<続>孫共の話NO.5


<続>孫共NO.4
<続>孫共NO.1 <続>孫共NO.2 <続>孫共NO.3

爺・孫娘NO.1 爺・孫娘NO.2 爺・孫娘NO.3 爺・孫娘NO.4
孫共の話NO.1 孫共の話NO.2 孫共の話NO.3 孫共の話NO.4

孫娘NO.3 親父、爺NO.16
ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

<続>孫共の話NO.6

NO.50 孫君3号の七五三の話(13) 「公園」に行くに決まるの話

NO.49 孫君3号の七五三の話(12) さての、どするやの話

NO.48 孫君3号の七五三の話(11) 「喪中」の話

NO.47 孫君3号の七五三の話(10) オシッコと、ウンの話

NO.46 孫君3号の七五三の話(9) 老舗、歴史の話

NO.45 孫君3号の七五三の話(8) 林田悠紀夫の話

NO.44 孫君3号の七五三の話(7) 孫君3号、保ったの話

NO.43 孫君3号の七五三の話(6) 大入り神殿の話

NO.42 孫君3号の七五三の話(5) 大入り満車の話

NO.41 孫君3号の七五三の話(4) さての、誰が乗るやの話

<続>孫共の話NO.4


NO.41 孫君3号の七五三の話(4) さての、誰が乗るやの話

本日<11月28日>、「喪中葉書」をば、投函したです。
いやなあ、正直には、投函するに、宛先精査、照合。
したなら、ンの、2箇所、親戚筋、なれどの、抜けててねえ。別途の、親戚筋、1箇所、2枚で、えと。
まあなあ、コレ又、正直には、葉書2枚、余してましての、朝、二番、大急ぎで、抜けのを、印刷したです。

での、結果、99枚作成になるですが。
念のためと、するのか、ハタと、思い出しの、追加で、出すの先様、あったの場合、郵便局で、売ってるの哉と、探索、検索したなら、あったなあ。「喪中葉書」がでして。
されどの、ンの、えの、5枚組で、510円也。
話簡単の、葉書一枚、102円也での、されどの、コレ、仕方が無いなあと。自分で、モロ、印刷するか、しても、切手を貼らんならんし、葉書サイズの、用紙を調達でして。結果的、高い葉書になるんやろなあと。
云うてるの場合で無いの、一応は、調達しとかんとの、イザの時、困るの事よと。

そんな事で、一段落の、諸般、母の衣類、冬モノなれどの、リサイクル屋に持ち込むかと、嫁はんと、共にの、出向いたです。
結果、550円也になっての、へえと。夏服のは、70円やったの哉の、へえ、なれどの。コレ、目方、重量、キロ、10円でして。オトトの、他にも、数点、出してるですが。
そらなあ、ゴミとして、出すよりはと。

それでや、帰りしなや。
リサイクル屋の駐車場からの、出しなや。
駐車場に駐めた車から、出て来たの方、ンの、えの、何ちゅうか、カンちゅうかの、中年、小太り、少々、オツムが禿げめの、オッサンなれどの、女装。
胸、どしてるのか、出ててねえ。
首から上、明らかなるの、オッサン故、変やねえ。あそこまで、するなら、カツラなり被って、完全武装したらええのに、中途半端やなあと。

いやなあ、当世、テレビででも、この手、中途半端オカマが、よお、出てるです。よおも、沢山、出てるです。
されどの、現物、見るは、最近、珍しく。
イヤイヤ、結構、正々堂々での、逃げたり、隠れたりの、風情であらへんわと。にしては、当方、出不精とは、云えどの、相応に外出してるのけどや。この手のに、遭遇、珍しいわと。
云うたら、ましてやの、この田舎、亀岡で、見るとは、トハトハと。
いやなあの、別途にも、少々、異様なのが、店内居てて。もしかして、もしかしたらの、リサイクル屋、あるいは、この店には、その手、客筋、多いの怪と。
されどの、当方、基本、売るだけの人故、どて事、あらへんですが。


トットの、それでや。
チョと、解説するです。何の話かと、なればの、似てる、似てんの、嫁の姉を、瞬時、嫁と、見間違いのと。嫁母をば、我が祖母なり、叔母に似てるの話。

いやなあの、当然にしての、同じの似てるも、桁違うわと。
姉妹なら、似て当然の、瞬時、見間違うの事、あるわと。両方、並べて、見てたら、見間違うの筈、あらへんの差、あってもや。

当方、申すの、嫁母が、我が祖母彷彿も、まあなあ、コレ、失礼千万の、叔母に似てるの方が、賢明表現なれどの、そらなあ、瞬時も、見間違う程には、似てへんわと。全くの別人での、あくまでもの、姿形、背格好似てると、申すのダケ。
付け加えるなら、雰囲気も、似てるです。もしかしたら、もしかしての、しゃべり方、言質、性格も、似てるの面、あるのではと。
そやからと、初対面の際、以降も、ハと、ビクリはしてへんわと。そこまでは、似てへんわと。

下の叔父嫁の葬儀で、上の叔父の息子、従兄弟を久しぶりに、見ての、ギクリの、ビクリは、まさしくの、亡くなったの筈の、叔父の姿、形、そのものを見た故でして。
この2人にしたって、見間違うの筈、あらへんわと。年齢が、まるきりの違うわの。されどの、親子、父息子での、どこか、似てて、当然。
叔母が、当家玄関先に、息子共2人と、立ってて、当方、出迎えの際の、ビクリの仰天なるは、ソレでして。涙する程に酷似故。
これは、瞬時でもの、当人と、見間違おてる程の、重なってもてるです。

他人の空似に非ずの、親子の空似。
実際には、空似処か、酷似してるですが。云うとくの、瞬時の話やでと。
この場合、その感覚、意識、抜け切らんでねえ。
従兄弟と、話してても、そこに、叔父が居てるよでねえ。叔母と話してるのに、祖母がそこに居てるのよでねえ。異なるの状態になるですが。
コレ、あくまでもの、当方、独特の感覚鴨と、思うですが。云うたって、その2度だけなれどです。

でや、嫁母、祖母なり、叔母に似てるなと。思たの辺りより、ほんとに、似てて。
くどいけどの、赤の他人故に、重なったりは、しやへけどや。ハとも、へえとも、思わんし、感じいひんけどや。
やったはるの、チョとした仕草、要は、雰囲気がなあ、酷似してるんやと。

後刻なれどの、七五三の本番。
「長岡天神」の、神殿、本殿に入ったですが。ンの、嫁母、見えんし、どこにと。嫁に尋ねたならばの、後ろの方にと。ンの、見れば、最後尾に、静かに、遠慮気味に、居たはっての。へえと。
この様子、まさしくの、祖母なり、叔母のするの様子での。我が母なら、真反対やでと。
人様、押し退けてでも、我々、押し退けてでも、最前列に、正々堂々の、出てまうわと。我々、親以上に、騒ぐわと。

オッとの、くれぐれもの、そんな事、一々の監視も、注目もしてへんでと。
ハタと、周辺に見えぬ故に、どこにと、まさかの、迷子と、までもは、思てえへんの。ソラ、一緒に、神殿に入ってるわの。単に、嫁に尋ねただけの話の、結果的、フウンと。ソレ、性格での、ええも、悪いもあらへんの。所謂の出しゃばりとは、全然の違うなと。
コレ、随所に現れるわと。
再度の、申すの、監視も、注目も、してへんでと。当たり前の、自然に分かるわと、ダケでして。

トトトの、そんな事で、息子宅、早々にも、出発せねばの、時間がなと。
にしてもの、誰が、どの車に乗るかが、問題での。
そらなあ、全員が、息子の車に乗れるならばの、苦労はいらんの、突然の、総勢、11名様に相成って。

当方、発案、男の子3人、こちに、乗る怪と。
申せば、嫁はん、保護者1人、乗ってもらわんとと。
そら、そ鴨の、このワンパク小僧、3人、一気、乗ったら、どんな事態になるのやらの、ソラ、乗ってみな、分からんのけどや。

結果、嫁母と、真ん中、下の男の子の、3人乗ったですが。
これがなあ、嫁母と、下の男の子以外、入れ替わりの、立ち替わりの。基本的、ソラ、当方の車、余り、馴染みの無いの、爺様運転でして。嫌われると、するのか、敬遠されて。
まあ、しょがないけどや。
(15/11/29)


NO.42 孫君3号の七五三の話(5) 大入り満車の話

本日<11月29日<日曜日>>、次男一家が来たです。
先週、タイヤの交換の続きと、するのか、この日が、本命の、交換共々の、点検の日。

イヤ、来るなら、来るで、孫君3号のチョと、早めの、クリスマスのプレゼントをどするやと。
多分なら、年内、最後哉と、思うが故での、先週、誕生日の云々での、プレゼントはしたしと。
何がついでか、分からんですが。ついでに、道中、本屋えなれどの、レンタル・ビデオ屋があるが故、そこにチョと寄って、孫君3号のビデオでもと。

本来なら、公園にでも、連れてってやったら、宜しいですが。雲行きが、怪しくて。外は、寒いもあるし、風邪でも引いたらと。無難にと。
結果、「しまじろう」のが、2本。「新幹線」のを、1本、借りたですが。
「新幹線」のは古うてねえ。DVDも、傷が一杯、傷んでましての、上手い事、再生出来ませんでして。

何分の、所有のは、長男の結婚式の直前哉の、その関連のイベントに、「都ホテル」に出向いたの際、当たったの、ビデオ。
息子は、上等のを持ってるしと、それをくれたですが。コレ、プレーヤーでして。プレーヤーで、充分なれどの、そらなあ、イベント参加で、くれるのモノでの、少々、調子がと。
ンの、結果的、8年、9年が経つの、代物での。DVDの調子もあるけれどの、プレーヤーも、なだめ、すかし、ご機嫌伺いし乍らの、でして。

まあなあ、ボチボチと、するのか、ええのを、買わんとなと。相当なるの、以前より、考えてはいるですが。
どれ程に使うの怪と。
云うたって、この年末年始、当家、喪中故、祝い事、しませんですが。皆、集まるし、孫共のタメ、一発と。
さもないと、プレーヤーのお守り、ご機嫌伺いだけで、神経使うわと。ソラ、停まってもたり、速度、緩慢になってもたりの、スグにも、ストライキでして。その度、電源切ったり、入れたり、DVD出したり、入れたりの、忙しい事。

云うたってなあ、ええのは、高いし、安物では、充分なるの、機能無く。
そやからと、当家で、録画の機会、どれ程怪の、時々には、洋画の、ビデオ借りるですが。
とは、云え、買うなら、録画程度出来た方がと、思うしなあ。悩ましい話の、さての、どするやと、いつまでもの、沈思黙考、ケリ付けんとなと。
ソラ、買うなら、早くにと。
さもなくばの、操作法、覚えるに難儀するわと。

ほんまやでの、当世のを見てたら、予約録画で、ピタリとでの、前世紀の、手動で、時刻合わせと、違うのみたいでねえ。
それもあるし、再生も、リモコンで、チョイ、チョイでの、我れ等が時代の、ボタンで、どのこのとは、違うわと。
話簡単、今でも、時代遅れで、尚、遅れてまうです。
とか、云うたって、安いモノでもあらへんわと。


トットの、そんな次第の、斯くなるでの。孫君3号の、七五三の話なれどの、どしても、嫁母でありの、姉での、妹の4人の子、ワンパク3兄弟と、一番下の女の子に目が行くです。
での、ついでの話の、姉妹が良く似てる。とは、此度初。
そら、見まごた故での、以降、どこから見たって、似てへんのにと。只なの、性格的、似てるで無い怪と。
そんな事なら、この、母娘、よお、似てるわと。性格がや。どちかと、なればの、下の妹とは、正反対哉と。顔形、性格がや。

コレ、初対面の時より、その印象での。
嫁と、姉とは、顔形、親父さんで、性格、お母さん。妹、その真反対。見事なまでになと。
イヤ、実情皆目の知らんけど。そんなに、延々の、話もしてへんわと。
その日、11月22日なら、可成りの時間、一緒に過ごしたですが。そんな、話も、してへんしと。
話、せずとも、分かるの事は、分かるわと。基本的、大人しい方々やと。

対しての、ワンパク小僧蓮、もしかしての、もしかしたら、母であるの、妹の性格、そのまんま、ではと。
但しの、男の子故、ワンパク振り、割り引かんならんけどや。
そらなあ、当家、長男家の、孫君1号、2号。そして、イヨイヨの、本領発揮間近の、次男家、孫君3号。まあ、そんなモンやと。

何度でも、申すの、男の子が、親に、手を焼かせんよな、程に、大人しかったら、そちの方が、心配でして。
そやからと、放任もあかんけど。
その辺り、マダマダ、女の子は、小さいし、分からんのけどや。上に、ワンパク小僧兄ちゃん3人故、おてんばになるの可能性大怪と。

オッとの、トットの、スグにも、ソチの方に話、行くですが。
さての、「長岡天神」、正式名称、「長岡天満宮」。「天満宮」故、菅原道真公でして。
まあ云うたら、牛でありの、学問の神様に相成るなと。

何を隠そおの、隠す事は無いの、次男夫婦、知ってか、知らずか、知らんのけどや。
ここ、「長岡天満宮」の、本殿、「平安神宮」のが、移植とするのか、移設されたのモノでの。結婚式、挙げたが、「平安神宮」。
奇しき、ご縁やなと。

その、「平安神宮」では、孫君3号の、初宮参りしてるです。
七五三は、ここ、「長岡天満宮」になったですが。結果的、似たよなでの。ソラ、本殿、「平安神宮」の、でして。云うたって、既に、「長岡天満宮」の、でして。

いやなあ、それでや、車でなら、5分程度哉の、着いてねえ。
駐車場がや、可成りの大入り満車での、奥の方え、奥えと、成ったですが。係員申すに、神社の庭を臨時に使てるんやと。そですかと。
結果的、次男のと、2台を駐めたですが。駐められたですが。殆ど、満車御礼の、間際。
モ一寸、遅かったら、空車待ちでして。

へえと、「長岡天神」も、この時期、流石に凄いなと。ソラ、七五三の時期で、三連休の真ん中での。
案の定の、祈祷も、順番待ちで、並ばんならんでねえ。へえと。へえも、駐車場の様子、、境内の人出、見たら、まあ、そんなモンやろと。
問題は、祈祷の、待ち時間、どれ程怪と。

そらなあ、一組、一組、やるで無く、何組かを、まとめて、やるは、やるにしてもの、相応の時間、待たんならんやろなあと。
主人公、孫君3号、保つの怪と。

いやなあ、とりあえず、親父であるの、次男が、順番待ちで、列に並ぶにしたですが。
我々にしたって、待ち時間が分からんわの。ほんとなら、ここの、池、「八条池」が、ええのやけどや。真正面から、入らんとなの、駐車場なるは、横手からでして。
どちにしたって、祈祷待ち故、遠くにも行けず。行くにしたって、構造知らんわと。
(15/11/30)


NO.43 孫君3号の七五三の話(6) 大入り神殿の話

「郵便局」に、「喪中葉書」をと。
5枚一組のが、ある筈の。受付に行けば、人手不足で、局長なんやろねえ。一番の奥の方、出て来まして。
での、「喪中葉書」をと、申せば、えと。
ここで、えと、驚かれては、困るの事よの、返答するに、喪中の切手の印刷したのがあるですがと。今度は、こちが、えと。

イヤ、5枚組のが、あると、インターネットでと、するのか、「郵便局」のホーム・ページで、見たですがと、申せば、別途の職員、ありますよと。嗚呼、良かった、良かった、良かったなと。
ここにと、局長に示しの、局長、嗚呼、これ怪と。自身がドンと、鎮座の、目の前でして。
値段、5枚セットで、520円ですと。又もや、こちが、えと。

いやなあ、ホーム・ページでは、510円也でして。されどの、どさりと、局長持参のを見たら、確かに、520円也で、10円高く。
まあなあ、元々が、ぼったくり価格の、52円の葉書に、「喪中」の定型文と、背景印刷のが、十倍の値でして。10円の問題であらへんわと。

での、種類沢山あって、どれにしよ哉と、思案してたら、局長申すに、コレ、辺り、一般的で、落ち着いてるです。フウンの、ならばの、ソレにしとこかと。決めたら、精算なれどの、レジとするのか、レジスターに、入力するに、局長がや。ン、え、へえの、はの、への、何度も、首かしげの、さあ、こまつたなと。当方がや。
過日の、妙齢でも無いの、中年女性と、一緒やわと。
別段にの、先を急ぐの用事無く。順番待ちの方も、居たはらへんしで、どでも、結構なれどです。
まあなあ、人柄、悪い方では無いけどや。何年、局長やってるやの。毎日、ドンと、お高い席、椅子に座って、何の仕事、してるん怪と。

やっとで、精算完了の、一枚、104円也の、高い、高いの、「喪中葉書」を入手。
使うになるのか、使わずに、済むかは、分からんですが。使わずに、済めば、520円也が、露、煙。
使うにしたって、差出人、宛先、故人の名、なりは、手書きするなり、印刷するなり、しんならんですが。


そんな次第の、斯くなるでの。
「長岡天満宮」での、祈祷の順番待ち、全員、七五三。
一度で、何組の祈祷するかは、分からんですが。数えてませんでして。
目算なら、20名と、するのか、20組哉と。

但しの、主人公1人に、両親なり、兄弟、爺婆まで、くっついてるし。要は、付添人の数、圧倒的多数の、付添人の数は、入ってませんの、多分なら、祈祷申込書なんやろねえ。その枚数、人数、主人公の数で、仕切ってると、思うですが。
その、一度で、概ね、20分程度でして。

その一度目の、20分なるは、次男が1人で、順番待ち。
その間、我々、何してたん哉の、どこに行ったでも無いの、境内、石段を下がって、戻ったの、だけでして。本来なら、池をでも、見物に行けばと、思てたですが。5人もの、子どもが一緒では、ママならず。
あっちに、こっちに、ウロウロでして。とてもや無いの、管理不可。石段故、転けて、怪我でもされたらと。

そして、順番待ちの列に戻りの、入りの、そらなあ、七五三の、子どもが主人公故、あっちでも、こっちでも、泣いたり、オシッコにと。ええべべ着て、親も大変での、方々、大騒動の、そらなあ、大人でも、20分も、その倍の、40分もを、待つは大変の、我慢大会。
孫君3号にしたって、途中、オシッコと。えと。

えも、主人公、オシッコに行ったのままに、保護者、その他大勢の、爺婆が、神殿にての、祈祷してもらうの、訳にはなと。まあなあ、順番譲るで、結構なれどです。
されどの、孫君3号、頑張ってねえ。行かずの間に、神殿にと、相成ったですが。大丈夫怪と。

いやなあの、オシッコの話は別にしての。
「八坂神社」での、長男家の、七五三なるは、ここまでの、大勢で無かったなと。但しの、時間帯が違うですが。少々の遅めに相成って。何組が一緒やったの哉の、精々が、2組、3組での。
そもそもがの、神殿、本殿、横手の控え室に、入れて、座れてたです。控え室の、椅子そのものが、その程度が座れるの、数でして。
神殿内、家族も、全員座らせて戴いてるですが。
そんな事なら、孫君3号の、初宮参りの、「平安神宮」も、当家、含めの、2組でして。

イヤイヤ、正直には、「八坂神社」「平安神宮」の方が、高名、有名でして。
そもそもが、京都市内やしなと。されどの、こちの方が、人出、多く。へえと、感心致すですが。

オッとの、での、ハタと、気ぃ付けば、嫁姉、ワンパク小僧3人、可愛い小娘1人、居てへんでねえ。
イヤ、嫁姉居てん故、保護者1人、付いてくれてるは、分かるですが。確かに、この、4人、孫君3号にお付き合いで、順番待ちの列に並ぶは、出来んやろと。
オトトの、トットの、ほならの、何しに、京都に怪と、相成るですが。まあなあ、興味津々、何か、ええ事、あらへん怪と、ダケやろと。

男の子故、電車に乗るも、ダケでもの、結構なると。大はしゃぎやろ、なあと。
云うたってなあ。伊勢から、こちまで、2時間掛かるやろしの、コレ又、車内で、我慢大会ぞと。
車内で、ウロウロされても、困るの事よの。されどの、2時間もは、ジっとは、してへんやろと。

トットの、ここは、「長岡天満宮」でして。
孫君3号の、七五三の、祈祷の、順番待ちでの、それに、付き合うは、無理、無理、無理の、無理難題。
にしたって、このワンパクと、小娘をば、嫁姉、1人で、大変鴨と。大変也と、思うですが。任せとかな、仕方が無いわと。まあなあ、ワンパク共にしたら、伯母でして。えらいんやぞと。
特段の、コラ、コラと、何かしでかし、叱責されてるの様子無いですが。制止して、聞くよな、連中でもあらへんし。ハタ目なら、静かに、見守ってるダケみたいに、見えるですが。
それで、ここまで、来たはるわと。

とてもやないの、面倒見切れんなら、連れて来るは、断固、嫌々と、断ってるやろと。
やから、最初は、一番下の、4歳と、8箇月<11月での話>の女の子、1人だけと、思てたんやろなあと。
残念乍らの、当日、この日、出しなに、バレたんやろなあと。まあ、バレるわなあと。どこえ行く。京都えと。連れてけと。デハ、無い怪と。

そんな事で、やとで、順番来て、祈祷申込書なんやろなあ。嫁か、息子か、どちかが、宮司に提出にての、ゾロソロと、神殿内に、なれどの、ここは、土足のままなんやねえ。
「八坂神社」は、履き物脱いで、上がるです。
「平安神宮」なら、そのままでして。とは、云え、神殿内には、入って無いなあと。表現的、神殿、敷地内が正確哉と。

そんな事で、どんな具合にと、当方、それが興味津々での。
結果、主人公、ご神体、菅原道真公なんやろねえ。真ん前に、鎮座で、その他大勢、とは、親なり、兄弟なり、爺婆等々なるは、その後ろで、立ち見席。座るの席、椅子なんか、あらへんわと。
皆、立ってんならんですが。場合により、保護者が、膝の上に、座らせたり、してたですが。

概ねの、主人公、主役、20名様での。
その他大勢、立ち見席、その数倍、軽くの、百名はと。そんなに広くも無いの、神殿でして。神殿内なら、概ねの、こんなモン、なれどです。
兎に角、その他大勢のが、多過ぎて。
我々、爺婆なんか、多少は遠慮致すわと。そらなあ、主人公、主役、孫世代。その親、保護者で、二番手でして。爺婆なんか、三番手の、完全なるの、その他大勢やと。
重々の、それで、正解でして。

よて、ハタと、嫁母はと。嫁に尋ねたならばの、最後尾の、そこでは、祈祷の様子も、孫君3号も、とてもやないの、見えんの場所での。
見えて、前列の方々、皆様方の、背中やわと。中場の当方でさえもが、チラ見え程度。
(15/12/01)


NO.44 孫君3号の七五三の話(7) 孫君3号、保ったの話

オッとの、中学校の、3年2組の、同窓生で、旅行の話あるです。
当方、前回、同窓会、不参加でして。
イヤ、幹事ダケさせられての、案内状発行したですが。イヤイヤ、その程度なら、どて事、あらへんしと。

その時、来年<2016年>に、古希の旅行しやへんかと、相成ったらしく。とは、その同窓会の直後に聞いてるですが。
過日、神宮道の、「唯」なる、ギャラリーで、「三人会」と称するの、個展で、その同窓生の1人と、会いまして。
とするのか、その同窓生の1人が、個展を開いてての、それの、表敬訪問と、云うのやろかの、出向いたですが。そこで、その話が出て、ほならと、その時、出席してるの、マサヒロ君に連絡しとくと。彼、山登りで、方々、行ってまして。地方と、するのか、ええとこ、知ってるやろしと。当方なら、出不精故、皆目での。
<参考=NO.34 孫君3号の七五三の話(1)

云うて、そのままに失念の。本日<12月1日>に成ってから、ハタと、思い出し。
マサヒロ君に、ケータイの、メール一発、斯くの、然と。
折り返しの、返信あっての、冒頭、諸般、貴君のと。この、貴君とは、当方の事なれどの、お母様のご冥福をお悔やみ申し上げますと。
へえと、モ知ってるの怪と。誰から、聞いたん哉と、沈思黙考の、「唯」の時、云うたなと。同窓生であるの、昔の女の子に、でして。そこから、連絡あったの哉と。
オッとの、イヤイヤ、「喪中葉書」が届いたかと。着くは、そんなモンやなと。
での、肝心の話、なるは、来年早々の新年にでも、関係者各位と相談しよかと。へえと。

ででの、この日曜日<12月6日>には、大学の方の、同窓会、忘年会、古希の、旅行。北海道旅行の件の、打合会があってねえ。コレ又、当方、幹事の1人。
諸般、会場と、するのか、会食の場の、予約等々してまして。京都駅前、「酔心」にてと。
オトトの、1割安くなるの、「クーポン」印刷。加えての、若干の一名、不参加に成りの、7名参加を6名に変更通知しとかんとなと。変更なるは、前日で結構なるも、印刷忘れたら、割引されませんでして。

イヤ、そのよに、皆には、打電してるです。
「クーポン」持参で、会費、食事代、飲み放題の、5000円也のが、1割安くなるぞと。持参するを、忘れんかったらなと。
それで、忘れてたら、洒落にならへんわと。勿体無いの、話でして。
云うてるの場合で無いの、早め、明日にでも、印刷しとこ怪と。

イヤイヤ、そんな事で、来年、旅行が多いなと。
出不精自慢の、当方、ほんとは、邪魔くさいわと。行くがです。されどの、両方の幹事してたら、両方、免れずで、コマツタなと。


そんな次第の、斯くなるでの。
孫君3号、「長岡天満宮」、通称、「長岡天神」での、七五三の祈祷の話、なれどの、始めるに、宮司より、一名、一名、全員のです。名前と、住所の確認でして。
そらなあ、詔<みことのり>、言上、祝詞にての、ソレ、全員のを、申されるです。読み方、間違おたら、えらい事。

名前、呼ばれたら、当人、皆、ハイと、返事の、孫君3号も、ハイと。
えらい、えらい、なと。よお、云えたと。喋り出したの、とこやしなの、少々の、心配したですが。ホと安堵の、安堵は、息子夫婦の方が、そらなあの、十層倍、百層倍、万層倍哉と。
案外に、気にも、してへんかったり、してなあと。

要は、所要時間、20分程度も、この、住所、氏名の読み方等々、本人確認。されどの、住所は、親が返答してるの、この時間も、20名様ともなればの、相応の時間、要するわと。
そして、本番、詔奏上でも、全員の氏名、住所、そして、何のための、祈祷かを、言上での、コレ又、主人公、20名様分ので、ソラ、時間、掛かるわと。
それが、無ければ、一名、二名、三名様でもや。左程に時間も、掛からんですが。
これも、人数多い分、多分なら、儀式、一部、省略してるです。オッとの、再度の、多分ならなと。

云うてもたら、玉串奉奠の儀がなと。されてませんです。
確かに、これを、20名様、親子で、させててみい。20分や、そこらで、終わらんわと。軽くの、所要時間、1時間怪と。
ソラ、一組、出て来て、奉奠して、戻るだけでも、2分は掛かるわと。掛かれば、そのままの、40分掛かりの、1時間。ゲゲゲの、ゲと、相成るわの。そもそもが、子どもも、ジっとは、座ってられんし、立ちっ放しの、親、爺婆、保たんわと。
我慢大会、変じて、拷問、残酷、地獄絵図と、仮すです。

にしてもの、主人公達、七五三の、子ども達、皆、よお頑張ったです。我慢したです。
孫君3号、オシッコの我慢も、したなあと。我々なら、我慢たまらんのけどや。途中、抜け出し、小用にと、相成るなと。

いやなあ、過年、町内会の、「総会」、「期末」であったか、「期首」かの、どちにしたって、3月、4月。
この時期、寒いもあっての、その過年、苦労と、申すか、我慢に四苦八苦の、おまけで、こんな時に限って、誰様とは、申さんの、諸般の話、しやはって。これだけで、小30分掛かるの、何とか、我慢の、我慢に耐えての、閉会、解散即の、駆け足で、我が家に戻ったを覚えてるです。

その時、ほんとに、目が白黒の、脂汗の、どしょかと。
まあなあ、どしてもなら、会議所には、トイレあるですが。総会故、その前にも、人一杯。そんな状態で、前の方のええ席、当方、会議所に行くが早いんやと、ええ席取るがためでの、そこから、ご免なさい、ご免なさいと、平謝りで、トイレに駆け込むもなと。

ならばの、そこは、男子故、会議所から、一旦、出てもての、真夜中、真っ暗なるの、田圃の方えで、用足しするの法も、あるけどや。
チョとなあと。遠慮するです。気が退けるです。十中十、見つからんけど、軽犯罪法に引っ掛かるわと。するの、後ろめたさだけで、出来ひんわと。

そんな事で、無事に、滞り無くの、儀式執り行って戴けの、戴いての、デハと、会席に相成るですが。
皆、どするの哉の。
そらなあ、嫁姉と、妹の、子ども達、4人なら、境内、池も、拝観、拝見、観賞してるですが。多分ならなの、されどの、嫁母、してませんでして。
折角に、ここ、「長岡天満宮」に来て、駐車場と、そこから、神殿の道中、石段と、神殿内だけでして。

只なの、場の雰囲気もあっての、嫁母も、チョと、散策でもの、意向、伺えへんでねえ。
瞬時でもの、その気配、見たら、感じたら、提案するの、ツモリあったですが。実際には、一言、申したですが。池はええの哉と。されどの、誰1人、反応せずで、ほならの、え哉と。
そらなあ、スグの、そこでも、多少の時間は、要するの。時刻も、12時丁度でして。

この辺り、計算狂たは、事実の、11時半頃には、終わるやろと、想定でして。
ならばの、京都の、長岡京に来られたのなら、しかも、「長岡天満宮」に来て、庭、池、見られたらと、思てたですが。
祈祷の待ち時間に時間喰い過ぎたわと。

結果、即の、会席の場。
向日市競輪場近くのと、云うたかの、店えと。只なの、車がなあと。2台も、駐めるが出来るの怪の、1台でさえもが、よお分からんと。
息子がや。
何分の、初めての、店と、するのか、でして。行ってみななと。さよかと。
そらなあ、予約してるし、場所不明も、行かなんだら、話、始まらんわと。
(15/12/02)


NO.45 孫君3号の七五三の話(8) 林田悠紀夫の話

この日曜日<12月6日>の、大学の同窓会、忘年会やねえ。兼の、北海道旅行打ち合わせ会。
「酔心」の、1割引クーポンなるは、忘れずに、印刷したです。印刷しても、持参忘れでは、アホですが。そのポカ、当方、自慢やないの、心配で、心配で、気が気や無いです。
安全のため、2枚、印刷したですが。10枚したって、忘れてもたら、ドアホウでして。

加えての、予約、7名様が、1名減ったも、しかるべくの、電話一発、伝えまして。担当者、これで確定ですか。ンの、現時点ではねえと。
ソラ、直前まで、分からんわと。まあなあ、分かった時点で、しかるべくなれどの、基本、前日まででして。
それと、打ち合わせするに、資料あるなら、全員に、メールで、伝達、各自、印刷しとけ、とするのか、枚数により、こちで、印刷して、持って行ってやってもと。
コレ、担当、ヤーサンでして。ヤクザの、ヤーサンでは無いの、苗字から、愛称的、ヤーサンと。コレ、ロームでも、一緒のヤツでして。

朝2番、電話一発、あのなあと。
申すに、奥様出られて、お母様がと。ンと、へえと、奥様、当方、名乗って、即の分かったなあと。「喪中葉書」出してはいるですが。咄嗟の、咄嗟にでは、当方なら、気が回らんわと。
での、こんな時、返答、困るです。
享年93歳云々の解説、説明も、異でして。奥様は、我が母、ご存知で無く。へえのと、感心の、ハイ、有り難う御座いますと、返答しての、ンの、コレも、変やなと。

ででの、話簡単、ヤーサン、諸般で、居てませんでして。奥様申されるに、スグにも、戻る故、電話の件、伝えときますと。そですか、宜しく、お願い致しますで、まあ、10分、15分経ってから、ケータイに電話一発。
ンの、コイツの、ケータイ番号、登録してへんでねえ。よ、考えたら、幹事故、メールで、連絡先として、当方のケータイ番号、記載してたなと。

開口一番、ヤーサン申すの、お母さんがと。
この場合、コイツになら、話する事、あるです。具体的の。
いやなあ、前回、6月7日に、会おたやろな。コレ、この、同窓会での、同じくの、「酔心」にての。
云うたら、その同窓会の、夜。
とするのか、真夜中、日付的、明くるの、2時の話。
<参考=「禁談・奇談VNO.1」NO.8 万事、滞り無くの話(3) 夜、1時24分の電話の話

やったんやと。へえと。そかと。そおなんやと。
とかとか、話をしての、での、それでや。当日、この、6日<日曜日>の件やけどの、資料どするやと。
イヤイヤ、彼が、その辺り、主に検討してまして。札幌の、エイジ君とも、調整してまして。
での、まあなあと、簡単なるの、資料なら、作ってると。こちで、準備しとくと。さよかと。
そらなあ、枚数あるなら、各自で、印刷せよと、打電一発、指示致すですが。一枚、二枚の程度ならなと。まとめて、印刷で、当日、その場で、手渡す方がと。
ならばと、7名が、6名になったしなと。
この辺り、本日<12月2日>にでも、全員に、メールすると。さよかと。
このメールも、既に、打電の、以て、一応は、当日、1割引クーポン券、持参で、遅刻せぬよに、「酔心」えと、相成るですが。

オッとの、5000円で、飲み放題の、1割引の、まあなあ、キチリの、4500円を幹事、当方に、手渡してくれるの、気の利いたのヤツなんか、居てんやろと。500円玉、相応の数、準備しとかんとと。
6名故、当方の分、不要で、5枚怪と。あるわと。


トットの、斯くなるでの、孫君3号の、七五三。「長岡天満宮」の駐車場から、出るに、何やら、「割引券」、くれたですが。祈祷なりしてもろたら、駐車場料金、只にでもなるの哉の、されどの、出口から、出ずと、するのか、係員の誘導によりの、ンの、横手から、出てねえ。
イヤイヤ、入り口えは、車が一杯並んでての、ややこしいんやろなあ。結果、精算もせずに、駐車場から、出られたですが。ま、あちら様、係員の誘導での、ま、ええかと。

一路、息子の車の後にくっついて。
目的地、料理屋に向かうに、まあ、云うたら、来るの道と、するのか、息子宅えの、道でして。確かに、向日町競輪場の真ん前、通ってるですが。
その手前で、停車。
ンの、らしきの店あるですが。車を駐めるの場所あらへんでねえ。
大体が、この界隈、この道、西国街道、ストア口通りと、称するの哉の、まあ、云うたら、向日町、当世、「向日市」なれどの、主要道路。
只なの、車の通行量、相応に多く。されどの、道幅狭く。の界隈でして。

そやからと、一旦、駐めて、駐車場あるですかと。
嫁が、店の方、多分なら、店主に問いまして。ほならと、案内されたの先に駐めるが出来たですが。次男のは、しかるべくの、駐車場。その店の、かどかは、知らんの、数台駐まってましての、契約駐車場やろなと。
当方のは、その一寸の先の、家の、真ん前の空きスペースにと。ンの、多分ならばの、店主の自宅怪と。

まあなあ、どちでも結構の、駐めるが出来たら、一安心。
皆で、11名様で、店に入るに、暖簾に、「寿し」としてあてねえ。屋号、「矢尾卯」ですて。フウンの、ソラ、初での、皆目の知らんですが。店内入れば、落ち着いたの風情での、再度の、一安心。

席、2階らしくの、その道中、とするのか、1階、店内壁には、「林田悠紀夫」の表彰状やったの哉の、掲げてあって。
ンの、「林田悠紀夫」なるは、我々世代なら、知るの、当然の、京都府選出の、国会議員でありの。京都府知事を務めの、法務大臣歴任の、でして。
その、知事時代故、1980年代哉と。多分ならなと。

こんな話、したって、当世、分からんの方、大多数なれどの、ソレ以前の知事、日本社会党の、「蜷川虎三」でして。知事歴、実に、約の、30年。<注=在籍、1950年から、1978年>
お陰様で、京都周辺、時代に遅れ、遅れの、無茶、ダダ遅れ。
現に、嵯峨野線、コイツが、知事、引退の、「林田悠紀夫」に替わって、複線電化が決まったです。それまでは、ディーゼルでして。
云うとくの、「京都」なるは、相応の都会やでと。
それを、京都は革新の都であると、アホかと。その当時、日本海に出るに、道、ガタガタの、土の道。国道がや。他府県、ド田舎の国道でも、鋪装されてたの時代にや。
そらなあ、亀岡えは、国道9号線1本ダケでの。京都縦貫道、設置決まれど、予算付かずで、やっとで、1988年やでと。「虎三」止めて、10年でして。開通がや。それも、「沓掛」、「亀岡」間だけがや。

当方、我輩、身を以ての、体験してるわと。
ホンダのNVで、ホンダのZで、海水浴に等々、日本海に出るに、亀岡の国道9号線なんか、大大の、大渋滞。当世でも、渋滞してるですが、比では無いわと。
ソラ、縦貫道もあらへんしと。

現に、今でも、亀岡、都市ガスと、違うぞと。プロパンでして。
水洗トイレにしたって、来たの当時、簡易式での、1980年頃でして。
ホンマやでの、京都市内でなら、概ね、当方、小学生時代に、水洗なって。転出、宇治槇島、簡易水洗での、水洗に改造して。
亀岡に転出、又、簡易水洗やっての、水洗に改造。
要は、2度の引っ越ししてるですが。行った先、行った先、簡易水洗。

ンの、何の話怪と。
「林田悠紀夫」の、銘あるの、賞状哉を見ての、ンの、歴史あるなあの。確かに、古い建屋でねえ。
木造2階建ての、2階に上がれば、その奥の間が、予約席になってたわと。古式豊なるの、結構なるの、風情でねえ。フウンと。
そらなあ、「林田悠紀夫」やしと。
とか、云うたってなあ。
それ、分かるの、懐かしく思うのなんか、この面々では、当方、只1人やわと。
(15/12/03)


NO.46 孫君3号の七五三の話(9) 老舗、歴史の話

オッとの、トットの、「ビデオ・リサーチ」。
正式には、「ビデオリサーチインタラクティブ・ニールセン事務局」。
から、「アンケート調査」の依頼が届いてて。イツであったか、11月の半ば。

コレ、中身、「テレビ・ラジオ等のメディア視聴状況に関するお伺い」「生活意識および商品についての総合調査」。
「テレビ」のは、一週間、7日間の、見た、局、時間帯でして。遠の昔、即の記載してたですが。「生活意識」のが、滞っててねえ。結構、膨大でして。
まあ、云うたら、パソコンは何を使いで、何時間程度で、何をしてると。或いは、携帯電話、スマート・フォンは、何をで、何してると。スマート・フォンなんか、持ってえへんしなあ。タブレットが云々も、知らんしと。

イヤイヤ、半年に1回の頻度で、アンケートがあって、提出してるです。
謝礼なるが、商品券で、年1000円。アンケートの度に、1000円分でして。都合の、年3000円に相成るですが。
イヤ、本来、コレが主で無く、パソコンに、とあるの、ツールをインストールで、その中身、一々の、履歴を、先様に送信してるです。

イツから、やってるかと、なればの、多分なら、2000年辺りからと、思うです。
先様より、メール一発、やてくれませんですかと。
当時は、謝礼、二個月で、1000円。年間なら、6000円での、結構なるのと、即の、快諾。

での、何故に、当方に打診あったかと、なればの、当時、既に、ホーム・ページ開設、運営してての、ここだけの話、でも無いの、結構なるの、高名、有名サイトでねえ。ウソや無いの、ホンマやでと。
云うとくの、この、「シバケンの天国」がや。
雑誌に紹介されたり、新聞にもや。ウソや無いの、ホンマやでと。

そもそもがの、1998年4月23日開設でして。
当世なら、猫も杓子も、運営での、特段にの、珍しいの事でもあらへんのけどや。Blog、ブログと、申しまして。
云うとくの、「シバケンの天国」なるは、ブログとは、違うんやと。ホーム・ページなんやでと。

ブログとか、ホーム・ページ云々なんか、今や、どでもええけどや。
とするの以前の、歴史があるんやわと。
オッとの、特段の、その当時には、既に、沢山の方々、ホーム・ページなるを、運営されてたですが。当世とは、桁違うかと。ブログでも無いの、SNS形式のも、存在してて。
ラインやとか、twitterやとか。
ここまで、来たら、最早の、チョと、意味合い、違うよに思うですが。

そんな話は、止めにしての、その上で、その当時から、延々の継続してるは、希有でして。まあ、大体は、ええとこ、2年、3年で、挫折したはるわと。5年保てば、大したモンでの、10年もは、稀少価値。
単に、存続なら、ある鴨の。延々の、間、開けずの、継続運営してるが、希有と、申してるです。
正直には、皆無に近いと、違うの怪と。但しの、個人での話やでと。団体さん、企業でも、少ないけどや。

ライン、twitter、SNSとかでも、一緒やろ。この辺り、歴史、まだまだ、最近なれどの、SNSは別にしても、この手のでさえ、2年、3年の、継続どなんやと。
当方、やってへんしで、分からんですが。当初、やり初めの時には、誰様でも、更新頻度高く。されどの、それを、継続するが、重要なれどの、マア、無理無理、無理の、無理難題の、そこなんやと。

オッとの、「ビデオ・リサーチ」の話から、チョとズレてるですが。
要は、メールでの打診での。メールなら、ホーム・ページにての、公開してまして。当時はなと。今でも、公開してるですが。詳しくは、割愛の、ソラなあ、迷惑メール対策、バチリやわと。
ここに、長年の経験、失敗、生きてるわと。

オトトの、又もやの、ズレ出したですが。話がなと。
話簡単、当方が、こちから、「ビデオ・リサーチ」社なんかに、打電するの筈があらへんわと。

でや。
このままでは、話、終わらんの、その、アンケートの締め切りは、イツやったの怪と、同封の、依頼書見たら、ンの、えの、ゲの、11月の、26日やてえ。
一週間も過ぎてるや無い怪の、さての、期限遅れで、どするやの。遅れたしと、抹殺もなと。
大急ぎで、未完の箇所、仕上げての、投函したです。
そらなあ、提出期限、遅れても、出すが、重要哉と。
入学試験日の勘違いで、遅れてもたで、あるまいにと。諸般の、公的なるの、堅物の、期限でもあらへんわと。
兎に角、誠意でして。ほんとはなあ、期限、12月半ば哉と、思てたんやと。


そんな次第の、斯くなるでの。
孫君3号の、七五三の儀式も、滞り無くの。
会席の場、向日市の、何やった哉の、暖簾に、「寿し」の、「矢尾卯」。
いやなあ、当方、「林田悠紀夫」で、鮮明にと。
加えての、「矢尾卯」の屋号。

大体は、「矢尾」なるは、「八百」に通じの、「八百」なるは、「八百屋」を意味するわと。大体はなと。
「八百屋」とは、何屋、かとなればの、野菜に果物類屋なんやでと。沢山の種類、野菜に、果物、店頭に並べるが故に、「八百屋」。
ついでになら、「万屋<よろずや>」なるも、あるわと。あったわと。昔はなと。

「八百屋」が、野菜に、果物の、生鮮食料品屋なら、「万屋」なるは、まあ、云うたら、「日用品屋」と、するの哉の。「雑貨屋」でもの。
基本、承知の範囲、食料品以外のモノでの、下京に居た時にも、近所にあったわと。
まあ云うたら、金網、箸、落とし紙、タオルとかとか、一々の、覚えてえへんわと。沢山あっての、よて、「万屋」でして。
ついでになら、落とし紙、なるは、大の用足しで、お尻拭くの紙なれどの、我々、当時、便所紙と、云うてたですが。当世、カタカナで、トイレット・ペーパー。日本語に戻せば、そのままの、便所紙なんやけどねえ。

での、「万屋」なら、当世、「コンビニ」「スーパー・マーケット」に相成るなの、これなら、食料品でありの、「スーパー」では、生鮮品、魚まで、売ってるですが。
これはなあ、冷凍、冷蔵、保管の方法、輸送法、桁違いに進歩の結果やわと。

オッとの、それでや。
基本、「寿し」の、「寿司」屋で、「八百」なら、野菜になてまうのけどの、実際には、「矢尾」の漢字なれどの、「尾」で、魚を表現してるなと。
それと、「林田悠紀夫」が、出ててみい。建屋からしたって、所謂の、ええよに云うたら、「老舗」。
今日、昨日、一年や、二年の昔の、料理屋とは、違うぞと。暗に、云うたはるなと。

オッとの、それが何意味するかと、なればの、歴史、年数なるは、それだけで、重みあるです。
歴史なるは、昨日、今日、出来る、培えるモノに非ずの、その間、店を運営してるは、相応のと。店の場合、信用あっての、出来るわと。事件、事故、あってみい、やてられへんわと。

当、「シバケンの天国」に歴史あっても、コレ、自分で、宣伝しんとなと。
日本屈指のと、声張り上げたって、ダアレも知らんわと。
トッとの、云うとくの、店の歴史なら、十年、ン百年、何なら、千年でも、有り得るのけどや。
サイト運営なるは、それ、そのものが、歴史、浅いんやと。
且つは、スグにも、埋没致すわと。

トトトの、何の話怪の。
新しい店には、新しい店の、良さ、あるけれど。そら、綺麗やろし、清潔感哉の。
老舗、古い建屋には、それなりの、風情、情緒、重みがなと。これは、新しい店、逆立ちしたって、勝てへんです。
歴史、年月なるは、そこが、存続する、継続するの限り、後進には、追い抜かすは、不可能也と。
(15/12/04)


NO.47 孫君3号の七五三の話(10) オシッコと、ウンの話

ついでの話、老舗なるは、店主、病気、怪我もしてへんの、意味するです。
店の規模にもよるですが。
ソラ、店主、社長居てへんでも、回るの規模なら、どて事、あらへんです。
どて事あっても、病気、怪我の大きさもあるですが。ならばの、大病、大怪我とでも、しとこ怪と。

当、「シバケンの天国」にしたって、これこその、個人でして。当方、大病、大怪我で、忽ちにしての、更新不可。
まあなあ、病院からでも、発信するは出来るですが。そのレベルで無ければ、出来ひんわと。
オッとの、その手法知らんですが。病院が対応して無ければ、出来ひんしと。

とりあえず、この手、店でも、サイト運営も、です。
石の上にも、最低、3年。出来れば、5年。
ここで、5年保てば、次ぎ、10年。
10年保てば、後は、惰性と、云うたら、語弊ありの、誤解招きかねんけど。その辺りに、又、大きな壁あるですが。
いやなあ、サイト運営も、内実、大変なんやでと。店運営、経営なるは、それこその、壁ばっかりやろと。

オッとの、そらなあ、大変も、楽しい事、あるが故、やってるです。
当方の場合、自分史でして。
思うの事、考えるの事をば、独壇場でと。
実際問題、誰にこんな話、して、まともに、聞いてくれるやと。まあ、聞いてくれへんわと。話も、続かんわと。息も続かんし、途切れ、途切れになるし、話も、方々に、飛散、悲惨の、独演会、講習会、演説会やあるまいにと。
ましてやの、誰かに、話、してて、反応乏しかったら、延々の話、してられへんわと。

いやなあ、この手、ホーム・ページも、当方の場合、誰か、第三者とするのか、話相手をば、想定してるです。
誰かは、誰かで、誰と、イメージなんか、してへんですが。要は、誰かに、話、してるの積もりで、文面と、するのか、作成してるわと。
さもなくばの、独り言では、キチガイでして。

そ云うたら、「シバケンの天国」なるの、名称にするの以前の、開設初期には、「タダの中年のオッサンの独り言」であったよなと。
ンの、その筈での、まさしくの、キチガイ・サイト哉と。


トトトの、そんな次第の、「矢尾卯」での話、なれどです。
コレ又、よ考えたら、初めて、嫁の実家に、ご挨拶の際、当時なら、単なるの、次男の交際相手なれど、です。
その親父さんとで、諸般、暦の話、出たです、したですが。
それは、それでの、その後での、昼飯に、近在の料理屋、屋号、失念の、2階の部屋に案内されての、そこには、先様の家族全員、嫁姉、妹夫婦と、この、ワンパクの、三兄弟居てたなと。
イヤイヤ、当時よりは、皆、5歳、歳喰てるですが。2010年の話故。
この、可愛いの、小娘なら、誕生以前の、孫君3号も、結婚以前で、居てへんですが。

同じよに、ワンパクでの。
されどの、賑やかで、賑やかで。
そらなあ、ウルサイ、暴れる、傍若無人の、ええよに云うたら、天衣無縫、天真爛漫なれどです。部屋の中、走り回るしなあ。

いやなあの、或る意味、助かるですが。妹も、よお、喋ってくれて。
さもなくばの、席が、席の、場でして。シンと、音がする程に、無言状態もなの、変でして。そやからと、この時、初対面の面々にです。何を、何の、話、致すやと。出来るやと。
当方なんか、基本、無口で、話題ネタ乏しくて。
云うとくの、掲載してるよな話、会話で、出来るモンかと。

での、結納の儀の時。
これは、別途の、料亭、料理屋でして。コレ又、屋号、失念と、するのか、先のと、一緒で、そんな事まで、考える、注意払うの、余裕なんか、あらへんわと。
前回なら、初対面での、挨拶でして。
この時なら、結納の儀の、飾り付けしの、しかるべくの、口上、申さねばの。

そんな事で、無事に、滞り無くの、儀式済ませの、会席なれどの、親父さんと、何の話、してたかと、なればの、オシッコの話。
前立腺肥大でと。ンの、当方もと。頻尿でと。ンの、こっちもと。
この時にはなの、実は、親父さん、諸般深刻なるの、病状での、後日、手術されたですが。

更には、ウンの話。
ウンは、運。
運が良かったと。諸般、仕事の話をされてたですが。要は、自慢話、なれどの、聞いてられるの、自慢話。との、表現も異なれどの、事実、聞いてられてたわと。

モ一発、いやなあの、諸般、聞いてられるの、自慢話と、鬱なるの自慢話あるわと。
実はの、基本、この親父さんとは、何ちゅうかの、波長合うです。余り、隠さずの、正直なるの方との、印象での。ここだけの話、でも無いの、当方も、そなんやと。云うたら、気ぃ使わんの方やなと。ンの、気ぃ使わんで、済む方の意での。

オトトの、この時にも、この、ワンパクの三兄弟、突如の乱入しやがったなと。
当然の、妹夫婦と、共にでして。
突然故、親父さん、寿司一人前でも、取る怪と。乱入、闖入、総勢、5人様やのに、なと。云うたって、喰て来てるの可能性大なれど。
我々、居てて、見栄張らずの方やなと。ここだけの話、でも無いの、諸般の諸般で、当方よりも、数段の、比較にならぬの、程の、資産家の筈、やのに、なと。実際のところは、知らんのけどや。一々の、細々、聞いてえへんわと。概略なら、覚えてるのけどや。当方に関係あらへんしと。

イヤ、結構なると。
ここにも、自身の、方針、貫くの姿勢がと。
そらなあ、孫共、ワンパクの三兄弟に、娘夫婦なんやでと。見栄以前の、奮発、したらんとと、思うですが。再度の、結構なると。
モ一発、再度の、そらなあの、沈着冷静の、云うとかんとの、諸般の状況、時刻的、喰て来てるの可能性大あるわと。

当方なら、前後左右考えずの、見栄張ってもての、ついついの、大奮発、してもての、後で、あいたた、たったの、アタタの、たったと、後悔致すですが。
はっきりしてるな、したはるなと。
くれぐれもの、結構なると。
いやなあの、性格、手に取るよに、見えるわと。透けて、見えると、するのか、このまんまの、見て頂戴なと、申されてるが如くでの。云うとくの、当方も、一緒の性格での。基本、ええ恰好するが苦手。
とするのか、出来んわと。

での、妹一家、乱入、闖入で、或る意味、助かったわと。
さもなくばの、オシッコに、ウンの話。この、云うたら、目出度いの席、場で。
且つは、会席の、上等のを、喰てるの、真っ最中にや。

要は、基本、形式、重んじるですが。よて、結納の儀、執り行いの、筋は筋での、さりとての、風体、恰好、気にせずと。
ソラ、中身やわと。
ンの、最低限、常識の範囲の、注意するですが。
正直、その当時、オシッコの件、なるは、親父様、当方共にの、共通の、深刻、真剣なるの、問題でして。今でも、深刻なれどです。ソラ、自然、熱帯びるわと。前立腺肥大が云々と。
高い薬でねえと。

結婚式の時は、飛ばしてもての、その次ぎ、孫君三号が生まれた時、会いに行ったですが。
この時には、小娘も、誕生してての、皆見てるですが。
その時、ワンパク三兄弟の、下の男の子が、結構、喋ってくれてねえ。相手してくれてねえ。我々にや。

そのままの、七五三の日にも、結果的、我が愛車、カローラに、ズと、乗ってくれたは、嫁母と、この子の2人だけ。
他の、上2人、アカンなと。ワンパクなら、一番、二番のクセしてなと。
この、下の男の子、今、小学の2年生で、当方、孫娘と、同年怪と。
(15/12/05)


NO.48 孫君3号の七五三の話(11) 「喪中」の話

本日<12月5日>には、月参りの墓参。
イヤ、年内最後の、墓参でして。
云うたって、特段の、特別なるは、しませんでして。いつも通り。

その帰り、「八坂神社」にも、御礼のお参りしとこかと。
ンの、チョと待て、「喪中」やったなの、遠慮しとこかと。
いやなあ、「喪中」であるを、ついついに、失念してるです。そ云うたら、前回、11月の月参りでは、「薬師如来」の、「雙林寺」に、お参りしたですが。
ンンの、こっちは、「寺」故、大丈夫。
要は、「お薬師さん」での、薬要らずの健康にと、出来るの限り、お参りしてまして。イヤ、時折、「神社」と、「寺」を混同致し。

そんな事なら、孫君3号の、七五三でも、「長岡天満宮」の、鳥居を潜ってもてるです。
お祓い、終わって、駐車場えの道中、ハタと、気が付き、今更やなあと。帰りは、正々堂々と。とは、申さんの、鳥居を潜ったですが。

そんな事なら、「長岡天満宮」なるは、孫君主役。
「八坂神社」なるは、こちの意思にて、どにでもなるの。こんな時には、遠慮するを優先しとこと。
そらなあ、百箇日は過ぎてるです。百五十日も過ぎてるです。基本、意図的なるは、止めにするの程度で、充分哉と。意図的とは、当方の考えなれどの、神輿を担ぐ、とかや。
初詣、とかや。
この手、気紛れ、思い付きの、神社参拝。

その帰り。
イヤ、本日、月参りの墓参の帰り。
我が家の、洗面台の、何ちゅうかの、水道の、蛇口の、閉め具合が、緩んでまして。と、するのか、チカラ入れて、閉めても、水が、ポタの、ポタ。再度、締め直したりせなばならぬ故、その蛇口回りの修繕をと。
思て、見積聞けば、5万円ですて。へえと。

ならばの、総替えした方がと。諸般の、不具合も出て来てましての。その、展示場を見聞にと、御池通りの、「タカラ」に行って参じたです。
の前に、昼飯、どするやの、三条通り、新京極東の、とんかつの、「かつくら本店」にと。久しぶりにと。
イヤイヤ、ン年に、1回しか、行かへんでと。云うたってなあ、当世、下手したら、ラーメンでさえが、千円以上もするの時代。1500円見当なら、偶の贅沢をと、御池駐車場に、車駐めて、行ったら、大入り満員の、長蛇、と、までは、申さんの、順番待ち。

ここは、所謂の、京都独特と、するのか、路地の先の、とするのか、奥の店。先客、5組程度哉の、やとで、順番来たですが。ンンの、喰い終わったの先客、韓国の面々で、どなん哉と。
正直申せば、余り、お行儀良くは無いです。
日本人でも、傍若無人のが居てるですが。

いやなあ、ここ、「かつくら」は有名なれどの、ここの、ここは、知ってる人しか、知らんわと。知ってる人しか、知らんは、当たり前なれどの、云うてるは、路地奥でして。
当世、ガイド・ブックで、知るの哉の、ここで、並んだ事、あらへんでねえ。
での、ンの、その韓国の面々総勢、十数名での。ここ、席数、30席程度での。そらなあと。一気、満席になるわと。

とかとか、食事して、久しぶり故、新京極、寺町商店街散策。寺町の、「鳩居堂<きゅうきょどう>本店」。
基本、お線香屋なれどの、色紙も売ってましての、云うたら、来年の干支の、「申」のをと。一枚、買い求めての、「タカラ」えと。
そこで、概ねの、洗面台の展示品見乍ら、見積してもろて。
ンの、ここは、見積待つの間、コーヒーも、出えへんのやねえ。その替わり、「御池駐車場」の割引券、実に、特別にと、千円分、2時間に該当の、券呉れてねえ。へえと。
オッとの、駐車場は無いの、しかるべくの、申し出て戴ければ、しかるべくのと。とは、実は、実はの先月、矢っ張り、墓参の帰りの、ホンの、チラと、寄っての、嫁はんが聞いてくれててねえ。
かと、申しの、「かつくら」で、飯喰い、この界隈、一周して、「鳩居堂」で、干支の色紙なんかを、買おてたら、2時間では、済まんの、3時間でして。
されどの、2時間分もの、只券、戴ければ、有り難いわと。


そんな次第の、斯くなるでの。
嫁姉、結婚式以来でして。以外の、嫁母、ワンパク小僧、小娘なら、3年ブリ。
そんな事なら、嫁父、結婚式以来、会おてませんですが。電話でなら、諸般、チラの話なら、してるですが。直近なら、母の葬儀の件での、誠に以て、申し訳無しと。
イヤ、諸般の諸般で、手術の件、あってと。イヤイヤ、お気持ちだけで、充分ですと。

そらなあ、伊勢からは、諸般、大変やわと。全くの、気にして戴くの事で無く。
そらなあの、この辺り、姻戚なるは、難しく。来て戴いたって、知らんの面々ばかりでの。知ってるは、我々夫婦と、娘一家。当家、長男一家も、知ってると、云うたら、知ってるも、結婚式の時の、一度だけ。
ソレ云い出したら、当家親族、結婚式に参列、出てたのは、皆知ってる筈になるですが。我が妹一家も、嫁はんの、兄夫婦、姉一家も、参列してたですが。まあ、知った内には、入らんわと。

オッとの、何の話、してるの怪と。
子ども達は、別として。嫁父、嫁妹は、喋るですが。母親、姉は、そんなに口数多い方で無く。
云うたら、次男も、嫁も、そんなにはなと。嫁はんも、当方も、でして。ほんまやでと。

ならばの、ダンマリ、会席と、相成るですが。
いやなあの、会席では、相応の挨拶、一言、申さんと、始まらんですが。とんかつの、「かつくら」での、チョイと寄ったの、昼飯やあるまいにと。席、部屋予約の御膳でして。
さりとての、男2人、当方と、次男、運転手でして。ビールで乾盃もなの。ほんとはなあ、ノン・アルコールのビールでもを、頼もかと、チラとは、思たですが。
何度でも、申すの、「喪中」也で、チョとなあと。陽気に、ビールで、乾盃でもと。
とは、申せませんの、皆、「烏龍茶」と、申すが故、ほならの、それにしとこかと。

での、そもそもがの、こんな場、目出度いの席での、挨拶もなと。
よて、次男には、しかるべくの、申したわと。
ほんとはなあ、やってやりたいやけどの。遠慮すべきの立場也での。この立場も、微妙の、気持ちや、気持ちだけの世界なれどの、「喪中」は、「喪中」で、矢張り、遠慮しとくが、無難の世界也の、そこまで、延々の、申してませんですが。そんな意味の事、チラと。

イヤ、単純、簡単なるで、結構なると。何ちゅうても、身内だけでして。
イヤイヤ、次男、心積もりしてたの哉の、そやなあと、即の、何か一言、申したですが。悪いけど、皆目の、覚えてえへんわと。

ほなら、食べましょかと。
とでも、申したの哉の。何でも結構の、兎に角の、食事に取り掛かるの、許可出しでして。
そらなあの、適当に、各自、勝手にと、良きに計らえ、とはなと。
再度の、くどいけどの、会席やわと。
そんな事で、息子の挨拶、一言によりの、デハと、喰うかと。
(15/12/06)


NO.49 孫君3号の七五三の話(12) さての、どするやの話

本日<12月6日>、同期生の忘年会兼の、来年の北海道旅行の打ち合わせ会開催。
とする程の、大袈裟な会で無いですが。
結果的、6名での、会でして。京都駅前、「酔心」にて、17時集合。若干一名、やや遅れたですが。予定の面々、無事に集合したです。

宴会コースの、「匠」。
費用5000円也で、飲み放題。但し、「ぐるなびクーポン」持参で、1割引。
いやなあの、過日より、忘れてならじの、印刷致しまして。忘れてならじと、小物入れに入れて。

一応は、この会の幹事でして。
5000円の一割引故、500円玉も、相応の数、準備して。パパっと、処理出来るよにでして。
いやなあの、この手の事、するは、嫌なんやと。基本、幹事たる、遅刻は出来ませんでして。集金しんならんし、精算をと。
来た料理を、面々に配ってやらんならんし、議事進行もと。議事も、旅行の件での、資料なら、ヤーサンが持参で、説明もしてくれたですが。

とりあえず、来年7月21日、出発と、だけは、明確に決まったです。
後の細々、これはなあ、細部、札幌の、エイジ君にも、手助けして戴いて。イヤ、現地に着いて、そこからの、足の件でして。貸切のタクシーと、するのか、小型バスと、申すのかの、10人乗りので、運転手付きでの、ここには、宿泊代、その他、諸々の、費用がと。基本、1時間、5000円ですて。へえと。されどの、北海道を知らんの我々が運転、極めての危険故、その方がと。
一々の、ンの、そやなあと、そんなモン哉と。

とかとか、ここでは、これ以上の云々してもなの、参加人員、どなるやもあってねえ。
メンバーに予定してるのケンシン君の母親、9月に逝去で、気が滅入ってるらしく。
イヤ、「喪中葉書」届いてるです。さもありなんと。
そらねえ、当方の母、6月でして。三箇月経ったの、9月頃となればの、そらなあと。旅行気分に非ずは、よっく、分かるです。只なの、幹事でもありの、不参加とも、云えずが、当時の、正直なるの、気分。

それもあるし、別途のが、前立腺癌手術、だけでは無いですが。一寸、遠慮するの話もあったりしてねえ。
更には、ドクター・ストップ掛かってもたと、するのも、居てねえ。これは、本日、参加してたですが。云うたら、いつもの、メンバーでして。コレ、奈良北勝城郡からの参加で、元々は、大阪出身なれどです。
ここだけの話、でも無いの、2浪。一番の年長者でもあるですが。

モ一名、ケンイチ君、コレ夫婦で参加予定の、なれどの、ぬかすに、呆け症状、認知症との、診断されたですて。へえの、それで、よくぞ、ここまで、京都まで、無事来られたなと。申せば、ンの、そこまでの、進行してないわの、薬で、進行抑えてるですと。
フウンの、ならばの、この計画の、反復出来るの怪の。ンの、再度の、そこまでの、進行してへんわと。
とかとか、途中から、健康問題に花が咲き。そんな話で、花咲くも、困るの事よ、なれどです。

「酔心」なるは、2時間制限故、場を替え、烏丸通りの、真向かいの、マクドナルドで、100円コーヒーにての、ダベリングで、ここでは、大学の先生してるのが、ヒカル君と、申すの、かつての話、なれどの、中国の研修生を受け入れたの事あっての、経験談をば、チラと。
中身、米国の学会に同伴させるに、費用捻出で、走り回ったですが。こいつがや。先生がや。
行った先で、皆の面前にての、突然に、その集まったの費用で、先生、酒飲んでたと。ンと。異なるの事、云うなあと。当然の自身の金でして。
帰国してから、今度は、ホテルの部屋に、女性が居たと。ンの、ンの、どころの話で無いの。そんな事を、総長に申すの、大変なるの事態になったと。
要は、国替われば、発想異なりの、日本人的感覚では、予測出来ずの、見事に、恩を仇で返されるの話。

での、ででの、話前後するですが。
京都駅界隈に行くなら、ついでにの、年末ジャンボ宝くじでも買う怪と、地下の売り場に、行ったですが。
オッとの、基本、幹事故、集合時刻の、1時間前には、着いてるの。これが又、長蛇の列で、ビクリしたですが。連番、バラ、各々、10枚買おたわと。
当たればの話、親戚縁者、皆、まとめて、海外旅行にでも、連れてってやろ怪と。高がの、1000万円なら、ドンと来いの、1億円当たったら、なと。
多分なら、旅行より、その分、現金で、呉れと、相成る怪と。それは、それで、ドンと来いと。1億円当たったら、なと。
その程度の、器量、度量、持ち合わせてるわの。くどいけどの、当たったら、なと。当たらんかったら、無い袖振れへんわと。
何なら、オマケで、来年の北海道旅行も、ドンと、来いと。当然の、1億円当たったら、なの話。


トトトの、そんな次第の斯くなるでの。
「矢尾卯」の、料理、美味でねえ。料理美味で、こんな話も異なれどの、ご飯、旨あてねえ。流石は、炊き方、上手いんやろと。
その料理も、子ども達、喰てもたら、部屋、走り回り出してねえ。運動場やあるまいにの、そらなあ、暇、暇、ヒマの、ヒマでして。暴れたいの、年頃の、ワンパク小僧でして。
小僧では無いの、小娘も、孫君3号も、一緒になっての、走り回るは、想定内なれどの。

ンの、での、これから、どするやと。
意味なるは、折角故、亀岡に来て戴くの、案あるです。
当家からは、嫁の実家には、2度、訪問してるですが。当家、こんなですと、見聞に来られるも、一案でして。
そらなあ、出来れば、京都案内、任せて頂戴の、ご希望あらば、どこえでもと。イヤ、ほんまやでと。

当方、前歴、とするのか、京都出身であるを、知らんやろと。知らはらへんやろと。聞かれもしやへんし、云うても無いしと。
反面、亀岡もなと。何がある怪の、何にもないわと。
イヤイヤ、問題は、許されるの時間。
ワンパク小僧3人、想定外での、ここが、耐えられるの哉の、問題あって。イヤ、往復の道中での、長岡京から、亀岡。そして、帰路、どこえ、送り届けるがあるです。

嫁母、姉に、ご希望あらばの、何なりとと。思うですが、その希望が、分からんでねえ。
そらなあ、旅行にでも無くの。単に、とは、異なるの表現も、孫君3号の、七五三に来るが、本命での、京都での。観光で無いは、承知してるわと。
その上での話の、折角ならと。
とは、思えどの、余り、連れ回しの、草臥れさせるも、考えモノでの、コマツタなと。

当然にしての、事故無く、事件、怪我無く、無事帰って戴くが、最重要での。
方々、連れ回すは、その分、リスク伴うですが。くどいけど、折角に、来られたならなと。

での、嫁母申されるに、あれ以来、来て無いですて。
あれとは、結婚式の事での、その前日には、保津川下りを、姉と2人で、乗ったですて。姉とは、嫁の姉の意での、此度、来られた、お二人さんでと。へえの、そですかと。
保津川下りねえ。ならばの、嵯峨嵐山には、行ったはるになるですが。丁度の、紅葉の季節であったの筈の、ンの、結婚式、11月20日でして。
この日、孫君3号の、七五三なるは、22日やわと。「いいふうふ」の日でして。

考えたら、紅葉の、ええ季節やったんやと。
その時、保津川下り怪の、ええなあと。
ならばの、果たしての、亀岡行き、保津川下り、出発の、「馬堀」えは、どされたかは、聞き忘れ。
イヤ、トロッコ列車でなら、以て、主要観光の事、無くなるですが。それは、ソレ。

オッとの、実は、実はの、長岡京の、娘夫婦宅に来られたも、此度、初めてなんやてえ。へえと。
ここだけの話、でも無いの、結婚式、過ぎての間無しの頃、嫁妹との、電話の話での。嫁はんとの、話やでの。京都見物兼ねての、一遍、泊まりに行きたいと。
よて、当時、泊まりに、来てると、では無い怪と、思てたですが。
只なの、具体的なるの話で無くの、願望の範疇での、2人からも、2人とは、息子夫婦の事なれどの、来た、泊まったの話、聞いてえへんでねえ。
そか、話だけで、終わってたんやと。

オトトの、それでや。
ここから先、どするやは、一旦、息子宅に戻ってから、考えよかで、終わってもたわと。
(15/12/07)


NO.50 孫君3号の七五三の話(13) 「公園」に行くに決まるの話

イヤ、その、何です。
過日<12月6日>の、忘年会兼の、北海道旅行の相談会。
サテの、2時間の、時間制限、到来。デハと、精算のため、集金するに、細々では千円札、多すぎるになる故、5千円札、出せと。心配すなと、500円玉出して。
自分の分も出しての、会計にと。

予め準備の、「ぐるなびクーポン券」と同時に、集めた金、会計の妙齢の美女に、ハイと、手渡しましたら、札束、とする程の、金額でも無いですが。
さりとて、都合の、3万円也での。美女曰くの、ンの、多いですねえと、3千円、返却してくれての、えと。
オッとの、とっとの、よ考えたら、5人に、500円玉釣り銭で出してたなと。自身も、5千円出してるし、3千円多かったんやと。
話簡単、自分の出した、釣り銭、計算してなくて。

にしてもの、12月、師走。当方、師でも無いけど、忙しない日々、続くです。実際には、気だけ、忙しなくの、気忙しいの日々、なれどです。
ボチボチ、散髪にも行かんならんし、諸般、年内にケリ付けたいの事もあるし。

オッとの、そんな次第の斯くなるでの。
とりあえずは、息子宅に戻りの、ならばの、オヤツの時間で、コーヒーでもを、戴いて。
とか、してるの場合でも無いですが。正直、一旦、落ち着いてもたら、これから、亀岡くんだりまで、皆連れても、ど哉と。

イヤ、そするなら、そするで、早くに行動に移さんと、なれどの、そんな気配もあらへんし。
時間は経つし、ンの、帰りの電車、JRの時間もあるです。指定席取ってると、聞いてたですし、聞けば、17時過ぎに京都駅。ンの、マの、そらなあ、今、直ちに、動けば、亀岡にでも行けるですが。
果たしての、無理してもと。
イヤイヤ、時間の経つは早くの、次第、次第に、無理してもの範疇に成りの、ツツあって。

ならばと、どするやと。
ほならの、息子、提案するに、公園があると。フウンと。どんな公園かは、マンション前にも公園あるですが。
そこは、マンション内禁煙故、外に出て、タバコ吸うに適してるの、小さな公園でねえ。公園は、公園に間違い無いの。されどの、ど哉と。

思てたら、車で、概ね、10分程の距離ですて。フウンと。
長岡京市の公園、どんなか、皆目の知らんでして。
どこなんやと、問えば、以前、焼き肉、喰いに行った方向のと。ンの、確かに、連れてってくれたは記憶してるも、場所知らんわと。
返答したなら、サントリーのビール工場知ってるやろなと。ンの、二度、工場見学してるは事実の、されどの、この長岡京市の、どこかは、皆目の、知らんわと。一度は、亀岡駅から、バスで、連れてってくれて。
「スーパー・マツモト」の、何であったか、抽選哉の、当たってねえ。工場見学したですが。

二度目は、「芋煮会」の面々で、ここ長岡京市の駅から、シャトル・バスで、工場に、でして。
よて、長岡京市に工場あるは、承知も、皆で、バスに乗っての話で、どこを、どんな具合にか、なんか、皆目のと。
正直、そこまで、この、長岡京市を知らんわと。
大体が、どこえ行くも、息子の車で、息子の運転でして。当方、全くの考えてえへんわと。どこをどんな具合にの、道順をです。万事、息子任せでありまして。

とか、云うてたら、ワンパク小僧連中、大声出して、「こーえん」「こーえん」の、連発しやがてねえ。
要は、「公園」に連れてけの、大合唱。
当方的、感覚なら、京都まで来て、何を、公園哉と。とも、思うですが。さりとての、亀岡くんだりまで、出掛けても、我が家に来て戴いても、何にもあらへんの、ハイの、こんな家ですと、ダケでして。

まさかの、「アル・プラザ」も、「サティ」に行っても、何する怪の話での。
これが、「喪中」で無ければ、「出雲大神宮」にでも、案内致すですが。年齢的、ワンパク小僧連中ではなの、意味無いなあと。

オッとの、そんな事で、急遽、突然の参入者、ワンパク小僧の希望、ご意向によりの、息子の云うの、「公園」えと、相成って。
当方なら、それでも、結構の。そらなあ、絶対に、ここえと。ここを、見たい、見聞したい等々、嫁母、姉に希望あらば、そのよに致すですが。ども、特段の、何にも、なさそでねえ。

いやなあ、嫁姉には、そんな話、オヤツ喰い乍らのしてたです。
京都の、どこを知ってる、見たい等々、あるです怪と。
既に、亀岡、我が家行き、諦めの。保津川下りも、経験したはっての。云うたって、この時刻から、亀岡に行って、我が家に来て戴きの、トロッコ列車にでもも、最早のなの。空き状況も分からんわと。

聞いたですが、明確なるの、返答無く。
ならばと、話、コロリの、母娘で、海外旅行行ったと、聞いてる故の。コレ、嫁母よりでの。どこ行った。
問えば、インドネシアですて。へえと。ええなあと。
あちらの料理はどんな哉と、問えば、料理ねえと。
ンのならばの、言葉は、ど哉と、問えば、基本、英語が通じるですと。へえと。只ねの、ガイドが居てて、万事、その方任せ也と。そら、そ鴨と。

当方なら、海外旅行、2度。
一度は、会社の勤続年数、十五年であったの哉の時の、表彰にての、ハワイに嫁はんと、行ったですと。
モ一度は、十五年経つの哉の、長男、タイ国に赴任してたの時、この際と、女5人と、男、当方一匹にての、行ったですと。
女5人とは、嫁はん、嫁姉、姪と、嫁姉の同級生と、するのか、嫁はんも、承知の方と、我が妹でして。

オッとの、韓国なら、出張で、嫌と云う程、行ってるですと。
まあなあ、当たり前の、出張は、旅行とは、違うしと。

イヤイヤ、話の本命なるは、折角、京都に来たなら、どこえ行きたい等々、遠慮せずの、云うて頂戴なと。希望あるならの話なれどの、案内致すわと。
ここだけの話の、こんな事、云うてえへんけどの。ここ案内せよと、云われるの方が、有り難く。正直、喜んで、案内致すわと。
そらなあ、亀岡よりも、京都の方が、圧倒的、詳しいわと。基本、生まれの、育ったの地故、地元やわと。

どちにしたって、日帰りではなあと。
せめてもの、1泊、欲しいなと。
まあなあ、次回にでも、余裕持って、来て戴ければの、熱烈の歓迎致すわと。
までもは、云うてえへんけどや。事実、喜んで、喜び勇んで、案内致すわと。孫娘も、方々、連れ回してるの程なんやと。自分の行きたいところなれどです。
当然にしての、年代にも寄るわと。「京都国立博物館」に、嫁母、姉を連れてくは、チョとなあと。「三十三間堂」なら、なと。

「御所」も、ええし、「金閣寺」から、「立命館大学」「龍安寺」「仁和寺」「広沢の池」を経ての、「嵯峨嵐山」。「桂川」を横目にしての、コース、当方、大好きでと。
とまでは、申してませんですが。
そらなあ、京都の地理、分かってたら、分かるですが。そんな事、無理、無理、無理の、無理難題。
当方にしたって、その場を承知も、行ってても。長岡京市の細かな地理的なる事、説明されても、さっぱりの、分からんわと。
(15/12/08)



inserted by FC2 system