親父として、爺としての話NO.4


親父、爺NO.1 親父、爺NO.2 親父、爺NO.3

ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11 孫娘NO.3
題目一覧表

目次

親父、爺としての話NO.5

NO.40 四国香川への里帰りの話(2) 大した渋滞も無くの話

NO.39 四国香川への里帰りの話(1) 人数、益々増えての話

NO.38 オヤジさんとの話(28) 弟以外は見たの話

NO.37 オヤジさんとの話(27) 従兄弟を早くの話

NO.36 オヤジさんとの話(26) グの、愚と、我慢の話

NO.35 オヤジさんとの話(25) お盆の話

NO.34 オヤジさんとの話(24) 年寄りについての一般論の話

NO.33 オヤジさんとの話(23) 婆様に御挨拶の話

NO.32 オヤジさんとの話(22) 矢っ張りかの話

NO.31 オヤジさんとの話(21) 家族の話

親父、爺としての話NO.3


NO.31 オヤジさんとの話(21) 家族の話

真夏の、夜に非ずの、真っ昼間の、怪談話が相次いで。
東京足立区で、男性では最高齢の、111歳の爺さんが、30年前に他界<他界当時は81歳>で、そのまま放置されてまして。気色の悪い話やナと。

お次は、東京都でなら、女性で最高齢の筈の、杉並区に在住である筈の、113歳の筈の婆さんがと。
住民票上でなら、同居してる筈の、長女(79歳)が曰くに、返答するに、同居はしてへんし、25年前<1985年>に会おて以来、消息は知らんですて。

へえの、オッとの、あのなあの、単純明快の、単刀直入の、正直なる我が感想ならば、25年も電話一本もせずの、冷たい娘やなあと。
何であれの、母親の消息を知らんとは、情けないゾと。

イヤイヤ、娘の話によれば、同居は最初っからせずの、その25年前、母親が勤務先に来て、娘にとっては、弟での、母親からしたらの、二男(71歳)と一緒に暮らす<千葉市川市>と云い残して、立ち去ったが最後で、その弟の消息も不明ですて。
へえの、捜索願も出してえへんのかと。

私ならばの、従兄弟、ハトコ、又従兄弟に、その子まではどか知らんの、従兄弟程度までなら、承知してるの、この一家では、年会さえも、しいひんのかと。
年に一回でもの、電話一本、邪魔くさいのかと。
年賀状はと。

オッとの、とととの、健康保険、介護保険は、この娘が支払いの、されどの、健康保険は、5年は使われてえへんですて。へえの、ホナラの、5年前から、健康優良婆になったか、何かの都合で、用事が無くなったかと。
ではあっても、老齢年金<国民年金>も受け取ったあらへんですて。元々が無かったみたいで、年金受給に纏(まつ)わるの、詐欺でも無いみたいでねえ。

での、職員が、弟の住所<アパート>に行けば、既に更地になってたですて。フウンと。
そやけれどの、こんなモン、氏名が分かってるのやしで、その気になればの、現在の住処は分かるやろと。母親、弟が、ホーム・レスになってなければナと。
そやけれどの、113歳で、ホーム・レスは過酷に過ぎましてと。有り得えへんわと。
イヤイヤ、記録上の話の、その5年前に通たの、医療機関で、如何なるの病状かを確認で、分かるかと。5年前にしたって、既に、108歳やでと。一人で通えたのかなあと。弟が同伴かと。
同伴するよな状況なら、消息不明にはならへんわと、大いなる疑問がと。

只なあ、死亡したとしたら、しかるべくの、死亡届を出さんと、火葬が出来ませんです。
死亡届を出すは、どこでもと云うたら、何やけれどの、死んだ地域の、しかるべくの、役所でええのやしと。出せば、埋火葬許可証を戴けてと。
アトは、役所が、関係部署とするのか、本籍地であるとか、現住所に連絡をしてくれまして。

余計な話の、金融機関は早いゾと。
今時、インターネットの世界、電子化されてるが故に、アと云う間やゾと。昔は、一週間なり、掛かったですが。
話簡単の、預金を下ろすならばの、死亡届を出す前にと。額がデカ過ぎたら、知らんですが。

オッとの、そんな話は結構の、生きてたら、113歳の婆さんは、どなってるかと。
常識的には、他界で、死亡届を出さずに、埋葬は出来ひんしで、亡骸はどこかの山中にでもと、なるのかと。なれば、ゾとするわと。

での、全国で、100歳以上のお年寄りが、約の4万人ですて。記録上の話故に、実際に生存は如何程かと。
我が町内会<約110軒>ならばの、最高齢で、98歳かと。オッとの、とで、90歳以上のが、3名様かと。マダ、100歳に到達のは居てへんですがと。
考えてみたら、凄い長寿社会になって来てるナと。
イヤイヤ、ホンマやでの、我が感覚でなら、90歳以上が1人はと、思てたですが。調べてみたら、案外に多いかと。
での、モ一発、余計な話の、我が町内会での、最高齢の婆様は、我が母と一緒にディー・サービスに通たはるです。正直、足腰丈夫で、我が母よりも、元気かと。

そんな意味ならばの、90歳ともなればの、余程の便利な場所で無ければ、全くの、1人では暮らせませんです。
買い物一つが大変ゾと。病院に行くにも、家族が居て、通えるですが。食事の準備も、洗濯の一つもナカナカにの、出来ませんです。しかるべくの施設に入ればの話で、施設になんか、好んで、入る人は極の少数派かと。
好むと、好まざるに関わらず、家族が居て、同居が出来ての、家に住めましてと。身寄りが無ければ、施設にと。大多数はソでありの、諸般諸々の理由にての、家では、面倒が見切れえへんかったりと。

での、そんな次第での、当世、世間との関わり合いを持つを拒む人が多くなってるナと。
町内会の行事一つ、義理で、厄介になってるかと。オッとの、義理なら、誰しも、義理なれどの、一切、関わらんの世帯もありましてと。
ましてやの、マンション、アパートともなればの、余程で無ければ、挨拶一つ、しいひんかと。行政にしたって、個人情報保護が何たらでの、調べるにも限度があるとか、抜かしてからに。
逃げ口上に決まってまして。
別段にの、行政だけで、やる事もあらへんの、町内会の活動がさえ、正常に行われてたら、その程度の事は、分かるわと。

敬老会で、招待状を配布もその一環かと。
組長が配りに来たり、区長がと。その際、一言、聞けば済むの話やわと。大体が、突然に消えたり、嘘を付かれてたって、町内会の面々ならばの、承知してるかと。
会話があるわと。
されどの、マンション、アパートの場合は、一寸ナと。その規模にもよるし、住人の構成にもよりまして。

イヤイヤ、ホンマやでの、年会でも無ければ、会わんの、従兄弟達にしたって、年賀状程度は出してまして。
そこに一寸した消息なんかを書いたりと。書く内容も、殆どあらへんけれどや。年賀状を出すは、生存の証拠で、戴くは、先方が生存の証拠でありましてと。
年々絞り込んでも、親族は除外はしてへんわと。
オッとの、何の話かの、斯くなるでの、近所付き合いに、親族、友人は大切に致しませんとと。

又もやの、オヤジさんとの話が消えたですがと。
イヤイヤ、斯様な、水臭い一家、家族関係では困るナと、掲載をと。
イヤ、要は、親を、年寄りを、口先では、大事と、云うてても、実質、内実、邪魔者にしてるんやと。
評論家にしたって、口先だけでして。アンタ、親の面倒を見てるのかと。見てるはどの程度かと。

での、でででの、厚生労働大臣、長妻昭君(50歳)にしたって、この状況を受けて、何を抜かしたか。
110歳以上で、年金受給者を対象に、実態把握調査を致しますと。

あのなあの、東京都でなら、男性で、最高齢が111歳。女性が此度の、113歳。
110歳以上では、殆ど、調べる気が無いを表明かと。冷たいヤツやなあと。
皆まで、云うなの、単純明快の、役人が、手間を取るが厭なだけやと。自分の親の面倒も見てへんのに、他人様の親の消息なんか、調べるは、アホらしいかと。

ホンマやでの、100歳以上ともなればの、一緒に暮らすの家族の大変さも分かるわの、息子、娘に、邪魔者扱いされてるは、見えてるわと。
年金が、ガッポリなら、年金だけを戴きのと。
そんな子が多いかと。
実は、そんな子の年齢層なるは、我が年齢層よりも、一回り程度の年配者かと。
当人も、後期高齢者年代に突入かの、世代やでと。双方、生きてタラの話で、娘、息子も自分の身さえが大変やと。
ソレを、厚生労働省も分かってえへんわの、水臭いの世代やわと。
(10/08/04)


NO.32 オヤジさんとの話(22) 矢っ張りかの話

誰とは云うのケンイチ君から、メール一発。
「次から次と奇怪な事件が起きていますね。
役所が数十年も失踪がわからなかったという。この事件で、役所の怠慢が露呈したと言えるのかも知れませんね。
吾が地域では災害時の要援護者支援で登録した人だけですが、障害者や一人住まいの高齢者を民生・児童委員と福祉委員が安否確認する体制が出来、私も近くの福祉委員と3人で6人の一人住まいの高齢者(いずれも女性)の安否確認をすることになっています。
災害発生時だけでなく、台風がやってくる前日に備えが大丈夫か、また先日は熱中症に気をつけて下さいとチラシを配ったりしています。
民生・児童委員も入院したりしたら、気に留めておられるようです。
ですからこのような事件を聞くと信じられない。なんと関係が希薄になっているのかと驚くばかりです。一番緊密な関係である親子で、このようなことが起きているのですから、子を虐待したり、親がウザイと殺したり、何がなんやらわかりません。」

ホンマやねえ。
家族関係が希薄になって来てるんやと。
事が大きくなっての、100歳以上で、所在不明が、30名ですて。<全国で、100歳以上は、約4万名>
京都でも、宇治で、1名が所在不明ですて。
されどの、そんなモンとは、違うやろなあと。
思てた矢先の、ン時間後には、テレビで、52名との情報がと。マダマダ、そんなモンとは、違うやろと。

それでも、厚生労働大臣、長妻君(50歳)は、110歳以上の年金受給者を対象にと、寝とぼけた事を抜かしてるですがと。アンタの親と思えば、そんなアホな事は云うてられへんわと。
長妻君は、親を見てへんのやわと。親を親とは、思てえへんの、利用するだけかと。お取り巻きの、官僚もと。
さもなくばの、110歳以上なるバカな話は出て来いひんわと。

での、モ一発、矢っ張りかの、113歳の行方不明の婆さんの話で、国民年金は戴いては無いですが、ご主人が、東京都の職員にて、都から、遺族年金に該当の、遺族扶助料をご主人が亡くなって以来の、50年間に渡って、支払おてたですて。額たるや、月額約10万円也で、ええなあ。高額やなあと。
さもなくばの、おかしいなあと、思てたです。要は、娘の弟、婆さんの二男が代行にて、受け取ってたかと。
話簡単の、そんな事なら、ウニャムニャの、ムニャの、どこに行ったか、分からんの、行方不明が一番に都合が宜しいかと。
その二男は、窃盗常習犯で、刑務所に居たですて。へえと。

での、更なる、モ一発の、100歳以上の年寄りが、行方不明で、ン十年。
ともなればの、失踪当時は、引く事の、ン十年やしナと。
とあるの、102歳の爺さんが、20年か、30年前に失踪したと、正々堂々の、顔出しにて、義理の娘と称するのが、テレビで放映されてたです。
イヤ、勇気があるなあの、されどの、他のでも、出てて、ヨクヨクの、見たら、長男の嫁ですて。
繰り返すの、長男の嫁やでと。余計に、へえと。

その嫁が、説明、解説するに、そのン十年も、ええ加減の、20か、30かが分からんの、四男が飲食店をやってて、爺様は、楽しみにして、毎日の如くに、食べに行ってたですて。
ある日、忙しくて、残りモノを出したら、以来、来んよになっての、四男は悔やんでると。平然と、喋ってたですが。

この話、失礼乍らの、典型的なるの、責任転嫁でありまして。
長男本人では無くの、嫁故に、テレビ・カメラを前にしての、喋れてるかと。加えての、長男の嫁であるの概念が、一寸、ズレてて、希薄かと。
四男は、実子故に、悔やんでるの、されどの、長男の嫁が曰くに、仕方が無いですよねえ。忙しい時にはと、四男を弁護口調でありましての、あのなあと。
ソレで、しかるべくの、警察に、行方不明届なり、家出人捜索願を出したかと、問われたならばの、出してえへんですて。明日にも戻って来るかも、分からんしと。オッとの、あのなあの、明日にでもで、20年、30年かと。

とは云え、テレビ・カメラを前にしての、失踪当時の状況を喋ってくれただけでも、上等かと。
イヤイヤ、私めからしたらの、この嫁では、爺さんも居てられへんかったやろなあと。
気は使わんでも良いの嫁ではあってもナと。気を使われん過ぎてかと。飯にしたって、四男の店では結構にしてもナと。楽しみにしてか、仕方無くかは、当人にしか、分からんですがと。

での、何を隠そおの、隠す事も無いの、我が母も、結婚した直後に失踪したです。
云うたら、我が息子を嫁に盗られたの気分かと。
ソレは結構の、どこになんか、心当たりの、行く先なら、知れてるわと。母の兄宅に電話確認一発、居てるでと。フウンと、黙って、出て行ったんやでの、宜しくと。

宜しくとは、ソラ、先様にしたって、都合もあるやろしの、一日、二日ならナで、一週間も、二週間もでは、困らはるわの、何か異常でもあればの、こっちに、連絡宜しくの意での、当時なら、従兄弟もマダ結婚してへんかったしと。
してたら、居てられへんわと。邪魔やわと。母だけで無くの、伯父そのものもと。

そこ以外ならばの、柴田の親族になるですがと。
マア、無いなあと。
友人、知人も、無いなあと。一時にせよの、我が叔父宅に、行って、泊めてくれは、相当なるの、心臓ゾと。行ったとしたら、私に電話をして来るわと。
何があったんやと。

斯くなる次第での、人間模様も、様々での、性格も種々雑多での、何が原因で、何故、年寄りが失踪かは、分からんけれどの、人間関係が希薄になってるは事実かと。
年寄りの考え、実態にしたって、一緒に住んでえへんかったら、行動、言葉のパターン一つが、読み取れへんわと。
ソラなあ、単純明快の、一言でなら、ゲとなる程にの、常識外れの、プライドの塊ゾと。
しかるにの、ケンイチ君も親と同居やわと。

での、そんな次第での、オヤジさんとの話が、行方不明老人、高齢者の話が主となってるですが。
コレから先、益々の、独居老人が、増えるは、目に見えてましての、余所事とは違うんやと。
要は、冷たいの、家族関係、地域社会との、繋がりがと。家族関係にしたってナと、結婚等々での、離れてしもたら、どなんやと。
よって、嫁がと、云うてるわと。
どこぞの、長男の嫁みたいでは、居所も無くなるかと。我が子を虐待死させた娘(こ)にしたって、親父曰くに、一緒に居た頃なるは、素直なええ子やったのに、イツの間に、あんなになったかと。
オッとの、素養はあった筈と。
(10/08/05)


NO.33 オヤジさんとの話(23) 婆様に御挨拶の話

斯くなる次第の、そんな次第での、出て来る、出て来るの、行方不明老人がと。
地方自治体では、最初っから、100歳以上で調査をし出してまして。

110歳以上で、年金受給者との、バカげた範囲を設定の厚生労働省も浮いてしもたナと。
長妻君も官僚に丸め込まれず、取り込まれずに、常識的思考回路で、考えなさいネと。

での、実際問題、独居老人、同居であっても、実態把握が難しいは事実かと。
私めも、区長在任中、敬老会の招待状をば、持参で、該当者宅を訪問させて戴いたですが。当時の該当者73歳以上で、10名様。<約110世帯>
現在なら、75歳以上になってるですが。以前は、70歳からが該当なれどの、人数が多くなっての、年々繰り上げられまして。当時はその途中段階での、73歳となってたですが。
現在唯今なら、13名が該当の、名実共の独居老人は居たはらへんですが。オッとの、早いモノで、アレから5年が経つのかと。アレとは、我が区長時代やわと。
更に、5年も経てば、100歳以上が、2人になるかと。存命ならばナと。

での、私が100歳になれば、我が町内会の半数程度までは、別としての、近い状態で、100歳町内会になるゾと。
コレ又、私めが、生存ならばで、まず、無いやろと。100歳まで、生きたいとは、希望はしてへんわと。75歳辺りが一応の目安での、寿命は思うがママには成らへんわ承知やでと。

云うたら、我が感覚での、昔、大昔の、我が祖母が、生存してたの、80代と、当世の90代が一緒かなあと。何が一緒かとなればの、身の弱り具合がと。
ででの、当世、日本国は、長寿国家とされてるですが。
生活様式、喰いモノが異なってるは、衆知の事実の、中でも、一番は、医療技術かと。
ホンマやでの、昔なら、歳喰て、足の骨、大腿部骨折なんかしてみい。以て、死の宣告されたと一緒やわと。歩けへんしと。養生、静養をとされてての、リハビリなる概念が無いが理由かと。

ソレと、歯の治療技術が飛躍的で、何でも自分の歯で、喰えるです。祖母なんか、80歳では、一本も自分の歯が無かったわの、堅いモノを喰えへんわと、嘆いてたかと。
オカキ、煎餅も、お茶で、ふやかしまして。喰てたです。

オッとの、そんな話は結構の、思うに、昔と当世では、人情が異質かと。
大体が、独居老人なんか、知らんわと。私も、京都時代は若かったけれどや。祖母のお友達を承知をしてるの、お使いを頼まれ、方々に行かさせられたわと。
蜜柑一つ、二つを持って、見舞いに行かさせられたりの、入院に非ずの、体調悪くの寝込んだはるのお宅にと。

云うたら、当時、町医者なら、頼めば、来てくれやはったわと。
称して、往診(おうしん)なれどの、今時、死語かと。
ソラ、ウンウン、唸ってたり、動けん患者を病院に来いは過酷なる話の、救急車なんか、マダ、普及もしてへんの、導入なるは、昭和の38年<1963年>からかと。
あっても、救急車なんか、呼ぶは、格好がと。
近所、町内会の面々に知れ渡るし、何事かと、聞かれるし、延々の語り継がれもするしと。
そんな意味ならばの、早々に医者を呼びも、行きもしやへんしと。医者に掛かれば、相応の出費がと。

イヤイヤ、そんな次第の、昔は、近所でも、町医者でも、縦横無尽の情報網が張り巡らされてまして。
買い物一つにしたって、所謂の、今時の表現ならばの、専門店やしナと。店主が、店員さんが、固定やしナと。スーパー、コンビニが如くに、レジは結構の、毎回、違う人と違うしナと。
要は、日本社会も、便利は便利も、社会的に、人と人の繋がりが、極めて希薄になって来てるかと。

ホンマやでの、区長時代、10軒の先様に、敬老会の招待状をお配りにと、出向いたですが。
面談出来たのもあれば、出来ぬのもあるけれどの、全部手渡しの、一部は家族にではあっても、家族を承知してるの、適当なる事を云うてるか、否かは、分かるわと。

オッとの、当人の気配はあるのは明確の、単純に、耳が遠くて、「ごめんください」の、我が連呼、大声が聞こえへんだけの、勝手に上がる訳にもナの、鍵は掛かってえへんけれどや。
家族と同居と違うの、されどの、ソバに住んでまして。しかるべくの、行ったけれどの、気配はしてのと、招待状をと。
イヤイヤ、100歳には程遠いの年齢なれどや。

での、後日、実物は拝見したけれどと。
当時の衆議院総選挙で、長男夫婦と一緒に選挙の投票にと。私共、立会人として、投票所に居てたしと。
スグのソバから、車に乗せられて。車から降りるも、歩くも、大変のと。無事に投票は済ませられたですが、当人の希望故に連れて来たと思うの、周囲も大変ゾと。

しかるにの、アパート、マンションの機密性に富んでまして、結果的、困るやろなあと。
要は、外界、社会との、遮断をしよと思えば、出来るし、居留守も使えるしと。されどの、云うたら、一軒家では、居てるかどかは、分かってしまうわと。
特に、夏場は、開放状態やしと。
当人とも、多少の面識はあるけれどの、喋った事があらへんしの、家族を承知ならば、状況も聞けるわと。
すみませんねえの、耳が聞こえへんしで、そんな場合は、こっちで結構ですよと。欠席でと。

イヤイヤ、何が云いたいかの、市でも区でも、村でもの、職員が、行ってるよりは、町内会の役員が行く方が、原則、面識もあっての、話も早いかと。
町内会の役員がさえの、知らんの一家ならばの、相当なるの、変人かと。
ソラ、変人、非常識人ならばの、我が町内会にも、居てるわと。
斯くなるでの、市町村の職員も、地域の、区長なり、町内会長を大いに利用の、高齢者の実態を調査したらと、思うですがと。

されどの、矢っ張り、アパート、マンションは町内会でも、実態把握は難しいかと。ソレと、核家族化が常識になってるしと。核家族化では、核家族として、独立した方のご近所さんにしたって、前歴とするのか、中身を把握に年月をば、要するわと。
私らにしたって、ご当地に引っ越しての、30年が経つのやしと。経っても、大して知ってるとは云えへんけれどの、昨日、今日からではあらへんしと。
そんな意味で、二男も、引っ越しまして、イヨイヨの一歩から、その地で、社会的繋がりを構築して行かんならんのやと。

での、ででの、彼女の実家にも、婆様が居られまして。
我が母と、2歳下らしいかと。
イヤイヤ、実はの、最初の御挨拶の際、先様の玄関に入るまでの、庭先とするのか、玄関先から見えるの部屋に居たはりましての、ご両親に御挨拶の前に、御挨拶させて戴いたです。

婆様には、柴田と申します。宜しくお願い致しますと、予行演習的、御挨拶をさせて戴き、我がガチガチの緊張も一気、解(ほぐ)れてしもてと。
余所様の事は知らんけれどの、私なら、年寄りは、緊張を解させるの効能がありましてと。
要は、オヤジさんは、この手の顔かと。
での、実際には、どやったか、定かに非ずの、婆様のご尊顔はシカとは、覚えてえへんわの、むしろの、彼女に似てたかと。
オッとの、彼女が、婆様似かと。パっと見、瞬時、そんな印象をと。
(10/08/06)


NO.34 オヤジさんとの話(24) 年寄りについての一般論の話

斯くなる次第の、そんな次第での、ソラなあ、存在不明の高齢者問題も、放浪癖があったり、認知症で、徘徊されたりと。
一番に困るは、認知症での、徘徊かと。

親の手足を縛(しば)る、括(くく)り付けるのわけにもいかず。
24時間体制で、監視も出来ず。
当世、ケータイの、GPS機能で、居場所を知る事も出来るですが。
ケータイを持ってくれたらの話であっての、その他の装置で、やるも出来るですが。当然にして、費用発生での、只では無いしと。されどの、左程の高額でも無いですがと。

幸いにして、我が親族には、放浪癖、認知症は知らんしで、結構なれどの、認知症を患われたら、家庭では面倒見切れんわと。しかるべくの、施設に預けられるなら、預けた方がと。
イヤ、大変であるは、実体験、実情をば、方々から聞いてるわで、想像するだに、桁違いで、やってられへんわと。
とは云え、施設も満杯状態での、順番が回って来た頃にはナと。

イヤイヤ、彼女の里で、婆様とお会いした時には、安堵感を覚えたですが。
ソラまあ、諸般諸々の、色んな考えはあるですが、マズは、一室をあてがわれての、元気で、息子と、家族と、一緒に暮らしたはるです。
ダケで充分と違うかと。
アトは、細々、話を聞く必要性があらへんわの、結婚式に、婆様はどしゃはるかだけが話題になったですが。
オヤジさんからの話であっての、曰くに、バス一台をチャーターしてとの想定での、されどの、遠いしなあと。連れて行かへんにしてるですて。左様ですかと。

イヤ、相応に元気なら、動けるなら、孫でも、曾孫のでも、結婚式に出られるなら、出て上げたら結構の、お目出度いの話やわと。
只ナで、余所事とは違うの、状況によりの、家族は大変ゾと。
元気でと、評したけれどの、庭先で、掃除、杖無しで、散策でもしたはるのでは無く、部屋で、寝たはったのでも無いの、窓を開けて、座っておられたしで、挨拶したのでありましてと。
寝込んだはったら、元気とは云わんの、ダケでして。
実際の日常的なるは、家族にしか分からんわと。

ソラナア、年寄りの性格にもよりの、多少の具合が悪くとも、結婚式に出たいと云うのも居てるの、そやけどナと、説得して、聞き入れるのと、無視もありましてと。
多少の介護がさえあれば、自力で、殆どが出来る年寄りと、自力では出来ずのがありましての、自力で、出来ずのを、親族として、一緒に参列は大変ゾと。

ハタ目からなら、居たはったら、参列させて上げたらええのにと。
思われるは、重々承知で、云うてるの、ホナラの、その人が、全部の面倒見てくれるであらへんわと。云うたら、アカチャンと一緒で、アカチャンなら、親で、母親でなければ、収まらんのやと。
最後まで、責任を持ってるは、親なんやと。自分の子故、当然なれどの、アカチャンの場合は、母親を招待で、アカチャン入場禁止ではナで、全然の、分かってえへんのやわと。
それさえが、分かってえへんのも多いのやと。分かってえへんとするよりも、気が付かんのがと。分かってえへんから、思い及ばず、気が付かんのやけどと。

イヤイヤ、クレグレもの、誤解無きよにの、ソラ、爺さん、婆さんが孫の目出度い席に出られるは、結構な事であるは、重々承知の、目出度さに、華が添えられるわと。
されどの、自力で動けずとなればの、周囲が大変やと。
よって、時には、聞く事もあるです。入院してくれてて助かったと。何の水臭いもあらへんの、正直なるの、本音やわと。重々に理解出来るわと。
オッとの、入院も重大なるのでは無いの、持病での話やでと。

ソラナア、転けて、骨折でもされたら、大変ゾと。
イヤイヤ、年寄りが居たら、常に心配はつきまとうわと。

ホナラの、我が母なら、どするかとなればの、絶対に、参加と云うやろと。説得するだけ、無駄でしてと。
一切のそんな話はしてへんの、万事、行くが前提で事は、話は進めてるです。

ソレこその、入院しても、行くと云うかと。よって、最初っから、覚悟してるわの、前回、長男の際でも、大変やったけれどの、あの時には、杖とは違うの、大腿部骨折の前での、自力で歩けてたですが。
云うたら、滋賀の姪の時には、大腿部骨折してて、結婚式に出たいがため、直前に退院にて、連れてったですが。杖と、車椅子をと。
準備をしてと。結果的、車椅子は、教会にあっての、披露宴会場では、車椅子は使えず、杖と相成ったですが。安全のためと、杖も持参で良かったわと。
云うたら、何やけれどの、最初っから、聞いてたんやでと。車椅子は使えるかと。使えると、聞いたが故に手配したんやでと。
イヤイヤ、そんなモンなんやと。当事者にしか、分からんわと。

されどの、親族とは云えどの、我が姪の時やしで、マダマダ、気楽やわと。
此度は、新郎の両親として参列するに、母の面倒をば、どこまで、見られるやと。長男であり、妹にでもと思うけれどの、長男は二人の子どもが居てるしの、娘であるの、妹にでもとなるけれどの、どこまで、やってくれるかが、分からんわと。
ソラ、無理も無いの、妹宅にも姑さんが居たはるけれどの、名実共の元気やわと。自力で何でも出来てるわと。

その姑さんが、姪の時には、我が母をば、面倒見て上げると、云うてくれたはったですが。ソレ程に元気なれどの、よって、宜しく、お願い致しますねえと。
とは、頼みはしたけれどの、実際問題の、私等夫婦が居てて、ご厚意には感謝の、厚かましくの、トイレ一つ、任すは出来ひんわと。結果的、嫁はんが大変なんやと。
男の私が、女子トイレに付き合えへんしと。万事、ソなんやと。

そんな意味ならばの、四国の義母は、我が長男の結婚式の際にも、遠慮しとくと。
イヤ、体力に自信が無いしで、周囲に迷惑掛けてもナと、義姉、嫁はんが、説得したですがの、来ませんでねえ。
私からしたらの、義母の息子夫婦、娘一家の、孫<一家>、孫娘の将来の婿はんまでが来るのやしで、安心やのにと。こっちにしたら、コレ程の面々にて、来るは、早々に無いのにと。
思てたですが、二男の際にも、来やへんなあと。

ホナラの、結婚式が、京都で無くの、四国であったり、伊勢でとしたら、我が母、ど云うかとなればの、替わらんやろと。単純に行くと。
大丈夫かと、尋ねたならばの、大丈夫と。道中どなんかと、問おても、車なりに、乗ってるだけやろと。
返答するに決まってましてと。
よって、一切の、余計な話はせずの、万事、参加を前提やと。

オッとの、とっとの、そんな事で、母も、滋賀の姪の結婚式が終わっての、帰ってからが、大変やったんやでと。
ヒイ、風、ハアの、ミイの世と。シンドイ、シンドイと。
私らの責任みたいに、云われてねえ。
堪忍してクレと。
年寄りとは、そんなモンやと。思うよになってくれるは、極々の少数派。
(10/08/07)


NO.35 オヤジさんとの話(25) お盆の話

お盆の時期。
当家では、毎年、光圓寺さんに来て戴きまして。読経をお願いしてまして。
お盆の真っ直中は、とするのか、8月15日では、ワザワザのお越し戴くは無理難題の、我が一家は、四国に居てるしで、事前とするのか、8月の初旬にと。

そんな次第の、本日、8月7日に来て戴きまして。
イツもなんやけど、来て戴くが何時かが、分からんでねえ。
老師様が、ケータイを扱われるで無しの、最寄りの駅、並河駅に着いてから、公衆電話一発、着きましたと、電話を戴き、車で、お迎えに馳せ参じるですがと。

正直、コレも困るんやでと。
時刻表を見乍ら、コレやろか、コレやろかと。着いて、5分、10分も経てば、次ぎかなあと。
思えば、15分、20分、25分と、経ってから、電話が掛かって来たりして。
老師様としてるは、お若くは無いしで、最早の後期高齢者年代故に、電車から、降りられ、改札口を出られまして。電話ボックスまでの、所用時間が掛かるのかと。
私等なら、そこまでに、1分とは掛からんですがと。

イヤイヤ、ン十年の昔になるですがの、一度、脳梗塞で倒れられまして。以来、一寸、手元、足元がで、杖を一本突いて居られるですが。
正直、正直、来て戴くに、お帰りになるに、道中、何事も無いを祈ってるです。モ、ボチボチ、若坊(わかぼん)さんに交替してくれやはってもええのになあと。
イヤ、居たはるは承知の、お寺さんに行った際、法事にて、一度か、二度、お会いしたかなあの程度やしと。

での、昔は、昔も、二年は経つかの、前々回の頃には、鞄を手にされてたですが。
昨年より、首から、ブラ提げるの方式の鞄、小物入れにされまして。
余計な話の、失礼乍らの、頑固でねえ。鞄を預かるに拒否される事もありまして。結構と。首にブラ提げられてたら、お持ち致しますも、出来ひんしと。
或いは、送りしなには、プラット・ホームまでは、別としての、乗車券の自動販売機か、改札口辺りまで、お見送りの、お付き合いするにも、車から降りた、その場で、サイナラ、されまして。
ソラ、降りられて、ハイ、サイナラも、水臭いとするのか、失礼かと、思うが故に、丁重にと、するにも、そんな次第での、アッサリ、されてると云えば、されてるですが。

での、大体は、11時台に我が家にで、冷茶、和菓子等をお出ししまして。約30分の読経方々、ホンの僅かな、世間話をしまして、お布施を出したら、即の、お暇されるですが。
イヤ、この老師様、口数が極端に少なくての、話題造りに大変なんやでと。

此度は、今話題の、高齢者の失踪事件をチラとしたですが。
光圓寺は、松原通りの、西洞陰東入るにあるですが。実情は、我が町内会と一緒の、兎に角、町会長<我が町内会でなら、組に該当かの、約40軒>も輪番制になってましてと。
イヤイヤ、その昔なら、町会長ともなればの、十年、二十年と。下手したら、ン十年、ン百年と、継続的に勤められましての、その界隈、町でなら、屈指の、エライさん、名士でしか、勤まらんかったんやと。
ソラ、名誉職での、町会長が、何か云うて来たなら、へえの、何事かの、一大事の、頼まれたら、断るも出来んの存在かと。
そもそもが、町会長が直々には、来る事も無くの、代理とするのか、副町会長かと。よって、直々にはナと。

モっと、云うたら、ポッと、引っ越して来ての、町会長なんかに成れる筈が無いわと。
での、老師様曰くに、来て、3年はと。経たんと、一寸ですねえと。
一番に困るは、マンションが建って来て、そこの住人が、解りませんと。そもそもがの、町会費さえ、払わんの、仲間に入れて戴く事も無いと、される方が多いらしく。

と云うのか、出入りが激しくてと。
ソラ、学生も居てるし、一人暮らしの老人もと。子ども達が独立してしもてと。連れ合いも無くされての、未亡人が圧倒的多数ですて。ン、良く分かるですと。

そんな意味ならばの、お盆になって、読経をと、される家は年々歳々、少なくなって来てるの、昔が如くの、方々掛け持ちでの、坊主大忙しの、丸儲けの時代では無くなったですて。
とまでの、話は無いけれどの、フウンの、さもありなんの、我が町内会でも、果たして、何軒がと、思うです。
その昔、京都時代ならばの、大体が、お盆の時期、8月15日辺りの一週間に集中の、更なる昔ならばの、坊様は歩いて。そして、自転車、バイクにと。
そして、車と変遷したですが。
今時、車も駐車場所が大変かと。

オッとの、家の機密性が乏しく、読経、鈴(りん)の音が、聞こえてたですが。
当世、聞かへんなあ。そもそもが、仏壇のある家が少ないかと。
云うても、この界隈の、余所様のお宅に上がる事があらへんですが。何軒かはあるけれどの、上がった間にあればの話で、あれば、別段にの、仏壇に注目せんでも、見たら、分かるわと。
ソラナア、親族でも無いの限りは、仏壇のある間に入る事もあらへんしで、我が家なら、居間にドンとあるけれどの、正確には、所謂の仏間があらへんしと。

余計な話の、その昔ならばの、長屋の、路地の奥の、狭い家。
間借りであっても、ドンと、部屋のド真ん中に、仏壇がと。如何に、狭くとも、小さくとも、形だけであっても、設えてあったですがと。
その昔とは、我が子ども時代を云うてるです。子ども故に、友達宅には、遠慮せずの、ドンドンと、奥深くの侵入したしと。

オッとの、との、そんな事で、別段にの、お盆真っ直中でも可能ですて。
云うたら、当世、そんな事で、とは、仏壇、ご先祖様に読経なるは、時間を潰すの観念にての、自分のレジャーが第一になってるかと。
イヤ、ソかも、分からんの、只ではあらへんしと。

とかとか、そんな全部を、老師様とは、喋ってえへんの、クドイけれどの、口数の少なくての、困るの老師様なれどの、珍しくの、一寸だけ、能弁になられまして。
よって、読経が終わってからの、再度の冷茶をお飲みになってるの合間、合間と、お送りするの、道中であるの、車中での、ホンの5分程度の話やでと。
(10/08/08)


NO.36 オヤジさんとの話(26) グの、愚と、我慢の話

イヤイヤ、連日の猛暑で、我慢大会。
オッとの、老師様に読経をして戴くに、受入体制なるは、万全の、チャンと、エアコンも稼働させてるわと。

しかるにの、年に何回のエアコン稼働かと。母の部屋以外なるは、何回と、数えられるの回数かと。
考えてみたら、勿体ないの話やなあと。来客があった時、だけやしナと。来客には、息子共も入ってるわと。息子共故に、タマには、稼働させるを忘れてる事もあるの、孫娘、孫が居たなら、忘れる事も無いけれどと。云うても、コレ又、年に何回かと。

イヤイヤ、ホンマやでの、勿体ない、勿体ないと、電気代が勿体ないと、我慢大会をしての、折角のエアコンを年に何回の話ならばの、一回の稼働当たりの減価償却がバカ高くなっての、本当に勿体ないの話になるのかと。
実際問題、さりとての、安直に動かしてたら、電気代で、破産かと。難しい話やなあと。

での、考えてみたら、その昔ならばの、エアコンの無い時代。
当時の老師様、光圓寺の坊様が来られたら、祖母なるは、世間話をし乍らの、団扇で、老師様を扇いでたです。当然にして、読経の間もで。説教の時間もで。
その当時の老師様、現在の老師様のオヤジ様なれどです。説教が長かってねえ。居たはるの時間の、総合計、30分では終わらんの、1時間は軽くの突破の、その軽くの1時間をば、祖母は、ユックリ、ユックリ、団扇で、老師様に風を送ってたです。ついでに、ソバの私等にもで、考えてみたら、凄いの修行やなあと。

イヤ、或る意味、自分の仕事、任務、責務が如くにしてたかと。
替わったろか。ええ<いらん>と。
扇風機もあったですが。今時のと、違うの、ブウン、武運の、ぶんぶんと、音が凄いしで。読経が聞こえへんのと、ハタマタの、ロウソクの火がと。障子等は全開放の、元々が、スカスカの機密性もあらへんですがと。
よって、季節になれば、読経の声が、方々から聞こえたですがと。

どっちにしたって、我がご幼少時代、1時間もは苦行ゾと。祖母に習いの、正座をしまして。
終わっても、立てへんわと。
オッとの、お寺さんにまで、お迎えに行く必要性は無くの、歩いて、5分かと。ユックリ、ユックリでも、10分もあればと。
での、現老師様が当家に来られるよになったは、ええ加減の、多分ならばの、亀岡に引っ越してからかと。先代が亡くなってからでしてと。

そんな次第での、当世、色んな意味で、住宅の機密性が高まりの、余程で無ければ、余所様が、お盆をされてるかなど、分からんわと。一々、監視もしてへんしと。
兎に角、我が家でのお盆はと。
での、墓参は別途、致すの予定の、長男一家が、来る予定があっての、ホナラの、その辺りに行こかにしてるです。

オッとの、そんな次第の、行方不明老人問題、幼児虐待問題の原因なんか、誰もが、承知してるかと。
そもそもが、個人情報保護なるは、行政の面倒臭いを象徴の、肝心の個々人にしたって、勝手な時には、個人情報としてまして。黙秘権を使いまして。

そして、高齢者の子にしたって、行方不明で放置には、矢っ張りかの裏があっての、年金がと。
入って来るなら、勝手に行方不明なんやしで、放置でも結構の、コレが、生命保険でも掛けられててみい。別段に、子ども達が掛けてくれる訳は無くの、当人に決まってるですが。
イヤ、子どもが親の生命保険を掛けてくれてるの前例を知らんわと。
我が家なら、障害保険なら、掛けてるですが。怪我されたら、大変やしと。
での、ででの、生命保険が掛けられてるを知れば、必死に行方を捜すかと。額にもよるですがと。

そして、幼児虐待も、連れ子がやられるは、古今東西、昔、昔の、大昔からの、世の常、人の常の、むしろ、ソレをシカと認識してる事の方が、我が子同様に育てるになるのかナと。
それを、実母が、実子をやるは、鬼畜米英の、人間とは思えへんの、畜生の方が母性があっての、鬼の素養があるとしてるですが。当人にも、暗い過去があったかと。
イヤ、実情は知らんけれどの、我が子を餓死させたの母親のオヤジさん曰くに、一緒に暮らしてた頃は、そんな子では無かったと。結婚もしてへん、子どもも居てへんのに、そんな子であろお筈が無くの、失礼乍らの、そんなオヤジと違うかったんかと。

そもそもが、10歳辺り以下のでは、大人が子どもの全てを支配をしてまして。
その辺りを突破で、中学生、高校生にでもなってみい。相応の人格が形成と、腕っ節が、下手したら、大人を凌ぐ場合もあっての、ソは易々とは、料理されへんわと。
どっちにしたって、社会との、繋がりが、貧弱になってるかと。
社会も、ナカナカに、受入へんの傾向にありましてと。何でもが、金、カネ、金の、世の中になりての、殺伐としててねえ。

イヤイヤ、「オヤジさんとの話」で、他の事ばかりを掲載の、ボチボチ、本題にと。
本題も、実は、家族関係の事なんやと。
我が子が結婚して、易々と離婚されたら、困るしと。孫が、孫娘が出来たら、精々、会いたいしと。

云うたら、会うの間が開いての、我が顔見るやの、抱いてやっての、泣かれてみい。ドツイタロかと。
心底思うの、グと、愚と、グの、我慢してるわと。
私が叩いたり、意地悪したり、つねったり、したかと。イザとなればの、我が身を犠牲にしてでも、助けてやるの、覚悟はあるゾと。こんなに泣かれてもと。
厭と、払い除けられ、逃げられてもと。理由は明々白々故と。

云うたら、誰もが、ソなんやと。
我が親でも、絞め殺したろかと。日に何度。
とまでは、別としての、思いはしたって、実際に手を出し、転けられてもナと。転けられただけでも、致命傷の、あっちも、こっちも、大変ゾと。

孫娘、孫にしたって、泣かれて、どついたろかと、思たって、サテのどこをで、首から上は絶対にの、尻が無難に決まってるの、尻を叩いたって、オシメをしてるしなあと。
叩いて、現物でも出て来てみい。後処理をするが、大変ゾと。

オッとの、とととで、思うは誰もが、思うの、実際の行動にはしやへんが、理性でありの、人間性かと。
要は、グと、愚の、グッと、我慢が出来るかが、境目なんやと。大抵の人なら、我慢が出来てるわと。そやないと、子どもは絶滅危惧種となりの、人類滅亡かと。

イヤイヤ、でででの、私め、彼女の妹が気にいっててねえ。
最初、化粧がド派手の、ギャル曽根かと。されどの、3人の息子を育ててまして。2度目は、左程の化粧でも無くの、兎に角、結納の儀のアトで、闖入、乱入の際には、父の日やしと、どら焼きをと。
実の父をホッタラカシの、私に、ハイと、くれてねえ。憎めえへんの娘(こ)やなあと。オヤジさんも、こっちには、無しかと、心底、愚痴の、この娘には、お手上げ、負けっ放しやろなあと。

イヤ、伊勢に行くの道中、彼女のケータイに電話があっての、妹からで、参加してもええかと、打診があったです。
ソラ、正直には、当事者以外はナ。
なれどの、あの娘なら、まあ、ええかと。彼女には、諾と返答の、場が賑やかになるやろしと。只なあ、結納の儀の本番中は、静かにしててくれよと、念じてたですが。
流石に、その場は避けたかと。

オッとの、婿はんにも、お会いしてるの、結納の儀の場に、一家全員闖入でと。全員とは、語弊の、婆様、姉様は来たはらへんですが。
今風の、ナカナカの男前でありまして。
とりあえずは、場に入って来たしで、ええ機会やしと、当方から、自己紹介しよとしてるのに、逃げてねえ。照れ臭いは分かるの、一寸、こっちを見てくれ。話を聞けの、自己紹介をば、させてクレと。
無理矢理に、してしもたですがと。
(10/08/09)


NO.37 オヤジさんとの話(27) 従兄弟を早くの話

連日、暑いねえ。熱中症で、倒れソやなあと。
イヤ、チャンと、水気は摂ってまして、大丈夫なれどの、摂り過ぎてもねえ。カラダが気怠(けだる)うなるしで、考えモノかと。

での、過日。
何でも、過日にしておくが、無難やしと。
オッとの、その過日、嫁はんに、荷物<里へのお土産>を送っといて欲しいと。ヨッシャと。
ソラ、一家全員がお世話になるのやしで、里の方々に相応のお土産を準備の、されどの、数が多いんやと。
私等は、長男の車に乗せてもらうの予定なれどの、孫娘、孫の荷物だけでも、大変ゾと。トヨタの、NOAHも案外に荷物は積め込めへんわと。
オッとの、後部座席に私等夫婦が乗るためやと。荷台が確保出来ませんです。

二男と彼女、ええ加減に入籍したら、法律上、夫婦なれどの、現在唯今、同居をしてるだけの、法律上は、何でも無いの、世間的、同棲かと。
での、この二人は、仕事の都合にて、アトから、遅れて、来る予定やわと。

用事は、だけでは無くの、だけとは、宅急便で、荷物を送るの手配だけでは無くの、お金を下ろして来て欲しいと。
ンと、軽くの返答致しまして。通帳と、カードを預かりまして。
フと通帳を見たら、京都銀行のケースに、「J」なんたらと。
ンの、JAの通帳が新しくなったかと。パスワードは、何々やナと、他と一緒かと、確認の、ソやと。

での、順番的、道順的、迷いに迷いの、どっちからでも、一緒やしで、とりあえずは、JAに行きまして。ATMで、頼まれた額を下ろしての、コレはすんなりとで、所定の金額をば、JAの袋に入れまして。
サテの、通帳に記帳するに、受け付けてくれへんでねえ。何度やっても、受け付けてくれへんでねえ。
窓口にと、表示がされて、コレは大変と、通帳が故障したかと、早速にも、2階の窓口に向かえば、順番の紙を取れとなってるしで、取ったならばの、窓口には、妙齢でも無いの、女性が、あっちですねえと。
あっちとは、どっちかの、順番の紙を取る場所が2箇所あっての、あっちかと。
兎に角、ガラガラで、ダアレも居てへんしで、気楽なモンやと。
考えてみたら、既に、お盆の時期やしなあと。

そんな事は結構の、順番取りの、紙を取ったは、「JA貯金」の方やし、こっちでええのと違うかと。イヤイヤ、双方、待ち人、「0」でして。
怪訝な顔してたら、どっちでも、ええみたいで、「で、何ですか。」と。
イヤイヤ、通帳は手にしたままで、乗り込んでるですが、ATMで、記帳するに、受け付けてくれへんのですがと、訴えたならばの、妙齢でも無いの女性曰くに、「磁気テープが壊れてるのですかねえ。」と。
「ソかも、分からんですねえ。」と、返答の、通帳を手渡せば、チョイチョイの、記帳をしてくれまして。オッとの、ホナラの、磁気テープは異常が無しかと。

で、別途の、妙齢の美女から、記帳されたの、通帳を受け取りの、彼女に尋ねるに、何で、記帳を受け付けてくれへんかったのですかねえと。
美女、曰くに、返答するにの、コレは、「ゆうちょ銀行」のですねえと。
私め、委細構わずの、ATMでは、受け付けてくれましたよと。
ハイの、キャッシュ・カードで、出すのは、出せますが、記帳はダメですねえと。ホナラの、ATMでは出せても、記帳は一々の、窓口に来ての、して貰わんとアカンのですか。
ハイ、そですねえ。
コレは、「ゆうちょ銀行」のですし。
フウンで、全然の納得の出来んがままに、退散の、再度の、通帳を確認したなら、手数料、105円也が記載されててねえ。
ンと。

全容、やっとで理解の、真っ赤っか。
イヤ、独断と、偏見、思い込みの、ゆうちょ銀行<JP>の、通帳と、キャッシュ・カードで、農協<JA>に乗り込んだんやと。
ソラ、記帳は受け付けてくれへんわと。
妙齢では無いの窓口女性も、云うてくれたらええのに、「磁気テープ」がと、云うしで、全くのと。イヤイヤ、正直、妙齢の美女は、「ゆうちょ銀行」が云々と、云うたですが、全くのと。聞いてえへんかったなあと。

イヤイヤ、正確には、聞いてたですが。
JAと、JPの区別が付いてえへんかったかと。イヤ、嘘やと。
単純なるの、早合点の、思い込みの、思い込みも、徹頭徹尾の、寸分の疑念無くの、ガチガチのと。
ソラナア、多少なりともの、気が付いてたら、間違いなくの、郵便局に行ってるわと。通帳も変やなあと、思てたですが。新しいのは、こなんかなあと。

さもなくばの、トンチンカンなる、質問なんか、するモンかと。私からしたらの、新しい通帳は、記帳するに、窓口でなければアカンのかと。
当世、振り込め詐欺も多いしと。オッとの、振り込め詐欺と、通帳記帳に何の関係がの、マタモヤの、システム上の問題かと。不便にしたら、顧客が離れるゾと。
その程度にしか、聞いてえへんかったなあと。

での、結果、嫁はんに何と説明をの、大金、105円もの手数料を取られたの顛末をと。
正直に、勘違いしたとしか、弁明のしよがあらへんわと。
しかるにの、郵便貯金の通帳なら知ってるわの、横開きやったかと。色も、デザインも、此度のとは、全然の違うの、よ考えたら、分社化以前のやったナと。

オッとの、そんな事での、別段にの、痴呆症、認知症、熱中症にはなってえへんですが。
ここまでには、気が付かんとナと。せめてもの、通帳が何処かは、チャンと見ませんとと。
アチラ様からなら、この暑さの影響か、ハタマタの、変人かと。もしかしての、知恵遅れの中年かと。大体が、余所の通帳を持って来て、記帳が出来ひんとか、何で、出来ひんのかと、支離滅裂の話をしてからにと。
コレで、モ一歩、突っ込んで、出来る通帳にしてくれ等々、迫ったならば、即の、救急車を呼ばれるか、パトカーが来るのかナと。
オッとの、ソレにしても、JAのATMで、ゆうちょ銀行<JP>のキャッシュ・カードで、お金が下ろせるのやねえと。

でででの、話を変更の、元に戻しての、「オヤジさんとの話」
オヤジさんも、ええけれどの、妹がと。
二人して、口を揃えて、曰くに、請求するに、マズは、妹が、早よ、従兄弟を造ってやと。遅れたら、歳が離れるしと。
イヤイヤ、その通りで御座候の、正直なる話の、余りに歳の差が開くと、話も合わへんゾと。

云うたら、何やけれどの、我が、柴田の方の従兄弟なるは、年齢差が有り過ぎて。
イヤ、現在東京方面に居てるの、オヤジの妹の子、三兄弟なら、ホボの同年代なれどの、東京やしなあ。元々は、大阪に居てたしで、大いに遊んだですが、私が小学校を卒業までに、引っ越してしもて。
他の従兄弟、オヤジの弟のは、一番に近いのが、私が高校生時代に産まれまして。10歳以上離れたら、一寸、辛いモノがありましてと。
されどの、不思議に、こっちが、40代、50代と年齢を重ねれば、気にもならんよになるですがと。

オッとの、そんな次第の、どちらかとなればの、場にもよりの、口にしたくとも、判断難しくの、一寸ナと、避けるよな事をば、妹は、ズバリと口にしまして。
そんな意味で、一気、場が和むかと。
イヤ、元々が和んでるけれどの、尚更にと。
オヤジさんも、そやでと。早よ、造りやと。
私等も、そやでと。
(10/08/10)


NO.38 オヤジさんとの話(28) 弟以外は見たの話

この時期、お盆の時期。
我が町内会も、出来て、約の30年が経つしなあ。云うたら、そのまま、加齢の、爺婆年代。
ソラマア、新婚さんで、引っ越して来やはったり、子どもが居て、引っ越して来たり。
我が家の場合、子どもが出来てから、引っ越して来てるですが。云うても、1歳、2歳。
結果的、息子共の同級生、先輩、後輩が多いかと。多くとも、実家に居てるは、極の少数派で、殆どは、出てまして。

での、方々で、ギヤア、ギャア、ワアン、ワンの泣き声、悲鳴がと。
一気、真夏の真っ昼間と云わず、朝から、晩までの、公然たるの、異常事態発生のと。
幼児虐待町内会に変貌かの、イヤイヤ、お孫さんが来たはるが一発、丸分かり。

にしても、爺婆も可哀想やなあと、同情致すです。
多分なら、嗚呼、来たかと、抱っこで、泣かれて、悲鳴を上げられてと。されどの、若干でもの、時間が経てば、静かになっての、もしかしたら、主人公なるは、寝てしもたかと。

での、ででの、どことは云わんの両側の、お隣さんにしたって、その昔、遂の以前までは、そんな事やったのが、最近ならば、聞こえても、ドンドンと、家の中での駆けっこの音か、ワアワアと、どっちにしたって、ホタエテルの声が、音がと。
要するにの、アカチャンから脱皮したんやと。脱皮も、最早の小学生年代かと。

オッとの、そんな次第の、常は、超の静かな町内会、隣り近所が、俄然賑やかになりての、結構な事かと。
我が家にも、五月蠅いのが、帰って来るですがと。
イヤマア、静かも、向かいのガレージでの音が、犬の吠えるのが、五月蠅いけれどの、文句は云わず。どことは云うの、躾のされて無いの、ヤツの犬なんか、五月蠅いゾと。
私が犬好きやから、文句の一つも云わんですがと。

での、お盆の里帰りの準備も万端とは、ナカナカにの、嗚呼、アレを忘れてる。コレが不足してると。嫁はんがと。
お土産の数は、替わらへん筈やのに、毎年、不足気味での、急遽、私めが、買い足しにの、便利屋はんでしてと。

イヤイヤ、早々に、勘違いの、思い込みの、アトで、気が付きの赤面は致しませんです。
での、での、此度は、「小倉山荘」にと。
でででの、何故か、店の前には、車が一杯の、こんな状態、知らんゾと。イヤ、店には、何度か、来てるの、「若菜屋」の隣りでの、先日には、光圓寺の老師様に来て戴くがための、京菓子を買い求めたですがと。

マアナア、季節柄、お盆やしで、里帰りの手土産でも調達にかと。イヤ、知らんけれどや。一々、用件、目的を聞いてえへんしの、見たら、店の隣りには、「小倉山荘」の駐車場がありましてと。チャンと、「P」と明記がと。
ホナラと、確認の、ええ、構いませんの、駐車場ですと。
イヤ、もしかしての、従業員用のなら、遠慮しとこかの、別段にの、邪魔に成らぬの、この界隈、工場地帯で、塀の片脇ならば、道に停めても、駐車違反にもならへんですが。

云うても、停められるの台数知れてるですが。三台分で、一台分が、空いてまして。空いてえへんなら、聞かへんけれどや。
何もワザワザの、所定の駐車場に停める事も無いにしても、コレだけの台数、10台程度が路上駐車されててみい。通行人も、車の通行にも、邪魔やでと。
事故でも起こってみいと。アルなら、空いてるなら、敷地内の駐車場にが無難やわと。
と、心配するよな、車の交通量、人の行き来は無いけれどや。田舎の工場地帯やしと。

オッとの、そんな次第の、様子は外からでも分かるの、店内にも、人が一杯の、どしょかと。
迷てる場合で無いの、大人の使いで、大入り満員で、買わずに、帰ってしもた。
とも、云えへんわと。

イヤ、ホンマやでの、狭い店内、来客一杯の、軽くの10名様以上の、15名様程が、立ったはってねえ。
並んだはるのかと、適当なご婦人に尋ねたです。「最後尾は、どこですか。」と。
ホナラの、並んでませんよの、皆様、注文の品を待ったはるだけです。ドウゾと、気にせず、店員に注文をせよと、促されてねえ。へえと。すみませんねえと。

店員さんには、何とかの、幾らのを、ン個と注文をと。
イヤイヤ、出るまでには、嫁はんからは、コレコレの、安全のため、ホーム・ページでも、調べてるの、淀(よど)み無くの、注文しまして。ホナラの、問われるに、自宅用ですかと。イヤ、お土産用ですと。そしたら、包装が要りますねえと。当然やと。
までは、云うてえへんの、宜しくと。
にしても、こんなに高価なる、おかき、煎餅をば、自宅用の、要はオヤツに買うのが居てるのやなあと。

での、暫し、適当にお待ち下さいと、云われて、ハタと、後方の座る場所を見たら、見た事のあるの、イヤ、誰とは云わんの、同じの町内会に居た人がと。
イヤイヤ、過日、近くではあるですがの、引っ越さはった、ご婦人がと。嗚呼、お久し振りの、元気したはりますかと。イヤ、70代のご婦人やでと。
での、隣りが空いててねえ。皆様、立ったはるしで、ホナラと、座らせて戴こかと。暫しの歓談をと。

でででの、そんな次第での、結果的、彼女の妹の婿はんとも、お会い出来まして。結果的、彼女の家族では、弟を知らんですが。東京在住での、結婚式当日にしか、会えへんなあと。
云うたら、三姉妹は、親の近くに居てまして。末のは、近くも近くの、同居での、姉二人は、離れてるとは云えどの、一番上は、休みになれば、帰ってるらしく。帰れるの距離であっての、彼女も、事あればの、帰ってまして。帰れるの距離やしで。
肝心の息子が一番に離れてるかと。

とまあ、そんな話はしてへんですが。
云われんでも、聞かんでも、息子の事は、分かるわと。
(10/08/11)


NO.39 四国香川への里帰りの話(1) 人数、益々増えての話

どこ様とは、云わんの、町内会では無いの、どこそこさん。
息子一家が来るのやと。孫も一緒にと。
何日も以前より、気色満面の、待ったはったですが。
イヤ、予定通りに一家は来たですが。泣き声等々、騒がしい事で。爺ちゃん、婆ちゃんは、各々に孫を携え、散歩にでも出たのかなあと。

そして、とあるの、夜。
奥様がと。
我が息子一家が来た日に、フルーツ菓子等を持って来てくれやはってねえ。嗚呼、有り難う御座いますと。
で、お孫ちゃんはと、単なるの、世間話的に尋ねたなら、人攫(さら)いに会おてねえと。ンと。
イヤイヤ、正真正銘の、人攫いに非ずの、拉致されたですて。オッとの、コレ又、表現、難しいけれどの、盗られたですて。
ンの、平たくの、分かり易くならばの、嫁の親が、引き取りに来たですて。へえと。何での、ホンマですかと。
孫だけを引き取りでは無くの、要は、一家をば、こっち<嫁の実家>に来いと、来たですて。へえと。

凄(すさ)まじいなあと。
実話かと。
イヤ、実話なれどの、よお、やるなあと。ソ云うたら、一気、静かやなあと。
とは、思たですが。お孫さんも、慣れるが早いのかと。羨ましいしいなあと。
と、思たは、大間違いやったみたいでねえ。
息子一家が何処に住んだはるかは、知らんですが。嫁はんの里も、どこかは、知らんですが。要は、どちら様とも、同居では無くの、独立したはりまして。

イヤイヤ、話でなら、聞くですが。
嫁の親が凄まじくと。
されどの、ワザワザの、婿の里に行ってるのを、その里、親元に訪れてまで、連れ戻すかと。
その、行動力、実行力、云い放つの度胸とするのか、常識外れではあっても、云うた方の勝ちの、やり得かと。怖い、親御さんやなあと。
嫁の里に行くの予定が無いならやけど、あるのにと。そこまでするかと。

コレ又、序の口とするのか、この手の話は良く聞くです。
嫁の親が、入り浸りの、婿の親が訪問すれどの、孫を抱いて、離さんですて。離したって、婿の親には、馴染みが乏しく、近寄らへんしと。どこの孫か分からんなあと。
オッとの、姓からしたら、婿養子で無く、婿なれどの、孫を盗られたみたいでねえと。

諸般諸々の考え、状況があっての、第三者の私共が、下手な見解示せませんですが。
極一般的、日本の社会通念からしたら、婿殿の両親が道理を弁えずの、情け無く。婿殿もソレを許容してるの精神構造がズレてるかと。

での、でででの、8月10日、夜から、我が家も、俄然、賑やかになりまして。
長男一家が帰って来たからで。

ソラ、孫娘、3歳になったばかりで、孫、9ヶ月。
有り体には、孫娘は、心底には、慣れてくれてえへんしで、イザとなればの、逃げまして。
孫は、抱いてやっても、グと、愚の、我慢も限度が来たら、泣き出しまして。はね除けられまして。蹴られまして。
要は、お母さんで無ければ、収まらんです。辛いのお。
イヤ、お母さんも大変の、何にも出来ませんです。孫娘は、下手したら、下手しんでも、トイレにまで、追い掛けまして。辛いのお。
マアナア、誰しも、そんな時期を過ごして来たとも云えるですが。

での、明くるの、11日<水曜日>には、東大谷祖廟に、墓参。私等が月初めに行くを調整したですが。
帰りには、マクドナルドで、昼食をと。
イヤイヤ、私の車では無いの、長男の車、NOAHに乗せてもらいまして。さもなくばの、ベビー・シート、2台を車に乗せて、総勢、5名は乗るは出来ませんです。
そんな意味ならばの、ベビー・シートも無しで、小さな子を乗せてるのも居てるですが。安全のため、定められた事は、遵守致しませんとと。

でででの、大体が家を出たのが、遅いもあるですが。長男が起きるのが遅いしなあと。
大谷祖廟には、13時半。万灯会の、提灯、2千円也を申し込みの、花は、お盆料金で、普段なら、一対、600円が、1千円也と。
流石にお盆故、遅い時間にも、駐車場には、車が満車で、ドンドンと、入って来てたですが。満車は満車でも、上手い具合に回転の、待つ事も無く、停められたですが。

イヤイヤ、そんな次第の、当日、母はディー・サービスの日で、帰るが、16時頃やしで、必死に帰宅の、10分前には着いたですが。
帰って、モノの、1分で、母の送迎車が到着のと。
別段に、待たんならん事も無いけれどの、居てへん、帰宅が遅れる等々、あらば、先様に連絡一発、チャンとしてくれやはるですが。母も家の鍵は持ってるしと。
されどの、帰れるなら、努力を致しませんとと。

そんな次第の、明くるの、12日には、嫁の実家に行きまして。
夜には、戻って来まして。
その夕方には、二男と彼女も、来まして。
何やら、兄に頼んでるのがあるみたいでねえ。カー・ナビの、新しいDVDですて。手配してもろてたらしく。

での、13日の朝からは、一路、NOAHにて、四国、香川に向かいの、仕事の都合にて、コレ又、一日遅れで、二男と、彼女が四国に来るとするのか、行くになってましての、15日に全員、車2台で、戻るですが。
15日は、日曜日で、首都圏、瀬戸大橋等々の、有料道路の、社会実験の適用もありましての、帰宅ラッシュの、渋滞が、100キロに達するとか、モっとであるとか、云われてまして。
ども、民主党のやる事は、よお、分からんなあと。昨年は、8月のある程度の期間、お盆休みは、社会実験を適用したのにと。

そんな次第の、お盆ともなればの、我が家も、相応に騒がしく、又、忙しく。
あっちに、こっちにと。
静かにしてるよりは、結構な事やと。
(10/08/13)


NO.40 四国香川への里帰りの話(2) 大した渋滞も無くの話

イヤマア、道中、大変。
イヤイヤ、でででの、そんな次第での、お盆での、墓参等々は、置いといてと。割愛しての、嫁はんの里への、里帰りなるは、毎年の恒例行事となってまして。
マア云うたら、我が家、我が一家が揃ての、旅行となればの、里帰りだけかと。
ソレ以外には、出た事が無いなあと。オッとの、一度だけ、あったですが。20年が経つかと。

ソラナア、云うたら、何やけれどの、里帰りに、高齢の母を一緒には無理の、本当は、一緒に行きたがるですが。アノナアと。
私でも、一寸、イヤ、可成りのシンドイわと。
そんなに若くもあらへんしと。
そんな次第での、ここ数年ならばの、母をば、説得の、ショート・スティにお願いしまして。要介護認定以前には、一人とするのか、お留守番をお願いしまして。
コレが、一発には済まんのやと。
済む以前の、ソレ以前には、一緒に来てたんやでと。息子共も体格が大きくなっての、単なるの、普通車に、5人はシンドイわと。

ではあるですがの、昨年から、様子が替わって来ての、ええでと。
ええでと、されたならばの、早急にの、2ヶ月前に予約を入れるに、予定がなあ。何分の、こっちが、大人だけで、6名様。あっちが、大人だけで、6名様。
全員の都合とするのか、休みが合致しななと。
幸にして、今年は、14日が土曜日で、15日が、日曜日でありましての、出発は、13日の朝で、帰途は、15日の日曜日。

マアマア、そんな話は結構の、13日は、二男と彼女以外が、当家から出発での、朝の8時には、出ませんとと。高速道路の、通勤割とやらが、9時には、突入してなアカンですて。
突入は、舞鶴自動車道の、丹波篠山ICなれどです。そこまでは、原則、小1時間なれどです。

兎に角、息子共が、運転免許を取得以来。全コースを私が一人で運転する事は無くなりまして。
話簡単には、18歳で、学生になって以来になるのかと。

そして、息子共が、車を買おて以来。
要は、就職して以来、私が運転そのものを、引退かと。オッとの、里帰り等々での話やでと。墓参等々で、息子共が一緒の時にも、運転しませんですが。
やからと、楽では無いわいナと。
原則、後部座席やしで、寝てたら、結構とは、云うもののと。寝てたでは、運転手に悪いなあと。多少の気も使うんやと。

そんな次第の斯くなるでの、7時半には出よなあと、申し合わせての、結果、8時に一寸前に無事の出発にて、一路、当面の目標の、9時までに、舞鶴自動車道にと。
その道中。
嫁はんが、ハタと、思い出しの、母の部屋の延長コードがと。
母は、前日より、ショート・スティに出てるですが。過日、熱を感じまして。一寸、ヤバイのでは無いかと。交換しよかになってたですが。諸般諸々の、一人で、母のベッドを動かすは、大変でと。
イヤ、延長コードは、ベッドの向こうの、コンセントに差し込まれてましての、手が届かんわの、届かすに、ベッドの移動をと。
息子共が帰って来たら、やるツモリが、スッカリ、忘れてしもてねえ。
今日、明日に、どて事は無いですが、さりとての、保証は無く。留守中に過熱で、出火でもしたら、万死に値するゾと。トラッキング現象もと。

そんな事は結構の、サテの、どしょかと。
オッとの、二男が居てるなあと。頼もかと。
イヤ、彼女の仕事の都合にて、14日の、15時頃、長岡京を出るにしてるです。当人はお盆休みでありましてと。嫁はんがケータイにて、頼むと。宜しくと。

息子共は、我が家の鍵は持ってるしと。
折角ならの、ついでに、湯沸かし器のコンセントも、炊飯ジャーもと。安全の上には、安全にと。テレビは、切ってるしと。
ソラナア、コノ手の事は、気になり出したら、帰るまで、心配やと。
兎に角、二男に頼むが出来て、一安心にて、丹波篠山ICにと。

マアナア、気のせいか、事実か、イツもよりは、道中の車が多いみたいでねえ。では、あっても、多少の余裕はあるですがの、9時には、15分前にICに突入の、拍手喝采の、ソラ、一寸でも、料金が少ない方が、ええに決まってるわと。
とは、云うても、元々が、舞鶴自動車道は、無料なんやと。
での、走行100キロまでが、5割引きでの、アトは、平日故に、通常料金とかで、難しいのシステムなんやと。

そんな次第での、何分の、3歳の孫娘、9ヶ月の孫が一緒やしで、孫は、昨年のお盆には、居てへんしで、初参加で、2人のアカチャンは、母親が大変かと。
イヤ、孫娘が、アカチャン帰りしてまして。母親が、弟を授乳でもしてたら、抱っこでもしてたら、面倒見てたら、抱っこしてと、母親に強請(ねだ)りまして。
私共、爺婆では、どしょもあらへんしと。親父でさえ、受け付けへん事もありましての、爺婆なんか、問題外の外になりましてと。
コレが、こっちにも、多少なりともの、受け付けてくれたら、母親も楽やのに、小さいし、仕方が無いなあと。

そんな話も結構の、小さいのが一緒やしで、一度の休憩、トイレに、タバコ一服に、アカチャン連中は、相応の食事をしたり、授乳に、オシメ交換にと。
そは、簡単に出発出来ず。

ソラ、お盆やしで、舞鶴自動車道でさえもが、相応に走行車両が多いですが。
多くとも、渋滞は無く。
サービス・エリアにしても、普段よりは、人も、駐車の車も多いけれどの、駐車場所が無くて、ウロウロする程でも無く。

イツであったか。
昨年、その前であったかの、サービス・エリアに入るだけでも、本道からの、入り口が既に車列が、延々の、見て、一発の、止めとこかと。されどの、この次ぎのが、空いてるの保証は無くて。
トカトカ、迷うに相談するに、高速道路を走行中では、時間が無く。パスしたのが、何箇所かあったですが。見掛け上、思てたよりは、数段の、マシやなあと。

斯くなる次第の、そんな次第での、車も人も、多いとは云え、大した渋滞も無く、休憩に困る事も無く。
さりとての、サービス・エリアに突入したなら、小30分は、休憩させて戴きまして。タバコは何服か吸えまして。
さての、四国突入にての、昼飯はどするやの、本来ならばの、昨年のは、避けたいけれどの、イヤ、厭やからで無く、折角なら、各種、方々の、讃岐うどんを喰いたいけれど。
無難とするのか、昨年に行った、「<長田in>香の香」にでもしとこかと。
(10/08/18)



inserted by FC2 system