禁談奇談
−此処だけの話ー

我輩は元々区長也NO.52

元々区長NO.50 元々区長NO.51

役員物語NO.15 我輩区長NO.32 区長NO.49
題目一覧表

目次

我輩は歴代区長也NO.1

NO.517 市政報告会(12) 帰りの道中での話

NO.516 市政報告会(11) ふれあいネットワークの話

NO.515 市政報告会(10) コミュニティ・バスの話(2)

NO.514 市政報告会(9) コミュニティ・バスの話(1)

NO.513 市政報告会(8) 格致の話

NO.512 市政報告会(7) 小金岐区長との話

NO.511 市政報告会(6) ホーム・ページの話(2)

我輩は区長也NO.51


NO.511 市政報告会(6) ホーム・ページの話(2)

ホナラの、今度は我が区、区長曰くに、「柴田さんのホーム・ページ、見てますよ。」と。
オッとの、ホンマかいなと。嬉しい事をと。
反面、教えた憶えは無いけどなあと。

ソラなあ、この一年、行事で物理的に接近、挨拶なら交わしてるですが。こっちは、声出してるですが、アチラ様は黙礼程度でありまして。大体が言葉数、少ないお方かと。
云うても、即の黙礼、返礼故、誰かとは違うですが。
要は私との間で、会話らしい、会話は成立した事が無いです。会話出来るよな場にも居合わせてへんけれどや。「運動会」は、参加のツモリが雨天順延にての、欠席したし。
競技に出ず。応援にも顔出さずで、アトの飲み食い、「慰労会」にだけ出席するのもナと。遠慮したです。そもそもが、当日、かねてからの予定で、神戸の息子宅に往ったです。連休やったしナと。

その他、諸々、「夏祭り」では、近くに座ったですが。間に、自治会会長やしで、会長をば、飛ばして、頭越しの会話も、失礼千万かと。
されどの、失礼なる会話をする人多いけれどや。一寸の、一言、二言、五言ならやけど。十言、二十言のと、やられてみい。我慢たまらず、「席替わりましょか。」
ホナラの、「ええで、気にしんといて。」と。

あのなあと、そっちが、気にしてクレと。こっちに、失礼やろナ。
とも、云えへん場合がありましてと。町内会のエライさんやったりでと。エライさんともなれば、自分で、気も付けて戴かんとナと。気を付ける人なら、延々はやらんですが。

イヤ、多少なりともの、恩義感じてる故でして。我が区長時代に色々とと。
ソラなあ、何度云うても云い足らんの、変なんが混入してたしで。
只でさえ、右も左も分からへんのに、足引っ張りやがってと。何でも反対の、突如の気が狂(ふ)れたかの、酒でも飲んでるのかと、思う程に、急変、無茶云いやがってねえ。夢にも、そんな人間とは思てへんしで、評価修正に時間喰たですが。

ホンマやで。顔見るだけでも、熱出て、魘(うな)されそでと。外見(そとみ)からだけでは、ええ人なんやと。特には、人目の多い場所で。
とは、次第に分かったですが。
だけに、人間、一歩中に入ったら、全然違うゾと。自分と一緒にしたら、アカンぞと。
とは、重々承知の、知ってるツモリも、甘かったと、思い知ったですが。
イヤマア、多少のズレなら、しょがないけれどや。余りに、余りやしで、我慢たまらず、ガツンの一発にての、ガツンは言葉での事で、物理的、鉄拳では無いです。以来、大人しなったけれどや。時、既にの、任期も終盤やんかと。アホらしいてねえ。
ホンマに、毒されたです。先方様、ソレが目的かの、そんな人もあるんやなあと。

デデデの、そんな話は置いといて、先の通りの、今期区長、意外や、意外の、言葉数少ないです。必要最低限かと。
次期三役にしても、区長は差し戻しになったとて、副区長、会計もあるやろしと。別段の機密事項でもあらへんしと。聞いたろか。
とは、思たですが、場が場やしで、今度は、サンジさんを飛び越しての延々の会話もナと。延々にもならへんけれどや。副区長、誰で、会計、誰の、二言で済む話やけれど。

云うたら、サンジさんも、興味があるやろしと。町内会に全然無関係でもあらへんしで。同じ町内会の共通の話やしと。
イヤ、結果、聞いてへんです。大した話と違うしで。そっちから、してくれたらと、期待したですが。まあなあ、立場上も、云えへんかと。善に解釈しまして。
こっちも、聞いて、どて事あらへんしと。何よりも、区長が決まってへんのは、困るナと。私は困らんけれどや。現区長がです。名簿が完成しいひんし。安直に期末総会の日程も決められへんしと。決められても、発表の時期を探らんならんです。
イヤイヤ、ホンマやで。頭越しの話も、こんな程度の、誰もが分かる件ならマダしもの、全然知らんの、細かな当事者間だけが分かるの話をされててみい。困るです。

イヤ、ソレでや。区長、我がホーム・ページを見てますよ。
までは、ええのやけれど。其の先や。講評でもあるかと、思いきやの、何も無し。
「何で知らはったんや。」
「色々、教えてくれる人がありますし。」と。
コレ又、極秘事項でもあるまいにの。されどの、ソ云われて、オッとの、概略理解したです。成る程の、現自治会執行部の面々、二、三名と、小金岐のヒロミ区長も知ってるなあと。
土木役員のヨシノブさんが、ソやし。云い出したら、何処まで憶えてるか不明の、現副会長もやしと。我が期の区長で、執行部に昇格でと。
何処までかが、不明とは、パソコン、インターネットやってても、やってる程度の問題ありましてと。

イヤ、そんな話はしてへんですが。現区長の話も掲載してるでと。ハイ、承知してるですと。へえと。
ホナラのある程度、目を通してるナと。
通してて、文句有らば、会うなり、この場ででも、人目憚(はばか)らず、血相替えて、首根っ子を締め付けられるですが。そんな風もあらへんしと。無事に通過してるナと。まあなあ、原則、実名出ても、変な事は掲載してへんツモリで居てるですが。ツモリだけで、多少は変な事も掲載してるですが。云うたら、正直、そのままの話やしと。
区長が読む分には、我が経験、大いに参考になるかと。やって来た、そのまんまやしで。ウソ、偽りはあらへんしと。

そおこお、してたら、今度は、噂の、噂も私の中での話やけれど。小金岐のヒロミ区長が、イヤマア、お久しぶりと。
ビール瓶片手に、来やはったです。さっき、入り口で、挨拶してるけれどや。ソレはソレ。コレはコレと。私は正直、下戸でして。ソやったかなあ。ソですがなと。

しかるに、ホーム・ページ、見てまっせと。へえ、有り難う御座いますと。
近頃、こんな具合に話題にして貰えるよになったですが。其の分、関係者には、宣伝してるしで。見て戴いて、ナンボでと。ホンマやで。其の人の事を掲載してるのに。知らぬ、存ぜぬではナ。精(せい)が無いです。

無い事も無いけれどや。文句有らば、一発、注文付けて戴くも、大いに結構でと。実名出すな。
とか、云われても、既に時遅しやけれどや。コソリとでも、其の部分を修正しか、仕方が無いけれどや。
反対には、もっと、掲載して欲しいと、云われても、ネタ、題材が無い事には、でっち上げもナと。ネタ、題材あっても、掲載し難い事は抹殺してるし、時期によれば、掲載割愛してるですが。

「ソレにしても、よおあんなけ、書けますねえ。」
まあねえ。書くも、パソコンでの話やけれどです。直筆では、とてもやないけど、よおやってへんです。文筆業と違うしで。パソコンやったら、字が分からんでも、ワープロ・ソフトで、勝手に漢字に翻訳、変換、してくれるしと。
編集も、チョイチョイでと。

そんな話はしてへんけれどや。ヒロミ区長曰くに、そのときの話を上手い具合に再現しやはってと。よお、憶えたはるなあと、感心してるですと。
まあねえ、ウソは掲載出来ひんしと。なるべく、実名避けてるですが。一寸、方針替えましてと。
イヤ、次第に大胆になりましてと。許せる範囲で、個人名も掲載し出してると。悪い事では無い限り、許されるかと。勝手に判断してましてと。
云うたら、ヒロミ区長が、ソレは困りますと、釘でも刺したなら、実名避けるですが。聞いてるのか、聞いてへんのか。我が意図、理解してへんのか。特に、異議の発言無しで、許可得たと解釈したです。

とは云えど、既に、実名公開してるけれどや。
したって、余程の近在の人にしか分からんですが。ソレが困るとなれば、ソレまででと。
ソラ、中には、居たはるやろしと。多少は気を使てるツモリでと。
場合によりの、口が裂けても、筆、指が滑っても。ソレこその、こっちの、気が狂(ふ)れても、断じて、出せへん場合もあってねえ。
(08/03/13)


NO.512 市政報告会(7) 小金岐区長との話(1)

実際問題、ソでもしいひんかったら、ややこしくなるです。
イツのか、何処の区長か分からへんです。区長なんか、任期満了にて、順々に替わるしと。
マア、アト、5年程度なら、私が憶えてても、10年もしてみい。自分の事さえ、怪しくなるのにと。ソコまで、このホーム・ページが存続してるかどかも分からんですが。存続だけなら、してるかも分からんですが。肝心の継続、更新がです。

イヤ、ソレこその、市会、府会、国会議員さんやあるまいにと。市長さんでもあるまいにと。
町内会の区長なんか、何年やったって、議員年金戴けるで無しの、身銭を出すの、時間取られての、責任だけ大きくての、滅私奉公、相応の覚悟しな出来ませんです。コレ又、区によっても、多少の事情異なるですが。
オマケで、足でも引っ張られててみい。目も当てられへんです。

ホンマやで。小金岐区長の内実知らんですが。我が区、現区長にしたって、色々あるやろなあと。
ソラなあ、我が区、年功序列、歳の順での、区長でもあらへんしと。職制では無いしと。大抵なら、阿弥陀の籤で、文句有らばと、役員をば、首にも出来ひんし。程度の差こそあれ、誰とは云わんの、若干一名が如くのも、居てるやろしと。
区役員には、年配者、経験者も居てて、無視は出来ひんし。若手は考え方も違てるしと。
イヤ、経験者が居て、私は大いに助けて戴いたですが。前期、前々期、加えての、何年か前の区長経験者二名様が居てましてと。頼りになったですがと。

そんな意味なら、区長経験者は頼りになるけれどや。他がナと。変に三役経験者はアカンやろと。何にも分かってへんしと。分かったツモリで居てまして。其の、ツモリが一番に厄介かと。三役としての経験と、区長としての経験では雲泥の差があってと。
イヤ、そんな当たり前の話はしてへんです。あくまでもの、ここだけの話です。

ヒロミ区長、曰くに、「パソコンなんか、区長を止めたら、使う用事がなくなりますわ。」と。
あのなあと。
イヤイヤ、何を云うたはると。我が、「シバケンの天国」をば、閲覧する用事があるやんかと。ソやなあと。ホンマやでと。
ここは、三役各々二年任期お勤めにての、都合六年間。今期任期満了にての、やっとで、お役ご免にならはるですが。大変やったやろなあと。推察するです。

ヒロミ区長との雑談で、「消火訓練」の話になったですが。我が区、年一回の恒例行事なれどです。
そっちは、どしたはるですか。そんなモン10年に一回程度しか、しいひんのと違うかなあと。へえ、10年に一回かいな。その10年前、タマタマ、ヒロミ氏が、消防分団に入ってた時、居てる間に一回やろかとなったですて。へえと。そんな事もあるのかと。

まあ、云うたら、地のお方は、消防分団に入るが当然の義務みたいな側面ありまして。自分等の処は、自分等で守るの精神かと。よって、歴代、消防分団長も輩出かと。
そんな話はしてへんですが。こっちは、若手が居てへんです。居てても、地元企業にでも、勤めてへんかったら、難しい面あるですが。そんな意味なら、我が家の隣に兄さん、エライなと。
最早の十年以上、やったはるです。止めるに、後継者が居てへんの悩みもあるけれどや。我が区だけでなく、全体的にです。

デデデの、地の区は、地の区の悩みもあるやろし。新興は新興の悩みもありまして。
云うたら、地の区は町内会の面々、親しいだけに、色んな話が舞い込みの。話も多岐に渡るかと。エライさんは、エライさんで、マア云うたら、威張ってるやろし。ぞんざいには、扱えへんやろしと。
云うたら、ここは、エライさんの中では、区長が一番に下かもナと。
イヤイヤ、痩せても、枯れても、現役区長、区の長故、最高責任者やしで、チャンと立ててはくれやはるですが、年配の経験者が多過ぎるかと。云うたら、兄さん格の殆ど全員、経験者かと。

モっと云うたら、後援会幹部、全員が区長経験者でもありまして。区長経験者が、幹部に組み込まれてるです。イヤ、結構なる事です。常識的措置かと。町内会の長たるが、地元議員の動向知らんではナと。
加えての、自治会組織も、或る意味、政治的組織でありまして。当たり前に、地元議員を応援するです。一人も出さへんよりは、二人、三人と、多数の有力議員を輩出させてる方が、亀岡市長とのパイプが出来て、諸般の陳情、要請も通り易いかと。少なくとも、話だけでも、聞いて貰えるです。貰える筈かと。

考えて見たら、区長やからこその、町内会のお宅様をピンポンと、呼び鈴鳴らし、諸般の用件にて、訪問したですが。訪問も、お役目全うのためやしで。出無精、対人・赤面恐怖症の、愛想無しの私がです。一大決心にてで。
お陰様で、町内会の細かな知識も得たですが。お役ご免で、ピンポンの用事も無くなったですが。下手にピンポンしてみい、何事かと。キチガイ、変人、ケッタイな人やナとなるですが。
そんな意味なら、地のお方なら、小さい頃から、知ったはるし。甘い、酸っぱい、バカ、カシコ。相手になる、ならへん。言行不一致、お人好しか、意地悪かと。理屈云いか、真面目かと。全部、或る程度は承知でと。

新興はなあ。何年経ったって、知らんです。知るに、限度もあるしで、知りよも無くて。
云うたら、同じ小学校、中学校、高校と進学。町内会の出来事、歴史を共有にてで。親から、祖父母の、其の昔っからの知り合いかと。知るも知らんもあらへんと。知り尽くしてしもて、秘密にしときたいよな、変な事までもと。

デデデの、一寸、この際と、私からです。「会議所の件、どなりましたか。」と。
イヤ、テーブルに同席の後援会幹部。コレ又、小金岐八幡宮さんの新年祭にて、同席のお方やしと。前回の、「市政報告会」でも、テーブル同席でして。(「我輩は区長也NO.25」NO.245NO.246年末警戒参照)(「我輩は元区長也NO.38」NO.371松本冨雄議員の後援会(4)区長は来るのか、来いひんのか(2)参照)

イヤ、フと思い出したです。其の新年祭にて、後援会幹部から、小金岐会議所老朽化のための、改築の話が出たです。
よって、三役引き継ぎの際、こんな話がありましたと、伝達したです。聞いた以上は、伝えとかんとナと。二度に渡るの引き継ぎにて、繰り返したですが。
今日の明日の話と違うですが。何かの折りに、話が出て。イヤ、知らんでと、アッサリ云われてもナと。
云われて、どて事、無いけれどや。伝えた、伝えてへんの事なんか、十中十、私になんか、伝わって来いひんけれどや。聞いた以上、伝える義務、責任ありますやんかと。

デデデの、ヒロミ区長に尋ねたです。其の後、どなってますかと。コレ又、尋ねて、どて事、無いけれどや。区長なら、承知してて当然でと。私なら、往きががり上、知らぬ、存ぜぬもナと。そんな意味では、チャンと引き継ぎしたし。伝えたしと。
文面にしてと、までは云うてへんけれどや。証拠書類、パソコンに保管してるです。ソラ、微に渡り、細にで、懇切丁寧にと。我が勝手な評価やけれどや。
云うても、この話、今期、区長に伝わってるかどかは知らんです。何を伝える、引き継ぐかは、前期区長の判断でしてと。私は最早の無縁でと。

イヤイヤ、デデデの、ヒロミ区長、返答するに、先日、書類が回って来まして、判子突きましたと。へえ、ソですか。やっとで、具体化したですかと。やっとも、変な表現やけどです。ソラなあ、我が代にて、出た話やしで、二年が経つです。
云うても、ソ簡単なる費用と違うしで。金策大変と、当時、話も聞いてたです。しかるべくの、補助金も出るのか、出えへんのかの、申請もしとかんならんしと。よって、今日の明日ので無いけれどと。決まり出したら、早いかと。

イヤ、ソレだけでは無いです。改築期間中、当然乍らの使えへんし。家財道具一式、イヤ、備品、保管品、諸々、一時的にでも、預かって欲しいし、我が区、会議所をば、使わせて欲しいと。
使用料は出す。合い鍵も造ると。総会で発表しといて欲しいと。
云われてもナ。具体的にイツからとも、なってへんしで、そんな話があったしと、総会では無く、引き継ぎ会にて、一言一句、そのままの引き継ぎしたですが。

イヤ、其の委員長が、この人ですやんかと。ヒロミ区長、後援会幹部を指差しまして。へえと。ソですかと。成る程なあと。ソレでかと。
イヤイヤ、土木役員経験、農業委員してるとまでは、聞いてたですが。会議所改築委員長、世話役とは、知らなんだですが。
(08/03/16)


NO.513 市政報告会(8) 格致の話

デデデの後援会幹部、二年前の話を憶えてくれたはりまして。(「我輩は区長也NO.25」NO.245年末警戒(7)山鉾の話参照)
時々、帰ったはるのかと。
イヤ、全員で引っ越しやしで、帰る家があらへんですと。

実は、お勤め先が、我が小学校区(格致小学校)でありましてと。四条通りで、祇園祭の四条傘鉾(「格致学区の祇園祭」「幻の山鉾たち」参照<消滅・16/10/06>)のある、印刷屋はんの営業したはった。
との事やけど、私、印刷屋はんにはご縁が無くて。イヤ、年齢、ホボ一緒なんやけど。変な話、先方様の方が周辺詳しくて。

ここで、祇園祭の話なんかしてたら、無茶苦茶に長くなるですが。
端折ってしもて。超簡単には、私等からしたら、色んな意味で、鉾町、大したモンやと。云うたら、格致は山町の学区でありまして、誇りにしてたですが。其の山町にあって、唯一の鉾町でと。
ソラ、誰が考えたって、山より、鉾が上等でしてと。ソラな、お囃子が付くです。

とかの表面的な話は別として、維持管理が大変でと。お囃子、云うたって、練習しんならんし。人集めがと。私等の時代は、人が多過ぎて。選別に苦労やけれど。当世、少子化で、さぞかしと。
先の維持管理が大変の話、言語明瞭の、まあ云うたら、ええ氏のお金持ちの多い町内会でしか、山鉾なんか、出せませんです。ハッキリとは、呉服屋はんの多い町内会でと。
何せの、京都は、着倒れ、呉服の町です。大阪の喰い倒れ、神戸の履き倒れとなりましてと。

其の京都も、中心街、ド真ん中を走る、四条通りの鉾町界隈、ビルばっかり、会社ばっかりになってしもて。早簡単、本来の住人が居てへんのが多いです。
今時なら、方々からの取材、テレビの放映権等々で、資金も集まるカモ分からんですが。昔はナ、町内会独自、学区内での寄付等々で賄おたはったかと。今でも、内実、ソと思うですがと。

そんな話はしてへんですが。良く知らん話やしと。
私なんか、品行方正、学校の往復だけでと。
でも、無いけれどや。町内会、喜吉荒神町(「格致学区・わが町自慢」<消滅・16/10/06>参照、注;「喜吉町」と、「荒神町」に分かれて記載されてますが、合併にて、一緒になってます。ややこしいですが、私の町内会は、「喜吉町」側となり、住所の記載は、「喜吉荒神町」でした。もしかしたら、パソコン処理になって、厳密化されたかと。)なら、隅々まで承知。
家の中も承知。ドンドンと、入ったしで。
云うても、一番手前の部屋しか知らんけど。ソラなあ、トイレを借りるの用事は無いです。同級生のでも、其の程度。

其の同級生でも、四条通りに居てたらやけど。居たには居てるですが。一人、二人かと。もっと、居てても、家にまで行って、遊ぶは、数が知れてるです。
又、悪い事に、堀川から、西洞院の間に、二つしか、筋が無いのに、同級生は、違う方でして。違う方でも、我が家から、大して離れてへんです。二筋程度。ここ等の、一筋、短いです。碁盤の目で、一筋概略百メートルかと。よって、まあ云うたら、二百メートル程なんやけど。用事が無いです。知らんです。

知らん事も無いけれどや。ソコなんやしで。適当になら、本屋、パチンコ屋、同級生の居た、アイス・キャンデー屋(本来は食堂)、ふたばのもなか屋があったですが。四条では無く、西洞院には、市場があってと。今は無いけどと。
そんな話をしたら、「肉屋のはなふさがありましたなあ。」と。(「格致学区マップ」<消滅・16/10/06>参照)
あった、あった、はんふさねえと。

屋号は、「はなふさ」で、看板は、カタカナで、「ハナフサ」で、「へのへのもへじ」が如くの、人の顔にしてたですが。
私は、ソコでは買い物してへんです。松原通りの、キムラでと。松原通りだけで無く、油小路(あぶらのこうじ)の松原にもあったしで。そっちで、コロッケ、ミンチ・コロッケなんかを買おてたですが。
オトトのトットの、違うナと。全然、違うナと。牛肉屋の、「はなふさ」は、「はなふさ」で。カタカナの、「へのへのもへじ」は、中華料理の、「ハマムラ」やったかと。入っても無いし、場所も違うナと。四条通りの、烏丸(からすま)かと。どっちにしても、前を素通りだけでと。

大体が、中華料理も案外に高いです。云うたら、ここ、「彩桂」もです。我々、庶民には、チと敷居が高いかと。ファミリー・レストランとは違うしと。
とまでは、云うてへんですが。

「奥さんと、散歩したはりますか。」
「イヤ、最近、余りしてへんですねえ。」と。
イヤイヤ、散歩とするのか、歩きを週一回してたですが。何回か、バッタリと、合いまして。以前までは、顔だけは承知してたですが。地の人、小金岐のお方であるも、分かるけれどや。
ソレだけやんか。先方さんにしたって、近所の人間とは、分かっても、ソレだけですやんか。
されどの、小金岐八幡宮さんの、新年祭に緑ヶ丘区長として、招待されて。タマタマであれ、同じ鍋を囲んで、お喋りしたしで。今度は、挨拶程度はしてるです。

タマタマも何も、小金岐の会議所での、高がの、三、四十人かので。百人もの、大勢の、直会(なおらい)でもあらへんしと。参加のお方のお顔なら、全員憶えるです。名前までは、別として。この、「市政報告会」に、出席の面々でと。
そんな意味なら、困るんやと。多勢に無勢、対象が多いしで、多い云うても、数も知れてるけれどや。名前が、ヤヤコシイです。

同姓が多て、皆様、大体が下の名で呼んだはるですが。ソラなあ、私等でも、喜吉荒神町ならばの、名前やけれどや。苗字で呼ぶは、或る程度の、年齢差がある場合だけでと。
或る程度とは、親子程の年齢差かと。自分等の親世代かと。まさかの、親父を捕まえましての、名前は無いです。されどの、親しさを込めて、皆が名前なら、名前かと。

そんな事で、実はの、この幹部、名前がなあ。どっちやったかなあと。カタカナ表現であれどの、間違おては掲載出来ひんしで、してへんだけでと。
大体が、方向音痴、地名に人名音痴でと。
もっと、正直には、小金岐のお方で、姓名、分かってるのは、五名様かと。ソラなあ、市会議員殿を一名として、アトは、自治会関係にて、承知のお方で、知ってるなら、カタカナで掲載してるですと。

どっちにしたって、ええ事です。こんな具合に、共通の話題のある人やしで。
でなくとも、この直会等、自治会活動ででも、顔見知りになれば、親(ちか)しく、話も出来るしで。有り難いです。バッタリ、道端ででも、コンビニででも、会えば、知らんフリは失礼でと。

しかるにの、話のついでに、我が出身の格致小学校閉鎖。既に、17年前の平成3年の事でして。
実は、丁度の一年前、2007年3月24日、我が郁文中学校も閉鎖されて。そんな意味なら、中学校は中途半端でありまして。学区としては、名称残らんしと。
ホンマにねえ、母校の、小学校、中学校が、次々と、廃校になるは、寂しいモンです。次なるは、堀川高校になるですが。お陰様で、まだ、残ってるですが。最近、有名になってるです。市立として、進学率超優秀でと。テレビで紹介されたりで。
云うたら、昔っから、進学率、高かったけれどや。昔は、市立が第一志望でと。
(08/03/21)


NO.514 市政報告会(9) コミュニティ・バスの話(1)

三月二十三日、日曜日、夜八時、「期末総会」がありまして。
興味は、次期区長、強いては、三役誰かいナと。
ええ場所取るに、二十分前に家を出まして。途中、ヨシユキ氏が家から出て来て、ご一緒にと。
デ、誰になったですかと。ヨシユキ氏の組からの選出やしで。ホナラの、新しい人やと。新しいねえ。誰の事かと、聞いてる間にも、会議所に到着。入れば、区長、会計の奥様、資料配りしたはって。
イヤ、誰とは云わんの、お隣さんから、委任状を託されてまして。ハイと、区長夫人に手渡しまして。資料もホナラと、二部戴きまして。
早速にも、拝見、オッとの、結局そのままかと。確かに、新しい人には間違い無いです。古くは無いですが。
ハタと、会議所内、見渡せばの、見渡すまでも無いの、来客、私等一番乗りかと。お席は好き勝手。
では、あっても、決まってるですが。一応は、先輩格のヨシユキに上席譲りまして。上席とは、当然のもたれられるの、壁際の。前過ぎずの、丁度のええ場所でして。私が陣取ったは、一寸だけ苦しい場所でと。
まあ、この話も、追々と。

デデデの、「市政報告会」での話です。後援会幹部と、話をしてる間にも、色んなお方、議員さん、エライさん、顔だけ知っての、名前の知らんお方。そして、松本富雄議員の奥様が、お酌に回って来やはって。イヤ、余り飲めませんのでねえ。ホンマですか。ホンマですと、形だけ、戴きまして。

例によって、例の如くの、「お母さん、どしたはりますか。」と。
「ええ、有り難う御座います。ディー・ケアに通ってまして。」
「泊まりでですか。」
「イヤ、ディー・ケアですし。日帰りです。週に二回です。泊まりは、ショート・スティですねえ。」と。
イヤ、近くの町医者に母を連れてった際、一度だけ、お会いしたですし。其の時、圧迫骨折にて、二ヶ月入院でと。諸々説明したですが、忘れたはるなあと。忘れて当然でと。大した話と違うしと。

「お大事にして上げて下さいねえ。」
云われんでも、してますがな。
等と、減らず口はしてへんです。心底、「有り難う御座います。」と。
今度は、桂川孝裕議員が来てくれやはりまして。イヤ、喋った事が無いです。演説なら聞いてるですが、こんな場で、接見して戴くは初めてでして。云うたら、話題が無いです。

適当に、「有り難う御座います。」と。「余り飲めませんので。」と、決まり文句をと。
実際、大して飲めへんのに、失礼かと、飲み干す事もあらへんです。ビールにしたって、只では無いです。私にしたら、私等なんかに勿体無いです。飲める人が飲めばと。

デデデの、ハタと気が付けばの、民生委員のヨシユキ氏、イツの間にやら、区長の隣に移動してて。ソコへ、桂川議員、お酌にで、ヨシユキ氏、「この人、誰やったかなあ。」と、真向かいの私にです。あのなあと。
とは、云うてへんですが。歳やし、許されるのかと。チと酔いが回ってるのかと。イヤ、強いとは云わんの、弱くは無いですし。変な話、相手も知らんとからに、話も出来ませんですしと。

イヤイヤ、府会議員の、桂川はんやでと、教えて差し上げましての。
ソラなあ、私なら、三回目でと。
とは、云うてへんけれどや。嗚呼、そおか。アンタに云いたい事があると。当たり前に、アンタとは、私では無いです。桂川議員です。
何を云い出すかと、思いきやの、我が緑ヶ丘とするのか、近在から、並河駅へのバスを走らせてクレと。云うたら、亀岡市コミュニティバス、通称ワン・コイン・バスです。100円バスです。

乗った事は無いけれどや。私が区長時代にも要請あったです。「期首総会」にてで。(「不慣れな役員さん物語NO.3」NO.24期首総会(7)イヨイヨ本番、戦闘開始(2)参照)
云うたら、誰とは云わんの若干一名、とある会議にて、徹底的、猛烈反対しまして。何かしてクレとは、頼みもしてへんのになあ。
方向性、単に自治会にて、話を出すだけの事やのに。出すのは、区長やのに。そんな話にさえ、至らんでと。入り口での反対でと。ホンマになあ。変わった人やったナと。

されどの、ご意見、無視せず、自治会にて、こんな話が出てるですと。報告だけはしといたですが。結果、利用者が居るのかなあと、云われたですが。
イヤ、何かの折りに、話があったナと、思い出して戴ければ結構ですと、しといたですが。

イヤイヤ、立場によって、見解異なるです。
当時、区長として、私見挟んでへんです。要望事項、誠意を以て、対応するのみでして。
話簡単、邪魔するのが居ただけでして。何度でも云うの、今なら、区長の事も、仕組みも理解したしで、経験とは、そんなモンで、変なのが居ても、ハイハイ、ソか、ソかと、適当にあしらえるですが。初心者ではなあ。やるべき事で頭一杯の、意図的、足引っ張られてるのがさえも、理解するに相当日数要したです。
ええ人と、頭っから、信じ込んでますやんかと。

現在唯今、立場を離れたしで、どんな具合に考えるかとなればの、マズは、自治会での話、そのままで結構の、正解かと。
加えての、現在での私見ならばの、ホンマに要るのかなあと。並河駅まで、歩いて、何分。私で、20分かと。急げば、15分を一寸過ぎるかなあと。バスなんか、あったとして、待つかとなれば、待たへんです。百円勿体ないかと。
そもそもが、時間、キッチリならやけど。季節によったら、特には、夏場、交通状況にて、どんな事になるのやらと。国道を避けては行けへんしと。

お年寄りのためにと、なるけれどや。JRで、何処かに行けるの、お年寄りなら、歩けるです。
但しの、遅刻しそになったら、利用出来るナと。ソラなあ、歩くよりは、早いやろしと。選択肢は増えた方が結構やしで。利用者は、我が近所のだけでもあらへんしと。もっと、遠くのお方なら、便利やしと。車を運転出来ひん人も居たはるしと。

今度は、栗山市長がお酌に回って来られまして。ヨシユキ氏、マタモヤの其の件をと。
イヤ、結構なる事です。こんな機会に云うべきあらば、伝えといたらと。先様も、単にお酌をしにだけで、回ってたってなあ。色んな意見を聞いて、市政に生かせて戴ければと。

その点、私なんか、何にもあらへんです。
現状に満足もしてへんけれどや。何をとなれば、憤懣(ふんまん)、不満、山程あるけれど、全て、超個人的問題でと。
元の衆議院議員田中英夫氏ならば、チと小言があったですが。正直、選挙がイツかも分からへんし。無役やしと。
そやから、云うたろかと。そやけど、来てへんしと。
(08/03/25)


NO.515 市政報告会(10) コミュニティ・バスの話(2)

デデデの、「期末総会」資料にての、次期役員人事。
何とマの、三役、三人、体育振興会本部役員殿。
でも、無いけれどや。
イヤ、我が期にて、選出、ご依頼の本部役員二名様に、加える事の、其の期の体育振興会会長ですやんかと。会長職任期一年。役員任期無制限でして。会長だけは、元になるですがと。(「我輩は区長也NO.30」NO.293慰労会(7)閑話休題的町内会徘徊参照)

イヤイヤ、云うたら、我が期までは良かったですが。
次期のため、役員選出に走り回ったとするのか、大慌てしたですが。本部役員二名の一名、転出。一名、会長昇格故に、欠員二名になってしもて。
其の時の会長予定者と、欠員二名の三名様が、三役ですやんかと。何の巡り合わせか、偶然かと。
偶然に決まってるですが。三役、組の輪番制故で。

ホナラの、本来ならばの、我が期同様、二名の補充しんならんですが。してへんのかなあと。二名の補充となれば、大変やけど。我が期も、一名次期会長に頼むと。一名は、区として、こっちがと。
とは、次期会長の提案でして。結果的には、ヨシミツ氏に相談したですが。こんな時、頼りになるしで。会長担当の一名様も、最終的には、私と、ヨシミツ氏の三人、どしょかなあと、相談したですがと。

イヤ、一名は任せたんやし、任せといたらええのやけれど。区長として、最後の最後まで、責任感じてたですが、「期末総会」までには、モ一名、会長担当のが、間に合わんでねえ。
要は、大真面目、真剣に奔走したです。任期満了後もです。次期区長に迷惑掛けんよにと。迷惑掛かるかどかは、知らんけれどや。無いなら、無いで仕方が無いけれどや。
本部と、区では違うしで。原則、本部役員が次の人を頼みに回るが恒例でと。
とは、割り切れへんのや。耳にした以上、絡んだ以上で、我が性格もありましてと。次期区長にバトン・タッチするに、一切の後顧の憂い、持ち越さずと。
イヤ、持ち越しあるけれどや。余計な宿題をです。

どっちにしたって、私の時には、二名すんなりとは、決められずの、「期末総会」では、一名のみの発表でと。次期区長の、「期首総会」までにと、何とかと、選定出来て、区長に連絡出来たですが。
よって、二名空席のままになるのか、ならへんのか、マダ、分からんけれどや。こんな土壇場で、区長も大変なんやと。

しかるにの、青少年育成協議会の役員やけど。我が期、女神様、此度で、二年任期満了の筈が、次期役員名簿に載っててねえ。オッとの、間違いなんか、ハタマタの、三期連続なんかと。
三期連続はなあ。大変やけど。ソラ、ご当人様、役員会にはご参加での、事情重々承知の、渋々でも何でも、ウンと返事したんやろと。

されどの、何でやナと。
選定方法、指示してたのにと。我が、次期区長にです。役員からの、互選をと。最初にと。宣言するべきと。結果、ソコから先の、今期区長にチャンと引き継ぎしたんかと。どしたんかと。
イヤ、私は、元々区長故に、全然預かり知らん話やけれど。我が期で、問題になっただけに。女神様も、我が期での、選出、お願いしただけに、責任感じるです。スミマセンねえと。
とは、内心での話でと。

云うても、内実、全然知らんです。
ソラなあ、一言でも、相談有ればで、あらへんのにと。相談するの、何の義務、義理あらへんです。我輩、「元々区長」で、軽くの過去の人。最早の区長してたも、忘却されてるかと。

でも無くての、誰とは云わんの、「期末総会」にて、我が隣に着席のオッサン、「柴田はん、会計監査、やらはったんか。」
「何を云うたはる。私の時に、某さん、アンタがしてくれやはったですやんか。その折りには、お世話になりましたがな。」
イヤ、実はの、全然、話が噛み合わんの会話となったですが。配布資料、良く見たら、会計報告の監査に、「柴田」の押印。オッとの、コレの事かと。
コレは、あっちの柴田はんですわと。私は、元々区長で、元会計監査役員でと。
そもそもが、下の名前が違うですが。私の方が古い分、有名なんかと。低い鼻が、チとだけ高くなったりでと。

イヤイヤ、デデデの、「市政報告会」での、話です。
ヨシユキ氏、酔いが回って来たのか、今度はコッチに戻って来まして。
「ミンナに、チャンと云うといたしナ。コミュニティ・バスが、緑ヶ丘に走り出したら、ワシのお陰やで。」と。

そんな一言で、バスがこっちに回ると、思えへんですが。
さりとての、其の気なら、あらゆる機会を利用しての、声出すべきでして。黙ってたら、何の意見もあらへんと、なって、間違いあらへんかと。
しかるに、お陰とされて、我が個人的には、有り難くも無いです。むしろの、決まった場合の、運行経路の、駅から遠い地域のお方に感謝して貰てクレと。
とは、云うてへんけれどや。

ヨシユキ氏、ソレは結構なれどの、熱気ムンムンの、身を乗り出し、口角、泡飛ばし。
何せの隣の椅子やしナ。泡だけなら、まだしもの、ご飯粒から、何かまで、名実共に飛び散りまして。「嗚呼、スマンなあ。」
分かってるのかと。分かってるだけ、マシやけどの、唾から、何から、何までの、ご飯粒までが、四方八方の、方々にの、我が頬には当然の、お皿に、コップに、チャポンとで。あのなあと。

とは、云うてへんけれどや。妙齢の美女のなら、まだしもの、ボチボチ、70歳にもなるかの、爺さんやで。ン年前なら、大井町では、敬老会やでと。
イヤ、経費節減、人数増大にて、年々延ばされ、敬老会ご招待、表彰も、75歳からになってるですが。
見てへんで、知らんならやけど。我輩、老眼でも、眼だけは宜しいです。
シカと、高感度、スロー・モーション・ビデオで見てたです。ここから、こんな具合にと。ここに着弾の、コレが、炒飯のご飯粒でと。野菜の欠片はココで、海老の片割れ、フカヒレ、唾はこの近辺にと。

までは、別としての、正直にはナ。汚らしいです。バイ菌扱いです。
チョイと、席をば立ちましての、元々が空席二箇所やしで、ソコから、食器一切、箸から、皿から、コップからと、持ち込みまして。気分新たに、再挑戦の、チとだけ、置き場所も工夫しまして。
ソラなあ、熱弁、熱気ムンムンの、身を乗り出してるし。「嗚呼、スマンなあ。」で、姿勢が変わってへんしと。そのままやしと。

云うたら、喰た状態、口に食料、入ってる状態にて、喋るなよと。一般常識やゾと。
とは、一応は年長者故、云えへんしと。当人にしても、一応分かってるしと。イヤ、飛ばしたのに、気が付いてるだけでもマシの、分かってへんのが多いんやと。
自分もやってる可能性ありましてと。一応は、気配りしてるツモリではあるですがと。話に夢中になったら、分からんしと。云うても、自慢話ばっかりでと。

ソラ、そやで。こんな場で、アンタなあと。
云うたら、大して、お世話にもなってへんのにと。
とまでは、云わへんです。町内会の、草刈りでは、春、秋の二度、お世話になったしナと。草刈り器を操作して戴きましてで、負けとこかと。
(08/03/28)


NO.516 市政報告会(11) ふれあいネットワークの話

まあなあ、再度の青少年育成協議会役員を受諾の女神様。
我が要らんの心配ならばの、任期、何年かと。二年なら、やけど。一年なら、次期区長が大変やでと。二人も選任しんならんです。
イヤイヤ、最早のお役目無罪放免の、私の知った事では無いです。知って、何とも早と。

イヤイヤ、ヨシユキ氏、民生児童委員をば、再任されたですて。へえと。
イヤ、どっちの話かとなればの、富雄議員の、「市政報告会」での話です。後日の、「期末総会」役員名簿でも拝見したですが。
ご当人から、既に、聞いてたです。再度の、へえと。

「イヤなあ、三人、四人と、まとまって、退任しやはってなあ。仕方があらへんやんか。アト、四年やで。」と。へえと。
イヤ、再任、結構でしての、私からしたらの、民生児童委員なんか、名誉ある、役職でと。例えばの、私が挙手して、ハイ、ドゾにはならんです。しかるべくの、誰かに推薦して戴くとかです。誰とは、所謂のエライさんでと。自治会会長推薦でと、厚生労働大臣からの任命でと。エライんなんやと。

「民生委員なんか、無報酬やしな。」と。
誰に云うてるのか、テーブルの面々にで、炒飯、口から、飛ばしやがっての、ホンマにええ加減にしといてやと。
マデは、強くは云うてへんけれどや。釘は刺しとかんとなあと。下手したら、再度の食器、箸を調達しんならんです。残り一席分、あるけれどや。
この前も、電話代だけで、幾ら使たか、ン万円やでと。

正直、この手の話についてけへんです。ソレで嫌なら、止めといたらと。本気なら、他の面々、委員さんと、手と手を繋いで、退任したらと。
とするが、我が考えでして。強制でも、何でも無いです。云うたら、クドイけれどの、名誉職かと。我が感覚ならばです。加えてのゼロでは無いです。微々たるでも、謝礼的なモノは出るです。ソレをゼロとするか、しいひんかは、お考えでと。されどの、ゼロと断言はナと。誤解を与えるです。
云うたら、私も区長をしたです。或る意味、無関係でも、他の役員にも、出てるを承知してるです。自治会会長なんか、凄いです。
イヤ、区長にも出るしで、当然やけどです。凄いは、区長と比較しての話であってと。生活なんか、出来ませんです。お小遣いの足しにはなる程度かと。

しかるに、ホンマやで。何の手当もあらへんでと、ヨシユキ氏。
ホナラの、サンジさん曰くに、「区長さんの方が、ええのと違うか。」と。何がとなればの、大井町から、戴くのお手当てでして。あのなあと。
お手当てなるを、区長がそのまま、戴いてるかどかは、分からんやんかと。区長にもよるやんかと。何でこんな話になるのかと。

ソラナア、祭礼は別としての、新年会、忘年会に、此度の、「市政報告会」にしたってなあ。我が財布から、出してたです。キッチリならばの、町内会から、出して戴いてもええのやけれど。交際費が認められてるしで。
但しの、云うたら、会計と常時、連絡付いての話であってと。我が期、何から、何まで、前代未聞の、異例尽くしの、他の二役との考え、ズレがありましてと。

会計、歳もお若く、お子さんも小さくて。風邪を引かれたりで、その他諸々、大変なる時期でもあって。加えての、組長経験無くの、イキナリの会計、無理やったかと。同情の余地、数多あるですがと。
行事、役員会にもナカナカに出席出来ず。「期首総会」まで、欠席でと。
大体が、会計監査、一度で終わらず、二度やしナと。フォームを作成させて戴いたりと。監査資料も、もっと、早くと頼んでたですが。時間がなあ。無かったなあと。

ホンマやで。最初の一回、ファイルだけを事務用品で、区費から出して戴いたですが。以外は止めたです。諦めたです。請求するのがさえ、邪魔くさなってと。
結局、そのファイルは、区費からやしで、区長資料として、引き継いだですが。会議所の棚に入ってると思うですが。引き継ぎ以来、見てへんです。見るの用事もあらへんしと。

会議所に入るも、年何回やな。「期末」「期首」の、「総会」だけです。其の気なら、運動会の、「慰労会」にでもとなるけれどや。最大で、三回かと。
ホンのチラなら、「春」「秋」の、「環境衛生」、草刈りの時に、袋を戴きにの程度かと。
或る意味、勿体ないなあと。もっと、広く開放の、有効利用したら、ええのにと。思えど、声は出さんです。三役が相当なる結束、やる気が無ければ、鬱なる要望事項でと。
されどの、これから先、真剣に考えるべき時期とは、思てるです。

イヤイヤ、そんな話はどでも良いです。
ヨシユキ氏、曰くに、個人情報が何たらでと、民生委員もやり難いでと。
誰に云うてるのか、私にでは無いです。区長やろと。何も隠す事は無いです。市職員で、其の関係の、エライさんでしてと。
(「我輩は区長也NO.19」NO.185閑話休題的ガツンと一発参照)
(「我輩は区長也NO.20」NO.193余談の余談 紀宮清子様の御婚礼参照)

具体的な話はしたはらへんけれどや。個人情報に引っ掛かるしで。されどの、こんな場で、具体的に話をされたって、何処にも漏れへんけれどや。
イヤ、私が、ホーム・ページでバラしたりと。其処まではナ。限度、良識の範疇でと。
デデデの、尋ねたです。私から、区長にです。「あの話、どこまで進んでますのん。」と。
あの話とは、「ふれあいネットワーク」の事でして。丁度、私が区長時代、説明受けたです。
「国が命令してくれたら、早いですが、殆ど、進展してません。」
あのなあと。
とは、云うてへんですが。「何をしたはるのん。話を聞いて、二年やで。」
とは、云うたです。事実は事実の、私も下戸は下戸なりに、チビチビ、ビールを飲んでるしで。適当に顔も真っ赤っかと。次第に遠慮もせずの、云いたい放題。

イヤ、知り合いがと。川西に居てと。福祉委員(社会福祉協議会の組織)をしててと。コレこその、無報酬でと。
までは、矢っ張り、知らんですが。微々たるでも、お小遣いの足しの程度は出るのかと。云うたら、失礼乍らの、民生委員なんかは、社会的にも認知されてるですがと。少なくとも、私は、福祉委員なるを知らなんだと。少なくとも、大井町にはあらへんしと。
(「我輩は元区長也NO.38」NO.374松本冨雄議員の後援会(7)余談・自主防災会の話(1)参照)
(「我輩は元区長也NO.42」NO.411平成18年度、「秋の環境衛生」の話(5)参照)

先様、パンフレットを作成したりと、相当に進んでるみたいでと。亀岡もそんな組織、検討したらと、云うたなら、ホンマか、冗談かの、「そんな意味では、京都、亀岡は遅れてますねえ。」と。
あのなあと。
とは、云うてへんですが。ヨシユキ氏の前言も何のそのの、矢っ張り、云うたか、「あのなあ。」と。「個人情報が何たらなんか、蹴飛ばさんと。」と。イツまでも、下らん話を、錦の御旗、金科玉条が如くに、やられてれたら、一歩も進まへんでと。
最早の誰もが、気がついてるです。個人情報保護法なんか、官公庁、オッとの、市役所も官公庁かの、逃げ口上でと。

ホンマやで。コレから先、十年、十数年もしたら、少子高齢化で、この町内会も、老人天国ならぬの老害地獄と化して、隣は何をする人ゾの、個人情報云々では、共倒れするですと。
イヤ、個人情報を盾に、情報出さんなら、登録させへんなら、イザの時、保証がナと、ハッキリさせたらと。登録してても、救われるの保証も無いけれどや。してへんからと、みすみすの見殺しには出来ひんけれどや。
ボチボチ、日本人も眼を覚まさんとと。

イヤ、返事は無かったけれどや。立場上、酔っ払いと云えどの、下手な返事は出来ひんですが。したら、こんな具合に云うたゾと、我が、ホーム・ページに有ること、有ること、聞いた事、事細かく掲載されてと。区長知ってるしと。ホーム・ページ、運営してるのをで。
されどの、心配しんでも、結構の、我輩、そんなに、記憶力なんか、ええ事あらへんわと。
炒飯のご飯粒、口から飛ばしてまでは、云うてへんです。其処まで、飲んでへんです。飲めへんです。
(08/04/01)


NO.517 市政報告会(12) 帰りの道中での話

その間にも、新しい喰いモン出て来てまして。夏みかんと苺のデザートも出て来まして。
今時、季節感があらへんなあ。
とは、話はしてへんです。私が一人思ただけの、どっちにしたって、ボチボチ、おしまいかと。お開きかと。

されどの、宣言されん限りはなあと。
思てたら、区長、イツまでですかねえと。ボチボチ帰りませんかと。そやなあと、腕時計を見たら、十時に十分前やでと。三時間かと。窓から、外をば、垣間見たら、真っ暗な中、雪降ってまして。
しかるに、会場、「彩桂」の二階です。

へえと。積もるまでには、帰らんとなあと。積もるよな、雪と違うですが。
イヤイヤ、この話、昨日、今日とは違うです。二月の二十四日の話です。マダマダ、寒いです。寒いけど、二月も末です。
ソやなあと。
宴も酣(たけなわ)の、されどの、私なんかが、最後の最後までのお付き合いもなあ。そんな意味なら、区長アンタは付き合わんとと。
とまでは、云うてへんです。私は区長時代、最後まで居たけれどや。居ても、用事があらへんです。飲み助のお相手させられるだけ。気が付けば、送迎バスも出てしもて。
此度は、最初っから、あらへんみたいでねえ。歩いて帰るしか無いですが。歩いても、十分程かと。知れてるです。道も良くなり、一直線です。

そんな事より、私もズラかりたいです。ズラかるに、同意の、お仲間多い方がと。心強いしと。まあ、帰るなら、一人、抜け駆け、退散しいひんけれどや。声掛けるけれどや。
結果、区長も声掛けたかと。
そやなあと。キリ良い処で、一応、十時丁度にしとこかと。アト、十分やと。
ソですねえ。ソやなあと、期せずしての、我が町内会一同の合意、賛同得まして。意見合して。話簡単、全員、帰るの時間を思案してたかと。

其の、十時丁度、ホナラのホナラで、ズラかろかと。席を立った瞬間ですやんか。後援会幹部が演壇に立ちまして。一寸、お待ち下さいネと。締めますわと。
オッの、ソラなあ、締めて戴いた方が出易いです。反対には、私等町内会のモノ、全員が、席をアトにするのもなあと。したら、多分なら、他の面々、ゾロゾロと、退席するのでないかいナと。
飲める人はモノ足らんでも、飲めへんのにしたら、喰うだけ喰たらと。腹満腹、楽しい時間を過ごさせて戴きましてと。

イヤイヤ、デデデの、後援会幹部、「宴も酣ではありますが。」と。「申し訳ありませんが。」と。
「本日、お忙しい処、松本富雄後援会、市政報告会にご参加有り難う御座いました。」で、云々でと。お開きにと。拍手で以ての、解散と相成ったです。
嗚呼、よかったなあ。十時まで待ってと、全員、眼で合図の、ホナラの正々堂々、お暇しよかと。中途半端、お開き前よりもと。
云うても、大抵なら、十時までと、思いツツと。

お開きなればの、目立たぬよにと、コソコソ、ソソクサ、する必要もあらへんです。
既に、帰り支度で、上着は手にしてるです。皆様、一斉に動き出しましての、私等は、サっとの、いの一番でと。
会場出たら、後援会幹部一同、お見送りのための整列したはって。ソか、締めの挨拶の間に整列しやはったかと。にしても、派手がましいなあと。

イサオさん、曰くに、「柴田さん、有り難う御座いました。」と。
「ええ、ええ、日にクリック三発、ノルマで、宜しく。」と。
双方、ニコリと致しまして。ホナラの失礼致しますと。我が町内会の四人、階下にと。

降りてから、サンジさん、ワシは歩いてやけど。皆はどおなんやと。そんな話、最初にしてたですが。原則飲み会にて、自動車は問題外の、自転車もと。歩くが一番無難で、安全で、歩いて、そんなに掛からんしと。
イヤイヤ、自転車も飲酒運転の対象やでと。分からん時は、避けるが一番無難やでと。云うても、サンジさん、飲んでたか、飲んでへんのか。酒豪で無いは確かでと。
其の前に、敬老会やしナ。夜道やしナと。無駄口叩き乍ら、帰ったですが。こんな道、障害物が少ないし、一発、凍(いて)るやろなあと。

イヤ、ホンマになあ。二年前とは大違いです。二年前は、送迎バスに乗り遅れ。歩いて帰ったですが。遠道でと。近道あるけど、夜道は怖いです。所謂の農道故で。道幅狭いし、真っ直ぐでは無いし。小川が流れてるし。草ボウボウやし。真っ暗やしと。
前回は、半分以上、整備開通してて、今回欠席の、ケイイチ氏と二人で帰ったですが。こんな具合に四人一緒には初めてかと。
イヤ、道は格段に良くなってるです。道幅は広げられて、5メートル幅やろかで、舗装もされて。充分余裕で、車が対面交通、走れるよになって。立派な人道も出来ててねえ。
遠道しんでも、一直線の、最短距離で、町内会に戻れるです。

ホンマやで。別途の遠道は車も相応に走ってるし。夜道で灯りはあらへんし。道幅も2メートル程度で狭いしなあ。夜に歩くに安全な道では無かったですが。
まあ、云うたら、どっちにしてった、本通りでは無いし、都会でも無いし。夜にウロウロするのはナと。
此度も、ええ歳したオッサン、爺さん、四人です。こんな場所をこんな時間に歩く事は無いです。一人では、男でも気色良くはあらへんです。

只ナ、我が町内会には、徒歩なら一直線やけれどの、車では、通せんぼの箇所あって。ここさえ、通過出来たら、楽やのにと。
ホンマやで。とある一軒家がありまして。家の前が整備され。舗装され。片脇には、綺麗な花壇まで設けられ。「彩桂」からの帰りの、整備された道に繋がってるですが。

やのに、U字パイプで、鍵付きで、通行止めされててねえ。
車では、我が町内会から、直線では行けへんです。迂回です。
折角の道路が勿体ないなあと。花壇にしたって、市の管轄やろしと。公道に花壇やしで。変な話、市の資金、とは、市民の負担で、家の前の道路整備で、花壇の管理までと。

どっちにしたって、こんな場所、通過する車は、数知れてるです。土地の人くらいなモンでしてと。
イヤ、クレグレも、内実知らんですが。交渉の場に立ち会おた訳でも無いし。関係者から、漏れ聞こえたのでも無いです。周辺の状況からして、車を通行止めでの道路整備なら、無意味な場所でして。非効率で、理屈に合わんだけでして。当初からの計画通りならば、お金の無駄使いでと。
よって、ゴネ得、途中で、話がこじれたかと。されどの、万々が一の火事の時、消火が大変やでと。大した長さでも無いけれどや。50メートル程やろかと。一軒家が、その道にポツンとで、道のこっちと向こうの両側が通行止めやしナと。見掛け、全くの個人の道路になってしもたです。以前は草ボウボウのと。狭い道やったですが。

オッとの、その一軒家、車を、どしたはるんやろかと。入れへんやんかと。
知らん、知らん。知るモンかと。どんな人かも知らんです。我が町内会では無いです。

とかとか、愚痴、文句云うてる間にも町内会。
ホナラとサンジさん、ヨシユキ氏と別れまして。あっちやしで。区長と二人、こっちやしで、トボトボと。道中、「行事も終わってしもたなあ。」と、私がです。
「訳の分からんままに過ぎてしまいました。もお、一年やったら、経験生かせるのにねえ。」と。
「ホンマやねえ。区長の任期一年では、右も左も分からんがままで。分かった頃には、オシマイで、不完全燃焼で、終わるなあ。
そやから云うて、二年は大変やけど。余所は二年の処があるし。教えて戴いてバッカリで。」と。
ホナラのサイナラと、アトは、一番遠いの私一人が我が家までと。

しかるに、皆様、同じなんやと。
私なんか、完全なる、不完全燃焼。顔ぶれ替えるなら、勢い、気持ち、そのまま、モ一年やっても良いくらいやったですが。
一年経験したら、右と左は分かるですし、気分的余裕はあると。但し、一年過ぎ、二年も過ぎたら、情念、次第に薄れてしもて、今度は気持ちが追いつかんです。

高がの町内会の話やけれど。誰もが、相応に、自分なりにで。どの期も、内実分からんけれどや。
ハタ目になら、特に問題無く、チャンと無難にこなしたはるです。経験なんか、要らんのかなあと。そやけど、当時は、経験者、諸先輩に、分からん事は、聞きまくって、聞きまくってと。協力求めたですが。

イヤ、この話、二月二十四日としてるです。
後日、とは、本日です。
諸般の用事で、歩いて、並河駅にで、ソバを通過したです。イヤ、一軒家のソバをです。前回は記載の通りの、間違いなく、家の前の道、とするよりは、道の両側に通行止めのU字パイプがあったですが。

片方のU字パイプが移動してたです。家に車が入れるよおにと。
矢っ張りなあと。お役人仕事で、苦情一発かと。おかしい故、記憶に残り、注目したですがと。どっちも、どっちかと。
富雄議員と、亀岡市長に云うたろかと。無駄使いゾと。機会があったらナと。或いは、亀岡市のホーム・ページからでも、投書したろかと。
イヤ、「市長へのメール」があるです。遠慮する事は無いです。事実やしと。勿体ないゾと。
云うたって、お役所仕事の出費はしてしもてるですがと。
(08/04/06)



inserted by FC2 system