財テク失敗談NO.2

財テク失敗談NO.1
−詐欺集団にご用心−
<インチキ投資顧問>
商品先物業者は合法的詐欺集団>

目次

財テク失敗談NO.3

NO.3 証券会社の担当者

20.五代目担当者(2) 電話攻撃

19.五代目担当者(1) 電話のマナー

18.四代目担当者 存在したのか、四代目

17.三代目担当者(7) NTT株の話(7)

16.三代目担当者(6) NTT株の話(6)

15.三代目担当者(5) NTT株の話(5)

14.三代目担当者(4) NTT株の話(4)

13.三代目担当者(3) NTT株の話(3)

12.三代目担当者(2) NTT株の話(2)

11.三代目担当者(1) NTT株の話(1)

10.二代目担当者 手土産の栗大納言

9.初代担当者(8) ITの寿命

8.初代担当者(7) 初めての株式投資(2)

7.初代担当者(6) 初めての株式投資(1)

6.初代担当者(5) 猫も杓子も株時代

5.初代担当者(4) 天命は下されている(2)

4.初代担当者(3) 天命は下されている(1)

3.初代担当者(2) Nasdaqの話

2.初代担当者(1) 日経平均の話

1.亡国の三馬鹿トリオ

財テク失敗談 NO.1


NO.3 証券会社の担当者

1.亡国の三馬鹿トリオ

お金にまつわる成功例は他人さんにするものではナイらしい。
宝くじで十万円なら親戚縁者、友人、知人にでも当タッタゾと云い触らしてもヨイのですが、桁が上がれば要注意。
何処でドンな人が聞きつけ、事件に巻き込まれるとも限りません。万が一にでも一千万、一億円が当たったら嬉しいやろなあ。
そこら中の人にチョッと聞いてんかと話をしたい気持ちになるのも分からんでもありません。されど、ここはグッと我慢して口にチャックです。
中途半端に百万円ならどおするか。これは、ご馳走する気なら、宣伝してください。ナニもする気がナイなら黙ってろ。
兎角、自慢しいは困ります。やったで、当たったと吹聴して廻ってソレっきり。聴かされた分だけ苛ついて腹が立つ。
一番佳いのはそんなこと黙っておいて気は心。チョッとした品物でも贈り届けるのがヨイのです。いわば、幸運のお裾ワケ。そんな奇特な人ならツギなる幸運も訪れますよ。そんなことで、私にもナニかクレ。
ところが、十億円、更に桁がウエなら、ドオでも宜しい。親戚縁者、四方八方、天上天国、地下魔界。知ってる限りに於いて、一切無縁。それこそ、黙ってるのかなあ。私には経験がナイから分かりませんが、そんなお金が有ったらなあと夢には思う。
そんな夢見てヤルのが投資の世界。私にしても、口では我がお小遣いの足しにでも。或いは、家族で海外旅行などとウソ八百並べ立て。
ウソと云うより、その気は山々なれど、一回も家族で海外旅行など行ったことがナイ。これが偽らざる現実や。勿論、私も株には興味があって、十何年かマエからやり出した。ここから先はその話です。
取引サキは古今東西彼の悪名高き野村証券。
固有名詞を曖昧にすることナク、実名報道は如何なものかと思いますが、ドッチミチ、皆様、実体はヨクご存じでして。我が担当者にしても、一二年で転勤ではないですか。イマ何処の支店か本店かも知りません。もしかして、辞めてるかも。
掲載の話もウソでもナイから、躊躇することもナイし、実名でやりましょう。
野村証券のダレかが我がサイトに訪問してくれて、文句有ったら云うて来い。私も真面目で、気も小さい。ドオしたもんかと悩むくらい悩んであげる。
それで儲かったのか儲かってナイのか。簡単にはこの時点では幾分儲かってます。但し、イマ持ってるのを全部売ってしもて、お金にしたらの話。これから先のことは分かりませんし、今日明日にでも赤字転落の危機に瀕してます。
正直云えば売るに売れん状態で、ナニを隠そお最初は橋龍さんのお陰でした。イマや三馬鹿トリオのセイやがな。
森喜朗首相、別名イチビリ自慢の蜃気楼。蜃気楼だけなら実害はナイのにポーツずきのワリに、イザと云うとき動かん過ぎて、墓穴を掘って。追加で、ポマード大王橋本行革大臣、平成の妖怪宮沢財務大臣。
云うまでもナク、宮沢さんは自民党下野の張本人。橋本さんは日本を瀕死にさせた極悪非道、無知蒙昧、佳い格好しいで怒り虫の薄笑いで自慢シイ。幾ら云うても云い足らん。出来ることなら蹴飛ばしてやりたい。
森さんなんかサッサと辞任すればヨイのに居座りくさって、イマや支持率一桁で厚顔無知とはコイツのことを指す。ついでにコイツも無知無能で恥知らず。
与党の幹部も口も開けば予算案成立が大切でアル。そこまでは支えなイカンのや。何故ならば決まるまでの損失、日に数百億円やて。アホ抜かせ。
それよりも、森さんが居座てることの国家的損失のホウが桁違いにデカイ。云うてる間に日本経済が破綻でもしたらドオする気やろ。ドッチミチ、宮沢、橋龍みたいにワシャ知らぬ存ぜぬと、イイ気なモンで、責任なんかダレも取りません。現に二人のA級戦犯がこともあろおに大きな顔して威張ってる。
ナニを隠そお、その目的たるや日本の国民に引導を渡し、ギュッと息の根止めるため。
勿論、野村証券の話をする予定です。辛抱タマランから、ツイツイ、ソッチの話をしたまでや。
証券会社もナンやけど、もっとデカイ、国家国民、庶民の敵が亡国の三馬鹿トリオが幅効かしてるでと云いたかっただけ。
ここで、断ってオク。私は時代錯誤の共産党なんか大キライやで。
(01/02/22)


2.初代担当者(1) 日経平均の話

マダ云い足らん。森総理の厚顔無知、日本発世界の物笑いで恥知らず。
これは、余所さんが評価するだけで、ご当人はそんなことゼンゼン思てない。
ここに厚顔無知の意味がアル。幾ら罵倒しても馬耳東風。森総理が口を開けば、私は私なりに一生懸命やってるだけ。ナンの落ち度がアルもんか。ゴルフの何処が悪いのか。
こんな具合に棲息してる世界がチガウから、困るのです。ダレがて、私等国民がです。
イヤ、このオッサンだけではナイのです。日本の政治家なんか、皆そんなモンで、ここに日本国民の不幸がアル。
先日(2月18日)もサンデー・プロジェクトに与党の自民古賀、公明冬柴、保守野田三幹事長が出演してました。
支持率の話が出ても、ソレで辞める理由にはナランのや。大切な予算案を通してから等と口を揃えて宣うのです。
政治家とは民意を反映せねばナランのや。支持率一桁でそんな寝言を云えること。ナニが大切か最優先か理解出来てないから脳足りん。明確な表現では阿呆そのもの。
自分等を何様と思てるのやろ。さしずめ特権階級。オマエ等下郎がナニ抜かすくらいの認識しかナイのです。その下郎の怒りなど届くワケないのですが、我慢ならんから掲載してる。
サンデー・プロジェクトでは日経平均株価の話も出てたのです。昨二千年三月二万円の高値から七千円も下落してるではないですか。田原総一郎が攻めよった。
続けて、森総理辞任説が飛び出したら、それまで下落の株価が急に上昇した。その話が打ち消されたら元の黙阿弥下落して。株式市場は明らかに森総理の辞任を待ってるで。辞めるだけでも二千円は上昇するハズ。ここで自民党幹事長曰く。
「そんなモン、一時的なことですがな。スグにも元に戻ります。」
上昇も一時的やて、この馬鹿ナニをエラソオに無責任なこと抜かす。それこそ、一時的かドオかはやってみて、検証してみなければ分かりませんし、スグ元に戻るとは下落することを認めたことになる。上がったのは事実。ナニよりの証拠には森政権下で延々と下落してるのは事実です。
そこで、ヘンなヤツが援護射撃しよるのです。財部誠一なる経済評論家。
「チガウのですよ。日経平均は昨年四月十五日に採用銘柄の入れ替えが有って連続性が途絶え、二千円のズレが生じてます。」
ナニがチガウのか。下落してる事実に間違いはナイ。下らん援護射撃など結構です。私がテレビに文句云うても始まらん。マエにも、コイツは得意満面、宮沢さんにオナジことを云うてたで。この人物元野村証券。
さて、お金にまつわる話は難しいのです。損した話はザマア見ろ。儲かった話はコンチクショウめ。そのウエ金銭感覚なるものは千差万別。
野村証券担当者の話です。
初代はヨシカワ氏。口座開設でワザワザ亀岡の我が家にまでお越し戴き恐縮至極。
このカタなんか、当時学校出たて程度の年齢で店頭主任さん。私なんか四十歳マエやったけど、ナンです、云わんとこ。腹が立つ。
トキタマ、間違おたみたいに土曜の夕方電話してくれて、近況報告してくれる。
正直云うてナンのことやらサッパリやった。云うたらナンやけど、日経平均がナニを意味するのか、電機が薬品が建設が、食品に商社がナンで銘柄がナンやと云われても、上場の意味さえ、チンプンカンプンやから、ハア、ソオですか。それこそお念仏。
理由は簡単。当時定期預金の金利など五%から九%。ウソみたいなホンマの話。されど、住宅ローンも高かった。八%か十数%。サラ金ナミです。
この時代、日本生命のオバチャンが百万円を五年で百五十万円にしたげるで。特別養老保険なる新商品が出来たけどドオですか。勧誘しに来よった。やりたかったけど、そんなお金があるもんか。
せめて十万円ならやらせてもろたけど、百万円でないとアカンのやて。悪いけど、そんな時代、株などお呼びではナイ。
(01/02/23)


3.初代担当者(2) Nasdaqの話

イマの日本市場は米国Nasdaqの写真相場と云われてる。
勿論、私は云うてません。その筋の面々が得意満面で云うてます。
写真相場とは相似形との意味で、アッチが下がればコッチも下がる。アッチが上がればコッチも上がることなんやろ。結果、大小の差は有ってもカタチが似てることにナル。宮沢さんもソオ云うし、市場関係者も斯様に主張してます。
宮沢さんは頭脳明晰、東大出身で元総理の言であります。昨年のこと、これ又、サンデー・プロジェクトで日本のIT銘柄が下げてる時に宣おた。
アチラさんは約十年の歳月を経てイマが有る。日本のIT相場はこれからの十年なんやから、ナンにも心配してません。米国も大丈夫です。
ナルホド、流石は常に沈着冷静、日本のことなんか最初っから心配してナイからこの言も無理はナイ。確かに米国にはグリーン・スパンさんが居ますから大丈夫かも知れませんけど、日本はドオなんや。宮沢さんが居るからアカンやろ。
ダレかは知りませんが、或る市場関係者が調査したところ、Nasdaqと日経平均の連動性が、0.7になってるのやて。
この数字と写真相場の言葉だけが一人歩きして、イツの間にやら当世日本の株式市場の調子が悪いのは、ゼンブ、アチラさんのセイになってます。
こんなこと、ウソかホンマか検証する程のこともナイ。ハッキリ云うて出任せ口任せのインチキです。そもそも、連動性が、0.7と公表するなら前提を示してからにしろ。表現は曖昧で統計学で云うところの相関性とは云うてナイ。単なる連動性です。意味不明にして、悩ましくもイカガワシイ文言です。
この写真相場なるものが意味するところの連動性が、0.7。それはイツからソオか。
Nasdaqは天才、グリーン・スパンさんが日本に遅れること、十年目にして発令したバブル潰しのためです。
時期たるや下落基調は二千年の始めからで、日本の株式市場はその十年マエから下がりっぱなし。
理由は分かってます。一時、戻りそおになったのにそおはサセジと日本経済の息の根止める愚策を執行した彼の有名な橋龍政権時代。
にも関わらず、当世大不況、就職難、リストラを奨励のバカボンをマタモヤ次期総理大臣にと推するオカタが存在するから日本は広いよなあ。
株式市場なるものを何処を起点にするかが難しいけど、強引に比較するならば、話は簡単に90年当時なら、Nasdaqは五百ドル見当。最高潮が二千年三月で、五千ドル。イマ騒いでますが約二千ドル。一旦は十倍になったのや。イマでも約四倍。
日本なんかその90年始めが史上最高値で日経平均四万円を伺おてたのに、バブル潰しで下落して、ツギの最高が96年の二万二千五百円。米国Nasdaqの最高潮がキッチリ日本の十年遅れ。事程左様に実績が、歴史が証明してます。
日本の政治家は至って冷静ではありますが、直近の最高は二千年四月で、20400円也。イマ一万三千円の攻防戦。この騒ぎ具合こそ、米国と日本で逆連動。グレーン・スパンさんが金融政策を明らかに失敗したけど、必死に汚名挽回しよおとしてるのや。
日本ではやることが遅すぎて、出て来た対策は逆噴射ばっかり。此れでは日本国民がタマランなあ。
さて、写真相場とはその下落再開の昨年四月からなんかなあ。つまりは、期間限定、賞味期限付きの話を無為無策の逃げ口上にしてるだけ。騙されたら、アカンのや。
モオ少し、期間を長くして、以前の底値のトキが98年10月で一万二千八百円也。
結局、それ以前なら、米国は強いのにナンで日本はアカンのかと、証券会社も市場関係者も口々に云うてたやないですか。云うたことを忘れてしもたらアカンがな。
つまり、98年10月からNasdaqが下げに転じた結果、モトモトが大波動で下がり続けてた日経平均と連動性が出て来ただけ。
ソレに同調してる東大出身の宮沢はんのオツムのナカはドオなってるのか。キット空っぽで、揺すれば、カラカラと味も素っ気もナイ、無味乾燥な砂漠の砂の音が聞こえて来る。
コイツこそ時代に遅れること十年どころか五十年。
早い話が、こんなことくらいド素人の私如きが云うまでもナク、市場関係者とはソレで飯喰う連中のことやから、全員知ってるハズ。知らんかったらモグリです。
トリアエズ、話題と云いワケ造りのでっち上げ。単なる責任転嫁。専門家の認識がこの程度では日本もアカンわなあ。外国勢の餌食です。
と云いたいけど、マスコミもそんな話を検証もセズ、垂れ流してるだけやから、思考能力ゼロ。
綺麗サッパリ忘れてた。主題は野村証券の初代担当者のことやった。
(01/02/24)


4.初代担当者(3) 天命は下されている(1)

日本の近未来予測。
IT関連がこれから伸びることくらい宮沢さんでナクとも、皆さん分かってます。
もっと、有りますで。老人の介護問題が更に表面化。核家族も増大して子育て問題も深刻化する。
その反面、遺伝子治療と環境問題が向上してしもて、結果人間様の寿命が延び過ぎて、世界の人口も爆発で食料戦争勃発や。
よって、如何にしてこの世からお年寄りを抹殺するかが隠れた大問題とナル。
そんなこと、ハッキリ口にスル、センはベツ問題。丁度、その頃私等がそのお年寄りに該当してしもて、チクチク、ジワジワ、コノ穀潰し野郎と邪魔者扱い。肩身も狭く冷遇虐待される運命とチガイますやろか。これを予測してるから、長生きなんかしとおナイと早くもイマからひがんでます。
イキナリ、話が逸れてしもたから、僅かに元に戻します。
先日、S&Pなる名称の米国籍の格付け会社が日本の長期国債をAAAからAA+に引き下げたのやて。この手の格付け会社も沢山有って、ナニがナニか分かりませんが、要は日本政府の財務体質が悪化したとのこと。
日本の最高責任者と金融担当の責任者はダレやろか。いわば、そのオカタの格も下がったことも意味してる。ソレでも、元がAAAやから大したモンで、そもそもソレが間違ってるから、ヨイ加減なモンです。ドッチミチ、ご当人には自覚症状ナシでお目出度い。
理由は明確で、国家的金融施策は政治家官僚と、ソレを取り巻く団体と金融機関だけを大切にして。肝心の日本国民を馬鹿にし、犠牲にし、施策の効果もナシでは情けナイ。
もおチョッと話を元に戻します。云うても大して戻りません。
この日本の国は、ナルホド、不思議の国と云う話。ハワイ沖で原子力潜水艦グリーン・ビルにぶっつけられた宇和島水産高校の実習船えひめ丸が沈没。尊い九名がイマだ行方不明。
そのとき、我らがボンクラ森首相はナニしてた。ゴルフやってたのやて。記者団に云うには、健康管理してナニ悪い。その時に居た場所が悪いのか。
言い訳、弁解は結構です。どっちにしたかて、ゴルフのホウが重要であったらしく衝突事故の話なんか上の空。
私なら、皆まで聞かずとも、「原子力」とその文言が耳に届いた瞬間、卒倒してしまう。
「原子力」は怖いやナイですか。イラン場所に亀裂でも入ったらドオします。その実習船に森さんのご家族でも乗船してたとしたら、ドオします。
慌てふためき、真っ青になり、取るものもトリアエズ、着のみ着のママ、理屈抜き。ナニが悪いのや、ほっといてクレ。
側近が、イヤ幾らナンでも我が国家の顔であり代表が素っ裸で外に飛び出すのはマズイから、パンツ一丁くらい履いてクレ。
ソレも無視して兎に角一目散。特別機でハワイにスッ飛ぶで。服ならその機中で着たらヨイ。ソレくらいのホウが愛嬌有って宜しいで。
警察もそんなことなら猥褻物露出罪陳列罪では捕まえません。国家国民も世界からも諸手を上げて拍手喝采誉め称え、支持率一桁が一気に逆転優勝したハズや。
まあ、所詮は余所事やからヨキに計らえ。ワシャ、ゴルフ三昧してるワイ。ナニブン、チョコレートを賭けてます。
このチョコレートの意味なるものを私は知りません。マサカ、ゴルフに加えて料亭三昧の森さんが、私同様甘党でもあるまいに。
マサカ、ゴルフし乍らチョコレートを頬張ってるワケでもナイやろに。世に云うところの賭けゴルフ。握りと称するものやろか。
そやから、私はゴルフが嫌い。ナンと弁解しよおがするまいが、所詮は娯楽。プロ・ゴルファー以外はです。
ついでに魚釣りもスポーツやし、ボーリングもスポーツ。これも、プロからしたらお仕事です。
云うたら、百人一首もスポーツやし、水泳も卓球も野球もナンでもそおやで。
不謹慎な事ですが、実習船衝突事故は日本国民の救世主になるやも知れません。
この問題こそがマサシク天命で、森総理がゴルフ中であったばっかりに賭けゴルフから、ゴルフ会員券の贈与問題まで出るハズのナイ悪事が悉く白日のモトに露呈された。体のデカイくせして肝っ玉の小さいヤツ。これを天命と称さずにナンとする。
チナミニ、この現象、イツぞや聞いたことが有る。実際のことは知りませんが米国のコーチャンなる人物が突如登場してのロッキード社から旅客機売買に絡んでの口利き料、ピーナッツ、何個授受の話です。
トキの首相田中角栄氏がこのピーナツ数個で憤死した。今回は人物に見合い、遙かに桁チガイですが、身内の森事務所から出た話だけに真っ黒けの事実やろ。
又もや野村証券の初代担当者の話が消えたなあ。
(01/02/25)


5.初代担当者(4) 天命は下されている(2)

もおチョッとだけ云わせて欲しい。
貯まり貯まった政治家に対する不満が吹き出した。
森さんなんか何処かの会社の社長さんから、戸塚カントリーと称するゴルフ会員権の、ナンやて、ナニ云うた。名義は向こうさんで利用が私、やったかなあ。意味がサッパリ分かりません。
兎に角、当時の時価で数千万円の会員権を無償貸与、でもナイなあ。税金、届け出一切無関係と云う都合のヨイ話が罷り通ってる。
流石は超有名実力特権階級の政治家です。ところが、ヘマしたばっかりにこんな阿呆な話が出て来る、出て来る。チョコレート何枚の話までが出て来る。ご当人はイマだにヘマしたとは思てない。
されど、天命でアル。仮にえひめ丸の沈没が日がチガイ、タマタマ公務中なら、こんなことにはナランかった。ゴルフも終了して、チョコレートの精算も完了してたらナンともナカッタ。
遊びの真っ最中でもチョコレートを賭けてナカッタラ、ドオもナカッタかも分からんのや。
カモばっかりですが、この人のことですからそれでも単なる事故と判断した可能性もアル。反対にえひめ丸が米国籍の漁船にでもぶつかってみいな。アッチの船が沈没行方不明にでもなっててみいな。大慌てやで。
裸であろおがチョコレートを頬張ってる真っ最中であろおが、瞬時に血の気引き顔面蒼白。着の身着のまま特別機ですっ飛んで米国様に対し土下座して。
これは、これは、申し訳ありません。
即刻、当方負担で引き上げに取りかかり、犠牲者の皆様には手厚い賠償。えひめ丸の船長始め関係者全員は問答無用で身柄拘束のウエ、獄門、張り付け、さらし首。まではベツにして、厳重に処罰致します。ナンならソチラ様で釜で煮るなと焚き火で焼くなとお好きなよおにしてください。私ども日本の政治家は米国様の仰せの通りに致します。
何卒、平に平にと平謝り。ナニを畏れて平謝るのか。単に我が身の安泰のみ。
米国側は、イヤまあそこまでして戴かんでも結構ですよ。
森さんはそんなご遠慮は無用です。それでは私の気が済みません。ナンなりとご指示くださいな。日本国民の生命財産など守るにアタイなど致しません。そんなこと私森が証明してますがな。
現実の話はドオなったのか。失敗は仕方ナシ。その瞬間の判断ミスも仕方ナシ。ところが、真相が分かって、マダ私の判断は正しかった。コレではアカンし、情けナイ。そして、アレから何日経ったのか。
米国から特使が来るとの話は有っても、イマだに来てません。森さんが電話の一本でも掛けて抗議した噂も聞いてナイ。
外務省のお役人様がオマエ等ナンたる対応かと激怒し、米国相手に丁々発止。そんな話も聞いてナイなあ。ドッチが被害者なんか、反対みたいに思うけど。
全てが逆回転。明らかに無知無能の森さんを天が呆れかえって見放した。
ナンでもヨイから、一つくらい日本国民にとってヨイことをしてクレよなあ。それは早よ辞めてしまえと云うことや。
早よ辞めたら辞めるだけ、拍手喝采されるけど、遅ければ遅いほど、誹謗中傷の嵐が吹きまくり、自殺者も増えますゾ。
やればやるだけ、ボンクラ森さんの話も鬱とおしなって来た。ボチボチ、野村証券の初代担当者の話もセンとアカンなあ。
されど、イマ少し当世の惨状を述べてみたい。
理由は十数年マエの初代担当者の時代背景と比較したいから。
(01/02/26)


6.初代担当者(5) 猫も杓子も株時代

政界に巣喰い、しがみつき、日本をズタズタに切り裂き、国税をむさぼる連中。
言わずもがな政治家と官僚のこと。
コイツ等は人間の仮面を被った妖怪です。我が身さえ良ければそれでヨシ。どのみち責任者不在で勝手放題シ放題。
余りに範囲を広げるとヤヤコシイから政界にだけ限定すれば森さんではアカンと全世界、衆知のことにも関わらず、主立った連中のダレ一人、それでは我が輩がこの乱世、国難の時代、救国のためにと錦の御旗の基、決死隊を募り次期日本国家の最高責任者として、一身一命を投げ出し、心血を注いでやるとは宣言しません。
本音としては政治家たるもの一時一分一秒でも一家郎党のタメ、家系図のためにも首相をヤリタイくせに、ここでドロを被るのがイヤなんかなあ。そんなことなら、私がやってやりたいけど、何せ資金と知名度、支持者も無ければ、人前での演説なんか大の苦手で愚痴云うだけの気の小さな人間です。
それならばと、山崎元政調会長が名乗りを上げた。加藤茶番劇の汚名挽回のため。
すかさず、ポマード大王、橋龍が首相退陣表明は自民党大会マエにしたらどおですかと提案やて。
オマエさんが出しゃばる場面とチガウがな。それなら、アンタのお手々を上げなさい。ソレもヨオせんくせに大きな顔してエラソオな。
と思てたら、チガウのやて。ナニブン、日本語が下手クソで旨く伝わらんかっただけです。
思い出せよなあ。丁度日経平均株価も下落して、幾らになったら退陣かと。それこそ、Nasdaqとの写真相場の比ではナイ。マスコミ報道も、そっくりそのまま相似形が有ったよなあ。
忘れたとは云わせません。橋龍政権末期のことや。それでも、辞めるのはイヤと、ダダをコネ、首相の椅子にしがみつき、衆議院選挙大敗の責任を取ったがな。余所さんのことをトヤカク云う資格なし。
そのマスコミはツギは誰かと下馬評談義。出されてる名前は野中、橋龍、小泉、田中真紀子に扇千景大臣まで。アトの人は知りません。
野中さんがナニをしたのか。ナマクラ森さんを指名し、担ぎ出し、祭り上げ、でっち上げた張本人やで。云わずもがな森首相以上の戦犯やないですか。にも関わらずマスコミは敢えて前歴に触れず、頬被りして、当世実力者が宜しいです。
実力者なら、橋龍みたいにアッチの顔を見て、コッチにもお伺いを立てませんやろ。
そお云うたら思い出したゾ。橋龍は減税の旗を上げたり下げたり、マタ上げたり。それを繰り返して負けたのです。これぞ優柔不断の代名詞。これよりマシかも分かりませんが、なってしもたらオナジやったりして。
橋龍さんも女性票獲得だけは得意やけど、ナニブン、以前のオロオロ癖が抜けてナイもんで、マタモヤ、森首相早期辞任説も単に説明が不味かっただけ。そんな重要な話を不味かったで、済まさせるマスコミも不味いなあ。
但し、橋龍も野中さんも二百%、ナイと断言してるから、森擁立の責任だけは感じてるのか、それとも自己保全。
さて、米国経済もグリーン・スパンさんのお陰でガタガタしてますが、日本よりはマシ。
金利の引き上げも、ヤリ過ぎたとなれば修正するのも早い。早さだけは見習うベシ。日本では、相も変わらず、ヨリ遅く、ヨリ少なく。結果、ナニをやらせても手遅れで効果ナシ。
ヤルなら、サッサとればヨイのに、タダタダ、責任を取らされるのがコワイだけ。日銀の速水総裁のことを云うてます。こんな低金利なら有ってもナクともオナジこと。預金して預け代を徴収されんだけマシやがな。
実際には取られてます。オンラインでやるクセに他行に送金したら手数料がバカ高い。
自行でさえも手数料を取られます。多少は郵便局を見習えよなあ。
そんなことで、速水さんは責任云々以前に存在価値などモトモト無きに等しいのです。セイゼイ、米国さんの顔色でも見てなさい。
イヨイヨ、触れますが、私が最初に株に手を出したトキ。それは紛れもナク、バブルの時代。
イツの日か日経平均四万円也を達成しようかとしてる頃。トキは竹下政権時代です。あのリクルート事件で失脚した竹下登さん。
これぞ、猫も杓子も株時代。私も猫と杓子の部類です。
遅蒔き乍ら、乗り遅れてはナラじと、乗ったのです。イヤ、乗せられたのかなあ。
(01/02/28)


7.初代担当者(6) 初めての株式投資(1)

猫も杓子も財テクで、株価も上昇してました。
当時(1986年)は日経平均で一万八千円そこそこ。その二年マエなら一万円見当ですから、僅か二年で約倍になったことになる。
その後の経過から云えば、89年末には三万八千九百五十円を付け、もお一歩で四万円と云う処で、バブル潰しの大合唱のためアトは落下するばかり。
結局はイマ現在の一万二千円がある。アリとあらゆる証券関係者が四万円なんかは通過点で、五万、六万も絶対に有ると大言壮語してたのに、その関係者はイマもご健在やで。
現実に戻れば、そこから十年以上経過してるのに、果たしてどこまで下がるのか、ここで打ち止めで、上がり出すのかなど、神ならぬ我が身に分かるハズがナイやろな。
ところで、日経平均がどおのこおのなど、これまた当時の私が知るワケが無い。
単純にはマスコミが囃すから、そおか株は儲かるのものかと思ただけ。とは云え、平均値が倍にもなれば殆どの銘柄が上がってると解釈すればヨイ。
世間の状況にしても、イマみたいに雇用不安があるワケでナシ。厚生年金、国民年金も物価スライド制で支給金額も年々上がってるし、金利も幾らであったのか、7%は有ったのではないか。
給料も毎年のベース・アップです。真面目にさえ勤めてたら、ナン年後か先には二倍か三倍になるやも知れん。リストラなんか夢にも思てますかいな。待遇面にやりたい仕事をさせてくれんなど、文句が有らば、こっちから辞めてやる。何処の会社でも人手不足で引き手も数多也。
この当時から外国人労働者まで不法就労承知でかき集めてたくらいやで。イマやすっかり常識化してますが法整備もまだやろな。
そんなことはどおでもヨイのです。それ以上に有利な投資対象として、土地もありました。バカみたいに高騰してましたけど、こればっかりは単価も高いし、私共無知なる庶民が容易に手の出せる範疇にナシ。
余裕が出て来たとは云え小金しかナイのやから、せめて家族旅行など、可能な範囲で儲けさせて戴きたいとの冒険心も持ち上がるのです。
そんな気も多少は有っただけで、元来が技術屋はんですから、株式投資に土地投機など、マッタクの別世界の話です。せいぜい、銀行預金より利回りのヨイ中期国債ファンドで地道に増やすのが関の山。
よって、大枚、幾ばくかの身銭をそっちに廻してたのですが、或る日のことです。野村証券から一本の電話がありました。当然、担当者の吉川氏で、
「鹿島建設が良さそうです。任してくれませんですか。」
この言葉の意味が分からんから、ナニをどお任すのかと尋ねたら、鹿島がボチボチ動きそおですから、買い場、売り場を任してくれませんかとのことやった。
所謂、売買一任勘定のことで禁止行為です。その当時も禁止されてたのかどおかまでは知りません。日経平均の意味さえ漠としてるのに、そんなこと知るワケがナイやろな。
鹿島建設が当時幾らしてたのか千円を越したのか、それで千株買いますよ。安心してお任せてくださいとのことやった。千株と云えば千円の千倍の金額ですが、それくらいなら中期国債ファンドの口座にありました。
失敗したとてゼロになるワケでナシ。向こう様からワザワザ申し出でが来てるから、余程の情報が有るのやろし、幾らかでも儲かれば結構なことですと、二の返事で快諾した。
公式的にはヨイ格好して、冷静を装い、そお返事しただけ。電話を切ったそのあとは、ドキドキハラハラで、万が一の大事故、大災害、天変地変でも発生して、明日にでも鹿島建設が一夜にして倒産されたら、余裕資金とは云え株券も紙屑ではないですか。
まあ云うたら心臓の鼓動が耳にまで聞こえる程の高鳴りで、動揺隠せず。ヤッパリ、辞めときますわと電話しとこかなあ。
今更、そんなこと云うて、撤回するのも意気地ナシです。柔弱不断でこいつは男のカスやと思われたら沽券にも関わる。
そやけど、失敗したらどおしょおか。株式がこんなに気を使うとは夢想だにしてなんだ。これが何日続くのか。何週間、何ヶ月も続いたら、心労で倒れてしまうでと思たのです。
そしたら、当日の夜、電話が有りまして、売却したと云うのです。
イヤ、私はそんなに早く売買するとは想定だにして無かった。タッタの一日で儲けが十万円であったのか。
これは凄いことですよ。給料以外でお金が一気に十万円増えるとはビックリ仰天。
電話では、これまた冷静を装おて、
「もっと、ジックリやって戴いてもヨカッタのに。」
心中、ホッとして万歳と歓声上げてるのに口先だけは心にもナイことを云うたりして。
そやけど、声はうわずってたやろ。
(01/08/07)


8.初代担当者(7) 初めての株式投資(2)

給料以外で十万円もの臨時収入やで。
ではありますが、その十万円也で当初予定の家族旅行をせんならんこともナイ。
そっくりそのまま中期国債ファンドにしてしもて、他人さんを有言不実行とは云うてられん。
ばらしてしまえば、元来が出不精ですから、家族で宿泊旅行など、このン十年来、二回だけ。
息子共が小学生時代にお伊勢さんに海老を喰いに行ったのと、もお一回は丹後半島に蟹を喰いにの海老と蟹だけの都合二回。ボチボチ、出不精も解消したいけど、こればかりは性分ですからママなりません。
ところで、鹿島建設はバブル時の最高値が二千六百円台。どん欲に固執すれば小金が中金に変身したのになあ。
さりとてイマは三百円台となってます。我が特性の頑固をムキ出しにしてたなら、元金が三分の一以下になってます。事程左様に売り時は難しい。
いやしかしです。幾ら暢気な私でも、十数年は所有してナイと思てますが、たったの一日で買いと売りをしてしまうのもどおかと思います。
がしかしです。機関投資家以外でもそんな人種が存在する。イマや株式売買もインターネットの時代ですから、売った、買った、張った、貰った、持ってけ泥棒。これを一日で何回も繰り返すことも可能なため、ディー・トレーダーと称する米国発の人種ですが、日本にも感染流行してるのです。昨年来の暴落で米国では自殺者まで出たのに懲りもせず。
機関投資家なら、スーパー・コンピューターを駆使して、他人さんの資金を動かしてるだけですから、失敗したとて自殺することもナイ。
その替わり損も益も出資者のものですが、高率の手数料は最初にガッポリ、ピンハネしてますがな。
それはそれとして、その鹿島建設を何故担当者が推奨したのか、理由は聞いてないから知りません。その後も聞いてませんし、調べもしていません。
暢気やなあと云われたら、そのとおりですが、そやから云うて、ナニをどのよおに調べたらヨイのかも分からんがな。
その当時、四季報の存在さえ知らなんだし、鹿島建設のことなら、私のよおな世間知らずで、物知らずでさえ、知ってる程の有名な建築会社であることだけ。資本金が幾らで、売り上げが幾ら。経常益がどれだけかも調べてなかったなあ。単純に証券会社の担当者が推奨するし、任せてくれと云うから、そおしただけです。
ならば、ナニを知ってるかと云えば、日常生活で関連してる会社とか、クレーム処理で回答書を書いたり、日参したり、計測機器に電子部品の材料メーカー等々、ナン等かの形で業務に関連した会社になりますから、極めて偏ってます。
よって、野村証券の担当者から電機関係の耳寄り情報を教えてくれたなら、先方以上に内情は分かりますし、もしかしたら、こっちのホウが早く知ってるやもしれませんが、建設関係のことなんか、聞いた処でどれ程のものかさえ、価値判断出来ずです。
チナミニ、業界情報を早く知ったからと、株式には関連付けてませんです。何処其処の会社の技術力は凄いなあ、大したことナイなあで終わってしまう。
そもそも、三千銘柄も上場してるのにド素人がどおするのやな。情報誌も沢山ありますし、高名なる株式評論家の推奨銘柄なるのも、このカタはアレで、このカタはコレ。しかも、何十、何百と推奨されれば読み手は迷うだけ。
彼方さんは原稿料でガッポリ儲かりますが、情報誌をお金を出して買うホウはその文言を何処まで信用するかも、株式を買うのも自己責任である。
執筆者も出版社も、一々、ハイ、そおですか、申し訳御座いませんと損失補填してたら、商売が成立致しません。当然、情報誌を買い求めるホウも充分承知したウエでのこと。
さてここで、或る銘柄の株価なるものが、どの値段なら適正価格であると判断出来るのか。
そんなことダレにも分かりません。
イツぞや、政界のヨーダ、宮沢財務担当相が宣おてました。米国の金利上昇で米国市場のナスダックも日本のIT関連も音を立て、崩れてる真っ最中の昨年末のこと、サンデー・プロジェクトに生出演して、
「イヤ、あちらさん(米国)のITは十年の歳月を経てるのです。
日本のITはまだ一年と少々。よおやくスタート台に立った処ですから心配することはありませんよ。」
株式評論家も異口同音で申してました。来春には戻ります。何故なら、米国市場が回復するからです。そのまえは、その年の秋口にはと云うてたハズ。
そして、新春になったら、夏にはとなり、夏になれば、年末から、来年にはとなってます。夏とはイマのことですから、株価の上昇は来年のことかいな。
そればっかりやってる専門家でさえこの程度。私なんかに先のことが分かるハズもナシ。
それにしても、ヤフーが初の億円(売買は一株単位)銘柄として脚光を浴びてたトキ、昨年初めのことですぞ。市場関係者は理屈ではナイ、将来性を買おてるだけと豪語してたのに、イマや、三百万円台ですが、話題にさえなりませんで。
これが可笑しいと思うのです。二百万のものが億円となれば大いなる話題にして、億円が三百万円台になったら、黙りですが、こっちのホウが恐ろしいことです。
それでも三百万円台なら大金や。イマなら、鹿島建設を一万株買えますがな。
(01/08/08)


9.初代担当者(8) ITの寿命

アトから目を通せば、IT関連のことで言葉足らずになってます。
誤解されてもイカンので説明を追加してオク。
宮沢さんの予見にも関わらず、早くもIT関連は終焉したと宣う専門家も居てます。
そんなこと云われたら、天の邪鬼の私はそんなことナイと反論したい。但し、キチガイじみた玉石混淆の時代、一旦は終焉したと現実の株式市場では示してる。
されど、同じことは又繰り返されるのです。専門家の発想はいつまで経っても進歩しませんからで、専門家とは市場関係者と政治家です。
宮沢さんの言に寄れば、日本市場でのITは米国から十年遅れの出発であるからにして、日本でも十年続くとのことでした。
当時の現職財務相さえ、お見事はずしてしもたのですが、株式市場の動向は予測不可として、そもそも、IT(情報技術)とはナニをもってITと云うかが問題で、ヨーダ宮沢さんも市場関係者も、パソコンでのインターネットと携帯電話のことを指してるのではと推測する。
尤も、次世代のITとしてETC(エトセトラではナイぞ。Electronic Toll Collection System:有料道路自動料金収受システム)等も有るぞとされてますが、これも携帯電話でやる方法が検討されてますから、イツの間にやらこの二つに集約してしもて、市場の沈没原因もこの二つの過剰在庫のためであると責任転嫁されまして。
勝手に過大評価しておいて、仕様限度以上に膨らませたIT風船に針を刺したのは其方さんではないですか。
いずれにせよ、IT産業は淘汰を繰り返し乍らも、形を変え人類誕生以来日進月歩して、これから先も未来永劫進歩発展すると思てます。
つまり、ITとは従来の情報伝達手段とは質が異なることを示したいがために造語されただけのもので、情報の価値とはどのよおな情報をどのように取得して、如何に使用するかに掛かってる。私はその土台に人格を要求したい。
携帯電話も日毎に無秩序となり、迷惑メールで出会い系サイトの氾濫となり、騙される阿呆女と騙すキチガイ野郎。その逆も蔓延ってますから、いわば人間の欲望がムキ出しとなって横行してる。
パソコンでも、出会い系サイトは勿論のこと、近頃特に多発の秩序無視の我が儘気儘の荒らし屋はんと、毒薬宜しくウィルス散布し、狂喜乱舞のド阿呆共が増えてます。
便利さと情報の価値判断基準が可笑しくなってるのです。トリアエズ、一般常識だけはご両親から教えてもろてクレ。そのご両親も怪しいから困る。
イヤ、ITのハナシです。情報は瞬時に共有化され、流行るのが右に習えで一気加勢なら廃るのも一気衰亡。
現実問題としては欲しいと買い手様からの要求があれば販売部門のサービス業としましては、早期に手配せねばならぬため、部品も二重、三重、四重に発注してしもて、余計に在庫が増えたのです。
そして、時代の変遷も早いのです。テレビ、冷蔵庫にエアコン等々、従来からの電化製品の買い換えは約十年。
パソコンの買い換えは三年で、携帯電話ともなれば二年以下らしい。私のパソコンも携帯電話もその買い換え時期には達してますが交換する気ナシ。
それとも、従来の電化製品なら軽く十年は故障もせずに持ったのが、ITの先端商品は持たんのか、回転を早くしたいがための陰謀か。或いは信じ難い程の携帯電話で不具合連発のソニー、松下の製造技術(含む、品質管理)の衰退とITのためで、ITそのものの技術寿命が短くなったのか。
よって、従来なら十年持った技術でも、イマやたったの二年で終焉してしもて、次なるIT革命を求めてるのか。
私は占い師ではナイから一歩先のことは自分のことも分かりません。
(01/08/09)


10.二代目担当者 手土産の栗大納言

初代吉川氏が私の担当になって半年経過のことです。
夕食中に電話があって、担当が替わりますやて。
引継者が丸福さんであったのか、福丸さんであったのかも忘れてしもた。当の吉川氏は横浜支店に転勤とのことですから栄転やないですかと私に似合わぬお世辞を云うて。
吉川氏には一度だけ面会したことがある。用事はナンであったのか。多分なら鹿島建設十万円のお礼のため野村証券を訪問したのです。しかも、手土産持参。
吉川氏を呼び出し、カウンター越しにお礼を申しましたら、
「仕事ですからお客様からお礼を云われたら困るのです。そんなにお気を使わないでくださいね。」
それ以上に我がお土産に当惑したみたいです。私にしてみれば、たったの一日で十万円もの儲けですからバカには出来ません。
ナニブン、初めての株式投資ですし、証券会社の事情も知りませんがな。ただただ、儲けさせて戴いたからには万分の一でも謝意を表するべしが我が心情。イヤ、手土産は万分の一ではナク、その百倍の百分の一やで。
「私共は手数料を戴いてますので、それには及びませんよ。」
百分の一の手土産は亀岡は「栗大納言」なるお菓子であったハズ。
亀岡に引っ越して、ン年の新参者故、銘菓と云えばそれしか知りませなんだ。探せば有るやろけど、イマだにそれ以外の銘菓は知りません。
私はクレーム処理にでも、お土産を持参することがある。場合に寄っては営業所と相手先の両方です。これは、一人で訪問するトキだけで、尚かつ初訪問で二回目以降と相棒がいたらしませんのです。それと、我が儘気儘の気分屋ですから、多分に気分に左右される。
相棒が居ても、その気になれば相談するのですが、大抵、そんなことすることないで。一々、してたら大変やがな。やりたいなら、勝手にやってクレと断られてしまう。ならば、辞めとこかと、中止にしたりして。
お土産も、営業所なら喜ばれますが、顧客先でもQC担当者に技術、設計部門の場合は困った、困ったと逃げ腰で、購買担当者なら流石に慣れてるから上手に受け取るで。
それで、スンナリと話が済むワケでもナイのですが、気は心です。
お陰様で、出張旅費が浮いたことがない。チっとは外務省様の巧妙稚拙なる手口を見習うべしですが、私企業での精算なら、チェックが執拗で、厳しい故、スグばれる。
よお考えたら、仕事上で私自身は手土産でお菓子を戴いたことが無い。
戴くのはカレンダーと手帳で、彼方此方から戴いて、処分に困ることがある。イマなら困りませんから、クレと請求したいけど、その相手が居てません。
そんなことはどおでもヨイ。手土産を差し出したのに、ホントに困りますと必死の形相で断わられますから、私も困ったことやなあ。
亀岡くんだりから、遠路遙々持って来たからには、ハイ、そおですかと、むざむざ持ち帰るワケにもイカンがな。
イヤ、正直云えば、私は甘党故、少しはその気になったのです。なんせ、度々お口に出来るお菓子でも無い。ならば、我が一家で有り難く喰ってしもたろかいな。
されど、そおもイカンから、気を持ち直し、カウンター越しに傍らの女子社員を手招きして渡してしもた。此方さんも、流石に女子社員さんは要領が良い。ニッコリ、微笑み有り難う御座います。
理由を聞かれることもナク、瞬時に栗大納言の姿は消滅した。聞かれても返事に困りますが、その女子社員にこそナンの恩義も無いし、初対面で、名前も知らんがな。不細工でもなかったけど、美人でも無かった。もしかして、取引業者と間違われてたりしてなあ。
トリアエズ、吉川氏にはその一回だけ面会したのですが、丸福氏か福丸氏かはその引継のトキの電話の一回しか話さえしたことが無い。イヤ、もお一回有る。更に、一年後の引継の電話です。
「この度、担当者が替わりますので、ご紹介を。」
そいつは、何処に転勤になったのか、東方面ではなかった。
朧気な記憶では九州、四国ではなかった。
多分、岡山、広島、山口ですが、何処へでも行ってクレ。
(01/08/10)


11.三代目担当者(1) NTT株の話(1)

丸福か福丸か、その引継先がビシャゴさん。
漢字は難しいので省略しますが肩書きが課長代理ですから、先々代の店頭主任よりもウエですがな。そお云えば、丸福か福丸は肩書きはナニかさえ聞いてナイ。正確にはお会いしてませんから名刺を頂戴してません。
その課長代理様から土曜日の夕方、突然の電話が有ったのです。内容は忘れもしません。
「柴田さん。NTTを買いませんですか。」
NTTは旧電電公社が民営化されたもので、1987年二月に鳴り物入りで上場。
人気沸騰のため初日は値が付かず、二日目になり、一般公募価格に対し四十万三千円高の百六十万円で初値がついたのです。
その後も株価は上昇して、四月には三百十五万円の最高値となり、早くも十一月には第二次放出で、一般公募価格も二百五十五万円也。
そこまで下がってしもたのですが、それでも、初回売り出しの約二倍です。
あれだけ話題になりましたから、一次のトキは、家族全員の名義、都合五人分で申し込んだのに、お見事、スカばっかりでねえ。倍率も六倍強との噂でしたから、当たるハズがナイと思てました。元々、くじ運がナイもんで。
万が一にも当たってたら、鹿島建設の十万円どころの騒ぎでナイのです。されど、抽選に当たらんかったから、NTTさんには縁が無かったと諦めて。
二次のトキは、チと高かったから、私の名義だけで申し込んだのです。五人分を申し込んで、下手に全部当たってしもたらエライこと。一千万円を遙かに越しますから、資金がありません。
ならば、キャンセルすればヨイのですが、そこまでの知恵が無かったなあ。当たれば工面せねばならぬと思てたのです。
それはウソですが、二次での倍率は三、四倍とのことで、価格が一次の倍ですから、左程本気ではなかったのです。とりあえず、参加だけして運悪く当たればその段階で意志決定致しましょう。五人分も申し込んだら、当たってしまうがなとそんな気が有った。
ビシャゴ課長代理様からの電話は二次のアトのことで、その次の年ですよ。当時幾らしてたのか、多分二百数十万円と記憶してます。二次募集よりは僅かに安かった。
「イマ、第二次公募価格を割り込んでますから、買い時です。ナンと云うても国策に逆らうことはナイのです。お国が一般庶民を損させませんです。」
おは云うても二百と数十万円は大金やで。
さてここで、サンデー・プロジェクトの話です。
当時のレギュラー・コメンテーターに海江田万里氏(現民主党議員様)なる大先生が鎮座されてましたのです。
NTTが株式市場上場前からのご推奨で、初値百六十万円となればご満悦。三百万円に達したトキにはしてやったり。見たか、聞いたか、分かったか、我が見識をと有頂天の増長天様で、大きな鼻の穴をポッカリ開けて、ピクピクさせましてねえ。
パネルまで準備して一席ブチました。
日本政府としては、ナニがナンでもNTTで失敗するワケにはイカンのである。民営化事業としては、次に控えしが国鉄(現JR)があるし、専売公社(現JT)も続くのです。このNTT株でナニかあれば民営化事業に支障をきたします。
それを除外しても、将来性と云い実力と云い、時価総額と云いNTTは申し分がナイのである。株価的には五百万円以上、イヤ、五百五十万円程度が妥当値ですぞ。
こんなことを、一度ならず二度三度と繰り返し、熱弁されてましたから、私でも覚えてしもたがな。
それがなければ、ド素人の私めが一次放出のトキも応募致しませんし、二次も参加してませんで。それなら、上場されてからでも買えばヨイのですが、公募価格を知ってるだけに手を出し難いし、馬鹿らしい。
ましてや、三百万円ともなれば高値の鼻で見てるだけ。値を崩し、届きそおになったら、まだ下がるのではないかと怖いから、時たま値を見てましたが、買う意志皆無。
そこに、野村証券の課長代理様からのお薦めですから、食指が動きまして。
くどいのですが、店頭主任様ではありません。代理とは云え、仮にも課長様です。情報量なるものは平社員とは違いますのです。
「イマ、少し下がってますから、ヨイ機会です。スグにも切り返しますよ。
ナンなら、二株、三株でもどおですか。資産株として、末永く所有され、お子さまに引き継がれるくらいのお気持ちで充分です。第二のソニーかも分かりませんですよ。」
当たり前ですが、二株ともなれば、倍やし、三株では三倍になりますから、不足してしまう。イヤ、中期国債ファンドの残金のことです。ついでに、一株分の資金にです。
「ここは決心してくださいよ。
本日は土曜日で昼からは休日(当時は土曜日半ドンでした。)ですが、コレと思えるお客様につきましては、順々にお勧めしてるのです。」
私めをコレと評価して戴いたとは光栄至極で御座います。しかも、大野村証券の課長代理様にですよ。
ならば、ナンとか資金調達して、不足分を振り込みますので、宜しくお願い申し上げます。
(01/08/11)


12.三代目担当者(2) NTT株の話(2)

海江田万里代議士先生が二年マエのことですが、サンデー・プロジェクトに出演しました。(参考:三年マエの掲載文をイマ実行してるのです。)
レギュラーを降りてからも、何回かは主演してますが、期待の質問が飛び出したのです。田原総一朗先生が、
「あの当時、NTT株を強力推奨してましたねえ。」
突然そんな詰問したから、如何なる返答をするのかと注目したのに、
「推奨なんかしてませんよ。」
ナニをそんな馬鹿な、貴方の記憶間違いですと、白々しい表情で、田原先生も、
「あれは、誰が聞いても推奨してたじゃない。まあ、イイや。」
ナンのために聞いたのか。イトもアッサリ、話題を替えたのです。そんな中途半端な質問なら、最初っからしてくれるな。
私はキッチリ覚えてるわい。パネルを準備してまで演説したわい。
とりあえず、ニ年マエなら、NTTも最悪の時期、五十万円は脱出して、百万円にはなってたのです。それでも、強力推奨時代からすれば、半値以下。海江田万里大先生の妥当価格には一度たりとも到達してナイのです。これから先は分かりませんし、なれば、どお云うかです。
まあ、イイや。今更、責めても仕方がナイのです。評論家先生は常にこんなモンです。万が一、お説が当たれば、我が輩強力推奨は大したもんやろと至る処で大宣伝して、ハズレでもすれば、知らぬ存ぜぬ、ナニ抜かす。そんなこと云うた覚えはナイわい。
まあ、イイや。NTT株購入代金の話です。
早速、ビシャゴ課長代理殿から連絡があって、都合二百ン十万円。不足分は三日以内に所定口座に振り込んでクレ。
私は極普通の会社員ですから、勤務時間中に外出するワケにはイカンのです。嫁はんにカクカクシカジカと事情を説明して、不足分の振り込みを頼みました。
そのウエで、振り込んだから確認してクレと課長代理殿に連絡したら、まずは我が名前を覚えてない。
「どちらの柴田さんでしたか。コード・ナンバーを教えて戴けませんですか。」
どちらの柴田かと尋ねられても、余所の柴田さんの存在を知りませんのです。住所、氏名、年齢、職業。ついでに、本籍地までお答えするのかい。それに、コード・ナンバーなんか知りませんで。
大証券会社の課長代理様からすれば、取引額など微々たるもんですが、吉川店頭主任殿はそんなこと聞きもせんかった。福丸か丸福かは連絡そのものが無かったし、取引開始以来の数年間、コード・ナンバーの存在さえ知らずに居たのです。
云うたらナンですが、ビシャゴ課長代理様がNTT株を買いませんかと推奨されたトキなんか、これと思うお客様としてワザワザ私に電話してくれたとのことやった。
極めて親し気に話掛けられ、私のことを充分に把握しておりますよ。とまあそんな雰囲気やったがな。
それがナンですか。課長代理殿が何人の顧客を受け持っておられるかは存じませんが、お客にそんなこと聞きなさんな。馬鹿たれめが。
などとは云うてません。不愉快になるまえに、不安になりましてねえ。私が誰であるのか分からんとなると、折角の入金も確認してもらうことが出来ません。
なけなしのン十ン万円を所定口座に振り込んだからには、間違いなく振り込まれてますので、ご安心をの返答が欲しいのです。
「そのコード・ナンバーはどおしたら分かるのですか。」
「お送りしてます書類に印刷されてます。」
「それが分からんかったら、確認が出来ませんのですか。」
「ちょっと待ってくださいね。」
と、待たされてねえ。
云うときますが、私用ですから、当然、時間外。
会社からは電話一本してませんで。公衆電話からですし、テレフォン・カード出現はもっとアトのこと。
当時は十円と百円硬貨だけが有効な時代です。大急ぎで十円玉をかき集め何枚かを投入して、それでも、ウンともスンとも返答ナシ。
ヨイ加減にしてくれよなあ。ナン分待ってくれとか、折り返し電話しますとか云うてクレ。
さりとて、公衆電話ですから、折り返しにも辛いモノがあります。順番待ちしてるのが居てるがな。
(01/08/19)


13.三代目担当者(3) NTT株の話(3)

お陰様で、コード・ナンバーの存在を知ったのですが、失礼乍ら、ビシャゴ課長代理様の記憶力は劣悪でした。
先方からの電話のトキは調べたウエですからナンですが当方から電話すれば、必ず聞くのです。
それでよくぞ、課長代理になったものと思いますが、昇進は別次元のことで、営業成績さえ向上させればヨイ。
これには、立派な根拠がある。現在、我が担当は八代目になりますが、福丸か丸福かは別格として、コード・ナンバーを尋ねたのはこのカタだけです。
ついでにですが、私にした処で電話の相手なら山程居てましたで。社内は勿論のこと、関係会社、営業、顧客等々です。
同時期で軽く五百人は相手にしてたのや。音痴で地名音痴で人名音痴。そんな頼りない私でも、声だけで区分をしてました。尤も、所属が分かれば見当はつきます。
しかるに、顧客からの電話ならどちらのナニさんでしたかやて、そんな失礼千万なる質問しますかい。
そんなこと、私だけではナイやろな。その立場になれば、皆様さばいてるのです。仮にも大証券会社の営業専門の管理職がそんなことでは失格や。
インターネットのホーム・トレードならページを閲覧するだけでも、毎回、支店番号、コード・ナンバーと、暗証番号までを要求されますから、イマなら何処からでも掛かって来い。スグに答えられます。
このホーム・トレード開始から、姓、名さえ伝えれば、当人を認識出来るよおになった模様ですから、コード・ナンバーを伝えることも無くなった。参考までに六代目からのことで、大証券会社にして、よおやく、パソコンで検索出来るよおになったのです。
そんな皮肉は別にして、当時、野村証券京都支店は改造中で、その間の臨時社屋が高倉通りの何処であったのか、訪問したことがある。
勿論、ビシャゴなる人物のご尊顔を拝するためですが、ナンの他意もナイのです。NTT株買い付け以来、何回か電話があって、その度に、
「NTTをもお一株どおですか。」
もお一株と云われても、株価は上昇セズ、下降の一途です。それでも、一喜一憂することもナシ。先方も、
「下がれば買いですよ。もお一株どおですか。」
とのことで、安心してました。
海江田万里大先生もご推奨の銘柄ですし、個人投資家も沢山参加してることでもありますし、新聞、雑誌では国策に売りナシの大宣伝文句が、マダマダ、踊ってましたから、それを心の支えとしてました。更には、
「誰かヨイお客様を紹介してくださいよ。」
等と世間話をしてたのですが、そんなおり、会社の同僚がやってみたいから紹介してくれと頼まれたので、ソイツを同伴で訪問したのです。
イチオウ、課長代理様ですから、それなりの権限が有るのやろ。ご当人でも、部下でも、優秀な人材を彼の担当者に指名してクレたらとの気持ちです。
大証券会社で課長代理様とはエライもんですよ。皮肉でもナンでもありません。事実、そのよおに判断してたのです。失礼乍ら、単に記憶力が乏しいだけ。
私も、方々の取引会社に訪問してますから、会社の規模と役職の関係はホボ把握してるつもり。無名会社で、数十、百数十名程度の会社なら多少なりとも学歴があれば入社早々の係長、課長、部長も珍しくはナイ。親族が経営の会社なら至極当然の人事です。
しかるに、誰もが承知の超有名証券会社での課長職ともなれば、大したもんですよ。その部下だけでも、数十、百数十名のこともある。
初対面でナンで役職名を知ってたとなれば、NTTの資料を送ってくれたことがある。その資料のナカに名刺が添えてあったから、役職名も分かってました。
そこで、受付の女性に言葉を掛けたのです。
「ビシャゴさんはおられますか。」
相手が課長代理様であろおとも、こっちは神様、仏様、お客様でありますから役職名をつけることはナイのであります。
「当人には、予めご連絡して戴いておりますでしょうか。」
当然のことです。私にとっては初対面で、そもそも同僚を紹介する目的もありますから、空振りでは申し訳ナイし、恥晒し。責任上も連絡くらいしてるわい。時間も伝え、ピッタリその時刻に到着してるのや。
「少々、お待ちくださいね。」
そんな返事でしたが、待つまでも無かった。スグそこに居てましたし、部下、数十名の様子はナイのです。机の配置から推測して、部下は居てるのかなあ。
そんなことはどおでもヨイ。会えば私よりも若いのです。多分、三十代そこそこでした。
余計にご尊敬申し上げ候。
(01/08/20)


14.三代目担当者(4) NTT株の話(4)

マダマダ、バブルは継続中ですから、日経平均は上がりっぱなし。
イマとは正反対の状況で、時の首相は「ふるさと創成基金」で地方自治体に気前良く、一億円をバラ蒔いたことでも有名な竹下さん。
要するに景気が良いから税金収入も鰻登りで、ガポガポで、予算も余って仕方がナイとナニを勘違いしたのかバラ蒔きよった。
竹下さんのお財布から出されるなら結構なことですが、血税を自分のお金であると勝手に解釈しただけや。イマでもそんな政治家は多いのですが、この首相はもっとひどかった。
こんな阿呆なことしてたらそのうち巷の石ころに蹴躓き、転んでしまうぞと危惧してました。せめて国の借金返済に当てればヨイのにねえ。そんな計画性があるなら、イマみたいにはなってません。
竹下なる政治家がやったことで思いつくのは、この愚行だけ。アトは金屏風にリクルート汚職と右翼皇民党の誉め殺し事件。そして、昭和天皇が崩御され、時の官房長官小渕さんが元号、「平成」を発表されたこと。
NTTはそのマエのことです。野村証券ビルの改築のための仮社屋の床は木造で歩けばガタピシと鳴ってました。
折角、同僚を紹介したのですが、土曜日の午前中で株式市場も活況ですから、仮社屋には、色んな人でごった返してました。特に株価ボードのマエは人集りですが、店頭受付近辺なら足の踏み場はありました。それでも、仮社屋ですから、落ち着いて話を出来る環境では無かったし、場所も狭かった。
そんな状態ですから、立ったままで、ビシャゴ課長代理様とお言葉を交わせたのもホンの一言か二言で、挨拶も早々にお暇しましたのです。
ところで、後日知ったのですが、こんな相場格言が有ったのです。
「株屋の増築は売りの好機」
その当時に知ってたら、NTT株なんか買いますかな。それにしても言い得て妙なる格言であると感心する。
がしかし、バブル崩壊はマダ先のことではありますが、NTT株だけが株式市場の動向に逆行してました。
その1988年十月には二百万円を割ってしもて、年末には百八十一万円也です。
割った段階からは心配で心配で、幾度も電話で確認したのです。ホンマに大丈夫ですか。その度に回答は、
「イマ手放すことはありません。勿体ないですよ。この値段なら、もお一株どおですか。
是非、お勧め致しますです。私も嫁さん名義で買ってますのです。」
イマでもそおですが、証券会社の社員は株式を購入するには制限が有るらしい。こんな規制こそ撤廃すべきと思います。
政治家の立場なら、株式所有さえもがいかがわしいこととなってます。むしろ、逆ではナイかと思うのです。
但し、リクルート事件に代表されるが如く、未公開株を隠れ賄賂として贈呈したり、されたりするのは別問題。
株式を所有しないのが綺麗であると、それで株式市場がガタガタになって、ナンとかせよと懇願するホウも阿呆です。
かと云うて、自殺した新井将敬代議士の如く、日興証券との裏取引で不正利益供与もアキマセンです。
それよりも、日本版401K等、日経平均連動型投資信託を買えば文句を云われる筋合いはナイ。いっそのこと、首相を筆頭に閣僚に就任したならば、家屋敷を売り払い、その資金で買おて、背水の陣で望みなさい。
さすれば、日々の動向に一喜一憂することはナイと惚けてられませんです。経済政策も実効性のある案を必死になって考えて、即実行します。
そんなこと、どちみちやるはずがナイからどおでもヨイ。
課長代理様に電話する度に、もお一株どおですか。心配無用と断言されれば、そおかいなあとなってしまうがな。
そおかいなあとなった処で、もお一株買う意味ではありませんですぞ。
(01/08/21)


15.三代目担当者(5) NTT株の話(5)

大型の台風十一号が接近とのことですから、戸締まりから、雨戸から、自転車まで、点検、固定と確認して。
母の植木鉢も、避難させ、準備万端とまでは云えませんが、イチオウ、心当たりのことはやってしもて。
夜のウチに通過するかと思てましたが、台風は鈍行でして、時速二十キロ。自転車の速度同然らしく、どんな進路を取るのか、上陸は何処になるのかも、アヤフヤで、こっちに来るのか、避けてくれるのか。
雨も風もラシキ雰囲気ではありましたが、そのうち、紀伊半島に上陸で、アトは北東に向かってるよおです。備えあれば憂いナシではありますが、イツ安心してヨイものやらと心配してたのに、そのうち、雨も風も落ち着きました。台風に備え、準備したトキにはこんなもんです。
さて、昔の話ではありますが、NTT株が二百万円を割り込めば心穏やかでナイ。
日経平均が上がってるから、ホカの銘柄は好調であることを意味してます。
夢と希望を抱き、一大決心で手を出したNTT株だけが下落のため極めて気分悪し。
見るもの、聞くもの、世界は憂鬱そのもの。天空には太陽燦々で、雲一つない快晴でも心のナカは真っ暗闇で暴風雨状態。
台風どころではナイのです。脳天には落雷と竜巻が襲い、我が周囲だけが大洪水で大火災。気分もズタズタで不幸のどん底。
余所さんが楽しそおに笑てやがれば、能天気な馬鹿野郎めがナニが楽しいことがあるもんか。我が不幸を譲ってやろか。
悲しみでうち沈んでよったら、そんなことくらいでなにが悲しいのやな。大層な奴やなあ。私が世界一不幸やわい。
日経平均が上がった処で、NTT以外にも下落してるのもあるのでしょうが、それしか知らんし、見てませんがな。鹿島建設でさえ売った瞬間には無縁となってます。
我が所有のNTT株だけが全てやし、余所のがどれだけ値を飛ばそおが、下がろおが持ってなければ余所事ですし、ナンの値打ちも損もナシ。ホカが上がってると知れば、阿呆くさいのが倍加するだけです。
尤も、NTT株が下がった処で、倒産してしまわん限り、ゼロになるわけでもありませんが、損失幾らと勘定するだけでも、憂鬱やがな。イヤ、ゼロにはならんでと、自分を慰める材料の一つにはなりますが。
しかも、買おて以来、一度たりとも計算上も儲かってナイのです。ダラダラと下がりっぱなしですから、暢気な私も気分は下りっぱなし。
NTTはどおなるのですか。大丈夫ですか。ビシャゴ課長代理様に電話で確認しても、返事はいつも同じです。
「ご心配ご無用です。ここで投げることはありませんです。
それよりも、勇気を持って、もお一株どおですか。」
常に、この一点張り。
イマでこそ、分かって来たのです。証券マンにも寄りますでしょうが、ご相談申し上げて、そおですねえ、投げたホウが宜しいですと返事が返って来ることはない。イヤ、二人ありましたが、それは、アトの代の担当者。ここでは、ビシャゴ課長代理様です。
投げることはナイのです。勿体ないです。
イマの株価は下げ過ぎですから、スグにでも反騰しても不思議でナイのです。もお一発どおですか。是非、そおしてくださいよ。
そお云われたら、私なんか単純故、そおかいなとなってしまうのや。
たったの一週間か二週間を我慢するだけですよ。まあ、一ヶ月もすれば、必ずやお喜びになりますよ。
「ホントにどおですか。もお一株お願いしますよ、柴田さん。」
(01/08/22)


16.三代目担当者(6) NTT株の話(6)

米国では彼の有名な神様仏様、グリーン・スパン様が君臨されてます。
そのグリーン・スパンさんでさえ、予測以上の株価と経済活動の急降下のため神話も崩壊で、泥沼の底に迷い込んでます。イマが底ならヨイのですが、イマが底と分かるのはもっと先のこと。
99年当初の金利は、4.75%であったのを、少々の株価下落と経済活動低迷は覚悟して、大目標のインフレ阻止を推進のため、これでもか、これでもかと引き上げた。
あっさり脱帽しとけばヨイものを、市場関係者は何糞と抵抗したがため、金利も、翌年六月には6.5%にも達し、気がつけば、株価どころか経済も予想以上に傾いて、今年になって方向転換。遂に、八月には、3.5%にまで下げたのです。
それでも、3.5%もあるではないですか。イヤ、出発点と比較すれば、引き下げ過ぎとするべきか。巷では、グリーン・スパンさんも人間であったとの声がチラホラ。
云われんでも、人間であることは分かってますが、信頼感が薄れて来たのが恐ろしい。下手したら、世界恐慌になりかねんのです。彼方さんは、3.5%ですから、打つ手はマダあるのですが、日本はゼロ金利政策続行中で、無為無策がお手伝い。泥沼どころか、雲泥の差の、奈落の底の底。これも、何処まで潜水するのか分かりませんから困るのです。
その証拠に、とばっちりを受けた日本では、ヤルゾの声だけは聞こえても、超鈍行。小泉首相も長期夏季休暇。やることをやってしもてから、休めばヨイのになあ。
失業率もこの七月に、5%になってしもて、鳴り物入りの改革工程表も、八月とされてたのが、勝手に九月上旬に延ばしたのです。靖国神社参拝問題から、チと狂いが生じてます。
この問題も諸説紛々ですが、一事が万事、最低限、云うたことは守って欲しいだけではありますが、靖国神社は感情論で、経済問題は国民の死活問題。靖国神社で一歩引くのと、政策で引くのでは桁がチガウから、是非共、やるべきことはやってクレ。
怖いのは、小泉首相が経済問題を甘く見てる可能性のあることで、失業率が悪化すれば、間違いナク、自殺と犯罪が増えて、道徳と治安は悪化し、税金も入らへんのやで。
失業者の受け皿論議もされてますが、経済学者の計算通りになったらヨイけれど、なった試しがないのです。ならんから、イマがあると思てます。
不思議なことに、経済については過去の経験則が通用しません。してれば、グリーン・スパン神話も崩壊しませんのです。
この辺りが科学と経済の大きな差であって、多数の人間が介在すればするほど、お互いの利害相反し、足の引っ張り合いで計算も狂うのです。
さて、その年末には、百八十一万円となった、NTT株のことですが、年が明けたらNTTは悪者であるとの大合唱。
株式市場から多額の資金を吸い上げて、多数の個人投資家を巻き込んで、国はナニをしてるのか。多少は、株主優遇措置でも講じなさい。公共性のある事業では、利益は国民に等しく分配しなさい等々です。
国民に等しくとは、電話代を割り引けと云うことや。尤もな話ですから、私も大賛成でした。
ところで、海江田万里先生が何故サンデー・プロジェクトに出演して、NTT株を推奨した。イヤ、してませんがなの話が出たかを思い出したで。
このオッサン、NTTドコモ株問題で、小渕首相の実兄が上場前の株を所有してたのがイカンと云い張ってたのです。
これこそ、NTT株どころか時代の寵児。上場以来下がることなく、上がり続けて三倍四倍となったのです。面白いことに小渕首相が他界したら、論戦も頓挫。やるなら、徹底的にやってクレ。
それにしても、海江田万里先生は余程NTTに恨みがあったのやなあ。イマなら二倍以下で俎上にも載らん。
そんなことはどおでもヨイ。当時は、NTTドコモは影も形も無かったし、実兄投資先のポケット・ベルも無かったのやで。
兎に角、NTT株をどおしたものか。それが我が最大の関心事。ビシャゴ課長代理様に電話で確認しても、返事は分かってます。イマ、処分するのは勿体ないです。もお一株どおですか。
ならば、決心してから電話です。問答無用で、
「売れ。」
(01/08/24)


17.三代目担当者(7) NTT株の話(7)

「売れ。」
そんなキツイ表現ではありません。言葉使いは丁寧に、
「売ってください。」
それでも、返事は、
「突っ込んだ、ここが買い場ですよ。」
案の定、そればっかりです。まるっきり、商品先物取引会社と同じ調子ですが、懲りもせず、そっちに手を出したのはもっとアトの話です。話だけは有りました。ゴムの取引しませんかとお声だけは掛かってました。勿論、NTT株のことで頭のナカが一杯ですから、右から左へと聞き流しです。
こっちは、超有名な大証券会社ですから、それなりに信頼もしてますが、私も決断してるからには、NTT株の見通しを聞いてるのではナイ。
ナンで、担当者を説得せねばならぬのか、不思議なことと思うのですが、インターネットで売買出来る時代ではナイのです。ナニをするにも、証券会社に依頼せねばならぬのです。
「下がりっぱなしでは、損失が増えるだけですから、処分したいのです。」
ビシャゴ課長代理様は強行な口調で、
「イマ、手放すのは絶対に勿体ないです。」
この一言が引っ掛かったなあ。株式市場の世界で、絶対なる表現が存在するもんか。
存在するなら、参加者全員が大金持ちになって、倉が幾つも建ってしまうがな。結果、猫も杓子も借金してでも株を買う。
そんなことは絶対にナイと理解したウエで、ささやかな夢を抱いて、参戦してるのです。
正直云えば、夢もささやかではありませんが、或る程度の損失も覚悟してるのです。その或る程度の損失もヨイ加減なことで、幾らとも決めてません。
よって、絶対にとは失言であるからにして、私もエラソオに、課長代理様に注意してやった。
「絶対はナイでしょう。損した処で、何処かの会社やあるまいに、誰一人、補填はしてくれへんでしょう。一生持ち続けるのもイヤやしねえ。」
「スミマセン。失言です。」
こんなヤリトリがあって、売却してくれた。
損失が出て補填のことですが、企業に対しては有ったよおです。
企業それぞれに決算期日がありますから、損失を隠すため、不良債権を転々とさせたてたらしいのです。その決算時期に、損失が出れば、証券会社が補償すると約束したのです。そんな不詳事件が表面に出た時期でもありました。
こんな話は、どっちもどっちで、証券会社にとっては、企業は大顧客。債権等、ナン十、ナン百億円と買ってくれるなら、資金運用担当者にはそれなりのリベートを出して、損失の補填もしたのです。
私の推測で云うてるのではナイ。バブル時代末期には、そんな話は毎日出てた。
証券会社は悪い奴や。大会社には補填して、個人だけは自己責任。まあ、イマも変わってませんが。
その決算期末が個人にはナイのです。持ち株が低迷したら、一年、二年はおろか、五年、十年、二十年。下手したら、一生でも持ち続け、事情を知らぬ子々孫々にまで代々に渡り、引き継いだりして。
それなら、幸せなことで、それぞれの事情に因り、金策に困り果て、どおしても損失覚悟で手放さざるを得んこともある。
それでも、会社が存続してたらヨイのですが。倒産したら紙屑同然。
私の場合、金策に困ったワケでもナイのです。その気なら、イマ現在に至るまで、持ち続けることは出来ますし、意に反し、売った瞬間からNTT株が舞い上がる可能性もある。そこが株の難しい処ですが、結果的に、我が判断は正しかった。
その後も買値を上回ることはナク、92年八月には遂に五十万円を割り込んで、その後の高値が99年の百九十万円。そこから再度落下して、唯今、五十七万円也。
私が幾らで買って、幾らで売ったまでは申しませんが、ン十万円損したことだけは事実で、もしかして、底値の株価くらいなら、損失分で買えたかも。イヤハヤ、あのまま頑固に持ってれば、アト何年塩漬けになってることやら。
イヤ、待ってクレ。もしかしてですが、唯今のNTT株は底値付近かも知れませんで。
十年マエの怨念をイマ晴らす好機かも。あくまでも、カモであって、絶対はナイ。
(01/08/25)


18.四代目担当者 存在したのか、四代目

四代目のマエに、三代目の当時の話です。
ビシャゴ課長代理様の時代。
やったのが、NTT株だけであったのか、ホカのにも手を出したのか、忘れてしもた。
出したとしても、一つか二つで、それさえ、記憶してないから、損も儲けも知れてるのです。
正直云うて、仕事も忙しい。新聞の株式欄に目を通すのも、一週間に一回で、時たま、情報誌を買う程度。
吉川店頭主任時代に一日で売買したのは例外中の例外で、本来は半年、一年、二年。下手したら、五年以上、続けてる銘柄もあるのです。
自慢で云うてるのではナイ。持たざるを得ん事情があるのです。その事情とは、買った時が大天井で、アトは下がりっぱなしが多いためですがな。
下がりっぱなしでも程度の問題と、下がり過ぎて、今更、バカバカしいと思うから、グッと堪え、我慢してんとショウガナイがな。チナミニ、NTT株どころの騒ぎでナイのもありますが。
これも、我が担当者からのご推奨で、こいつを手放して、こっちを買ったらどおですか。などとお話があれば、イツでも、ハイ、そおですかとなるのです。
至って、意志薄弱で、方針皆無。余所さんのことをトヤカク云うてられませんですが、これこそ、損失も、利益も私の範囲内。拡大しても、我が一家に影響するだけですから、文句を云われる筋合いナシと、自らを慰めてます。
さて、NTT株は売却したのですが、後日談として、聞き捨てならぬ情報を知りました。
NTT株を強力推奨された時期のこと。野村証券の自己売買部門が所有の株をばら蒔いたとの噂です。これを株式市場で売却すると、忽ちにして暴落するから、顧客担当にノルマまで与え、処分したのやて。
そお云えば、課長代理様が休日にも関わらず、旨いこと、強力推奨して、電話をすれば、もお一株どおですか、売却は勿体ないですの繰り返し。
役職に寄り、ノルマもチガウのではないかとの話もあったのです。ならば、我が担当は、運悪くも、課長代理様でした。平社員に店頭主任様よりはノルマも厳しかったやろ。
果たして、大野村証券の顧客担当に平社員が存在するかどおかは知りませんです。配属されたその段階から、一年生社員でも店頭主任の肩書きを戴いてたりして。ならば、値打ちのナイ肩書きやで。
それでも、課長代理ともなれば、一年生社員ではないのです。ノルマ達成のため、成績向上のため、口を開けば、もお一株どおですかの台詞も理解出来ますが、売却は勿体ないですの背景が分からんのです。
形はどおであれ、株式なるものは、一旦、売却してしまえば、我関せずになってます。
更なる下落を阻止するとしても、我が所有の一株如きで、市場を操作出来るハズもナシ。素人目にさえ、NTT株人気離散が明白でした。
ハッキリ云うて、バブル終焉と共に、ウソかホンマか、私等に真相は分かりかねますが、この手の汚い話が噴出してたのです。ホンマなら、私も犠牲者の一人で、それで学習効果が有ったらヨイのですが、イマ現在に至るまで、ナンにもナシです。
そのビシャゴ課長代理様の次が、誰であったのか。その先代の、福丸か丸福か。
この人は電話で二度のお話をしましたから、苗字が、福と丸の二文字とだけは、分かってますが、その次はナンにもナイから覚えてませんのです。
突然ですが、ビシャゴ課長代理様から電話がありまして、
「私めは転勤することになりました。つきましては、ナニナニに担当を引継ますが、ソレが、唯今出張中でして、戻り次第、改めて、ご面会に伺うなり、ご一報を入れさせるなり致しますので、宜しく、御願い申し上げますです。
ハイ、サヨウナラ。」
イヤ、それで、ナンにもナシですよ。訪問か、電話の一本もナイですがな。
それから、数年後のこと、最早、忘れかけてた、野村証券からの電話があったのです。
「突然に申し訳ありませんです。私、シイと申します。
この度、柴田様の担当となりましたので、宜しく、ご贔屓に御願い申し上げます。
しかるに、前任者は出張中でして、予定からすれば、ご挨拶する時間もなさそおで、柴田様には、申し訳ありませんとお伝えしてクレとのことで御座います。」
そんなことで、ビシャゴ大先生のお次は、株式売買どころか、ご尊顔も、電話一本さえして戴くことも、することもナシでした。
もしかして、バブルが弾け、証券会社も不詳事件の連発で、営業活動を自粛してたのか。されど、そんなハズはないですから、もしかして、その間は、担当そのものが、存在して無かったのではないかと疑おたりして。ナニブン、零細個人投資家ですもんで、
がしかしです。このシヒ主任こそは歴代の担当者のナカでは、ピカ一のヤリ手でした。
(01/08/26)


19.五代目担当者(1) 電話のマナー

証券会社の顧客担当部門は間違いナク営業である。
営業とは顧客に相対し、礼儀正しく接し、適切なる情報を伝達し、営業実績を向上させることにある。
そのためには顧客も含めた関連部署から最新情報を収集し、或いは与え、的確な助言が出来ることである。
業種が異なるとは云え、我がロームにも営業部門があります。社内の人間ですが、優秀な営業マンとそおでナイのとはスグ分かる。
分かるのは、多数の営業マンと接触して来たからで、そのナカの誰が優秀とするのでもナク、自然に比較してしまう。
ハッキリ云えば、我々QC担当者は業務範囲が広いため、忙しいのや。その一つにクレーム処理が有って、顧客に不具合原因の説明等しに来てクレと営業から頼まれても、その多寡に寄り優先順位があるのです。営業からの要請を全部引き受けてたら体が幾つ有っても足りませんがな。
基本的なことなら、そっちで処理してクレと断ることが多いのですが、営業は顧客の代弁者でもあります。顧客のご要請第一と粘り強く説得されれば根負けしてしもて、時間を工面してでもと了解させられることがある。粘り強さでけではナイのです。判断材料の一つには、営業マンの姿勢、マナーもある。
そんな営業担当者と野村証券のを比較すれば、悪いけど野村は大会社ではありますが、大会社だけに営業担当者は出来損ないと、はっきり云うてやる。そもそも、営業マンの教育なるものを実施してないのではないかと思てるのです。
言語明瞭、意味明確に表現すれば、比較すること自体が我が営業マンに申しわけないし、万が一にも教育してるとすれば、ナニを教育してるのかと疑わざるを得ませんのです。
初代から八代目に至るまでの二人はナンにもなかったから評価対象にならず。
六人のウチ、余所の会社でも営業として通用するのはたったの一人です。それが、五代目シヒ主任と云える。
例えばですが、顧客との電話で用件が終わったとして、顧客が受話器を降ろし終わるまで、切らずに待機することです。それさえ出来ず、電話を切るガチャンの音を顧客に聞かせるよおでは最低やで。
その数秒さえ待てない出来損ない営業マンが大野村証券に多過ぎるのです。
営業マンとて人間ですから、時には、顧客より、先に切ってしまうこともありますが、その場合でも、ガチャンと大きな音を鳴らしてはイカンのです。ソッと、受話器を降ろすこと。この音だけでも、電話の先の人格までがバレてしまうのです。イヤ、人間ですから、時にはと申しましたが、これぞ、常日頃の姿勢と教育、躾、慣習です。あからさまには社内慣行です。
これに解説を加えれば、電話のマナーなるものは、ハイ、さようならと用件を一旦終了させときながら、暫し時間を置いて、それはそおとと、話を切り出しても、ハイ、ナンでしょうかと返事をしてくれるなら、マナーを理解してる営業マン。
イヤ、云うたらナンですが、営業マンならずとも、電話の切り方のマナーなるものは、ハイ、さようならで、先方が受話器を降ろすのを待つことです。もしかして、双方マナーを承知しておればお互いに電話を切りません。
このまま、ほっとたら電話代が上がるだけ。よって、どちらからともナク、では、すみません、切りますのでとお断りして切るのです。となれば、お互いに電話の切り方のマナーを理解してることになる。
そんなことも度々経験しておりますです。さすれば、先方さんは電話の基本マナーも承知しておられるぞ。再度、云うてオク、電話のマナーもとしております。
五代目シヒ主任は営業マンとして、訓練された人材と評価出来たのです。電話のマナーだけでも一事が万事。ホカのマナーも承知と推察出来ますがな。
こんなことくらいなら、電話一発だけでも分かるし、実際にもホカの担当者とは出来がチガウのです。事程左様に電話一本は怖いのやで。
何処かの商品先物取引業者など、イツも電話はガチャンと大きな音で切りやがった。
明らかに、威圧してやがった。マナーが分かってるなら、逆手に取ったことになる。
(01/08/27)


20.五代目担当者(2) 電話攻撃

電話のマナーは親しい間柄ならそこまでやると余所々々しいです。
親兄弟、家族が危篤とか、やれ隣のオッサンが中風で倒れたぞ。
火事や泥棒や暴走族が出没で金属バットを持って来い。キチガイに刃物で殺人鬼に借金取りと夜逃げやで。入学試験に合格で、イヤ、アカンかってなあ。婚約、商談成立で、イヤ破局で、天にも登る気分や。イヤ絶望してしもたから停めてくれるな。首でも吊って自殺してしまいたい。
そんな時に相手が受話器を降ろすまでと、そんな阿呆なことは申しません。などと一分一秒を争う生命財産に関わる緊急用件など、そおザラに出喰わすわけでなし。有ったらそいつの人生が狂てます。
要は正常なる範囲で判断するならば、初対面とか顧客等、失礼があってはイカン相手に限ればヨシとする。但し、常日頃の心構え、気配り、目配りも要求されるのです。
云わんや、携帯電話ともなればガチャンの音がナク、擬音にすれば誰とは申しませんがプッツンや。そのウエ、マナーもヘッタクレもあるもんか。
そもそも、歩きながら車を運転しながらの、ながら電話が目についてショウガナイ。それこそ、己の生命財産が危ないで。
最近はメールですから、周辺に聞こえよがしの大声での馬鹿話は影を潜めました。
それでも、聞こえよがしの阿呆丸出しの携帯電話は私共中年族のオッサンに散見されますから、近頃の若いモノはなあと説教はおろか教育など出来る立場でナイわいな。オマエ様こそ初等教育から受け治せ。
とまあ、そんなことはどおでもヨイからお聞き流し戴きまして、シヒ主任が我が担当になった頃は私の首も怪しい時代でしたから、帰宅時間も早かった。
それでも、夜の九時過ぎでしたが頃を見計らい電話して来るのです。
「お疲れ様で御座います。野村のシヒで御座います。」
毎日ではありませんです。毎日もやられたら、五月蠅いですがな。ホボ一週間に一回程度の割合でした。
「この度、ナンとか債が出たのです。幾らかでもお持ちになりませんですか。」
そのナンとか債なるものは聞いたことがナイ。それはナンですかと尋ねれば、豪州の州債で元金補償。尤も、豪州が経済破綻でもしたら別問題ですが、そんなことはナイと思います。
利息は豪州弗で支払われます故、豪州弗高ならその分円安で為替差益が出るし、反対なら差損です。どっちにしても利息が五%。まあ云うたら日本の銀行に定期預金してるより高率で効率です。さあ、どおされますか。
さあ、どおしますかと尋ねられても、我が身をどおするかが最大の問題ですから、乗り気マッタクなしなんです。
それで諦めることもナク、又一週間後に電話して、
「この度、ドコソコの転換社債が出ることになりました。一口一万円でナン口でも結構ですよ。
イマなら、発行前ですから手数料は要りませんです。コンカイは五年償還ですから転換社債の値が下がっても、発行会社が倒産でもしない限り元金に年利3%付きで戻りますです。」
イヤハヤ、発行前の転換社債なら手数料がタダであることを知りましたねえ。そおかと思えば、次なる話。
「ドル高が進行してますねえ。米国のナスダックが順調に上昇してますよ。
ドルを買うかナスダックを買うか、さあどおするかです。」
ナスダックを買うとはナンたることを。そんなモン、日本人が買えるのかい。
イヤ、買うことは出来るのです。彼の有名なマイクロ・ソフトが買えますし、オラクルにインテルでも買えますよ。
個別は値が張りますし、価格変動も激しいと思われるますから、全部まとめて投資信託は如何で御座いましょう。
円建て、弗建て、お好みのまま。
但し、それなりのリスクがありますから、元金補償は出来かねますが、弗安傾向となってます故、弗建てで買うのが賢明かと存じますです。
兎に角、こまめ、マメマメの担当者です。
そのウエ、私が切るまで受話器を降ろすことがナイ。ナスダックの件はお断りです。では、サヨウナラ。
電話を切りかけ、そおそお、どんなもんか、ナスダックの推移データーを見てみたいと口を開けば、
「ハイ、左様で御座いますか。早速、手配致します。」
シヒ主任殿の電話を切る音がしてないのは分かってましたが、二呼吸も三呼吸もしてからの思い治しにも関わらず、返事が有ったのです。大野村証券社員にして、希有の存在。
受話器を耳にあてごおたまま、待機してたことになる。
(01/08/28)



inserted by FC2 system