<続>孫共の話NO.4


<続>孫共NO.1 <続>孫共NO.2 <続>孫共NO.3

爺・孫娘NO.1 爺・孫娘NO.2 爺・孫娘NO.3 爺・孫娘NO.4
孫共の話NO.1 孫共の話NO.2 孫共の話NO.3 孫共の話NO.4

孫娘NO.3 親父、爺NO.16
ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

<続>孫共の話NO.5

NO.40 孫君3号の七五三の話(3) 母娘と、姉妹の話

NO.39 孫君3号の七五三の話(2) 急遽の、ワンパク小僧3人、加わるの話

NO.38 孫共3人と、バスに乗るの話(8) ファミリー割の話

NO.37 孫共3人と、バスに乗るの話(7) 探すに一苦労の話

NO.36 孫共3人と、バスに乗るの話(6) 本屋に到着の話

NO.35 孫共3人と、バスに乗るの話(5) セブンでタバコの話

NO.34 孫君3号の七五三の話(1) ハタと、迫るの、七五三の日の話

NO.33 孫共3人と、バスに乗るの話(4) 万事、孫娘の話

NO.32 孫共3人と、バスに乗るの話(3) 昼からの予定の話

NO.31 孫共3人と、バスに乗るの話(2) 誰似怪なの話

<続>孫共の話NO.3


NO.31 孫共3人と、バスに乗るの話(2) 誰似怪なの話

出先より、嫁はんから、ケータイ一発。
血圧計いるか。
何の話怪の、偶々の、立ち寄ったの店、「ダックス」が、店内模様替えのため、大売り出ししてるですて。
中に、血圧計あるけど、どするやと。へえと。

いやなあの、大体が、当方、自身の血圧、正確なるを、知らんです。
過日、亀岡市の特定健診、目的、メタボ健診なれどの、それで、近在と、するのか、町医者に行きの、計ってもろたですが。

やや、高め。
当方にしたら、やや、低めの、「147」の数字でして。
その際、先生より、基準、「130」ですと。薬飲む程でも無いですが。自分の数字、血圧を計りの、管理の必要性がと、云われてて。

<参考=「<続>孫共の話NO.1」NO.8 孫君3号の運動会の話(8) 話、逸れついでの、別の話

よて、安いのが、あればと、嫁はんには、申してたですが。
要は、「ダックス」に置いてあっての、1割引きか、2割引で、買える故、どかと。
ではと、馳せ参じの、近在なれどの、歩いてでは、10分掛かる故、車で、でして。
ンの、簡単に計れるの、テルモの、12000円のが、概ね、1万円でして。

チョと、高いけど、買おてくれるなら、これがと。
イヤ、種々あっての、安いのなら、5千円見当なれどの、これでは、腕に巻いて、計るの式での、こんな事、自分1人で出来ひんわの、筒状の箇所に腕、通して、自動で計ってくれるの式のが、えに決まってましての、買うなら、この方式のがと、便利な方がと、この際、コレにすると、決めたですが。

先刻、計れば。
オッとの、計る際には、大きく、息して、吐いての、ンの、「133」でして。ンのンンの、案外に低いんやと。
この血圧計、壊れてえへん、狂てえへんやろなあと。


オッとの、での、孫君1号が隣で、寝てて、上に乗られたり、想定外の場所に移動してたりの。割には、悪夢で無くの、ええ夢見て、正夢になって、くれたらなの。中身、失念してもてるですが。
それでや、ここだけの話の、朝起きたら、ンの、部屋には、自分と、モ1人でして。モ1人、部屋のあっちで、アレ、誰怪なと。

消えてるの1人、分かるです。消えてるの意なるは、大体が、異常に早くの、起きてもての、階下に行ってるの、孫君1号。ソラ、隣に寝てたのが、居てへん故、でして。
ンの、そしたら、モ1人は、嫁はんか、孫娘に決まってるですが。
そんな意味でなら、大抵なら、嫁はんが、起きてもての、階下えと。成るですが。

再度の、ここだけの話の、横顔見たら、ンの、嫁はん怪なあと。にしては、少々、イヤ、可成りの、寸法がと。縮まっててねえ。
云うてるは、婆様と、8歳の孫娘やでと。そんなモン、年齢、孫程違うの、実際にも、孫での、それ程の年齢差で、ンの、横顔がと、申せば、孫娘に失礼千万の、そんな歳と、違うわと。相成り、叱られるですが。

いやなあ、従前、とても、とてもの、とてもやないの、我が親族の誰にと、なればの、思い当たらんの程に、誰に似てるも、分からんの孫娘での。
ソレ、云い出したら、孫共、4人、4人共に、柴田の誰にと。更には、嫁はん系の、義理の両親なり、義姉なりの、義理の、甥、姪にも、彷彿させるよな、顔形と、違うでねえ。
誰に似てるんやろなあと、とは、常々、感心抱いてるは、事実なれどの、嫁はん似とは、露程も、思ても、感じても、いてへんでして。

それが、ンと。
遠目故、そ、見えた、とも、云えるですが。
見えて、ンの、寸法がと。身長がと。

云うとくの、当方、メガネはいらんけれどの、そらなあ、ローガンでして。
ローガンなら、遠くは、よお見えるも、分解能、大幅低減の、細かなは、分からんわと。
この歳で、細かなまで、見えて、判別出来たら、化け物でして。
鼓笛隊の、孫君1号にしたって、遠目で、嗚呼、あれかと。分かって、見えて、ピント、合うまで、少々の時間要するわと。要しても、見えてるし、分かるわと。視線がこち、向いてえへんも、分かってるわと。
只なの、ズと、四六時中、見てるであらへんわと。

オトトの、そんな事で、そんな筈はの、嫁はんが、マダ、寝てるは考え難くの、ンの、孫娘かと。こいつ、よお、寝るしと。以前には、モ、起きるの怪の、モと、寝てたらと、説得した程での。むしろの、小学生になってから、寝坊助になったよで。

での、そらなあ、嫁方、両親の事にしたって、当方、知らんわと。オッとの、両親なら、度々のお会いしてるですが。此度、その前日にも、会おてるし。
云うたって、そんなに話もしてへんわと。
モ一発、そらなあの、長男の結婚式の時には、新婦方、親族、全員か、どかは、知らんの、参列での、1人、お一人様、全員に、挨拶なら、してるですが。ソレ、一度で、顔、覚える程の、能力、記憶力なんか、あらへんわと。
それだけで、性格等々、分かれば、神で、ゴッドでして。

とてもやないの、分からんし、只なの、孫共、特には、上になるの、孫娘、孫君1号のは、段々に、性格、明確になりの、ツツ、あっての。
まあ、云うたら、無理矢理にでも、こちの、誰かに、結び付けるなら、なれどの。
孫娘ならばの、結構、嫁はんの性格に、似てるの面、あるは、感じ出してるです。よく、云えば、しっかり者でして。

ンの、されどの、所謂の、守護霊的になら、現、生きてるのは、守護霊に非ずの。ならばの、誰怪と、なればの、我が祖母にと。
いやなあの、当方にしたら、孫娘、可愛いてねえ。何云われても、されても、許せてねえ。祖母の頼みなら、何の抵抗感もあらへんのと、同様の感覚での。

ほならの、ここだけの話の、孫君1号。
当たり前に、当方、現存故、守護霊で、あるの筈、無いの。只なの、当方も、調子に乗れば、よお、喋るの、早口でして。普段、余り、喋らんのけどや。
コレ、思てるの事、早くに伝えたいが先に立ち。
とするのか、真剣になれば、周囲見えずは、当方にと。ならばの、ええのか、悪いの哉の、判断難しいけれど。ソラ、集中、結構なるも、結果、周囲見えずは、アカンでと。

それとや。
ども、こいつの、親父であるの、長男に似てるの面、あるなあと。性格的に、なれどです。
ええも、悪いも、兄弟の中手での。
その特性も、あるの哉の、コレ又、ええも、悪いも無いの、姉を、弟を、競争相手的、見てるの面、伺えて。まあなあ、この歳でして。マダ、6歳。我が儘、気儘、でして。

只なあの、コレ、現在唯今なら、この2人共に。
2人とは、孫娘、孫君1号なれどの、技術系怪と。
そら、長男も、その親父の、当方も、技術系やしなと。知らず、知らずの、意識せずの、そんな云い方、教え方、してるよにも、思えてねえ。
イヤ、コレ又、ええも、悪いも、あらへんの。どちかと、なればの、ええ方と、思てるわと。
(15/11/16)


NO.32 孫共3人と、バスに乗るの話(3) 昼からの予定の話

とかとか、いやなあと。
何を以て、技術系と、申してるかと、なればの。
何でも、自分でやりたがり。

特に、孫君1号、親父に教えられてるのか、見て、知ってるのか。電池交換、やりたがり。「プラス」「マイナス」の方向も、承知。
コレ、孫娘も同様での。
只なの、孫君1号、チョと出しゃばりの傾向がと。ええも、悪いもあらへんですが。この、年頃故、そんなモン哉の範疇なれどです。この年頃とは、知ってるをアピールしたいのやと。

ええも、悪いもあらへんとは、説明要するですが。
イヤ、説明なら、チラとしたですが。
加えて、申すなら、興味、感心の無い子は、手を出さんわと。問題は、出しゃばりと、云うたですが。姉が、弟がやってるのを、押し退け、自分がやりたがる。この辺りが、この年頃故かと、思うですが。

はきりとは、この当時の、息子、長男とそっくりやと。長男に、姉は居てへんですが。
孫君1号には、姉居てて。結果、孫娘、プンプンの、嫌うですが。孫君2号なら、思うに出来ずで、泣くですが。
とりあえず、ここから、兄弟喧嘩の勃発怪と。
孫君1号も、譲るを知って欲しいけど。そこが、この年頃故と、無理やろなあと。ハタ目で、思うだけの、ええも、悪いもあらへんわと。兄弟故と。


での、実は、昨日、鼓笛隊の会場からの、帰りしな。長男の車のエンジン音、異音。
大きな音でねえ。TOYOTAに、見てもらうの方がと、相成って。
細かな話は、割愛の。明くるの、11月1日<日曜日>の、午後、一番、1時半からなら、空いてると。TOYOTAの、都合がでして。されどの、その日、長男、出勤と、申してて。
ほならの、嫁が、車をTOYOTAにと、話、決まったですが。

さての、我々、爺婆、どするやと。
一緒に、TOYOTAもなと。
ンの場所、どこなんやの、前の家、マンションの近くですて。へえと。
概ねなら、距離感、分かるですが。そらなあ、高速道路、北神戸線の、白川インターから、神戸山手線やった哉の、「妙法寺」インターで降りて、云々での。
こっちは、北神戸線をそのままの、第二神明道路で、「玉津」インターでして。
距離にして、概ね、20キロ違うですが。

そんなモン、神戸なんか、家から、家。
家も、我が家から、息子宅での、それから、逸れたら、分からんわの。神戸の家も、ここから、前の家なんかと。行き方知らんしと。
オッとの、息子の車の点検での。その車を持ち込まんと、意味あらへんし。嫁の運転で、行くにしたって、我々、用事もあらへんしと。その間、何してるやの、するの事、あらへんし。
孫共も一緒も、コレ又、どするやの世界の。

ンの、そやなあと。
嫁はんと、相談の、その間、我々、孫共と一緒にと、するのか、昼飯、嫁もで、6人で、「マクドナルド」にでもと。ソラ、息子、出勤故と。悪いけどと。
そして、ンの、困るですが。近在の、「コーポ」にでも、我々、孫共連れて、本屋で、本でも、買おてやろかと。そやなあと。

要は、孫共の面倒見る故、嫁が車を、TOYOTAにと。
「コーポ」なら、歩いて行けるし、帰れるしと。
その辺り、孫君2号も、4歳でして。従前の如く、面倒、よ、見切れへんわと、敬遠する程の事でも無くなって、来てて。
当たり前に、当方1人では、重荷の、困るの事よ、なれどです。嫁はんも、居てたら、何とでもと。

提案したなら、嫁曰くに、あのねえと。
「コーポ」の、ねえと。
本屋が無くなったですて。へえの、ゲの、ゲゲゲのゲの、ゲの、鬼太郎状態での。

そらなあ、従前なら、家から、歩いて、10分での、「コーポ」になら、迷子にならずの、行けまして。迷子になるも、一本道故、成りよがあらへんですが。
困った、困った、困るの事よの、どする兵衛と。
嫁、嫁はんと、申してたなら、です。

息子、曰くの、「マクドナルド」に自分も、入れてやと。ンの、えと。
今日<11月1日>、出勤と違うの怪と、尋ねたならばの、昼からやと。へえと。
大体は、休日でもの、出勤と、聞けば、朝からと、頭っから、思てるわの。それを、早く云えも、そらなあ、別段にの、皆で、行けるなら、行けるの方がと。ええに決まってるですが。
イヤイヤ、実は、休日出勤するの、息子に悪いなあと。1人、働きにで、こちは、皆で、昼飯、「マクドナルド」でして。気が退けてたですが。なあんやと。

実は、孫娘が、「SOGO」の1日案内役に当選で、過日、勤めたの話、あっての、「SOGO」がどこか、知らんの、行ってもええなあと、思てたですが。
での、嫁に尋ねるに、「SOGO」は、どこにあるやと。
ほならの、駅の方也と。駅とは、「西神中央駅」ですて。とか、云われたって、どち方向、方面か、さえ、分からんでねえ。
イヤ、「SOGO」なら、本屋も、あるやろしと。1日案内役した、孫娘に、「SOGO」の案内してもらおかと。

での、「SOGO」に行くにしたって、どして、行くやの、バスで、行けるですて。バスねえと。
孫共より、この界隈でなら、こちの方が、迷子になりそでねえ。兎に角、土地勘、方向感覚、皆目での。

ほならの、ほならで、嫁提案するに、どちみちの、「マクドナルド」に行くなら、そこまで、車で、一緒にと。そこから、TOYOTAに行くにするですと。嗚呼、そやなあと。その方が、ええなあ、名案やな、有り難いなと。

この辺りから、昼からの計画、具体化致しましての。
息子曰くに、子どもの本なら、「SOGO」よりも、「プレンティ」の方がと。へえと。
云うたって、どこに何がも、知らんですが。「プレンティ」をさえ、聞き始めの、何屋かさえ、知らんしと。
「SOGO」なら、屋号承知の、百貨店なれどの、京都に、市内に、あらへんしと。あるは、「高島屋」「大丸」に、今、「丸井」になってるの哉の、四条河原町、東南角の百貨店なるは、入った事も無く。それ、以前の、「近鉄」やったの哉には、数度での。京都駅前になら、「丸物」がで、無くなったわと。

オトトの、そんな次第の、そんな事で。
昼飯、皆で、「マクドナルド」にで。
終われば、我々、夫婦と、孫共三人の、計5人は、本屋にと。基本、帰りは、バスにして。嫁との、時間、合えば、駅に迎えにで。
息子は、出勤故に、さての、どするやは、そちの、夫婦で、相談して頂戴の、当方、諸般、頼まれたって、地理、分からんしと。

トットの、バス、結構なるも、どこで、降りるか、分からんでと。申せば、孫娘、知ってるえ。そかと。
ここ、神戸では、我々夫婦、皆目の、お上りさん状態での。そこで、云うとくの、当方、お上りさん状態とは、云えどの、神戸を都会とは、見成してえへんぞと。
イヤ、確かに、若い街と、とは、思てるですが。見てるですが。

その辺り、京都は、最近、年寄りの多い街。とするのか、都市でして。最近では、外国語、特には、中韓、台湾語でもが、幅、利かすよになってもて。
ンの、そらなあ、「亀岡」なるは、ど見たって、田舎也と。余計に、年寄り、ばっかりやと。
当家にしたって、「亀岡」には、若い頃、来たの、35年の昔やわと。その当時なら、「亀岡」も、若い、街やったんやと。自分も、その分、若かったしなと。

ンンの、何の話、してるの怪と。
「神戸」では、孫共にでも、諸般、教えてもらわんと、右も、左も、状態やと。
トトトの、この日には、帰るですが。それまでの、予定。
(15/11/17)


NO.33 孫共3人と、バスに乗るの話(4) 万事、孫娘の話

この処、所有パソコンの延命にはまってまして。
詳しくは、割愛の、簡単には、説明難しく。

要は、「2003年」発売、購入の、要は、要はの、12年経つの、<Ibm・G40・WindowsXp>を、オッとの、<Xp>なるは、購入時点の話での。これを、<Windows7>なり、<10>に出来んかと。
理由、<Xp>なるは、昨年<2014年>にサポート切れ故でして。その際、<Linux系>、<Ubuntu12.04>にしてるですが。諸般、戴きモノの、<Windows7>の、DVDを利用で、まずは、<7>に。
そして、当面、無償配付されるの、<10>化にと。

挑戦したですが。
何分の、<G40>、古過ぎて。
諸般の、諸般、ドライバー入手、ダウン・ロードが出来ずの、等々の、結果、<10>は、無理と。
ならばの、<7>で、モノにしよかと。モノにするとは、使用に耐えるよにの、意での。まあなあ、インストールも出来てて、既に、<7>には、なってるですが。
出来る限り、快調に使えるよにの、四苦八苦してるです。

それは、それで、昨日の事。
母の葬儀の際の、香典返し等々で、注文、手配したの先、「サラダ館」。
どこの、とは、ここでは、申さんの。その手、注文したなら、「喪中葉書100枚」無料で、印刷致すの、サービスあっての、この、11月初め、2日哉に、印刷、宜しくと、頼んだですが。

この担当者、ズボラでねえ。
印刷文言、見せて頂戴と、云うてるのに、決まり文句で、定型文ですと。
されどの、承知の範囲、色んな形態、文言あるは、承知してるわと。までは、申してませんですが。
兎に角、母の名、亡くなったの月、享年をば、記載して頂戴と。ハイと、返事されの、日が掛かるの、印刷するは、北海道での、10日間はと、云われてたですが。
10日間以上経ったの、昨日、17日。印刷されたの、「喪中葉書100枚」持参で、来られたですが。文面拝読の、えと。

最大の問題、当方、喪主の名、「健雄」なれどの、「建雄」になてての、ンの、コレ、困るの事よと。
モ一箇所、亡くなったの月と、享年の間があらへんでねえ。「六月九十三歳」的での、読んでて、変やろなと。「六月八日九十三歳」なら、マダ、分かるのけどや。
せめてもの、「六月 九十三歳」と、一文字空けんとと。

ならばの、誰様とは、申さんの、担当者、ええ歳の方なれどの、ぶつくさの、この時期、立て込んでる故、印刷北海道故、最早の、12月に入ってしまうなと。
12月に入ろが、喪主名、「健雄」が、「建雄」で、出せるモン怪と。
までは、申してませんですが。宜しくと。
いやなあ、一言、申し訳ありませんねえが、いるので無い怪と。
ウソでも、大至急、やらせますの、誠意の言葉、いるので無い怪、怪と。そもそもがの、10日間以上、経って、持って来てるのくせにと。とは、申してませんですが。
一応、先様、年配者故。

イヤ、モノが、モノで、「喪中葉書」で、喪主名違うを、自分で、手直しで、「人偏」加えての、とかとか、出せるのモンかの。
先様が、何と、云おが、断固、引き下がるの、妥協するの、気、毛頭の、無かったわと。
そらなあ、注文取る時には、始終来てて、「喪中葉書」も、サービスで、やらせて戴くですと。千度、万度、までは、云われてえへんけどの、何度も、聞かされてたわと。やから、注文したで、無いけどや。
この担当者、熱心やし、他と比較で、チョと、値が、割引がええしと。
されどの、注文終われば、なと。

どちにしたって、「喪中葉書」が、既に、2枚、届いてて。
そらなあ、大体は、11月中には、出すです。さもなくばの、12月に入れば、早い方、「賀状」作り出すです。


そんな次第の、斯くなるでの。
11月1日<日曜日>の話、なれどです。
朝に、そんな相談。
「マクドナルド」に、行こか。
嫁提案の、ならばの、駅の方まで、送ってくと。そかと。
ソラ、その方が有り難く。帰りは、バスで、でも、適当にの、それは、孫娘が停留所、知ってるしと。へえの、さよかと。

云うてたら、息子が、入れてやと。ンの、本日、出勤と、聞いてた故、すまんなあと。出勤のを、ほっといて、皆で、「マクドナルド」は、気が退けてたですが。出勤、昼からやしと。ならばの、皆でと、相成って。

イヤイヤ、モ一寸、説明、解説するなら、息子の車、エンジン音、異様での、TOYOTAに診てもらうになっててねえ。
それが、13時半からの予定での。車は、嫁がTOYOTAにで。息子は、バイクで、会社にと。
とは、分かったですが。各々の、手順と、するのか、詳細なるの、予定までは、知らんの、兎も角、昼飯と、しての、「マクドナルド」えは、皆一緒。
喰えば、しかるべくの、駅に送ってもろての。そこで、息子夫婦とは、サイナラでの。孫共と一緒に、大本命、本屋にでして。

とかとか、この界隈、孫共、特には、孫娘が一番に頼りに出来るの存在。
へえの、そんな歳に、なったんやと。孫娘が、でして。ソラ、我々、くどいけどの、神戸なんか、知らんわと。
「マクドナルド」も、息子宅の、近在の、2箇所しか、知らんし、「さと」も、でして。

での、斯くしての、時刻になりての、「マクドナルド」えの。コレ、近い方の、「マクドナルド」で無くて。前回哉の、一度来たの、店での。
車から、降りたら、息子申すに、「お父さん、SOGOの場所と、本屋の場所、説明するし。」と。へえと、ここは、そんなに近くなん怪の、店の敷地から、通りに出て、チョと、歩けばの、チョと、数メートルでの。
ホラの、あそこに、「SOGO」が見えてるしと。
ンの確かに、見えてるです。フウンの、駅は、あっち、あそこ怪と。そやと。

いやなあ、この、店、「マクドナルド」が、駅にそんなに近い場所とは、露程にも、思てえへんでねえ。
正直には、郊外店的、印象での。
オッとの、近くに駅故、町中とも、云えんですが。田舎にでも、駅はあるです。

そして、子どもの本なら、あそこに見えるの、「プレンティ」にと。ンと。そかと。
ならばの、ここからなら、嫁に、車で、送ってもらうの事もあらへんの、歩いて、5分も掛かるの怪のと。まあ、3分もあればの、孫共、特には、孫君2人が、余計な行動せぬ限りはなと。

そんな事で、店に入れば、既に、嫁、皆の席確保で、あのなあと。
送っていらんと。モ、そこなんやなあと。
後は、諸般、孫娘の案内にての、バスに乗って、家、息子宅なれどの、帰るわと。
そやそや、家の鍵をと。
その鍵、孫娘が持ってるですて。そかの、万事、孫娘なんやと。フウンの、孫娘も、そんな歳になってるの怪と。
こちは、その分、歳喰てるんやと。
(15/11/19)


NO.34 孫君3号の七五三の話(1) ハタと、迫るの、七五三の日の話

先に、申しとくの。
「孫共3人と、バスに乗るの話」なるは、終わってえへんけどや。

諸般、本日、野暮用とするのか。
京都市立郁文中学校<廃校・別名の中学校名で、校舎存続>の同窓生。
コレが、個展、云うても、3人なれどの、開いてまして。
イヤ、毎年、開いてるですが。場所、神宮道の、「唯」と称するのギャラリー。まあ、云うたら、ええ場所でして。

での、手土産でもと、ケーキ屋で、ドーナッツでもと、行けば、本日、閉店で、ゲ。
しょがないし、別途の、「若菜屋」で、調達で、ついでに、我が家のも。クルミ入り、饅頭があった故でして。コレ、クルミとなれば、嫁はんの好物でして。結果、高いモノになったですが。
しょがないなあと。当方も、甘党故。

での、車で、1時間と少々、掛かるの哉の。神宮道とは、「岡崎公園」の真正面とするのか、通じるの道での。「岡崎公園」とは、「平安神宮」のあるところでして。「平安神宮」なるは、京都の三大祭の、「時代祭」の神社。
車は、イツも、「みやこめっせ<京都市勧業館>」に駐めてるですが。此度も、そこえ、直行なれどの、ンの、大鳥居を車で、潜ってもたなあと。もしかして、もしかしたら、車、駐車場に駐めて、「唯」えの、道中にも、潜ってもたなあと。
大鳥居故、意識から、外れてもてて。まあ、今更の、しょがないわと。

での、「唯」に行けば、同窓生、云うても、女性。中学生当時なら、女の子。が、居てまして。
先客、知り合いなんやろねえ。3人の女性が来たはりまして。ンの、ならばの、サと、帰るかと。思てたら、今、お茶沸かしてるしと。ンと。
当方、正直、この手、絵とか、には、興味薄く。
ならば、何で、訪問かと、なればの、長いお付き合いでして。ソラ、中学3年から、現在まで、でして。同窓会になれば、会うです。

での、先客帰ってもての、雑談なれどの、来年、皆で、皆とは、同窓生の事なれどです。1泊旅行でも、行かへんかと。ンの、当方、本来的、出不精での、その手、話に興味薄く。
只、どしても、幹事やらされるの立場での。幹事したら、出席しな、参加しな、仕方無く。
前回までは、時として、母の件で、同窓会にも、参加出来ずの事もあったですが。そら、この季節、母、在宅でして。

オッとの、それでや、この件、1泊旅行の件、前回、同窓会で、話、出たらしいですが。当方、不参加で、詳しい内容知らんですが。
どしょねえと。どしょねえと、問われたって、出不精自慢の当方が計画なんか、出来るモンかと。
までの、素っ気無くも、ぞんざいなる返答してへんのけどや。そやなあと、某君に計画立てさせよかと。その、某君、マサヒロ君と、申すですが。山好きでねえ。方々の山に登ったりしてる筈での、諸般の、ええ場所知ってるやろと。同窓会にも、出席してるしと。

いやなあ、実は、来年には、大学の同窓生とも、北海道旅行するになってまして。
コレ、元々が、北海道出身ので、一昨年、札幌に戻りまして。ならばの、案内役、そいつ、エイジ君にさせるかと。
実は、その幹事も、させられててねえ。来月、12月、早々には、同期生の、忘年会を兼ねて、その相談する予定もあって。


トッとの、云うてるの間にも、孫君3号の、七五三の日が接近の、この、11月22日<日曜日>での。
話では、嫁の里、実家のお母さん、お姉さん。妹さんの末の娘。そのお母さんであるの、妹さんは、来られませんですが。末の娘とは、孫君3号の従兄弟に当たるの、何箇月、半年以上、一年には、達しませんの、お姉さんになるですが。ならばの、3歳、4歳哉の年齢哉の。
も、当日、伊勢から、来られるですて。
ならばの、時間許すなら、当家にでも、チラとでもと。

いやなあ、当たり前の、ご両親とは、何度か、お会いしてるです。お姉さんにもや。
結婚式を含め、ご挨拶、結納の儀で、3度。孫君3号、産まれてから、見にと、するのか、宅様には、お邪魔しての、4度哉の。親父さんは、その時、居られませんで、3度のみ。女の子は、その時、初体面での。
要は、先方様には、3度、訪問。
結婚式なるは、「平安神宮」でして。偶々の、本日、そのソバに、行ったですが。

とりあえず、お母さんが、京都に来られるは、結婚式以来哉と。
ならばの、折角故と。親父さん、来られえへんは、諸般、体調と、するべきかの、要は大手術されててねえ。それも、あっての、「コンビニ」の仕事、止められたですが。とは、当方、勝手解釈なれどです。歳も、歳やしと。ンの、当方の1歳、下やったの哉と。
こんな調子で、話、してたら、益々の、肝心の、「孫共3人と、バスに乗るの話」が進まんですが。マ、ええかと。此度、このままでと。


モ一発、いやなあの、その昔ならです。
超の簡単、簡潔には、です。
夏場の、「お中元」、年末の、「お歳暮」なるは、宅様えは、持参でして。
そらなあ、日頃云々の挨拶兼ねてるわと。当世、宅急便が幅利かせの、宅配するモノと、思われてるですが。
オッとの、くれぐれもの、それで、結構の、当家も、そしてるですが。昔ならの、話をしてるです。

その辺り、当世、交通の便、良くなり、自動車も、皆が乗るよになってから、宅急便にての、イツの間にやら、それが、定例、恒常化の、常識化してもてるですが。
イヤ、くどいけどの、それで、結構やでと。
まあなあ、その昔なら、姻戚も、左程に遠くでも無かった鴨での。まさかの、伊勢から、京都えなんか、そは度々の、でして。反対の、京都から、伊勢えも、でして。伊勢講があったの程での、往来、容易い話で、あらへんわと。

そんな事なら、「お中元」「お歳暮」とは、切り離しの、当方、妹が結婚して、その親元には、何度か、訪問してるです。コレ、母、嫁はんと、3人で、でして。それで、家族全員なんやでと。妹結婚までは、女3人、男1人、なんやでと。
ソラ、変な話、親父、結核入院してての、まあ、云うたら、兄故、父親代わり。
まあなあ、こちは、当時、宇治・槇島。先様、実家、同じの、宇治の、黄檗でして。近いは、近かったし、当初、1年、妹夫婦、親と、同居してて。

それでや。
肝心の話の、亀岡に、来られるか、どか、マダ、分からんですが。日帰りらしくの、へえと。大変やなと。
次男宅でも、当家ででも、一泊されるのなら、諸般、折角やしと、連れ回すの表現、異なれどの、界隈案内でもと、思うは、思うのけどや。

無いなあ。
亀岡なんか、ここと、是非共のと、見て頂戴、案内したいの所がです。
その辺り、京都市内なら、幾らでもあるですが。
ンの、「トロッコ列車」でもと、思うのけどや。この季節やでと。紅葉の季節、観光の季節で、嵯峨嵐山になんか、行ったら、人で、人で、一杯でと。
ならばの、嵯峨嵐山から、京都駅にと、する方が、無難みたいなれどの、ソレ、出来るの怪と。

いやなあ、「トロッコ列車」は、「嵯峨嵐山」駅で終点でして。JR、嵯峨野線に乗り換えなれどの、駅なんか、物凄い人で、人で、臨時の、切符売り場が出来るの程での、駅に入る。列車に乗るに、大事<おおごと>やでと。
車も、大渋滞で、界隈に、接近するだに、ン時間鴨の、どしょもあらへんわと。
ましてやの、22日なるは、三連休のド真ん中。
ンの、どするやと。まさかの、近在の、「出雲大神宮」もなと。当家、喪中での、神社はなの、ならばの、「穴太寺」があるけどや。その程度でして。
亀岡ではなと。
他にあっても、知らんです。
(15/11/20)


NO.35 孫共3人と、バスに乗るの話(5) セブンでタバコの話

結果的、次男嫁の母親、姉、姪。
孫君3号からは、祖母、伯母、従姉。
なるは、日帰りですて。へえの、勿体無いなあと。
折角ならと、諸般、勝手に計画したですが。計画しても、名案無いですが。

イヤ、別段にの、嵯峨嵐山の、紅葉、見物だけが、能や無いの。何なら、「平安神宮」でもと。云うたって、ダケでの、何しにがあるですが。あるには、あるの、我が母校、京都市立堀川高校、経由ならなと。
コレ、当方自身の、でして。ダアレも感心示さんわの、アホみたい。
イヤ、名門なんやでと。云うたってなあと。
イヤイヤ、二条城、何なら、御所経由での。見るなら、一杯あるわいなと。

最高、一押しなら、円山公園、当家、墓地があるけどや。何しにがあるわいなと。イヤ、四条通りを、中央突破で、ここ、高島屋、ここ、南座。とかとかや。云うたってなあと。
更には、清水寺で、あっちなら、知恩院でと。
云うたってなあ、今時、観光客で、一杯やしなあと。
ならばの、当方、一番に熱烈推奨の、金閣寺から、我が母校経ての、龍安寺、仁和寺、広沢の池で、嵯峨嵐山のコースがあるですが。矢っ張りの、何しにが、なの。且つは、行った先、嵯峨嵐山では、車渋滞予測出来まして。嗚呼、どしょになるやろしと。

ンの、諸般、考えるまでも無いの、日帰りでして。
フウンの、折角やのに、勿体ないなあと。思えど、この季節、当世、観光地も、考えモノでねえ。
ましてやの、小さいのを一緒に、連れ回すもなと。
ン、ンの、此度、主人公、孫君3号故、その親に任しとこ怪と。

オッとの、この話、とするのか、日帰り等々、当方、聞いたで無いの、嫁はんからでして。
どちにしたって、マダ、先の話の、22日やわの。ンの、日帰りでして。諸般、又の機会やなと。
そらなあと、京都、隅々までは、知らんのけどや。まあ、云うたら、庭、地元。産まれの、育ったの地故、リクエストでも、して戴ければ、して頂戴の、喜び勇みの、観光案内致すわと。
ンの細々までは、知らんのけどや。バス・ガイド、添乗員でもあるまいにと。
されどの、ここ我が母校とかとか、プロには、出来ぬの、解説したるわと。聞き手、迷惑哉と。
迷惑なんやろねえ。諸般、説明、解説も、へえと、感心されたり、質問一問さえも、された事、あらへんでねえ。
よて、孫娘にでも、したろ怪と。又、迷惑哉と。


での、こちの話の、過日、11月1日<日曜日>の話に戻すですの。
昼飯、チョと離れたの、「マクドナルド」での。嫁、車修繕哉の、見てもらいには、13時半約束での、息子を家に送りの、前の家と、するのか、マンション付近の、TOYOTAに、でして。そは、ノンビリとも、してられずの、喰たら、即の、向かわねばの、息子と一緒に、ハイ、さいならと。
こちは、急ぐの話で無くの、行くの先、歩いて行けるの、スグのそこ。

オッとの、ついでになら、現、息子の家のソバ。云うても、車で、5分、10分掛かるの哉の、場所にも、TOYOTAなら、あるですが。そらなあ、TOYOTAなら、方々にあるですが。
買おたTOYOTAで無くの、近くのに、変更してもろたらと。わざわざの、30分、45分も掛かるの遠いTOYOTAにしんでもと。
当方のカローラも、TOYOTAなれどの、近在での。
歩いて、精々の、5分、10分。大抵なら、見といて頂戴の、我が家に戻ってるです。以前の、スプリンターなら、チョと、遠く。歩いてでも、帰れんは無いけれどの、20分は掛かる哉の、待ちの時間には、コーヒー出してもろたりの。大抵なら、我が担当の、営業のと、雑談してたり、してたですが。

そのスプリンターも、新しいのが、製造中止で、その担当者も定年でねえ。イヤ、当方と、同じの歳での、話も合おてねえ。
気楽に雑談してたですが。
オッとの、その担当も、そんな事で、義理も、車も無くなってもての、現、近在のTOYOTAに相成ったですが。
実際には、別途の、車屋に、連絡一発、来てくれて。
とかとか、当方、その昔より、車なら、近在の車屋なりで、処理してて。或いは、ローム時代なら、その近くに、車屋あっての、そこに、放り込むなりしててねえ。30分も、45分も掛かるよな事、してへんでして。
そしてもろたらと。

結果的、嫁、そのよに、TOYOTAに申しの、構いませんと、なったよで、よかったなあと。
イヤ、嫁も、息子も、義理堅いなと。
当方なら、そんな次第の、義理は、義理で、重視するし、して来たけどや。それ以上に、利便さでして。要は、通勤先の近在か、自宅の近所かと。時々に、判断してたわと。即応出来るの先様にと。

コレ、修繕の時、ダケなれどです。買い換えなら、営業担当者なりの、居てるの、家の近在に決まってるですが。
イヤイヤ、現、TOYOTAに、何の義理も無く。そもそもがの、現営業担当、不熱心。以前のとは、えらい違いの、ン年に1回しか、来ませんでして。そんなの、相手しやへんわと。コレ、スプリンターと、カローラの違い哉と。
カローラなら、よお、売れてての、大名営業怪と。結果的、営業担当になんか、連絡せずの、直接に、受付にと。その方が話も早いわと。


トッとの、斯くなるでの。
「マクドナルド」出るも、孫共3人居たら、時間も掛かるの、オシッコとかとか、一緒に行けばええのに、間を置き、順々に、でして。まあ、ええけどや。どちにしたって、行った先にも、トイレくらい、ある筈なれどです。
行きたい時に、行けと。
オッとの、この店のは、男女兼用でねえ。要は、一箇所でねえ。厄介やねえ。

そんな事で、5人して、デハと、「マクドナルド」出て。
出たら出たで、案の定の、孫君1号、先頭に出て。あのなあと。皆と、一緒にと。先急ぐなと。
ほんまやでの、孫君1号、2号の手、ガチリと、握ってんと、走り出しそでねえ。よお、云うたら、元気闊達、溌剌、結構なるもです。走って、転けて、怪我でもされたら、知らんでと。知らんで済めば、ええけれどと。
車にでも、ぶつけられてみい。悲惨ぞと。にでもなれば、困るわと。
コイツなら、自分から、ぶつかって行き兼ねんでして。大体が、走るなら、前見て、走れと、周囲見て、状況判断せよと。出来るなら、苦労も、心配も、しやへんわと。
まあなあ、この年頃の、男の子、皆、こんなやわと。

やから、1人では、とても、とてもの、面倒、よ見やへんわと。
さりとての、今の内だけ哉と。まあ、云うたら、心配は、心配も、面白いとは、表現異なれどの、コラと、叱っても、次ぎの瞬間には、皆目の、そんな話、あっちの、失念のと。
さりとての、さりとて、キチンと、云う事、聞くよでは、大人しいては、又、心配でして。
そらなあ、少々、ヤンチャな方がと。
の程度、理解してるわ、分かってるわと。

いやなあ、孫君1号、それしたら、孫君2号、追随での。
ほんとになあ、孫娘だけでして。頼りに出来るがで。
当方、タバコを家に置き忘れてもての、持参してなくて。買いたいと、申せば、ンの、あそこに、コンビニあるえの。ンの、孫娘の示すの方に、「セブン」発見。嗚呼、あそやなと。何度も来てるの怪の、来てる。さよか。

いつもなら、外食でも、したなら、喰い終われば、息子と一緒に店外に出て、タバコ一服してるですが。
居てたら、息子に、タバコ1本、くれと、申すですが。喰てもたら、お先にと、出てもての、居てへんわの。一本吸うたら、気も収まるですが。
そんな事で、「セブン」にての、タバコ1箱。
店の前には、灰皿あっての、一服したら、さあ、行こか。
一番には、本やなと。3人の孫共、ンと。
返事したなら、今にも、走って行きそな気配。場所知ってるの怪と。知ってると。へえと。
(15/11/21)


NO.36 孫共3人と、バスに乗るの話(6) 本屋に到着の話

本日、「芋煮会」で。
大根収穫、タマネギ植えて。
別途に、キュウイ、2個と、柿を少々。少々は、7個哉と。既に、時期、過ぎてて、熟柿になりて。当方、柔らかなるは、いらんわと。
この熟柿を好むのと、当方が如くに、固い方がと。よて、ブン取り合戦には、ならんですが。
オッとの、農園主の庭に、柿取りに行ったは、3人。内の1人、いらんですて。

での、明日<22日>は、孫君3号の、七五三故、大根でもと。又、嫁はんの里の方から、ミカンも送って来てるし、それを含めて、持ってってやろかと。
イヤ、収穫終われば、飲み会なれどの。皆は、これが目的もあっての、特には、収穫の時には、人数増えて。15名様参加。コレ、農園主含めての話なれどの、人数多いと、収穫多くも、15分の1。
1人に、4本、5本、6本哉と。ま、ええけどや。

大根も、嵩張るし、重たいし、全部は収穫せずの、次回、次月、12月の19日にも、「芋煮会」をと、相成ったです。
イヤイヤ、当方なら、飲まずに済む故、送迎担当運転手。それが、モ1人居てるし、助かるですが。居てへんでみい。欠席してみい、1人で、2往復、3往復は大変ぞと。送るの先、最寄りの駅までやけど。

そんな事で、明日には、孫君3号の、七五三なれどの、この調子の掲載故、イヨイヨ、重なってまうなあと。
別段の、どて事、あらへんですが。
ソレ、云い出したら、過日、高校時代の同窓生との、ミニ、ミニ、ミニの、ミニ同窓会の話も、まだ、してませんでして。せぬ内、陳腐化してまうですが。既に、陳腐化してるですが。ソレ、11月の4日の話やしと。
その内には、今度は、12月6日<日曜日>には、大学の忘年会、兼の、北海道旅行の打ち合わせ会、開催での。
諸般、年末に来て、あるなあと。

での、本題、「孫共3人と、バスに乗るの話」。
とするのか、何故にと、なればの、そんな事で、云うたか、云わずか、忘れてもたの。
イヤ、既載のを、紐解けばの、掲載してるです。

近在の、「コープ」の本屋が、やってるなら、そちなら、歩いて行けるですが。無くなってもての、こっちにと。こちとは、駅の方での、駅とは、「西神中央」駅。
コレ、地下鉄なんやねえ。JRの駅かと、思てたですが。そこの、「プレンディ」に行くになったですが。
その、「プレンディ」なるは、何やろねえ。所謂の、スーパーなんやろ怪と。スーパーにしたら、大規模での。百貨店にしたら、ヤヤ貧弱。
そもそもがの、京都に、「プレンティ」なるは、あらへんわと。よて、聞き初めの、店での。

嫁はん曰くに、ここには、過日、来てるですて。へえと。
嫁はん、1人で、こちに来た時、来たの怪と、問えば、当方も、一緒の時やでと。フウンと。フウンも、来た覚え、あらへんでねえ。

と、思てて、この周辺、歩いてたら、ンの確かに、見覚えの箇所あったりでの。
よお、考えたら、確かに、来てるの事よの、その時、夜。この時、昼間。
景観、等々、全然のと。
そもそもが、前回、ここに、何しに来たかも、知らんでねえ。当然の、買い物と、思うですが。大体が、神戸に来たら、あちこち、徘徊、土地勘無い故、さっぱりでして。一々の、屋号も、覚えてえへんわと。

トッとの、そんな事で、孫共に、本でもと。
以前なら、絵本でも、なれどの、次第、次第に、「絵」が消え、「本」になったですが。
云うたってなあ、孫君2号なら、マダ、「絵本」。「絵本」も、適当での、特段の、コレをと、好みがあるで無いですが。オマエ、無し。とも、云えず。皆、同等にと、コレ基本。基本は、基本なれどの、辛いなと。
イヤ、懐具合がに、決まってるわと。コレ、当方の、お小遣いから、やでと。

されどの、孫共が楽しみにしてる故、こちも、相応の覚悟して。
これがなあ、当初なら、孫娘だけの、1冊で、良かったですが。孫君1号のが、増えて。2号のも、増えて。3号がと、なて来てみい。コレ、正直、痛い、痛いの、アタタの、クククの、グググの、瀕死の重傷になてまうぞと。

成るけれどの、本ならと。
読書の、習性、習慣をと。コレ、絵本でも、結構の、読む、見るを大切にと。するが、我が方針でして。
いやなあ、当方、そもそもがの、本好きでして。好きで無いなら、孫共に、買おてやるの、発想、出て来いひんけどや。本なら、少々、懐、苦しくともの。ンの、少々に非ずの、激痛、大出血の、瀕死の重傷になてまうですが。

そらなあ、こいつら、本の値も見ず、コレと、申す故に、あのなあと。コレ、オモチャやでと。云うたって、分からんの事、多々あるですが。
考えてみたら、孫娘年齢なら、字も読めてるですが。それ以外のは、マダマダでの。

オトトの、そんな次第の斯くなるでの、皆、一斉に走り出す故、チョと、待てと。皆で、一緒にと。お手々繋いでと。云うたってなあ、孫君共が、ども、いかんわと。何で、何で、知ってるし、教えてあげるんやと。
それは、結構も、ならばの、こちの、ペースに合わせよと。
大丈夫や。ンの、こちが、大丈夫と、違うんやと。大声出さんならんしなと。

これを、先に行ってもての、後ろ向きになって、抜かすわ、人が居てるは、ぶつかりそになってるわの、オマエなあと。危ないぞと。危なないと、アホ云えと。
ぶつかってもては、こちが、すみませんねえと、謝らんならんし、しまいには、腹の立つノリ状態になてまうわの。原の辰徳なら、監督業引退したけどや。
ンの、結構なるの、高橋由伸監督に相成っての、当方、大満足なれどです。

そこで、申すの、その辺り、孫娘の場合、制止したら、聞き分けて。ンと、二の返事で、一緒に行動してくれるですが。孫君共を制止したなら、一緒に云うてくれるですが。お爺ちゃんが、云うたはるやろと。
結果、どもならずが、孫君1号、2号。
よて、とてもやないの、1人では、よお、面倒見られんわと。くどいけど、男の子は、こんなモン也と、承知も、理解も、してるですが。してても、これでは、とてもやないの、方々、よ、連れてけへんわと。神経、摩り減らすわと。
ましてやの、こんな場所、こんなとは、当方、ここ、「プレンティ」も、二度目やしの、詳細知らんし、神戸なんかも、右も、左もの、全然の、知らんしと。
こちが、迷子になてまうわと。

孫共、共々の、迷子になてもてみいと。
迷子には、ならずの、目的の場所、本屋には、到着したですが。
ンの、案外にと、申すか、広い、本屋でねえ。
ン、ンの、着いたの途端、アと、云う間に、とするのか、アと、云う間も無くの、今度こそ、孫娘共々の、3人消えてもて。
まあなあ、店内に居てるは、分かってるけどや。分かってても、この店内も、当方、初めての店なんやでと。且つは、広いんやと。
(15/11/22)


NO.37 孫共3人と、バスに乗るの話(7) 探すに一苦労の話

そんな次第の、斯くなるでの。
11月21日<土曜日>には、昼から、「芋煮会」で、大根収穫、タマネギの植え付け。
そして、農園主宅、庭先での、バーベキュー。
当方、送迎担当故、アルコール無し。メンバーの1人から、ドライバー・ビール、ペット・ボトル入りの、自家製のを、戴いたですが。
オッとの、お持ち帰りで、家で飲む用でして。
次回、残余の、大根、12月19日<土曜日>収穫と、決まったですが。
イヤ、大根も、大きく、重たいし、全部を収穫も、お持ち帰り大変でして。云うたって、総勢、15名様も参加してたら、4本、5本なれどの、それでも、重たいわの。当方なら、車故、どて事、無いですが。

そして、明くるの、22日<日曜日>には、次男家、孫君3号の、七五三でして。
場所、「長岡天神」にてと、成ってるですが。嫁のお母さん、お姉さん。そして、妹さんの娘、姪なれどの、孫君3号の、8箇月上のの、3人で、七五三に来るになってるですが。
当方も、嫁はんと、2人して、参列のツモリの、その、22日の朝一番。

次男より、電話一発、諸般、えらい事やと。
ンの、孫君3号、風邪でも引いた怪の、それとも、諸般、事故、事件怪と、程度問題なれどのと、想定、想像、推測、頭の中、巡らし、思いつつの、話聞けば、伊勢から、3人のツモリが、倍の、6人に相成ったと。えと。
イヤ、妹さんの子、女の子は、末の娘での。その上に、男の子が、3人。それが、全員、京都に来るに相成ったと。

ンの、マの、そかと。その程度かと。嗚呼、良かったなあと。事件、事故、風邪でも無い故での。
イヤイヤ、結構なると。所謂の、祝い事、故、沢山来て戴けるの方がと。
ンの、ンンの、ならばの、当初、当方、嫁はんと、2人、息子宅までは、自分の車。そこからは、次男の車で、全員、8名、乗って、「長岡天神」なり、会席の場に、行くになってたですが。
まずは、11名と、相成っての、一台では、無理、無理の、無理難題の、当方の車も一緒にと。
だけでは無いの、会席の数も、相応にと。追加注文、しとかんとなと。
嗚呼、その程度かの、嗚呼、嗚呼、良かったわと。且つは、人数多い方が、賑やかになるわと。結構なると。
との、話の続き、なるは、別途にと。

まだ、あっての、その明くるの、23日<土曜日>勤労感謝の日には、息子一家、当家に来ると。
目的、車のタイヤ交換の準備ですて。へえの、コレ又、結構なるの、ついでになら、実は、前回、孫君3号の誕生祝いに、プレゼントをと、成ってたですが。諸般、滑り台希望で、親の方が、難色での。置き場に困るの事よの、結果、モノ、決まらずの、持ち越してるですが。
ならばの、その時、来た時にでもと。
との、話も、別途にと。

別途も、概ねなら、以上の事、なれどの、ダケでは、なの、つまらんわと。
当方なりの、諸般、掲載したいわと。ネタ、満載でなと。する程の大層なるの、話で無いけどや。

ででの、そんな事で、「孫共3人と、バスに乗るの話」をと。
これも、ダケの話の、ダケでは、つまらんわと。当方なりの、諸般、掲載したいわと。

いやなあ、「プレンティ」の本屋見えたら、皆、パと、消えてもて。
先に見えたは、孫共3人でして。こちは、ここを、詳しくは知らんわと。
チョと、待てと、叫ぶ程では無いにしても、慌てるわと。こっちがや。さりとての、子ども、孫共3人での。こちは、嫁はんと、2人故に、1人、1人に付いてられんの。ソラ、3人3様、好み違うわの。
基本、好きなのを、選べば、選んでくれたら、ええのやけれど。
バラバラに行動されるは、困るの事よの。されどの、3人3様での。一緒に行動するは、難しく。

それでや、孫君2号なるは、嫁はんが付いてくれてるですが。
孫娘、孫君1号、そらなあ、素早いわと。加えての、ここの本屋、広おてねえ。「喜久屋書店」と、称するですが。「コープ」の、軽くの、倍の、3倍の、広さ哉の。
イヤイヤ、困るの事よの、誘拐でもされてみい。

冗談、大袈裟に非ずの、こちは、真剣でして。
そらなあ、土地不案内。周辺、知らんの人、ばっかり。
亀岡でも、土地不案内で、周辺に知ってる人、居てるは、希も、希の、奇蹟的、なれどです。居てたら、ビクリの仰天の、腰抜かすわと。
そんな事なら、京都市内の方が、遙かに、数段の、顔見知りに遭遇の可能性大、なれどです。そらなあ、承知してるの人数、桁違うわと。

オッとの、冗談、大袈裟に非ずの、孫娘は、孫君1号はと、店内、あっちに、こっちにと、探しまくったわと。
その辺り、本屋の本棚なるは、先を見難うてねえ。客も、立ち見人も、多てねえ。コマツタなと。

冗談、大袈裟に非ずの、怪しそな人物居てるかをも、検索、探索、するに、手元にパソコンあらへんですが。要は、見掛け的、人相悪いヤツはと。挙動不審の、怪しいヤツはと。
そんな事なら、真っ青に、までは、成ってえへんの、当方の方が、数段、数倍、余程に、異常に、疑わしくも、変なヤツに見えるですが。
多分ならなの、きっと、なと。
そらなあ、あっちに、こっちに、又、そっちにと。店内、ウロウロ、人捜しでして。

での、広い云うても、膨大、広大、先、霞んで、見えぬ程の。人で、人で、押し合い、へし合いの、程の、でもあらへんわの。本屋なるは、見難いなあと。
イヤ、人相悪くの、怪しいの人物、物騒なるの、気配のは、居てへんけどや。
居てるとしたなら、当方やと。

ででの、嗚呼、居たなあと、まずは、孫娘で、次ぎ、孫君1号発見での、ホと安堵。
とりあえずは、現在地、分かれば、安心致すの、安心も、束の間の、又、移動してやがっての。そらなあ、当人、どれにする怪の、物色でして。こいつ等も、あっちに、こっちに、あそこ、ここはと、忙しい事。
監視、管理、用心棒的、当方、気が気や無いですが。
そこを、愚と、グの、我慢の、ニコとしての、孫娘に、孫君1号に、モ、決まった怪と。

まあなあ、孫娘なら、概ね、決まってるのみたいで、結果、おねだり上手の、こいつ、一番に高いの、選びやがての、ま、ええかと。
孫君1号、あち、こち、そっちに、動き回っての、結果、百人一首を、と。あのなあと。値段、バカ高くの、こんなの、よ買わんわの、買おてやらんわと。モと、安いのにせえと。
ほんまやでの、三千円ものは、アカンわと。大奮発で、まあなあ、1500円まで哉と。
三人分合計、三冊にての、三千円見当の、目安やわと。それを、1人で、三千円とは、何事そと。
当方、そんな、金持ち爺様と、違うわと。云うて、分かるの相手で、無いですが。
そして、結果的、又、紙細工と、するのか、オマケのと、するのか、そちが、メインと、違うの怪の、男の子の本。

孫君2号なるは、孫娘が選定での、これにせよと。
ンの、マの、実際問題、4歳では、絵本の類での、これと、分かって、選択、物色、選んでは無いの、思い付きの、適当での。
とは、承知の、さりとての、オマエ、ダメ、買わんわと。
とも、云えず。
そらなあ、三人連れて来てと、するのか、連れられて来ての、1人、退け者には、してやらんわと。
(15/11/25)


NO.38 孫共3人と、バスに乗るの話(8) ファミリー割の話

本日<11月25日>、届いたです。
届けて戴いたは、「サラダ館」に依頼の、「喪中葉書」百枚。

曰くに、12月に入っても、大丈夫でっせ。
あのなあと、とは、申してませんですが。一言、云うてやったです。
既に、何通もの、「喪中葉書」届いてるですと。

イヤ、事実、この処、毎日のよに、「喪中葉書」届いてましての、次男なんか、モ出してると。
本家本元、当方、マダでは、恰好ワルツ。以前の、12月に入れば、早い方なら、「年賀状」作り出さはるです。
基本、11月中には、作成、投函して仕舞わんとと、思てるのに、でして。余計な事、云うなあ、このオッサンはと。
ほんまやでの、むしろの、12月に入ってからになる鴨と、先様、「サラダ館」の、オッサン、申してたですが。ンの、早くに作ってくれての、これなら、11月中投函出来そやなあと、感謝したのに、何ジャと。

いやなあ、過日、出来たと、持参して戴いたですが。
喪主と、するのか、当方の名、「健雄」が、「建雄」ではなと。自分の名を、アホかと、相成るわと。宛名、間違おたでは、失礼でして。
ンの、その手の間違い葉書、よ、届くですが。「健雄」が、「建雄」のが、です。ええ加減に、年賀状ソフトの名簿を書き直して頂戴なと、思うですが。人の事、云うてるの場合で無いの、自身も、よ、見直さんとなと。
オッとの、そんな事で、明日には、年賀状では無いの、その代行的、挨拶状と、するのか、「喪中葉書」の表書き、してもての、早々に、投函せねばなと。

での、11月1日<日曜日>の話をと。
ででの、孫娘、戦略家でねえ。要は、少女漫画の、キャラクターの、絵を描くの、何ちゅうかの、まあ、云うたら、お描き上達ツールと、称するの、オモチャ。
只なの、別途に、ン千円のが、あっての、それは、遠慮の、その、半値のを、選んでまして。お爺ちゃん、コレでも、ええかと。欲しかったんやと。
とか、云われてみいの、当方、めろめろ、メロディー状態での。ンの、ええで。

孫君1号なら、当初、初っ端、ン千円の、百人一首を持って来やがての、コレ。あのなあと。字も、読めてえへんのにと。アカンと。兎に角、値が高過ぎると。
そしたら、即の、別のを、持って来ての、いつもの、附録付きの男の子の雑誌。とするのか、マンガ。と、するのか、仮面ライダーとかや。か、どかは、知らんの、当世、男の子向け、キャラクターも、当方、よ、知らんですが。

結果的、附録なるは、親なりが、作らされるの、でして。
まあ、ええけどや。ボチボチの、自分で、作るの気になて欲しいですが。親なり、当方に作ってもらうの前提での。
且つは、抜かすに、イツ、帰る。帰るまでの、チョとの間でも、作ってえなと。あのなあと。自分の事、だけ、考えてやがってからにの、こちの事も、配慮せよと。
とは、申してませんですが。この歳、6歳では、云うだけ、無茶の、無理難題のと。

オッとの、結果、孫君2号のは、何買おたか、忘れたですが。コレのは、孫娘が選定してくれて。
いやなあの、コレコレと、申せば、孫娘、コレ、持ってるやんと。これにしとき。
そんな事で、結果的、オモチャ的なるの、本とか、絵本でして。まあ、結構なると。この歳で、学習書でもを、選定されてみい、こちが、ビクリするわと。

とかとか、本屋での、用事済んだら、皆、下でやってたの、「宇宙博」との、名称かは、失念の、ロケットの模型が飾ってあっての、そこえ、行きたいと。
ンの、そかと、連れてったら、ハヤブサの紙の模型を作ってたり、望遠鏡で、覗いたり、宇宙服を着せてもろたりの、イベントやってましての、ハヤブサの模型、作りたいと。
ンの、そかと、担当の、妙齢美女に、それ、買うとか、紙だけ、戴いての、持ち帰るとか、出来るですかと、問えば、あのですねえの、千円以上の、領収書あればと、へえと。

いやなあの、モ一発、いやなあの、本屋で、本買おたは、3千円見当での。千円なら、充分なれどの、残念無念の、そんな事、知らんしなあ。
別途の、ゴミ、発生での、誰かの、水洟での。拭いたのと、一緒に、ゴミ箱に、ポイ。してもたわと。
皆には、孫共には、すまんのおと。

そんな事で、デハの、ボチボチの帰ろかと。
バス停、どっちや、あっちやと。
行けば、バス・ターミナルあっての、掲示されてるの、時刻表見たら、ンの、丁度ええなあの、5分前。
しかも、一番の手前のバス停での、既に、数名、並んだはるですが。数名なら、ご心配無用の、我々、御一行様、5名様なら、充分に乗れて、座れるなと。よかったなあと。

ほんまやでの、立ちっ放しやてみい。誰かが、座れて、誰かが、座れえへんでみい。
座れて、バラバラ、やってみい。困るの事よと。
云うたって、家まで、どの程度の所要時間か、分からんですが。孫娘、曰くに、10分哉と。フウンの、そんなモン怪と。

ででの、孫娘なら、何度か、バスには、乗ってるですて。孫君も、乗ってるのらしく。
当方、ンの、前回、イツ乗ったの、相当なるの、昔怪と。少なくともの、市バス、京都市内も、亀岡市のも。
オッとの、トットの、そ云うたら、昨年哉に、サントリーの、ビール工場、やったの哉の、シャトル・バスで、JRの、長岡京駅、要は、次男宅の方、なれどの、乗ったなと。
市バスと、なればの、ン十年、乗って無いなあと。その、ン十年も、自宅から、会社えの、通勤に使てたの程度哉の。京都の市バスなら、どなん哉の、ここまでの、人生でも、数えるの程で、無い怪なあと。

トトトの、乗るべきの、バス、予定の時刻の、チョと前に、スグの、そこに待機してたの、バスが、バス停に到着。
孫君共、特には、1号、前に行きたいと。アカンと。既に、数人座ってましての、5人、揃ての、座れるは、最後尾の席、一列でして。そこなら、我々、5人。これが、6人でも、充分に座れるわと。
皆、揃て、座ろかと。
申せば、孫君1号、案外に素直に、ンと。へえの、ほんま怪なと。気色悪いなと。
とは、申してませんですが。

それでや、しっかり者、孫娘、曰くに、「ファミリィ割」えと。
そやそやの、これ又、しっかり者の、嫁から、重々、聞いてた、聞かされてたの、バスの運賃、まずは、小学生以下無料。大人が付いてたら、小学生無料。
結果、我々、御一行様、5名も、我々、夫婦、2人分の、運賃のみで、済むです。
その運賃、1人、210円也の、都合の、420円也と、相成って。
とりあえずの、孫共、3人分、只でして。

当然の、降りしなに、運転手に、「ファミリー割」ですと、宣言、宣告、申請せなば、ならぬですが。とも、嫁から、重々の、教えられ。
孫娘からは、バス内にての、降りしなに、そ云わんとなと。ソかと。

斯くしての、降り場所、孫娘と、孫君1号に、教えらえ。
云われたの、通りの、「ファミリー割」ですと、運転手に伝えの、420円也を支払いの、降りたは、我々、5人での。乗客、残り、一名様の、高齢ご婦人、只1人。
いやなあ、このご婦人、凄いんやでの、文庫本を読んだはってなあ。

トトトの、降りたの場所から、家までは、スグの、そこの、1分は、無理でもの、2分もあればの、着くの場所。
オッとの、トトトの、トットの、ンの、息子、丁度、家から、出るの処での。バイクに乗るの準備してての、ンの、ンンの、昼から、出勤と、云うたのと、違うん怪と。
申せば、昼の、今からやと。へえと。

折角なら、家の鍵、開けといてえやと、申せば、ンの開けてあると、遠くより、我々の声、聞こえてたの哉の。
道中、皆で、わいわい、がやがや、やってたモンで。
(15/11/26)


NO.39 孫君3号の七五三の話(2) 急遽の、ワンパク小僧3人、加わるの話

再度の、「喪中葉書」百枚の話。
思てたよりは、早くに届いたです。これなら、11月中に投函出来るなと。
既に、何通かの、「喪中葉書」は届いてまして。皆様、早いなと、すると同時に、我々年代の親、亡くなるの歳なんやと。そらなあ、享年、概ね、90代。
さもありなんの、その歳なら、充分やと。

とか、思てるの場合で無いです。
投函するには、仕上げんならんわと。まあなあ、宛先のみ、プリンターで、印刷、チョイ、チョイなれどの、この選択が難しいわと。
いやなあ、変な話、「喪中葉書」戴いたの先様にも、「喪中葉書」は出さんならんです。
「年賀状」なら、出すは、遠慮なれどです。
ここだけの話の、「喪中葉書」は、全員なんやと。
云うてるの意味なるは、再度の、ここだけの話の、少々、枚数多くいるです。

更に、何を云うてるかと、なればの、ここ数年、数十年、チョとずつ、年賀状枚数、減らして来てるですが。この、百枚なるが、微妙なるの枚数での。
息子共居た時には、少々なれどの、その分も、買い求めてたですが。母のは、代行してたですが。
結果的、年々と、するのか、減り出して。基本、過年より、百枚以内に抑えよなと。嫁はんとです。相談致しの、一気には、無理で、年々のよに、そのよに、して来てるですが。
「喪中葉書」は、疎遠の親族にもなと。疎遠、云うても、我が親族なら、全員、全家、左程に、疎遠でもあらへんでして。云うたって、この手、葬儀とか、年会で会うの程度、なれどです。それでもなと。

会社の同僚達、部下達、これはなと。遠くの場合、会う事、あらへんです。会おたって、道で、すれ違いで、ン十年経てば、分からんぞと。
モええやろと、思えど、ご丁寧なるの、年賀状、毎年くれるのにはなと。粗雑には扱えず。
とかとかにての、本日、印刷、丁度の百枚。嫁はんのと、足しての話、なれどです。
とりあえず、印刷完了の、オッとの、トットの、その分、52円切手、貼らんならんのやと。明日にでも、郵便局にで、調達、貼って、年内に非ずの、月内には、投函せねばなと。

斯くなる、次第の、斯くなるでの。
過日、11月22日<日曜日>。いい夫婦の日。語呂合わせの日。
朝の一番、次男から、電話で、えらいこっちゃの、伊勢からの、人数、倍増、3人が、6人の話。
まあなあ、ええ事やと。
こちから、来て頂戴。
嫌、絶対に嫌と、断固拒否、避けられる、よりは、数段、数十段、超の上等。有り難いの事でして。

只なの、伊勢から、6人ともなればの、当初、車も、息子の1台でと。これは、息子の考えなれどの、1台では、アカンなと。当方、愛車カローラも、同行やなと。イヤ、結構なると。
只なの、只なで、当方、長岡京市を知らんです。知らんと、云うてしまうも、異なれどです。
そらなあ、どこかの程度、知ってるし。「長岡天神」なら、過去、2度か、3度、行ってるし。駅周辺、界隈にしたって、長男嫁の出産にての。コレ、孫娘誕生の時での、行ってるし。
妹の娘、我が、姪なれどの、奇しきのご縁で、同じの産院で、長男産んでてねえ。その、2度共に、行ってるし。サントリーの、ビール工場、見学でも、行ってるし。

そもそもがの、次男が、長岡京市に居を構えるになっての、ご縁出来たわと。
出来たってなあ、そこから、ウロウロも、ウロウロしてるの、目的地の範囲、ダケやわと。細かな、周辺、界隈地理、どこを、ど行けば、何処になんか、知るモンかと。
とか、大見得切って、大声出して、拡声器で、吹聴しての、自慢にならぬの、恥なれど。

話簡単、孫君3号の、七五三なるは、「長岡天神」にて、執り行うになってるですが。「長岡天神」なら、承知も、息子宅からの行き道なんか、知らんわと。オッとの、息子夫婦と、一度行ってるけどや。それ、息子の車で、運転やでと。
自分の車で、自分の運転でも、怪しいのにや。分かるモンかの、只でさえ、方向音痴で、地名、人名音痴で、真性、純正音痴やわの。コレ又、自慢にならぬですが。事実やわと。

ましてやの、息子曰くの、会席の場を、よお、知らんですて。そもそもがの、駐車場の状況、不明ですて。イヤ、そもそもがの、車が置けるの怪の、2台もでは、どなんやろなあと。
云うてたって、仕方が無いの、成るよにしか、成らぬですが。
息子からしたらの、一大事。

ンの、マの、多分なら、嫁の妹さんの、3人の男の子、本日、皆が、皆も、当人達からしたらの、お婆ちゃん、伯母、妹の3人が、京都に行くを知らんかったんやろなあと。
朝一番、騒々しくも、3人、身支度、出掛けるの用意、準備してるを見て、ンの、何でと。
チョと、京都えの、七五三に参列と、するのか、何と申すかの、行くがためと。申せば、3人、口揃えて、連れてけと。不公平やと。申したか、までは、知らんけどや。
ええなあ、ええなあ、妹だけ、連れてってもとてと、大騒ぎになったの哉と。多分ならなと。
さもなくばの、今朝、急遽の、3人が、6人には、成らぬわと。

結果、お母さん、お姉さんの、話に寄ればの、とりあえず、3人一緒には、急遽の話故の。電車の、指定席取ってたけれどの、キャンセルしたと。ソラ、3人増えて、それも、ワンパク小僧、3人やでと。
おまえ等、3人、男の子、仲良く、大人しくの、賢くしての、自由席に、座ってよ。とは、出来ず、云えず。トンでも、でして。事件、事故、勃発の可能性がと。マデは、分からんですが。
車内、道中、ジッとは、してへんわと。目が離せえへんわの。
よて、6人して、自由席で、京都に来たですて。へえと。

いやなあ、こっちも、少々、イヤ、可成りの、予定と、する程の、予定なんか、あらへんですが。
孫君3号の、七五三、会席終われば、皆で、亀岡にでもと。
亀岡に来てもろて、何にも無いのけどや。時間許すなら、なれどの、トロッコ列車もあるですが。この季節、紅葉の季節、観光シーズン故に、トロッコ列車は、ええは、ええの、絶好、絶景なれどの、その分、人で、人で、だけならの。
「トロッコ列車」の終点、こっち、「馬堀」から、したらの、終点なれどの。そこから、どするやがあるです。

駅まで、車で、迎えには、トンでも状態での、嵐山界隈に、接近出来るの怪の、交通状態ではと。
ならばの、JRの、「嵯峨嵐山」駅から、電車で、「京都」駅にしたって、三連休の、ド真ん中で、駅には、人で、人で、一杯で。
果たしての、一発で、乗れるの怪の、状態ではと。

ましてやの、帰りの切符、指定席やってみい。
そこまでの、リスク、抱えて、冷や冷やしての、「トロッコ列車」も考えモノでの、当家、「柴田」家で、雑談等々、してるの方がと、相成るですが。
そこに、3人の、男の子が参戦してみい、ども成らず。
オッとの、3人、何歳、何年生やったの哉の、忘れてもたわと。
とりあえず、一番の上で、小学の5年生やったの怪の、一番の下、幼稚園児怪なあと。
何度も、聞いたのけどや。右から、左でね。

当家、孫も、時として、怪しいのにや。他家の子、そは、簡単に、覚えられへんわと。
自慢にならぬのけどや。
(15/11/27)


NO.40 孫君3号の七五三の話(3) 母娘と、姉妹の話

本日、郵便局に行って参じたです。
手元に、「普通切手」31枚。
年賀状の残余の、古いの、書き損じの、34枚。
要るは、「喪中切手」百枚。

いやなあ、年賀状の書き損じ、古いのを、しかるべくの、「葉書」「切手」に交換してくれるは、承知してるですが。当然の、手数料要るですが。
「切手」は、どやった哉の、特殊なのは、アカンよに、記憶での。
まあなあ、ダメ元でして。持って行って、尋ねて、アカンのなら、アカンで結構なると。持って行かんかったら、二度手間でして。又、行かんならんわと。

での、郵便局の、担当窓口、イヤ、先客、珍しくの、ダアレもいたはらへんでの、あのですねえと。
余計なるの話、窓口なるは、妙齢でも無いの、中年女性。

出来るの限り、分かり易くの、あのですねえと。
まずは、「喪中切手」あるですか。ハイ、あります。
での、欲しいは、ソレ、百枚です。ハイと。
での、ですねえ。まずは、52円切手、31枚、これを、その、「喪中切手」に交換出来るですか。ハイの、手数料、1枚、5円ですが。嗚呼、そですか。
ででの、ですねえ、書き損じ等々、年賀状等々、都合の、34枚。これを、その、「喪中切手」に交換出来るですか。ハイ、枚数等々、確認させて戴くですが。手数料がと。ええ、結構なると。

ソラなあ、モロ、切手、百枚なら、5200円也でして。
とりあえず、切手31枚、葉書、34枚の、計、65枚あれば、残、35枚がそのままの料金での、他は、手数料ダケで済むやんかと。ニタニタと。

での、ででの、妙齢でも無いの、担当女性、切手は、一発、シート状での、31枚、スグにも、分かるですが。葉書の方、枚数数えの、それがなの、52円のが、50円のが。サラが、書き損じのがと、種々あっての、それを、全部、数えんならんですて。へえと。
へえは、結構の、バラバラでして。

結果、レジとするのか、レジスターなんやろねえ。計算機なんやろねえ。入力されるの、一々の、「え」と。
えええの、えと。首かしげの、思案しの、後ろ向いて、誰かに、これで、ええの、ですかねえと。
何が疑問か、当方、さっぱりなれどです。
いやなあ、メモ書きされてたです。何が、1枚、何が、10枚で、23枚と。とりあえず、都合の、34枚になてる故、当方、予めの枚数と、一緒故に、ンの正解なると、満足してるですが。

助っ人、出て来て、ンの、それで、ええのと、違うですかと。
結果の、結果、請求金額、2176円也でして。まあなあ、当方、暗算、安産、目算よりも、チョとダケ高いですが。これ、モノに寄りの、消費税が付くですて。へえの、ほんま怪なと。
まあなあ、ン十円、31円也の話での、結構なると。
そらなあの、モロなるは、35枚の、「喪中切手」分のみでの、他は、基本、手数料、1枚、5円也でして。

オッとの、別段の、こんなタメと、書き損じ、残余の葉書を保管してたで無いですが。過年、一度、交換してるですが。オトトの、トットの、それが、「普通切手」31枚鴨と。相応の枚数、使ての、残余が、その枚数なれどです。
イヤイヤ、その時、過年の、交換の時、別途の場所にあったんやと。此度の、34枚が。


そんな次第の、斯くなるでの。
切手、百枚貼るも大変やねえ。小さな、スポンジ、引っ張り出して、糊面、チョと、濡らすの用での、一枚、一枚、分離するも、気ぃ使うなと。ンの、穴の箇所、何度か、折り曲げたら、ちぎり易いなと、気ぃ付いたは、10枚目辺り哉と。

トットの、「孫君3号の七五三の話」やわと。
そんな事で、10時頃には、来て頂戴なと、聞いてるのらしく。嫁はんがや。
デハと、出発、此度は、マンションの、来客用、駐車場所でして。
そらなあ、結果的、一緒に、車で、行動するの故での、そんな話は結構の。京都縦貫道で、馳せ参じたです。
いやなあの、部屋と、するのか、入るは、久しぶりでねえ。最近、用事があらへんでねえ。前回なら、孫君3号の、運動会で、行ってるですが。当方、何の用事あったか。ンの、昼からは、「芋煮会」でして。昼飯、奢ってもろての、即の、帰路。
イヤ、駐車したは、マンションの、では無いの、そこらの、でして。

ソ云うたら、此度なら、前日、土曜日が、「芋煮会」でねえ。
そんな、余計な話、結構なるの、駐車場に入るに、一々の、家主、住人に、出て来てもらわんとの、入れませんの。
息子が、来て、開けてくれて。シャッターをや。リモコンでや。

部屋に行けば、皆様、おそろいでの。
での、ででのや。
ここだけの話の、奥の方の居間に、ンの、嫁がと。瞬時、ソ見えたですが。あくまでもの、ホンの瞬時なれどの。ンンの、嫁、玄関先に居てるぞと。
ンの、えの、ほならの、アレ、お姉さん怪と。

いやなあ、そらなあ、嫁と、お姉さんなるは、姉妹故、ソラ、どこか、似てるは、似てるにしてもの、見間違う程には、似てへんわと。
正直、体型からしての、違うわと。
にも、関わらずの、ホンの瞬時、ンと、思たは、そらなあ、ソファーに腰掛け、基本、向こう向きで、顔だけ、こちに向けてる故、首から、下、ソファーで、隠れてもてるわと。

且つは、遠目やわと。
当方、ローガンやわと。ローガンなら、遠くはよお見えると、申すですが。見えるは、見えるも、分解能、解像度は、ガクンと、落ちてるわと。若手の、遠視と、一緒にすなよと。
若手のは、分解能、解像度、ソラ、上等での。比較になんか、ならへんわと。

オッとの、そらなあ、お姉さんが来たはるは、重々の承知。
承知の上で、えと。
そらなあの、幾ら、何でもの、嫁と、お母さんは、遠目も、間違わんわと。間違おてたら、失礼千万の、嫁に、抹殺、屠殺、首絞め殺されるわと。年齢、親子程に違うのにと。

そんな事なら、嫁も、お姉さんも、お母さんには、似てへんなと。
どちかとなればの、親父さん似哉と。
云うたって、母娘故、その内、年々、年輪経て来たら、嫌でも、似て来るわと。

云うたろ怪の。
ここだけの話の、でも、無いの。
我が叔母、30年の昔に他界してるですが。その直前、当家、墓開きに、京都に来てくれたですが。我が家にも、来て、泊まってくれたですが。
当方、会社から、帰宅で、叔母と、息子2人、玄関先で、迎えてくれたの際、瞬時、祖母かと。祖母が居てるの怪の、居てるの筈、あらへんですが。それこその、当方、24歳の時、他界での。
それ程に、そっくりでして。姿、形がや。

モ、一発。
下の叔父嫁の、葬儀の時。
葬儀会館に行けば、ンの、上の叔父がと。
当たり前に、遠の昔、我が親父、他界の直後に、亡くなってるですが。その息子、要は、我が従兄弟が、そっくりでして。
云うとくの、まともに見てたら、似ても、似つかんの顔形なれどの、そんなモンやと。そらなあ、親子、兄弟姉妹なるは、遺伝子一緒と、するのか、一部、引き継いでるが故、似て、当然。

ソレ、云い出した、ならです。
これこその、ここだけの話の、他言、どでも、好きにして頂戴の、話の。
実は、嫁の、お母さんの話の。姿形が、我が祖母に、そっくりさん。云うたら、雰囲気、よお、似てて。へえと、感心する程での。

いやなあの、我が祖母も、背格好、あんなモンでの。小振りでの。
基本、赤の他人なれどの、これがなあ、見る度と、する程には、会おてえへんけどや。前回、孫君3号、生まれたの時故、4年の昔になるですが。
オトトの、トットの、そんな事なら、ワンパク小僧、3人も、その時、以来になるですが。
ンの、お姉さんなら、結婚式以来、なんやなと。

トットの、オッとの、何の話、してるの怪の。
とりあえず、遠目、お姉さんの、横顔瞬時の、嫁怪と。ンの、こちにも、居てるぞと。
加えての、嫁母、姿形、顔形の、背格好からして、我が祖母の、そっくりさん。
見えたは、事実故、そのよに、正直、云うてるのダケ。
(15/11/28)



inserted by FC2 system