AccessUp秘伝NO.4

AccessUp秘伝NO.3
AccessUp秘伝NO.1 AccessUp秘伝NO.2

目次

AccessUp秘伝NO.5

NO.80 カウンター回転稼ぎ(15) 掲示板の話

NO.79 カウンター回転稼ぎ(14) 更新頻度の話

NO.78 カウンター回転稼ぎ(13) 商用サイト(5)

NO.77 カウンター回転稼ぎ(12) 商用サイト(4)

NO.76 カウンター回転稼ぎ(11) 商用サイト(3)

NO.75 カウンター回転稼ぎ(10) 商用サイト(2)

NO.74 カウンター回転稼ぎ(9) 商用サイト(1)

NO.73 カウンター回転稼ぎ(8) 余談

NO.72 カウンター回転稼ぎ(7) カウンターの話(2)三種の神器

NO.71 カウンター回転稼ぎ(6) カウンターの話(1)

NO.70 カウンター回転稼ぎ(5) カウンターはサイトの歴史を刻む

NO.69 カウンター回転稼ぎ(4) カウンター回転の気分

NO.68 カウンター回転稼ぎ(3) 二通のメールより

NO.67 カウンター回転稼ぎ(2) 序

NO.66 カウンター回転稼ぎ(1) 序の入り口

NO.65 百万カウント達成(2) 余談

NO.64 百万カウント達成(1)

NO.63 週十万枚の重圧

NO.62 週十万枚に相成った

NO.61 天国サイトに相成った

AccessUp秘伝NO.3


NO.61 天国サイトに相成った

「AccessUp秘伝」も材料出尽くしで、当分はご無沙汰のつもりにしてました。
ところが、材料が出て来たから急遽掲載です。
当分は無理としてた眼に見えぬ巨大なる壁、日に一万ページを突破したのです。
突破したからとて、時期たるや五月は大型連休明けの八日のことで訪問者の皆々様も連休ボケに違いナシ。
連休真っ直中では七千五百と八千を往ったり来たりの往復が、たったの一日ではありますが、僅かに一万枚の超大台に数十を加えたのです。さりとて、厚かましくも、図々しくも、達成したぞと自慢してはイケマセン。明くる日蹴落とされては空威張りとなる。
しかるに、二日目も堂々一万突破の一万一千ですがな。もしかして、連休ボケがまだ収まってナイのとかとチと心配なれど、二日続けば自慢する資格有りと判断した。
思えば、丁度一ヶ月前の四月七日のことでした。
我がサイト、史上最高の九千四百を記録して、夢の一万突入も目前。アト一歩と思たのに、軽く突き飛ばされ、弾かれ、袋叩きに打ちのめされ、アッと叫ぶ間もナク、見事五千五百にまで急降下。
一万は無理として、ナンでそこまで下げねばならぬのか。ファイル数を減らしたワケでナシ。構成を替えたワケでも、更新をサボったワケでもないからにして、原因不明の現象でした。
よって、理屈抜きに巨大なる壁が存在すると見えたのです。
ならば、ナンで壁を突破したのか。これ又、原因不明です。強いて云えば、直近ではファイル数が増えました。
五月一日にパソコン大魔神コーナーの供養塔ファイルが満杯で一枚追加です。
六日には、「シバケンの天国」応援団の新設ですがな。それと、リンク先サイトが一カ所消滅したから、四日に削除。これを機会にリンク先の見直し慣行で三カ所増やしたのです。
結果的にはバーナーなる画像が差し引き二個増えたことになり、都合ファイル数で四枚増えたことにはナルのです。
ではありますが、我がサイトを開いただけで数字が増えるモンでナシ。そこから大魔神の供養塔なり新設応援団を見つけて戴いて、ナンボの二枚やがな。
バーナー画像が増えたとて、リンク・ファイルまで覗いてくれるのは余程の常連さんと我が輩程度です。
まだ有ったなあ。アクセス解析のCGI・BOYの反乱が度々で、こんなことにナルとは夢想だにしてないから、五月一日、一旦削除してしもたから、余計に原因不明です。
イヤイヤ、まだ有ったなあ。TOPページが見易かれと項目を増やしましたが、こんなことファイル数に無関係やで。
もっと有るぞ。遅々として進んでませんが過去掲載文の見直し修正です。
これも、ファイル数には無関係で当人でさえ、も一度読んでもナニを見直したのかが分かりませんのです。
以上の理由により、あれからナニかしたのは事実なれど、実質二枚のファイル数増加でアクセス約八千がいきなりの一万ページに到達するとも思われん。
単純計算なら、ファイル数百二十枚の二割五分で三十枚を捻出せねばならぬのです。そんな姑息なことなど、我が輩が意図的恣意的にやりますかいな。断じてやってない。
ならば、ナンやろなあ。間違いなく、カウンターの回転数は増えてます。平均約八百がここ数日を捕らえれば千には達してます。
ならば、ナンで訪問者が増えたのか。そんなこと訪問者に聞いてクレ。我が輩はナンにもしてません。
我が経験則に寄れば、不思議なことではありますが、百の壁、五百に千に五千に一万に壁が存在する。されど、その手前で一旦撥ねられて、一度突破したなら、以降順調に増加傾向となる。
現に一万の手前で撥ねられたのが、見事巨大なる壁を突破した。
ではありますが、この一万から先は我が輩にとり恐ろしくも未知なる世界。明日のことは分かりませぬ。
分からんでもヨイのです。爽やかな、充実感と達成感が存在し、明日五千でも千でも、落胆する気分でナイのです。
ナニよりも過去の壁突破など比類も出来ぬ清涼なる緊張感漂う紫雲に載せらるるが如くです。繰り返します。意図して載ったのではナイ、載せて戴いた。
何故ならば、ファイル数で多寡が百二十枚に関わらず、日に一万枚の閲覧です。
この数字こそが明快に語ってる。巨大なる壁、一万枚達成のためには、神の軍団が我がサイトにご訪問されてます。
理由は簡単、正々堂々の王道を歩むが故、我がサイトを神の軍団が支援する。
神の軍団とは、ホカでもナイ、我がサイトの支援者諸子の事を意味するモノ也。
よって、ここに妖怪サイトから名実共に天国サイトに相成った。
天国サイトとは云うまでもナシ。我がサイトの名称、元より、「シバケンの天国」也。
感謝致します。
(01/05/10)


NO.62 週十万枚に相成った

京都inet集計 2001年8月26日
順位 サイト 種類 アクセス数 容量 ファイル数
世界の写真家の写真集 個人 335379 38.9 3939
学芸出版社 団体 108301 388.4 33338
シバケンの天国 個人 103746 7.9 141
ディ・トレーダーズ 個人 79925 11.2 1538
お浣腸ならおまかせ 団体 74205 72.7 3745
京都じっくり観光 団体 65267 44.6 5517
カメラ・京都撮影マップ 団体 47942 109.2 10109
光学製品 団体 43119 5.0 824
10 エンジンオイル 個人 39093 8.6 689

注1)欠番は覆面サイト。
注2)アクセス数は過去一週間の合計
注3)容量:2M無料、以降、5Mb単位に増設(有料)

アレから約三ヶ月経過したのです。
アレとはアクセスされたページ数で日に一万枚の壁を突破したときです。
時には一万未満の日があるものの、先週、遂に週合計で十万枚に到達した。週十万と云えば、日平均では一万四千枚そこそことなる。
以前に、余所さんのサイトと比較した資料(約四ヶ月前)と比較すれば、実に倍を越すアクセス枚数になってるのです。
コンカイ、集計した時点では京都inetの総合順位で三位ですが、実際には七月初旬からは二位である。タマタマ、ここ数日三位に転落しただけで、本日は二位に復帰してますが、そのまま掲載しときます。
とは云え、この段階ともなれば順位そのものは余り気にはならんのです。それよりも、一位との差が有り過ぎてねえ。されど、先方様はジワジワ、落下して来てますし、我がサイトは上昇継続中。
ところで、週十万枚ともなりますと、アクセス数の重さをズッシリ両肩に感じてしまいまして、サイトを如何に維持させるかが気に掛かる。
重圧に押しつぶされるとか、維持することに疲れたと云う意味ではありませんです。とは云え、アクセス数が延びるだけ、訪問者も増え、まあ、適当にとサボることが出来んよおになったのは事実です。云うても大魔神めは夏季休暇を取りよった。しかも、お盆期間の真っ直中にやで。
その間はお盆期間中でもありますから、パソコンから離れる人も多いやろ。もしかして、アクセス数も一万を割るのではと期待こそしてませんが、危惧したのですが、摩訶不思議なことに、ナランかったなあ。この現象にはサイト管理者である我が輩が驚いた。
つまりは、サイトなるものはパソコンでのインターネットの世界に存在するものですから、その性格上、サイトを覗きに来る人はパソコンを使用してるのです。そのパソコンは常に造反するがためパソコン大魔神コーナーの支援者が多いのは当たり前と考えてたのです。
がしかし、殆どパソコンには無縁の我がページの内容。にも関わらず、我がページの支援者も、それに負けず劣らず、多数存在することを再認識した。
イヤ、実は我が輩は最初っから、生身の人間を自負してますし、大魔神も自らを魔神なる怪し気の神を名乗ってますが、夏季休暇を取ったからには紛れもナク人間です。大魔神のことは別にして、コンカイのお盆は従来とは意味合いが異なったのです。
何故ならば、昨年の同時期、我がサイトは左程の人気サイトでも無かったのです。早い話が、京都inetのTOP50には影も形も無かったから責任もありませんでした。
それどころか、一生懸命、検索サイトへの登録とメルマガ掲載投稿するのに余念ナシの時期でもありました。
ナニブン、パソコン大魔神コーナーの質問にしても、昨年の八月は一ヶ月で六件で、そのマエの年ならゼロ件やで。
よって、二三日留守しても支障ナシ。我が輩もご同様で、原則日に一件の掲載を目標としてましたが、体調により、気分により、時にはスランプもありますから、サボることも多々あったがな。
今年のお盆は様相がチガウため、どおなることかと心配でした。しかも、単なる雑談(お盆の話)でご紹介のとおり、その期間中我が輩はナニを隠そお痔で困ってた。
痔ですから、突然出たワケでもないのですが、これまでの人生、最大の危機で座ることもママならず、座れねばパソコンに向かうこともママならず。
昨年なら、これを期に痔が治るまで、暫し休養と決め込んだのですが、我がページも更新ナシとも往かず、頑張ったから、お陰様で二位を死守。
再度お断りしてオク。頑張ったから痔になったのではナイ。痔でも頑張ったと云うてます。
イヤ、実際には貯まり貯まった読み物満載サイトに化してますから、一日二日なら意地を張らず、気楽に運営してもヨイのです。
問題は、その一日二日ですめばヨイのですが、惰性のため三日四日になったらアカンぞと思うよおになったのです。
そのスランプですが、ナニを隠そおイマ現在我が輩はその真っ直中である。
(01/08/29)


NO.63 週十万枚の重圧

サイト運営で、スランプとはどんなことになってるのか。
云わずとも承知の如く、我がサイトはテキスト主体であるからにして、文字入力が不可欠也。
文字入力するがためには、文面を作成し掲載せねばならぬがな。
作成するにも意味不明の文言羅列では余所様に通じませんから、ナン等かの意図ある文字を結合せねばならぬけど、これが非常に難しい。
ハッキリ云うて、我が輩は小説家でもあるまいに。何処かの新聞雑誌の記者でもナシ。そんな経験もしてませんです。要は衆目に触れさせるがための文字入力を業とする文筆家ではナク、文面についてはド素人です。
むしろ、実験レポートであるとか、クレーム回答等、資料と数字、表を絡ませそれに語らせることを業務とし、得意として来たのです。得意と表現するのは語弊有り。業務であるからにして、仕方ナクですが、文字よりも数字に価値がある。数字を示せぬ実験レポートなんかにナンの価値もナシ。
実験レポートにしても、机の引き出しに隠してたのでは一銭の値打ちもナイのです。それどころか、作成した時間も無駄の無駄となり、給料泥棒と化す。しかも、製造会社なら工程で実践してこそ意味を成す。
そおでナクとも、作成は社内外の関係者を意識してのもので、衆目に触れさせるがためのもの。ではありますが、対象は程度の差こそあれ、その道の専門家ばかりで、文面は至って紋切り型。
そんな調子でサイトに掲載してたのでは肩が凝る。よって、可能な限り、資料、数字、図表を用いず。それでは説得性と真実味に欠けるため希に数字と一覧表を使うのです。
それと、スランプとの関係はと云えば、業務には責任感と強制力も伴うのですが、サイト運営は単なる趣味の範囲です。
それで一家が養えるワケでナシ。反対に家計を圧迫してるし、その気が霧散すればイツでも廃止が出来るのです。廃止してしまえば、我が余裕時間も増大する。そんなナカでの文言入力になんでここまで精力を注いでるのかと、フと我に返り疑問にすら思うことがある。
我に返った瞬間には、そんなことくらい最初っから分かってることで、そのウエで自己主張のためサイト運営をしてるのですが、スランプでナイ時にはそんなツマランことを考えることさえしませんのに、スランプのときは考えてしまうのや。しかも、クドクド、ぐるぐる、頭のナカを巡ってしまう。
以前の如く、アクセス数も特に気にしてない時代なら、閲覧者も少ないです。その気にならん時なら、まあ二三日くらいヨイではないかと、実際には一週間もパソコンから離れたこともあったのや。しかも、頻度も度々でなあ。
ところが、閲覧者が増えて来ると、そお度々サボってられんのです。
このことで、誤解を避けるため、解説すれば掲載すべき題材が欠如してるがためではナイのです。題材は一杯あるのですが、頭のナカでまとまらんのや。
アレもコレもと欲ばかり出て、文面作成途中で、コレよりも、アレにしよかいな。イヤ、コレにしよかいな。
もしかして、このことは以前にも掲載したのではないかいなあ。これは、アッチのホウに掲載すべきではないのかなあ。
それよりも、サイトの構成を見易いよおに変更するべきではないか。下手に構成を変更して、迷子になられてもイカンがな。イヤ、閲覧者がですぞ。それなら、初の訪問者でも迷子にならぬよお、構成したらヨイのではないのか等々。
スランプでナイなら、日に小一時間もあれば出来てしまう掲載文が余計なことばかりで悩んでるから、ン時間も掛かってしまうがな。
掲載予定分が完了しても、マダ悩んでる。イマ現在も悩んでる。
悩み乍ら、入力してる我が輩は、奇人、変人、キチガイかいなと自問自答しながらやってますのです。
これが、週に十万アクセスに達した重圧かも思うけどそのうち慣れてしまいたい。その慣れも怖いのやなあと、又悩み。
「AccessUp秘伝」などと銘打って、格好ヨイことをエラソオに、さも順風満帆かのよおに掲載してますが、サイト運営にも色んな壁が邪魔しよる。
その壁はホカでもナイ。気分屋で、お天気屋で、邪魔くさがり屋で、我が儘気儘の欲望丸出し単純人間の我が輩自身です。
以上、秘伝の裏側ではこんな葛藤もありますよと掲載の次第也。
(01/08/30)


NO.64 百万カウント達成(1)

我がサイトの開設が1998年4月23日。
カウンターの設置は其の八ヶ月後、1999年1月16日のことでした。
そして、2002年7月11日にカウンター表示で百万達成。カウンター設置、三年半経過で遂に到達したのであります。
気取った云い方すればですが、継続さえしてれば何年か経てば、イヤ何十年か、ハタマタ、何百年先になるかは分かりませんが、数字だけは着実に増え続け、何れ百万にはなる。
計算だけならばのことでして、しかも前提として、一年二万カウントで一定と仮定すればのことですが、五年で十万、五十年で百万になるけれど、個人サイトで五十年の存続は難しい。
イヤ、誤解ナキよおに云うてオク。我が輩にとってのことでありまして、二十代、三十代で開設されてれば可能であります。五十年経としても七十代、八十代でありますが、我が輩なんか、五十代になってからのサイト開設故、五十年先となったら百歳代やで。
もお草臥れて三途の川を渡りまして、黄泉の世界に往ってますが、万が一生存してたとしてもですが、インターネットなんかをやってましたら妖怪クソ爺であります。
オソラクはパソコンの前に座り、画面を見るだけでも精一杯。ゼーゼー、ハーハー、ゴホゴホでありまして、要介護、紙オムツしてインターネットはナイやろな。
イヤ分かりませんで。五十年先のインターネットは遙かに簡単かも分かりません。要介護、紙オムツしてても出来るやも知れず。
ソラそおや。開設した当時から考えますれば、サイト開設なんか超簡単になってます。作成ソフトは充実してますし、プロバイダの説明書も要領を得て、設定なんか楽チンやし、通信費用も桁違いに安くなってます。
三年半前にはダイアル・アップ接続しか無かったで。タイム・プラスも無くて、日中に接続すれば三十分百円の時代ありました。
其れが夜の十一時から朝八時までのテレホーダイが出来まして、夜更かし部隊続出。
ISDNが出現しまして、僅かに早くなりまして。フレッツISDN登場に寄り通信費用も定額料金となりました。アトはADSLであろおがケーブルであろおが我が輩には無関係ですがジャンジャン出てますし、格段の差がありまして、此れがたったの三年半の出来事であります。
よって、夜更かし解消かと云えばサに非ず。返って夜更かしが過ぎるよおになったのは、意志薄弱なる我が輩の性格に寄る処大でありますが。
パソコン本体にしましても、急激なる進化を遂げまして、HDD容量からCPU速度も桁違い。そんなに大容量、高速化してナニをするのか、急ぐのか。
体感速度ならばですが、大して早くもなってませんで。機能なんか早くも頭打ちと云うべきか、欲を云えば切りも無く、ナニやら一杯くっつけまして、お手上げしてるお方様が多いよなあ。
マシン高速化、大容量化、多機能化よりもご主人様の頭を鍛えたホウが早いのでないかと思うけど、勿論ですが、早くて大容量、何でも一杯くっつけたい気持ちは重々理解しておりますし、出来れば我が輩もやりたいけど、着いては往けず、扱いもし切れず、お金が要るだけ損でして、所謂宝の持ち腐れになると分かってますので、手は出さず。皮肉タラタラだけの口だけオッサンであります。
そんなことはどおでも佳いのでありまして、パソコンとソフトの進化も頭打ちと思てますが、五十年先となりますれば、現在とは様相が異なってると推測するだけ。
様相が異なりましても、百歳ではなあ。生きてるだけでもシンドイわい。
シンドイけれど、生きてるならばですが、介護的パソコンが出現しまして、黄昏の恍惚老人の手助けしてくれると期待してます。
とまあ、脱線ばかりしてますが、カウンターを設置したときなど、幾らナンでも百万は考えてなかったのでありまして、百万は無理として、十万ならどおかとなれば、正直云うて数字の区切りとしては意識してましたが、そんなことよりも、京都inetでの順位が気掛かりで、総合七位辺りに居たのでないかと。
そんな大きな数字より、千と万の時のホウが嬉しかったのでありますが、次第に加速してしもて、十万はアッと云う間もありませなんだ。
十万が二十万、五十万と、数字が増えることは勿論嬉しいのですが、順位のホウが問題でして、二位に定着したのが昨年十一月の末。其の頃のカウンターは四十万程度。
此れが百万に接近しますと、意識をせざるを得ませんでした。最大のことは、矢張り夢の数字で大きな区切りでありますが、モ一つ理由がありまして、カウンターの桁数が六桁表示でありました。
サテ、百万達成のためには表示の桁数を増やさねばならず。どおすれば佳いのかと、プロバイダのサイトの情報を探索しまして、パラメータの変更追加をして、七桁表示に変更したのであります。
準備整え、百万達成間近となりますと、不思議なことに順位なんかどおでも佳くなってまして、ナニよりも存続に意義有りと。消滅すればオシマイやしなあ。
よって、百歳云々の話をしたのでありますが、ナニも急ぐことはナイのです。百歳百万カウントで充分である。
百歳になってないのに百万カウントを達成してしもたからにはと、マサカ、百歳、一千万カウントなんか考えただけでも末恐ろしい。黄泉の世界でカウント稼ぐワケにもイカンしなあ。
百万、百万と積み重ね、一千万にでもなればです。一カウント一円でも一千万円かいなと。さすれば、百歳の恍惚老人も俄然息を吹き返しと。
突然、現実的なる世界となりましたが、生きて、生活せねばならんしなあ。
イヤ、百万達成でフと思いましたる、冗談半分でありますが、俗世間の話も出しましたが、サイト運営では色々とありまして、区切りとしての百万カウントとなって今更乍らではありますが、ご訪問者様には感謝の次第であります。
出来ることならば、ついでのことに、親戚縁者は勿論のこと、道往く見知らぬ人にも声掛けて、往ったで往ったでと我が感激を素直に表現、自慢したいのですが、其れこそ、可哀想に気の振れた呆け親父かと間違われますのが関の山かと。
さりとて、黙ってるのも惜しい故、我がサイトにて吐露したのでありまして、此れぞサイト運営者の唯一無二の特権である。
(02/07/12)


NO.65 百万カウント達成(2) 余談

思えば一年と八ヶ月前の2000年12月末のことでありました。
京都inetTOP50に初見参してからは、凄い勢いでアクセス数が伸びてまして。
其のアクセス数の伸びも今現在ヤヤ頭打ちとなりまして、此処数ヶ月ホボ一定の推移であります。カウンター数では日に二千から三千となりまして、京都inet集計のページ数でなら、一万五千から二万五千。
何れにセヨ、恐ろしい数字でありまして、クレグレも数字の怖さに慣れてない。よくぞ此れだけ訪問して戴けると感謝の念絶えることなし。
果てサテ、我が掲示板に玄武さんが書き込みして戴きました、百万カウントの状況のことですが、百万カウント達成で、「祝ミリオンセラー」なる件名で直後にメールを拝受しております。
メールの内容としましては、我がサイトの訪問者様が其の瞬間を確認しよおと、SEOUL市役所前状態であったとのことであります。
SEOUL市役所前状態とはドンナンかな。もしかして、玄武さんはサッカー・ファンであらせられるのかと。サッカー・ワールド・カップに際しまして、設置されましたる大画面にて韓国チーム勝利の瞬間を共有せんと、詰めかけたるサッカー・ファンの様相を意味するのかと。
そんな大行事、大観衆と比較形容して戴くのは光栄を飛び越しまして、身分不相応。イヤハヤ、恐縮の極みであります。
お話に寄りますれば、当日我が輩が更新分を掲載した辺りから回転が急速度となりまして、六桁最後の千カウントは一分以内でありましたとか。
そして、百万カウントの記念映像は叶いませんでしたが、百万と一の映像を確保されました由と、映像と共に日付と時刻、7月11日0時32分の記録をば、我が相互リンク先でありますJuneさんのサイトに存在します、「皆様のキリ番証拠写真集」。
まあ云うたらキリ番の殿堂でありますが、ご連絡戴き飾られることに相成りました。イヤマア、重ね重ね恐縮であります。
我が輩は如何様に想定してたかと申しますれば、日に二千から三千のカウント数でありまして、単純には日には二千と五百。
進み具合としましては平日昼間が多いのでありまして。多いのも真夜中一時まででありまして、以降ご就寝されます故、ガクンと下がります。
前日十日早朝のカウンターからの推測ならば、早ければ、明くる十一日の午前中九時辺りから十二時となりまして、其の頃ならばインターネットしてませんので心配ナシと。
予想に反し、もっと早くなって朝一番となれば、下手したら我が輩が起きた頃になってしもて、踏んでしまうかと。
我が輩が踏んでも仕方ないのでありますが、ナニやら踏まんホウが佳いのでないかと、イツに無く、柄にも無く、神妙なる気持ちと相成っておりました。
そして、前日の夜となりますれば、カウンターの進行がチと早いなと。それでも、明くる朝の五時か六時でありまして、もしかしたら四時頃かと思ておりました。
さて、我が輩掲載予定分をサーバーに転送しましたのは日付が替わった直後でありまして、イツもはもっと早いのですが、出来ることなら、数百手前までは監視してやれとは思てたのですが、意志薄弱故、やってません。
さて、其の意味は、カウンター七十万代が八十万になろおかの時代でありますが、日曜日であった筈。掲載文の修正をしておりまして、実は修正内容を迷ってもおりまして、サーバーに転送しては文面確認しておりましたならば、ナニやらカウンターの進み具合の異常に気が付いた。
幾らナンでも、ナンの特典もナイのに一分以内で数百も回転する筈ナイやんかと。直感的瞬時に何処かの阿呆が回転させてると察知。概略の数値を記録して、様子を観察すれば矢張り異常也。
数分で千に、数十分で万も回転しておりまして、サテどおしたものかと。まあ、阿呆共がイツ腱鞘炎になるのか、無意味でバカバカしい作業に飽きてしもて辞めよるかと。
途中カウンターが故障しましたり復帰しましたりしましてねえ。故障とはゼロ表示になったりしたのですが、原因不明。何れにしましても一時間程度で二万回転してからは正常なる回転数に戻りましたので、何処かの餓鬼共ご苦労さんと、労をねぎらい、記録した元の数値に設定してやった。
勿論、一時間で約幾らかの補正もしてますが、餓鬼共も十分で一回転、二十四時間体制ならばピカ一の超常連様と様付けでお呼びしまして、悪餓鬼とは口が裂けても申しませんで。むしろ、健康にはお気をつけてくださいねと。
そんなことがありましたが、万も回転させる悪餓鬼は出現してなさそおでして。まあ、平日やしなあ。さりとて、事もあろおに記念すべき百万カウント目前で、出現してたらどおするかの対策案も見当たらんのです。
さて、此の調子なら丑三つ時になるのかなと思いつつ、更新しましたら、玄武さんからメールが届いたのであります。百万と一を確保したと。
イヤ早、そんなに早かったのか。通過してしまえば、最早我が輩が踏む心配もナシ。
安心して、拝見致しましたなら、百万と四十余でありまして、感無量、感慨無量で大感激。
ところで、百万カウント丁度は誰なんや。通りすがりのお方かな。
(02/07/13)


NO.66 カウンター回転稼ぎ(1) 序の入り口

我が輩は自分で出不精としてオル。
出不精に間違い無いのであるが出たくとも外に出られんこともある。
特に、連休ともなるとメールが多いのヤ。
一応ですが、朝一番受信したものはなるべく朝飯前に返信しすれば、又もや受信メールが届きましてネ。
セワシないことですが、左手では朝食のパンとカフェ・オーレ、喰い乍ら、飲み乍ら。
右手の指ではパソコンで文面作成しましてネ。ポンと受送信すれば、早くもサッキの返信メールが届いてたりしましてネ。そんなことは希ですが、連休にはママありまして、チと早過ぎるやないですかト。
私くらいの年代ともなりますれば、朝も目覚めが早ソでネ。老化現象が気に掛かってますが、彼方様もソかなと思たり。
しかるにですが、其れをワザワザ、メールで指摘して来る無神経なのが居るから信じられん。
イヤ、休みに関わらず、朝の早いは歳やがな。トの事では無くて、ホカの表現で五十五歳ともなれば初老やナと、書いてやがる。
ナンで五十代で初老やな。余計なお世話であると云い返したりたいけれど、メールで単刀直入は難しい。喧嘩になっても困るシな。お褒めのお言葉も一行だけですが、ありますシ、複雑なる気分。
自分で云うてる分には心配三分で冗談三分で本気が三分。アトの一分は特に見当たらんから、三等分にしても佳し。
兎に角、自分で云うは勝手であれど、余所様から云われる筋合いなんか、無いのやワイ。ホットイテくれと、メールで云い返したるか、ドかで悩んでます。
カと思えば返信の一週間後に返事が届いたりしましてネ。年々、月々、日々、一時間もしたら記憶も霧散してますから、矢っ張り歳カイナと。自信がナと思てますのにネ。以前の我が文面の返事だけを記述されてもナンのことヤラ、サッパリ分からんこともあるのやワイ。
そんなことは佳いのです。国内旅行に海外旅行。運動会に同窓会に年会。お墓参りに町内会の草引きと溝掃除に映画鑑賞にコンサートに落語の独演会。並べるだけなら幾らでも。
予定でも有れば、メールなんかホッタラカシにしてしもて、委細構わず外出。してしまうのですが、そんなこと年に一回か二回のことでありまして。お金も無いシ、ヤッタラなあと、思てるだけのこともありますが。墓参なら毎月ですが、コンサートに落語は何十年に一回。思い出すだに苦労スル。
ソやけど、ハタと思いつきまして、本屋に往きたいトキもありますがな。ナニか新刊でも出て無いかいナと。ソ云えば最近本屋にも足が遠退いてますが、出不精以前にお金が無いのが一番の原因。
本屋でナクとも新聞を読みたいトキもありますがな。今日の野球中継はどのチャンネル。
巨人はイツ優勝決まるのかナ。もしかして、今日決まるのかな。思てましたら決まってしもた。相手さんは星野阪神。
奇遇でして、阪神の出だしは開幕戦の巨人に連勝で、ブッチギリの独走状態。十連勝か其れ以上か以下やったのか。
結果は七連勝でしたが、ソノママ逃げ切りの百三十五連勝。カナと心配したのに、ハタと気がつけば五位ですテ。チナミニ、我が輩、巨人ファンでありまして、ニタニタしておりますです。
優勝決まれば、松井選手は三冠王取ってクレ。仁志選手は盗塁王で、清水選手は二百本安打達成。
巨人が優勝しても、松井選手が三冠王でも我が輩にビタ一文、一銭の実入りに成りはセヌ。
其のマエにヤクルトさんが中日さんに負けましてネ。試合終了前に優勝決まってますから面白くも、ナンともない。
佳くを云えば勝って、優勝決めて欲しかったのに、甲子園球場での延長戦で夜の十一時までやってクレまして、十二回の裏、一死満塁前田投手暴投、サヨナラ負けでの原監督の胴上げですテ。場面はシッカリ実況中継で見てました。
サテ果て、脱線のウエに脱線してたらアキマセン。話がマエに進まんがな。
新聞も本屋も此のメールを処理してからにしよかいナ。ついでに此れもやってしまえと、やってます。ウチにはお昼になったりしましてネ。
メールの返信は或る意味簡単なんです。文面一杯出て来ましてネ。
其れがイカンのです。むしろ、余計な一言、二言、もっと仰山ありますが、削除するに手間掛かる。削除しては、矢っ張り、腹立つナと復旧させましたり。
半分冗談、半分ホントの事ですが、兎に角土日に祝日は多いのです。ウィルス・メールに未承諾メールと英文のも一杯届くのです。
HTML形式メールで、画像のもありまして。折角やからチと見てから削除したりしまして。勿論、男でなくて、妙齢の美女の裸の画像に決まってるやないですか。男のなら気色が悪いと、目を背けて削除してヤル。
ウィルス・メールが休日何通も届くのは、タマの休みにウィルス入りパソコンを知らずに起動させる奴が多いのか。
何処がAccessUp秘伝かと疑わしい内容なれど、まだ本題にはなってナイ。序の入り口ヤ。
(02/09/25)


NO.67 カウンター回転稼ぎ(2) 序

イヤまあ、我が輩の話は冗談が多く、誇張も多いシね。
夜の遅いは習慣病で、朝が早いは歳のセイでナクて、耳鳴り症のため。結果、睡眠時間も短いのに、昼寝が出来ません。器用な奴なら立ったママでも寝よるのに。
朝、耳鳴りで目が覚めるのは音がデカ過ぎて、寝醒まし時計状態であるからにして、起きてしまう。と云いたいけれど、京都市民病院のお医者様の診断に寄れば、我が耳鳴りは更年期障害。所謂耳の老化であるからにして、矢っ張り老化かナあ。(「耳鳴りの話」更年期障害参照)
金欠病はホンマの事で重傷でして。真顔で深刻になりつつあるからナンとかしてクレと声張り上げねばなりませんが、こんな場で云うても仕方がナイと思えども、奇特なお方が現れてくれへんかナと淡い期待だけはシテ。
イヤイヤ、睡眠不足の原因、耳鳴りの愚痴と、求職してるのでないのです。イヤ、したいけど、AccessUp秘伝の話です。
連休にメールが多いは感覚的にも数字的にも事実也。
我が困窮、知ってか知らずにか、嫌がらせであるのか、儲かる仕事教えてヤルぞ。
ナンと副業片手間でも月にン十万円。本気を出せば百万円。以上の収入も夢でナイ。我が輩もやっており大成功の秘訣を貴殿にのみ連絡の次第。
マズは非公開、秘密文、多寡が一通千円、安いもんやから、ケチらずに買いなはれ。五種類あって順々に揃えてくださいネ。マダ、知った人も少ないゾ。今からなら此の手法で知り合いにでも売りまくればボロ儲け間違いナシと、マルチ商法の勧誘。
今時、こんなんに載る奴居てるのかとは思いつつ、我が輩が如く、生活困窮瀬戸際なら引っ掛かるのかナと、ジックリ文面拝読すれば、最後までお読み戴き有り難う御座いますヤテ。お礼の一文有るがため、チと迷えど削除です。
斯様の次第で気になれど、騙されるが落ちと疑うのと、試す勇気ナキ故と、其の千円さえが勿体ナイから削除するのですが、返事が要ったり、内容確認せにゃならぬは十通くらいかナ。
佳く知った相手のは後回しになりまして、パソコン大魔神コーナーに関係するのをドしても優先することになる。
お困り故と思うためですが、極端でしてネ。内容がですが、気難しい我が輩が一発で納得する文面少なくて。パソコンの専門的なことなんか我が輩に分かりませんが、赤の他人に物事を尋ねる姿勢がなってナイのが圧倒的多数。素直に拝受出来るは月数通。我が気分に大きく左右されますがネ。
佳い歳したオッサンか、オバハンかは知りませんが、巫山戯んなヨと。其れこそ蹴飛ばしたりたくなるヨなのが多くてネ。
ホントに四十代、其れ以上かと疑わしく。小中学生の作文よりも酷いとしても誇張でナイ。
一度、悪例集でも公開したろかと思う程で、年齢詐称でないかとも考えたりするけれど、詐称されても実害ないからナあ。
よって、一発目のは無惨と解釈してクレ。困った、コマッタだけで状況説明皆無。受け取ったホがもっと困るワイ。無縁仏に陳列並であります故、極めて婉曲な表現で蹴飛ばせば、二度目にはチとマシになるのは受理してる。我が輩がそのまま転送したのでは、パソコン大魔神がカリカリするのでないかト。其の分、我が輩がカリカリしてる。
其の実、単純思考の我が癇癪。文面拝読しては皮肉の一発、二発。血液が逆流、沸騰してしもて、連打猛打激打で万行と化し、噴出噴火爆発、してやりたいのも有りますしネ。
朝食喰い乍らですから、此れでは忽ちにして、消化不良で胃痛で胃潰瘍で胃酸過多。オマケで便秘で下痢して入院ヤ。
そのウチ、外に出るのも邪魔臭なってしもて。
ト云うことで、本屋に往くのは思い立った時にお尻を上げるが一番早い。分かってますが、受送信する度に届いたら、ソはイカンこともある。クドイけど、本を買うにも金欠病が慢性化もありますシ。
しかるにです。ナンのコッチャと問い合わせをしたら、分かって無いのか分かっての意図的か、返信文で我が輩を逆撫でしやがってナ。
腹が立つなら、「魔界列伝」にて憂さ晴らし。すれば佳いのですが、「AccessUp秘伝」に掲載するは事情がある。パソコン大魔神コーナーだけのメールでナイからナ。
モ少し概要解説すれば、一発目の我が返信で意図をご理解して戴けることもあれば、梨の礫で遁走されましたりは中年さんに多いです。まあ、簡単に解決したのヤロ。其れならソと云うてクレで、ご丁寧なるご返信頂戴したりは、皆無に等しいですが。タマに有れば、不思議に若手が多いのです。
中年であろおと、初老デモですが、我が輩の文面も要点数行。但し、我がサイトの構成把握されてることが前提でありまして。そんなに長文でも無いのやから、チとは精読してクレと思うのやけど、ソはイカンなあ。
二度三度、分かってないナとなればです。我が返信も次第に荒らっぽくなりましてネ。お得意の皮肉タラタラ、チクチクとなってしまうのや。イヤ、表面的なる文面は丁寧でありましても、受け取りよおに寄りましては、中身が相当にキツイだけ。
揚げ足取り口調で、体験談一席、うろ覚えの自説コンコンに勝手なる思い込みからのご説教まで届きます。
返信してもアドレス出鱈目が多いのですが、体験談一席は困ることが有る。あくまでもご親切なる故のメール発信の労と思えども、我が内実も知らんから無理ないけどナ。
其れにしても、金欠病に陥り乍ら、ナンでこんな邪魔臭い事してるのかと。我が輩も馬鹿やナと、深刻に考え込むこともある。
(02/09/26)


NO.68 カウンター回転稼ぎ(3) 二通のメールより

そんなことで、サイト運営を通じ、色んなことが有る。
勿論、我が輩にも野暮用あります故、連休とは云わず、出掛けること度々。
生活習慣的に慣れましたが、我が乏しい屋外活動にチと制限受けることもありますが、メールに寄り垣間見える人間模様も有りましてネ。
感謝感激雨霰、驚嘆、失望、大いに勉強になったりしますシ、我が輩に話題を提供して戴いたりもスル。
誤解なきヨに云うておけば、話題の提供とは、こんな話題を取り上げてクレ。ではなくて、メールのヤリトリから我が輩が話題にしたろかなトするだけのこと。
さて、イヨイヨ、本題突入ですが、カウンターについてなら、百万カウント達成直前よりメールを沢山戴きまして。達成直後暫くは激増したのです。
有り難いことでありまして、佳かったナと激励のが大半でして、カウンターを注視して戴いてるのですから常連さんですが、激励と受け取って佳いのか皮肉であるのか、単なる疑問をブッツケられたのかト、解釈に困るのも二通届きましてネ。
百万カウント見事達成成ったのは七月十一日のことでありまして、激励メールの潮もすっかり引いた、九月になってからのことですが、話題を提供して戴いたメールの内容概略説明スル。
一通は、「シバケンの天国」のロゴをクリックしたら、TOPページに戻るは佳いけれど、カウンターの数字まで増えるけど、此は如何に。カウンター回転稼ぎを意図してかト。
モ一通は、以前はパソコン大魔神コーナーだけが新しい画面で表示されてましたネ。
其処で「シバケンの天国」のロゴをクリックしたら、TOPページに戻るヨに設定されてるから、カウンター稼ぎしてヤガル。と思てたのに、突然フレーム内に納めてしもたのは、カウンター回転稼ぎを辞めたのかト。
同時期に、見解の異なる二通のメールを受信でありまして。
共通点は、只一点、ロゴ、クリックでTOPページに誘導され、カウンターが一個増えるは、所謂カウンター回転稼ぎと解釈されてることでありまして。
TOPページとされてますが、カウンターを設置してるファイルにアクセスされれば回転することになってまして、我がサイトではINDEX1ファイルにしてますが、以降簡単にINDEXファイルとしてオク。
当然のことですが、ご当人様には我が見解、返信したけれど、ハタと考えさせられたナア。
カウンター回転稼ぎとは如何様なことを云うのかト。但し、結果的には一緒でアルなト。
其のウエで、まずはご両人、「AccessUp秘伝」をお読みになってナイ。(「AccessUp秘伝NO.2」AccessUp虎の巻(1)参照)
繰り返し説明すれば、ロゴをクリックすればINDEXファイルに戻る設定にしてるのは事実なれど、やるトキの発想が異なってましてネ。カウンター回転稼ぎのためとは、頭のナカにお見事、微塵も無かったデ。
要するに、我が輩もインターネット初心者の頃ですが、検索サイトで見つけたページから更に情報を得たいのに、ページから一歩も動けぬ事があったのや。
経験、修練をチとだけですが、積みましたる現在唯今ならナンとでも出来ますが、インターネットの世界に首を突っ込んだトキはダイアル・アップ接続の時代でモありましてネ。
通信費用が馬鹿高かったのや。繋ぎっぱなしでアレコレ試行錯誤してたら電話代が嵩んで破産するワイ。ましてや、検索で見つけた一ページから誘導なくして其のサイトのINDEXファイルを開ける知識が有るもんか。
単純に困ったサイト管理者やナと恨めしく思ただけでありまして。実際、配慮のナイ、困ったサイト管理者であります。
我が輩考えたに、初心者が検索に寄りまして、我がサイトの如何なる一ページを拾われた場合でありましても簡単にINDEXファイルに誘導出来るヨに。との配慮で全ページに対応しただけヤ。
現在と比べればページ数は少なけれど、不慣れ故、見落とし一杯で苦労したデ。
その当時はロゴをクリックしては、してませなんだ。至って単純、「表紙に戻る」と記載して、リンクしただけのこと。ロゴのホが格好佳いナと、切り替えたは今年になってからである。
よって、初心者のための配慮が発端であって、親切心と云うたら格好佳過ぎるナ。我がサイトを隅から隅まで探索してクレとの下心も有ったけど、カウンター回転、稼ぐなる発想がなあ。無かったなあ。
ナニがド違うかが難しいのですが、ナルホド、取りヨに寄りますれば稼ぎ的設定となるのであります。メールで稼ぎと指摘され、ソかいなト。結果的にではありますが、ソ云えば稼ぎになるのやナと。
今にして気がついたのでありますが、そんなことで稼ぎになって、しかも、カウンター数値を稼げるならば結構なことやナ。トモ思うしネ。
我が輩にしてみれば、純粋に一見さんに対する配慮でありまして、余所のページから表玄関である、INDEXファイルに来られることで、カウンターが一回転することまで考えてなんだ。ダケのこと。
カウンターの回転のことについてダケならば、常連さんはサイトの構成熟知故、更新ページをイトもアッサリ見つけられ、カウント一回転でオシマイで。其れも日に一回か、二日に一回。下手したら、一週間に一回やったりしましてネ。其れでも有り難き常連さんでありますゾ。
ましてや、日に二度訪問して戴きまして、二回転もして戴ければ上等のお得意先様でありまして。
其れ以上ともなれば、感謝感激、足を向けて寝てられんデ。クライに思てたもんでして。
ところが、何回転もして戴ける常連さんが有ったとしても、方向音痴無関係。
どちらの方向かが分かりませんので、もしかしてですが、寝るべき方向定まらず、其れが原因で睡眠不足になるのかト。
(02/09/27)


NO.69 カウンター回転稼ぎ(4) カウンター回転の気分

さて其処で、カウンターそのものの事でアル。
お一人様、日に一回限定の回転設定、出来るカウンターは存在するゾ。
所謂レンタル・カウンターもアルしネ。プロバイダに寄ってはカウンターは勝手に調達してクレと見放してる処もあるシな。
プロバイダが提供するカウンターでナンとでも設定出来るのもアルみたいですが、余所様に加入したことナイから知らんワイ。
我がプロバイダ、京都inetでは所定のがありますが、重複カウント阻止出来ませんのです。
サイト開設の途中からですが、プロバイダご提供のカウンターを取り付けたけど、単なるカウンターであります故、表示方式、桁数程度。シカ設定出来ず、至って単純でありますが、初心者の我が輩にとりましてはHTML語が難しかった故、設置には苦労した。
バラしてしまえば、百万カウント表示出来るヨに桁数を増やすにさえも、ナン日もマエからドするのかト。
桁数変更、スルことになるとは夢にも思てなんだタメやがな。ではありますが、ナニもワザワザ、レンタルのを借りることもない。
イヤイヤ、我がカウンターのことですが、我が輩四苦八苦しての設置。であるからにして、ゼロにでも一千万、一億にでも、我が輩の好きなヨに数字は自由自在。ナンとでもなりますゾ。
ファイル一個改竄、サーバーに放り込めばスムのです。されど、無闇矢鱈に桁数を増やせばHTML語まで加工せねばナラヌしなあ。辞めてオク。
其の気になったらのことなれど、余所様のお手を煩わせることもナク、カウンター回転稼ぎなるもの、したいなら、日々下駄を履かせるのも可能なれど、矢っ張り邪魔臭いから辞めてオク。
トカ云いつつも、我が輩も幾度か数字を触ったことはアル。
正直、告白すれば、設置当初のことでアル。カウンター動作を確認しましてネ。最初の「1」が表示されたトキには嬉々乱舞。加えて、アクセスする度に数字が替わる。其のヨに設定したのやから、当たり前のことですが、其れが嬉しかったのヤ。
数字の替わるを眺めては、ニタリとネ。佳い歳したオッサン只一人でネ。
オッサン只一人は嘘でアル。長男が側でテレビ・ゲームをしてた筈。当時、大学生のクセにゲームとはナ。嘆かわしい事ト。親父はパソコン睨んでニタニタやけど。
ニタニタと何回転かさせた処でハタと気がついた。回転させてるのは我が輩一人ダケ。ゾッとしたけれど、暫くしたら、我が輩ではなくて、何処かの誰か様が回転させてクレた。数字がチサイから分かるワイ。(「ホームページ作成裏話NO.2」6.問題点が多い参照)
イヤ早、嬉しいものでありました。こんなサイトにワザワザと、赤の他人さんが覗いてクレたト。
されど、涙を飲んで、ゼロにしたゾ。我が輩だけで、タッタの小一時間で十回転も二十回転も稼ぐワケには往かんヤロ。数字がチサイ分目立つシ、心苦しいシ。
モ一回はカウンター荒らしご登場の場面でありまして、数字も八十万カウントに達する直前。馬鹿がン万回転させやがってネ。頃合いを見計らい、妥当値に戻してやった。餓鬼共、ご苦労さんト。(「AccessUp秘伝NO.4」NO.64百万カウント達成(1)参照)
更にモ一回なら有った。カモ分かりませんが、数字を増やす加工でナクて、数値を減らす改竄でアル。此処にササヤカ乍らも、サイト運営者の自尊心なるものが存在する。
ついでなら、元々がサイト運営そのものが自己満足の世界故、自分に嘘つけヌ。多少の虚栄も有るけどナ。されど、回転数水増し、誤魔化しまでして、虚栄張る気ナシ。
さて其処で、カウンターの回転、数値をどのヨな気持ちで見てるカです。
アンケート用紙を配布。或いは電話調査したワケではナイけれど、多いは励みになれど、ワケ有りサイトが如くに物好き相手にお色気披露で袖引っ張っぱりましてネ。或いは、脅迫罵倒威圧、腕力で顔面張り倒し、失神させ、首を掴んで無理矢理にでも、我が家に連れ込み、数日監禁、拷問の末。さあ廻せとカウンター一回転、させてるワケでナシ。
そもそも、カウンター回転稼ぎなる表現にはチと抵抗感が有りましてネ。賞金稼ぎに点数稼ぎトカね。ホカの綺麗な文言ナイものカと。思うのですが見当たらん。
カウンター設置の意味はご訪問者の数を知りたいのでありまして。お一人様が何回も訪問して戴けるのは有り難く、嬉しい事なれど。ですがネ。出来ることならその数の訪問者数であることが理想的。あくまでも理想を云えばのことですが。
ナンかのご縁。検索サイトから、とある一ページに迷い込まれて、玄関は何処やいな。とでもなって、カウンター一回転也。
何処からでも結構です。大歓迎です。所謂一見さんの事ですがネ。誰もが最初は一見さんでありまして、以降、常連さんに変貌して戴けたら理想的。
常連さんとなって戴きまして、ドンドンとカウンターを回転させてクレ。とは思てるけれど、実状はソ簡単に往くもんか。
何回かコッソリとでも様子を伺われまして、余程相性ピッタリ、相思相愛、片想い、奇妙なる関係にでもナラヌ限りはネ。
イヤイヤ、誤解を招く表現である。実体が目のマエに存在するのでない故、どちらからも手さえ触れてませんので、ご安心オバ。
単なる比喩でありましたが、されど、サイトのウエとは云え、巡り会えたはナニかのご縁。ご縁ついでに、ご本尊様にお会いしてるヤも知れません。
例えばですが、相互リンク先のご主人様。ところがお顔すら知りませんので道端で擦れ違てもご挨拶もセズ。尤も、道端で擦れ違う確率なんか無限小やけどナ。
イヤ、何名様かにはお会いしてますが、団体さんでありまして、個人的に相対峙したは数名で、しかも、男、バッカリやから面白くも楽しくも、ナンともナシ。
などと云うてしもたら、失言であり、失礼千万也。気を悪くされたら、スマンのお。
(02/09/28)


NO.70 カウンター回転稼ぎ(5) カウンターはサイトの歴史を刻む

しかるに、我がサイトにご訪問回数、栄光の第一位は何方様であるか。
考えるまでもナイ。抜群、断突、圧倒的多数で我が輩也。
サイト開設以来、いの一番。飽きもせず延々と現在に至るまで暇さえあれば我がサイトを監視、眺めてるは誰あろお、我が輩只一人と自認。至極当然の事ですがネ。
我が輩自身が自宅の玄関から入場。扉を開けて、御免下さい、コンニチハ。お邪魔致します。
ヨオお越しヤス。イラッシャイマセ。遠路遙々ヨオ来てくれやはって、オオキニなあ。
カウンター一回転で、一丁上がり。
デハ、ホントは気に喰わんのや。
カウンター設置以来、累積カウント何回転。させてることになるのヤラ。数えるだに不可でありまして、自作自演、一人芝居してるみたいで不本意なれど、仕方ナイのやワイ。
此れがサイト管理者の本音でないカと。さりとて、自分の閲覧回数をカウンター数から差し引くワケにもイカンやろ。数えてないからナ。
一応ですが、ナニかをアップすれば、間違いなくアップされてるかドかを確認。プラウザで閲覧してはニタリかヒヤリかしましてネ。
ヒヤリなら、コラ、アカンぞと即刻修正せにゃならぬ。修正したら、したで、アップしなアカンしなあ。アップしたら、モ一度確認せにゃならぬワイ。
我が輩なんか、何回確認してることか。其の度に一回転させてることになるのやデ。其れでも其処等に間違い散乱。時たま、我が輩自身でも見つけますが、メールにてご指摘戴いたりもしましてネ。
トキには掲示板で晒されたりで、どれだけの数、間違いが散らばってるかも計り知れずの無茶苦茶ダラケ。
その場で間違いに気がつかんかったのがイカンかったのですが、確認しても此の調子でも、此の調子の確認もセズ、余所様のお目に触れさせるよりはマシやんか。
よって、心苦しいとは思いつつ、更新の度に何回かはカウンター回転稼ぎスル次第。
しかるにですが、プラウザ起動で開くは我がサイト。ナンで余所様のをいの一番に開けにゃならぬ。
息子にも開くヨにしてクレと云うてるのに。ナンで親父のを開かにゃナラヌ。Yahooが一番に開くヨにしてるワイと口答えしやがってネ。
其のクセ、突然に意見しやがるのです。お父さん、彼処までは云々ト。其れはイツのカと、記憶を辿るにシンドイ程の昔のヤ。せめて一週間以内のを云うてクレ。一ヶ月も二ヶ月もマエのを云われて、ピンと来るもんか。親子程の年齢差が有ってナ。多少は呆けも出てるワイ。
身内、しかも息子でもそんなモンですから、余所様がご訪問して戴きますれば、ホント、感謝の思いで一杯でして。ツイデなら、何回転でもして戴ければ、尚更、感謝で感謝で感激で。
そもそも、お一人様、日に一回転限定にナンの意味がアルのかナと。
何処ゾの阿呆馬鹿糞餓鬼みたいに我がサイトの中身も見ずに斜め読みもセズ、暇に任せてカウンターだけをン万回転。単なる遊びで嫌がらせで、シヤガルは腹立てど、閲覧のために回転して戴くは涙が出る程に有り難く、遠慮セズにナン回転でもト。
ナニかシラの目的が有るからコソ、時間喰て彼方此方覗いて戴けるのであって、無意味で馬鹿々々しいなら、ホナ、サイナラと一言の挨拶もナシに退散され、以降ご訪問して戴けズが一見さんであります。
一見さんでありましても、カウンター回転稼ぎと云われヨが云われまいが、探索目的、閲覧ならば、遠慮されることナク、奥に、奥に、ドゾ。
ドンドンと突き進まれまして、隅から隅まで家具道具一式、箪笥のナカも遠慮スナ。
されど、悪いけど、大金入りの財布に預金通帳に印鑑。キャッシュ・カードに暗証番号、未払い期限切れの滞納割り増し請求書は恥ずかしいから隠してしもて、其処等に置いてませんシ、サイト内には元々ナイけれど。
現実の此の世でさえも、怖いし、恥ずかしいし、見せたりするモンですか。嘘がバレルしな。
お茶にお菓子も一切出しませんし、出したくとも出せませんけど。
イヤ、出したい気は有るのですが、商業サイトでもあるまいにト。商業サイトでなくとも出す手立てはありますが。切り番景品などを計画しましてネ。イヤ、計画してませんので悪しからず。
そのウエで、訪問して戴ける客人は奇特なお方と思てます。
日に一回転、下手したら二回転。もっと、下手したら、一週間で一回転。サイト管理者が長期出張でもされまして、自分のサイトを開くことも出来ずに一ヶ月。
帰って来てパソコン、コチョコチョやりましても、一回転も増えてなかった。などと云う超閑散のサイトならば。ナラバでなくて、そこらに一杯有りますが。
此れなんゾ、世間に公表されヌ、超私的秘密サイト。受け取りヨに寄っては、誤解を招く、大盛況の会員制サイトに間違われタリしましてネ。
単にサイトをアップされたダケでありますが、管理者サエもがタマにしか回転させぬ、カウンターはナンジャイなと。
されど、サイト管理者の勝手であり、カウンターはサイトの歴史を刻んでる。
(02/09/29)


NO.71 カウンター回転稼ぎ(6) カウンターの話(1)

ゴチャゴチャ云わず、カウンターはつけない手も有るのやゾ。
我がサイト開設の頃はソやったデ。カウンターなんかつけてないデ。
初心者過ぎて、HTML語が難解のために断念したダケですがネ。
されど、開設したからには、どの程度の閲覧者数が有るのかナと気になるシ、合間を見ては挑戦して、ヤットコサで設置出来た。
カウンターがナクとも京都inetでも公開してますから、或る程度のことは把握してました。但し、カウント方式が異なりますから、混乱したけどナ。京都inetでは閲覧ページ数での計数ですから、閲覧者数では無かったのです。其れでも数字的には我が輩以外の閲覧者が有ったがな。宣伝もしてナイのにヤ。
バラしてしまえば、宣伝の仕方も知らなんだダケやけど、宣伝も知り合いにさえしてなんだ。にも関わらず、見も知らぬ他人様が我が輩なんかのサイトにご訪問して戴けてることが不思議で、フシギで摩訶不思議でネ。
こんな場合に我が輩と自称するは心苦しく、異な感すれど、我慢してクレ。
開設するや、メールを戴きまして、感激したシ、助言も戴きました。
なんでもカでもメール。何せ掲示板の存在を知らなんだダケでありますが、ナニを隠そお当時は普及もシレてたのでないか。
左程に余所様を探索してないけれど、注意もしてなんだセイもありますが、見てなんだナア。
現在でも掲示板の意味合いについてはチと疑問有りまして、原因はアラシを趣味とする一部、糞馬鹿存在のタメである。
そんな事はドでも佳い。助言を戴いたは、コすればドや。もっと佳くなるゾと。
助言してクレなどとは頼みもしてません。よって、余計なお世話、出しゃばりやがって。ではナイのです。
ナニが可笑しいのかサエ分かってないから質問する事も出来ませヌ。質問するには質問出来る周辺知識と疑問に思うことがなければ出来ませヌ。単にサイトを開設した程度の我が輩では、疑問は疑問であっても、必要に応じ、ホーム・ページ作成ソフト、ホーム・ページ・ビルダーの解説書を読めば佳いことばかりでネ。出来ぬは我が読み方が不足であると解釈してました。ソは事実なれど、書いてナイこともありますしネ。其の区分さえ初心者では分からんワイ。
そんなトキ、サイト開設大先輩からのさりげなきメールでの助言は大いに参考になり申した。実際には大がつくのかドかは開設日を知りませんでしたガネ。
ソか、斯様なる手があったのか。見る人が見れば阿呆みたいな事、シテルのが分かるのカと、至って素直に改修でアル。
大先輩のサイトをリンクさせてクレと頼み込み。ホントに無理矢理でして、先方様からは、ご自分のサイトと我がサイトはかけ離れてる故、違和感ありますゾと、ご忠告まで戴きました。
確かに、或る地方の名勝、観光船の運行表。ト或るボランティア団体の活動の紹介が主たる内容でありまして。我が駄文を掲載してる超私的サイトとは主旨が異なった。更新も殆どされてませんシね。ソラ、名勝、運行表が度々変更されるワケでナシ。ト或るボランティア団体も我が輩には無関係。
ヤットのことで、リンク承諾して戴きましたが、唯一、相互リンク先ではなかったのですが、間なしに消滅しましてネ。音信も不通でリンクからも削除。リンク先消滅に寄る削除、第一号になってしもたのですが、現在、ドされてるのかが今だに気に掛かる。
以降、ジワジワとですが、相互リンク先も増えてますが、正直思う。我がサイト開設時代とは大違い。(「LINK リンク りんく」参照)
ナンのことかは、最新相互リンク先の「玄武の闇鍋」サイトと比較で論じれば分かるワイ。
「本当に何もありませんが、名前だけでも残してください。」(2002年9月29日現在。)
等と掲載されてますが、ロゴに画像に掲示板。オマケでカウンターまでアルやんか。
我が輩のはロゴなし、画像ナシのカウンターなしで、掲示板もナシ故、足跡残して戴く手段もナシの、ホントにナンにもナシの自己紹介さえもナシで、適当な文字羅列のみの構成。如何に無味乾燥かが分かるヤロ。今でも大して替わりませんガ、文字の配色だけはチと工夫してた気もしてる。イヤ、自己紹介もしてたかなあ。
ベタリと一枚のTOPページ、INDEXファイルでありましたが、其のファイル、たったの一枚だけでの出発で、其のページに一行の自己紹介。ヤッタ筈。我が姓名を漢字と読み方、ダケの自己紹介でアル故、一行も要らんケド、一応一行消費。漢字ならシバケンの出所が分かるからやワイ。
目先を替えたは、二枚目以降でありまして、ページの背景色のみでした。ページが増えるに従いまして、背景色の適当なのが無くなった。文字色との兼ね合いもあるシね。苦情メールも戴きまして、文字ダケ・サイトのクセに読み辛いやないカと。
此れは困ったナと、現在の背景に統一したはフレーム形式にしたトキでアル。名残はリンク・コーナーに残存してる。変更するのを忘れてたダケなれど、頑として、変更セヌは、一枚くらい毛色の異なるページも有って佳しト。
事程左様に我が輩が余所様に助言すべきこと皆無。皆無、でもないけれどヤ、我が輩みたいなHTML言語の基本的失敗されてナイ。
有っても、単純ミスばかりでありまして、サイト開設に当たっての予備調査も検討も、可成りされてまして、HTML等々の言語、手法も知識も桁違い。下手な事云えんゾと。
そんな面々から師匠などと称されると、本気かいな。冗談も程々にして頂戴と心底思う。
単にサイト開設がチと早く、其れなりに経験もしてますが、何を持って師匠かナと。
サイト構成の事ならば、導入検討したい手法以外には無関心の無知蒙昧。実際問題、手法等の論戦する気はナイけれど、シタとシタラのことですが、我が輩なんぞ聞き役でアル。
JAVAがナンたらカたらは宇宙語でアルぞ。お愛想で相槌打て、造り笑い、薄笑い。浮かべてるが関の山でシンドイわい。
ナンの話をしてるのヤ。話が逸れてました。カウンターの話をするのでありました。
(02/09/30)


NO.72 カウンター回転稼ぎ(7) カウンターの話(2)三種の神器

我がサイトが誕生したときのことですがネ。
サイト名称は存在すれど、ロゴはナシ。
ロゴは無かったけれど、画像ファイルは存在した。
無論、我が輩が作成する筈なくて、正確には作成出来ずであるからにして、ホーム・ページ・ビルダーの見本をチと拝借。
タブンならメールのための郵便受の画像一個。何処のサイトでもやってますから、一つくらい無ければアカンのヤと信じ、格好だけはつけてみたけれど、馬鹿デカイ郵便受でなあ。目立ち過ぎ、釣り合いが取れんからスグ削除した。
画像については、我が輩にしてもフラフラしてる。矢っ張り有ったホが佳いのではと作成に挑戦。勿論、我が輩が造るには簡単な代物であるからにして、沢山造っては貼り付けて、重たいナとスグ削除。
そんなことは佳いのです。
サイト運営のための三種の神器。トハ何ゾヤです。
考えるまでもない。ロゴ、掲示板にカウンターでアル。
全部は揃わなくともサイトの開設出来るけど、ロゴとはサイト名称を意味するものと解釈してクレ。サイト名称が画像ロゴともなれば極上の神器一個也。サイト名称無ければ産まれた赤子に名前がナイのと一緒。ナニがナクともサイト名称は要るし、サイト開設で一番に悩むは名称也。
我がサイトにしても、画像ファイルのロゴなかったけれど、名称だけはシバケンのナンとかと銘々してるがな。
「シバケン」はそのままなれど、「天国」ではなかった筈で、「地獄」、「極楽」、「現世」でも無かったワイ。微かな記憶では、「王国」やった、カモなト。
タマタマですが、何処かのアダルト・サイトになんとか王国なるのが存在しやがって。一緒にされて堪るもんかと、即刻辞めてたった。
初期の頃ならナンとでもしてヤル。大した愛着もないからナ。
天国にしても、アダルト・サイト名称として大いに可能性アルなれど、其処まで考えてタラ、イツまで経っても名称一つ、決まらんワイ。
ト、思てましたら、相互リンク先のJuneさんより教えて戴きました。
一番最初は、「Shibaken’s Home Page」なる名称。やったんですて。スッカリ、忘却の彼方でありましたが、何やら其処等に散見する名称で、ならば、其の次が「シバケンの王国」時代でありました。
さて、シバケンのナンとかではナンのことやら分かりませんが、分からんでも個人サイトらしくは思うヤロ。とは、我が輩の勝手な思い込み。されど、今更変更するのは邪魔臭い。
ロゴだけで、中身がなくとも掲示板一つあれば、サイト運営出来ますゾ。個人サイトではそんな処が多くてネ。掲示板のないサイトを探すは難儀する。
三種の神器でならば、カウンターは重要性の乏しい神器となる。されど、超閑散サイトでもカウンターが取り付けられてるシ、クドイけどサイトの歴史を刻んでる。
ところが、超人気サイトでカウンターの存在せぬのが有るのやゾ。
マズは、インターネット本来の目的である、探しモノする検索サイト、Yahooにgooにgoogle等々でアル。ついでに、新聞社にパソコン関係の企業サイトなどなど。
有名過ぎて、アクセス多過ぎて、カウンターを設置してたら大変やろナ。其れこそ、INDEXファイルから飛び込む奴が居れば、目的に応じたページのみから侵入するのも居てるしネ。一々数えてたら、凄いことに成る。
何せ、googleでは登録されてるページ数だけでも十億で、日に数百万人が利用してるとなれば、カウンターは邪魔なだけ。されど、数値が表示されぬ、見えぬカウンターで計測してる筈。
新聞社サイトに掲示板はナイけれど。有れば誹謗中傷、悪戯が一杯で。管理してられんヤロ。
ト、思てましたら、有る処が存在するのですテ。此れ又、相互リンク先のmaidoさんから連絡受理でアル。
企業サイトに画像ロゴは絶対必要。顔で有り看板であり、無ければ格好つかぬがな。我が輩みたいなチャチなサイトと一緒にしたらアカンわい。
ロゴの話でナイのです。カウンターの話でありますが、カウンターなるもの、閲覧者の人数を知るがために設置するもの。
がしかし、検索サイト、新聞社の如く、アクセス膨大ならば設置に意味は無い。どれ程ならば意味あるかは判断難しいけれど、日に十万もされたら要らんけど、個人サイトで日に十万とは、大法螺吹けばやけど、覗かれたらスグ、バレルし、見ずとも大法螺、冗談やがなと。
しかるに、サイト運営してナイ奴に、我がサイト、日に幾らやゾ。
真顔で額には汗掻き、口角泡沫を飛ばして、一生懸命、力説、自慢。
しても、ソか。ダケやシ、阿呆みたい。中年であれ初老であれ、オッサン、オバハンではナ。
(02/10/01)


NO.73 カウンター回転稼ぎ(8) 余談

週明けからは雨ばかり。大型台風二十一号が関東、甲信地方に接近、上陸のため。
其の週明けからの事、何やら足の脹ら脛が痛いと思たら、日曜日に町内会の草刈りが有ったのです。
草刈り程度でこんなことに成る筈ナイぞと、ツラツラ考えるに、溝掃除もしたのです。
組だけのはサッサと終わりまして、共同の場、公園の草刈りに向かう途中のこと。誰かが溝の下に草が有ると一言。
簡単なことです。ソかと、雑草の生えてる辺りの溝蓋外しましてネ。草刈り開始。
何処ゾの奥様、チラリと一言。水吐けが悪くなってるナ。
そしてナ、溝蓋のウエを車が走ったら、コンコン、カタカタと音がするシなあ。夜なんか五月蠅いヤロ。困るヤロとモ一言。
音がする溝蓋とは道路横断の金属製の格子目の蓋でありまして。草刈り進行中の溝蓋の事でアル。
急遽、草刈りから溝掃除と雑音対策に変貌。組の奥様、ご主人様総勢十名で、十字路の溝蓋全部を持ち上げましてネ。車が踏みつけてますから、全部となれば、外すに一苦労。準備宜しく、奥様、スコップも出して来て、エンヤコラと。袋に泥を詰め込みまして。
何処ゾの奥様、頑張ったはるのに、仮にも男の我が輩、ボケッと眺めてるワケにもイカンやろナ。チョッと貸せとスコップ拝借、交替。溝に降りて、エンヤコラと。
其の格好が余程危ナッツカシかったのか、要領悪く見えたのか。替わったルでと余所のご主人様がネ。云うとくけど、殆ど掻き出してしもてるのにナ。涼しいのに汗一杯掻きまして。
とは云えど、手付き足付き、物腰が違う。スコップの扱い方は慣れてるからナと仰いまして。マサカ、溝掃除に慣れてるワケないがな。十数年マエにやった切りです。
そしてです。やってる最中にネ。何処ゾのBMWの姉ちゃん、三十歳くらいですが、ケバケバの口紅、曇天に濃いサングラスしやがって、乗り込んで来よって、プップと鳴らしヤガル。
云うたらナンですが、貧乏所帯ばかりの我が団地。BMWを乗り廻すのは居てませんのです。
お顔も見たことナイし、余所者ヤ。バックで戻れへんのかと、誰かが一言。
「此の車、大きいシなあ。それに、こんな狭い処で、よお、バックせんワ。」
オイオイ、云うてクレルなあ。狭い云うても普通車なら擦れ違うことは出来るのヤ。運転が未熟ですと云え。トハ云うてませんが、気に要らん台詞やナと思いつつ。
さりとて、聞かヌ振りして、意地悪するのも如何かと、車が通過出来る幅分だけの溝に蓋しましてネ。其の間くらい、バックすれば佳いのにソンママやで。威圧感充分戴きました。イツ、アクセル踏まれて轢き殺されるカと。ついでナラ、中途半端は辞めてクレ。一気に殺ってクレ。さすれば、保険金が戴けまして、家族は幸せ。
「ドや、此れで往けるヤロ。」
聞くや否や、顎チと上げて、ブウン、バリバリとエンジン吹かしやがって、ガタン、ガキンと溝蓋鳴らし、猛スピードで走って往てしもた。
溝蓋が跳ねたらドするのや。跳ねて人に当たったら怪我するやんか。怪我より殺せと云うてるヤロな。セメテ、お礼の一言くらい云うたらドなんや。
腹の立つ糞雌餓鬼め。溝から掻き集めた泥水、車にブッ掛けたろカ。スコップ投げてヘコましたろカ。想い出すだにケタクソの悪い糞雌餓鬼メ。トハ思ただけで、何も云うてないシ、やってもナイで。
そんなことで、溝蓋上げたり、元に戻したり。又、上げたり、戻したりで足に身が入ったのか。慣れぬ事したらアカンなあ。
さて、AccessUp秘伝の話でありますが、昨日は色んなご連絡戴きましたので、チと解説。
Juneさんからは、過去のWEBページを保管してるサイト、Wayback Machineのご紹介を戴き、アクセスしてみて、ビックリ仰天。開設当初から現在に至る変遷が分かるのや。
我が輩が登録した覚えがナイから、先方が勝手にとも思たり、我がプロバイダが登録してるヨにも見受けられたり致しますが、1996年からの記録でありまして、保管のWEBページも百億ページですて。勿論、定期的でなく、任意の或る瞬間を捕らえたもの。
当時の記憶が蘇り、画像は入れたり、出したり、コチョコチョと。INDEXファイルも台詞を細々弄くって。早い話が試行錯誤バカリしてました。
大きな変更はフレームにしたトキでありまして、順にカウンター、掲示板。そしてサイトのロゴの設置をしたのです。クドイけど、ロゴは余所様に依頼してます。(「ホーム・ページ作成裏話NO.1」6.改正記録参照)
そして、新聞社で掲示板を運営してる処も有るゾと、maidoさんから連絡がありまして、探索すれば存在した。外国のですがネ。されど、日本でも詳細に調査すれば、有るヤも知れズであります。
皆様、ご連絡戴きまして、有り難う御座います。我が輩も一つ、二つ、三つと賢くなり申した。掲載文は意地張り、ト云うわけではナイけれど、そのままにして、追記。
ついでに「あおおにくん」はカウンターをつけてナイと云うシなあ。
イヤイヤ、我が輩は一般論を述べてるのでありまして。順番的には、ロゴ、掲示板、カウンターとなり、カウンター、掲示板を設置してないサイトも有りますしネ。
三種の神器も神器と目されるは個人サイトでの事であり、其れもサイトのご主人様の嗜好、思考、指向。ナンでも、ドオでも、好きにしてクレ。
がしかし、企業サイトでは目的とする処が異なると思う次第。
(02/10/02)


NO.74 カウンター回転稼ぎ(9) 商用サイト(1)

拉致事件調査団の情報収集結果が公表されました。
横田めぐみさんの母、横田早紀江さんは我が母校、京都市立堀川高校出身だけに、余計に腹立たしく思う。(「憂国NO.7」127.日朝首脳会談拉致問題(2)参照)
北朝鮮当局の報告では横田めぐみさんは鬱病により精神病院で自殺やて。事実としたらのことですが、親は泣くに泣けんヤロ。
あくまでも事実とシタラのことですが、鬱病に、そして自殺に追い込んだのは北朝鮮やないですか。しかも、その他の死亡の七名が事故、病死。
珠玉は泳ぎに往って水死とされたお方です。ご家族の話に寄れば、山育ち故、泳げませんから水泳に往くこと無いのですて。
しかも、遺骨の有ったは一名ダケ。しかも、シッカリと二回も火葬されましてネ。DNA鑑定が難しい状態で、アトは水害のため、遺骨が流され不明。
そんな話が信じられますかいな。ヤルならば、理論武装をもっとシッカリやってクレ。
さて、AccessUp秘伝です。
企業サイトと限定するよりもお商売屋さんのサイトも含めて商用サイトとしたホが適切かト。
全国的規模で従業員数万単位から数人で家族的に経営されてる処。所謂地域密着型もありますし。
大きな処ではカウンター設置は珍しく、小さい処程、設置の傾向に有る。
カウンターを設置セヌは事業所としての自尊心モ影響してるのではないか。世界的超有名企業サイトのカウンターが幾らなら自慢出来るのか。格好悪いのか。
間違おても競合企業のサイトには勝ちたいが本音でないか。ましてや其処等の無名個人サイトなんか、足元も及ばずで当たり前。知名度の桁数が違うワイ。ト考えてるかドかまでは知りませんが、カウンターの回転が多過ぎても管理が困るシ、少なければ沽券に関わる故、イッソのことつけないのが無難かと。
大きな処なら、給料戴いての専属担当者様が何名か居てまして。或いは、サイト管理を丸ごと何処かに依託してる処も有るやろシ。要は維持管理にお金を掛けてのサイト運営も事業の一ツでアル。
しかるに、大企業様サイトのカウンターが見るも無惨な数値なら、社長様ご立腹。
ト成るかドかマデは知らんけど、企業の宣伝にも収益にも繋がってナイと云うことや。実際にも繋げることは難しいのですが、情報提供、広報と云う意味合いからは重要な役割を担ってるシ、今時の事でアル。サイトも無ければ其の程度かト。
パソコンさえ使える社員が居てないのか。サイトの一ツも無いのかト軽く見られることモ有る。
よって、サイトだけでも開設して、全社員に告ぐ。
日に百回は閲覧セヨ。セヌ場合、懲戒解雇の刑に処す。当然退職金なんか払うマジ。
反対に、何処とは申せませんが、パソコン関係の企業にも関わらず、メールだけしか許可してナイのも有るのですテ。
勤務時間帯に適当に我がサイト、「シバケンの天国」でも閲覧されたら教育上悪影響を及ぼすのかナ。マサカなあ。
そんなことはドでも佳い。企業、商店でありましても、少人数家庭的雰囲気ならば、心得有る社員さん、店員さん一人居れば、社長さん店長さん、所謂親分ですが、勅命で作成させられまして。
ハタマタ、お好きな親分ならば、道楽、片手間で運営されまして。いわば、個人的サイトの延長でもありますので、カウンター設置のサイトもあります。
カウンター設置されてましても、云うたら悪いけど、無名サイトの数値は個人サイトよりも少ないが一般的。
実際には運営が難しいと思う。のでありまして、子分が作成したのなら、意気込み妖しく、宣伝もしてナイし、管理もセズ。の処が多い。傾向に有るとしてオク。
開設以来、更新が年に何回か。我が輩承知のサイトなら、月一回なら上等。半年、一年更新してないデ。イヤ、何処とは申しませんが、幾つも紹介戴いてます故、覗きましたです。
処がネ、カウンターが動いてナイ。多くて月に百回転。少ないのは半年掛かって百回転。なってるやろかなあ。軽く、個人サイトに完敗也。
此処にカウンター回転稼ぎの手段が見えるのではなかろかト思う次第也。
カウンター回転稼ぎ、したいならばのことですがネ。
(02/10/03)


NO.75 カウンター回転稼ぎ(10) 商用サイト(2)

余談になるけれど、パソコン・ソフト関係サイトのことです。
賑わってるからサービスの向上してるカと云えば、低下してるワイ。
MS−DOSの時代ならば、ソフトを買いまして、ユーザー登録してタラのことですが、虫食いバグあれば、対策した代替え品を送ってくれた。ことも有る。
CDとかフロッピーでネ。場合に寄れば両方で。詫び状とトキには簡単なソフトのオマケ付きやったから、得した気分で嬉しかったものですワ。バグ大いに歓迎、バグ万歳。オマケのソフトもっとクレ。
オマケは同封されてませんでしたが、何処とは申しません。筆まめでした。
Windows95時代になってましたが、そっくりそのまま此のCDで再インストール。マエのは削除してクレと届いたがな。大変な費用が掛かったものと思います。充分な確認しないまま、販売したホが悪いけど。
今や、登録してもバージョン・アップの案内状が届くダケ。其のクセ、サイトを覗けば修正プログラムだらけ。時間を掛けてダウン・ロードせにゃならぬ。ファイル・サイズがデカイのに。
結局、ナンの連絡もありませんので、可笑しいナと思えばサイトを覗かねば分からず終いでありまして、明らかにサービスの質は低下した。
セメテ、案内状だけでも発送して、ご不便をお掛けしまして申し訳御座いません。我がサイトの此処にアクセスして修正プログラムをダウン・ロードしてくださいネとスルべきヤ。
イツの年であったのか。インストールしたら、データーが消滅しましてネ。サイトを覗けば、イキナリ、インストールしないでください。マエの情報が一部消されてしまうから、修正プログラムをダウン・ロードしてから起動してクレやて。もお、起動してしもたワイ。
早い話がソフトを買いましても、サイトで要確認してからしかインストールが出来ぬ時代と相成った。
単に宣伝の郵便物だけ送るユーザー登録なら意味無いシ、此処数年、ビジネス・ソフトも買わんヨになりました。何がドのヨに佳くなったかが分かりませんし、不便はしてません。下手に買うとバグばかりで、問題連発のため、修正プログラムをダウン・ロードせにゃならぬし、ダウン・ロードせずにスム、ビジネス・ソフトも無くなった。分業化のため、技術者の質低下、確認システムもズサンで企業倫理凋落の為。
そんなことはドでも佳い。超有名サイトなら、黙ってても余所様が来てくれるし、検索サイトに新聞社なら、我が社の宣伝してクレと、ワンサカ、ワンサと、矢っ張り超有名企業がネ。お陰様で、新聞社サイトは開くに時間が掛かってショウガナイ。
超有名人気サイトは論外である。新聞社サイトなんか、担当者が寄って集って、情報収集して、四六時中更新してますガナ。其れが商売やからナ。
対して、超無名超閑散の商用サイトでは更新なんか殆どしてないし、運営も難しいと云う話でアル。
そもそも、更新すべき事が少ないし、親分自らが運営されても難しいのに、子分なら尚更難しい。
任すと云うた筈の親分が分かって無いのに細々と、口出しスルしネ。更新するにしても独断ではネ。一応、親分にお伺いせねばなりません。
マサカ、特売セールの価格表示を間違うワケには往かず。新製品、採用情報を勝手にアップしたらアカンから、原稿でも戴きまして、作成したウエで、親分に確認して戴かねばナラヌし、其れでも間違おてたら、矢っ張り子分の責任にされたりデ。やってられんワイと。
そんなことなら親分がヤルのが一番早いのですが、時間がナカナカ取れへんのヤテ。更新なんか大してしませんのに。
よって、親分ではなくて、身内が運営するのが佳いのですテ。奥方様なら、親分より実質的権限有ったりしまして。ご子息、娘さんでも強力です。意気込み親分に退け取らず。
其れでも大企業サイトの内容と比較すれば見劣りがスル。素人が運営してるのと、専属が掛かりっ切りでやるのとでは大違い。ではありますが、アップするだけで、充分なる意味は有る。
サイトなるもの覗いて戴いてナンボですが、覗いてるは親分と家族だけ。子分はナンで自宅での自由時間まで拘束強制されねばナラヌと、タマにシカ覗いてクレませんからネ。
よって、名刺に刷ったり、年賀状で宣伝したり。其れでも他人様はナカナカ覗いてクレませんが原因は兎に角、イツ見ても同じ画面で、何処のページも内容一緒。
親分のご挨拶文にしましても、ご挨拶文であります故、度々変更すること叶わず。沿革にしましても、追加すべきことも少なくて。
其の気になれば有りますが、企業秘密に細々とした内輪の話に内緒事までは公開不可。要はサイトに公開出来ることは限られてます。
現に大企業のサイトでクレーム内容、受理件数に回答までの所用日数。工場移転計画に生産計画、ナンとか委員会設立まで公開する馬鹿居てませんガナ。
新製品情報は公開しても、工程不良率に品質改善計画、社内技術レポートは門外不出の超高度の社内機密也。我が輩なんか、そっちに興味津々やのにナ。
上場企業なら、決算報告も出しますが、四季報で充分やし、四季報以上の情報ナシ。
街の企業、商店では借金に資金繰り計画は超重要事項ではありますが、台所事情まで出す筈ないやんか。同じ立場の人ならそっちに興味津々やのにナ。
商用サイト、ともなれば、事業内容にも寄りますが、我がサイトの如く阿呆な冗談一つ掲載出来ずであるからにして。
よって、地域密着型商用サイトで、親分、其の身内が運営されてるなら、趣向もチと異なりまして。個人的サイトの色彩を全面に出しまして、カウンター回転数も結構な数を稼いでる処も存在する。
所謂商用サイトでなくて、個人サイトに商用サイトをリンクの形式。其の反対にしてる処もありますがネ。
商用サイトは商用サイトで商工会議所など各種団体に加盟しまして、其処からリンクもして戴きまして。
実質的には商用サイトとしての閲覧数不明なれど、其れで充分と割り切って。
(02/10/04)


NO.76 カウンター回転稼ぎ(11) 商用サイト(3)

十月四日は語呂合わせで、投資の日ですて。
よって、珍しくも小泉首相が兜町の東京証券取引所を見学された。
株価に一喜一憂セズと豪語されてたのが、此処に来て足を向けただけでも一日の進歩也。
前日の三日には日経平均遂に九千円割れ示現。実に十九年振りの快挙。
小泉首相就任以来の東証一部の目減り額、栄光の歴代第一位、百三十一兆円也。
第二位が森前首相でありまして、七十七兆円也ですから、圧倒的抜群の成績。大いに自慢されまして、此れからも他の追随を許されませぬヨに頑張ってクレと切望するのみ。
勿論、冗談ですゾ。本気で受け取るお方も有ります故、皮肉は皮肉と明確にしてオク。
此処等が底でなければ日本経済、正しく沈没となる。トコトン追い込まれんことには何も出来ない政治家ばかりです。
A級戦犯柳澤前大臣の首切ったのは結構ですが、首相の決断、内閣一致で先送りにして来たのと違うのカイ。
結局の処、悪い奴は柳澤只一人、みたいでネ。違うのなら言語明瞭に云うことを利かんから更迭してやった。そして、此れより日本経済復活に全力投球スルと宣言セヨ。更迭ではなくて単なる内閣改造で、路線変更宣言もしてないなあ。
尤も、銀行の不良債権処理の加速は米国ブッシュ大統領が小泉首相に指示に基づくものでありまして。夏休みの宿題を果たしてる小中学生みたい。
恍惚の呆け老人、米国でのG7で塩爺の云うた云わんの件。立ち話やったケド、銀行に公金を投入し、不良債権処理を加速させると米国のオニール財務長官にお話したデ。
笑止千万也。貴方様は何処の国の大臣を拝命してるのか。お手当は日本国民の税金からであって、米国から戴いてるので無い。ヨクヨク、日本国の大臣でアル事を忘れるナ。
柳澤大臣の後任且つ兼務、一人二役の竹中大臣もエライ替わりヨでネ。銀行の不良債権処理は此処一ヶ月が勝負ですて。
突然に何を云い出すのかと、ビックリしたデ。今まで何してたと文句の一つも云いたいワイ。もっとマエから世間の常識でありましたのに、ガタガタになってからの勝負ヤテ。基本方針を一週間でまとめるとの事。早い話が、二の矢、三の矢、射るゾ、射るゾの掛け声だけでナク、サッサと射て、命中させてクレ。
東京証券取引所見学の小泉首相は分かり難い新証券税制の簡素化が要るナ。土地税制も検討せなアカンなと、発言されました。されど、具体的中身不明。
こんなこと、何年前からの議論やな。議論はモ結構。兎に角、早く実践してクレ。
しかるに、此の内閣はチと株価が戻ると忘れるクセがありますのでネ。或いは、掛け声威勢良くとも縮小してまう傾向もありますので、コワクテ、怖くて、妖しくてネ。世間もアッとは驚かんヨになりました。我が輩もシバシ、様子見致します。
さて、AccessUp秘伝の話です。
サイトの開設とはパソコンで構築したサイトをサーバーにアップすることでアル。
此の瞬間から、全世界に公開したことにナル。
トハ、疑いの無い事実であるし、本にも書いてあるけれど、一般論でもアル。
開設する限りは何処からでも閲覧されることが前提でアル。よって、其のツモリで運営しなさいヨと云うことでありまして、運営とはサイトの手直しを含む更新であり、宣伝することでもありますが、第三者が突然に覗かれますから、運営は慎重になる。
パソコンではなくて、手書きの日記帳ならば自分だけが読み手故、赤裸々なる記述も出来る。
ついでなら、モ一人の読み手、書き手が存在する交換日記なるものも有るらしいケド、我が輩に縁はナシ。
備忘録として、誰に幾ら貸して、何処から幾ら借金して。生活困窮に寄る返済不可のため、借金のホは請求されても知らぬ存ぜぬと踏み倒すか、其のウチに返すと逃げマクル。
知り合いの携帯電話番号羅列しまして、此の番号は秘密で愛人でト。密会場所は何処其処で、何時何分。記載だけでもしたいけど、我が輩にとっては愛人問題、夢物語。
実名で、彼奴は癪に触るから殺してやりたい旨、周到なる計画練って、某月某日決行。
等のことは、下手に覗き見されたら困る故、掲載セヌが佳いに決まってる。
我が輩にしても相当なる暴露、してる。みたいやけど、借金幾らでとは掲載して無いデ。携帯電話番号も秘中の秘。覚えてないセイもありますが。
つまり、公開の範囲には限度がありまして。限度を超えるを商売にしてるが、アダルト分野でありまして、何処でも盛況を誇ってる。
実際には持ってナイのに裏CDを譲ってヤルと、サイトに掲載。宣伝しまくって、たったの一ヶ月でン百万円も儲けて捕まった奴も居る。そんなことでなら、大金を振り込む奴も居る。我が輩もチと肖って一儲け。したいけど、悔しいかな、良心が許さんのです。其のマエに具体的方法を知らんのです。しかるに、我がサイトなら、運営費で持ち出しが多いワイ。
イヤイヤ、ナンで盛況かと云えば、アダルト・サイトなるものは、人間ならば興味津々の内容でありまして、我が輩にしましても、チとは誘惑にも駆られる事もあるけれど、ナンとか自制してるダケ。
ではありますが、アダルト・サイトと云えど、宣伝をしなければ他人様が見つけることも出来ませヌ故、盛況の裏には可成りの宣伝してるがな。
我が輩にメールを何通送りつけたら気がスムのかと、腹が立つくらいに届くがな。
受け取り拒否、受信即、削除フォルダ往きに設定してましても、hotmailで切りが無い。
其れこそ、我がサイトに掲載のアドレスも使い捨てのにしたらとの話も有りますが、ソはイカンのや。愛着がありますので、サイト封鎖まではこのままにしとくツモリ也。
まあ云うたら、不要メールが届いても削除する手間だけですがな。
そんなことはドでも佳い。アダルト・サイトも必死の経営努力をしてるのです。オマケに露出狂暴露趣味と覗き見趣味なる異常者が集合でサイトも賑わう。ニタニタと。
(02/10/05)


NO.77 カウンター回転稼ぎ(12) 商用サイト(4)

東京証券取引所で小泉首相が漏らされた証券税制の見直しは矢っ張りと云うべきか、過剰期待の気配濃厚。
個人投資家が株式の長期保有をしてくれるヨにするための税制簡素化、一律化で分かり易くするのやて。
なんのことやろナ。分かり易くする税制の中身を、分かり易い日本語で云うてクレ。
我が輩なりに解釈すれば、長期保有が前提ですから、オソラクは株式配当金の減税を検討するのかナと。
塩爺も似たヨなことを口走ったらしいのですが、此の国の先達、お大臣殿は猫の目の如く、云うことがコロコロ替わりますし、記憶力乏しく、国民の考えてることとは隔離してます故、決定され、実施されるマデはドなるかも分かりませんが、仰るとおり、配当金から高率で天引きされるのはキツイ故、配当金の減税もやって戴くのは結構ですから大いにやってクレ。
されど、配当金目当てで株を持つ人の割合も調べてからです。タブンならですが、社主と大株主くらいが恩恵を受けるのヤロ。此の連中は売却するワケにも往かんのや。
してしもたら、会社での立場が無くなってしまう。よって、長期保有で影響力行使。ついでに、配当金もガッポリなら結構で御座候。
殆どの個人投資家は長期保有を望んで無いワイ。配当金で家族旅行に往けて、仏蘭西料理を喰う程の資産家なら、何処かの社長さんになってます。
買おた株がジリジリとでも着実に。出来れば急峻に値上がりしてくれたなら、サッサと売ってしもて、大儲け。云うても株数知れてるけどナ。
したいのに、ダラダラと下がりっぱなしで、明日には上がるかと思てる間に売る機会を失い、今更ドでも佳い。売るに売れズとなりまして、仕方ナク長期保有の塩漬け株になってしもての配当金受理ン回。
恍惚の塩爺さんも理解に苦しむ新証券税制で、申告課税一本化になれば、面倒臭いのに、一々税務署に出向いて申告せねばならぬヨな株式譲渡益課税は辞めてしまうのかと。
思たけど、違うみたいであります。そもそも、譲渡益とは買おた株式値上がり前提の課税でありまして。値下がり塩漬け、損切りばかりでは誰にも益出ませんので無税と一緒。
証券会社も新証券口座がドのコのと。一旦売却して、買い戻してネ。但し、儲かってタラの話ですがネと。
其の分、手数料が証券会社に往きますシ。此処等で諦めてしもて、株式市場からも撤退一考が個人投資家の考えでもあります。
きっと、塩爺が事情聴取した相手様は、社主、大株主さん等々の大金持ち。我が輩でも大株主なら申します。是非共、配当金の税率下げてクレ。
配当金の税率軽減も結構ですが、ケチ臭い株式譲渡税なんか廃止してまえ。雀の涙もない銀行の利息にまで課税してるシなあ。阿呆丸出し。
誰が銀行救済のために、値下がりシ続きで、面倒な申告課税の株を買いたい気になるもんですか。頭を冷やして常識的に考えてクレ。
チラリ、チラチラ言葉が追加され、具体的になれば、コロリと変幻。大衆の願う税制になる。カモ分かりませんが、塩爺さんも同族企業の大株主。秘書さんお一人様が其処から派遣され、給与もそっち持ちやったのですテ。
田中真紀子さんと異なるのは、知らなんだけどと弁解しツツもアッサリと、ソやったと認めてしもて、申告し直したダケでアル。
そんな事はドでも佳い。モ暫くせねば分かりませんシ、期待セズに待つしかナシ。
AccessUp秘伝の話でアル。
アダルト・サイトは商用サイトとして抜群の実績を誇る。
されど、堅実経営の商用サイトが真似するワケに往かんよなあ。
ところが、手口が似てるのが有る。
東京のレストランからメールが届きまして。
ご応募有り難う御座います。抽選の結果、目出度く当選されました故、ご来店の際に其の旨通知して戴ければですが、通常ン千円の仏蘭西料理を二割引き致します。
北海道からもメールが届きましてネ。其の節にはご宿泊有り難う御座います。北海道自慢の毛蟹を特別割引格安料金の一万円でお分け致しますが、ドですか。
東京には会社に勤めてた頃は出張で往ってましたが、一食ン千円もの高級レストランに入ったこと無くて、所謂めし屋で御座います。めし屋も一二度で、大抵はキオスクの駅弁買おて、長い列を並びましてネ。新幹線の自由席をシッカリ確保してから喰ってるデ。しかも何年前のことになるのやら。十年経過かなあ。
二割引きの仏蘭西料理に釣られて東京まで。新幹線に乗りまして、一泊しまして、又戻るやて。しかも自腹ではなあ。
届いたメールでご紹介のサイトにアクセスしたけれど、東京の地名は佳く分からんし、屋号も聞き始め。近々に東京に往く用事も無いけどナ。
北海道の毛蟹は通信販売。クール宅急便で送ってクレるのですが、我が輩は自慢やないけど、北海道には往ったことないシ、往ったこと無いから宿泊もして無いデ。
覚えのあるのもあるのです。大阪は高槻でタマタマ入ったお食事処。アンケート用紙が有りましてネ。抽選で豪華景品が当たります故、是非共、ご協力を。
何をご注文戴けましたカ。何名様でご来店で、サービスはドですカ。当店には何回目で、ついでに、当店の案内書等送らさせて戴いても宜しいですか。
イランと回答してるのに、出したバカリにご優待と称してメールが届くのですが、豪華賞品の抽選結果はドなったのかは触れて無いけれど、アカンかったのヤロ。
何せ、半年マエのことでして。下手にアンケートにご協力致しまして、調子に乗ってホイホイと、メール・アドレスまで記載したらアカンなあ。
有効期間、無期限ならば、死ぬまでには側を通る。カモ分かりませんが、期間限定ですから削除してしもて。
イヤイヤ、商魂逞しいと評価はしてます。京都のお店なら、ホントに側でも通れば思い出す。カモ分かりません。
とりあえず、そんな手も有ると紹介しただけですが、AccessUpのために、お金と時間を掛けてまではネ。
イヤ、商用サイトで稼げるならバのことですが、アダルト・サイトに学び、大いにヤルべし也。
(02/10/06)


NO.78 カウンター回転稼ぎ(13) 商用サイト(5)

ビックリしたデ。
真夜中、外に出たら、凄い霧。
出た云うても、妖し気な覆面黒装束。背負た唐草模様の風呂敷には七つ道具を忍ばせての足には藁草履で、抜き足差し足忍び足。
寝静まったかドかを一軒一軒伺い乍らの徘徊で無い。
玄関を出れば二三歩で公道、狭き敷地の範囲内でありまして。息子が帰らんとの連絡ですからガレージの扉を閉めに出たダケやんか。
此の季節、秋ともなればです。つとに亀岡地方霧で有名。亀岡は盆地で保津川が流れてるからでありまして。我が輩、引っ越した頃はモッと凄かったデ。
老いの坂のトンネル抜ければ、雪国でナクて、霧バカリ。
引っ越す直前でありましたが、京都方面から突入。モ間もなく昼やと云うのに、前方霧で霞んでた。
昔から云われてました。亀岡なる処はナ。霧深く、太陽光線乏しい故、所謂クル病が多い。我が輩の知る限りでは見てないけれど。
斯く申す、我が輩こそは猫背でありますが、姿勢が悪いを自覚してるワイ。
祖母は亀岡に住んだこと無くて、そもそも、そんな遠い処になんかに往ったことも無いのカと。
イヤ、亀岡とはそんな感覚でありました。我が輩でも中学時代の遠足で保津峡に飯盒炊爨。エライ遠い処に遠足やナと云われたもんですワ。
其の祖母も凄い猫背でネ。イツ見ても、針と糸、手にお裁縫してましたが、猫背のホが遣り易いと自慢してました。
出先で服を破ってしもても、チョイチョイと、手際佳くも鮮やかに直してクレました。
ソ云えば其処等で針と糸、猫背でお裁縫してる昔懐かしの梅干し婆さんの姿さえ見たこと無い。服が丈夫になったのか。ヤンチャをセンよになったのか。親がさせんヨになったのか。
服そのものが安くなったのか、破れたのを繕おて、着てる子も見掛けんなあ。ワザと破ってる奴は居てますがネ。
さて、AccessUp秘伝の話です。
商用サイトも単なるお付き合い的、思い付き的開設か。
収益は別として、積極的運営で広報活動の一環としての重要なる位置付けで開設するかで大いに異なるけれど、たったの一人で運営の商用サイトであっても、運営一つ。
十人、百人、数百人程度の企業とならば互角に渡り合えるがサイトの魅力。
千人、万人ともなれば、世間に名声知れ渡ってることもある故、チと無理やなと。其れがサイト運営の一つの考えであるのかト。
実際有りますがな。上場企業で貧弱なるサイト。下手したらサイトさえ開設してない企業。無理してまで開設する事ないけれど。
何名の従業員抱える企業かは知りませんが、無名であっても調べ物でブチ当たったサイトが見映え宜しく、ドンドンと奥深く読み進んでしまうサイト。
調べ物ですから、二度目の訪問すること珍しいですがネ。其れでもサイトを覗いた印象で相手先の評価が替わることも有る。
個人サイトならば、超有名人と渡り合う気分。其処まで考えるは思い過ごしの馬鹿やけど、見知らぬ人とネット上でのお知り合いになれるのが魅力かと。
そして、ネットを通じての自己主張で其処らのオッサン、オバハン、嬢様、兄様が同じ土俵で会話の出来る不思議。
ではあるけれど、何故か我がサイトに嬢様のご訪問は珍しいけどナ。我が輩知らぬだけで、コッソリ来て戴いてる可能性はあるゾ。トハ自尊心、虚栄心で思てるだけ。
果てサテ、在らぬ方向に話が逸れてるけれど、個人サイトならカウンターを設置するも、セヌもサイト管理者の考え一つでドにでもなるし、設置するは訪問者多数を期待してのことでないのかと。
我が輩は言語明瞭、意味明確。明らかに期待してるから、設置してるのであって、AccessUpはサイト運営の目標と考える次第。
されど、裏腹に個人サイトなるもの、商用サイト程に閲覧者の多寡気にすることナシ。
商用サイトならアル意味、広報活動、サービスの一環としてお金を掛け、運営することも重要なる手段であるけれど、個人の非営利サイトでそんなことまでする意味がないやんか。
カウンター設置して、日に一回転、サイト運営者だけの閲覧では寂しいけれど、初期なら有ることヤ。
次第に十回転となり五十ともなれば、立派なもの。運営経験者ならば評価するし、イキナリの百回転なら、カウンターが壊れてるのでないかと。イヤマア、開設に先立ち、事前準備万端故、可能性大なれど。
開設例えば一ヶ月で百回転。個人サイトなら頷けるけど、商用サイトにカウンターが有ったとて百回転ならば、恥ずかしいものが有る。
最新更新日が一ヶ月前。個人サイトなら出張カナ、病気カナ、忙しいのカナ。
商用サイトで更新日掲載してたらのことですが、最新更新日が一ヶ月前ならば、やる気がナイのカナ、繁盛してナイのカナ。形だけのサイトやなと思われるだけ。
此処が商用サイトと個人サイトの大きな違いと存ずるは、我が輩の偏見カナ。
(02/10/07)


NO.79 カウンター回転稼ぎ(14) 更新頻度の話

余計な話は辞めまして。
ついでに、商用サイトのことに拘らず、エラソにもAccessUp秘伝の話でアル。
カクカク、シカジカの通り、サイト運営の生命線は更新でアルとする次第也。更新がドのヨな頻度なら許せるかなど、誰にも分からんワイ。ソレゾレに基準も違うワイ。
我が輩は原則毎日となってるなれど、時折サボることもあるけれど、毎日の更新を我が身に課してるワケでナシ。
イヤ、課してるカモ分からんみたいで、其処の処が我が輩自身も佳く分からんのや。
気持ちとしたらのことですが、一日サボると二日目も。二日もサボると三日目もとなりまして。
ツイツイに、ダラダラと、一週間もサボると二週間にもなりまして。遂には我が輩ボロ糞にしてる一ヶ月、サボってまうのでないかと心配故、なるべくならと、継続してるだけのことでありまして。ボロ糞に酷評するは自戒の念の意味もアル。
考えてみれば、日記のことがありましてネ。日記とはそのまま日記でありまして。小学生の時代より、日記を書こと、何度も何度も挑戦しては挫折した。まあ、三日も持てば上出来で、一日も保たんかったなあ。
日記とは自分史であるからにして、矢っ張り書いたホが佳いのではと思い立ち、或いは宿題でネ。まとめて書いてしもたりしまして。
其の名のとおりの日記帳は勿体ナイ故、大学ノートなんかを日記帳として。表紙にも日記帳と極超の達筆で刻印、色鉛筆持ち出してまでも丁寧に標しては、其れだけで充分に書いてしもた気になってしもて。
中身、白紙でオシマイで。数年後に大学ノートを見つけては、勿体ないナと計算用紙にしてしもたり。
日記は誰に見せるのでなく、書き手も読み手も自分でありますが、どのヨな秘密もお構いなしなれド、サイトに掲載掲示はサイトなる名称の通り、見せるがためのものであるからにして、不特定多数の覗き手が存在スル。イヤイヤ、覗き手とは表現悪う御座いますが、読んだゾと、連絡戴かぬ限り、分かりませんです。
ワザワザ、お読み戴く度にご連絡戴くもお手間故、不要でありますが。
そんな次第が日記としてない理由であって、そもそもが、毎日々々、単純且つ、平々凡々なる我が日常でありまして、悔しいけれど、目新しいことなんかしてナイし、ナイのやワイ。よって日記的内容にしてないだけのこと。
イヤ其れで、更新頻度、ドレくらいなら閲覧者が我慢してくれる。カとなれば、掲載量にも寄りますが、一週間が限度でないかと。
一週間に一度の更新ならば、原則、常連さんが一週間に一度のご訪問して戴ければ宜しいのですゾとしてるのでありまして。二週間に一度なら二週間に一度のご訪問要請かと。
一ヶ月に一度の更新ならば、忘れられてしまうヤロ。其れこそ新聞社サイトは朝昼晩と日に三度でも、其れ以上でも閲覧に値するは、更新回数が日に何度もされるからでアル。
勿論、個人サイトでそんなこと出来ませんシ、ましてや、更新したからと、アクセス数が増えるワケでないけどナ。
検索サイトに登録してるならばのことですが、検索サイトで引っ掛かるなら、一見さんも其れなりに訪問してくれますが、登録してなければ引っ掛かることがナク、登録してても掲載量が少ないとなれば、検索に引っ掛かる確率、マズあらへんがな。
つまり、検索サイトの有効性とは一見さんを招く手段であって、一見さんが二度三度と訪問してくれればですが、常連さんと成る。
其れ以外にも積極的に余所様のサイトに訪問して、親しくお付き合い。
勿論、ネット上での事ですが、ネットの大いなる魅力でもありまして、斯様なる手段も存在致します。
(02/10/08)


NO.80 カウンター回転稼ぎ(15) 掲示板の話

余所様のサイトを訪問して親しくおつきあい。
掲示板であったり、メールであったり。内容に寄りましては、掲示板でなくて、コソリとメールで教えて欲しい事多々有りますが、掲示板なるものは公開の場でありまして。
我が輩もツイツイと忘れてしもて、イラヌ一言追加で書き込みまして、シモタなと思うこと度々。削除のための暗号も入力してなくて、消してクレと申し出るにも微妙なる狭間の事であったりして、むしろ、イラヌ事をメールして返って話が大きくなってもイカンなと。其の割りに、思いつくがままに、余計な一言書き込みしてしもたり。
予め、Word、一太郎、文面作成、検証しとくベキとは思えど、邪魔臭いのやなあ。書き込みガでなく、検証ガです。
イラヌ一言だけでなく、変換ミスも多発で恥ずかしいけど、意味は通じてるヤロと多寡括ってしもて。自慢やないけど、我が輩は変換ミス多いのです。矢っ張り、削除の暗号入力してませんので、まあ、佳いカと。勝手な判断してしもて。
掲示板でのおつきあいの範囲ならば、カウンター回転もホボ一定で増える筈がナイ。新たなる常連さん、おつき合いの相手様を調達、調達とは表現不味い故、新規開拓、イヤイヤ、お仲間へのお誘いですガ、すれば其の分増えますが。
此処等から矛盾が生じて来るのです。
サイトを開設、更新してる限りは、閲覧して戴きたいからでありまして。
閲覧して戴くのはヨリ多くのカタにでありまして。結果、AccessUpでカウンター回転稼ぎとなりますが、必ずしもカウンター回転と掲示板への書き込み比例はしませんが、余りに掲示板が賑やかになり過ぎますと、応答も大変。書き込みして戴いた限りに於いては、相手先にも表敬訪問しなければネ。
ところが、来いコイと頼むばかりで此方に来てくれんお方もありますれば、勝手な奴ヤナと、喧嘩になったり。イヤイヤ、ネットの世界では血は見ませんし、こんなこと、伝えヨがないし、厚かましいテ。
正確には掲示板が賑わうのは羨ましいことで、我が輩ノみたいに、超閑散掲示板もチと寂しいモノありますが、此処等の調整、調整とは表現不味い故、何としたら佳いのやら。
正直告白すればです。掲示板設置当時、果たして書き込みがあるやろかト、心配したモンですワ。
事実、一日目、二日目もありませんでしてネ。コソリと削除してしまおかと、真剣に考えたり。
一週間目にしてメール交換してた人が哀れに思われたのか、書き込みして戴き、嬉しかったデ。無ければホントに削除寸前。
以来、タマにあったらアラシやったりしましてね。アダルト・サイトのでありますが、其の一週間にマトモな書き込み一件でも有れば万々歳でありまして。ソラ、開拓してませんでしたものでして、何故かリンク先にも掲示板、無かったものでして。
マダマダ掲示板が珍しい時期でもありましたし、自己紹介でオッサンではアカンのかナと。対策として、サバ読んで、息子の生年月日にシトコかと。冗談ですが。
超閑散は今でも大して替わりませんが、掲載内容に寄り、訪問者が変遷したデ。
顕著であったのが「耳鳴りのハナシ」の時期やった。掲載開始一ヶ月経過した頃から、耳鳴り経験者が続々と、訪問して戴き、さながら、耳鳴り倶楽部か老人会の様相呈して、掲載完了で、パタリと停まり、霧散。
耳鳴りの話題がそんなに続けられるモンですか。されど、耳鳴りについてのメールは現在でも多数のカタから途絶える事もナク、頂戴してる。其の後、ドですかと。
「憂国」掲載では正義漢溢れる明日を担われる若き人材が。「此処だけの話」では姑さんとお暮らしの奥様方が。チラリとですがネ。
云うたら何ですが、「リストラのハナシ」では首の妖しい人が、或いは経験者が。
「実録ハイテク裏話」では技術者が。或いは、何処其処に就職内定通知が来たけど、どないしょと、就職の相談が有ったりしまして。勿論、メールですが、念のために相手先はロームでナイで。
さて、其処で、サイトの更新サボって。
サボってとはチと云い過ぎなれど、イツまでも更新されてなければ、矢っ張りサボったはると思うけど、其れを補う道具として掲示板が有ると考える次第。
サイトを更新せずに一ヶ月、半年ご無沙汰でも、掲示板で応答してればご主人様生存されてまして、且つ健在であることを訪問者に分かって戴ける。
ところが、半年もの長きに渡って更新ご無沙汰サイト、ともなれば、掲示板主体のサイトとなりまして。
正確には開設目的が何であったかを忘れてるのでないかと余計な心配スル次第。
日記でも日頃の愚痴でも、告白でも。無いこと、ナイ事、会社に親友、親戚縁者に、隣近所の私生活暴露でもと、デッチ上げはイカンけど。
犬猫の生態研究に盆栽、奇才、記載、掲載。何でも佳いのですが、開設の目的忘れてしもたのカと。
されど、場合に寄りまして、更新出来ヌことも有る。山歩きに旅行好きのお方が記録掲載のためなら、初志貫徹するも、毎日もの外出では住所不定の浮浪者。セイゼイ、半年に一回か年一回で充分也。
よって、適当な項目をデッチ上げまして、一週間に一度でも更新されるが佳いのでないかと。
要らぬお世話、AccessUp秘伝には無関係の、サイト運営の更新とは、ご主人様のこの世に生存の証であり、人生の一ページ。とも云えるがタメ也。などと、考えてるのでアル。
若き時代、煩悩の青臭き青春の。如何なることを掲載してたかと想像するだけでもナ。
筆無精故、日記を書いてナイので分からんけど、遅蒔き乍らもと、思てるのやワイ。
(02/10/09)



inserted by FC2 system