不可思議の世界NO.29

京都・亀岡の良く当たる占い師の話

京都でよく当たる占い師は?
注;URL<京都inet>

不可思議NO.27 不可思議NO.28
不可思議NO.24 不可思議NO.25 不可思議NO.26
不可思議NO.21 不可思議NO.22 不可思議NO.23

不可思議NO.15 不可思議NO.20
不可思議NO.5 不可思議NO.10

題目一覧表 お問い合わせ状況 三栖神社・炬火祭

目次

不可思議NO.30

NO.320 親父の25回忌の話(8)

NO.319 親父の25回忌の話(7)

NO.318 親父の25回忌の話(6)

NO.317 親父の25回忌の話(5)

NO.316 親父の25回忌の話(4)

NO.315 親父の25回忌の話(3)

NO.314 親父の25回忌の話(2)

NO.313 親父の25回忌の話(1)

NO.312 25回忌に向けての話

NO.311 再びの、夢見の話

不可思議NO.28


NO.311 再びの、夢見の話

再びの、夢見の話。
夢見ぬ時には、以前見たがイツの事かの、ン箇月はと。
見ても、大した話に非ずの、スグにも、忘却なれど、です。
このところ、覚えてるの、夢、多々あって。

オッとの、此度も、人物登場なれどの、知り合いに非ずの、まあ云うたら、有名人。まあ、云わんでもの、概ね、誰もが知るの、超有名人でして。
何で、そんな人物が、我が夢に登場か、なんか、当人でさえもが、分からんわと。
誰が出たか、登場したかは、追々にの、スグにも、判明致すですが。
コレ、1日、2日、過ぎてるの夢でして。覚えてるが故に、一発と。

背景、場面、多分ならばの、我が小学校、母校でして。
或いは、中学校哉の。小学校、中学校かは、どちでも結構の、兎に角の、我が母校。
との、認識してるの場でして。
かと、申しの、沢山の人が居てるの雰囲気なれどの、全部が大人での、小中学生時代に戻ったの話に非ずの。単に場面が、学校であると、ダケでして。

我が小学校も、中学校も、遠の昔に、少子化で、廃校でして。とは、云え、敷地、校舎だけは存在してるですが。
中学校なら、名称替えて、存続してるですが。要は、校名消えてるです。
小学校なら、「格致小学校」<油小路、高辻上ル>で、中学なら、「郁文中学校」<大宮、綾小路下ル>と、称するですが。何故に、どちか、分からんかと、なればの、場面なるが、高校、大学での、事で無いは、認識してまして。認識も、夢の中の世界、なれど、です。

兎に角、校舎の廊下でして。薄暗く。明るくは無く。
人は沢山居てるですが。子どもで無いは確かの、知った人、ダアレも居てませんでして。その中に、当方、ポツリと、居てるの状況での。その知った人、ダアレも居てへんの中に、知った人、ポツリの、それが、誰かと、申せば、元米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースの、ジータ選手<デレク・サンダーソン・ジーター、40歳>でして。

イヤ、別段の、ファンでも、何でも無いわの。知ってるは、知ってるの、ダケの選手でして。松井秀喜選手とも、仲ええなあの、程度での。
米大リーグで大活躍の、スーパー・スターであるは、承知してるですが。大リーグには、左程に興味無く。ナンボの値打ち哉の。日本の選手が、アチラに行っては、故障して、使い捨てにされての、戻って来てと、アホやなと。特には、投手でして。

まともに、通用したは、野茂英雄選手だけ哉と。
松坂大輔選手、田中将大選手、ダルビッシュ有選手も、壊れてもて、ねえ。日本でやってたら、モと長持ちしてるやろにと。
オッとの、田中のマー君、ダルビッシュ選手は、マダ、分からんですが。肩壊したは、事実でして。手術して、果たして、どれだけ、保つのやらと。
中には、日本でも、大した実力もあらへんのに、大リーガーになりたいと。渡米したりのが、居てるですが。

そんな意味でなら、松井秀喜選手も、手首折って、もて。
米国やから、折った、でも、無いけれどや。米国では、悪いけど、只の選手みたいに、思えてねえ。日本での、活躍を見たかった、ですが。

オトトの夢の話なれどの、松井秀喜選手は登場せず。ジータ選手のみ。最早の引退してるが故、選手では、無いですが。
彼が、何故に我が夢に出て来たか、なんか、知るモンかと。
強いてなら、米大リーグで、承知の選手名と、なればの、ジータくらいな、モンでして。後の選手を知らんわと。知った、選手であれどの、ダケの事での。先の通りの、好きでも、嫌いでも、少なくともの、ファンでも無いわと。

それが、何の間違いかの、我が母校にと。当方も、何故に、我が母校にと。
居てるの意味、さっぱりなれどの、理屈、屁理屈、夢の世界で、意味は無く。兎に角、周辺に人集りの、人も、有象無象での、特段ので、ジータだけが、我が知り合いでして。
有象無象も、ジータに注目してるで無いです。何で、居てるも、知らんの、人集りがあるだけでして。

での、何故に、なんか、知らんの、話するの必要性がと。
されどの、自慢や無いの、英語、喋れませんでして。コマツタなと。どせよと。
「ジス・イズ・ペン」では、話に成らずの、「アイ・アム・タケオ・シバタ」も、アホみたいやしと。ジャパニーズ・イングリッシュでは、果たしての、通じるの怪の、さての、何の話をして、どこに案内したら、ええの怪の、コマツタなと。

ども、ジータの知り合い、我輩だけみたいでねえ。他の沢山の面々、居てるも、彼には、無縁での。興味も示してませんの、兎に角、我が知り合い、ジータのみ。
彼、我がソバに来るし、当方をば、頼りにしてるみたいで、ねえ。コマツタなと。
我が英語が通じたら、ええけれど、です。自信あらへんわと。

そもそもがの、日本語でさえが、喋るの苦手の、何を云うたらと。嗚呼、ええ天気ですねえ怪と。
天気はどか知らんの、薄暗いの廊下でして。当方と、ジータだけが、目立って、ねえ。やあやあの、ご機嫌さんは、ええけれどの、コマツタなの、どする兵衛哉の。何とか、してやらんとなの。コマツタなと。
名案、浮かび上がらんで、ねえ。

そらなあ、学校が一緒でも無いけどや。人生の後輩でして。飯おごらんならんやろ。彼の資産、天文学的、桁が幾つも違えど、出させる訳にいかんやろな。
さての、どこがええかの、こっちも、この界隈、詳しいとは、云えどの、最早の、ン十年、知らんわの。
大体が、この界隈の、メシ屋なんか、入った記憶がの。ンの、焼き肉屋があったけどの。当世、マダあるのやろか、なあと。歩いて、連れてくに、どしたモンかの。無かってみい。申し訳無いなあと。

とかとか、接待、熱烈の歓迎するに、その手段、コレと、するが、見つからずの。適当なるの、会話するに、英語が、なで、コマツタなあと。
一生懸命に、何を、英語で、話をするやの、英単語が出て来んで、ねえ。コマツタ、コマツタ、困った、なあと。
上等の肉喰わせるにしたって、懐大丈夫怪の、そんな事も、云うてられんの。兎に角、英語や、英語で、喋ってやらんと、なの。日本語では、意志の疎通が出来ませんの。
ンの彼、自分は、ジータであると、名乗ってくれて。多分なら、日本語なんやろなあの。そのよに、思えたですが。へえの、ご心配無用の、流石は、スーパー・スターのジータ君。
日本語、ペラペラやんかの、大したモンやの、そやから、1人、単独、我が母校に何しに来たかの。我輩に会いにかの。
チャンと、日本語の勉強も、して、なあと。偉い、偉いの、褒めてつかわすの。
で、ほんとに、我輩に会いにだけに、来たの、怪の。そんな筈はの、ンの、そこまでの、知り合いでも、あらへんでと。当方、渡米なんか、した事も無く。

そんな余計なるの、理屈、屁理屈、結構の。
まあ、ジータ君よ、付いて来いと。我が愛車、10年選手の、カローラにでも、乗せてやるわと。
どこか、適当なるの、京都見物でも、させてやろかの。どこでも、云うて頂戴の、任せて頂戴なと。
ンの、車、どこに置いてるやの。しもた、しもたの、亀岡の我が自宅。
とまあ、夢の話、世界で、我が愛車のカローラが云々まで、出て来た、考えたまでは、定かに非ずの、漫画みたいな、夢見たわと。
(15/04/15)


NO.312 25回忌に向けての話

以来、夢見てへんかと、なれば、見たよな、気がしてるです。
されどの、全然の、記憶してませんでして。

コレなんやなあと。
全くの、記憶に残らんの、夢。そやけど、見たと、ダケは記憶してるの夢。記憶に皆目故、思い出すに、思い出せんの夢でして。
コレは、ヤンキースのジータ選手の夢の後でして。
とは、記憶してるですが。それ以上の事、分からんです。夢には、元々が意味無いのと。何でかなあと、気になるの夢あって。記憶に残らんのは、どしよも無いですが。

いやなあ、夢見るは楽しいわと。
よて、あれこれ、掲載してるですが。意味不明も、意味あるのも、でして。記憶に残れば、でして。
記憶に残り、記録と、するのか、掲載したなら、尚、鮮明に思い出すですが。

での、どちにしたって、祖母は以来、登場してませんでして。
親父の年会の、年が違うの事、やったんやろなあと。
25年、25回忌が正当と、するよに、勘違いと、肝心の、「東大谷祖廟」では、ややこしい事、云われてねえ。
菩提寺の、「光圓寺」では、25回忌も、23回忌と、27回忌をまとめての場合、する事もあると。云うたら、略式やったんやと。

そらなあ、墓参は各自で、して頂戴の、法要は、菩提寺での、手があると。するのか、それが、正当とは、承知してるですが。当家の場合、菩提寺と、墓所異なりまして。
よて、基本、「東大谷祖廟」の墓所での、法要で、年会としてるですが。
しかる後、会席をと。

そんな事で、当初、5月3日<日曜日>に、「東大谷祖廟」の墓所に集合での、法要をと、してた、ですが。
ややこしい事、云われたのと。この日では、10時からしか、空いて無いと。坊さんが、です。
10時に、「東大谷祖廟」では、少々早いのと、どしてもと、申すなら、法要するですが。25年は、正式では無いため、読経ですがと。
どしてもは、どしてもなれどの、どしてもならと、云われて、どしてもとは、云い難く。
ならばと、法要は、菩提寺<松原通リ、西洞院東入ル>で。しかる後、皆で、墓参をと。墓参して、会席をと。会席を予約してるの場所、祇園、「かに家」でして。

但し、菩提寺では、3日はダメで、4日ならと。そしたら、そのよに、致すかと。
どちみちの、内輪の法要でして。
まあなあ、叔父来られず。上の叔父の娘、従兄妹も、来られずで。結果的、ホントの、内輪の、我が一家<息子共全員>と、妹家からと、相成って。
妹家の方、マダ、正確なるの人数、決まってませんですが。

イヤ、妹家の長男<甥>は、妹夫婦と、一緒に参列するですが。姪は、諸般、参列難しくの、その婿殿と、子ども達が、参列するみたいな話があって。ここが、確定してませんでして。
まあなあ、人数なら、菩提寺での方は、急ぐの事も無いですが。会席の方は、予約してるし、なあと。現時点、部屋の予約だけ、なれど、です。
諸般、粗供養なるは、既に、選定してまして。

妹家、息子共家、それぞれに、リクエストがあっての、残余のを、本日<4月19日>、調達に、「高島屋」えと。
してしまわんと、日があらへんわと。次ぎの土曜日、芋煮会で、筍堀りが予定されててねえ。日曜日には、町内会の期首総会がと。
期首総会、夜の、20時から故、どて事無いですが。すべきは、早めに、してまわんとと。

斯くしての、それだけに、「高島屋」えで。にしてもの、朝の10時半に着いたですが。日曜日やのに、客、少ないねえ。
過年の、駐車場に入るだけに、河原町通りを延々の車数珠繋ぎの状況、思えば、雲泥の差の、スと、入れて、駐車が出来て。結構なるは、結構なるも、変な気分。
イヤ、モノは決まってるが故に、サと決めて。注文も、内の一品、数が揃わずの、どしましょかと。別段にの、急ぐでも無くの、揃い次第、発送をと。

いやなあ、当世、中国の方、爆買いで、モノがスグにも、底突く事、多々あるですて。へえと。
ここが決まれば、基本、「高島屋」での、用事終わるですが。ついでやしと。地下の食料品売り場、デパ地下えと。ついでと、するよりも、折角故に、夕食の総菜でもと。オヤツを、でもと。和菓子をと。

買い求めてるの間に、我がケータイに電話一発。
先程の、粗供養調達の担当者から、での、先程、入荷したですて。へえの、今なら、「高島屋」内故、スグ、行くと。
そらなあ、宅急便で、郵送よりも、確実でして。
イヤイヤ、自宅電話番号と、安全見て、我がケータイのも、伝えといたですが。

斯くしての、上手い具合に、揃てもての。その帰りには、「光圓寺」の周辺の駐車場も、見とくにしてて。
菩提寺故、概ねの状況、承知してるですが。その近辺に、駐車するの機会なんか、過去、何度かいなの、数度でして。前回と、なればの、下の叔父の嫁、叔母の1周忌、やったの哉の、時か、なあと。
ならばの、5年経つの哉と。

要は、早々に、菩提寺に用事無く。
盆には、読経に来て戴いてまして。
先の通りの、墓参なら、月参りなれどの、「東大谷祖廟」でして。

その界隈、熟知も、京都離れて、ン十年の、離れてもてからの、年月、2倍近くになてもて、ねえ。
そらなあ、この界隈も、概ねなら、変化無しも、細々とは、変貌してるの。大体が、松原通りなるは、西洞院から、堀川通り。その先も若干のあった哉の、市場でして。
我輩なんか、母のお供で、荷物持ちで、よお、通てた、わと。

オッとの、その当時になんかは、駐車場なんかは、あらへんで、ねえ。
当日、5月4日に、車で来るに、「光圓寺」には、車、入れませんでして。駐められへんで、ねえ。門前に、一台なら、何とかと、聞いてるですが。ほんまかと。
駐められて、軽自動車やないかいなあと。その辺りも、下見にと。

向かえば、駐車場なら、記憶通りの場所にあっての、嗚呼、良かったなあと。あっても、大駐車場に非ずの、小さな、コイン駐車場でして。よお、見たら、向かい同士にあって。その先に、「光圓寺」で、矢っ張りなあと。無理したら、門前に、駐められんの事も、無いですが。止めといたの方が、無難の広さでねえ。
安全のため、西洞院の先も、下見した、ですが。あったなあ。駐車場がで、これだけあったら、2台や、3台なら、何とか、なるやろと。

妹家が、果たして、車か、電車かは、分からんですが。
イザと、なればの、我が愛車も出せばと。事前に、分からんと、困るですが。そらなあ、何台もの、車を連ねるよりはと。
そんな事で、本日<4月19日>、一応の、粗供養到達。下見も、無事に出来まして。

話、ころりの、にしてもの、現在、四条の、烏丸通りから、河原町通りまでの、車道を狭くの、人道、広くの工事してるですが。
誰様の、発案かは、分からんの、狂気の沙汰也と。
話では、観光客が動き易く、店にも入り易くと、でして。
そのため、原則、片側二車線を、一車線えの、工事をしてるですが。当方、墓参するに、基本、四条通り、真っ直ぐでして。
ここを、そんな事、されたら、大迷惑の、この間、突破に、どれ程の時間要するかが、計算出来ひんでねえ。そもそもがの、東進の場合、烏丸通り、突破が、大仕事。

当面、様子見し乍らの対応せねば、ならぬなと。
イヤ、烏丸から、河原町の混み具合を、でして。ども成らずなら、御池通りから、河原町を下って、四条通りを祇園えの、迂回案もあるですが。
観光客のためと、申すに、道路が狭いも、一興の。錦小路の市場なんか、狭い、狭いの道でして。
それは、それで、市場らしく。
四条通りにしたって、その昔より、ソレでして。道路を、人道を、人、一杯で、動けえへんなんかの、経験あらへんわと。
(15/04/20)


NO.313 親父の25回忌の話(1)

そんな事で、5月4日<月曜日>。
明日ですが。連休のド真ん中なれど、です。
親父の25回忌を執り行うになったです。

5月2日には、長男一家、こっちの方に来てまして。嫁と、孫共、嫁の実家えと。長男、こっちで、寝泊まりをと。
3日の夜には、皆、こっちで、明日、早朝と、するのか、朝一番には、菩提寺、「光圓寺」に向かうになるです。
イヤイヤ、嫁の実家から、戻った時には、孫共、寝てまして。即の、寝床えと。

当日には、「光圓寺」で、法要をで。
終われば、全員で、墓参のため、「東大谷祖廟」。
墓参を済ませたら、祇園、「かに家」で、会席をと。

予定では、当家、全員、次男一家は、当日、「光圓寺」で。
妹夫婦と、その長男<甥>と、姪夫婦と、その子2人も、「光圓寺」で。
都合の、何名や。当家、総勢、10名。大人6名、子ども、2名。妹の方が、大人5名、子ども2名。
やから、大人が、16名で、子どもが、6名に相成るなあと。

いやなあ、下の叔父にも、声掛けたですが。諸般、高齢もあっての欠席でして。上の叔父<故人>の方にも、声掛けたですが。諸般で、欠席でして。
声掛けたは、そこまででして。
実は、ここらが、難しく。基本、内々の年会でして。内々とは、どこまでを、内々哉と。まあ、ここまで、やろなあと。

での、親父を知る者、誰かとなればの、嫁共、孫共は、当たり前に、知らんやろと。
甥、姪も、果たして、どなん哉と。
まあ、知らんやろと。

とかとか、考えたら、死んでもたら、虚しいねえ。存在、知るの面々、年々、数少のなてねえ。
知ってても、高齢化等々、諸般で、年会に出席も、ままならず。
我が母にしたって、出るは無理でして。

オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
本日<5月3日>、早くに寝ませんと、明日が大変。当方、施主でして。「菩提寺」に行くに、遅刻もなと。
明日は、年会で。
終われば、息子共、全員、我が家に戻り、皆、一泊するの予定での。

となればの、パソコン、起動してるの間があるやろか、なあと。
起動させたら、孫共の邪魔が入るし、なあと。
(15/05/04)


NO.314 親父の25回忌の話(2)

さての、5月4日<みどりの日>。
親父の、25回忌を執り行うの日。
朝の、10時より、菩提寺、「光圓寺」にての、法要でして。終われば、「東大谷祖廟」。コレ、祇園さんの方でして。通例なら、車で、15分も掛かるやろかの、距離なれど、です。
墓参をしてから、皆で、会席なるは、祇園、「かに家」を予定してるですが。

とりあえず、連休の真っ直中でして。
車の渋滞等々、予測不可。
まあなあ、「光圓寺」そのものは、観光地でも無いですが。むしろの、地図上でなら、京都のド真ん中、なれど、です。松原通リ、西洞院東入ルでして。当方、産まれ育ったの地、仏光寺通リ、油小路西入ルからなら、歩いて、概ね、5分程度哉でして。

周辺の状況、熟知してるですが。
ソラ、細々なら、家並等々、変貌してるですが。変貌しの、さっぱりの程で無く。云うてるは、巨大ビル、マンションが建ったり、ショッピング・モールで、様変わりの話はあらへんわと。
かと、申しの、くどいけどの、細々なるは、知らんですが。

いやなあ、皆が、起きて無い。揃わん等々、遅れそなら、私共夫婦だけで、でも、8時半に家出るの積もり、してたですが。その8時半には、皆揃いまして。
ならばと、長男一家と共に、家出発。
まだまだ、朝方、時刻も早めにての、比較的、順調に、お寺には到着したです。

イヤイヤ、近在の駐車場も、空いてまして。駐車場から、1分も掛かるやろかの、人数多い分、子どもも居てる故、1分は掛かるですが。
兎に角、9時20分頃に到着しまして。
早い分には、別段にと。特には、施主が遅刻では、洒落に成らず。

施主で無くともの、他家の、法事にでも、私共、最低でも、30分前には、着くにしてるです。概ね、30分前には、皆揃てまして。
概ね故、少々、遅めに着くのも居てるですが。遅れるなら、遅れると、当世、便利な、ケータイあって。連絡一発、するですが。オッとの、当方、遅刻なんか、あらへんわと。
大抵ならばの、他家の菩提寺えの、道が分からんよになったり、でして。何度も、行ってる、とは、云えどの、数年、十数年に一度やしなと。それこその、周辺の光景、一寸、替われば、えとなって。
それでも、遅刻皆無。
いやなあ、他家のは、京都も、郊外でして。郊外となればの、光景替わるが、頻繁でして。


云うたら、「京都時間」なるを聞くですが。
コレ、意味合いをはき違えしてるで無いの怪と。
待ち合わせの時間に少々、遅れるの、待ち合わせの場所、目的等々にも、寄りまして。
基本、多くの面々、待ち合わせるに遅刻は、時間にルーズなダケでして。コレを、「京都時間」とは、申さんゾと。

余計なるの話、「京都時間」とは、他家に訪問の際に、どするか、でして。
これも又、その先様にも寄りまして。自身の考え方にもと。
他家訪問に、余りに早くは、失礼でして。と、考えるです。時間、ピタリか、早くても、5分前哉と。少々、遅くて、5分哉の。意味なるは、他家の場合、先様によりの、目的によりの、準備もあるやろしと。
準備とは、通すの、入って戴くの、部屋の、道中の、整理整頓清掃でして。
その所要時間を考慮の話でして。
そらまあ、客人来られるなら、準備万端、されてると、思うですが。案外に、直前になっての、見落とし等々、見つかって、ねえ。
云うてるの、「京都時間」とは、訪問者が、先様えの、この手、配慮を意味してるです。

余りに早くは遠慮せよと。
これと、遅刻常習の、だらしないのを、一緒にすなよと。
或いはの、早過ぎるも、先様えの、配慮がと。遅いも、30分も、1時間もは、問題外での、それは、先様を心配させるに成るが故、約束の時刻の、5分前後が理想哉と。

ならばの、菩提寺えの、予定の時刻、30分も、40分もの早くは、どかと、なればの、これは、遠慮無用の、「寺」でして。
寺でも、法要とならばの、準備があるですが。くどいけどの、寺でして。一般の家、屋敷に非ず、でして。
庭先、玄関先等々、部屋の掃除なら、遠の早くに終わってるわと。法要の準備は、マダでも、でして。施主を初めの、皆様が集まって戴くの部屋さえが、準備万端の、掃除されてたら、充分でして。

そんな次第の、コレ、我が考えでして。他は知らんわと。
での、30分、40分前での、寺の門、潜れば、庭先の一角にての、老婦人が。年齢からしての、先代の奥様やろと。
見るとするのか、会うは久しぶりでねえ。ン十年ブリでねえ。前回の、叔父嫁の法事の時には、見掛けてませんでして。
「柴田ですが。」と、声掛けたら、「嗚呼、あちらから、上がって下さい。」と。「上がって、左手です。」と。ハイ、承知と。
その程度なら、承知してるですが。客間とするのか、待合いの部屋、そっち側でして。

靴脱ぎ、そっち側に行けば、左手の本堂には、住職居てまして。
イヤイヤ、本堂の掃除方々、法事のための、椅子を並べておられてるの、最中でして。イヤ、結構でして。お世話になりますと、一声掛けて。
まあなあ、お盆には、読経に来て戴いてましての、既に、3回、4回哉と。先代住職、今年初め哉に亡くなって。ソレ以前より、事実上、現住職に替わってたですが。
そらなあ、ご高齢故、来て戴くに、こっちが、気ぃ使うわと。足元、不如意でして。
当方、その先代の、更なるの先代より、承知してるです故、現住職なるは、三代目。何歳なんやろねえ。多分なら、40代。

オトトの、での、住職曰くに、お茶等々、そこにありますので、セルフで御願いしますと。ハイ、承知と。
これで、充分でしての、コレがマダ準備中やてみい。困るの事よ、なれど、です。まあ、無いやろと。

とかとか、やてるの間には、次男一家到着。結構なると。
イツまでに来い、とは、申してませんですが。
そして、妹夫婦と、その長男到着での。ここまでは、心配してへんですが。そらなあ、次男には、駐車場の件、場所も、伝えてまして。イヤ、次男は、ここを、初めてでは、無いものの、そんなに度々はの、駐車場の事まで、知らんしと。
妹は、電車で、でしての。又、一緒にこの界隈に住んでたわと。まあ、云うたら、その昔の、地元でして。

されどの、妹の娘、姪一家も参列なれどの、そこは、ここの菩提寺、初の筈での。
ここ、姪一家なるは、諸般、妹なりに、任せるしか、手は無くて。尋ねられたら、教えるですが。駐車場の事を、でして。車で来るの予定でして。
されどの、当世、インターネットで、地図検索出来るし、カー・ナビゲーションもありまして。我が愛車には、標準装備してへんですが。
問題は、駐車場の事での、コレ、案外に分からんぞと。
要は、京都市内の、この界隈なるは、通り、通りが、一方通行でして。場所分かったって、すんなりとは、行けませんの。駐車場と、寺の位置関係もあって、ねえ。

とは云えどの、その昔、姪も、この界隈の近所。とは、異なるの、表現なれどの、少々、離れてるですが、勤めてたの時期あって。
全くの、知らず。でも、無くて。
かと、申しの、産まれ、育ったの地では無く。
とかとかの、基本、任せとかな、仕方が無いですが。そらなあ、どこまでを、分かってるかが、分からんでして。
とは、云えどの、単に、駐車場なら、この界隈には、方々にあって。只なの、位置関係的、便利な場所はと、なればの、我々が駐めたの、コイン駐車場でして。とか、云うたって、別の駐車場でなら、トンでもの、状態でも、あらへんわと。

兎に角、寺に駐車出来るの場所は無く。無理したら、出来ぬ事も無いけれどの。無理して、車を擦りでもしたら、大変でして。
イヤ、住職、門前に駐めても、構わんですと。
とは、申されてるですが。当たり前の、敷地内で無ければ、駐車違反でして。

オトトの、そんな次第の、斯くなるでの。
定刻、予定の時刻、10時には、全員集まりまして。
嗚呼、良かったなあと。
(15/05/07)


NO.315 親父の25回忌の話(3)

そらなあ、当方、施主故、諸般、気が気で無いわと。
表面に、出さんだけでの、皆が揃うまではなと。
その間にも、住職とは、雑談致しまして。

イヤ、単に、親父の話と、法要の際の、席順の事での、確認でして。
確認せずとも、承知なれど、です。
只なの、厳密な寺と、そでないのがあって。寺が厳密でも無いですが。親族と、故人の関係、分かりませんでして。
ならばの、施主がと、なるですが。

そらなあ、厳密にと、云うたって、家族構成あって、ねえ。
それでも、基本、席順なるは、厳密にすべきでして。但しの、くどいけどの、基本でして。基本承知の上での、崩すは結構也と。知ってと、知らずは、雲泥の差也と。
イヤイヤ、住職曰くに、施主の席は重要也と。
そんな事、聞いてえへんですが。
更に、曰くに、施主以外、適当でもと。適当云われてもなと。焼香の順番なるは、決まってまして。

思うに、考えるに、コレ、場数もあって。年会、葬儀等々、確かに、施主がドンと、着席で、あとは、適当の家もあったりしてるですが。
案外に、我が母方のは、厳密にしてるです。
当方なんか、母方叔母の親族、参列せぬ限りは、一番の末席でして。
コレ、当方、従兄弟では、一番の年長なれど、です。親族の序列なら、末席承知で、云われんでもの、スと、末席に陣取るですが。とするのか、人数数えて、嗚呼、あそこやなと、目算してるです。

ここに、分かって無いのが、適当に着席の、従兄弟の誰かが、誰も、ソラ、場数踏んでるの、下の伯父の長男でして。誰が、ここで、次ぎ、誰でと、指示したり。
指示されん事には、座るの席順あるを、知らんのがなと。
知って、どて事、無いけれどや。
知らずも、場数で、分かって来るですが。場数も、年会に参列しての事での、早々に年会なんか、あらへんです。
オッとの、当方、母方の年会では、その手の話、一切、致さんわと。聞かれん限りはなと。

只なの、母方のも、ややこしいなって、ねえ。
上の伯父は遠の昔に他界での。そこの長男<従兄弟>も故人と成りの。その嫁、諸般で、仏壇、墓守なるを、しと無いと。次男に譲ってねえ。そこにも、その息子が居てるですが。
年会なんかに、出た事が無く。
結果、嫁と、娘が参列なれどの、施主で無く。
云うてるは、その両親なりの、年会でして。本来的、長男家が施主と、成るべきなれど、です。そこが、墓守せぬで、次男家がと。
なればの、席順、異なってもて、ねえ。次男が施主なら、その子ども達、云うても、成人での、結婚もしてるですが。その次男家が、席順、上席と成りの、長男嫁、娘なるは、その下にと。
後は、下の伯父の家族で、当方でして。
どちにしたって、末席でして。気楽やでと。
<参考=「不可思議の世界NO.17NO.18」閑話休題・他家の話>


法要終わって、墓参も、一番の最後で、結構でして。
問題は、会席の席での、当方、一番の上座。云うたら、法事の反対でして。
更なるの問題、ここだけの話の、他言結構の、従兄弟連中、我がソバに集まってもて。理由、当方、一番の年長者での、諸般、重き存在でして。それで、何が問題かと、なればの、施主までが、こっちにと。
あのなあと。

とは、申さんの、施主のご自由で結構の、只なの、上座、下座、分かってるの怪と。
イヤイヤ、諸般の状況よりの、多分なら、分かってませんでして。
理由、超の簡単の、施主、真っ先に上座に鎮座の、「タケちゃん、タケちゃん、こっち、こっち。」と、手招きして、ねえ。「タケちゃん」とは、当方の事での、皆、上座に鎮座。
まあなあ、従兄弟連中が集まるのほが、話も弾むですが。
それ以外の、施主の娘婿殿、孫殿には、馴染みが無くて。

云うとくの、上座、下座、云々よりも、法事を執り行うが最重要でして。
且つは、何度でも、申すの、法事なるは、基本、内々で結構の。その内々の範疇がと。施主の従兄弟であるの、当方にまで、声掛けてくれて。
ソラ、参列するは、邪魔くさいけれどの、ソラソラの、それ以上に、有り難く。
声掛けられて、欠席するは、あらへんわと。当方は、なと。立場がある故にと。
「柴田家長男家」故でして。距離的、遠くでも、あらへんしと。
それもあるし、その昔には、皆、近在でして。幼き時より、遊ぶと、するのか、交流あって。
そらなあ、長男家が参列ならばの、次男家等々、特段のと。参列するが、丁寧、立派なれど、です。コレ、反対の、次男家参列で、長男家、欠席では、ども成らず。
オッとの、次男家、立派也と。

その上での、法事を執り行うが最重要と、申してるですが。
それこその、ここだけの話の、他言結構の。
施主なるは、相応の出費がと。そらなあ、住職えの、「御布施」「御膳料」等々、出すです。参列者には、「粗供養」「会席」をと。
参列者からは、「お供物料」「お供物」を戴くですが。まあ、足らんわと。

足らんで、結構の、それが施主の立場での。
どこからが、大袈裟と成るのか、内輪か、分からんですが。親族招かずの、家族のみで、墓参で、済ませるも、あるですが。墓参で、坊様に法要をして戴けば、会席せずともの、紛れ無くの、法事でして。
ここだけの話の、当家が如くの、「菩提寺」に墓無くの、「東本願寺祖廟」の法要なら、です。料金、5000円也で、済むですが。
この方が、施主も、参列者も、楽は、楽。

オッとの、此度なるは、諸般の理由にての、「菩提寺」にての、法要。「東大谷祖廟」に墓参。そして、「かに家」で、会席と、相成ったですが。
これが、正式と、云えば、正式なれど、です。
「東大谷祖廟」でも、法要なら、してくれまして。目的なるは、故人に対するの、法要でして。

云うたら、参列の、特には、我が長男、次男の嫁共、孫共には、当家、「菩提寺」なるを、知らしめるも、大きな目的に相成って。
そらなあ、嫁、孫が、「菩提寺」を知らんは、どもならずの、そこに墓あるなら、墓参で分かるですが。墓は、別でして。
当方にしたって、そんなに度々には、「菩提寺」には、用事無くの。お盆には、毎年の、住職に、読経に来て戴いてまして。この地、引っ越してからの、ン十年で、菩提寺、「光圓寺」を訪問なるは、何回哉の、回数でして。
何回ねえ。ソラなあ、10回は、来てるですが。この地を出て、何十年は、40年以上が経ってて、ねえ。
(15/05/08)


NO.316 親父の25回忌の話(4)

ほんまになあ。
その昔には、時代劇で、チャンバラで、日本の風習、慣わしなるは、教えられたです。
よて、特段の、親から、教わらずともの、映画で、見てて。フウンと。
映画も、テレビで、やってたですが。

任侠映画、例えばの話、「清水の次郎長」でも、その辺り、ビシリと決まってまして。伝えてまして。
当たり前に、親分なるが、最優先でして。親分なるは、子分を思い。
祭礼にしたって、中心、親分でして。葬儀も、年会も、墓参も一緒。応用問題でして。施主、親分でして。子分なりが、手筈整えるですが。
親分を立てる、子分が、立派に見えるです。
親分を押し退け、子分が目立つと、前に出ると、一家崩壊致すです。これを、内部抗争と称するですが。
イヤ、当人、見えてませんでして。分かってませんでして。

一家、家族も一緒でして。
親をないがしろにしてたら、一家がダメでして。当人、軽く見られるわと。
当世、その、「家<いえ>」が、崩壊してるよに、見えるです。事実、崩壊してるです。
親が子に教えて無いが問題なれどの、そもそもがの、そんな事まで、教えるの怪と。教えよが、あらへんぞと。
親にしたって、そんな細々までは、目が届かんの。事、あってから、嗚呼と。要は手遅れでして。

基本、子が、親よりも、先にと、前に出るの行為、そのものが、間違いでして。イヤ、親が先にと、促せば、なれど、です。
時代劇とは、別途の、その昔には、場を仕切るの小父さん、小母さんなりが、居たですが。当世、居てへんなあ。下手したらの、その小父さん、小母さんも、諸般、知らんかったりの、情けないの時代に相成って。

云うてるは、その昔の年寄り、年配者なるは、世間の常識を弁えてたです。若手に、教えたですが。
そらなあ、親が子に、よりも、伝え易く。子も、聞き易く。
子が親をないがしろは、自身に降りかかるですが。その子も、又、しかりと、見てるです。

オッとの、当方、云うたら、何ですが。
親を押し退けの事、した事あらへんわと。親を悪し様に、云うた覚えも、あらへんわと。所謂の、親に、口答えした事、あらへんです。
正直に、諸般、面倒掛けさせられたですが。掛けさせられてるですが。
但しの、勿論の、愚痴なら、こぼすですが。

当家、当方程、親を大切にしてるの夫婦なんか、あらへんぞと。全力投球の、何でも、当人の云うがまま、思うがまま、最優先にしてるわと。
正々堂々の、そのよに、云えるわと。世間見渡したって、当方の如くには、僅少ぞと。承知の範囲では、あらへんわと。
がしかしの、コレ、当然也と。コレとは、当家、当方の事を申してるですが。それで、何か、ええ事あるかと、なればの、一切の無いですが。ええ事をの、目的で、してるで無いですが。
但し、自信持って、親大切にしてると、云えるわと。


オトトの何の話哉の、年会の話。
年会なるは、故人を偲び、子々孫々にその存在、伝えるの事哉と。こんな機会、無ければ、当世、ナカナカに伝えるの間無く。
年会してたって、その手の話、延々の話なんか、致しませんですが。云い出したら、切りが無くの、そらなあ、基本、一緒に暮らしてまして。一々の、何から、申すやと。
1つ云い出したら、その関連のと、なってもての、話、逸れに、逸れての、ンの、何の話哉と。分からんよになるですが。

イヤイヤ、次男嫁、我が祖父の事を聞いてくれてねえ。この、5月4日の年会終わってからの、夜の事。
オッとの、我が親父の年会済んでの、その親父で無くの、祖父の事、なれど、です。
ところがや、祖父とは、年代、ズレててねえ。祖父他界、終戦の年の、昭和20年<1945年>。当方、産まれたは、その2年後でして。戦後でして。
実像知らんでねえ。

この件、この話、年会のを、どこまで、掲載するかが、あるですが。出来れば、次男嫁にしたのを、掲載したいなと。
云うても、少々、酔おててねえ。缶酎ハイ、チビリ、チビチビで、ええ気分になってもての。下戸故の。一缶飲んでえへん、のにです。
途中で、ハタと、実は、嫁の最初の質問からは、ズレにズレてるの話してて、ねえ。それに、気が付くだけ、マシなれど、です。

事程左様の、問われん事には、話もなと。
兎に角の、嫁から、その辺り、聞いてくれて、嬉しい事。ついついの、我が話も、ドンと、広がってもて、ねえ。年代、ズレての、知らんなりにもの。ソラなあ、祖母なりから、多少は聞いてるわと。
祖母とは、一緒に暮らしてたし、なあと。

ほんまやでの、話するに、聞いてくれての、出来まして。
真剣に聞いて、くれれば、それなりにと。適当なら、適当に、中断致してるわと。そらなあ、真剣に聞いてくれてるかは、分かるしと。
何故に、そんな話をしたかとなればの、次男、酒に強おてねえ。1つには、何ででしょねえと。我が、「柴田家」家系的、その傾向あるの哉と。その親、当方、下戸やのに、です。
それに関連して哉の、我が祖父の事を問われたが故でして。
そらなあ、嫁にしたらの、義理の、曾祖父でして。

イヤイヤ、ほんまやでの、我が親族の事をです。
嫁から、問われたら、ソラ、嬉しいわと。少なくともの、関心持って、くれてるが分かるわと。
これが、一切の問われんでみい。寂しいゾと。
ほんまやでの、本来ならばの、孫共に、ソレを伝えるの役目、当方なりに、存在致すですが。孫以前に、嫁でして。孫に今、伝えるに、幼くての、理解難しくの、機会僅少のと。

ででの、です。
この手の話、法事等々、万事、手順でして。
当方、熟知、精通してるで無いけれどや。殆ど、知らんが、本当でして。その家々で、多少は違うやろしと。違うも、基本は一緒と、思うですが。
その基本、承知と、知らぬでは、雲泥の差也の。知らぬが仏の世界でもあるですが。知ってる方からしたって、ナカナカに、申せませんでして。その場で、諸般、申せば、角が立ち。
まあ、ええかで、済ませて仕舞うが落ちでして。
済ませて、後刻も、変でして。聞き手の、問題もと。

そらなあ、法律の世界で無くの、多少の違いで、命取られるでもあらへんでして。
席が違う、順番がと。
思たって、ねえ。当方以外、ダアレも、分かってえへんなら、恥でも無くて。歳喰てるからと、場数踏んでえへんかったら、分からんの事でもあっての。場数踏んでたって、その辺り、考えずの、分かってえへんかたらの、何とも、思わんでして。
間違いも、自然に見えて。
この辺り、意識して、注視致しませんと、分からんわと。

この手の話、誠に厄介の。インターネットで、探索したって、掲載者によりの、違うの事もありで、フウンと。
そんな意味ならば、です。
年会、法事なりの、この手の行事では、です。施主なり、その奥方様になり、伺うなりの、指示に従うが、安全でして。勝手に判断しの、先行すなと。
ほんまやでの、この、独自判断での、先行されるが、厄介でして。あのなあと、とも云えず。云う程の事でもあらへんでして。

イヤ、先刻の、母方の年会にしたって、施主が、こちにと、促せば、本来ならと、要らぬ事、申すべきで無くの、その指示に従うが儀礼やわと。一切の先行せぬの、独断しんが、無難やわと。
ならばの、その施主、他家での席順なり、順番はと、成るですが。
申せば、先様、施主の指示に従うで結構でして。それを、勝手に振る舞えばの、問題でして。家々のやり方に、施主の考えに従えと。
これぞ、場数でして。
大原則でして。
この大原則が、分かってるよで、分かってえへんわと。

オトトの、他家のなら、基本、末席でと。
当家なら、産まれ順なれどの、女で、嫁げば、当家、末席になるの哉と。
当たり前に、「家」の事での、跡継ぎ、優先でして。
席順なるは、その順位でして。大した家柄で、無くともやと。誇りを持てと。
当家、余所様より、後ろ指指されるの、家で無く。
指されるよな、事、してへんしと。
(15/05/09)


NO.317 親父の25回忌の話(5)

さての、定刻、10時には、全員集合。
では、ボチボチと、本堂に入りましての、当方、一応の指示致し。
イヤ、席順の事での、施主なるは、場所明確の、先頭でして。

席も当世、楽になってるです。椅子が準備されててねえ。
来た時、住職掃除方々、並べてたですが。
その昔には、こんな事、してもろてませんでして。座布団でして。正座させられ、シビレが切れるし、難儀したですが。
祖母より、修行や、修行と、云われたですが。椅子なら、シビレの心配あらへんなあと。

オッとの、その席順なれどの、先頭も、基本、どこが、一番等々、記載されてませんですが。
常識的、本堂、ご本尊様に向かいの、最前列、左側が先頭でして。施主なるは、そこでして。以下、順々に着席致すですが。
基本、施主の奥様、以下、長男家、次男家等々でして。妹家は、その後に成るですが。

その基本、分かった上で、家族構成と、椅子の並び、数もあるし、なあ。
ソラ、出来れば、家族単位で、着席した方がと。都合宜しかろと。
よて、当方、そのよに、皆に伝えまして。基本は、こであると。その上で、そのままに、皆の都合のええよにと。
そらなあ、孫世代が、ええ歳なら、です。親と、少々離れても、どて事無いですが。小さいしと。

着席したなら、住職より、教本にて、ここ、ここを読経で、ここは、概ね、20分ですと。ここは、ご唱和されたしと。出来るのならと。どしてもと、云うでは無いですがと。
説明聞けば、全部で、1時間程度、掛かるなと。へえと。
盆の読経なら、20分程度哉と。法要故、相応の時間要するですが。
或る意味、読経も長い方が、有り難く。さりとての、長いは、小さいのが、耐えられるの哉と。七五三、初宮参りなら、お祓いも、20分から、30分でして。
孫共、良く耐えたですが。

いやなあ、この手の儀式なるは、孫共、小さいなりに、良く理解してまして。
孫娘なら、一番の年長故、理解も出来てるですが。孫君なんか、常平生、大人しくなんか、してへんですが。その手、雰囲気では、耐えてるです。
コレ、不思議やなと。感心致すですが。


そんな事で、法要、読経が始まりましての、しかるべくの、焼香でして。
住職より、促されの、当方、施主より、始めるですが。この焼香の順番も、基本、決まってるです。まあ、云うたら、先の席順でして。事、細かくなら、です。
但しの、どしても、そのよに、せねばならぬ、でも無いですが。
兎に角、施主が一番にで。仏教の世界、世間の慣わしなら、「家」の序列の順番でして。
云うたら、話簡単の、そのご先祖様を守る、祀るの、順番でして。

イヤ、基本、長男家なれどの、長男家、何事かが、あれば、次男家でして。必ずや、長男家がと、とは、限ってえへんわと。
どこ様と、なればの、我が母方、上の伯父方、そなってもて。長男他界で、その嫁も、そこの、長男も、墓守、先祖を守るをしませんでして。次男家に譲ってるです。
ここだけの話でも、無いの。その次男家、子どもは、女の子ばかりでして。3人姉妹で、2人は、嫁いでるですが。残ったの、娘<当時、未婚>が、継ぐの哉の。他家の事、乍らの、次男家受けるは結構の、その先、どするやは、その、「家」が、決めるの事でして。
三男までは、居てへんしと。

少々の、話、逸れるですが。この手、事例、山程あるです。
むしろの、ハタ目、あの家。どしゃはるの哉の方が、多い哉と。
男の子、居たって、独身やったり。離婚してもたりの、子ども、嫁の方が引き取ったり。
いやなあ、何故か、当世、その方が多いみたいで、へえと、感心致すですが。
そもそもがの、何故に結婚しの、離婚しの。嫁に、子どもの親権譲るかと。その、家々の、夫婦の、事情あるですが。これぞ、ハタ目に分からんですが。

よて、申すの、当世、「家」の概念、希薄、崩壊してるなと。コレ、その一端でして。
他にも、種々、雑多の事例存在致すの、ここでは、本題に非ずの割愛致すですが。摩訶不思議の現象也と。されどの、その親も、立ち入れぬの事情があるの、やろなあと。
まあ、つまり、口では、子々孫々にと、簡単に云えるですが。最後の最期まで、分からんでして。

これがなあ、所謂の名門と、称されるの家なら、です。
家系、親族、血縁者から、養子を取っても。そこからが、無理なら、他家からでも、養子を取って、家守るを画策してた、ですが。
コレ、可成りの、資産あっての、出来るの事での。無産階級では、出来ませんでして。出来ぬ事も、無いけれどの、「家」の概念の、しっかりと、してるの地域で、「家」で、無ければなと。

での、「地域」でと、したですが。むしろの、都会よりも、地方の方が、この辺り、しっかりしてるよに、伺われ。
「家」を守るの概念が、です。
しっかりしてたって、どしょも無い事もあるですが。出て来るですが。

いやなあ、当方、祖母に連れられ、墓参に、菩提寺に、親族の年会に、等々、引き回されて。
母に連れられ、母方親族の、年会に、菩提寺にと、等々、引き回されて。
引き回されての、表現、異なれどの、立場上、当方、長男家長男故に、重々理解してまして。
とするのか、自然に理解致すわと。同時に、他家の様子、内実も、分かるしと。
親世代、祖母世代の話も、自然に聞こえて、ねえ。
当時、分からずともの、自身、相応の年代、立場に成ればの、嫌と、云う程、分かるわと。その分、余所様よりも、理解度深い、やろなあと。世間の実情、承知してる、やろなあと。
イヤイヤ、世間も広いし、我が理解を超すの実例、あるカモなと。


斯くなる次第の、斯くなるでの。
住職に促されの、焼香も、我が方、施主より、順々、順調にと。ソラ、自然、皆、分かってるわと。順番をと。
コレ、そのままに、墓参の順番でして。この面々、集まればの、話、なれど、です。
あくまでもの、基本は、なと。万事、基本が、分かっての、理解しての、事でして。
ソラ、施主であるの、当方なるが、現在唯今、ご先祖様を祀りの、守ってまして。具体的になら、仏壇を我が家に備えの、墓を守ってるです。

云うたら、月参りしてるわと。
コレ、我が家族、一族郎党の、安寧を願い。
コレ、ご先祖様に、子々孫々を守れ、加護せよと。
さもなくばの、絶えるぞと。

ほんまやでと。
当方、諸般あっての、我が親見習うの事無くの、尊敬もしてません、ですが。
それと、親をないがしろとは、別問題での、大切に思いの、心底、してるわと。同時に、見知らぬの、ご先祖様をと。
よて、墓参、月参りも、疑念無くの、役目としての、自然の、してるです。
コレ又、口にするは、容易く、実行なるは、相応にと。
されどの、やてるの方、居られたならばの、安堵するです。へえと、感心されたら、こっちも、へえと。
(15/05/10)


NO.318 親父の25回忌の話(6)

そんな事で、約の、1時間。
住職の読経、法要も、終わりまして。
ンの、珍しくの、説教されまして。住職が、です。
簡単には、親父の、「法名」の事での、東本願寺派<真宗>では、「釈」が付くですが。コレ、「釈尊」の弟子也を意味すると。
弟子となり、釈迦の教えを子々孫々に伝えると。

云われてみれば、そんなよな事、聞いたの覚えあるなあと。
又、このよに、法事を行って戴き、故人も、喜んで居られますと。そやろなあと。
死すれば、万事、無であれどの、所謂の、魂、霊魂、存在するなら、です。子孫なりが、集まってくれて、法要営んでくれれば、ソラ、嬉しいやろと。
単純、素朴、明快、同感でして。理屈、屁理屈、不要でして。

そらねえ、死の世界、黄泉の世界を知らんわと。
知った時には、あっち、でして。原則、あっちは、あっちで、こっちは、こっち。
輪廻転生も、転生以前の記憶無ければ、意味あらへんわと。前世での、記憶、学力、知識持っての、転生なら、です。世の中、天才ばかりで、失敗を知らんです。天の邪鬼は、別として。

この世、一寸先は、闇と、するのか、未知の世界。
故に、面白い。とも、云えまして。先の事が分かれば、どなんやろなあと。都合のええ事もあるし、悪いの事もと。
自身、振り返って、どなんやろなあと。思えどの、別途の人生、知らんし、なあと。分岐点とか、入り口だけなら、分かるですが。その先が分からんわと。行ってません、でして。

欲を云うたら、兎にも、角にもの、金運がと。
特段の、メタメタとも、云わんけど。無いは、無いなりに、相応にの、守銭奴では、無いし、執着心も、左程で無くて。どちかとなればの、そっち方面、無頓着。
ほんまやでの、自分の事、置いといての、自分以外の家族であるとか、余所様に、でも、です。そっち、優先にしてまして。金銭のみで、あらへんですが。何事に、つけても、です。
正直、諸般、算術、計算なら、重々出来てるわと。足し算、引き算、出来ぬ程の、でも、あらへんわと。むしろの、瞬時、計算程度、検算まで、してるわと。

その上で、まあ、ええかと。ええやろと。
結果、明日から、喰うに困る。路頭に迷う、でも、あらへん、でして。
まあなあ、我々が、出来る範囲なんか、知れてるわと。
まあ、云うたら、出来るの範囲の、精一杯の。無い袖、振るに、振れへんわと。


オトトの、何の話、してるの怪の、法事の話の積もりが、ついついにと。脱線ばかり、してるですが。
法要終われば、墓参なれど、です。
さての、備えられたの供物をどするやと。どするも、参列者、家単位に分配でして。
他家は、知らんの、当家、そのよにしてまして。
家々より、備えてくれたの、菓子類をば、です。要は、どこで、分配するやの話でして。分配なるは、家々に、でして。お供え、されて無くともの、そこ様にも、分配致すですが。
当家のは、お寺さんにと。手渡してるですが。菩提寺にての、法要故で。
やけど、分配して欲しく。

そらなあ、ここだけの話、でも無いの、それも、楽しみやでと。
色んな菓子類、戴けて。本来ならばの、故人えの、お供えなれどの、生き仏様で無ければ、食するが、出来ひんわと。代行にて、胃袋えと。
これもなあ、家々でと、申したですが。異なるです。
お供物、不要の場合もあっての。
ほならの、方針と、するのか、お言葉に、従いの、持参せず。そらなあ、突出も、出来ませんです。そもそもがの、そんな場合、誰が来るかも、聞かされませんでして。概ねの推測なら、するですが。出来るですが。

いやなあ、当家の場合、どこが、誰が、参列するかは、申してる、です。
数的、その軒数に行き渡るよに、して頂戴の意図あって。さもなくばの、数、足らんでみい。困るの事よと。
そらなあ、きちりと、分配出来ませんですが。不足なら、施主の当家の分、減らせばと。当然でして。

での、どこ様とは、申さんの、法事でも無いけれどや。
諸般、例えばの話の、慣例に従いの、お盆に、です。供物、お供えすれどの、だけの、家も、あって、ねえ。
ここだけの話の、あれ、どしゃはるの、やろなあと。そこの家だけで、胃袋に、哉と。にしたら、可成りの、量に成るけど、なと。それ以上の、詮索無用なれど、です。そこ様は、そこ様、での、ハタが、とやかく、申せませんでして。
正直、当方、甘党での。甘い菓子なら、欲しいなあと。思えどの、コレ、請求出来ませんでして。先様、故人えの、お供えでして。先様の、方針、お好きなよにで、結構でして。

オッとの、そんな事での。
当家で、なら、です。
基本、そのよに、分配でして。どこで、するか、だけの話の、これより、墓参で、会席にと、向かうですが。
ここ、お寺で、やてまうかと。嫁はんの判断での、それで、結構でして。
嫁2人の、3人にての、分配してくれて。
要は、家々に、お土産、出来たんやと。本来の、粗供養なら、家々に別々でして。別途に、送ってたり、手渡してたり、してるです。ここにまでは、持ち込んでませんでして。持ち込んでる時も、あった、ですが。

いやなあ、長男、嫁なら、イツであったか、誰の年会の時かの、結婚したての時での。嫁はんと、一緒にやて、くれて。此度、2度目の、法事でして。
次男嫁は、当家、法事、初参加での、一緒になって、やて、くれれば、宜しくて。
くどいけどの、当家、この方針故でして。方針も、大袈裟なれどの、家々に、分配でして。

云うたら、嫁共の、実家での、慣わしなるは、知らんですが。当方から、したらの、余計なるの、話になるけどの、他家でして。当家では、お供物、持参で、生き仏様に、分配也と。
何か、文句ありますかと。
我が承知の範囲なら、です。どちかとなればの、そのよにしてるの家の方が、やや、多数。

モ一発、ここだけの話の。他言、構いませんの。
菩提寺では無くの、家の方、仏壇なりに、お供えした、供物をです。その場で、分配も、憚ると、考えるの家も、あって、ねえ。
かと、申しの、諸般、お盆で、等々、訪問するは、予めの分かってまして。先方様には、です。連絡してるが故で。
ならばの、別途の、粗供養として、です。準備されてるの宅様も、あるです。

コレ又、家々の考えで、結構でして。
それもあるし、お盆なりでは、訪問客も、日も、時間も、バラバラでの。分配も、ままならずの故、数揃い出せば、適当にの、そこからなり、別途のであったり、されるの事がと。
当然の、家々での、ご自由でして。再度の、ハタがとやかくの、申すは失礼の、千万也と。
只なの、お供ええの、返礼の意も、斟酌をと。

いやなあ、方々えと、諸般にての、訪問して、たら、です。
家々の違いも、よお、分かって、ねえ。
当方、ご幼少のおりより、場数踏んでて、ねえ。特には、その当時、子どもの頃、当たり前の、お菓子、戴けたら、嬉しいわと。そんな宅様えの、方がと。
現在唯今、まだまだ、嬉しいわと。
よて、ここだけの話の、当家の慣わし、これで、結構なると、自負してるです。
(15/05/11)


NO.319 親父の25回忌の話(7)

オッとの、この手、話をしてたら、親父の年会、25回忌の話が、進まんですが。
マ、ええ哉と。
云うたら、ご先祖様にお供えして戴いたの菓子類なるは、お下がりとして、有り難くと。
生き仏様であるの、皆に別けて、戴くですと。

イヤイヤ、当家では、そしてるです。
法事で無くの、単に、息子共一家が、手土産にての、我が家に、持参してくれたの菓子類も、同様でして。
そらなあ、要冷凍でもの、無いの限りは、仏壇にお供え致すです。ご先祖様、一番でして。鈴一発、仏壇に手を合わせの、ご挨拶致せば、諸般、仏壇の戸を開けてたでは、邪魔故、そこそこで、手土産なるは、下げての、戸は閉めの、台所なりに、移すですが。
当然の、皆で、三時のおやつとして、戴くですが。

トトトの、ついでになら、です。
日常的、スーパーで買い求めたの、私共の、おやつにするの、饅頭とかの、和菓子でも、です。
この場合、邪魔にも、成らぬが故、そのままに、食べるまでは、仏壇にお供えしてるです。要は、ご先祖様、一番での、お下がりを戴くになるです。
まあなあ、洋菓子類の、チョコレートなんかは、お供え致さんですが。

更なるの、ついでになら、仏壇に供えるの、仏飯<ぶっぱん>なるは、その昔、祖母の時代なら、です。殆ど、一日、お供えしてたですが。それを、祖母、下げて、茶漬けにでも、して、喰てたです。
当世、電気釜で、保温出来るの時代でして。
比較的の速やかに、下げて、電気釜の残余のご飯と一緒にと。
速やかも、我等が、食事するの間は、そのままなれど、です。基本、一緒に戴くの感覚でして。ご先祖様と、共にある、居てるの感覚故でして。早くに下げるは、そらなあ、固くなてもたでは、不味いわと。
折角なら、固くならぬ間、美味しく戴けるの間に下げて、保温するの方がと。

何故に、こんな事まで、掲載し出したかと、なれば、です。
当世、云うたら、この程度の事も、知らんの、教わって無いの、面々多く。
我等が、特段の、あや、こやと、教わってえへん、けどや。日常の事、故、見て、知ってるのダケでの。それを、当世風に合わせの、やてるだけ。

がしかし、です。
他家の事までは、注意しての、見てへんわと。見えるの事も、見えんの事も、あって、ねえ。そもそもが、仏壇無ければ、見えへんわと。
ンの、まの、仏壇あれば、注意して、見てへんも、変でして。正確には、見えるの場合、意識せずとも、見えてるです。

されどの、それで、どの、このは無く。他家は、他家での、千差万別、お好きなよにで。
そんな話まで、した事が無く。
そもそもがの、こすべき、あするの、べきのと、云々する事で、無く。家々で、やり易い、やられてるの方法で、結構やと。
目的なるは、ご先祖様を大切にで、後は、その家々での方法でして。時代、時代でも、異なるわと。
何なら、家々の、菩提寺、住職にでも、尋ねられたらと。


事程左様の、先々代、先代、現住職でも、諸般、微妙に異なってまして。
云い出せば、この手、年会等々、他家のにも、参列の、坊様によりの、違うわと。違うも、基本、一緒でして。これを、一々の、ここが、あそこがも、余計なるの、話でして。
とかとか、他家が云々も、無いけれど。
余程に、フウンの上手いこと、やらはるなあと。大いなるの、参考、考えさせられるの場面でも、あれば、なれどの、まあ、あらへんわと。

何度でも、申すの、法律でも、規則でも、あらへんでして。
但しの、トンでも作法だけは、なと。
そこで、インターネットなり、その手の作法本拝読も、事細かくに記載、掲載も、です。
供物は、持参して、どのよにと、お供えするは、あっても、その供物をどするやが、漏れててねえ。
記載されてても、家の者が、食べればと。云われたって、家族、多けりゃ、なれどの、多くとも、です。年会ならばの、折角ならの、参列の、家々に分配した方がと。するが、当家の考えでありの、方法でして。


ででの、法要もつつがなく。
珍しくも、住職の説教も、ありまして。へえと。
終われば、別室にての、嫁はん、嫁共、手分けしての、供物、分配の、軒数で、分けてくれての、結構なると。

住職、タクシーでも、呼びますかと。
イヤイヤ、車3台でして。適当にと。
姪一家は、車で、でして。そこの一家がそのままでして。
長男の車<8人乗り>で、私共夫婦は、一緒に来てての、妹一家、3人なるは、歩いてと、するのか、電車で来てるが故、次男の車<7人乗り>に乗ればと。
墓参の、東大谷祖廟に行けるです。

ここで、問題なるは、姪でして。
運転するは、姪婿なれどの、東大谷祖廟駐車場を知ってるの、哉と。
コレ又、当世、カー・ナビゲーションなるが、あるですが。我が愛車、カローラには、付けてませんですが。オッとの、これは、此度、乗って来てへんけどや。

での、姪問うに、どんな具合にと。
ンの、どこまでを、承知してるかが、分からんでねえ。
妹婿なら、何度も、来てくれてるですが。妹は、当たり前に承知してての、要は、親が、どこまで、娘に、教えてるかが、分からんで、ねえ。
そんなに事、細かくもで。四条通り、ドン突き、祇園さん、石段下を右手にと。一筋目を左手に行けばと。そこまで、云うたら、そかと。
ンの、この程度で、分かったのやろか、なあと。
まあなあ、当家、墓地、全くの、初めて、では、無いにしろの、駐車場までは、知らんと、思うですが。
では、あれどの、この子、姪なるは、結構、しっかりしてての、ここだけの話の、親以上。

問題は、この日、5月4日<みどりの日>、小雨でして。
傘差すも、微妙なるの、小雨での。
出来れば、墓参の間、降ってくれるなよと。孫共世代、小さいのが、居てるしと。
雨、本降り、傘いるよなら、親世代、大変でして。
階段、段数、多くは無いけれどの、東山の中腹、当家墓地、墓石、やや上の方やしなあと。
(15/05/12)


NO.320 親父の25回忌の話(8)

この手の話、何が正しく、何が正しく無いは、あらへんですが。
その家の当主、主<あるじ>が、決めたら、ええ事でして。
決めたら、一家、親族、それに従うの、べきでして。勝手な事、したり、云うたり、するのが居たら、収まらんです。ビシリと、決まらんです。
要は、施主、当主を立てなさいと、申してるです。立ててたら、施主なりが、引き立ち、引き立った分、自身も立派に見て戴けるです。
まあなあ、余程の、大間違い無ければなと。

そらなあ、親族の事、種々、耳に入れど、当人に、あんたなあと、説教なり、するには、相応の親しい、してな、云えへんわと。
その辺り、当世、極めての、関係希薄でして。
矢張り、遠慮致すし、伝えるにも、遠慮すべきの事、あって。

オトトの、何の話哉の、斯くしての、法要終わって、住職がわざわざの、見送りに出て戴き。
次なるの予定、墓参えと。
まあ、云うたら、「東大谷祖廟」の駐車場に集合に成るですが。皆が、駐車場を承知なら、「寺務所」でも、宜しいですが。
案の定と、するのか、姪が、駐車場を分からんでねえ。妹婿がケータイで、指示してたですが。すぐの、そこまで、来てるみたいやと。そかと。任せとかな、仕方無く。
とか、云うてるの間にも、駐車場に到着の、全員揃たです。
いやなあ、相応に、こっちは、こっちで、場所が分かってるのか。事故に遭遇すなよと、心配致すわと。

ほんまやでの、親族の、結婚式に参列の、その帰りしなに、大事故で、死亡者ン名とかのニュース見たら、嗚呼、アの、あと。
新郎新婦、一気、責任感じの、どしょかの。どするも、こするも、出来ませんでして。出来ぬだけに、幸せの絶頂で、大悲劇で、一生、悔い、残るわと。
事は違え、法要でも、一緒やわと。
施主たる、顔にも、言葉にも、せんでも、その辺りの事を、一番に心配してまして。只々、無事に終わり、皆、何事も無くの、ご自宅に、ご帰還をと。

いやなあの、余計なるの話、片道、どれ程が、長距離になるかは、個々人の判断なれどの。
当方、例えばの、神戸の長男宅。四国・香川の、義母宅なり、義姉宅よりの、我が家に戻れば、無事帰宅と、一報入れてるです。
反対も、しかりの、連絡あるまで、気が気で無くて。

での、この日、墓参で雨困るなと、思てたですが。左程で無くて。全員集合、当家、墓地に向こたです。
問題は、会席を予約の、「かに家」えは、若干の遅れるの見込みと、相成って。そらなあ、当家、10名、妹家、7名の総勢、17名。中に、小さいの、孫世代が居てましての、菩提寺出発も、トイレが、云々してたら、その分、時間も喰うわと。
イヤ、「かに家」には、しかるべくの、少々遅れるの一報入れれば、事、足りるですが。キャンセルでも、あるまいにと。

ででの、墓参も、先の通りの、法要、焼香の順番と一緒の、お参りすれば、宜しくて。一々の申さんですが。
オッとの、この墓参の真っ最中から、雨が、ややと、するのか、降り出して。傘が要るか、要らんかの、微妙なるの。人数、多い分、どかなあと、思てるの間にも、終わって、ホと、安堵の、桶、柄杓を甥が持って行くと。へえの、有り難さんと。

いやなあ、行きは、息子共が持って、上がってくれたですが。帰りは、小さいのは、早々に、降りてくれと。雨本降りを心配しての、事での。
斯くしての、雨に降られはしたですが。影響する程の、でもなくて。墓参も無事に終了の、です。
「かに家」にも、遅れはしても、5分程度でねえ。
されどの、一応は、一報をと、嫁はん、ケータイにての、その旨伝え。

そんな事で、「かに家」での、会席なれどの。
これは、なあ。
施主が参列者に対するの、御礼でして。
大原則、施主下座で、表現的、当家、当方、施主に近い者より、順々にの、話簡単には、妹家が上座でして。要は、法要、墓参の席、順番の、正反対なれど、です。
まあなあ、小さいのが居てたら、相応の、臨機応変でして。
当たり前に、当方、皆にそのよに、伝えまして。本来なら、こであると。
孫共には、コレを、どの段階で、教えるかが、あるですが。現時点、まあ、ええかと。

さりとての、大原則、施主が、一番の下座に座せねば、事、収まらんわと。当たり前でして。
簡単なるも、一言、挨拶せねばの、事、始まらんわと。
やのに、これが、ゴチャゴチャしてねえ。場がナカナカに収まらんでねえ。あっちや、こっちやと。まあ、宜しいですが。内々の年会でして。されどの、こっちは、挨拶してしまうまでは、礼服脱げへんし。
ほんまやでの、挨拶するの身にもなって頂戴なと。
とも、云えへんし。

実はなあ、諸般、文言考えてたですが。
場が落ち着き、全員揃うまで、待ってるの間に、ンの、何を云うかを、積もりであったか、忘れてもて。
かと、申しの、省略も出来ずの。
モ一発、ほんまやでの、ではと、第一声、「お忙しいところ、親父、亀太郎の25回忌に、参列賜りまして、有り難う御座いました。」
ンの、何やった哉の。そおそお、イツに、どんな具合にと、ええ機会故に、その時の事をと。

平成3年、5月31日、黄檗病院にて、80歳で、他界したですが。
実は、明くるの、6月1日、親父の誕生日でして。
この事、菩提寺、住職にも、雑談的、伝えの、住職も、法要の前にチラと、触れてるですが。まあ、ええやろと。

実は、実はの、当時、当方、「公立南丹病院」に入院してましてと。左足、骨折にてで。入院も、足に埋め込まれたの、プレートを外すの手術での。術語で、外してたですが。
病院で、その報、親父危篤の報、聞きまして。即刻の、帰宅の、病院に向かうに、先に、妹夫婦が到着してて。丁度、その時、家に戻った時にです。婿殿より、電話が掛かって来まして。
その当時に、ケータイは、持ってませんの、25年の昔やしと。
<注=当時には、病院も鷹揚でして、入院患者の車を病院駐車場に置かせてくれてたです。>

イヤイヤ、婿殿からの、電話の内容なるは、先生が、2時間も人工呼吸したはると。止めやはると、呼吸が止まると。
理由、肺に穴がで、塞ぎよが無くて。
とまでの、肺の事までは、挨拶では、申してませんですが。
最早の先生の体力もで、兄さん、どしますかと。
と、伝えられの、決断、モ結構ですと。

この返答の結果は、重々覚悟の。
と、までを申しの。オッとの、ここまで、挨拶で云うの積もりがあらへん、でした、ですが。
この辺りの詳細なるは、会席の食事でも、し乍らの、周辺に、当家の面々、居てるを前提での、この機会にと、話するの積もり、やって、ねえ。

それを、挨拶で、云うてもたモンやから、ゲの、当方、感情移入、当時、その時、決断した時の情景、思いの、まざまざの、蘇ってもて。
正直申すの、万感、こみ上げるモノあっての、言葉、詰まってもての。
ンの、まの、親父他界が、昨日や、今日の。1周忌でも無いの。25年経ってるのにと。

本当は、言葉、超の簡単、誕生日の前日に、80歳で他界の事のみ、挨拶でと。
しての、デハ、皆様、乾盃と、申すの積もりが、以上ですと。
乾盃の言葉、飛んでもたですが。
まあ、ええけどや。
(15/05/13)



inserted by FC2 system