参拝。これは、習慣なのか?病気なのか?
狂犬病? シバ犬病? シバケンに、噛まれた症状です。
他のページと違いUpの頻度が高いので、楽しみの一つに成っております。
回答の速さ、Upの頻度、頼もしく思う反面、
「この人ら、体、大丈夫かいなぁ。ちゃんと寝てはんのんかいなぁ?」
と、しばし、頭をよぎります。
今や、その体は自分だけの物ではないのです。万分の一位は、愛読者の物かもしれません。
それは、勿論、大魔神様も一緒ですよ。
PCのバックアップは、完璧でしょうが、いくら大魔神様でも、自分自身のバックアップの方は、無理でしょうから。
寝不足=>車で居眠り事故=>自分のHPの記事にする。
なんて事に成らないよう、1ファンからの要らぬ忠告です。
(「天国のシバケン」天界のお人、不死身では忠告は無意味?)
若輩者の書き殴りの文章をお許し下さい。
「シバケンの天国」のご長寿と、
シバケン様の健康、活躍を祈っております。
(01/06/13)


<arai>さん
こんにちは、貴ホームページ「シバケンの天国」の運営管理、ご苦労様です。全く頭が下がるおもいです。

貴ホームページは毎日の更新で驚いておりますが、あまりに面白くて毎日第一に開くようにしております。

尚、簡単に自己紹介しておきます。小生は、昭和27年生まれ、来年には、とうとう50歳になります。〈ホームページも持っています。〉
又、「シバケン」様と同様一応理科系の大学出身ですが、最近は文化系の趣味的な仕事として、「書家」もやっています。本業は「建築士」。
パソコンは仕事がら新旧取り混ぜて何台か持っていますが、ノートパソコン〈PCG-F50ABP〉だけは、家族の希望を入れて「粗ニー」になっています。
基本的に本体だけしか使用していないので、大きな問題は起きていませんが初めから「ビデオドライバー」の不良がありました。
それで「粗ニー」のインチキ性を体験するものとなりました。この手の連中は「公権力」に弱いので「消費者センター」に手紙を書いたら、サポートの「ツッケンドン」の対応からうって変わってすぐに「β版と称するビデオドライバー」を送ってきました。
それにしてもこの手の会社とは二度と相手にしたくないと思うこのごろです。
その他、「耳鳴り」の件が貴ホームページに記載してありますが、小生も直らずにいます。
昨年、突発性難聴に3回かかりとりあえず完治しました。
しかし、油断したら「耳鳴り」だけ再発してここ半年直らずにいます。耳鼻科から薬を貰っていると余り気になりませんが気分の良くないものです。
簡単ですが、メールを送らさせていただきました。
ご健闘をお祈りします。
(01/06/11)


<稲垣>さん
単なる応援メールのつもりですので、失礼がありましたらご容赦ください。
はじめまして。時間とりましてすんません。良かったら読んでくれはりますか?
だれや、失礼なやっちゃなと思てやろけど(慣れてはりますか)、ちょっと前からあんた様のホームページを見せてもろて感動してまして、どないかして意思表示できひんか思てましてん。
(4年間こんな暴挙に出たことはありません。面白い「興味深い」ページに出会いませんでした。)
今日、ええ題(自分でおもてます)が見つかりましてこんな無礼してますねん。
それが、「ホーム・ページが人格を持った」ですがな。
私、兵庫県三木の者です、4年前やったと思います。40のときに、世間に遅れたらあかんわと思てパソコン買いましたんや。
それから、ほんま悪戦苦闘ですわ。
偶然私のパソコンの調子がワルナッテ、エラーのわけを知りとーて検索しょったら、「パソコン大魔神さん」のとこへ行ったんですわ。
そしたら、えろー詳しいに載ってますやんか。質問しよー思ても怒られそうやし・・・。
「さらしもん」言うのもこの歳やし、なんか悶々としてましてん。
なんか45くらいの人ゆうたら、文章ようかかへん、ゆうてはりましたやん。そのとおりやねんけど・・・・・。
それからシバタはんのページ見るようになって(逆サーフィン)皆とおんなじで、はまってまいましてん。(注:その逆もあるし、最初っから、我がページのファンも多いですぞ。byシバケン)
2週間ほどですけど、ほとんど、読ませてもらいました。
今まで、ホームページゆうたら本の見出しページ見たいに思とりましたけど、シバタはんのページは、小説か、近所のえらいおっちゃんの話し(町のカタリベ)かいなと、それ以上の内容で(ヨイ意味で)、ほんま一回逢おてみて、話し、しとうなるくらいです。
テキストだけで、というこだわりもええな〜と思います。
一言多いのは、私も一緒で、よお、上の人に煙たがられましたし、こだわりを持って仕事をしないと、やる気が出ないので、よそさんにもきょうようしてました。(若いころ)
それでも、こだわり(ヨイ意味で)を持たないと物事をやってる意味まで失いそうです。
(QCじゃないですが)基準を明確にし、同じ土表で拝見できるホームページを見せていただいてありがたく思てます。
とりとめのない内容になりましたが、ますますのご活躍かげながら応援いたしております。
(01/05/27)


<壽>さん
私が「シバケンの天国」を見て思うことは、さすがに昭和の復興の力になった世代だと思うことです。
昭和22年生まれで、これだけのHPを開いているという方はなかなか居ないでしょう。
個人的には車の話が一番共感できます。21のクラクション暴行事件は、特に。
人間運転席に座ると性格が変わる、これが私にも当てはまり、昨年の11月に50代の無理横断の車の運転手(某社社長)と大揉めをしました。
向こうの言い分は
「これくらい大目に見ろ」
見れません、私の後ろの車2台が急ブレーキで止まり、残り1台が突っ込むところでした。
文句をいうと
「おまえの会社は何処だ、俺を誰だと思っている、つぶしてやる」
などとほざいていましたがね。
人間が知れるということでしょう。
まあキレタ私にも問題がありますが。
昨年は8月にヤクザと事を起こし、取調室で刑事さんとお見合いしちゃいましたし。
なお私の妹も免許をとりましたが、その話を聴いていると恐ろしいことがあります。
妹の友人たちはほとんどがオートマ免許でありますが、とるのに半年もかかったとか、教官から「乗るな」といわれた(なら取らすな)といった話が。
彼女らが公道に出た時、どれほどの迷惑がかかるのか恐ろしいと思います。
(01/05/25)


<澤崎>さん
はじめまして。
いつも読ませていただいています。
シバケンさんのこのテキスト主体のページにまいりまして、以前より迷っておりました「自分のWEBページ」を作るのに踏ん切りがつきました。
テキストでこれだけ人を引っ張っていくようなページは、なかなか無いものです。
ニュースやコラム専用のページでないのだけに、おもしろい。
私のページは、始めたばかりで、解説みたいなのが多いのですが、これから「雑感」の様なのを増やしていこうと思っています。
しかし、こう毎日書くことがあるものだと感心しています。
楽しみにしています。
(01/05/20)


<Sakurai syozo>さん
いま実録ハイテク物語No.1〜No.3を読み終わったところです。
そうか、ロームに居られたのですか。実は私も一時期、炭素皮膜抵抗器の製造にかかわったことがあるのです。
私は何度かの転職の後、大阪のある日本通信工業という会社に入りました。
同名の有名な電話機製造会社(通称日通工)というのがありますが、それではなく、松下通信工業の代理店兼工事会社で、主力商品は業務用のアンプ。現在此の会社は日本通信小野特機と改称、従業員250人くらいの中堅企業になっています。
入社後数年、たしか昭和40年くらいだったと思いますが、事実上会社の代表だった常務のお父さんが経営する会社が、破綻に瀕したので、建て直しに帰って欲しいという要望が有りました。
事情やむを得ずと言うことで、その常務が退社して、父親の危機を救いに行くことになったのですが、何しろ孤立無援の状態なので、私に少しメドが付くまで協力してくれないか、とのことです。
入社後の年数は少ないのですが、一年目に課長に抜擢してくれた恩人でもあり、3ヶ月後には復職させると言うことで社長とも話が付き、何が待っているかわからないところへ、のこのこ付いていった私もまだ若かった。
ローム、もと東洋電具におられたなら、多分ご存じと思いますが、多治見の太陽社電気という会社です。当時工場は岐阜県の御嵩という街にあり、何と田舎の小学校の校舎を改造したのが工場です。ここで問題になっていたのが、不良品によるクレームと、生産性の問題です。不良品の方は全くわからない(私はオーディオの技術屋)ので、とりあえず生産性向上の方を見て回りました。
多治見はもともと焼物の産地です。そのため磁器の製造は外注でしたが、かなりのレベルでした。問題はカッティング工程で、機械は内作でしたがやはりパーツフィーダーから出た磁器が途中で引っかかるというヤツ、3日ほど眺めていて、途中のパイプにテフロンコーティングをしてみたらどうかと思いつき、工作課に提案したら、これが当たり。20%向上。
そのあとも見ていると、やはりまだ自動ストップがかかって赤ランプの止まる機械が全体の30%くらいある。今度はチャッキングして、カット位置までワークを押し出すスライドが引っかかるのです。機械を止めてその部分をゆすぶってみると、妙にガタがあります。
工作課長に尋ねると、この部分はアリでかみ合わせて、かなり精度を上げて組み付けるが、砥石の粉が飛び散って、オイルと混じる、そこをゴシゴシ、スライドするので、まるで研磨しているようなもんで、3日くらいでガタが来てしまう。ということでした。
なんとか抵抗が少なくて、ガタの来ない構造をと、ない知恵を絞って考えてのが、アリミゾを止め、スライドベアリングに変更、ベアリングに研削粉が入らないよう、フェルトパッキングを付ける、というものでした。これがまた当たりで、総合的に研削機の稼働率が85%くらいまで向上しました。
塗装もやはり問題で、塗装にピンホールができると、負荷時に温度上昇、無負荷時に冷却したとき、どうも空気中の水分を吸い込むらしい、これが炭素皮膜表面にくっついてスパイラルの隣同士をショートするのではないか。スパイラル間の電位差で電気分解を起こし、酸素が発生して炭素を酸化する、というメカニズムが大筋で推定され、やはり塗装工程の見直しをしたのを覚えています。この工場では洗浄はメタノール→トリクロロエチレン→クロロセンと変更していきましたが、今はどううなっていることやら。
約束通り3ヶ月で私はもとの会社に復職しましたが、この時里帰りした常務がエラブツで社長に就任、2年後招待状を頂いて御嵩市に行くと、5階建ての最新設備の工場をおっ建てていました。
シバケンさんの物語を読んで、30数年前を思い出しました。
苦労もあったけれど生きがいもありましたナあのころは。
(01/05/18)


<エムラ>さん
あるとこで、シバケンなんてのが出て来まして。
ありゃ?っと思いページをめくること数回・・・。
思わずあちこちと拾い読みしてしまいました。
社報にお話を書かれてた調子で、あれこれ斬りまくっておいでで、やはり柴田さんだな、と、いやこれは「人生、さいなら」って時まで止まらないな、と感心しております。
あ、申し遅れました、私はかつて岡山の会社に在籍中、柴田さんに教えを頂いておりました、エムラと申します。
現在、故あって世の果てみたいなとこで環境負荷を軽減する取り組みに荷担して相も変わらずアホなことばかりやってます。
これもロームで皆さんから受けた薫陶のおかげでしょうか?
と、先ずは挨拶のみにて失礼します。
お体大事にされますように・・・。
(01/05/14)


<馬渕>さん
このコーナーでは、ホームページ作成裏話が気に入っています。こういう苦心談が、これからホームページをアップさせようという方々に役に立つのではないかと思います。
私の場合、デジカメ画像の○○.jpegというファィル名が、アップすると○○.JPEGに変わってしまい、画像が出てこずに困ったことがありました。
しばらくしてから、ウィンドウズは、大文字小文字区別せず、小文字に見えても本当は違うこと、インターネットは、大文字小文字区別するので注意することなどを教わりました。巷には、こういうことが知れ渡っていないので、このようなちょっとしたことで躓くことも多いのではと思います。
「私は、これで失敗した」なんて、NG集にするとおもしろいんじゃないかと思います。マニュアル本より役に立つかもしれません。
では、これからも、愛読者と信者のために、ご活躍のほど、お祈り申し上げます。
(01/05/11)


<tanji>さん
自己紹介は若輩のtanjiでご容赦ください。
夢の100000アクセスおめでとうございます。
「シバケンの天国」は楽しく読ませていただいておりまして、「AccessUp秘伝」のことで希望です。
シバケンさんの体験談と情報を惜しまれずに公開されてますので初心者にとって貴重です。
身勝手なお願いですが「まとめ」のようなものがあればと・・・無礼をお許しください。
自分でやれとお叱りを受けそうです。
説明させてください。
私もシバケンさんじゃなく、方々でアクセス向上の説明は見ます。まとめの一覧表もありますが、実体験をつうじてるかが疑わしいのと、説得力に乏しいのです。
シバケンさんのは立派な体験談がありますので、絶対に説得力抜群です。
それと感心しますのはテキストのみで恐ろしいアクセスです。
一位はシバケンさんがお嫌いの写真です。シバケンさんが本気で写真と画像をお使いになれば絶対に一位になれますと・・。応援してます。
絶対に一位になってください。支離滅裂ですみません。
(01/05/09)


<sawada>さん
HPを拝見させていただき、メールいたしました。
私は、現在ISOの認証に向けて事務局的な役割をしております。
シバケンさんの「M社のISO物語」を拝見しまして、
『この苦労はどこでもしているな』とか、
『うちは次にこんな問題が来るのかな?』とか、
読んでいてすごく共感しました。

初対面で失礼と思いますが、社内のISO普及にこのHPの文面を借用させていただけないでしょうか?
読んでいて今の自分たちにすごく近い感覚で書かれているので、非常に参考になります。
認証取得に対しての参考書は、多くありますが、「シバケンさんのHP」のような認証を取る側のご苦労を書かれているものはなかなか無いのです。
もし、よろしければ社内でのISO資料に活用させていただけませんか?
よろしくお願いします。(乱文で申し訳ございません。)
(01/05/07)

<sawada>さん
早速の返信、ありがとうございます。
感謝して「M社のISO物語」を社内での資料に使用させていただきます。
M社さんが苦労されている所は、私どもと同様な部分が多くありまして、参考になります。
*私は、M社さんが、当社と取引している会社と思いませんでした。メールで知って驚きました。
本当に心よくご理解いただきありがとうございます。
(01/05/09)


<WAKAMIYA>さん
はじめまして。大阪に住む会社員23歳です。
実録ハイテク物語をたまたま開き、読んでいたところ大変シゲバンさんに興味をもってしまいました。
僕は短大を卒業して伝道ベルト製造メーカーに勤め、生産技術部として3年頑張ってます。
シゲバンさんの奮闘記や改善策等など本当に私にひしひしと感じます。
しかし現在は日本国内も熟成してしまい、私の勤める会社などでは新製品などの新しい技術開発はあまり多くなく、現在のコア商品の熟成に懸命で私の業務内容もロス低減やコストダウン課題ばかりです。べつにこれが仕事として面白くないわけではないのですが、なにか昔の技術者の夢の製品に向けての燃える大和魂にはほどと遠いような気がして、シゲバンさんの昔の奮闘がとても羨ましいような気がします。
現在勤めている会社の平均年齢は50歳(本体 総従業員数 1800人)に対してあまりにも高齢化です。これが高齢化だけなら特に問題ないのですが、製造部サイドの品質に対しての意識、上層部の考え方など本当に保守的で不良品であろうと「今までやってきたから」と改善する意識もなく何の進歩もないじょうたいです。
歩留まりは98%以上、ISO9001、ISO14000、QS9000等掲げていますが、そんなものはタテマエで何とでもなるもので、プライドをもった製品作りに対して中高年層の先輩たちは昔の熱い闘志を忘れてしまっているように思うのですが・・・。今の日本にはこれがもう一度必要ではないでしょうか?
電子立国日本と言う番組を数年前NHKにて放送していましたがあんな時代に戻れたらと思います。
長々と申し訳ございませんでした。実録ハイテク物語3を期待しています。本当にありがとうございました。
(01/04/30)


<くろべ>さん
「実録ハイテク物語」を拝見しました。
正確には大魔神さん以外は全てです。大魔神さんの話は初心者にはむづかしいです。
ハイテクにつきましては私が産まれた頃からのお話で興味深くプリントアウトして何度も読み返しております。
私もある電子部品メーカーでQC担当しております。その会社はシバケン様もよくご存じのROHMですから後輩になります。
シバケンさんの本名は自己紹介で知り驚いております。
途中入社組ですのでシバケン様とは面識はありません。シバケン様のお名前は膨大な保管資料から存じておりました。ご参考にさせていただいております。
諸先輩からも「シバケンの天国」のお話をお聞きしました。「リストラの話」が話題になることもあります。内々の話題です。
これでおわかりと思います。
シバケン様が所属された部署のQC担当です。これ以上はご容赦ください。
是非、ハイテクの続編をお願いします。
出来の悪い後輩で申し訳ありません。陰ながら応援しております。
(01/04/26)


<nabe>さん
こんばんわ。突然のメールですが、シバケンさんの熱烈ファンです。
ありきたりのHPなら一杯ありますが、テキスト、オンリーでよくここまでと感心してます。
毎日の更新は大変な努力と察します。
寝不足からご健康を害されないことを遠く熊本から祈っております。
簡単ですが、それだけお伝え致します。
(01/04/20)


<細井>さん
はじめまして
小生、4年余り前にkyoto-inetでインターネットの世界に足を踏み入れた還暦も過ぎた爺です。kyoto-inetの会員でいながら今までkyoto-inetのHPには関心がなかったのですが、先日たまたまTOP50を覗き一位から順にアクセスしてみました。
そこで「シバケンの天国」を発見。すっかり嵌まってしまい。キャッシュにため込んでオフラインで徹夜で読んでしまいました。

それはさておき、コンテンツはほとんど読ませて頂きました。隠し掲示板も見つけましたよ。面白かったのは「実録ハイテク物語」「リストラの話」「M社のISO物語」などです。

実は小生も一時メーカーの品質管理部門に席を置いていたこともあり、また自己都合退職とはいうものの実質リストラ退社に追い込まれた過去を持っておりましたのでこの3シリーズに特に興味をそそられたのかも知れません。

リストラされた会社では一時デミング賞を取ろうという話が持ち上がりその時は標準書の整備などに駆り出されたこともありました。改訂を何回か繰り返したように履歴を捏造したりかなりいい加減なこともやってましたが、結局は業績悪化でそんなことやってる間がないということでぽしゃってしまいました。
「M社のISO物語」はその当時を思い出しながら読ませて頂きました。

シバケンさんの文章は話があちらへ飛びこちらへ彷徨いというふうに一直線に進まないところが、読む人によっては「はよ本題にはいらんかい」といらいらするかもしれませんね。小生にはそこが独特の味になって面白く読めています。
昨今は写真だらけで重い(小生一般回線PPP接続です)HPが多い中シバケンさんは敢えて文章のみのコンテンツにこだっわっておられることも好感がもてます。
(小生は軽くて中身の濃いサイト=文章主体のページが好きなもので)

今週は毎日訪問しておりますので小生もアクセス向上に多少は貢献していると思います。来週はさらにランクアップしそうですね。今後も一日一回アクセスを目標に応援しますので、頑張ってください。

終わりに小生のことを少々。
・1939年生まれ(61歳)。昨年退職し今は年金暮らしです。
・パソコン3台。いずれもキーボードの関係で富士通です。実は親指シフトキーボードしか使えないもので富士通になります。デスクトップはともかく、ノートは富士通以外では親指シフトキーの製品はありません。
・インターネットは一般回線のテレホーダイで不便をしております。ADSL常時接続にしたいのですが家内の許可待ち。今はセキュリティについて勉強中です。
・住まい-京都は出町界隈に住んでおります。とはいってもプロパーの京都人ではなく新潟県の出身です。
長文のメールで失礼しました。では。
(01/04/07)


<kituya>さん
こんにちは。京都出身で岡山在住。ワコー電器は知っております(社員ではありません)。
経路は失念しました。シバケンさんのHPは半年以上です。
僕は某社の品質管理担当でISOを楽しみました。ハイテク秘話(?)・・・。
無礼にも失念しましたが、楽しかったです。
シバケンさんに刺激されて無謀にもHPをアップして一ヶ月です。
「パソコンあれこれ」を改題された「AccessUp秘伝」は参考になります。
何年もの経験と培われたお知恵を隠さずにご紹介されてます。
僕が尊敬するのは写真も画像も採用されずに構成されていることで、インターネット歴は三年で、経験は浅いですが知る範囲ではシバケンさんのHPだけです。
これからも寄らせていただきます。
(01/03/26)

<kituya>さん
メールをありがとうございます。
いまは工事中のため、見ていただきたいページがありません。
その節は宜しくご指導ください。忘れておりました。
僭越ですが「実録ハイテク物語」の続編を是非お願いします。
僕は毎日訪問しておりますので、シバケンさん流では気が向けばでいいです。
(01/03/39)


<伊藤>さん
初めまして、伊藤@坂出と申します。
数日前より、貴HPを楽しませて頂いております。
貴HPに辿り着きました経緯は、
調べものをしていてたまたま見かけた

「悪徳商法?マニアックス」さんのHP
       ↓
「シバケンの天国」貴HP TOPページ

という、誠に失礼な辿り着き方をしてしまいました。
申し訳ありません。m(_ _)m

'kyoto-inet'というドメイン名に惹かれ、(以前は桂に15年程住んでいました。また、以前の会社の同僚が'kyoto-inet'さんに加入しています。)
とりあえず「パソコンあれこれ」のコーナーを覗いて見ましたら、懐かしい京言葉、地名と軽快な文章にすっかりはまってしまいました。
全部のコーナーを拝見させて頂くのには相当時間がかかりそうですが、大変楽しみです。
最後に、突然のメールで失礼致しました。
これからも、シバケン様のご活躍を期待しております。
(01/03/01)

<伊藤>さん
こんばんは、伊藤@坂出です。
お忙しい中早々に丁寧なご返事を頂き、大変恐縮しております。
ご推察のとおり、香川県坂出市です。こちらに来て4年ちょっとになります。
「単なる雑談」コーナーの「嫁はんの里」を拝見しました。
詫間・仁尾町の方には海水浴に良く行きます。また、紫雲出山には2度ほど花見に行きました。最初に行ったときは、麓の方は咲いていたのに、頂上に着いたらまだほとんど蕾でした。

桂に15年以上住んでいた割に、私も桂離宮は拝観したことがありません。
アパートの窓からは見えていたのですが・・・。
NECのSSも西院のJOSHIN一ばん館も全然記憶にないのですが、視野狭すぎでしょうか?
こんな私が大魔神様のコーナーで質問しようものなら、大魔神様、シバケン様を大激怒させること間違いないと思います。
その節は何とぞお手柔らかにお願いいたします。
それでは、本日はこの辺で失礼いたします。
打倒東寺DXに向けて頑張って下さい。
影ながら応援させていただきます。
(01/03/02)


<銀>さん
シバケン様
車関係読みました!
やっぱり腹立つのって多いですよね!
私が今住んでいる名古屋市も「名古屋走り」という言葉が存在するほど乱れたモノなのですが、特に、針路変更ではほとんどウィンカーを出しません。
右左折するときもギリギリまで粘ってくれます。
私が経験したのは、私の前を走っていた車が右折禁止の交差点でいきなりウィンカーも出さずにUターンをやりだしたのです。
驚いて私は急ブレーキ、何とかぶつからずに止まれたのですが、私の後ろが止まりきれずに私の車のおカマをドカーンと・・・
Uターンをした車はそのまま去って行きましたが、可愛そうなのは私とその後ろであるのは言うまでもありません・・・
こまったものですよねぇ。
では、今後ともお体に気をつけ頑張ってください。
くだらないサイトが雨後のタケノコの如く乱立している中で非常に有意義なサイトを運営なさっているシバケンさんに敬意を表します。
(01/02/16)


<Viewlab>さん
はじめまして。ホームページ駆け出し開設者のViewlabと申します。
infoseekで、 「 ISO | 間違い 」で検索したところ、シバケン様のホームページに巡り会いました。
ISOで悩んでいるもんで、いろんなところをサーフィンしていました。
ISOそっちのけで、ホームページ関連のところを、熱中して読んでしまいました。(業務時間中ですけど)
いや〜、一言では言い表せない位、凄いですね。
読み応えありますね。まだ全部見れてないです。
私も、素人ながら独力で、ようやっとHPを開設する事が出来ました。
もっと、早くにシバケン様のHPに出会えればよかったなと思いました。
取り敢えず素直に感じたままの、感想メールを送らせて頂きました。
失礼します。
(01/02/07)

<シバケン>
相互リンクしています。


<kuro>さん
西宮に41年住んでます。吉川と申します。
しばけんさんのホームページいつも楽しみに拝見させて戴いてます。
電気屋に22年勤めています。この不況でこの業界もそろそろ終わりかけて来ました。
コンピュータなど販売するとは思いもしませんでしたが今はこれで結構コミニュケーションなぞをお客様ととったりしています。報告書も書いたことありませんし、家電屋がコンピュータの販売などと、大魔神のご意見を読むに付け、申し訳無さに、自分にむちをいれて自分の販売したお客様に迷惑をかけないようと日々精進を心がけています。

どのようになるか分からないのですが、私はからだの芯から街の小さな家電屋です。
何とかこの商売で生きていきたいのです。
Webから全日本電気屋MLというものを知り、今はそれが心の支えになっています。
コンピュータってすごいですね。
MLにもしばけんさんのホームページを紹介しました。
すごい反響でした。
しばけんさんの姿勢に学んでいます。やっぱり京都は豊田勇造さんだけじゃないですね。
こんなに夢中になったサイトは始めてですし勉強になります。
頑張って続けてください。応援してます。
電気屋も続けていきます。
(01/01/23)


<鈴木>さん
新世紀、新年、お誕生日、32位、 おめでとうございます。
はじめまして。栃木県宇都宮市で「でんきや」をやっている鈴木と申します。
先日、神戸のでんきやさんからメーリングリストに「シバケンの天国」が面白いと紹介があり、拝見させていただきました。

犬好きなので「柴犬」?と思い読んでみるとこれが病みつきで・・時間と仕事を忘れて今日までに9割近く読ませていただきました。
テキストだらけの変わったページですが、書いてある事にいちいち興味、共感があり、本当に時間を忘れ、楽しく拝見させていただきました。
更なるご活躍を期待しております。
まずはお誕生日のお祝いの言葉でした。
(01/01/11)

<鈴木>さん
まさかはじめてのメールが掲載されるなんて「うれしい」やら「ハズカシイ」やら、実は私の誕生日が1/8でありまして、やはりメールを交換する仲間よりバースデーカードなどが送られてきまして感激(もっともやはり喜ぶ歳でもありません)
それにしてもレスポンスの速さにも感激しました。お忙しい中イチゲンのメールに目を留めていただいてありがとうございました。
一応私のホームページにリンクバナーを張りました。(ただし、まだ告知していませんので数人しか知らず・・・アクセスアップには役立ちません。)
そろそろ検索エンジンにでも登録しなくてはいけませんね。
(01/01/12)

<シバケン>
相互リンクしてます。


<ちゃっぴー>さん
こんばんわ。
シバケンさんはおもしろくためになります。
すぐに大好きになりました。
ぼくのオヤジせだいのかんがえがつたわります。
がんばってください。
(00/10/12)


<森口>さん
はじめまして。私は大阪府富田林市在住の森口と申します。
42歳、自営業です。パソコン、インターネットともビギナーです。
ひと月ほど前、ひょんな処から<シバケン>さんのホームページに出会い、それ以後は時々覗かせていただいています。
世相や時事風俗に関するごく一般的な考え方として、興味深く読ませていただいています。世間の普通のメディアには今やなかなかふつうの大人の男性の考え方というものが登場してきません。
オンナ子供のトレンドがもてはやされて、日本の経済の中枢を担っている筈のそこらにいる「お父さん」の声はかき消されているようです。
ふだんの付き合いの中でも『憂国』にあるような話題にはなかなか触れることはありません。私の場合、<シバケン>さんと同世代の姉に『北朝鮮の日本人拉致』や、『公的機関の背任』や、『宗教の犯罪』や、『少年の犯罪』などの件を一方的に吠えまくっています。
そういう話の載っている雑誌なども買って読んだりしていますが、そういう論評はだいたい素直でなく、仕方がないのでしょうが、商業的に表現されています。ですから私にとって<シバケン>さんの考え方を読むのはとても新鮮な体験です。
いつも<シバケン>さんの文章に接しているので、ついつい身近な存在に思えて、つまらないことを書いて申し訳ございません。
これからも肩肘張らない普通のスタンスでメッセージを送り続けてください。
受け手のみで失礼しますが、楽しみにしています。
(00/05/31)

<森口>さん
お返事ありがとうございます。
まさか返事を戴けるとは思っていなかったので恐縮しています。
僕は右翼でも左翼でもないノンポリの善良な市民ですが、基本的に日本という国が大好きです。
腹の立つことや、嘆かわしいことや、歯痒いことや、問題はたくさんあると思いますが、世界でもトップクラスの素晴らしい国であると誇りを持っています。
この素晴らしい国の住民から、誇りと品性と知性を奪おうとしているのは、一体どこの誰なのでしょう?
僕なりの答えを求めて、これからも勉強していきます。
(00/06/01)


<you−saku>さん
ボクは先日初めてシバケン様のホームページに遊びに行きました。
そしてうわぁ〜 シバケン様ってすご〜いぃ方だったんだぁ と感動しました。
仕事、趣味、スポーツ、人生感、郷土の話し、投資の話し、コンピュータ関連等々まさに何でもごじゃれのマルチコンテンツぶりや これでもかこれでもかと書きなぐるスタイルに感化されました。
でも実は無礼にもあまりの情報量の多さに圧倒されてほんのさわり程度しかまわっていません。
ですからこれから色々勉強させてもらおうかなぁ・・と思っていた矢先での失敗書きでした。
失礼かと思い暗号的に「シバケン様のHP見ましたー」とやったのが失敗でした。
逆に貴方様は「おいおい大袈裟だよ」と言われるかも知れませんが、あの文は本当に恐ろしい文です!
意味が分かる人が読むと ’シバケン様のとうもろこしの先物取引の話がとっても滑稽でお笑いだ’と読み違えてしまうかもしれません!
後から見直してみて、僕は顔が真っ青になってしまいました。
今後は馬鹿であっても無礼であるな!
の精神を心に刻み書き込みします。
以上の上、シバケン様にはお詫び申し上げます。
きゃーっ!許してだっちゃ!
(00/04/17)


<DINGDONG>さん
会社で6年ほど品質保証の仕事やってますが、わが社でもとうとうISO9001認証取得を目指すことになりまして、その推進隊長をやらされてます。
41歳3児(小5、小1,1歳)のパパでして、趣味はWalking、ケーキを焼くこと(最近)マージャン(5年前迄)、推理小説、PC(超初心者)といったところです。
これからもよろしく。
(99/11/27)


杉山>さん
ソウルに住んでいる杉山と申します。
ferryboat(メールマガジン)の宣伝文を見て面白そうなので来てみました。
まだ自己紹介のところしか読んでませんが、ブックマークしてまた来させていただきます。
さて、私はノートブック600x800で見ているのですが、右のフレームに横スクロールバーが現れて読みにくいです。
横スクロールバーを嫌う人は結構多いかもしれません。
自己紹介の表の左右幅をもう少し小さくしたらいかがでしょうか?
私は40代ですが、私より年上の方のWebページを見ると嬉しくなります。
ではまた。
(99/09/14)

<シバケン>
相互リンクしてます。


<hideo>さん
初めまして。ホームページを見させていただきました。
また寄らせていただきますね。
(99/08/24)

<hideo>さん
わざわざ返信メールありがとうございました。
おまけにこちらのホームページまで見ていただいて。
毎日の更新を目標とされているとは驚きです。
がんばってください。
「シバケン」さんの自己紹介にはかなりうなずきました。
私も、何を書いていいのやら・・・ということで結局は掲載していません。
でも、下の方を見るとちゃんと自己紹介されていらっしゃるところが楽しかったです。
PPMは私も大好きでした。そ、園まりも(^_^)。
またお邪魔させていただきます。
ありがとうございました。
(99/08/25)


<中野>さん
初めまして。
某菓子メーカーM社に勤務しておるのですが、昨年7月にISO9002取得、 本年6月にISO14001取得、で、前者は管理責任者、後者もプロジェクトの一員で、 いろいろひどい目にあいました。
ということで、ISO物語は身につまされて、ついつい時間を忘れて読みふけってしまいました。
我々の業界は体質が古い上、現場も昔ながらのがさつな雰囲気なので、 どう考えても、国際標準などという世界には馴染まず、 打ち合わせの度に?????の連続でした。
悲喜劇の数々が思い出されました。
チョコレート命だった私が何の因果か、ISOとは。
とほほ...また時々読ませていただきます。なお、私も京都在住の巨人ファンです。
(99/08/11)



inserted by FC2 system