不可思議の世界NO.6

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.4 不可思議NO.5
不可思議NO.1 不可思議NO.2 不可思議NO.3

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.7

NO.90 叔母の話(13) 葬式のハシゴの話(2)

NO.89 叔母の話(12) 葬式のハシゴの話(1)

NO.88 叔母の話(11) 葬儀形態の話

NO.87 叔母の話(10) 光圓寺さんお迎えの話

NO.86 叔母の話(9) 形態も様々の話

NO.85 叔母の話(8) 諸々の話

NO.84 叔母の話(7) お寺さんの話(2)

NO.83 叔母の話(6) お寺さんの話(1)

NO.82 叔母の話(5) 一転の超現実なる話

NO.81 叔母の話(4) 臨終に立ち会い出来ずの不思議

不可思議NO.5


NO.81 叔母の話(4) 臨終に立ち会い出来ずの不思議

結果、家を出られたが、何時か忘れたですが。
即刻、出るツモリが、結果的には、外出してた、嫁はんが戻るまで、一寸、待てと、足止め喰た感じでねえ。

足止めなるは、母の妹の婿はんの、RI叔父の葬式がと。母方の、親族であるの、従兄弟に連絡宜しくと。
やって、終わって、サアと、出掛けるかと。準備万端してる間にも、電話機から異音がと。イヤ、母方の従兄弟への連絡なるは、電話機からでは無くの、ケータイでしてるですが。触ったは、葬式の連絡受理の際かと。
されどの、変な事はしてへんわと。単純には、場所等、メモした程度の、メモは、メモ用紙やしと。電源を切ったり、着信するかと、ケータイから、電話してみたりしたですが。
チャンと、電話は掛かるし、原則、正常でと。コレ以上、構てられへんしと。家を出るにしたですがと。
母には、こんな次第で、何時に帰るか、分からんでと。

兎に角、電話があった際は、明るかったのが、外は、スッカリ、暗(くら)なっててねえ。軽くの、5時は回ってたかと。叔父の話からなら、私がスグに出ても、間に合わんかと。
まあなあ、前日、意識が無い状態で、面会してるしと。

変な話、重なったら、どするかと。
重なる可能性大の、重なったら、悪いけれどの、柴田を優先でと。重なり具合もあるけれどや。具合があっても、柴田を優先でと。
イヤ、重なり具合で、母方、拝みに行けるか、行けへんの問題かと。
云うたら、母方のは、月曜の朝9時やしで。実は、日曜日は、友引でと。よって、月曜日になってるけれどや。
イヤイヤ、叔母は、マダ、危篤であって、逝ったの話と違うです。要は確定してへんけれどや。

とかとか、想定し乍らの、男山病院にと。
今度はなあ。昨日の今日の話でと。容態より、そんなに長く無いのも承知の、再度の、地図検索にて、探索してるです。一号線の、何処の、幾つ目の信号をと。右にで、真っ直ぐか、手前ならばの、一つ目の信号を左にと。
云うたら、二人なら、安心感もありましてと。此度、一発にて、到着出来たです。距離、約40キロ・メートルで、所用、約一時間半。

イヤ、変な話の、変な話で、私は何故か、ご臨終には、立ち会おた経験あらへんしで。持ち直してるか、遅かったかの、二つに一つと。持ち直すの判断基準も難しいけれどや。
基本的には、ここ暫くは、その繰り返しでと。叔父が、間に合わんかもナと、云うてるからには、そんな状態なんやろと。そんな状態とは、限り無くの、ご臨終に接近でと。
イヤイヤ、どんな具合かと。病院に入り、病室に行く途中の廊下で、察知したです。

何人もの人が、叔母の病室の外で、待機でと。雰囲気がと。看護師さんも居たはってと。
我がS叔父(他界)の妻、T子叔母、娘の、K子も来てましてと。云うたら、黙礼のみ。こんな場やしと。
ヤヤコシイけれどの、入院のF子叔母の子である、S君の嫁はん、子供達。表現的なら、従兄弟甥、姪も来てましてと。泣いてましてと。
多分ならばの、F子叔母のお兄さんも来たはりましてと。マダ、挨拶してへんしで、知らんですがと。年齢からして、ソなんやろと。

イヤイヤ、その他、諸々の、馴染みの無い人も居たはるしと。
こんな場で、挨拶とするのか、自己紹介等々、してられへんです。兎に角の、兎に角、近(ちか)しい人が居たはるのやと。
とは、瞬時の事で、病室に入ったら、亡骸があったです。既に、綺麗に化粧しててと。今でも、目をパッチリの、ニコリとしそな感あったです。
矢っ張りなあと。こんなモンやと。何の因果か、臨終の場には、居合わせる事が無いのやなあと。
そらなあ、絶対にと、居合わせたいとも、思てえへんけれどや。どっちが、ええのか、分からんけれどや。折角なら、場に居合わせた方がと。
更なる、反対には、死に神も、愛想尽かして、遠ざかるのかと。ならばの、復活の神ゾと。されどの、先の通り、足止め喰たです。

予想外の事態でと。
別途の、葬式の連絡に、電話の異音。
電話の異音なんか、時たまならあるけれどや。大抵ならばの、子機の、充電器への置き方が悪いとかで、当然に確認してるです。何にも無いしと、電話機に触れば、確かに、振動してましてと。
原因、サッパリ、分からずと。

イヤ、当日、帰ってから、落ち着いて、嫁はんと二人、一点一点、モノを移動させたりと、確認したなら、電話機は白やったです。
電話機を置いてる、台の下にあった、嫁はんの化粧箱の中のです。何に使うモノかは、知らんですが。そのモノが振動してたです。その振動が、電話機にも伝わってと。
但しの、原則、そのモノは、触らん事には、振動なんかと。
されどの、そもそもがの、化粧箱なんか、私が触るの用事は無いやんかと。ましてやの、開けたりはしいひんわと。話簡単の、化粧箱を使わずともの、移動さえも、した覚えが無いんやわと。
モっと、云うたら、嫁はんも外出中でと。最初っから、鳴ってたで無しと。詮索したって、分からんわと。摩訶不思議のと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなる次第の、此度の、父の弟の嫁はん、F子。母の妹、R叔母の夫、RI叔父。双方、私からしたらの、血の繋がり無いけれどや。
加えての、母の妹、R叔母なら、近しいけれどや。その夫、RI叔父ともなれば、会おたは、何回やと。冠婚葬祭、年会の時くらいかと。全て、来たはったで無しと。
そんな意味なら、父の弟の方の、F子叔母なら、何回もと。ソラ、原則、冠婚葬祭でと。必ず、夫婦揃いましてと。ソレ以外にも、年始で、行ったりしてたしと。
会おてるの回数での比較ならばの、此度の母方のよりは、軽くの、一桁多いかと。

デデデの、結果、病院から、しかるべくの、斎場へ運ばんならんです。
既に、当日、墓参の帰りの道中、円山公園を歩いてた時、ケータイにて、叔父から、聞いてたですが。場所まで知らんけれどや。聞いたって、分からんしと。

イヤイヤ、いつまでも置いとけへんしで、早速にも、セレマの車が到着にての、病室から、叔母を出しましてと。
オッとの、病室を目隠しするが如くに、廊下に衝立がと。成る程なあと。第三者に余りにジロジロもと。時間も時間とするのか、既に7時を回っててねえ。
廊下をウロウロ、行き交う人も無いけれどや。私等、夫婦が着いた時には、無かったよおなと。あったら、衝立で察知してた筈が、部屋の外に居た人の雰囲気にて、只ならぬ状況、分かったのやしと。

しかるにの、叔母臨終、5時半頃でと。軽くの間には、合おてえへんですがと。但しの、叔父からの、電話があって、即の、家を出られてたら、ギリギリでも、間に合おてたかと。
ホントに不思議やねえ。何の加減か、巡り合わせかと。
葬式の連絡受理の、更なる連絡まで、頼まれてと。掛けた先の相手が、娘さんやったりで、話が通じいひんかったりと。話中やったりと。何回も掛け直しの、場所、時間等々、念には、念を押したりと。たったの、二軒やのにと。結構、時間喰てと。

イヤ、構わへんけれどや。葬式なんか、待った無しでと。されどの、こんな事の、話が重なるのかと。取引先等が沢山の場合、あるかも分からんけれどや。
されどの、その時には、マダ、叔母の件、確定でも無いけれどや。連絡が、終わって、頼まれ事、完遂と思たら、電話機辺りからの、異音でと。
結果、足止め、喰ろてねえと。
イヤイヤ、別途の電話が、10分、20分、ズレててみい。家を出てしもてるの可能性あるです。

ソラなあ、前日には、お見舞いにと。病院に、来てたです。只ならぬ、H叔父の様子にて、それこその、即にと。着いて、様子を見て、正直、長くは無いなあと、感じたけれどや。
その日であっても、不思議は無いけれどの、人間、ソは簡単に死ねへんゾと。
思てたのになあと。
イヤ、苦しんで、逝くよりはと。
(08/12/10)


NO.82 叔母の話(5) 一転の超現実的なる話

この差が大きいゾと。
回復の見込み無く、意識無く。
ではあっても、生きてるならば、出来る限り、長く、生きて欲しいし、少しの欲を加えるならばの、傷みを感じず。出来れば、喋る事が、出来る程に回復をと。
更なる欲を云うたら、歩けるよおに等々。

とりあえずは、生きてたら、幾ばくかの希望はあるけれどや。死んでしもたら、そこまででと。オシマイでと。
ソラナア、生きてたら、驚異的、奇跡的、医療の技術、薬品でもが、世に出る可能性があるけれどや。このカラダで、実験でも何でも結構のと。やってみてクレと。アカンで元々でと。
又、反面では、回復の見込み無くの、延々伸びたでは、周囲が大変でと。

兎に角、色んな思いが去来して。されどの、現実回帰。その時が来たんやと。来てしもたんやと。起死回生はあらへんです。
ホナラの、しかるべくの、斎場にと。場所を知らんし、聞けばの、病院を出て、真っ直ぐにと。国道一号線を左で、其処やと。ハイ、承知でと。
ホナラの、ホナラで、T子叔母と、K子を、一緒にと。車に乗せて、四人、云うてる先の斎場に着けば、何時や。8時頃かと。
案内されるがまま、皆が行くままにと、二階の一室に着けば、既に、叔母は飾られてましてと。綺麗にねえ。今にも、目を見開きそおなで。
イヤ、そんなに時間差無かった筈の、流石に、プロと。手際がと。但しの、あくまでも、仮の安置でと。

しかるにの、一寸、落ち着いたら、K子に、アレは誰や。コレはと。K子は、よお知っててねえ。
イヤイヤ、小声で、他界のF子叔母との関係をと。ソラナア、原則、柴田のなら、承知やけれどや。アチラ様となればの、原則の原則、叔父の結婚式以来やでと。その子となれば、全然、知らんしと。

イヤ、正直、聞いても、右から左の、忘れたけれどや。年配のは、お兄さんとは知ったけれどや。他がなあ、全然の、サッパリのと。されどの、早めに、挨拶、自己紹介もしとかんとと。云うたら、夜伽、葬式にて、顔を合わせてて、知らん顔も出来ませんですと。
兎に角の、変な話の、柴田の親族であるを、示しとかんとと。
叔父の立場もあるやんかと。関係をば説明致しましてと。宜しく、お願い致しますと。
その段階より、気楽に喋る機会も出来ましてと。さもなくばの、親族は親族でもナと。自己紹介してからは、相応にと。会釈も、世間話も出来るけれどやと。
挨拶するまでは、大変ゾと。多分ならばの、双方、何者かと。こんな場故、親族に決まってるけれどや。私は、出来る限りの、自分から、先に名乗るにしてるです。其の前に、予備知識を得ましてと。

ホンマやでと。
実は、F子叔母の兄弟姉妹多いです。上に兄貴に、姉貴が、4人で、下に妹1人でと。その、姉と妹さんが、先日、お見舞いの際に、来たはってと。
その日に、挨拶したけれどや。以降、楽でしてと。相手を認知した上での、若干なりともの、挨拶出来るです。
云うても、この日には、何人居たのかと。私の知らん人が二人だけかと。
アトは、柴田のが四人で、F叔父一家。落ち着いて、よ考えたら、そんなモンかと。知らんかったは、十一人で、二人だけ。

さての、今後の予定、手筈がと。
云うたら、着いて来たはええけれどや。来いと云うから、ハイ、承知と、来たけれどや。私にしたら、本日、何用があるかと。夜伽でも無いしと。
されどの、こんな場で、ホナラ、サイナラも、冷たいしと。
イヤイヤ、葬儀一式の打ち合わせがありましてと。どんな形で、費用はと。

イヤイヤ、大変やねえ。臨終で、即の超現実的話が待ち受けててねえ。
そやけど、実際問題、重要なるでと。良きに計らえでは、進まんです。進むにしたって、下手したらの、費用膨大の、想定、狂てばっかりでと。
一旦、安置された部屋も、安置だけの部屋でしてと。仮置き場的なるの、狭い部屋でして。狭い云うても、十畳の間程度はあるのかと。其処にご遺体安置で、椅子でも並べて、座ったり、立ったりの、待機でと。スル事があらへんです。

時折の、F叔父とS君と、斎場担当者との、会話が漏れ聞こえ。
ソラ、そんな部屋の其処でやってるしで。聞くツモリは無くとも、聞こえてましてと。聞こえても、興味津々の、耳を欹(そばだ)ててもいてへんしと。断片的に聞こえる金額の様子で、へえと、費用も高いなあと。
下手に死ねへんなあと。

結果的、私等に一番に肝心なるの、日程決まったです。
夜伽、明日で、夜の七時からと。葬式、8日、月曜日の11時からと。
嗚呼、良かったと。母方の妹の連れ合いの葬式に顔だけでも出せるなあと。あっちは、朝9時でしてと。2時間あればと。
イヤ、あっちは、国道24号線沿い、向島の辺りでと。こっちは、国道1号線のと。方向音痴で大変なれどの、兎に角の、葬式のハシゴが出来るなあと。変な話の、ホと安堵。

そらなあ、こっちが優先とは決めてても、出来るなら、顔だけでも出すが筋、人情でと。久しぶりに、叔母の顔もと。連絡したの、従兄弟達の顔だけでもと。
居てたら、一言、二言でも、話をするけれどや。面と向かいの、諸般の事情、葬式が重なったと。伝えて、お暇するべきと。時間がズレたしと。
これが、時間差、一時間であったり、あっちが遅い時間ならばの、微妙とするのか、断念するけれどや。
ホンマになあ。上手い具合にと。其の代わり、朝の早くに家を出発なれどです。9時とならばの、7時には家を出ませんとと。ましてやの、通勤時間帯に重なってるしと。

母方の故、母が顔を出せたらええのやけれどと。ディー・サービスに通てるのにと。変な話の、下手に連れ回してみい。こっちも、あっちも大変ゾと。
ホンマやでと。F子叔母の葬式だけにしたって、周囲が気を使わんならんです。
当人も、行かへんのが前提でと。
ソラナア、云い出せば、夫婦が手分けしてと、なるけれどや。そこまではと。政治家やあるまいにと。そんな事ならばの、電報だけでもと、なるけれどや。
そんな事なら、夜伽と分かれてたら、そっちにでも、出るにしてと、なるけれどや。葬式だけやしと。

そんな事は、結構の、兎に角、叔父にしたって、嫁はん他界の寂しいと、感じてるの暇が無く。
超の現実的なる話にと。
オッとの、タケちゃん、東京には連絡してくれたかと。オッとの、オッとで、忘却の彼方。とするよりも、してくれと、頼まれてたかなあと。

イヤ、どの段階での、電話か、忘れたけれどの、何処には連絡しといたしと。何処其処の電話番号知ってるかと。叔父の従兄弟の連絡先なれどの、一寸、待っての、パソコン起動で、「筆まめ」でと。
何番やと。ソレで合おてるかの、話中ばっかりでと。その時に、東京の我が叔母(他界)の、我が従兄弟にと。聞いたよなのと。聞いてえへんよなのと。まあ、聞いてえへんなあと。
されどの、我が従兄弟やし、こっちからの、電話も結構かと。

イヤイヤ、もしかしての、当日、四度の電話があったのかと。
一度目、円山公園にてで。二度目は、帰宅してからの、電話番号の確認の、三度目、更なる、電話結果の件、電話番号確認、及びの、東京を頼むので、四度目が、危篤の連絡かと。
云うたら、其の直後に、別途の葬式の連絡飛び込みのと。バタバタ、してしもてと。

イヤ、経過なんか、どでも結構の、ご心配無用の、東京の従兄弟のは、ケータイには、シッカリとと。登録だけはしてて、ケータイからの電話は過去一度もしてへんけれどや。
万が一を思いの、承知の限りはと。

電話したら、女性の声でと。奥様かと、思いきやの、ども、娘さんかと。親父さん居たはりますかと。居てませんで、奥様の、Y子さんはと。
云うてる間にも、Y子さんと替わってくれての、再度の、お久しぶりですの、斯くの、然でと。要は連絡つきましてと。
但しの、東京ですしねえと。とりあえずは、連絡だけしときますと。無理しんでもと。
結構ですよと、叔父は申してますのでと。
とは、聞いてえへんけれどや。同じ気持ちの筈でしてと。
(08/12/11)


NO.83 叔母の話(6) お寺さんの話(1)

しかるにの、H叔父、私に尋ねるに、お寺さんの事やけどと。
セレマで頼むもええけれどの、墓地は確保してるしと。セレマは、こっちに心当たりあるなら、こっちで、頼まれた方がと。
電話で聞いた話を再度しまして。

そんな事なら、今後の事もあるしの、原則、そのお寺さんに頼むが筋やしと。諸般の事情にての、読経、葬儀等々、やったはらへんなら、松原の光圓寺さんにと。
光圓寺さんなるは、最後の最後で結構のと。切り札でと。
同じ、返答、繰り返したです。
要は宗派が異なりの、五月蠅い事があっては困るしと。予めの了解を取っとかんとと。

ソラなあ、その墓地のお寺さんの宗派、形式、分からんしと。筋を通さずの、変に出しゃばりの、面倒あっても困るしと。
言語明瞭の、お寺さんとするよりは、単なるの、墓守さんなら、こっちの好きで、ええけれどと。兎に角の、筋としたら、先様、墓地の管理人さんを立てるとするのか、話を通さんとと。
ホンマやでと。独断、偏見、思い込み、先行にて、揉めてみい。大変ゾと。

そんな意味なら、お寺さん、墓地の形式、千差万別。
お寺さんに墓地のあるのもありましてと。墓地を管理されてるのお寺さんは、離れてる場合もありましてと。単なるの、墓地だけの管理、墓守の場合もありましてと。
只なあ、イツ電話しても、出て来やはらへんのやと。
へえの、変やなあと。おかしいなあと。

ソラナア、云うたら、コノ手、葬式なんか、今日云うて、明日、明後日のと。加えての、段取り、日取り、時間が決まってからの、宜しくのモンでと。お寺さんの都合に合わせるで無しと。
連絡付かへんのは、困るんやと。

割り切っての、申せば、葬儀、重なっても、お寺さんで、何とかするべきでと。
ホンマやでと。そのための、お寺さんでありの、檀家でと。
ホンマに、ホンマやでと。イザの時の安全のためと、お寺さんを何カ所もの確保しとくの家なんか、あらへんわと。一箇所やと。
話簡単の、檀家の葬儀なるは、お寺さんの責任で以て、東本願寺派総動員、知り合い等々、何でも結構の、しかるべくの、お坊様をば、調達をと。
イヤイヤ、東本願寺には沢山居たはるですと。何とでもなるですと。
それがため。
とは、云わへんけれどの、ソレもあっての、お盆には、読経して戴いてと。疎遠、粗略にせずの、「柴田」で、分かるよにしてるんやと。

さもなくばの、格好付かへんわと。葬儀一式、お坊様が取り仕切りの、進行でと。主人公様でと。
都合が付かんしの、葬儀一式、延期してクレなんか、聞いた事、あらへんわと。
もっと、割り切りの表現ならばの、結果、お布施もはずむんやと。何が何でも、来てクレと。戒名、法名なるを、クレと。葬儀一式、格好付けてくださいねと。
と、までは、こんな場故、云うてえへんけれどや。アトで云うたですがと。

ホナラの、H叔父、ここが終わってからでも、直接に頼みに行ってみるわと。
ホナラの、ホナラで、安全を見て、光圓寺さんの電話番号書いとくしと。叔父のメモ帳に、チョイ、チョイと。矢っ張り、ケータイに登録してましてと。
イツでも、云うてくれやはったら、光圓寺さんには、こっちからでも、連絡するしと。いきなりの、H叔父からでは、話がと。
ソラ、待った無しの、本日、ご臨終の、明日が夜伽の、明後日、葬式でと。お寺さんは、H叔父の結果次第でありましてと。

デデデの、セレマとの、打ち合わせも終了のと。本日解散の、明日の夜伽、七時からやしナと。本番、葬式なるは、十一時でと。
ホナラの、サイナラの、T叔母と、K子を、家まで送って行くはと。ソラナア、T叔母は家からで、K子は、急遽の職場からの、直行みたいでと。
要は、田辺の方でしての、正直、一度か、二度は、あっちから、こっちに来てる筈なれどの、最早の、十ン年。道の状況、変貌にての、正直、分からんしと。ましてやの、夜道は怖いし、分からんしと。
夜道で無くとも、方向音痴で、全然の自信が無いしと。
K子に道案内、あっち、行け、こっちと、指図、ナビゲーターをやってクレと。

その道中、K子のケータイに電話があっての、云々のと。
イヤ、墓地に、行ったけれどの、電気も消えててなあと。ダアレも居たはるの気配が無いと。よって、光圓寺さんを、宜しくと。ハイ、承知と。
云うたら、H叔父の云う、お寺さんも困ったモンやと。形式がサッパリでと。されどの、コレ以上は待てへんしと。今日の明日やしと。しかも、夜の何時やと。既に、9時過ぎかと。

兎に角の、二人をば、無事に届けてからです。
適当なるに車を止めて、嫁はんに電話一発、して頂戴と。斯くの、然での、了解のと。但しの、場所が分からんしの、FAXででも、地図をと。
FAXなるは、電話番号と一緒でと。ハイ、承知でと。

嫁はんから、H叔父に、こんな次第で、来て戴けるしの、斎場の地図をと。連絡宜しくと。加えての、電話一本宜しくと。当日の手筈もあるやろしと。
何の事かとなればの、最寄りの駅まで、お迎えするのか、例えばの、若坊さんが一緒で、車で来られるのかもありましてと。
電車ならばの、出られる時間でも連絡して戴けるよにと。

イヤイヤ、当家には、年に一度、お盆に来て戴いてるけれどや。
原則、午前中にと、だけでして。駅に着かれてから、電話を戴きの、車で、お迎えにと。
してるけれどや。お盆なら、時間的にキッチリで無くともの、ええけれどの、夜伽、葬式なるは、時間が決まってましてと。最寄りの駅に到着での、お迎えに出てたでは、間に合わん場合もあるやんかと。交通状況もありましてと。
イヤイヤ、デデデの、決まったら、決まったで、諸般の事情承知故に、微に渡りの、細に渡りの、細々とと。気を使うです。責任上もと。

ホンマやでと。
この辺り、チャンとしとかへんかったらナと。
お寺さんにしても、承知としても、交通状況までは、計算外でと。私自身が、方向音痴の、この辺りの最寄りの駅までの、距離感さえを、全然、知らんしと。少なくともの、歩いて云々の距離では無いしと。
ましてやの、夜伽、日曜日やでと。国道一号線なんか、大渋滞でと。
心配で、シンパイでと。

兎に角、その辺り、連絡密にと。しといてやと。お坊様、お歳でと。お迎え、何ならの、私がしても構わへんしと。但しの、先の通りの方向音痴の、土地不案内。
自信を持って、自信が無いと。よって、誰か、道案内をと。頼むと。
兎に角の、兎に角の、間違いあったら、困るしと。間違いとは、時間的なるのと。

ホンマやでと。
今時、お盆ともなればの、お坊様、バイクで、自動車でと。縦横無尽の走り回ったはるですがの、我がお坊様、兎に角の、お歳もあっての、先の通りの電車でと。最寄りの駅まで、お迎えも結構の、着いてからの電話故に、正確なるの、時間が分からんしと。
この電車やろか。次ぎのやろかと。そんな調子でありましてと。

イヤ、お盆のは、構わへんけれどの、クレグレもの、此度なるはの、お寺をお出になる際、ご一報をと。
何方様に来て戴けるかも、あるですがと。
(08/12/12)


NO.84 叔母の話(7) お寺さんの話(2)

マア云うたら、場数(ばかず)がと。
我が親父、余り動かん人で、お寺さんの事、冠婚葬祭、その他諸々、原則、父方のは、祖母が私を連れ回したです。母方のは、母がと。

そんな意味ならばの、親父さんが、動く人なら、其処の長男坊、出番少なくてと。さりとての、一家、一族総出も、大層でと。
本来的、理想論ならばの、両親と、長男がとなるけれどや。小さい頃なら、一家全員でもええけれどや。子も大きいなったら、難しい面ありましてと。就職してたら、仕事の関係、住処の具合、距離等々ありましてと。

実際問題、例えばのF叔母ので、息子を伴うと仮定したって、我が従兄弟達とでは、年代がと。話が出来る関係にあらへんです。云うたら、息子共の従兄弟が居てるの関係ならばの、伴うですがと。
私の場合、そんな次第で、従兄弟が居てよが、居てまいがと。嫌も、応も無くの、問答無用で、連れ回されたですがと。

祖母、他界で、お寺さん関係なるは、一時、疎遠になってしもての、結婚してからは、嫁はんが、やってくれてと。
疎遠とは、京都から、宇治に引っ越しもしたしと。松原の光圓寺さんが遠(とお)なって。
更に、亀岡に引っ越し、益々の遠なって。近所でと、お願いして、お盆に来て戴いた事もあったですがと。正直、シックリ、ピッタリ来いひんでねえ。簡単表現、値打ちがなあと。
あらへんのや。失礼乍らの、軽い感してねえ。
矢っ張り、光圓寺さんでと。一回で、止めたですがと。

イヤイヤ、一応は、光圓寺さんとも、相談したですがと。この近所、亀岡で、紹介して戴ければと。ソラ、先祖代々とするのか、大したモノで無くともの、過去帳の件もありましてと。他にするにしたって、円満にと。
問おたならばの、浄土真宗なら、何処でも結構ですよと、云われてねえ。何処でもと云われたら、又、困るんやと。
結果、従来通りの、光圓寺さんに落ち着いたですがと。余所では、馴染みもあらへんしと。

さりとての、光圓寺のお坊様は、無口でと。
お愛想、世間話するに、話が続かず、気を使うです。大抵ならばの、お盆、年会ならばの、読経が済めば、説教あるけれどの、先代様はされたですが。このお坊様はして戴けませんです。
イヤ、説教なんか、して戴かんでも、結構なれどです。小さい頃、先代様の説教始まったら、早(は)よ、終わってクレと。心の中で、強くの、懇願してたですがと。意味も分からんしと。

デデデの、しかるにの、変な話、葬儀に、余りに大人数で、参列するのもなあで、通常ならばの、二人、三人までかと。
イヤ、その家族は総出で当然でと。
但しの、一家、一族の構成もありましてと。兄弟姉妹が少ないならばの、こんな機会にと。賑わしでと。大いに結構の、熱烈歓迎の、要は、家族構成、距離等々にもよりましてと。
加えての、葬式なんか、何回も出さへんわと。原則、祖父母、両親までかと。そして、順送りでと。

私の場合ならばの、祖父既に他界で、祖母の時には、親が主体やしと。されどの、私も社会人やったしで、相応に自覚、観察してたです。
云うたら、我が両親の場合、自分が喪主となる可能性もあるのやしと。親父の時には、母当然の如くに逃げまくりの、私が喪主になったですがと。
ソレは私が長男故でと。

方々の葬式も見てるしと。余所なら、気楽の、されどの、自分がやる時にはと、或る意味、真剣に観察してるです。実際には、やらんと分からん事が多いけれど、此度の、F叔母を加えるならばの、火葬場までの、骨拾いにまで、何回、同行したかと。10回はと。
結果、色んな葬儀形式、火葬場、墓地をも承知でと。

イヤ、悪い経験でもあらへんですがと。
云うても、火葬場の場数がとなれば、それだけ、近(ちか)しい親族を亡くしてるになるけれどや。
初回の、祖母の時には、ショックやったですがと。我が家での正式なるの、葬儀そのものが、初めてもあるけれどや。腰骨辺りを骨折してての、焼かれたアトに、鉄片が出て来てねえ。こんなんが、カラダに入ってたかと。泣けて、泣けてと。コレでは、歩けへんなあと。
イヤイヤ、その骨折が原因にて、歩けんよになりましてと。昔はそやったです。年寄りが、足腰、骨折したら、オシマイでと。

精算等々、実際には、手を出してえへんけれどや。親父、叔父達がやってたを横目で見てるです。約40年前で、死に金(しにがね)の、語呂合わせの、42(しに)万円やったかと。あくまでもの、総額なれどです。総額とは、香典返し、初七日等々、含めての、一切合切の話かと。
大卒初任給33500円の時代やでと。当世でなら、ザッとで、250万円に該当かと。

そやけどなあの、そやけどで、香典なるも、互助の精神でと。
凄い金額と、当時、思たけれどの、結果的、トントンやったかと。若干は、出費してるに決まってるですが。詳細、よお知らんです。無関係故で。
云うたら、親父の時もと。結構、掛かったけれどの、香典にて、正直、助かってるです。
ツイデになら、親父も腰骨辺りを骨折してて、矢っ張り、焼き場で、金具が出て来たです。へえと。
実は、私も足をば、骨折にて、金具を入れられたですが。若さもあって、取れたですが。祖母、父、私も、奇しくも、同じの、左足側。

イヤイヤ、デデデの、超現実的なるの、話ならばの、自宅でする方がと。
旧知の面々、沢山、訪れてくれましてと。但しの、家の者は大変でと。当然にして、ご近所さんにも、お手間を取らせるになるけれどや。
例えばの、トイレ一つ、お借りしんならんです。着替え等々も、家では人で、一杯でと。

云うたら、祖母は、当然にして、京都の自宅でと。自宅が圧倒的主流故でと。
親父は、亀岡に引っ越してからではあるけれどの、斎場、メモリアル・センター、シティ・ホール等々なんかで、やる気、毛頭のと。頭っから、自宅でやる気でと。

結果、正直、我が町内会、アトにも、先にも、我が家での、この一回だけになったですが。次回、どするかとなればの、悩ましく。
ソラナア、先の通りの、家でやるは、隣り近所から、町内会の、役員さんも、大変でと。ソレを考えたら、しかるべくの、斎場かと。されどの、我が感覚からは、味気無く。

イヤ、変な話の、私には、昔通りの、向かい三軒両隣の、町内会的感覚ありましてと。さもなくばの、町の活性化はあらへんゾと。されどの、されどで、手間隙、迷惑掛かるも事実でと。
迷惑なる、表現正しいか、どかは別として。ここら、辺りの考え方が難しく。
イヤイヤ、我が親族、結果、祖母、親父の葬儀は、自宅でと。義父も自宅でと。母方の、一部は、自宅やったかなあと。その他、親族、斎場でと。
ソレ以外の、会社関係、友人関係のは、数も数えてえへんけれどや。圧倒的多数で、斎場でと。
云うたら、年々、斎場での、葬儀が圧倒的多数になってるかと。マア、云うたら、埒が明いてええのかと。

デデデの、考え方、様々なれどの、「互助会」なるのがありましてと。
考え方とは、マダ、生きてるのにと。死ぬを想定はと。葬儀の準備はと。
イヤ、当家の場合、祖母の代から、何口か、掛けてるです。会員になってたら、話も早いしと。実際には、割安になるのか、どかは、知らんけれどの、割引もありましてと。

別段の、葬祭に限らずの、婚礼にも使えるしと。云うたら、葬祭、二度。婚礼、二度使たかと。
特には、葬祭なんか、突然でと。急には、お金はあらへんわと。
(08/12/13)


NO.85 叔母の話(8) 諸々の話

斯くなる次第の、斯くなるでと。
国道1号線、洞ヶ峠のシティ・ホールから、事故せず、迷子にならずの、無事に田辺の、T叔母、K子を送り届けの、光圓寺さんにも連絡取れてと。
当面の我が目標、課題達成にて、ホと安堵。
した、途端、グと腹減ってねえ。

オッとの、晩飯喰てへんのやなあと。シモタなあと。二人にも、一声、掛けたら良かったなあと。嫁はんと二人で、大の付く、反省会。
まあなあ、仕方が無いなあと。云うたら、全然に気が付かんかったです。オマケで、道中、あったかなあと。所謂の府道、間道、脇道でもあってと。空腹感無くの、眼中に無しの、只、ひたすらに、道順、教えてもらい乍らの、走ってたもあるけれどや。

ソレはソレの、とりあえずは、国道24号線にと。
ここから、亀岡まで、如何なる経路となるけれどや。オッとの、この際にと。折角やしと。
8日の当日、葬式なるが、二件が重なりのハシゴになったしと。24号線沿いにあるの、「京都文教大学」、昔は、家政短期大学なる、女子短大やったですがの、お向かいさんのと。斎場の場所をば、確認しとこかと。大体の場所なら、承知やけれどや。
斎場なんか、用事が無ければ、分からんわと。
分からんとからに、会場に行くに、モタモタしてて、時間喰たら、何してる事かと。

とは、云え、時間がなあと。遅いんやと。飯や。飯屋はんはと。
ラーメンでもええとは、思いツツの、時間も時間で、夜で、久しぶりに走るの国道24号線でと。道中、あったと、思た時には、通過のと。
加えての、ラーメンではなあの、思いもありましてと。さりとての、こんな時間、既に、9時も回っての、10時頃やでと。外からチラと見える範囲でも、店内閑散でと。入るの気がしいひんしの、灯りがあったら、飲み屋でと。
とも、云うてられへんけれどの、ソレでも、飲み屋に用事は無いしと。

出来たら、ファミリー・レストランにて、ご飯が喰いたいなあと。
イヤイヤ、斎場も、モ、そこと云う場所には、「ロイヤル・ホスト」<エラー・削除・13/01/07>があったしで、一旦、入ったけれどや。駐車場がや。迷惑駐車阻止の、下から、ストッパーが上がるの方式でと。イヤらしいなあと、止めよかと。イヤらしいのもあるし、満車でと。探せば、一台や、二台の空きはあるけれどや。
まあ云うたら、ここまで来たら、焦る事もあらへんわと。何なら、亀岡の、「さと」でもええかと。駐車場をば、出てしもてと。

イヤ、それこその、駐車場から、出た途端、夜故、斎場、「宇治ブライト・ホール」なるは、看板の灯りにての、一発、分かったです。嗚呼、ここかいナと。
こんな場所に斎場あったかと。確かに、国道24号線沿いで、「京都文教大学」のお向かいさんでと。分かったと。

イヤイヤ、三十年近く前までの7年間、この近くに住んでたですが。但しの、出て、三十年やしで、周辺、相当なる変貌してましてと。変貌してても、概略一緒でと。
場所さえ、分かれば、ホと安堵の、更に、腹減ったなあと。
ここまで来たら、道の状況も、可成り見えて来てましてと。ソラなあ、7年間、居た場所でと。されどの、道も、店も、何もかもがと。云うたら、国道24号線なんか、車で走るも、何年ブリかと。

24号線から、「御幸宮」さんの処で、進路変更の、赤池方面へと。赤池から、東土川へと。ここらも、スッカリ、変貌のと。大体が、油小路通りに高速道路の高架がと。ええのかと。
云うたら、油小路通りを真っ直ぐにて、京都の我が家に着くですがと。イヤ、正確には、住んでた場所にと。借家やったしナと。現在では、焼き肉屋はんになってるですがと。

オッとの、東土川の信号の、国道117号線を突破の、其処で、適当なる店、「夢庵」<エラー・削除・11/07/17>なるを発見。嫁はんと、顔見合わせの、嗚呼、ええのがあるなあ。ここにしよかと。
駐車場も適当でと。空きは沢山の、迷惑駐車対策してへんしと。気楽やしと。入るにしたです。

店内に入れば、妙齢の姉ちゃん、煙草は吸われますかと。
オッとの、煙草も吸うてえへんかったなあと。ハイ、吸いますと。席に案内されての、オッとの、オッとで、忘れてならじの、我が妹に、F叔母の葬儀の日程をと。
詳細をば、連絡しといたらんとと。ケータイ・メールを、チョイ、チョイと。既に、11時前かと。ソラ、腹も減るですと。
息子共には、明日にでもと。訃報のみをと。神戸や、富山、高岡から、来んでも宜しいしと。

しかるにの、何で、ラーメンでもと思いツツの避けたかとなればの、話簡単の前日には、関西医大附属男山病院に見舞いにで、昼食、向かいのラーメン屋で、H叔父と二人して、喰うたしと。
イヤ、ラーメン屋に入ったら、F叔母のお見舞いに来たはったの、お姉さん、妹さんと、バッタリとと。
イヤイヤ、妹さんとは、病室にて、挨拶したけれどや。挨拶とするよりは、入れ替わりでと。お姉さんとは、ここでお会いしての、多分ならばの、叔父の結婚式以来でと。
或いは、従兄弟の結婚式以来かと。良くは覚えてえへんです。只ナ、流石に姉妹でと。F叔母とは、何となくの、面影あってと。

イヤイヤ、ラーメン屋で、自己紹介、方々の、挨拶致しまして。
柴田と申しますの、オッとの、H叔父の兄の息子ですと。タケちゃんですねえ。F子から、良く聞いてます。へえと。

しかるにの、変な話で、私等が、F叔母のお見舞いしたってなあ。単なるの、お見舞いの、顔出し以上のモノでは無いです。何のお役にも立たんです。立てへんです。反って、邪魔になるかと、思う程。
云うたら、お姉さん、妹さん達の方が、数段、役に立つです。遠慮が要らんですと。

そらそおや。
私等が居てて、変な話の、変な話で、オムツ交換にしたって、居てたら、邪魔でと。看護師さんから、追い出されるしと。
姉妹さんにしたって、追い出されるけれどや。F叔母の面倒なんか、私になんか、何にも出来ませんですと。精々が、先の通りの、オニギリ、お茶の差し入れ程度かと。
H叔父、従兄弟の話相手かと。

ホンマやでと。私等にしたって、姉妹さんにしたって、双方、気を使いましての、個室と云えどの、狭いしなあと。
姉妹が来やはったら、私等が部屋を出て。談話室とするのか、適当に時間潰しして。病室に戻れば、姉妹が、気を使いの、出やはってと。
ソラナア、双方、身内、内々の話もあるやんかと。場が場だけに、冗談云うて、ケラケラ、大声出して、笑てられへんしと。姉妹さんが居たはったら、話の内容にも、相応の気も使うしと。

さりとての、私にしたって、イツ、帰るかと。
談話室にて、椅子に座った、H叔父、ウトウトとと。介護疲れもありましてと。ソラ、ここ数日、付きっ切りでと。
従兄弟が、親父、H叔父に、一寸、家に帰って、寝て来たらと。お風呂にでもと、なった故に、ホナラの、ホナラで、私が送って行っての、そのまま帰るにするわと。
姉妹さんは、当日の夜、付き添いをさせて欲しいと、H叔父に云うて来やはってと。結果、どされたかは知らんですがと。姉妹は有り難いなあと。

イヤイヤ、その明くるの、この日、当日。
加えての、朝からの、墓参の帰り、9号線沿い、洛西の、「丸亀製麺」で、うどんやしと。結果、麺類、二日も続いててと。
以来の、飲まず、喰わずで、今やしナと。更に、ラーメンでもなるは、言葉上での、最悪の場合でと。やっとで、「夢庵」にて、暖かいお茶と、煙草一服、二服の、ご飯も喰えての、人心地がと。
喰てしもたら、最早の11時やでと。長い、長いの一日でと。マダ、帰らんならんですがと。

変な話の、ホンマに死んだのかと。
云うたら、マダ、70代に入ったバッカリにての、当世の基準からは、早いんやと。ツイデになら、H叔父、来年80歳。
にしては、若く見えるナと。
(08/12/14)


NO.86 叔母の話(9) 形態も様々の話

マアナア、夜伽なんかはなあ。
私等は何時頃に家を出るかだけが問題でと。云うたら、夜の7時であっての、最悪、ソレに間に合えばと。
アトは出来る限り、早めにと。
H叔父一家は、朝から行くと、云うてたですがと。私等は、諸般の事情にての、朝からは、難しいしと。諸般とは、母の件での、食事の準備万端しとかんならんです。するは、嫁はんなれどです。

特には、土曜日、ディー・サービスの日でありましてと。
送り出しは出来ても、迎え入れが出来ませんです。そんな時間に、帰れてえへんしと。大体は、朝の9時頃に出て、夕方4時でしてと。
時間が時間故に、夜伽が、終わってからは、一寸した、食事も出るとかでと。私等は食事の心配が無くとも、母のがあっての、晩飯分までの、準備でと。
矢っ張り、嫁はんがと。
加えての、施設のお方に、居てませんのでと。戸締まり万端、諸々、宜しくお願い致しますと。戸締まりなんかは、母がする筈なれどです。念には、念をと。
幸いにしての、タマタマなれどの、町内会に担当のお方がお住みでと。お伝えにと。嫁はんがと。
ホンマやでと。そんな意味では、前夜も、出るに、母には、コレコレでと。説明方々、晩飯の手筈もと。私等のは、遅なったですがと。

斯くしての、昼一番、遅くとも、二番に出るツモリのと。
されどの、朝から、東京在住の従兄弟から、電話があっての、再確認のと。
イヤ、何とかするしと。場所の詳細、教えてクレと。大体で結構の、アトはネットで調べるしと。ソかと。暫し、待てと。こっちは、正確なる地名、電話番号まで知らんしと。云うたら、斎場名称もええ加減でと。ネットで調べるしと。
安全を見て、ケータイの番号もと。

電話を切ったら、H叔父からの電話で、お花の件やけどと。
あのなあと。先方、F叔母方は、兄弟姉妹さん多いしと。ン対にと。こっちは、どするやと。原則、変な話の、言語明瞭の、叔父の格好付くよにと。イヤ、考えてもらわんでもええでと。
ソラナア、現実的なる話の、お花一対をば、何人かで、組めば、費用も其の分、安く済むですしと。「親族」として、一対、別途、出すけれどや。

オッとの、東京はどするやと。
聞いとかんとなあと。こっちの状況説明方々、調整しとかんとと。イヤイヤ、来るみたいやでと。ソかと。
しかるにの、朝から、あっち、斎場に行くつもりが、祭壇のお飾りを組み立ててクレとの事で、マダ、出てえへんしと。ソかと。こっちは、昼一番、二番になるしと。
とは、前日にも、云うてるけれどや。

結果、東京からは、二男が来るになったみたいでと。
私が連絡は、当然にしての、長男でと。
イヤイヤ、我が親父の時にも、夜伽には、マズは、二男が来てくれて。兄貴は明日になってと。バトン・タッチで、帰るしと。来てくれてたです。
云うたら、東京のは、我が親父の妹の子でと。男三兄弟で、私とも、年齢が近く。その昔は、大阪、梅田に在住でと。小学生時代までは、行き来してての、良く喧嘩のと。東京に引っ越してからは、遠いしなあと。

されどの、小さい時に喧嘩してた分、仲が良く。
そんな意味なら、こっちでの、柴田の従兄弟なるは、一寸、年齢がと。離れててと。云うたら、四十代でと。軽くの一回り以上、離れててと。それでも、従兄弟は従兄弟やしと。私は、タケちゃんでしてと。ソレで、結構なれどです。
そんな次第で、東京の従兄弟との、連絡窓口にもなりましての、実際にも、ナカナカに出られへんでねえ。
出たは、何時や。昼飯喰ての、一時は軽く、過ぎてたかと。

マアナア、斎場なるは、国道一号線沿いにあって、スグにも分かるしと。
着けば、案内嬢、どちら様ですかと。柴田ですと。案内致しましょうか。イヤ、承知でと。昨日の場所、二階の部屋にツタツタと。入れば、ダアレも居てへんでねえ。
オッとの、ご遺体もあらへんゾと。

ツタツタと、一階に降りて、すみませんがと。何処ですかと。
ホナラの、再度の二階にと。此方ですと、案内された部屋、前日のお向かいやったですがの。入れば、様子がと。
イヤ、F叔母のご遺体はあったけれどや。オッとの、棺桶に収納以前の飾り付けの、作業途中でありましての、「ご遺族のお方は、まだ、ご遠慮下さい。」と、追い出され。
案内嬢も勘違いされたかと。私等は、単なるの、親族の集まるの場所にと思てたですがと。

イヤイヤ、結構の、ホナラの一階でと。奥の部屋ですと。
行けば、H叔父一家、T叔母、K子も居てましてと。話簡単の、柴田は全員、揃たです。強いてなら、東京からのが、マダやけどと。何分の遠いしなあと。一時に出るとかでと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
葬儀の形態、様々なれどの、ここも其の一つかと。
イヤイヤ、「柴田家」としてあるの、控え室も分かりの、皆さん、葬儀会場に居てるみたいでの、入りましたら、「お久しぶりです。」と、立ち上がった男性一人。
オッとの、瞬時の、S叔父がと。
イヤ、S叔父は他界のと。其の息子、我が従兄弟、T坊(ぼん)かと。ン十ン歳にもなって、坊も可笑しいけれどや。嗚呼、ビックリした。ホンマに久しぶりやねえ。来てくれたんかと。

イヤ、こっちには居てへんです。九州、大分でと。この前はとなればの、S叔父の葬式以来かと。17年は経つのかと。
しかるにの、昨日、T叔母、K子とも、T坊の話はしてたですが。来るとは、一言も聞いてえへんしと。オッとの、T叔母、K子もソレ以来かと。
イヤイヤ、当人も、行くとは云わずに、来たですて。へえと。連絡受けて、急遽ですて。車は別府に置いて、フェリーで来たですて。半日、12時間掛かったですて。但しの、往復の旅費が一番に安いですて。へえと。

とかとか、控え室にて、適当なるの、雑談してたなら、先ほどの、案内嬢が来ましてと。納棺致しますのでと。
云うたら、先ほどの、間違いで入ってしもたの部屋に案内されましてと。変な話、部屋の状況承知でと。納棺ねえと。変な話の従来ならばの、納棺なるは、業者がやってくれたはったですがと。
一体、何をするのかと。納棺の立ち会いかなあと。

思てましたら、先の男性、宣うに、納棺致しますので、皆様、ご一緒にと。へえと。親族も一緒に納棺するのかと。
正直には、こんな作業するは、初めてでと。助手の女性、叔母のご遺体をば、台車とするのか、コロ付きの台で、運んで来まして。男性、さあ、皆様、ご一緒にと。重たいですしと。
イヤイヤ、死後硬直始まってるかと思いきやの、首なんか、ブラブラの、柔らかそでねえ。化粧も一段と綺麗にされてましての、今にも、目を見開きそでと。
イヤイヤ、何人や。親族9名。先方さん2名で、納棺でと。イヤイヤ、感触、柔らかく。

で、オシマイかと、思いきやの、最後ですので、触ってあげて下さいと。当たり前に衣服は着てる故に、顔と、手しか触れる場所は無いけれどや。
順々にと、私も触ったけれどの、マタモヤの、正直、ビックリしたです。手を握りしめれば、弾力性がありましてと。ソラ、冷たいけれどや。こんなにも弾力性があるのかと。

ホンマになあ。過去、こんな作業したは、初めてでしてと。
にしても、上手い具合に、この作業、儀式とするのかに、間に合おて良かったなあと。もっと、遅くに着いてたら、間に合わんかったです。イヤ、10分、20分の差かと。

オマケで、変な話の間違いにて、一度入ってたし、部屋の様子も承知してたですがと。
何にも、知らんかったら、ビックリしてるです。まさかの、ご遺体を一緒に納棺するとはと。
イヤ、一向に構わへんけれどや。従兄弟の息子、娘にしてみたらの、貴重なる体験でと。小学生の娘曰くに、手が冷たいなあと。私は、冷たさは、感ぜずの、兎に角の、弾力性あっての、柔らかいなあと。下手したら、握り返されるよなと。
モっと、云うたら、何かの弾みでなら、知らんけれどや。F叔母の手をば、意図して、握るは、コレが最初で、最後かと。
兎にも、角にも、斯様な儀式、させられたは、初体験。
(08/12/15)


NO.87 叔母の話(10) 光圓寺さんお迎えの話

マアナア、大抵なら、親戚縁者、こんな時にしか、会えへんなあと。
もっと、ええ事で、会えたらなあと。
確かに、S叔父一家とは、H叔父の、S君の結婚式以来かと。
H叔父なら、F叔母も元気な時、昨年には入院前に年会で会おてるですがと。其の際には、こんな事、夢にもで。

イヤイヤ、デデデの、光圓寺さんのお迎えに樟葉駅まで、行って欲しいとの事でと。お寺を出られる際、電話して戴けるですて。
ソかと。イヤ、ソレくらいにしとかんと、手違いあらば、大変でと。
お迎えなるは、一向に構わへんけれどの、容易い御用の、されどの、兎に角の、方向音痴の、土地不案内故、誰か、一緒に来てクレと。話簡単の、カー・ナビも装備してへんしと。仮にもの、装備してても、使い方が分からんの、ええ加減やのにと。右と左の区別が今一、自信がと。
イヤ、ホンマやでと。今一なら、可愛らしいけれどの、見事なまでの、全然やと。自慢や無いけれどの、一々、考えては、運転してへんしと。下手したら、何処へ行くかと。

ソレもあるし、改札口にお迎えするに、車を誰かが、見て欲しいのもあってと。
イヤ、樟葉駅の状況知らんけれどや。特急、快速が止まるならばの、相応の規模の駅やろしと。其処等に適当に置いとけへんのもありましてと。
加えての、こんな場面で、駐車監視員にでも、捕まってみいと。目も当てられへんしと。
と、までは、云うてえへんけれどの、安全を考慮しとかんとと。

結果、T坊が、一緒に来てくれるになりましてと。ホと安堵。
頼り無い話なれどの、私にしたら、真剣、真面目なる話でと。任しといてと、安直に請け負いの、道でも間違おててみい。迷子になってみい。大変ゾと。
よって、自信の無い事については、沽券も一切の無関係。案内役をば、懇願でと。

ソラナア、お坊様は、一目瞭然の、その格好で、来られるけれどや。
モっと、云うたら、ホットイテも、駅から、タクシーで、来られるけれどや。その方が、本来的、無難で、安心やけれどや。お迎えに行って、事故でも起こしたら、大変でと。
下世話なる話の、「お車代」も包んでる筈やけれどや。

ソレはソレ。コレはコレのと。
タクシー待ちの行列出来ててみい。時間によっては、大変ゾと。お通夜に間に合わんかってみいと。
そんな事、無いとは思うけれどや。兎に角、お盆と違うしと。ましてやの、初めての駅やってみい。右も左も、公衆電話の場所さえを探すに一苦労の、何年前の話をしてるかの如くでと。自分と一緒にするは、失礼なれどの、私も、仲介での、お願いしたの、責任もありましてと。予測出来てる事は、対応しとかんとと。

デデデの、電話があったしと。S君からの連絡受理にての、祇園四条駅から、京阪電車に乗られるらしくの、計算的、特急、快速でなら、樟葉駅まで、20分強なんですて。よって、概略の30分前にはと。
ホナラの、T坊と二人して、行こかはええけれどの。煙草一本、吸わせてナと。殆ど、吸うてえへんかったんやと。

吸うてる最中、オッとの、大変のと。
車のキーは何処やったと。礼服の上着、ズボンのポケット、カッター・シャツまで、全部、探しまくってあらへんのや。
オッとの、オッとで、アト、一箇所、心当たりなるは、コートのポケットかと。車で来て、駐車場所にて、ネクタイ締めたり、着替えたりと。コートも着て、建物に入ったですがの、控え室で、脱いだナと。置いたナと。其処やと。

大急ぎで、控え室に戻りの、コートのポケット、探しまくりの、ホと安堵。あった、あったと、大騒ぎ。
所要時間、一分、二分なれどのです。焦ったなあ。何してる事かと。安請け合いしてからにと。聞いた時に、即の、確認しとけよなあと、とは、自分にでと。

ホナラ、出発の、ここから、駅までの、所要時間どれくらいかと。T坊に尋ねたらの、何も無ければ、信号次第の、5分、10分かと。されどの、この時間帯、日曜日でもあっての、倍は掛かるかと。へえと。今から出て、丁度かと。
成る程の、交通渋滞にての、進み具合がと。されどの、ご心配無用の、余裕時間充分でと。乗って、20分強掛かる筈でと。20分掛かっても、間に合うですと。ソやなあと。

兎に角、次ぎの信号を真っ直ぐとか。どっちに曲がって等々、T坊のご指示には、素直に、ハイと。さもなくばの、着かへんしと。
諸々の冗談、雑談、無駄口適当にし乍らの、樟葉駅に着きましてと。着いたはええけれどの、駅前ロータリーには、車が適当に一杯のと。僅かな間隙見つけての、強引にでも、止めましてと。ここには、バスも入って来るしで、下手な場所に止められへんです。
加えての、私等なんか、問題外の、無茶な止め方してるの、田舎者も居てましてと。

ホンマやでと。
皆様、他の車の通行の邪魔にならぬよに止めたはるのにと。横着なるのも居てましてと。こんなヤツ、何処にでも居てるですがと。自分さえよければの、規範無視のがと。
私等なんかは、強引であっても、運転の技術力で、カバーしてるです。余所様には、断じての、ご迷惑掛けぬよにと。ホンマやでと。田舎者とは違うわと。止めても、前後のが、出られるよにの、通行の邪魔にもならぬの、はみ出さぬよにと。急がずの、精一杯の出来るの努力はしてるわと。配慮せずの、無視なんか、してへんわと。

そんな事は、結構の、私が迎えに行くしで、T坊、車で待っててなあ。しかるにの、改札口は、どっち方向かいなあの、あっちですの、あっちかと。
私にしたって、樟葉駅なんか、初めてでと。加えての、夜の6時過ぎともなればの、暗いしなあ。暗いは結構の、駅から、改札口に出て来るの乗客をば、監視しましてと。

イヤイヤ、多いけれどの、らしき姿のがナカナカに現れずの、時刻表からは、イヨイヨのコレやろなあの、人の波が収まっても、マダ、出て来ずのと。このアトかなあと、諦めかけた時、光圓寺さんが見えましてと。
嗚呼、良かったと。
イヤ、最早の、6時半でしてと。アト、三十分で、お通夜が始まるですと。
とは、云わずの、お持ちの鞄を預かりましての、車はアチラですのでと、ご案内致しまして。

イヤイヤ、時間も時間で、ロータリーには、車も多いし、タクシーも、有るにはあるけれどの、列もありましての、こんな処で、タクシー待ちなんか、されててみい。軽くの、遅刻やゾと。
私等のなら、列を待たずの、車に乗れば、何にも云わんでも、目的地に着くけれどや。但しの、案内役が居てるしと。

マア云うたら、人の状況、亀岡駅と、ええ勝負かと。亀岡駅なら、タクシー乗り場もありましてと。されどの、並河駅ならばの、ロータリーはあっても、タクシーなんか、あらへんです。
考えてみたら、樟葉駅は、特急、快速も止まるの駅なんやと。

イヤイヤ、デデデの、無事に斎場に着きましてと。玄関に横付けの、光圓寺さんは、T坊に任せてのと。
車を置くに、場所が無く。
云うたら、モ一件、お通夜の先様ありましてと。多分ならばの、時間が重なってるかと。駐車場の誘導係さんに、お願いの、場所を確保して戴きましてと。

柴田家の斎場にと。向かえば、東京からの、Y雄が来てましてと。
嗚呼、久しぶりの、来てくれて、おおきにと。イツ、着いたんや。今やと。
イヤイヤ、彼は、飛行機にてで、大阪方面からなれどです。知ってたら、捕まえたのにと。お坊様を迎えに行ってたしと。されどの、探してたは、お坊様だけでしてと。
同じ頃に着くならばの、一緒に探して、乗せたのにと。そっちからでも、分かる筈でと。こっちは、礼服着てるしと。
されどの、予測してへんかったら、分からんなあと。既に、タクシー乗り場に居た可能性大でと。
(08/12/16)


NO.88 叔母の話(11) 葬儀形態の話

ソラナア、何と云うても、単なるの親族、気楽でと。
一番に大変なるは、H叔父でと。丸々の当事者故でと。S君には、母親でありの、その息子、娘には、良い経験かと。

とまあ、葬儀の詳細をば、掲載しててもナと。
されどの、参列する度、形式も替わっててと。もしかしての、葬儀社によって、違うのかと。
イヤ、参列者に立礼(りつれい)役6名。粗供養をば、お配りするの役、2名をと。出してクレと。斎場の担当者から、あったらしく。

イヤイヤ、粗供養を配るは、斎場の方がされる場合が、殆どでと。こっちから、出して欲しいの要望、初めてかと。
誤解無きよにの、どっちでもええ話なれどです。お通夜では、K子と、叔母方の二人でしてたですがと。葬式では、K子一人。相棒来てへんしと。

立礼は、何度もやらされてるです。
やらされてるとするのか、自発的かと。此度、6名との事で、若手で構成ですて。私は、年寄り組でと。話はチラと横手で聞いてたですが。要請無くて。無ければ、出しゃばるの必要無くて。
イヤ、一向に構わへんです。

お通夜では、叔母方の兄弟姉妹のお子様が数人居たですが。叔母の兄弟姉妹のお子様ともなれば、ええ歳の、四十代でと。明くるの、葬式当日、平日故で、叔母方親族激減にての、立礼に動員されて。
イヤイヤ、至って、自発的行動でと。空き席の数を見たらの、一目瞭然のと。若手が二人減ったら、二人補充の、容易い御用の、東京の従兄弟と、私が加わりましてと。

これも、葬儀社から色んな指示あっての、喪主、息子、娘は当然にしても、嫁、婿、孫を含めるの、家族で立礼の場合もありましてと。どれが良いのか、分からんですがと。強いてなら、家族が立礼かと。
家族でとなってたら、私等、遠慮するですがと。何でも結構の、人数出せとなればの、相応にと。格好付けんとアカンやろしと。

この粗供養にも、清めの塩がある場合、無い場合がありましてと。
尤も、清めの塩なるは、お祓い、清めの類の、神道でと。取り仕切るは、仏教故に、要らんと云えば、要らんですがと。無ければ、無いで、モノ足らず。
事程左様に、よく分からんです。何が正解で、不正解かと。結果的、正解も、不正解もあらへんかと。要は、故人を偲びの、お坊様が主導にての、一連の儀式が滞り無くの進行にての、原則、灰にしてしもたら、オシマイでと。
そんな具合に考えたら、味気無いけれどの、事実でと。
死んでしもたら、オシマイなんやと。

ソラナア、手を握って、柔らかくと。握り返されそおでの、今にも、目を見開きの、起きそでと。
云うててもなあ。実際問題、握った手をば、握り返されてみい。目を見開きの、起きられてみい。パニックになるゾと。怪談、お化け、ホラー映画やあるまいにと。
まあ云うたら、血の繋がり無くともの、身内なればこその、触るし、触れるのであってと。知らんの、他人さんやってみい。気色が悪いわと。

ホンマやでと。
F叔母を、納棺の際、ご遺体処理担当の助手やろかの、女性が、叔母の手をば、合掌の形に組み合わせてたですが。仕事とは云えどの、大変な仕事やなあと。
云うたら、叔母なんか、マトモ故にええけれどや。マトモで無いのもあるやろしと。私なんか、卒倒してしまうかと。

デデデの、順送りならばの、我が母、そして、私ならと。
どんな葬儀をとなればの、迷うなあと。
当然にして、豪華絢爛の、金掛ける必要も、気も無いけれどや。先立つの、モノもあらへんしと。そんな事では無くの、家でするのか、しかるべくの、斎場かと。
私なら、原則、家でと、考えてるけれどの、既に、主流がと。殆どが斎場かと。

イヤ、先の通りの、家でなら、隣近所にもお手数掛けるになるです。町内会の役員さんにもと。
役員さんなら、どっちにしたって、お世話にならんとなと。此度も、多分ならばの、受付なるは、叔父の町内会の役員さんかと。少なくともの、承知の範囲の、親戚筋では無かったしと。

我が町内会でも同様の、原則、区長が受付担当したはるかと。幸いにしての、我が期には、葬儀無かったですがと。
そんな意味なら、ここ数年あらへんなあと。後期高齢者世帯、10軒もあるのにと。
そんな事は結構の、家でなら、その他の役員さんにまで、ご足労でと。少なくともの、ホットケへんです。加えての、車の置き場もと。マアナア、ここら、亀岡の田舎やしと。一寸、離れた場所ならばの、止めたはるけれどや。一応は、住宅街故に、そこらに適当とは、出来ませんです。

結局は、出来れば、家でと。
どちみちの、葬儀は大変なれどです。狭い家で、葬儀をしてたら、尚大変でと。マアナア、どっちが安いかもあるけれどや。施設を使わへん分、家の方が安いみたいには、思うけれどや。
親族には、不便を掛けるになるしで、総合的ならばの、場所を借りた方がと、思たりも。

そやけどなあと。変な話の、こんな時だけやでと。家に一杯の人が集まるのがと。
親父の時には、そのままの、家でしたですがの、叔父二人も来てくれてと。結果的、S叔父、半年後に他界で、最後になったかなあと。
イヤイヤ、京都の家なら、一緒に暮らしてたですがの、宇治、亀岡には、叔父達、馴染みが無くて。或る意味、良かったなあと。

此度、F叔母の葬儀ならばの、叔父宅に行くの用事が無いです。
当人曰くに、引っ繰り返ってると。ソラナア、其処の主婦が病(やまい)にて、動けてえへんです。ましてやの、入院してて、叔父も行ったり、来たりで、家では、寝るだけの、臨終にての、その段階より、葬儀の打ち合わせに、関係者に連絡にと。
下世話な話の、葬儀費用の金策、目算、諸般の手続きもあるやろしと。周囲が大変なんやと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
誰もが、一度は、死ぬですがと。如何なる葬儀にするのかと。葬儀をしてもらえるのかと。
モっと、云うたら、葬式の費用だけでも、残しとかんならんなあと。只でさえ、周囲に迷惑掛けるのにと。葬式費用まで、出させたでは、目も当てられへんですがと。
そのためにも、互助センター、セレマの会員にもなってるしと。ソレだけでは、知れてるしと。

云うたら、葬儀なるは、故人のためがあるけれどや。残された、家族の、自尊心もあるのかと。
ソラナア、幾ら、質素でと。身内だけでええでと、云われててもや。ホントの家族、一部、親族だけで出来ますかと。身内とは、どの範囲もありましてと。
知らせる親族、知らせへん親族があったではナと。後日、何を云われるかと。

イヤイヤ、F叔母のにしたって、質素にと。
H叔父、口にはしてたけれどや。アソコの電話番号知ってるかとか。問い合わせなんか、して来たりと。近所で、付き合いも、少ないしと。
口には、してたですがの、近所の人も、来たはったしと。イヤ、叔父が、紹介してくれたりと。

イヤイヤ、斯くなるでの、事前には、質素に、質素にと、口にはしてても、結果的、恥ずかしく無いの、葬儀をと。誰にとなればの、故人と、残された、家族にとってかと。
故人は、モノ云わへんしと。結果、世間並みになるのかと。その世間並みが難しく。
但しの、斎場が、相応の綺麗で、豪華絢爛なる建物ならばの、上等の葬儀には見えるかと。その分、矢っ張り、金掛かるのかと。
(08/12/17)


NO.89 叔母の話(12) 葬式のハシゴの話(1)

斯くなる次第の、斯くなるでと。
時代の変遷、何よりもの、一番の変化なるは、お香典返しかと。
別段に、お香典返しに限らずの、冠婚葬祭等々、何でもでと。

イヤ、一昔、二昔ならばの、当たり前にです。相応の百貨店、老舗にての、大丸、高島屋なんかで、お返し、何にするかと。品定めなんかを致しましてと。
遠くならばの、宅配なり、持参なりと、したモンでと。コレ又、持参ならばの、親戚付き合い、近所付き合いを兼ねてたかと。
マアナア、同じの町内会ならばの、歩いて、一分、二分の、歩こが、走ろが、自転車でもの、ご自由にの、持って行った方がと。運送代、掛からんだけでも、安上がりと。
町内会の重鎮ならばの、その折りにはと。当たり前に、御礼方々要りましてと。皆がしたはるかなんか、知らんけど。

当世、ギフト・カタログでと。戴いたら、その範囲で、適当なるを選択の方法でと。
イヤイヤ、ええも悪いもあらへんです。お返しをば、戴いても、重なったり、趣味に合わへんかったりと。反面では、原則、送り主の主観と独断、趣味、選定にての、コレは、あの時の、アノ人のと。思い出すの一品になるですがと。
反面の反面ならばの、カタログやしナ。荷物になっての、重たくはあらへんです。さりとての、当世、大抵ならばの、車やしと。重さ、嵩(かさ)は、考慮して戴かんでも結構のと。

ホンマやでと。
その昔ならばの、徒歩なり、公共交通機関で、出向いたですがと。考えて見たら、宅配なんか、考えてえへんかったかと。当世の如くに、日通のペリカン便、クロネコヤマト、佐川急便もあらへんしの、運送網、充実してへんしと。
あって、郵便局の小包かと。
網羅で、誠に便利になったですがの、反面では、親戚付き合いも希薄化しましてと。

イヤ、ホンマやでと。
その昔ならばの、風呂敷に包みましてと。当世ならばの、しかるべくの、紙袋に入れましての。そのままでも、結構の、ハイと、手渡しましてと。
そんな意味なら、風呂敷も絶滅かと。見る事が無いなあと。
モっと、云うたら、買い物籠まで、スーパーには、置いてありましてと。レジ袋に入れてましての、エコが、エコがと、エコロジーがと。環境保護がと。叫ばれてるですがと。昔の姿に戻ればの、間違い無くの、エコなんやと。

ホンマやでと。
レジ袋なんか、夢想だにと。されどの、便利は確かの、便利に慣れて、エコが難しくなったかと。一々、持ち運びもせずに済むですと。
イヤイヤ、ギフト・カタログならばの、便利は便利で、埒があくです。効率的なるは確かでと。

ソラなあ、夜伽、お通夜が終わったら、ギフト・カタログ戴きましてと。
変な話の、オッとの、トットの、幾ら包んだかの、中身、見られたかと。早いなあと。香典返し、半額かと。ハッキリしてて、結構かと。
ホンマに、ホンマやでと。良いも悪いもあらへんです。どんなモノをお返しにと、考える事も、調達に出掛けるの必要性も無くなってと。話簡単の、出た分だけ、精算でと。
受ける方にしたらの、好きなモノをとなるですが。実際問題ならばの、一冊の本やしナと。余程で無ければ、コレと云うのが無いとするのか、目移りし過ぎましてと。困るんやと。

イヤイヤ、デデデの、お通夜の読経も終わりの、光圓寺さんをば、T坊と、一緒に、樟葉の駅にお送りしまして。
イヤ、改札口まではと、鞄を手にすればの、イヤイヤ、お構い無くの、ここで結構ですと、拒否されて。断られたら、強いての、お送りするのも失礼故に、ハイ、分かりましたと。
明日も宜しくお願い致しますと、お暇したですがと。云うたら、ご高齢にも関わらずの、シッカリされてましてと。されどの、ホットク訳にもナと。

戻れば、サテのと、食べてやと。握り寿司、巻寿司なんかが出てまして。
云うてもなあ。お通夜なんやと。パクパク、パクつけへんです。食べてるツモリでも、知れてましてと。ましてやの、車やしで、明日が葬式のハシゴ故で、帰らんならんしの、ビールも飲めへんしと。
飲める、飲めへんも、ドチミチの、大して飲めへんけれどや。飲めへんとなればの、辛いなあと。
イヤ、一応はお役目、全うにての、ホと安堵してるですが。飲めへんでも、ビールならばの、コップに一杯程度あれば、充分の、口にしたら、問題となるのが、辛いナと。

ホンマやでと。
従来ならばの、こんな場合、一口くらいはと。ホントに一口だけを、口にしまして。アトは、事実、飲まずに居たですがと。飲酒運転も厳しくなっての、安全のためには、ソレも遠慮致しましてと。
イヤイヤ、東京からの、従兄弟も含めての、何人かは、夜伽とするのか、控え室にて、一泊するになったですがと。
ソラ、遠いお方は、その方がと。

以て、お通夜の日は、お暇のと。ソレでも、帰宅したらの、ホボの午前様かと。
明日は、兎に角の、朝の7時には、出発しませんとと。母方の、R叔母の、婿はん、RIさんの葬式なるが、9時からやしでの、9時前には着かんとナと。本番始まってたら、大変ゾと。
そんな時に、ご免ナとかの、挨拶なんか、してられへんわと。してもええけれどや。事情が事情の、ハシゴでと。予めは、伝えてるにしたって、矢っ張りなあ。一言も無しの、黙っての、お焼香もしてられへんです。さりとての、お坊様の読経の、一時間を待ってたら、あっちが間に合うかと。

イヤイヤ、H叔父には、もしかしたらと、伝えてるけれどや。遅刻の可能性もあると。
叔父からしたら、あっちを、簡単に済ませて、ええのかと。私にしたら、我が姓、「柴田」なんやと。最優先やと。タマタマに重なったから、こんな事になるだけでと。
ソレも、あっちが先やしで、助かったけれどと。逆ならばの、葬儀に行くは、ご遠慮の、後日にでも、家にお邪魔しての、拝ませて戴くになるのかと。

イヤイヤ、デデデの、当日、朝から、大変でと。
云うたら、連日の午前様。
でも、無いけれどや。慣れぬ道、夜道を車で走って、帰って、スとは、寝られへんわと。事故せず、無事に帰還で、ホと安堵なれどの、云うたら、興奮状態でと。お腹の空き加減も中途半端でと。喰てるは事実でも、腹は空いててねえ。されどの、喰う気がしいひんのやと。パンでも、一切れで充分でと。

イヤイヤ、斯くなる次第の、斯くなるでと。明くる日の出発、予定よりは、若干遅くになったけれどや。
起きられへんかったんやと。正確には、早くに目が覚めての、寝付かれず。ハタと気が付いたら、寝過ごしててねえ。ソレで、遅刻の時間でも無いけれどや。二時間前に出るツモリが、二時間をヤヤ切った程度でと。

道の状況なるは、ヤヤ、渋滞程度でと。
思てたら、東土川の交差点を突破が、異常に遅く。突破したら、したで、赤池の手前、名神高速道路の下の辺りで、ピタリと止まってしもてと。
車が一歩も動かんしと。一歩は大袈裟にしたって、困ったも、何も、前が動かん事には、手も足もの、事態を見守ってな仕方が無いなあと。

結果、車同士が、追突でもして、事故してたかと。二台が片脇に止まって、何やらしてたです。
こんな時に、迷惑ナと。イヤ、原因分かれば、ホと安堵の、何とか、間に合うのか、合わへんの、微妙なるの、20分前に、目的地に到着の、駐車場と思(おぼ)しきに、サと、乗り入れれば、管理人さん、曰くに、ここは、焼き場へのタクシーの駐車場でと。
へえと。どっちでも、ええけれどの、ホナラの何処に止めたらと。

ホンマやでと。止められへんの理由なんか、百万遍、聞いたって意味無くてと。何処に行けとさえ、一言、聞けば済むんやわと。
とは、云うてえへんけれどや。
ホナラのどすれば宜しいですかと。向かい側に回ってクレと。向かいねえと。エライ事云うなあと。ここは仮にもの、国道24号線ゾと。ソ簡単に向かい側に行けるのかと。
思てたら、お向かいの駐車場の担当のお方との連携にての、両側の車を遮断で、サと行けて。思わずの、有り難う御座いますと、大感謝。

ソラソオや。
斎場には到着してての、こんな場所、門前、面前、駐車するだけにての、時間喰てられへんわと。建物に入ったって、構造も知らんし、某家のが、何処かも、知らんのにと。
さりとての、迷路でもあるまいにの、加えての、トイレにも行きたいしと。焦る、焦るの、焦りまくりのと。
されどの、ええ時間やなあと。時間前に、無事に着いたなあと。お焼香して、拝みも、R叔母に挨拶も出来るナと。
(08/12/18)


NO.90 叔母の話(13) 葬式のハシゴの話(2)

其の、お香典一つも、様々でと。
イヤ、ご辞退致します。
との、話があったりでと。
ご辞退致しますと、されたら、素直に、ソかと。助かったと。準備は要らんのやと。
成るのか、一応は、準備の、持参で、一度は、手渡してと。或いは、強引にと。

イヤイヤ、実はの、母方、R叔母の、連れ合い、RI叔父の葬式の場合、従兄妹からは、質素にと。葬儀も、身内だけの家族葬にての、お香典もご辞退致しますのでと。
電話で、通告されたです。
よって、連絡を頼まれたるの、従兄弟連中、云うても二人だけなれどの、我が立場からは、そのままの、一言一句、正確に伝えたです。一言一句は大袈裟の、文言、主旨、そのままにと。
ソレが、我が立場であっての、余計な尾鰭は付けられへんです。アトは、当事者に任せとかんとと。

私等夫婦はどしょかなあと。相談の上の、強引にと、決めたです。
名目何でも結構の、されどの、香典故、そのままの、お線香代にと。渡してしまえと。イヤ、挨拶だけで、退散の事情もあるけれどの、最後まで、居てても、強引には、してるかと。
其の上で、徹底的に拒否されたらの、失礼にならぬ範囲で、撤回するかと。ソラ、血相替えられたり、喧嘩になってはナと。

イヤ、我が基本的考えなるは、お香典の類(たぐい)なるは、互助の精神のと。
幾ら、質素に、家族葬のと、されたって、親族なるは、ソはナと。額面通りにはと。
云うたら、過去、何回か、香典ご辞退とされてるのは承知の、香典をば、差し出しの、辞退された憶えは無くてと。他の親族にしたって、差し出してましてと。

されどの、辞退するとされてたならばの、本来的、親族としての、ン万円するべきを、一万円に抑えるけれどや。
イヤイヤ、正直、ショウジキ、現実的なるの、出費が減らせて、助かるですと。
ホンマやでと。待った無しのが、二件も連発されてみい。尚更でと。変な話の、分割払い、不可でと。無理して、相応の義理を果たす必要性もあらへんけれどや。果たせる時には、無理してでもが、我が思想。
とは、大袈裟でも、誰もに共通の、事実かと。

イヤイヤ、原則、家族葬、質素にと。香典辞退とされてる場合、香典返しは致しませんの意志表示と、解釈のと。
されどの、家族葬の範囲も様々での、矢っ張り、親戚縁者には、最低限のとなりましてと。そんな意味から、R叔母と、RI叔父の、兄弟姉妹の、範囲となったのかと。
ホナラの、友人知人には連絡せずになってるのかと。
加えての、質素もナと。相応の、斎場を借りてとなればの、費用もと。イヤ、知らんけれどや。樟葉のとは、豪華さ異なるけれどのと。

イヤイヤ、デデデの、某家のは、二階らしく。嫁はんと、二人、マズは、現場確認にと。上がったら、其処でと。
イヤ、受付なるが、真正面のと。オッとの、トイレを探してるの余裕も無くて。探す、探さへんも、先に用事とするのか、するべきをしてからの、落ち着いてからでも結構と。

ツタツタと入室とするのか、受付で、芳名録にと。嫁はんが書けば、ええのかと、思いきやの、全員ですと、云われてねえ。
住所、氏名を、下手な字でと。

さてと、式場見渡せばの、R叔母一家の集まってるの席の一隅見つけましての、更に、ツタツタと。
叔母さんと。一声掛けましてと。電話をして来たの、従兄妹には、頼まれたの、二軒、電話連絡しといたしと。しかるにの、悪いけれどの、葬式重なってと。柴田の方がと。
申し訳無いけれどの、お線香上げたら、拝んだらと。お暇するしと、伝えまして。
嫁はんは、香典をば、お線香代として、手渡しましてと。イヤ、揉める事も無くの、受け取ってくれたですがと。

オッとの、二人は来てるかと。我が連絡の二人の事なれどの、N雄さんは、アソコにと。Yさんは、マダですと。
そっちを見たら、N雄が一人、ポツンと座ってましてと。一人も何も、別の一隅には、他に、何人か居たはるけれどや。知らん人バッカリでと。即、そっちにと。スマンなあと。電話の通りの、重なってと。こんな場所故、小声で、挨拶だけ致しましての、嫁はんには、ホナラの拝ませて戴こかと。
目配せにて、合図して。

イヤイヤ、助かってるです。
僅かでもの、遅刻で、お坊様の読経が始まってたら、こんな事、してられへんけれどや。
相応に順番待ちになるけれどや。そんな意味では、焼香台もありましての、勝手に出来る状態でと。
イヤイヤ、焼香台無くとも、真似事で、済ませるけれどや。数珠は持って来てるしの、格好付くですがと。
云うたら、電話での、従兄妹の頼み、要望事項、出来れば、父を拝んでやって戴ければ嬉しいですの、そのままをば、実行しただけでと。

等々、掲載してたならばの、R叔母一家の事を詳しく知ってるみたいなれどの、ソラ、一応は知ってるけれどや。
此度、他界で、葬式の、RI叔父なるは、何回、会おてるかと。数える程でと。母方の親戚の葬儀に顔出ししたは、何回かと。大抵は、R叔母一人で来てるです。年会も含めての、本当に最近ではなかろかと。夫婦で、顔出したはです。

加えての従兄妹が、何人居てるのかと。四人やったかなあと。只でさえの、人名音痴で、コレ又、会う機会が乏しくのと。電話をして来た、従兄妹にしたって、電話そのものが、初めてかと。
事程左様に、馴染みが無いです。矢っ張り、しかるべくの、冠婚葬祭、年会にでも、顔出ししてくれてたら、分かるですがと。
但しの、従兄弟では、男が多過ぎての、女の子では、話が合わんかったのもあるですがと。

そんな事は結構の、R叔母には、再度の、悪いけれどと。お暇の挨拶しに行ったら、立ととするし、ええで。結構やでと。イヤ、足が悪いとするのか、杖でしてと。そのままにしててナと。
更には、電話連絡した、N男にも、ホナラと。悪いけれどの、重なってと。お暇するしと。
その場を出よとしたら、受付の男性二人、お供養を二個、持って来まして。受け取れと。へえと。全員かと。
オッとの、N男が、エレベーターにと、促してくれて。ホナラと、嫁はんと三人して、エレベーターに乗りましての、二階から、一階やしナ。スグにも一階に到着の、オッとの、トイレに行くしと。駆け込みまして。ここで、やっとかへんかったら、樟葉まで、あらへんしと。

用足して、出て来たら、マダ、N男が居てましての、ホナラの、ホナラで、煙草でも、一服するかと。する程度の時間ならあるですしと。
云うたら、モ一人の従兄弟がマダでしてと。一人、ポツリの、見知らぬ面々の処に居たってなあと。ホンマやなあと。
イヤイヤ、オッとの、煙草を席に置いたままでと。容易(たやす)い御用の、ハイ、どうぞと、一本差し出し、一服してる間にも、モ一人の、従兄弟、Yが車にて、夫婦で到着。
イヤ、休憩してたら、窓越しに見えたんやと。目の前にと。

丁度宜しいですと。外に出て、車の従兄弟夫婦に、あのなあと。娘さんには、伝えたけれどのと。葬式が重なってと。お暇するしと。
会おて、即の申し訳無いけれどと。嗚呼、聞いてるでと。重なって、ハシゴみたいでと。そおなんやと。しかるにの、ここは、駐車が出来ずの、向かい側なんやと。
云うてる矢先、管理人さんが、来られましてと。あっちにと。

斯くなる次第の、斯くなるでと。
煙草一本、一服にて、モ一人の従兄弟にも会えましてと。上手い具合に、バトン・タッチで、斎場をば、アトにしての、今度は、一目散に、樟葉の斎場にと。丁度、9時かと。

ホナラの、Yはチと遅刻かと。
されどの、お坊様が読経をされ出しての話でと。ソレでも、罰金、取られるで無し。全然、気にする必要性あらへんです。
親戚付き合い、友達付き合い、近所付き合い、義理と人情、万事、兎に角の、顔出すに価値あってと。
顔出すに、出せへん時もあるけれどや。
(08/12/19)



inserted by FC2 system