超個人的本音
息子の嫁は
ハデ
でなく、ブスでもなく
NO.6

ハデブスNO.3 ハデブスNO.4 ハデブスNO.5
ハデブスNO.00 ハデブスNO.1 ハデブスNO.2

題目一覧表

目次

ハデブスNO.7

NO.60 結婚式披露宴(5) 挨拶廻り(2)

NO.59 結婚式披露宴(4) 挨拶廻り(1)

NO.58 結婚式披露宴(3) 主賓挨拶(2)

NO.57 結婚式披露宴(2) 主賓挨拶(1)

NO.56 結婚式披露宴(1) 都ホテル、山城の間

NO.55 結婚式本番(7) チャペル・グレースでのウェディング(5)

NO.54 結婚式本番(6) チャペル・グレースでのウェディング(4)

NO.53 結婚式本番(5) チャペル・グレースでのウェディング(3)

NO.52 結婚式本番(4) チャペル・グレースでのウェディング(2)

NO.51 結婚式本番(3) チャペル・グレースでのウェディング(1)

ハデブスなくNO.5


NO.51 結婚式本番(3) チャペル・グレースでのウェディング(1)

振り返れば、アッと云う間。其の時も、目まぐるしく進行。

兎に角、親族紹介終われば、即刻の記念写真でありましての、何処をどんな具合か忘れたですが。両家一斉、仲良く部屋を出まして。スタジオにです。
入れば、既に新郎、新婦、居てまして。多分なら、一足お先にお二人さんの記念写真を撮ってたかと。勝手に想像したですが。
にしても、今まで、何してたんやろと、余計な心配したりして。まさかの写真撮影ばっかりでも無いやろしと。

イヤ、息子とは、着替えの部屋で別れて以来。新婦とは、先週、ホワイト・デーのモノを渡して以来です。イヤ、ナカナカに結構、上出来。綺麗です。
新婦さんがです。何と云うても、主人公です。
どんなウェディング・ドレスかは、一月にも写真で知ってるですが。現物も、私のモーニング、衣装合わせの際、高島屋で、チラと見てるですが。そらまあ、幾らしたのかの、相当なモンです。
新郎父のモーニングなるは、貸衣装、二種類あったです。従来通りのと、一寸粋で、新型とかで。
値段、幾らですか。従来のが一万円。新型二万円です。ソですか。一万円のにしますと。間髪入れず、決定したです。結果、二万円のが、どんなかも見もしてへんですが。私等なんか、何でも結構。恰好さえしたらと。

しかるに、イヨイヨの本番当日ですやんか。お二人さん、照れくさくも、嬉しそにしとりまして。
デデデの何です。スタジオのスタッフの指示に従い、しかるべく、新郎の右手に陣取ったですが。手袋は右手でと。イヤ、左手に持ってたですが。こんな具合ですと、具体的に教えて戴きので。
其れにしても、手袋なんか、何で持つのかと。元々がモーニングなるは西欧のモンやしナと。昔は、左手では妻子を守りの、右手にサーベル、敵と戦おたの、名残であると。
イヤ、サーベルの替わりに手袋をと。正直云うて邪魔なんやけど。形式故と我慢して。

立つ位置、新郎を中心として、右新郎父で母となりで、右上位となってるですが。されどの朝廷での、左大臣、右大臣ともなれば、左大臣上位なんやし、右上位なるは、西欧からの輸入かと。
云うても、右、左、どちらが上位かヤヤコシイです。京雛、朝廷の慣習励行、左上位。関東雛は其の反対でと。どっちにしても、モーニングにドレスなんやし。西欧式にて、右上位で結構かと。
イヤ、万事、ゴタゴタ云わず、ご指示に素直に従おてるです。

何枚撮ったか、撮られたか。子供さんも居てるですが。案外に大人しかったです。
イヤイヤ、余所を見てるのか。スタジオの年配のスタッフ、熊の人形持ち出しまして。こっち、コッチ。コッチを見てナ。ハイ、チーズ。
とまでは、どやったかの、チカラを抜いて下さい。肩のチカラを抜いて。コッチを見て、ニコリとしてと。バシャリと、フラッシュ焚かれましての、記念写真も無事終了。

スタジオを出たら、息子の友達なんやろなあ。居てまして。多分なら披露宴での、受付担当のです。
息子何を思たか、自分の手袋持っといてと。私に渡したですが。とりあえずは預かりましての、息子は友達と打ち合わせみたいで。打ち合わせ程度で、何で手袋が邪魔か分からんですがと。

デデデの何です。お二人さんは置いといて。私等はご案内に従いましての、七階へと。イヨイヨの結婚式本番。
さりとて、式はチャペルやし。新郎の親は何にも無くての、新婦の父親、大役あるです。バージン・ロードを娘と一緒に歩かんならんし。新郎に引き渡すの、何とも早(はや)の、過酷なるお役目。
私が花嫁の父なら、耐えられへんです。厭々するです。理不尽ナと。大切なる我が娘をと。嫁になんか、往かせるモンか。
とも、云えへんのが辛いですが。

ご縁あっての、目出度くの結婚式です。ご縁が無ければ、そのホが大変やしで。娘の一生、今後の人生、思えば、心で涙。寂しい涙、嬉し涙混在の、顔は、喜色満面のと、ニコリとしてんならんですと。
イヤイヤ、私に娘は居てへんけれどや。姪もチャペルでの結婚式との事でして。チャペルのは、ども親の心無視、知らずの残酷なる形式と思うです。

云うたら、何で女の子はこんな毛唐、異教の儀式を夢見るかと。元々、毛唐は残酷なんやでと。女性の天性、本質、冷酷無情の魔性と、思わん事も無いです。
その点なあ。神式なるは日本古来、厳粛、奥ゆかしくての、神聖かと。云うても、最近は、チャペルのばっかりかと。

イヤ、私は結婚式の形式なるに、一切、口出し、干渉してへんです。私の結婚式でも無いですし。二人で決める話やしと。
しかるに、いつぞや、聞いたです。どっちにしたと。チャペルと聞いて、そかいナと。女の子は何でチャペルなんやろねえと、問おたですが。返事はあらへんかったですが。
勝手に想像的には、女の子の夢なんかなあと。

デデデの、着いた先は、何のタメの部屋かと。
まあ云うたら、順番待ちの待合室。両家苗字を明記してないですが。通路を挟んで、向かい側にも同じよなのがありまして。
どっちが、どっちか分からんナと。中を覗けば、男の子が居てるし、息子の友達かと。向い側には女の子多数で、あの娘(こ)の友人かと。
要は此処からが、全員参加の結婚式と相成るのかと。

イヤイヤ、もっと先見れば、結婚式執り行われてる真っ最中です。余所様のです。
デデデの、前日、チラと見に来たですし。位置関係、承知です。
都ホテルは山に沿って建てられてるです。チャペルは七階相当部分の山の中腹にあるですが。そのまま、ホテルの七階に入れるです。反対には、ホテルの七階に上がれば、チャペルに往けるです。出入り口がある故で。

其れにしても、私等の時間で、女性陣、朝の八時に美容室に入場やしと。
先客ならば、更にの一時間前、七時頃に来たはるになるです。大変やナと。決まったら、どのこの云うてられへんですがと。間に合うよにしんならんですし。

しかるに、三月二十四日の大安吉日、チャペルでの結婚式が何組あるかは知らんですが。果たして、キリスト教で、大安吉日なるが、あるとは思わんですがと。
ホナラの日に拘(こだわ)らんでもとなるけれどや。其処が、和洋折衷、面白いナと。ワザワザの、仏滅にする事は無いですしと。

デデデの、ここからが、チャペル方式の面白い処で。神式なら、親族紹介に引き続きの、親族一同のみでの結婚式と相成るですが。チャペル方式なるは、親族に加えての、友人参加で、所謂、賑やかさが歓迎されるです。

イヤイヤ、待つ事、十数分。先客、先組終了しまして。皆様、お引き上げで。チャペルも静寂に戻ったですが。案内あるまで、待ってんならんです。
チャペルの準備もあるですしと。終わって、スグにもハイ、お次の方と呼ばれてもナと。
有難味がナと。清潔感、新鮮味がなあと。
(07/03/31)


NO.52 結婚式本番(4) チャペル・グレースでのウェディング(2)

イツまで待つのか。暇やしなあと。
云うても、結婚式は十一時からとなってるですが。部屋に居ててもなあ。親族以外は知らんですし。部屋にはソファーが幾つかあるですが。洋式風故で。
座ってるのもなあで。さりとて、モーニング姿で部屋の中をウロウロもなあと、遠慮して。通路に出たら、片脇には灰皿あってと。コレは佳かったと、タバコを吸うてましたです。
仲間は、我が親族男性陣。義兄、義弟、二男。新郎の友人数人と、あれこれ、雑談。入れ替わり立ち替わりではあるですが。

其処に新婦のお姉さんのご主人、仲間に入って、来まして。
イヤ、コレと云う話はしてへんです。マズは、先方の親族なるで、タバコを吸うは此の人だけかと。アトは、単なる世間話の、酒は呑めるのか。強いのかと。ウン、強いでと。
オトトの、ソかいナと。自らやから、可成りかと。残念乍らの我輩、下戸でと。付き合えへんナと。されどの、アトでの披露宴にて、注ぎに往くかもナと。チャンと受けてナと。

イヤイヤ、気さくで喋り易い兄ちゃんです。厳(いか)つくは無く、ひ弱わソでも無くの、まあ云うたら、外見、普通。
しかるに、こんな場で、深刻なる話の、身の上相談、その他諸々の、込み入った話も出来ひんしと。加えて、あの娘(こ)の姉婿と分かってるのに、横向いたままの、知らんフリの、ブスの、難しい顔もしてられへんですやんか。
云うたら、今後共に息子がお付き合いするべき関係のお方ですやんかと。さりとて、当日、初対面の、何にも知らんのやしで。

ソコしてたら、ボチボチですと云われたのか。思たのか。
とりあえず、ホテルの七階から外に出たです。煉瓦造りのチャペルの処にです。チャペルまでは、遠巻きにするよに、簡単な日除けがあって。昨日は無かったですが。多分なら、参加者日除けの処で待機しなさいと。新郎、新婦、ご登場見守りなさいと。

イヤ、マダ何にも無いですがで、日除けの中程には、二人のヤヤの年配者が居たはったです。
イヤ、誰かは知らんです。結婚式に関係してるのか、してへんのか。少なくとも、我が親族でも、先方様のでも無いです。さりとて、お友達にしたらなあ。歳喰い過ぎてるナと。
そやから云うて、主賓にしてもナと。年代がナと。一寸、喰てるし、もしかしたら、ご近所、或いは宿泊客の見学、お散歩かと。

其んな具合に思てたですが。アトで知ったです。
寿退職したですが。あの娘(こ)の職場の上司であってと。歳喰てるお方が課長さんで、お若いほが、係長さんとは、披露宴の際、知ったです。
お若い云うてもなあ。まあ、私と同年配かと、思てたですが。歳喰てるお方でさえもが、私よりも年齢下ですて。明くるの、日曜日に、あの娘(こ)に、アノお方、歳幾つと。へえ、ホンマかいナと。ビックリしたです。

イヤイヤ、失礼乍らの、軽くのご年配かと。下手したら、七十代かと。間違おても、六十代半ばと見えたです。正直云うて、オツムの加減もチと寂しいのもあってと。其れだけでも無いけれどや。
イヤ、大体が六十歳で退職やしと。まさかの上司とはナと。もしかしたらの、勤めてた会社の経営者様で、会長様なら分かるですが。そんな話は聞いてへんしと。

イヤイヤ、デデデの矢っ張り、気さくなお方でありまして。
世間話をチとしたです。ソラな、相手様が何様かも分からんけれどや。さっきと同じで、横向いての、ブスの知らんフリもしてられへんです。こっちの素性、相手様は分かるのやしと。我輩、モーニング姿やしと。
当然乍らの、結婚式の参加者としてです。まさかの、お散歩のお方を前提では無いです。
「何とか、お天気保ってますねえ。」
「そおやねえ。昼からが、怪しいみたいやけれど。もお一寸、保ちそおやねえ。何とか、アト一時間程度、保ってもらわんとねえ。」

ン、もしかして、矢っ張りの参加者かと。さりとて、どんな関係のお方かと。新郎か、新婦かと。やけど、こんな年配者がなあと。例えば、準社員、嘱託のお方とも考えられるけれどや。そんな話も、聞いてへんし。一々の、参加者の年齢まではナ。新郎、新婦のお二人さんには確認してへんしと。
まあ、結構です。どんな関係かと、こんな場でお尋ねするのも何ですし。変な話さえしいひんかったらと。

ホナラのお若いほのお方が、山の木々見上げましての、「一寸、マダ寒いし、花もマダですねえ。」と。
「そおですねえ。桜満開やったら、結婚式に佳い記念ですのにねえ。
其れにしても、今日は寒いですねえ。」と、適当なる話をしたりして。

そんな次第で、時間潰し。
でも無いです。アナウンスがあった筈やしで。
部屋で待機の面々、出て来まして。イツの間にやら、チャペルの周辺。云うても、遠巻きでの、簡易の屋根の下です。大入り満員御礼状態になっての、程無くして、下のほから、チャペル・カーがユックリとです。後部座席には、新郎、新婦。
嗚呼、始まったかと。

しかるに、昨日です。此の近辺、ホテルの外に出ての、チャペルに向かって歩いたですが。一寸、見よかと。
イヤ、一体全体、何処から、チャペル・カーにと。乗ったのかと。そんな場所有ったかなあと、余計な事ばっかり考えまして。

イヤイヤ、着いたらです。車から降りたらです。先に預かったる、白い手袋をばと。渡したらんとナと。
結婚式で、新郎手袋無かったら、アカンがなと。サーベル替わり、家族を守らんならんゾと。ホンマやで。
そやから云うて、場違いな場面で以て、新郎父、突如現れての、シャシャリ出ての、衆目注視の中でやで。新郎に、コレ、オマエのやでと、手渡しも出来ひんやろナ。さりとて、ホットク訳にもナと。
私にしたらの、大問題。
(07/04/01)


NO.53 結婚式本番(5) チャペル・グレースでのウェディング(3)

当事者でも無い当事者。
主役では無い、陰の主役も大変やでと。

兎に角、黒塗りのチャペル・カーにてご登場の花婿、花嫁。場内とするのか、屋外、簡易屋根の下の、参加者拍手、歓声で以てのお出迎え。
花嫁さんは車から出るのも大変。ドレスの裾が全開の花弁の如くに開いてる故で。
召使い宜しく、介添え担当の女性がウヤウヤしくです。お手を取りましての、モ一人様はドレスの裾が邪魔にならぬよに、持ちまして。早い話が御姫様、王女様に、対するよにです。
足元には、赤い絨毯、踏み台やけど。置きまして。段差が酷くならぬよにです。細々なる配慮もされまして。
見てる、こっちは、都ホテルのスタッフの皆様、ご面倒掛けての、スミマセンですねえと。心の中でです。感謝したりして。
要は第三者、見物人的では居てられへんのや。当事者でも無い当事者。主役では無い、陰の主役故で。

しかるに、若殿、若様、王子様は、まあ、特に構て戴く事も無くです。出て来た故、此処やナと。サと近づき、預かってた、白い手袋を渡しまして。渡してから、見たです。気がついたです。チャンと持ってるがなと。
ソやろなあと。私等と違いましての、表の、正真正銘の主人公です。持つべきは持ってんならんです。しかるべくの、現場でも、予備はあるやろしの、手配も出来るナと。
王子様、私が渡したのを、担当の女性に預けましてと。ホナラの、要らぬ、心配やったかと。

イヤイヤ、デデデの、或る意味、チャペルが女の子に好まれる一端、分かったよな気もしたです。
先の通りの、王子様、王女様扱いですやんかと。馬車の替わりにチャペル・カーですやんかと。星の王子様、白馬の王子様は別としての、メルヘンチックな世界やなあと。演出やナと。お好きにしてクレと。
イヤ、チャペル・カーでのご登場なるは、初めてかと。幾ら掛かった知らんけれどと。余計な事も頭を過ぎったりで。

イヤイヤ、デデデの、写真撮影、今時、携帯電話での写真多数の、王子、王女気取りの、お二人さん、チャペル・カーを、更にはチャペルを背景にです。並べまして。さながらの、撮影会みたいな具合になってと。お付きの女性も、どうぞと、促しまして。
ハタで見てるほは、お好きにして頂戴と。ソラまの、主人公、突っ立てましても、周辺物静かで、写真を撮られへんかったら、ガックリやろしと。

友人多数参加なればこそです。有り難う御座いますと感謝しまして。あくまでもの、心の中での話です。
云うたら、私等が携帯電話で写真もなあと。構いはしいひんですが、慣れてへんです。受ける専門故。最近よおやくの、メールが出来るよになったですがと。ついでに、電話帳への登録もです。

デデデの何です。余計な話は置いといて。
マズは、新郎、新婦の両親呼ばれましての、親族も、イヤイヤ、友人もです。王子、王女を中心に、チャペルを背景にての、記念写真。
イヤイヤ、賑やかなる記念写真となりにけりのと。交代にて、新婦の関係者と。私等は、チャペルの横手、待合い場所に移動してたですが。

写真撮影会も終わりまして。
何を待ってるのか知らんですが。暫しの休憩。
イヤ、その間にも、新婦のお父さん、呼ばれまして。チャペルの横手の、奥のほに、消えたです。
イヤイヤ、用件なるは察知してるです。バージン・ロードを歩くの際の、歩き方等々、練習指導なんやろナと。
ソラなあ、全然知らんとからには出来ひんです。裾の広がった、ドレスなんやし、踏みつけたら大変ですしと。其の時にはその程度にしか思てへんかったですが。実際にも、其の通りと思うですが。

デデデの何です。友人なるは年齢的に分かるです。先方様親族、紹介されてる故に、分かるです。
しかるに、正体不明の中年女性が居たはるです。イヤ、大凡の見当ならついてるです。息子の上司、主賓挨拶されるのお方です。

そやけどなあ。場が場だけに、挨拶し難いです。違うかったらと。さっきみたいに、見当つかずの、適当にの、世間話的に話の出来る雰囲気でもあらへんしで。
イヤイヤ、皆様、適当に談笑されてるけれどや。他にも息子の職場からは、上司の男性二名が出席予定されてるですしと。其の三人組なら、間違い無しとなるですが。一人だけやしなあと。確信が持てへんですし。
下手に挨拶出来ひんです。失礼あったらアカンぞと。其れで無くとも、慌て者故と。心配しんでも、小一時間もしたら、披露宴にて判明するですしと。
モと、云い出したら、一人だけを特別扱い出来ひんです。お越しのお方全員平等、お一人、お一人様に、ご挨拶しんならんですやんかと。其れは披露宴にてと。

其れまでは、当たらず触らずの、中途半端で結構ですと。ソラ、先方様からの自己紹介、あれば別ですと。
或いは、誰とは云わんの、先刻承知の友達ならば、嗚呼、佳く来てくれてと。云えるし、云うて当然と。イヤ、入社以来の親友が来てくれてたです。何度も会おてるですと。話もしてるのに、知らんフリは出来ひんですと。

デデデの何です。ゴタゴタ考えてる暇は無いです。担当のお方に此方へと。
促されての、チャペルの入り口。云うても正面からでは無くの、横手なんですが。控え室からは直結のです。私と嫁はん、並びまして。向いには、先方のお母さんがです。お父さん別用での、奥のためです。

しかる後、新郎側、新婦側関係者が続きましての。
デハと、双方には先導者がつきまして。私等はチャペル後方、右手側から。先方様、左手に別れましての、チャペルの正面、真ん前にです。
着席の場所には、結婚式次第の小冊子がありまして。見れば、賛美歌も印刷してあってと。

正面、右手に電子ピアノ。女性奏者も着席したはっての、生演奏かと。左手には、トランペット持参の、何やろなあと。伴奏でもしやはるのかと。矢っ張り女性が居たはって。
イヤイヤ、荘厳、ナカナカの雰囲気です。昨日もホンのチラと、覗いたですが。正面入り口からやけど。中には入ってへんですしの、そんなにはナ。長々、ジロジロとは見てへんです。
不審者と見做(な)され、誰やと。叱られたら、困るナと。
(07/04/02)


NO.54 結婚式本番(6) チャペル・グレースでのウェディング(4)

イヤイヤ、何ですの、其れ、バッカリやけど。
結婚式から早くも一週間と一寸経過の、日曜日には、戴いたるお祝いの、お返しのための。お品を選びに高島屋にです。息子夫婦と一緒の四人でです。昨夜より、来てましてと。

結婚式を以ての、名実共の、正式なる夫婦になったです。云うたら、変な感じやなあと。籍はとっくの昔に入ってまして。法律上は夫婦となって。
同居は一月の半ばからでも、矢っ張り、結婚式を経ての正式ですしと。ケジメですしと。

高島屋に往くのならの、ついでにではなくての、お墓参りです。
更にの、ついでにでもなくての、我が親父の十七回忌の読経の予約。案外に案外に皆様、早くからの予約をされてて、丁度の佳い時刻は満杯ですて。お坊さんが出払おたはるですて。マダ、一ヶ月半もあるですのにと。
ホナラの一時間、遅くにしてと。十二時からと、お願いしまして。

更に、更にの、ついでのついでに、一寸だけの、遠回りで、円山公園の桜見物なんかをしまして。
桜見物なるは、ホントのついでの話です。折角、咲いてるのに。咲いてるのが、見えてるのに。素通りなんかしてられへんですと。

イヤイヤ、親父の十七回忌の、料理をばと。円山公園、「いそべ」にです。一寸だけ、寄りましての、幾らするかと、探索、懐石料理がです。来月、五月の半ばに予定してるですしと。
イヤマア、高いなあ。前回イツやったかの、誰のやったかの、年会の時には、モ一寸安かったよな気もしてるですが。何も、「いそべ」に拘る事もあらへんですが。今なら、空いてますと。やけど、一寸、考えときますと。
しかる後に、高島屋に往ったですが。
正直なる処、何やかや云うても、毎週のよに出てるはチとシンドイです。

デデデの何です。ソラマア、何です。結婚式の形態、様々でして。
同じ結婚式場には二度は往って無いです。同じなら、前回とどんな具合に違うか、分かるですが。
鷹ケ峯、光悦寺のソバ。御所、ブライトン・ホテル。その他の覚えてへん、ホテルに、平安神宮、松尾大社、彦根に往ったり、大阪、兵庫、四国であったりの、会員制も経験してるし。

何処かは忘れたですが。教会もあったりの、千差万別の、千回、万回もは、呼ばれてへんですが。教会も、式だけで、披露宴が無かったりで。
どれが佳いとか、悪いとか。何の考えも無いです。其れこそ、お家の事情、お考えがあるです。ハタがとやかくの口出し無用。口を出さずに、出すなら、ドンと一発、束で万札出してやれと。
或る意味、よくぞ、皆様、色んな処を調べやはるなあと、感心するです。正しくの結婚式場も、ご縁です。
此度は、都ホテルにてのご縁があっての、挙行となったですが。

チャペル・グレースの、「グレース」とは何ジャと。
由緒あるかと。歴史上高名なる宣教師。それとも、賛美歌の事かいナと、調べるに、佳く分からんで。
何分の東本願寺派故の、仏教徒なるですしと。ホナラと、単純なる英単語、直訳、翻訳、誤訳覚悟の、推定での、優雅、神の恵み程度の意かと。
正解であろが、なかろが、どっちでも結構ですが。一応はなあと。知って、何の得にも、儲けにも成らんですが。知って損もしいひんですと。イヤ、多少の時間喰たですが。

しかるに、チャペル・グレースに入りまして。結婚式次第を一瞥。要は賛美歌唱うのやと。
デデデの先の通りです。電子ピアノがあるし。トランペットもあるしと。生演奏、生歌、初めてですが。
後日やけれど、あの娘(こ)に聞けば最近、何処でもソなんですて。生ですて。左様(さよ)ですかと。私が参加のチャペルのでは、曖昧模糊なる記憶ならばの、生では無くての、バック・グラウンド・ミュージックやったですが。最近では、高級になってるのかと。

そんな事はどっちでも佳いです。式は気楽です。お役目無いです。我輩、仏教徒、東本願寺派で、毛唐嫌いと駄々一切無しの、賛美歌唱うもご協力致します。
その点、新婦の親父さん、大変やなあと、傍観者的気分で見守ってたですが。

サテの、イヨイヨ、式開始。
電子ピアノが奏者によっての、演奏されて。荘厳なる曲、何か知らんですが。チャペル内に響き渡り。
牧師さん、司式者と称するですが。何とまあの、背の高いお方です。黒人のです。イヤイヤ、背は2メートルあるかと。ヒョロヒョロでは無く、恰幅あるです。迫力あるです。

デデデの自己紹介されたですが。佳く分からんです。英語での、自己紹介で、単にお名前だけですが。
そして、ウヤウヤしくも新郎、王子様、教会、チャペル後方より、現れまして。正面にて、振り返りの、静止しまして。
デデデの何です。チャペル後方より、王女様、父君と腕を組みの、現れましての、正しくの、バージン・ロードを一歩一歩です。

其の姿見て、理解したです。成る程なあと。
何度も歩く姿、光景、見てるですが。合点(がてん)したは、此度初めてでして。イヤ、当事者でも無い当事者。主役では無い、陰の主役故です。傍観者、第三者で無い故でして。

コレなんやと。
父、娘が、シッカリと、腕を組んでの歩く姿です。ソラ、小さい時にはしたですが。お年頃となりて、したのかと。イヤ、散見してるですが。傍目で、羨ましいナと思うです。微笑ましいです。佳い娘さんやなあと、心底思うです。

言語明瞭、父と娘なればこその様(さま)になるです。
云うたら、父、息子ではナ。小学生なら別としまして。成人してての、ええ歳してては、変です。可笑しいです。気色が悪いです。変質者です。母、息子も、同様にして、マザー・コンプレックスかと、疑われるです。イヤ、仲の佳いの表現にも限度があるの意であって。
母と娘は不思議で無いです。腕組むかどかは別にしてです。下手したら、姉妹かと、紛(まが)わんばかりのも居たはるですしと。
イヤイヤ、コレがなあ、娘としての、最高の父親孝行かと。日頃は出来ぬ、してへん事をと。結婚式での、衆目の面前にてと。

見てて、ハタと、気が付いたです。思い当たったです。ええなあと。
云うたら、娘の居てへん私にはして貰えへん事です。
モと云うたら、息子の嫁にして貰うも可能は可能やけれど、変やんか。気色が悪いで無くての、ご遠慮申すが常識、節度であってと。
言語明瞭、親しきなるは、大いに結構なれど、距離は意図的、意識的に保つべしと。要らぬ誤解招く故と。招く程の親しくなれるはええ事なんやけれどと。
イヤ、可能ならば、意見ぶつかり、喧嘩口論出来る程の仲になりたいけれどや。まあ、ソ簡単には無理やでと。此処では理由、伏せるですが。

イヤイヤ、お目出度い席、場。都ホテル、チャペル・グレースでの、一時です。厳粛、荘厳なる結婚式です。余計な話は別途にしまして。
単純明快、ええなあと。コレがしたかったかと。
されどの、男親、複雑怪奇なるの、感無量の心境ですがと。コンチクショウめがと。思て当然。私等にしたって、次ぎなる段階にての、嗚呼、イヨイヨ以ての、寂しくなるなあと。

さりとての、万事、悉くの言葉で無くての気持ちでも無く、行動あるのみと。云うは易しの、行うは難しと。そやから云うて、言葉も気持ちも無いより、あったほがマシかいナと。
(07/04/03)


NO.55 結婚式本番(7) チャペル・グレースでのウェディング(5)

ネタが有り過ぎるも困りモノ。
ハタと気がつけば、四月の二日は私共夫婦の三十一回目の結婚記念日やったです。
一応はなあ。何かをと。ショート・ケーキを買い求めましての、二種類、各三個の計六個、大奮発。ショート・ケーキも結構高いしなあと。
当然乍らの母を含めての、年寄り三人にて、とりあえずは一個喰たです。モ一個は明日にでもと。一気喰いは勿体無いしで。

そんな話は置いといての、新米ご夫婦、次回、我が家に戻った時には、ご近所さんにご挨拶廻りするですて。結構なる事です。或る意味、当然でして。
しかるに、四国の姪の場合、一番血の濃い、母上様以外の女性に伴われての、結婚式直前、ご近所さんにご挨拶廻りするの慣わしあるですて。
ご近所さんとは、先方のです。十五軒程でしての、ホナラの地元、親元なるは母上様担当かと。

イヤイヤ、佳き慣わしです。ソであってこその隣近所のお付き合いも、顔見知りになるのも早いです。隣の人は何する人ゾ。
では、寂しい限りやし。されどの、ご挨拶廻りを敬遠するお方が多くなってるですが。よって、変な事件が多発してるかと。ホンマやで。ホンの十年、二十年で日本列島、様変わりしてるです。

論より証拠の、毎日のよに、猟奇的殺人事件勃発ですやんか。
恰好だけ。見せかけだけの、善人多数で、我が儘、気儘の奇人変人多いです。其れだけ、隣近所との、お付き合いが形骸化してるです。するべき、お付き合いはして欲しいし、するべきと。
するは、世間体を気にする事でありまして。世間体を気にしてたら、変な事は出来ひんのや。世間体なるは重要なんやと。短気、暴走防ぐです。

デデデの、何です。姪にとっての、一番に血の濃い、母上以外の女性なるは、我が嫁はん。兄が居ての、二人姉妹であるからにしての、嫁はんしか居てへんです。
大役仰せつかっての大変やけど。名誉ある事です。頼りにされて、嬉しい事です。

京都もソです。誰がお付き合いするかとなれば、姑でして。当然乍らの、先方様は先方様のやり方に任せるですが。京都だけでなくの、何処の地域でも、ご挨拶廻りはしんならんです。
イヤ、息子共も引っ越してスグの、昨年末、神戸のマンション、隣近所に一寸としたモノ持参で、したですが。引っ越しと、結婚が一緒やしナ。其れで充分かと。

そんな事、今更と。邪魔くさいしと。時間も無いしと。特には、核家族となりての、省略の。簡単に、簡単には、隣近所を疎遠にさせるです。
イザの時には、隣近所が大切でして。儀礼、虚礼、何と云われよが、ケジメは大切です。世の下らん風潮になんか、流されてはならんです。簡略にも限度があってと。日本の伝統守るは佳い事です。日本人なんやから。

さりとて、入り込み過ぎるも問題やしと。何せの、過去を知らん人ばっかりやし。当世、誠に難しいです。云うても、人間、一人、一家族だけでは生きてけへんです。助け合いの精神必要でして。
かと云うて、誰もが自分と一緒の善人に非ずです。私も、町内会のお役目にて、厭と云う程思い知ったですが。

イヤイヤ、デデデの、四月一日の、高島屋で調達の、内祝いの品も無事に決められて。内祝いの品も、こんな時にしか手に入らんよなのをと思うです。
例えばやけど。コーヒー・カップ、一個、自分のなんか、百円均一でも構わへんですが。高いのなんか、買う気にもならんですが。
内祝いとして、ン千円のを戴けば嬉しいですやんかと。イヤイヤ、ン千円と分かられるのも、困るけど。
カップの値段で、コーヒーの味は変わらんですが。インスタント・コーヒーではナと。されどの、気持ちや、気持ちと。タマには贅沢気分を味ををて戴きましてと。

デデデの何です。本題です。チャペル・グレースでの結婚式です。
花嫁、花婿に引き渡されての、デハと、トランペット、声楽家の歌声に合わせての、一同、賛美歌を唱いので。儀式は進行しての、汝、此の女性を妻としますか。夫としますか。永久(とわ)に愛を誓いますかと。
では、固めの杯(さかずき)、三三九度ならぬの、愛の口づけをと。司式者様よりです。

コレ又、両家両親、たまらんナと。公衆の面前やゾと。チとは恥じらいの心おばと、思うけれども、儀式やしと。
何処にするかも大問題でして。奥ゆかしくも、羞恥心発揮で、頬にか、おでこにかと。ハタマタの、大胆にも、唇にかと。大抵ならばの、唇避けてるですがの、過去のでは、唇には一度も無かったですが。
新米夫婦の、此の場面の正解伏せとくですが。

デデデの、云うたら、結婚式は儀式、形式、ケジメであって。本番、これからなんやぞと。出発なんやぞと。分かってるか。
とは、云うて無いです。思ただけ。
斯くして、結婚証明書なるに、署名をしまして。神の下、誓いの下に、名実共なる、無事夫婦(めおと)になったです。
おめでとうです。
このために、神に加えての、現世(うつしよ)の立ち会い人として、多数の親族、友人同席してるです。共に慶び、幸い多かれと。有り難い事ですやんかと。

事程左様に、チャペル・グレースでの結婚式も無事終了にて、全員退席なんやけど。入るは一番、出るは最後で、出口には司式者、身長2メートルの黒人、居たはって。お見送りのためと思うですが。
有り難う御座いますの意でお辞儀をしたですが。大男の黒人、間近で相見(まみ)えるも、ソ度々無い故、余りに差があり過ぎてのなあと、背の高さがです。思いツツです。当方にしても、無視の、知らんフリも出来ひんですしと。
先方様、頭を一寸、傾げられましての、返礼して戴きまして。ホと安堵。

デデデの何です。チャペルの外に出たら、お見事、雨ですやんか。パラパラの、小雨では無いです。土砂降りでも無いですが。
計画されてた、フラワー・シャワーなるは、晴れてないと出来ひんですて。折角やけど、中止ですて。中止でも料金そのままですて。
ソラ、花の準備はしとかんならんですしで。しょがないなあと。

まあ、中止は中止で仕方が無いです。簡易の屋根も、都ホテルの七階出入り口にまで、伸ばされまして。もっと先、もっと先に往って下さいと、促され。率先垂範、一番先に移動したですが。
滋賀と四国の二人の姪が我がソバに来まして。口を揃えて、「オッチャンなあ。」と。
何を云うかと、思いきやの、「顔が強(こわ)ばってるで。」

イヤイヤ、我輩にしたら、リラックスしてたツモリなんやけどと。自分の出番で無いですしと。されどの、イヨイヨの、結婚披露宴やなあ。出番やなあ。
とは、思てたですが。姪に悟られてるよでは、修行が足らんナと。
(07/04/04)


NO.56 結婚式披露宴(1) 都ホテル、山城の間

此処数日、靄(もや)が掛かってまして。
原因なるや、中国からの、黄砂ですて。其の昔、文字通りの、黄河の砂かと思てたですが。文字通りは、文字通りでも、黄色の砂ですて。
此の冬、暖冬で雪が少なく、砂漠の砂塵が大地に吸収されずに、砂嵐が偏西風にて、飛来するですて。観測史上、この度、最大の量ですて。
確かにねえ、凄いです。過日のお墓参りの際にも、京都の町が霞んでたです。墓参の真っ最中、雨も一寸降ってたけれどや。昨日辺りから、マシになったです。

デデデの何です。振り返っての、バージン・ロードの際、親父さんも可成りの緊張気味やったです。
右、左、右と、足の運びを合わせんならんですし。娘とは、腕組まんならんですし。慣れてへんかったら、動き難いです。
緊張して当たり前と、思うです。何せの衆目のド真ん中。主人公で、スターなんやしと。そんな中、足の運びを間違い、花嫁さんの、ドレスの裾でも、踏んだら大変やしと。

モっと、云うたら、花婿側の場合、花嫁さんを其の瞬間まで、知らんしなあ。知ってても、写真程度でありまして。ましてや、親父さんを知らんですし。
よって、花嫁さんが、美人、不美人、可愛らしい、不細工、どの程度かと。品評と同時に、どんな親父さんで、似てるのか、似てへんのかに大いなる興味を持って、見物してたですが。此度はお二人共に承知してるですが。
基本原則、女の子の姿形は親父さんに似るとされてるですしで。ソで無い場合もあるけれどや。前提条件、親父さんが居たはらへんかったら、バージン・ロードはやれへんです。

しかるに、花婿側なら、何度もあったですが。親族としての、花嫁側での、バージン・ロードなるは、五月の四国の姪の結婚式が最初になるのかと。
されどの、花婿さん、よっちゃんは知ってるです。婿はんの親父さんは知らんですが。

イヤイヤ、バージン・ロードを娘と歩く親父さんがニコヤカなる表情見た事無いです。皆様、悉くの、緊張、顔は強ばってたです。
其れで当然と思てるです。ニコヤカ、ウキウキ、歓喜の表情にて、送り出されたら、ツマランです。見物人が、では無くての、娘さんがです。
では、無いかと、勝手に推測してるですが。

先の通りの、娘である事の、特権ですやんかと。短い間ですやんかと。嫁いでからのほが、数倍長いですし、出来る限り、親父さんと腕を組んでやれよと。彼氏とバッカリ組んでんとからにと。
ホンマやで。親父さんと腕組む娘(こ)は性格的にも可愛らしく、美人に見えるです。事実、可愛らしく、美人です。幸せな親父さんやなあ。ええ娘(こ)に育てやはったナと。自慢の娘さんやナと。

クドイけど。何度でもと。
仲の佳いのは結構やけど。彼氏と腕組みしたり、お手々繋いでるは、目障りなんやで。横一線に二人並ばれてては通行の邪魔やし。ハタ迷惑で、単に見せつけてるだけ。
云うたら、悪いけど、人混みでやってるよなのに、嫉妬を感じる程の、美男美女は、まあ、無いなあ。ク九苦のクックと、失笑こらえるのが多いです。オマケで、オツムの中は空っぽ。自分の事だけかと。周辺の状況、チとは見なさい。考えなさいと。
人の少ない場所なら邪魔にはならんし、お好きにしてクレと。今時、迷子にならんです。携帯電話があるですしと。

爺さん、婆さんになってからなら、微笑ましくて。
されどの、まあ、無いなあ。共白髪の、本物故でと。そんなお歳で、お手々繋いでたり、腕組んでたら、却って、危ないけれど。

デデデの、何です。本題です。
息子と同じ名の担当者が現れましての、結婚披露宴は、山城の間ですと、案内してくれて。エレベーターに乗ったですが。エレベーターに全員は無理で、アトの面々には大声で、四階、山城の間ですと。
へえ、四階やったかなあと。イヤ、二階の筈なんですが。
とは、云うてへんですが。自信が無いしで。イヤイヤ、担当の男の子、ハタと気がつき、スミマセン。二階でした。スグ戻って、連絡しますと、大慌て。

山城の間は、都ホテルでの、一番の大広間。前日、チラと見たです。ホントにチラとだけで、どの程度の広さかも、分からんかったですが。
チラの範囲なら、立派やなあと。
チラの理由は、使われてたですしで。とある大学、立命館の理事会ですて。豪勢やナと。

デデデの、エレベーターから出まして。山城の間に着けば、受付出来てまして。肝心の受付担当の方がマダ位置に着いて無かったですが。私等が先発部隊やった故で。
しかるに、受付は新郎側、新婦側に別れてましての、友達が担当やけど。参加者の札がありまして。
芳名帳に氏名記載で、札を戴くの方法でして。札には名前と、テーブル名が記載で。こんなん初めてやナと。大抵なら、テーブル名の札を戴くだけなんやけどと。
要は、残り札で以て、誰が来て、来てへんの、出席状況一発で分かるになってるですが。

イヤイヤ、デデデの大抵ならです。札を戴き、披露宴の会場に入るですが。入って、場所を確認しまして。アトは開演、披露宴開催までは適当、ご自由にの、談笑でもとなるですが。
ならへんのやなあ。山城の間は封鎖されてて、入れへんです。イヤイヤ、多分なら、準備中かと。
あのなあと。時間分かってるのやし、準備はしとけと。担当の、何とか君に云いたいけれど。お目出度い場やしと、遠慮しまして。
云うても、十二時からで。十五分程の間はあるけれどや。普通はなあと。入れてくれるですがと。

イヤイヤ、待ち時間には、飲み物多数、運ばれて来まして。多分なら、烏龍茶、ジュース、酒類、その他諸々、何かは知らんですが。欲しいモノがあればと、適当に、お好きなだけと。

デデデの何です。余計な話、結婚披露宴の飲み物も、飲み放題にするか、しいひんかがあったです。
まさかの、披露宴途中、係のお方が、幹事さん、幹事さん。新郎父様、お母様。予算此処までですが、追加をどしますか。打ち切りですか。如何致しますか。
ご指示おばと。尋ねられたら、大変ですやんかと。

大体は飲み放題になってるですが。イヤ、お二人さんから聞いて、知ったですが。
ホナラと、シャンパン、シャンペン、呑んだ事も、見た事も無い、一本ン万円とやらの、ドンペリやったか。キリン、アサヒに、ナポレオンか、ブルータスでもと。知ってる限りの銘柄、出鱈目、口にだけでも、出したいけれど。
何分の下戸故、サッパリでして。烏龍茶でさえ、遠慮して。

イヤイヤ、実情、私もチと欲しかったけれど、飲める気分で無いです。正直、可成りの緊張してるです。イヨイヨの披露宴本番、最後に親族代表のご挨拶しんならんですと。
思うだけでも、気が重たいです。
(07/04/05)


NO.57 結婚式披露宴(2) 主賓挨拶(1)

デデデの、何も其処までと。
云いともなる程にピッタリ、十二時開場となりて。
入りましたら、ドアの一番間近のテーブルでして。主催者故、下座で当然やけど。上座の高砂の席は遠くやけれど。或る意味、見晴らし佳いです。全部が一望出来るです。

気楽な場所やナと、思てましたら、都ホテルのでも無い、イヤ、制服では無いしで。見知らぬ女性、近寄って来まして。
司会をさせて戴きます、某ですと。お心づかい有り難う御座いますと。何で私等の事が分かったかとなれば、ソラ、テーブルには、「新郎父」と、明示してあるしで。矢っ張り、モーニング姿故と。

一応です。イヤ、本来なら要らんですが。相応の司会料、相応処か可成りの料金です。
約二時間半の予定で、ン万円。私にそんな芸、話術、度胸があるなら、やりたいけれどと。ええアルバイトやでと。アルバイト処か、本業にでも、出来るですが。年齢制限無ければですが。
そやけどナと。矢っ張りナと。此の際ですと。清水の舞台から、何度飛び降りたかの、命が幾つあっても足らんですが。一寸包んでと。一寸云うてもナ。千円、二千円ではナ。子供の駄賃やあるまいにと。
却って失礼になるですしと。額なるは皆で決めたですが。

誰が手渡すになってたか。大抵なら、主役のお二人さんで。司会者殿にも、当日、若干の打ち合わせもあるみたいでと。
云うたら、お車代、その他諸々含めて、バカには成らん額になったですが。全て、新札準備で、包んだですが。
司会者殿、ご丁寧にお礼を云いに来てくれやはって、却って、ビックリしたですが。果たして、其処までするお方は無いのか。ハタマタ、此のお方が礼儀正しいのか、佳く分からんですが。
宜しくお願い致しますと。返礼致しまして。

しかるに、大広間故、一寸は余裕がと思てたですが、十人掛けの大きなテーブル、九つもあったら、案外に一杯やなと。
思てましたら、今度は都ホテルの女性が現れましての、私がテーブル担当の某です。宜しくお願い致しますと、ご挨拶されまして。へえ、そですか。宜しくお願い致しますと。
デデデのしかるにですがと。主賓挨拶の時には、ご両親様、ご起立をお願い致しますと。私から合図致しますのでと。ハイ、承知と。

今回まで、主賓挨拶の時には、起立するを知らんかったですが。或いは、見てたとしても、何でかなあ程度の、右から左の気にもしてへんかったですが。
考えてみたら、当然です。ご招待は、新郎、新婦の父の名前でやし。主賓に対し、敬意を表すは常識と。

イヤイヤ、デデデの、何です。
多分やけれど。披露宴会場に入るに、新郎、新婦、並びに、両家ご両親様にお出迎えして戴いてたよな気がしてたですが。しいひんのやなあと。
しいひんなら、しいひんで、結構で、万事、都ホテル方式に合わせたら佳いですがと。
よって、イツお呼び出しあっても対応出来るよにと、嫁はんと二人、ドアのソバに居たですが。結局は何にも無しで入ったですが。

デデデの、矢っ張りです。チャペル・グレースで見た、中年女性は主賓やったです。上座、中央、真ん前に座らはったです。加えて、チャペル・グレースにて、一寸した世間話をした、男性二人を含めての、其のテーブルだけに中年数人。他は、お二人さんと同年配の面々でして。

イヤ、大体の構成なら、聞いてるです。場内の配置図にての、此のテーブルは誰の知り合い、何の関係かと。さもなくば、合間、合間にご挨拶廻りするにも、サッパリですやんかと。
ドチミチ、途中で分からんよになるけれどや。

イヤイヤ、しかるに、参加者全員、ホボの着席と同時にです。早速にも、司会者殿の、簡単なるおめでとう御座いますの、ご挨拶、自己紹介、並びに、「デハ、ドアのほをご注目下さい。」と。
新郎、新婦様のご登場です。皆様、大きな拍手で、お迎え下さいと。一段と大きな声で。

ホントに、着席しての、落ち着く暇もあらへんです。
所謂何です。キャンドル・サービスです。キャンドル・サービスもなあ。大体は披露宴半ばやったよに思てたですが。一番最初かと。
まあ、イツでも結構やけどと。
しかるに、我がテーブル、ドアの近く故の、一番最初にやってくれたですが。

テーブル、一巡、高砂の席に新郎、新婦着席にて、司会者よりの、二人の超簡単なる紹介でして。嗚呼、ソかと。
司会者が仲人替わりもするのかと。他にする人、居てへんけれどや。
デデデの、略歴から、出会いへと、相成りまして。友人の紹介にてと。へえ、そかいなと。
最初は気にもしてへんかったのにと。次第にええなあと、二人での交際になったですて。まあ、誰でも大抵ならソやけれど。一目惚れもあるけれどや。猛アタックか、どっちかでしてと。

デデデの、友人の紹介って、ホンマかいナと。
実は、そんな事まで、聞いてへんかったです。正確には、チと違うみたいでと。云うたら、単純明快、知り合うキッカケ、合コン(合同コンパ)でと。
ダケでして。其の一言が全てであって。根堀りの葉堀りは聞いてへんかったですが。
確かに、友人からの紹介であっても、合コンとは大きくの、矛盾はしいひんですがと。会社も違うしなあと。
以降も、その点に関して、一言も触れてへんです。聞きもしてへんです。早い話が、若いモノ同士が知り合い、結婚するになったですしと。ご縁あったんやしと。其れが全てであってと。
司会者の話も其処まででして。アッサリしたモンですが。

云うたら、此の際です。我が妹の時には、司会者殿よりの、初めての口づけは云々と。
エライ暴露話が飛び出しましての、へえ、ハア、フウンの、ソですかいナと、ビックリ仰天したですが。ホボの三十年前やで。大胆なる紹介やナと。
そやけど、ご当人が教えた結果ですと。

デデデの昔の話は置いといての、斯くして、デハと。何々様の、主賓挨拶ですと。
アノ中年女性が紹介されましての、イヤ、肩書きが相当に長いです。松下電器産業までは結構やけど。所属がアルファベット、片仮名、漢字交じりでありましての。
早い話が、ノート・パソコン、Let’sNoteの、直属の上司なんやけどと。
先程の担当女性が、中腰にて、嫁はんと、私の間に来られましての、小声で、コソリと、「ご起立お願い致します。」と。
ハイ、承知と、起立致しまして。
反対側の、新婦側ご両親も同様にしてです。
(07/04/06)


NO.58 結婚式披露宴(3) 主賓挨拶(2)

イヤイヤ、堂々、ご立派なる主賓挨拶やったです。
正直、流石やなあと、感服、感嘆、ご尊敬申し上げるです。
ソラなあ、マイク片手。イヤ、何故か分からんですが。モ片方の手はマイクを持った腕に添えられまして。淡々とです。

慣れたはるなあと。しかるに、私なら、どなるのかと。余計な心配したですが。
マイクを手に持ったら、上下、左右、斜めに、空間、立体、3Dに、時間、速度を加えての、四次元。オマケで、重量でも、元素でもの、五次元、六次元の、異次元、無限地獄へと。
ガタガタ、ワナワナ、震えて、震て、目立って、目立ってしもての、大変やでと。
手の震えがマイクで増幅されるしナと。

もしかしたら、主賓のモ片方の手は其れを防止のタメか、単なる癖かと。
震たら、何本の手で添えても一緒やけれど。
私なら、是非共のマイクをスタンドに付けて欲しいナと。ソ頼まんならんナと、真剣に考えたですが。

イヤ、平成17年度、区長としましての、「夏祭り」の挨拶では、マイク片手やったですが。何故か全然、震えてへんかったですが。
ホンの一寸だけやけど。生ビールなんかを呑みまして。ホロ酔い気分でと。云う程は呑みもしてへんし。酔おても居てへんけれど。元々が呑めへんしで。
何で、震えてへんかっかとなれば、マイクの事まで考えてなかったです。「夏祭り」は文字通りの、お祭りなんやしと。出来る限りの、精一杯の大声出しまして。アトは挨拶言葉だけを考えてたですが。
此の度、結婚披露宴やし。大声、相応しく無いですと。

デデデの、主賓挨拶、一寸進んだ処で、我々の起立に気がつかはって。曰くに、「ご両家ご両親様、どうぞ、お座り下さい。」と、余裕タップリにです。
イヤ、云われて、どして佳いのやらと。
ソですか。ハイ、承知と、素直に従えば佳いのか。ケジメです。表敬の意ですと。最後まで起立してるべきかと。瞬時迷たですが。
後ろから、担当女性、お座り下さいと。ご指導、ご鞭撻によりましての、ハイ、承知と。

主賓挨拶なるの中身は極簡単でして。
要は、ご結婚お目出とうさん。しかるに、入社は一月からでと。一次面接通過の二次面接の前に、実は、採用決まってたですと。
内実、裏話を披露されまして。大体が、設計開発部門は華々しいですが。品質関係、裏方でしてと。其の部門にとの事で、大したモンと評価してるですと。
まあ、主旨、概略ならこんなモンです。

デデデの何です。拝聴してましての、品質関係裏方論にはチと抵抗あったですが。
我が、親族代表挨拶にて、そんな事は無いですの意を含め。ユーモア交えて、反論しよかと思たですが。こんな場でなあと。品質管理論展開もナと。且つは、主賓挨拶も、何人のお方が中身を覚えたはるかと。ご本人様、含めて、まあ、数人かと。
品質管理そのものも、何人が分かるのかと。何とか電産、松下関係のお方なら同じよな部類の業界故の、意味合い分かるですがと。会社によっても立場が違うしなあと。
下手に触れて、言葉、表現間違おたら、失礼にもなると。結果、辞めたですが。
イヤイヤ、構想なら錬ってたですが。簡単には、クレーム、一発、裏方から表舞台に登場。では、困るですがと。
されどの、主賓挨拶に対しての、批判的なる話はなあと。ユーモアに受け取れへん場合もあるしで。

イヤイヤ、デデデの、流石に、流暢、淡々、意外に時間的には長かったです。軽くの十分、挨拶されたかと。
十分の挨拶なるは、ナカナカに大変やでと。何しろ、原稿無しやしなあと。マイク片手に原稿持てへんですが。其れこそ、四百字詰め原稿用紙で、五枚以上かと。覚えられる字数では無いです。
概略の、どんな話をするかの、構想のみと思うです。構想のみで、衆目の面前にて、展開出来たら、大したモンです。全文、記憶してても、飛びますのにと。

続いても主賓挨拶。あの娘(こ)の勤めてた会社の上司、課長さんでして。私よりも、年配者と思てたお方やけれど。二歳下と、聞いて、失礼乍らの、ホンマかいなと。

デデデの、コレ又、流暢、饒舌。手振り、足振り、身振りの、右に左に体を移動の、されどの、中身はサッパリ覚えてへんです。
イヤイヤ、ええ子ですと。後輩を佳く指導、模範となって、頑張ってくれたと。褒めて、褒めての、褒めまくってと。聞いてて、悪い気はしいひんけれど。ええ上司に恵まれたなあと。人情味タップリのお人柄の伺える挨拶やったです。

矢っ張り、マイク片手に、軽くです。もしかしたらの、カラオケもお上手かと。マイクを握ったら、離さへんクチで、挨拶には、慣れたはるなあと。
まいったなあと。親族代表挨拶で、中空、あの世、別世界に、異次元に昇天、飛んでられへんゾと。

三番手なるは、新郎、所属部署の男性の、乾杯の音頭。
乾杯に合わせるため、都ホテルのスタッフ、シャンパンをグラスに注ぎまして。全員起立でと、司会者殿よりで。
音頭に先駆け、一寸挨拶されまして。コレこそは全然覚えてへんです。最後の決まり文句、「デハ、皆様のご健勝とご多幸を祈願しまして。」と。「乾杯」と。
こんな場合、其れでも佳いのか、悪いのかと。イヤ、主人公、新郎、新婦さん故でと。されどの、深くはナと。何でも結構ですと。形にさえ、はまったらと。
イヤ、従兄弟の時に、乾杯の音頭、頼まれたですし。調べたですし。

そんな事はどでも佳いです。
全員、「乾杯」と、唱和しまして、周辺の面々とカチンと軽くです。グラスを合わせて、チと呑んだですが。美味いなあと。シャンパンがです。喉が渇いてたのもあるですが。

しかるに、空きっ腹故、スグにも真っ赤っかとなりまして。
前菜がテーブルに並べられて、喰たですが。
以降、何があったか記憶に定かで無いです。兎に角、デハと三十分、食事の時間となったです。
ホナラと、嫁はんにです。挨拶廻りしましょかと。イヤイヤ、披露宴にご参加の皆様にです。嫁はん返答するに、食べたはるのやし。モ一寸待ったげたらと。

あのなあと。
一人に五分も、十分も時間を掛けへんのやしと。一分も掛けてたら、三十分あっても、三十人です。まあ、掛けられても、三十秒と。
とは、計算上の話やけれど。とは、云うてへんですが。

云うたら、私等、当事者でも無い当事者。主役では無い、陰の主役でと。食べてる暇は無いですと。
挨拶しても、短時間なんやし。先方様は食べる時間、充分有るですと。
デハと、嫁はんと二人して、出発、戦闘態勢。イヤ、手ブラではナと。ビール瓶やけど。片脇に沢山置いてあったのを見つけたですが。適当に取ってもええのかと。
誰かにお断りするとか、許可を得るとか、しんならんのかと。
(07/04/07)


NO.59 結婚式披露宴(4) 挨拶廻り(1)

大広間、正面、左壇上。司会者の場所やけど。
演台がありましての、進行表、台詞なんかを置いてまして。朗読ですやんかと。
ソラ、間違おたら、アカンですが、楽やなあと。進行表、肩書きとか、誰が何をするなんか、覚えてられへんし、当然やけど。
ついでなら、私等にも演台欲しいナと。原稿読み、ヨミ、挨拶出来るなあと。其の替わりに、値打ちが下がるナと。

結婚式の披露宴の司会を友人に頼む人も多いですが。
或る意味、司会者料も助かるです。助かっても、謝礼は出すが、礼儀やけれど。其れでもなあと。ン万円はン万円の、万の桁は桁でも、ンの数字が違うですが。
専門家に頼むにしても、何故か、女性よりも、男性のほが高額ですて。一万、二万、三万円も違うですて。演台で、資料、読み、ヨミ、一緒と思うですがと。有名アナウンサーなら分かるですがと。

どっちにしても、慣れてへんかったら、大変です。むしろ、友人の場合、見も知らぬ、第三者よりも、大変かと。知ってる人が居てるですし。少なくとも、新郎、或いは、新婦の知り合いなんやしと。失敗でもして、恥かかせたり、披露宴をブチ壊す訳にもナと。

イヤ、誰とは云うの、健一君も経験あるですて。頼まれたですて。司会をやったですて。ソラソラ、上がったですて。何を云うてるのか、分からんよになって。飛んでしもてと。
実際の現場を知らんですが。多分なら、ハタ目になら、卒無く、チャンと出来てるです。多少のミスなんか、誰も気にもしてへんです。誰にもある事です。喋り専門、職業でもあるまいにの、完璧になんか出来ひんです。
とは、云うは易しの、実際にはナと。
当人にしたら、一寸した事も、大事(おおごと)です。水の滴(したた)り、一滴でも、バケツ一杯、大雨、台風、大海原、地球、太陽系、銀河系の、宇宙に匹敵の、失敗だけが、全世界となるです。

デデデの何です。イザ、挨拶廻りの出陣での、嫁はんと二人、席を立っての、大広間、左手片脇の台にビールなんかが置いてあって。
コレ、ええのやろかと。思てましたら、タマタマやけど。司会の女性がソバに居たはりまして。何を思たか、都ホテルのスタッフでも無いのに、尋ねたです。「コレ、ええのですか。」と。
或る意味、披露宴には場慣れしたはるですし。様子も知ったはるやろと。お歳にしたって、二十代では無いです。新人司会者でも無くての、まあ、三十代かと。三十代のどの辺りかは知らんですが。
一度や、二度の司会でもあるまいにと。
イヤ、分からんですが。

デデデの司会女性、都ホテルの人が居てへんかと、あっちを見たりのこっちを見たり。居たはったら、私も司会女性に尋ねてへんですが。矢っ張り、知らはらへんのかと。
「まあ、ええですよねえ。」と、一応の曖昧案提示で。
先方様も、「まあねえ。」と、更に曖昧表現にての、問題解決しての、持ち出しまして。
以降、其処からドンドン、持ち出したですが。栓抜き無ければ、スタッフにお願いと。抜いてクレと。或いは、挨拶先の、ビール瓶を使たりと。こっちも、場慣れするに従い、大胆となったですが。
考えたみたら、呑み放題なんやと。呑み放題で無くとも、呑んだら、呑んだだけの請求なんやと。只ナ、担当のお方が居たはったら、一言、お断りするが常識と、思ただけ。

デデデの何です。いの一番、当然の、主賓様ですと。ビール瓶片手に、ツカツカ、まっしぐらの、直行。
慣れてへんのに、大変でして。何を云うたら佳いのやらと。初対面やしナと。考えてる暇は無いです。何分と掛かる距離では無いです。掛かって、数秒。

冒頭、主賓挨拶して戴いた、息子の直属上司と、乾杯の音頭を取って戴いたる男性との間に位置しまして。
「本日、お忙しい処、有り難う、御座いました。」と。
新郎父です。嫁はんですと、自己紹介の、アトは、先方様の出方待ちで。
スックと立ち上がらはったら、お二人共に背が高いです。イヤイヤ、女性のほは、チャペル・グレースでも見てるですが。手を伸ばして、届く距離ではなかったですし。さりとて、望遠鏡が要る距離でもあらへんですが。

「この度は、ご子息のご結婚、おめでとう御座います。ご招待、有り難う御座いました。」と、ご丁寧なる返礼戴きまして。
イヤイヤ、デデデの何です。雑談兼ねての、自己紹介兼ねての、息子の宣伝をと。
「私もロームに勤めてまして。」と。在職中は、品質管理でしたと。
ホナラの、「シバタ君から、聞いてますよ。」と。
へえ、そですかと。何処まで、話をしてるかの、見当つかんですが。その他、ホンの一言、二言、宣伝しまして。宣伝内容なるは、親族代表挨拶にて、チとだけ、触れるですが。事実は事実やしで。

しかるに、一点集中、息子の上司だけに時間を喰てられへんです。依怙贔屓(えこひいき)はアカンです。云うても、お二人様で、三十秒も喰てへんです。喰うだけの話題が無いしで。先方様にしても、困らはるですし。
目的の一つの、デデデの、コレはどですかと。ビール瓶示しましたら、「すみませんねえ。」と、お二人様共に呑めへんですて。此方にドウゾと、モお一人の男性紹介されて。デハと、移動しまして。
私、某でと。同じく嫁はんでと。ソバで聞いたはったですが。委細構わずです。礼儀です。
まさかのあっちで自己紹介しました故、省略します。
とは、云えへんですし。云い出したら、新郎、或いは、新婦の両親なるは、恰好見たら、分かるです。

ホナラの、此の方こそ、宜しくお願い致しますと、コップを持って、立ち上がらはりましての、注ぎ乍らの、息子がお世話になりますと。しかるに、私、松下グループには、クレームでお世話になりましたと。
ホントです。とは、云うてへんですが。
神戸には往ってませんが、門真なら、何回か、お邪魔してますよ。
ホントです。事実です。とも、云うてへんですが。

イヤイヤ、矢っ張り、背がお高おてねえ。云うたら、三人様共に、見上げんならんですし。何よりも、コップの位置が高いのや。
立った姿勢での、ビールを注ぐのも難しいです。ビール瓶を肩の辺りまで、上げまして。必死やで。
正直云うて、注ぐのに慣れてへんし。零したらアカンし。震うを抑えんならんしと。瓶とコップをカチカチ鳴らすも何ですしと。中空に浮かせましての、何とか、出来ての、再度の、本日、有り難う御座いましたと、三名様にはお暇しまして。

云うたら、ナミナミと、コップ一杯に注いで佳いのか、悪いのか。呑める人は空っぽやし。マトモに注いでたら、何人やろ。四人程で、一本終了やでと。構わへんけれどや。呑み放題やしで。
とは、考える暇も無くての。只ナ、補充が大変故の、二人三脚、嫁はんの担当になったですが。
(07/04/08)


NO.60 結婚式披露宴(5) 挨拶廻り(2)

斯くなる次第で、次なるは、あの娘(こ)の勤めてた会社の上司となるですが。
しかるにですが、息子のは、此の一月からの上司であって。コレからですやんか。末長く、宜しくお願い致します。
とは、云うてへんですが。言語明瞭の、息子の会社の上司なんかに、会おたり、話をする機会はあらへんです。

あっても、日本の四大礼式、冠婚葬祭の、「冠」は元服、今時しませんし。「婚」は此度でありまして。
「葬」は葬式故、可能性充分の、母があるし。私もあってと。されどの、亀岡まで来てくれるやろかと。来て戴いても、私のやったら、話なんか出来ひんし。しても、葬式の場ではナと。
四つ目の、「祭」は年会でしての、此の五月にも親父の十七回忌をやるけれど。年会に会社の上司なんか、呼ばへんし。

早い話が、婚礼故に、お目出度い席故、話も出来るです。
出来ても、一言、二言、「初めまして。」に、毛の生えた程度のご挨拶やけど。ビールを注いでたりしたら、案外に時間喰うです。

デデデの、あの娘(こ)は、寿退社したですし。或る意味、双方、気楽です。気楽は気楽でも、ご来賓故、失礼あったらアカンは一緒やけれど。
正直云うて、風貌、表情、見るからに、安堵するお方です。

イヤイヤ、先の主賓三名様、終わって、そちらに向かえば、来たか、順番、廻って来たかと。ニコリとしやはって。
立ち上がらはりましての、我が自己紹介、終わるや否やの、「あの娘(こ)は、ええ娘(こ)でっせ。」と、主賓挨拶そのままの文言、超簡単なる要約しやはって。
「素直でねえ。何かと、佳く、気がつきますし。面倒見が宜しいでっせ。今時、珍しい娘(こ)でっせ。佳かったですなあ。」と。
喋り方からして、気さくで、ええ上司やなあと。
されどの、返答窮するです。そおですねえと、同感、共鳴するに、マダマダ、知らんですし。されどの、社交辞令的、単なる挨拶ですし、其れでも佳いですがと。

かと、云うての、ハデで無く、ブスでも無くての、今時のとは、違うは承知してるしで。
かと、かと、云うて、へえ、ソなんですかと。知らんフリも何ですし。加えて、私よりも、新郎よりも、あの娘(こ)とのお付き合い、圧倒的に長いです。人柄、性格、人品詳しく知ったはるです。

何ならと、腰掛け、ジックリ、教えてクレと。有ること、有ること。ついでに、無いことをばと。
しかるに、こんな場で、あのなあ、云うたろかと。裏話、暴露も出来ひんやんか。ええ娘(こ)で、ええ娘(こ)でと。褒めて、褒めて、褒めまくって、当然でして。
まあ、云うたら、気の合わん、鬱なる上司は呼びも、呼ばれもしいひんです。

私にも何度か経験あるです。
寿退職で、退職してからの、結婚披露宴に呼ばれまして。実際にも美人で礼儀正しく、佳い娘(こ)でありましたです。何処にでも、嫁に往けるよな器量で、こっちにしたら、退職されて、辛かったですが。果たして、親御様、ビール瓶片手に挨拶しに来やはったかいナと。記憶に無いなあと。飛んでるナと。
もっと、云うたら、どしょも無いよな娘(こ)は、呼びもしてくれへんし。そもそもが、寿退社までも在籍してへんです。転々としてるです。

斯くなる次第の、「有り難う、御座います。」と、無難なる返答しまして。
話題変更の、私はバイオ関係、門外漢の無知でしてと。されどの、貴社の事も聞いてますと。勉強、情報収集のためと、ホーム・ページで見ましてねえと。あの娘(こ)に色々、質問しまして。教えて貰いましたと。嘘では無くの、事実やしで。
ホナラの、「専門と違うと、別世界ですしねえ。」と。

デデデの、ビール瓶示して、お呑みになりますかと。
其れが目的でもあるしで。問えば、アカンですて。こっちの、係長が呑めるですと。へえ、此方様は係長さんですかと。イヤ、あの娘(こ)からは、役職名までは聞いてへんです。会社の上司とダケで、年齢もアトから、聞いて、知ったです。課長さんのですが。

兎に角、ソですかと。デハと、お隣さんに、相対しまして。「呑めるんですか。」と、至って、単刀直入、素直に過ぎる質問しましての、「ええ、ええ。」と。
こちらは、もしかしての、私よりも、背がなあと。低いかと。
矢っ張り、風貌、表情からしての、気さくなお方です。
同じ会社のお方とは承知故の、バイオが云々の話も、係長さんのお顔も見つつの話をしたですし。話をし乍ら、松下電器産業の面々をも、チラと見たら、直属の女性上司もニタリと笑たはったですが。
係長さんには、ビール注ぎ終わってから、通り一辺、「本日、お忙しい処、有り難う御座いました。」と。

イヤイヤ、事程左様に、案外に呑めへんお方が多かったです。
もしかしての、遠慮されてるのかも、分からんですが。こんな場で、ガンガン、呑めへんのもあるですしと。変に酔っぱろおてしもての、クダ巻いてしもたら、大変やしで。有ること、無いこと、暴露話をしたら、顰蹙(ひんしゅく)やしで。
云うてもナ。会社の忘年会、新年会、送歓迎会やあるまいにの、注ぎに来られるにしても、精々が、両家両親、都ホテルのスタッフでして。
テレビでやってるよな、大騒動なるは、余程のバカ、非常識なる輩(やから)で、希やからにしての、話題として、取り上げられるでして。

私なら、最初の乾杯、シャンペン、一口、チビリで真っ赤っか。
イヤ、口当たりが佳いからと、ガブリと呑めるで無しの、以降も、チビリ、チビリと最初のを呑んでましての、最後まで、半分程度、残ってたですが。

主賓も、五名様です。
難関突破の、以上で以て、お仕舞いやけど。ホナラ、サイナラとお暇するも出来ませんです。
同じテーブルの面々、息子、新郎の学生時代の友人居てまして。
新郎父です。母ですと。其の中には、受付担当して戴いたお方も居たはってと。
イヤ、受付故、お顔を承知しただけでしての、「受付、有り難う御座いました。」と。
デデデの、何をしたはりますかと、問おたなら。ドクターなんですて。へえ、ドクターねえ。博士号取ったですか。取りましたと。
そおか、早いモンです。長男も卒業して、五年経ったんやと。イヤ、一浪故、現役学生なら、歳は一歳下で、二男と同じになるですが。

此の子が云々では無くての、ホントになあと。
一般論としての、大学生の三分の一もが大学院に進学やて。専攻によりの、必要性ある大学院進学なるは別問題としてです。
私等当時、大学院に何人進んだかと。同窓生で、一人か二人やでと。
云うたら、学生の、1%有るか無しかであっての、まあ、云うたら、実家が相応の資産家、お金持ちで、余裕がなければ、とてもやないけど、大学院なんかと。
ドクターなら、或る意味、値打ちがあるですが。今度は就職が難しくなるですて。ホナラの大学に残るとかで。もしかしたら、この子もそなんかなあと。

其処までの話はしてへんです。
九年間も学生生活、させてもろて、親御さんに感謝しときや。とも、云うてへんです。論より、理屈より、気持ち、言葉だけでは無くての、感謝を形で現してるかも分からんですし。

ドクター取れて、佳かったなあ。大したモンや。
とは、云うたです。大学、大学院、博士課程も、大学にもよるです。値打ちのあるのと、無いのがです。当人、充分承知してるですがと。
まあ云うたら、千人、万人聞いての、千人、万人承知の大学なら値打ちであってと。

斯くなる次第の、男の子は気楽です。接し易いです。慣れてるのもあるですが。親子程の歳の差あるのもあって、ご来賓五名様とは格段、数段に気楽です。
これからも、引き続きの、アレを宜しくと。アレとは新郎、我が息子。
(07/04/09)



inserted by FC2 system