親父として、爺としての話NO.14


親父、爺NO.11 親父、爺NO.12 親父、爺NO.13

親父、爺NO.5 親父、爺NO.10

ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11 孫娘NO.3
題目一覧表

目次

親父、爺としての話NO.15

NO.140 余談・諸々の話(2) この1年、見舞いばっかりの話

NO.139 余談・諸々の話(1) 妹一家引っ越しのお祝いの話

NO.138 諸般諸々の事情(2) 二男到着の話(1)

NO.137 諸般諸々の事情(1) 嫁はんの里帰り

NO.136 孫娘の誕生会(3) フォト・フレーム

NO.135 孫娘の誕生会(2) リカちゃん、デビュー

NO.134 孫娘の誕生会(1) 孫共元気

NO.133 孫娘の雛祭り(3) 孫共の相手で疲れるの話

NO.132 孫娘の雛祭り(2) 手巻き寿司の話

NO.131 孫娘の雛祭り(1) 魚の棚市場の話

親父、爺としての話NO.13


NO.131 孫娘の雛祭り(1) 魚の棚市場の話

掲載は、今頃になって。
行事は、一足お先にの、孫娘の、雛祭りの話。

イヤ、雛祭りは、3月3日であるは、重々承知。
諸般の日程、予定、事情によりの、イツや、イツやったの、2月の、19日に開催したですが。
開催とする程の大袈裟でも無いですが。

我が一家、住処がバラバラでして。
孫娘<長男>は、神戸。結婚したての、新婚ホヤホヤの、二男は、長岡京。親の私共は、亀岡でして。
諸般とは、出るなら、出るで、母をショート・スティに頼まんならんです。コレが次第に、日程を取り難くなりまして。
だけの事情でも無いですが。兎に角、2月に執り行いまして。
二男夫婦も行くと。ソか、賑やかになって、結構やなあと。

イヤイヤ、私ら夫婦は一足お先に、出発の、昼前には着いたですが。
着いて、昼飯喰て、長男曰くに、折角なら、しかるべくの、「魚の棚(uontana)」で、買わへんかと。
何でかとなれば、久し振りに手巻き寿司で、祝てやろかと。その、ネタとしての魚の話でして。
オッとの、ソレ以前の、私らは、「魚の棚」なるは、聞き始めの、要は、明石の魚市場ですて。へえと。海に近いしかと。
での、ここから、どれくらいの所要時間かと、問えばの、一時間かなあの、へえと。遠いなあの、往復で、二時間かと。

そやけれどの、折角ならと、行くにしたです。
当たり前に、どんな具合にかは、全くの、運転は、息子故に全面的にお任せでして。坂を登ったり、下がったりで、この辺りやと、適当なるの駐車場に停めまして。

での、一番最初に様子を見たは、「克丸」かと。
あくまでも、様子見だけでの、先に進もとしたら、その隣りに屋台があってねえ。
爺さんが、乳母車の、孫娘。
イヤ、孫は親父に抱っこで、孫娘が乳母車でして。
イヤイヤ、孫娘は歩けるですが、時々、駄々こねての、乳母車にと。
その孫娘に、屋台の爺さんが、爪楊枝に刺した、タコの足をくれまして。そして、孫以外の全員にクレまして。

での、コレだけで、千円にしとくしと、容器に入れた、海産物、タコ、ホタテ等々を示しまして。
一寸、高いのと違うかと、思えどの、嫁はん、爺さんの勢い、成り行きに負けてしもて。諾と。
爪楊枝の、珍味を人数分<五本>を戴き、引き下がれんよな雰囲気もあったですが。諾と。
私は止せ、止せと、云うてたですが、アカンなあ。イヤ、一巡してからでも、結構でして。コレに負けてたらとするのか、切りがあらへんわと。
先様は、商売上手なだけでして。
とは云え、断固拒否とする程でも無くて。こんな場、市場では、難しいなあ。

イヤ、そんな事よりも、本命の、ネタを仕入れんとアキマセンです。
スーパーの、食品コーナーやあるまいにの、魚も、丸ごとでして。生きてまして。タコは、容器から、出てきてるし、マグロも、塊でして。当然の相応の値でありまして。

とは云え、ネタを調達しに来てましての、人数も居てるしと。二男夫婦と、小さいのを含めたら、八名になりまして。
塊で結構の、コレ又、千円の、再度の、「克丸」に寄りまして。イカと、鯛と、何やかやの、適当に買い求めの、鯛は、息子が、娘のために、張り込むしと。
ソラナア、全部の食材、ネタを出費してたでは、大変やと。
鯛も、一尾で、その場で、三枚におろして戴きまして。

にしても、この界隈、時間帯の問題もあるかとは、思うですが。三時、四時頃でして。
人出が中途半端で、活気も、マダマダでして。
但しの先の通りの、魚は捕れ捕れでの、タコだけに非ずの、魚が飛び跳ねてたですが。
京都、錦小路<錦市場>程の活況は無く。大きな原因の一つには、道幅が、やや広めの感がありまして。ソラ、狭い方が、ゴチャゴチャしてて、らしい、雰囲気が出るですが。又、店舗数が、やや少なめかと。
イヤ、嘗てなら、錦小路は、歩いて、十分程度の場所でして。さりとての、そこで買いモノする事は殆ど無かったですが。
近くで、<松原京極商店街>がありまして。

でででの、ソラナア、「克丸」の店主らしきのが、客に、通行人に、誰彼、構わずの、独演してたですが、スーパーのと一緒にしたら、アカンでと。鮮度が違うゾと。
そんな事、教えて戴かんでも、分かるですが。
モノによりの、一尾では、多過ぎるの場合がありまして。又、自分で、さばかんならんしと。此度の如く、人数が居たら、この程度でも宜しいですが、一人や、二人、三人では、持て余すです。

斯くなるでの、スーパーには、スーパーの良さが、市場、商店街には、その良さがありまして。
ソラ、スーパーでは、諸般諸々の、日用雑貨、食材が調達出来まして。されどの、人と人の繋がりが乏しくて、市場、商店街は、対面でして。店主、店員との、会話があるです。
慣れれば、先の、屋台なんかには、誘惑されませんとするのか、試食だけして、適当にあしらうが出来るですが。
人数分も、戴いてしもて、断ったら、悪いとは、思わんよになるですが。
性格にもよるし、先様の出方もあるけれどや。タコ屋は、一寸、強引なるで、嫁はん一発、陥落、撃沈されたかと。

オッとの、そんな話は結構の、食材、ネタが、魚にタコだけも、問題でして。一部、こっちから、準備で、持参なれどの、全然の不足やわと。
それこその、スーパーに寄って、レタス、キュウリ等々、野菜類もと。その他、諸々の買い物をと。
してる途中で、二男から、長男に、ケータイに、モ着いたでと。
一寸、待ての、そのままでの、その場所でと。買い物が終わり次第の、終われば、ここから、十分かと。

イヤイヤ、マンション故に、来客用の駐車場所の問題がありまして。
イヤ、予めの、管理人には連絡してるですが。場所を教えてやらんと、分からんわと。
斯くしての、孫娘の雛祭り準備は着々の、ソラ、人数多く、祝てやれれば、賑やかでして。盛り上がるです。
(11/03/06)


NO.132 孫娘の雛祭り(2) 手巻き寿司の話

誰様と云うの、隠す事も無いの、電右衛門さんの母上様の実家が、明石の、「魚の棚(uontana)」の近くですて。へえと。
明石焼きが云々での、フウンと。

イヤ、しもたなあと。
当日、長男の嫁が、明石に着いた時に、明石焼きが有名ですねえと。ソやなあと。浅学無知の、私でも、知ってまして。
返事をし乍ら、「魚の棚」でも、見つけて乍ら、素通りしたです。
理由は簡単の、この界隈なら、方々にあるやろと。

での、食材、マグロに、鯛に、種々調達の間に、結構な出費もあったけれどの、そっちに、気が行ってしもて、忘れてしもてねえ。
ソレもあるし、余りにユックリもと。ソラナア、小さいのを二人伴い、ウロウロもしてられませんです。
正直には、駐車場に戻るの途中で、ハタと、嗚呼、明石焼きを忘れてたと、思い出しはしたですが。若手とするのか、小さいのが居てへんなら、戻ってでもと、思うですが。
二男が到着の時間<イツ、着くかは分かりませんが>の事もありので、先を急いだですが。

での、手巻き寿司には、諸般の想い出がありまして。
我が父方の叔母<当時は東京在住>が、亀岡の家に来てくれまして。二十年は経つですが。イヤ、その二十年程の昔に他界したですが。
オッとの、我が家に来ての、半年後に他界でして。

イヤイヤ、ソレが実に、二十年振りの事でして。会うのがです。
我が祖母の年会を致しまして。年会なら、何度もしてるですが。我が祖母とならばの、叔母の実母ですが。
その年会に参列のためで、合わせて、別途の、ご主人<当時には他界してました>方の親族に会うがためと。

での、我が叔母でして。
熱烈歓迎の、手巻き寿司で、歓待しよかと、相成りまして。
近所の、寿司屋にネタを調達しに行ったです。
その二十年の昔<概略なら、1990年頃>に、値はドレ程かと、聞かれて、有り体には、適当に各種合わせて、五千円分もあればと<注=我が家族五人と、叔母の分>、注文したなら、オヤジさん、申し訳なさそな表情にて、五千円は、大きな金額なれどの、ネタだけなら、こんな程度ですわと。
手の平にチョコン。
とは、大袈裟でも、近い状態やったかと。
確かに、「しゃり」の上に載せて、寿司でして。「しゃり」が結構な存在でもありまして。上に載せてるのネタだけとならばの、こんなモンかなあと。

での、息子共、当時は、小学生であった筈のと、母、嫁はんに、私の五人で、叔母を囲んで、談笑し乍らの手巻き寿司を喰たですが。
手巻き寿司よりも、叔母がなあ、祖母ソックリ。
親子故に、当たり前と云えば、当たり前なれどの、その昔、私が社会人となりの、即に、講習会に参加で、ツイデにと、東京の従兄弟達に、会おたですが。
<注=四十二年の昔の話です>
以来なら、直後の、祖母の葬式以降、会おてませんでして。その時にも、ソレ以前にも、ソラ、クドイけれどの、親子故に、多少は似てたですが、ここまではと、ビックリする程の酷似でして。

そんな話は良く聞くです。
似て無い筈のが、加齢と共に、男の子は、オヤジに。女の子は、オフクロに似て来ると。

イヤ、ホンマやでの、年会の明くる日であったか、私が会社から帰宅したなら、大阪に行った筈の叔母が、息子共を伴いの、玄関先で、迎えてくれまして。
ビックリの仰天したです。
姿、形、表情が、瓜二つ。
イヤイヤ、その日は、叔母婿の親族宅で、泊まると云うてたしで、叔母が戻ってるとは、予測はしてへんでねえ。祖母が、居てるかと。
亡霊とか、幽霊とか、そんな感覚では無くの、涙が出る程に、懐かしい思いやったです。
よって、手巻き寿司となればの、私め、その叔母の事を、祖母の事をフと、思い出し、思い浮かんで、来まして。

話のついでになら、この叔母については、奇しき体験をば、してまして。
更なるの、ついでになら、母方の伯母<伯父嫁>とも、奇しき体験、不可思議なるが、ありまして。イヤ、怪奇現象と云えば、怪奇現象。偶然と云えば、偶然の話でして。

何れも、既に他界してますが。他界直前、或いは、他界後にと。
そんな意味ならばの、既に、叔母との話は、この手巻き寿司の段階が、序章であったかと。
イヤ、機会があらば、その気になれば、掲載致すです。

そんな次第の、斯くなるでの、マア云うたら、我が一家、母を除くですが、一同、うち揃いましての、孫娘の、雛祭りをと。
イヤ、二男夫婦も駆け付けてくれたは嬉しいです。
ソラ、一人でも、多い方がと。

只ナで、部屋は狭いしで、四人もは、泊まれませんでして。
私ら夫婦は、布団を持参して来てまして。泊まるを前提故で。
以前、イツやったかは、二度程は、二男も含めての、三人で、泊まったですが。ソレは、嫁はんの里帰りの帰りで、二男も独身時代で、八月の話<お盆>やしと。

二月で、四人ともなれば、一寸辛いかと。
ソラナア、その気で、ごろ寝なら出来るですが。時期が、時期だけに、風邪でも、引いたら、大変でして。

オトトの、そんな話は結構の、「魚の棚」で調達の食材は、綺麗サッパリ、喰い尽くされまして。
海苔は足るのか、足らんなあの、別途のまで、出しまして。
オッとの、出して来たは、長男の嫁なれどです。
(11/03/07)


NO.133 孫娘の雛祭り(3) 孫共の相手で疲れるの話

雛祭りとなれば、雛祭りの日、3月3日に、我が家の、人数分のケーキを買い求めまして。
人数とは、母、嫁はん、私の分なれどの、一個がなあ、630円也でして。単純計算、暗算、目算にて、嗚呼、頑張り過ぎたナと。
注文してしもたら、アトにも退けず。

での、私と嫁はんは、二回に分けて喰たですが。
ソラ、値が、値だけに、相応に大きいです。一度では、勿体ないの気もありまして。
ででの、母に上げたの分は、一気でねえ。フウンの、凄いなあと。味おって、喰たのかと。

斯くしての、日が経ち、経っての二日の土曜日<3月5日>なれどの、二男夫婦が帰って来まして。
手土産に、ミスター・ドーナツを持参でねえ。嬉しいなあと。
イヤ、テレビで、ミスター・ドーナツの宣伝をやってた矢先でして。ヒット商品の、何とか云うの、「飛んでリング」で無しの、「ポン・デ・リング」
ヤヤコシイ、ネーミングやわと。

ソレならなあと、覗けば、ソレでして。フウンの以心伝心かの、実は、ヒット商品であるは承知の喰た事が無いです。
よって、一遍、喰てみたいなあと、嫁はんと話をしてた矢先でして。
早速にも、戴きましょかと。

母には、嫁が持って行ってくれまして。
喜んで、喜んで。
喜ぶは結構の、夕食の際、美味しかった、ドーナツ、美味しかったなあの連発の、感激の余りの、声が詰まり、今にも、泣き出しソな、涙声になりまして。
イヤ、ソレは、ソレで結構の、私の、雛祭りのケーキの時には、謝辞の一つもあらへんかったのにと。
マアナア、毎日、毎日、何かしらの、オヤツを上げてるしと。
オッとの、ここだけの話、場合によりの、私らの分を削ってでも、オヤツは上げてるですが。

下手したら、オヤツを置いとくしと、例えばの話なれどの、大福餅三個を置いといたら、三個が無くなってまして。あのなあと。
三人家族で、三個なら、一人、一個やでと。
とは、云うても、通じずの、五個を置いといたら、五個やしナと。決して、大袈裟なる話に非ずやしと。

イヤイヤ、そんな話は息子、嫁には、してへんけれどや。
余りに感激、感涙されたら、常平生には、オヤツの一つも上げてえへんみたいになるやんかと。
大体が、母は、オヤツの欲しい人でして。先の通りの、一袋を上げたら、推定、三日保つの筈が、一発で終焉。大丈夫かと。胃袋がと。心配する程でして。

斯くなるでの、ソラ、孫嫁から、ドーナツを貰えば、嬉しいは分かるですが。
何度も、何度も、美味しいかったと、美味しかったと、感涙、声を詰まらせ、泣き出しそな様子に、こっちは、又かと。イヤ、そんなモンでして。

そんな事は結構の、「飛んでリング」で無くの、「ポン・デ・リング」は、確かに、ヒット商品になるの、ドーナツにしたら、モチモチ感がありまして。フワフワとしてまして。
確かに、美味やと。

とは、過日の、我が家での話でして。
本題は、更なる過日の、神戸の長男宅での話をと。

とは云うても、当日は、二男夫婦が、夕方、五時か、六時頃に到着の、女性陣は、手巻き寿司の準備で、私らは、孫娘、孫の遊び相手。
さあ、食事の準備が完了にて、争奪戦の展開での、争奪戦を展開の方が、手巻き寿司も楽しいわと。
夕食が終わって、暫くしたら、デザートをと。
イヤ、矢っ張り、二男夫婦が持って来てくれてまして。コーヒーを飲み乍らの談笑の、果たしての、何の話をしてたか、忘れたですが。
そして、十時頃まで、居てたのかの、デハと、二男夫婦はサイナラの、私も、普段なら、夜の遅くまで、起きてるですが。何故か、長男宅では、眠うてねえ。

風呂から上がれば、委細構わず、モ、寝ると。
イヤ、目を開けてられんよになるです。
多分なら、孫娘や、孫の相手をしてるだけで、気疲れしてしまうかと。
グルグル、回してやれば、オッとの、メリー・ゴーランドが如くに、手を持ってやり、私が回転やと。ホナラの、モッと、モッとと、際限が無く。
孫娘にしたって、会う度、大きく成長してまして。孫娘を回してやれば、孫が自分もと、せがんで来るし。回してる最中に、来られたら、危ないしと。
この孫にしても、流石は男の子で、重たいです。

孫を回してやれば、孫娘にせがまれてと。
正直、嬉しい悲鳴なれどの、私も爺世代になりての、若くは無いしで、疲れるわと。

そんな次第で、寝てしもたら、当然の明くる日でして。孫娘、孫の相手をしんならんです。
での、玩具なら、沢山揃てましての、今時の子どもはええなあと、羨ましいです。
イヤイヤ、玩具一つが、ハイテクとまでは、申さんの、電池式で、動きまして、鳴りまして。喋るし、光るし、音楽がと。
電池式も、我々の当時なら、高級玩具も、その電池がスグにも、消耗したですが。一定時間、触らんかったら、電源が自動的に切れまして。

孫は、この歳、一歳と、数ヶ月で、ハッピー・バースディ・ツー・ユーの曲、歌で、カラダを動かし、リズムを取りまして。音感が素晴らしいなあと。
私なら、音痴で、歌はサッパリの、カラダを動かし、リズムを取るなんか、ダメでして。

イヤイヤ、でででの、孫娘はスッカリ、日本語が理解の、喋れまして。
孫は、マダマダ、喋れませんですが。ソラ、立って、歩くが精一杯の、コレが、立派に歩き、走り出したら、大変ゾと。目が離せええへんゾと。
何でも、手に触れるモノ、目に付くモノ、興味を抱きの、触りまくりの、引っ張り出しの。
玩具なら、ええけれどの、見境が無く。

イヤイヤ、何につけ、孫娘の時にも、目が離せませんでしたが、孫の方が数段に活発、動き回りの、怖いモノ知らずの、向こう見ず。
男の子が、静かでは、先が思いやられるにしても、斯程に差があるのかと。
ヤンチャブリは、姉には、毛頭の負けてませんです。
ソラ、三歳半のと、一歳と一寸では、体力的、腕力的にも差があるですが。その差を、感じさせへんでねえ。

そして、玩具をどんな具合に操作し、動かすのかと、思案してたなら、孫娘が、こやって、こやって、こやるのやと、一々、教えてくれてねえ。
よお、知ってるなあと。一つや、二つと違うの、三つ、四つでも無いの、十(とお)や、二十はありまして。結構、難しいの操作法のもあっての、全部を承知してまして。
この歳で、大したモンやと。
私め、爺は退化の一途なれどのと。
(11/03/08)


NO.134 孫娘の誕生会(1) 孫共元気

諸般諸々。
この6月25日朝から、神戸にで。
一泊で、26日夕方には、亀岡に戻ったです。

神戸への目的なるは、孫娘の誕生会でして。会とするよりは、お祝いでして。
プレゼントは、行ってから、当人の希望のモノを買うにしてたですが。
注文なるは、リカちゃんの、「サーティ・ワン・アイスクリーム・ショップ」<タカラトミー>ですて。女の子やねえ。
最初は、「アイスクリーム」とだけ、聞こえてまして。ご馳走してくれるのかと、思いきやの、そんなオモチャがあったんやと。

孫君の方は、男の子やねえ。鉄道模型命でして。
イヤ、過日、嫁はんが、諸般の用事で、行った時、鉄道模型のパンフレットで、色々、一生懸命に話をしてくれたですて。フウンと。
イヤイヤ、まだまだ、日本語は喋れませんです。ア、ウーの大平正芳<故人・総理大臣歴任>みたいでねえ。

実は、過日より、孫娘が風邪気味でして。行くを止めるかとしてたですが。治りまして。
ホナラの今度は、孫君の方が怪しくなりまして。2人して、キャッチ・ボールしてるかと。イヤ、大した事は無いとの事で、行って参じたですが。最早の、高速、有料道路は、平常料金かと、思てたですが。土日祝日の割引はあるのやねえ。
アナウンスが良く分からんですが、安いの方向なら、文句は云わんですが。
京都縦貫道路なんか、「社会実験」の土日休日割引も無くなったですて。なあんやと。改悪やないかと。サギ集団めがと。

イヤ、大体が極端から、極端に走り過ぎの、方向転換のし過ぎでして。
京都縦貫道路を只にまで、する必要性は無くの、半額とかにすれば良かったかと。
勝手に無料化して、勝手に改悪しやがってと。
官僚は、グと我慢をしてただけで、民主党は、東日本大震災を口実にしてるだけでして。そもそもが、物流の効率化、地方の活性化、ガソリンの燃費の効率化はどしたんやと。中間報告でも、出したかと。

イヤイヤ、大いなるの貢献してたなら、止めるの必要性は無いです。継続が当たり前。
何の貢献もしてへんなら、むしろ、瀬戸大橋で、フェリー業者を倒産させただけかと。
そらなあ、片道、千円なら、安いです。5千円なら、一寸考えさせて戴くの面々も居てるかと。
早速にも、お盆で、嫁はんの実家、四国、香川が問題かと。


でででの、着けば、嫁と孫君は、病院ですて。へえと。
一寸、熱がで、暫くしたら、帰着で、大した事は無かったですて。良かったなあと。

での、まずは、買い物にと。全員でと。ええのかと。孫君はと、問えば、先生も大丈夫と。ソかと。
イヤ、どこに行ったか、一々、覚えてえへんです。兎に角、嫁の親父さんの還暦祝いで、テレビですて。へえと。還暦かと。
「ヤマダ電機」にと。
こんな広い場所では、子ども達が走り回る、走り回るで、ついてけへんです。特に2人が、バラバラで、思い思いの方向に走り回られてみい。大変ゾと。孫君の方は、手を繋ぐと、払い除けで、自由に動き回りたいと。困ったヤツやなあと。
確かに、大丈夫かと。

どちらが先であったか、別途の店なれどの、息子が、孫君の、電車キットを買おてやると、どこに行ったのか、買い求めまして。イヤ、当人の選択に任せると、無茶苦茶になるです。これと持つから、これかと箱を示せば、違うと。
話簡単には、実際の模型と、箱に入ってるのでは、感覚にズレがあるのかナと。結果、2組を買おたのかと。

オモチャ屋さんなれどの、ここでは、孫娘の、アイスクリーム屋は売って無くて、別途の、「ヤマダ電機」ですて。へえと。電気屋で、オモチャも売ってるかと。ソ云うたら、我が家の近在の、「ミドリ電化」でも、三階には、オモチャ屋があるです。
この組み合わせがよお分からんですが。その三階には、家具屋もありまして。

まだまだ、行ったです。孫娘の衣類をと、「ミドリ電化」とするよりは、その並びで、諸般の衣類屋が並ぶの云うたら、モール街。
いやはやの、神戸はややこしいです。色んな建屋がありましてと。それだけ、人口が多くて、店乱立でも、各々が特徴を出して、頑張ってるかと。「ミドリ電化」も、息子共がこっちに来た辺りでは、「コーナン」であったとか。

「コーナン」の方が儲かるみたいに思うですが。土地土地、地方地方で、趣味趣向が異なるのかと。
そんな話は結構の、これあれ、あれこれ、探しまくって、孫娘の衣装も決まったらしく。
その次がやっとで、「アイスクリーム屋」の、「ヤマダ電機」ですて。
モノは決まってるが故に、すぐでして。これは、爺婆からのプレゼントでして。

だけで、終わらずの、デコレーション・ケーキ。
予約がしてあっての、当人、主人公、お姫様の孫娘の希望にて、チョコレート・ケーキ。
これは、ケーキ屋はんでの、私共に聞いてくれるなの、どこをどんな具合にか、知らんの大体が神戸は分からんわの、道は、上に、下にの、坂が多いし、道は真っ直ぐと違うしなあ。
私なんか、一度出たら、帰り道が分からんで、迷爺常習犯かと。
若いモノの町かと。

ホンマやでの、慣れたら、知らんですが、年寄りは住み難いやろなあと。
坂のある分、大変ゾと。
にしても、当世、ええなあと。
こんな具合に、誕生会を盛大とするのか、祝って貰えまして。

でででの、当日の予定は、これで終わらずの、チョコレートのデコレーション・ケーキは、一旦、持ち帰りまして。ソラ、炎天下、蒸し暑いとするのか、最中、車中に置いとけへんわと。
戻って、買い物を家に持ち帰りの、小休止で、夜ご飯は、「さと」に決めてまして。
これ又、お誕生日と云う事で、孫娘には、デザートがサービスされまして。
「さと」の、「キッズ・クラブ」にも入ってまして、ドリンクがサービスですて。

そんな意味では、当世の若いの、息子夫婦は、マメでして。マメとするのか、ケータイで、事が足りるの、かざしたり、見せたりだけで、特典が得られまして。殆どの、出先、立ち寄り先には、登録等々してるですて。
場合により、スタンプまで、押してもらいまして。ホントにマメやなあと。

結果、孫娘には、デザートが。孫君には、ドリンクがと。
確かに、サービスで戴ければ、得やなあ。
(11/06/28)


NO.135 孫娘の誕生会(2) リカちゃん、デビュー

ケンイチ君から、メール一発。

先週の土曜日にお中元を送るため、梅田に出まして、ついでにヨドバシカメラで扇風機を見ようと立ち寄ったところ、見事に扇風機が消えておりました。
サーキュレーターというざるが床に転がったようなものは数台残っていましたが、棚や台はすっからかんのかん。

昨日家の近くにあるジョーシン電機ならあるやろうと、行ってみたら、こちらもみごとに一部展示品を残してすっからかんのかん。

日本人やね。これがええと言えば、一斉に買いに走り、これがなくなるかも知れんと聞けば、一斉に買いに走り。今まで乗ったり興味すら示さなかったのに、いざ廃線と決まると満員になるローカル列車。

そうですか、孫さんが鉄道模型をね。
男の子は鉄道に興味を持つらしい。甥っ子の子も、鉄道の絵本を持ってきて、新幹線や特急の名前を次々と言えるもんですから、妙に感心したりしております。
多分小さいお子さん場合はプラレールやろね。

実は私も小さい頃から鉄道模型が好きで、はじめはOゲージ、中学の時にはHOゲージ。今はNゲージで楽しんでいます。その当事Oゲージにしろ、HOゲージにしろ、高かったものですから、機関車が1両、貨物車が2、3両で、線路は小判型のループ状のところをグルグルと回るだけでしたが、それでも畳に顔をこすりつけて、眺めていたものでした。今も時々山あり、鉄橋・トンネルあり、駅ありの鉄道ジオラマで一人走られている鉄道おたくでもあります。


イヤイヤ、我が孫君も、プラレールで、新幹線を走らせてまして。
今時のプラレールは、上手に出来てるとするのか、成形技術<プラスチック素材を含む>が進歩してまして。
私等の頃の、精度が悪く、壊れ易く、組立難い時代と大違い。
鉄道模型にしたって、良く出来てまして。一番に感心は、電池寿命が馬鹿みたいに、長くなってるなあと。子どもがほったらかしにして、動かしてましても、大丈夫でして。何日、何時間、保つかは、知らんですが。
我が滞在の二日間では、ビクともでして。
私なら、孫君が、あっちに行けば、勿体無いと、電気を切ったりしまして。ホナラの、孫君、気がついての動かせと。

イヤ、喋れへんしで、態度で表明致しまして。
正確には、自分で、スィッチを入れまして。
これが出来てても、脱線での、修正が間に合わずの、助けを求めたりと。オッとの、種類は幾つか持ってまして。3両編成、4両編成で、同時進行でして。されどの、両数が違えば、速度も違うわと。
イヤもお、兎に角、扱いが、荒けないですが。そんな程度では、壊れも、ビクとも致しませんですが。


そんな次第の斯くなるでの、行った時には、その孫君と、嫁は、病院通いでありまして。
孫娘は、リカちゃんの、何やろなあ。
これ又、過日、嫁のカカ様に、要は、モ一人の婆様に、買おてもろたの、オモチャで、一心不乱に遊んでまして。一人で遊んでるなら、任せとけの、ほっとけと。邪魔する事はあらえんしと。

での、こっちは、諸般の事情にて、一応は、パソコン持参で来てまして。
息子宅なら、インターネットも出来まして。イヤ、過日、前回、何時やったかの、子供の日であったか、子供の日は、亀岡に来てたしで、それ以前の、ひな祭りになるかの際、こっちでも、インターネットが出来るよに、Windows7マシンを設定してもろたですが。
イヤイヤ、暗号鍵一発、接続が出来まして。当世、便利やねえ。

での、起動一発、周辺の無線Lan親機は表示されるですが、接続が出来てませんでねえ。息子に問えば、新しい機種に換えたですて。へえと。
ホナラの、暗号鍵を教えてもらわんとアカンの、親機に記載のこれをと、示されまして。あのなあの、文字が小さく、ローガンの、我が眼力では、読解不可の、分からんわの、分からんがままにでも、アルファベットと数字の羅列故に、これこれかと。
入力しても、受付てくれませんでねえ。ソラ、一文字違えば、アキマセンでして。

三度やれば、変な画面<プロパティ>が表示されての、訳の分からんの事態になれば、問答無用の、再起動が一番でして。
での、息子は諸般で、一寸、出ると。
との事故、メモ用紙に書くし、正解か否かの、不正解の箇所を修正してくれと。

イヤ、ホンマやでの、こんな細かな文字なんか、我が目には辛いの、ローガン鏡なんか、持っても来てへんしと。
での、書き出して、さての、再起動も完了の、さての、暗号鍵を入力かと、思いきやの、繋がってましてねえ。我れ乍らに、へえと。あれで、正解かと。嘘みたいと。
ソラなあ、小文字で、「n」「m」「r」とかとかの、「i」「j」等々、区別、判読が難しいです。思たよに、見えましてと。


何でも結構の、繋がりさえしたらと、プラウザを起動で、我が、「シバケンの天国」が表示で、一件落着の、さてと、本腰を入れるの矢先に、「おじいちゃん」
孫娘が、リカちゃんの、オモチャを見てくれと。
多分ならナと。
様子を伺えばの、オモチャを見てくれは、見てくれでも、パーツ、部品の一つ、何かは、忘れたですが、外れてしもて、くっつけてくれでして。
「おじいちゃん」になおさせ乍ら、これが何で、どなってと。一々、説明してくれて。イヤ、この程度の直すは一発やと。


での、そんな次第の、そのオモチャは、嫁方のおばあちゃんのプレゼントでして。
私共のは、その当日に、「ヤマダ電機」にて買い求めたですが。これの組立が大変でして。親父であるの、息子が、相当な時間、費やしての完成させたですが。イヤ、「アイスクリーム屋」故に、アイスクリームが一杯でして。
シールも沢山付いてまして。一々、貼り付けんならんです。
万が一にも、「じいちゃん」にと、頼まれてみい。
頼まれずに、助かったですが。その間、孫君の相手してたですが。
すぐに、組立の邪魔をしに行きまして。コラコラと。
親父に叱られ乍らも、改心なんか、する様子も無く。
(11/06/29)


NO.136 孫娘の誕生会(3) フォト・フレーム

での、失念してたです。
イヤ、ケンイチ君のメールで、扇風機の話があったですが。
梅田、「ヨドバシカメラ」で、扇風機が消えてたの話。
イヤイヤ、その土曜日<6月25日>になら、神戸の、「ヤマダ電機」「ミドリ電化」に行ってまして。
されどの、目的が違うしで、扇風機には、気が付いて無かったですが、暑かったなあ。
かったなあの、過去形では無く、現在進行形で、暑いなあ。暑くて、思わずの、扇風機を買いにでは無いやろと。

云うたら、何やけれどの、我が家でも、長男宅でも、扇風機でして。
長男宅のまで、数えてえへんの、我が家のなら、一応は、3台所有してまして。母の部屋専属と、モ一台は、居間に、台所にと、縦横無尽の大活躍。後の一台は、さての、何時に使うやと。
まだまだ、夏場も序の口、梅雨明けもしてへんですて。ホンマかいなと。
とは云えどの、気象予報士が嘘も申しませんですが。さりとての、気が付けば、梅雨明けになってたりと。

でででの、過日、韓国産発泡酒の、「麦の助」を半ダース、買い求めたですが。
お世辞にも、旨いとは申せませんですが。ほかすは勿体ないしで、無理にでも、飲んでるですが。案外に順調に消化してまして。余す処、一缶。
イヤ、日に一缶しか飲んでませんですの、その間、別途の発泡酒、「淡麗」を買おたです。

これ又、まだ、一缶しか、飲んでませんですが。旨いなあ。
こっちも、一缶80円也の但しの、本物、真性、ミニ缶でして。私には、この程度が丁度宜しいかと。イヤ、一缶はどんな具合かと、試飲しただけでの、「麦の助」が無くなったらと。
イヤイヤ、そんな具合に、発泡酒でも、ビールでも、第三のビールでも、旨いの季節に相成ったです。
云うとくけれどの、自分から、飲みたいと、思いの買い求めたは、初めてでして。例年ならばの、冷茶で我慢とするのか、充分でして。
とは云え、冷茶も度を過ぎて、飲んでたら、腹の具合が、調子が悪くの、食欲不振で、下痢症状気味となりまして。程々にの、ホナラのこっちの方がええかなあと。冷茶よりは、数段の金(かね)は掛かるですが。


そんな次第の、斯くなるでの、長男もアルコールは飲まんです。
我が家、我が家族で、飲むは、二男夫婦だけかと。オッとの、二男の嫁も、飲むと云う程では無いらしく。少なくとも、一緒に飲んだ事は無いですが。ビール、日本酒、焼酎等々、何を好むも知らんですが。
少なくとも、日本酒、ビールの辺りでは無いらしく。イヤ、何度か、聞いたよな、聞いてえへんよなの、こっちにしても、大した関心事でもあらへんしと。
酒豪なら、要注意なれどです。
2人の嫁の、親父さんも、飲む方では無いですしと。
イヤ、私の方が、飲めるの可能性がと。よって、余程の下戸での、下戸にも、下戸の水準がと。

オッとの、何の話をしてるやの、方々に、買い物に出掛けて、誕生会の、デコレーション・ケーキも買いまして。和食の、「さと」で、夕食も喰て。
小休止とするのか、暫くして、ホナラと、デコレーション・ケーキでもと。されどの、嫁も大奮発で、デカイのケーキでして。
ローソクは、4本。火を点け、皆で、ハッピィ・バースディ・ツー・ユーの歌を歌いまして。
イヤ、孫君がこの歌が好きでねえ。腰を振り、フリ、全身で、踊りの、大変でして。イヤイヤ、喋れませんです。喋れえへんしで、歌えませんです。口は、喋るは、男の子は、女の子と比べて、晩稲(おくて)でして。
孫娘にしたって、喋れ出したは、3歳頃かと。喋れ出したら、喋って、喋って、五月蠅い事。自分の意志を伝える事が出来て嬉しいのかと。

そんな意味なら、孫君の方は、孫娘の時と比べて、行動、動作が派手でして。全身で、意志表示を致しまして。嫌なら、嫌と。
イヤイヤ、孫娘のオモチャにしたって、触りたいのは、触りたいと、姉が泣こが、拒絶をしよが、お構い無しでして。

での、そんな次第の、デコレーション・ケーキも旨いは旨いでも、食べ切れませんでして。勿体ないしと、明日に残しとこかと。
とかとか、やってる内に、私め、眠とおなってねえ。

正直には、カラダがしんどいのもありまして。
イヤイヤ、クタブレてしもて、起きてられへんでねえ。
あっさり、モ、寝ると、孫共を追い出し、布団を敷いて。イヤ、一緒に寝るかと、誘たですが。返事を聞くまでに、こっちが、熟睡。

ホントなら、孫共が寝たら、最新型3Dテレビを見せてもらうにしてたですが。3D映像を見るに、子どもには、目に悪いですて。
とは、前回、来た時から、聞いてたです。よって、楽しみにしてたですが、アカンなあ。

私め、大体は、我が家でなら、寝るは、軽くの零時を回ってまして。ところがの、ここに来たら、零時なんか、トンでもの、23時頃には、起きてられんです。
イヤ、無理して、起きてる事もあらへんしで、お先にゴメンも、云う間も無くの、横になったが最後の、とろとろの、一気、即の、夢の世界、別世界でして。何でかなあと、我れ乍らに不思議の世界なれどです。

ソレで、早くに起きるかとなればの、トンでもの。
明くる日、嫁はん曰くに、凄い雷やったなあと。フウンの、知らんなあと。
ええなあ、よお寝られてと。皆から、云われまして。

での、ソ云うたら、6月26日は、雨やったなあと。
終日でも無く、ちらちらであったかと。
この、26日は特段の予定は無く、強いてなら、帰るだけでして。朝早くから、孫君が起きて来て。早速に、プラレールを出してくれ。新幹線を出せ。駅を、踏切をと、五月蠅あてねえ。
イヤ、喋れへんから、これか、これか、あっちかと、尋ねるに違う、違う、あっちや、こっちや、そっちかいなと。
出せば、当然の、組み立ててくれと。
イヤイヤ、一生懸命に喋ってるですが。日本語になってませんでねえ。マアなあ、出せば、組立は当然かと。


でででの、そんな次第の、さての、ボチボチ、帰ろかの時間が接近での、息子が何やら持ち出して来まして。
綺麗に包装されたモノでして。
正直には、昨日、「ヤマダ電機」で見てまして。
イヤ、嫁の親父さんの還暦祝いが云々での、テレビを買おてたですが。テレビは、配達でして。更に、包装されたモノを持ってまして。何や、ソレと尋ねたですが、何でも無いと。フウンと、だけで、終わったですが。

での、曰くに、「母の日、父の日、ひっくるめて、2人からやと。」
要は、兄弟でと。へえと。
何やな、中身はの、「フォト・フレーム」ですて。モ一発、へえと。

イヤイヤ、過日。
この過日は、年単位の過日。
云うたら、孫娘が産まれた辺り故、4年が経つかの頃、何かの祝いかで、「フォト・フレーム」を買おたろかと。打診されたですが、いらんと。
使うの用事があらへんしと。
断ったですが、その後、妹一家が持ってたり、当然の、息子共も持ってたり。二男の時、結婚式が終わってから、写真を見せてくれるに、その、「フォト・フレーム」をば、持参でして。
案外に便利やなあと、あってもええなあと、過日、京都駅前の、「ヨドバシカメラ」で、物色とするのか、値段を探索したですが。ン万円ですて。勿体ないなあ、止めとこかと。

そんな次第の、斯くなるでの、思わぬの、想定外の、プレゼントを頂戴のと。
何やら、文明開化、一寸だけ、近代化に遅れてるの気分が、追いついたの感がと。
有り難うと。
(11/06/30)


NO.137 諸般諸々の事情(1) 嫁はんの里帰り 

お盆の時期。
毎年、家族全員にて、嫁はんの里、四国香川に出向いてるですが。
長男が結婚以来、毎年の如く、人数が増えて。
結婚したら、当然の、嫁が増え。子どもが出来たら、子どもが増えて。

そして、二男結婚にて、嫁が増え。
二男の結婚は昨年11月なれどの、昨年から、嫁が同行してまして。
同行も、休みの日程が合わずで、行きは別々で、帰りは一緒。どっちにしても、車が二台になりまして。


での、諸般の事情にて、長男の嫁は同行出来ず。息子の勤務の事情。二男夫婦の日程等々、マトリクス程には、複雑怪奇に非ずの、要は、嫁は、実家にで。私共夫婦は、電車で、息子宅にと。
正確には、最寄りの駅で、待ち合わせをしまして。

嫁は、そこから、JRで実家に。その他の面々5名<長男、孫娘、孫君、私共夫婦>は、長男の車<8人乗り>で、四国へと、相成ってまして。
二男夫婦は、この日の夕方、勤務が終わり次第、京都を出発致すです。
結果、嫁の実家とするのか。義姉宅で、揃うになるですが。
コレ又、諸般の事情にての、義母宅<義父他界故>で、宿泊なら、問題無いけれどや。義姉宅で、宿泊となりての、私からしたらの変な具合やでと。

まあねえ、義姉夫婦、一家が熱烈歓迎してくれる故に、可能なれどです。
加えての、先様<義姉>の義理のご両親様も、諸般の事情にて、数ヶ月以前より介護施設に入所されてまして。変な話、家を使えるしと。
そら、先様ご両親様も、相応の年齢でして。諸般、家でみるは不可能でして。

でででの、行き帰りの話をば、事細かに話をしたってなあ。仕方が無いです。大体が、運転は長男任せで、私なら、いつもなら、嫁が座るの助手席に陣取りまして。気が向けば、後部座席の孫娘、孫君を弄くるだけでして。
イヤイヤ、神戸からなら近いです。
明石大橋経由で、鳴門大橋、高松道でして。途中、適当に、サービス・エリアにて、トイレ休憩をしつつの、「津田の松原」にて、昼飯喰て、何時に着いたかの。
亀岡の我が家出発は朝の8時前でして。10時頃かには、最寄りの駅で。目的地には、昼の2時か、3時頃やったかなあと。

オッとの、昼飯は、「好き家」で、牛丼でして。
当世、サービス・エリアにまで、「好き家」が進出かと。
以前は、喫茶店であったよに、記憶してたですが。
ソラなあ、このサービス・エリアでは、「うどん」が喰えるですが。お母さん抜きで、小さいのを連れて、席の確保も難しく。結果、ハタと、先を見たら、「好き家」があっただけの、お子様メニューまで、あるのやねえ。
オマケのオモチャ付きで、席は空いてまして。


イヤイヤ、孫娘も、孫君も、大人しいてねえ。大人しいからとご機嫌さんの意では無く。
理由は簡単明瞭の、お母さんとの別れが辛かったかと。暫しであっても、永遠の別れみたいな感覚かと。
孫娘には、一応は説明の、思案の結果、諾としたですが。孫君は知らんの話でして。とりあえずの、道中、不機嫌でして。弄くっても無反応。
まあなあ、この年齢では、お母さんが全てかと。親父なんかは、損な立場でして。別居の、爺婆なんか、余計にと。


オトトの、そんな話は結構の、当日<8月12日>、義姉宅に寄り、予め発送のお土産を受け取りまして。イヤ、当然乍らの、一旦は嫁はんの実家にで。道中でも、しかるべくの先様に、お土産を手渡しに行くです。
ソラなあ、あくまでも、里帰りでして。義母は健在でして。

義姉宅から、実家までは、車で、約、20分程度かと。
先の通り、道中、2箇所、しかるべくの先様に、お土産をで、嫁はんがと。ソラ、全員では大層でして。

でででの、実家に着けば、挨拶もそこそこの、本宅にと。
理由は簡単の、義兄夫婦宅に仏壇がありまして。マア云うたら、義母は、本宅のソバの小屋にて、生活してまして。小屋云うても、庭がありの、二間に、風呂も、トイレも、台所もあるですが。
かつての、老夫婦2人暮らしなら、充分でして。
イヤ、私なら、本来、ここで、お世話になるべきでして。雑魚寝なら、一間で、三人ならの、四人は辛いけれどの、寝られるわと。

イヤイヤ、昨年は、私共夫婦だけは、こちらで宿泊したです。
ソレ以前は、二男とで、三人がと。二男が独身故でして。
その他、諸々、諸般、そら、お家の事情もあるですが。

何なら、私1人だけでも、実家に泊まってもと、云うてたですが。私1人のために、誰かが、迎えに行ったり、来たりは大変やと。
かと云うて、我が愛車で行くも、車が三台では、経費も掛かりまして。ソラなあ、橋を渡るだけでも、ゲと成るゾと。細かな話の、概略の。車一台で、ガソリン代別途の、道路代<高速道路の通行料>だけでも、往復なら、1万円強でして。
三台では、帰りの道中、神経使うしと。
ホナラの、息子共に送迎を頼めば宜しいですが。
諸般諸々の、事情正確、事細かには、掲載、遠慮の、難い事柄もあっての、されどの、事実は事実での、ここから先、注意深く、拝読して戴ければ、概略の状況なら、分かるわと。相応の人生経験あればナと。

ホンマやでの、斯程に、個々人の考えなるは、千差万別。親に対するも、ソは簡単ではあらへんわと。
ソラ、或る意味、義兄夫婦の背景、我々に対するの気持ちも重々のと。

そんな次第の、義母の待つ、小屋に行きまして。小屋の外では、義母がぽつんと居てまして。私の顔を見るやの、気色満面の、来たかと。遅かったなあと。
コレでも、精一杯、早いけれどの、待つ身からは、そんなモンかと。
オッとの、義母が一番に待ってるは、我が娘での、孫<我が息子共>でありの、ひ孫でして。私はその次の、下の、段違いの、外であるは、重々承知でありましてと。
けれども、先の通りの、里帰りし出して、三十ン年、三十ン回。小屋に移動してからは、十年経つのか、経たんのかと。
どっちにしたって、こっちの方が数段に落ち着くけれどや。こっちとは、所謂の実家でして。

オトトの、決して、義兄夫婦と、私共に何か事件とするのか、わだかまりは無いです。至って、普通で、普通に話はしてるし、出来てるです。
高がの、年に1回、お盆で訪れるに、喧嘩口論なんか、するモンかと。
有るとしたら、親子間、嫁姑問題かと。まあなあ、チラの一端ならばの、同じに暮らし出したは、途中からでしてと。

オッとの、どっこいの、途中からも、定年後に実家に戻って、親と一緒に暮らすのも流行ってるですがと。
この段階でなら、親も相応の歳喰てましてと。ほっとけへんわと。自身も定年で、気分的、時間的の、余裕もあるのかと。ソレで、上手く、行ってるかどかの、情報は乏しいけれどや。
承知の範囲、概ね、好調かと。
されどの、個々人の考え方、事情もあるわと。
(11/08/19)


NO.138 諸般諸々の事情(2) 二男到着の話(1)

オッとの、義兄嫁と、義母に、嫁姑問題がある。
とは云うて無いです。
イヤ、あって当然かと。何の珍しくも無いわと。マッタクの無いとしたら、嘘やろと。聖人君子かと。
但しのクレグレもの、同居の場合やでと。別居で、嫁姑が上手く行ってるの自慢話があるですが。云わせて戴ければ、これ又、当然やと。タマに会う時くらい、電話で話をする時くらい、愛想良く出来て、当然やと。
ソレさえ出来ひんなら、アホやと。鬼畜米英かと。


そんな次第の、夜の11時過ぎに、二男夫婦が到着しまして。
長男と孫共は既に、寝てしもてまして。
ソラまあ、1人で、運転でして。私が多少は代行しても宜しいですが。ども、「NOAH」は使い勝手、操作の仕方がよ分からんです。ましてやの、我が愛車、「カローラ」とは、車高が違い過ぎまして。下手に運転せぬ方がと、一切の運転致しませんです。
正直になら、若い頃なら、アカンと云われても、そんな事、云うなと、無理矢理にでも、町内会一周程度はしてるですが。
触らぬ神に祟り無しが優先しまして。

での、諸般、義姉夫婦を交えまして、雑談をと。
二男は飲めるし、義兄から、洋酒を戴いたのかと。何の銘柄かも知らんですが。当人は飲まずの、二男だけ。飲むのがそんなに好きでも無くで、雰囲気を楽しむ方らしく。
私なら、ホンの僅かなら、飲みたいの気もあるけれどの、戴いても、ホンの僅かは、本当の僅かで、造る方は、造った気分に成らずの量でして。ホナラの最初っから、云わんとこと。更には、飲み屋等々、飲み助の場、雰囲気は苦手やわと。
変な話、大体が飲み助なるは、自慢しいばっかり。愚痴ばっかり。オッとの、二男が自慢しいとは云うて無いです。愚痴屋とも云うて無いです。言語明瞭には、親には、殆ど、話をしてくれませんです。
話をしてくれても、必要最低限もしてくれませんです。根堀りの葉掘りの、聞かんとナと。
そして、後日、別途の話が出て、フウンの知らんナと、返事をしたなら、話はした筈やと。ンと。
余所の人にと、違うかと。


でででの、二男はとあるの、製薬会社を退職。
即の、転職してまして。転職先を決めてから、退職なれどの、新天地にて、1ヶ月が経つのか、「院外薬局」に勤めるよになってまして。
話簡単の、夫婦して、「院外薬局」でして。オッとの、会社は違うですが。
変な話、里で、どんな具合やと。どこででも、一緒は、一緒やけれどや。複雑怪奇なる気分。とは云え、ええ機会でもありまして。

二男曰くに、楽しいでと。フウンと。
やり甲斐はあるでと。フウンと。良かったなあと。
マア云うたら、「院外薬局」の薬剤師は、専門的知識を生かしたの、接客業かと。確かに、二男は人当たりが宜しく、得してる面があるです。誰に似たのかと。
私なら、接客業には、向いて無いです。下手したら、ムカの喧嘩口論出来ずの、ストレスがたまって、心身症になるかと。


勤める以前の、実習時代。
イヤ、正確には、前の会社を退職をして、本来の約束の出社までには、20日の間があったですが。
その間、土曜日だけ、半日<土曜日は半ドン>、実習に行ってたです。その時には、二度帰って来たかで、どやと、尋ねたならばの、立ち仕事で、しんどいと。
座ってもええけれどの、ダアレも座らはらへんしで、実習生の身分でもありの、新米が座れへんしと。フウンと。

ソ云うたら、どこの、「院外薬局」でも、体制は一緒で、事務、受付の子<女性>は座ってるですが。大体が2名。
ガラス戸があって、その向こうに薬の棚がで、薬剤師が、処方箋に基づき、薬を揃えてるですが。座ってるのを見た事が無いなあと。見た事が無い以前の、細々とは、様子は見えずの、大体が、何人居てるのかさえ、分からんですが。
或る意味、一旦座れば、立ち難いかと。イヤ、やった事が無いしで、知らんけれどや。狭い場所でも、立って、移動しん事には、事は進まんしと。


での、此度は、座る、立つの話は出ずの、開口一番なるは、替わって良かったと。ホナラ、結構なれどです。
云うたら、3っつ目の会社でして。
最初は、富山高岡の製薬会社。開発関係をしてたかと。やせ薬が云々と云うてたですが。ソレ以上の事は知らんです。
人間関係良好にて、辞めたくは無かったみたいなれどの、職種的、長くは続かんとかで。
イヤイヤ、現在でも、当時の職場仲間とは、付き合いがあるらしく。もしかしての、飲み友達かなあと。

当然乍ら、在職中に、転職先を決めてたですが。
退職に当たっては、先様、会社から、種々説得されたらしいですが。諸般、親が帰って来いと、云うてるしと、云うてもええかとか。勿論、好きに云うてくれて結構と。
での、転職先は大阪の製薬会社と相成ったですが。早々に後悔してたです。人間関係もさる事乍らの、業務内容が面白く無いと。実は、品質管理関係やったですが。会社によって、形態も違うし、取扱製品も電子部品と、薬品では、違い過ぎまして。

要は製造工程さえ、見せてくれませんでして。へえの、ホンマかと。
イヤ、本社と工場は離れてるのもあるですが。上司の指示が無ければ、出張も出来ませんでして。
オトトの、品質管理で、工程を知らずして、何が出来るやと。信じられんの会社やなあと。
ほめてえへんしで、どこの会社とは、申さんですが。商品名を出せば、多少は知られてるかと。

実は、退職の話を出す直前には、工場に行くになってたですが、話を出してからは、行くの話は消えてしもたですて。フウンと。
肝っ玉の小さい上司やなあと。
ホンマやでの、製造会社の品質管理で、工場も知らんで、何が出来るやと。クレーム回答を提出で、先様から、詰問、質問、問い合わせがあっても、返答出来るかと。
製造工程の隅々まで、承知で、出来る話でありまして。

マアなあ、会社、或いは、上司にも、色んな個性、癖、性癖がありまして。信じられんよなのが、居てるかと。
産業スパイやあるまいにの、入社即の、工程見学、実習でさえも、業務によっては必須かと。マア云うたら、失礼乍らの、部下を育てたく無いの上司であったかと。
とは、当然の、我が推測なれどです。

にしても、私が上司なら、どっちみち、入社即の、使いモノには成らぬが故に、工場に放り込むですがと。1ヶ月、二ヶ月でもの、全行程を、作業員として、作業せよと。これが一番に工程を知るに、早道やと。
工場との、人間関係、繋がりも構築出来るです。組織も概略なら、つかめるです。工程のつらさも分かるわと。オッとの、どこで、手抜きも分かるかと。矛盾点もと。
そこまで、分かれば、一人前の、大したモンなれどの、工程実習は、無駄にはならんわと。

ホンマやでの、私が上司なら、なれどの、どっちみちの、転職先が、製薬の、競合メーカーでも無いなら、最後にでも、一発、勉強のため、行って来いと。ええ機会やわと。製薬会社社員でなければ、工程の内部詳細は見えませんです。
所謂の、一般参加の工程見学では、表面的に過ぎての、分からんわと。チラの、一発で、分かるは、同業者、製造関係<生産設備設計を含む>経験者かと。

イヤ、競合メーカーでも、構わんかと。
業務であっても、個人的お付き合いにての、情報交換出来るよにしてる方がと。得でして。
要は、二男の上司なるは、肝っ玉がと。

オトトの、そんな、こんなで、当然にして、そんな余計な話までは、義姉宅ではしてへんけれどや。
したは、こっち、我が家での話。
(11/08/23)


NO.139 余談・諸々の話(1) 妹一家引っ越しのお祝いの話

過日<8月16日>、伏見に行って参じたです。
イヤ、妹一家が滋賀真野から、そっちの方に引っ越しまして。
その過日には、嫁はんの里帰りから、一緒に、帰った、長男も居てまして。孫娘、孫君は、嫁の実家に移動したですが。
要は、当家の墓参を兼ねて、妹宅におめでとうさんを云いに行こかと。ソラ、長男が行くに、その日しか、あらへんしと。

当家の墓参なら、私共夫婦で、8月初旬には、月参りしてまして。これ又、嫁はんの里帰りまでに、我がご先祖様にお盆のご挨拶を済ませてまして。
ソラなあ、やむおえん場合は別にしまして。原則、ソレで、当然やと。
言葉選ばず、私共、あちらの墓には入らんです。あるのか、無いのか、守護霊様は、我がご先祖様でして。

よって、息子共にも、早々にと。墓参をと。
イヤ、二男夫婦にも、帰ってから、申し伝えたです。
行ってれば良し。行って無ければ、8月中にでも。諸般、日程的に無理なら、出来る限り、9月の始めにでもと。
結果、この、8月21日に墓参したらしくの、結構やと。

モっと、云えば、二男夫婦は、住処が遠くでもあらへんしで、月参りせよ。
とまでは、申さんの、盆正月だけで無くの、年に何度かは、墓参をするべきやと。
とまでもは、申してませんですが。暗黙の、期待してるです。
そらなあ、こんな事、強制でも、何でもあらへんです。気持ちや、気持ちの世界での、言語明瞭に申せば、特には、嫁は、率先垂範、墓参をと。

以て、我がご先祖様からも、可愛がられるです。認知されるです。嗚呼、来てくれたかと、よろこんでくれるです。先様、実家のご先祖様も安心されるです。イヤ、ホンマやでと。
嫁入り先のご先祖様を尊ぶは、実家のご先祖様を尊ぶに通じるです。大切に致すです。
有り体に申せば、自分のためやと。

オッとの、話が若干の逸れたですが。
Web地図では、見てたですが。嗚呼、ここかと。
とは申せどの、伏見は詳しくは無いです。そもそもが、「中書島」の駅の近くですて。
その、「中書島」なら、承知の、但しの、名称だけでして。行った事が無いです。用事が無いです。

での、兎に角、当世便利。
長男の車には、カー・ナビゲーションが付いてまして。住所を登録にて、最短コースを案内してくれるです。
での、諸般、別途の用事も済ませまして。これから、行くしと、伝えたならばの、我が家からなら、一時間もあれば、到着するですて。ホンマかいなと、疑おてたですが。
そもそもがの、二男の住むの、長岡京市になら、15分ですて。
モ一発の、ホンマかいなと、息子と云いつつの、ンの、コースは、そのままの、一文橋の手前から、外環状線、大手筋へと。
大手筋なら、承知してるの、この先には、「御香宮」があるわと。宇治に居た時には、良く承知してたです。
での、大手筋の商店街の手前を右折で、「大橋病院」がありまして。オッとの、知るも、知らんも、妹婿のお母さんが一時、勤めたはったですが。での更なる先を左折で、ンと。人集りがあって、何かあったか、事故でもと。

フと見たらの、「寺田屋」ですて。フウンの、こんな場所に、「寺田屋」があるかと。知らんわと。坂本龍馬が何たらと。知った事かと。
イヤ、ホンマやでと。
失礼乍らの、旅籠を定宿にして、飲んだくれて、遊びほうけて、騒動ばっかり。
何が下級武士かと。嘘、ばっかり。
飲む、買うの資金はどっからやと。オトトの、下級武士であるは確かの、土佐の、豪商<質屋、造り酒屋、呉服屋>の親戚筋、分家やでと。さもなくばの、ピストルを手に入れたり、この当時に、写真を撮らせたりの、飲んだくれの、遊び回れるモンかと。
ども、その辺り、物語的、曖昧にしてまして。
兎に角、事実は、事実なれどの、下級武士を強調しまして。下級武士となれば、貧乏と印象付けまして。風体からしても、どこが、大金持ちかと、思わせてと。
イヤ、立派な人物ではあったです。歴史的人物でして。未だ、国民的超アイドルでして。

オトトの、そんな話をしてる場合で無いの、へえの、「寺田屋」はここなんやなあと、云うてる間にも、通り過ぎてしもてねえ。
諸般諸々の、ここからは、詳細省略の、妹宅マンションに到着。
イヤ、婿殿の案内にて、有料駐車場を借りまして。この界隈、「寺田屋」があるだけ、観光地、名所扱いかの、駐車料金が高いねえ。兎に角、1時間も居たやろかの、500円也でして。へえと。

そんな話は結構の、この日は、婿母<義母>が、ディー・サービスに出てまして。委細構わずの、早速にも、仏壇にと、チンと鳴らして、ご先祖様に、ご挨拶をと。
イヤイヤ、こちらは、お婆さんの部屋に、仏壇が鎮座でして。大抵なら、ソやけれどや。オッとの、以前は、我が家同様、居間にあったですが。
そんな話は結構の、加えての、四国のお土産をば、お供えさせて戴きまして。

以て、一安心の、デハと、祝儀をと。
正直、大した、金額でも無いけれどや。我が家のと、長男名義の二つでして。
ででの、以て、目的の二つは果たしたです。イヤイヤ、婿のご先祖様にご挨拶と、祝儀を手渡すの件でして。

での、ここの、長男、二男が居てくれてまして。長女は、結婚して、出てるですが。
アトは、雑談の、「寺田屋」がこんなに近くとはなあと。
にしても、その昔には、この界隈も、通行してたですが。知ってたら、入ってるかとなれば、分からんなあ。余り、興味がと。
それよりも、懐かしいの界隈でして。大手筋商店街の何屋やったか、母の妹の娘が勤めてまして。一度だけ、来た事がと。「御香宮」の横手には、みたらし団子屋がありまして。時々は買おたです。甘党故。
その先の、伏見桃山城には、1度入ったかなあと。
息子共が小さい時でして。オッとの、その時には、宇治を引っ越してたですが。

オッとの、そんな話はしてへんですが。
二男が、この辺りの産院で産まれたです。その産院は既に、無くなってまして。現在、歯医者になってまして。当時でも、古い産院やったですが。
イヤイヤ、長男がそこの階段を四つん這いで上がる恰好、姿を思い出すですが。
その隣に、「鳥せい」なる、鳥料理屋があって、そこの水が宜しいですて。フウンの、毎日、婿殿が、取りに行くの担当ですて。へえの、飲んでみるかと、コップに一杯、くれまして。

この名水なるは、『「白菊水」と称し、ご当地、久米の里の仙人・天太玉命(あめのふとためのみこと)が育んだ、白菊の露の一滴から湧き出たと伝えられます。
蔵元「神聖」の酒とこだわりの鳥料理も逸品』
とは、「伏見名水スタンプラリー」なるのがありまして。その説明文ですが。

確かに、伏見は、「月桂冠」「黄桜」「キンシ正宗」の銘酒の発祥地でして。
私め、下戸故、これ又、京都伏見が発祥の地とは、承知でも、場所を知らんかったです。現在唯今でも、知らんですが。わざわざの、見には行ってえへんしと。
(11/08/24)


NO.140 余談・諸々の話(2) この1年、見舞いばっかりの話

斯くなる次第の、斯くなるでの。
ソラなあ、この界隈は懐かしいです。妹宅、そのものの界隈は知らんけれどや。
宇治に居た頃、亀岡に引っ越しても、諸般の用事にて、大手筋商店街近辺は通行してたです。商店街には、車通行止め故、迂回したですが。
迂回コースに、「橋本病院」がありの、二男の産院がありまして。

オッとの、その産院が、「今津病院」ですて。
とは、FHさんから、掲示板にて教えて戴いたです。現在唯今、歯医者なれどです。
イヤ、同行の長男には、話をしたです。お暇してからやけれどです。ここにあったんやと。確かに、「鳥せい」も見えたです。

での、長男の産院は嫁はんの里でして。里も、里の近辺では無くの、観音寺の産院でして。名称は失念したです。長男には、申し訳が無いですが。場所も分からんです。大体が、方向音痴、地名音痴でありまして。
義母に、案内して戴いたかと。
さもなくばの、右も、左も分からんわと。京都でさえ、ええ加減やのにです。

オトトの、そんな次第の、妹婿の母様も、介護認定を受けてまして。イヤ、「1」ですて。変な話、思いのホカ、軽かったかと。
イヤイヤ、昨年、二男の結婚式から数日して、倒れられまして。倒れたは、長男の結婚式とは、無関係なれどです。脳内出血にて、右か、左の半身が云う事を効かんよになったです。
での、二男夫婦が新婚旅行から、帰って来まして。挨拶方々、お土産持参で、当時は滋賀の妹宅にで、その帰りと云うたら、何やけれどの、入院先、日赤に、妹一家の案内、先導にて、お見舞いに行って参じたですが。
云うたら、日赤も綺麗でして。

余計な話なれどの、この1年、昨年来、お見舞いばっかり。
一番手が、この時でして。妹婿の母(かか)様の見舞い。嫁はんと、二男夫婦にて。
二番手なるが、5月であったか。長男の嫁父の見舞いで、これは、足の骨折でして。京都東山の日赤で、嫁はんと、長男一家。そして、案内は、嫁母でして。
日赤も、綺麗になったなあと。

そして、お盆の里帰りで、義姉婿のご両親の見舞い。イヤ、病気では無いです。介護施設でして。嫁はんと2人してで。案内は、義姉婿殿。綺麗、汚いでは無く、部屋が広いなあと。
別途になら、我が母入院にての、週にン回のご用聞き。
日赤と同じの造りでして。綺麗やなあと。

ホントにねえ。
近頃の、病院は綺麗になってるです。オッとの、「亀岡シミズ病院」は、綺麗とは、云えませんですが。はっきりとは、汚いですが。
更に、余計な話の、病院が、介護業務を併設が多くなったかと。「大橋病院」も、「亀岡シミズ病院」も、併設でして。母が時折のお世話になってるの、「かえで」は、「亀岡病院」が運営してまして。

そんな事で、妹婿の母様を見舞いの時には、ベッドに横になっておられまして。
動かれてえへんしで、症状の程は分からんかったですが。
現在、杖一本で、歩いたはるとの事で、へえと。大変な回復力かと。そして、当日なるは、昔、勤めてたの、「大橋病院」に、ディー・サービスでして。週に3回ですて。良かったなあと。近くやしと。
近くも、近くで、歩いても、数分かと。

でででの、我が母、杖一本から、杖二本。
転ける度、当然の歩き難くなっての、現在唯今、歩行器でして。これで、介護認定、「2」でして。
過日、7月18日に家で転倒。入院にて、8月の7日に退院したと。オッとの、妹には当然の、入院の件、連絡してるですが。
そして、10日より、妹宅に訪問の日、16日まで、ショート・スティに行ってると。コレ又、4時頃には、帰って来るしで、それまでには、帰宅をしてませんとと。

そんな話は結構の、先の、FHさんとなれば、「三栖(みす)神社」の、「炬火祭(たいまつまつり)」がありまして。
での、「三栖神社」の場所も知らんですが。場所を知ってるかと、妹の長男に問えば、あっち方面かと。指差しまして。フウンと。遠いのか。近いでと。フウンの、もしかして、この辺りの氏神様は、三栖神社になるのかなあの、その三栖神社の、エライさんを知っててなあと。
されどの、ご尊顔は拝して無いの、要は、インターネット上でのお付き合いでと。

イヤイヤ、方向音痴、地名、人名音痴で、真性、純正音痴とは、こんなモンでして。承知の範囲しか、知らんです。
一寸、逸れたら、皆目でして。
例えばの、「寺田屋」が伏見のどこそこにあると知っても、嗚呼、伏見かと。だけで、チョン。伏見のどこかまでは、見てませんです。見ても、嗚呼、中書島のソバかで、チョン。その中書島の駅を知らんですが。
精々が、嗚呼、観月橋の近くかと。
観月橋なら、承知の、嫌と云う程、車でなら、渡ってるですが。
要は、中書島に用事が無ければ、駅を使う事も無くの、周辺が分からんです。周辺が分からんが故に、ピンとも、来てませんです。
されどの、例えばの、「今津病院」の、右手、左手にと。云われたならばの、「今津病院」なら、承知故に、当然乍らの、理解致すです。距離感も分かるですが。

そんな事で、引っ越しの際、相当量の不要品を廃棄したらしく。されどの、小物で、段ボール百箱もあったですて。百箱ねえ。有り得るなあと。
家一軒、ン十年。ソラ、大物、小物で一杯かと。
整理整頓にまだまだ、日が掛かるらしく。ソラ、ソやろなあと。

ところで、滋賀の家に居た、犬君はどしたと問えば、お母さんが倒れて、入院で、暫くしたら、昇天したですて。フウンと。
元々が、ええ歳でして。行くと吠えられたですが。イヤ、このマンションでは、ペットを飼うのを許されてるのかなあと。されどの、見て無いとするのか、吠えられてませんでして。
云うたら、京都時代に私が飼おてた犬ちゃんも、京都から、宇治に引っ越しの直前に昇天したです。

まさしくの、直前でして。
イヤ、宇治は、マンションでは無いけれどや。一緒に連れて行けるのかなあと、内々に、話をしてたですが。聞いてたかの如くに、行ってしもて。ビックリしたですが。
犬とは、そんなモンでして。分からんからと、下手な事は云えませんです。
結果、以来、犬は飼ってませんですが。

オトトのそんな、あんなの、話は、こっちに、あっちに、そっちにと。
妹の長男は、ここからなら、会社に約50分ですて。云われても、会社がどこにあるかを知らんですが。50分なら、ええなあと。
での、私がトイレを借りてるの間に、我が息子が、妹の息子、長男の部屋を見学の、理由は、防音室になってるですて。へえの、中で、エレキ・ギターを弾いて、外には聞こえへんの確認してたりの。
二男の方は、現在、回転寿司屋、「くら寿司」にアルバイトに行ってるですて。フウンの、自転車で、10分の、どちみちの、詳しく場所を聞いても分からんわと。

ではの、昼になったし、お暇するわの、元々が、昼の心配すなと。
イヤイヤ、駐車場が有料の問題は知らんの、要は墓参もあるし、先の通りの、母が戻るまでには、帰宅しとかんとで、その他、寄るの先もありまして。
長居はしてられませんの、嫁はんと、二男は、別途、しかるべくの、イツになるかは、分からんの、引っ越し祝いに来るしと。
(11/08/25)



inserted by FC2 system