シバケンの天国
<−介護・凡人の憂鬱ー>
−明日は我が身の話−

禁談・奇談VNO.3


禁談・奇談VNO.1 禁談・奇談VNO.2

要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談NO.9 禁談UNO.2
要介護[2]NO.1 見えるNO.3 禁談・奇談NO.9
番外・爺さん・婆さんの話 母入院NO.4 要介護1NO.3

題目一覧表

目次

禁談・奇談VNO.4

NO.30 告別式の話(3) 喪主挨拶の話(1)

NO.29 告別式の話(2) 逮夜の話

NO.28 告別式の話(1) 大ホールにチラ怪の話

NO.27 通夜の話(3) 寝乍らの、喪主挨拶考えるの話

NO.26 通夜の話(2) 止まるは、8人の話

NO.25 通夜の話(1) 立礼の話

NO.24 形見別けの話(2)

NO.23 形見別けの話(1)

NO.22 通夜の話(1)

NO.21 ハタと、過日、過月の夢見の話(2)

禁談・奇談VNO.2


NO.21 ハタと、過日、過月の夢見の話(2)

ソラ、その当時、夢見たの時。
4月の初旬なら、です。
町内会の役員、単なるの、組長<支部長>なれど、です。3月末を以て、任期満了。
されどの、諸般の難問あっての、尾を引いててねえ。ゴミ集積場問題なれどの。その件の後始末等々、次期えの引き継ぎをと。
なんかは、本来的、区長のでの、組長の役目であらへんですが。乗り出さな、仕方の無いの状況でして。

新区長に経過説明するに、土俵が違い。
いやなあ、当方からしたらの、区長に理解求め、我が組、新組長に丸投げでも、結構の、さえ、話成れば、区長の面目、新組長もやり易いと、考えたですが。
土俵違うで、話に成らず、進まずでして。
当方、再度の、只の組長故に、そんな事まで、考えんでも、ええのやけれど。肩入れしたの、責任感じてまして。何とか、してやりたいと。せねばと。

結果、不首尾で、スキリと、しんの時期であったは事実。
されどの、当時、母が、「こもれび」退所予定に、1箇月と迫り。「こもれび」も、概ね、1箇月前には、家族との、打ち合わせをするの時期でもあって。
その連絡があらへんしで、困ったなあと。
思てたの、頃の、夢であったも事実。

そやけれどの、親父の、25回忌の事と、頭っから、思い込み。
23回忌や、27回忌やと。25年はある<菩提寺>とか、あらへん<東大谷祖廟寺務所>とかの。読経ではアカンの、法要とかと。
その法事も、菩提寺<光圓寺>で、執り行うにしての、無事にと。孫、嫁にも、「菩提寺」承知させるのええ機会也もあってと。
更には、祖父の、戦死の叔父の、70年でもあっての。コレも、一緒にしといたら、良かったかなあと。しもたなあと。とは、後刻の話なれどです。
とかとかの、どちにしたって、法事も、終わりの、この夢の事も、スカリと、忘れてもてたですが。

そらなあ、夢は、夢でして。
とは云えどの、当方には、親族の事については、摩訶不思議、不可思議なるの現象、あるも、承知。
イヤ、くどいけどの、霊感的なるで無いです。偶然にしては、偶然に過ぎるの事でして。

此度、母でして。
何にも、無いなあと。その内には、奇怪<きっかい>現象でも、呈するの怪の、堪忍してやと。
の程度に、思てての、ハタと。ンと。もしかして、もしかしたらと。

過日、過月の、夢見の事、振り返ればです。過ぎたるの夢、無理にでもの、解決とした夢を、何故に、振り返るの気になたか、なんか、問おてくれるな。理屈やあらへんわと。
ハタと、気になったのダケでして。
ほならの、モノのお見事、予見、予知的、夢での、悉くの、正夢でして。我れ乍らに、へえと。

そもそもがの、ケータイが、上布団の上にあるが、当時、説明付かんでねえ。寝てるの、2階の部屋に、ケータイなんか、持ち込んでませんでして。置いてるは、1階の、居間でして。
置き出したは、1箇月以上、経てからの、5月13日からでして。
医者<理事長>の、想定外の話、あったが故でして。
あっても、今日の、明日の、とは、考えてえへんわの。されどの、相応の心の、準備等々、しんならんのかと、思たは、事実の。濃い親族にも、連絡したも、事実なれどです。

夢では、ケータイを取る。呼び出し音、鳴ってるでは無いの。単に、取りの、どこかえ、電話するの積もり、みたいな感覚でして。
よて、当時の掲載にしても、それで、どこに電話するの怪と。
更に、深めて、推測するにです。その手の話、聞くが嫌の、嫌々であったの哉と。よて、取るに、取れへんかったの哉と。
問題は、その夢見の事に、近いの事、時経ての、実際に、してまして。
云うとくの、それは、夢の事なんか、全くの、意識なんか、してへんわの。夢は、法事の事と、解釈の、過ぎたるの事。

振り返りの、一番の、驚愕、和服を着せたの事、やわと。
我が承知の範囲、こんな姿のを、知らんです。その発想がと。コレ、嫁はんの、でして。当方、夢想だにもの。
只、「こもれび」の方から、どしますかと、尋ねられの。その服装では、汚れ、少々目立つしと。我が思い浮かんだは、綺麗な服、洗濯したての、洋服の事での、でもと、ダケでして。そのままでは、可哀想と。

それ以前の、「こもれび」で、そこまで、して戴けるを考えも、してへんわと。
そこまで、とは、着替えをでして。
それするは、葬儀社での、納棺師也と。頭っから、思てるわと。
での、草色の、綺麗な和服着せて戴きの。その姿、見ても、尚、夢の話とは、無縁の、連想なんか、全くのしてへんわと。
再度、申すの、夢の話、なるは、法事で、ケリ付いてるです。且つは、見たは、祖母での、母に非ず。

そもそもがの、当時、母、生存してるわと。
生存してよが、してまいがの、幾ら夢でも、母なら、母と認識致すわと。
話簡単の、祖母が、何を伝えに来たの怪の、範疇での。嗚呼、法事の事怪と。

とか、云うても、一度目のと、二度目のとでは、迫力がと。
一度目のは、祖母、枕元には、瞬時での。小用で、起きての、ンの、あれは、夢哉と。夢に決まってるですが。
二度目は、掲載の通りの、夢の中で、ケータイが取れずの、大声張り上げ、その声で、起きてもたですが。

当方にしてみたらの、夢見からは、日数、経ち過ぎてるわと。2箇月も、でして。
しかも、夢見の話での、万事、想定外の出来事でして。想定外と、云い切るは出来ひんけどや。
覚悟すると、覚悟決めるは、違うです。

覚悟決めるは、「こもれび」より、電話一発、息のあるの内に、ご家族がの、報でして。
電話の呼び鈴聞こえた瞬間、相応の、覚悟決めたわと。
時間が、時間でして。夜の、1時24分。この時刻に、間違い電話やてみい。怒るぞと。

イヤ、諸般、母、介護施設のお世話になるに、なって以来。
コレ、「ディ・サービス」「ショート・スティ」「リハビリ・センター」の差無くの。ケータイであれ、固定電話であれどの、鳴れば、ギクリの、日々、過ごしてるわと。
ケータイなら、相手様、表示で、分かるですが。
固定電話は、「ナンバー・ディスプレイ」契約してませんでして。鳴れば、ギクリの、「こもれび」と、名乗られれば、尚、ギクリ。

先様も、心得ておられの、「急ぎの用事ではありませんので。」と、一番に申されるですが。
ソレ、云われへんでみい、何事かと。怪我でも、病気でも、異変、急変でもと。ソラなあ、気が気やないわと。
ましてやの、医者より、二度目の話、「同意書」を手渡された時より。6月1日の事なれどの。これは、モ、そんなに長くは無いの、宣告也と、解釈したわと。

とは、云えどの、今日の、明日のの、話でも、あらへんわと。
只なの、そこまでは、掲載、記載、してへんですが。二度目の話の日、担当ケア・マネージャーと、一寸、話をと。当方より、申し出の、「同意書」の件、再確認致したの。「看取り介護」なるの、真意をでして。

先様より、遠慮、逡巡、されるの事、ありませんと。
「看取り介護」になてるの方、既に、4名居られるですと。嗚呼、あの方々哉の。概ね、察知の。

と、までの辺りは、掲載してるですが。
ここから先、担当ケア・マネージャーより、当方の、従前からの話、考えに対するの、尊敬してるですと、評され、伝えられの。正直、申すの、この時、絶句の、涙したです。
コレ、イヨイヨの、覚悟せねば、ならぬのかの、涙の意でして。
担当ケア・マネージャー曰くの、「同意書」提出されても、保つの事、多々あるですと。
との、話まで、あったですが。ンの、保つ、保たんも、どれ程かは、分からんですが。聞くの勇気あらへんわの。基準も、目安の、あらへんやろと。

イヤ、先様、担当ケア・マネージャーの申すの、尊敬の意なるはです。
親に対するの、暖かい考えの、家族、保護者、珍しくの、稀少也と。
(15/06/28)


NO.22 通夜の話(1)

詳細割愛、致すと、しとき乍らの、ひつこくも、再度、再々度。
何故に、祖母と、決めつけてるか、をと。

夢見の舞台、場所なるが、決定的故でして。
舞台、懐かしの、京都、仏光寺<通り名>の家也と。
コレ、鮮明でして。その、1階の奥の部屋、居間で、当方、寝てるの情景でして。構造まで、夢見の世界で、分かってたです。
奥の部屋から、土間のあるの、部屋に移動の。そこから、タタキの方えの。行くの、日本髪の女性。
部屋と、部屋の仕切りは、あっても、襖でありの、冬場以外、閉めえへんの。障子なんかであらへんのに。土間の方に、何故か、灯りがで、その部屋にも、電灯なら、あるけれどや。当時、裸電球でねえ。
そこで、日本髪女性のシルエットが、でして。その姿、写真で、見た事のあるの、祖母の若い頃の、でして。
との、印象受けたの意での。

そもそもがの、自分でも、夢見の世界で、ンの、何故に、ここで、寝てるの哉と。
しかも、ベッドで、天蓋状、カーテンまでが、あってねえ。
大体が、ベッドで、寝た時期、あるには、あたですがの、槇島時代の一時のみの。基本的、こんな習慣あらへんわと。一度はベッドで寝てみたかただけの話やわと。

変な具合の、寝てるの辺りのみ、明るくて。
反対に、カーテンの向こうが、暗くの。薄暗くの、その暗い場所を、日本髪の、妙齢の美女、北から、南えで。その気配、重々認識してまして。
オッとの、くれぐれもの、万事、夢見の世界での、話やでと。
まあ、詰まり。
京都、仏光寺の家で、自分の状況も、気配の日本髪のも、行動全て、記憶の、把握のしてるの、希有なるの夢でして。

異なるは、当方、寝てるの方向、北枕。
コレ等、現在唯今、振り返りの、分析すればの話やでの。その部屋で、寝た時期あったですが。中学生時代まで哉の。寝てるの方向、西枕。
大体が、その場所、床の間<部屋の西側>有りで、ベッドなんか、トンでもの、場所でして。までも、認識してるわの、夢でして。

それは、それとしての、仏光寺の家となればの、大原則、祖母をしか、連想致さんわと。
最大理由、超の簡単、祖母、仏光寺の家で、他界してるです。葬儀上げてるです。
それもあるし、祖母との、想い出、沢山、あるです。
この場所が、槇島なり、亀岡ならばの、今度は、祖母、有り得ぇへんですが。母やろなあと、成るですが。
女性ならばの、嫁はんでありの、妹なれどの。日本髪となればの、想像出来ひんわと。母のでさえ、難しいのにと。とは、云え、祖母の日本髪の姿、写真で以外、知らんですが。

どちにしろ、仏光寺の家の、夢見故、祖母でして。
問題は、土間から、タタキの方に、移動の状況より、これは、裏庭えで、裏庭から、又、自分の寝てるの、居間に来るの哉の。来られたら、嫌やでの。
その裏庭、薄暮でして。
手が、カラダが動かんのに、動かせへんのに、その光景、夢見で、見てるわと。首だけ、動かし、見たんやろなあと。見えたんやろなあと。
この薄暮状態なるが、母移送のため、セレマからの車が到着の頃の時刻哉と。
あくまでもの、夢見の状況、振り返ればの話やでと。
こんな事、薄暮の頃哉のなんか、親父の法事と、無縁故、「不可思議の世界」で、掲載してへんかたけどや。

変な話、嫌やでと、思いつつも、裏庭の、あの辺りに、トイレで、手水の石、あったなと。あるの筈と、仏光寺の家の配置確認したり、してたですが。
イヤ、自分がどこにの、認識がためでして。
何故にとなればの、宇治槇島も、亀岡にも、今一、馴染んでませんでして。当方がや。生まれ、育ったの地がええに決まってるわと。


オッとの、話、戻すですの。6月9日<通夜>の話。
ソレ、云い出せば、母のであれ、当方のであれ。
葬儀となればの、この地、亀岡では、参列者、焼香に来てくれるの人数、知れてるわと。
そもそもがの、この地に、我が同級生、居てへんがな。幼友達、竹馬の友なんか、居てへんがな。
祖母の時なんか、数まで、数えてえへんけどや。家の前、人で一杯。多分なら、祖母の知り合いやろなあの、年寄りも、沢山来たはてねえ。
親父の取引先の方やろなあの方、叔父達のと。当方にも、沢山でして。
イヤ、どこの、誰様のでも、相応の人数、来たはるですが。

想定外の、とするも、異なるの表現なれどの。
決めてから故、今更の。大ホールになてしもての、困ったなあと。当日、葬儀、少ないの、余所様のが、1件ダケがあっての事もあるですが。
席、親族のは、そんなモン哉の、30名分。誰が、どの程度、来てくれるかが、確認取れてえへんでねえ。

オトトの、四国、嫁はんの里の方からも、義兄夫婦、義姉夫婦の、4人、到着の。これは、次男に迎え頼み。亀岡駅に、なれどです。
受付担当、町内会のと、するのか、我が組の面々がと。
実は、そちらは、町内会と、一般の参列者をと。親族なるは、従兄弟達に頼んでまして。当然の、柴田の従兄弟なれどです。

組長来た故、その辺りの事を伝えたらです。
香典の事もあっての、親族のは、受理。町内会、一般のは、遠慮致すの事を、でして。昨日、朝に手渡しのメモには、遠慮するは、記入してたですが。親族のまでは、記載してへんでねえ。
又、親族のは、従兄弟に頼んでるの件も、です。

ならばの、イヤ、やるでと。親族のも、でして。へえと。ソラ、その方、有り難く。
いやなあ、受付、やてくれるは、承知も、人数までは、知らんでねえ。結果、組長の奥様までが、来て戴いての、5人も、でして。へえと。
イヤイヤ、有り難う御座いますの。宜しく、お願い致しますの。
にしても、大ホールになてしもてと。この辺りの、事情も、説明しとかんとなと。概ねの、想定出来るの参列者の数、知れてまして。

とかとか、雑談してるの間にも、親族も集まり出して。
そちの、応答、受付頼んだの、従兄弟には、その辺りの事、説明をと。その積もりで、来てくれてるのに、でして。

そんな次第の、斯くなるでの。
こっちに、挨拶。あっちに、挨拶。セレマの、式次第担当からは、諸般の確認されたりの、落ち着いてるの間がないねえ。喪主たるは。
での、担当曰くに、町内会の送迎バスには、20名ですて。へえと、多いなと。
少々、安堵したです。送迎バスに、20名なら、それだけで、従前のと、同じの人数でして。むしろの、自家用車で、来るの方、多少なりともの、多い筈での。それでも、大ホール故に、参列者、チョロなれどです。

まあ、今更でして。
担当も、曰くの、えやないですかと。遠慮すなと。まあねえと。
どちにしたって、「通夜」なるは、特段の、でして。
問題は、明日、10日の、「告別式」の、喪主挨拶。
(15/06/29)


NO.23 形見別けの話(1)

オッとの、話、前後するですが。
元々が、順不同の、バラバラの話、してるですが。
過日、昨日<6月28日>。
妹夫婦、三逮夜<みたいや>、はたまたの、三七日<みなぬか>とも、称するの。あれから、七日が、三度の、三週間。でも、無いですが。マ、ええかの、その日やしと、来てくれて。
にしても、時、日の経つは早いねえ。或いは、遅いと、するのか、よお、分からんですが。
次男一家も、別途の用件にて、来るになってたですが。次男、体調崩しの、又の機会にと。まあ、それで、結構也と。

での、15時にと、聞いてたですが。
1時間も早いの、14時着。まあ、ええけどなの、連絡一発、くれたら、ええのにと。
まあなあ、諸般の用事、外出も、早くに済ませの、家での用事、してたですが。イツ、来られても、ええよにと。されどの、こんなに早くとは、想定外。

来て、お供えしてくれての、母所有の写真等々、見せまして。
妹に関係のがあれば、持ってけと。結構なるの枚数あったですが。
いやなあ、写真ねえ。
よくぞ、まの、これだけ、方々、旅行してるなと。思う程に、方々での、写真撮ってもろてましての。只なの、一緒に写ってるの方々、どこの誰様かも、分からんでねえ。

コレ、困るなと。
基本、このよに、親族に、です。見せてやりの、しかるべくの、相応の、処分するの積もりなれどです。
諸般の記念写真も、当人にとての、記念でもです。こちには、全くの、でして。残しといても、仕方無く。オッとの、全部を全部、処分致さんですが。兎に角、どこの誰様かも、分からんの方が写ってるのまではなと。

見てて、自身を振り返りの、写真をの、沢山もは、あらへんけどや。所謂の、終活として、整理なり、処分なり、して行かんとなと。後に残されたの方が、困るやろと。
にしても、母のを、以来、整理整頓、廃棄もしてるですが。
儚いモンやねえ。まさしくの、おしまいやねえ。
イヤ、我々、親族の記憶には、残ってるですが。
残ってても、母の曾孫まで。曾孫世代にまで、残れば、結構なれどです。

いやなあ、諸般、諸々の、困った事に、我々夫婦にとての、母。余り、ええ記憶があらへんでねえ。こんな事、してくれた、あんな事をの、想い出がでして。お見事、皆無でして。
反対の、こんな事、あんな事、されて、云われての、事、話、尽きぬ程の、ばっかりでして。
母には、悪いけどや。

イヤ、それが出来るの環境にあったと、云う事でして。
何がと、問われたならばの、説明、厄介なれどです。無難、一口になら、我が儘、気儘を云うて、出来ての環境であったです。
それを、許しの、我々、夫婦であった。とも、云えるですが。伴うの、荷物も、相当なモンやったんやでと。
只、1つ、正々堂々の、云えるは、あれを、これをと、してやったら、良かったのにの、後悔、思い、一切無いなあと。全くの、一切と、云うてもたら、そらなあ、上には、上をの、あるですが。

母のアルバム見てたら、つくづくの、思うは、自身の老後、満喫してるなと。
我々夫婦では、まあ、無理の事やなと。
コレ、一口になら、自身の年金、全部、自身のモノで。生活費なんか、不要でして。借金したら、我々夫婦が処理してるしなあ。外出しても、我々と一緒なら、全部、こち持ちやし、結構やなと。
オッとの、こんな具合に、写真見ても、思うんやと。ここまで、してくれるの、なんか、あらへんぞと。


での、妹えの、形見別けねえ。
アクセサリー類、衣類、帽子等々、妹には、ええのがあれば、持ってけ、ドロボーの、一切の、遠慮すなと。
但しの、残ったのは、当方の好きにする故と。
とするのか、過去、2度、持ち帰ってるですが。三度目、最後でして。最後やでと、とは、申してませんですが。毎回、毎回、来る度、持ってけと、する程の、数もあらへんわと。そんな事、してたら、際限あらへんしと。

イヤイヤ、現在唯今、整理してるです。
下着類等々、不要なのは、処分してまして。それでも、まだまだ、あっての、これは、誰か、欲しい人に。これは、とりあえずは、妹にでも、見せて、欲しいとするなら、持ってけ、ドロボーの、類のもあってねえ。
要は、処分するに、ソラ、誰かが、欲しいとなれば、その方がと。

云うたって、後世に、孫子の代、その又先にもの、伝えるのよな、価値あるの、なんか、あらへんけどや。
オッとの、ソラなあ、分からんですが。鑑定もしてへんしと。
してんでも、分かるわと。分かるにしても、よ考えたら、我々夫婦の持ち物よりは、数段の値打ちモノを所有してるやろと。そらなあ、自由に出来たの、金が、潤沢での。こちからしたらの、半端で無いわと。
我々、そんな事、逆立ちしたって、出来ひんしと。

での、妹、これは、自分に、コレ、娘に、孫娘にと。まあ、好きにして頂戴の世界なれどです。
まあなあ、こちにも、嫁共、孫娘、居てるですが。マダ、見せてませんでして。そんな機会もあらへんかったしと。
これも、難しいてねえ。
このアクセサリー類、財産、遺産と、するならばの、厳密になら、当方と、妹の折半でして。

されどの、当方、男に、ネックレスとか、指輪になんか、興味あらへんわと。
ならばの、鑑定でもして、価値的折半にするが、ええのやけれどの。そこまで、するの、べき事怪と。
よて、代行、嫁はんで結構でして。ええよにと。

ほんまやでの、過日には、鑑定でもの、話ありの、ええ考えと、瞬時、思たですが。
当方、資産となんか、考えてませんの、形見別け感覚での。意なるは、本来的、使いたい人、興味があれば、持ってけドロボーの類のモノと。
興味無ければ、いらんで結構と。
結果的、後刻、諸般で、金に換えるなら、替えても結構の。所有者のご自由での。その時、鑑定してもらえばと。

ほんまやでの、コレ、ン万、ン十万円の価値と聞けば、モノとして、興味無くの、欲しくなくとも、高額なら、高額な程に、欲しくもなるわの。コレ、人情での、当然也と。誰が、二束三文、無価値のを、なんか、欲しい、欲しいの、後生大事にするモンかの。
余程の想い出深きの、モノでして。

その想い出なるは、母の思い出でありので。
妹にも、嫁はんにも、当方にもです。
云うたら、姪、その娘。我が嫁共、孫娘に、ある筈、あらへんわと。

オトトの、トッとの、ならばの、当方の、しかるべくの時の、遺品となればの、何があるやの。あらへんなあと。
衣類なんか、寸法合わんしで。誰が我が古着をなんかをと。腕時計にしたって。オッとの、コレ、我が還暦の時、皆が出資してくれての、買えたの、こちからしたらの、値打ちモノで、記念の、大切なる、なれどの、ン万円ので。ンも、十に近いけどや。
息子共、名実共の、高級腕時計所有してるわの。ン十万円クラスのでして。モノ違うわと。

そしたら、常に大切に使てるの、モノと、なればの、パソコンやけど。
パソコンなんか、アと云う間に、時代遅れで、サポート切れに相成り、使いモノにならんよになるわの、代物怪。アホ臭と。
とか考えたら、ほんまに、ほんとに、何にも無いなあと。寂しいなあ、情けないなあと。
自分がや。
(15/06/30)


NO.24 形見別けの話(2)

いやなあ、写真ねえ。
当然の、昔の写真ばかり、なれどの、その当時の写真見たら、妹も可愛らしかったんやと。
正直、名実共の、身贔屓あるけれどの、可愛らしかったわと。こんな時代もあったんやなあと、云えば、妹抜かすに、ソラ、現在唯今、孫居るの婆様やと。
とか、申したりの、ほんとに、母にドンドン似て来るなと。

母の如くに、婿を邪魔者扱いしてへんけどや。反対には、大切にしてるが故、喜ばしいですが。
性格がなの、云うてる事、やる事、酷似して来てるわと。
オッとの、借金してまでの、贅沢なんか、してへんですが。

での、相当の以前との事での。
妹婿殿なら、母から、猫の目の石の数珠貰たですて。へえと。ええなあと。
その日、28日の日に、見せてくれたですが。

いやなあ、その手の事も、当方には、あらへんでねえ。
反対には、我が持ち物、サと消えての、気が付けば、ボロボロになって、そこらに置いてあるを、見つけたり。それが、十年、十数年。下手したら、ン十年。
どんなモノが、ン十年かと、なればの、新入社員時代、抵抗器の、磁器棒製造工場の関係先で、造らせて戴いたの、焼き物、湯飲みでして。
新入社員当時故に、22歳頃での。発見、数年前での、60歳過ぎてからやでの、湯飲みが、一輪挿しの、花瓶替わりに使われててねえ。何故に、延々の、発見出来ずかは、それまで、どこかに、しもてたんやろと。
母がや。密かにや。
そんな当時の作品を、当方も、よ、覚えてたになるですが。ソラ、唯一、初体験の焼き物でして。見覚えあるわの、何を隠そおの、見て、一発、判明の、確認してるですの。名前まで、書いてるわと。

オトトの、くれぐれもの、我が妹、そんな性格でもあらへんけどや。
とりあえず、残余のアクセサリー類をば、当家の、女性陣であるの、嫁共、孫娘にもと。思えど、数的になら、あても、嗚呼、これはと、するよなの、めぼしいの、なんか、あらへんわと。我が見解ならばの話やでと。

要は、選択の余地、乏しく、欲しがるやろかの。多分なら、年代的にもの、又、趣味趣向の事もありので、どかなあと。
ソラ、蓋開けて、見な、分からんけどや。
ソレ云うたら、当方なんかも、アホ臭の、男女の差もありので、そもそもがの、これならと、するの、欲しいモノが、あらへんでして。
まだまだ、未整理の箇所もあるですが。コレ又、残余の、謡曲の本なんか、残しててもなと。燃えるのゴミとして、廃棄処分でもの、範疇のばかりでねえ。

オトトの、あるです。
当方に、では無くの、そら、女性用数珠故での。コレ、多分ならばの、水晶の、でして。の筈ので、ガラス玉との、区別、分からんけどの。嫁共、孫娘のと、してでして。
云うたって、3つもは、あらへんですが。1つだけなれどの、コレを3つにしてです。と、する程の、長い数珠でして。上等なんやろなあと。水晶にしたって、価値的、ピン、キリなれどです。
くれぐれもの、形見別けと、してでして。

イヤ、コレ、アクセサリーを入れてるの、宝石箱に入ってえへんの。入ってるのは、全部、諸般、見せてるですが。妹夫婦にでして。
コレ、数珠故、当然の、仏壇の引き出しに、でして。
気が付いてえへんでねえ。ハタと、嫁はんが、でして。そんな手もあるなあと。

どちにしたって、肝心の、当方のは、皆無なれどのです。
そらなあ、くどいけどの、女性用、戴いてもなと。
親父のでも、形見的、これならと、手にしたは、三文判1個。判子も、別のを、使用で、使うの用事、あらへんけどや。1つくらい、手元と、するのか、家にでも、置いといてやらんとなと。
痕跡無くなるですやんかと。

云うたって、マダ、嫁共には、話してへんの、数珠の件。
これで、我が家に、母のも、一応の、痕跡残るになるですが。いらんと、なればの、コレ、どするやに、なるですが。そらなあ、当人の意向重要での。
イヤ、嫁はんも、一点、アクセサリーを、手元に残したですが。真珠のネックレスやったかなあと。真珠も、本物かは、分からんですが。本物やろと。ンの、別段の、売るの積もり無く。
只なあ、水晶と、思うの数珠での。ガラス玉では、そこまでして、残すの事もと。
ネックレスも同様での、プラスチックのでは、形見にと、手にしてもなと。

まあなあ、一応は、真珠のは、宝石箱に入ってまして。
数珠は、相応の数珠入れに入れて、仏壇に、でして。偽物を、曲がりモノを、そんなには、扱わんやろと。当方とは大違いの、資金も潤沢での、二束三文のは、大切には、扱おてえへんやろと、勝手に思てるのだけ。

ならばの、再度の肝心の、当方のは、どするやと。
この際、この機会に、それこその、水晶の男性用数珠でも、調達したろ怪と。
資金なら、母の葬儀のためと、こちで、積立てたの、資金あての、ここからでもと。
ソレ云うたら、長年、一緒に暮らしてたの、息子共のもと、相成って。
皆、それぞれに、確認の上、どするやを、決めるの積もりなれどです。

とか、云うたって、実際には、葬儀費用、相当額での、既に、ここまでで、ここだけの話の、イヤ、具体的には、止めとこの。出てるですが。但しの、「セレマ」の会員になってての。その積立金も、含めての事での。
その積立金あたが故、会員特典での、割引、相当額での、助かってるですが。

オッとの、総額、どれ程かも、ここには、掲載致さんですが。
当然の、「セレマ」には、3日以内の期限には、全額精算終了してるわの。戴いたの、香典も、全部、あらへんわと。超の簡単には、会員の、では無いの積立から、香典とホボ同額出てるです。
ここから先の、香典返しも、諸般の仏事諸々なるは、これからの話の、さあ、どれ程の出費哉と。されどの、それこその、積立資金で賄うになるわと。


事程左様の、我々夫婦の葬儀の事も、真剣に、考えんならんなと。
残されたモノ、具体的には、息子共夫婦に、我々みたいな、葬儀資金までの、心配させとは、あらへんしと。
さりとて、現金でと、なれば、至難の技。

その辺り、親父は、大したモンやたなあと。
本来、始末家でもあったですが。結果的、葬儀費用、残してくれててねえ。反面、葬儀費用以上では、あらへんけどや。
当時、家でやたもあるけれどの、そもそもがの、香典で、賄えたわと。香典も、当世とは、相応の多く。そら、町内会等々の、お断りをしてへんしと。
結果、残余の、親父のは、母に、妹夫婦に、当然の我々夫婦に、親父の孫に当たるの世代、息子共、姪、甥にもです。相応の比率で、ほんとに、平等にです。分け与えたです。
皆の前で、これだけ余ったと、公開致してでして。当然の、母には、半分モロでの、その他、相応にと。そこまで、するの必要性あらへんかたけどや。この手の事で、金の事での、もめたりは、絶対に嫌でねえ。

そらなあ、結果的、嗚呼、しもたなと。失敗したなと。
いやなあ、ソレ、葬儀費用のみでして。大変なるの、計算ミス、見落とししてたわの。葬儀に続くの、諸般の仏事、懐石料理等々の、事まで、考え、及んでえへんでねえ。
まあなあ、当時なら、当方、現役での、何とか、なたけどや。しな、仕方があらへんしと。
此度なら、その経験、踏まえての、積立でして。出費してまして。
イヤイヤ、当然の、集参の親族、家々より、御仏前なり、お供えとして、相応の金額、持参してくれるですが。そんなモンで、賄えるの筈、あらへんやんかと。
ならばの、賄えるの範囲でしたら、ええのやけれど。
そもなあと。
(15/07/01)


NO.25 通夜の話(1) 立礼の話

オッとの、母の形見別け。
この機会に云々なるは、当家、内輪の話で、且つは、こちの、腹案でして。
当人達には、マダ、話をしてへんし。当人達の意向重視。
話するまでに、こちの考えも、又、違て来るやもでして。どなるの事やらの。どかするにしたって、先の話やわの。今は、その他諸々の、仏事、整理、処分で、手一杯。この整理だけでも、イツまで掛かるやと。

それもあるし、香典返しもなと。
そらなあ、金額があるし、諸般、料理喰た方、スと帰った方、様々やしと。
これも、しかるべくの、決めて掛からんとと。
地方、地方で、違うみたいやけど。ここは、当家は、京都やしで。こちにの、慣わし、あってねえ。
お返しなんか、いらんと、してへんと、するのがあれば、何でもええでと、する方もと。いらんとされたって、片方して、片方せぬも、変でして。

オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
「通夜」で、親族が参集、町内会、その他の方も、集まり出して。
イヨイヨやなと。

これもなの、席の数、どこに、誰が座るもあっての、ややこしいわと。
イヤ、人数、分かってるのも、分かってえへんのも、あっての、分かってるのは、ここここにと、決めてるですが。
そらなあ、我が一家、妹一家なら、人数明確の、席も、決まるですが。四国からのも、明確なれども、ここは、悪いけどの、末席でして。
母、「柴田」故、柴田家、親父方が上座になりの。母方、親族、下座でして。

とかとか、云うたって、親族席、30席でして。
問題は、母方親族、ここは、従兄弟が来るですが。この従兄弟も、どこまでが、来てくれるか、分からんでねえ。
どこまでか、とは、当然の、伯父家、次男家、長男家に。叔母家、長女家にと。その長女の連絡先、分からんかたりで、分かる範囲で、してるけどや。
そこが、更に、兄弟姉妹の、どこまでに、連絡してくれてるか、してへんが、分からんしと。夫婦で来るのか、1人でかと。これを、確認も、してるの間があらへんわと。

云い出したら、父方は父方で、母方は、母方で、顔馴染み故に、出来る限り、近くでと。そらなあ、父方と、母方の従兄弟では、顔知らへんわと。
従兄弟達も、母方のは、我が息子共を知らんわと。当然の、甥、姪も、知らんわと。
その連れ合いとなればの、皆が、知らんやろと。オッとの、我が従兄弟がの、話やでと。
そんな意味でなら、こんな場で、孫共含めの、お披露目と、相成るですが。場が場で、一々の紹介もしてられんわと。結果的、してへんですが。

それは、結構の、ンの、母方従兄弟、人数、多なてもてねえ。
これが、又、ギリギリに来るモンやから、どするやの、セレマ担当に、席をと、伝えたならばの、承知と、返答の、での、どこえと、問えば、一般席ですて。コレ、仕方あらへんですと。
意味なるは、親族席、最大、30席での、増やせずと。
コレ、部屋と、するのか、ホールの出入り口の、位置の関係での。一般参列者が、親族席に紛れ込まんよにと。する故、30席以上、無理でして。
イヤ、出入り口、2箇所なれどの。祭壇近くの、箇所ので、これで、親族席数決まるです。

結果、母方従兄弟、4名の積もりが、7名来てくれて。ソラなあ、多い方が嬉しいけれどの、困ったなあと。
ホンの間に、すまんなあと。席なら、あっちに、あるけれどの、皆一緒の方がと。ええで、ええでと、そかと。すまんなあと。

その母方従兄妹の中には、この手、葬儀、年会等々には、初めて来るのが居てねえ。
当然の連絡してるの従兄妹なれどです。この歳まで、何度会おてるやの。三度哉のは、多分あれやろなあと。イヤ、叔母に似てるの、面影有りで。女の子は、分からんわと。化粧の事もありので、まともに喋ったと、なればの、40年程の昔の、1回のみでして。

直近なら、叔母婿殿の、葬儀の日。
コレ、全くの、喋ってえへんの、叔母と、のみでして。そこの、長女とは、チラの。
実は、この時、この日、柴田家叔父嫁の葬儀と、重なってもての。葬儀の梯子したの時での。ここ、5人姉妹での、悪いけどと、顔だけ出して、手を合わせて、即の退散。ソラ、長居してるの、間あらへんわと。

そんな、あんなの、座るの席も、ここに、誰がと、何家がと。決めて、指示し乍らも、母方のが、想定外の人数での。
そらなあ、母方のは、母の葬儀でして。さもありなんと。
とは云え、結果的、「通夜」のみの、参列での。「告別式」にも、来てくれたは、内の1人。
「通夜」には、来れずで、「告別式」に来たは、1人。

父方も、この日には、従兄弟のみで。「告別式」には、下の叔父が。上の叔父嫁が、来てくれたですが。
叔父も、叔父嫁も、歳が、歳での、体調もで、よお、来てくれたですが。連れて来てくれてるの、従兄弟が大変でして。


とかとかの、本番近くになればの、俄然、気忙しく。
担当より、式次第の進め方をと、場内、全員に聞こえるよに、解説、説明致しまして。
我々、喪主と、長男なるは、両脇より、焼香に参列の方々に、立礼をと。

それが、終われば、親族の焼香なれどの、筆頭、喪主。あとは、適宜、両側より、1人ずつ、焼香にと。その際、お辞儀も、最初に1回。終わって、1回、中央にしてくださいと。
これを、右に、左に、又、右左と、お辞儀するは、丁寧みたいに、見えても、クルクル、回ってしもての、不格好ですと。
簡単に、簡単に、綺麗にと。ハイ、承知と。

云うてる、聞いてる、予行演習してるの間にも、開始でして。
いやなあ、町内会席、見たら、想定外の、多さでねえ。概ね、50名はと。
コレ、くどいけどの、従前、承知の範囲、20名、30名でして。その倍はと。イヤ、有り難いわと。諸般、感謝致すわと。


での、コレ、ここだけの話の。
当方、度々の、ここ、「セレマ」の、「亀岡シティ・ホール」での、焼香してるですが。担当者によるのか、喪主にもかの、喪主立礼、知らんでと。
イヤ、くれぐれもの、喪主と、その長男、立礼するは、丁寧でありの、順当也と、思てるですが。
従前、そこまで、注視も、してへんは、あるですが。喪主なるが、その奥様であるが多かったも、あるですが。喪主、座ったままやた筈やでと。
正直には、立礼されたの事が無く。ここ、「亀岡シティ・ホール」ではなと。

親父の時になら、我が家でして。
当方、喪主なれどの、骨折入院中でもありので、椅子に座っての、黙礼でして。大体は、親族一同、屋内にての、全員がと、までは、申さんの、正座なりで、黙礼してるが、形式であたみたいにと。

ででの、叔父嫁の時には、当然の、場所、異なる<樟葉>ですが、立礼なるは、親族何名かが、横一列やったかに、並びの、やったなあと。父方親族数知れてるですが、嫁方多く。
コレ、「通夜」の時には、してへんですが。「告別式」では、親族参列者の数、減って。自発的、数に加わったですが。
要は、場所により、担当によりの、立礼も、喪主であたり、親族なりと、違うの怪と。
イヤイヤ、別段の、どであれ、結構なれどです。
<参考=「不可思議の世界NO.6」NO.88 叔母の話(11)葬儀形態の話
(15/07/02)


NO.26 通夜の話(2) 止まるは、8人の話

当初には、質素にと、思てたですが。
結果的、派手になたなあと。コレ、母の意向通り哉と。

実は、今だ、家族葬と、一般葬の差、区別、分からんですが。
多分なら、親族控え室の広さ、違うの怪と。狭いと、入り切れへんですが。何分の、親族席、30でも、不足でして。
残ってくれる、残らんは別途の、親族として、来てくれてるの人数、入れんとなと。
イヤ、宛がわれた部屋、控え室なら、充分なれどです。

オッとの、それでや。
6月9日の、19時からの、「通夜」。
想像以上の、人数でねえ。感謝、感謝の、遠くで、来られぬの方も、電話なり、弔電戴いてるですが。そらなあ、諸般、無理して来て戴くの事も、あらへんしと。ソラ、近くならで。近くでも、我が母を知らんの方もあるです。

前提、ソラ、沢山の方、参列、焼香に来て戴けるは、有り難いです。
その上で、傍系<姪>の、婿殿の親が。直系<息子>の嫁の親が。となればの、ンの、当時なら、結婚式に母、出席したなあと。されどの、次男の時には、どやた哉の。出席出来てえへんですが。
されどの、どちにしても、会おてるは、ソレ、一度切りでして。

とかとかの、立礼にての、焼香の方々に黙礼、お辞儀致しながらの。声にまでは、出してませんですが。
正確には、聞こえるよには、云うてえへんですが。有り難う御座いますと、申し述べ乍らの、へえの、この方が来て戴いてるかと。
別途には、あの方、見えてえへんなあと。イヤ、町内会とかの、近くの方なら、でして。ソラ、そちらのに、参列した故でして。

いやなあ、この手の事、難しいなあと。
そらなあ、自分が喪主なり、したら、分かるですが。自分の家族の時にも、分かるですが。
訃報聞けば、全て、参列、焼香に出向くが、ええに決まってるですが。どの範囲、どこまで哉と。
自身、健康で、動けるならです。どこえでも、行けば、宜しいですが。反って、気を使わせてしまうの可能性もと。

モ一発、我が従兄弟になら、気は使わんですが。親の兄弟姉妹の子でして。そちのには、問答無用の参列してまして。そこの兄弟姉妹の、どこまでに伝え、来てくれるかは、そちら任せなれどです。
母の妹、叔母なりが、顔見せぬは、心配でして。どしてるの哉と。

オッとの、この立礼で、皆様に挨拶も、辛いねえ。
くれぐれもの、立ちの、礼するが、辛いで無く。この方、この方、来て戴いてるかと、思うだけで、胸一杯になてもてねえ。
ソラ、諸般の状況、承知故で。

とかとか、云うてるの間にも、一般、町内会、親族の焼香も終えてもて。
町内会の面々の人数、多いと云うても、総数、知れてるわと。100名には、達してませんでして。そんな意味でなら、寂しいけどや。さりとて、母の友人にまで、連絡してへんし。するにも、諸般、難しく。
しても、果たしての、来られるかと、なればの、高齢故に難しく。


での、「光圓寺」住職の、読経、法名の説明も終え。退席されて。
担当者より、喪主と、嫁はんに、こっちにと、促され。ンの、何するのかは、参列者に対するの、お見送りのため、出口で、立礼をと。
これも、従前、あったか、無かったか、注目してへんでねえ。
イヤ、立礼するに、挨拶するに、成る程の、ええ事やと。

ででの、親族席に居てへんかったの、親族。母方、従兄弟達、嫁の親。姪婿の親には、諸般、この後、「通夜」で、食事でもと、促せどの。イヤ、有り難う御座いますの、遠慮すると。
従兄弟達なら、明日、来てくれるのかと、問えば、明日はなあと。
これも、全員に尋ねるに、出来ひんでねえ。ソラ、次々と、退席、出て来られての、挨拶しんならんわと。

いやなあ、親族には、控え室での、「通夜」のため、寿司と、オードブルを準備してあっての。
当然の麦酒等々も、あってねえ。来てくれさえしたら、久しぶりにの、話も出来るですが。そのための、「通夜」でもあっての。
されどの、母方従兄弟達にしても。姪婿殿親、嫁親にしたって、そらなあの。親族席に居てるの面々の、殆ど、全員を知らんわと。従兄弟が知ってて、我が嫁はんと、妹やろと。
オッとの、従兄弟同士なら、重々承知してるですが。
ここ等が、又、難しく。

当方なら、その手、葬儀に参列も、親族のなら、殆どの方、承知してたですが。知らんでも、呼ばれれば、声、掛かれば、参加したですが。
知ってる者同士で、談笑してればの、済むの話でして。
結果的、柴田の方、父方従兄弟3人、残ってくれて。

これもなの、変な話、父方のは、母方のを知らず。母方のが、残れば、当方、どちを相手にしたらの問題あるですが。片方のみ残りで、妹と、2人は、従兄弟と談笑したですが。
後の親族、それぞれに、でして。
基本、家族なり、兄弟で来てるし、任せとけと。
そらなあ、こちも、全員相手には、してられへんわと。

にしてもの、19時から、20時で、「通夜」次第、焼香がで、夕食には、丁度、ええ時刻になって。
昔話、今の話で、花咲いて。従兄弟達と、話するも、久しぶりでの、こんな時にしか、あらへんでして。特には、東京のと、するのか、千葉の、叔母の長男なら、親父の時以来哉と。
その前には、叔母の葬儀で、その以前には、叔母の見舞いでと。そんな時にしか、会うの機会無く。
ソレ、云い出したら、どの従兄弟も一緒の。葬儀で、年会で、しか、会わんよになっての。会うの、用事があらへんしと。

さての、本来の、「通夜」なら、このままに、皆、そのままに、徹夜で。眠となれば、適当に、そこらで、雑魚寝なれどです。
どれだけの人数、「通夜」で、残るかが、分からんけどや。
近くで、帰るのも、居てるやろし。遠くで、帰るに、帰れんのも、居てるやろしの、夜を徹しの、「夜伽」なれどの。その前に、一旦、解散をで、適当に、帰り支度なれどです。
ンの、千葉のは、ホテル取ってるですて、へえの、ここに泊まれるのにと。されどの、取ってるしと。そかと。明日は来てくれるなと。来ると。
その他、従兄弟は、明日、叔父なり、叔母を伴いの、来てくれるし。本日、帰るは、聞いててねえ。

四国組、当然の、ここで、寝るですが。
息子共の嫁、孫共、ここでは、諸般、子の事もありので、我が家、当家に戻るになてるですが。
基本、当たり前の、当方、喪主、嫁はん、息子共は、ここでして。
さりとての、それ以外の全員もは、無理の。ここで、寝るなら、でして。「夜伽」で、夜を徹するなら、結構なれどです。

オトトの、妹家、全員、帰るのみたいでねえ。
ソラ、ご自由にで、構わんけどの。姪は、子の事もありで、帰るの哉と。とは思てたですが。一家、車で、来てるもあるですが。
基本、ご自由なれどです。

結果の結果、「夜伽」「通夜」で、親族控え室に止まるは、四国組、4人。
喪主たる、当家、嫁はん、息子共の、計、8人と、相成ったなと。
まあなあ、ええけどや。諸般、チョと、寂しいは、あるけどや。

オッとの、布団なら、部屋の押し入れに入ってましての。借りた分、費用いるですが。
ここだけの話の、1セット、3千円也の。その替わりに、手拭い、歯磨きセットに、髭剃り、ブラシまでが、付いててねえ。
イヤ、風呂は、別の場所での、「柴田」家、専用のが、準備されてるです。循環式での、常に湯が出てるですて。
云うても、この日、泊まるの他家、家族葬の、1件のみなれどです。
(15/07/03)


NO.27 通夜の話(3) 寝乍らの、喪主挨拶考えるの話

そらなあ、「夜伽」なるは、共に居てくれるの、人数多けりゃ、多い程に、情感がと。
それが、「夜伽」也と、思てましての、寝具不足なら、不足なりに、座布団でも、そこらのを適当に引っ張り出して、でもでして。
邪魔になど、一切、考えもしてへんですが。
まあなあ、小さい子は、諸般、無理あるが故、嫁と一緒に、我が家えと。我が家とは、当家でして。好きに使て頂戴なと。

いやなあ、家での、なら、行き場無くの、皆一緒なれどです。
この辺り、「セレマ」では、母、大ホール。こちは、隣の、親族控え室でして。では、あても、共に居ててやるの、気でして。感覚でして。
結果、四国組の嫁はんの兄夫婦、姉夫婦と、我が一家、嫁はんと、息子共の、8名が止まり、泊まるになったですが。

コレ、四国での、義父の時とは、大違いなやあと。
あれは、10年の昔に成るですが。親族は当然の、皆、泊まり。近所の方まで、共にの、泊まり。それこその、座布団でも、適当に引っ張り出しての、雑魚寝で、仮眠でして。
家でなら、コレが自然でして。
とは云え、その時には、小さい子は、居てへんし。
との話なるは、別途に掲載してるですが。ここでは、敢えて、リンクせずに致すです。

兎に角、皆、それぞれに、都合あるやろと。
無理してまで、共にの、「夜伽」する事も無く。そやから、云うて、なの、寂しいぞと。この人数ではなあと。
それこその、自分の時、果たしての、どなん怪と。考えたら、そらなあ、場所にも寄るし、年齢にもと。やから、長生きしと無いなあと。惜しまれるの間がええの哉と。
ほんまやでの、当方自身、この歳故、余計に、そんな下らんの事、考えたり、致すわと。
オッとの、「夜伽」してくれるの人数、多いがええかとなればの、ええに決まってるわと。一応は、寿司喰て、オードブル喰て、酒でも、飲んで。「行事」としての、「夜伽」なら、終わったけどや。
ここからが、本来、本番なんやでと。

まあなあ、皆で、残余のを、喰い。次男、麦酒なんかを、取り出して。
当方、諸般、食欲無くの。されどの、喉乾きの、コーヒーでもが、欲しいなと。冷たいのも、欲しいなと。コーヒーは、暖かいので、冷たいとは、アイス・クリームの類での。
ではと、長男と一緒に、近在の、「コンビニ」えと。出向いたが、夜中の、1時頃やった哉と。零時頃かもの、その辺り、時間的なるは、よお、分からんでして。
四国組は、遠路遙々故に、疲れたのやろの、風呂入り、モ、寝ると、布団敷いて、寝てもたり。
イヤイヤ、長椅子なるは、適当の片脇に寄せまして。この人数なら、どにでもなるです。
オッとの、「コンビニ」えのは、皆に、要望、注文聞いての話やでの。自分等だけの、では無いの。そんな水臭い事、しやへんわと。

での、ででの、明日とするのか、10時からの、「告別式」の最後には、喪主挨拶でして。
それまでに、考えとかんとの、原案をと。
云うたって、相応のなら、頭の中にあるけどや。
それの、どれを、どのよにと。これが問題での、1つの事、云うにも、幾通りにも出来て。

「母、某、大正12年5月14日」に生まれたは、結構の。父親の名、「平八」は、承知も、母親の名まで、聞いてたの怪と。聞いてたと、しても、思い出さんでねえ。
何故に、「平八」を記憶で、母の名、覚えて無いは、云うてても、チラではと。
父親の、近衛騎兵の事なら、度々の聞かされてての、耳にタコなれどです。どちにしたって、この話、止めとこと。
どこで、生まれた、「下京」と、するのか、「京都、下京」哉と。
コレ、細かな話、なれどの、大抵ならばの、「下京」でも、「京都」と、分かる筈なれどの。ここは、亀岡での、京都府下であれどの、参列の皆様、出身が、京都で無ければ、京都市の事、を知らんの可能性がで、明確にの、「京都」を云うた方がと。
反対には、「下京」を云わんの手もあるけどや。基本、「京都」としたなら、「京都市」を意味するですが。コレ、こちの、勝手判断でして。
ならばの、「京都、下京」とした方がと。

とかとか、寝乍らの考えてたら、まともには、寝てられんけどや。
元々が、こんな場、「セレマ」の、控え室で、明日には、「告別式」で、式次第、「行事」なるが、粛々と、進行するに、喪主たる、気の休まるの筈も無く。
挨拶の文言、考えつつの、まんじりとも、せずの、一夜あかすになたですが。

結論的、何を云うべき、云いたいの事柄なら、当初よりの、決まってまして。
母の出生、趣味、ここに至るの過程。
過程とは、転けて、転けての、要介護等級、上がっての話と、誤解されては困るの、「リハビリ・センター」入所中の出来事やでの話。これ、「特別養護老人ホーム」に入所とは、大違いでして。
この、5月には、退所予定であたの事も、触れんとなと。

いやなあ、何より、重要なは、嫁はんの事。
全て、失念も、失念とは、挨拶文言の事、なれどの、これだけはの、感謝表明致すですと。こんな公開の場で無くとも、宜しいですが。あらたまっての、当人に、云うよりは、喪主挨拶とは、最重要の事、申すべき也と。

そらなあ、筆舌には、尽くせんの、大変でして。
親と、同居がでして。
ましてやの、この親、母親の性格、我が儘、気儘の、勝手放題でして。息子であるの、当方でさえが、腹の立つノリの、傍若無人ブリでして。
親子故、腹の立つも、尾を引かんですが。大体が、当世の如くの、無理、無茶でもの、親に反論致さんですが。説得なら、致してるですが。

イヤ、毎年、盆近くの、8月には、嫁はんの里に皆で、行ってるですが。この事、1つ、出るに大変なんやでと。
母、まだまだの、若い頃には、何を勘違い哉の、一緒に行くと、云い張って。事実、何度か、一緒に行ってるわと。母も加齢によりの、留守番するになったですが。それでも、贅沢しにの、「旅行」みたいに、思ててねえ。里帰り、をや。
そらなあの、娘婿の母親来たら、里でも、歓待の、下には置かんわと。ご馳走も、してくれやはるですが。我々だけなら、そはなあと。それでも、客人故に、相応なれどの、母との時とは、そらなあと。

この辺りの一事でさえ、云い出したら、切り無いの程の、大変でして。
要介護認定、受けてからなら、「ショート・スティ」を嫌がって。1人で、留守番してるとかの。自分で、諸般、自分の事、元気な時でも、してへんの、嫁はん、万事、してた、のにです。
ましてやの、1人で、留守番されてたでは、落ち着いて、四国に居てられへんわの。

その間の事でも、無茶、無理ばかりを、申してねえ。
それするなら、里には、行けんよに、なるの事柄を、でして。
よて、行くとなればの、ン箇月以前より、説得に掛からんとなと。一旦、ンと申しても、安心出来ずの、直前になればの、一緒に行くと、云うたり、「ショート・スティ」には、嫌と、申したり。
要介護のを、四国にまで、一緒に連れてけるのモンかと。

云うてるは、一事が万事の、この調子での。
要は、自分を最優先にせよと。そのよに、してるですが。
ほんまやでの、エアコンにしたって、母の部屋、一番でして。ここと申せば、その部屋、母の部屋と致しの。息子共の成長に伴いの、部屋替えたですが。替えた部屋には、エアコン設置。
結果的、台所には、無いですが。5部屋の内、4部屋にまで、エアコンがと。
結果の結果的、息子共結婚しての、泊まるに、殆どの部屋にエアコンあるが故に、助かるの面あるですが。
オトトの、当方、夫婦だけの時には、エアコンあっても、動かすは、年に幾度哉の頻度なれどの、そらなあ、人数多けりゃ、その分までの、電気毛布なりの数あらへんわと。

オッとの、そんな次第の、当方、生まれて以来の、ズと、親とは一緒。
結婚以来、嫁はん、我が母と一緒。
表現的、言葉でなら、只単に、それだけの話でして。

コレ、真似出来るかと、なればの、まあ、至難の技での、現に同じの、延々の、間断無くの、経験した方で無ければ、実情理解出来んわと。その裏に、表に、嫁はんの、相当なるの、努力、犠牲あるわと。
云うとくの、家屋敷、資産、財産あるの親と違うぞと。有れば、ソレ目当ての、なれどです。とは、云い過ぎもです。多少なら、あるやろ。あて、当然の、人間でして、人情、世情でして。
年金は、全部、自分のやったんやでと。それでも、借金造るの親やったんやでと。全部、こちが、精算しての、最早の、あらへんけどや。
葬式代も、残してえへんかったんやでと。

それでも、親は、親でして。
守り抜くと、抜いてやるの、表現するも、ども、当たらんの、異なれどです。
とりあえずは、当方、一切の、口答え、なんかは、してへんわと。誰か、当方なり、嫁はんがや。親に、母に、反論、口答えなんか、してるの場面、見た事、ある怪と。
くれぐれもの、口答えと、説得とは、違うぞと。

兎に角、反論、口答えしてるの場面、あたら、云うて頂戴なの。稀少価値、奇跡的故、録音、録画でも、したらと。
オッとの、愚痴なら、あんな、こんなと、こぼしてるですが。さもなくばの、保たへんわと。
その母がと。
マダ、実感あらへんでねえ。
(15/07/04)


NO.28 告別式の話(1) 大ホールにチラ怪の話

喪主挨拶で、云うべきは、コレをと。
とは、コレ又、以前より、決めてるですが。
決めてると、口にして、云うは大違いの。どのよに、云うかが、あってねえ。その辺りをば、9日、「夜伽」終えて、寝乍らに考えてたですが。

そらなあ、スコンと、寝られるの状態なら、寝るけどや。
まんじりとは、出来ずの、トイレに行ったり、喫煙場所で、タバコを吸うたり、大ホールの様子見したり。
大ホールは親族控え室からも、見るが出来るですが。見ても、何にも無いけどや。トイレねえ。寝しなに、カフェ・オーレなれどの、拙かった哉と。喉が渇いて、茶も何杯も飲んだしなあと。

いやなあ、親見るを余りにクドクドも、分からん人には、分からんでして。
現に親見てても、一緒に暮らしてても、個々人、状況異なるわと。それぞれの、事情もあってねえ。一律には、語れませんの、千差万別。ソラ、親にも、寄るわと。
当方、諸般、沢山の方々の話、聞いてる、聞かされてる、見てるし、見えてまして。万事、よっく、分かるです。云われてえへん事まで、お見通しでして。余所様からも、こちを、そと、思うですが。

表現、極めての、難しいけどや。
変な話、当方、どちの立場の方からも、愚痴なり、心情聞かされててねえ。
或いは、見てへんの方から、当方、上手く行ってるなあと、評されたり。ハタ目、上手くと、見えてたら、結構なると。但しの、親見てるの方から、そんな話、一切の、聞かへんわと。
イヤイヤ、上手く行ってるとか、行ってへんの事なれどです。

そんな事、ハタ目で分かるモンかと。
分かるよなら、上手く行ってえへんからでして。ハタ目からでさえ、分かるの程に、でして。
そやけど、そんな事、当事者、当人に、云える怪。親族でも、云えへんぞの。親族なら、尚更に、云えへんぞと。
の程度に止め置くですが。

ハタ目、上手く行ってると、見えるならの話、万事、そこの嫁はんでして。
簡単なるの話、嫁はんで決まると、云うて過言で無いわと。嫁はん次第やわと。
そらなあ、当方、男也でして。細々なるは、分からんわと。母の飯、作るは、嫁はんでして。衣類、下着類、調達、考えるは、嫁はんでして。男に、そこまでの、細々、分からんわと。
要介護度、上がるに連れの、チカラ仕事増えるですが。ソラ、抱えたりせねばならずの、コレ、男のやるの事での。次第、次第に、やる事、増えるですが。
基本、母、女。こち、男で、出来る範囲の垣根突破せねばの、そこは、親子故。
こちは、突破も、果たしての、あっち、母はどかと、までは、考えず。考えても、全部を、嫁はんでは、出来ひんわと。倒れてしまうわと。

とかとか、この手の話、し出したら、切りあらへんでして。
ここだけの話、当方、基本、亭主関白。
表面的にはなと。オッとの、ハタから、そ見えて、見えてて、間違い無いけれど。
当方、嫁はんに、言葉、荒げたり、喧嘩口論、要は夫婦喧嘩的場面、見た事有る怪の、あれば、一発、云うて頂戴の、録画でも、録音でも、出来るモンなら、やて頂戴の。
まあ、そんなチャンスあらへんわと。
イヤイヤ、別段の、常平生より、このまんま。表も、裏もあらへんわと。
オッとの、そらなあ、冷戦なら、あるですが。

内と、外ででも、ソレ、出来るよな、器用でも、あらへんわと。
何故かと、問われて、返答せずの。するなら、出来るですが。余計な話やわと。
余所様見て、諸般、上手く行って無いなら、無いで、評しの、原因これと、云えて、当たっててもの。今更、どするも、出来ひんわと。そこ様が、でして。そこ様以外の、誰様にも、どするも、出来ひんわと。
そもそもがの、どちからも、上手くなんか、行ってるの宅様なんか、有り得えへんわと。親子でも、人間故もあるし。
それこその、一言、二言、詔<みことのり>程度で、云い現すなんか、出来ひんわと。


とかとか、つらつら、そらなあ、明くる日になれば、起きた時から、喪主挨拶なんか、考えてるの間あらへんです。
「告別式」が、10時からでして。それまでには、顔洗わんならんし、風呂にもと。
オッとの、夜には、入ってませんでして。邪魔くさいがあって。カラダがシャキリと、せぬもありの、気怠いもあって。その気にならぬもあってねえ。

ならばの、何故に朝風呂かと。なれば、折角故に、入っとこかと。そこで、顔洗いの、髭剃りもと。
朝飯も喰わんならんし、8時、9時にもなれば、帰った親族、新たな親族も来るやろし。誰が、何時に来るかも、分からんですが。町内会の面々も姿、現すやろしの、知らぬフリもの、挨拶せねばの。
当日、10日には、基本、事、行事済みの。済ませねばならずの、その分、気忙しいなるわと。

での、誰が一番にかは、忘れたですが。
とりあえずは、町内会、組長なりが、現れて。有り難う御座いますと、挨拶致しの。ども、受付の顔ぶれ違うのみたいでねえ。
別途の方、玄関先で、会いの、この度はと、挨拶して戴きの。での、何か、手伝うの事あればと、丁寧なるの。
嗚呼の、受付頼まれやはったんやと。

こちは、誰に頼まはたか、までは、聞いてえへんでねえ。すみませんの、組長、居られる故、そちらに、ご確認をと。
純粋に、手伝い、買って出ておられるの事も考えられて。さりとての、受付なら、組長でして。ソレ以外に、町内会の面々に支援頼むの事、あらへんでして。
とか、やてたら、柴田の、末の弟、叔父が。その上の、叔父嫁現れ。千葉の従兄弟、叔母の長男現れて。
ンの、母方、津崎家の、下の伯父の娘、我が従兄妹なれどの、年齢、ホボの一緒のが、現れて。昨日は、来てへん故に、へえと。来てくれたかと。
そして、そちの、長男、従兄弟も現れ。昨日、当人、スと帰ってもた故、帰りしな、今日の事、尋ねられへんかっての、来てくれての、ホと、安堵したですが。

いやなあ、当たり前に、従兄弟も、父方、母方あっての。
母方のは、血縁。
父方のは、母とは、血縁では無く。よて、本来ならばの、母方、従兄弟がモと、来てくれるのべきなれどです。
「通夜」には、母方、従兄弟、7名来てくれてたですが。結果的、「告別式」には、2人でして。2人来てくれ、良かったですが。

モ一発、いやなあの。
柴田の従兄弟達も、叔父も、叔父嫁も、諸般、当人、体調の事もあっての、仕事の事も有りので、母の見送りまでは、出来るですが。そこで、申し訳無いけどと。との事での。
最後まで、残ってくれるは、柴田の、叔母の長男であるの、従兄弟1人と、母方のが、2人。
結果の結果、この日の、親族席、足るですが。

問題は、果たしての、それ以外の、参列者の数がなと。
時間的、10時から故、想定出来るの、半減哉と。大ホールの片脇に、チラに、相成るなあと。
されどの、仕方があらへんわと。正々堂々の、一般葬でして。
派手好き母故、満足怪と。
(15/07/05)


NO.29 告別式の話(2) 逮夜の話

「御礼」とするのか。
「お供養」なんか。
「光圓寺」住職も、さてはてと、申すの、お寺さんえの費用。

これは、前夜、「通夜」の日、住職到着されたの際、担当より、挨拶に行きましょと、嫁はんと、2人して、「住職控え室」に参上。
早速にも、不祝儀袋に入れたのを、手渡しまして。
いやなあ、挨拶をと、申されても、この処、度々の、会おてまして。

5月4日には、親父の、25回忌を、菩提寺、「光圓寺」にての、執り行いまして。
8日の、枕経の時にもでして。要は、5月のを除きの、3日、連続でして。
9日には、「法名」を書いて来ましたと。へえと。
オッとの、8日の枕経が終わった時、そのよに、聞いてたですが。明日には、書いて、持参致すと。その法名、ナカナカに、ええのを戴いてるです。感心したです。

イヤ、前日には、お寺さんえの、「御礼」とするのか、費用、お渡し致しまして。法名の事も、見て、説明聞いて。
さての、この日、10日の挨拶に伺うに、何の話をと。
行けば、住職居てへんでねえ。ンの、周辺伺えば、オッとの、トイレに居たはるが見えて。小用終わるまで、待たな、仕方が無いなあと。

そこに、柴田の叔父がトイレ待ちでねえ。その長男も、同伴、付き添いで、来てたですが。様子見るに、足元がと。怪しいなあと。そらなあ、ええ歳でして。86歳辺り哉と。
柴田で、親父の兄弟で、残ってるの、たたの、1人でして。一番に若いもあるですが。若い云うても、ええ歳でして。過日、過年には、嫁はんと一緒に、愛車、カローラで、妹夫婦を誘いの、家に、迎えにの。叔父宅えと。

イヤ、叔父嫁の墓が出来てる。との事での、拝みに参じたですが。以来と、するのか、叔父嫁他界<2008年12月>で、現在、1人暮らしでねえ。
まあなあ、ホンの近くに長男一家居てるですが。週に1回はと。来てるのみたいでねえ。えらいなあと。
但しの、叔父も、高齢故、その内には、週に1回とは、云うて、られんよに成るですが。兎に角、足元、フラフラ、気に掛かるの。足腰弱ると、歩くが億劫になるし。体力低下、衰弱に直結致すです。
とも、当方、えらそに云うてられへんですが。

この叔父嫁の葬儀の時、喪主なるは、当たり前の、叔父やったですが。
喪主挨拶を、この従兄弟、長男が代行にての、やりまして。叔父、口下手もあるですが。
コレ、立派でして。内容、概ねなら、母<叔父嫁>は、何でも、自分を一番に考えてくれてと。自分の事、犠牲にしてもと、涙乍らに語りまして。当方、感涙。
いやなあ、上手とするより、正々堂々、思うの事、素直に熱弁致しの。へえの、人前で、こんなに云えるかと。大したモンやと。

この葬儀の時には、母既に、要介護認定受けてての、参列出来てえへんですが。
この明くるの年<2009年1月>哉に、母、又、転倒、骨折致しの、「亀岡シミズ病院」入院でして。2人で、見舞いに来てくれたですが。事実上、これが、最後の面会に相成ったなと。
この叔父、当方、高校入学までは、同居でして。
世間一般の、当方との、叔父、甥。母との、兄嫁と、義弟の関係に非ず。親密度、高いわと。
反面では、当方、大学生時代に結婚してるが故、従兄弟関係も、年齢、違い過ぎて。概ね、20歳はと。それでも、当方、呼ぶに、「チャン」でして。こちからなら、「君」でして。
大体が、柴田の親父も、叔父達、晩婚型でして。上の叔父のも、従兄弟は、15歳は下なん哉と。

オッとの、そんな話は結構の。
上の叔父の従兄弟とは、その叔父嫁の葬儀以来。下の叔父の、とは、先の通りの、母入院見舞い以来。
この叔父同士、叔父の従兄弟同士なら、年齢も近いが故、比較的、交流あるよでねえ。

トトトの、何の話、してるの哉と。
早いモンやねえ。年月経つが。叔父が、80代半ば怪と。一番下の従兄弟も、モすぐにも、50代怪と。ならばの、上の叔父の従兄弟なんか、50代なんやなと。
いやなあの、ここだけの話の、千葉の従兄弟なるは、親父の葬儀には、来られずで。そこの次男が代行にての。長男たる、後刻、我が家に来てくれたですが。以来でして。25年経ってる故の。
9日、来た時、瞬時、分からんでねえ。あくまでもの、瞬時、なれどの。嗚呼と、コレ、当方より、1歳上での、ボチボチの、もしかしたらの、既に、70歳怪と。

そらなあ、親族、あれこれ、応対してたら。又、諸般、気忙しくの、誰が来るも、考えてえへんわの。来て、見て、からでして。
要は、ここの三兄弟なるが、当方にしたら、年齢近く。されどの、東京方面やしなあと。会うの機会、僅少での、それこその、こんな機会にしか、会えず。
イヤ、むしろの、変な話の、加齢と共にの、叔父達の従兄弟も、当方に接近してるよに思え。年齢差、なら、そのままなれどの、この歳で、1歳、2歳なんか、無いも同然の。10歳、20歳も、以前の程にはなと。感じんです。


それでや、住職に挨拶の話、なれどの。小用済みの、住職控え室に入り。
宜しく、お願い致しますと、挨拶致しの。住職からは、逮夜の件。
初七日なるは、この日、骨上げ後に、致すですが。二逮夜<二七日>等々、百箇日の日程、このよにと。一覧表に明記されてましての、説明戴きまして。
での、本来なら、逮夜毎に、親族一同、集まり、しかるべくの、法要営むですが。皆様、早々には、集まれませぬ故、そこまで、キチリ、キチリは、不要ですと。へえと。
住職がそのよに云うなら、気が楽、気楽やわと。

大体が、真宗大谷派なるは、門徒、モノ知らずの、結構なると。
余りの、クドクド、細かな事、云われませんでして。
要は、気持ちや、気持ちの世界での。ご家族様の、気持ち次第での。供養なり、拝んで差し上げるで、宜しいですと。
親族一同も、濃い親族がで。話簡単の、要所、要所の、四十九日なりの、時、しかるべくのと。住職招きの法要なり、寺ででも、結構なると。その間の、どれか、都合の良い逮夜にての、親族のみでも、結構の、しかるべくのと。へえと。

親父の時にも、そのよにしてるカモでして。
確かに、逮夜、逮夜の、一週間毎に、親族集まり、住職に読経、法要、して戴くも、大変でして。
大変とは、正直、皆、近くなら、なれどの、相応の距離あるし。モと、正直には、諸般の費用、出費も嵩むわと。
よて、逮夜、逮夜の、七日毎には、基本、我々夫婦のみで、しかるべくのと。要所、要所で、集まれるの面々にての、しかるべくのと。

但し、四十九日なるは、正式にと、するのか、我が家ででも、菩提寺で、でもの、住職にと。
そして、墓参も致しの、会席料理でもと。
まあなあ、コレ又、正直、値が張るですが。ここは、一発、円山公園の、「いそべ」にでも、しよかと。
するに、諸般あるけどの、まあなあと。

までの、計画、住職には、してへんけどや。
「いそべ」云々なるは、後日、後刻に、決めただけの話の。10日の、住職えの挨拶では、七日毎も、基本、亡くなられたの日の前日よりの。その日を1日としの、含むの、七日目でと。
それも、基本、正午から、次ぎの日の正午までを、考えるですが。
諸般、皆様の、都合で結構なると。

そらなあ、基本、平日よりは、土日の方がで。無理しての、平日に、営むの事、ありませんですと。
より、多くの親族、集まれるが、重要也の。
そら、そでして。
(15/07/06)


NO.30 告別式の話(3) 喪主挨拶の話(1)

母の持ち物の整理。
まだまだ、あるです。
一気、やる気なら、出来るですが。矢っ張りなあ、四十九日、済んでからにしとこかと。思うのも、あるです。
よて、母の部屋、見掛け、何にも変わってませんでして。ゲート・ボール命の、入賞のメダルも、そのままでして。整理箪笥も、洋服箪笥も、そのままでして。その部屋に飾り付けしてあっての、骨壺置いてまして。
供物欠かさず、出来るの限り、線香点してるですが。部屋締め切ったら、線香の煤で、部屋の天井、煤ける故、四方八方の、八方までは無いけどの、解放してるですが。
本来、ロウソクなれどの、恰好したの、豆電球点し。これは、基本、四六時中。
この飾りも、仕舞えてからにしとこも、あってねえ。
要は、四十九日、過ぎてからが、本番哉と。

とかとか、線香については、外出時には、消すですが。
ロウソク替わりの、豆電球も、基本、消すですが。
そらなあ、線香と云えどの、火付けっ放しで、置いとけへんし。豆とは、云えどの、コレ又、同様での、多少は熱帯びるしなあと、外出時には、消すにしてるですが。出火でもしたら、大変でして。

オッとの、いやなあ、母の荷物も、少ないよで、多いねえ。
あの日、母の荷物、「こもれび」のを、引き上げるに、詰め所で戴いたの、段ボールに詰めたですが。フウンの、こんなモンかと、思たですが。家には、一杯あってねえ。
靴なんか、ダアレも、履かへんし、履けへんしで、粗方、処分したですが。

オトトの、それでや、「こもれび」には、葬儀次第、終え、その月、6月の14日。直近の日曜日には、担当ケア・マネージャーに連絡の上、その方の都合に合わせての、日曜日なれどの。嫁はんと、2人しての、御礼、お伺い致し。
イヤ、ご丁寧にと。
イヤイヤ、御礼とするのか、その手の事、するの方、少ないみたいでねえ。へえと、当方、当たり前に、思てたですが。

担当ケア・マネージャー曰くに、当方、頭が、着いてけへんかったのではと。我が母の様子、急激故にと。
その通りでして。
年齢が年齢故。又、ドクター<理事長>から、しかるべくの話、聞かされたの時、そは、長くは無いの哉と。とは、覚悟したですが。そは、長く無いと、近いとは、意味異なるわと。
少なくともの、今日の、明日の話で無いわと。
これが、2度目の話の、「同意書」を手渡されたの時には、コレ又、相応の覚悟したですが。コレ又々、今日の、明日の話で無いわと。

とは云え、会う度、様子の急変、察知なら、してるですが。
「同意書」に署名、担当ケア・マネージャーに提出した日にも、母の洗濯モノの、収納、回収してるですが。その以前より、会話なんか、してへんし。出来るの状態であらへんし。
これはなあ、又、出来ると、思てるわと。
よて、珍しくも、ベッドで寝てたのが、当方に気付いたのか、手をベッドの枠とするのか、手摺りに。そして、必死に起きたがてるのを、無理すなと。又、次回、多少なりともの、元気な時にでもと。云いたい事あればと。その時、聞くからと。
と、までは、云うてえへんですが。
実は、これが、最後になったですが。

トトトの、それでや。
先月、14日。
担当ケア・マネージャーに、御礼申し述べの日。同じくの、お世話になったの、現場の、介護士、看護師にも、御礼をと。
申せば、皆様、ロビーの方に、出て来てくれやはって。
ンの、実は、こちから、詰め所の方に、出向きの、御礼をと、思てたですが。ソラ、スグのそこ故、でして。

コレ、何を云うてるかと、なればの、母、結果的、退所での、「こもれび」には、居てませんの。最早の、我々家族、「こもれび」にしたら、部外者かと。
事実、部外者でして。母、居てませんでして。
母の部屋、ベッドも、余所様が、居てるのやなあと。多分、なら、なあと。

での、過日。
妹曰くに、5月17日<日曜日>、妹夫婦、「こもれび」には、コレが初めてなれどです。
母に面会の際、婿殿母、要は、妹の、義母。
「特別養護老人ホーム」に入所したと、母に伝えたならばの、「可哀想になあ。車椅子やなあ。」と、返答したらしくの、それが、最後の会話になったと。

へえの、我々とは、その当時には、その手、まともなるの、話、出来てえへんですが。したと、聞いて、ビクリしたですが。
にしてもの、当人、母自身、車椅子の分際のくせしてからにと。
イヤイヤ、その日も、当方、同行と、するのか、母の部屋等々、手続きの仕方も、知らんやろと、向こたですが。可成りの手違いにての、一緒には、建屋に入れてませんですが。
よて、その話の時には、「こもれび」の周辺で、イツ、着くの哉と。妹夫婦が、でして。待ってるの間でして。
ほならの、既に、入っててねえ。へえと。
とかとかの、その事の、詳細、割愛致すですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
「告別式」も、進行。焼香、終えて。
菩提寺住職退席の、ここからが、この手、葬儀社、「シティ・ホール」での、イベントでして。

司会進行役が、最後のお別れですと。花をと。我々、親族に、又、焼香に参列の方々に。
コレ、辛いねえ。
或る意味、泣かせるよに、し向けてねえ。堪らんねえ。
当然の、当方、涙してるです。嫁はん、息子共も、でして。母の額、おでこを触り、頬触り。嫁はん、息子共々でして。

この辺りより、イヨイヨの、盛り上げ、イベント化での。
司会進行役、モ、これで、最後ですと。再度のと、当方、嫁はん、息子共、母に触り、触れの。
ンの、妹には、嫁はんが、促しの。最後故と。

ンンの、コレが、最後の最期也の、促されずに、来たは、母方、下の伯父の長男只1人。コレ、血縁でして。
残念乍らの、上の伯父のは、叔母のも、「告別式」には、来てませんでして。血縁なれどです。柴田のと、なれば、我が息子共以外、皆、母とは、血縁に非ず。
息子の嫁共はなの、小さい子はなの、仕方が無いわと。小さいのは、血縁なれどです。これらは、コレで、結構なると。
事実上、血縁以外で、母に触れたは、嫁はんダケでして。これはなあ、血縁同然でして。

オッとの、当方、花を、等々、一番の最初故に、皆が、やてるの時、誰がとなんかの、詳細一々の、見てへんわと。
そこまでの、余裕、あらへんしと。
只、主要なるはなと。

での、最後、蓋がで、その上に、花束をと、当方に手渡されの、置きまして。
そして、法名を。遺影は、長男に。骨壺、次男にと。
親族、最前列にと、嫁はん共々、促されの。ンの、イヨイヨの、喪主挨拶怪の。困ったなあと。

何が困るは、一連の、イベント、盛り上げにての、涙してもての、胸一杯。
片手に、ハンカチ、片手に、法名状態での。
まあ、ええかと。
ええとは、涙するを、胸詰まるを、避ける、ガマンするは、止めとこと。

正直には、この歳、ええ歳して、なれどです。喪主挨拶、度々の拝聴してるですが。喪主、涙しての、感涙しての、なるは、柴田の、下の叔父嫁の時の、喪主代行での、従兄弟だけなれどです。
これは、これで、拝聴の、感動とするのか、立派やなあと、感心したですが。年齢も、若いしと。
他の面々で、涙見せての、挨拶、知らんですが。
大体は、そこの宅様のご主人の、でして。挨拶なるは、代行での、長男なり、奥様がされてるですが。
ここだけの話の、えらいモンやなあと。涙1つ、見せずにでして。且つは、チャンと、紙に書いての、挨拶殆どでして。もしかしたらの、全部怪と。
ンの、当方、そんなモン、書いてませんの。さりとての、ぶつけ本番、でも無いけどや。一応の構想なら、練ってるですが。

問題は、デハと、司会進行役より、喪主挨拶と、促されの、ンンの、頭の切り替え、難儀するです。
こんな場、舞台で、突然では、無いにしろの、盛り上げられての、冷静であらへんでして。当方、それでのても、喜怒哀楽激しくの、表面に出るです。出るの方でして。

での、ででの、問答無用の、マイクに向かうは、結構の。
ンの、ンンの、第一声からしての、何を云うの積もりやったの怪と。
再度、申すの、頭の中、切り替え出来てませんでして。
(15/07/07)



inserted by FC2 system