孫娘の話NO.2

孫娘NO.1

ハデブスNO.12 孫娘の話NO.11
題目一覧表

目次

孫娘の話NO.3

NO.20 孫の初宮参りの話(8) はりつけ紋の話(2)

NO.19 孫の初宮参りの話(7) はりつけ紋の話(1)

NO.18 孫の初宮参りの話(6) 初着の話(2)

NO.17 孫の初宮参りの話(5) 初着の話(1)

NO.16 孫の初宮参りの話(4) 初宮参りの帽子の話(2)

NO.15 孫の初宮参りの話(3) 初宮参りの帽子の話(1)

NO.14 孫の初宮参りの話(2) 駐車場に難儀の話(2)

NO.13 孫の初宮参りの話(1) 駐車場に難儀の話(1)

NO.12 二人目の孫、誕生の話(12) 早速にも初宮参りの相談の話

NO.11 二人目の孫、誕生の話(11) 孫娘との風呂の話(2)

孫娘の話NO.1


NO.11 二人目の孫、誕生の話(11) 孫娘との風呂の話(2)

斯くなる次第での、孫娘が、何の気紛れかの、勘違いかの、云い出しての、一緒に風呂に入りまして。
但しの、私め、女の子と、一緒に風呂は、初めてでは無いです。
イヤ、娘は居てへんですが。姪なら、二人居てまして。滋賀のは、そんな機会は無かったですが、四国のはありましてと。

幾つくらいの時やろなあと。小学低学年では無く、高学年か、もしかしての、中学生になった頃かと。ホナラの二十年近く経つのかと。
今やの、姪も一児のママさんなれどのと。ツイの、昨日みたいな、イメージでして。
イヤイヤ、一度では無いです。何度もあるです。直近が、その頃、二十年近く経つのかと、ダケでして。

浜で泳いだら、カラダに付いた塩水(しおみず)を洗い流さんとと。
上がって、即の、水道水では流してるですが、塩水を洗い流すは簡単では無いです。温水でとするのか、風呂で洗い流さんとと。髪の毛もシャンプーでと。

この時、泳いだは、四人でして。
息子共二人と、姪と、私でと。私は、河童でもあるし、保護者でありの、監視員でもありましてと。
当然にして、自分も泳ぎの、監視の目も怠らず。
云うても、この頃なら、全員、或る程度は泳げてるですがと。さりとての、目を離す訳にもナと。
当世なら、一番に危ないは、孫世代の、二番手、我輩かと。往年の技能、体力を想定で、泳げば、忽ちにしての、心臓麻痺かと。痙攣(けいれん)発作、コブラ反りで、モンドリ打ったりと。

そんな話は結構の、されどの、余計な話の、この頃の浜は綺麗やったです。所謂の穴場でありましてと。
季節ともなればの、周辺道路は、車で一杯。下手に車で、出られへんかったかと。道が狭いのに、停めるしで。
柄の悪いのも、散見での、水上バイクも走らせてたりで、危ない話でありましてと。クレグレもの、柄の悪いのが、水上バイクを走らせてたの意では無いですが。
オマケで、夜の遅くに音楽鳴らせての、大音響の、イツもは、静かな、村落も、大迷惑でと。
されどの、近年、浜にも、漂流物が一杯。ペット・ボトルやとか、何やとか。来た人が、処分もせずにの、何かの包装材に、花火のカス等々。

マナーが最悪の、遠くから、来てる人に決まってまして。
私等なら、喰い物なんを持参と違うし、花火をしても、カスは持って帰ってるですと。云うたら、自分等の浜を汚さへんです。
そんな次第での、ここ数年、お盆で里帰りしましても、人が少なく、泳いでえへんなあと。
以前の如くに、どしても、泳ぐの気分でもあらへんしと。

イヤイヤ、そんな次第での、時期をハッキリとは、覚えてえへんですがと。
大体が、里のも、そんな大浴場でもあるまいにと。そもそもが、四国は、水の出が、チョロ、チョロでして。話簡単の順番待ちしてたら、時間も掛かるし、水も、湯も勿体ないの以前の、風呂も満タンにはしてへんわと。
してたら、大変ゾと。
特に、ここらは、水が勢い良く、出てくれへんです。

結果、誰がと、順番がと、云うてるよりは、先陣争いでの、遠慮もしてへんしで、一気、四人で、風呂にと。云うても、四人が一緒の浴槽には、入れへんけれどや。そんな大きさと違うしと。
要は、髪を洗うが先決での、カラダの塩気を洗い流すが優先での、風呂に入るは二の次でして。
幾ら何でもの、流石に、以降は、レディ・ファーストになったのかと。男共は、アトにしましてと。

ツイデになら、娘がオヤジさんと、一緒に風呂は、イツまでかと。
そんな話があるですがと。アノナアと。
余程に立派で、広い風呂なんやろなあと。

私めなら、時々、息子共と一緒に風呂に入ったですが。三人一緒にと。そやけどナと。精々が、小学生低学年まででしてと。
次第、次第に体格も大きくなっての、一緒になんか、風呂に入ってたら、お互いに邪魔やでと。少なくともの、浴槽に三人で入れるまででしてと。
アトは、誰かが、髪を洗いの、カラダを洗うがために出てませんとと。
夏場なら結構の、冬ともなれば、風邪引くゾと。よって、そんな時期から、止めたかと。
云うたら、親子で、娘であれ、息子と一緒に風呂も、幸せ一家の象徴みたいな話があるですがと。確かに、相応の規模の風呂があって、ええなあと。
私めは、そんな具合に思うですと。そこらの家庭では、風呂もそんなに大きくは無いやろしと。

デデデの、孫娘の程度であれば、一緒に浴槽も平気でと。アンパンマン・グッズも一緒にと。沈めたり、押したりの、アンパンマン・シャワーも出来ましてと。
ホナラ、頭を洗うかの、洗てやらんならんの、サテ、シャンプーはと。
ホナラのホナラで、シャンプー、シャンプーの連呼の、アレは、ママの。コレは、ママの。オッとの、ママのは聞いてえへんですがの、肝心の、オマエのは、ドレなんやと。
聞いても、日本語はそこまで通じずの、一通り、置いてあるのシャンプーを説明してくれて。

分かった、コレが、オマエのやと。ンと。
ソラ、残り少なくなって来たら、我輩にでも、分かるわと。百も二百もあらへんの、数個やしと。
ホナラのホナラで、マダ、したら、アカンですて。帽子とするのか、被るのが要るですて。へえと。イヤ、成る程の、シャンプー・ハットが要るのやなあと。

斯くなる次第の、次第での、再度の浴槽に入らんとと。
マダマダ、遊び足らんの、アンパンマン・グッズ、特には、シャワーのを、押したり、沈めたりの、モ、ええ加減に出てくれんと、私め、爺様、真っ赤かの、逆上せ上がるゾと。オマエが出てくれへんかったら、こっちが、出られえへんわの、こっちは、シャンプーもマダなんやと。

とは、云うてえへんけれどの、ホナラの、やっとで、出てもええみたいになっての、出るか。ンで、マタモヤの、一生懸命に説明し出しましての、ども、総合判断、ボタンを押すですて。
風呂場の、「呼び出し」のボタンをと。
よっしやと、押そとしたら、一寸待てと。
とは、云うてえへんけれどの、ども、自分で押したいらしく。
ホナラ、好きにせえ。自分で押せと。ンと。

イヤイヤ、出てくれて、ホと安堵。
云うたら、全て、マイ・ペースであっての、こっちは、孫娘に合わせてやらな仕方が無いし。孫娘の爺と一緒に風呂に入るの目的なるは、自分は色々と知ってるゾの宣伝かと。
お陰様にて、本当に、逆上せ上がってしもたです。
風呂から、出ても、熱うて、熱うて、汗ダクダク。アイス・コーヒーをと。別段に頼んでも居てへんけれどと。ソレくらいの気分やったかと。
次回、有りや、無しやは、知らんですがと。
万事、孫娘、ゴン子、オシメ様の、思し召し如何。
(09/11/10)


NO.12 二人目の孫、誕生の話(12) 早速にも初宮参りの相談の話

私め、その昔は銭湯でして。
ご幼少時代は、母親と。
この時は、男湯、女湯を好き放題に、往来でと。
次第に、男湯だけで、オヤジと一緒に行ってたですが。どっちにしたって、行けば、背中を流して上げたです。そんな事ならばの、何故か、祖母と一緒にの、記憶は無いなあと。

銭湯では、そんな光景、珍しくも無かったかと。叔父達と行った事もあったですが。矢っ張り、流して上げたかと。
イヤイヤ、頼まれもしてへんでと。流す、流さんは、自主的行為でありましてと。
余りにゴシゴシは、止めてくれと、苦情が出たり。やってる方からしたら、チカラを入れてやるべきかと。思てたですが、確かに、背中が真っ赤っかにさせたは鮮明に記憶をと。

そんな意味では、何故か、女湯で、女の子が、お母さんの背中を流すのは見た事が無いなあと。
正確には、記憶に無いなあと。
ツイデになら、男湯で、女の子が、オヤジさんの背中を流すも、知らんナと。女の子は、洗って戴くの専門かと。
イヤイヤ、タマタマの我が記憶の範疇ならばの話やでと。

されどの、内風呂になれば、銭湯が如くに広くは無いし。狭くとも、流して、流せん事も無いけれどや。浴槽には、交代々々(こうたいごうたい)でしか、入れへんしと。
四国でなら、銭湯に行く事もあるですが。そんな雰囲気でもあらへんしで、結果、私の立場からは、オヤジの背中は流し。息子共は流してやって、息子共には、一回も流してもろた経験が無いなあと。
そもそもが、そんな習慣があるも、知らんかと。コレが、内風呂の大欠陥でありの、銭湯<健康村を含む>でも、見た事が無いなあと。
行った健康村では、背中を流せるよな、流し場の配置でもあらへんしと。コレ又、可能は可能でも、人が一杯でと。邪魔になるかと。
そんな配慮も何も、最近、見掛けへんなあと。背中の洗い、流しをと。

デデデの、斯くなるでの、汗ダクダクで、風呂から、上がり。
又、アンパンマンのジグソー・パズルを出して来て。スグにも飽きて、途中からは、踏みつけて。コラと叱れば、コラと云い。アカンやないかと云えば、アカン、アカンと、オウム返しにと。
ホンマにアカンなあ、全然、通じいひんなあと、云えば、クククと、笑いまして、アカンなあと。女の子は、オマセで、口が早いかと。

コレで、全面的、爺婆に懐いてるかとなればの、怪しくてと。
遊びでは無くの、何かの異常事態勃発にて、私らは、払い退けられの、ママ、ママの連呼でと。
ママは居てへんでも、ママ、ママでの、困ったヤツやなあと。

そんな次第での、私め、ここ、神戸に来ると、何故か、早くに眠くなり。起きてられんよになるです。
我が家では、零時を過ぎんと、寝えへんですが。ここでは、零時近くになれば、起きてるのも辛くなり、お先にと、寝てしまうですが。
寝るに、孫娘に、一緒に寝るかと、お誘いしたら、ママと。
あのなあの、ママは、居てへんわと。明日、帰らはるんやと。赤ちゃんと一緒にと。そやから、早くに寝たら、明日になるでと、説明、コンコンの、厭と。寝えへんと。
勝手にせえと、云うてる間にも、イヨイヨの起きてるが辛くなりの、先に寝るわと、お先にと、私の方が先に寝てしもたです。

明くる日、息子は、誕生した子のため、ベッドを移動。孫娘が使てたですが、弟に明け渡しでと。
移動するに、一旦、分解で、再度の組み立てでと。前日から、したら、ええのやけれど。私らが居て、寝てたら、場所がと、出来ひんしと。
朝起きてから、やってたですが。組み立てが終われば、迎えに行こかと。産院に、三人して、行って参じたです。
イヤ、嫁はんは、食事の支度でありましてと。
長男誕生、無事に我が家にで、おめでとうさんの、赤飯でと。

斯くなる次第の、退院は午前中にの話で、着いたは、11時頃かと。
本来ならばの、10時頃と云うてたですが。大体が息子の起きたが、10時前。間に合う筈があらへんわと。

二度目故に、孫娘に教えてもらわんでも、分かるですが。
産院の前に来たら、ママ、ママと。
そんな事は結構の、部屋に入ったら、既に、準備万端の即の出られるの体制でして。ソラ、10時の予定が11時やしと。
但しの、赤ん坊にお乳をやってたです。コレが済まんと、動けへんわと。ソラ、ソやと。

しかるにの、聴力検査では、異常無しやったですて。
寝てる間に調べるですて。へえと。
アトは、視力なれどの、目を見てたら、見えてるが如くに見えるですが。指を、手を目の前で動かせても、追わへんしで、マダ、見えてえへんのやなあと。

斯くなるでの、私めは、荷物担当、孫娘は、オヤジが担当、赤ん坊は、ママの担当で、ナース・センターにより、御挨拶の、ホナラ、出発の、後部座席中央は、ベビー・シートが二つで、独占の、私めは、最後部座席にと。
マアナア、NOAHやしで、出来るですが。我がカローラなら、定員4名様になってしまうナと。

そんな事は結構の、帰れば、早速にも、ベビー・ベッドにで。にしても、この子は寝てバッカリ。
イヤ、余りに静かで、大丈夫かと、心配で、覗きに行けば、目を開けてたり。誠に以て、静かな子でと。
要は、寝てる。起きてる。起きてても、静かで、アトは、オッパイをと。オッパイも沢山飲むですて。良かったなあと。

マア云うたら、寝て、喰て、赤ん坊の仕事をシッカリしてるのかと。
イヤイヤ、大体は、第二子以降は、扱い易いらしく。周囲も第一子で、大方の事は経験してるしで、何かあっても、必要以上には、慌てもしいひんしと。神経過敏にもならへんしと。
第一子は、周囲が、何でもを、初体験で、大袈裟になる傾向にあるのかと。
よって、爺婆が威力発揮の場面なれどの、近頃、一緒と違うのが多いしと。

イヤイヤ、コレからの一千日。三年が大変ゾと。
それ以前の孫娘が、マダ、一千日には達せずの、こっちは、動き回りの、実質、目が離せへんし。赤ん坊は、ママさん、24時間体制で、様子を見てやらんならんしと。

で、初宮参りは、八坂神社にで、12月の第一週にでもしよかと。
本日、嫁はんが二度目の遠征から、帰宅の、大方の話を決めて来たですて。へえと。結構でと。早いモンやと。早、産まれて、二週間かと。
早速にも、衣装と、飾りを調達しんならんナと。
(09/11/11)


NO.13 孫の初宮参りの話(1) 駐車場に難儀の話(1)

話は、過日から、始まるです。
その過日、11月の19日、野暮用満載での、京都に出たです。
ホンマやでと。京都には、出るのんやと。亀岡くんだりから、車ででと。
満載も三件なれどです。

での、一番には、平安神宮には用事は無いの、岡崎公園のソバの、神宮道にある、ギャラリー「唯」にと。
イヤ、中学時代の同窓生が、個展を開いてまして。女性二人で開いて、「二人展」ですて。何回目やな。当初、二年に一回の筈が、昨年、今年と、二回連続。
私が行くは、4回目やろか、5回目かなあと。とりあえず、案内状を戴けば、行ってるです。

私め、失礼乍ら、絵には、興味があらへんですが。案内状を戴いての、義理でして。
朝から、「若菜屋」で、しかるべくの、手土産を買い求め、準備万端で、出掛けたです。
イヤ、クドイけれどの、野暮用満載での、この件も一つでありまして。
での、京都市勧業館、「みやこめっせ」の駐車場にと。特に、催しが無くて、ガラガラでと。良かったなあと。

ホンマやでと。
更なる、過日、京都市美術館に、「ルーブル<美術館>」を見にと、嫁はんと一緒に行ったですが。周辺の駐車場が超満杯にて、往生したです。
車を停めるの列だけで、一時間は軽くと云われてねえ。
美術館の入場に並ぶに、軽くのン時間と云われて、辞めとこかと。
イヤ、入るに長蛇の列でして。噂では、聞いてたですが、実際にも、凄い列。ン時間なら、大阪での万国博覧会(1970年)程では無いですがと。

とりあえず、「みやこめっせ」の地下の駐車場に車を停めて、テクテク、歩いて、ン分にて、「唯」に到着の、他にも一杯、見知らんの女性がと。我が年代ので、困ったなあと。
「唯」に、入って、ええのか、悪いのかと。
されどの、他にも用事があって、急ぐしで、悩んでられへんです。早速にも、手土産をば、手渡しまして。手渡してたら、椅子に座ってたの、ン名様の、女性陣が、どうぞ、どうぞと、席を空けて戴きまして。
追い出すみたいで、悪いですねえ。いえいえ、どうぞで、退散は、三名様かと。全然、知らんの面々でと。歳の頃は、矢っ張り、我が年代かと。云うたら、ン年前に、還暦のと。
個展の、同級生の、YO子さんの同級生か、知り合いなんやろなあと。

他にも二名様が居られまして。我が同窓生であるの、個展の主、YO子さん、曰くに、同じの高校のと。
イヤ、彼女の同窓生でありましての、私は全然知らんです。
ホナラの、オッとで、この人は、郁文中学との事での、お互いに顔をマジマジ拝見の、残念乍らの、記憶に無いです。
での、某さんやと。
某さんねえ。私の記憶の、某さんとは、顔が違うナと。ホナラの、某さんのお兄さんと、結婚しやはって、某さんになっての、旧姓、某さんやと。旧姓でも、新姓でも、分からんなあと。困ったモンです。

先方様も、私めには記憶が無さそでねえ。
云うたら、私めも、大人しい方でして。どっちにしたって、モ一人は、その某さんとは、大学の同級生でと。へえと。その他、諸々の関係をば、紹介、説明してくれたですが、分からんなあと。

同じ中学校でも、知らんモノは知らんです。三年間で、同じのクラスにでもなれば、多少なら、記憶してるですがと。
我が当時、中学生時代の同級生ともなれば、50人掛ける事の12クラスやでと。600人も居てたら、知らんわと。余程に有名人でなければナと。
お互い様にと。
とは、云うてえへんけれどの、YO子さん、某さんに、「柴田クンや。柴田クンや。郁文中学校やったんえ。知らんか。」と。
云うて戴いてもねえ。双方、片鱗さえ、思い出さんです。
ソラなあ、中学校を卒業して、何年やと。50年とは、云わんの、近くは経ってまして。小学校が一緒なら、確実に。高校が、一緒ならばの、何とか、承知なれどの、違うしと。
イヤ、小学校なら、50人程のが、3クラスでの、少人数でして。全員を承知でと。高校は、又、多いしと。されどの、違うしナと。

そんな事は結構の、一応は、個展故に、ギャラリーをば、一巡しまして。絵を、作品をば、拝見させて戴きまして。オッとの、二人展の、モお一方(ひとかた)のかと。別途の展示を拝見のと。
イヤ、花も沢山届いてまして。花ねえ。私め、粗忽(そこつ)者でして、この手のは、気が付かんです。精々が手土産程度でありましてと。

ホナラの、ユックリしてナと。お茶でもと。茶菓子も適当に摘(つま)んで、食べてナと、出して戴きまして。
イヤ、余り、ユックリもと。野暮用満載でと。お断りをしまして。お茶だけ戴きまして。ソラ、昼飯喰てから、来てるです。

での、1月10日の、同窓会の話をと。
(「お上のやる事に間違いばっかりの話NO.5NO.6」参照)
(「お上のやる事に間違いばっかりの話NO.6」NO.53政治家のレベル(12)「定額給付金」を何に使うかの思案の話参照)

あの時、Iクンから電話があってなあと。案内状を見たのが遅れたんやてと。実家に届いてて、彼は栗東での、次回は必ず参加させて戴くと云うてたでと。
伝えたなら、彼女の目の色変貌の、目の奥から、キラと閃光がと。豹変、変化したです。
オッとの、ヤバイ事を云うたの、可能性があるゾと。再度の同窓会を云い出すのでは無いかいなあと。

ホンマやでと。
その時、Iクンんは、次回は、喜寿かなあと、冗談半分に云うたですが。少なくともの、5年や、10年後かと、正直、思てるです。幹事が厭と云うのでも無いですが。
結果的、私めに、諸般を押しつけられましてと。イツの間にやら、主幹事でして。
そして、誰とは云うの、云い出しっぺの、MASAクンにしたって、一次会で、退散でと。幹事ならば、二次会にも付き合えと。その日、積雪が云々での、早くに自宅に帰らんとと。

などなど、内輪の話なれどの、大体が、同窓会も、男性陣が少ないしと。前回は、男は、たったの3名でして。私を含むの話やでと。幹事が、MASAクンと2人やしで、1人だけでして。
他は、10名様の女性陣では、我が小さい体を、より、小さくと。妙齢でも無いの昔の美女を多数相手をよしませんですと。してへんけれどや。
結果、二次会は喫茶店で、男2名、女4名で、閉店まで。

オッとの、そんな事も結構の、実はの、銀行に用事があってねえ。銀行故に、三時までにと。今からなら、何とか間に合うしと。
愛想が無いけれどの、要は、久し振りに顔を見に来ただけなんやと。ホナラ、サイナラと。
イヤイヤ、本当の話での、ソレもあるし、先客として、中学、高校時代の友達も来たはりまして。積もるのか、積もらんかの、女性だけの話もあるやろしと。

での、そんな次第で、お暇しまして、「みやこめっせ」とするのか、京都勧業会館の駐車場に戻りましての、次なるの目的地、「りそな銀行」へと。
イヤ、口座歴、40年なれどの、要は、大和銀行時代からので、入社早々に、会社の先輩社員、経理担当のが、口座を造れと。
更には、後日、クレジット・カードも造れと。
云うたら、40年の昔での、給料は現金払いで、少なくともの、クレジット・カードには、全くの興味も、ご縁も、無かった時代やでと。

理由は簡単の、銀行の担当者の、押しつけでして。
自分のノルマを、取引先の会社の経理担当にと。
とは、我が勝手なるの推測なれどです。当たらずとも、遠からずと。

結果、銀行カード(キャッシュ・カード)に、JCB付きのを造ってもろたですが。且つの、JCBの入会金は、無料の、但しの、年会費は要ったです。
イヤ、ゴールド・カードでも何でも無いです。唯のカードで、年千円やったかと。ン十年経って、無料になったかなあと。
コレ又、お付き合いでありましてと。
結果的、海外出張等、旅行、ン回では使たですがと。
特には、海外出張なんか、ホテル代が高くの、現金払いは避けてたです。海外も韓国だけなれどのと。一泊、一万円見当の、私めからしたらの、ボッタクリ価格かと。

余計な話の、当時、韓国の物価なるは、日本の、十分の一なんやでと。一万円ともなれば、日本の感覚での、十万円やでと。
されどの、日本語の通じるのホテルで無ければ、泊まってられへんわと。韓国語なるは、珍文漢文の、正真正銘の、ハングル語故。
ソラナア、度々の、回を重ねて、多少の単語程度ならばの、理解をしたよな時期もあったですがと。

での、この口座も、京都下京に住んでた時代の話の、現在、亀岡やでと。
支店があらへんわと。大和銀行は、りそな銀行に屋号を替えるは勝手の、何かと、不便満載の、幾つかの取引も、終焉したですしと。
要は、「京都inet」の年会費等々、家としてでは無く、我が単独の引き落としは、ここにしてたです。
での、結果、最後の、「京都inet」も、2008年度で以て、契約終了での、イヨイヨの用事が無くなったです。無くなって、現在唯今まで、ホッタラカシの、残高、ン万円がありましてと。

別途の口座があれば、そっちに振り込むの手もあるけれどの、超個人のは、持ってえへんです。下手に我が名義の口座に移動では、家計に組み込まれてしまうしと。
よって、この際と、大和銀行時代からの、最寄りの京都支店、四条の高倉にと。
思てたが、災難とするのか、大間違い。
(09/12/06)


NO.14 孫の初宮参りの話(2) 駐車場に難儀の話(2)

斯くなるでの、岡崎の、「みやこめっせ」
要は、京都市勧業会館の地下駐車場から、一路、「大和銀行」に非ずの、「りそな銀行」にと。
通帳は、大和銀行時代のモノでしてと。

での、四条通りの手前、下がった処、高倉通りに面して、「りそな銀行」の、地下駐車場の入り口がありましての、迷いもせずの、突入したです。
3時までには、15分の余裕がと。良かったなあと。
間に合おたと。

大体は、地下駐車場の入り口、入ってスグの場所、右手には、管理人室がありまして。
「何処に行かはりますか。」と。
質問される筈が、管理人室が消えてまして。
暫く来ん間に、人件費節約にての、「管理人室」が、廃止されたかと。されどの、銀行屋はんが不用心になったナと。ええのかなあと。銀行強盗が来たら、どないするやと。
余計な心配したりして。

での、以前は、管理人さんに、まあ云うたら、「銀行に。」と、ダケを伝えて、フリー・パスやったですが。居て無い事が、一寸ナと。兎に角、銀行やしと。
不用心に過ぎての、ヤバイのでは無いかと。

での、でで、更に先に進めば、異な光景がと。
開閉バーがありまして。以前は無かったゾと。
ホナラの、駐車券、整理券でも、出て来て、取るのかと。銀行の窓口で、認め印でも、戴くのかなあと。
思たですが、出て来るの気配が無くの、カード挿入口とか、何やとか。駐車のカードなんか、持ってえへんわの、ボタンはあるですが、「連絡用」としてあって。
更なる先、進行方向を見たなら、駐車場は駐車場なれどの、見えてる範囲だけでして。

イヤ、我が承知の範囲ならばの、クルクルと、何周か回って、ドンドンと、地下深くに向かいの、要は、一番の下の階が、当時、「大和銀行」の入り口でして。
銀行への通用口の、管理人さんに、車の、ナンバーを伝えまして、凡そ、30分程度です。等々の、予定を伝えまして。
エレベーターなり、階段で、上に向かうになるですがと。
オッとの、トットの、先に向かうの、通路が見当たらんです。要は地下は3階程あったのが、見えてる範囲の、地下一階だけでして。

一寸、様子が違うゾと。
一寸処か、可成り違うゾと。
もしかしたら、りそな銀行の駐車場が無くなったかなあと。場所変更でもされたかと。
しかるにの、違うでも、バックで、元に戻るにしたって、場所が場所での、通路の広さが広さで、危険が一杯。
仕方が無いしで、「連絡用」ボタンをブと押しまして。即の、「ハイ、何ですか。」の応答がと。良かったなあと。応答が無ければ、立ち往生でして。

での、「大和銀行、イヤ、りそな銀行に行きたいのですが。開閉バーが。」と。
ホナラの、「銀行はあらしまへんで。」
との、返答に、ギクリ、ドキリの、様子からして、もしかしたら、駐車場も、余所のになってるの可能性がと。
とは、心配したですが。銀行までが無いはビックリ仰天のと。そんな返答は夢想だにで。
云うたら、「りそな銀行」が倒産は聞いてえへんわと。

での、でで、先様曰くに、「一寸、そのまま、待機しててください。スグに行きますので。」と、返事を戴き、ホと安堵。
ソラ、このままでは、遁走なんかトンでもの、身動き出来ませんですと。

斯くなる次第の、管理人さんが、何処からとも無く、現れまして。
再度の、「銀行なんか、あらしまへんで。」と。へえと。

この管理人さんは、ここが、以前、りそな銀行であったを知らはらへんのかなあと。イヤ、中年男性なれどです。
アトで調べたならばの、りそな銀行京都支店は、2004年11月に移動やてえ。烏丸通りを四条から、上がった処にと。へえと。
ソ云うたら、当時、インターネットで、場所を調べて、一度だけ、行ったよな感がと。

そんな事は結構の、既に、遅しの、当面の課題。
管理人さんに、開閉バーを上げて戴きまして。「Uターンして、出てください。」と。ハイと。
コレが、Uターンするに狭いんやと。車が一杯の、見たら、全部が商用車かと。以前は、現金輸送車があったよな、無かったよなのと。
兎に角の構造的、昔日の面影なら、あるですがと。更なる、地下への通路は、コンクリートで遮断をされてまして。何度も切り返しで、再度の出口のシャッターを上げて戴きの、「スミマセンでしたねえ。」と、管理人さんに、最敬礼。

出る間際には、商用車が入って来まして。嗚呼、良かったなあと。
マアナア、万事休すならばの、その人にどしたモノかと、相談かと。
せずに、済んだですがの、高倉通りに出たら、オッとの、マダ、3時には、5分程の間があるですが。最早の、「りそな銀行」は、無理やなあと。次ぎの機会にでもと。
次ぎも、何も、この時には、サッパリ、見当も付いてえへんです。りそな銀行の移動先がでと。

での、での、高倉通りから、四条通りを西にで、該当の建物を一瞥の、確かに、銀行では無くの、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)になってまして。へえと。
オッとの、トットの、ソ云うたら、月に一回、墓参で、前を通過の、ン年前から、ルイヴィトンになってたなあと。今更乍らの気が付いたです。

結果、帰宅してから、調べたですが。予め、確認しとくべきやったナと。そやけれどの、頭っから、従来の場所と思てるです。心配してたは、駐車場が空いてるかの程度でと。空いて無かった事は無かったですがと。
アトは、更なる三つ目の目的地の、駐車は何処にしよかなあと。

イヤイヤ、デデデの、斯くなるでの、更なるの野暮用、用件は、室町通りにありましてと。高辻を一寸だけ、下がった処でありましてと。
コイン駐車場なら、室町通りに沢山あるですが、大抵は狭くて、満車状態での、場所的車を入れ難うてねえ。
ホナラの、「京都産業会館」の、駐車場にしとこかなあと。
イヤ、市営駐車場がありましてと。

デデデの、その昔。
私めが、小学生時代やったかなあの頃なれどの、「京都産業会館」は影も形も、無かった時代。
ホナラの何があったかとなればの、空き地でと。
イヤイヤ、何を隠そうの、隠す事も無いですの、「木下大サーカス」が来たです。この場所にと。「京都産業会館」が立つ前の空き地にと。
での、現在唯今までの段階にて、見たのか、見て無いのか、定かなる記憶に無いです。
要は、来た記憶はあるですが。多分なら、見て無いかと。
(09/12/07)


NO.15 孫の初宮参りの話(3) 初宮参りの帽子の話(1)

デデデの、誰とは云うの、ケンイチ君から、メール一発。あのなあと。
りそな銀行は、当世、17時までなんやゾと。へえと、検索一発、インターネットで、ホーム・ページを閲覧の、調べたならばの、その通りでありましての、9時から、17時ですて。へえと。ソやったかと。
しかるにの、りそな銀行の場合であっての、15時までが一般的でしてと。

オッとの、しもたなあと。
されどの、その時には、移転先を知らんかったです。
話は逸れるですが、その他、諸々の銀行なるは、統廃合されまして。屋号は替わるは、又、替わるはで、旧の屋号は何やったと。云うたら、都市銀行と称されるの、巨大銀行が統廃合されまして。

表現をば、正直にしたなら、屋号を替えて、不良債権の高を誤魔化しまして。社長人事で、主導権争いに明け暮れたりで、結果、体勢、体質、旧態依然。
三菱東京UFJ銀行、新生銀行なんか、最早の昔の名前は何やったの世界の、三井住友銀行ならば、そのままの合併故に分かるかと。よくぞまあ、巨大、旧財閥が合併したなあと。
そんな話は結構の、京都銀行、京都中央信用金庫は、そのままでして。窓口営業時間もそのままでしてと。

での、話を戻して、「木下大サーカス」が、どんな具合であったかの、記憶は皆無。
単純には、来たの噂を知ってても、只とは、違うですし、小学生低学年では、1人では、行けへんわと。

モ一つ、来たのが、遊園地。
では無いかと。
今から、思えば、四条の室町、下(しも)側の空き地に、遊園地やでと。来たとしてるからには、期間限定でして。どんな種類の遊具があったか、定かに覚えてませんです。
鮮明に記憶は、乗った、一つだけ。

どんなかとなれば、所謂のコーヒー・カップなら、自転、公転で、座ってるだけの、座席は水平方向の回転だけの、簡単なモノなれどの、乗ったのは、飛行機みたいな感じでの、カプセルでして。
自転は、水平に回転でも、公転が、上下にも動きましての、スリル満点。
イヤ、ン十年の昔の話やしと。記憶、ええ加減の、適当でして。されどの、当たらずとも遠からずと。
ソラ、生まれて、初めての体験でして。遊園地そのものがと。今時の如くに、車が珍しいの時代やでと。

こんな事が、現在の、「京都産業会館」のある辺り。四条通りのバス停のある辺りとするのか、当時は、バス停があっても、道路は引っ込んでえへんでねえ。
要は、四条の室町から、綾小路までの一角で、時折の催しがあったです。
ソラなあ、遊園地とするのか、遊園地でも、ブランコ、鉄棒、滑り台では無く、大きな設備が設置されましてと。一度だけ、母と、我が家の向かい側にあった会社<株式会社喜多本店京都支店>の社員さんと、三人して行ったかと。
クレグレもの、軽くの50年は昔の話やでと。

イヤイヤ、お向かいさんは、酒屋さんでして。社員さんが、数人にての、私め、内の二三人の方に、可愛がって戴いたです。
キャッチ・ボールをしたり、バットの振り方、ボールの打ち方を教わったりと。

そんな話は結構の、「京都産業会館」では、私共が、社会人の第一歩、ロームの入社式が開催されまして。駐車場の方では無くの、シルク・ホールの筈でして。そこも、「京都産業会館」なれどです。
そんな話も結構の、結果、「京都産業会館」に入ったは、その時、一回だけでして。当時から、駐車場のあるは承知の、コレ又、停めるは、此度が初めてでして。
理由は簡単明瞭の、停めるの用事が無かっただけでしてと。ソラ、こんな場所、当時なら、歩いて、10分かと。10分も掛からんかと。
云うたら、古い市営駐車場であるは、承知の、「京都産業会館」が出来たのが、昭和40年(1965年)でして。

そんな次第の、入り口も、外観も承知なれどの、突入なるは初体験。
での、入りましたら、駐車カードが出て来ての、取りまして。取れば、開閉バーが開くは、何処でも一緒の、表示がなあ。分かり難いのやと。
兎に角、イキナリの、やや左手に登りのスロープでして。ンの成る程の、中は、立体駐車場かと。されどの、スロープの道幅が狭いんやと。

そして、スロープを上がれば、右に曲がりの、右にしか、行けへんしで。進めば、上行きと、右折に別れてまして。えと。
どっちに進めばええのかと。
表示は、「入庫」「出庫」での、えと。
大抵ならばの、進行方向の矢印か、「出口」であるとか、されてる筈が、「入庫」「出庫」やしで、瞬時、えとなるです。

イヤ、正直、逡巡(しゅんじゅん)での、後続車もあらへんしで、双方の先の状況を見定めたです。
「入庫」の方は、上に上がるのスロープでして。
右折の、「出庫」は、ども、出口に向かうみたいでねえ。正確には、先が見難く、多分ならと。

ソラナア、駐車場の構造を知らんです。知ってたら、スイスイなれどの、要領を得ませんです。ましてやの、表現が、「入庫」「出庫」かと。物流センターみたいでねえ。
エイのヤで、変な方向にも行けへんしと。対向車と、ドカンと、正面衝突でもしたら、エライ事でして。

での、とりあえずは、上に向かおかと。コレ又、同様に、スロープになってまして。狭あてねえ。右折のも、狭いけれどや。大きめの車なら、大変ゾと。
ガリガリと、壁面に擦るゾと。

上がれば、やっとで納得の、この形かと。
要は、スロープで、上に、或いは、下にで、各階を上がったり、下がったりの、各階に車を停めるの場所がと。
イヤ、先程、「入庫」「出庫」の見極めの際には、後続車がタマタマに居て無かっただけでの、各階、大入り満員の、スグにも、後続車がズラリの、追い立てられるよに、四階にまで、上がったです。

ここまで来たら、何台かの、空きがありまして。適当なるの場所に停めまして。
オッとの、ここは、四階の西かと。反対側は、東かと。概略の場所は理解したですが。サテのどんな具合に降りるのかと。エレベーターと階段が目の前にありまして。とりあえずは、階段でと。
構造が良く分かるしと。

での、でで、一階に到着の、人の出入り口には、「室町」としてありまして。
ンの成る程の、こっちかと。

斯くなる次第の、斯くなるでの、一体、何をしに、三つ目の用事で、室町筋かとなればの、孫の、初宮参りの、帽子セットをと。
実は、二年半前の、孫娘の際に、買い求めたのお店、「アサカ」にと。
その二年半前に、方々を見聞、調査したです。案外に、赤ちゃん用品はあらへんです。有っても、当然乍らの、ピン、キリでして。
インターネットで調べたら、7千円から、軽くの1万円を突破。ソレしか無ければ、ソレに決めたですが。現物を見てからと、室町筋をウロウロしてて、和装品製造卸の、「アサカ」を見つけまして。
要は、和風小物の卸屋さんでして。思い切って、入りまして。

種々見聞の、ここなら、コレならと。
ソラナア、インターネット・ショッピングも結構なれどの、現物がどんなモノかが、分からんわと。
西松屋、アカチャンホンポも見たですが。失礼乍らの、如何にもの、安物でして。値だけは、一人前の、ソレしか、無ければ、比較検討の余地無く、ソレに致すですが。
での、正直、市価の半額以下で、ンと、納得、コレなら、ええなあと、云えるの、帽子セットがあったです。

ソラナア、高島屋にも、見に行ったです。
初着(うぶぎ)の件もありましての、言語明瞭の、高いんやと。手が届かんわと。この程度で、ン万、十ン万と云われてみい。書いてあってみい。
一寸、考えてみますの、サイナラでして。
イヤイヤ、ン万円は、帽子セットでは無くの、初着の方やでと。

での、「アサカ」には、予めの、電話一本入れまして。
前回は、女の子用故に、ピンクの帽子。此度は、男の子故に、白の帽子でありまして。
電話で、有りますかと。ソラ、問屋はんやし、あるですが。亀岡くんだりから、京都に出て、結果、店が休みでも、在庫切れでも困るの、何しに来たかとなるですと。
それこその、「京都産業会館」の、市営駐車場に、初体験の、駐車してまで、来てるのにと。
スカやってみい。又、来んならんわと。
(09/12/08)


NO.16 孫の初宮参りの話(4) 初宮参りの帽子の話(2)

そんな次第での、「京都産業会館」の、市営駐車場を出て、室町通りを下がりまして。
勝手は、二年半前に承知の、うろ覚えの、「アサカ」にと。
うろ覚えも、場所は室町を下がって、高辻の向こうなれどの、大体は、その辺りにと。建物の外観、中身の一部は承知の、動き、見た、範囲なれどのと。

云うたら、室町筋の、四条から上(かみ)は、敷居の高い店が多いかと。
下でも、敷居は高いけれどや。

祇園祭の山鉾でなら、室町の、四条を上なら、菊水鉾。下(しも)なら、鶏鉾がありまして。
オッとの、「アサカ」は、高辻から下でして。山も、鉾も、あらへんですが。
有り体には、一寸、落ちるのかなあと。されどの、室町筋故、呉服屋はんは多いかと。且つの、見るからに、高級のが、飾ってありましての、そんな意味で、敷居が高いんやと。
用事が無いしで、入っても、値がナの、場違いでと。

されどの、室町は、呉服問屋さんの筋でして。
問屋なら、小売りよりも安いが相場の、特には、呉服関係ならばの、百貨店では原則、正価でありましてと。呉服なんか、正価が何で決まるか分からんですがと。
要は、生地、デザイン、織り方、縫い方、染め方、裏地かと。
それこその、絵描きさんが直接に描かはってみい。桁が違うかと。
とか、云われたって、ド素人では、分からんわと。説明を聞いて、鵜呑みにしてな仕方があらへんわと。

云うたら、初宮参りの帽子にしたって、飾りの点数がありましてと。生地としては、絹、化繊(ポリエステル、ナイロン、アセテート等)等々があるですがと。
絹も良し、悪しの、化繊で結構の、形状、大黒さんとか、何やとか。
女の子はピンクで、大黒さんは無いけれど。男の子には結構での、色は白でしてと。ソレを注文とするのか、電話で、話をしといたです。

での、駐車場から、歩いて、5分と掛からんの、「アサカ」に付きましての、受付とするのか、妙齢の美女が居たはっての、何か云わんとナと、「えとですねえ。」の、初宮参りの帽子をと。
ホナラの奥の方とするのか、スグのソコなれどの、「朝に電話をくれやはったねえ。」と。
ハイ、左様でと、靴を脱いで、上がりまして。イヤ、そんな構造の店とするのか、場所でしてと。

そして、上の階の人に、大黒さんの白をと。
イヤ、店の面々、受付の妙齢の美女は、受付だけに、真正美女であっても、記憶に無いですが。
他は、失礼乍らの、上も、下も、ムツケキのオッサンと、中年のオバハンでして。二年半前の記憶にあるです。
ソラまあ、当時、喋ったしと。妙齢の美女にも喋ったけれどや。来店目的をば、伝えただけで、こっちに案内された故、喋った内に入らずでと。

での、一階のオッサン、曰くに、電話では、ン千ン百円と云うてたけど、ン百円、負けとくわと。ソですかの、スミマセンねえと、返事をしたなら、お礼を云うてもらう程でもあらへんわ。ン百円負けて、やっと、その値の近くになるんやわと。
要は、消費税があったんやと。ン百円負けても、云うてた値より、高くなるんやわと。へえと。何でも、結構の、負けて戴ければと。

それで、高島屋とどれ程違うかとなればの、4倍。
とまでは、行かんにしても、近くの、差がありまして。当然にして、モノも違うと、思うですが。違うにしても、お飾りの数でしての、正直、要らんよなモノばっかりでと。
使うにしたって、記念写真と、祈祷の時だけでして。
そんな事なら、帽子そのものが、ソやけれどと。何でも、結構の、標準でと。

加えて、オッサン曰くに、ウチのは、正真正銘の、日本製やでと。
西松屋のは、中国製かと。それでも、値は、コレ以上かと。
イヤ、云われんでも、承知してるです。その二年半前には、方々を見聞、勉強させて戴いたです。孫娘だけでもあらへんしと。先の事は分からんにしても、孫達が、次々、出て来るやろしと。出て来て欲しいしと。

での、孫娘の、初着(うぶぎ)にしたって、問屋さんのは、下は、流石に、1万円のは無かったけれどの、1万5千円から、上は、8万、9万、10万円見当かと。
イヤイヤ、問屋さんも、ここだけでは無いです。方々とするのか、モ一箇所行ってるですが、そっちのは、一寸、高めで、遠慮したです。

云うたら、失礼乍らの、その問屋さんの、1万5千円のと、西松屋では、1万円から、あったですが。雲泥の差がありまして。
素人目で、如何にも、プリント柄の、生地もペラペラでと。幾ら何でもの、値打ちが無いです。ソレしか、知らんかったら、ソレなれどと。
さりとての、高島屋なら、最低でも、5万円、6万円でして。1万円のなんか、置いてえへんわと。その5万円見当のが、問屋さんでは、1万5千円かなあと。
要は、軽くの、3倍かと。

イヤイヤ、デデデの、そんな話は結構の、女店員さん、オッサンに、ええ方を買おてくれやはったんやねえと。
何と比べて、ええ方か、悪い方かは、知らんですが。注文のしか、知らんしと。
精算のため、札入れから、ン千円。小銭入れから、ン百と五十円。コレだけやったかなあと、独り言で、アト、5円やなあと。オッサンがで、シッカリしたはるなあ。
とは云わずの、別の小銭入れから、5円玉を出せば、女店員さん、曰くに、ええ方法やねえと。
財布を分けたはるのやねえと。ンの、左様ですと。

小銭入れに、1円玉から、500円玉まで、ごちゃ混ぜに入れててみい。大変ゾと。
ソレ以前の、我輩のは、大銭は数も少ないけれどの、小銭入れなら、スグにも、パンパンになるわと。
よって、原則50円、100円と、500円玉入れと、1円、5円、10円玉入れとに、分けてましてと。
云うたら、50円玉以上のは、ルイ・ヴィトンの小銭入れ。ソレ以下の小銭は、ブランド名は忘れたの、韓国、梨泰院(イテオン)で買い求めたの、偽ブランド品のに入れてましてと。

クレグレも、15年は過ぎてるのモノでして。偽でも、3千円はしたのかなあと。日本円でやでと。ソレを、即の、母が勝手に使いまして。勝手とするからには、我が了解を得ずで、使われてるを知らんかったです。
結果、ボロボロにされて、戻って来たかと。5年前にで、アホラシと。
イヤ、母には、別途の、本物のを、買い与えてるのにと。私は偽で我慢の予定がと。ボロボロにされた故に、小銭の、更に、小銭入れにしてるですと。

での、でで、初宮参りの帽子も、場合により、初着を買えば、付けてくれやはるのモンでしてと。
但しの、そんな処の初着は最低でも、3万円かと。
或いは、レンタルの初着でも、帽子は、付いてる場合があるですが、レンタル代で、9千円、1万円見当かと。

何でも結構の、大黒の、白の、帽子を買い求めまして。
意気揚々の、京都産業会館の、「市営駐車場」にと。
事前精算器があって、したですがと。何とまの、500円也(30分250円)ですて。へえの、30分以上も時間を喰たのかなあと。
それこその、品物は予めの電話予約の、単に精算して、女店員さんから、領収書としての、「売上伝票」なるを戴いただけの、一切、寄り道も、してへんのにと。
ではあっても、駐車場の構造は承知した故に、帰りは、駐車場内で、迷子になる事も無くの、一発で、出られたですがと。

での、コレにて、一件落着の、孫の初宮参りの道具立ての、調達が終わる筈が、マダあったです。
二週間して、再度の、「アサカ」へと。
その時は、嫁はんと一緒にと。
(09/12/11)


NO.17 孫の初宮参りの話(5) 初着の話(1)

斯くなる次第での、二週間後の、「アサカ」は、初着(うぶぎ)の件でして。
理由は、嫁はんの姉から、甥のを借りたですが。オッとの、家紋が付いてまして。
イヤイヤ、孫娘のも、矢っ張り、嫁はんの姉から、姪のを借りたですが。女の子のは、家紋が付いてえへんです。

要は、届いてたのを、確認で、家紋がと。
サテ、どするやの、私なら、男の子のは、家紋付きであるは、承知してたですが、この辺り、嫁はんが準備万端、手配してたしで、何の心配も、疑念も抱いてへんかったですが。

息子一家は、4日の金曜日の夜に帰って来ての、記念写真は、土曜日に、ハルキ写真館。初宮参りは、明くるの日曜日にと。八坂神社でと。
してたですが。
オッとの、トットの事態で、へえと。
ソラ、義姉と、当家では、家紋が違うで当然の、嫁はんが、片っ端から、知り合いに電話の問い合わせの、「はりつけ紋」があるえと。へえと。成る程なあと。
レンタル屋はんなら、方々に貸すしで、家紋を刺繍してたら、大変でと。

デデデの、セレマなんかに、あらへんかと。ソやなあと。
早速にも、電話で、亀岡支部に問い合わせたならばの、その日、3日は、休日ですて。へえと。担当者も来てませんですと。困ったなあと。

ホナラの、我が息子共の時には、どしたかなあと。
何分の、ン十年もの過ぎたの話で、忘却のと。初宮参りは、同じくの、八坂神社でしてる筈のと。
イヤ、自分等の時には、バタバタしてましての、何にも覚えてえへんが実情でして。

原則、親が準備をしてやるになってるですが。その親が気が付かん事には、何とも早の、もしかしての、当時も甥のを借りたの可能性がと。
ホナラの家紋はと。
今から、思えば、「はりつけ紋」にしたのかなあと。
云うたら、その段階で、経費節減を考えずに、買おとけばと。されどの、親がやってくれへんで、当方が準備となればの、そんな資金、出て来いひんわと。

理由は簡単の、子育ての真っ最中とするのか、イザの、突入の段階では、精神的、金銭的、余裕は皆無かと。
初宮参りが云々の、するは、承知でも、イツの時期に。道具立ては如何なるものかの、知識もあらへんわと。
よって、その辺り、経験者であるの、親が面倒見るの慣わしかと。

どっちでも結構の、この際と。
イヤ、レンタル屋はんで借りるにしたって、ある程度の日数を要する筈での、今日云うて、今日、明日。
とまでは、云わんの明後日に、要るとなればの、下手に方々に問い合わせで、時間喰ての、時間切れで、万事休すになるよりはと。
モ一発、この際と。

云うたら、レンタル屋で、手配するにしたって、万札でして。
これから、孫が何人出来るかの、先の事は分からんですがと。更には、孫の子が出来てみいと。要は、将来的、要るゾと。あった方がと。
今から、手配してやるが、親の勤めかと。ホナラの息子共も、こんな事で、悩まずに済むかと。

オッとの、余計な話の、私めは、どやったのかなあと。
マアナア、レンタルとまでは、当時は無かったかの、多分ならばの、矢っ張り、八坂神社での筈の、家には、初着は無かったなあと。あっても、諸般のドサクサ、テンヤ、ワンヤにての、無くなったかと。

にしとこかと。
母に聞いたって、分からんやろと。知ってたら、我が息子共の際に、出て来てるしと。
イヤ、初着がと。

ホントになあ。
口は出しても、先立つモノを出さんの親も困ったモンでしてと。
さりとての、無い袖は振れへんしと。
ホナラ、黙っとけと。

イヤイヤ、そんな、過ぎたるの話はと。
今更、私めが、産まれて、一ヶ月の時代に戻れるで無し。息子共も同様での、鋭意決断の、何発もの、この際と。
「アサカ」にでも、行こかとなりましてと。当たり前に、モノと、値にもよるですがと。
相場なら、大体の見当がと。孫娘の際に承知の、そんな意味ならばの、孫娘の時には、何で買わへんかったかと。

ソラ、諸般諸々、悩んだわと。
そもそもが、女の子のは、高かったんやと。ソレ以外で、相当なるの、諸々の出費があっての、一度しか着んよな初着やしと。勿体ないしと、悩みに、悩んだ末に辞めたが実情かと。
さもなくばの、方々を見聞しに行かへんわと。その気があるしで、探索をと。

高島屋、西松屋、アカチャンホンポは問題外。
別途の問屋さんは、室町筋では無く、堀川通りの、品数が沢山有り過ぎての、且つは、高めのが多過ぎてと。
あれこれ、云われてもナと。目移りするし、どこに、目を移しても、高いしと。
結果、「アサカ」は、品数は少ないけれどの、値も適当での、売らんかなの姿勢でもあらへんしと。変な話、商売不熱心とするのか、反面では、誠意を感じたかと。
有り体には、敷居が低いかと。

ホンマやでと。
当時、真夏で、熱うてねえ。孫娘と、孫の季節は正反対でして。半年もは、違わへんけれどや。
堀川通りのは、インターネットの検索で探しましての、店に駐車場はあったですが。勝手と云うのも何やけれどの、停めまして。
入り口の扉を開いて、コンニチハ。

では、無くの、誰も居たはらへんしで、ご免くださいと、大声出して。
出て来たお方に目的をば、伝えまして。云われるがママに、靴をば脱いで。案内されるがママに、階段を上がり。通された部屋の棚には初着が一杯の、絨毯敷きでしての、座布団を出され、お茶まで、出して戴きまして。
若主人が、商品説明で、若奥様やろかなあ。指示のを出して戴きので、二人掛かりで、恐縮でと。
要は専門店でして。
初着を買えば、帽子セットは付けますと。その分、ハッキリとは、値が高いナと。高い分しか、置いてえへんなあと。
云うても、高島屋のと、同様の、上質のが、雲泥の差で、安いけれどの、こっちの懐具合もありましてと。

ホナラの、「アサカ」はとなればの、別途の店とするのか、会社をば、嫁はんが聞いて来まして。
場所を調べて、行って参じたですが。建物の外観からしての、一寸様子がと。雰囲気がと。外に居たはった、従業員らしきの方を捕まえ、こちらさんで、初着はやったはりますかと。
尋ねたならばの、やってえへんのと、違いますかと。
オッとの、取り扱いの、商品が違うよでと。後日、調べたならばの、マスク、マント、草履等々でと。

「アサカ」は、そのお向かいさんでしてと。
話簡単の、折角、ここまで来て、モノ違いで、ハイ、サイナラでは、勿体ないしと。周辺をブラリと散策の、「初着」」「七五三」の文字を見たです。
よって、一寸、拝見させてくださいで、どうぞ、どうぞと、通して戴いたですが、靴を脱いで、上がるですが。
敷居が低くて、店員さんが、気さくで、気楽やなあと。

値も相応のがあったかと。相応でも、高いは高いけれどの、男の子のと、女の子のとでは、又、違うやろと。
そんなご縁での、云うたら、偶然に見つけただけでして。その時に、孫娘の帽子を買い求め、此度は、孫のをで。
そして、更には、初着をと、嫁はんと二人しては、柄の事、値の事もありましてと。ソラ、帽子とは、値が違うわと。
独断で決めて、揉めたら一大事でと。
マアナア、余りに高けりゃ、「はりつけ紋」だけでもと。
(09/12/12)


NO.18 孫の初宮参りの話(6) 初着の話(2)

そんな次第での、此度も、京都産業会館の、「市営駐車場」に停めまして。
二週間前に来たバッカリやしで、手慣れたモノでの、駐車場内で、迷う事も無くの、スイスイとと。
停めたら、一直線にて、「アサカ」にと。

イヤ、店に入って、受付の、妙齢、真正美女に、初着を見せて戴きたくと、嫁はんがと。
ハイ、どうぞと、返答して戴きの、靴を脱いで、上がりまして。女店員さんの案内にて、二階にと。
イヤイヤ、二階があるは承知の、上がるのは、初めてでして。女の子の初着は、当時、二階にあったです。帽子も一階での、全部、一階で、見せて戴いたです。

マア云うたら、表に、「初着」「七五三」と銘打ちの、催しとして、一階にて、展示をされてたしと。
よって、入ったですがと。
さもなくば、外から見てただけでは、分からんわと。
イヤ、シゲシゲと、ガラス越しに、中を見たら、何とは無くの分かるけれどや。和装小物の店かなあと、だけでしてと。

されどの、何と云うのか、一般的なる店と異なりまして、客が居てへんわと。
二年半前もソやったし、二週間前もソやったし。此度も結果的、客は、私共の、御一行様だけでして。一寸だけ、入り難いんやと。
この界隈、そのものが、そんなモンでして。客が一杯、満載、ごった返してはしてへんわと。

前回、二週間前は、30分も居てへんけれどや。居てへんツモリの、二年半前は、小一時間は居たゾと。
その間、店員さん以外の面々なるは、私共だけでしてと。
云うたら、催しとか、銘打っての展示、販売も、本気かと。形式的、格好だけと違うかと。

ホンマやでと。
呉服屋はん関係なるは、店内に客が殆ど居たはらへんです。
ソレで、立派な、建物でして。云うたら、店員さんも居たはってと。余計なお世話の、何で、こんな事が出来るのかと、不思議でねえ。

マアナア、問屋はんやしで、店に来た客だけでは無いやろと。店は格好だけと、思うですがと。失礼乍らの、暇そでねえ。妙齢、真正美女の受付にしたって、居てるだけみたいでねえ。
商品説明は、中の店員さんやし、用件聞いて、通すだけの話やしと。用件も、店員さんとするのか、ソコなんやし、聞こえてるわと。

デデデの、そんな次第の、客が来て、客は客で、間違い無くの、客なれどの、気に入ったら、買おて頂戴の、どしても、何か買えの雰囲気があらへんわと。
靴脱ぎ場からして、私と嫁はんのしか、あらへんわと。真正、客は二人だけの、女店員さんに誘われて、二階にと。
オッとの、二階は広おてねえ。クレグレも、ウロウロも、ジロジロも観察してへんですがと、軽くの、100平米はあるのかと。
その一角の、片隅の棚に、初着がありましての、あっても、数着程度でありまして。イヤ、男の子のがで、女店員さん、曰くに、コレが、ン万円、コレが、ン万円でしてと、五点程を紹介、見せてくれたかと。

イヤ、この程度の点数で結構でして。
ン十、ン百点もあって、全部を紹介されたら、大変ゾと。決まるモノも、決まらんゾと。
ホンマやでと。さりとての、一点、二点でも、選択の余地無く、意気消沈なれどのと。

数点でも、迷うですがと。迷うも何も、最大の問題なるは、予算、懐具合でしてと。次ぎが、好みでありましてと。大抵ならばの、懐具合と、好みが合致せずで、どこで妥協するかであっての、云うたら、十万円近いよなのは、問題外の、逆立ちしたって、出えへんわと。
以降、ンヶ月、飲まず、喰わずの、電気、ガス、水道も自粛の、風呂は週に一回で、我慢しとけで、オカズなんか、要らんの、梅干し、香のモノ、お茶漬けでと。
外出一切すなの、動くだけでも、腹減るわの、寝て暮らせと。

とまあ、そんな次第での、値を明かせば、帽子が、3千255円(消費税込み)。
初着で、値を示されたが、1万5千円、3万円、3万5千円、5万円で、アトは、検討の余地が無くの、除外でと。
されどの、見るだけは、全部を見せて戴いたですがの、素人目には、何で、こんなに差があるのかと。値段がと。

女店員さん、曰くに、生地は、全部絹です。簡単には、裏地と染めで、差がと。
そんな事は結構の、男の子なら、色は、紺か、黒でしてと。
アトは、柄での、柄も、初着のは、大体は決まってまして。鷲、鼓(つづみ)、鎧、御所車、兜でありの、龍であったり、宝船なんですよと。
マアねえ、そんなに度々、着るモノでもありませんし、二度目を使って、七五三の、三歳でしてと。
云い出せば、裏地が余所様に見えるで無しの、柄も、相当に注意をしてな、見えませんしと。そんなに高額のモノはねえ、要りませんよ。
祝って上げるの方の、お好み、気持ちだけですよと。

ソラそおやと。
赤ちゃんなんか、生まれたての、一ヶ月。
仕事は、寝て、飲んで、出しの、気分が悪いと、泣くだけでして。何を着るも、着せられてるだけでしてと。

そんな次第の、女店員さんも、商売っ気が伺えへんです。
イヤ、ツイの先日も来させて戴いてと。
云えば、覚えたはってねえ。ンと頷いたはったです。
ソラまあ、二週間前の話の、そんな次第の、二階にも、ダアレも客は居たはらへんです。
従業員さんやろかが、二人程見えたですが。一人は、前回も、その前にも見たです。モ一人のお年寄りは、知らんナと。もしかしての、社長さんやったりと。
イヤイヤ、全然、知らんわと。

兎に角、女店員さんは、値もですけど、柄で決められた方がと。
嫁はんは、迷いに、迷いの、実は、最終的、1万5千円のと、3万円にの、絞られたです。
私から、云わせて戴ければ、何も、3万円のにする必要性はあらへんですが、さりとての、女店員さんが云うと同じで、柄が気に要らんとなれば、折角の買い物やのに、後悔するしと。

かと云うて、どっちが絶対にの、基準も難しくと。
只ナ、単純に、柄とするのか、二つを見比べての、1万5千円のは、地味に見えて、3万円のは、晴れやかでと。
イヤイヤ、値に無関係で、そんな具合に見えたです。云うたら、祝い着故、晴れやかな方がと。良いに決まってましてと。

での、そのどちらにするかの事なれどの、値は倍も違うし、それこその何がどんなに違うのかと。柄だけでもあるまいにと。柄で、値が決まるで無しと。
問えば、女店員さんも、何が違うんでしょおかねえと。
生地そのもの、染めは、一緒みたいですねえと。
での、でで、裏地を見れば、オッとの、1万5千円のは、薄くて、ペラペラと、までは申さんの2枚重ねで、3万円のは、3枚重ねで、如何にも、シッカリしてましてと。
女店員さんは、矢っ張りねえと。裏地の造りに差がありますねえ。そやけど、値もですけど、柄で、お好みのをと。

そんな次第での、正直、柄からしたら、3万円のに軍配で、裏地もしっかりしてるしと。後悔せぬよに、こっちにしとこかと。
正直、ショウジキの、値が倍も違えば、逡巡するけれどの、懐具合もあるけれどの、胸算用の、限度ギリギリの、ここまでの、3万円でしてと。
云うたら、名門では無く、一銭の値打ちも無くとも、我が、柴田の家を継ぐの子やしで、これくらいは奮発してやろかと。
清水の舞台から、何回も飛ぶの鋭意決断、決めたです。
での、この件、初着の件。
話は、この程度で、終わらんです。
(09/12/13)


NO.19 孫の初宮参りの話(7) はりつけ紋の話(1)

斯くなる次第の、そんな次第での、初着(うぶぎ)の品定めの途上でも、聞いたですが。
何の話かとなればの、家紋の件。
ソラ、初着には、最初っからは、付いてえへんしで、どするやと。

女店員さん、返答するに、紋屋さんは、月、水、金曜日に来られて、本日、木曜日故に、明日になっての、月曜日に出来上がりですねえと。
オッとの、月曜日では、間に合わんナと。
土曜日、記念写真で、日曜日に、初宮参りでと。
とまでは、云うてえへんです。最悪、初宮参りを一週間の延期の手もありまして。

ホナラの女店員さん、曰くに、家紋はイツでも可能で、「はりつけ紋」の手もありますよと。
オッとの、トットの、これなんやと。一時、手配しよとしたのがです。
「はりつけ紋」とは、どんなモンですかで、ワッペンみたいなモンですと。台紙から、剥がして、ペタリと貼るですて。へえと。幾らくらいなんですかで、家紋を付けるのなら、4千円見当の、「はりつけ紋」なら、3千円ですて。へえと。結構、高いんやと。

とりあえずは、「はりつけ紋」にしな仕方が無いけれどの、女店員さん曰くに、家紋は、付けても、付けんでもと。
誤解無きよにの、この場合の付ける、付けんは、初着に、チャンとした家紋を付ける、付けんの意でありましてと。
何でかとなればの、使い回しがと。
云うたら、何やけれどの、この手のモノは、使い回しをされたら結構の、例えばの、男のお子さんなら、そのままの家紋なれどの、女のお子さんなら、嫁ぎ先の家紋ですしねえと。男の子が出来たならと。

ンの成る程の、ソ云われたら、ソやなあと。孫娘の嫁いだ際、そんな事になるなあと。
とは、云われて、初めて、気が付いたです。但しの、原則、二十年は先の話で、私めの、生存は分からんですがと。
ではありますが、家紋が付いてても、その上に、「はりつけ紋」を貼れますよと。よって、どっちでも、結構との事でしてと。
要は、男の子のと、女の子のと、二着あれば、何とでもなりますよねえと。

ソやなあと。
そんな事なら、返す返すの、孫娘の時、買おとけば、良かったなあと。
されどの、諸般の出費が有り過ぎたかと。
されどの、されどで、思い切って、やっといたらと。
不要不急、余計な外出一切せずの、寝て暮らしての、消灯は早めの、灯りは節約で、食事は、梅干し一個、お茶漬けで済ましましてと。
風呂は、一週間でも、二週間でも、我慢の忍耐の、行水でと。
ではあっても、我が家には、ドラム缶も、樽も、桶も無いですがと。この季節なら、寒くて、下手したら、風邪引いて、葛根湯で、余計な出費が掛かるかと。

オッとの、そんな事は結構の、モノは決定の、一階に降りましてと。
さての精算での、初着と、「はりつけ紋」で、3万3千円也に消費税、1650円が加算かと。
思てましたら、女店員さん、オッとの、トットで、すみませんねえと。

イヤ、3万円と思てたの初着が、1万5千円也ですて。へえと。1万5千円ですかと。良かったなあと。半額やでと。
反対なら、ギクリの、ドキリの、カリカリなれどです。
云うたら、品番の確認にて、値が分かったかと。万札一枚節減の、二枚で、お釣りが来るのかと。ホントに万々歳の、値で無く、気に要った方にしといて、良かったなあと。
要は、柄としたら、主たる柄は、鷲でして。他には、鼓(つづみ)に、鎧に、御所車が描かれてまして。生地は黒で、柄のバランスも宜しいかと。

での、事程左様に、百貨店、スーパーやあるまいにの、呉服屋はんでは、モノに値札なんか、付けられてえへんしで、分からんわと。
この値と云われたら、ソの値でありましてと。余程の目利きで無ければ、差は分からんわと。差が分かっても、女店員さんの云うとおりの、確かに、柄が気に要らんかったら、買わへんしと。
イヤ、雲泥の差で、腹ツモリ以上で無ければナと。

大体が、分かったよな話、知ったかブリの、薫陶(くんとう)を垂れるの面々にしたって、どこまでが本当か、口から出任せの、法螺かと。
ホンマやでと。
質屋なら、相当なるの目利きで無ければ、勤まらんですがと。

よって、親戚であるとか、友人、知人等々の、知り合いを通じて、紹介された店に行く等々をば、致しましてと。
ソラ、その方が安全確実での、とりあえずは、買う方からしたら、ボッタクリはあらへんやろと。

少なくともの、一々、聞かんでもの、身元が分かるわと。
身元までは、一昔の話での、当世、身元なんか、ええ加減な話なれど。されどの、先様を全然の知らんよりは、知ってる方がと。
そんな意味なら、「アサカ」には、完全なるの、一見さんで、飛び込みでと。
但しの、仮にもの、室町筋で、立派な店構えをしたはって、ボッタクリはあらへんわと。

変な話の、ソレが、場所柄、店構えの信用でありましてと。
失礼乍らの、露天、屋台と違うわと。露天でも、屋台でも、定位置ならばの、或る程度の信用があるけれどや。店を構えてるのとは、比較にならんわと。
少なくともの、逃げるに、逃げられへんしと。
マアナア、ン万円程度の話で、ご心配御無用なれどのと。

での、でで、云い出せば、我が祖母の年代なら、ソレ屋で、対等とまでは無理にしても、生地を触っただけで、何がと分かりの、裏地から、何から何まで、云い当ててたかと。
自分で、寸法直しも、繕いもしてたし、織りも程度を承知してたかと。理由は、ソレが日常茶飯の女性の仕事として、生活の中にあったしで。新しいモノを買うはナカナカでと。
事実、自分の衣服なんか、買おてたかなあと。

ソラ、明治の産まれやしと。普段着が、和服やしと。
ンら、ソやなあと。
今更乍らの、祖母の年代と、以降の世代で、服装が別れてたです。別れてて、何の不思議も、疑念も無くの、単純明快の、歳喰たら、和服を着るみたいに、思てたですがと。

オッとの、そんな事は結構の、値が半額になっての、嫁はんと二人して、良かったなあと。
女店員さんも、良かったですねえと。

ソバに居た、オッサン。
店の人なれどの、当世、西松屋の安いのに押されてなあと。そやけど、日本製と違うしねえと。モノを見たら、素人でも、安普請が、分かるけれどと。
かと云うて、百貨店では、日本製でも、この値の軽く倍はするしねえと。コレで、この値段なら、お買い得やねえ。
などと、以前にも、その前にも、同じ事を聞かされて。

イヤ、充分に承知してるしで、遠路遙々の、来てるです。何度も足を運んでるです。敷居の高さは適当で、店の人は親切で。ご信頼申し上げてるです。
ソラ、孫子のためです。出来る限り良いモノを、一寸でも、賢く、安くで、手に入れたいの一念でしてと。
値打ちが無いなら、ガソリン代、駐車場代を払てまで、時間も喰て、来るもんですかと。
とは、云うてえへんですがと。

での、更なる本題。
「はりつけ紋」の件でして。
明日、ソレ屋はんが来られますので、発送も可能ですがと。どされますかと。
どするも、こするも、明日、発送で、土曜日の午前中に着は可能ですかと、尋ねたならばの、宅急便にて、時間指定で可能ですと。発送先の、住所、氏名、電話番号等をメモって戴ければと。

嫁はんが、亀岡からで、宜しいですかと。女店員さんに尋ねたならば、女店員さん、ええ、結構ですよで、先の、オッサン、へえと。
亀岡のどこから来やはったんやと。
どこからとなれば、大井町の方でと。

へえの、大井町ねえ。私も亀岡なんやと。へえで、先方さん、私に云うに、大井町は知ってまっせで、亀岡駅の方での、簡単な地図でも書いてもろたら、持って行きまっせと。
高い運送代なんか、勿体ないわと。へえと。嬉しいなあと。
イヤイヤ、細かな地図なんか不要の、話簡単の、最寄りの並河駅で結構ですよと。その方が分かり易いし、出られる際にでも、電話して戴ければ、車で、5分かと。

ソやなあと。
並河駅にしときましょかで、ホナラの、「はりつけ紋」が、店に着くのは金曜日でも、夜の遅いは苦手の、明くるの土曜日にでもと。
での、土曜日の昼から、記念写真故に、出来ればの、午前中にと、お願い出来ますかで、ハイ、承知の、云うたら、運送代の、ン百円が儲かったかと。

ホンマやでと。
こんな時には、こんなモンでの、摩訶不思議なるご縁がありましてと。
初着(うぶぎ)も思い掛けずに、安くになって。
モノは気に要ってるしで、良い買い物が出来たなあと、喜色満面の、大満足。
(09/12/14)


NO.20 孫の初宮参りの話(8) はりつけ紋の話(2)

ソラナア、初着(うぶぎ)が1万5千円程度で室町筋で買えたなら、結構な事でしてと。
レンタル屋はんで借りるにしたって、万札一枚程度が相場での、二度使えば、元が取れましてと。
その二度目がイツになるのか、神ならぬの、我が身で、分からんですがと。
当家、代々、子々孫々に使えれば、最高でと。

室町筋で無くとも、どこで買おても一緒の、安けりゃ宜しいですが。
折角なら、室町筋でとなればの、値打ちかと。

お歳暮にしたって、親しい間柄なら、何にしよかで、何々でと。買い求めるの先は、極端なるの話、スーパーでも、ええけれどや。何かのツイデに宅急便でと。
上司であるとか、相応の相手様なら、そんな訳にはの、相談も出来ひんしで、無難に、安全確実の、相応の店でと、なるやろと。

例えばの、高島屋でとなるは、単なるの、聞こえ、見栄だけなれどの、その聞こえ、見栄えが重要な事もありましてと。話簡単の、中身よりも、包装紙が大切なんやと。
少なくともの、正価で買い求めてるの意であっての、一寸、皮肉の、懐具合をどれ程、痛めてるかかと。重視してるかと。

マア云うたら、東京なら、三越、伊勢丹に該当かと。
されどの、私らにしたら、三越も、伊勢丹も、馴染みがと。三越は京都にはあらへんし。伊勢丹は、1990年に京都駅に出来たけれどの、マダ、19年やでと。

ホナラ、私めが、戴く際、ど考えてるかとなればの、正直には、包装紙は余り見てへんなあと。中身本意でありましてと。
此度にしたって、「アサカ」で買い求めて、帽子は、レジ袋みたいなモノでして。初着は、チャンと包装して戴いたですが。屋号なんか、入ってえへんの、紙でしてと。
理由は簡単の、余所様に差し上げるモノで無し。当家で使うのモノでして。
イヤ、別段にの、余所様に差し上げるにしたって、ソレで結構かと。包装紙は包装紙で、箱に入ってまして。ソレに、一応の事は明記してありましてと。
イヤイヤ、「アサカ」云々は印刷されてえへんけれどや。製造元の屋号があるですと。見たら、日本で、京都と分かるわと。

での、初着なら、別段の、西松屋、アカチャンホンポでも、ええけれどや。気に要ったモノさえあればの事でして。
されどの、室町で買おたんやと、一言、追加で、云えまして。
オッとの、どっこい、室町が何の事か、分からんかったら、ソレまでかと。

嫁には、値は幾らで調達とは、一切の説明避けたですがと。室町とも、云うてえへんですがと。
ではあっても、オッとの、どっこいの、経緯を、こんな具合に詳細掲載では、ネタもバレバレでと。
イヤ、構わへんです。閲覧したらの話の、高島屋で買おてみいと。同じモノでも、目の玉、飛び出すゾと。

そんな事ならばの、ツイデの話の、室町筋でも、高島屋に納めてると聞かされるだけでも、値打ちかと。
賢い買い物したなあと。思て貰えるかまでは、知らんわと。されどの、卸屋はんなら、モノは良くて、安くてと。
だけでも、思て貰えれば、本望でと。

斯くなるでの、道具立ては揃うとするのか、「はりつけ紋」の件はあるですがと。
そんな次第での、先に、「はりつけ紋」の話をしてしもたら、12月の5日の、土曜日の10時頃かに電話が一発。
時刻的、誰様とは、分かるの、今から、駅に向かいますのでと。ハイ、承知と。

オッとの、10分後に着くと、云うたはったですが。待たせてはアカンしと、即の出たですが。
並河駅に到着の、煙草一服もする間も無くの、らしきの車が現れまして。イヤ、何とは無くの、分かるなあ。他にも、車が出入りしてたですが。一瞥で、違うナと。

とあるの車には、雰囲気がと。よって、出て来る人を注視の、オッとの、あの人やと。双方、お辞儀、会釈の、接近の、 裏話、余計な話の、気持ちや、気持ちの、気は心の、ミカンでもと。
数個を手土産にと、「はりつけ紋」と引き替えみたいに、手渡すに、手を引っ込められましての、そんなに気を使てもらわんでもええのにと。

云われるは承知の、覚悟の、そんなに遠慮してもらうよなモノと違うですと。ミカンやわと。
ホナラと、受け取って戴きまして。
実は、毎年、毎年、嫁はんの里から、ミカンが何箱か届きまして。一度に何箱もでは無いです。箱は、ミカン箱では無いの、単なるの、段ボールの箱での、あっちから、こっちからと。
よって、早めに処分をしませんと、腐ってしまうです。
とまでは、云うてえへんけれどの、「有り難う御座いました。」と、手渡しまして。
先様、又、何か買おてくださいやと。機会があれば、又、宜しくお願い致しますと。

その次ぎなる機会もあるですがと。
「はりつけ紋」は、一時しのぎでありましての、矢っ張り、当家は当家で、「丸に横木瓜」の、紋をチャンとしとかんとナと。しかるべくの時期、話簡単には、適当な時期に、お伺いするのツモリでと。

家紋程度、どこでも、やってくれやはるですが。「アサカ」での方が、話は早いわと。
変な話、初着を買いもしてへんの先様でやって戴くよりはと。頼み易いしと。そんな時にこそ、ガソリン代、駐車場代も覚悟でと。希しきご縁もありましてと。
思いツツも、マダ、行ってへんですがと。

での、生後、一ヶ月の孫が、その前日、4日(金曜日)の夜も遅くに、初めて、我が家に戻ったです。
孫娘の時は、実家やったしと。
一旦、当家に戻ってから、実家に行ったですが。そして、実家から、戻って来て、初宮参りやったかなあと。
此度は、神戸での誕生やしで、家に戻るは初めてでしてと。

イヤイヤ、前日から、孫の寝床を確保の、大騒動。
ソラ、常には居てへんしで、あっちのモノをこっちに、こっちのモノをあっちにと。出来る程の広さがあらへんしと。
正直、孫娘一人でも、場所の確保が大変やったですが。孫娘は相応に、喋り出し。動き出し。目が離せへんの存在での、再びの、一ヶ月のがと。

そんな意味なら、孫娘は、兎角に泣いて、泣いて、大変やったです。
寝付いたかと、下に降ろそとしたら、ピクリと動いて、恰もの、降ろしたら、アカンぞと。強引に降ろせば、大泣きまして。
正直、手の掛かるの、誤魔化しの利かんアカチャンやったですが。現在でも、誤魔化しは難しいけれどの、その点、孫は、大人しいです。
手が掛からんとするのか、寝てバッカリ。

寝て、オッパイ飲んで、又、寝まして。
如何にもの、寝て、飲むが仕事の、仕事は十二分にしてましての、肥えて、肥えて、まん丸でして。ええのかなあと。この調子で、育ってしもてみい。ブクブクぞと。

イヤ、冗談では無いです。
それまでには、三度。
見る度、太って来てとするのか、体重が増えまして。私とは正反対の、誰に似てるやと。
イヤイヤ、体質の話なれどのと。
(09/12/15)



inserted by FC2 system