パソコンあれこれNO.8

NO.6 NO.7
NO.1 NO.2 NO.3 NO.4 NO.5

題目一覧表

目次

パソコンあれこれ NO.9

NO.120 SPAMメールに挑戦の話(1)

NO.119 我が愛機が壊れた話(20) ミドリ電化のあの兄ちゃん(3)

NO.118 我が愛機が壊れた話(19) ミドリ電化のあの兄ちゃん(2)

NO.117 我が愛機が壊れた話(18) ミドリ電化のあの兄ちゃん(1)

NO.116 我が愛機が壊れた話(17) NECのサービス・センターとの格闘(4)

NO.115 我が愛機が壊れた話(16) NECのサービス・センターとの格闘(3)

NO.114 我が愛機が壊れた話(15) NECのサービス・センターとの格闘(2)

NO.113 我が愛機が壊れた話(14) NECのサービス・センターとの格闘(1)

NO.112 我が愛機が壊れた話(13) 閑話休題的内蔵電池の話

NO.111 我が愛機が壊れた話(12) リチウム二次電池の話

パソコンあれこれ NO.7


NO.111 我が愛機が壊れた話(12) リチウム二次電池の話

闇雲に、「ぱそこん21」に聞いたのでないです。
先方様のホーム・ページには、他店にて購入のパソコンの修繕承るとしてあるのんや。
そしたら、もしかしてです。単に日付が狂うを治してクレと現象ダケの訴えやたらヤテくれたカモ知れんです。
可能性はあるけど、多分ならノート・パソコンは除外かも分からんですが、ホーム・ページにもソと掲載しといてクレたらご親切やのに。

かと云うて、ボタン電池の交換だけやしなあ。
在庫があれば簡単やけど、無かったら、手配しんとあきませんし。電池だけでは値段も知れてるやろし、手間暇だけでも大変やろと。
イヤ、此の辺り、後々にビクリ仰天の凄い話が出て来ます。「ぱそこん21」さんではありません。

さて、私でもメールを戴く事があるのんや。しかも、妙齢の美女から戴く事があるのんや。
残念乍ら、お顔を拝見、或いは、親しくお言葉を交えた事はないですが。イヤ、正確には数人ならありますが。イヤイヤ、残念乍らの個人的なる面談はして無いです。団体さんでです。

要は何人かの妙齢の美女との交信が有るのです。
ウチのお一人様、東方面やけど、極めてパソコンにお強くて。
学校の先生をされてるのですが、ハード面、ソフト面にもお強くて。学校のパソコン関係の面倒まで見ておられるのですが。
そやからと云うのでなくて、丁度其の時期、悩ましい時期にメールを戴いたから、チとだけ電池の件を触れてみた。解決を目指してでは無くて、話題の一つのツモリやた。

其の時点ではNECのノート・パソコンにまでお強いとは思てなかたですが。
想像以上にお詳しくて、我が愛機、Lavieの構造、改造、修繕関連のホーム・ページを紹介して戴いたり、ご親切にも、何ならLavieの内蔵リチウム電池を送ってあげよかと。

イヤまあ、ビクリしたです。其のご親切にです。
送って戴いて、即の解決したら、話はお仕舞いやけど、ソは簡単に問屋は卸さんかた。
話簡単には、我が愛機が古過ぎた。
ワザワザ郵送して戴いたるボタン電池が合わんかた。電池の外観がチとだけ違うのと、肝心のコネクターの寸法が僅かに違う故、設計変更されてるのです。
電池の形状は別として、コネクターの差だけなら、取り替えたら済むからコネクターを取り替えてみたけど、症状改善されずで残念無念の断念。

断念しても、何とか出来んかと探索したです。
NECのサイト、「121ware.com」でも調べてみたり、ご紹介して戴いたホーム・ページを見てみたり。
寺町のパーツ屋さんで電池は無いかと探してみたけど、似たのがあらへんのやなあ。

そして、NECのサービス・センター、フリー・ダイヤルで聞いてみた。
斯くの然でと。
そしたら、面白い事を教えてくれた。
四十時間以上電源を入れっぱなし。とはACアダプターでの事やけど、回復しなければ、ボタン電池が壊れてます。

若干専門的になるけれど、BIOS保持用のボタン電池はリチウム電池なんです。
単純にリチウム電池とした場合は一次電池故、充電出来ひんけれど、リチウム電池にも種々あて、NECのパソコンに使われてるのは、パナジウム・リチウム電池と称し、二次電池故、充電可能。
ホカにも、リチウム二次電池として、パナジウム・リチウム、ニオブ・リチウム、チタン・リチウム・イオン電池がありますが。一般的にリチウム・イオン電池とした場合は二次電池。

パソコンに使われてるのは二次電池やから、四十時間以上の通電、充電で以て回復するのかと。
電池が過放電、放電し過ぎてたり、故障してたのでは回復しやへんです。
其処まではフリー・ダイヤルで教えてもろて無いですが、リチウム電池が通電四十時間以上で回復するとは可笑しいゾと調べた結果です。

チナミニやけど、送って戴いたリチウム電池は、Panasonic、松下電器産業のVL2320やけど、表示がVL2320としてあても、種類が沢山有るのんや。
簡単には、電池単体の端子形状が異なるし、あとからつけるコネクターの形状もあるし。
イヤ、我が愛機が古いのは事実で、設計変更が影響した。
(04/08/01)


NO.112 我が愛機が壊れた話(13) 閑話休題的内蔵電池の話

こんな事があた、あんな事がと云うてるダケではナ。
ツマランやんか。
しかも、パソコンの日付がリセット、或いは狂うの現象はママあるため、参考になればと、調べた範囲で補足説明する。

日付はCMOS(Complementary Metal-Oxide Semiconductor)と称するメモリーに記録されており、メモリーを保持するのに電池が使用されてる。

電池の形状として、ボタン電池、とは衣服のボタン。ではなくて、押す式のボタンの形状してるのと、コイン電池、硬貨の形をしてるのがある。
電池の種類としては、消耗品の一次電池と、充電可能な二次電池がある。

NECのノート・パソコンのBIOS保持用電池、「VL2320」は製造元の松下電器産業がコイン型二次電池としてます。
やのに、多くのホーム・ページで、ボタン電池としてあたり、一次電池的の佳い加減な掲載が多いです。

ボタンでもコインでも、どちでも大した問題ではなくて、電池は電池であて。
但し、一次と二次電池では対処法が異なる。

そもそもが、何故電池かとなれば、パソコンを常時電源に接続なら佳いですが、テレビや冷蔵庫の如く、家電製品でも無い故、電源を外す事がある。
電源を外されたら、電気の供給が遮断されるため、日付保持は電池にしてるのであて。
話簡単には、カメラとか、腕時計と同じ事。其のカメラの日付も腕時計の駆動も電池。此の電池は充電式ではなくて、使いっぱなしの一次電池。

パソコンもディスク・トップなら、据え置きが基本故、コンセントの抜き挿しは余りしやへんのですが、ノート・パソコンは持ち運ぶ事が多く、其の度に電源を抜き挿しするため、電池も摩耗、消耗、寿命短縮の運命にある。
イヤ、基本的に充放電の繰り返しは電池の寿命にも影響するです。

電源用バッテリーなんか最たるもので、スグ、アカンよになる。数回の充放電で蓄電量が極端に減少するです。
その点でなら、BIOS保持用の内蔵電池は保ちが佳くて、一般的には三年とされてまして。そしたら、我が愛機の電池は六年やから、長持ちしてる事になる。

基本的には、パソコンの電源をコンセントに挿してる間は電池の消耗は無いです。
ノート・パソコンの場合、電源用のバッテリーがあるけれど、バッテリーも電池やけれどです。
電源用のバッテリーではCMOSの記憶保持をせず。あくまでも、ACアダプターを通じての電源供給時のみであて。

イヤ、私も確認してみたです。
バッテリーの有り無しでBIOSのリセットに関係するのかと。残念乍らバッテリーを挿入してても、ACアダプターを外せば日付はリセットされるから、設計ミスと思たです。
折角ならバッテリーで保持させるよに設計しとけば佳いのにと。パソコンの設計者は其処まで考えてないのです。
仕様書、取扱説明書には内蔵電池の品番の記載のあるのは少数派やし。

一番に伝えたい事は、パソコンのBIOS保持用の内蔵電池を長持ちさせるには、なるべく、コンセントは抜き挿しせずに、挿しておくのが佳いです。

長期間使用せず、電源を入れた際、BIOS設定画面が表示されても、数時間の通電で回復するなら問題無いですが。
ダメな場合も諦めず、四十時間以上の連続通電で以て、回復を試すが良策かと。

そして、十日も一ヶ月もノート・パソコンに電源供給しないのは、内蔵電池の消耗を促進するだけであるからにして、なるべく、使ってやるのが佳いです。

我が愛機の場合、元々が六年も経過。
方々に持ち歩いてたし、使て無いときは休ませてやれと、電源を切って、ACアダプターを抜いたり、使う時には、挿したりで。
加えて、この度の修繕のために十日間の放置。修繕の際、通電もされてるけれど、極短時間やないですか。

よて、コイン型内蔵二次電池が昇天した。
イヤ、完全に昇天の場合、日付だけでなくて、BIOS情報が消えてもて、パソコンが起動しなくなるです。
多寡が内蔵電池。されど、内蔵電池也。
(04/08/02)


NO.113 我が愛機が壊れた話(14) NECのサービス・センターとの格闘(1)

余所様の様子を伺うに、パソコンを何台も所有する人。
一台をトコトン使う人が居たはるです。持たへんのも居たはりますが。

何台も所有する人は結果的には最新鋭機となりますし、トコトン使てたら、自動的に時代遅れになるのんや。
かと云うて、パソコンは改造も出来るし、ガワは古くて中身が最新鋭機もありますし。寄せ集めの継ぎ接ぎダラケのもありますが、其れで稼働させたはるのはご立派です。
生半可な知識では出来ませぬ。されど、趣味と自己満足の世界的印象もあるけれど。結果、遊休設備になる事もあるけれど。

私はドチラかとなれば、新しモノの好きの欲しがり屋やけれど、先立つモノが有っての事やし。
一旦買おたら、トコトンの口です。ヤパリ、先立つモノ次第故と、置く場所も問題やけど。
出来る限り、苦労せずの無駄な努力せずの適当もあるけれど。我が能力、把握故です。

パソコンは出てスグにでは無いです。出来る限り、待って、マッテ、もお此の辺りでどやろと。
理由は日進月歩で、待ってても切りが無いからで。
現在でもドンドンと佳くなるけれど、感覚的には、十年前のホが凄まじかた。
当時はフロッピー・ディスクの5インチから、3.5インチの移行時期。今時、5インチは無いけれど、3.5インチなら現役やで。其のウチ消滅かも分からんけれど、フロッピー・ディスクは便利やで。CDが如くに取り扱いに気を使わんで済むやんか。
やけど、最新鋭機にFDDがついてないのがあるのと、記憶容量が小さいのが難やけど。

最初のは私が四十五歳の時で、NEC製ディスク・トップのPC−9801FAとは、当たり前にMS−DOS機。(「自己紹介」1.私の自己紹介参照)
此奴は我が愛機になてないです。殆どが息子共のゲーム機やた。
ディスク・トップみたいなモン、動かせへんやんか。イヤ、仕事に使いたかって、会社に出張先にも持ち込みたかって。
大枚叩いて買おたんが、ノート・パソコンのPC−9801NS/Lで初代の愛機。(「パソコンあれこれNO.1」2.ノートパソコン好調参照)
勿論の事、MS−DOS機。
寄る年波には勝てず、動かんよになたから、廃棄したですが。(「パソコンあれこれNO.4」65.新手のスパム・メール(3)参照)

この度の内蔵電池の件で調べてて思たんや。
もしかして、マダが二つのマダマダは無理として、マダが一つのマダ使えたのではなかろかと。
ご臨終と判断したは、叩いても、引っ繰り返しては嘘やけど。電源が入らへんのはホントやけれど。モと長くACアダプターを接続してたら蘇生したカモ分からんかったと。
イヤ、ホッタラカシの以前には小三十分程挿し込んでたら、突如蘇生、電源が入ったんや。
やってみな分からんのやけど、ホカシテしもたからには今更やけど、スマンなあ。初代愛機にですが。
MS−DOS機でなくて、Windows対応機ならばです。
頑張って、頑張って、最後の最後まで諦めずに挑戦してたけど。

MS−DOS機を蘇生させてどなるかとなれば、どもならんけど、ゲーム程度は出来ますがな。
云うても、HDDが250Mbです。
其処にビジネス・ソフトの一太郎V4.3、Lotus1−2−3を筆頭に、システム管理ソフト、ウィルス対応ソフトから、チョッとしたゲームまで。
中身的には現在の二代目愛機と数だけは遜色の無いアプリケーションが入ってるのやから大したモンやで。
当世のは使いこなしも出来ひん、使う用事も無い余計な機能、付録が多過ぎるのやけど。

しかるに、二代目愛機のPC−LW2032CにはWindowsに附属のゲーム以外は入って無いです。
入れられる容量も有らへんし。ムツカシ過ぎて、ついてけへんし。

そんな事はどでも佳いです。
四十時間以上の電源投入に挑戦したです。
当たり前なら四十時間以上との話も余裕率を持ってと思てるけれど。更に余裕を持っての二日半の六十時間。単純には四十時間の1.5倍やで。
其れでアカンかたら諦めよと。諦めるのは充電での解決やけど。
残念無念のソは簡単に問屋は卸さんかた。

ホナラ、しょがないです。
次なる一手。
既に、フリー・ダイヤルにて聞いてたです。
充電、四十時間でダメな場合ですが、最寄りのサービス・センターに電話されまして、該当機種の電池の手配をされたらどですか。

京都なら電話番号、コレコレですと、ご親切に教えてくれた。
四条大宮にあるサービス・センター、アクティブワン京都ですが。
成る程、そんな手があったナ。NECに部品を頼めば佳いのかと。電話で予め頼んどいたら、佳いのかと。
電話の主曰くに、内蔵の電池一個程度ならスグにでもやてくれますです。お易いご用です。
やけど、甘かった。マッタク以て、甘かった。癪に触る程に甘かった。
(04/08/03)


NO.114 我が愛機が壊れた話(15) NECのサービス・センターとの格闘(2)

多寡が電池。されど、電池。
別段に大変な欠陥でも無し。日付がリセットされるダケ。設定したらお仕舞いやし、左程急いでなくて、出来る限り簡単に、とは自分で出来る範囲やけれど。修復させたいと思ただけ。

確かに、NECのサービス・センターで手配して戴くのが手っ取り早いです。
思えば、初代の愛機は桂のサービス・センターには佳くお世話になりました。二代目愛機もやけど。此処当分は無縁やったのにです。
無縁の間に桂が撤退したのですが、部品は気易く調達してくれました。

告白すれば、側面の蓋、インターネットのための電話線を取り付ける部分の蓋ですが。治すのが三度目。
早い話がヤニコクて。スグに壊れるのです。
修繕を頼みに往ったです。桂ですが。桂なら早い場合は五日間で、大抵なら一週間から十日で上がったです。
此処も修繕部門はあったけど、保守契約の法人相手でありまして。個人のは大阪に出してたです。

一度目は妙齢の美女があったやろかと蓋を探してくれたです。
サービス・センターの部品棚に運佳く蓋の在庫がありまして。ニコリと微笑み、ハイと云うて、クレたです。誠に正真正銘の美女です。心身共に美女です。太鼓判を押せるです。

しかるに、クレても、戴いても、取り付け方法が分からんで。
どやて、取り付けるのですかと尋ねたら、技術担当者を引っ張って来てクレて。やったげて。
チョチョイのチョイと即座にやてくれて。勿論、只です。無料です。

二度目も部品棚を探してくれたのやけど、在庫が無くて、手配しときます。
三日で届いて、部品代が三百円也と消費税。
にしても、佳く壊しますね。
とは云われてないです。
三度目は今回やけど、相当以前から壊れてましたが、桂のが無くなった故、我慢してただけです。
イヤ、直後には宇治にしか無かった筈なんですが、宇治のが四条大宮に引っ越したのやろか。

兎に角、そんな感覚で、四条大宮のNEC、アクティブワン京都に電話してみたです。
「斯くの然で、PC−LW2032CのBIOS保持用の内蔵電池が欲しいのですが。」
「部品ダケの手配はしてませんです。」
チョイと様子が可笑しいです。
アクティブワンが何かは調べて電話してるのに。
「パソコンを持って来てください。約十日から二週間、早ければ、一週間です。」
「其方では治してくれやあらへんのですか。」
「此方では治してません。修理は全て、大阪のテクニカル・リペア・センターに送ります。」

イヤ、云うたら何ですが、「NEC FIELDING」のホーム・ページにはそんな不親切な話は一行も掲載されて無いです。
そもそも、アクティブワンの業務とはです。
パソコン・レッスン、インターネットの接続、OSのインストール、再セット・アップに最適化、ウィルスの検査と駆除、ハード・ディスクの記録消去のサービス。なんかはして要らんけど。
パソコンのセット・アップ、周辺機器の接続も用事が無いけど。

メモリー、ハード・ディスク等のアップ・グレード。にはチとだけ興味があるけれど。
そして、肝心のパソコン及び周辺機器の修繕をすると明確に書いてあるやんか。嘘かいな。誤魔化しかいな。誇大標記の宣伝かいな。掲載してるダケかいな。

CSが事業方針とは聞いて呆れる。イヤ、ホーム・ページには堂々と掲載してある。
チナミニ、CSとは、顧客満足(Customer Satisfaction)の事であるゾ。顧客が不満に感じるよではアカンのや。阿呆みたいなサービスばかりを並べて、何が安心サポート体制やな。確実に十年は遅れてる。
とまでは云うて無いですが、極めて不親切でサービス体制劣悪で不健全。且つ邪魔臭そな返事の仕方をしやがてからに、気に要らん。

こんな阿呆と喋ってられへんし、時間の無駄やし、電話代が勿体ないし。
モ一手の法人向けなら亀岡にも営業者があるから電話してみたんや。
「其方は個人のノート・パソコンもやって戴けるのですか。」
入り口で法人のみと断られたら其れまでやし。一発目で確認しとかんと。
「ハイ、結構ですよ。やらせて戴いてますが。」
オオ、有り難いお言葉拝受。ならば、話が出来るやないですか。
しかも、四条大宮の阿呆とは対照的に言質極めてご丁寧。聞いてくれる姿勢が伺えるです。

「斯くの然で、PC−LW2032CのBIOS保持用の内蔵電池が欲しいのですが。」
ならばと話を具体化させまして。
トントン、トコトンと事が進めば苦労は無いけど、ソは簡単に問屋は卸さんかた。
(04/08/04)


NO.115 我が愛機が壊れた話(16) NECのサービス・センターとの格闘(3)

亀岡営業所の応対は親切やたし、誠意が感じられたです。
細々とは申しませんが、有り体になら技術屋はんです。

やのに、内蔵電池の件を伝えたら、
「BIOS保持の電池は電池単体ではなくて、基板ごとの交換になりますが。」
オイオイ、「ディスク・トップと違いますよ。Lavieはノート・パソコンですが。」
「嗚呼、ソでしたか。すみませんです。
チョッとお時間をください。大体、十分程度です。モ少し時間が掛かるカモ分かりませんが、折り返し電話をさせて戴きます。」
そんな事で今か今かと電話の前で直立不動。小三十分待ちました。イヤ、電話は携帯のほで、多少の待ち時間は我慢するです。電池一個のためです。

「すみません。お待たせしました。
最初に謝らせてください。申し訳御座いません。あのですねえ。
実はですねえ。ご免なさいねえ。確認したらですねえ。」
其処まで云われたら、話の中身は分かるです。部品調達が上手く運ばんかた。

「あのですねえ。其れでですねえ。
部品だけの手配は出来んらしいのです。
四条大宮にある、アクティブワン京都はご存知ですか。
其処に持ち込んで戴くか、フリー・ダイヤルで申し込んで戴ければ、ご自宅に運送会社が受け取りに往くサービスがあります。」

四条大宮はご存知ですか。アクティブワンはですねと延々の説明して戴きまして。
四条大宮は私が住んでた近所です。我が母校、郁文中学校から、歩いてン分。只、車を置く場所がなあ。
其の気なら嵯峨から嵐電で往っても佳いけれど、誠意の無い応答やたのを先刻承知やけど、一生懸命に説明してくれやはるし、余計な事は奧に仕舞い込んでのハイハイと。

「あのですねえ。只ですねえ。
怒らんといてくださいね。私も聞いてビックリしましたです。」
あのですねえ。只ですねえとモ一度繰り返してです。
「電池の値段は七百円です。
あのですねえ。只ですねえ。技術料がですねえ。一万円ですて。合計で一万七百円と消費税ですねえ。」

大抵なら、アの野郎やろ。やる気の無い、誠意の無い。NECの電話番小僧めが。
電池の交換やで。
蓋を開けて、コネクターから取り外して、新しいのをくっつけるだけの手間賃を技術料と称しての一万円はボッタクリ以外の何やな。
腕時計の電池交換でも電池を含んで千円が相場やで。時刻までシカリと合わせて千円也。
NECなんか、サービス体制万全とは口先だけのボッタクリ以前の詐欺集団。技術料が二千円程度やたら、しょがないカイナと薄々の覚悟はしてたけど。幾ら何でも一万円とはビクリ仰天の畏れ入る。

桂にあた頃とは大違いの京都のボッタクリ専門、似非CS、顧客無視の逆撫でお得意様センターに成り下がりやがて。
正直云うて、NECに拘ってたのは、桂のサービス・センターがあったからです。
一番には近いし、二番目には良心的やたし。良心的は当たり前やろな。多少のサービス有料化は止むを得んですが。七百円の部品交換で一万円とは異常やで。

京都のなんか利用セズ、大阪の修繕部門なら部品調達も対応してくれると思うけど。大阪まで往ってられへんやんか。
イヤ、一万円の代償なら安いですが。

「あのですねえ。只ですねえ。
先程のご自宅まで、引き取りに往くサービスもありますし。
運送代は只ですが、修繕費用がですねえ。一緒です。
電池が七百円で、技術料が一万円に加える事の消費税ですが、電話番号がですねえ。」

其のサービスもホーム・ページに掲載してあるし、フリー・ダイヤルで聞いた時にも教えてくれて、承知してたけど、一生懸命の熱弁故、ハイハイと傾聴しまして。
しかるに、運送費用が只は大嘘です。ボッタクリの技術料、一万円に充分過ぎる程に含まれてる。
其処まで徹底的に意地悪せんでも、簡単な事なら自分でヤレと部品販売したら佳いのに。
イヤ、ボッタクリ専門会社になてるから、やらへんのです。ズル賢くも顧客から巻き上げる方策には長けてます。

ぼやいててもしょがないです。
「そしたら、電池の品番を教えて戴ければ、有り難いですが。」
「あのですねえ。品番は分かりますが、只ですねえ。NECでの品番なんですよ。」
成る程の、「D01948338」では何の事やら。
念のためです。メモして、即刻の検索サイトで調べてみたけど、該当ナシ。
(04/08/05)


NO.116 我が愛機が壊れた話(17) NECのサービス・センターとの格闘(4)

まずは、妹からメールが届きまして。
「ホーム・ページを作るソフトを持ってるか。
持ってたら、貸してクレ。」

ホーム・ページを公開してるからには持ってるワイ。最新バージョンを持ってるワイ。馬鹿にすな。
エラソに云うても、昨年末に最新バージョンにしたのであて。其れまでは二世代前のやた。諸般の事情で最新版を買おたです。

再び、メールが届きまして。
「お盆に行くから貸してクレ。」
妹はノート・パソコンでは無いですし。返すにしてもお正月になるのでないかと。
大きな文字では問題故、小さな文字で、手配しといてヤルと一行。

再々度のメールが届きまして。
「ホーム・ページを乗せるのは有料ですか。幾らくらい掛かるのですか。」
困った質問をしてくれる。
どんなホーム・ページにするのか。宣伝が入ったら困るのか困らへんのかでも、違うしなあ。
こっちの話は、お盆に来たら聞く事にして。

重なる時には重なるです。
お次は、学生時代からの友人から電話が掛かって来まして。(「パソコンあれこれNO.3」42.ACアダプターのハナシ(6)J&P寺町Win館参照)
「会社のホーム・ページを作ったんや。
更新したいのやけど、どしたら佳いか教えてクレ。」

ちなみに、此奴は独自方式の遠心分離器の会社の二代目社長さんで、自社のを作成、公開したのですて。
そやけど、誰が聞いても可笑しいやろな。
作っててからに、公開してからに、更新の方法が分からんとは変やろな。

「ホーム・ページは専門会社に作ってもろたんやけど、どんな方法でしたら佳いのか分からへんのや。」
ゴタゴタ、聞いてても話の中身が分からへんし、ホーム・ページのURLを教えてクレ。どんなホーム・ページか見せてもろてからの話にしよかいな。
イヤ、一口にホーム・ページと云われても、今時、色んな形式のがありますし。
見たら、テンプレートで作ったよな出来合いので、極一般的なる会社のホーム・ページで、ソフトがあればですが、どにでも加工が出来るです。

再び電話が掛かって来まして。
「どやった。」
「あのなあ。」
電話では、大きな声で云えへんから、小さな声で、ヒソヒソ声で。手配して、送ってヤルと一言。
「自宅か会社かどっちが都合が佳いのや。」
「会社にしてクレ。」

しかるにですが。
「ソフトだけあっても出来ひんで。サッパリやで。
説明書までは手配しやへんから、自分で調達してクレ。」
「本は買おてるのや。
読んでもサッパリやなあ。ムツカシイなあ。」
「何を云うてる。
小学生の女の子がやってる時代やで。佳い歳したオッサンが出来ひんかたら、恥晒しやで。」
「オッサンやから出来ひんのやがな。」
成る程、納得。老眼では文字を追うのが難儀で、意地っ張りのオツムではシンドイです。

此の話はネタが出来たら其の都度にして、私のノート・パソコンの話です。
電話を切ってから思たです。亀岡営業所の人は何をどんな具合に調べてくれたのかと。
私も人一倍の鈍感やし、人十倍は機転が利かへんし、イキナリ謝られてしもて、気勢を削がれてしもて。

期待してたのは、部品の調達やんか。営業所に在庫があれば佳し。無ければ、部品部門にでも問い合わせしてくれるモノと思てたのに。
もしかして、ボッタクリ専門、NECのアクティブワン京都のやる気のない電話番の兄ちゃんにマトモに聞いたんやろか。
斯くの然で、お客さんがPC−LW2032CのBIOS保持電池があらへんかと聞いて来たけど、手配出来るかと。

一体全体、NECの営業所とは何をする処かと。
調べたら、ホーム・ページでやけど、サッパリ訳の分からん項目の羅列と抽象的説明には、チャンとメンテナンスも書いて有るのんや。
嘘でも書いとかんと、万全のサービス体制、事業方針はCS、安心サポートなんかと云えへんし。お客はビクリして逃げてしまうです。

しかるに、電話部門、修理部門が2004年度のパソコン・メーカー・サポート・ランキングで輝ける第一位やて。(掲載日現在のホーム・ページに寄る。ランキング付け、「日経パソコン」。)
宣伝文句の全国津々浦々網羅のサービス拠点だけはあて、イザの時には何の足しにも、頼りにもならん、NEC殿やのに、ホカのメーカーのは地獄のサポート体制かいな。

営業所のサポート体制はもしかしてです。
アクティブワンと同様、サポートの項目だけは立派で、実際のメンテナンスは契約先の会社に代替品のパソコンをお渡ししての不具合品は営業所に持ち帰り、修繕部門に送るだけの業務カモ分かりませんが。
代替品があれば、とりあえずは一安心やけど、個人はそんな事はしてもらえへんし、ホッタラカシで、ボッタクリされるだけの鴨かいな。

我がCSは修繕に出さんと、電池一個を自分で取り替えたいだけなんや。
電池さえクレたら、タタの数分で完了やし、電池代だけで済むやんか。やのに、ゴタゴタ云いやがて、やらせてクレへんのや。
輝けるサポート体制堂々の総合第一位のNECめが。
(04/08/07)


NO.117 我が愛機が壊れた話(18) ミドリ電化のあの兄ちゃん(1)

安全第一を標榜の原子力発電所で事故ばっかり。
福井県の美浜での事故です。
百五十度もの蒸気をマトモに浴びたら、堪らんで。堪らん処か四名死亡。

問題の配管は定期点検対象やったのに、稼働以来の二十八年間も点検してへんかったんやて。
下請会社から指摘されて、する事にしたんやけれど、するまでに一年以上もホッタラカシで事故してしもて、手遅れやて。
指摘されたら、ソかと、スグにもしやへんのが官僚体質。そもそもが、百五十度もの蒸気が通る配管を点検箇所として見落としてたのが信じられん。

早い話が感覚麻痺です。現場を見て無い証拠です。
そもそもが、原子力発電所がホントに安全ならです。
電力会社の本社ビルの中に建設したらどやろ。或いは、イッソの事です。国会議事堂か首相官邸前で佳し。爆発したら、日本が救われるです。イヤ、クレグレも冗談です。
冗談に決まってますが、どちにしたかて、危険な場所での作業は下請会社。
発電所の幹部社員は本社からの左遷組か定年間際組。

品質第一とデカイ垂れ幕を掲げる会社が一番に妖しいです。
古くは、雪印乳業で、目新しくは三菱自動車。
走行中に燃える車は聞いて呆れる。爆弾に乗ってるみたいなモンやないですか。走行中にでも、周辺を三菱のマークで囲まれたら、銃口を突き付けられた感がする。

顧客満足を全面に出す会社が一番に顧客を無視。
無視してるから、出すのやけれど。本来なら顧客が満足度を評価するべきモノであて。
典型例がNECで、中身は無茶苦茶の儲けだけが最優先で、顧客は不満足で悶々で。顧客は如何様なるサービスを望んでるかのご意見具申したのかです。

まあ云うたら、NECも以前のよな融通の利く組織で無くなた。
ビクリ仰天の阿呆みたいな修繕の技術料が一万円やて。成る程、ミドリ電化での預かり金が二千円でなくての二万円を納得した。千円や二千円の修繕は有り得なくなったんや。相手にして貰えへんのや。
しかるにですが、桂にあた頃には一銭も取らへんかったんやで。私からしたら、修繕するパソコン自体が人質みたいなモンやんか。

サテ、どするかやけど、このままにして、メールを撃ったりする際には日付の設定要注意と頭に叩き込むか、思い切って、修繕に出すかの二つに一つしか無いけれど。
只々悔しいのは、電池一個の交換で幾ら何でも一万円の技術料は高過ぎるやんかいさ。
前回の蓋、キー・ボード、NXパッド、バック・ライトは或る程度の出費を覚悟したけれど。

頭の片隅にあったのは、前回の修繕、部品交換での確認動作に異常無しの記述が引っ掛かってまして。
マトモに確認してたら分かるやろな。マサカの部品交換の際に電源の入れっぱなしは無いやろな。ACアダプターは抜いてからやろな。
一旦抜いたら、BIOS設定画面が出るのやで。其処を脱出したら、正常やけど、画面の意味合いが分かってたら、異常に気づく筈。

フリー・ダイヤルのサポートには何回も電話してるけど、症状からして、電池切れと云うてるからには、修繕が出来る技術者集団が分からん筈が無く、此の度の責任は修繕部門の見逃しであると断定。
其れ以外の可能性があるとしたら、ギリギリで電池が保ってたのもあるけれど、四十時間以上の六十時間で充電出来ひん程に中身がスッカラカンになてるからには、ソは云わさせん。
加えて、ミドリ電化の領収書で以て、三ヶ月間の保証を思い出し。
パソコンを抱えて、駆け込みました。ミドリ電化の修繕受付部門にです。

「斯くの然での日付がリセットされるのです。
修繕から戻って来て、即分かってましたが、色々試してたから、日が経ったんです。」

実は、修繕から戻って一ヶ月が経ってます。
三ヶ月の保証も部品交換にまつわる不具合が前提も承知。やけど、其の段階で発見してくれてたら、余計な技術料は要らんかったんやで。
三万四千円に加える事の七百円やんか。ボッタクリ計算でも三万五千円也で済んだ筈。
何よりも、再度一週間も十日間もの長きに渡り、我が愛機を取られるのが気に要らんし、辛いし、シンドイし。

手間なんや。
一々、データーはバック・アップしんならんし、余計なデーターは削除しんならんし。
戻って来たら、入れ直さんならんし、確認しんならんし、困るのや。
相当に頭に来てたんや。ミドリ電化にではなくて、NECにやけど。
今回ばかりは大人しくはしてなんだ。諸般の背景もあて、ぶちまけたった。ミドリ電化の兄ちゃんに愚痴を零してもしょがないのやけれど。

「覚えてます。私が担当で受付ましたです。」
ソ云うたら、此の兄ちゃんやた。(「パソコンあれこれNO.7」NO.108我が愛機が壊れた話(9)ミドリ電化の兄ちゃん参照)
初期化が云々と、関係無い事まで承諾させられた兄ちゃんやないですか。私以上に字も下手やた。
当たり前に分かってたから、ぶちまけたんやけど。
(04/08/11)


NO.118 我が愛機が壊れた話(19) ミドリ電化のあの兄ちゃん(2)

先日のホーム・ページ・ビルダー(以下、HPB)を手配してやた友人からメールが届いたです。
HPBの参考書を買おて読んだけど、ホーム・ページの作り方は載ってるけど、ホーム・ページの取り込み方が載って無い。
どしたら取り込めるのか教えてクレ。(「パソコンあれこれNO.8」NO.116我が愛機が壊れた話(17)NECのサービス・センターとの格闘(4)参照)

厄介な事を聞くです。
メールでなんか教えられるモンですか。知りたかたら、電話して来い。
とも云うて無いですが、電話が掛かって来まして。メールは読んでくれたか。教えて頂戴。

「準備万端出来てるか。」
云うまでも無いです。
準備とは、HPBはインストールして立ち上げてるか。標的とするサーバーのアカウントとか、パスワードはスグに出せるよになってるかと云う意味や。

「出来てるで。」
「そしたらなあ。」
斯くの然で、予めホーム・ページのファイルを格納するフォルダを造れ。何処でも佳いけど、マイ・ドキュメントにしとけ。

「やったで。」
そしたらなあの、HPBの「ツール」の「FTP(ツールの起動)」をクリックせよ。
「したで。」
モ一度、そしたらなあの、FTPの「設定」を押せ。
サッキのフォルダの名称そのままを、「サーバープロファイル名」に叩き込め。
アトは、「FTPサーバー名」に、あんたのを叩き込み、「アカウント名」、「パスワード」を入力。
「OK」を押したら、「設定」完了。

しかる後、サーバーと交信しんならんし、「接続」するのやけど、インターネットの出来る状態になってるか。
電話してても接続出来るのか。

「出来るで。」
ホナラ、「接続」をクリックしたら、佳いだけや。
「押したけど、接続出来ひんで。どしたら佳いのや。」
知るもんか。貴様が「設定」の入力を間違おただけや。
半角、大文字、小文字をシカと確認して頂戴。貴様が何をしてるか電話では分からん故、此処までが限度やワイ。

其れはアトで確認する事にして、パソコンからサーバーにファイルを放り込むのと、サーバーからパソコンに取り込むのは矢印の方向で見当がつくやろな。
其の辺りの事は多分なら、イヤ、絶対に、HPBの参考書に書いてあるから、ジクリと読んでクレ。

「チョッと待ってクレ。」
「インターネットの接続をしんならんのやなあ。」
「何やな。してへんかったんかいな。」
「した。出た。フンフン、ファイルが沢山表示された。
嗚呼、大変やなあ。苦労するなあ。」

「オイオイ、贅沢云うな。設定に五分も掛かってへんやんか。」
云うたら何やけど、我が輩は其処に辿り着くにン日を要した。自慢には成らんのやけど。
教えてくれる先達が居てなんだのと、インターネットが電話線に直結時代で大変やったんや。

さて、我が愛機の話です。
ミドリ電化の兄ちゃん、汗だくになて曰くにです。イヤ、修繕の受付場所は冷暖房不備の極悪状態なんです。

「お客さんの仰る通りです。先方で分かる筈です。問題です。絶対に問題です。
動作チェックはしてるのですから、明かに問題です。見落としに決まってます。」
イヤイヤ、私以上の剣幕でして。
「ツッ返してやります。」
オイオイ、アンタのと違うで。我が愛機やで。
(04/08/12)


NO.119 我が愛機が壊れた話(20) ミドリ電化のあの兄ちゃん(3)

ミドリ電化の兄ちゃんは歳の頃なら三十歳。
背は私くらいやから、高くは無くて。体重はもしかしての軽くの五割増し。下手したら倍。
小柄でコロコロした体つきは格好悪いけど、愛嬌のある人相で、糞真面目。
何で糞真面目と分かるかとなれば、チャンと顔に書いてある。糞真面目ですと。
しかるに、私はお腹だけが出てしもて。不格好だけで済まず、ズボンが全部合わんよになて、嫁はんが寸法直しに困ってます。

イヤ、兄ちゃんは誠に忙しない。
滝のよに流れる汗を大きなタオルで拭きつつ、小さなハンカチでは間に合わん故ですが。
やわら、ペット・ボトルの爽健美茶、心と体を内面から綺麗にするとされる爽健美茶を暑いですネとガブガブ飲んで。
イヤイヤ、中身が何かは知らんけど。飲んだ分、其の場で出してる感がした。

そして、例によっての例の如くに所定の用紙を取り出しまして。
糞真面目に電源は入りますか。ランプは点灯しますか。NECのロゴは表示されますかのWindowsはチャンと立ち上がりますか。

且つ、例によっての例の如くの初期化はしても宜しいですか。
電池一個の交換で初期化は無いけど、結構ですと。
逆らう事は無いですし。初期化までしやへんのは分かってますし。修繕屋はんにしても、そんな余計な作業はしませんが。

斯くして、例によっての例の如くに私よりも汚い字で何やら書き出した。
汗がポタポタ、書類に落とし乍らで、不具合発生状況は安全のためです。一太郎で作成、プリントしてる故、ご参考にしてくださいと差し出しまして。

ミドリ電化の兄ちゃんは其れを見乍ら何やら一杯、読解不可なる文字の羅列、書いてたお手々がパタリと止まり。
天井向いたり、頭を掻いたり、体を揺すったり。頭をポンポンと叩いたり。
案外に長い時間、ヤテル故、体調でも悪いのかと。頭痛でもするのか、蚊にでも刺されて痒いのかと。

「何かありましたか。」
尋ねれば、苦渋の顔して、「確信」の「確」の字が思い出せません。
そんな事ならお易いご用です。
あのなあ。「確」はなあ、「石」を書いて「鶴」の左側や。
「イシ」と「ツルの左」ですか。
余計に分からんよになたのか、首を大きく傾け、又もや頭をポンポンと叩きまして。明らかなる苦渋の表情。

「すみませんが、イシって、どんなイシですか。」
「どんなねえ。
石灰、或いは、岩の下だけ。ついでに岩石。石コロの石。」
超簡単には、道端に転がってる石。
「嗚呼、石コロの石ですか。分かりました。」

しかるに、すみませんが、ツルって、何のツルですか。
「鶴はねえ。鳥の鶴。羽根のある鶴。空を飛べる鶴。空飛ぶ鶴もカクと読むのやで。
ソやソや。鶴亀の鶴や。」

益々分からんよになたみたいやから、書きましょか。
「イヤイヤ、すみません。結構です。私の仕事です。」
かと云うて、其処から先が進まへんかたら、時間バカリ喰て、困るしなあ。
チョと貸してと、兄ちゃんのボール・ペンを取り上げ、我が持ち込みましたる、詳細説明のプリントにチョイチョイと。書いて示せば、首を大きく傾げやがて、不満の表情タプリ。
「此れでカクシンですか。」

オイオイ、オマエにそんな事云われとおない。
されど、只でさえ我が書体に自信が無いのに、マトモに云われてしもたら、自信喪失するやんか。
「まあ、大体の感じは分かりました。スミマセン。」

斯くして兄ちゃんの長ったらしい文面作成出来て。実際、書くべき場所に入り切らずに余白まで汚い字で埋め尽くされたです。

しかるに、「確信」が何やったかと、ジロジロは失礼故、ザとですが。
目を通せば、前回の修繕の際の動作チェックで、この度の不具合は見落とされてると確信しますの、「確信」やた。
引き続きの文なるは、最優先で処置されたし。

ウン、成る程納得。一番に主張したい部分やた。
其れで、預かり金は幾らなんですか。
イエイエ、とりあえずは要りませんです。クレーム扱いにさせて戴きます。
ホンマかいな。万歳三唱のアリガトさん。感謝感激雨霰の握手でもしよか。

イエイエ、私の仕事です。
しかるに、先方がどんな具合に判断するかもあります故、只と決まった訳では無いです。当方の主張を提示しただけです。

ソかソか、其れでも結構。其れでです。何日程度になるのかなあ。
まともで二ヶ月。最優先であります故、半分の一ヶ月と見てください。
まだ云うてるのかいな。無茶苦茶な日数をです。

まあ、そんな事なら前回の実績からして、一週間やなと思てましたら、キチリと一週間で戻って来たです。
交換部品は、リチウム電池一個。部品コード、D01948338ではサッパリで。
されど、主張は通りまして、只となた。
斯くなる次第の、「我が愛機が壊れた話」でありました。
此れにて、アト、ン年、我が愛機は延命出来た。
(04/08/13)


NO.120 SPAMメールに挑戦の話(1)

手に汗握る凄い試合でありました。甲子園での高校野球です。
横浜と京都外大西高が二回戦で激突。0対0のままの延長十一回裏、二死一二塁での痛恨の一球。
前進守備のセンター越えでサヨナラ負けを喫したけれど、双方佳く頑張った。

下馬評高く、大会屈指の横浜の涌井投手と豪打、猛打の横浜打線を佳く抑えた西高の大谷投手です。ホントにホントに佳く頑張った。
イヤ、西高は二男の出身校でもありまして。応援してたです。
やけど、相手が横浜やから不様な負け方だけはすなと。念じてたのが、何の何のの双方佳く打ち、佳く守り、佳く走っての熱戦を展開した。

しかるに、肝心の二男は盆休みで勤務先である富山の高岡から十二日に戻り、十三日夜には千葉往きで、そのまま高岡やて。忙しない奴でして。
長男は長男で、六月からフィリピン出張。九月初旬までは彼方さん。

さて、我が愛機は鈍足、記憶容量極小、時折のストライキ。
さえ無かったら申し分無いけど、贅沢なるご注文。
イヤ、ご主人同様の鈍足を駿足に、記憶容量極貧を倍増も出来るには出来るラシイですが、其処までの勇気が無いモノでして。イヤ、勇気でなくて先立つ資金ですが。

やのに、高額の修繕費用を支払おて。
治すなら、新しいのを買おたほが得策なるゾの案もあるけど、愛機は愛機。トコトン、使い倒すツモリです。
使い慣れたのが佳いです。何よりも、気心が知れてるし。お互いの悪癖も分かってるし、年月と共に想い出を共有してる感がする。

とりあえずは、我が愛機、NECのノート・パソコンの外観状態だけなら、新品同然は無理としても、近くはなたし。
日付の問題も電池交換は糞真面目とは失礼故、ご親切なるミドリ電化の兄ちゃんがクレーム扱いにしてくれて、只で出来たし。
気分爽快は一時だけで、スグにも慣れてしもて、当たり前になるです。元々が日付が狂うは想定外やった。

そんな話をするので無いです。
SPAMのメール対策は相応に実施してまして。妖し気なるメールは悉く、OutlookExpressの、「メッセージ・ルール」にて、「削除」フォルダに自動放逐してますが。
単に一網打尽に捕まえて、削除だけの消極的対応では増殖の一途。確かに、増える要素はあても、減少させる手は打って無いです。
かと云うてプロバイダが放任主義故、ホカに手立てが無いです。
頭脳明晰、且つ世界屈指の大金持ち。マイクロ・ソフト社のビル・ゲイツ氏でさえも対応に悩んでるのに。

七月末からです。
SPAMのメールと時代遅れのウィルス・メールを大量受信。時代遅れとは、Netskyなる名称ので、三ヶ月前の五月に流行った奴やんか。
七月末とは学校の夏休みに突入の時期と一致する。時間の出来た学生諸君のアルバイトでSPAMの発信はどか知らんけど、無管理パソコンが起動されてのウィルス・メールかと。
人様にご迷惑掛けて、パソコンで遊んでんと、真面目に勉強せんかい。馬鹿タレめがと。
全ては、「削除」フォルダに入るのやけど、尋常な数では無いです。

ウィルスは送信者が偽装されてるし、相手さんが誰かも分かりませんが、まあ、ウィルスはウィルスと分かるし、阿呆学生でも、小学生の女の子でも時間が経てば分かるやろと期待しまして。
問題はSPAMのメール。
此れも発信者は偽装で、発信時間帯を確認しますに、同じ内容で発信者名だけの異なるのが同時に放り込まれる故、同一人物が偽装のメール・アドレスにて乱発してやがるです。

他人様のメール・アドレスを勝手に取得、登録しといて、要求もしてないメールを撃ち込んどいてです。
我が方のメール・リストから削除したかたら、此処をクリックせよと命令してやがってからに、ホントに腹が立つ。

全文英語のが大部分やから、余計に腹が立つ。そんなモンを日本人に発信して何になる。
と、思てましたら、日本文のも結構増えて。此奴が誠に厄介。
英文なら、「削除」フォルダに自動追放の設定なれど、日本文のは、「受信」のフォルダに来てしまう。

今時、ご丁寧に、「未承諾広告」としてるのは少ないです。
してあれば、「メッセージ・ルール」で以て、自動駆除出来るのに、偽装の発信者で、且つプログラム発信故、犯人不明。
そんなSPAMメールの大多数の発信元は韓国、中国、台湾系でアダルト関係。
分かってもどしょも無いですが、出来る事は危険承知でしてみよかと。
(04/08/15)



inserted by FC2 system