クルマのハナシ NO.4

クルマのハナシNO.3
クルマのハナシNO.1 クルマのハナシNO.2

目次

NO.36 どっちが悪いの話

NO.35 云うに云えん話

NO.34 息子の運転(6) 日本橋へのお付き合い

NO.33 息子の運転(5) 事故のハナシ

NO.32 息子の運転(4) 大阪薬大(2)

NO.31 息子の運転(3) 大阪薬大(1)

クルマのハナシNO.3


NO.31 息子の運転(3) 大阪薬大(1)

詳しい経緯は、知らんのです。
大阪薬大の学園祭は始まって、裕次郎はそれが終わっても打ち上げ会があるから帰れんとか。
健太郎がバイクを取りに行く。そのバイクは薬大に置いてある。
「行くけど。」
「そおか。行ったらヨイやんか。」
「お母さんの軽で行くんや。」
「それで、ナンやな。」
「帰りはそのバイクで帰ろて思てるのやけど。」
要するに、往きは自分が車を運転し、帰りはその軽をダレかが運転して帰って欲しいということや。
そのダレかが私やから、私も一緒に来て欲しい。帰りはその車を頼むと云う意味や。
薬大の学園祭には柳葉敏郎が来ることになってるのです。そやけど、始まるのは夜の八時やで。そんな時間では帰るのが遅おなるから断った。しかも、来るのは昨日でした。
ヨイ機会やから、ついでに薬大の学園祭がどんなもんか、覗くのも面白いなあ。嫁はんも、薬大の学園祭がどんなもんかと一緒に行くことになったのです。
ルートは高槻−亀岡線。それが、又、健太郎がスピードを出しやがってなあ。
「狭い道、そんなに急いで何処へ往く。」
健太郎も運転には大夫慣れてきたようです。その分、荒っぽい。
ゴチャゴチャ云うのはひかえるツモリやったけど、黙ってられませんがな。
「オイ。こんな慣れてない道をスピード出すな。」
狭い曲がりくねった道やから、そう云うのに、スピードが落ちません。
後ろから、ピタッとくっついて、煽るバカが居る。
「こんなアホ。先に行かしたれ。ナンにも恥ずかしいことない。こんなんに煽られて事故やったかて、コイツの責任と違うん。やったモンの責任やで。」
ようやく、適当な場所で追い越さした。
居てるんや。こういうアホがなあ。
特に、初心者マークを付けてたら。車間距離も一メートル程度に接近してからに。
私もやられることがある。あんまりひつこいヤツなら、ブレーキは踏まず、セカンドに落としたるのです。そしたら、暫くは、静かになる。そやけど、懲りもせず、また、煽るバカが多いです。
余程、急ブレーキでも踏んだろか。とも思うけど、これはサスガにようやらんわい。
下手にやってブッツケられたら後方の責任ではあっても、修繕がジャマクサイがな。
そやから、一メートル見当の車間距離で、走行距離五百メートルが私の設定した基準。
それを限度に煽り続けられたら、即、セカンドにダウンです。そしたら、当面は、静かです。
コッチがカリカリしたらアカンのです。なるべく、効果的にオドスためスピードは控え目です。
ブレーキは踏まず。なるべく、私の前方走行車との車間距離を開け、しかも、一定にする。そして、ヨシ、五百達成。オメデトウさんと、セカンド・ダウンをプレゼントしてくれる。
そういうバカがマエを走ってる時、分かるやろな。マエの車にぴったりくっついて、ブレーキばっかり踏んですおバカさんです。ブレーキで調整せんと、ぶつかるからなあ。
要するに、運転がド下手で未熟。そんな下手クソに煽られてたまるもんですか。
こっちは経験三十年のオーナー・ドライバーであるゾ。云うても、三十年には、チと不足してるけど、ナメルナ、バカタレ、セカンドダウン。
そのバカが、真っ青になってるのを想像するのも楽しいとは、悪趣味かなあ。
こっちが、急ブレーキかけたかて、その後続車も、ブレーキ踏まれてたら、危険やから車間距離を取ってるのです。
健太郎にも車間距離は前の車が急ブレーキをかけても、対応出来る距離を取れと云うのやけど、ナカナカやなあ。
不思議なことに、煽るバカは、若い人より、ヨイ歳したオッサンが多いのやで。
そして、健太郎は道路の左寄りを走行する。
山道ならどおでもヨイですが、人家があったり、横道があったら、いつ何時、そこからバイクに小さい子供さんが飛び出すか分からんで。
もっと、中央寄りを走れ。そう云うのやけど、これもナカナカです。バカタレめが。
(98/12/26)


NO.32 息子の運転(4) 大阪薬大(2)

この前の話は、一ヶ月前のことです。
話が古くなってしまいましたが、学園祭当時のことです。
健太郎の運転で、ようやく薬大に着きました。案外、近く、三十分程度。
大阪薬大は新学舎が出来て二年です。綺麗な建物です。学園祭で、一般の人も沢山で、子連れが多いです。この近所の人も来てるのやろ。
総合大学に比較して、単科大学は狭いです。大学らしく建物はデカイし、威厳は保ってますが、学生数からしたら、この程度やろ。一学年約二百五十名。(大学生千名。院生四百名)
この大学は、女子が約70%。薬科というのは、女子が多いのです。どんな子が多いのか。それにも関心があったけど、派手でナク、地味でもナシ。普通やから、安心した。
「茶髪」はどうかなあと探したけど、目立ってないのです。極端ではナイからやろなあ。
肝心の裕次郎は何処やろなあ。構内に入ればスグそこに、「モグラタタキ」はあったのです。
この「モグラタタキ」は、担当者もお客もないのにアイツの姿もナシ。新入生やから、モグラでも、やらされてるのか。
健太郎が携帯電話で裕次郎の所在を確認したら、その「モグラタタキ」ではナイらしい。
もお一カ所有るのやて。そやけど、忙しいから暫く待ってくれ。
ナニが忙しいのか。モグラをやってるから忙しい。ヤッパリなあ。
そっちの「モグラ」から裕次郎が現れて、兄弟でナニやら話して行ってしもたのです。
アトから私らも行ったけど、分からんようになった。そんな年頃の連中ばっかりやから、尚更です。そんなに広いキャンパスでもナシ。「モグラタタキ」はあっさり見つけました。
こっちの方が圧倒的に客が大勢で取り囲んでるのです。
確かに熱の入れようが違うなあ。泊まり込みでやってたくらいです。それはヨイけど二人が見つからん。
裕次郎は発見したけど、健太郎は何処なんや。
「何処なんやろ。」
ナンや、裕次郎の隣に居たのです。エライ親しそうに薬大生と喋ってるから、薬大生と判断してしもてたのです。
この年代なら、直ぐに同化してしまえるのやなあ。裕次郎から、兄貴と、友達に紹介されたのです。残念乍ら男子学生。
この親は紹介してくれんのかなあ。そんなんされても、会話にコマルけど。
バイクは運動場にあって、その運動場ではフリーマーケットの開催中。これは一般の人がやってるのです。
シャツとか、雑貨、陶器、アクセサリー。私は無関心。嫁はんは興味津々。
とりあえず、バイクを見に行けば、案の定、壊れた箇所がある。ヘッドランプの周辺と指示器周辺等々。
転倒してるから、当然です。戻ってから修繕することにして、その場から健太郎はバイクで帰ってしもた。
裕次郎に大学を案内してくれと云うたら、
「モグラで忙しい。」
しょうがない。薬草の植物園と教室を見に行ったのです。
植物園の入り口には女子学生が二人居て、
「いらっしゃいませ。」
そう云うてくれるから、薬草のことでも説明してくれる案内係かと思たのにチガウのや。単なるご挨拶だけやがな。
薬草なんか、私が見たも分かりません。園内はヨイ香りが蔓延し、久しぶりに嗅ぐ懐かしきニオイです。
そこで見つけたのが、「スーパーアロエ」。通常のアロエの五倍の効果で苦みもナイと書いてある。バナナも薬の原料かなあ。アトで裕次郎に聞いたら、単に食べるだけらしい。
キャンパスに戻ってもすることはナイ。校舎にでも入ってどんな教室か覗いたれ。
教室にはカギが掛かって中には入れません。
窓越に見ました。ナンの理由もナイのです。見たかっただけです。新しい分だけ綺麗で羨ましいです。この大学の規模なら大講堂はナイやろなあ。
帰りは、嫁はんに運転してもろた。
こっちに来るとき、息子の運転で、神経がすり減って、運転する気力も失せました。
(99/01/26)


NO.33 息子の運転(5) 事故のハナシ

「事故の話」です。
息子が事故を起こしたのではナイ。事故はコマルという話です。
長男の健太郎が普通免許を取ってから、便利になったのです。
ちょっとした買い物とか、用事を頼めば喜んで行ってくれる。勿論、車を運転したいから。
母(健太郎にとっては祖母)のゲートボールの送迎もやってくれる。日曜日だけで、朝からなら、事前に云うとかんとアカンのです。この運転手は感心するくらい熟睡してるからです。
夜、遅くまで起きてるからで、ナニをしてるのか知らんけど生活のサイクルがズレてます。
便利というと携帯電話。車で出てるときなら電話で用事を頼めるがな。
ただ、運転中は取るなと云うてある。電話の相手が表示されるから掛け直せ。
しばらくしたら、家の電話がチリンと鳴ってすぐ切れる。携帯に電話しても大丈夫という合図です。携帯電話の料金は本人持ちやから、こっちから電話セヨということや。
二男は、マダ、免許を取ってない。
「オマエはイツ取るのや。」
「お金がナイ。」
「学生時代に取っとかんと大変やぞ。」
二男も、学生の間には取る予定です。
私はその学生時代、免許を取れる金銭的余裕は無かったので、就職してからです。
当時、山陰線(現嵯JR嵯峨野線)の二条駅のデルタ教習所に入所した。
東洋電具製作所(現ローム株式会社)から私を含めて三名(富井、松山)の同期入社組が入所したけど、結局、卒業出来たのは私だけ。
原付を持ってましたから、機動力があったのです。就業時間が終わってからでも、ナンとかなった。
それでも、七月に入所して、ギリギリの十二月(有効期間が半年やった)に取得の状態。
一週間に一回とか、そんな頻度でしか通うことが出来んかったのです。実技は十月に取れてたけど、学科試験に行くことが出来んかった。
教習所から十二月中に受験せんと、実技も無効になってしまうと教えら、ナンとか年末に都合をつけた。
それで、二男にも学生時代のヒマなうちに取れと云うてるのです。勿論、資金は自分で調達で、貸すのはヨイけど要返済です。
息子達がそういう年代となり、便利にはなったけど、その分、こっちが不精になってなあ。
ツイツイ、アレコレ頼んでしまうのです。出不精が、尚更、出不精になって、運動不足状態。
長男も、免許を取って四ヶ月。少し慣れた頃でもあるし、車で出ると心配や。
無茶な運転するなよ。狭い道で速度は出すな。ところが、出しよるのやなあ、これが。
そうかと云うて、私もエラソウには云えません。云う分、慎重運転にはなりました。
事故は、しても、されてもイヤなこと。
物損事故ならヨイけれど、人身事故でもやられたら、どうしょうかと思います。
「オマエの一生がブッ飛ぶゾ。」
ホンマですがな。お金だけではナイのです。道義的責任もアル。そやけど、まずは保険です。
家の車に息子を加えれば、任意保険も掛け金が倍額以上に跳ね上がる。26歳未満不担保です。
ニュースでも、
「スピードの出しすぎで、カーブを曲がり切れず、電柱に激突し、車が大破。同乗の友人三名を含めて全員死亡。」
このハナシ、大抵、二十歳前後です。最早、他人事ではナイのです。
運転してた子の親も、同乗してた子の親も、どんなんかと心情を思う。泣くに泣けんやろ。
そういう意味で、物損事故なら痛い目に合おても宜しい。ヨイ経験やと云うてられるのです。
無事故無違反で一生というのは、所詮、無理なこと。
それで、載せてもらう度に話をしてるのです。私の苦い経験を。
云うてるときは、「フンフン。ソウカ。」
アトで聞き直したら、ナンニモ覚えてナイのやで。
(99/01/28)


NO.34 息子の運転(6) 日本橋へのお付き合い

健太郎が、昨年十一月のこと、休みの日に、珍しくも朝九時頃に起きて来た。
ナニかあるのかなあ。
「エライ、早いやないか。」
「お父さん。今日、時間あるか。」
健太郎がニヤニヤしてそう尋ねるのです。
こういうときは用心せんとアカンのです。ヒマはヒマやけどなあ。
「ナンやな。」
「日本橋に行かへんか。」
「ニホンバシてか。ナニか用事がアルのかいな。」
「お父さんはナイのかいな。」
「アラヘン。」
「ナニかあるやろな。」
「ノートのバッテリーとか。」
ノートパソコンの調子は悪いのです。バッテリーと違うかなあと、口癖みたいに云うてました。
「そうやなあ。そやけど大阪にまで行って買うこともナイ。急ぐことでもナイからそこらで充分。」
「日本橋の方が安いで。」
「安かっても、交通費と時間が大変やがな。」
「車やったら、一時間くらいやで。今からやったら、昼くらいには戻れるで。」
「車はガソリン代が要る。」
「そおなんや。高速代も要るし、環状線が片道六百円で、往復千二百円やなあ。」
「そやから、割に合わんやろな。それで、オマエ、ナニが云いたいのや。」
「日本橋に行きたいだけや。」
ようやく分かった。健太郎は、車でドライブしたいのです。
私を連れて行けば、環状線の費用は親父持ちという魂胆や。私もキライな方ではナイのです。口ではゴタゴタ云いながらも、日本橋へ。されど、環状線に入れば工事中で渋滞や。
「オイ。下の道の方が早いことないのか。」
「下やったら、行き道を知らんのや。お父さん、知ってるか。」
「知るわけナイやろな。」
「やっぱりなあ。」
「ウルサイ。」
十時に出発して、日本橋に着いたのが十三時。ナニが一時間。
駐車する場所やけど、時間貸しの駐車場がナイのです。探せば、ナイこともナイのやろけど、簡単には見つからん。
「コマッタもんやなあ。駐車場がナイで。車を何処に置く。」
「お父さん、ナニ云うてる。駐車場みたいなもん、この辺にはあらへんで。」
「どうするつもりやな。」
「ソコラに停めとかんとしょうがないのや。」
ソコラ云うても、この界隈、無法駐車だらけで、隙間がナイ。私等みたいに、探してる車がウジャウジャです。
日本橋商店街の主要道路は警察官が無法駐車を監視して、ステッカーを貼ってます。裏手では、そんなことしてません。
警察官も居てるけど、無法駐車は無視してる。邪魔にはなってないからやろかなあ。
「裏手は大丈夫みたいや。そやけど、コラ、アカンデ。暫く待った方がヨイのと違うか。」
とか云いながら、ウロウロしてたら市営住宅があって、その一角に駐車出来る隙間を見つけたのです。
「アア、あそこがよさそうや。」
ようやく、車を停めたけど、奇妙なモンを見たのです。張り紙に、
「ここは市営住宅です。宿泊してはいけません。」
この界隈はホームレスが多いです。らしきダンボールに台車が一杯。そんな場所を避けて車が駐車してるのです。
ネグラらしきダンボールはあるけど人が居てないのです。らしき人はそこらをウロウロしてますが、車が出たり入ったりで居てられんのやろ。
しかも、この時間帯から酒持ってフラフラ徘徊してます。そのフラフラに、付かず離れずに警察官が巡回です。
そういう人が市営住宅の踊り場等、風のナイ場所で寝るのやろ。雨でも降って来たら、そうでもせんと、病気になる。市営住宅の住民はコマルやろなあ。自治会で問題にされてるのやろ。
確かに、張り紙には、「自治会」と書いてある。「駐車はイカン」とは書いてナイ。
ヘンな云い方をしたら、ダンボールを置かれるより、車を置かれた方がマシみたい。
私も車での日本橋への道順は知らんのです。電車では来てますが、裏手も歩いたけど、ダンボールは、目立たんかった。
ホームレスも居たけど、ウロウロという程では無かったのです。
こんな光景を見て思います。ヨイことも、悪いことも、もっと動き回って世間を見んとイカンなあ。
数字に映像でナク、この目で見て、自分の将来のことも展望せんとイカンのです。
それで、今年の抱負にした。
「動き回りたい。」
ヒョンなことから、こんな話題をしてしもた。
日本橋で経費の高いノートパソコンのバッテリーを買い、息子の怖い運転で、無事、我が家に戻れました。
結果、ノートの調子が悪かったのは、バッテリーの問題ではナカッタのや。
(99/01/31)


NO.35 云うに云えん話

久し振りに、「クルマのハナシ」です。
前回、何時かとなれば、七年前の一月末やて。息子共が運転し出した頃やしなあ。

デデデの、先日、何処でとは云わんのミドリ電化の駐車場でや。先日云うても、去年の話で、半年は経ってるですが。
半年前の話を今更何やと云うなかれ。私はヒツコイのや。思うが事は出してしまわんと、気になて、気になて、仕方が無いのや。

デデデの、デの、何かとなれば、駐車場からの出しなの事や。
お若い奥様、多分の話で、知らん人やし、歳も分からんですが。若奥様でなければ、単なる妙齢の美女。
しかるに、初心者でも無いです。ハートの形の初心者マークが無いですし。されど、見るからに運転下手糞やナと。人の事は云えへんけどや。

イヤ、バックで空いてる場所に停めよとしてるですが。其の一角、チョと先に数台分、空いてるのに、ワザワザの、両側に車のある真ん中に停めよとしてるですが。

イヤイヤ、構わへんです。何処に停めよが若奥様の勝手ですが。
出たり、入ったり、又、出たりも勝手やけれど。大体が前に柱もあて、周辺一番に停め難い場所なんやで。何でワザワザのとは云わんです。先方様の勝手やし。私が誘導、案内役でも無いですし。

只なあ、決着つけてくれん事には、私の車を出すに出せへん場所でして。
イヤイヤ、急かして無いです。駐車場所に停めたままで、助手席の嫁はんと静かに傍観してただけです。下手に急かして、何かあたら、エライ事です。何かとは事故られタラです。責任感じるですし。

しかるに、何度目かの、バックで動かしてる角度、停車の車の位置関係、状況からしても、危ないゾと。
オトトのトットの嗚呼、アア、アカン、アカンの、そのまま往くかと、思てる矢先で、ドン、ガガガやて。車の中からでは、どしよも無いです。手も足も、口、声出す間もあらへんです。こんなモン、一瞬の、ドン、ガガガやで。
イヤ、明らかに、ブツけたです。オメデトさんです。佳くやった。褒めて遣わすですが。結果、どないする。

イヤイヤ、ブツけた当人もやけれど。目撃者の私も、周辺の駐車場から出るツモリの車の皆様ですやんか。
ハと気がついたら、沢山の車が停滞してるです。
ソラ、外に出る通路の途中で、モタモタ、したはったんやし。急かして、そこらにブツけられても、責任持てへんしと。皆様、静観、傍観、見学されてたですが。ヤテまいよった。

さりとて、ブツけられたは、私の車で無いですし。その他大勢の傍観者のでも無いし。停めてあた車やし。
音からして、明らかに、間違い無く、確実に、です。ブツかってるです。凹んでるです。キズついてるですが。屋外で無くて、屋内やから、尚更の、ドン、ガガガが響いたですが。
困るんやなあ。どするべきかを。
自分のやたら、現行犯やし。絶対に捕まえ、弁償セヨやけど。ブツけられた車の所有者知らんし、ブツけた人も、知らん人やし。

イヤイヤ、傍観の皆様、音も無く、スと消えたです。私も便乗で消えたです。
あの若奥様はどしゃはったんやろ。車を停めて、知らん振りして、店内に向こたですが。多分なら、私等が消えたら、即です。速攻です。
取って返して、現場を逃げ去ったと思うですが。

当たり前に、自分のも凹んでるですし。ブツけられた車の持ち主が戻って来たら、スグ、分かるです。正面から一目で、見える筈ですし。
嗚呼、可哀想にと、同情して差し上げるです。人身事故やたら、知らん。見てへんでは済ませられへんですが。
物損やしナと。あえて、車のナンバー控えまして。あのねえと。店のお方にご注進、佳きに計らってくださいと、下駄を預ける程の出しゃばり、お節介でも無いですし。

しかるに、経験無いけれどや。私やたら、どするかですが。
大いに悩ましく。されど、我が家族、運転出来るは母以外の四名やけど。バカがつく、正直者故、大抵なら、自首、出頭する可能性大でして。

かすったのか、かすって無いのかの、顕微鏡で見な分からんよなのを、自首、出頭するバカ居てへんですが。
イヤイヤ、ブツけられて、逃げられた事、度々やけど。逃げた事は一度も無いのが、或る意味誇りであるです。

されど、ミドリ電化のは、ドン、ガガガやし。カスリ傷では済んで無いです。必ずや、板金が要るです。双方です。
クレグレも半年前の話で、チクってないです。知らん振り。
(06/06/23)


NO.36 どっちが悪いの話

誰でもが、交通事故の一つや二つ、三つや四つ、見たはるし。
運転してたら、遭遇もしたはるですが。

矢っ張り、半年くらい経つです。正確なる日付は忘れたです。覚えてても意味無いですが。
とある、コンビニに車を停めて、買い物して。場所くらい、覚えてるけれどや。国道九号線で、「マツモト」の手前ので。手前とは、京都側の反対で。土田のコンビニで時間潰しはしいひんです。漫画の立ち読みしいひんし。何かは忘れたですが。買い物や。
停めたは、店の横手で、チと奥まってて。大体が、コンビニの駐車場は入り口前に数台。横手に何台かの、駐車場所があるですが。

横手の場合、前進で停めてクレとなてるです。壁がアイドリングで黒くなても困るし。住宅街やたら、五月蠅いしと。ご協力お願いとしてあるですし。
よて、指示通り、看板の注意書き通りに前進で停めてたです。車が一杯でもなかったですが、其処が停め易かただけです。
イヤ、大体は、店の前に停めてるです。前進では無く、バックで、です。そのほが出易いですし。出しなに、進行方向の確認もし易いですし。

イヤイヤ、コンビニも駐車場が狭いと、車も少ないけれど。
広い処は怖いです。横から、斜めから、真後ろの、何処からでも、縦横無尽に車が入って来るし。人もウロウロして、要注意やし。

出るに当たっては、当然乍らの周辺見渡しまして。安全確認してるです。我が愛車の右手、運転席側がお店で。左手、助手席側には大型トラックが停まってて。
更には、右手の店側の直近には、駐車の枠も書いて無いし、車もあらへんしと。あったら、こんな処に停めやがてからにと、腹を立てツツも、頭にメモリーするけど、あらへんし。

とりあえずは、バックで、トラック側を注視し乍ら、出たですが。大きなトラックが停まってたでは、其の向こう側から、人が現れても分からんやろな。
要は極めて慎重なる徐行運転、即、停車出来るよに。真っ直ぐ、バックで移動したです。
しかるに、トラック分、出たくらいで、運転席側後方に異様なる殺気、緊張感じ。何かと、見たら、無かった筈の場所に車を発見。反射的に停止と共に、チとだけ、前進したですが。

我が車が前進した途端に、助手席から、奥様やろなあ。即にも、出て来て、嗚呼、佳かったと、ニコリとして、ソソクサ、店に走って往ったですが。
イヤ、其の車の向きも私のと一緒で、助手席側に我が車の後部が接近してたし、出るに出られへんかったんやろ。ドアを開けたら、ブツける事になるですし。ニコリは、ブツからんで佳かったナの安堵で。私も同感、ブツからんで佳かったナと。

その場は其れだけの事で、危ないヤツやなと思ただけ。
イヤ、アトから入って来て、車が所定の駐車場所から出て来たら、呆けとしてんと、避けるべきなんやで。
モと云うたら、幾ら急いでるか知らんけど。駐車場所の線も描いて無い空間に停めてクレるなと。場所無く満車状態でも無いのやし。横着なんやで。横着なヤツは多いけどや。
身体障害者のマークの処に平気で停めるヤツが居てるですし。イヤ、多分なら、頭の中身に障害者あるんやけれどと、納得してるですが。

しかるに、アトからやけど、念のためです。車の運転席側後方確認したら、ホンの僅かに傷とするか、塗料にスと擦ったアトがあってねえ。早い話が、紙一重、髪の毛一本、二重か二本かの接触してたんやで。
イヤイヤ、幸にして、ワックス一発、解消やけどや。助手席の奥様も分からんかったんやし。運転のご主人も気がつかんかったんやけど。私と同様、アトで気がついたはる筈やけど。お互い、相手を知わんわなあ。

イヤ、バックしてる最中も、当たり前に顔は後に向けて、進行方向に何にも無いを確認してたです。
真後ろやたら、見えてるけれど。斜め後方、丁度の一台分のズレのある場所に、トラックとは反対側に、気のつく、直前、ホンの数秒の間に現れたです。

しかるに、マトモにブツかってみな。責任はこっちになるです。状況的には、一秒、二秒であれ、早くに停まってる車に私のほから、ブツかりに往ってるみたいなモンです。
彼方様は断固、主張するです。ブツかる瞬間には、ピタリと停まってたと。
私も相手の車が何処から、どんな具合にコンビニに侵入して来たか、分からんのやし。分かってたら、避けるですし。

イヤ、助かったは助かったです。気がつかんと、車を方向転換でも、してみいな。どのよにハンドル切るかは、切る前やし、分からんですが。気がつくのがモと遅れて、モ暫く同じ調子でバックしてたら、ギギギのガリガリとなて。必ずや、凹んでもての、板金往きで、「110」番も、しんならんです。保険屋にも電話しんならんですし。

結果、私は後方不注意になるのかと。ホナラ、相手さんこそが、前方不注意やけれど。
ソラ、私の車に気もつかんと、勝手な場所に停めたんやし。
どちにしても、以来、前進で停めるの場所も、委細構わず、バックで入れてるです。
安全のためです。車で無くて、人やたら、エライ事です。子供で無くとも、大人でも、です。車を動かそとしてるのに、気にもセズ。話簡単には無視しやがてからに、車の真ん前を平気でユクリと歩いて、通過するのも居てるですし。携帯電話し乍らやけど。
アホかと、無視して、動かしも出来ひんやろな。

私なら、携帯電話をし乍ら、歩きはしいひんし。そもそもが、車の前を通過はしいひんです。運転席に人が居てたら、尚更でして。やむなく、通過するにしても、急ぐけどナ。
兎角に、横着なヤツが増えてるです。
(06/06/27)



inserted by FC2 system