パソコン雑談NO.15

スパム・ロボット対策秘伝公開
NO.11 NO.12 NO.13 NO.14
NO.6 NO.7 NO.8 NO.9 NO.10

雑談NO.5

題目一覧表 パソコンあれこれ HP構築

目次

パソコン雑談NO.16

NO.150 リンクについての考察の話(15) 秀逸の個人サイトの話

NO.149 リンクについての考察の話(14) リンク外れの確認の話

NO.148 リンクについての考察の話(13) 独自路線が大方針の話

NO.147 リンクについての考察の話(12) する側、される側の違いの話

NO.146 リンクについての考察の話(11) 個人情報の範疇の話(2)

NO.145 リンクについての考察の話(10) 個人情報の範疇の話(1)

NO.144 リンクについての考察の話(9) サイトの寿命の話

NO.143 リンクについての考察の話(8) リンクの仕方の話

NO.142 リンクについての考察の話(7) リンク外れの話

NO.141 リンクについての考察の話(6) リンク手法の話

パソコン雑談NO.14


NO.141 リンクについての考察の話(6) リンク手法の話

そんな次第の、斯くなる次第の、スパム・メール一発、「Yahooメール」に着弾にて、相当なるの脱線をと。
されどの、別段にと。
別段とは、話の本筋に大きな影響は無いです。インターネットの世界の話やしと。

只ナ、こんな具合に言葉を尽くして、掲載してても、何かしら、モノ足らんでねえ。
原因明確の、スパム屋のなら、メール・アドレスをば、ガンガンの、晒してやりたいくらいなれどの、意味無いしと。「裏DVD」の件の、全文掲載も構わへんと、云えば、構わへんですが。
内容的、一寸ナと。
我が、品格がと、エラソにと。

での、メールでの、イチャモン、イヤガラセと断定にしても、先様の、メール・アドレスは問題外の、HN<ハンドル・ネーム>をさえ、晒すは、矢っ張り、失礼千万の、我が良心が許さんですと。
文面の中身も同様でと。ホンの一部、紹介してるですがと。何にも無しではナと。
どちみちの、先様にしたって、以降、「シバケンの天国」本文なんか、閲覧してへんわと。
とは、思てるですがと。届いた文面、拝読したって、大して、読んでくれてえへんです。大して処か、局所での、タマタマの、通りすがりでと。
とは、思えど、無視はせず、返信をと。
コレが我が方針、良識でと。先様を、微々たるでも、相応に存在をば、認めてるです。存在を無視され、快感なら、精神異常ゾと。我輩が、されて、厭な事を、余所様には致しませんです。

さての、一種異様の、「異質巨大リンク集」サイトなら、サイト名称のみで、Urlは、リンクせずの、当たり前に、宣伝してやる事もあらへんわと。
オッとの、サイト名称に、Urlまで、くっつけたら、先様、業者の希望通りになりましての、相互リンクにと。
但しの、業者故に、限度ギリギリの、サイト名称にて、晒してるですが、既に、消滅のもあるやろしと。
或る意味、「Yahoo!カテゴリ」の注意事項にも掲載されてましての、我輩としてなら、こんなのがと、事例をと。
(<「Yahoo!カテゴリ」登録サイトをうたう勧誘メールにご注意を>参照)

以て、「Yahoo!カテゴリ」登録の、サイトが、呼応の、何分の一かでも、リンクしてくれてみい。「PageRank」が上がるです。
現存してるのなら、「0」や、「1」はあらへんです。
「2」か、「3」かと。
或る意味、短期間によくぞの、頑張ったナと。
単純明快の、要は、「PageRank」を上げるの一つの手法でと。

誤解無きよにの、「異質巨大リンク集」サイトが、巨大リンクを構築だけでは、何の意味もあらへんわと。
リンクしたの先様が、リンクしてくれて、値打ちが出るのでありましての、「Google」の、「PageRank」の、弱点とするのか、システムを利用してるです。
盲点とするのか、姑息やなあ。
とは、思うです。イヤ、姑息そのものでも、インターネットの世界では、別段にの、存在かと。

されどの、一般通念的、巨大リンク集と、リンクするは余程かと。ン千ものと、精々が、数十個程度のリンクのが、一緒にはならへんわと。
我輩、初心者の頃でも、してへんわと。
薄い影が、余計に薄くなりましてと。消えてしまうです。
よって、余程に頑張ったか、或いは、「Yahoo!カテゴリ」登録されたの先様が、中身確認もせずかと。さもなくばの、短期間にて、「PageRank」は上がらんです。

での、ででの、当然にして、「異質巨大リンク集」サイトから、一番最初にメールが着弾の際は、何事かと。
されどの、文面拝読にての、「シバケンの天国」の中身は全然、見てへんは一発、分かるわと。且つの、メールをくれたの、先様を探訪での、リンク集故、この文面にて、メールを乱発してるナと。
云うたら、業者故に晒したですが。されどの、ここまでが、限度一杯でと。
加えての、別段の、リンクを外せも云うてえへんです。変な話の、何処様であっても、リンクして戴ければ、有り難くと。

ツイでになら、「異質巨大リンク集」サイトが如くに、リンクを余りに多くにしたら、リンクの、「品質」の問題がと。
そもそもが、サイトなるは、栄枯盛衰、甚だしくて、無闇矢鱈に増やせば、リスクが増大の、リンク切れ頻発ゾと。
只ナで、そんな意味では、良い処に目を付けたの、流石やなあと。「Yahoo!カテゴリ」に登録サイトなら、昨日、今日の開設でもあるまいにと。
或る程度の、コンテンツが構築されてまして。
我輩の立場なら、リンク手法も、「品質」重視かと。
(参照;「ウェブマスターのためのガイドライン - ウェブマスター ツール ヘルプ」デザインとコンテンツに関するガイドライン参照)
<削除・13/03/12>

要は、「Google」の、「デザインとコンテンツに関するガイドライン」によれば、余りに沢山のリンクをするなよと。100以上になるなら、ファイルを分割せよと。
での、「異質巨大リンク集」サイトは、この基本を遵守しての、1ファイルは、約50個程度に納めてまして。ンの成る程のと。チャンと、見てるナ。勉強してるナと。
我輩、自慢やないけれどの、承知し乍ら、100個は、重要視せず。
特には、「巨大Q&A掲示板」サイトで、我が方を紹介の逆宣伝ファイルでは、1ファイルに100個以上をリンクしてるです。
(「Q&A掲示板登場状況」参照)
理由は簡単の、第三者には、余りに意味が無く、我が備忘録的色彩が濃いためでありましてと。こんなモノを50個のリンク単位で、ファイル化してみいと。タマタマの、閲覧して戴くも、大変かと。
さりとての、1枚のファイルでは、延々の長過ぎてと。
イヤイヤ、承知の上での、無視と、全然知らんは、雲泥の差ゾと。何を重視したかの話であってと。

での、ででの、当たり前に、リンク切れを嫌うですと。
コレは、「異質巨大リンク集」サイトでの、最大の難物かと。千も、二千もあってみい。検閲するに大変ゾと。検索ロボットも、大変ゾと。
例え、「Yahoo!カテゴリ」登録されてたって、消滅はあるです。サイトの移転もあるかと。
オッとの、「リンク切れチェッカー」なるツールが、一杯ある故、定期的にでも、調べて頂戴ナと。

斯くしての、話を本筋に戻しましての、リンクの仕方をと。
分かったよなの、掲載したはっても、分かってえへんのが、多いゾと。我輩、誰と思うや、歴戦の勇士、シバケンぞと。何にも、戦おてえへんけれどや。

CEO<最高経営責任者>では無くの、SEO<検索エンジン最適化>の件ならばの、ホーム・ページ開設当初より、直感的に承知での、SEOなるの、小難しい文言が流布されるの、遙かの以前よりの、リンク手法なるは、完璧ゾと。
とは、云えへんですが。リンク切れ、リンク・ミスは度々でと。

オッとの、専門家でも、明確には、知らへん、教えられへんの手法ゾと。知らんから、教えも出来ませんですがと。
こんな具合にリンクをと、云うてたって、見る人が、見たら、アノナアと。肝心要を知らんナと。
ソレで、何が、SEOかと。知らんでは、寝言、譫言(うわごと)、独り言でも、云えへんゾと。

我が、ホーム・ページが、生まれ立てのホヤホヤの、リンク・ファイルを作成したの、その、「タダの中年のオッサンの独り言」時代から、リンク手法は、一人前かと。
大いに、自慢のと。
イヤイヤ、知ってか、知らずかとなればの、そもそもが、「Yahoo」は知ってたですが、検索の手法なるは、知らんの時代ゾと。よって、直感的にと、申してるです。

イヤ、諸般諸々の手法はあるです。考えもあるです。
よって、何が一番、二番は無いかと。
検索サイトで、検索されんでも、結構なら、結構のと。何をとなればの、自サイトを何処様が、リンクして戴いてるかを、検索するに、出来ぬ事もありましてと。

話簡単の、バナーにリンクをして戴いてたでは、検索ロボットでは、サイト名称をば、捕獲は出来ませんです。
理由は簡単の、バナーは、「画像」故で、原則、「TEXT」でなければナと。
但しの、ありふれたの、サイト名称では、分からんですがと。世界無二でなければナと。
オッとの、そんな意味ならばの、「シバケン」なるは、ありふれてと。されどの、「シバケンの天国」となれば、世界無二。
されどの、されどで、「シバケン」でも、何とかなってるかと。

そんな次第での、我輩、プロバイダ変更の際、相互リンク先様には、僭越乍らと、お願いしたです。勝手にリンクの先様をも含めて、出来れば、このよおにと。
要は、画像の、隣りにでも、「TEXT」にて、「シバケンの天国」と、明記して戴ければ、幸ですと。
あくまでも、幸であって、強制でも何でも無いの、して戴けずで、催促もしてへんわと。
元々が、TEXTで記載、リンクして戴いてたなら、要望もしてへんしと。諸般の事情にて、して戴く事の無い先様には、連絡もしてへんですがと。

イヤ、ホンマやでと。
折角の、リンクをして戴いてても、画像ファイルだけでは、検索では、引っ掛からんです。
云うたら、勝手にリンク先様なるは、「TEXT」にて、「シバケン」なり、「シバケンの天国」を明記して戴いてる故に、検索にて、察知したのでありましての、バナー<画像>だけなら、分からんわと。

よって、こんな具合に、あんな具合にと、リンクの仕方一つ、お願いするに、検索ロボットの事を承知の上か、知らんかが、分かるですと。
そんな意味ならばの、「OKWave」等々なら、Urlを、「TEXT」表示されてるしで、簡単明瞭の、分かり易いかと。

での、要請は、この一回のみの、以降で、相互リンクの先様には、一切、してませんです。僭越やしと。
但しの、我輩は、ホーム・ページ開設、リンク・ファイル作成以来、延々の、同じ方法にて、リンクしてるです。
コレも又、世間では、兎角に無視され、軽視されの、散々、惨憺、ケチョンの、ケチョンの、されどの、余所様を尊重、尊崇の精神、ネチケットの一つ也と。
(10/02/11)

<ネチケット的検索サイト対策(SEO)>

<教訓1>1ファイルでの、リンクは、100個以内にする。
<教訓2>リンク切れ(含む、リンク・ミス)は修正する。
<教訓3>「画像」には、「TEXT」で、説明を入れる。<「バナー」の場合、「サイト名称」等。>


NO.142 リンクについての考察の話(7) リンク外れの話

斯くなる次第の、エラソに云うて。
とは、誤解すなよの、我輩がと。
リンク切れ、リンク・ミスなるは、日常茶飯。

イヤイヤ、先様が、消滅してたり、移転してたり、フォルダを変更したり、削除されてたりと。
結果的には、リンク切れ。
そんな意味では、リンク・ミスは昔の話かと。プラウザから、チョイと、Urlをば、コピーするの技を知らず。マトモに一生懸命に、一文字ずつを入力での、案の定の、ミスの連続。
クドイけれどの、20文字を超えたら、我が知能では、追い付かんわと。20文字以内でも、危ないのにと。

一番に多いは、消滅かと。オッとの、トットで、どこ行ったと、検索しまくりのと。
遂の先日、アクセスしたとこやったのにと。先日とは、先日での、一週間程度かと。下手したら、昨日、一昨日、朝一番で、今晩、消滅やったりと。
ホンマやでと。
何の珍しくもあらへんわと。
変な話、閲覧中にさえ、消滅の経験があるゾと。
ソレこその、個人サイトなれどの、連絡が付かんし、備忘録的リンク・ファイルに記録のため、せめてもの、バナーだけでも、獲得しとこかと。しよとした、矢先に、へえと。アッチが、消え、コッチがと。

滑り込み、セーフで、バナーを捕獲したですがと。
どんな具合にしたかは、忘れたですが。大抵ならばの、キャッシュで、閲覧の、画像ファイルの場所を調べたかと。バナーは、別フォルダであったかで、消されてえへんでねえ。マア、良くある話の、基本やしと。
この基本も、解釈様々、あれどです。

オッとの、そんな話は結構の、当たり前に、家主が、ホーム・ページのファイルを削除に掛かったかと。
イヤイヤ、我輩がバナーの捕獲をしに来たの阻止では無いです。そんな事、分かる筈があらへんわと。先様の、ホーム・ページには、しかるべくの、らしき事が掲載してあったです。
適当、曖昧なるの、記憶なら、先様の、掲示板に、違法なるの投稿があったとかで、当局から、云々のと。
メール・フォームも設置してるしで、そっちから、連絡してくれたらええのにと。残念乍らの、その、メール・フォームで、何度も、打電したですが、届かんのか、返事があらへんでねえ。
イヤ、当局にはご縁は無いです。知らんです。掲示板に投稿の中身も知らんの、何にも知らんの、人間でして。イヤ、我輩がと。

この状況、とは、メール・フォームが機能してへんの事実は、当人様だけが、知らんみたいでねえ。何でも、設置しとけば、良いとは、限らんわと。
イヤ、深い意味は無いです。相互リンクを依頼では無いです。単なるの、Urlを変更の連絡、方々の、勝手にリンクして戴いたの御礼でと。
多分なら、スパム・メール対策が厳重、堅牢、幾重にもされてるかと。
結果、通じずでの、現在唯今なら、復帰はされてるですが。記事も、我がUrlも、当時のままでと。メール・フォームが有効になってるか、否かは、知らんわと。
今更、メール・フォームで、一発も、余計な事でしてと。以来、約の2年が経過やでと。勝手にリンクでも、一寸は、探索したらと。してへんから、そのままかと。

オッとの、何の話かと。
サイト消滅の話での、時には、サーバーの故障やったりと。コレが案外にありまして、自サーバーも考えモノかと。
イヤ、我輩は、そんな高度、面倒な事はしてへんです。
プロバイダ任せに決まってるです。

での、正直、リンクの、切れ、ミスを捜すは大変ゾと。
我輩、リンクは少ないなれどの、自サイト内リンクはバンバンとと。何の遠慮も要らんし、我が、ホーム・ページの存続の限りは、一蓮托生、気紛れにて、削除せぬ限り、無くならんですと。
されどの、現在唯今、ホーム・ページ・サーバーを二箇所使用故に、容量の関係にての、あっちを、こっちに、こっちを、あっちにと、弄くりまくりまして。

結果、悲惨な事になったですが。
オッとの、1回だけゾと。正直には、2回。
1回目のが、気に喰わんしと、即の変更したですが、ソレが、拙かったかナと。

ファイルを移動するに、当然にして、予めの、探索しての、修正もしてるわと。してるツモリでも、ファイル枚数も多いしと。
同じのファイルで、一箇所、発見にて、修正したなら、完了と思い込みの、実際には、2箇所、3箇所あったりと。

コレは、「Google」の、「ウェブマスターセントラル」の、「ウェブマスターツール」にて、探したとするのか、発見、表示されて。泡喰たです。へえの、何でこんなにと。
正確には、先様、遅いんやと。現状を結果に反映させるのがです。
一体、イツの話かの、昨年<2009年>の夏場でして。多分ならナと。
ハッキリとは、「Google」の各種諸々のツールにて、対応したり、余計なのは、削除<京都inetのファイル>したり、不要リンクも解除したですが。何とマの、今だ、解消されてえへんです。
表示がで、数カ所残存でと。

該当のUrlは存在しいひんのに、一旦は、一覧からも消えたのに、ゾンビが如くに、再びの、再々度の、表示されて。無いモノはあらへんですが、「Google」のシステムも、ええ加減でと。
イヤ、実際には、自サイト内リンクは、既に、問題解消の筈なれどです。

イヤイヤ、「リンク・チェッカー」なるツールで、やったかとなればの、沢山あるゾと、掲載してて、やってえへんでは、口先だけ、ええ格好だけになるですが。
一杯有り過ぎても困るです。一長一短がありましてと。正直には、やってえへんかとなればの、やってるです。やったかとなればの、ええ加減。

での、掲載もした故、再度の、やったです。やらせて戴いたです。
掲載した以上は、やっとかんとナと。
我が環境にては、軽くの、1時間。イヤ、もしかしたらの2時間以上掛かったかと。それも、半分だけでしてと。半分とは、ホーム・ページ・サーバーの片方の意でして。

片方で、約1600のリンクがあるらしくの、結果、約50箇所もの、エラーが検出されたです。へえと。
とは、思てえへんです。案外に少ないなあと。
ホンマやでと。1600もあって、50箇所程度ならば、リンク切れも、少ないわと。

されどの、片方だけでして。
モ、片方には、「INDEX」ファイルがあらへんしで、しかるべくの、「サイト・マップ」でも、放り込まんとアカンかなあと。イヤ、アカンです。
実は、二箇所に分離以来、一度もやってえへんです。一度もとは、本来の方、以外はと。
ホナラの、ソレ以前はとなれば、やってはいるですがと。では、ありますがの。
ソノ、アノ、何です。モゴモゴの、モゴの、点々の、本日、朝から、雨でねえ。明日は雪がと、天気予報で云うてましたねえ。

での、「サイト・マップ」を作成にて、やらせて戴いたです。戴くも、何も、誰のかと。我輩のやと。我輩以外に誰がするやと。検索程度は、Urlを放り込めば、誰でもが出来るですがと。
出来ても、修正して、ナンボの値打ちでありましての、してへんかったら、お遊び、玩具かと。

での、ででの、「サイト・マップ」も、単純の、コンテンツ毎にリンク・ファイルを作成しただけの、単純なるモノでして。それを入力にて、そこから、辿ってくれと、だけでして。

結果、約900のリンクがあるらしくの、エラー数、100箇所突破ですて。一寸、多いナと。
イヤ、正直には、可成り多いナと。この数字、母数なるは、我がサイト内リンクも含むの話やしと。サイト内リンクは、ホボ解消のツモリやしと。
話簡単には、外部リンクで、都合の、約150箇所もの、リンク切れの存在を意味してるです。

(参考;TEXTファイルの総計、458枚<パソコン大魔神関係、122枚>)
<2010年2月11日現在>

ホナラの過去、見つけて、修正、解除なりをしたかとなればの、正直、してへんわと。
全くかとなればの、多少はと。実際問題、邪魔くさいんやなあ。
されどの、此度は、掲載もしてる以上は、或る程度は着手をしませんと、格好ワルツと。
イヤ、良い機会でありましてと。
(10/02/12)


NO.143 リンクについての考察の話(8) リンクの仕方の話

話が前後するですが。
加えての、リンクに関係するのか、しいひんのかの、モ一発、「PageRank」<消滅・削除・11/07/29>の話。
オッとの、ソラ、リンクに大いに関係してるです。大いに処か、ソレでしてと。
されどの、「PageRank」なんかと、気にならんなら、ナンボの値打ちの話やしと。

では、あっても、一応はナと。
何のとなればの、モ一発、サイトを象徴の、「画像<バナー>」の話をと。
大いなる勘違いの元なるは、バナーには、大抵の場合、サイト名称を明記がと。我輩のなら、ドンと、「シバケンの天国」と、大書してあってと。
日本人なら、読めるです。我輩でも、目隠しせん限りは、見えて、読めるです。

加えての、我がバナーには、Urlまでが、添えてあるです。但しの、文字が小さくての、老眼では、読み辛くの、バナーは、「京都inet」時代に戴いたモノでしての、「京都inet」のUrlなれど。
どちみちの、バナーに明記の、Urlなんか、余程に注意しな、読めへんです。知ってるは、我輩と、作者だけかと。ダケで、充分なれどのと。
飾りでありの、添え物でと。「画像」に組み込んだの段階にて、文字も、「画像」の一部になるのであって、文字では無くの、「画像」と化してるです。
での、Urlが読めずは結構の、されどの、「画像」を見たら、「シバケンの天国」としてある故に、勘違い致すかと。

イヤイヤ、正確には、勘違い致すです。
云われて、ソかの、単純明快の、常識やでと、云われへんかったら、延々、ズっの、何度も、幾つも、リンクをしてても、意に介せず、気も付かず。

バナーなるは、そもそもが、サイトを象徴するの、顔で、シンボルでして。画像に弱いの我輩でさえが、ホーム・ページを開設の際には、欲しいて、欲しいてねえ。
何度も挑戦だけはしたですが。挫折の連続にて、諦めたかと。
元々がセンスが不足で、やる気も希薄。その内、一発、自作をと。思いツツの、11年と10ヶ月が経過でと。
思てるだけで、殆ど、何にもしてへんです。思てるだけでは、一歩も前進セズ。
されどの、急ぐの用事でもあらへんわと。この考えが、イツまで経っても、着手せずの原因でと。

での、クドイけれどの、当たり前の、「画像」やしと。
検索であれ、スパムであれ、ロボットなるは、「HTML」構文を捕獲するのであっての、「画像」とは分かっても、「画像」としての認識しかされませんです。
話超簡単の、「画像」ファイルには、「シバケンの天国」とは、なってえへんです。精々が、「xxx.jpg」とかの、画像の名称と、拡張子で成立でと。
ソレだけの事やと。
とまでは、斬り捨てご免の、失礼千万の、「TEXT」にて、「画像」の説明があらばこその、その、「TEXT」の内容が、検索サイトで、表示されるんやと。

嘘と思うなら、検索一発、論より証拠で、スグ、分かるわと。
如何に、「画像」を丁重に、下にも置かずに、高台、雛壇に鎮座、豪華絢爛の、額縁に奉納にての、検索で、表示されるのかと。
イヤ、サイト名称での検索にて、該当のファイルが表示されるかの話やでと。

クレグレもの、検索で、表示されて、ナンボでも無いです。
以て、精々が、勝手にリンクも分かるだけの話での、されてえへんかったら、分からんわと。
要するにの、検索の中身が、分かってるのか、分かってえへんかの違いだけ。検索手法が分かってるのと、検索の中身を承知では、チとだけ、意味が違うんやと。
但しの、分かってたら、大した手間でもあらへんしで、やったはるわと。分かってえへんかったら、やりよが無いだけでと。

イヤイヤ、我輩、「画像」処理なるは、苦手の、珍文漢文での、サッパリでと。
よって、バナーは全てが戴きモノでの、三個なれどの、我が、殺風景なるの、ホーム・ページを色彩豊かに彩って戴いてましての、正真正銘の、誠に感謝してるです。

オッとの、そんな次第の、モ一発の大いなる勘違い。
「画像」に、Urlを貼り付けの、リンクしたになるは、事実やしと。何の間違いでもあらへんしと。
よって、「画像」にUrlをくっつけての、一丁上がりになりまして。一丁上がりは、紛れも無くの事実で、サーバーにアップし、クリック一発、先様のサイトが表示されましての、リンク・ミスも無く、見事、無事に終了の、おめでとう御座いますの、相互でも、勝手でも、リンク先一件、確保でと。

そんな意味ならばの、バナー<画像>無しで、TEXTにUrlをくっつける方がアッサリしてるかと。
只ナ、ここから先は、お好みでして。
我が、ホーム・ページの如く、色気も、喰い気も、何にも無しの、吐き気、怒気、妖気、暢気(のんき)で、欠伸(あくび)を誘発するよなは、せめてもの、余所様のバナーにでも、賑わしを、華やかさをと。

ハタマタの、折角の、バナーやしと。お顔やしと、貼り付けるが、一種、礼儀にも叶うかと。
イヤイヤ、万事、須(すべから)くの、お好み、方針の問題での、ハタがトヤカクや無しの、ソ云うてるだけの話やでと。万事、知ってて、損はあらへんわと。
横文字羅列の、小難しい話と違うわと。一寸でも、サイト運営してたら、皆まで云うな。分かるわの、単純明快なるの話やしと。簡単に実証も出来るしと。
とは、我が勝手なるの、判断でと。よって、同時にTEXTでも、併記してるダケの事での、折角なら、気持ちだけの、微々たるも、先様に貢献をと。
先様とは、リンク先様の事での、我が事、「シバケンの天国」のためでは無いですゾと。この精神が重要かと。

での、「京都inet」の、「シバケンの天国」なるは、2008年3月末で契約切れ<以降、会費は支払ってません。>なれどの、現在唯今も、存続、生存してるですが。
中身は殆ど無くの、「Eonet」に移動のための、ファイルだけ。
でも、無いけれどの、当たり前に、移動以来、更新もしてへんわと。
よって、2007年12月31日付けで、終わってるです。
にも、関わらずの、「PageRank」は、ズっと、「4」で、この2年、現在唯今<2010年2月>まで、一度の陥落も無し。
(「日本版 公式ブログ「Google のインデックスやランク付けなどに関する、10の誤解」誤解9参照)
オッとの、確かにの、上記の、「誤解9」に記載の件は、正解かと。

での、「Eonet」では、移管直後が、「ブランク」でして。ホボの2ヶ月単位で、ランクを上げて。よって、「PageRank」の更新は、2ヶ月毎と、思てるですが、「4」になって、頭打ち。
イヤ、「5」になるとは、毛頭のと。そこまでの、増長天(ぞうちょうてん)、有頂天の、過信、慢心はしてへんわと。
での、2009年とするのか、2008年末に、「3」となりの、2009年は、「3」のままの、2009年12月末に、「4」となったですが。

果たして、イツまで、続くかと。
続くとは、「PageRank」の話であっての、時折は、迷信の類の、こんなにアクセスが多いのに、「PageRank」が低いの声があるですが。
声とは、Web上の、嘆(なげ)きの声であっての、我輩は嘆きも、何にも、してへんです。聞いて、ナンセンスやなあと、だけでして。

「PageRank」なるは、原則、アクセスには無関係とされてるです。あくまでもの、有効なるの、ページからのリンクであってと。
されどで、アクセスには無関係でも、方々にて、リンクして戴ければ、アクセスにも貢献、影響致すですがと。

では、あっても、サイトをお持ちで、リンクして戴ければの話であっての、プラウザの、「お気に入り」に登録して戴いても、「PageRank」には、反映されませんです。
では、では、あっても、「お気に入り」に登録して戴ければ、我輩、無上の喜びでと。
(10/02/13)


NO.144 リンクについての考察の話(9) サイトの寿命の話

昨日<2月13日>から、一泊にて、長男宅。
隠す事は無いです。孫の、「お食(く)い初(ぞ)めの儀(又は、「御百日祝い)」をと。
重ねて、孫娘の、お雛さん。一寸、早いですがと。

での、行きしなの、阪神高速道路の、北神戸線を走ってるの真っ最中に、反対車線を消防車が、サイレン鳴らして、走ってたを見てたです。
での、でで、長男宅に着いて、テレビのニュースで曰くに、11時45分頃、北神戸線の新唐櫃トンネルで、小型ポンプ車が横転炎上の乗員4名に怪我は無かったですが、結果、2時間の通行止めですて。へえと。
イヤ、我が夫婦が、愛車カローラで突破の直後やなあと。長男宅には、13時丁度に到着故で。

反対車線を走ってたのは、ソレを救出とするのか、消火に向かうの消防車でして。
且つの、炎上のは、誤報ですて。地元の方が、枯れ草を燃やしてたのを、近隣の住民が、火事と思いの、「119」番。ポンプ車が横転、炎上も、見通しの良いトンネルで、壁に接触の形跡にて、所謂の自損事故の可能性がと。
どっちでも、結構の、知らんで幸、知らぬが仏の、一寸でも、遅れててみい。悲惨ゾと。下手したら、事故に巻き込まれてるゾと。
精進、精進、日頃の精進、火の用心。

オッとの、そんな次第のその話は、するならばの、別途の、「孫娘と孫の話」に、譲りまして、本題、「パソコン雑談」をと。
での、ででの、話のツイでの、「京都inet」のUrlに、アクセスがどかとなれば、あるです。
勝手にリンク先様があれば、「OKWave」等々の、巨大Q&A掲示板サイトからのがありの、一番に不思議は、「お気に入り」からでと。
「お気に入り」からなら、ええ加減に、修正して頂戴ナの、最早の、2年が経つでと。

で、一番に多いは、何度でもの、紹介の、その、巨大Q&A掲示板の、「京都でよく当たる占い師は?」<代表的には、「OKWaveであり、その他は、「OKWave」との提携先です。>からでして。
あくまでもの、リンク元が判明での、一番に多いの話やでと。

ソラ、回答して戴いてるは、旧のUrlやしと。新のUrlに自分で、修正するにも、先様<OKWave>に修正依頼するにも、手も、足もの、何にもの、術(すべ)が無いですと。
この辺りが、巨大Q&A掲示板サイトの、大欠陥かと。

ホンマやでと。
他のは、知らんの、少なくともの、我が、「シバケンの天国」は、消滅してへんのにと。
イヤイヤ、余人なら、イザ、知らずの、サイト・オーナーでさえが、新Urlに修正が出来ませんです。多分なら、回答者でも、出来ませんです。
一旦、締め切られたら、何人たりともの、手も、足もと。
結果、リンク切れが、ガンガンで、何のための、Q&A専門の巨大掲示板かと。陳腐化処か、詐欺行為かと。
マデは、云い過ぎでもの、何度でもの、我が、「シバケンの天国」は、現に、存在してるです。余所様は知らんです。

云うたら、「京都inet」のが、削除、抹殺されずの、継続故と、現の、「Eonet」が、「名」と、「実」共、存続、継続、延々の、活動故に、「京都でよく当たる占い師は?」を通じての、問い合わせも、受けられ、返答出来てるです。

どちらか、一方が欠けても、アカンのやと。
そんな意味では、「京都inet」が、ローカル・プロバイダであるも、手伝ってと。
キッチリ、ハッキリ、杓子定規で、バッサリでは無いが助かってるです。救われてるです。管理の面では、失格なれどの、そこはそこの、ご縁を大切にの、京都の伝統と、歴史。
世のため、人のための精神かと。

イヤ、ホンマやでと。
ハッキリの、白黒付けられてみい。2008年3月末で、オシマイやと。以降、「Eonet」には転送出来ず。
問い合わせも、何も、「京都inet」の、「シバケンの天国」は消滅での、「OKWave」は陳腐化。回答者も、そんなええ加減、腰の座ってえへんの、サイトを紹介かと、無責任やなあと、思われるわと。

での、変な話、「占い師」の、問い合わせは、契約切れの、2008年より、ジワジワなれどの、増えてまして。「京都inet」から、転送されて、我輩に問うの、メール一発なるは、余程の事かの、不確定性時代故かと。
での、ワザワザの、「京都でよく当たる占い師」で、「シバケンの天国」を検索は、マア、無いやろと。余程の、余程やでと。
我輩が、別途の目的にて、巨大Q&A掲示板サイトを閲覧でも、如何に、リンク切れで、スカが多いかと。スカで無くとも、モ一寸は、責任を持って、紹介をと。
イヤ、無理からぬの背景があるですがと。修正も出来ずと。

イヤ、占いの中身までは、知らんわと。一々、何のためにと、お節介に過ぎましてと。説明してくれへんかったら、教えへん。
などと、意地悪一切のと。当たり前の話やわと。

での、ででの、問い合わせをされるは、奇しき、ご縁の、近在と、思うです。或いは、こっち方面に来やはるの、予定があっての事かと。
されどの、我輩、占いの先生には、一言も、ホーム・ページの話なんか、喋った事は無いです。
自慢は厭なんやと。人によっては、我輩の紹介でと、伝えたはるの可能性もあるですが。
そのよに、ご丁寧なるの、礼状<メール>に、書かれてるのもありましてと。
とは云えどの、そもそもが、我輩も、そんなに、度々は、占って戴いて無いですがと。

ソラ、返信メールでは、プロバイダ・メールでは無く、「Yahooメール」なれども、実名、姓名は表示致してるです。
ソラなあ、ホーム・ページに掲載の限り、文責者は、当然の、シバケン故に、シバケンとは、何者かと、自己紹介欄には、姓名、実名を表記での、問い合わせに対しても、実名にて、我輩がと、責任を持っての、返答致してるです。
影で、こそこそ、云うてえへんわと。
ソレこその、ズバリやわと

我輩が、文責、責任者であって、ナンボの値打ちも無いけれどの、気持ちや、気持ちの世界やわと。
ホーム・ページ開設時から、公開してるわと。
要は、そんな気で、終始一貫、やってるわと。よって、顰蹙(ひんしゅく)を買う場合もあるですがと。

イヤ、誤解すなよの、余所様は、余所様での、一緒にすなよの、当たり前の、常識の、あくまでもの、我が方針やと。
何処にも、嘘も、逃げも、あらへんわと。勘違い、思い過ごしはあるですがと。ソレを分かってるだけでも、数段のマシかと。

京都でよく当たる占い師は?」を通じての問い合わせ状況

件数
06 9月より
07
08 16
09 38
10 2月14日現在まで

での、更なる、ツイでの話の、現在唯今でも、「京都inet」一日のアクセス、INDEXファイルのカウンター的なるは、丼勘定、約50回転かと。
だけなら、まだしもの、閲覧ファイル数が、一度のアクセスにての、INDEXファイル以外で、約3枚での、ホンマかいナの、よ分からんナと。
分からんけれどの、コレが、「京都inet」で、約10年の実績かと。
とは、根拠も無く、勝手に思てるです。
対しての、現の、「Eonet」なんかは、移設しての、マダ、2年やし、知れてるわと。合計したら、もスグにも12年でと。

オッとの、当たり前に、「京都inet」のは、以来、一度もしてへんかとなればの、してるです。
オッとの、トットの、何の話か、リンク外れのチェックで、修正をと。

こんなモン、修正なんか、度々はしてられへんしで、年単位の間隔での、実際、やったら、分かるの、大変ゾと。
チェックして、リンク外れ箇所をば、修正したら、オシマイやと。
抜かすは、机上の空論ならばの、正解での、やってみたら、分かるわと。やり方にも、よるけれどと。

そもそもが、ファイル数が多いし、大変なんやと。
時間は掛かるし、チェッカーのミスもありましてと。イヤ、サーバーの状況もあるやろしと。先様でも、下手に色んな手法を使い出しまして。表示に時間が掛かれば、エラーにもなるかと。
よって、エラーで検出されたUrlも、実際にアクセスして、確認しなアカンわと。
以て、しかるべくの、Urlに誘導されたならばの、ソッチを採用かと。その方がホンマやし、正解やしと。

イヤ、「京都inet」時代には、「チェッカー」なんか、使てえへんです。当時に見つけてたは、精度も何も、我が要求に合致せずの、玩具かと。
よって、ファイル一枚ずつ、実際に、クリック一発の、確認でと。

確認したの結果、リンク外れで、どするやと。
ソラ、処理するですが。処理を、どの程度するかで、大きく違うです。
代替えのを探すのか、モ結構と、リンクを削除するの方法もと。安直には、削除が一番早いけれどと。

リンク切れも種々あっての、完全に消滅と、サイトは存在でも、場所が分からんのもあったりで、正直云うて、マトモには、やってられへんわと。
ソラなあ、10年以上も経っててみい。こっちが存在してても、アチラ様が存在してへんゾと。アチラ様の方は、れっきとした、企業サイトやったのにと。
こっちは、ショボクレ・ホーム・ページやのにと。
担当は我輩一人で、エッチラ、オッチラと。積み重ねて来てましての、イツの間にやら、膨大ゾと。我れ乍らに、へえと。

での、先様の消滅なるは、アチラ様の諸般の都合もあるやろしと。云うたら、サポート期間があったり、倒産したり。経営者が、替わり、担当者も、替わって、古いの程、愚者、グシャの、愚者かと。
目を覆うんやと。へえの、倒産か、勝手にUrlを替えたか、削除しやがったかと。

されどの、明確に申すの、企業サイトは、個人サイトよりも、数段の、存続期間は長いんやと。
個人ので、一口10年、口で抜かすは、簡単でも、実質的、保たすは、相当ゾと。
マアナア、石の上にも、3年の、3年保てば、5年。
5年保てば、8年、9年、10年と、保つですがと。ハッキリとは、その、石の上の、3年さえが、保たへんのが、個人の場合の大半でと。

我輩にしたって、諸般の事情にての、プロバイダの変更はあるですが。諸般も、「光」通信にする際、維持費の問題を考慮での、別段の、変更で、一時、一日たりとも、休止はしてへんわと。
準備、周到の、一気、移転させたです。

されどの、企業が、10年、20年と、までは知らんの、5年や、そこらは保つやろと。
保っても、内部、構成を変更されたり、ファイルを削除されたら、どしょも無いけれどと。
(10/02/15)


NO.145 リンクについての考察の話(10) 個人情報の範疇の話(1)

での、ででの、5年や、10年。
ましてやの、15年、20年の、ここまでとは、決めてえへんです。決められへんです。
今日、明日、次ぎなる瞬間にもの、何でもの、寿命なるは、サッパリ、分からんわと。

よって、5年保てば、7年、8年云々も、次ぎの瞬間にも、分からんしと。
只ナ、或る程度の期間、保てば、惰性であれ、何であれの、継続、持続致すかと。
とは、当たり前の、我が考えでの、辞めるの、中断の、理由が無い限りと。

されどの、こんなモン。
とは、云い過ぎでもの、生命、財産の、財産は無いけれどや。価値判断的、勝(まさ)ってはいてへんわと。
要は、優先順位なるがありましての、果たしての、ホーム・ページがどの程度かとなればの、ソラ、個々人で違うわと。
只ナで、年月を重ねると共にの、重みが、増すんやわと。

ソレでも、生命、財産の、財産は無いけれどの、無い故にの、経費なるは、少ない方が良いに決まってるわと。
そんな意味なら、我輩、基本料金のみで、済ませてるです。

イヤ、その点、企業サイトは、持続し易いは、誰が考えたって、分かるわと。
企業規模にもよるですが、担当者も、一人や、二人であるまいにと。
パソコン関係の企業やってみい。サポート情報なるは、生命線かと。義務、飯のタネかと。従業員が管理で、給料戴いての仕事やわと。
相応の、企業としての、公式見解でもありましてと。

個人サイトなんか、マズは、管理者なるは、一人で、自腹やでと。
最初っから、継続性の面ならばの、勝負有り。
下手に、サーバー容量を、増やせば、課金されて。掲載内容、文言なるは、あくまでもの、管理責任者、文責者の、独断と、偏見の、見解であるは、一々の議論の余地無くの、世の常識やと、公言しての、文句あるかと。

そもそもが、本来的の、ソレが目的での、掲載、運営やと。
モ一発、文句あるかと。
あったら、云うて来いの、誠意を以ての、相手致すわと。
とは、云え、そんなに重要なるの話であらへんわと。議論したがる方が、一寸ナと。
我輩なら、我が見解をば、堂々の、自分の城にて、思うがままを、掲載、展開してるんやと。誰が、こんな具合にとの、補充、補足の説明なんか、要らんわと。
我が見解なるは、自分の経験の積み重ねにて、掲載するに、充分やと。

での、リンク切れのは、正直、その昔なら、消滅にて、何とかと、代替えを探そとしたです。したですが、一々、やってられへんのが、ホンマやでと。
代替えを、一個探すに、相応の、時間、日数が掛かるわと。

そして、我が、「シバケンの天国」も、日々増殖の、ファイル数も増えまして。年となれば、何枚やと。
原則、365日を割る事の10でして。36枚が増えるの勘定かと。更新をば、一日たりとも、休まずならばで、されどの、我輩、生身の人間での、年でなら、10日や、そこらは、出掛けてましてと。
諸々の野暮用にての、更新も出来ぬ事があっての、適当の、30枚なら、確実かと。65日も、頓挫はしやへんけれどの、現在まではで、先の事は、分からんわと。
その、全ファイルに外部リンクをしてるでも無いですがと。

しかるにの、一度、修正なり、したら、そのリンク先が安泰かとなればの、トンでも無いわと。先の通りの、日々、刻々の変動してまして。ハッキリとは、何度やっても、リンク切れが出て来るわと。同じ箇所のが、二度、三度と、消えたりと。
オッとの、半年なり、1年なりの、間隔を開けての話やでと。
での、話簡単の、古いのは当然の、直近でも、怪しくての、個人のなんか、実績的にも、アカンなと。

イヤイヤ、個人のは、原則的リンクを致しませんですがと。
何故かとなればの、個人なるは、先様の個人的見解でありの、個人情報の問題も絡むかと。
とは、あくまでも、我が見解やと。
されどの、インターネット上に公開してて、個人情報もヘタクレもあらへんとされるのと、ソレを無視、斟酌(しんしゃく)せずも、勝手なんかナと、チョイと、疑問の節もあるですがと。

例えばの、我輩、「OKWave」にて、「京都でよく当たる占い師は?」で以て、紹介して戴きの、「問い合わせ状況」として、メールを戴いたの面々を一覧表化しての、公開してるですが。
コレで、何処の誰様と、分かれば、メール一発、オクレ<下さい>と。
メールには、実名表記もあるですがの、見て頂戴の、その場合は姓だけゾと。姓名を明記はあらへんのやと。

コレで、何処の何兵衛様と、分かれば、超ド級の、占い師かと。
での、姓名、実名で、メールを戴く事も度々での、コレはこっちが配慮の、姓だけに致すとか、してるわと。ニック・ネームなら、そのままでと。
コレも、公開してるは、閲覧しての、了解済み。
とは、思えどの、知った上であると解釈でもの、幾ら何でもの、実名そのままを掲載なるは、我が基準からは、ズレまくってましてと。

ホンマやでの、了解を得てるが前提でもの、別段の、悪いの話でも無いですが。至っての、世の常識かと。
での、されどの、その前提の上での、尚かつの、「シバケンの天国応援団」には、私文書であるの、メールの中身から、実名をば、そのままのがあるですがと。
基準がおかしいと、抜かすなかれの、何を隠そおの、当然にしての、掲載しても、宜しいですかの、確認メールを発信してるわと。結果、そのままで、結構とされたら、実名でと。
さもなくばの、我輩、そんな事、するモンかの、その程度の、常識、インターネット上の、エチケットであるの、ネチケットと称するは、持ち合わせてるわと。

ホンマやでと。
この、インターネットの世界、魑魅魍魎が棲息の世界であっても、何でもありとは、思てえへんわと。先様は先様で、こっちは、こっちと。
何でも有りならばの、2チャンネルと一緒かと。裏掲示板と称するの、誹謗中傷の、アラシまくりと同類ゾと。我輩を、そんな輩(やから)と一緒にすなの、一緒に、並べられたり、嫌疑を掛けられただけでもの、侮辱(ぶじょく)ゾ。
馬鹿にすなよと。

要は、個人情報なるの、公開には、節度が要るわと。
ソラ、公開にしたって、ここまで、どこまでの、難しい判断あっての、我が友人の場合、名だけならと、掲載の場合があるですがと。
大抵ならばの、オイオイと、せめてもの、カタカナ、ひらがなにと、要請をば、受ける事がと。
下手したら、近所の何さんに、コレ、アンタの事かと、尋ねられたりと。

オッとの、正直の、こんな話、我輩からしたらの、極めての、名誉、自慢な事での、ホーム・ページを運営してての、掲載冥利(みょうり)に尽きるナと。
とは、別問題の、先刻、掲載なるは、当事者には、伝えてましての、悪い事でもあらへんしで。されどの、当事者からしたら、時と場合によりの、オイオイになる場合もありましてと。
当然にしての、要請受理にて、しかるべくの、問答無用、処置致すですがと。

ホンマに、ホンマやでと。
個々人によりの、価値判断なるは、異なって当然。時と場合で、変動もと。
特には、個人情報なるは、どの範囲をと。自分の基準でやってたら、恥かくゾと。恥をかかせる事もで、用心、用心の、火の用心と。

イヤ、良い事ならばの、有り難くの、誹謗中傷に極めて近いので、実名では、何とマの、掲載者の、品格がと。
ホナラの、実名と違うなら、許されるのかと。
違うとなればの、HN<ハンドル・ネーム>かと。誹謗中傷では、どっちにしたって、一緒かと。したけりゃ、好きにしたらと。我輩は致しませんですの、公人以外はナと。

での、我輩が、余所様に、そんな事を求めてるかとなればの、求めてなんか、居てへんわと。一々、お節介をやってられるかと。
されどの、問われたならばの、僭越乍らと、我が見解を吐露(とろ)の、トコトンの、追加質問されても、応答致すです。
一切の、はぐらかしの、逃げへんわと。

只ナで、余所様がしてたら、先の通りの、異次元かと、品格を疑うだけでしてと。
そもそもが、やめとけと、忠告の立場に非ずは承知やわと。
では、あってもの、聞く耳持つと見たならばの、あのなあと、忠告、助言も致すですが。しても、先様が、前提であるの、誹謗中傷の類(たぐい)と、考えてえへんかったら、我輩、えとなるだけでしてと。
での、大体が、我が承知の面々で、そんなのは居てへんが幸かと。
(10/02/16)


NO.146 リンクについての考察の話(11) 個人情報の範疇の話(2)

さて、そこで。
巨大Q&A掲示板サイトで、紹介して戴いてるの、「京都でよく当たる占い師は?」を通じて、問い合わせの面々の一覧表の件。
そもそもが、何のための、一覧表で、ホーム・ページ上で、公開してるかとなればの、問い合わせをし易いよにの、我が配慮でありましてと。
要は、転送先は、間違い無くの、「シバケンの天国」でありの、コレだけの面々が、該当の問い合わせしたはる故、ご心配、ご遠慮無用也を、示すがためでして。

そんなツモリの、一覧表をば、例えばの、直接のリンクをしても良いかと、問い合わせがあらばの、我輩、慇懃(いんぎん)無礼に非ずの、懇切丁寧、慎重丁重、文言選びの、失礼無きよにの、表現にての、分かり易くの、結論的、拒否致すです。
理由なるは、先の通りの、目的が違うわと。
ある種、我輩と、「シバケン宛」メールでの、問い合わせの面々との、信頼関係に基づいての、一覧表やと。

とは、一寸、大袈裟なるの表現なれどです。
個人情報は極力の、配慮をしての、一覧表ではあるですが、問い合わせの面々にしたって、無関係な、サイトに掲載する等々の、流用、引用なんか、想定したはらへんわと。
我輩は、思てるですがと。

我輩にしたって、まさかの、そんな要求、要請なんか、夢想だにと。
ではあれどの、そもそもがの、一報あるは、先様の慎重さも、伺えての、評価、甲種合格押印でと。
ホナラの、問い合わせされたの、ご当人様が、削除依頼ならどするかとなればの、問答無用の、ご当人様のは、削除致すです。

削除するは、当然なれどの、オッとの、クレグレもの、そんな要求あらへんけれどと。
そんなとは、削除依頼なれどです。
ホナラの、直接リンクの話は、どかとなれば、あったなあ。理由までは、掲載致しませんですが、しても、大した理由でも無いですがと。
我が思いをば、一発にて、了解戴きの、感謝致してるです。

ソレを、インターネット上に公開してるが故に、云々のと、訳の分からんの屁理屈抜かしやがってみい。議論云々の次元で無いです。
ソかと、馬鹿げた要求に対しての抵抗の手段はとなればの、仰せの通り、確かに、公開してて、直接リンクをされるは、有り得るの話での、アッサリ、バッサリの、削除してしまおかと。
或いは、全ての問い合わせ人に、了解を得るとか、致しませんとと。
されどの、実際問題、不可能やと。

よって、削除が最善の策かの、コレが、文責者、我輩、シバケンとしての、責任の取り方、抵抗手段で御座候のと。
そんなヤツと、議論の時間が勿体無いわと。棲息の世界が違うわと。

そんな事なら、最初っから、掲載、公開すなと。
云われたならばの、我輩、口から、泡、頭から、湯気出し、手足に痙攣(けいれん)の、昇天するかと。刃物は要らんの、殺すに、抹殺するに、簡単ゾと。
大体が、不毛の話は、我輩にとっては、迷惑千万でと。
とかとか、こんな話、第三者にとっては、馬鹿みたいな話と思うですがと。

での、例えばの、例えの、例えであれどの、一般常識的、「問い合わせ人一覧表」が如くの、無意味なファイルを直接リンクは、しやへんわと。
するなら、モっと、マトモなのをと。
オッとの、そんな具合に抜かすならばの、どの範囲なら、許され、直接のリンクをしたいのかと。
我輩、詰問したいナと。

モっと、有意義なる、ファイルが対象でと、抜かしたならばの、その、価値判断なるは、貴君、アンタの独自判断やと。千人、万人(ばんじん)が、同じと違うわと。
現に、打診があったんやと。その方にしたら、諸般の背景あっての、参考にとされたですと。
マア云うたら、参考にするにも、一寸、問題がと、思われたが故にこそ、一報戴いたかと、勝手に想像してるですが。

イヤイヤ、我が思いを伝える事が出来るは、一報あらばこそで、無断リンクやってみい。悲惨ゾと。
我輩、心情的、ズタズタにされるかと。
ズタズタだけなら、ショッチュウにて、慣れてるですが。事と次第によりの、衝撃の度合いがと。
での、当然にして、ヒツコクは、されてえへんのと、検索しても、表示されずで、良かったなあと。
イヤ、イツの話や。昨年末<2009年12月初旬>かと。

ホナラの、ホナラで、直接リンクはどの範囲なら、許せるかと。
あくまでもの、我輩のホーム・ページの範疇での話の、原則、どこでも構わんですがと。
さりとての、「掲示板」はナと。第三者の投稿を含むしと。
「相互リンク」「蔵屋敷」「倉庫」ファイルもナと。「自己紹介」ファイルもナの、「ホームページ作成裏話」の、「リンク履歴」は、判断に苦しむかと。第三者に、何の値打ちも無いけれどと。

での、何が基準かとなればの、言語明瞭の、若干なりともの、個人情報に関係してるわと。
個人情報にと、してても、ランク付けがあるですがと。
そもそもがの、こんなモノを直接リンクで、ハタマタの、流用、引用なんか、何がためかと。一寸、どかしてるかと。

での、でで、先様より、屁理屈抜かすなの、相互リンク、勝手にリンクと、個別ファイルの勝手にリンクと、何が違うかと。
とでも、問われたならばの、一言、ネチケットやと。
似非でも、偽でも、嘘でもの、何と云われよが、ネチケットやと。何がため、直接リンクが必要かと。

オッとの、トットの、我輩が単なるの、第三者なら、どでも結構やと。先様との、やりとりまでは、知らんしと。お好きにして頂戴の世界やわと。
云うてるは、先様にも、諸般の背景、事情、判断基準があるやろしと。この辺りも、配慮を致しませんとと。下手したら、封鎖、削除、更新のツモリがあったりと。
安全を見るなら、打診をと。コレが、管理責任者の立場かと。

での、ででの、我輩が、我輩の作成、掲載のファイルをば、どこかの先様に、参考的に示すは、勝手なれどの、コレ又、「相互リンク」ファイルなんかを、参考的にも、示さんわと。
大体が、余所様サイトのリンク集をば、直接リンクして、ナンボの値打ちかと。

ゴタゴタ、云うてる当人のが、されたとしたら、ど思うやと。えとなり、ズレまくってるナと、考えて、正常なるの、思考回路かと。
要は、自分だけの立場、都合で考える故に、変な発想をば、正当化してるかと。

事程左様に、対するの、所謂の、公式サイト、企業サイト、公的機関サイトに、個人情報は無いゾと。あって、沿革等々、地図であるとかの、企業情報かと。
大いに宣伝のためでの、迷子にならずに来て戴けるがためと。
個人サイトも、宣伝性はあるですが、意味合いがと。地図で、現住所を示すが居たら、異常ゾと。
学歴、賞罰、職歴、勤務先、役職名、電話番号、ケータイのと、前科何犯まで来たらの、露出趣味かと。イヤ、管理人の勝手の、我輩の知った事と、違うわと。
個々人によりの、正直で宜しいと、される事もと。

且つは、その手のサイトで、公開の情報なるは、企業なら、企業としての責任がと。嘘、出鱈目では、信用問題がと。
個人の場合は、内容的、個人の資質が大きく絡んでまして。存続はしてても、地縛霊、浮遊霊サイトがと。時代の変遷にても、更新がされてえへんかったり、イツの掲載か、分からんかったり。
分かったら、紀元前やったりと。
紀元前に、インターネットも、パソコンも、存在してへんけれどや。

されどの、個人のよりは、存続での、掲載内容なるは、企業として、原則、公式見解でと。
個人のは、独断、偏見、勘違いの、思い込みの、当テズッポウもあるやろしと。何を隠そお。隠す事も無いです。我輩なんか、可能な限り、正確無比を心掛けてるですが。ソレでも、時によりの手抜きもあるわと。
手抜きをしたら、一発、ご指摘受けて。

イヤイヤ、有り難いです。
お陰様で、益々の、手抜きが出来ひんなあと、緊張感があるです。
されどの、思い込みは、どしょも無いです。思い込み故、頭っから、正しいと、信じ込んでましての、調べえへんしと。

での、我輩は、勝手にリンクも、直接リンクも、別段にと。
されて、不快では無いです。但しの、個人情報以外はと。
光栄も、何も、大体が、方々にて、スカスカの、バスバスに、引用、流用されてる事もありましてと。中には、オマケも何も、メタメタ、クソクソに、揶揄嘲弄(やゆちょうろう)されてるのもあったりと。
承知してても、一々の、小言も、苦言も云うてえへんです。ホットケと。
或る意味、余所様から、意識されるの、存在かと。
自分のええよに、考えてな仕方が無いわと。
(10/02/17)


NO.147 リンクについての考察の話(12) する、されるの立場の違いの話

第三者にとっては、どでもええよな話でありので、好きにして頂戴ナと。
リンクが、どのこのなんか、その程度の話なれどです。

での、そんな次第の、我輩、「リンクについての考察の話」では、申し述べたき事柄、山程あってと。
好きに致してるわと。

そもそもが、言語明瞭、歯に衣を着せぬの、「勝手にリンク」なるは、「される方の論理」と、「する方の理屈」が存在、混在でと。
される方は、相応の良識を期待して。
する方は、インターネットに公開しててからに、何を寝惚けた事をと、するが、何の珍しくも無いの、古今東西、常套文句、口実での、歯車は噛み合わずに、平行線かと。

される方にしたって、大体が、相応の良識を期待も空しい事、意味の無いは承知でと。
よって、最初っから、リンク・フリーを唄う方がと。スッキリしてての、格好も宜しいかと。
とは、我輩は、勝手に思てるです。

する方は、否定されたら、手間が大変故、自由気儘をと。
但しの、出典を明確にと。何やら、著作物、絵画、技術的資料、文献が如くのと。
明確にさえ、してたら、問題無しとやらの、オッとの、ホンマに、オヌシは、してるのかと。ハッキリとは、エラソに云うてる程にはしてへんのが多いゾと。

ソラなあ、個人サイトなるは、「ココ」とされて、「Url」のアルファベットと、数字、記号の組み合わせだけでは、サッパリの、分からんわと。「シバケンの天国」として、されてたって、大体が、限りなくの無名やないかと。
Ibm、Microsoft社の如くの、公式サイト<公的サイト、企業サイトを含み、以下、「公的サイト」と総称する。>やあるまいにと。
オッとの、比較する方がアホやけどと。

での、ででの、リンクして、ホナラの、先様が、発見されても、マア、ええかとなるかと。イヤイヤ、有り難くの光栄と、思て貰えるかと。
での、あのなあと。
インターネットの世界は広いんやでと。余程の事でも無い限りに於いて、「勝手にリンク」なるは、発見も、ナカナカに難しいわと。

論より証拠の、我輩、「京都inet」から、「Eonet」に移動の際、調べたけれどの、ソラ、大変ゾと。
出来れば、新のUrlに変更をと。加えての、「勝手にリンク」を有り難う御座いますと。その一報、入れるがため、日数、どれ程掛かったかと。軽くの、半年。実際には、10ヶ月やと。

もっと、正確になら、移動以前より、準備はしてたしで、実質、1年掛かりかと。
そんな事、してられるかと。
オッとの、余所様の事は分からんです。我輩の場合やでと。
どっちにしたって、コレで、完全網羅とは、全然に思てえへんです。「TEXT」表記なり、「Url」が、検索サイトにて、見えての話やしと。

結果、不毛の、理屈、屁理屈の応酬になるは、我輩、一々、教えて戴かんでも、先刻、重々、承知してるです故、ゴタゴタ、御託、三択、選択、薫陶をば垂れて戴かんでもと。
とりあえずは、そんなに難しい話では無いです。千度も、万度も、聞き飽き、見飽き、喰い飽きてての、ゲとなるです。
されどの、リンク思想一つで、サイトの運営姿勢が分かるですがと。

での、ででの、での、仮にの、余所様サイトの個別ファイルをリンクしたとして。
更には、そのファイルの中身を前提の、掲載文言をば、構築、掲載してたとして。

その、「勝手にリンク」の先様、管理者様から、アンタなと。
勝手にリンクすなの、無断は困るの、削除せよと、小言一発、注文されたら、何とするやと。
インターネットの世界に公開で、そんな馬鹿な話をと、反論展開し、ネジ伏せるや、否やと。
ハタマタの、ハイ、承知と、問答無用の、申し訳無しと、注文通りの削除をするのかと。
どっちやと。

日本国内だけでも、個人ので、公称、ン千万サイト。下手したらの人口の数、億単位やったりと。
オッとの、運営者でなら、一千万人程度かなあと。イヤ、適当やと。総務省のデーターをば、見て頂戴と。ン年の昔のが、出てるです。
どっちにしたって、数多居たはるの、サイト運営者の考えなるが、都合良くの自分と一緒であるの筈があらへんわと。そんな不思議があるモンかと。
ソとしたら、気色の悪いの、宗教的かと。
とは、既載してるですがと。

むしろの、千差万別で、事足らずの、管理者の数の、一千万の考えがあるとして、間違い無いわと。むしろの、その方が、まともかと。
云うたら、全員、総員、皆様、自分が正しいと、思たはるわと。
我輩も、自分の考えが、正しいと思てるわと。只ナで、強要は致しませんです。致さんも、何も、出来ひんわと。

での、我輩が、個人サイトを、本文にて、リンクを避ける、遠慮するの理由なるは、1つや、2つと、違うわと。
オッとの、3っつかと。

<一>
個人には、個人の考えがありまして。我輩、先様の意志を最大限の尊重致すです。よって、許可を得るが筋であると。
或る意味、ソレが邪魔くさいのがあっての、避けてるです。
当然にして、許可要請の、一報の際、この部分を、ここにリンク致しますが、「返信無き場合、了解を得たと解釈致しますので、宜しくお願い致します。」の一文、添えてるです。
要は、必ずしもの、返信不要也と。
以て、返信にて。或いは、後日にでも、困るとされたら、削除の用意があるです。先様の意志を最大限の尊重故。
云うてもナで、リンクを削除で、殆ど、影響無いですがと。
我が、文言が大部分故の、所謂の、気が向けばの、見て頂戴の、「参照リンク」やしと。<注;パソコンQ&A関係は別途の話です。>

<二>
個人サイトの寿命は短いとしてるです。
存在してても、既に、無管理となり、地縛霊、浮遊霊になってる場合が多いかと。
そんなサイトの、個別ファイルを、「勝手にリンク」で、紹介してたら、見識を疑われるです。

或いは、リンク切れになるの、可能性が、「公式サイト」よりも、大であると。
結果の結果、個人サイトをリンクしてたでは、折角のリンクも、無意味に化すの確率大。

<三>
技術的情報等々は、原則、「公式サイト」にありまして。個人サイトは、そこを引用されての、集約されるかと。
当然にして、諸般の事情により、個人サイトにしか、目的のファイルが見つからんなら、仕方が無いの、次善の策の範疇。


以上、3っつがあるですが。

<一>の、一報をば、せずして、如何に、先様が、感知されるやと。検索サイトで、勝手に探せかと。
一年、二年、五年も経ってから、アンタなと。先様が云うて来たら、どするやと。
されどの、前提、こっちが、存続してたらの話なれどと。

<二>のなんか、方々で散見してるわと。特には、「OKWave」では、折角の、回答らしきの参照リンク先を尋ねるに、エラーがどれ程多いかと。
イヤ、我輩のも、多い故に、他人様の事は云えへんけれどの、現在唯今、鋭意修正中。
但しの、我輩のは、個人サイトと違うしナと。「公式サイト」やでと。

<三>なんか、検索するに、何カ所を探索したかと。ソレ以前の、「公式サイト」を見たか、探したかと。
イヤ、無ければ仕方が無いですがと。よって、個人サイトは次善の策かと。
での、我が経験上ならばの、パソコン関係ならばの、殆どが、「公式サイト」にありましてと。無いが珍しいかと。
イヤイヤ、誤解すなよの、無いとは申さずと。モノにもよるしと。

での、我輩、現在唯今まで、所謂の、個人サイトを本文内での、個別ファイルをリンクは4件かと。
1つ目は、我が、母校、小学校区の話なれどの、廃校でと。
廃校には、無関係の、個人と云うても、所謂の、小学校区の、「公式サイト」なれどです。
加えての、我がリンク・ファイルの、「蔵屋敷」での、先様でありまして。昔の町内のお方でと。イヤ、ご尊顔は知らんです。

2つ目は、現在の住処、近在の、小さな、小さな、八幡宮さんの件でして。
何分の、知る人ゾ知るの、無名やしと。検索すれどの、数は当たりの、一覧表ばっかりでの、結果、一件のみ、写真付きを発見の、ソラ、充実のサイトなんやと。
これこそ、唯一無二の、ここ様にしか、写真はあらへんわと。我輩、写真が欲しかったと。

3っつ目は、実は、相互リンク先様での、当家、家紋をと。
イヤイヤ、家紋ならばの、色んなサイトで散見の。されどの、所謂の、「公式サイト」はあらへんわと。折角ならばの、相互リンク先様のを、借用した方がと。

4っつ目は、座興で一発、一番に古手の、相互リンク先様をと。
コレは、個別ファイルに非ずの、全体故に、特に、一報せず。

結果、全くの未知のお方は、1件のみ。
での、この先様、未知と云うてもナと。
実際には、我が相互リンク先の、相互リンク先やったです。どっちにしたって、奇しきご縁かと。
(10/02/18)

<補記>
個人サイトのリンクは、4箇所としたですが、6箇所です。
SpamMailKiller」と、「IDManager」を追加します。
尚、両者は、ツール開発者サイトをリンクし、先様には、メールにて、連絡してます。
(10/02/19)

<リンク法>

<教訓1>サイトには寿命がある。<早期リンク切れの防止>
一般的には、個人サイトは寿命が短く、公式サイト(含む、公的サイト、企業サイト)の寿命は長い。

<教訓2>個別ファイルを、「参照リンク」をする場合は出来る限り、公式サイトを選択する。公式見解、最新情報が得られます。

<教訓3>個人サイトの個別ファイルを、「参照リンク」する場合
1)先様のご意向を尊重し、確認のため、一報を入れる事が無難。

2)最終更新日を確認し、何年もの間、放置されている、地縛霊、浮遊霊化したサイトは避ける事。リンク姿勢、見識を疑われます。


NO.148 リンクについての考察の話(13) 独自路線が大方針の話

での、ででの、誤解すなよの、我輩、個人であれ、公式であれ、所謂の、「参照リンク」は必要と、思てるです。
理由は簡単、掲載者なるは、閲覧者各位に対し、より分かり易くの、親切心があるが故に、「参照リンク」をと、探しまくっての、「リンク」をするのであってと。
オッとの、「参照」と、「勝手」は違うですがと。

その上での、Q&Aの場合、公式サイトの該当場所を、リンクした方が、早いし、正確で、雑音もあらへんしと。
早いとは、如何なるかと、なればの、そのままの、早いんやと。
サポート情報にての、延々の記述は希かと。簡単、簡潔でありましてと。我輩のとは、雲泥の差かと。ソラ、目的が違うわと。
での、探すにしたって、メーカー・サイトを承知ならばの、ソレも、キー・ワードに含めるとか、したら、早いんやと。
云うたら、何やけれどの、余計な話の、我輩のなんか、サイト内検索にて、探すにも、大変ゾと。

での、雑音とは、例えばの、分かり易くなら、パソコン関係では、個人サイトの場合、個々人の環境がありましてと。
何度でも、申すの、掲載者の、独断、偏見も混ざってまして。悪いけれどの、技能、知識、経験が関係しててと。
これを、我輩、雑音としてるです。他にも、雑音数多(あまた)なれどの、我輩が如くに脱線がと。

加えての、情報量が違うかと。
情報量とは、クレーム、要望事項、質問がと。
よって、修正プログラムなり、サポート情報をば、提供するのでありましてと。提供者の、義務なんやと。
公式サイトは、専門家でありの、ソレで、飯喰てるです。一応は、複数の、検閲、照査もされてるやろしと。
そこでの、最終更新日が、紀元前なら、諦めも付くですが。個人サイトで、最終更新日が、紀元前なら、アホかと。イツの話かの、文明開化以来、世間は、変動してるわと。

更に、追撃するならばの、公式サイトが相応しいの意は、ここが、公式サイトやゾと。知っといて、損は無いを、示すもあって。
次回、何かあらばの、ここを探索せよと。アトは、個々人の学習効果の問題かと。
とは、我輩の考えやと。

但しの、公式見解も、公式に過ぎての、安全面を全面にで、勝手に改造等々、商売にならぬ事は、公開しませぬ故、アトは、個々人の挑戦かと。
ここに、個人サイトの出番があると云えば、あるですがと。称して、マニアック趣味サイトかと。
イヤ、マニアック趣味で結構。独自路線で結構。貴重なるの、情報での、メーカー・サイトでは、逆立ちしたって、真似出来ず。

での、言語明瞭の、やったの、ご当人様がやってくれたら宜しいわと。掲載さえ、されたら、どこ様であっても、検索にて、引っ掛かりの、表示されるわと。<ロボット除け呪文が施されてたら、検索されずで、表示されません。>
ここで、先に掲載の、「画像」で説明、解説ならばの、表現手法の問題がありので、超簡単なる、知識、配慮が要るゾと。
云うたら、検索から到達の、閲覧者殿より、質問あって、的確に返答、指導出来るは、実践者のみ。

での、でで、我が、「シバケンの天国」には、画像はバナーのみ。画像処理技術は持ち合わせてえへんけれどの、「画像」に説明の要る程度は、承知してるわと。
検索されたいのならで、検索は、「相互リンク」の、バナー<画像>の話だけと、思てたら、アカンぞよと。応用問題は解いて頂戴ナと。

ホンマやでと。
検索、検索の、検索でと、検索の事を掲載してるのを、散見すれどの、その割りには、肝心の、検索そのものの、技術的、理屈的なるを、知らんのが案外にと。
されどの、教えて差し上げるに、余計なお節介での、意図的なる場合もありましてと。
よって、ご参考になればと、掲載してるだけ。

そんな次第での、個人サイトではナと。
趣味、興味と、経験の範囲でありましてと。その、趣味、興味と、経験が大切でと。我輩の掲載も、その範囲やしと。趣味も、興味も、経験の無い事をば、掲載も出来ませんですがと。<Q&Aは除外>
マア云うたら、どっちにしたって、個人サイトは、特殊で、偏りがあるんやわと。あって、結構かと。さもなくばの、一色やってみい。何度でもの、気色が悪いわと。
そんな中でも、方々に似たモノが存在での、切磋琢磨で宜しいかと。

での、話を戻しての、メーカー・サイトを、誰もが、知ってるとは限らんわと。
案外に、案外の、加えての、このご時世、この世界。初心者から、やり手まで、バラバラやと。
矢鱈に、検索しまくりの、悪趣味Blogにでも、引っ掛かってみい、悲惨ゾと。一生懸命に拝読して、結果、こんな事があったの話だけで、チョン。
或いは、ここを参照せよで、別途の、Blogサイトやったりと。
ホナラの探す方にしたら、スカの連続での、スカスカの、最初っから、メーカー・サイトに行ったら良かったナと、なるは、度々の、数知れず。

要は、掲載者の資質にもよりまして。
イヤ、我輩も、物事、何にも、知らんけれどや。

ホンマやでと。
個人サイトで、独断、偏見、自説、体験事項、或る程度の結論的なるが、展開されてえへんかったら、何がための、サイト運営かと。
イヤイヤ、掲載事項にもよるですがと。
要するにの、人となりが、出るんやわと。

での、そんな意味ならばの、我輩、自慢やないけれどの、スカにさせるが、厭故、公式サイトを選択しの、リンク切れをも、考慮の、「参照リンク」をと。
云うたら、余所様の真似せず、独自路線の、サポート屋に電話一発、電話の話までを、掲載してるわと。
電話して、サポート屋に聞いて、解決したら、したと。結果的、アカンで、自力で、解決したなら、解決したと、自慢して。

何が云いたいかとなればの、独自性が、「シバケンの天国」開設以来の、信念なんやと。古くさいと云うなかれと。イヤ、古くさいの、ソレ又、独自路線かと。
一切の、余所様の、真似せず、パクリせずの、自分語でと。パクリがあったら、云うて頂戴と。自分の発想以外ならばの、原則、引用なるは、テレビの話、新聞記事、メールで、掲示板で、戴いたの話以外はしてへんわと。
ソレも、したら、したで、ソと掲載してるわと。

コレが、我が大方針やと。
斯くあるべしと、思えば、有言実行してるわと。ハタから、トヤカクの云われるの筋合いはあらへんしと。自分で、考え、正しい事は、正しく、間違いは、間違い。
失敗は、失敗で、困ったは、困ったと。

常に思てるわの、現世<うつしよ>の道徳観念なるは、どの世界、仮想の、インターネットの世界にも、通用するわと。人間様が運営、管理、利用してるんやと。
インターネットの世界は、宇宙人、化け物、物の怪(もののけ)、幽霊、怪獣、ゴジラが、ガメラが、アトムが、スーパー・マン、スパイダー・マンに、キッコーマンが、ピーマンがと。
運営、利用してるのかと。違うわと。
只ナで、匿名性がと。顔を見ずの、声が聞こえずの、コレが、無茶を云わせの、無責任化させてるかと。イヤ、当人は、無茶とも、無責任とも、思てえへんのが、難儀でと。

道徳観念なるの、基本は、正々堂々の、清廉潔白。文句あらば、束になって、掛かって来いの気概ゾと。鼻先、口先、口数、舌先三寸では、負けても、文字数でなら、負けへんゾと。
世のため、人のため。
その根本なるは、広く、相手様の立場を考える事なるゾと。ソレが、ネチケットと称しましての、身勝手、我が儘は、ハタ迷惑なんやと。

されどの、我輩、本名、「柴田」なら、町内会の只のオッサンでと。ご近所様に、迷惑掛けず、波風立てず。行事には、積極的参加をさせて戴きましてと。されどの、至って、大人しくと。
とは、自分で思てるだけなれどと。

での、「シバケン」ならばの、「シバケンの天国」と称するの、サイト管理者でありましての、一寸だけ、云いたい事を云いたい放題に掲載してるですがの、コレでも、相当に神経をば、使てるわと。
ソレ以前の、中身、一切の余所様の真似、パクリはしてへんわと。

云うたら、何やけれどの、自分語で、自分の考えやと。
むしろの、余所様が見本とまでは、自惚れ過ぎでの、参考として戴ければ、無上の光栄かと。

一日一善。
出来れば、一日二善、燦然(さんぜん)をと。
ソレを常に目指してるわと。念頭に置いてるわと。
(10/02/19)

NO.141<再掲載>

<ネチケット的検索サイト対策(SEO)>

<教訓1>1ファイルでの、リンクは、100個以内にする。
<教訓2>リンク切れ(含む、リンク・ミス)は修正する。
<教訓3>「画像」には、「TEXT」で、説明を入れる。<「バナー」の場合、「サイト名称」等。>



NO.147<再掲載>

<リンク法>

<教訓1>サイトには寿命がある。<早期リンク切れの防止>
一般的には、個人サイトは寿命が短く、公式サイト(含む、公的サイト、企業サイト)の寿命は長い。

<教訓2>個別ファイルを、「参照リンク」をする場合は出来る限り、公式サイトを選択する。公式見解、最新情報が得られます。

<教訓3>個人サイトの個別ファイルを、「参照リンク」する場合
1)先様のご意向を尊重し、確認のため、一報を入れる事が無難。

2)最終更新日を確認し、何年もの間、放置されている、地縛霊、浮遊霊化したサイトは避ける事。リンク姿勢、見識を疑われます。


NO.149 リンクについての考察の話(14) リンク外れの確認の話

一昨日<2月17日>、俳優の藤田まことさん(76歳)が、大動脈破裂で、逝去ですて。
イヤ、我輩、ファンでも、何でも無いですが。

只ナで、我が母校、堀川高校の出身とするのか、中退ですて。加えての、一緒の小学校区に住んだはったですて。但しの、一時期なれどと。(1944年から約2年)
2年では、卒業はナと。
実際には、1年在学しただけらしく、当時の、住処場所は、堀川の、高辻辺りとされてるです。
オッとの、格致小学校<廃校>のスグのソバで、ソバでも、裏手の方なれどの、我が町内会のソバやったかと。
ソバではあっても、我が行動範囲からは、ズレてたかと。そっちの方には、同級生も、知り合いも居てへんしと。用事が無かったです。

での、藤田まこととなれば、「てなもんや三度笠」が印象深く。
「あたり前田のクラッカー(前田製薬株式会社)」は、現在でも、ギャグで通用するかと。云うに勇気が要る程の有名でと。何も、我輩が、前田製菓の宣伝する事も無いけれどや。
イヤ、実は、何度も掲載し掛かったです。我輩、矢鱈、「当たり前に」を使てまして。その都度、「あたり前田のクラッカーかと。」
云うよな、文言を何度、掲載し掛かってたかと。ソレを、グと堪(こら)えるの辛さ哉と。

イヤイヤ、家族と夕食後の団欒を経て、これから、入浴かの時ですて。
或る意味、家族のソバで、惜しまれ、迷惑も掛けずは、理想的なる死に方でして。我輩にしたって、こんな具合にならなあと。
思えどの、天寿全うの、死に方なるは、選択出来ませんですがと。
精進、精進、日頃の精進かと。

での、ででの、本題。
その前に、この処、メールをよく戴くです。
その一部を紹介の、写真も画像かの、ご質問受理の、難しく考えるの必要は無く、「TEXT」とは、文字でして。文字以外は、画像でと。バナー、絵も、写真も、画像でと。
ツイデになら、動画も画像やでと。
音声付きでも、音声までは、検索サイトで、表示はされへんしと。相応の題名が無ければナと。
イヤ、コレから先は知らんです。検索サイトも、日進月歩で、音声まで、文字化で、検索対象になったりと。
イヤイヤ、現時点では、無理でして。「TEXT」<文字>で説明をして戴きませんと、検索対象にはなりませんです。

又、写真が欲しいなら、写真だけをダウン・ロードしたら、ええのにの、ご意見もあったですが。
ソレは、我が感覚ならばの、先様に失礼でして。
イヤ、お断りして、先様が、諾とされたら、構わんですが。ソレでもナと。先様の労作でして。先様の紹介文と共に、そのままの装丁で、リンクするが、本当かと。
クドイけれどの、我が感覚ならばの話でして。余所様の事までは、知らんです。

そんな意味ならばの、写真一枚、ヒョイと、ダウン・ロードの、我が、ファイルに貼り付けても、分からんですが。
コレぞ、ネチケットに大違反かと。
多少の手間を厭(いと)わず、一言、声掛けとく方が、安心かと。
だけの事でしてと。だけの事が大切かと、我輩は思てるです。

コレを云うと、リンク・フリー推奨派からは、自分の安心のために一報かと、どやされるですが。ホナラの我が返答、言語明瞭の、ソやと。
アトから、ゴタゴタは困るんやと。
では、ありますが、何とは云わんの、詳細省略の、無断も、何も、先様から、どぞと、戴いた筈のモノでも、ゴタゴタ云われる事もありましてと。
どぞで、戴いて、ン年経って、ゴタゴタはどしょも無いですがと。

ホンマやでと。
オマケに、メールで、掲示板で、カウンターまで、回転されたりの、イヤガラセを受けたりで。一体、我輩が何をしたかの、した覚えがと。
されどの、仕掛けられてバッカリでの、長い年月の間には、色んな話があるし、広い世間故、色んな人が、事がありましてと。安全の上には、安全をと。
思てても、先様から、来るは、どしょも無いですがと。下手に真面目に応答したって、先様は、ごねてるだけでの、不毛でと。

イヤ、先様から、戴いたは、何とは、申さんの、我輩に、使用禁止との事で、ハイ、承知と、削除、削除の、削除しまくったですが。
ホンマにホンマやでと。
我輩、余所様に、変なメール、掲示板に誹謗中傷なんか、一切の、思い付きさえしいひんわと。それで無くとも、出無精、筆無精やのにと。

イヤイヤ、ご縁切れてから、ツラツラ思うに、あの件かなあと。
思う事がありましての、コレ又、詳細省略の、これは、こっちが、お断りしたですが。多分ならばの、先様の提案されたる事柄をば、我輩、そんな趣味があらへんしで、とは、申さずの、単純に、要りませんですと、返答してからかと。
先様の、豹変がと。世に中、怖いモンやでと。

オッとの、話を戻しましての、ソラ、先様が、リンク・フリーを唄いの、持ってけ、ドロボーの、好きにして頂戴の、一報くれても、邪魔なだけの、一切返信しやへんわと。
とまでは、知らんけれどの、そんな風に明記されてたら、迷惑なるの、一報はしやへんわと。
云うたら、ソコまでの、徹底は少ないなあと。リンクの件で、掲載されてたら、一報をが多いですが。何も記載無しなら、原則、リンク・フリーでは無いと、解釈が普通かと。

むしろの、勝手にリンク・フリーと考える方が、自分勝手かと。
よって、何も掲載されてえへんかったら、一報をしとかんとと。
とは云え、大体が、そこまで、細かくの、拝読してるのかと。特には、個人サイトの、個別ファイルを勝手にリンクなるは、そこにしか、目を通してへんからやと。
とは、我が解釈。

イヤイヤ、でででの、本題をと。何が、本題か、分からんですが。
リンク切れのチェックの話をと。
我輩、具体的手法をば、どしてるかとなればの、ツールは、得手、不得手、一長一短がありまして。
コレが良いとは、よ云わんです。理由は簡単の、ファイル数等々の、環境にもよるやろしと。外部リンクしてへんなら、フォルダ変更さえしてへんかったら、心配ご無用かと。

我輩にしたって、アレ、コレと、試した訳で無しと。
されどの、大体が、ファイル枚数も多くなりので、自力でやってられへんしで、ツールを探してたです。

での、ででの、我輩が、現在検討中とするのか、「リンクチェッカー」なるは、オン・ラインの、「dead−link−checher」をと。
別途になら、フリー・ソフトのもあるですが、一々、余計なのを、インストールもナと。Hddの、容量喰うだけかと。
とは、我輩が、ソ思うだけの、コレはと、なれば、試すですがと。

この、チェッカーも、場合によりの、誤判定するかと。
こっちに、サーバー、リンク先のサーバー状況にもよるやろしと。
での、我輩の場合、主のサーバーたるや、軽くの2時間。モ一方のは、約1時間が掛かるです。5年の前なら、ファイル数も、半分程度かの、その時には、パソコンの性能、インターネット環境も違うしと。

当時は、CPUが、200MHzで、フレッツIsdnでして。鋭意決断しな、やってられへんわと。軽くの5時間は掛かるかと。
されどの、先の、「dead−link−checher」は無かったですが。<2006年創業><チェッカーは、2008年より>

オッとの、そんな次第の、此度、一念発起、奮起一番の、「Eonet」に変更しての、2年が経つしと。3年目に突入してるしと。
やらな、アカンな、アカンなと、思いツツ。

での、やったです。
我が手法なるは、ファイル数が多い場合に適するかと。
手法は簡単の、チェックは、チェックで致しまして。リンク切れ、一覧が表示されるですが、何分の我が一ファイルは、TEXTのみでも、デカイんやでと。
縦長(たてなが)なんやと。

での、ででの、マズは、このリンク先が、エラーと、Urlと、リンク元ファイル名が表示されまして。
ホナラの、ファイルの何処に、そのリンクがと、探さんならんわと。
マトモにこの作業は大変ゾと。あくまでもの、我が環境ではと。余所様のまでは、知らんわと。
正直、見過ごす事が度々での、何かええ方法は無いかと、無い知恵出して、考えたは、例えばの、「InternetExploler」で、所定のファイルを表示致しまして。

1>「プラウザ」→「表示」→「ソース」
2>「ソース」画面(メモ帳)→「編集」→「検索」
3>エラーの、リンク先の、Urlの一部を、「検索」窓に放り込み、「ソース」画面上で、場所を探す。
4>プラウザで、該当場所に移動させ、該当のリンクをクリックし、表示させる。

以上の手順にて、実際に、表示させ、表示状況をば、確認でと。
結果、表示されずの、リンク切れならばの、ここから先、どするかの、選択かと。

どするとは、実際に、表示されずなら、リンクを外すか、別途のを探すかと。
余りに手間、暇、掛けるも、やってられへんしで、原則、「リンクを外す」を選択での、Urlで、サポート先が解れば、検索にて、該当の新のUrl等を探すですが。そこから先も大変やと。
よって、無責任に、適当に代替えをリンクも拙いし、「リンクを外す」を基本にと。
(10/02/20)

<リンク切れチェック>

チェッカー;dead−link−checherの場合

1.手順
チェックをしたい、URLを入力する事で、サーバー内のファイルについての、内部、外部のリンク切れをチェックする。
サーバー内の全ファイルをチェックのためには、入力のURLのリンクを辿り、全ファイルに到達されなければならない。

2.チェックされる内容
サーバー内のファイルについては、辿れる範囲。
サーバー内のファイルからの、外部リンクは一階層であり、リンクが何カ所からされていても、集約されます。
例えば、サーバー内の、A、B、Cのファイルから、XのURLがリンク切れと表示されます。

3.チェックするべきファイル数が多い場合等、リンクの箇所が見つけ難い場合。
「プラウザ」→「表示」→「ソース」→「編集」→「検索」で、該当のURLの一部を検索窓に入力し、検索する事で、場所が分かります。


NO.150 リンクについての考察の話(15) 秀逸の個人サイトの話

斯くなる次第の、斯くなるでと。
所謂の、「リンク・ポリシー」なんか、考案、掲載の必要性は無いですがと。
理由は、どちみちの、無視されるです。
での、そもそもの、「リンク・フリー」が、ポリシー<方針>ならば、一報が欲しいは、願望、希望かと。

ソラそやでと。
「リンク・フリー」は、ハッキリしてるです。或る意味、リンクしたい先様で、言語明瞭の、「リンク・フリー」と、ダケを掲載してあればの、ソラ、有り難いです。
但しの、ダケをやでと。

メール・アドレス、メール・フォームなりを探さんでもええのやしと。文言、考えずに、自分勝手に使うで構わへんのやしと。
での、中には、オッとの、「リンク・フリーですが、事後でも連絡戴ければ、嬉しいです。」的なるのは、要は一報を、要求でと。
ホナラの、「リンク・フリー」とは違うんやと。
さりとての、一報をと、されてたら、したらええのやしと。
そんな事なら、「リンク・フリー」としんでもええのにと。
とは、思うですがの、先様、管理者様のご意向でと。

アトは、ソレを拝読しての、「出来れば」故、リンクしたいの側の判断かと。あくまでもの、拝読したらの話で、拝読してへんかったら、リンクする側の、別途の判断かと。
別途とは、一報するが安全と、してるのか、「リンク・フリー」推奨派で、違うのかと。
一報する方が安全派は、正直、云うて、「リンク・ポリシー」の掲載の有無、連絡先はと、探索するわと。そやないと、連絡出来ひんわと。

ホンマやでと。
一報をと、されてて、連絡先の分からんのも散見でと。分からんのは、連絡のしよがあらへんしと。諦めるかと。我輩はナと。
あっても、メール・フォームで、送信ボタン、クリック一発、エラー表示が出たりして。
イヤ、理由はスパム・メール対策なるが、厳重かと。ハタマタの、設定ミスかと。
イヤイヤ、リンクしたい先様のでは、無かったですが、我が、ホーム・ページを、「勝手にリンク」先様では、ショッチュウでと。イヤ、抗議のメールでは無いですの、Url変更、「勝手にリンク」の御礼の時でしてと。

どっちにしたって、リンクをしたい場合でも、そんな事なら、リンクは避けるわと。
我輩の場合、どしても、したいではあらへんしと。

での、我輩の考えならばの、個人サイトに対する、一報なるは、連絡しとくに越した事が無いの安全のためは当然の、更には、敬意を表するの意もあるです。
ソラ、そおやと。
何の参考にもならんのなら、リンクはしやへんわと。
そこしか、無いから、リンクをするのであっての、しか、無いは、極めて、重要なる事でしてと。

その旨も、メールに記載してるわと。
正直なるの、感想をば、含めての一文なるは、礼儀やわと。
まさかの、リンクするからナと、だけの数文字で、初めての先様にメールは無いやろと。そんな程度なら、しんほがマシかと。反って、失礼かと。

対して、公式サイトは、原則一箇所での、そこしかあらへんわと。
されどの、趣味で公開のが、懇切丁寧で、詳しい場合もあるですがと。
マア云うたら、京都の神社仏閣ならばの、百花繚乱でと。
そやけどナと。ここから、選択するにしたら、ソラ、難しいゾと。有り過ぎてと。正直、ショウジキ、拝読してられへんわと。更には、雑音が有り過ぎてと。
掲載者の、趣味、趣向に偏ってるわと。

穴場にしたって、一杯有るゾと。
されどの、京都市内のが、あるのであって、亀岡くんだりのなんか、余程やでと。
そんな事は結構の、百花繚乱の、されどの、見たら、分かるわと。単なるの、趣味、旅行記か、性根が入ってるかくらいはナと。
我輩も、京都のなら、中身、承知してるわと。下手な旅行記よりも、詳しいゾと。
単なるの、写真満載だけではナと。

での、ででの、そんな経緯を経ての、神社仏閣にしたって、そこが運営管理のが、ええに決まってましてと。
只ナで、サイト構成、構築の出来、不出来、技量の差があるけれどの、我が要望事項が入ってさえしてたら、結構なんやと。あくまでもの、「参照リンク」やしと。
或る意味、リンクから、先様の、雰囲気が伝わればと。

オッとの、そんな事で、本文にて、自分の話は掲載の、そこから先、興味があればの、「参照」して頂戴の、話やしと。
個人のは、原則、避けるべく、探しまくった上の、ここしかの、サイトを選択してるわと。
ホンマやでと。

家紋の件にて、「参照リンク」したの、相互リンク先様のも、我輩、色々勝手な掲載してるですが、一辺、他のと、比較をしてみてみ。秀逸ゾと。
とは、当然にしての、我が評価。
ソラ、自分の掲載文の、「参照リンク」やしと。

正直には、探しまくった、結果で、コレがと、判断の、連絡先はと、良く良くの、メール・アドレスをば、見たら、相互リンク先様やったんやと。結果的なるの、話なんやと。
ソレもあるしの、画像の雰囲気が、とあるの、相互リンク先様のと、一緒でと。もしかしたらと。知って、へえと。
での、正直、一番にと、気にいりましたと、一報、してるわと。

要するにの、唯一無二でありましてと。安直には、個人サイトの個別ファイルを選択してへんわと。
あれば、「リンク・ポリシー」も、精読、拝読しの、一報のための、連絡手段もあるの、先様やと。

での、本文にて、掲載のを、紹介をと。
丹波の神社」の、「小金岐八幡宮
「水引・家紋のお店」の、「丸に横木瓜」<消滅・削除・14/01/07>
尚、我が母校、格致小学校のは、前回、藤田まことの件で、紹介してるです。

そんな次第の、我が、「参照リンク」なるは、メールにての一報の際にも、実際にも、名、実、共の、敬意を示してるわと。
での、「丹波の神社」の先様なら、「リンク・フリー」と明記してあるですが。承知の上での、一報をと。ソラ、一報するに、サイト内を探索しませんと、分からんわと。

ホナラの、ホナラで、再度の、「リンク・ポリシー」なるが、掲載されてえへんかったら、如何様に解釈するかが問題でと。
「リンク・フリー」を自ら、唄ってる御仁ならばの、「リンク・フリー」と考えるかと。
「一報」をと、求めてる人なら、「一報」するのかナと。
で、何やと、問われたならばの、ソレだけの事やと。我輩は斯様に考え、我輩なりの、行動をしてるだけ。

何度でもの、一報が無難やし、安全やし。感想あらば、伝えるが、正真正銘の礼儀かと。逆には、伝えとなるのを、リンクしてるわと。
但しの、我輩はと。
云うても、個人のでは、「参照リンク」は少ないけれどと。

での、ででの、「参照リンク」も、一旦、やり出すと、必要以上にやり出しまして。
云うたら、リンク切れの可能性も、増大でと。

ホンマやでと。
我輩、今になって、一寸、反省してるです。多いのも問題かと。下手したら、詐欺行為とまでは、考え過ぎでも、スカになりましてと。
現在唯今までは、個人サイトのでは、スカは無いけれどと。
少ないしと。
やのに、こんな具合に、ホイと、リンクも考えモノかと。
思いツツの、リンクをしてからにと。
(10/02/21)



inserted by FC2 system