不可思議の世界NO.9

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.7 不可思議NO.8
不可思議NO.4 不可思議NO.5 不可思議NO.6
不可思議NO.1 不可思議NO.2 不可思議NO.3

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.10

NO.120 余談・ツイデの話(2) 心霊スポットの話(1)

NO.119 余談・ツイデの話(1) 人形供養の話

NO.118 記憶の、夢の話(3)

NO.117 記憶の、夢の話(2)

NO.116 記憶の、夢の話(1)

NO.115 如何に解釈するかの話(16) 不可解なままに、消えたの話

NO.114 如何に解釈するかの話(15) 気のせいか、警察官を良く見掛けるの話

NO.113 如何に解釈するかの話(14) 警察署と、交番の違いの話

NO.112 如何に解釈するかの話(13) 不採用の我が対策案の話

NO.111 如何に解釈するかの話(12) 警察署での話(2)

不可思議NO.8


NO.111 如何に解釈するかの話(12) 警察署での話(2)

斯くなる次第の、斯くなるでと。
担当してくれたの、警察官は、歳がお若いです。我が息子共よりも、若干、お若いかと。
何でも結構の、親身に聞いてくれてと。

私等にしたら、平穏無事、質実剛健、誠実実直での、ご近所様には波風立てぬよにと。質素倹約、喧嘩も売らず。買わず。
とも、云えへん場合があるですがと。限度を超せば、カチンのコチンと来るですがと。人間やしと。そんな事は、一度だけの、区長時代でありましてと。

などと、不利な事は云わずの、変な話の、余計な口出しはせずと。ソレは主題には、無関係故にと。
兎に角の、後ろ指、指されんよにと。指されるよな、材料なんか、無いよおに、見つけられんよにと。してても、基準がズレてたら、分からんの世間でと。

などと、云うてたら、我が町内会がとなるですがと。最低限の我が町内会は白でしてと。諸般の事情にて、分かるですと。駐車違反がと、云うてたら、全員やでと。
までは、分からんですがと。
少なくともの、駐車違反で、通報はしやはらへんです。引っ越して以来、同じの面々でと。一部、替わったけれどの、マア、白やなあと。
酒を飲んだ勢いで、気紛れにやられたら、何とも早(はや)と。

そんな話までは、してへんですがと。要は、そんな次第で、治安がと。
若き警察官、あくまでもの、一般論なれどのと。犯人が誰と分かっても、先方が、真正面に現れても、極端なる話の、家に押しかけて来ても、直接的行動、接触は避けてくださいねと。
必ず、「110」番で、警察にお任せくださいと。

云われてもねえ。
現実問題、真正面に現れたり、家にまで、来られたら、「110」番連絡して、警察が来るまでには、決着とするのか、やられてしまう。やってしまうの可能性があるですがと。

ホンマやでと。
目の前に遭遇で、何かあれば、手出しはしいひんまでも、数秒、数十秒で、事は済むですがと。そんな間に、「110」番通報してる気分的余裕、暇もあらへんですが。第三者なら、可能でもと。
実際問題、相手が来て、一寸待ってネと、ケータイ一発、「110」番してる間に、逃げられるですと。
チと反論したなら、兎に角、避けてくださいねえと。

マアナア、さりとての、反撃、撃破、鉄拳、顎、脳天、頬に一発。蹴りを股間にン十発。喰らわせ、卒倒の、瀕死の重傷させてやれ。
結果、「110」番では無くの、「119」番に通報をと。
とは、警察官も立場上、云えへんですがと。私にしたって、気はあっても、体力、技法、俊敏さに自信も無くと。
ホナラの逃げるにしたって、鈍足でと。

デデデの、加えての、関連部署、最寄りの派出所には、調書を連絡しときますと。調書そのものは、数日掛かるですが。電話連絡しときますと。へえと。ソですか、有り難う御座いますと。
更に、加えての、最寄りの派出所には、精々、顔を出されまして、お互いを知る等、顔を覚えてくださいねえと。
イヤ、時代の変遷にての、民事不介入は、不介入でも、地域密着型になってるとするのか、戻ってるのかと。

イヤイヤ、中身なるは、超の一般論、公式論での、以て、警察が何かしてくれるの話は無いですがと。
思いの他、真剣、親身に聞いて戴いただけでも、来た甲斐がありましてと。

デデデの、経過からしての、派出所なるは、電話帳には掲載されてませんです。
イヤ、コレは、当家、「Eonet」に変更故に、NTTの新しい電話帳が、あらへんです。派出所は、出来て、新しいしと。
よって、聞いとかんとと。
問えば、最寄りの警察署なら、「110」番で結構でしてと。
安全のためには、局番に、「0110」番なんですよと。コレは、全国共通でしてと。へえの、成る程のと。
ツイデにの、最寄りの派出所の電話番号もと。

ツイデの、ツイデの話の、並河のは、正式には、「交番」でして。警察官が、交替で、番をしたはるです。昔の名称の、「派出所」は、コレでしてと。
対して、警察官が、家族と共に住んだはるのが、「駐在所」でと。
マア云うたら、「駐在所」は、田舎にで、「交番」は、人口の多い箇所かと。そんな意味なら、亀岡には、「駐在所」が沢山にあるですと。

電話番号をば、教えて戴き、ケータイに登録をと。
今時、便利やねえと。
されどの、派出所、交番に電話をしたって、殆ど不在かと。

イヤ、駅には、時々、行くですが。時たまなら、覗くですが。用事は無いけれどの、居てるのかと。
マア、居てへんなあと。見た事が無いなあと。理由は簡単の、大体が巡回で、回ったはるかと。
云うたら、一人しか、居たはらへんしで、人手不足かと。二人なら、一人が巡回で、一人が留守番とするのか、して戴きませんとと。さもなくばの、イザの時、交番に馳せ参じても、意味が無いです。結果、「110」番にとなるですがと。
そんな意味からなら、亀岡警察署に電話で、無線連絡して戴いた方が早いかと。

ホンマやでと。
被害届の際も、亀岡署に電話でと。そしたら、並河の派出所から、バイクで来やはったです。
パンク発見にて、追加の被害届も、亀岡警察署でありましての、転送されたです。タマタマ、居られたのか、出先かは、分からんですが。追記しとくと、返事を戴いたですと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
公式論、一般論、コッチを責められたり、適当なる、生返事をされるかと、思いきやの。ホントに、親身、真剣に聞いて戴き、良かったなあと。
実際には、公式論、一般論が主であっても、犯人は捕まらんにしても、当方からしたらの、事実、こんな事が、あんな事がと。人身事故に成らずに済んだと云えば、済んだですが、コレからは、長男が車で来ても、駐車違反で無いのに、家の真ん前に停めるに、停められへんですと。
イヤ、ンヶ月に一度の話やのにと。

結果、日貸しで、一日、ナンボの駐車場を借りるとか、しんならんです。
イヤイヤ、実際にも、亀岡警察署から帰った、その足にての、近所の、日貸しをして戴けるの地主っさん宅を訪問の、しかるべく、その際は、お願い致しますと。
話を付けにと。
そんな意味では、安かったです。日で、300円ですて。
マアナア、都会、京都市とは違うしと。亀岡市でも、ハズレでありましてと。

とまあ、ここからは、早々に話は進展致しませんですが。
モ一発と。
(09/09/24)


NO.112 如何に解釈するかの話(13) 不採用の我が対策案の話

斯くなる次第の、斯くなるでと。
諸般、日を追い、益々の、腹立たしくと。

話を聞いてくれたの警察官は、万が一の相手が分かっても、手出しはするな。刺激もするなと。どんな相手かも、分からんしと。
被害者は知らぬ顔で結構での、万事、警察に任せといてくださいと。逆恨みされても困るですと。
との、主旨の話をされたですがと。

実はの、車を傷を付けられたの、当日。
傷を付けるに邪魔になったのか、三個のプランターの内の、二個が、落とされてたですがと。落とされ、壊れてえへん筈が無くの、ソラ、軽くは無いです。私でも、一人で運ぶは難儀な重さでと。非力なる、私故に難儀とも、云えるですがと。

兎に角、二個は破損で、使い物に成らず。残った一個は、どしょかと、思案の結果、そのままに、置いとこかと。嫁はんと相談のと。
イヤ、プランターを、遠慮しての、回収の必要性はあらへんわと。
正々堂々の、置いとけと。

イヤイヤ、その駐車場の付近に住んだはるの、某さん。お婆さんなれどのと。気さくな人でして、時折、喋ってるですがと。
イヤ、駐車場の方は、我が町内会とは違うです。強いてなら、大井町とは違うし、無縁でと。よって、細かな、地名も知らんです。私も、先様も、地(ぢ)のモノでは無いですしと。

デデデの、某さん、プランターの整理とするのか、処分方々、してるの、私等夫婦を見つけて、何してるん。
イヤ、困ったなあと。どこまでの話をと。某さんのソバには、あっちの奥様方が数人居たはってと。知らんの面々での、余り大きな声でも何やしでの、プランターが邪魔になるのか、壊されてねえと。
落とされた。までは、避けましてと。

ホナラの、某さん曰くに、何と解釈したか、遠慮せんでも、ええのにと。アンタとこの延長戦上は、自分の敷地やでと。ソ思たらええのやでと。ウンの、ソやなあと。一寸、怖い事があってねえと。
されどの、こんな場、某さんが、極の近くに来ての話ならばの、何やけれどの、駐車場を挟んでの距離で、他に、良く知らんの奥様方が居たはっての、大声では、ここまででの、少なくともの、この某さんは、白やナと。

イヤ、お歳的、傷を付けたり、パンクさせるは、無理なる話なれどのと。奥様方でも、無理なれどです。家族構成をこっちも、あっちを知らんですと。
知ってるは、二軒だけ。
某のお婆さん宅と、モ一軒。何を隠そおの、長男の同級生宅でしてと。同級生でも、中学校だけでしてと。小学校の区域は異なりましてと。よって、地名が違うんやと。
但しの、同級生当人は、出て、そこには居てへんですが、他は、全然のと。少なくともの、道でバッタリも、分からんわと。同級生宅の親御さんでも、バッタリでは、分からんのにと。我が嫁はんなら、分かるかなあの程度でと。

当然にして、我が家の道沿いのお宅様なら、違うの町でも、承知でと。但しの、我が家に近いのお宅様だけでしてと。一寸、離れたら、家族構成も知らんですがと。顔を合わす事が少ないしと。合わせば、挨拶程度はしてるですが。ご近所故の、お愛想でと。世間話まではせずの、顔まで、覚えてえへんですと。
イヤ、正直、町名が異なればの、そんなモンでしてと。用事が無ければ、接触が少なくてと。

デデデの、某さんとの話も、ソレで、終わったですがと。
根堀りの、葉堀りの、尋ねられたら、通報、傷の件も云うですがと。気を付けやと。治安がと。
他の人も居たはって、遠くではナと。遠くも、数メートルなれどです。話が話だけにと。

デデデの、斯くなるでの、某さんも云う通りの、何ならばの、我が家の向かいの、延長戦上に、ズラリと、何個も、並べてやろかと。
ホンマやでと。
直接には、相手が分からんしで、間接的に、挑発してやろかと。プランターなら、何個壊されてもと。
だけでは、面白くも何ともの、防犯カメラの設置をと。オッとの、経費が掛かるし、カメラまでは、止めるにしても、被害届の枚数をと。
プランター程度と云うなかれ。囮(おとり)捜査であるですと。
されどの、プランターをワザワザの危険を冒しての、落としに来たら、相当なる異常かと。マア、分からんですがと。元々が異常行動故にと。
とは、云うても、プランターは傷を付けるの際、邪魔になっただけの事でしてと。プランターが標的では無かったなあと。
余計な事は、止めとこかと。

ホナラの、何ならばの、我が愛車、カローラをば、置いといたろかと。
されどの、始終は置けへんしと。ガレージ法違反となりましての、正真正銘の、違反かと。
されどの、されどで、駐車違反で、警察に、「110」番しやがってみいと。飛んで火に入る、夏では無くの、秋の虫での、軽のパトカーが到着にての、待ってましたと。

再度の最初っからの経緯を云々の、住所が、ここで、二度目やでと。
デ、通報者の電話番号をば、調べたかと。控えたかと。こっちが、詰問してやろかと。
イヤ、冗談では無いです。私め、案外に本気、正気で、酒は一滴も飲んでえへんしで、素面(しらふ)やしと。
正直には、名案と思てるですが、家族の同意が得られへんです。挑発したら、アカンでと。
挑発も、何も、犯人をば、扇動、煽るに好都合なるの、手法でと。結果、ホントに傷を付けられたら、目も当てられへんですが、その時こそは、立て看板してやろかと。
不審者情報をお寄せくださいと。

そんな意味ならばの、当日、後日でもの、今までにも、我がカローラはやられてえへんです。
我が家が標的ならばの、カローラこそが、明々白々の、当家の車でありましてと。狭い乍らも、我が家の駐車スペースに置いてましてと。
イヤ、当日にも、即の、心配になった故に確認したですがと。母のシルバー・カーで、やられたの、擦り傷以外には見当たらずと。

モ一発。
過日の、我が名案をば、披露ならばの、長男の車が傷付けられたは、真夜中も、真夜中の、1時頃でしてと。但しの、嫁はんが、聞いたの、物音だけ故、確証は無いですがと。
経過的には、妥当なる時間帯かと。
この部分のみの、経過を紐解くならばの、長男が、夜の10時半頃に戻って来まして。
零時頃に、軽のパトカーがと。斯くなるでの、通報が、ありましてと。警察官二人が来ましてと。特になあと、退散でと。

私共、順々に寝たが、その直後のと。私めが一番の最後で、零時15分頃に寝るにしての、物音を嫁はんが聞いたは、1時頃でしてと。
何が云いたいかとなればの、寝静まるとするのか、マズは、家の連中が、寝るの兆しの、私が居間の電灯を消すを待ってたかと。居間は、道路側にありましてと。
少なくともの、家の電灯が消えるを待ちの、一寸だけ、時間的余裕を見ての、1時頃に犯行に及んだかと。

全ては、推測の域を出えへんけれどの、云うたら、相手さんも、灯りが皎々(こうこう)の家人が起きてる可能性のあるの、家の前にての、犯行に及ぶの勇気はあらへんですと。
そもそもが、駐車違反容疑での、警察に通報、そのものが、一寸ナと。ソレも、消火栓のソバですて。へえと。確かに、我が家の真ん前に消火栓はあるですがと。
よって、向かい側の端にと、長男は停めてるですがと。要はイチャモンでしてと。
対応に出たのが、嫁はんと、私でと。警察官は、他のどこにも、聞かずの、我が家で、二言、三言、小言に至らずの退散にての、余計に腹が立ちの、刺激されたかと。
イヤガラセの実効性が無かったしと。
されどの、私等にしたら、何事かと、ビックリなら、してるですがと。

何でも結構の、居間の灯りは点けたママにしとこかと。
イヤ、長男が車を置いてる間だけの話での、要は、カモフラージュ手法でと。
コレも、家族に、あのなあと、排除、排斥されましてと。当面は、自動車保険の、等級プロテクトが有効になるの、次回の更新まではと。安全を見たらとなりましてと。

さもなくばの、万が一の、二度もやられてみいと。洒落にならへんしと。
ソラナア、此度の傷なるは、簡単なモノでは無くの、ドアは鉄板にまで、至ってましてと。ソラ、タイヤをパンクまでさせてるの勢いやしと。相当なるの、チカラ任せでありましてと。
保険を掛けてえへんかったら、ゾっとするよな修繕費用かと。
今更乍らのシモタなあと。ケータイででも、写真を撮っとけば、良かったなあと。(被害届の際、警察は写真を撮りました。)只々、ビックリしての、正直、気も動転でと。思い至らずのと。
云うたら、車体全長の、ランプから、後ろのバンパーに至ってはいたですがの、胴体の傷だけと思てたしと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、諸般諸々、後悔先に立たずの、あの時、こしてたら、あしてたらと、思うですがと。
何分の、警察に通報されるは、初体験の、そもそもが、軽であれ、パトカーが当家に来るも、初体験でと。万事、初体験の、思い当たるの事柄も無くと。

イヤ、誰様に迷惑をば、掛けたとか。掛けられた事もあらへんしと。
兎に角、目立たず、騒がず、不義理はせず。協力出来る事は、致しましての、約束事も反古にはせず。
全部が、全部で無いけれどや。聖人君子やあるまいにと。
デデデの、コレでは、オシマイにせずの、モ一発。
(09/09/25)


NO.113 如何に解釈するかの話(14) 警察署と、交番の違いの話

斯くなる次第の、斯くなるでと。
同じの町内会であればこそ、何よりもの、行事で、会うし、話もするし。身近で、道端で会えば、挨拶も、世間話もと。
そんな意味ならばの、町内会の区長もして、相当数のお宅様をも知ったです。話もしたし、家族構成まで、或る程度はと。

正直、ソレ以前には、知らんのお宅様が圧倒的多数でと。でも、無いけれどや。
現在唯今でも、知らんの顔は多いけれどの、知らんの水準がと。知らんでも、顔なら見て、知ってましてと。我が行動範囲に有りましてと。
されどの、町が違えば、行事で一緒にはならんです。同じの道沿いのお宅様でも、承知してるは何軒かと。道端で会いの分かるは、二軒かと。
ソラ、挨拶をして、挨拶して戴けるの先様だけでしての、他の何軒かは、挨拶するにも、本当にタマにしか、顔さえも、会わせるの機会がと。
そもそもが、注意もしてへんです。
無視もしてへんけれどや。

デデデの、何です。話を戻しての、話を聞いてくれたの警察官なるは、出来れば、防犯もと。心掛けられたしと。当世、無防備ではと。
そんな時代ですよと。
までは、云われてえへんですがの、お若いしで。当方、ソやなあと。一寸は考えんとナと。「Secom」は問題外の、防犯カメラも、無用の、ソラ、経費も掛かるし、先立つモノがと。
カメラさえ、ケータイに附属の以外は、持ってえへんのにと。
オッとの、偽装の防犯カメラなら、ン千円かと。されどの、どこに付けるのかと。大邸宅でもあるまいにと。

イヤイヤ、諸般諸々の、不審者が敷地内に入られたら、困るしと。家のガレージで、車上荒らしに遭遇もしてるしと。
云うたら、簡単なるの手法での、音が出るの石。防犯石があるですて。へえと。コーナンにでも、売ってるですて。
へえと、早速にも、見に行ったです。あったなあ。軽石みたいなので、防犯石としてあっての、安いです。一袋、数百円かと。ホナラの三袋でも、買おとこかと。

買おても、何処にまくとするのか、敷くのかと。一番良いは、玄関先なれどの、コンクリートやなあと。
ホナラの横手にするかと。まいてみたですが。踏むと、音は確かにするけれどの、石が粉砕されて来ての、粉塵となり。
コレはアカンなあで、モ片方にと。二袋をまいたですが。そっちは、余り用事があらへんしと。さもなくばの、こっちに沢山まいたでは、私等が歩く度、粉砕してしまうです。
マアナア、雨でも降れば、若干なりともの、落ち着くとは思うですがと。その内には、粉々の、砂になったりと。

オッとの、されどの、コレは、潰れる時に、音が出るのかと。
ホナラの玉砂利、五色砂利でも良かったかと。コレは、石同士が擦(こす)れて、音が出るですがの、ホナラの、現在、敷いてましてと。
されどの、値(ね)が、ン倍かと。要検討でと。モっと、敷くか、コレで収めておくかと。経費節減でと。

イヤイヤ、センサー・ライトも設置を検討しんならんナと。
コレは、我が町内会でも、流行ってまして。とするのか、新しいお宅には設置がされてまして。我が組でも、一部、導入したはるですが。
正直、当初、ビックリしたです。
区長時代、当然にしての、用事があって、方々、訪問させて戴いたですがと。呼び鈴、リンと、押すに、家に接近したらの、灯りに、パと照らされ、逡巡(しゅんじゅん)、ドキリの、心臓が破裂するかと。
されどの、用事があるしで、怯(ひる)まず、慌てず、怖(お)じ気(け)付かずと。鋭意決断の、一歩たりとも、後退りせずと。

イヤイヤ、冗談では無いです。
或る意味、効果があるなあと。歓迎出来ぬ、不審者には、有効かと。
ソラナア、慣れたし、チャンとした用事もあるしで、以降、気にはしてへんですがと。気にしてへんとするよりは、点くゾと、覚悟出来てるです。
不審者も、慣れてはいても、心穏やかでは無いやろなあと。少なくともの、用心、用心、火の用心、ドロボウにも御用心の、防犯にも、心掛けてるを示せればと。
無防備で、舐められるよりは、余程に値打ちがと。

とは、云うても、センサーで、人を検知の、ライトを照らすのは、種類が沢山に有り過ぎましてと。
大きくは、100Vの電源から、引っ張って来るのと、場所的、電源の無い場合、或いは、省エネルギーにての、ソーラー付きのがありましてと。
当家の場合、ソーラー方式のがええのかなあと。
されどの、実際に何処に付けるのかと。沈思黙考中での、決断、採用には至ってえへんですがと。
乗り掛かった舟やしで、近々にはと。一番に安いのをと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
亀岡警察署に、出向きの、事情説明が功を奏したのか、無関係かの、ハタマタの、今まで、気が付かんだけかが、定かに非ずの、当日の夜(9月19日)、パトカーが周辺をパトロールしましてと。

イヤ、過日、一週間前(9月12日)には、防犯委員会の宣伝カーと共に、パトカーが我が家の真ん前をば、通過したですがと。コレは、被害届を出した日には、間違い無くとも、まさかナと。
そんなに迅速にはと。防犯委員会には、マダ、伝えてえへんかったのにと。
イヤイヤ、パトカーも、こんな入り組んだ、町内会、向かい側の団地にも、入って来るのが、珍しく。
もしかしての、先導の、防犯委員会の宣伝カーが見えてえへんかったダケかも分からんですが。
にしては、防犯委員会のは、文言、忘れたですがの、「防犯委員会です。」とか、「不審者を発見したら、110番。」等々、アナウンスをし乍らの走行での、此度は、無言で、赤色灯だけでしてと。

ホナラの、矢っ張りの、パトロールかと。
イヤイヤ、私等、弱小、一市民の事情、被害届で、一々のパトカーまで、動員しやへんわと。
動員したとしたら、この界隈、治安悪化が目に余る事態になってるかと。

思たの、明くる日、日曜日(9月20日)の、昼過ぎやったか。
とりあえずは、当日、町内会の草刈り(秋の環境衛生行事)の日でして。呼び鈴、リーンの、何事かと。嫁はんが、出たらとするのか、我が居場所、居間からでも、見えてるですがの、多分ならばの、警察官。

まさかの、まさかの、まさかが、百万遍の、犯人逮捕かと。
まさかの、証拠もあらへんしで、捕まるの筈がの、捕まるにしたってナと。
ホナラの、もしかしての、調書が並河駅前交番に着いての、事情聴取かと。コレ又、まさかが百万遍の、我輩、誰と思うや、区長経験者ゾとなんか、一言もと。

ホナラ、何やろなあと、聞き耳を立てましてと。耳は短く、耳鳴り症の耳なれどです。
嫁はんが一生懸命に、一連の件をば、説明してまして。
チと話が込み入って来てましての、玄関先では、具合が悪くの、玄関を入って戴きましてと。

されどの、断片的に聞こえてるの話が、一寸ナと。警察官の言が、迷惑にならぬよに、停めてもらわんとと。
とか、気のせいと、違いますか。
とかと、聞いてて、我慢、たまらずの、嫁はんの援軍とするのか、加勢に、飛び出したです。
イヤ、居間から、玄関口への、数歩だけ。
(09/09/26)


NO.114 如何に解釈するかの話(15) 気のせいか、警察官を良く見掛けるの話

斯くなる次第の、斯くなるでと。
万引き、カッパライ、車上荒らし、器物破損は、ドロボウである。ツマリ、窃盗であると。
万引き、カッパライ、車上荒らしは、直接的、金品を奪うものであり、器物破損は、被害者の財産の価値を損ねるモノである。
すなわち、修復、復元させるに、相応の金銭、経費が掛かるですと。

結果、器物破損は窃盗と一緒でありましてと。何も替わらんです。加えての、完全なるの、元通りには成らんです。ここが被害者の心の痛手であり、金銭に置き換え、慰謝料で換算でと。
但し、窃盗犯が捕まっての話であっての、捕まらんかったら、復元、改修は被害者の自己負担となりましての、金銭を盗られたと一緒でと。
されどの、器物破損は、加害者にとっての、実入りは無く、快感のみかと。快感ねえ。異常やねえ。

デデデの、話を戻しての、突然に来訪の警察官。
私めは、並河の交番から、来た、警察官と思いきやの、違うですて。隣りの町の交番ですて。
イヤ、一連の事件以外に警察に用事があらへんしで、その件と、思い込んだです。
元々は、我が町には、交番が無くの、隣りの町の交番が管轄してたです。加えての、我が町内会の、我が家は、境界線でありましてと。ソラ、道を隔てた、お向かいさんは、隣り町でしてと。

どっちでも結構の、ホナラの何用かとなればの、何か替わった事はありませんかと。尋ねに回ったはったですて。
要は、駐車違反、被害届の関連での事情聴取では無くの、タマタマの様子伺いに来られただけですと。タイミングが余りに良過ぎましてと。
コレ又、どっちでも結構の、亀岡警察署での話と大違いの、こっちを逆撫でするよな、応答ブリでしてと。

イヤイヤ、若き警察官でありまして。
公式論、一辺倒。
ここは、駐車禁止区域ではありませんが、他の車の通行の邪魔、迷惑にならぬよに駐車して戴きませんとと。

誰が、他の車の通行の邪魔になるよな、停め方したんやと。清掃車、宅配便、その他諸々の、工事車両でも、充分に通過出来るわと。出来てるわと。
国道やあるまいにの、大型車は通らへんわと。
とまでは、云うてえへんですがの、失礼な警察官やなあと。頭っから、こっちが悪いよな事を云うてと。
よって、説明一発、誰か知らんのから、通報があって、軽のパトカーで、警察が来やはってと。状況確認の上、道幅充分やしで、指導せずと。ソ云うて、帰らはったんやでと。

本来的、迷惑駐車なら、数限り無くのやられてるの被害者はこっちであってと。
されどの、一度たりともの、通報なんか、してへんわと。お互い様と、考える故で。
但しの、迷惑駐車をするヤツなるは、この辺りの住人では無くの、余所のヤツ。されどの、始終でもあらへんしと。我慢、我慢と、文句の一つも云うてえへんわと。
とは、云うたです。

来た、警察官の論法なるは、要は、そんな処に停めてるしで、傷を付けられたとする故、カリカリのカリの、大人しいめの私も髪の毛、逆立ち、怒髪天を衝くつの状況でと。
云うたら、訪問の警察官なるは、被害者の立場に立つ気があらへんです。

アンタ、何しに来た。
とは、云うてえへんですが、何か替わった事がありませんかで、来てるんやろと。
よって、替わった事、事件をば、報告してるです。してて、こっちが、悪いかの如きの口調では、何のこっちゃと。
とも、云うてえへんけれどの、説明をば、繰り返したです。さっきも、こんな説明をしたんやでと。

チャンと、覚えたか。
とまでは、云うてえへんですがと。亀岡警察署にも、こんな具合にと。
ツイデに、モ一発の、ワックスを塗った程度で、消えるよな傷では無くの、ドアの交換ですて。相当に深い傷でしてと。鋼板の強度低下で、安全のためと。
結果的、コソコソと、コソ泥同然の姑息にやられたら、やられ損になりますねえと。交通事故でなら、加害者、被害者、双方、分かってて、当事者間の話し合いとなるですが、要は、相手さんが明確での、所謂の事故証明さえ降りたらと。

されどの、こんな場合、相手さんが分からんしと。轢き逃げされたみたいな感じでと。
やった方は金銭的、一銭の取り分も無いだけの、異常趣味、変態趣味、イタズラ目的達成出来ての、ええ気なモンで、被害者は泣き寝入りが相場かと。
言語明瞭の、やり得、やられ損。儲かるのは、車屋はんで、損は、保険屋かと。被害者は、精神的苦痛と時間の無駄と、何よりもの、今後の対応がと。

警察にしたって、こんな程度としまして、犯人検挙の気概が無いですと。
とかとか、そんな事まで、云うてえへんけれどの、云うたろかと。
どっちにしたって、話にならへんしで、カリカリしツツも、モええなあと。警察官に激怒したって、仕方があらへんわと。
とかとか、余計な話はしてへんです。一寸、感情、むき出しにて、語気荒くなったは事実でと。

この日やったか、二男が、兄と相談の、ドアを保管しとくべきか、不要かを、警察に聞いとこかと。
イヤ、犯人逮捕に要るならばの、ドアを保管で、イザの時、指紋が採れるですと。
よって、二男、並河の交番に聞きに行ったですて。
ホナラの、返答なるは、車の指紋は証拠にならへんですて。とするのか、不特定多数の指紋が一杯やろしと。

あのなあと。
イヤ、警察の態度はそんなモンでの、二男はソですかで、押し問答せずに、帰ったですがと。

私め、聞いて、思うに、矢っ張り、検挙してやるの気概が警察には無いしで、犯人は、やりたい放題、し放題かと。
大体が、不特定多数の指紋が付く筈が無いです。
タクシー、バス、救急車に、貸したり、借りたりの、レンタカーや、子供の自転車やあるまいにと。大方の車ならばの、持ち主、運転手、家族程度でありましてと。
ソレ以外であっても、運転手が誰を乗せたか、分かるですと。

そもそもが、長男は、神戸でと。
亀岡の住人ならばの、指紋が付いても、家族、すなわちの、親と、弟だけでありましての、ソレ以外のが、付いてたら、怖い話やでと。車上荒らし、行きずりの見知らぬ人、指紋付きの、オバケ程度になりましてと。
要は、そんな理屈で、指紋も採らへんですて。証拠物件にもならへんですて。捕まえる気が無いからでと。

とは、云うても、実際問題、犯人に前科があるとか、別件で、捕まらん事には、指紋採取も意味無いですが。前科、別件逮捕の可能性なら、充分かと。
やるヤツは、ヤリまくってるかと。パンクのさせ方からしたって、傷の付け方にしたって、初犯とは云えへんの可能性も、充分でと。
ソラナア、イタズラで、パンクまで、させますかと。

とか、とか、云うても始まらんかと。適当な処で、止めたですが。
色々、要らん事を云うてすみませんですと。被害を受けて、カリカリしてたモンでしてと。ツイツイとと。
この辺り、ご理解の上、出来る限り、巡回等々、宜しくと。
とは、言語明瞭にと。

斯くなるでの、気のせいか、今まで、気も付かんかったのか。
この界隈に、バイクの警察官が目立ってねえ。走り抜けてるですと。ええ事でしての、只ナ、犯人が見てて、効果があっての、私が見てても、意味あらへんですが。
その内には、見掛けてくれるを期待かと。
イヤ、そんな意味では、境界線上は、有り難いかと。二箇所の交番が監視でと。監視ならと。
タマタマならばの、私が神経過敏になってるだけかと。

デデデの、この件、その他諸々諸般一杯、あるですが。
ここから先は、早々には進展せずと。犯人が常習的なら、知らんですがと。
只ナ、そんな異常なのが、遠からずのソバに居てるの気配だけでも、厭でしてと。
(09/09/27)


NO.115 如何に解釈するかの話(16) 不可解なままに、消えたの話

デデデの斯くなるでの。
このままでは、不完全燃焼故に、可能な範囲でと。
可能とは、超推測を交えた、推論でと。
云うたら、関連し、断定出来るの証拠は皆無でと。
加えての、事実であっても、掲載出来る事と、出来ぬ事がありましてと。

デデデの、話を原点に戻しましての、9月11日の夜。
事実上、12日に日付が替わるか、替わらんの時。軽のパトカーが到着の、「通報」があってと。迷惑駐車とするのか、駐車違反容疑でと。消火栓のソバやしと。
私め、警察官から、「通報」がと。聞いての、瞬時、当然にして、我が家、周辺を見渡したです。
前提、可能性、1%であれの、近所の誰が、「通報」したのかと。近所とした場合なれどです。

理由は簡単の、時間が時間やしと。周辺の家の灯りはと。大抵なら、真っ暗け。
寝たはっての、灯りが無いです。消えてるです。イツもの事でしてと。大体が、夜の遅くまでとするのか、夜の12時頃まで、起きてるは、我が家くらいでと。アト、何軒かは、タマにはあるですがと。
一々、監視はしてへんしと。

しかるにの、何処方向とは云わんの、複数軒に灯り皎々(こうこう)での、正直、怪しいナと。
とは、思たですが。思ても、確信が無いです。ヤルなら、今までにでも、ヤラれてる筈でしてと。当家なら、数ヶ月に一度で、余所様も、時折はと。
イヤガラセであろが、無かろがと。

明くる日、とあるの事象があってのアトで、車に傷を発見での、被害届を出す際、警察官には尋ねたですが。「通報」なるは、過去一回でと。
目に余るの何処のか、不明の一台でして。ンの成る程のと。アレは酷かったナの車でと。

イヤ、その車の所有者を誰様のとは知らんですがと。
常識があるなら、完全なるの、迷惑駐車はしやへんわと。停めた前のお宅様にでも、一言、停めるのお断りを入れるかと。邪魔になったら、云うて頂戴の、どこの関係者ですと。
そもそもが、そんな人なら、停めるの場所も、考慮するかと。考慮されてたら、不愉快でもあらへんしと。加えてのタマの、短時間なら、イザ知らずの、半日、一日、一日半と、連発で停められてみい。
クレグレもの、私めは通報してへんですが。

イヤイヤ、諸般の状況よりの、通報された車ならばの、此度、灯り皎々方面に関係してるの車とは無関係でと。
此度の、「通報」されたのと、車に傷をパンクをの、犯人が同一かどかも、分からんですがと。
とあるの事象も、関係してるのか、否かは不明でと。

どっちにしても、ともなればの、先の灯り皎々のは、白か否かの、もしかしての、酒でも飲んでの酔っ払い状態かと。
酔っ払いが、通報したりの、車に傷、タイヤをパンクさせるならば、多少の、可能性がと。
他には、通りすがりの可能性があるですがの、大都会、人口密度の高いの地域でもあるまいにと。そんなに沢山の、通りすがりの人が、あらへんわと。

結果、掲載可能はここまでの、車の件の、事実だけの、話としたですがと。
実際には、その他、諸般諸々の、経過より、正直には、犯人と思しきは、絞り込んでるです。但しの、ソレと、コレとの、関連不明の、そもそもがの、車の傷のは、証拠があらへんわと。
挙手しての、私がと、名乗るよなでもあらへんわと。

イヤ、当然にして、某としたなら、諸般諸々の、総合的現象の理屈は通じるです。
通じても、理由がナと。原因がと。全くの、思い当たるの事があらへんです。
諸般諸々の、一連の奇っ怪(きっかい)、不可思議なるの、事象の目的なるは、分からんですが。そもそもが、何の面識も無しの、過去一度も、喋った事もあらへんしと。
クドイけれどの、知らず、知らずに、迷惑掛けたの可能性も皆無でと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、某と、絞り込めた処で、どするやと。どんな性格かが分からんしと。
少なくともの、常識論では、推し量るが不可能の、基準的にズレてましてと。

イヤイヤ、しかるにの、当日以外、とあるの、某の電灯なるは、早くに消灯のと。
云うたら、今までなら、気にもしてへんしと。以来、一寸だけ、注目してるだけでありましてと。されどの、正直には、一連の事象以来、注目してしまうだけでも、厭でしてと。
従来通りの、気にもしてへん。気も付かずが、一番でと。
加えて、諸般諸々の状況にて、出来ませんです。

イヤ、ホンマやでと。
まともに掲載したって、ホンマかいなで、ナンデやなの事ばかりでありましてと。
尚、犯罪行為では無いです。されどの、ナンデやなで、某かと、絞り込めたですがと。そして、多分なら、話はコレ以上、進展致しませんです。
諸般諸々、意図的なら、イヤガラセ。
タマタマの偶然にしても、重なり過ぎの、有り得るかいなの、事柄があった故に、材料満載の、絞り込めての以来、思しき当事者の姿が消えたです。

されどの、その事と、「通報」、車に傷の関係なるは、不明の、そもそもが、車に傷の証拠は何もあらへんわと。
されどの、されどで、一連の状況については、成る程の、合点なれどの、ナンデ、そんな事をされんならんかの、原因不明。
とするよりも、一連のが、万が一にもの、同一人ならばの、意味合い通じの、完璧、完全なるの誤爆であっての、迷惑千万甚だしくと。
要は、我が家との関連不明の、最低限の、常識的事柄をば、ホンの一寸だけでも、確認してからにしたらと。

どっちにしたって、消えれば、不可解なるの事象も、ここまでかと。
次回、現れるはイツの事かも分からんしと。分かって、ナンボの値打ちもあらへんですがと。
警戒だけは出来るですと。
(09/09/28)


NO.116 記憶の、夢の話(1)

イヤイヤ、デデデのツイデの話を、モ一発。
斯くなる次第の、斯くなるでの。ついの先日。
とは、9月23日の夜とするのか、奇妙なる夢を見たです。
イヤイヤ、悪夢では無いですがと。

最近、夢見る事が珍しく。夢は、見てたとしても、記憶に残らへんのが、相場の、極最近とするのか。ここ数年でなら、現在でも、記憶してるの夢は一件だけでしてと。
既に、三年が過ぎてるの夢でして。三年経っても、記憶鮮明の夢故、私めにとっては珍しく。
機会があらば、気が向けばの、多分なら、掲載の機会は無いかと。マア云うたら、面白くも、何ともの夢でしてと。掲載する程のモノでは無いですしと。

ソレ以外とならばの、我がご幼少時代。
マア云うたら、年齢一桁、十代までの話での、元々が、夢、現(うつつ)の境目が定かに非ずの年頃故に、夢なんか、現実の話か、現実としたら、夢と現実が混交かと。

イヤ、一つは別段にの、珍しいの夢では無いです。良くある夢での、要は、オシッコをしたあてねえ。
イヤイヤ、夢の中では、オシッコをしたいとは思てえへんです。
只々、一生懸命に安らぐの場所を求めてるのに、行く先々が薄汚い場所。気にいらんしで、ドンドンと先に行けども、益々の、洞窟みたいな。薄暗くの、ジメジメした場所でして。
見るだに、気色が悪く、悪臭漂いの、顔を背け、鼻も曲がるかと。
とまあ、そこまでは、定かにあらずのと。

そして、遂には、行き止まりの、ドン詰まりの、モ動けんの場所に到達の、行くも、退くも出来ずの、嗚呼、アカンかと。
万事休すの、諦めた瞬間にも、目が覚めての、世界地図大書かと。
かと、では無くの大書してたです。グショグショ、ビショビショのと。お寝小(おねしょう→本来なら、「寝小便」)してたですが。多分なら、この夢で、ご幼少時代、記念すべきの、最後のオネショウとなったかと。
とは、勝手に信じてるですがと。

モ一件なるは、幼稚園時代でありましての、実は、妹が産まれて間も無く、他界でと。
云うたら、我が年齢的にも、死なるの認識がと。
産院は、近所でしての、何度も行き来してたですが。そこから、母方の伯父が、自転車の荷台に、小箱を乗せて、我が家へと。
実は、その当時は、そんなモノかも分からんですしで、現実にあった話かと、思うですが。肝心の我が状態が、理屈に合わんです。
イヤ、死なる事柄が認識されていないが故の、気持ちかの、ハタマタの、妹が家に帰ると、聞いたが故かの、嬉々、喜々としてましてと。産院から、家までの道中。

道中も一、二百メートルしか無いですがと。嬉しくて、嬉しくての、飛び撥ねてるの光景でと。
飛び跳ねてるの、その場所が、どの辺りであるのかも、鮮明にと。
イヤ、この時には、産院にまでは、行ったか、行ってえへんかは、定かに非ずの、近く故に、それまでは、何度も何度も訪問をと。
云うたら、油小路通りの産院から、仏光寺通りを曲がっての、一寸の先。我が家の手前、数十メートル地点にての、飛び跳ねてるの光景でと。

コレこそが、夢か、現(うつつ)かの、訳の分からんの記憶鮮明の夢かなあと。
イヤ、関係者に聞けば済む話でもあるですがと。イヤ、自転車の件をと。誰がと。どんな風に運んだかと。
イヤイヤ、多分ならばの、自転車で、母方の伯父がと。勝手に決めつけてるですがと。既に、伯父は他界してるですがと。聞く機会なら、幾らでもあったですがの、聞くよな、話でもあらへんしと。

この際の、ツイデにの、高校生時代であったかの夢での、夢の場所は、定かに非ずの、どでも良い話の、兎に角、泳いでまして。
強いてなら、海でも、湖でも、何でも結構の、兎に角の、向こう岸が皆目の見えへんとするよりも、向こう岸は、どでも結構の、話簡単の水泳には、自信のある時代やしと。
体力、気力の続く限りは、泳いでられるの時代やしと。

とりあえずは、泳いでる最中に、夢の中で、コレは夢であると、気が付いたの夢でして。
夢の中で、夢であると、気が付いて、どするやと。どしょもあらへんわと。
加えての、水が冷たくも無いのも、気が付いてと。手足を動かさんでも、浮いてましてと。されどの、一体全体、どするやと。夢から覚めるの手段がナと。
脱出の手段も不明の、沈思黙考、思案してる間に夢から覚めたかと。
要は、再度申すの、夢の中で、夢であると、気が付いたの夢の話でと。

当然にして、アト、二三の記憶に残るの夢はあるですがと。
マア云うたら、その程度の数でしての、夢を良く見るかとなればの、極の最近は見いひんなあと。少なくともの、記憶には無いなあと。スグに忘れてしまう夢が大多数かと。
されどの、大体は、この処、夢を見んよになってるかと。

デデデの、此度のは、果たしての夢か、現(うつつ)かの、面白い夢でしてと。
状況からしての、夢に決まってるですがと。
クレグレもの、この手の夢見は初体験。良いのか、悪いのかも、分からんですがと。
見たは、9月の23日でしてと。数日、放置で、マダ、覚えてる故に、掲載してみるかと。

夢、現であっても、現象的には、明かなるの、夢でして。ハタマタの幻想、空想、勘違いの世界かと。
とりあえず、私め、寝てたです。夢の中でも、寝てたです。横たわってる自分の状態をば、シカと認識でと。
となればの、単に横たわってるだけで、寝てたとも、云えへんですがと。所謂の生体離脱はしてへんです。過去一度もそんな奇妙なるの、体験してへんしと。
要は、夢の中にて、寝てましてと。寝しな、明け方の区別は不明でと。もしかしたらの、寝しなかと。そんな気がしてるだけでありましてと。

とりあえず、意識的、寝てる、横たわってるのそのままの状態にて、周辺、明るくなりまして。明るいも、電灯を点けての明るいでも無くの、奇妙なるの、現実離れしてるの、明るさでと。
寝てるの場所も、家であるよな、無いよおなと。強いてなら、どっちでも結構でと。安心感が漂ってましての、家やろなあと。只ナ、周辺の状況からは、我が家の状況とは程遠く。
要は、いつもの周辺とは異なってましてと。

布団も被ってるのか、被ってえへんのかも、定かに非ずの、多分なら、被ってえへんよなのと。そんな事には、無関係の、関心も無くの、別段の、恐怖感なるも、全くの無しのと。
云うたら、その状況を自分で、楽しんでるかの状態でと。イヤ、周辺が明るい故もありましてと。

イヤイヤ、具体的なるは、周辺には、シャボン玉、水玉があるよおな、無いよおなと。大きな玉状のは散見のと。
花は見えへんけれどの、お花畑に居てるよなのと。但しの私め、メルヘンチック趣味は無いですがと。
寝てるの場所も、掛け布団は意識に非ずの、敷き布団も無関係の、あっても、無かっても、余りに、意味も成さずの、フワフワもしてへんの、感覚的には、至って良好なる状態でと。
要は、痛くも、痒くも、不愉快でも無くと。

そんな状態にある故の、怪談、ホラー状態では無くの、こんな雰囲気で、妖気、邪気、オバケ、妖怪がフイと出没、手を、顔を、姿を現すには、不相応なる雰囲気でと。
とりあえずは、何が起こるのか、どなるのかなあと、興味津々の心境でと。
気分的、至って落ち着いてたです。
少なくとも、気色が悪いナの、気分にはなってえへんです。
(09/09/29)


NO.117 記憶の、夢の話(2)

イヤイヤ、デデデの、この9月、厭な事ばかりが連発でと。
イヤ、長男の車に傷の話だけではあらへんです。諸般諸々ありましてと。
過日、27日には、町内会対抗大運動会が開催の、私め、その他大勢、「玉入れ」「綱引き」に出場のと。
イヤ、選手としてやでと。各々、各チーム20名が出場でしてと。

「玉入れ」は、順位は知らんですが。同時にやった4チームの中では、2位やったかと。全部で、13チームがありましてと。総合順位はナと。
「綱引き」は、一回戦、ストレート負けの予定が、最初の一回、何故か、勝てまして。二回目負けての、三回目、負けてならじと、大奮闘のと。必死に喰い下がったですがの、見事に負けましてと。
私が頑張っても、何の影響も無いけれどと。若手が頑張ってくれてるしと。

要は、一回戦にての敗退なれどの、頑張り過ぎての、綱引きの、綱で、腕に擦り傷、作ってしもて。痛あてねえ。
ソラ、皮が剥けて、チラと出血にての、痛く無い筈は無いですがの、名誉の負傷なれどの、マダマダ、治るに程遠く。正直、歳故、回復力も弱いしと。
モノに触れたら痛いし、風呂で濡れても痛いしと。消毒しても、痛いしと。全治、二週間かなあと。モっとかなあと。
変に頑張らへんかったら、良かったのにと。されどの、アトの祭りで御座候のと。
イヤ、諸般の事情にての、二週間で、完治して欲しいですと。氏神様の、「秋祭り」が、10月の16日やしと。ソレまでにはと。

デデデの、運動会なるは、27日でしての、夢見、23日の、アトの話なれどのと。
イヤイヤ、例年ならばの、「玉入れ」にしか、出ませんですが。町内会の支援とするのか、余計な応援をと。「綱引き」にも挑戦したが仇となりに蹴りと。
ホンマやでと。
選手なら、この程度の競技種目なんか、不足の人数、一声にての、その場でも集まるですがと。
何でも結構の、結果、参加賞の、ティッシュ・ペーパー一箱、ボール・ペン一本が戦利品となりに蹴りのと。

その他、諸般諸々、厭な話バッカリでと。
せめてもの、イヤ、10月以降は良い事続きであって欲しいナと。
気の、気持ちの、世界の問題故に、邪気払いで、氏神様の、「本神輿」にご奉仕をば、一発と。

斯くなる次第の、そんな次第での、9月では、夢を見るにしたって、良い夢は見いひんやろなあと、覚悟してたですがと。
要は、夢で、魘(うな)されるかと。百鬼夜行、魑魅魍魎に毒されてと。虐(いじ)められてと。そんな悪夢を見るの覚悟ならしてたですがと。

イヤイヤ、デデデの、過日、23日、秋分の日の話。
これは夢であると、認識したよな夢でしてと。
夢の中で、コレは夢であると、感じた夢は、二度目でと。一つが先の、高校生時代であったのかの、泳いでる最中に、夢であると、気が付いたですが。気が付いてもナと。脱出の手立てが分からんですと。別段に、永遠に泳ぐ訳でもあらへんですが。
夢の中で、これは、夢であると、気が付いても、夢であるの確信があらへんわと。

更には、夢には、夢なりの、前提とするのか、強制力が働いてましてと。イツまでも泳がんならんよな、感覚でしてと。気力、体力、相応の自信があるのと、永遠に泳がんならんのとは、次元が異なりましてと。
泳ぎたい、泳いでいたい場合があれば、泳ぎたくも無い場合もありましてと。永遠にの感覚なるは、一寸ナと。
どこかで、妥協とするのか、夢が覚めてもらわんとと。水中で沈思黙考、思案に暮れるとするのか、一寸、困ったなあと、思てる間にも、夢は終わったですがと。
夢故でと。

此度のは、寝てるのが、夢であると、気が付きの、夢の中でも、寝てるの状態であると。
とは、気が付いたです。
実は、寝てるの状態を確認したです。周辺の光景が一寸ナと。いつもは、海老が如くに丸くなって、横向きに寝てるですがと。この数日は、何故か、仰向きの状態で寝てたですが。
この時も、仰向けでの、嗚呼、仰向けに寝てるなと、確認したです。
変な話、イツものパジャマか、どんなパジャマかが分からんですが。少なくともの、何かしらの、寝間着は着てたです。

モっと、変な話、冥土にでも行くのかなあと。
とは、正直、思たです。
イヤ、前提として、マダマダ、早いの気は当然にして、あるですがと。されどの、こんなに簡単とするのか、苦しまず、周囲に、家族に、迷惑も掛けずになら、或る意味、最高でしてと。
よって、ポックリ寺があるんやわと。
にしても、マダ、早いがあるけれどと。

よって、自分自身が如何なる状態かを確認したです。大体が、こんな状態の夢見は初体験でと。
もしかしての、もしかして、何かの間違いにての、冥土にでも、連れて行かれるのかと。
されどの、本来的、三途の川もある筈のと。見てへんゾと。気配は全くの、但しの川のソバが如くの、肌寒く。水の気配はしてましてと。事実、水の匂いまでしてたです。

ソラ、周辺とするのか、水玉みたいなのが、浮遊でと。
水玉も、風船みたいな感覚での、鮮明には見えてえへんですが。アチコチに、ポツリ、ポツリの、大きさ、色が、バラバラでの、さりとての、カラフルとの感覚も無く。
マア云うたら、淡い色彩でと。我が夢で、色彩鮮明なるは、余り見てへんですがと。
オッとの、シャボン玉との表現なるが、より正確かと。

要は、単純明解、複雑冥界、水玉状、風船状とするのか、シャボン玉が、パチンと弾けもせずに、周辺に浮遊の、特に、怪しい気配も感じずのと。
クドイけれどの、閻魔大王、妖怪、妖気、オバケ、魑魅魍魎が出没、具現の心配まではさせられてえへんですがと。
単純に、何が起こるのかと。
イヤ、興味津々の、ジタバタせずと。
したってなあ、寝てるの状態にての、コレ又、変な話の、動かせるは、首から上の、頭だけ。カラダは当然の、手足は動かせずで、起き上がるも、不可なる感覚でと。

コレ又、正確には、そんな事をする気も無しの、するにも、身動き出来ずの状態でと。さりとての、その場から逃げるに、逃げられずの、金縛り的にも、思てえへんですがと。
そもそもが、逃げる気があらへんしで、こんな状態で、何をするべきかも、分からんわと。
云うたら、寝てるの状態にての、成される、成るがままを静観でと。

静観も、我が枕元に人の気配がしてまして。
してても、妖怪、オバケ、魑魅魍魎は感じてえへんですがと。ご先祖様との、感覚でも無く。
イヤ、ご先祖様とは、ご先祖様でしての、例えば、オヤジであるとか、祖母でしてと。叔父でも、叔母でも、何でも結構の、面識は無いの、祖父等々、兎に角の、血の繋がりの感覚無く。
要は、枕元には、誰かしらの、見知らぬの第三者の気配を感じたですと。

イヤイヤ、一説では、冥土では親族が迎えに来てくれる。
との話もありましてと。見知らぬの親族であっても、瞬時、分かるですて。
されどの、ソやないなあと。
イヤ、親族であっても、別段にと。厭であり、マダ、早いと、拒否をする気も無かったですがと。
要は、ジタバタしたって、始まらんわと。成り行きに任せるの心境でと。ジタバタするにも、出来ひんしと。
ソレこその、首から上しか、動かへんのやしと。動かすの気も無かったですがと。
(09/09/30)


NO.118 記憶の、夢の話(3)

斯くなるでの、一寸、脱線の、一説によるの、冥土では、ご先祖様がお出迎えにと。
来てくださるは、有り難いけれどの、一説には、そこまででして。我が単純なるの、大いなるの疑問、どの範囲のご先祖様かと。
云うたら、何親等かと。

何親等でも、色々有りましてと。親、兄弟姉妹、伯父伯母、叔父叔母、甥姪、従兄弟、又従兄弟の範囲か、直系かと。
直系も、父方、母方がありましてと。
変に遡(さかのぼ)られてみい。下られてみい。人数が大変ゾと。全然、知らんの同世代のが、親族やったりと。充分に可能性はありましての、人間皆兄弟姉妹でと。親戚筋でありましてと。

イヤイヤ、直系、父方に絞られても、何世代かと。大抵ならばの、承知は、二世代(祖父母)、三世代(曾祖父母)までかと。その上の、四世代の、高祖父母にまでなったら、知らんやろと。
ここから先は、名称、「高祖父母の父母」「高祖父母の祖父母」等々となるらしくと。云い方があるは、高祖父母まででしてと。

そんな事は結構の、マア云うたら、直系だけ。父方だけにしたって、お出迎えして戴けるは、どこまでかと。
現存した、してる限りに於いて、延々の、どこまでも、遡(さかのぼ)れる筈でしてと。
明治なら、祖母でして。承知の、祖父は、入れ違いで知らんですが。順々になら、江戸時代、安土・桃山、室町、鎌倉、平安、奈良。
ツイデになら、飛鳥時代、古墳、弥生、縄文、石器時代になるのかと。更に、ツイデになら、類人猿で、延々の、生命の起源の、バクテリアまで遡ってみいと。大変ゾと。
そこまでは、冗談としたって、誰にでも、どこまでも、遡れましてと。或る意味、奇跡に近い状態、条件にて、現在に至ってるですと。

とマア、そんな話は置いといての、更なる、疑問の、ご先祖様は、如何なるお姿、年齢かと。
お姿なら、時代、時代を反映のと。お好きにで結構の、されどの、年齢はと。
まさかの、ご臨終の年齢では、冥土でも、面白くも無いやろと。さればの、一番にお気に入りの年齢でと。ホナラの大抵ならばの、二十代、三十代かと。

デデデの、ご先祖様も、そんなにはと。
沢山にお出迎えして戴いてもナと。ここに、輪廻転生思想も絡みましての、冥土では無く、現世にて、お暮らしのご先祖様が居たはるとか、居たはらへんとかと。
よって、ご先祖様も、品替え、場所替え、輪廻転生を繰り返しの、進化かと。
イヤイヤ、実際、架空も知らんです。前世での記憶はあらへんわと。現世の記憶でさえもが、ええ加減でと。

そんな次第での、ご先祖様ならばの、一種独特の親近感があるですがと。
我が枕元の存在は、親族に対するの親近感までには至らんですが、マア云うたら、人間力を超越の、極めて高いの、霊力があるの、何者かであるなあと。
イヤ、ご尊顔を拝しても、誰かは、分からんです。
龍でも、虎でも、菩薩様でも、阿弥陀如来様でもあらへんです。要は、見た事のあるの、仏像からは、連想難しく。そんな意味なら、恵美須、大黒天、毘沙門天、弁財天に、福禄寿に、寿老人、布袋さんのドレかには近いよおな、気のせいだけの、勘違い、早とちりのよなと。

マアナア、少なくともの、女性では無いしで、弁財天は除外での、要は、好々爺。
鯛を抱えたはらへんしで、恵美須っさんでも無く。
俵を持たずで、大黒天でも無しと。
甲冑を着てへんしで、毘沙門天に非ず。
白髭、杖も無し故、寿老人でも無くて、頭が長くも、無いしで、福禄寿でも無しと。
ホナラの、残るは、布袋さんかと。されどの、袋を持たずで、サテ、何者かと。

イヤイヤ、詳細、そこまでは、見えてえへんです。見えへんです。強いてなら、首から上の、アトは腕から先の手でありましてと。
只ナ、好々爺で、福々しいご尊顔でと。ニコニコとと。されどの、見覚えが、あらへんわと。
どっちにしたって、七福神にも、面識が無いものでしての、ご尊顔を拝しても、サッパリでと。
されどの、そんな雰囲気の好々爺でと。

デデデの、その好々爺が何をしてるかとなればの、云うたら、花咲か爺の如く。
オッとの、花咲か爺やろかと。
イヤイヤ、元々が雰囲気的、お花畑みたいであっても、桜の木はあらへんし、花も咲いてえへんです。よって、無いの、桜の木に灰を撒いてるのでは無いです。
撒いてるのは、水でしてと。どこにかとなればの、私めの真上。
イヤ、多分なら、水と思うだけでの、要は、無色無臭、無味無臭の、透明なるの液体でと。
イヤイヤ、舐めてえへんしで、味は分からんですがと。

摩訶不思議とするのか、夢の中での話故に、理屈で考えても仕方が無いですが。
好々爺は、水桶を抱えてるで無し。
単純に、手で撒くよな仕草をするだけで、水が撒かれてましてと。

兎にも、角にもの、好々爺のやってる事が分かって、状況をば、把握したです。
イヤイヤ、元々が夢の世界なれどです。好々爺が、水か何かを天空とするのか、撒き散らし。上であるからにしての、ソレが、水玉、風船。ハタマタの、シャボン玉の如くになったりの、一部は、我がカラダに、顔にと。ガンガンとと。降り注がれてましてと。

オッとの、エライ事をしてくれるナと。顔が、カラダがビショ濡れになるやないかと。
イヤ、ソレが不思議に、顔に掛かってる筈が、冷たくもあらへんし。濡れるの感覚も無し。只、当たってるのは、当たってるかの如くの、シャボン玉みたいに、消えるとするのか、消滅のと。
云うたら、シャボン玉は、石鹸水やしで、弾けば、水がと、思うですが。濡れへんなあ。

コレなら、痛くも、痒くも、熱くも、寒くも、濡れもしいひんしと。熱烈歓迎の、幾らでもやって頂戴の、不可思議なる状況、水が掛かって、濡れずの現象をば楽しんでたです。
ドンドンと、やってくれても宜しいですよと。
その内には、気分が替わって来ての、清められてるよな感覚がと。
要は、神水、清めの水にて、清められてるよなでと。

そやろなあ、意味も無い事はしいひんなあと。
合点、理解した段階にて、夢から覚めたかと。

デデデの時間は不明の、周辺、真っ暗。寝てるの自分の状態なるは、夢で見てた通りの、仰向けでと。別段に、周辺には、水気(みずけ)も無くの、水にも濡れてえへんしで、好々爺が枕元にも居てへんなあと。
一体、見た夢なるは、何の意味があるのかと。
一週間経っても、分からんわと。我が身の回りに、何の変化もあらへんしと。
(09/10/01)


NO.119 余談・ツイデの話(1) 人形供養の話

果て、サテの、ツイデの話がありましてと。
イヤ、夢の話では無いです。
諸般諸々、気になってと。元々が気にしぃでしてと。気になる事は、しかるべくのと。

デデデの、何の話かとなればの、「人形供養」
時期はとなればの、イツやったかなあの、8月やったかと。
よって、9月の諸般諸々は無関係の、ソラ、人生、色々ありましてと。考え方も様々でと。
好きとするのか、やりたいよにやらせて頂戴の、誰にも、借金してへんわと。貯金も無いけれどの、迷惑もと。掛けてえへんわと。

何度でもの、諸般諸々、家具を整理したり、移動させたり等々での、人形を含むの置物の置き場所も無くなりましてと。何分の手狭な家でしてと。
置物なるは、人形も含むも、大多数が人形でと。

それこその、床の間に鎮座の、七福神の一員、長頭、杖の、福禄寿。体型、デップリの、布袋さんは、大事に残してるですがと。
福禄寿なるは、如何なる経路で置いてるのかは、琴平の金比羅さんでの一刀彫。一刀彫故、木製での、三種の願い、簡単には、子孫繁栄、封禄招福、健康長寿の神様でしてと。

布袋さんは、仏光寺の家から、一緒でと。金属製でと。
但しの、金や、銀では無いけれどと。黒塗りされてるしで、正確には、重たいだけで、何の金属かは、不明でと。
オッとの、そんな意味ならばの、もしかしての、下地、金銀かと。
イヤイヤ、そんな筈は無いですがと。多分ならばの、銅製かと。
どっちにしたって、価値は知らんです。価値も何も、そんな由緒のあるの、置物はあらへんわと。

での、での、もしかしたらの、我が祖父の代からかと。
云うたら、唯一の、祖父の遺品かと、勝手に信じてるが故にの。イヤ、祖母から、そんなよに聞いたよな、記憶がと。
よって、我が住処と一緒に移動でと。邪魔にもならへんしで、後生大事にと。供養で、しかるべくの、納めるの気は毛頭のと。

この布袋さんは、僧侶でと。弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身ともされてましての、実在のと、されてるですがと。
我が所有の、布袋さんは、袋の上に鎮座で、軍配を持ってまして。
袋の意味なるは、「堪忍袋」とも、されてるですがと。
ソ云うたら、祖母から、そんな風に聞いたよなと。
伝説、風評、一説ならばの、戴いた食料をば、入れて、持ち歩いてたとの事でしてと。酒、魚、何でも御座れの坊主でと。

デデデの、デの、加えての、ドップリ腹なるは、広い度量、円満なる人格。そして、富貴繁栄をつかさどるものと云われてるですがと。
私め、程遠くのと。気は短くの、癇癪(かんしゃく)持ちでと。狭量、角の立つモノ云い、性格での、貧乏暇も無く。
体格的、風貌的、多少は下腹出て来たですがの、恰幅はあらへんしで、ニコヤカにも程遠くと。

イヤイヤ、諸般諸々、あの、夢の爺さん、誰かいなあと。袋も、軍配も持ってえへんかったですがの、ニコニコしてた故に、布袋さんかと。
とは、勝手、都合良くに解釈したりして。
云うたら、兵庫県宝塚の、清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)では、鎮守の、三宝荒神の眷族(親族・一族)とされてましてと。
何を隠そお、隠す事も無くの、何の因縁かの、仏光寺の家の、町名、喜吉荒神(きよしこうじん)。

とまあ、正直には、此度、布袋さんの事を一寸、調べて、初めて知ったですがと。
イヤ、清荒神清澄寺なるは、神戸の息子宅に行くの際の、道中にての、道路標識に記載されてるを見てましてと。へえと、一人、昔の町名と同じやなあと、「清」と、「喜吉」の字は異なるですがの、同意でと。関心は持ってたですがと。
まさかの、さかの、こんな関係とはナと。
矢っ張り、布袋さんは大事にと。

オッとの、マタモヤの脱線したですがと。
更に、脱線の、ホナラの祖父、オヤジからの、遺産として、引き継いだは何かとなればの、東大谷祖廟の、墓地の借地権。
モ一発、オヤジからは、三文判一個。
果たしての、私めが、息子共に残せるとするのか、遺品として、引き取り、大切に保管してくれるは、何かいなあと。思い当たらんなあと。寂しいなあと。

イヤイヤ、デデデの、「人形供養」で納めるのは、諸般諸々の家具をば、処分した故にの、置くの場所の確保が出来ずのためと。そこらに適当にもナと。
ソラ、手に入れた当時は、相応にと。大切に飾ってましても、年数と共に、思いも色褪(あ)せまして。壊れもするし、モノも別途のが増えましてと。
されどの、何点かは、コレからもと。
その一つが、布袋さんであり、福禄寿でありと。
かと云うて、床の間に飾ってあって、居間でも無いしで、タマにしか、見ませんですがと。

斯くなるでの、京都では、「人形供養」の寺として、宝鏡寺が有名でと。
イヤ、行く、お参りするは、二度目でと。
要は、人形とするのか、置物をば、供養と称するの、処分は二度目でと。一度目は何年前か。十年、二十年と経つのかと。定かには忘れたですがと。
少なくともの、燃えるゴミ、燃えないゴミで、無造作にポイと捨てるも失礼とするのか、後味がと。

よって、しかるべくの、供養をと。
要領なるは、ミカン箱一個程度の容器に人形等々で、5000円也となってましてと。嫁はんと二人して、行って参じたです。
とりあえずは、堀川通りを北上のと。要は寺之内堀川東入ルにありましてと。二度目故に一発の、サテ、駐車場がと。
イヤ、前回は、門の前に停めたですがと。オッとの、寺の手前の駐車場には、「宝鏡寺」の文字がチラと。おそらくは、そこが駐車場やったかと。されどの、一方通行にて、戻れへんしで、大回りの、再びの、駐車場にと。
入れば、入り口には、何番と、何番の、三箇所がと。「宝鏡寺」の指定の駐車場でと。ホオと。良かったなあと。ソラ、チャンとしたのがあれば、停めるに越した事は無いですと。
結果、そんなに広くも無い駐車場。20台程度が停められるのかの、指定の場所、三箇所の全てが空いてまして。話簡単の、訪問者は私等夫婦だけかと。先客も居てへんかと。

そんな事は結構の、駐車場の隣りの門より、入りまして。サテの、どこやろなあと。受付はと。
多分なら、こっちの筈と、行った先は、アレレの、駐車場で車を停めたのソバにらしきの建物が見えてたですが。駐車場の横手、スグのそこからでも、来られるのかと。
帰りはここからかと。云うても、距離は大して違わんですがと。

御用の方は、呼び鈴をで、リンリンにての、受付の扉が開きましての、中年女性が現れてと。
「コレをお願いしたいのですが。」
とは、嫁はんがで、箱を手渡せばの、オッとの、「重たいですねえ。」と。
ンの、コレは、5000円では済まされへんかと。上乗せされるかと。

イヤイヤ、ホーム・ページには、しかるべくの記載されてるです。「かさばったり、重量があるものに関しましては、お火上げの手数料の都合で お供養料が加算されます。」と。

受付の中年女性曰くにの、6000円ですねえと。
マアナア、納得のと。実際、箱には目一杯入れてたですと。
変な話、人形一個とするのか、一体なら、3000円でしてと。先の、ミカン箱一個程度の容器なら、5000円とされてましてと。
入れてるの置物、種々様々の、20個は下らんしと。1万円とか、云われたら、一寸ナと思うですがと。
正直、6000円ならと。
さりとての、1万円と、云われて、ホナラ、サイナラともナと。
(09/10/02)


NO.120 余談・ツイデの話(2) 心霊スポットの話(1)

地獄の沙汰も金次第。
安寧享受(あんねいきょうじゅ)も金次第。

ソラ、犯罪を犯しても、保釈金をドンと積めば、ブタ小屋から、開放されるです。犯罪にもよるの、詐欺、麻薬に、アト何やろなあ。コソ泥が保釈金を積めるよな金満家やあるまいにと。
傷害、殺人鬼が保釈は怖いしと。

果たしての、精神世界の儀式にしたって、戒名も金次第の、私なら、別段にと。上等のは、要らんわと。残った者にお任せするしかあらへんですがと。
人形供養にしたって、言葉さえを知らんのが居たりの、先の通りの、燃えるゴミ、燃えないゴミにポイがあったりでと。
宝鏡寺のホーム・ページによればの、人形も、単体でと。ケースであるとかの、附属品は、しかるべくの、燃えるゴミ等々で結構の、されどの、気のモンやしで、塩を掛けて、「有り難う。」とでも、一言お礼をと、掲載されてるです。
感謝の意を表明は、ええ事やと。

人形本体を、時折見るです。
神社境内に設けてあるの、御札納め所に、御札、御守りと一緒に納めてるのがと。コレは微妙なるかと。
イヤイヤ、御札を納めるのためのやしと。該当の神社で、買い求めたの所謂のアクセサリー、置物なら、結構なれどと。違うしと。
されどの、人形をポイでは無くの、しかるべくの納めるの気はありましてと。お賽銭、チャリンでも済むですがと。
モノによったら、神社が困らはるやろなあと。
木製、布、紙のならええけれどや。石や、金属、プラスチックなら、大変ゾと。燃やせへんし、分別もしんならんしと。

厄除けにしたって、御守りだけで済ますも一法。神殿に上がりの、神主っさんから、ご祈祷を受けるも一法。更には、しかるべきの期間、ご祈祷をして戴くも、一法での、順々に費用が、高くなるです。
云うたら、御守りだけなら、ン百円也の、ご祈祷して戴くならばの、ン千円也で、一定期間のご祈祷ともなればの、万円かと。

万事、懐次第、考え次第でありましてと。
ソラなあ、しかるべくの、霊験あらたかなるの、神社に足を運び、お詣りしたはるですがと。大多数は、金満家でもあらへんしと。
ご祈祷して戴くも、相当なるの、鋭意決断の、安寧享受も懐次第、金次第でと。

そんな次第での、人形供養代、5000円のツモリが、6000円になりましてと。
重たいねえと、云われた段階にて、オッとの、値が上がるナと。覚悟はしたですがと。
要は割り切りの、一旦納めるとなればの、金額でと。或る意味、明確なるの、目安があった方が判断し易くの、お気持ちでと。
されててみい。やり難いゾと。

考え次第の、相場も知らんかったならばの、お気持ちでとしてて、大量の置物を持参され、百円を出されてみい。アカンとも云えへんわと。お気持ち故にと。
ソレこその、高額紙幣乱発なるは、金満家にお任せの、されどの、金満家が必ずしもの、太っ腹でもあらへんですがと。よって、金満家になれるのかと。

そんな意味からも、収集癖にも色々ありましての、誰とは、云わんのが、タヌキの置物を集めてるですて。へえと。
タヌキ以外にも、民主党の岡田克也外務大臣なるは、カエルを集めてるらしくと。
云うたら、タヌキ、キツネに、カエルに、ヘビやってみい。生き物では無くの、置物故、マシはマシなれどの、将来的に、どするやと。
言語明瞭の遺品となったら、処分が大変ゾと。燃えるモノならばの、棺桶に入れてもらうかと。
対しての、私め、何の収集癖もあらへんですがと。一寸は、ええ趣味でも探さんとと。
但しの、後々の事もチラとは、考慮致しましてと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなるでの、人形供養の、宝鏡寺の話に戻しての、当然にしての、納得での、供養料を支払いましてと。
受付で、引き取って戴いたの、その瞬間にも、お役ご免の、安堵のと。肩の荷が下りたですと。

ソラナア、以前より、アレを処分しんならんなあ。コレもと、しかるべくの、選定、準備で、やっとの、日を決めての、訪れたです。
ここで、一々、吟味の、コレはダメ。コレは、引き取ります等々、選別でもされたら、どするやと。
イヤ、此度二度目でありましての、吟味されへんは承知の、撥ねられるよな、モノは納めませんですがと。ケース、附属品等々は、しかるべくの、モノによりの選別、処理してましてと。
ソラ、箱に入るよにもしんならんしと。正直、重量まではナと。考え及ばんかったですがと。基準も分からんしと。

斯くしての、最大の目的、人形供養で、しかるべくの、有名処に納めさせて戴きまして。
ホナラの何をするかと。どするやと。
折角やしと、北山の方にと。昼食にと。突然にも、雨が、豪雨がと。イヤイヤ、8月の話やしと。
時分時故に、北山通りの食堂、ファミリー・レストランなるは駐車場が満杯でと。通りに待機の車が一杯での、入れる処を探すしかあらへんわと。
イヤイヤ、探せばありましての、何でも結構の、飛び込みまして。

デデデのどするやの、私めには、一つ、目的がありましての、折角ならばの、「たんきり飴本舗」のたんきり飴をと。<リンク解除・11/05/30>
買わへんかと。
歩いてなら、宝鏡寺から、遠くでも無いですがと。反って、車では、一方通行にての、どこから行くやとなりましてと。
要は、宝鏡寺のあるの、寺之内通りにありましての、堀川通りの反対側に行くですがと。
云うたら、その界隈、行くの用事があらへんの、ン十年は経つの、道の状況も替わってしもて、知らんしと。

イヤイヤ、船岡山公園とするのか、建勲神社(通称;けんくんじんじゃがあり、織田信長が祀られている。)がありましてと。
この辺り、船岡山公園が、近年、心霊スポットとか、云われてるですが。昔はそんな話、知らんですと。
要は合戦があったりとされてるですが。元々が京都は戦乱の地故、云い出したら、そこらに一杯かと。

イヤイヤ、何を隠そお、隠す事も無いです。当世の状況は知らんですがと。
とするよりも、周辺が替わってまして、良くは分からんですがと。此度も、ワザワザの確認はしてへんですがと。道がズレてるしで、要は、鞍馬口から、船岡山公園への道中。
とするよりも、鞍馬口を入ったスグの辺りに、塀のあるの、お屋敷がありましてと。塀も、荒れ果てたの塀やったですが。コレ又、お屋敷か、神社か、寺かも忘れたですが。樹齢ン百年かの、大木がと。
道路にはみ出してまして。

イヤイヤ、デデデの、切るにも、切る人が、悉くの、病(やまい)で、倒れたり、怪我したりの。交通事故に遭遇したりと。
交通事故となれば、車が走り出してからになるですがの、兎に角の、昔っから、切るに切れずの木がありましてと。
何を隠そおの、この近辺には、親戚が、或いは、親戚付き合いの先がありましての、双方から、良く聞かされたです。
あそこの木はなあと。
思うに、心霊スポットが云々にて、船岡山を探索、度胸試しをしてるよりは、外れの、鞍馬口が余程の霊界ゾと。
云い出せば、そんな木が多いかと。切るに切れへんの木がと。切ると、災いを受けるの木がと。方々で聞くですがと。

デデデの、大徳寺の向かいに親族が。
我が祖母の妹の嫁ぎ先とするのか、一家がと。云うたら、大叔母での、その子、オヤジの従兄弟が居てましてと。
船岡山公園のソバには、親戚付き合いのと。母がで、血縁は無いですがと。私もお付き合いにての、良く、お邪魔をしてたですがと。
当然にしての、双方、近くなれどの、無縁でと。私には、双方から、そんな話を度々にも、聞かされてたですがと。
よって、京都に居た時には、鞍馬口を行く度、木を見る度、気色が悪いナと。

現在、どんな具合にと、思うですが、ン十年は通る用事があらへんわと。此度、ソバまで行ってたですが。ワザワザの、見に行くのもナと。
結果、現状は知らんですがと。知らぬが華の事もありましてと。
Webでの、地図で見る限りは、神社も、寺もと、あらへんわと。お屋敷らしきの場所でも無いみたいでと。ホナラの空き地かと。イヤ、行ってえへんしで、知らんですが。
最後に通ってから、30年が経つです。その時には、木はそのまんまやったですがと。
その時は、状況をば、確認したかったんやと。
(09/10/03)



inserted by FC2 system