禁談奇談
−此処だけの話ー

我輩は只の組長NO.10

組長NO.6 組長NO.7 組長NO.8 組長NO.9
組長NO.1 組長NO.2 組長NO.3 組長NO.4 組長NO.5

区長NO.49 元々区長NO.52 歴代区長也NO.1
題目一覧表 役員物語NO.15 我輩区長NO.32

目次

組長NO.11

NO.100 簡易裁判所、調停の話(3)

NO.99 簡易裁判所、調停の話(2)

NO.98 簡易裁判所、調停の話(1)

NO.97 6回目の、御神輿ご奉仕の話(10)

NO.96 6回目の、御神輿ご奉仕の話(9)

NO.95 6回目の、御神輿ご奉仕の話(8)

NO.94 6回目の、御神輿ご奉仕の話(7)

NO.93 6回目の、御神輿ご奉仕の話(6)

NO.92 6回目の、御神輿ご奉仕の話(5)

NO.91 6回目の、御神輿ご奉仕の話(4)

我輩は只の組長NO.9


NO.91 6回目の、御神輿ご奉仕の話(4)

まあねえ、法被着て、地下足袋履いて。
ほなら、行くはと、嫁はんに一言、声掛けて。
一歩、家出たら、本番突入気分。

云うてもなあ、法被着て、地下足袋履いて、外を歩くは、気恥ずかしいてねえ。
恰好見たら、嗚呼、祭に出やはるのやなと、分かるですが。本音、心境、出来る事なら、誰様とも、遭遇しとは無く。
少なくともの、会議所の道中はと。

会議所に着けば、そこが、集合場所やし、遅かれ、早かれ、メンバー4人集まるですが。
多分なら、我輩、到着一番手でして。一番でも、二番でも、構わんですが。
一旦、集まり、会議所から、4人で、神社えは、左程で無いですが。コレが、1人で、神社までの、約の2キロは、やや辛い哉と。気恥ずかしいやろと。
それを、何年も、T川さん、やったはったんやなあと。
何故に、ここ数年、2年前から、辞退したはるかは、分からんですが。折角に、仲間増えたのにと。

オッとの、での、誰様にも、遭遇せずの、会議所に着いたですが。案の定の一番手。
での、会議所の戸が開いててねえ。中、丸見えでの、覗けば、子供役員の方、1人居たはって。お早う、御座いますと、一声、掛けて。先様、嗚呼、ご苦労様ですと、返答されて。
子供役員2人なれどです。片方、多分なら、子供御輿と一緒に、神社に向こたんやろと。
皆、出発しやはったんやねえと。ハイと。
いやなあ、朝一番、子供御輿は、役員集合、応援者も、子ども達も、なれどの。近在の、小金岐八幡宮に参拝するが、恒例でして。
参拝済めば、皆で、子供御輿と共に、「大井神社」に行くになってまして。

予定なら、9時頃、会議所出発。神社えは、10時到着でして。
神社まで、1時間も掛からんですが。子ども達、御神輿と、共に故、安全の上にも、安全の、余裕見ての、1時間でして。
それもあるし、9時出発も、あれこれ、してたら、遅くになるかもなと。
実は、子供御輿の面々、まだ、出発出来ずに、居てるのカモと、思たですが。流石に、居てへんなあと。

オトトの、我々も、10時集合なれどです。
急ぎ足なら、20分程度でして。
それもあるし、別段の、集合時刻も、集合して、点呼あるで無しの。神主、自治会会長、御神輿委員会幹部の挨拶あって。神主よりの、集合してるの面々えの、お祓い等々あって。
お祓い済めば、子供御輿は、解散と、するのか、自分の町内会に戻るです。
戻って、後は、町内会独自の計画にての、子供御輿の町内会巡行でして。我々なら、そこからが、イヨイヨの本番とするのか、本御輿の出番。


そんな話は結構の。
皆様、遅おてねえ。遅いも、我輩が、早過ぎた。とも、云えるですが。
にしたって、5分前には、全員集合せよと。集合するやろと。
思てるのに、姿見えずで、一番近くの、U原君<若手>宅、伺えばの。出て来るの気配で、嗚呼、良かったなあと。

お早うさんの、皆、マダなんやと。
へえの、遅いですねえと。遅いなあと。
での、9時半丁度くらいに、K嶋君<若手>現れ、これで、3人に相成ったですが。
最後の1人、S田氏、遅おてねえ。5分経過で、宅様えと。ピンポンの、パンで、奥様出て来られて、スグ出て来ますと。今、履いてますのでと。左様<さよ>ですかと。
確かに、地下足袋、履き辛く。時間、掛かるです。

以て、全員4名、集合致しの、デハの、行くかと、相成ったですが。
にしても、ええ天気でねえ。
ええ天気、結構は、結構なれどの、暑いわと。暑いも、動けばの話の、我々、パンツとするのか、半ズボンでして。上は、白の、長袖の、シャツの上に、法被でして。
朝は、ええ天気も、この季節、10月16日なるは、寒いんやでと。
寒いも、初参加の、5年の昔<2009年>には、風邪引くのではと、危惧する程に寒うてねえ。事実、動き出すまで、どしょかと。どするも、こするも、出来ませんですが。

以降、左程の寒さでも無くて、助かってるですが。
助かるの以前の、快晴でして。動くも、町内会、会議所から、神社えの、道中も、徒歩故、動くの故に、汗ダクダクと、までは、成らぬですが。昼にもなればの、コラ、大変やなと。
口々、無駄話し乍らの、神社えと。

駅の下、トンネル潜って、神社の門。
きっちりの、10時に到着での、嗚呼、良かったなあと。遅刻してませんでして。但しの、既に、沢山の面々、集合してての。
我輩、昨年度の、お守りをば、札納め所に、お賽銭と、共にの、納めの。我が町内会の面々居てるの方えと、挨拶しに行きまして。
特段の、何をの、話、する事も無いけれどや。皆様には、ご苦労様ですと。こんにちはと。表現、異なるは、承知の上での。お疲れ様も、変でして。こんな場で、お早う御座いますも、変でして。

要は、兎に角の、挨拶でして。
終われば、4人の仲間の方に戻りの、御神輿参加で、知り合い見つけては、こんにちはと。又、参加かと。
大体は、メンバー、決まってるです。
6回目と、なればの、苗字知らんでもの、半数以上は、常連組と、分かるです。

いやなあ、実は、K嶋君、前回も参加してまして。
てっきりの、体育振興会本部からの参加と、思いきやの、我が町内会からですて。へえと。ほんまかいなと。
それなら、それで、ソと知ってたらです。前回にしたって、今回同様、事前に声掛けの、会議所に集まりの。皆と一緒に、出発してるですが。
オッとの、誰から、声掛かったかの、K嶋君も、一緒に、神社に向こたの、記憶がと。
前期区長より、その辺り、全然の、聞いてえへんでねえ。町内会からは、K嶋君を除くの、3人と、思てたですが。

町内会からと、思てえへんが故、町内会の、慰労会には、誘てなかったと、違うの哉と。
良くは、覚えてえへんけれどや。
今回なら、我輩、組長でもありの。区長に、確認して、確認しての。既に、運動会の慰労会の時、メンバー承知で、しかるべくの、手筈、伝達致したですが。
慰労会に不参加の、U原君には、後刻、宅様に訪問致しの、伝えまして。

特段の、我輩、幹事では無いけれどや。
今期、組長故、諸般、幹事的気分。
それもあるし、町内会からの、参加メンバーでは、最年長でして。
(14/10/24)


NO.92 6回目の、御神輿ご奉仕の話(5)

そらなあ、6回目となればです。
顔ぶれ、大体の、分かるです。
年配組も、数人、居てまして。数人、消えてまして。消えるも、1年なら、何かの事情と、思うですが。2年、3年と、消えたら、最早の、引退哉と。

T中さんはねえ。元、我が町内会でして。この6年で、2回、出てませんでして。
そらなあ、元町内会故。又、親しくもあったが故、居てたら、嗚呼、居てるかと。居てなければ、心配致すですが。
丁度、我輩、区長任期終了の時、転出でして。早いモンで、9年経つのやなあと。

やけど、諸般、出先で、バッタリ、会おたり、致しまして。
一度は、車の運転中、国道中山<9号線>の信号で、停まってたら、左手、横手から、気配してねえ。そっち、見たら、T中さんでして。会釈して。

この方、白バイ組でして。要は、警察屋はん。
我が町内会には、警察屋多てねえ。多いも、何軒か、転出したですが。何人かは、他界してねえ。
ホンマやでの、若くてと、するのか。我輩よりは、年配なれどの、生きてタラの話の、2人、他界してるです。警察屋はんがです。退職してからなれどです。

オッとの、このT中さんは、現役警察官で、白バイ組。
且つは、スポーツ・マンでねえ。男前でねえ。毎日、走ってるですて。嵐山から、府庁まで、ですて。へえと。そんな長い距離、走ってるのかと、ビクリしてたら、大した距離に非ずの、8キロ程度と、云うたの哉と。
嵐山も、広沢の池の辺りからでして。何で、広沢の池が、出発点かは、知らんですが。その辺りなら、嵐山と、するよりは、嵯峨なんかなあと。

オッとの、そんな話を、10時集合の。
待ち時間の内にしてまして。
にしても、諸般、聞いてたの、御神輿実行委員長であったかの、方。我輩、区長時代の、自治会副会長。昨年には、指揮執ってたですが。以降、スグにも、他界と、聞いたの、方なれどです。
残念乍らの、見ませんでして。
そらなあ、新聞の死亡欄に載ってたでは、確実に、他界なれどです。一抹の期待してたですが。寂しいなあと。

事程左様の、この場、御神輿参加組の集合の時間。待ち時間には、あの人は、この人はと、目で追おてるです。
苗字知ってるのも、いれば、顔だけしかのも、居てまして。
顔知ってて、時々、出先で会うも、話、一言も、してへんのも、いててねえ。コレも、困るんやと。

いつか、声でも、掛けよかと、思いはしてるですが。顔合わせても、目線、避けられたでは、声掛け難く。
そらなあ、目線合えば、最低限の、黙礼でも、出来まして。それを、キッカケとして、言葉交わせるですが。
目線避けられたでは、先様に、その気無しと、伺われ。

にしても、です。
見てるの限り、我が町内会の面々、別として、です。
顔と、苗字、承知のは、年々、数が少なくなりの。来年は、又、分からんものの、です。
只なあ、概ね、我輩区長当時の、区長経験者なり、自治会執行部経験者が、多く、参加してるです。

そらなあ、当時の会長、会計、土木役員も、居てまして。これは、御神輿の奉仕とするよりは、装束着ての、伴走でして。我々よりも、大変なるの、役目でして。何しろの、草履でして。
当然の、地の方々でして。当地で、産まれ、育ったの方でして。我々とは、違うです。
会計担当のは、「御神饌料」の受付でして。毎年の担当してるなと。

オッとの、副会長なるは、先の通りの、委員長やったですが。他界してねえ。
云うたら、当時の自治会執行部の、大多数、何等かの、形で、「秋祭り」の、「御神輿」に、参加してまして。
顔だけ、承知の、年配者も、もしかしての、区長経験者かも、分からんですが。そんな事まで、知らんしなあと。


そんな次第の、斯くなるでの。
お祓い済んで。子供御輿の面々、消えまして。
境内、本御輿のみとなりての、神主、神輿に魂入れなんやろねえ。儀式、執り行いの。御神輿幹部関係者の、挨拶終わって、清めか、出陣の盃、交わしまして。

デハと、全員にて、御神輿をば、担ぎの、境内、右に、左に動くに成るですが。
イヤ、ここだけでして。実際に、担ぐはでして。当然の、神社の石段も、担ぐですが。
ここでは、儀式的、景気付けに、皆で、順々に担ぐですが。我輩も、参加で、御神輿の、棒持ってたらです。実は、御神輿本体の、位置が、多少の、ズレてて、ねえ。中心部に無くて、ねえ。棒が、傾き出して、ねえ。
棒云うても、太い柱でして。長さ、何メートルやろかの。10メートルはあるかの、御神輿本体が乗ってるしの。これがなあ。我が足、膝をかすってなあ。
まともに、ぶつかってたら、上から、乗ったらです。只では済まぬの、下手したらの、骨折かもの。

いやなあ、こすっただけで、擦り剥いてねえ。膝をです。
擦り剥くも、大した、剥けでは、無いけれどや。一皮、剥けただけでの、少々、血が滲むの程度でして。唾でも、付けたら、治る哉の。
残念乍らの、歳故、現在唯今、1週間経ってるのに、尚、痛いですが。痛いも、こすればでして。

いやなあが、モ一発の、危なかったんやと。
モっと、端なら、まともでして。中心部に近かったが故、かすったのダケでして。にしてもの、我輩、余程に、要領悪いのやと。皆、サと、逃げてるのに、我輩だけでして。かすったが、です。
モと、云うたら、白の、短パンでして。長ズボンなら、ども無かったですが。
オッとの、こんな事、誰にも、云うてませんの、云う程の、傷、怪我で無く。

での、再度の、御神輿、皆で、持ち上げの、わっしょい、わっしょいの、掛け声と、共に、右に、左にと、動きまして。
総勢、130名故、全員では、持てぬの。交代々々でして。
担ぐを交代の、ハタと、見ればの、当期区長の直会終わっての、皆が見学してるの中に、我が町内会の区長発見。

ンの、老人福祉施設、「こもれび」の、職員も、居てましてねえ。苗字知らんの、母の、ショート・スティでの、送迎車で、来てくれてはったりの。
母の洗濯モノの収納、回収の際にも、時折、会うの方でして。
当然の、挨拶をと。
(14/10/25)


NO.93 6回目の、御神輿ご奉仕の話(6)

いやなあ、ケータイの、歩数計では、当日、本番、御神輿の日、3万歩。
距離では、22キロ。
行きしなの、徒歩分、約の2キロ差し引いても、20キロは、数字がおかしいなと。
出発までの、間、ウロウロしてるし、接待所での、休憩でも、ウロウロするし。それでも、5キロ分もは、余計な動き、とも、思えんですが。

いやなあ、3万歩なら、15キロとしてるの方、多いみたいでねえ。
一歩を、50センチとしてるが故でして。
一歩が、50センチは、少々、少な目に、見積もって無いの怪と。

イヤ、概ね、一歩を、70センチとして、計算されてるよに、見えるですが。この、70センチ、妥当な数字と、思うです。実際の歩幅を見てみいと。間に、靴2つ分、有るよに、見えるですが。2つ分なら、靴、3っつ分が、一歩での、70センチ、75センチが妥当でして。
そんな事で、15キロ説多いですが、我輩、17キロはと、思てまして。
まあなあ、15キロでも、17キロでも、大した話で無いですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
130人の参加。総勢、150人やろかなあの、面々にての。
顔と苗字を承知で、喋った方の数、我が町内会のは、別としてです。6人様でして。
顔と苗字、承知してても、喋らんかったは、お1人様。

そらなあ、色々あるです。喋らんかったは、誰様とは、申さんの、元町内会の方での、某さんの息子さんでして。
そんな方、2人居てるですが。1人は、気さくで、向こうから、こっちを見つけて、柴田さんと、声掛けてくれてねえ。この方も、6回目でして。我輩、初参加の時からの、参加でして。毎年、参加してるですが。
イヤ、我が息子共よりも、やや、若く。
愛想宜しくて。親父様が、我輩、歩いてるを見てますよと。へえと。ンの、ソ云うたら、一度、車で、すれ違たなと。
とかとか、練り歩きの道中等々、顔見たら、喋ってたですが。

モ1人はなあ。無愛想でねえ。
挨拶するにも、こっちをチラも、目を避けて。こっちから、声掛けるも、非常に上出来で、頷くだけで、やり難いでと。声掛けるも、とは、此度、では無く、諸般の事情にての、時たまの、出会した時の、話やでと。
そらなあ、顔も、苗字も承知で、知らぬの顔も出来ひんですが。知らぬの顔されたら、放っとかんとなと。

一度だけ、あっちから、こっちに、声掛かった事あったを覚えてるですが。
過年、10年は、過年哉の。
「大井町民大運動会」での話の、こっちに、近づき、申すに、母知りませんですかと。嗚呼、居たはったなの、あそこに居たはるでと。
の、程度の御仁でして。
自分に用事があるの以外は、知らぬの顔の、こんなのが、居てるですが。
人様々での、こんなの、やり難いなと。先様の、性格哉と。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの、です。
6回目の参加と、なればの、様子も重々承知。
此度の、最大の関心事、我が、疲労度でして。日頃の鍛錬、訓練、歩きの成果を探るの事でして。様子見と、するのか、極めての、冷静に、冷静にの、基本、無理せずと。

云うたってなあ。
法被着て、地下足袋履いて、御神輿に参加してるに、綱持たず、御神輿からも、離れてもての、前を、後ろにと。
そんな面々も居てるですが。我輩、出来ませんでして。
参加してるの限り、出来るの限り、参加してるの、恰好だけでもと。綱持ち、わっしょい、わっしょいと、掛け声出してるですが。これを、最初っから、最後までは、出来ませんの、致しませんの、適当でして。
どちみちの、全員が、掛かるも出来ませんです。概ね、半数の、60名、70名程度哉と。何等かで、御神輿のソバに居てるはでして。居てられるは、でして。後は、遠巻きの、前後でして。

道路、車少ない場面では、走れ、走れと、幹部連中、発破掛けるですが。
発破掛けられたら、御神輿の、前の面々、走るですが。走られ、着いてけるなら、着いてくですが。無理と、思えば、遠慮せずの、綱離して、脇に逃げるにしてまして。
無理して、一緒に走って、足着いてけずに、転けてみい。怪我するです。怪我で済めばの、前やってみい。御神輿の車輪に、轢かれでも、したら、生命の危機。
ソラ、軽いモノで無くの、1人、2人で、制御出来るで無くの、危ないわと。

いやなあの、昨年も、一昨年も、その前も、です。
頭っから、走るは避けたですが。ソレ以前には、何とかと、努力するに、挑戦したですが。甲斐無く、脇に逃げたですが。
基本、此度も、一緒は、一緒なれどです。着いてけんが、でして。
ソラなあ、30歳、40歳の面々と、一緒にすなと。一緒となんか、全然の、思てえへんわと。それこその、張り合う気、毛頭の、自尊心なんかと。数の内、賑わしの口で、充分でして。先導するなんか、トンでもでして。

只なあ、此度、少々違うよでねえ。
着いてけんは、一緒でも、そこから、ヒイ、フウ、ハアと、足も動かず、歩き出したとは、違てねえ。
長くは続かんでもの、走れててねえ。何なら、前走るの、年配者、若手でもを、追い抜かし。
オトトの、申しておくの、我輩、走り苦手の、超の苦手。得意なら、御神輿の縄持って、走ってるわと。それは、とてもやないの、無理の、無理ムリ故、手を離しの、伴走をと。

実はの、この、走るの場面、場所も、概ねの、承知しててねえ。
走りそになれば、パと、手を離しの、遠離ってねえ。
これも、早めに判断しんと、余所様にぶつかってしもたら、大変でして。皆、走ってる故でして。
まあなあ、声出して、逃げるが賢いでして。声出すは、周囲に、知らせるの意もあっての。嗚呼、アカン、アカン、モあかんの、保たんわと。
(14/10/26)


NO.94 6回目の、御神輿ご奉仕の話(7)

「ためしてガッテン」、「気合い」入れて、歩け、歩けの。
この、「気合い」の背景、昨年の二の舞、避けたいと。
足が棒にの、次ぎの一歩が辛いは、悲壮でありの、深刻でして。冗談や無いの、モ、あきませんと、救護車に声掛けるを、真剣に、考えたんやでと。昨年はなと。後の、1キロに、自信喪失してまして。

イヤ、モ、あきませんは、プライドが許さんしなあ。
大袈裟でも、無いの。歯を喰いしばって、我慢しの、歩いたの、ダケでして。
「ためしてガッテン」の、実践も、高がの、5000歩でして。さりとての、3万歩もはなと。1万歩もなと。そこまでの、人生賭けてませんでして。
成果なるは、本番、当日、10月の16日の、御神輿でして。確認と、するのか、試すがでして。

成果あったとての、こっちは、年々、歳喰うわと。
体力向上するの筈は無くの。とも、云い切れませんですが。低下を抑え、多少の、向上はと。
云うたってなあ。成長過程の頃で無く。基本、衰退でして。とは、重々の承知してるわと。
とりあえずは、昨年の二の舞的、感じたならばの、更なるの、次期、区長よりの、要請あっても、お断りせねばの、覚悟致してまして。とも、少々、大袈裟なれどの、大袈裟なるは、覚悟でして。
我々の年代ともなればの、そもそもがの、イツまで、続けられるのかと。コレ、念頭に存在してまして。
イツの間にやら、そんな年代になってるなあと。寂しいけれどです。

そんな事で、まずは、今期、今回、参加要請、諾と返答。
返答したからには、完走するの積もりでして。ならばの、歩け、歩けの、訓練致しまして。若手なら、そんな必要性、あらへんですが。ここが、歳との、戦いしてるの大きな差でして。
多分なら、相応の年代の面々、同様哉の。年齢、体力との、相談してるです。
本番にての、無理セズ、云うたってなあ。距離は、歩かねば、ならんです。走らず、綱持たず、でもです。その他大勢、数の内でも、です。

前は、前で、先導車が居ててねえ。「大井太鼓」の車が先頭。続いて、神主、お稚児さんが乗るの車でして。場合により、パトカーでして。そして、御神輿の指揮者とするのか、幹部がと。
後ろには、又、幹部が、最後尾に居てまして。救護車もと。
話、簡単には、遅れたら、遅れたで、幹部が、激励してくれるですが。我々になら、優しいですが、若手には、冗談なれどの、発破掛けられるです。
発破掛けられんでも、圧力掛けられるです。勝手に感じるダケなれど、です。


それは、それでの、様子承知故の、手抜き出来るところでなら、手抜きしてるわと。
その上での、自身の、体力、脚力、様子見し乍らの本番なれどです。

まずは、体力、脚力以前の、右足に、豆出来たです。
従前、手当するに、遠慮とするのか、接待所にて、してたですが。休憩、削ってまして。
手当とは、予め持参の、バンド・エイド貼るだけなれどの。コレ、地下足袋履いてるし、なと。脱ぐに厄介、履くに、難儀やでと。

様子承知とは、ここでは、ここに、戻って来るダケと、なれば、一緒に、行かんとこと。
治療優先の、委細構わずの、適当なるの場所。場所なんか、無いけれどや。道端にでも、腰掛け、恰好、構わんの。どちみちの、田舎でして。見物人なんか、数人、知れてるの場所でして。
さての、地下足袋脱いで、靴下脱いで。どこに豆かと、探りましての。嗚呼、ここかの、右足、小指に小さな豆がの。バンド・エイド、取り出しの、貼り付けて。
御神輿の一団、戻って来るのまでに、靴下履いての、地下足袋履いて。
元通りに成ったの頃、一団と合流。

そらなあ、地下足袋なんか、常平生、履かへんわと。年に一度の、この日でして。
且つは、我輩、生涯初がです。御神輿に初参加の、1回目の、5年前なんやでと。初の時なんか、豆出来ても、我慢、我慢の、どしょかと。オマケで、靴下も、履いてえへんでねえ。地下足袋なるは、直<じか>に、履くモノと、思ててねえ。

要は、毎年、豆作ってまして。
我輩だけに非ずの、方々にての、豆が、豆がの、声聞こえてるです。
当たり前の、地下足袋なるは、底薄くて、地面に、直でして。道路の起伏、足裏に感じてるです。
よって、此度、準備万端の、地下足袋には、下敷き<インナー>入れたり、致しまして。クッション性の向上をと。その分、足に対しの、窮屈になるですが。窮屈なら、豆出来るですが。豆覚悟の。

ならばの、相応の、大きさの地下足袋をと、なるですが。
年に1回、履くの地下足袋に、新調勿体ないわと。それと、豆の比較論なら、過去5回、バンド・エイドで、凌いでるわと。
凌ぎ方が、上手に成って来てるの、ダケでして。
とは、出来たなと。なればの、我慢せずの、より、早期にと、ダケでして。

いやなあ、S田氏も、豆作ってねえ。我輩の後なれどの。バンド・エイドを、ハイと、手渡して。
彼、スポーツ・マンとするのか、日々、結構、歩いてまして。仕事上とは、云えどの、日に、軽くの、万歩。それでも、豆作ってるわと。再度の、地下足袋故でして。オッとの、彼、2歳哉の、若いですが。
この辺り、2歳も、1歳も、一緒でして。彼、参加故、我輩もの、負けてられんわと、参加意欲がと。ソラ、体力的、彼、凄いは認めてるです。真似よ致しませんですと。

そんな次第の、斯くなるでの。
様子見し乍ら、とは、不安だらけの、参加。でも、あってねえ。
これが、距離重ねるに従い、従前なら、この辺りで、足、悲鳴がと。思てたの辺りで、左程でも無いなあと。悲鳴も、初期の悲鳴での、一歩もの、遙か以前の段階でして。
要は、半分程度の辺りでして。

ここから、一番に遠い、地区に行くですが。
そこは、車閑散の、御神輿も、走り易いの道でして。
案の定の、幹部の、走れの号令一発、先頭の、若手集団、走り出してねえ。コンチクショウめと。
ここ以前も、時々なら、走ってるですが。距離、知れてましての、初期故、まだまだ、体力、脚力あってねえ。半分過ぎたの、ここ、「コーナン」以降の、太田区えの道はなあ。一番に過酷の、さての、どしょかと。

どしょか、とは、どこまで、付き合うか、付き合えるか、でして。
云うたって、御神輿の、綱持っては、走らんですが。危ないしと。
での、走られ、走って、ンと。
くどいけど、若手と一緒にすなよの、走るも、全速力なんかで、トンでもの。元々が、陸上あきませんですの。駆け足程度なれどです。
それも、長続きなんか、毛頭のです。マラソンなんか、やらんわの。無理、無理、ムリの、頭っからの、無理でして。好きな方、お好きにして頂戴の、口でして。

それがなあ。
走ってて、ンと。
疲労度がなあ。少ないやに、思えてねえ。
くどいけどの、しんどいわと。しんどいは、しんどい上での、無理なんか、最初っから、する気あらへんの前提のです。
前走るの面々、我輩よりもの、年配者、邪魔でねえ。
コレ、抜かせの。次ぎのあれも、抜かしてまえと。云うとくの、若手なんか、遙か前やでと。そんなの相手になんか、してへんわと。

我輩よりも、年配か、どかは、知らんですが。似たよなのが、前に居たら、邪魔でねえ。
とかとか、なんか、昨年までは、そんな事、夢にも、感じず、思てえへんかったですが。
実は、それだけ、カラダが動いて、軽く、感じてねえ。我れ乍らに、へえと。
コレ、「ためしてガッテン」の、歩け、歩けの、気合い入れての、成果やろなあと。
(14/10/27)


NO.95 6回目の、御神輿ご奉仕の話(8)

にしても、です。
バンド・エイドって、効果あるんやねえ。感心致すです。
にしてもの、にしても、です。
バンド・エイド貼って、でも、その場をしのいで、脱落せぬよにと。皆、頑張ってまして。
にしたって、です。
バンド・エイド貼って、安心なんか、してませんでして。豆も、1個、1箇所で済む、とも、思てませんでして。当然の、何枚も、持参してるです。足の指の数、10枚もは、あらへんですが。

太田区、太田保育園の辺りにまで、来たら、三分の二でして。後は、帰りの道中でして。その途中に、我が町内会があってねえ。
最低限、ここは、疲れたの顔も、姿も、見せられへんわと。
するが、1つの、目標での。それは、達成出来るの、自信めいたモノは、出来てたですが。

そんな事で、我が町内会の2つ手前の、町内会に着いた時です。
区長にケータイ一発。今、ここですと。連絡致しまして。
実際には、この辺りにまで、来たら、太鼓の音、聞こえてるですが。まあなあ、ソレでも、電話して頂戴と、成っててねえ。
我輩の時には、そんな手筈、整えてえへんかったですが。先の通りの、太鼓の音で、分かる故。

更には、1つ手前の町内会にて、電話しとこかと、思たですが。マ、ええやろと。益々の、聞こえてる筈でして。場合により、わっしょい、わっしょいの、掛け声までが、聞こえるですが。
何のための、ケータイかと。連絡かと、なればの、接待準備のためでして。
云うたってなあ。役員、既に、準備万端、整い、待機してるですが。

さての、その手前の町内会にての。我が町内会の面々、神輿に乗れの、指示あって。4人参加故、四隅に、乗って。我輩、神輿の後部に乗ったですが。コレ、派手がましいて。揺らされ、落ちそで、必死に、神輿に、喰らい付いくですが。
そしたら、幹部が、扇子振れ。音頭取れ。声出せと、五月蠅あてねえ。

我輩も、6回目でして。慣れて来てましての。体制整え、落ちぬよにの。扇子振り、声出して。わっしょい、わっしょいと。
さての、町内会に突入の。我輩に気の付くのも、気の付かんのも、居ててねえ。ソラ、反対側の見物人は、見えませんでして。こっち側のでも、前のは、見てるですが。後部までは、注意向かんでねえ。
見てくれて、見てくれんで、どて事、無いけれどや。

斯くしての、無事に、我が町内会に到着の、です。接待受けるにしても、です。神輿の上に乗ってたでは、下に降りるに難儀の、幹部に、手助け、頼んだり。
若手、上から、飛び降りるしなあ。へえと、感心してたら、幹部曰くに、歳が違うなと。その幹部、同年辺りでねえ。当たり前の、毎年、顔見てるの、苗字知らんです。
言葉なら、道中、何度か、交わしてるですが。

いやなあ、我が町内会の、出し物と、するのか、人気なるは、冷たい、おしぼりでして。
椅子が、ビニール・シートが、で、くつろげるが、特徴でして。ソラ、公園でして。公園とするのか、空き地、敷地的、そんな場、あるの、接待所なるは、数少なくて。大抵ならばの、道端でして。休憩がです。
道端でも、道路幅あれば、くつろぐですが。あらへんの場所では、くつろげへんでねえ。立ちっ放しになってねえ。

実は、我が町内会からの先。3箇所寄るですが。椅子のあるは、1箇所だけでねえ。
云うても、最早の、終盤でして。
されどの、草臥れてまして。
そやけど、後、僅かと、元気出るの辺りでして。

只なあ、ここから先、休憩時間、短かあてねえ。理由簡単の、神社えの、到着予定時刻に遅れてるです。毎年、遅れてるですが。
追い込みでして。
何故に、追い込みするかと、なればの、日が影って、暗くなれば、御神輿、解体するに、です。しかるべくの場所に収納、仮ではあってもです。足元、手元、見えんよになっては、危険やわと。
明るい内にと、急ぐですが。まあ、無理でして。

ならばの、最初っから、早めに出発したらと、思うですが。
しやへんなあ。昼飯、弁当喰うなんか、45分もいらんですが。
出発も、大体が、少々、遅めになったりと。ササと、出たらええのにと。ハタからは、思うですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
正直、我が町内会に到着は、です。先が見えたの段階でして。後、2キロ也と。実際には、真っ直ぐには、行かずで、錬り歩く故、3キロに成るの哉の。それでも、3キロでして。
只なの、例年、我輩、我が町内会出て、国道9号線を渡った頃から、ガタガタでして。
最悪なら、前回なれどです。
ソレ以前でも、国道渡った辺りからは、走ったりは、トンでもの。綱持つも、形だけ。恰好付けてるのダケでして。
そやけれどの、此度、余裕あってねえ。走るなら、付き合えるし。綱持つも、義理、恰好で無く。

での、神社までは、2つ手前の町内会にての。
T中さん、発案するにです。実は、そこは、マンションでして。高層マンションでして。「メディアス2番館」と、称するですが。最上階に、登ってみいひんかと。へえと。
いやなあ、こんな時にしか、登るの機会、あらへんでと。そやなあと。

ソバに居たの、S田氏と、3人、連れ立って。
イヤ、接待なら、不要でして。ここは、椅子で、座れるですが。酒に、ビールに、果物でして。特段にの、次ぎの、サンド・イッチを喰いたいしと。
オッとの、そんな事で、3人なら、心丈夫でねえ。且つは、T中氏、警察官。ここでは、只の、法被着ての、御神輿参加者なれどです。

マンションの方、適当に捕まえ、エレベーターどこですか。こっちですと。へえと。
ほならの、誰か、知らんの、多分なら、太鼓叩きの高齢者。これは、法被が異なりましての。一緒に付いて来やへってねえ。曰くに、トイレ、どこなんやろねえと。ンと。
我々、トイレに行くで無いですがと。へえと。
云いつつも、一緒に最上階。ここ、15階。上がってしもてねえ。トイレ、どこやろ。どこどこと。我々にしても、初めて故に、知らんですが。多分なら、1階の、エレベーターの反対側にあったよなと。へえと。高齢者がでして。
結果、最上階まで、一緒に上がって。取って反しの、エレベーターで、1階哉と。

それは、それで、まあなあ、15階から、見るの亀岡も、綺麗でして。下見たら、可成り、怖いですが。
ダケの話の。サア、降りよかと。長居も、してられませんでして。休憩時間、短いしと。
1階に降りたら、ンの、元町内会の、我が組の方、居られてねえ。某さん、こんにちは。

イヤ、女性でして。ややの、高齢でして。嗚呼、柴田さん、こんにちは。御神輿やったはったんかと。そやと。
彼女曰くの、お酒はどえ。酒ねえ。あきませんですと。くれるなら、お茶が欲しいなと。
注文したなら、ソバの婦人部隊に、お茶上げてと。熱いの、冷たいの、どっち。嗚呼、冷たい方をと。

そんな事で、知り合いにバタリの、挨拶済ませた頃、出発の号令でねえ。その方には、デハと、お暇の挨拶致しまして。
いやなあ、その方、気さくな方でねえ。何故か、出先で、良くの遭遇するの方でして。転出、承知も、ここに、転入とは、知らんかってねえ。メディアスも、ここと、駅前のがあっての、そっちと、思てたですが。

トトトの、昨年までなら、そんな元気、無かったですが。
話聞けば、好きにしたらの。こっちに、構てくれんでもと。椅子にでも、腰掛け、休むです。
それが、ンの、そやなあと。するの、余裕がと。
(14/10/28)


NO.96 6回目の、御神輿ご奉仕の話(9)

まあ、そんなモンです。
S田、T中両氏、元気でねえ。
昨年なら、そんな提案あっても、皆様、お好きにして頂戴の、私に構てくれるなと。拒否してたです。
昨年で無くとも、真顔で、断ってるです。
此度、ンの、そやなあと。余計なるの行動したりして。考えられんの、同行したです。エレベーターで、15階まで、上がって、あっちからの景色、景観。こっちは、どかなあと。法被で、地下足袋で。

下りのエレベーターの中程にて、降りるの、マンション住民と、遭遇したですが。
コレ、1人でなら、少々、気恥ずかしいですが。3人やしなあと。
オマケで、元町内会の、小母さん<70代>とも、久しぶりの遭遇致しまして。

斯くしての、無事、大井神社に帰還致したですが。
そらなあ、余裕有るは、有っても、ギリギリは、ギリギリでして。体力、足のスタミナがです。
ギリギリとか、余裕とか、ややこしいの話、してるですが。

昨年なら、帰還して、一切の手伝いする気、毛頭なれどの。
此度はなの、御神輿解体致しましての、神輿の後かたづけ、しかるべくの場所に納めるですが。納めるも、神輿本体なるは、仮納めなれどの。
手伝おてるです。S田、T中氏に、手伝お、手伝おと。促しまして。
イヤ、若手、K嶋、U原君なら、別途の手伝い致しまして。「長柄」と称するらしいの、柱を皆で、担いで、持ち運んでたですが。元気やなと。

終わったから、云うで無いの。
何なら、町内会程度、までなら、歩いて帰られるです。
ソラ、しんどいけれどや。最早の、足も、痛いけれどや。気分的にも、嫌なれどです。別段の、走らされるで無し。帰るだけやしと。

以て、一通りの事、終われば、解散の盃戴きまして。以て、さあ、帰ろかの。一升瓶の、御神酒戴きましてと、なるですが。御神酒は、若手のK嶋君、持ってくれてねえ。有り難とさんと。
デハと、帰りの車の、手配での。ケータイ一発、我が町内会の、区長にでして。今、解散致したしと。並河駅、ロータリーの辺りに行く故、宜しくと。
ほならの、奇妙なるの、話されてねえ。

イヤ、大井神社の、石段の辺りに行くとか、来てる、とかとかでの、ンと。
石段のところまで、来て貰わんでも、分かり易くの、駅のロータリーでと、云うてた故、そのよに伝えたならばの、嗚呼、そっちで結構ですと。
時々、トンチンカンなるの話されるですが。区長がですが。

いやなあ、大井神社の石段なら、唯今、降りて来たですが。そこに、区長が居たとか、来てるとか。向こてると、なんか、知らんしなあ。見て無いしなあ。
大体が、まだまだ、人、多く。御神輿の関係者ばかり、なれどです。
こんな場所、ゴタゴタしてての、ややこしいが故に、駅のロータリーでと、予め、申してまして。しかも、暗いしなあ。分かりませんです。

そんな事で、石段の方に、戻ろとしたですが。
再度のダメ押し確認にての、ロータリーに迎えに行くですと、聞いたが故、そですかと。再びの、駅の方えと、歩きまして。
駅で待つ事、数秒。ドンの、ピシャでの、迎えは、会計氏。嗚呼、有り難とさんと、乗り込みまして。町内会の会議所えと、戻るに成るですが。コレ、役員待機の、慰労会でして。

での、後刻、判明したです。
石段が云々の件なれどの。ども、区長、事実、神社に行った、居た、らしく。何がためと、なればの、御神酒を戴きに、らしくで、へえと。何でやと。
イヤ、当人、区長から、聞いたですが。
誰様とは、申さんの、ここだけの話の、他言無用のです。区長が、御神酒を受け取りに行くのやと。教えられたですて。

我輩、聞かされ、何かの、間違い。聞き間違いと、思うですが。
御神酒なるは、我々、御神輿参加者が預かりまして。受け取りまして。町内会に持参してるが通例でして。わざわざの、区長が、取りに伺うなんか、前代未聞の、聞いた事、無いわと。
云うたら、御神酒なるは、町内会のモノとも、云えませんでして。我々、参加者に戴いてる。とも、云えまして。

只なあ、4名参加で、一升瓶2本やしと。
原則、2名で、1本。3名なら、損の、1本だけでして。
での、半分ずつも、やり難く。町内会に渡すが賢明と、思てるの、ダケでして。
いやなあ、「夏祭り」等々、来賓からも、一升瓶、贈呈賜ったりの。結構、本数あってねえ。会議所に、でして。保管でして。
日本酒、飲むの役員、居てたら、多かったら、です。慰労会にて、飲まれるですが。そんな役員のために、持ち帰ってるで無しでして。

オッとの、原則、飲めるの方が、飲まれたら、宜しいですが。
ども、主旨に、ズレ感じててねえ。
所謂の、飲み助、日本酒に強いの面々、際限無くの。新しいのを、ポンポン、開けてねえ。あれを、半分、こっちを、半分。中途半端に飲んで、残されて。

イヤイヤ、それも、使い方の一法なれどです。我が感覚からは、勿体ないなあと。御神酒故。
それよりは、神事、町内会の行事に使えばと。或いは、阿弥陀籤でも、して。希望者に、分け与えるとかです。正月のお屠蘇用とか、です。
有意義に、使て欲しいなと。

オトトの、どちにしたって、何で、区長が、御神酒を受け取りにと、申した、教えたかが、分からんですが。変な事、云うなあと。
誰様、区長の時、そんな事、したの哉と。してませんでして。我輩も、区長時代、してへんわの。ダアレも、してませんでして。
多分なら、現区長の、聞き間違い、勘違いの類と、思うですが。そもそもがの、御神酒の話なんか、致すですかと。余計な話、お節介に過ぎるの話、やしと。

くれぐれもの、コレ、聞いたは、後刻、後日の事での。
での、会計氏の迎えにての、会議所に到着。
恒例、区長が出迎え、役員全員の拍手で、我々、会議所の座敷に上がるですが。
ンの、区長見えず。拍手なら、パラとで、ン。
役員全員の、です。盛大なるの、拍手で、迎えられるも、派手がましいけれどや。区長不在で、パラの、パラなるの、拍手で、迎えられるも、変でして。

会計氏に、区長はと、尋ねたならばの、イヤ、どこに居てるんですかねえと。えと。あのなあと。
貴君、迎えは、区長に聞いたからと、違うんかと。詰問したなら、ケータイでと。えと。その場、ここ、会議所に居たと、違うんかと。違うですと。へえと。

いやなあ、区長不在では、事、慰労会、始まらんでして。
待ってんならんわと。戻るまで、です。
大体が、区長、ウロウロしてたら、アカンです。それこその、区長直々の、我々迎えに来るは、結構なれどです。
慰労会の主役、我々でして。それがため、役員、待機してくれてましての。会議所に戻れば、我々主役も、区長主導にての、慰労会でして。

ここだけの話の、余計な事、云うて。
又、従前、只の組長なりの、役員経験してたら、御神酒の件、変と、分かるやにと、思うですが。更には、別途の、方にも、確認したらと。
一発、話、変と、分かるですが。聞き間違いの、解釈の間違いか。
奇妙なるの、助言かが、です。
(14/10/29)


NO.97 6回目の、御神輿ご奉仕の話(10)

オッとの、思い出したです。
会議所に着き、区長マダ。
その間にです。交通安全委員、O串氏の事をです。

イヤ、区長にも伝えてるですが。
我が町内会から、出て戴いてるの、大井町役員でして。これは、輪番制でも、何でも無いです。大井町の交通安全委員会で、欠員出たら、誰か、出せと、大井町執行部より、打診されまして。
結果、O串氏が指名、受諾で、委員就任。

役目、大井町行事での、交通安全担当でして。駐輪場、横断歩道の監視、管理でして。委員の総数、何名かは、知らんですが。
我が、大胆なるの推測なら、です。
過年、余所の町内会なれどの、交通安全委員が、他界されまして。大体が、高齢者が多く。実は、K太郎さんでして。K太郎さんの事、過日、稲穂の件で、K太郎さんが、K太郎さんがと、役員会にての、誰様、声大にして、申してたですが。
その後釜、後任ではと。O串氏がです。その年に、任命、就任してまして。

オッとの、それでや。
大井神社の、御神輿巡行についての、交通安全のため、先回り、先回りの、道中、交通安全の指導、監視しててねえ。O串氏も、です。
恒例的、御神輿の慰労会と、するのか、秋祭りの、慰労会には、O串氏も参加要請してまして。
要請、区長からでして。
我々も、声掛けるですが。そらなあ、区長より、声掛けてもらわんとと。

での、当日、馬場にて、騎馬武者披露の時、O串氏に会おた故、斯くの、然と、慰労会にと。話、したです。ほならの、区長からも、話あったと。左様<さよ>かと。来てなあと。
ついてはと、ケータイの番号も、その時、聞き出してまして。

そんな事で、O串氏、会議所に来て無いしで、ケータイ一発、我々、今、会議所に着いたしなと。来てなあと。ホイと。
この方、学齢、我輩と一緒。交通安全委員就任まで、一緒に、2度哉の、御神輿に参加してたです。委員就任により、仲間から、外れたのダケでして。
運動会での、駐輪場で。秋祭りでの、道中にて、顔会わしてまして。
当たり前に、町内会でも、です。

この方、基本、時間あれば、町内会慰労会には、チラとでも、顔出しててねえ。イヤ、委員就任以前よりです。飲めはするですが。酒豪でも無く。まあ、云うたら、お付き合いのええ方でして。気さくな方でして。
概ね、我が年代、同期生、その手のが、多いですが。
云うたら、今期、組長の、M岡氏も、学齢一緒の、気さくな方でして。要は、話、合わせるの方でして。我輩とも、気が合おてるです。
役員会でも、隣同士に座ってまして。

我輩、歩け、歩けの、「ためしてガッテン」実践中にも、時々、遭遇の、嗚呼、柴田はんと、声掛けてくれて、ねえ。
有り難いです。頑張ってるなあと、云うてもらえてねえ。励みにも、なって、ねえ。ソラ、役員故、役員会にての、我輩、参加するも承知故。
イヤイヤ、役員会に、出席の、男性役員でなら、この2人、最高齢でして。出席の、婦人部隊なら、更なるの、年長者居てるですが。

ででの、会計より、O串氏には、連絡もしたと。左様<さよ>かの、二重、三重になっても、結構也と。
云うてるの間にも、O串氏、到着してねえ。
そこで、区長、現れて。

くれぐれもの、大井神社に行ってた、とは、この時、知らんわと。頭っからの、御神酒が云々の、神社えなんか、想定外の話故でして。
着くなり、いきなりの、区長挨拶、始まって。
中身、概略、云々、大井神社秋祭りで、ご苦労様でしたの話でして。
デハ、乾盃と、慰労会、開催成ってねえ。

ンの、実はです。
我輩、現組長での、元区長での。挨拶でも、させられる哉と。させられんの可能性大なれどです。
挨拶、無い筈の時程、用心、用心、火の用心の。心の準備しとかんとなと。それこその、想定外の事、多く。突然に、柴田さん、一発と、指名、要請されてみい。ンの、ゲの、あのなあと。目、白黒、しどろ、もどろの、ドロドロの、です。
トンでも無いの、場違い、声、上ずってもての、真っ赤な顔して、声、振るわせ。手足、バタバタ、悶絶、絶句を、してられませんでして。

一応は、心積もりの、指名なり、要請あらばの、文言、準備だけなら、してまして。
あればの話の、参加の4名、立ちまして。横一列に並べと、促しまして。立ってるだけで、宜しい故と。

ででの、での、開口一番、三方に向かいの、有り難う御座います、と。連呼して。
三発目には、お忙しい処、集まって戴きまして、有り難う御座います、と。
我々4名、我が町内会、某区長よりの、区の代表として、大井神社、秋祭りの、御神輿に参加、ご奉仕要請受けるを、光栄とし。受諾出来るは、健康故と、我が身の幸せと、致しましてと。
唯今、無事、お役目全うの、戻りましたですと。

実は、ここから、どするかを、少々、迷てたですが。
我輩、体力、気力、ギリギリ一杯。
S田氏、余裕綽々。流石の、若手の、U原、K嶋両君、元気溌剌、下手したら、モ一巡、回るのではの、勢い故、やめとけ、やめとけと。
との、話をするか。
子供御輿なるは、米俵を積んでの、子ども達がの、文字通りの、五穀豊穣、子孫繁栄。
大井神社の御神輿には、龍神招き、呼びの、龍神とは、水、雨の神での、神の、輿、神輿に鎮座して戴きましての。町内会津々浦々練り歩きの、家内安全、招福万来、悪鬼邪気病魔退散をと。
何より、平穏無事一番を祈願致しまして。一気加勢。
余裕綽々の、S田氏より、乾盃の音頭をと。

まあなあ、息が続けばの、話の。
覚えてタラの話の、原則、話、長いも、問題での、真ん中飛ばして、デハの、一気、S田氏より、乾盃の音頭をと。お願い致しますと。
した方がと。
一応の想定なら、してたですが。あらへんしと。あらへんで、結構なれどの、慰労会、左程に、盛り上がらんでねえ。

そらなあ、区長、遅れての、慰労会の場、会議所到着ではなと。
拍手先導者も、不在でして。ソラ、区長居てへんでは、なと。
矢っ張り、我々の入場、到着と共にの、拍手喝采にての、盛り上がるわと。

よて、変な話、長居する気、無いモノのです。
あっちに、こっちに、相手しに回ってねえ。我輩がや。飲めへんのにや。下戸やのにと。

若手、女性陣の、一角あっての。4名様、居たの哉の、子供会役員、副区長、会計の奥様でして。ご主人も、参加されてるですが。
イヤイヤ、大した話、してませんの、諸般の、ここだけの話、内緒の話、致したわと。
いやなあ、盛り上がってもてねえ。
大きな声では、はばかるし。小さな声では、聞こえませんですがと。
ゴミ集積場問題、私見、我が見解、披露の。皆様、同感みたいで、常識問題でと。

そんな事で、まずは、実名出してえへんしの。飲めんの、ビールをば、妙齢の美女に強要されて。
酔おたの勢いでの、話やしなと、全部、忘れて頂戴なと、席立てばの、ハイの、聞いてませんの、忘れましたと、拍手喝采されて、ねえ。へえと。

後は、タバコ組誘いの、会議所の、外に出て。
タバコ一服、してから、我が嫁はんの居てるの、年配組婦人部隊の一角えと。
ここでは、大した話、してませんの、モ、ボチボチの、お開きに、しても、ええのと違うかの、話でねえ。そやねえと。

ならばと、元の席に戻りの、法被脱いで、区長に戻しまして。法被は、区長に戻すに成ってるが故での。
そこ、してる内にもの。最早の、婦人部隊、片付けに入っててねえ。
以て、慰労会もオシマイ、お開きやわと。
(14/10/30)


NO.98 簡易裁判所、調停の話(1)

さての、ピンポンのパンと。
これは、イツであったかの、10月の30日<木曜日>の事での、昼一番。
我輩、ガン健診の日での、家、出るの準備万端整えまして。
<参考=「単なる雑談NO.132」NO.1583 初の、ガン健診の話(1)

まさしくの、靴でも履いての時でして。
要は、出るの直前でして。後、1分もしたら、我が愛車と共に消えてるですが。
呼び鈴鳴っての、誰かいなあと。

誰も、この日、薄々なら、察知してるの、区長哉と。
いやなあ、諸般、簡易裁判所に出頭求められてるの日でして。只、簡易裁判所に何時かも、どこのも、知りませんでして。
これから、出発の話か、結果報告哉と。

での、玄関先に出たら、矢張りの、区長での、まあなあ、表情、明るうてねえ。多分なら、早くも、終わっての、その報告哉と。報告も、悪い結果で、なさそでねえ。
ででの、彼、曰くの、彼とは、区長の、行って来ましたわ。で、どやったん。
とか、申しツツの、話の中身が、中身での、簡易裁判所での、ゴミ集積問題、「調停」の件でして。家の外で、大声にての、立ち話してられんの話でして。
家の中に誘いましての、再度の、どやったん。

話の中身、簡潔には、です。
まずは、三者が一同にの、話するで無いですて。先様と、調停員。こっちと、調停員の、話ですて。
更には、最初、裁判官が、諸般の注意事項、申すの、余り、大声出さぬよにとでして。別途の部屋に、当事者、申立人が居てる故哉と。
その裁判官なら、注意事項、述べて、消えたですて。

結果、調停員と、市職員<清掃関係>と、区長の、3者。総数までは、聞いてませんの、細々も、聞いてませんの。
要は、妥協点とするのか。1ミリも、動かんかと。調停員がです。区長にです。
返答、動きませんと。へえの、よ云うたなと。正解、正解也と。

がしかし、です。調停員申すに、それではなと。
役員会に図って、検討して欲しいと。コレ、裁判所からの要請であると、役員会で、伝えて欲しいと。左様<さよ>かと。
結構なるの、役員会で、検討したらと。我輩、その結果までは、云々不明の、役員の総意に基づけばと。

いやなあ、我輩、万事、正直、そのままの経緯で結構と、考えてまして。イヤ、当然でして。
何を云いたいかとなればの、虚構、嘘八百、でっち上げの話なんか、一切する事、あらへんです。ありのままで、宜しいです。
ありのままが、一番に強いです。後刻、矛盾も出て来いひんし。役員会に図る等々、すれば、全役員共通認識と、相成るです。出席してたらなと。居眠りせず、聞いてくれてたらなと。
雰囲気的、居眠りあらへんですが。
話、聞いてても、ええ加減に聞いてての、覚えてくれてえへんは、あるですが。


にしても、そ云えば、そやろなあと。
いやなあ、我輩、三者が、話し合うの哉と、思ててねえ。
それなら、先様、結構、能弁でして。正直になら、区長が、対応出来るの哉と、危惧してたですが。人柄宜しく、同調してしまうの癖<へき>あってねえ。

同調して、話、譲ってしもて、役員会で、発表したら、えらい事に成るです。
役員会の総意、移動云々拒否でして。コレ、我輩の意志に非ずの。我輩なら、そもそもがの、先様の主張、無理あると。
又、回覧についてなら、そこまでの、断固拒否しんでもと。
イヤ、拒否は、拒否で、結構なれどの、先様の云い分、加味したの、回覧を区長作成したですが。
何のと、なればの、まずは、ゴミ集積場なるは、従前通り、使うを了解せよと、過日<7月20日>の、話し合いの時、我輩、明確に、発言したです。
コレ、三役立ち会いの下、先様に、でして。

ならばの、以降も、この件、役員会にて、議題に上げる事を記載せよと、申してねえ。先様がです。
そんな事、回覧に記載出来るモンかと、我輩反論したですが。
ここで、区長見解はと、先様より、尋ねられ。ここから、ウニャムニャの、クシャクシャに成ってもての。兎に角、回覧作成なるは、区長の責務でして。我輩、とやかくの、出来ませんの。任せるにしたですが。

これが、8月5日の役員会にての、突然の、出されてねえ。
いやなあ、文言決めるに、一言、相談欲しかったわと。我輩にや。ならばの、助言も出来たですが。肝心なるの時、相談無くて。役員会にての、いきなりの、文面拝読の。これは、拙いなと。
思えど、必死に弁護したですが。我輩が、区長をや。
そらなあ、役員の1人、申すの通りの、あっちの云い分の回覧ですやんかと。
全くの、その通りで、御座候の、です。

回覧中止と成ったですが。ダケに留まらずの、回収、回収と、大声にての、叫ぶのが居てねえ。誰様とは、申さんですが。要は、本来の回覧に、紛れ込んだら、大変と。
そんなヘマするのが、居てるかの。されどの、その声に扇動されての、回収されてねえ。
イヤ、我輩なら、回収に回さずの、保管致したですが。

当たり前の、こんな事が、あるの可能性、想定内故でして。こんなとは、裁判沙汰でして。
だけで無くの、この手の証拠物件、重要でして。経過説明がためもあるです。
話簡単には、モメてるの件でして。些末なるのモノでも、保管しとかんとと。

オッとの、斯くなるでの、回収、回収の声、少々、意地悪気味的発言でして。区長の立場、あらへんですが。
ンの、これをも、利用とするのか、我輩、原則、ありのままが重要としてまして。
以て、役員会での、強固なるの、拒否を示されたんやと。イヤ、事実でして。役員の、誰1人として、先様擁護の意見出さず。
での、まあなあの、回収も、一法なれどです。

何故に、そんなに成ったかとなればの、話簡単、常識的、先様の要求、ゴミ集積場の、輪番制をと、主張してまして。
一見、そかと。同情も、よお、考えてみの、元々が、その場に、ゴミ集積場あったんやと。これを、知らずに土地買おたの、「知らず」が前提でして。「知らず」は、無いわと。
以て、イザ、住み出せば、臭いがと。特には、夏場、窓も開けてられんの苦痛也と。
よって、利用者各位の、輪番制にて、ゴミ集積場移動を主張してるですが。

亀岡地区では、カラス除けの、網を被せるになっててねえ。輪番制も、これを、一々の、移動させの、取り付け、取り外しで、次ぎの宅様にと、順々に移動するの怪の、話でして。
簡単に網取り付けの出来るの家あれば、難儀なるの、宅様もあるやろしの。それは、工夫するとしても、です。
そもそもがの、周期不明なれどの、ゴミ集積場所が、順々に違てくは、回収業者が困るわと。
とか、云う前に、誰が、そんな事、同意するモンかの、非現実的でして。

よて、やるなら、移動に成るですが。軽減策に成るですが。
妥協案をば、探るに、先様、前面的拒否致しまして。とは、区長と、先様との、話合いの事での、詳細、我々、知らんですが。
コレがあっての、三役立ち会いの下、我輩も出席にて、話合いの場を持ったが、7月の20日。

先様と、区長が、相談の上、作成の回覧文、役員会にての、前面拒否されたが、8月の5日。
そして、時間経て、先様、簡易裁判所に、申立で、区長出頭なるが、10月30日でして。
時間、掛かるなと。

オッとの、くれぐれもの、申しとくですが。この件、発生、今期で無いわと。
前期、昨年の、実質的、6月から、でして。前期区長解決出来ずで、今期にやらされてるダケの話やわと。
はきり、とは、持ち越されての、迷惑なんやと。
(14/11/05)


NO.99 簡易裁判所、調停の話(2)

我輩の立場なるはです。
題目通りの、基本、「我輩は只の組長也」でして。
今期、黙っとこと。大人しくしとこと。
ゴタゴタ、口出しせずの、万事、区長の好きなよにと。心底、思てたです。理由、再度の、「我輩は只の組長也」でして。
とは、云えどの、我輩も、区長も、同じの組でして。後方、影で、とするのか、聞かれれば、しかるべくの、助言致そと。聞かれぬに、出しゃばっての、発言等々、しんとこと。

実際問題、やり難いでと。
我輩、経験してる、とは云えどの、9年の昔<2005年>でして。
役員、組長には、前期区長、3年前の区長も、居てまして。前期区長なるは、2歳下。モ1人、学齢一緒。
いやなあ、今期役員のです。概ねの性格なら、承知してる積もりの、されどの、実体知らんわと。一言、二言の、世間話なら、してるですが。一歩踏み込んで、まではなと。

での、この件、ゴミ集積場問題なら、今期役員選出のための、支部会<組の寄り合い>の時、突然の知ったです。
この話、繰り返しに成るですが。
区長、奥様代理出席での、立候補。よて、へえの、シャン、シャンで、目出度く決まってねえ。

次ぎ、組長<支部長>なれどの、こっちが、番狂わせの。本来ならの、家の並びの順番なれどの。該当の方、諸般、心臓病云々のと。手術がと。
この話、我輩、承知してましての、世間話的、適当に聞いてたですが。それなら、組長、交代してもらわはったらと。申すの方、出てねえ。フウンと、聞いてたですが。
更には、別途の方申すに、その心臓病の方なるは、大きな役職されてましての。それが、終わるまで、飛ばして差し上げたらと。フウンと、適当に、聞いてたですが。

イヤ、手術云々と、されてるの方、そんな事、してもらわんでもと。ハハハの、ハと、笑い飛ばされるやろと。
思てたの矢先の、その時の組長、我輩の前任者になるですが。
突然の、柴田はん、どでっしゃろと。えと。ビクリの仰天したです。

そらなあ、そんな場で、心臓病、手術云々なるは、世間話やないですか。と、なんか、口に出来るのモンかと。
組長なんか、ご主人で無くともの、奥様でも、出来るやないか。とも、口に出来るのモンですか。
加えての、当家、我が方、何とまの、これで、番狂わせの組長拝命、3回目やでと。とも、云えませんでして。

ほんまやでの、1回目、引っ越して来て、スグにも、とあるの宅様、組長替わってくれやはらへんやろかと、頼まれまして。ご主人の仕事の都合でと。単身赴任で、云々のと。番狂わせで、拝命致し。
前回、14年の昔ならです。
先程の、心臓病の宅様、役員決めるの、組の寄り合いにての。副区長に立候補されてねえ。それは、結構なれどの、ついては、組長との、兼任はと。無理故、柴田君、替わってくれと。ンの、えの、ビクリの仰天致したわと。

我が方の立場から、云わせて戴ければ、事前の、一言、云うて欲しいわと。
繰り上げ、組長、やるは、やぶさかで無いですが。心積もりなるが、あるです。まあなあ、どちみちの、1年早いか、順当かの、違いなれどです。

とかとか、今期も、そんな次第の、突然でして。2回共にの、心臓病の宅様の、突然の話、からでして。
云うたってなあ。ご当人、前回の件、忘れてる、やろと。14年の昔やしの。又なあ、突然の、そんな話、された方の気、分からんやろと。心穏やかに非ずやと。

そらなあ、変な話も、出てましての。別途の大きな役、終わってからと。
その大きな役、果たしての、何年続けられるやの。その間、ズと、組長免除哉の。それ、どこまでの、本気の話か、胡麻摩りかと。先の事、考えずの。我輩、胡麻摩らんしなと。聞こえ、ええの、恰好ええの事、云わんしなと。

成った以上、筋は筋としてです。
来期組長、決めるの際には、事前に、その宅様に打診致すにしてるです。さもなくばの、中途半端でねえ。
前年度、こんな事で、当家、我が宅、組長拝命したですがと。次期、どされるですかと。その返事に寄り、そっちに戻らず、先に回すになれば、それは、それで、その先様には、こんな事でと。
戻るなら、戻るで、仔細、伝えんならんわと。此度、我輩の区長拝命、変な具合、経緯でして。

オッとの。
それでや。
その後ですやんか。解散と、思いきやの、問題の宅様が、です。皆に聞いて欲しい事、あると。当時組長より、話あっての、帰れずの、拝聴したがです。
我が方、そこの、ゴミ集積場使用してませんで、皆目の知らんかってねえ。へえと、ビクリしたですが。

只なあ、難しい話とは、思いませんでして。
即の、組長には、申し入れたです。
ピカピカの、一年生区長、来期区長の事なれど、です。では、無理也と。今期中に何とか、解決するよに、現区長に云うといて頂戴なと。

コレ、当たり前でして。
そもそもがの、こんな話、持ち越されるが、信じ難く。イヤイヤ、持ち越されるとは、決まってませんですが。任期ギリギリでもの、任期中に、解決の可能性あるですが。
そらなあ、その程度の実力はと。時の区長になら、ある筈と、信じてまして。
少なくともの、我輩、区長時代なら、解決してるの自信有りの、問題でして。

一緒には、成らぬですがの。似たよな件、我が期にも、2件あったわと。
一件なら、即日、即刻の解決してまして。
モ一件なるは、我輩、ピカピカの、一年生区長、就任以前の、多分なら、寄り合いにての、阿弥陀籤で、決まってもたの、明くるの日に、云いに来られたの、件でして。
安受け合いしてねえ。難易度、分からんでねえ。
云うて来られたの、苦情内容も、理解出来まして。

コレ、総会にも、出てたの、「懸案事項」での、秘密でも、何でも無いの、公開の事項でして。且つは、誰かが、ミスったで無いの、事でして。
されどの、思うに任せずの、極めての、難題でして。最後の、最後の、我が期、期末総会でも、その件、「懸案事項」に記載してたの事、なれどです。
最終的、次期に、引き継ぎも出来んわと。引き継ぎしたって、成らぬ話での、成らぬを引き継ぎしたってなと。我が期中に、決着をと。
宅様には、謝罪しに出向いたわと。申し訳ありませんと。

イヤ、経過は、その都度、宅様には、報告してまして。難しいですと。とは、何度も、何度もと。
イヤイヤ、よって、諦めて頂戴。とは、申してませんです。最後の、最後まで、可能性のあるの限り、努力致すですと、申してるです。事実、最後の、最後まで、努力したです。最後とは、任期満了の意。


オッとの、話、逸れてたですが。
前任組長に、伝えたですが。伝えても、余り期待せず。
とは云え、前期区長が、この、ゴミ集積場問題、解決してるの可能性あったですが。
その今期第一回目役員会にての、区長発言にて、飛び出したが、コレでして。
要は、区長宅にです。先様、奥様と、2人、この件、解決されたしと。さもなくばの、弁護士に相談たら、訴訟をと、云うて来られた、との事での、へえと。

以て、前期区長、理由諸般あるも、次期、持ち越し、したが判明。
諸般の、今期区長の様子より、正直、少々、解決難儀哉と。
我輩、初っ端より、全面的、協力せな、ならぬなと。ほならの、大人しくの、寝てられんなと。
ほんまやでの、我輩にしたら、想定外の、事態でして。

での、何の話、かとなればの。
この件についての、我輩の立場、参謀、脚本家。
言語明瞭になら、影の指導者。時には、表面に出るですが。
イヤ、過日、過月<7月20日>、三役立ち会いの下、先様との、話合いしてるがな。本来、我輩、只の組長、出番あっては、困るんやでと。
そこを、理解で、我が心中、立場、分かって頂戴なと。
(14/11/06)


NO.100 簡易裁判所、調停の話(3)

何度でも、申すです。
「我輩は只の組長也」でして。
基本、区長に任せれば宜しいです。イヤ、基本、任せてるです。当たり前でして。町内会の最高責任者、区長でして。

只なの、この件、ゴミの件、我輩が一番に詳しい、のではと。
何故かと、なればの、一番に真剣に考えてるから、かもと。
イヤ、区長が考えて無いとは、申さんです。考えてるです。簡易裁判所の件にしたって、出頭なり致すは、区長でして。当事者でして。我輩、傍観者。
且つは、11月突入にての、半期済み。後半に成ってるです。町内会行事も、後1つで、「防災訓練」程度で、知れてまして。

但しの、町内会行事としては、の、話での。自治会のが、諸般、あるです。
あっても、自治会執行部の指示、計画に従おてたら、宜しいです。
まあ、詰まり、後半に成りの、区長も、区長経験、半年経ったです。ピカピカの一年生も、半年経てば、諸般の立場、役目も、自ずから、分かるです。
モ一発の、まあ、詰まり、この件にしたって、何をすべきかが、分かるです。

とは云え、当事者は、当事者なりに、気持ち、穏やかに非ずの、混乱してるです。
我輩、只の組長故に、気楽なるの立場でして。思考回路に余裕あるわと。その差が大きいの哉と。

要は、先読みでして。
先読みするにも、相手様のある事でして。難儀は、第三者、調停員が加わったの事でして。
オッとの、その方が、話、明確に成りの、結構なれどです。
結構も、如何なるの決着、調停案、示されるかは、分からんわと。分からんでもの、常識の範囲、あってねえ。ど考えたって、先様の云い分、我が儘でして。
イヤ、我輩、その原因、背景に至るを、読んでまして。読み、当たってるかは、分からんですが。当たらずとも、遠からずと。

残念乍らの、この事、ここには、掲載出来ませんですが。
よって、我輩、先様には、同情するの面、あってねえ。全面的、我が儘やとか、自己責任がと。とも、攻めとも、無いですが。
遠回しになら、婉曲になら、前期での、当初での、ボタンの掛け違いなるが、不幸の始まりでして。
この事をば、当時の当事者、現在の当事者、分かってませんでして。現在の当事者には、解説、説明してるですが。理解してくれてるかは、分からんの。一部、役員になら、推測なれどと、開陳致したですが。
諸般、質問あったが故の、ついでの話として、でして。

かと、云うて、過ぎたるの時間、話は、戻らんわと。
現在、あるの状況、現実でして。
現実になら、先様より、簡易裁判所通じての、「調停」に持ち込まれたに成るです。
まあ、つまり、挑戦状でして。喧嘩売られたになるです。
喧嘩には、勝たねばならぬわと。負けてられんわと。

ホンマやでの、ええ歳した、大人、爺様世代なるが、です。新婚さんに負けてられるかと。
イヤイヤ、そんな話に非ずの、この件、根本的、狂てるわと。
新居求めるにの、当地、下見で、ゴミ集積場の存在、知らぬは、有り得ませんです。別段にの、隠しもしてへんのにと。業者なり、近所、近在の方に、生活ゴミの捨てる場所を聞かんかったんかと。

聞かず、知らずして、当地、買いの、買うの契約してから、ンの、ソバに、ゴミ集積場あるを知って、移動させて欲しいは、可笑しいわと。
簡単に移動出来るのモノなら、するですが。
するは、我輩に非ずの、町内会の責任者、区長なりの、判断、決断なれどです。

だけで、事、進むのなら、苦労はいらんの。そらなあ、従前、そこを使用の面々、移動で、遠くなるの方々、文句云うは、当然でして。
移動先の方、怒るぞと。あっちが、文句云うて、こっちに来るなら、文句云うたの勝ちかと。
とかとか、そんな事が、方々に伝わってみい。家のソバに、その手の、供用の場、ゴミ集積場のあるの宅様、黙ってるかと。
ダケでは無いの。防火、消火の、ホース収納箱の設置されてるの宅様もあってねえ。これも、邪魔な話での。そんな宅様まで、コレ、除けよ。移動せよと、声上がってみい。収拾付かぬに相成るわと。

要は、一箇所でもを、一部でもを、一旦、動かしたなら、です。
利害、損得、派生しまして。よて、現状のままと、するが、役員会の総意でして。

オッとの、当初、我輩は、と。するのか、区長が、です。移動案考えたは事実。
役員会にての、概要申したですが。反対と、するのか、役員、乗って来ませんでねえ。
案だけなら、組毎に、自分の組単位で、場所考え、決めたらと、するも、あるですが。
そらなあ、現在唯今、ええ場所のあるの、組と。適当なるの、場所の、無いの組あってねえ。組毎には、一見、良さそな案なれどの、大変なるの、不公平案でして。

では、あれどの、です。
それを、説き伏せ、ねじ込みの、推進するの、熱意、情熱あるの、区長なら、です。出来ぬの相談でも、無いけれどや。
イヤ、文句なるは、遠くに成る方。組によったら、場所の無い組でして。これは、個別対応したら、の話、なれどです。

それでもや。
現在唯今、苦情、移動、調停申してるの宅様、先様の事、知ってみい。皆、収まらんわと。
ならばの、大局的、大思想で、以ての。大思想と、する程の、大袈裟でも、無いけれどや。高がの、ゴミの話でして。されどの、ゴミの話、なれどです。

現状、我が町内会、110軒で、7箇所もの、場所設置でねえ。
コレ、軒数割合にての、場所、多いなと。結果的、我が、見立てなれどの、3箇所、無理してるの場所、あってねえ。家の真ん前と、するのか、スグの、ソバでして。
これらを含め、現、苦情申立の先様とは、無関係の。全面的見直しの、構築ならと。

との、考えも、我が腹案には、あったけれどや。現在唯今、尚、あるけれどや。
我が町内会の、区長、任期1年。
ピカピカの、1年生区長で、処理出来るやと。まあ、無理でして。

我輩、えらそに云うてるですが。我輩でも、9年前の、ピカピカの、1年生区長の時の事、振り返れば、無理、無理の、無理でして。とてもや無いの、気が回らんわと。
任期、2年の区長なら、です。区長職の役割、自覚、自認、行動力、2年目にての、発揮出来るですが。
我輩でもや。現在唯今、諸般、やれるは、申せるは、です。9年の昔であれどの、区長経験してるが故でして。
只なの、腹案あれどの、我輩、只の、組長也の、決定権、あらへんわと。区長でも無いの、只の組長が、です。方々の宅様に、です。説得するなんか、したら、アホかと。利害関係発生する、のにでして。
出しゃばりの、過ぎ、過ぎの、アホウの。恨み買うの、ダケでの、町内会に居てられんよに成るわと。
それが、只の組長と、区長の差、違いやわと。
(14/11/07)



inserted by FC2 system