シバケンの天国
<−介護・凡人の憂鬱ー>
−明日は我が身の話−

禁談・奇談VNO.7


禁談VNO.5 禁談VNO.6
禁談VNO.1 禁談VNO.2 禁談VNO.3 禁談VNO.4

要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談NO.9 禁談UNO.2
要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談・奇談NO.9
番外・爺さん・婆さんの話 母入院NO.4 要介護1NO.3

題目一覧表

目次

禁談・奇談VNO.8

NO.70 百箇日が過ぎたらの話(6) 当世、葬儀事情の話

NO.69 百箇日が過ぎたらの話(5) 向かい三軒両隣の話

NO.68 百箇日が過ぎたらの話(4) 湊泰孝市会議員殿の話

NO.67 百箇日が過ぎたらの話(3) 告別式えの話

NO.66 百箇日が過ぎたらの話(2) 諸般諸々の話

NO.65 百箇日が過ぎたらの話(1) 手伝い申し出るの話

NO.64 初盆過ぎての話 相性の話

NO.63 初盆の話(7) 諸般の話

NO.62 初盆の話(6) 事例の話

NO.61 初盆の話(5) 事例、その2の話

禁談・奇談VNO.6


NO.61 初盆の話(5) 事例、その2の話

お婆ちゃんの、針刺しも、一応の作業オシマイにと。
ソラ、不満なるの箇所、散見するですが。ま、ええかと。或る程度と、なればの、完全分解、板一枚、一枚にしての、組立の、しなおしでして。
そこまではなと。

ニス塗ったし、二度、三度の塗りでの、相応に乾燥の。又、剥離箇所あるが故、セメダインでと。
接着も、隙間狭くの、難儀での。コレ又、ある程度で、妥協をと。
とか、云うてたら、不完全なまま、みたいなれどの、そらなあ、多分ならばの、百年経ってるの、針刺しでして。最早の、肝心の、針刺し部はあらへんし、引き出しも、スムーズには、抜き差し出来ずで、実用には、使えへんわの、飾りやわと。


でででの、「その2」をと。
「その1」同様の、とあるの、テレビ番組で、やてたの話やわと。
よて、同様にしての、キツイ、姑やなで、可哀想な、嫁で、オシマイでして。そのよな、語りをされてるです。
これでは、単なるの、姑の、嫁いびり怪の、解決には、ならんの、嫁に対するの同情だけでして。

オッとの、での、話、超の簡単。
夫の実家から、野菜を宅急便にて、送ってくれるですて。へえの、ええなあと。
それを、度々の送ってくれるですがと。フウンの、益々の、大した姑やなと。
思てたならばの、問題はと。腐ってるの、野菜でしての、ゲと。
そんな、イケズな姑、居てるの怪の、話での。話、それだけでして。ゲストの皆様、異口同音の、酷いねえと。

イヤ、確かに、酷いです。
明らかなるの、イケズで、イヤガラセに間違い無くの、困った婆様、姑でして。コレ、同感ではあるですが。チョと、待てと。ダケで、終わるの怪と。
当方からしたらの、困った姑ではあるですが。そこまで、追い込んだは、嫁ではと。夫たるの、顔見えぬですが。

いやなあ、そもそもがの、腐ったの野菜を何故に送り付けるやと。それも、度々の、複数回。
これでもか、これでもかと。梱包して、運送屋に持ち込みの、送料支払いましての、よおやるなと。
ダケの話怪の、ここまで、険悪に何故になったの怪と。

話、超の簡単の、夫の実家にどれ程の訪問してるの怪と。
実家、農家なん怪の、そこまでは、語られてませぬ故、不明なれどの。当家、当方、農家に非ずなれどの、息子共が戻って来て、偶々の、野菜あれば、持ち帰れと、お裾分けしてるですが。
そらなあ、嫁はんの知り合いの農家から。ご近所の方々が借り農園での野菜を戴いたりの。当方にしたって、「芋煮会」で、野菜を作ってましての。収穫あれば、僅かでもの、残して、分配出来るモノは、してるですが。

送ったりは、してへんの、息子共、嫁共、来たらの話。
運良く、来た時、あったらの話、なれどの。近々にでも、来るが分かれば、残してるわと。腐らんの野菜ならなと。大抵ならばの、腐らんの野菜を作るですが。ジャガイモ、サツマイモ、タマネギ、大根等々でして。
腐らんも、残すに、限度あるやろなと。

オッとの、での、何を云いたいかと、なればの、高がの野菜。されどの、野菜でして。
何がため、残してるかと、なればの、当たり前の、嫁共、来たら、分け与えたいがためなんやと。たとえの、タマネギ1個でもや、あれば、持ち帰れと。
当方、「芋煮会」で作ったの野菜やでと。
形、イビツなれどです。不揃いなれどです。味、よ、分からんけどや。専門家やあるまいにと。

そらなあ、帰るに、何か、1つでも、持ち帰らさせてやりたいわと。
野菜なら、高価でもあらへんしで、持て帰れも、戴くに、遠慮無用で、手軽でして。必ずや、使うやろしと。
当方にしたって、それがある故、「芋煮会」に参加も、参加のし甲斐あてねえ。収穫も、1個でも沢山にと。その分、1個でも、沢山やれるしと。
昔の会社の仲間との、ダベリングも楽しいけどや。飲みもせぬの、飲み会にも参加で、最寄りの駅の、送迎致し。

オトトの分配するは、嫁はん、なれどです。
それで、この前の、芋、美味しいかったと、でもの、一言、云われたならばの、嬉しいけどや。ンの、評判、聞いた事、あった怪と。ここだけの話の、聞いた事、あらへんぞと。まあなあ、構わんけどや。
そもそもがの、美味しかたとか、云われたってなあ。端正込めて、でも無いし。品種改良してる、とかとかの、専門家とも、違うしなあ。ピンとは来いひんし、返答に困るのけどや。
少なくともの、当家、農家で無いは、皆承知。

それでや。
嫁はんの里からも、従前、時々は、ジャガイモなり、ミカンを送ってくれてたですが。
畑なら、小さいのを、所有してるですが。ミカンは、戴いたのを、お裾分けやろなあと。
これも、義母、最早のええ歳でして。要介護の、「2」でして。畑仕事なんか、出来ずの、送るなんか、無理、無理、無理の、無理難題。

云うてるの、意、分かる怪の、その昔なら、我が愛車で、嫁はんの実家に行ったの帰りには、トランク・ルームに一杯の、その手、作物、すいかやとか、ジャガイモやとか、入れて戴いたですが。
そら、里の隣近所の方々までが、持ち帰れと、戴いて。
下手したら、トランク・ルームの蓋、閉まるの怪の、量でして。
事実、車体、グと下がったりの、パンクした事、あったなと。ほんまやでと。

当世、我が愛車では、里には行かずの、息子共の車での。
それでも、沢山の、モノを積んでくれるですが。義母以外がなと。ソラ、先の通りの、歳でして。
別段の、恒例化してるが故に、土産モノを持ち帰るは、どでも結構なれどです。気持ちや、気持ちの世界やわと。

それでや、話、飛んでもたけどや。
この嫁、テレビで、腐った野菜云々の、文句告げてるのバカ嫁なれどの、「その1」と、同レベルの嫁でして。
近々にでも、野菜、取りに行きますと、何故に云わんの怪と。野菜はどでも結構の、遊びに行きますと。
一発、一言、云うたの途端、腐り野菜、ストップするわと。少なくともの、行くまでなと。行くの間、開いてみい。保証の限りに非ずの、そんな程度、当方で無くともの、予測出来るわと。
無責任、適当なるの、行くでは、倍返し、三倍返しの、下手したら、腐り野菜、金出して、買おてでもの、十倍返し、されるぞと。

そらなあ、野菜1つで、ガソリン代、高速道路代等々、手ぶらでも行けませんの、手土産1つでもの、相応の、出費なれどです。多分なら、なと。
野菜なんか、買おた方が、安いけどや。
そんな事、分からいでか。当方がや。その、腐り野菜の、姑がや。

での、申すの、結婚なるは、当人同士の惚れた、腫れただけで、成せるで無いです。
家と、家が姻戚関係に相成るわと。それが、明確に分かるが、結婚式で、両家親族、相見えるです。
基本、両家、親が主での。その親無視ではなと。自分等だけの生活、楽しければで、済むもんかと。

オトトの、そんな話、するの積もりに非ずの。親なるは、必ずや、子の幸せ、真剣に望んでるわと。我が身に替えてもと。
ででの、云うとくぞの、当世、楽やないかと。
当方の時代、高速道路なんか、完備されてえへんわの、四国に渡るに、瀬戸大橋なんか、あらへんわと。フェリーでして。待つに、順番待ちに、ン時間ぞと。行くに一日掛かりでの。
それでも、年1回、盆の時期、里帰りしたんやわと。嫁はん、四国故、当然でして。

オッとの、我が実家なら、当家での。
こちが主、里の親も、理解してるわと。
での、一応は、「柴田」の、本家、でもあるわと。枝葉、少ないけどや。
(15/08/11)


NO.62 初盆の話(6) 事例の話

お婆ちゃんの針刺しも、相応に綺麗になってるです。
いやなあ、盆の時期故、明日<8月12日>には、長男戻り。
イヤ、嫁と、孫共、嫁の実家に、でして。
13日には、皆、こっち。

いつから、行ってるのか、次男一家、嫁の実家にで。14日には、こちに来ると。
14日、15日は、全員集合での、賑やかになるです。
よて、母の部屋でやてたの、針刺しの修繕作業終えて、ニス、刷毛、セメダイン等々、広げてたの、新聞紙も、処分で、全部仕舞いの、使えるよにと。
次男一家も泊まる故、部屋解放をと。

さての、皆が集まるは結構の、どするやと。
どするは、どこえ連れてってやるか、でして。名案、マダ、浮かばんわと。八木の方で、花火大会やるですが。夜の、人出、多い場所に、孫共連れてくもなと。制止振り切り、走り出されたら、忽ちに、見失うの可能性がと。

15日には、皆、帰るですが。孫娘は、当家に残るの予定での。1週間、預かろかと。
折角の夏休みに、諸般で、児童館と称するの、親の留守の間、子どもを預かってくれるの施設があってねえ。そこに預けられるになれば、夏休みの意味も無くの。むしろの、長時間、そちになるなあと。
そらなあ、出来れば、孫全員、預かってやりたいけどや。3人も、4人もは、よ、相手出来ませんです。
特に、男の子は、手を焼くは、分かっててねえ。
男の子なら、手を焼く程の方が、ええけどや。こちが、神経摩り減らすわの、身が保たんわと。その辺り、女の子はなあ、全然の違うです。
されどの、1週間ねえ。どするやと、今から、諸般、考えるも、毎日、毎日は、よ、方々に連れてやれへんけどや。
その話は、別途に致すの、マダ、先の話やしと。


さての、事程左様の、嫁姑の話。
とあるの、テレビ番組での、話をしたですが。番組スタッフも、ゲストも、真相分かってえへんなあと。要は、経験あらへんでして。
こんな鬼姑がの、愚痴話になてもてねえ。何でもが、姑が悪いと、理不尽なと。

イヤ、確かに、事例のは、そ思う面あるですが。
残余の寿司、ゴミ箱に捨てたり、腐り野菜を送って来たり。
結果、この嫁可哀想になあと。するの番組構成故、必ずや、番組スタッフも、その年代で、同情しての事なんやと。
それでは、問題解決に至らずの、世の姑、皆、鬼怪と。非常識なんかと。
イヤイヤ、2例についての、我が解説、おかしい怪の。鬼姑は、鬼姑も、ダケに非ずの、実は、鬼嫁也と、するがです。

当方なんか、悪いけど、祖母、存命中の頃から、その辺り、理解してたわと。
オッとの、叔母達を、鬼嫁と、してるで無いわと。
下の叔父、結婚したら、寂しがてねえ。偶に来たら、お小遣い、くれたら、涙流して、喜んでたわと。ええ子や、ええ子と。
来ても、持ち帰らせるの、モノが無くの。それでも、ミカンの、1個、2個でもを、持ち帰れと。当家、農家に非ずの、又、京都の、ド真ん中での、貸し農園なんか、そこらに、あらへんわと。

結婚したら、行くに遠慮してねえ。
そのミカン、1個でも、2個でもを、持って行ってくれと、当方、託されて。
そらなあ、祖母の気持ち、当方、高校生、大学生でも、理解してるわと。当方にしたって、新婚の、叔父宅になんか、行き難いぞと。祖母にしたらの、尚更での。
それもあるし、当世とは、交通事情違うしの。又、年齢的にもや。それ以前の、親が、子の家に訪問なるは、余程での。多分ならばの、叔父達の、家、知らんかったの哉と。一度も、行ってえへんしと。
影乍らの、こそりは、知らんですが。場所だけでもの、話やでと。

当方なら、叔父、甥でして。母なら、兄嫁でして。その兄嫁たるも、結婚したの、叔父宅には、そは、安直の、訪問なんか、致さんですが。祖母から、頼まれては、行ったですが。一度だけなと。
要は、気楽なるの、当方、諸般、頼まれ、何度も、叔父宅訪問してるわと。

での、息子であるの、長男、親父にも、嫁であるの、母にも、申さんの、愚痴話をば、当方、孫に、でして。
聞き役、聞かされ役でして。
それもあるし、祖母の妹達が、我が家に来ての、愚痴話をば、散々の聞かされて。
オトトの、妹達、当方に聞かすの積もりあらへんけどや。姉たるの、祖母になれどの、広い邸宅でもあるまいにの、席外すの場所あらへんしで、厭でも、聞こえるわと。

話、又、逸れてるですが。
嫁姑問題なんか、当世のは、バカみたい。
嫁も、姑も、でして。程度低いわと。イヤ、そんな世になてると、云えるですが。当方が如くの環境に居たが、超の僅少哉でして。

何が云いたいかと、なればの、鬼嫁、鬼姑の共通点。
自分に対してのみ、正直なんやと。これを、称して、我が儘、気儘と、申すですが。
相手の事、露程、微塵たりともの、思い、至ってえへんわと。特には、嫁。被害者意識のみなんやと。ゲストも、番組構成者も、アカンなと。皆、我が身中心に考えましての、無理からぬの、事、なれどです。経験不足故。
トットの、姑も、経験不足で、被害者意識旺盛なれどです。これが、益々のその傾向増すの怪と。増すなあと。

云うたろかの、世代毎に、本来的、教育水準なるは、高度になってるですが。
そらなあ、その昔の、読み書きソロバン出来たら、上等の時代から、尋常小学校だけはの時代があっての、中学校も義務教育になりての。
次第、次第に、せめてもの、高校はと、なりのと。
これだけでも、教育水準、違うわと。違うも、諸般、ズレてるなと。
当世、情報氾濫の時代なれどの、肝心なるのが、出鱈目でして。進歩どころか、後退哉と。

ほんまやでの、嫁姑問題なんか、もしかして、もしかしたらの、人類創世の時代からと、違うの怪の、全然の進歩無いなあと。感情論の、人間故で。
イヤイヤ、ここに、男が顔出さんなと。
寿司捨て婆様、腐り野菜婆様の旦那であるの、爺様、どなんや。鬼嫁の、婿殿、息子は、どなんやと。

どなんやも、鬼嫁同情論蔓延ればの、益々の、足遠退きの、険悪に相成るわと。
この不満、鬱積積もりの、あんな嫁、あんな姑となりての、コレ遠因となりての、一因でもの、最悪、離婚原因にも、成り兼ねず。
いやなあ、親原因の離婚も承知してるわと。

オッとの、こんな話、するの積もり、あらへんかたですが。
要は、当家、嫁共、当方からしたらの、花丸でして。その手のと、一緒にすなよの、桁違うわの、全面的、味方すると、申してるわと。
ここで、爺様の顔出したです。
での、爺様ねえ。間違い無いけどや。
嫁共、当方からしたらの、自慢の、性格、可愛い、嫁で、娘やわと。
当然の、外見、美人やしと。
云うとくの、人品、外にも、自然、現れるです。
(15/08/12)


NO.63 初盆の話(7) 諸般の話

「禁断・奇談V」
そんなに延々もなと。
過日、<8月9日>には、玄関に貼り付けてたの、「忌中」の文字を剥がしたです。最早の、四十九日、過ぎての、納骨終わってまして。
「忌中」終えても、「喪中」なれどの、コレ、基本、一年、はたまたの、13箇月の話も、あるですの、喪に服すになるですが。称して、喪中。

いやなあ、嫁姑問題、まだまだ、話、したい事、あるですが。
の、前に、実は、実はの、嫁姑問題なんか、当初、するの積もり、無かったですが。
したかたは、離婚問題でして。
当世、ビクリするの程に多い故でして。我々の時代との比較で、桁、違う。のでない怪と。当たり前の、当方、承知の範囲での話なれどです。

そらなあ、京都時代、近在で、離婚を知らんです。
我が、学友、同級生の範囲でもの。ンの、1人居てるですが。1人だけでして。
ンンの、会社時代のなら、案外に居てるの、3人哉の。されどの、コレ、母数多いわと。情報入るの範囲で、千名程哉でして。
諸般、諸々の、我が後輩、次世代、多いなと。次第、次第に増えての、桁違い。
とは、我が感覚的なるの話。

学友であれ、会社のであれ、皆、結果を知るのだけでして。
離婚したと。過去形でして。
イヤ、原因、までもの情報、入る事もあるですが。
聞いてるの話、以上の原因あるやも、分からんけどや。
フウン、そかと、話、聞いてるより、仕方無く。そら、結果の話でして。相談に非ず。

かと、申しの、相談されたって、ンの、こせえと、助言も、責任持てず。
されどの、コレ、我が息子、嫁の話やてみい。フウン、そかで、済むモンかと。済ませるモンかと。

まずは、そんな結論、固めるまでに、一言、相談して頂戴なと。
での、申してるは、その親が、親がと、申してるの意なるは、結婚なるは、当人同士の、惚れた、腫れた、ダケでは無いと。両家の親が介在してるわと。
申してるは、聞き及ぶの範囲の話からは、親の姿、見えんでねえ。

そらなあ、家庭内暴力、当世、ドメステック・バイオレンスとか、申すらしですが。
とかの、コレ、精神病むの、異常と、思うですが。では、無いならです。その他、パとは、思い浮かばんの、どしょも無いの原因で無いならです。どか成らんの怪の、解決するに、親も間に入ったらと。
多分なら、入ってるのでと。とは、思うですが。

下手したら、その親が原因の場合もあるやにと。との事例も、その昔の、昔に、聞き及んでるですが。
コレ又、対するの親が、一発と。
ソラ、先様、親と、喧嘩してでもの。喧嘩も、口での話の、一戦まみえるの情熱と、するのか、覚悟で以てと。
さもなくばの、親に何程の値打ちがと。
とは、我が考えでして。
とは、成らぬの内の、軽症の内に、話して頂戴なと。これが、真意の、嫁にでして。遠慮すなと。味方したると。
金の事、以外はなと。


での、ででの、です。
テレビ番組でやてたのよな、何処様とも、知らんの、嫁姑問題なんか、一刀両断、やり易いけど。承知してるの先様のは、口にチャックで、出来ひんわと。
そらなあ、当世、異常に多いの離婚問題にしてもや。メタ斬りしたいのけどや。しても、どもならずの、事前に承知してても、他家の話故、一切の口出し不可。
相談なんか、してもらえへんしと。されても、無責任なるは、云えへんし。

での、ここだけの話の、嫁姑問題なんか、なんか、とは、軽々なれどです。
コレ、表現替えたら、自尊心と、自尊心のぶつかり合いでして。特には、姑の、でして。そら、分かるやろなの、親子程の歳の差の、小娘なんかに、妥協も、おべんちゃらも、云えるもんかと。
口にせぬの分、陰湿にと。
小娘にしたって、名実共の、小娘故。甘やかして、育てられてるが故に、被害者意識旺盛での。何もしてへんのに、云うてもいやへんのに、何故にこんな酷いの仕打ち、されんならんのやと。

オッとの、姑、何を口にせぬかと、なればの、超の、簡単明瞭、家に来いと。
来て、何がある、話ある、でも無いけどや。
来て、顔見て、世間話の1つでもを、してたら、その分、親近感沸くやろなと。元々が、双方、全くの知らんの人、やったんやでと。
実はの、当世、教育だけは、高等になてても、中身、頭デカちでと。ならばの、マダマシの、思考回路、軽薄短小、では、無い怪と。コレ、嫁、姑共にでは、無いの怪と。

モと簡単の、親密度、親近感なるは、顔見て、話してるの積算時間に比例するです。至って、当然、問答無用の方程式。
オッとの、顔合わせるの度、犬猿の仲での、険悪ムード、全開では、反対の、逆効果、なれどです。
コレ、言語明瞭の、肌が合わんで、相性悪いのやなと。可哀想になと。
余所様の話なら、それで、済むけどや。
オトトの、以上、あくまでもの、別居の場合の話での。同居なら、その手、方程式、全くのと。ソラ、積算時間、頭っから、桁違うわと。

何でも、結構の。
こんな話、諸般の事情、裏事情ありての、そこまではなと。知らんの事、多々あっての、軽々にはの、話なれどです。
云うたら、他家、余所様の事なら、どしょも無いけどや。我が家族の事なら、余所事に非ずの、我が身の事での。
嫁に対しの、こちが、気にいらんなら、なれどの、花丸やでと。

気にいらんも、責任逃れで、無責任と、思うですが。ならばの、最初っから、反対しとけと。その親に、人、見る目、無かったんやと。
幸いにして、幸いにしてと。下手したら、息子以上に、こちが、嫁に惚れてたり。
の程に、相性がと。
嫁はん、同様にしてと。嫁の味方致すわと。
そこらのと、一緒にすなよの、類例稀少の、実践、経験、積んでるわと。

での、このお盆。
明日<8月13日>より、家族、順々にの、我が家に集合。
よて、基本、当方、我が家なれどの、諸般の、諸般で、掲載等々、手抜きに相成るかと。
(15/08/13)


NO.64 初盆過ぎての話 相性の話

「禁断・奇談V」
そんなに延々もなと。
云い乍らの、モ一発。

イヤ、昨日から、長男、我が家に戻り。
本日、長男一家全員、我が家にと。
その前に、母の部屋、整理整頓。ならばの、チョコチョコ、やてるですが。
車椅子での、移動がため、敷物、敷いてたですが。取り払い。これで、イメージ、大夫、替わったですが。畳の間に戻ったが故でして。
オッとの、これは、昨日、息子が戻るの以前でして。

そこで、嫁はん、本日、方々、噛まれてると。ンの、ダニやろかと。
フウンのダニねえ。当方なら、そこで、諸般の作業、お婆ちゃんの針刺しをば、修繕してたですが。又、敷物も、嫁はんと一緒に処分してたですが。特段に、噛まれてませんですが。
明日、次男一家、来たら、ここで寝ると、云うてるのらしく。ならばの、その前にと、バルサンでも焚くかと。

鋭意決断の、母の部屋のモノを移動させまして。
エアコンには、カバー取り付けたりの、ンの、火災報知器も、ガス・センサーも処置致しの。部屋の目張りも致しましての。点火一発、とするのか、噴霧一発、1時間はと、されてましての、長男の車で、嫁と、孫共迎えに、嫁の里、実家えと。

イヤ、本来、行く気無かったけどや。バルサン焚いたが故、家に居てられんと、するのか、一応は、外出してた方がと。ダケでして。
イヤイヤ、向日市故、そんなに遠くでもあらへんしで、時たまなら、出向いてるですが。此度と、同様、諸般の用事とするのか、迎えのついでにの、あるがためでして。
此度なら、バルサンの件と、当然の、買い物予定もあってねえ。皆が揃えば、相応の、準備も、食料、飲料、いるわいな。

での、嫁と、孫共迎えにの。帰りには、西友に寄り、スーパーの、「マツモト」に寄り。
さての、晩飯何にするやで、寿司でもと。ンの、長男、諸般で、資金潤沢故、奢るでと。へえの、ありがとさんで、行くにしてたですが。孫2号君、調子悪く。吐いたりしてねえ。多分なら、はしゃぎ過ぎの、動き過ぎの。では無いかと。
こんな調子で、寿司屋、回転の、なれどの、行けへんし。

結果、一旦、戻りの。どちみちの、食料品調達にて、戻らな仕方無いけどや。車に置いたの状態で、寿司屋に入ってられへんわと。
そやけど、孫君2号、益々の調子悪いがため、回転寿司のお持ち帰りに致すかと。
オッとの、母の部屋も、掃除、掃除で、荷物、置物等々、元に戻したですが。これで、基本、次男一家も、気分良くと。

ででの、明日は、長男一家と、墓参りでもと。するにして。
どちもちの、次男一家、戻るは、夜でして。明後日の、予定は、皆が揃てから、相談しよかと。


斯くなる次第の、斯くなるでの。
相性問題ねえ。コレ、どしょもあらへんねえ。
当方、別段の八方美人でもあらへんですが。さりとての、コイツ、嫌い、アイツ、好きでの、コレ、正直、あるですが。あっても、基本、表面には出さんよに心掛けてはいるですが。
簡単なるの、話、誰にでも、挨拶程度、致すわと。好かんのヤツに話掛けられたら、ニコリと、応答してるわと。
基本、好かんのヤツにも、こちから、挨拶程度、してるわと。

これがなあ、好かんのヤツからは、挨拶1つ、話掛けられたの事なんか、あらへんですが。
正確には、そ云う事哉と。
相性の合う、合わんなるは、です。
むしろの先様が、当方に合わんのやろと。合わせられへんのやろと。挨拶1つ、出来んのやろと。横向かれてるわと。

コレ、何が原因か、思い当たるの事、あらへんでして。
そらなあ、完璧に、変なのが、若干の1名様、居てるです。オッとの、親族に、ではあらへんでと。学友に、そんなの居てへんぞと。延々の学生時代からの、付き合おてるのヤツで、相性合わんなら、付き合おてえへんです。

そらなあ、会社には、居たですが。
合う、合わんと、する以前の、豹変するのが、でして。
昨日まで、単なるの、後輩での、気易くの、話もしてたのがです。諸般の理由によりの、我が部下になたの途端、その時点より、豹変。
当方をば、侮辱する的、行動致してねえ。ンと。
当方、そんなに大人しい方でもあらへんでして。よて、貴君、何か不満あれば、云えと。ズバリ、問おたですが。別段にと。ならばの、そんな態度すなと。何がと、問うが故、こちが、話、指示してるの際、明後日の方向、向くべからずと。要は、横向いてるなと。こちを向けと。
指示事項については、しかるべくの、報告せよと。報告の際、鉛筆をば、クルクル、回転させるなと。失礼千万なると。

数箇月、様子見したですが。替わらんが故、他部署に配転させたですが。ソラなあ、士気に関わるです。
いやねえ、彼も、そは、若手では無く。こつこつと、真面目に見えてた故。事実、こつこつの、真面目でして。只、諸般、何故か、上司には、この手の態度での、配転、配転させられててねえ。
当方、当人には、正直、そのままの、貴君、諸般の経験、積んでる故、後進の手本となりての、期待すると。
当時、当方も、若かったんやねえ。ハタ目からは、彼の本質、本性、見抜けんかったです。ここだけの話の、異質なるの性格と、するのか、異常でしたです。
上司、部下の関係になたの途端、挨拶1つ、出来ぬよになって。彼がや。横向いて。

常々、思てるの、挨拶なるは、基本中の基本。
この挨拶1つ、出来ぬは、異常での。
上司、部下の関係になての、豹変なら、ンの異常に自尊心高いの哉と。原因の1つに考えられんの事もあらへんですが。
上下関係、無関係なるの、例えばの話の、町内会で、横向かれてみい。ンの、変でして。
当方だけに、そんな哉と、思てたですが。過日、別途の複数の面々より、似たよな話、聞いて。へえのと、チョとだけ、安心したですが。フウンの、実はと、当方にも、そなんやでと。
イヤイヤ、特定の方々には、そんなでもあらへんでして。その差、何かは、よ、分からんですが。コレ、相性なん哉と。
あちが、こちにの相性なれどです。

事程左様の、相性なるは、解釈難しく。
そらなあ、特別扱い的、熱烈の歓迎して戴ければ、当方人間故に、ソラ、単純明快の、嬉しいわと。
そこまで、して戴かんでもの、極の普通で結構での。最低限、挨拶程度はなと。
コレ、相性以前の問題での。ええも、悪いもあらへんの水準での。

オッとの、何の話、してるの怪の。
どこ様の、とは、申さんの、挨拶1つ出来ぬの小娘居てるわと。こんな子に、諸般の応援なんか、露程も考えへんわと。バカバカしいわと。
先様も、当方になんか、応援をと、なんか、全くのと。
オトトの、こんな話、するの積もり、無かったですが。ついついにと。
(15/08/14)


NO.65 百箇日が過ぎたらの話(1) 手伝い申し出るの話

いやねえ。
早いモンで、百箇日が過ぎたです。
百箇日ねえ。
コレ、自宅、我が家に、「光圓寺」住職に来て戴きましての、執り行おたですが。当家、10名、妹家、8名が揃いまして。

百箇日ねえ。
読経終わって、説教で、住職曰くに、四十九日の、次ぎの日、50日の倍の、百箇日の頃には、故人えの事、寂しさも、薄れて来まして。次ぎのステップえの頃ですて。
ンの、マの、意味合い、よっく分かるの、諸般、遺品整理も、ホボ、終わってまして。形見別け的、処置、遠の昔にで。
むしろ、残余のモノ、形見とか、遺品とか。母のモノと、するのか、関連品も、遺品的概念最早のあらへんでして。単に不要品の処分。
コレ、進めん事には、部屋も、使えませんでして。

オッとの、その話、するの積もりが、急遽の。この手、話、常に急遽、突然なれどです。
いやなあ、近所、同じの組の、お母さん、お亡くなりになてねえ。享年83歳ですて。
いやなあ、いやなあ、母と、仲良かったの方でして。聞いて、知って、へえと。
云うとくの、母、93歳<数え歳>でして。その方、83歳でして。ンの、マの、数えか、満か、までは、知らんですが。どちにしたって、80代前半での、マダ、早いですが。

昨日、9月の、25日、朝なんやろねえ。お亡くなりになりての、葬儀の件、その通達文をば、当組、組長配って歩いてましての、フウンのと。
いやなあの、いやなあの、組長には、その場にての、お手伝いするの事、あらばの、何でも、云うて下さいねえと。
当たり前の、社交辞令、おあいそ、口先だけの言葉に非ずの、そのまんま。

ほならの、「受付」してくれる怪と。ンの、宜しいと。即答、二の返事。通夜、明日、26日<土曜日>で、告別式、27日<日曜日>なんやと。
この話、25日、昨日の事故、明日とは、本日の事でして。
2日共、やてくれる怪と。ンの、宜しいですと。即答、二の返事。
この程度、日程なんか、ならばの、配付の紙、通達文に記載されてるわと。見て、承知の上での、申し出でして。

そらなあの、諸般あるわと。
先の通りの、この婆様、よっく、承知。そらなあの、母と仲良しの方でして。その娘さんとも、当家、親しく、してるです。
当家、母の通夜にも、来て戴いて。オッとの、その娘さんがやでと。
とかとか、重々の承知の、そらなあの、諸般、思うの事、あるわいな。

問題は、その、日曜日<27日>。明日の事なれどの、町内会も、「大井町」の、なれどの、「町民大運動会」の日でねえ。
当方、選手と、するも、おこがましいけどや。例年通りの、「玉入れ」「綱引き」に挙手して、参加致すわと。
云うたって、午前中の競技で、「綱引き」の方、下手に勝ったら、昼の部で、決勝戦なれどの。まあなあ、勝たへんわと。ンの、昨年度、勝ってもたですが。当方、昼食で、一旦、帰って、まあ、ボチボチ怪と、会場であるの、「大井小学校」に着けば、競技の真っ直中でねえ。へえと。
へえも、今更の、代行選手出てるしなあ。

オトトの、そんな事で、明日、午前中、選手で2競技に出場。参加賞の、ティッシュ・ペーパー2箱戴くになるの。
町内会から、出るの、弁当戴けば、即の、我が家に戻りの、喰て、告別式の、「受付」にと、恰好、準備しての、出向かねばの。場所、母の時の、でして。

いやなあ、明日、早いんやと。
早いも、開会式、8時半なれどです。開会式も、当方、只の選手故、終わるの頃に、チョと、出れば、結構なる、なれどです。
コレも、準備、いるわいな。

とかとかで、実は、昨日<25日>より、気忙しく。正直には、20日<日曜日>百箇日、執り行いての、過ぎての、次ぎ、来年の一周忌やなあと、安堵の矢先でして。
明日、早いし、今日は、ボチボチの、寝てまわんとなと。

いやなあの、いやなあの、昨日、何が忙しかったかと、なればの。
先に申してるの、この、20日に、母の、百箇日をと。
別段の、華美、派手では無いの、服装で結構と、してたですが。ズボンがと。礼服しか、あらへんと。とかとかの、話、あったが故、ほならの、礼服のズボンでと。

結果、20日に、礼服のズボン、使用で、即の、クリーニングに出しててねえ。
次ぎ、履くは、来年、6月辺りの、一周忌やなと。ノンビリ構えてたですが。
そんな次第の、斯くなるでの、急遽の、クリーニング屋に、礼服のズボン、取りに行ったり。

それとなあ、その20日朝から、右目の調子悪く。市販の目薬で、しのいでたですが。今一でねえ。正確には、今一歩でねえ。
そんな事も有りで、コレ又、急遽の、眼医者にと。

トトトの、話、あちこちなれどの。
要は、明日<27日>、朝から、忙しいんやわと。
(15/09/27)


NO.66 百箇日が過ぎたらの話(2) 諸般諸々の話

いやねえ、ほんとにビクリしたです。
いやねえ、ビクリは、誰にもあるです。若いからと、まだまだ、生存とは、決まってませんでして。歳喰てるから、ボチボチとも、云えへんわと。
只なあ、確率的には、古手から、順々に、でして。コレ、順当でして。
その辺り、幸いにしての、当家、「柴田」家、順当でして。
親族、どの範囲までが、ある故、当家、直系に限れば、次ぎ、当方。で、無ければ、困るの事よの、寿命なるは、自身で、決められませんですが。とりあえずは、生殺しにすなの、スカ、ズバ、バッサリ、やて頂戴なと。
いやねえ、何故に、云々、主題から、逸れる故、割愛致すですが。

当方、ご縁なるを、大切にと。コレ、心情。
ご縁も、実際には、難しく。こちが、ご縁、感じてても、あちらが、感じん事あるし。あちが、ご縁感じて、こちが、感ぜぬ事もと。

その、ご縁も、種々あるですが。
当方、過年、町内会の役員、「体育振興」担当、した事、あったですが。この程度、どこ様もされてるですが。とりあえず、その時期、担当者により、諸般諸々の、感じ方、やり方、感謝があったり、気分害したりがあってねえ。

そらなあ、特には、「町民大運動会」。
コレ、本日、9月27日<日曜日>に開催されたですが。コレ、「39回」でして。
当方、多分ならばの話の、1990年、25年の昔でして。「体育振興」担当役員拝命がです。この役、何をとなればの、選手集め。

細々、云い出せば、切り無い程の、諸般、あったわの。
一番に、腹立たしいは、けんもほろろの宅様。どこ様とは、申さんですが。
あるいは、一旦、諾と、しとき乍らの直前になって、辞めると、するの方。まあなあ、これは、諸般の事情がと。
そんな時、兎に角、選手足らずで、方々、頼みに行って、断られ、断られの、どしょかと、思案の競技の選手をと、お願いに参じの、諾と、快くの、受けてくれるの方、感謝、感謝。感謝感激、雨霰の、そらなあ、一発、記憶致すです。
担当者にしたらの、八方塞がりの状態からの、救いの神でして。

イヤ、そこ様の娘さんでして。この当時に引っ越して来られたばかり哉の、正直には、ご尊顔拝すも、それが、初めてやったの哉の、頃でして。オッとの、同じの組の方、なれどです。
そやけど、知らんがな。
同じの組でも、向かい三軒、両隣でもあらへんわと。

この事、ご当人様、記憶されてるかは、知らんのけどや。
当方、助けて戴いたも事、まざまざだの、記憶してるです。けんもほろろも、記憶してるのけどや。こん畜生めと。
そらなあ、町内会の役目で、参じの、お願い、打診に上がってるだけでして。まあ、云うたら、変な方も居たはるわと。断りよが、あるやろなと。

ここだけの話、でもあらへんのけどや。当方、その辺り、断られたの時、その断り方によりの、その方の人間性を察知の、判断致すわと。
コレ、まさしくの、人間性でして。
当方、その辺り、考慮と、するのか、断られ方によりの、こちが、嫌なヤツやなと、感じるよな、断り方、断じての致さんわと。

そら、そやろな。
役目故、頼みに、行ってるのだけでして。出て戴けませんですかと、お伺いしてるのであっての。商売、職業で、あらへんわと。

余計なるの話、やからと、けんもほろろの先様であってもや。当方、しっぺ返し、致さんぞと。
ここだけの話の、誰様に対しても、同様に接するです。コレ、方針と、するのか、当方の思想と、するのか、よ、分からんの。もしかしたら、アホで、お人好しなんやろなあと。それで、結構なると。
そもそもがの、アホの反対、賢くとは、何やねんと。お人好しで、詐欺に遭遇では、アカンのけどや。基本、お人好しで、騙されてるの方が、騙すの方より、気楽やわと。人生狂うよな、騙され方、困るの事よ、なれどです。

オッとの、話、益々の、横道に逸れてるですが。コレ又、いつもの事よの。
くれぐれもの、当方、「体育振興」役員当時の、救いの神なるは、先様、失念されてると、思うのけどや。こちは、お役目過ぎれば、最早の、過ぎたるのと。云うよなの、薄情であらへんでして。
オトトの、くどいけどの。反対の、けんもほろろであってもや。承知の上で、記憶の上で、利用されたるわと。

での、コレが1つ。
モ1つは、我が母、故人となられたの方様とは、諸般、仲良くさせて戴いてたわと。
中でも、当方、区長時代、「大井町」の、「敬老会」にての、母と、一緒に参加、してくれやはてねえ。
当町内会からは、3人、参加で。ほんとは、当時、該当者、8名様なれどです。1名、自身、自転車で、行くと。へえと。結構なると。思われるの手段で、参加して戴ければと。

残り、2人が、そこ様と、母でして。
話、簡単、母の場合、その期、その期の、区長が、自身の車で、載せてってくれて。わざわざの、出迎え、送迎してくれて。
当然の前例に習いの、当方も、そのよに致したですが。

いや、その期、最早の、10年の昔になるけどや。
以来、母と、一緒に参加、されてたの、みたいでねえ。そらなあ、当町内会では、新しいの宅様での。誘い、誘われるの仲間、居てへんでは、行ってもなと。

とりあえずは、そんなご縁あっての、その婆様とも、親しくの、話もしてたわと。見つけたら、声掛け、見つけられたら、声、掛けて戴いて。
まあなあ、大体は、町内会の、年寄り、皆様とは、概ね、気楽に話、してるですが。
そらなあ、年寄り同士、知り合いでして。こちも、その関係もあっての、気兼ね無くの。

その婆様も、ここ数年、見掛けてませんでして。
どされてるの哉と。
とは、常々、思てたのけどや。
イヤ、外を散歩もされてえへんでねえ。多分なら、具合、芳しくは無いのやろと。
その娘さんには、町内会行事、草刈りとかや。諸般で、当家、嫁はんとの、お付き合いと、するのか、花が好きでねえ。母も、嫁はんも、その娘さんも、です。
その辺り、当方、無関心でして。その娘さんと、嫁はんが、仲ええのやなと。イヤ、結構なると。

トッとの、その町内会行事とかで、会えば、どしたはるですかと。
の程度は、聞いてたわと。
イヤ、諸般、歳ですしと。家で、大人しくしてるですと。そですかと。
とは、云えどの、外で、見掛けんよになってるしで、諸般、具合宜しく無いのではと、思いはしてたですが。亡くなる程の、とは、考えてえへんわと。
只なの、相応の歳で、大人しくの、外に出歩かん、出歩けんよになるは、致命的は、承知してるです。
そらなあ、母を、祖母を、ソバで、見てたら、分かるわと。分かるからと、こんな事態になるは、予測不可での、突然でして。
(15/09/28)


NO.67 百箇日が過ぎたらの話(3) 告別式えの話

オッとの、諸般、誤解招くなと。
適切なるの、文言、見つからんかったが故、あれこれ、解説したですが。
当方、簡単には、損得、打算で、動くで無いです。恰好良くなら、誠意のみ。

ご縁も、大から、小まで、様々での。まあ、正直、気の合わんのも、居てるですが。あっちがやでと。挨拶したって、そっぽ、向いて。
されどの、そこ様に何かあらば、別段のと。協力出来る事、あらば、致すわと。
それはそれで、これはこれ。

此度、葬儀の先様には、諸般、あるは、記憶も、やから、お手伝いする事、あらばと。コレ、あくまでもの、通達文の紙、配付の組長に、でして。ご当人様に、では無いです。
コレ、筋でして。
組長飛ばして、ご当人様にはなと。

こちも、遂の先日、喪主経験してるわと。
そらなあ、諸般、諸々あっての、気忙しく。頭の回転、してませんの。それでのても、常から、超の鈍足でして。何か、お手伝いするの事、あらばと、ご親切に、申し出て戴いても、受付なら、組長に託してまして。

イヤ、正確には、通例、組長に伝え、組長から、区長にでして。
結果、本来なら、連絡受けたの区長、通達文作成、配付の手配と、葬儀の受付、町内会<区>、の三役がやるですが。配付は、組長なりに、託すですが。その組織故。
当方、そのよに、思てたですが。組長より、我が組で、やると、聞いて、フウンのそですかと。ソラ、当方、その辺り、手順通りの、組長に託したのであっての、後は、組長と、区長の相談、判断でして。
一旦、託したならばの、こちが、とやかくの筋合いで無く。

此度も、そのよに、されたのやろと。
どちにしたって、お手伝い、するの事、あらばの件、そのよに、思えば、組長に、でして。ほなら、受付頼む、手が足ってるし、不要也。或いは、区、町内会がやるなら、組長より、区長にしかるべくのか、あっちに、任せとけなら、そでも結構なると。

オッとの、そんな話は結構の、当家、「柴田」家の、葬儀同様、当組で、受付担当するのみたいでねえ。まあなあ、そと、思たですが。
当家、そのよに致しの、同じの組の他家の葬儀、町内会に委ねるは、変でして。

只なの、当組、現組長故に、出来るですが。受付をです。
当組でも、他の組長なら、出来るの怪と。まあ、そもそもがの、そんな発想しやへん、してへんやろと。
幸いにしての、当方、10年昔の、区長時代、昨年度の、組長時代、葬儀無く。正直、助かったですが。あったら、従前通り、我が期なら、自身が。組長なら、しかるべくの、区長にと。伝達致すですが。
まあなあ、昨年度なら、区長、当組の、でして。話、早いわと。

10年の昔なら、どかなあと。
当方、区長時代ならの話。
三役で行うも、三役、揃うの怪と。出てくれるのやろかの、怪しいぞと。ならばの、その組の組長にも、応援求めてるやろなあと。
ソラ、何とか、せねばの、それがための、区長也と、思てるわと。

での、該当組で、受付するが、前例になったら、采配取れるの組長、出来ぬの組長、あるやろなあと。
まあなあ、それはそれ。基本、組長と、区長との相談、判断でして。
例年通り、区、町内会に託すも結構なると。それがための、三役でして。とは、我が見解でして。

いやなあ、それでや。
そ云うたら、当家葬儀の際も、そでして。此度、葬儀も、そやぞと。
筋的、立場上、区長たると。受付せんでも、やるべき、あると違う怪と。
とは、諸般、話題に出たわと。

オッとの、話題、くれぐれもの、当方、出したであらへんでと。
立場上、そんな話題、こちから、出すモンか。出せるモンかの、出せへんわと。こちも、葬儀出したの当事者、喪主でして。
何の話か、此度なら、告別式が、偶々の、「町民大運動会」の日と、重なったですが。それでもなと。いやなあ、諸般、区長たる、町内会代表やしなと。町内会住人の葬儀やしと。
くれぐれもの、通夜には、顔出されたですが。再度の、この話、当方出したであらへんでと。
只なの、基本、万事、町内会の事、区長判断にての、結構哉と。
モ一発、只なの、町内会の顔、代表でして。その上での、楽チンなるの、お役目なら、挙手あるわと。
諸般、この程度で、止め置くわと。

当方なら、受付担当拝命故、式、1時間前に、行ってるですが。よて、午後の部、運動会、欠席なれどです。
まあなあ、我々なら、運動会に全出せんでも、どて事、あらへんわの。その他大勢、選手としてなら、2種目に参加だけの。云うとくの、コレ、当方、例年通りの、挙手でして。コレ又、協力出来るの事やわと。


オッとの、斯くなるでの。
通夜の話は、比較対照的にと。葬儀の話、同じよな話を繰り返しても、でして。

兎に角、通夜なるは、9月26日<土曜日>の、19時からでして。
告別式は、明くるの日の、14時からでして。こちは、「町民大運動会」と、重なって。多分なら、町内会の面々、参列少ないやろなあと、予想してたですが。予測は、予測で、選手層がと。
この話も、この程度で、止め置くですが。

それでや。
この日、告別式の日は、忙しいてねえ。朝から、自転車のタイヤの空気圧、調べて、ポンプで、入れて。
開会式、8時半なれどの、その時刻に我が家出発。どちみちの、開会式延々の、それこその、役員でもあらへんわの。毎回、毎回、聞く、立ち会うも、邪魔くさく。準備体操に、間に合えばの、レベルでと。

での、「町民大運動会」なるは、午前の部、最後の、「区対抗リレー」までは、応援させて戴きまして。
終われば、本来なら、その場に居てたらの、話の、町内会の面々、応援の方、選手には、弁当出るになっててねえ。当然の予約いるですが。予約はしてたですが。葬儀の件、以前やわと。
いやなあ、我が組、組長が居てるならです。事情承知も、居てへんでねえ。組長も、葬儀、受付担当での。
イヤ、弁当ええし、即刻の帰って、シャワー浴びて、飯喰てと。礼服着用の上、式場に出向かんならんしと。伝えるにも、居てへんやんかと。

誰かには、伝えんとと、誰様とは、申さんの、三役の1人が居たし、伝えまして。こちは、伝えたの積もりなれどの、諸般、失礼致しますのでと。果たしての、どかなあと。こちの言、聞こえてえへんのか、姿さえも、見えても無いのか、こちを、見もしやへんでねえ。簡単には、無視同然。
当方の事なら、町内会のと。
の程度、知ってくれてると。
とは思うのけどや。まあなあと。

イヤイヤ、申し訳無いの事に、「体育振興」役員の方、わざわざの、弁当持って、当家に来て戴いて。予約してた故で。
ならばの、一歩、お先に戴いてもなあと。良かったなあと。云うたって、弁当屋から、イツ、届くか、分からんわと。組、違えば、葬儀の件、覚えてるかも、怪しくの。役員も、運動会の事で、頭一杯やろの、一々の説明もと。邪魔くさくの、時間もと。
戴いたは、嫁はんでの、後刻、先様には、御礼申し述べたですが。コレ、筋故と。


オトトの、そんな話、結構の。
こちは、急ぐんやと。そんな、競技最後の場面まで、会場に居たなら、時間的、余裕、あらへんでねえ。受付集合、式の一時間前の、13時でして。一応はなと。
大急ぎで、「大井神社」の表の、臨時駐輪場に駐めたの、ボロ自転車にまたがり、疾駆しての、帰宅やわの。即の、シャワー浴びて、着替えして。ソラ、汗ダクダクでの。
この時の、着替えなるは、普段着なれどです。そんなに早よから、礼服着てられんわと。

昼飯済ませ、ではの、礼服なれどの、実は、昨日、着たの、白いカッターシャツがねえ。チンチクリンでねえ。イヤ、自分のなれどの、窮屈でねえ。
この日、運動会で無いなら、嫁はんと、一緒に買いに行くのけどや。選手で、出場での、買うは、嫁はんに託しての。寸法合う哉と、着用の、結構なると。
黒のネクタイ、数珠、ティッシュに、ハンカチ等々、準備して。

での、黒の紐付き靴履いて。式場に向かうに、ハタと、嫁はん、云うに、靴下がと。違うよと。
ンの、黒の靴下履いてませんでして。オッとの、トトトの、黒のや、黒と。
誠に以て、家出るだけで、一騒動。
(15/09/29)


NO.68 百箇日が過ぎたらの話(4) 湊泰孝市会議員殿の話

コレ、「禁断・奇談」。
言葉、替えたら、云いたい放題、好き放題。思う存分、なれどです。そはなの、ナカナカに、出来ひんわと。
只、単純明快の、事実は、事実やわと。事実と、当方の考えなれどの、その考えなるを、抑制、多々してるわと。
ほんとの、ほんとに、超のまともに、記載、掲載してみい、顰蹙喰らうです。それでのても、過去、度々の、数え切れん程に、顰蹙買おてるわと。言葉足らずでなと。
そらなあ、言葉、表現、難しく。左程に、思てえへんの事でも、文字化では、強調したりは、致すわと。針小棒大の、大袈裟表現するわいな。
面白、可笑しくの積もりが、まともに受け取られてもたりで、困るの事よと。ソラ、読み手に、文面以上の事、分からんわと。ここをの、肝心なる箇所、読み飛ばされるもあるけどや。多分ならなと。

オッとの、その上での、「禁断・奇談」なるは、母の介護、「老々介護」の話なれどです。老なるは、母。モ1つの老、我々夫婦の事でして。余所事で無く、現実にやてたですが。
その母、亡くなりまして。葬儀も、滞り無くの。百箇日も過ぎての、その週の事。
他家の、突然の訃報で、その、葬儀の話、してるですが。
繰り返すです。
このお婆さん同士、親しくしてた、させて戴いてたが故、ここに掲載してるです。
母同士の、そんなお付き合いあるが故、葬儀のお手伝い、買おて出ただけやわと。


オッとの、での、運動会での話。
これでは、話、一歩も、進まんのけどや。此度の、葬儀に関係してるわの。会場にての、当地区、市会議員殿に、ばったりと。名、湊泰孝議員なれどです。
コレ、公人でして。氏名、ズバ。
云うたら、ホンの微少、極小、僅少なりともの、宣伝してやてるの積もりやわと。

いやなあ、運動会場の外れ、「大井小学校」構内に非ずの、正門、裏門でも無いの、横門出た、そこに、臨時の喫煙場所あっての。タバコを吸いに行ったら、居てはてねえ。
彼、曰くの。
ンの、議員殿に、コレとか、彼とは、失礼千万なるの、なれどの、何歳違うや、一回り以上に違うわの。諸般、清き一票入れてるわの、近年ならなと。過年には、こちの近在の議員、候補者に投じてたですが。引退しやはてからは、この方に、でして。特段の、講演会にも、演説会にも、参加してへんのけどや。
イヤ、諸般で、10年の昔、当方、区長時代に知ってねえ。諸般の、諸般で、度々の、顔、合わすが故の、コレが、昨日、ここでの、昨日とは、26日、土曜日<通夜>の事。
当日なるは、その明くる日で、告別式の日でして。告別式なら、午後からでの。当方、運動会の場に居たは、午前中でして。

いやなあ、彼、前夜、通夜に参列でして。
ここだけの話、当家の葬儀に、来てくれてえへんでねえ。とは、ズバとは、申してませんですが。我が町内会で、連続で、葬儀あってと。
イヤイヤ、彼、当方、受付してたを見てたんやと。大人数の受付担当でもあるまいにの、5名様でして。この、5名の中身、追々に解説致すですが。その時、こちを、殆ど見てへんかったが故の、要は、無視怪、素通り怪と、思てたならばの、受付してたを見てたんやの、アレ、役員怪と。

イヤ、違うですと。簡単、平たくならばの、只の人也と。
三役がやるのではと、申すが故、本来ならばなと。
されどの、組長<支部長>が、そのよに決めたんやと。当方、単なるの、お手伝いでの、本日、昼からも、受付にと。

でや、ここから先、彼との会話に非ずの、喪主の言。この言、相当以前の言での、葬儀と無関係の言。
いやなあ、湊氏をよお、知ってるみたいで。喪主家が、でして。あちら、現米屋。喪主家、その昔、八木<地名>で、酒屋したはったのみたいでねえ。米と、酒なら、近いしなと。か、どかは、知らんの、康孝君と、君付けしてたです。此度、喪主の、娘さんがや。ソラ、議員の方が、年齢下が故での。
その関係にての、通夜に参列と、承知してるわと。
そらなあ、諸般、諸々の、町内会の葬儀に参列してるのけどや。ソレ、以外にもや。市会議員殿が、参列、あらへんわと。よて、当家、葬儀にも、来てへんは、当然でして。議員とは、単に、顔見知りと、だけでして。

での、ここだけの話の、亀岡、田舎故、1千票も取れば、当選するです。
京都市なら、概ねの、5千票哉と。
モ一発の、ここだけの話の、亀岡で、市会議員の、現定員、26名、多過ぎるわと。人口、タタの、9万人やでと。要は、経費の無駄ではと。それよりも、水道代、市民税、下げて頂戴なと。
とは、彼には、申してませんですが。

イヤ、とりあえずは、立派やなと。一見、無視哉と、思てたですが。しかりと、見てたんやと。
イヤイヤ、別段にの、言葉、交わしてませんですが。
只なの、彼も、「大井神社」の、「秋祭り」の神輿のご奉仕に参加してまして。例年、顔合わせてるです。時には、超の簡単なるの、会話なら、してるですが。

コレも、彼には、申してませんの。
此度、来月、10月の、16日の、祭りには、当方、不参加でして。
そらなあ、当家、6月8日に、母亡くなりての、葬儀、出して。幾ら何でもの、氏神様の、祭礼のです。神輿担ぐ、触れるは、憚るです。ついでになら、当町内会、「夏祭り」も、遠慮致したわと。「祭」故。

この、9月23日<水曜日>秋分の日、町内会の、「秋の環境衛生」行事、要は、草刈りなれどの、行事終わってから、区長直々の、当方に、祭礼参加、神輿のご奉仕の件、打診に来て戴いたですが。
葬儀出してるの身故、遠慮致すと。ソラ、自身、残念無念の、又、区長には、申し訳無いのけどや。しょがあらへんです。

当方単独、ええよに解釈ならです。四十九日過ぎ、忌中期間、過ぎたは過ぎたですが。そんな事なら、この、20日には、百箇日も滞り無くなれどです。
喪中での。
正直、世間体あるわと。気分的、どかなあも、あるわいなの、遠慮しとくの方がの、判断でして。
そらなあ、当方、年齢的にも、ボチボチの、引退でして。どちみちの、戦力になってえへんの、単なるの、賑わしでして。その他大勢でして。戦力になてても、その他大勢なれどです。

そらなあの、概ね、15キロの行程、ソラ、しんどいわと。単に歩く、練り歩くのだけなら、歩けるですが。一部、走らんならんの、コレにての、一発、ガタガタでして。
曾<ヒイ>、風<フウ>、ハアで済まへんです。我が町内会、過ぎたの辺りより、足、動かんわと。一昨年はなと。昨年なら、歩きの訓練、功奏しの、チョとだけ、余裕あったですが。
どちにしたって、年々、自身の年齢、体力勝負痛感でして。
奉仕者としてなら、既に、最高齢グループなんやでと。どこ様とは、苗字も知らんの、アイツには、負けてられんなの、気持ちで、参加してるんやと。アチラ様も、そなら、延々の勝負、続くのけどや。多分ならばの、意識してるのではと。あっちもやと。

ならばの、此度、当方、不参加での、アチラ様、勝利宣言したりして。
オッとの、気持ちの中、アチラ様ご自身の中での話やでと。こんな事、口外したって、値打ちあらへんわと。

オトトの、そんな事で、通夜の日、我が町内会の面々以外で、分かったは、湊議員1人だけ。
まあなあ、他にも、ンの、見た事、あるよなの、方も居たはったけどや。他人の空似以前の、大体は、年寄りなるは、皺クチャの、似たよな、顔になっててねえ。

そんな事で、湊議員も、当方の苗字なんか、知らんやろと。
あちは、議員殿故、当地区、大井町でなら、有名なれどです。当方なら、精々が、我が町内会のみでして。

での、湊泰孝市会議員殿、当方の事、覚えてた故、以降、贔屓にしてやろ怪と。
ソラ、チャンと、覚えてくれてた故、感心、感心と。
議員故、当たり前は、当たり前なれどです。清き一票に直結致すわと。

そんな事で、結果、話、逸れたけどや。
そらなあ、こちから、声掛けたって、そっぽ向いてるよな、威張りなんか、大嫌いの、何様怪と。中身、その分、人品薄々やないかと。
とは、こちの、勝手判断なれどの、事実やわと。はたまたの、耳ツンボで、目が悪うて、周囲見えへんの怪と。
当方なら、耳鳴り症で、聞こえ難く、目、老眼で、細かい事、見えんけど。周囲一応は、見えてるわと。見てるの積もりやわの。声掛けられたら、最低限の常識、応答致すわと。

オッとの、誰様とは、口にチャックの、申さんけどの、只なの、そんなのが、多いなと。さりとて、愛想ええから、ええ人とも限らんが怖い、怖いし、困るの事よと。
トットの、話、戻さん事には、事実上、話、延々の終わらんなと。
「禁断・奇談」の、葬儀の受付の話が、でして。
(15/09/30)


NO.69 百箇日が過ぎたらの話(5) 向かい三軒両隣の話

そんな事で、我が家、出るに、一騒動の。
前日、通夜も、でして。数珠は、ネクタイ・ピンわと。

そもそもがの、当家、仏事が、その週の日曜日<9月20日>でして。
諸般、ズボンだけ、礼服でと。コレ、当方の提案で無いです。妹家のでして。華美で無くの、適当なるの、ズボンあらへんしと。ならばの、礼服のと、しただけなれどの。
結果、仏事、百箇日を終えて、ズボンのみ、クリーニングに出してねえ。
オッとの、急遽の、この手、葬儀、常に急遽の、突然なれどの、クリーニング屋に上がってるですかと。嫁はんが、でして。通夜の前日、25日<金曜日>に、上がってたですが。嗚呼、良かったなあと。

通夜の受付に行くに、白のカッター・シャツが、チンチクリンで、ピシピシで。これは、今更の仕方が無いしで、日曜日の告別式の前に、買いにと。コレも、嫁はんがでして。
ソラ、当方、運動会の出場選手。一応はなと。
新しいカッター・シャツを着たら、まあ、こんなモンやなの、黒ネクタイして、ネクタイ・ピン、付けて。
車で行くに、国道9号線、案外に渋滞でして。近道、裏道選択なれどの、5分遅れ。
正直、連日の、5分遅れ。

云うたって、式の、1時間前の集合での。どて事、あらへんけどや。
着けば、皆様、居たはって。喪主が、受付担当に挨拶したはるの時でして。当方、姿見て、当方にもで。
ンの、メンバー見たら、前日とは、顔ぶれ違うです。
1人は、一緒で、1人は、その奥様でして。前日の通夜、組長夫妻で、ソレは、一緒の。そこまでが、前日の顔ぶれでの、モ1人、居たはてねえ。
当組の方なれどの、へえと。
いやなあ、云うたら、当家、母の葬儀の時にも、概ねのメンバー一緒でして。へえと。

中身、詳細、どの程度、バラすかが、あるけどや。別段にの、氏名、年齢、職業、電話番号までは、個人情報なれどです。
云うたって、余所様には、分からんしと。
簡単になら、向かい三軒両隣に相成るなと。

当家なら、その向かい三軒、あらへんでして。真向かい、フェンスで、その向こう、駐車場での。その先に家あるけどの、余所の町でして。
ならばの、両隣の、片方、組長宅での。モ片方の宅様、ご夫婦で、2日連続、参列賜りの。告別式には、受付もと。

オッとの、まずは、当家の式の、受付ならです。
前期区長、当方、組長当時のでして。コレ、連日でして。コレとは、失礼乍ら、なれどです。
当家、裏手のご主人様が、通夜で、その隣の、ご主人様、告別式にと。
通夜には、モ1人、向かい三軒の、とは、微妙の、通りでなら、向かい的、宅様でして。そこの、ご主人様が来て戴いてたですが。

此度の、葬儀なら、ホボの、向かい三軒両隣に近く。
云うてもたら、両隣の、片方と、向かい三軒の二軒。一軒飛んでの、向かい的、組長宅でして。
ならばの、当方、筋違いに相成るですが。ま、えやないかと。

要は、基本、向かい三軒両隣からの、受付担当也と、しても良く。コレ、組長の選択でして。妥当やなと。
当家の時には、困らはた、やろなあと。お向かいさん、あらへんしと。よて、当家からしたらの、裏手の宅様になったんかと。それと、準お向かいさんでして。前期区長は、当方との、お付き合いの関係怪と。
ソラ、気のええの方でして。
どちにしたって、組長夫妻、当家、裏手の宅様、連チャンでして。

ソレ、云い出したら、そもそもがの、当町内会で、葬儀、そは、多くはあらへんでして。
只なの、近年、ここ数年、連発でして。連発も、年一軒でして。ならばの、母以前、3軒、4軒怪と。それ以前、少なくともの、我が期<2005年>、辺りでは、知らんです。
での、必ずしも、年寄りが、では無いです。
むしろの、世帯主、60代、70代の方でして。年寄りと、なればの、母と、此度の方で、6月と、9月の連発也と。

話簡単、歴代区長、年2回もの、葬儀を知らんわと。
トトトの、今期区長、受付担当、してませんですが。通知文、作成、配付はしてまして。全くの、無縁、無関係に非ずの、ソラ、対象、町内会住民でして。
オッとの、そんな事なら、前期区長、昨年、1軒、葬儀あったしなと。今期、区長で無いけどの、受付担当してくれて。

イヤ、感謝してるです。
そらなあ、こんなモン、とは、異なるの表現なれどの、誤解畏れずの、云うてもたら、諸般のお付き合い無いなら、避けたいのお役目でして。ソラ、祝い事に非ずの、弔事でして。
云うてもたらの、受付席に鎮座で、葬儀、儀式の真っ最中、談笑、多少は結構も、ケケケ、アハハの、大笑い出来ひんわと。
参列者各位殿、記帳したはるのに、葬儀で、ニコニコ顔、出来ひんわの。怖いの顔も出来ませんですが。

ここで、申すです。
誤解畏れずと、だけでは、言葉足らずの、ここでこその、火事、葬儀なるは、町内会でありの、組でありの、隣近所の、お付き合いでして。助け合いでして。
それ無くして、町内会に非ずの、組でも無くの、水臭いの関係になるわと。
諸般、諸々の、何を、とは、ここでは、申さんの、そこを云うたはるです。当方も、同感でして。

よて、当方、手伝えるの事、あらばと、挙手したんやわと。組長にでして。
云うてもたら、日頃、コンチクショウめの宅様であっても、そんな事にこだわってるの場合で無いわと。オッとの、此度の宅様、コンチクショウめ、とは、全くの、でして。むしろの、良い関係でして。

ほんまやでの、その昔より、向かい三軒両隣、なるは、良い、お付き合いをと。その向かい三軒両隣が、チョと、付き合い難い、変人、奇人、ゴミ屋敷、喧嘩ばかりの、睨み合い、疎遠では、最悪でして。
モ一発、ほんまやでの、その昔ならです。葬儀、自宅が常識での。向かい三軒両隣には、何かと、お世話にならんならんわと。事あらばの、状況によりの、トイレ、風呂まで、借りんならんの事もあったりでして。

の、出来るの近所付き合いをと。
昔ならなと。
当世、交通の便、車もあるし、方々に、健康村、銭湯が、温泉が、あるが故、風呂まで、借りるの用事、あらへんのけどや。

当家、10年の昔、家の改造、台所、風呂等々、バリア・フリーにも、致しの、風呂使えぬが故、ここは、湯ノ花温泉に近くの、何度か、出向いたわと。
その当時なら、母も体力充分、ゲート・ボール命の時代での。年寄り、3人でなと。
イヤ、バリア・フリーは、母のためやでと。この当時、充分、動けても、2階に上がるが大層でして。82歳でして。

そんな事で、よ考えたら、当方のみ、チョと、異質の、受付担当でして。
あくまでも、結果的なるの話での。
手伝い、申し出るの際、そんな事、全然の考えもしてへんかったわと。
単純明快、お手伝いするの事あらばの、何なりとと、だけでして。
ならばの、受付担当、2日間頼めるかで、即答、諾と。
(15/10/01)


NO.70 百箇日が過ぎたらの話(6) 当世、葬儀事情の話

そんな事で。
葬儀の、こんな時の。
やる事、手助けする事、あらば、何なりとと。
この気持ち、あって、当然ではと。
云うでは無い怪の、遠くの親戚よりも、近くの他人やわと。

ここだけの話の、急場、役には立たんわと。
オッとの、さりとての、当世、近くの他人で、出来るは、ホンの一部の、受付担当程度でして。
その昔の、自宅の葬儀主流でなら、お茶準備なりも、したですが。これも、所謂の、葬儀社の方がやてくれたり、でして。

祖母の時には、基本、喪主親父で、町会長、京都市内では、町内約、40軒の代表での、正々堂々の、「町名」あるです。我が町内なら、「喜吉幸神町」。当時なら、そは、易々の、町会長には、成れませんでしたです。何年、何十年、同じの方での、名誉職。子どもでも、知ってたですが。
当世では、ここらと一緒の、「組」みたいなもんでの、組長同然の、家の並びの順番ですて。
とは、過年の、中学の同窓会で、聞いたわと。聞いて、へえと。

オトトの、それでや、親父と、町会長、どんな話をしたかも、知らんの、最低限、同じの町内の方、ホボの全家。あとは、その話、聞き伝わったの近所の方々でして。相当数の人数、焼香賜ったですが。
いやなあ、云うてるは、その当時、パソコンなんか、あらへんわの、影も形もの、時代での。電話なら、あるには、あったですが、安直に使うモンかと。はきりと、金の掛かるの贅沢致さんわの。
当然の、回覧では、間に合わずの、一軒、一軒、手分けしてでもの、直接訪問でして。多分ならなと。
いやなあ、当時、その手の話、瞬時、伝わったなと。当世の、近所付き合いのレベルと、桁違うわと。

それもあるやろしの、自宅での葬儀なら、遠目からでも、見て、一発分かるわと。
当世、セレモニー何とか、とか、シティ・ホール、とか故の、葬儀の場、違うが故の、その宅様、外見からでは、常と一緒の、皆目の、変化無く、隣近所でも、分からんでして。
配りモノなり、しかるべくの、喪主家なり、組長からの直接の話で、そかと。へえと。相成るです。

いやなあ、当家とするのか、3度の葬儀出してまして。
祖母<喪主親父>の時には、京都の自宅。
親父<喪主当方>は、現自宅の亀岡。
母<喪主当方>で、亀岡シティ・ホールでして。
思うは、その3度で、焼香賜るの人数、桁違うんやと。有り体には、葬儀費用も、出費も、全然の違うんやと。
但しの、祖母の時の収支、知らんのけどや。喪主、親父故。相談なりは、親父の兄弟でして。当方、24歳で、孫でして。感知してへんしと。

只なの、当時の金額、42万円也と。死に<42>金<かね>と、上の叔父が云うた故、葬儀費用知っただけ。又、どの範囲の費用かも、知らんわと。
今なら、何に費用掛かるか、分かるのけどや。当時には、分かりませんです。経験あらへんしと。

そこでや、この金額、42万円也とは、当方、葬儀費用と、解釈してたですが。遂の最近まではなと。
コレ、もしかしての、香典総額では無いの怪が、現、解釈でして。
そらなあ、よ考えたら、当時、42万円ならば、当方の年収程度やでと。初任給、33500円也でして。
丼勘定的、現在、当世の、金額的値打ち換算ならばの、42万円なるは、300万円見当ではと。
そんな高額なるの、葬儀費用、掛からんわが、経験踏まえの、我が見解でして。そらなあの、質素とは、云わんの、されどの、華美、派手でも無くの、極の普通の葬儀でして。

まあ、詰まりは、祖母の葬儀では、金銭的、浮いたのではと。香典でや。
浮いても、香典が多い分、香典返しで、諸般の仏事で、消滅するですが。消滅も、身銭はなと。左程に傷まんなと。当世程にはなと。

ならばの、親父の葬儀、当地、亀岡に、引っ越したばかりの状況なれどの、では、収支決算、トントンでして。
但しの、コレ、初七日とか、香典返しを含まんですが。初七日、当日では無くの、そのまんまの初七日に執り行おたです。の筈と、思てるですが。
実は、この事、葬儀以降の事、計算してへんでねえ。ここだけの話の、大失敗の、身銭、相当額出費に相成ったわと。

それは、それとしての、母のでは、自宅では、家族、親族、大変が故と、孫共居てたら、とてもやないの、狭過ぎて。
更には、当世、自宅での、葬儀、殆ど、しやはらへんわと。
との、世間の風潮にも、従いまして、亀岡シティ・ホールにしたけどや。
おまけで、親族以外の、一般<町内会等々>には、香典ご辞退でして。

結果、ソラ、出費、膨大。
やけどの、コレ、初七日、葬儀当日でして。香典返し、含むの、葬儀費用としての、出費、親父の時の、倍額。
香典なるは、当然の、入金になるの、概ね、親父の時の、半額。
話簡単の、トントンが、総額の、四分の三が、身銭出費やでと。だけで、仏事、終わらんしと。

母の葬儀の時にも、掲載したのけどや。
参列者、焼香に来て戴くは、多けりゃ、多い程に有り難く。感謝、感謝で、涙致すですが。
冷徹、金銭的のみでなら、香典お断りの風潮の、粗供養出してたら、変な具合の、コレ、出費でねえ。消費税、8%入れて、1080円也でして。

やからと、当町内会、当世、年寄りの葬儀で、百人も、二百人もの、人数、来て戴けえへんのけどや。オッとの、通夜、告別式の両日なら、そんなモンになるなあと。
又、葬儀費用総額からしたらの、粗供養代なんか、知れてるのけどや。
そらなあ、百人でも、1080円ならばの、10万円と、8千円。
総額からなら、タタの、5%程度でして。

そやけどなと。
申してるは、何度でもの、香典ご辞退、恰好ええけどや。世間の風潮、そなってるのけどや。変な具合でねえ。
元々が、香典なるは、互助の精神、助け合いでして。
よて、昔の、葬儀社の代表格、「互助会」なるの、名称でしたです。コレが、「セレマ」に屋号変更辺り<平成元年・1988年>より、香典ご辞退が、出だして来たの哉と。
イヤイヤ、屋号と、この風潮、無縁の、むしろの、昭和と、平成のと。

葬儀の話で、金銭、金の話も、ど哉、なれどです。
上下、違うんやでと。
ましてやの、当世の如くの、自宅以外の、葬儀社で、やてみい。費用、ビクリするわと。
超の簡単、200万円見当掛かるでと。特段の、質素でも、華美、派手で無くの、極の普通の葬儀で、やでと。

オッとの、祖母の時みたいに、葬儀で、金銭、浮くまでは、不要も、親父の時のよに、トントンか、精算したら、チョと、出費の程度であて欲しいなと。
さもなくばの、当方の葬式費用も今から、心配でして。


トッとの、他家の、葬儀のお手伝い、受付仲間で、そんな話、一切の、してへんでと。
してたは、一般の方、多いなと。一般も、町内会の方、想定外に少なくの。告別式の日、「町民大運動会」でも、あったのけどや。チョとなあと。
対しての、故人一家が以前在住されてたの近在の方々、八木からの参列者多く。
喪主も、懐かしいやろの、結構なると。
イヤ、記帳されるの、住所で分かるわと。顔、知らんし、どこから怪なあと。

当家、母の時には、そんなモン、京都からの面々なんか、居てへんわの。そもそもがの、連絡さえ、してへんしと。
町内会以外の、母の、お婆ちゃん仲間、ゲート・ボールの面々にも、連絡の術あらへんしと。連絡したって、皆様、高齢やろしと。只、2、3人哉が、町内会以外の近在の方での。
どんな具合に、伝わったかは、知らんですが。年寄りでは無いの、その息子さんでして。
ソラ、親族と、組長以外、伝えてえへんしと。
(15/10/02)



inserted by FC2 system