シバケンの天国
<−介護・凡人の憂鬱ー>
−明日は我が身の話−

禁談・奇談VNO.8


禁談VNO.5 禁談VNO.6 禁談VNO.7
禁談VNO.1 禁談VNO.2 禁談VNO.3 禁談VNO.4

要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談NO.9 禁談UNO.2
要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談・奇談NO.9
番外・爺さん・婆さんの話 母入院NO.4 要介護1NO.3

題目一覧表

目次

NO.78 百箇日が過ぎたらの話(14) ここ様も、介護終わったなの話

NO.77 百箇日が過ぎたらの話(13) 喪主挨拶の話(2)

NO.76 百箇日が過ぎたらの話(12) 喪主挨拶の話(1)

NO.75 百箇日が過ぎたらの話(11) 冠婚葬祭、互助の精神の話

NO.74 百箇日が過ぎたらの話(10) 香典の意思統一をの話

NO.73 百箇日が過ぎたらの話(9) お付き合いの話

NO.72 百箇日が過ぎたらの話(8) 受付ならの話

NO.71 百箇日が過ぎたらの話(7) 挨拶の話

禁談・奇談VNO.7


NO.71 百箇日が過ぎたらの話(7) 挨拶の話

受付も、親族、一般、分けてるですが。
実質、親族なるは、遠の昔に来たはりまして。記帳は、極の少数でして。
結果的、一般が大忙しなれどです。
記帳、当人様で、こちは、粗供養、手渡すのダケ。
只なあ、早い人、遅刻の方、様々での。コレが困るんやと。

通夜の日、26日、19時からのは、我々、1時間前の18時に集合でして。オッとの、当方、5分の遅刻したですが。国道9号線、渋滞でして。ならばの、近道したら、ええのやけれど。夜の運転、この処、慣れてませんでして。18時なら、夜とも、云えんのけどや。薄暮、ども苦手。
それもあるし、急いで、行って、事故ったら、大変でして。安全に、安全に、国道9号線から、式場、亀岡シティ・ホールえと。

いやなあ、その通夜の日、着いて、即の、1人の女性が、挨拶に来られ。受付にや。まあ、云うたら、受付、有り難う御座いますと。
イヤイヤ、正直、その方、知らんでねえ。知らんも、故人の親族なるは確かでの。故人の親族となればの、2人姉妹でして。我々、承知は、姉の方でして。妹さん、在住承知も、この、二十数年で、見た事、あらへんでねえ。

オッとの、されどの、似てるです。
故人の、お母さんと、姉にです。一発、ソと、分かったわと。
分かってもねえ、馴染みがあらへんでして。少々、戸惑おたわと。ご丁寧なるの、挨拶されても、アンタ、誰でして。ンの、似てるし、妹さんやなと。勝手に判断したのだけの、他の面々にも、尋ねたですが。見てるんかと。
ほならの、そらなあと、三人で、住んだはるは、承知も、実物、見た事、あらへんですて。へえと。

まあなあ、従前、お母さんが、町内会行事に、参加したはったし、支部会<組の寄り合い>にも、出席されてまして。
されどの、お姉さんも、よくよくの承知してたです。当方、「体育振興」役員の時、ソコ様、引っ越して来られたばかりの、時期での、走りに出てもらえへんやろかで、一発、諾の返答戴いた、とは、記載、掲載してるです。

要は、そこ様、訪問も、顔出されるは、お母さんか、お姉さんでして。
云うたって、そんなに度々の、宅様に、用事あらへんわと。我が家の、両隣にさえ、用事、大してあらへんのにと。

イヤ、それでや、妹さん、初見参の、へえと。
この時まで、見てへんしで、想像も、推測も、一切のしてへん、するの材料あらへんでしたですが。あらへんにしても、こんな妹さん、やったん怪と。
イヤイヤ、挨拶しに、来られるの方でして。まあ、云うたら、しっかり、したはるなあと。しかも、背が高く。オッとの、低い、高いも、実際には、背比べしたで無くの、分からんのけどや。
少なくともの、女性としたら、やや、高めで、すらりとした方でして。フウンと。

いやなあ、そらなあ、宅様、訪問するにしたって、そこの誰かに用件伝えたら、ええだけの用事でしか、行かへんし。そんな用事も、年1回も、あらへんです。
只なあ、出先、町内会なりで、お姉さんなら、見掛けるも。お母さんなら、数年前までは、この界隈、散歩されてての、度々の、バタリで、チョとした、会話もしたですが。ここ数年、会わへんでして。
まあなあ、それも、町内会行事で、お姉さんからは、調子悪くと、の程度は聞いてたですが。

くどいけど、そこの、お母さん、母の良き友人でして。
それこその、婆さん同士、行き来してた、ので無い怪と。
そのお母さんも、ここ数年と、するよりは、当方、区長歴任の、2年後、2007年の辺りより、町内会行事も、娘さん、お姉さんに代替わりされて。次第、次第に、姿見んよになってねえ。
よて、娘さんに、どしたはるですかの、程度の会話したですが。

どちにしたって、妹さんねえと。
この、二十数年で、此度、初。
人前に出るを嫌うの方かと、の程度に思てたですが。挨拶に来やはるは、想定外の。大体が、この葬儀で、妹さんが、姿現すのさえ、考えもしてへんでねえ。
イヤイヤ、ダケで、済ませば、誤解招く故、言葉、足せば、存在、そのものを、意識してへんかったんやと。
葬儀で、挨拶に来られた故、へえと。居たはったんやと。そ云うたら、妹さんも、同居したはったんやと。

その方の挨拶での、別段の、引きこもり、引っ込み思案も、伺えず。変な話の、まあ、まとも。
当方、コレ、初めてやは、分かるも、再度の、向かい三軒両隣の、五軒で、二軒は、受付してへんのけどや。当方なら、その五軒に該当せずの、そこ様がさえ、ンのど哉の、見た事、あらへんなあと。

そらなあ、家にジッと、されてるでも無さそで、出勤、帰宅の時間帯が、周囲の家の方々と、合致せぬのだけやろと。オッとの、正反対の生活と、申してるでは無いです。見掛け、地味な方でして。
むしろの、キャリア・ウーマン怪と。

オトトの、そんな話、受付仲間で、してへんでと。
アレ、妹さん怪、そやなあと。見てるか。あんまり、印象あらへんなと。の程度でして。
ついでの、余計なるの話、故人の親族に、我が下の叔父と、雰囲気似た方、居られてねえ。瞬時なら、ンの、まさかと。
顔、じくりと見て、嗚呼、違うなと。ソラ、出身地、違うわと。叔父の親族なら、コチでの、当方での。叔父嫁も、亀岡とは違うわと。

でや、告別式の時には、お姉さんが、受付担当に、挨拶に来られたと、申してるですが。
ンの、もしかして、もしかしたら、当方、挨拶と、するの事、してへんかったなと。
当たり前に、無視なんか、してへんのけどや。挨拶と、するよりは、挨拶的、雑談してたです。
イヤイヤ、当方、式場、祭壇の方に居てたら、受付の面々、現れて。むしろの、アチラ様から、弔意の挨拶して戴きまして。

そもそもがの、受付担当で、来られたを、知らんでねえ。誰がと、聞いてませんでして。
よて、早い事、来てくれやはってと。そんな雑談、応答からの話でして。組長とは、親族の受付、当方、従兄弟達に頼んでる等々、受付の話からでして。
全部、やるでの返事で、へえの、有り難う御座いますと。従兄弟には、受付やてくれやはるしと。担当依頼、解除なると。

更には、組長からは、「亀楽会」に、母、所属、入会してる怪の、質問でして。
イヤイヤ、ゲート・ボール命で、頑張ってましたと。
返答したなら、その場で、「亀楽会」の、当地会長にケータイしてたですが。式には、間に合わずの、式次第、終わってから、花が、当家に届けられ。
遺骨、遺影、法名と、共に飾って戴いたですが。

対して、姉妹、えらいなと。
チャンと、挨拶と、分かるの、挨拶しやはってと。
(15/10/03)


NO.72 百箇日が過ぎたらの話(8) 受付ならの話

いやねえ、本日<10月3日>、諸般で、草臥れたです。
オッとの、朝一番、孫君3号<次男家長男>の保育園の、運動会でして。
お誘い受けて、参観でして。
まあなあ、何時に家出たのか、7時半過ぎ、45分辺り哉と。長岡京の、どことは、申さんの、マンションそばの、駐車場に駐めるに、9台分のが、満席御礼、駐められませんと。
いやなあ、軽自動車の箇所なら、空いてるですが。当方のは、カローラでして。最早の何年経つのか、忘れたですが。軽くの、十年選手。
そんな事、どでも結構の、嫁はんが、どしょと、息子にケータイ一発、更なるの、マンション近くに台数少ないけどの、駐車場あるですて。フウンのそかと、行けば、4台分で、2箇所空いてて、ホと安堵。
ここら、幸いにしての、駐車場代安いです。終日でも、500円也でして。この範囲なら、安心とするのか、気軽でして。

オッとの、この話、別途に致すわと。
での、ここだけの話でも無いの、この別途、後日にと、考えてるですが。
後日にしたら、する程に、この処、記憶がなと。正直、加齢と共にの、薄れるが早く。ゲと、なる程に、急激に霧散致すです。
霧散を認識してるだけ、マシなれどです。これが、霧散をさえ、忘却ならばの、ボケでして。病気で、痴呆症は、差別用語で、当世使てませんですが。余所様に対するで無くの、自分で、自分を、痴呆症と、称しの、申すの分には、構わんやろと。

余計な話、そのままの、スと分かるの的確なるの文言を、差別語、差別語と、するの、主張するの面々の思考回路が、よ分からんです。
結果、奇妙なるの、外来語なり、曖昧語が、蔓延りまして、よお、分からんでして。慣れたら、そでも無いとは、思うだすが。その慣れるに、我々、日数、月数、年数要するわと。
覚えた、慣れたの頃には、とするのか、慣れるまでに、イヨイヨの、正真正銘の、ボケてるわと。
まあ、詰まり、余所様から、認知症かと、云われて、自身の、ボケさえ、ンの、へえの、そんな事あらへん。アンタ誰怪と。
とは、成らぬよに、頑張らんとなと、思うのけどや。ボケてもたら、何云われたって、されたって、分からんわと。
オッとの、常にボケてえへんみたいなれどです。時たま、正常に戻りの、腹の立つノリらしいけど。

腹の立つノリねえ。
そ云うたら、矢っ張り、案の定の、読売巨人軍、ジャイアンツは、リーグ優勝逸したです。
此度、ヤクルト・スワローズが優勝でして。そらなあの、原采配では、勝てるの試合も、負けるわと。プロ野球ファンも減るわと。現、巨人軍に、スター選手不在。
阿部慎之助ねえ。坂本勇人、長野久義君も、今一でして。スター性がねえ。全然でして。当方、余り、感じませんでして。ここで、ここぞの、一発での、打てんではなあ、ソラ、負けるです。
新しいのなら、岡本和真、立岡宗一郎君が居てるですが。まだまだ、スター性には、モノ足らず。

矢っ張りねえ、プロ野球の世界です。
ホーム・ラン王狙う、打率、打点王を狙えるの位置で、激しくの競争する、出来るの選手不在ではなと。あきませんです。
兎に角、高橋由伸選手を出せと。コレに、2000本安打到達出来るの出場機会、与えなさいと。
やけど、させへんなあ。原の辰徳監督はです。
それでも、2位。
2位なら、ええ線なれどです。四番打者、コロコロの、日替わり定食的、不在で、へえの、アンダー損<ソン>がと、びくりの、バカにすなの、スターティング・メンバー見ての、嗚呼の、勝てるの筈、あらへんわと。
ええ加減にして頂戴の、次世代の四番打者、育てるの気、無ければ、明日の巨人軍、あらへんわと。
モ、一発、云わせて頂戴の、選手も、乗ってる時、調子のええ時、使てやらんとなと。ええのに、起用せず、どか分からんの時、気紛れ抜擢の、采配ではなと。ソラ、あかんやろと。
ド素人の、当方でさえ、分かるわと。


トッとの、話、本題に戻すですの。
他家の、葬儀の受付も、そらなあ、これが、宅様の近くのモノ、町内会面々の、出来るの事やと。
そらなあの、やれば、やったで、諸般あるわの、思うわの。
オッとの、とっとの、ダケで済ませてもたら、コレ、受け取りよで、喪主家の事、受付担当でもを、指してるやに思われそで。そでは無いです。

での、当組、結果的、通夜、告別式通じの話の、焼香に来られたは、新しく、引っ越して来られたの宅様三軒以外で、一軒除き、来られたです。その一軒、当家、受付してくれたの先様での、ええ人やしなと。
ええ人だけに、何で怪と。
二連発の葬儀、偶々の、同組でして。当人様に尋ねん事には、原因分からんですが。そこ様、昨年、義母引き取られててねえ。コレ、ナカナカに出来ぬの事でして。それも、あるの哉と。
イヤ、諸般あれば、出るに出られんの事、あるわと。

ででの、新しくの引っ越し、転入されても、果たしての、なれどです。
ここらが、記憶曖昧の、三軒で、一番に新しいは、3年経つのか。古いで、5年やろかなと。
但しの、故人、そもそもがの、8年の以前から、やろかの、余り、外には出ておられてえへんでねえ。とは、我が印象からの話の。その三軒様、故人を知らんの可能性あるなあと。
その方々、当家、葬儀にも、来られてえへんでして。来られて無いからと、どて事、あらへんですが。当家のなら、平日でして。
されどの、諸般諸々の用事、都合もあってねえ。

当組以外なら、同じよな、家族構成の宅様が来られたわと。
話簡単には、高齢のお婆さんと、同居の方でして。
この手、従前なら、当家含め、四軒でして。母と、此度の宅様の、二軒が、亡くなったですが。ならばの、それ以外と、なればの、民生委員も来てたわと。コレ、告別式の時、我が嫁はん、町内会の会議所前から、送迎してくれるの、葬儀社のバスで、一緒になって。

イヤ、このバスで、告別式に来たは、2名様でした、ですて。へえと。
余計な話、嫁はんは、通夜にも、送迎バスで来て、バスで帰ったですが。告別式では、帰り、2人共、車で、でして。
民生委員は、誰様とは、申さんの、町内会の方。嫁はんは、当方と、でして。当然の、送迎バス運転手には、その旨、伝えてるですが。当人が、なと。
結果、通夜なら、5人が、バスで、送迎してもらい。

とかとか、受付担当なるは、概ね、誰が来た、来てへんも、送迎バスで、誰が来た等々まで、分かるです。
分かって、一銭の値打ちもあらへんのけどや。
氏名公表、掲載なんか、しやへんし。するにも、ボケ症状の、日が経ち、記憶曖昧になてもてねえ。
あかんなと。

どちにしたって、本日、少々、草臥れまして。
イヤ、孫君3号の、運動会結構も、昼から、「芋煮会」に、参加でして。
当方、送迎担当でして。
イヤイヤ、「芋煮会」なるは、畑仕事、済めば、飲み会でして。当方、飲まんなら、飲まずに済むの方でして。
(15/10/04)


NO.73 百箇日が過ぎたらの話(9) お付き合いの話

そらねえ、喪主たる、諸般、気忙しくの大変でして。
気忙しくともの、親父の時には、大きな失敗無かったですが。
イヤ、母の時には、「死体埋葬許可証」「東大谷墓地使用許可証」の持参、忘れたですが。

コレ、当方、嫁はん共々、若かったんやと。
必要書類、ガチリ、バチリの、記憶で、チャンと、準備してたですが。
母のでは、完全失念、霧散でして。
理由、超の簡単、こちが、それだけ、加齢で、記憶力散漫、低下してまして。

それもあるし、親父の時には、叔父達、妹婿も、全面的、支えてくれたわと。精神的、助かったし、有り難かったわと。
そやけど、母の時には、実質的、嫁はんと、息子共でして。支えてくれるがです。
そらなあ、上の叔父なら、親父の直後に他界。下の叔父、高齢での。妹家なら、その当時からは、環境変化で、違うわと。

での、葬式で、何を一番に注目とするのか、表現難しいけれどの、簡単明瞭の、そもそもがの、葬式、なるは、何がため怪と。
場合により、家族のみで、執り行うの、家族葬なるが、あるですが。葬儀、終わってから、町内会に、連絡の手、なれどです。これは、これで、故人なり、喪主の判断、意思でして。
一般的には、親族には、勿論の、町内会なりに、通達、葬式執り行うですが。
要は、故人の知り合い、血縁者で、見送ってやるの儀式でして。そらなあ、出来るだけ、沢山の方に、見送って戴ければ、有り難く。それだけ、顔広いと、相成るわと。

されどの、転入者では、知り合いもなと。
当方にしたって、当地、亀岡でなんか、知り合いの数、知れてるわと。町内会のと、云うたって、新興住宅地やし、皆、途中からでして。会社での知り合い、同僚なりが、町内会に居てるで無く。
学友も、竹馬の友も、居てへんわと。

されどの、町内会でして。
町内会も、当地に来て、40年近く年数経てるですが。それでも、よお、知らんが、正直なるでして。
その上で、より、沢山の方に、見送って、やって、戴ければ、有り難く。

と、思うが故、相応の葬式出すのであって。
これも、故人が、その意思では、ども出来ず。結果的、喪主なりの、考えでの。まあ、云うたら、喪主の見栄、多いに影響は、事実やわと。割り切ってもての、家族葬なら、諸経費、少なくて、済むですが。
そんな事例、町内会で、過去一例あった哉と。どこ様かは、よ、覚えてえへんけどや。多分なら、その後、転出されたの宅様の、母親であったよなでして。こちに、住んでおられえへん方でして。

それなら、我が親父も、そやったですが。
当方、その考え、毛頭の無く。従来通り、当家、自宅から、送り出したですが。
オッとの、故に、親父なんか、町内会の面々、顔なんか、知らんわと。知らんでも、沢山の焼香賜りの、感謝、感謝でねえ。
特には、当時、役員、三役、組長<支部長>なんか、焼香には、通夜、告別式、各々に、二度、並んでくれて。ソラ、喪主たる、立礼故、分かるわと。オトトの、その時、足の骨折入院中故、椅子に腰掛けたの状態でしたですが。

イヤイヤ、それでや、何を云いたいの怪と、なればの、焼香に来て戴けてるの方々注視してるです。
誰が来てくれた。来てくれて無いをです。
当たり前でして。
親族以外、親父を知らんです。にも関わらずの、町内会の面々が、焼香して戴けるは、コレ、当方、当家との、お付き合いでして。

そもそもがの、葬儀に参列、焼香とは、そと違う怪と。お付き合いでして。
会社の同僚の、親も、祖父母も、面識あらへんわの。その葬儀となればの、出向くわと。学友の、親が他界となればの、通知あらば、出向くわと。親なんか、全然の、知らんでもや。
只なの、優先順位なるが、あるです。
親族ならば、血縁ならば、万障、繰り合わせ、乗り越え、都合、付けんならんわと。
でも無いのなら、葬儀には、出来る限り、参列での。無理なら、後刻にでもと、相成るわと。
もと、簡単になら、しょが無いなあと、行けんでもと。或いは、せめてもの、弔電でもと。

そんな事で、本来ならです。
何が本来か、分からんのけどや。
当方なら、です。
コレ、葬儀に、参列、焼香に出向くは、お付き合いやわと。故人なり、喪主との、関係でして。町内会の方故の基準もあるです。あっても、その度合いもあるやろし。
そらなあ、全然の、全くの、そこ様の方々、知らんのに、出向くは無いわと。同じの町内会でもや。


それでや、町内会なら、全員、出て来いと、申すで無いわと。
そら、仕事の都合もあるやろしと。諸般のやるべきの、優先順位があるやろしと。お付き合いの度合いもなと。
只なの、このお付き合いの度合いの重さが希薄になって来てるよに、伺えて。

イヤイヤ、でででの、我が母の、葬儀でなら、町内会の方々、多かったのけどや。反面、知り合いなるは、僅少での。
町内会の面々、多かったの、大きな理由の1つに、当方、前年度<平成26年度>組長でして。組長仲間の多く、来て戴いたです。

とかとか、当方、6月8日に母他界で、葬儀出し。まさかの、その3箇月半後に、他家の葬儀で、受付するは、夢想だにもの。
されどの、余りに、近くてねえ。日がでして。
しかも、同じの組でねえ。家、近く。
故人も、よくよくの承知しててねえ。喪主たるの、気持ち、立場、よっく分かるです。

そらなあ、当方、町内会の葬儀には、可能なるの限り、参列してるですが。町内会行事に、積極的参加してるですが。
コレ、自身の立場もあるわと。
出来ればの話の、しかるべき時、例えばの話の、葬儀の時には、焼香でもしてやて頂戴な、でして。自分のでは無いの、親の、でして。当方、長男故でして。
自分のは、死んでもたら、実際の処、分からんわと。

云うとくの、諸般、葬儀には、出てるし、出してるし。
出てるからと、出すの時には、細かい事、知らん、分からん、多過ぎるのけどや。
出したら、細々、仔細、よお、分かってねえ。そらなあ、日が、そんなに経ってえへんもあるわと。
オッとの、ども、肝心の、云いたいの事、今一、云い足らんの、見事、的外してるです。
只なの、事が事だけにの、記載、掲載の、し難い事、多々あるわと。
(15/10/05)


NO.74 百箇日が過ぎたらの話(10) 香典の意思統一をの話

今一、云いたいの事、云えてませんですが。
葬儀をどこでやるかは、難しいわと。
自宅なら、近所の方も、出易くて。葬儀社では、少々の距離あって。特には、歳喰たら、分かってても、出難いわと。
どちにしたって、状況からしたらの、所謂の、お付き合いも、希薄になったなと。
再度、申すの、遠くの親戚よりも、近くの他人の、近くの方も、遠い存在に成りに蹴り怪と。益々の、寂しいなあと。

いやなあ、それなら、家族葬と、一般葬の中間、親族葬で、結構でして。実際には、そんな区分あらへんですが。
あらへんでも、親族のみで、執り行うの方がと。町内会には、余計な、気、使てもらわんでもと。事後報告のみでと。
それで、誰が悲しむ、寂しく、思てくれるの方もあらへんわの。有れば、訃報知って、宅様には、個別訪問、弔問でもと。その方が、はっきりしてるです。意味あるです。

その点、嫁はんの里、四国、香川の比地木での、義父の葬儀では、情緒と、するの表現、異なれどの、情感あったわと。
親族、近所の方々、家に集い、故人の遺体のソバで、故人を偲びの、雑談での、草臥れては、皆、その周辺で、寝てもてねえ。葬儀も、コレ又、表現、どのよにも、当方、様式知らんが故、説明、よしやへんですが。飾りと、するのか、手に持たされて。娘婿やろと。息子共も提灯程度、持たされたの哉の、それぞれ、男衆はモノ、持たされて。
皆で、焼き場に行ったですが。
とりあえず、葬儀も、祭り事でして。

コレ、十年の昔での、一昔に相成るの。当世なら、田舎の方でも、果たしての、自宅で、執り行うのかなあと。
云うたって、葬儀社でやるとなったら、近くにあらへんしで、村落にあるの、公民館でやるのやろと。イヤ、立派な公民館あるです。義父の時には、食事は、皆で、そこに喰いに行ったですが。
それこその、近所の方々、女性陣は、寿司をそこで、作られて。総出やろねえ。

十年昔なら、皆、十年若く。
十年経てば、皆、十歳、歳喰てるわと。ここは、少子高齢化も、甚だしくの、若手、次々と、村落離れてもてねえ。
限界なんか、遠の昔に過ぎてるわと。

当方にしたって、生まれの、育ったの地ならば、そこら中のを、知ってるわと。知ってるやろと。
これがなあ、当世、余所様に、余計なるの話、しんよになって。余所様がやでと。何が余計かとなるですが。そもそもがの、近所の噂話さえが、入らんねえ。入るには、入るですが。入っても、相手見て、話をせねばの、怖い、怖いの、困るの事よと。

オッとの、そんな話するが、本命で無く。
とりあえず、当町内会も、全体的、歳喰てる故、出るに億劫になってるのかと。
当方にしたって、出不精自認の、出るは、邪魔くさいわと。
されどの、この手の事、挙手するに、出不精、邪魔くさいも、吹っ飛ぶです。役に立つ、立てるの事、あらばと。

イヤ、ここ様と違うでも、挙手出来るの状況にあらば、挙手致すです。
状況とは、わざわざの、組長宅なりに、訪問してまでもは、立候補しやへんのけどや。記載、掲載の通りの、偶々の、当方居てるの時、とするのか、どこえか、行ってて、帰ったの時、組長、配りモノしてての、紙見て、へえと、そかと。組長に申し出たのダケでして。

これが、当組以外の方なら、出しゃばらんですが。
イヤイヤ、当組以外で、組から、受付出すとは、思わんですが。基本、町内会の、三役でして。
理由、分からんの、組の面々で、受付するは、当家が初めてでして。この偶々の、当組で、葬儀2軒、連続なだけでして。
今期、この組長故に出来たの事での、他の組では、やらんやろと。やるにも、出来んやろと。出来ても、何故に組で、受付するになったの怪と。
どちにしたって、これからは、葬儀も、年1度、あるか、無しか、から、次第、次第に増えるの哉と。それだけ、少子高齢化、進んでましての。明日は、我が身も、現実味、帯びて来てて。

それでや、ども、今一、この件、表現出来てえへんけれどの、別途の本命の話、致すわの。
してる内に、的確なるを、見つけるの可能性もで。

いやなあの、香典の話。
金の話、嫌やけどです。敢えて、申すの、自分だけが、声上げても、しょがないも、重々の承知の上のです。
そんな事なら、明日は我が身も、当面、当家、済んだわと。そらなあ、母、92歳でして。言葉選ばずの、常識的、イツであっても、不思議で無く。
順当ならばの、歳の順での、そんな話、どでも結構の。再度の香典の件。

くどいけどの、葬儀社でやったらの話、可成りの費用掛かるわと。
焼香に来て戴くは、多けりゃ、多い程に有り難く。されどの、現実問題、香典お断りの風潮なるは、葬儀費用、増すだけ、増して、収入、減るです。
コレ、ど考えても、矛盾でして。

されどの、喪主たる、世間の風潮、前例的、香典辞退とされてたら、前例破りの、クレとは、申せませんでして。
クレと、までは、申さんでもの、「香典辞退」を明言せねば、案内文、通達文に、その、旨、記載されぬ故、基本、相応の金額、包んで、出向くが、常識でして。
まあなあ、香典不要なら、行き易いは、確かなれどです。不祝儀袋準備せんでもええのやしと。幾ら、包むかの、思案しんでも、ええのやしと。

親族やあるまいにの、顔出すだけで、会席も、弁当も、出えへんのやしと。変に高額では、喪主家に気を使わせるだけでの、まあ、千円、三千円の範疇哉と。
千円はなと。少ない故に三千円哉と。相応の相場、こんなモン怪と。

でや、粗供養なるは、1080円也でして。
ここで、単なるの、当方、見解、案なれどの、町内会の面々、云うたら、義理でして。お付き合いでして。よて、町内会、その他大勢の、一般でして。
その粗供養代の、千円で、ええのやないかと。香典が、です。
これを、町内会で決めて、一律にそしたらと。「香典辞退」とせずにです。

云うてるは、さもないとの、元々がの、互助の精神、香典、金の問題でして。喪主家、そらなあ、費用掛かるわと。
その後の仏事、逮夜、四十九日、百箇日にしたって、お供養戴いたって、全然の、足るモンかの。遙か、彼方のと。なんか、親族にしたって、チョと計算したら、分かるの事よと。

オッとの、仏事で、金浮かすのなんか、毛頭の、考えてえへんのけどや。
にしたって、少額、少額、知れてるわが、度重なってみい、ゲとなるわと。
町内会、一般の葬儀、香典と、親族だけの、仏事では、違うのけどや。違うでも、諸般の経費、出すは、喪主家やわと。懐一緒の、葬儀にまつわるの、出費でして。
正直、重なって来たら、積算、高額でして。

よて、この風潮、何で怪の、互助の精神、良き、風習をば、無視し過ぎの、それだけ、義理が、厄介の、付き合い希薄の証左哉と。
さりとての、こんな事、前例覆すは、不可でして。覆して、あの人、取らはるかと、云われるも、陰口されるも、不本意での。
いやなあ、正直、当初、香典辞退の葬儀の時、へえの、ここ様、金持ちやなあと、思たわと。戴かんでも、出せる、賄えるの資力あるんやなと。

事実、そでして。
当家にしたって、一応はなの、母の葬儀費用、見込みで、貯めてた故、出せたですが。貯めててえへんでみい。葬儀社でなんか、出せへんわと。諸般の飾りも、最低、最低、それ、不要の、ケチケチ葬儀になってるわと。

割り切れば、それで、宜しいですが。
金掛けて、無理して、葬儀出すの事、あらへんわと。世間、町内会、親族から、何と云われよが、でして。
それが、そんな具合に、割り切れんがため、無理するわと。
結果、喪主が、ええ恰好したいがためだけかと。喪主の見栄哉と。

冷静には、そやなあと、自省しつつも、香典お断り、辞退なるは、喪主の、ええ恰好しいの、典型やわと。
くどいけど、そやからと、前例、イツからかは、知らんの、互助の精神無視の、悪しきの風潮には、逆らえずで、町内会で、意思統一をと、思うですが。
これでさえ、云うは、提案するは、難しいぞと。
そらなあ、余計な、お節介、ええ恰好しいと、思われるが、オチでして。
(15/10/06)


NO.75 百箇日が過ぎたらの話(11) 冠婚葬祭、互助の精神の話

そらなあ、冠婚葬祭、慶事、弔事、金掛かるわと。
されどの、祝儀、不祝儀、金包んで、持って来て戴けるです。
コレ、助け合いの精神、互助でして。

思えば、当方、一銭のと、貯金もあらへんのに、人並みの結婚式催したなと。
一銭もと、云うたら、お見事、一銭も、でして。
只なあ、祝儀、お祝い金なるを期待してたわと。よて、当時、円町の、玉姫殿で、でして。当世、朱雀邸と、名称替えてるですが。

いやなあ、ボーナスをあてにしての、結納金。モ一発、ボーナスあてにしての、結婚式でして。親から、一銭の援助もあるもんかと。親の貸衣裳代から、全部、こち持ちでして。
問題は、新婚旅行で、海外なんか、トンでもの、伊豆止まり。その時、生涯初、人生一度の、新幹線、グリーン車。
お土産も、自身の記念品なんか、あるもんかの。それこその、母要求の、土産買うだけで、精一杯。
ほんまやでの、それでも、不平不満のぼろくそでして。
とかとか、兎角に、この手の話、したら、この手の事、ばっかりでして。

云いたいは、人生の門出の、この結婚式披露宴も、一緒の事での、出来る限りの友人、沢山来て戴きの、式挙げたいわと。
形式も諸般あっての、当時、会員制もあったですが。当世でも、あると、思うですが。
ソラなあ、明瞭会計、経費明確、出席者一律幾らでと。なればの、そなるし、合理的ではあるですが。それでも、自腹、ゼロは無いやろと。されどの、全体的、経費、低けりゃ、足出るも、その分、低いの哉と。

云いたいの、本命、この事に非ずの、友人として、披露宴に招待されて、5千円は無いやろと。会員制でも、一万円哉と。
オッとの、会員制なら、親族も、会員制でして。ええのか、悪いの哉も、あるですが。イヤ、親族で、会員制でも無いの、結婚式に、一万円はあらへんわと。三万円、立場、場合によりの、五万、十万円哉と。

いやなあ、会員制でも無いの、通例結婚式披露宴でも、下手したら、5千円の祝儀の事もあってねえ。
この場合、出席の当事者たる、若いもあるし、経験不足もあるやろと。
何、云うてるかと、なればの、ホテルなり、相応の結婚式場での、披露宴で出されるの料理なるは、5千円では、喰えへんぞと。
云うたって、料理なるは、ピン、キリでの、値踏み、難しいけどの、最低でも、1人、1万円は掛かるやろと。そこに、5千円でも、文句云えずも、新郎新婦、泣くぞと。大泣きするぞと。

やからと、引き出物、無しは、出来んやろな。
基本、半分はとか、四割、六割等々、諸般、相場あっての、難しいけどの。
よて、基本の、基本、招待されたならの、最低限、喰い扶持程度は、持ってけと。
とするが、有り体には、常識哉と。

常識でもの、結婚式披露宴での、友人なら、お若いし、有り得るなと。コレ、相場、費用知らんしと。
当人、結婚式挙げたら、分かるですが。友人で、5千円では、辛いのお。引き出ものも、辛いのお。されどの、出さぬ訳にもの。そもそもがの、来て戴けただけでも、有り難く。
そらなあ、披露宴に来て欲しいの、友人故に、招待してるです。

での、云うたら、招待されて無いの、方々、知り合いならばの、三千円、五千円でもと。会社の同僚なら、三千円は無いやろの。万円はと。上司とも、なればの、招待されんでも、ン万円はと、相成ってもてねえ。
ほならの、招待されての、披露宴で、高級料理喰てと、なればの、なと。云わんでも、云われんでも、分かるやろと。

そらなあの、金満家なればの、イザ、知らずの、庶民では、大奮発、しとても、懐具合許さんやろと。
されどの、冠婚葬祭、費用掛かるわと。
冠の成人式。婚の、結婚式。そして、葬なるは、人生最後の葬儀での。故人との、お別れの儀式での。祭は、所謂の、法事、仏事。コレ、延々に続くですが。
葬儀以外、日は、予めの、決められてまして。準備も出来るです。

その点、葬儀なるは、当然の急での。出費も、急での。
よて、これぞ、互助の精神をと。この精神、日本の美風とも、云えるですが。次第、次第に、義理、厄介、単なるの、お付き合いに化して行くの怪と。
実際問題、諸般の年月、経験、見聞、重ねて来ててみい。従前とは、全くのと。ソラ、そこの当主の考えで結構なれどです。

での、冠婚なるは、主役当人様。
葬祭なるは、形、故人なり、ご先祖様なれどの、実際には、「家」の、でして。その長男家でありの、当主のでして。
割り切れば、質素にで、結構でして。質素も程度問題あるけどや。
特に、仏事なるは、こんな時にしか、親族、一同には、集まらんもあってねえ。それだけ、親族間のも希薄になりつつの、あるの哉と。

トトトの、この手の話、やからと、あそこさんはなあと。アイツはと、面と向かいの、云うは難しの、云えへんわと。
云えんでもの、当方、方々から、諸般、愚痴話聞かされて。
コレ、当人に云えぬ事故、尚更での。特には、葬儀、仏事ではなと。

イヤイヤ、最早の故人故、申せば、母方、下の伯父から、聞かされてたです。当家なら、上の叔父からもなと。故人では無いの、従兄弟達からも、聞かされて。
ンのマの、従兄弟達なら、云うた事、忘れてると、思うですが。
正直申しの、母方のは、ンの成る程の、下の伯父が、諸般の代行してたなと。その経済力の範疇で。
当家なら、チョと、云い過ぎも、結果的、確かに、祖母が代行してたよなでして。祖母なら、或る意味、別段にと。

祖母、他界からは、事実上、当方がと、相成って。
そらなあ、当方、自身の立場、よっく、理解してるわと。
立場あるが故、相応のと。

オッとの、この話も、今一での。
されどの、基本、この手の事、話、息子共には、して来たの積もりやわと。
よて、基本的、常識、分かってくれてて、よかつたなと。
イヤイヤ、当方、嫁はんなりがです。息子共、嫁共には、この手の話、数字で、ズバリと、申してるわと。ンの、ズバリも、丸めての話、なれどです。
目的なるは、諸般、余所で、恥描かせぬよにと。
(15/10/07)


NO.76 百箇日が過ぎたらの話(12) 喪主挨拶の話(1)

喪主、故人の、長女。
なんやろねえ。
以降、姉妹2人暮らしになるです。多分ならなと。
それ以上の詳しい事、知らんしと。イヤ、家族構成をです。

二日目、告別式は、一般の弔問者、やや少なくて。
イヤ、通夜では、ホールに入り切れずの、外にも席を設けられたですが。
イヤイヤ、そらなあ、比較しに、受付担当したで無いですが。単純に、お手伝いしてるダケでして。そやからと、一寸前、6月8日に母、他界で、当家も、ここ様と、同様、ここで、葬儀出したばかりでの。

しかも、同じの、1階で、親族控え室も一緒でねえ。変な具合でねえ。
只なの、ホールも一寸だけ、狭あしてあったなと。この方がええなあと。
云うてるは、当家のは、ホール一杯でして。そこに、一般、町内会の席、ドンと、でして。概ねの、来て戴けるの人数、そんなにはと、分かってまして。こんなに広いと、チョロと、だけやろしで、恰好悪いなと、担当者には、云うてたですが。マ、えやないですかと、云われてねえ。
されどの、案の定の、親族席、当たり前の、満席なれどの、それ以外、空き目立ち。通夜なら、半分は満たしたですが。肝心の告別式席スカスカでして。

オッとの、云うてるは、当家、母の葬儀の事やでと。
ここ様のは、やや狭くされてるの分、バランス的、丁度宜しくて。特に、告別式がです。事実、町内会以外と、するのか、多くの方、来られてたです。
町内会なんか、先刻申してるの、バスでは、たたの2人。別途に来られたは、2人やったの哉と。よお、覚えてえへんのけどや。
受付には、町内会の面々、6名なれどです。当家、含めての話の、夫婦では、2軒、組長家とに、なるなあと。

いやなあ、出来れば、告別式にと。
とは、経験積んで、思うです。
そらなあ、喪主挨拶あるし、故人を、見送るです。
若い頃には、そこまで、考えもしてへんのけどや。会社員なら、業務の都合にての、平日では、通夜にしか、行けへんですが。場合により、「外出」届けで、告別式にも、出たですが。

ンの、親族の葬儀には、全部、参列してるですが。告別式の、喪主挨拶をまともにしたは、下の叔父の嫁の時の、従兄弟と、此度、母の、当方だけやなと。
イヤ、親父の時には、骨折しててねえ。松葉杖でしたですが。省略でして。
ン、ンの、もしかして、もしかしたらの、自宅での葬儀は、省略の場合、多いの怪と。司会進行役が、全部、やてもてるやに、思えてねえ。

葬儀社での場合<注=家族葬では不明>、基本、喪主挨拶も、スケジュール的、組込まれてて。葬儀進行次第、打ち合わせの時、喪主挨拶の事も、話出たです。基本的、申すの事例の紙も戴いたですが。
一切の、目を通してへんでしたです。

そもそもが、紙に書いての、朗読なんか、全然の、するの積もり無く。ソレ以前の、そんな、書いてるよな時間、気分的余裕あらへんわと。只でさえ、細々、ゴタゴタ、バタバタ、諸般、あって。
それでのても、こちは、母の事で、その時点より、徹夜、半徹の、余り寝てへんし、気忙しくしてるのに、身勝手なのも、居てるしなと。
そんな意味からは、時として、紙見て、朗読の喪主、大したモンやと。

ソラ、四六時中、やるべき、決めるべき、あるでも無いけどや。動き回っても無いけどや。寝不足、思考停止で、頭も、カラダも、重てねえ。
この事態、状況、今一、理解出来ずの、思考停止で、葬儀社に居てるがさえ、信じられずもあって。そらなあ、喪主故、冷静に、冷静にと、振る舞おてるのダケでして。
当然の、内面的話やでと。

オトトの、そんな話、するの積もり無く。
この喪主挨拶、立派でねえ。感心したです。その話は、後にして。

当家、基本、当面、役果たしたですが。
今度は、自分の番なれどの、思うに、考えるに、葬儀費用何とか、成らんのかと。
他家ので、見聞、経験してるです。所謂の大団地なら、公民館で、葬儀もしてまして。公民館故、場所代、只か、どかは知らんの、借り代出しても、知れてるやろと。ええなあと。

云うてるは、葬儀社で、やるよな、高額出すの事、あらへんです。
団地内で、場所あるなら、イザの時、使えるなら、住民であるの、喪主家負担、軽減するです。助かるです。町内会、団地内の方も、焼香するに、参列、顔出すに、近くでねえ。
実は、従前より、その辺り、考えてるですが。

要は、当町内会には、会議所あるのに、町内会行事、役員会程度にしか、使てえへんでねえ。年何回使うやの、勿体ないなあと。
規約でなら、基本、私用の場合、500円哉でして。
葬儀なら、1万円でも、5万円でもと。構わんしで、使えるよに、すべきでして。
町内会も、今後、益々の、葬儀増えると、予測致すですが。葬儀社で、出すよりは、近在の、会議所でと。

コレ、我が期の時には、葬儀にまで、思い及ばずの。只、会議所の有効利用で、もっと、解放すべきの行動起こすの積もりあったのけどや。諸般、残念無念の、あっての、そんな明日の提案、原案、出すに至らんかったわと。
よて、9年経ったの、前期、当方、組長、区長も同じの組故、その辺り、会議所の有効利用についての提案してたですが。コレ、区長に対するの、個別提案での、役員会ではしてへんです。
イヤ、したカモ分からんですが。
理由、コレ又、前期、諸般あっての、ゴミ様問題での、こちに、殆どの、手間暇掛けさせられてもて。

それでも、尚、区長には、次期区長、現区長に対してなれどの、提案して欲しいと、云うてたですが。
単に、こんな事を役員会で、検討願いたいの程度なれどです。明日、明後日の話での。
その1つ、コレ、会議所の有効利用での。それを突破口に、葬儀にも拡大、狙てたですが。アカンなあ。アカンかったなあと。

当方、三役<区長、副区長、会計>の引き継ぎ会には、無縁の只の組長やしなと。
前期区長が、引き継ぎで、どんな話、したか、なんか、全然の知らんですが。聞いたの話なら、そんな話、出せるの雰囲気で無くと。とするのか、考え、全然の違うのよにしか、聞いてえへんでねえ。
フウンとしか、返答のしよが無く。

イヤイヤ、当方、諦めてなんか、してへんの。
果たしての、次期組長なり、決めるの時、程度では、組の寄り合い、支部会しやへんけどや。組長なんか、家の並びで、決まってるわの。少々、番狂わせあっての、次期、次々期と、変則、家の並びを無視の、戻るですが。

サテの、そなれば、こんな提案、したって、荷が重い哉の。今期、組長なら、話だけでも、役員会で、出してくれると、思うのけどや。
どちみちの、今期、役員会では、まあ、無理、無理、無理の、無理難題。
ソラなあ、提案してみな、蓋開けてみな、分からんのけどや。前期区長なりの、話等々からではなあと。そらなの、万事、区長判断でして。

ならばの、期末総会で、提案の手もあるですが。
云うたら、総会なるは、当然の、公開の場。発言なるは、ン十人もが、居てるの場での、相応にと。
告別式の、喪主挨拶も、同様での、ン十人もの方々、拝聴してるわと。

葬儀と、総会、一緒にしたら、アカンのけどや。
参列者、出席者、殆ど、記憶しやへんと、思うのけどや。当方、その辺り、案外に、案外の、チャンと、聞いてるです。主要なるは、しかりと、覚えてるです。
正直には、覚えてるの積もりだけ。

オッとの、トトトの、まだまだ、提案どするやは、決めてえへんのけどや。
今日の、明日の、急ぐの話であらへんしと。葬儀なるは、常に、突然なれどです。
(15/10/08)


NO.77 百箇日が過ぎたらの話(13) 喪主挨拶の話(2)

町内会のと。
と云う事で、ついついの、町内会全体、全般の話に及んでもて。

会議所の有効利用。概ねの腹案なら、あるけどや。当たり前に、会議所の管理法が問題なれどです。そんな事、分かって、云うてるわと。
他になら、区長選出法も、再考をと。輪番制もその役目果たしたです。人材枯渇もあるし、出来る方にと。報酬も、桁上げてと。今は、年2万円でして。アホかと。
お役目全うがため、身銭、それ以上に出してるわと。元々が、区長職、金銭では無いですが。

いやなあ、区長たる、その見識無くてはなと。度量もいるしと。
コレ、当方の感想、印象ならです。輪番制以前の、区長は、確かに、優秀でしたです。使命感持って、やってたよに、見えるです。
輪番制になってからも、そらなあ、優秀なるの方、多く輩出されてたは事実なれどの、反面では、度量不足のも、いてるしと。
案外に、期待値高い程に、意外になと。高い分、失望の度合いも大きいです。

オッとの、度量、器量云々、主題で無く、区長選出法も再考をと。条件も、整えてと。
簡単には、立候補が出るよな、区長職にしんとなと。まあ、我が町内会では無理やけど。
それと、何でもかでもを、輪番制に組み込んだですが。役職によったら、輪番制に相応しく無いのもあって。本部の、「体育振興」役員なんか、何で、一期、一年にするのかと。元々は、任期1年、されどの、数年は、留任して戴いてたわと。
それもあるし、こんな役、ええ歳した、爺さん、婆さん世代が務まるの役職怪と。無理、無理、無理の、無理難題やろな。

それを、分かってか、分かって無いのか。
多分なら、分かってても、自分が免れるを前提の、ダアレも、意見出さへんでねえ。出したは、当方と、モ1人だけ。モ1人なるは、別段の、公開しても、構わんの、現当組、組長。
いやなあ、基本、ダアレも、分かってえへんと、思うです。無関係みたいに、思ててねえ。
イザ、自分に回って来てみい。どするやと。その時になって、そんなアホなは、遅いんやと。

云うたら、こんな事が、総会で、決まってもての、以降の区長たる、意味理解したなら、改善、検討しませんとと。
コレ又、分かってえへんのと、分かってても、自分の期、無事、平穏、何事も無くの、任期過ぎてもて頂戴なと、思てるのやろと。多分ならなと。
いやなあ、早晩、問題になるは、見えてるわと。問題になっても、皆様、逃げるの怪と。
そもそもがの、これが、問題と、思てるです。町内会のしかるべくの、立場のが、その辺りの問題点、感じ取らんをです。
無理も無いの、従前、そこまで、考えてませんでして。区長経験したら、分かるですが。経験しても、分からん方には、分からんわと。弁護しるなら、分かった頃には、任期1年、終わってもて。


オッとの、そんな話に非ずの、葬儀の話。
ほんまやでと。当世、自宅でやるは、流行ってえへんですが。諸般、手狭で、ご近所さんの手も借りんならんですが。会議所でなら、基本、自宅と一緒みたいでねえ。当然の葬儀社の手も借りるになるですが。費用全然の違うわと。
葬儀社に儲けさせる事もあらへんわと。

この、「大井町」で、会議所、公民館なりで、葬儀されてるの事例、知らんですが。
先鞭付けたら宜しい哉と。
さすれば、町内会からも、沢山の方、焼香に来て戴けるです。手助けも、やり易いしなと。情緒あるの、葬儀出来るです。
それでも、100万円程度の出費いるですが。100万円で済むとも、云えるわと。香典も集まるしと。喪主家の出費、助かるです。むしろの、それがための、会議所と違うの怪と。その昔には、町内会の面々が拠出しまして。建屋、建てたんやでと。
まあ、詰まりは、皆が使えるよにと。解放をと。現状、勿体ないの使い方でして。年に何回使うやの、行事と、役員会だけでして。ダケでも無いけどや。知れてるわと。

での、喪主挨拶の話、なれどです。
その前には、諸般のセレモニー、親族での、花を添え。一般弔問者も、花を添え。
そして、棺の蓋なれどの、その時、喪主、故人の、母親に対しの、一言、申したです。「さようなら。」と。チャンと、聞こえてたです。
そのままの、まあ、ええ言葉やなあと。

確かに、以て、おしまいでして。
後は、喪主挨拶で。
棺は、霊柩車に載せて。焼き場でして。一連の事、工程通りの、どんどんと、進むわと。

ででの、当方、チャンと、聞いてるぞも、記憶曖昧なれどです。日が経てば、経つ程に、ええ加減になてもてねえ。歳のせいなれどです。
それでや、喪主挨拶にての、申されたです。経緯をです。
それでの、それでや、我が母の他界<6月8日>で、葬儀、9日が通夜で、10日が、告別式なれどの。
此度の、故人、その一週間経っての、15日に脳梗塞でと、云うたか、倒れたですて。へえと。
救急車で、病院にで、戻ってからも、寝た切りでと。
そして、9月25日、眠るが如くに、逝ってもたですて。フウンと。
イヤ、その月、その週、9月20日、当家、母の百箇日でして。仲良すぎるなと。

にしてもの、眠るが如くにねえ。当人にしたら、或る意味、幸せでして。家族に見守られてまして。コレ、理想的なるの、死、でして。
小説、ドラマの如くの、そは、ナカナカにと。
何度でも、申すの、当方、親族の、臨終の場、瞬間には、立ち合おた事、あらへんでねえ。皆、事後でして。直後でして。

別途の話、喪主の話なれどの、退院してからは、往診に来て戴いてたですて。へえと。
そんな医者があるのかと。
この往診に来て戴けんの事には、自宅での介護、看取りは出来ませんでして。当方には、そんな医者の心当たり無く。結果的、「こもれび」に、託すになったですが。

それでや、喪主、挨拶にての、申されるに、八木<地名>で生まれ、育ち、母、妹と共に、この地に転入。母、亡くなったですが、私共、これからも、この地で、過ごすに決めてますと。
皆様、宜しく、お願い致しますと。
へえと。そかと。

いやなあ、基本、そですが。
そんな事まで、喪主挨拶で、云われる事、無かったなあと。
喪主の相応の、覚悟表明哉と。

それでや。
この喪主、当家、葬儀も、通夜にと、記憶してるですが。
当方、喪主挨拶、聞いてえへんと、思てるですが。中身、筋、概ねの、当方のと、大同小異哉と。
云うてるは、故人の、最期の状況と、当人の気持ちをそのままに申されたです。

当方なら、この地云々なるは、構想には、全くの無くの。ここは、嫁はんえの、感謝の意の表明でして。
そらなあ、内での事は、知らんのけどや。喪主家のですが。
当家のは、重々の承知の、想像絶するの母でして。我が儘、気儘の、云いたい放題、やりの放題。さっき、あ云うてて、今度は、正反対の、こ云うたりの。周囲、我々、その度、振り回されてたですが。

こちは、基本、親子でして。慣れてるですが。
嫁はんは、親子に非ずの、血通てませんでして。されどの、ここまではなと。血通てても、出来ませんの、事まで、してくれて。ほんまやでと。これで、ホボの、40年やでと。
余人に真似出来るの怪の、それこその、無理、無理、無理の、無理難題。トンでもの、桁違うわと。

よて、当方喪主挨拶、葬儀、告別式、公開の場にての、嫁はんに対するの、感謝の意、明確にの、言葉にしての、申さんの事には、イツ、云うやの事での。
むしろの、コレが、喪主挨拶の〆でありの、大の付く、本命でしたです。

この喪主も、これからも、この地で、過ごすに決めてるは、本意、決意、覚悟なんやと、理解致したわと。
さもなくばの、皆様、宜しく、お願い致しますと、なんか、喪主挨拶で、云わへんわと。
云うなら、皆様には、ご参列賜りましての、有り難う御座いました。
でして。
(15/10/09)


NO.78 百箇日が過ぎたらの話(14) ここ様も、介護終わったなの話

振り返れば、喪主挨拶なるは、大抵、覚えてるなと。
あくまでもの、大抵なれどです。
余りに、簡単なのは、覚えるの要点あらへんですが。

イヤ、あったとしても、決まり文句で、本日は、お忙しいところ、某の葬儀に参列賜り、有り難う御座いました。某月、某日、永眠致しました。
の程度なら、そかとだけでして。某月、某日さえも、覚えてませんでして。
いやなあ、ご主人が亡くなられて、喪主、その奥様なりの時には、号泣されてねえ。その光景、覚えるですが。さての、喪主挨拶、全然でして。ましてやの、そこの長男さんなりが代行で、決まり文句なら、フウンとだけでして。
むしろの、号泣されずに、正々堂々の、喪主挨拶されたら、フウンの大したモンの、しっかりしたはるなと。

コレ、故人の年齢もあってねえ。
当方の場合、母、92歳もあったですが。残念乍ら、声詰まってもたですが。イヤ、声詰まったを、残念とは、考えてませんですが。
これは、覚悟を決めたです。
声詰まるなり、号泣と、までは、成らんの、涙するやろなあと。
当方、感情移入激しくて。話とするのか、挨拶してたら、その情景、頭に浮かんでまうわと。作り話、するであらへんしと。
そら、この事、云うと、決心してたら、しょがあらへんわと。そこを避けては、挨拶の意味あらへんでして。世間的にはなと。身内とするのか、親族の殆ど、知ってるの話でして。
挨拶なるは、基本、親族に対してで無く、一般の方に、経緯説明でして。

そんな事で、この喪主立派でしたです。
言葉、多少は、詰まってたですが。その程度はなと。
淀み無く、淡々では、冷たく感じ。さりとて、号泣してたでは、挨拶も先、進まんわと。号泣、構わんですが、止まってもてはなと。

イヤイヤ、叔父嫁の葬儀の時の従兄弟は、よおやったと、高く評価してるです。
そらなあ、母親の葬儀でして。喪主であるの、親父の代行での、挨拶でして。よお、やったなと。
その辺り、叔父、表に出るが苦手でねえ。オッとの、当方も又、本来的、苦手なれどです。
云い出したら、当家、柴田家、親父も、叔父達も、皆、表に出るは苦手でして。出来る事なら、避けたいですが。そも、云うてられへんし、出てるだけ。

そもそもがの、当方、あがり症。
正直なるの話、何でも無いのに、結構、あがるです。
何でもは、誇張なれどの、緊張屋とも云えて。

そらなあ、家で、茶飲むに、緊張しやへんのけどや。
そんな場面で、一々の、緊張しの、あがってたら、生きてけへんわと。
常に無いの、場、情景、状況での、話簡単の茶飲むにも、緊張してもてねえ。

どんな具合にと、なればの、茶、こぼしたら、アカンと、意識し過ぎるがあるです。
意識し過ぎで、どなるかと、なればの、手震うわと。ガタガタ震うわと。下手したら、反って、茶こぼれるのではと。
思えば、思う程に震てもて。どしょも無いわと。

まらばの、喪主挨拶で、多くの方々、面前に、上がるかと、なればの、これはなの、左程で無いです。と、申せば、語弊あるの、上がってるですが。多分ならなの、直前までは、困った、困った、挨拶しんならんのやと、苦痛で、苦痛で、避けて、通りたいけどの、そは出来ずの、鋭意決断の、ンのやてまえと。
コレ、第一声で、落ち着いてもてるです。
とするのか、第一声出した時には、平常心でして。参列賜ってるの方々の顔、しかりと、見据えてるです。
挨拶途中で、すすり泣き、されてたも、聞こえてるです。誰様と、までは、分からんかったのけどや。

それこその、あがり症で、本来ならばの、足、震うの気分なれどです。
覚悟決めたら、どて事は無く。
涙するの箇所では、当然の、涙するは、避けたい、避けるべきは、重々のその積もりなれどの、涙とるるのか、声詰まってもての。瞬時はなと。
コレも、予測はしてたが故、又、構わんわと。開き直るも、積もりしてたが故、乗り切ったと、するも、異なれどの、想定内の事でして。

それで、恥ずかしいなどとは、考えてえへんです。
当然也と。
実の母の葬儀やわと。この歳まで、一緒に暮らしてたんやわと。実際には、ここ数年、2年、3年は、介護施設に中期入所してたですが。

云うとくの、「特別養護老人ホーム」とは、違うわと。
そこなら、洗濯モノの、交換に行くの事もしやへんわと。住所変更も、しやへんわと。あくまでもの、主は自宅で、当家やわと。
明言するなら、そんな水臭い事、するモンかと。

母が、車椅子でなければ、中期入所も考えてえへんわと。
この、車椅子になったが、何とも、残念でして。そらなあの、こちが、何歳と思うやの、ディ・サービスに出すに、迎えるに、抱えて、家に上げんならんわ、体力的、自信がなと。
それもあるし、オシッコ番、24時間体制なんか、家で、延々の出来るのモンかと。2日、3日で、限界やわと。

母をベッドから、起こして、車椅子の載せての云々の。その度、手を洗いの、母のカラダを支えの、やてたら、手も、ヒビだらけになるです。血が滲むわと。支えるの腕力、握力、限界に達しの、落としたら大変やわと。

こんな事、実際に、やてるのモノにしか、実感、分からんわと。
ハタ目で、誰が、手助けするやと。してもらわんでも、結構なれどです。要領、分からんやろと。

それでや。
此度の先様、脳梗塞でと、申されたですが。退院して、寝た切りでと。されどの、諸般、意識はしかりとしてたよで。
どちにしたって、この介護も、大変ぞと。
介護なるは、チカラ仕事やでと。

云うてるです。男でも辛いんやと。
かと、申しの、先様の、細々までは、知らんですが。イヤ、オシッコ、24時間体制かがでして。
只なあ、それを除外で、実の子、娘が介護での、同性でして。故人としたら、やってもらい易かったやろと。

ほんまやでの、当方、男、母、女。
正直、諸般、慣れるに日数要すると、するのか、日数なら、可成りの年月、この状態やけどや。そらなあ、突然でもあらへんの、年、月、掛けての、この状態での、こちは、覚悟の介護なれどの、母は、やり難かったやろなあと。
多分なら、嫁はんの方が、やってもらい易かったやろと。

イヤ、介護、それも、双方、歳喰てからは、そんなモンでの。
それも、ここに来て、そんな用事も無くなてもてねえ。
余人がやらぬの事、十二分過ぎるに、やて来た、やれたぞの、自信なら、あるですが。
イヤイヤ、「こもれび」にも、用事無くなってもてねえ。変な具合で、気分でねえ。
(15/10/10)


以降、関連の話は、「単なる雑談」に掲載するです。
(16/04/10)



inserted by FC2 system