AccessUp秘伝NO.2

AccessUp秘伝NO.1

目次

AccessUp秘伝NO.3

NO.40 AccessUp方策余談(2)

NO.39 AccessUp方策余談(1)

NO.38 切り番獲得記念品(2)

NO.37 切り番獲得記念品(1)

NO.36 AccessUp虎の巻(1)

NO.35 検索サイトの話(4)

NO.34 検索サイトの話(3)

NO.33 検索サイトの話(2)

NO.32 検索サイトの話(1)

NO.31 リンクの話

NO.30 メルマガの話

NO.29 継続こそがチカラ也

NO.28 掲示板荒らし

NO.27 宣伝方法

NO.26 気持ちの問題

NO.25 掲示板の話

NO.24 再び、大魔神自慢(3)

NO.23 再び、大魔神自慢(2)

NO.22 再び、大魔神自慢(1)

NO.21 再び、リンクの話

AccessUp秘伝NO.1


NO.21 再び、リンクの話

リンク仲間を増やすには、精力的な努力が要求される。
「メゾン シグ」の管理者は、夜な夜な、ネット・サーフィンして、リンク先を物色してるやろ。ヨクぞ、これだけと、感心するくらいの数を誇ってます。
幾つ有るかまで数えてないけど、物色し、リンクし、訪問し、されて、又、訪問して、されてと勝手に想像してます。
想像するだけでも、コマメで労力の要ること。私のよおな無気力、無精者、体力貧弱なる人間には、とてもやないけど真似出来ません。その努力の結果として、僅かな期間に月六千ページを達成したのですから尊敬に値する。
さりとて、余りに増やし過ぎたら、無理が生じるのとチガウかなあ。ソレは余所さんの方針で、私が心配することもナイ。
されど、これもアクセス向上の重要なる一手段であることには間違いナシ。モノの本、何処ぞのサイトの管理者もそんなことを申してました。
彼は充分に策を認知し実行してる処がエライのです。私も認知してますが実行が伴いませんです。この実行力で、「メゾン シグ」の管理者との差が出てる。
私のリンク数は歴史のワリに少ないですが、拒否してるのではありません。積極的に開拓する気がナイだけで、見知らぬサイトを検索、探索してまで物色するのが邪魔くさいのと、照れ臭いから尻込みしてるのです。
タマタマ、何処かのサイトでお見掛けした。或いは、何処ぞから我がサイトに迷い込まれたなら、知らんふりしてるワケにはイカンので、お礼方々ご訪問してるのです。
それでも、初回の訪問でイキナリ掲示板に書き込みすることは有りません。何故かと問われても、これぞ私の性分で、ソレ以上のナニモノでもナイのです。
さりとて、リンクした限りはご訪問し、当然、しても欲しいです。そのウエで出来る限り気を遣うことナク、悪口雑言、冗談半分、駄洒落趣味。考えヨオに寄れば異常性格を通り越し、精神病棟からの打電趣味者と疑われる程の書き込みしたい。
かと云うて、それをそのまま受け取られ、さも私の実体でアルと判断されても困るのや。
本意であろおとなかろおと冗談と軽く受け流してくれる相手が宜しいです。冗談ではナク、本気のことも有るけれど、マトモに取られてはヤヤコシクなる。
イヤ、スミマセン。お気を悪くされましたか。誠に申し訳ありませんです。チと冗談が過ぎましたので、以降気をつけますから、何卒、ご勘弁を。とか、心にもナイ謝罪をしたり。
謝ってバッカリはカンニンや。ツギからのご訪問は二の足踏んで。とも思い乍も、よせばヨイのに、又キツイ一発を云うてしもて、ホンマに絶縁されたことも数知れず。
実際、余所さんの書き込みなどを観察するだけでも面白いです。ナンでもカでも、オナジご意見、ご無理ご尤も。ご訪問者のご意見、見識はナイのかい。
さりとて、ご訪問者全員を敵に回すのもナンやから、婉曲に、遠回しに、皮肉など書いたところで暖簾に腕押し。ナンの効果のナイ御仁も居るからオモシロないわい。
兎に角、最大の武器はリンクで訪問して戴けるその一回が貴重品。
その一回も月と、週と云わず、日でもナシ。出来れば、朝、昼、晩に、真夜中、明け方、夕暮れと、何回でも訪問して戴けたらアリガタイ。そやけど、その度に掲示板に書き込みされたらエライことですよ。
読むだけでも、返事するだけでも日が暮れる。ホドホドに、ホドホドにです。
その限度を超したのがチャットなるもので、私も迷い込み、覗き見することもありますが、ヨクゾ、ヤルなあと感心します。
内容的には、ナンにもナイ。ここまで来るとホーム・ページの主旨もズレてるし、アクセス数が増えたところで無意味です。
ホドホドに、ホドホドに、訪問し、訪問されるのが宜しいです。
(01/03/02)


NO.22 再び、大魔神自慢(1)

チナミニ、「メゾン シグ」が京都inetで何位に位置するか。
数えてナイから分かりませんが、150位から200位の間と推測する。母数約三千で、歴史も浅いのに大したモンや。私のホウもナンとか32位に留まってます。(1月現在)
クドイけど、ここから先は世界がチガウのです。日に一万、それに近いアクセスなど想像だに出来ません。
有ったとしたら、イマでもエライことやのに、もっとエライことになる。ドオ、エライことになるのかは、成ってからしか分かりません。成ったところで、ナンのご褒美もナイのがツマランです。
さりとて、励ましにはなるし、既に余所さんから偵察されてる気配がする。或る意味で、偵察されるサイトになれたかと自画自賛して。
偵察なら私もやってます。頻度は半年に一回が、TOP50を意識して以来、ヤヤ頻繁になりました。隣近所はドンなヤツかと気に掛かるがな。
偵察目的は、敵さんがどんな工夫をしてるのか、何処にそんな魅力が有るのかです。
ご訪問ではナイので間違おてもコンバンワとは挨拶致しません。覗き見趣味の変質者宜しく、キョロキョロ、ドンナもんかと探索してるだけ。
明らかに大したことナイのと、私には真似出来んのと、参考にナルよな、ナランよな。とりあえず、方向性がチガウので比較が難しい。
私のサイトも偵察して戴けてるお陰さまで、アクセス数も稼げてます。上位になればなるホド、偵察部隊も多なって、責任感も出て来るし、バカにされてもアカンでと。そやから云うて、ならば、ナニしてヨイのやら、サッパリ分かりませんが、気分爽快、気だけは引き締まる。
ナンで偵察されてるかが分かるのか。パステル・ナーキーさんから、アクセス解析サイトをご紹介戴いて、早速、設置。そこからの情報です。
それにしても、そんなサイトの存在さえ知らなんで、よおやってたなあと、我乍ら苦笑い。この方面のことは研究不足でありました。
この位置には到達したばかり。なってしもた限りに於いて、この順位を如何に維持するか、死守するか、このことがコンゴの課題であります。
その手立てはアルのかナイのかと問われれば、アル程度は分かってます。分かってはいるけど、シンドイなあ。
そのことは、先のハナシにしてしもて、勿体ぶって外堀の説明からやりましょう。
人気サイトにはどんなものが有るのかです。アダルトH系、漫画系、写真集に財テク、リンク集に検索サイトにソフトの紹介、博打系に特殊趣味。特殊とはH系に近く、意味有りの薬とか、セクシー下着の販売です。
博打とは競馬の穴予想で、四柱推命もヨク見掛けます。京都そのものに人気が有りますから、古都探索に、四季の庭に、名所旧跡紹介等々。
或いは、何処かの会社の運営サイトと有名人。有名でも私は聞いたことのナイ人で、ナニを隠そおパソコン関係も有る。
さりとて、そんなこと一々取り上げてたら、殆どのサイトが網羅されてしまうがな。
遙かなる下位にもアダルト・サイトは存在してますし、写真にペットに釣りのハナシ等々。それこそ、似たり寄ったりのがあるのです。そんなことで、特段パソコン、ソフトに漫画に財テクに、占いなんかナンの珍しさもナイのです。
よって、上位サイトとはそれなりの努力と工夫の結果として、その位置に存在し、君臨してるのです。
パソコン関係でも、パソコン教室、ホーム・ページ作成講座に、お助けマン、ロゴ作成、EXEL、ネスケ講座にIT講座とか、様々に銘打たれ存在してます。
そんなことは当然で、探索者なるモノ、仮にもパソコンを操作しての探索で、日々、相棒のパソコンに悩まされ、頭を抱え込んでます。その関係の耳より情報はナイものかと、常に物色してるから、眼につきやすいのや。
斯く申す、私も大小兼ね合わせた悩みを持つ一員でもある。
大とは高級パソコンが欲しいのや。されど、先立つお金がナイ。高級最新鋭機など、夢物語。
小とは常に我がパソコンに反乱ばっかりされてるから、そのウチ、機会を見つけ、一発、ドツイタロかいな。
酒、タバコ、コーヒーに映画鑑賞、読書にオヤツ等々。全部我慢して、約一年、貯金したら買えるやも知れません。
私には酒はナイから、セイゼイ、タバコに読書。トキタマ息子共への陰の援助にオヤツに南天のど飴の出費です。
ソレを我慢して、約一年間。結果、息子共が反乱するやも知れませぬ。そっちのホウが、ヨリ怖いから、マダマダ、忍の一字です。
パソコンの反乱も、大騒ぎするホドのことでもナイ。そのウチ、こっちが慣らされて、どちらが、ご主人様かと。よって、スキ有らばコツンと一発。
結果、ホンマに再起不能になられても困りますので、ジッと我慢の毎日や。
(01/03/03)


NO.23 再び、大魔神自慢(2)

イツにも増して、ドンドンと話がズレるから、そのおツモリで。
そのマエに、イツものよおに順位のご報告。TOP50の31位に復帰した。
見掛け上は、30位から32位の間をウロウロしてるだけ。余り動いてナイみたいですが、数字的には激戦が展開されてます。
シタから、猛然と飛び出して来たサイトがあるかと思えば、ウエのが激減、急降下。
我がサイトのアクセス数については大変動ナシ。逆には、成長率が鈍化したことになる。数字的にも30位が限界かと予測はしてますが、実際、そおなったら悔しいモンが有る。それでも、偵察部隊の監視は日増しに加速。これも、嬉しいモンです。
私が組織に所属なら拝み倒してでも一気に順位を上げてやり、ウエのを慌てさせてやりたいけど、ナニブン、個人やから無理な相談。
それもありますし、チッとやソッとの組織票が威力を発揮出来る順位でもナシ。一時的な順位の引き上げなんか、無意味で、マズはこの順位を維持することが先決や。
そんなことで、ただヒタスラに神様、仏様、キリスト様。宜しく、オタノ申し上げます。
イヤ、私にも出来る手立ても有りますが、どっこい、そこまで焦ってなんか居てませんのや。とか、イツもの強がりバッカリ云うてます。
一見、私は暇そおやけど、その私でさえもセワシナイ状況でヤル暇がナイ。
さて、パソコン大魔神コーナーのことですが、ヘンな下心があってヤリ初めたワケではナイのやで。
純粋に、クドイ程純粋に一点の邪心もナク、企画の目的はパソコン問題に悩めるオカタの救済でアル。
その適任者が居るから、折角の知識を公開して、ヨリ広く役立ってもらわんと勿体ない。それがイマも変わることなく、根底に脈々と流れる思想でアル。
さてまた、「パソコン大魔神コーナー」開設当時の上位がどんな状況であったのか云うたろかいな。
不動の一位がDX東寺でアル。アクセス数がナン桁チガウことやったのか。数百倍もの差があった。このDX東寺がナニを意味するかは京都のヒトなら分かるやろ。
以下、TOP50の過半数がそっち系やったから、そんなモン参考にもなるもんか。イマでも、その状況ならTOP50など数十倍もの差が有るで。アダルト・サイトを眼のカタキにしてるのを分かってクレ。コレがインターネット社会の現状でアル。
にも関わらず、パソコン大魔神のコーナーにこんな質問を投稿したおバカさんが居た。我慢ならんから、再度、ここに公表したる。(供養塔に掲載分)
質問者は、千葉県の四十代の自称しらがおやじ。
初めてお便りいたします。
的確なお答えが大変勉強になり助かっています。
さて質問ですが、先日怪しげなサイトをアクセスしたらIEの電話番号をQ2に書きかえられてしまいました。
ISDNを使用していたので金銭的な被害は無かったのですが、かなり頭に来ました。
また被害に遭うこともありそうで、IEの発信電話番号を書きかえられた時、チェックを行うプログラムを作成したいのですが、どのファイルに情報が保管されているのかわかりません。
市販のソフトでチェック機能があるものが出ているようですが買う気がしません。
よろしくお願いいたします。

言葉巧みに、ヨオこんな質問しやがって。ヨイ歳した40代の自称若白髪のオッサンがアダルト・サイトの巧妙な仕掛けから逃れる手段を教えてクレやて、アホ抜かせ。
そんなモン、NHKテレビでもやってましたで。アホがヨオ引っ掛かる云うてなあ。ドッチミチ、覗き見趣味の民放しか見てないのやろ、このバカタレめ。
ハッキリ云うたら、このオッサン、オッチョコチョイで、世間知らずの不作法者でド阿呆でお調子乗りで脳足りん。
それなら、その手のサイトになど足を踏み込みなさんな。ドンナ面して自衛手段のプログラムを作成したいと抜かすのか。何回でも云うたるぞ。アホ抜かせ。
そんなプログラムが作成出来る技量と見識が在ったなら、パソコン大魔神などに問い合わせなどしなさんな。アホタレめが。このクソッタレめで世間をバカにシヤガッテ。
私をダレやと心得おるか。カラカウのも結構やけど、せめてこのサイトの何処か一ページにでも、眼を通してからにしなさい。そしたら、二の足を踏むハズや。
その程度の常識が有ったなら、こんな無様な投稿なんかしませんがな。にも関わらず、パソコン大魔神に連絡したらご丁寧な回答をして来るのや。
このサイトを是非ご参考してくださいやて。そこまで親切にしてやることもナイぞ。ムカムカして我慢もナラン。コテンパンにやっつけたれ。その旨、私の意見も一緒に返信してやった。
ところで、大魔神の紹介サイトはナンやろか。確認のためアクセスしたら、コラ、イカン。ソッチのサイトやんかいな。慌てふためき掲載から抹殺や。
そのサイトのご紹介はご当人にだけ熨斗をつけてお届けしました。
その若白髪、してやったりと覗きよったやろかなあ。バカタレめが。
(01/03/03)


NO.24 再び、大魔神自慢(3)

マエのハナシで、ナンで私が怒ったのか。
そのおカタの年齢に問題アリで、二十歳そこそこならさもありなん。ヤンワリと窘めるだけ。
それが、ヨイ歳した自称若白髪のオッサンやで。発信するマエに何件かでもQ&Aの内容を見てからにしてくれ。そんな下らんもんなんか、一切掲載してナイのやで。
イヤ、アダルト・サイトに関係したのが一件だけ有りました。ご質問者は、被害を受けた奥様からで、結果的には無関係やったけど、旦那さんは身に覚えがあったとか。つまりは背景がチガウのや。
余りに情けない質問やから、私も珍しく怒髪天を衝き柳眉逆立て卒倒してしもた。
されど、ここらで鉾を納めてオク。執念深くつけ狙われでもしたらコワイやないか。私なんか、単なる口先人間。体力気力共、ひ弱なオッサンです。さりとて、イザとなったら町内会の警察屋はんに訴えたるぞ。
も一人、五十代のオッサンです。質問の仕方が高飛車で、何処ぞのお偉いさんが部下にでも詰問するが如く。それは結構やけど、追加質問の連発です。ソレも結構ですが、マエのがドオなったのか、そのことについてのご報告ナシ。
ソレも我慢し、結構にしておいて、中味たるやマエの回答を素直に実行したら解決出来る質問やで。その程度のことくらい、私にかて分かるわい。
そんなことで、マエのことは実行してくれましたか。と訊ねてるのに、そのことは無視して、又追加質問や。中味も、又一緒。異常現象がチとチガウだけで、対策は一緒のことなんや。
文面だけでは、何回も質問して申し訳ナイ。コレ一回で辞めるから教えてクレ。
ナニもその一回で辞めることはナイのです。何回でも、質問してくれて結構やけど、マエの話はドオなったのですか。こんな具合に返信しても、又オナジ質問の繰り返し。
日本語では、質疑応答、略してQ&Aなるもの。これにも、暗黙の規則がアル。次なる質問に踏み込むマエに、マエのはドオなったのかを報告セヨ。
こっちの説明不足で分からんのか、やってみたけど解決出来んのか。コレがハッキリせんことには先に進みよおがナイやんか。
ついでに、次々と身勝手メールも結構やけど、心にナクともその前段、最後にでもお礼の一言くらい追加しとけよなあ。
その後、この五十代のオッサンがどおなったのか、梨の飛礫で分かりません。不作法で無礼モノめが。これも、この辺りで鉾を納めてオク。身に危険が迫ればエライこと。
パソコン大魔神コーナーも人気化する程に種々の不安も見え隠れする。パソコンのムコウにはナニが有るか分からんのです。相手は不特定多数で顔も見えません。極、普通の人格ならヨイけど。されど、強力なる応援団が存在してるから心強い。
そのパソコン大魔神コーナーの秘密に迫ってみる。
ダレしもパソコンの反乱に我慢の限度がある。イヤ、そおナランでも、ソバに知恵者が居てくれたら頼もしい。私にしても会社に居た頃ならそこらに居てました。
器用なのも居たから、オイ、チョット。気楽に聞けたけど、世の中にはそれが出来ん環境のカタも多いのです。
会社が大きいから知恵者が居てるとも限りません。人数が多い分だけ確率は高いけど、職種、業種にも寄るよなあ。
知恵者が居たところで、本体、周辺機器からソフトの操作方法まで網羅出来るのは居てません。サービス・センターの対応も不親切。
その点、パソコン大魔神は経験豊富。言葉を選ばぬなら海千山千の年輩者。それでも、私よりは若いけど。
この年代でパソコンに詳しいこと自体が希少価値。MS−DOS時代のその前のことも知ってます。チナミニ、私は晩生でMS−DOSからで、パソコンの詳しいことは知りません。よって、失敗ばっかりしてますがな。
そやから云うて、海千山千のパソコン大魔神に人気がアルと判断するのは早合点。
マズは検索サイトのgooで、「パソコン」を入力して検索したら、百万件を突破する。これではイカンと、絞り込みのため、「質問」と入力しても、ナン十万件が羅列されるだけ。
コレから先の絞り込みもナニしてヨイのやら。面倒やから、ウエからでも順にアクセスしてみなさい。イキナリ、雲隠れのサイトが出現する。その先に進めば表示されても掲示板ばかり。
掲示板の場合、質問も回答も不特定多数。早い話がオモチャ箱化してるのです。
オモチャ箱は更新だけは頻繁でも中味たるやナンの話をしてるのかチンプン、カンプン、サッパリ意味不明。
ソレは仕方がありません。ナニしろ掲示板。管理責任者は存在すれど回答者が多過ぎて回答責任者が不在です。
中味がナンであれ、書き込み頻繁なら、マダ価値はありますが、質問者が混乱するだけ。
大くのサイトは開設の歴史は古いのに、掲示板での掲載件数、数件、数十件。TOPページのカウンターを覗けば一万見当。
歴史が浅く一年程度のでは、千未満とか。そんなサイトにダレが寄りつき相談するのか。
つまりは、パソコン関係の質問募集サイトの数は無数に存在しても、実際に活動してるのは微々たるものです。
活動してても、表札だけ。回答は余所さん任せの無責任ブリ。
よって、パソコンと名がつけば人気があって当然とするのは間違いや。
(01/03/04)


NO.25 掲示板の話

パソコンのQ&Aで掲示板方式が何故多いのか。理屈的には最高の形態です。
マズ、ご質問者は入力した質問内容をすぐさま検証することが出来、アトはヒタスラ回答者の出現を待てばヨイ。
回答する立場なら質問があれば、イツでもお好みの時間に回答することが出来る。分からんことなら無視すればヨイ。
それなら、管理者の役目はナンやろか。こちらも、タダ、ヒタスラに質問者の投稿と回答者のご登場を待てばヨイ。ナンなら管理者が回答してあげてもヨイのです。
とマア、コレを我が、「パソコン大魔神コーナー」に充てはめるなら、パソコン大魔神はダレと決まってるから常に見て頂戴と頼んでおけばヨイ。アトはイタズラ書きの監視だけ。至って簡単、ラクチンや。
そんな理屈になるのやけど、おっとドッコイ、山程、腐る程存在するQ&A掲示板でナンで閑古鳥が鳴くかです。生存競争が激しいからか。
考えるには、質問者が困り果て、ワラにもスガる気持ちで質問しても回答者が不特定多数では困るのや。たとえ、パソコン大魔神が真面目に回答してくれたとしても、ホカの回答者が掲示板に出現して来る。掲示板とはダレでも参加出来るのが利点であり欠点です。
下手したら、ソッチのホウでチガウやないか、イヤ、ソオナンヤでと侃々諤々、丁々発止。そおなってしもたら、ドナイする。質問者ソッチのけ。
ソレくらい活発になら管理者としては結構毛だらけ、猫灰だらけ。されど、私が回答者ならアホ臭いのでお役目御免する。
よって、サイトの目次のお飾りとして、「パソコン初心者お助けDr」とか銘打って、掲示板をリンクしてるだけ。実体はナンデモ、カデモ有りのお喋り掲示板。
誤解ナキよおにお断りしてオク。お喋りでも賑わってるなら結構なこと。ナニしろ訪問者が存在してると云うことで、掲示板とはそのお喋りが目的やから当然の結果です。
数あるサイトのナカにはアスキー等、パソコン、ゲームの雑誌にゲーム・ソフトで有名な会社が運営してるのもある。ナンとココも掲示板方式です。
アル意味でMS−DOS時代の覇者やけど、こんな具合に顧客、質問者を愚弄するから、肝心の会社経営が赤字に転落、青息吐息。
それがイヤなら、会員登録制にでもして、パスワードを設置すればヨイ。されど、質問者は一見さんが多いから、パスワード入手のウエ、質問してたのでは時間が掛かるので余所を探すことになる。
されば、最初に、「パソコン大魔神コーナー」を企画したトキ、余所さんを偵察し、研究したのかと問われても困るのです。そんなこと、ナンにもしてなかった。
Q&Aサイトが沢山アルことは知ってたけど、中味、実体には無関心。ヨイ加減な探索などしなくてヨカッタとさえ思てます。
下手に先駆者各位のモノ真似をして、実体を把握セズ、分析セズ、単純に掲示板方式を採用してたとしたら、余所さんとご同様、閑古鳥が鳴いて、開店休業。
掲示板については、私に固定概念が存在する。お喋り専用で、ソレ以外のナニ者でもナイ。
もとより、閑古鳥の鳴くサイトに、「パソコンQ&A用掲示板」と銘打ち設置したところで意味はナイ。サイトそのものが活動して意味を成す。
さて、延々蕩々、Q&Aに掲示板は不向きと主張。それなら、掲示板方式は構想から除外したのか。構想外は事実でありますが、正確には我がサイトに、「パソコン大魔神コーナー」開設のホウが掲示板設置より早かったから、そこまでのお知恵が回らんかっただけ。
それどころか、「パソコン大魔神コーナー」設置のために質問投稿用FORMを作成するだけでも四苦八苦。
ナカナカ、起動してくれんかったから、パソコン大魔神に知恵を拝借したくらいです。
(01/03/04)


NO.26 気持ちの問題

パソコンQ&A、不況サイトの問題はホカにもある。
質問を受けてから回答までが数週間、ンヶ月ではアカンやろ。質問者は急いでるから、十中八九、ホカのサイトにも当たってるで。
深刻な問題なら尚更で、手当たり次第、余所さんにも打診。我がサイトは真面目に運営してるのや。こんなことされたらどついたろかとなる。
そんなナカで、何日もホッタラカシにされたら二度と訪問するモンか。ソレでナクとも一見さんが圧倒的。余計にどついたりたい。
注意力が有れば質問から回答までの所要日数を計算して、コラ、アカンでと退散する。
質問しても、試し打ち。そんな程度のことさえ計算してない連中が迷い込み、質問するサイトは水準もガタガタ。
そもそも、回答までの所要時間が長いのは管理者もホッタラカシ。時間が掛かるなら、掛かると、その旨掲示しておく等、気配りも要求される。それでも、数週間、数ヶ月はアキマセン。病気、長期出張、旅行等、ソレならソオと何処かに宣言してオケ。一事が万事、そんな運営なら、サイトそのものが開店休業。さりとて、gooの登録はご自由で、お陰様で数だけ増えて利用者の絞り込みが大変。
我がサイトの開設目的は単純明解。世のためヒトのタメ。只ソレだけのこと。
私と大魔神は性格は違うけど、共通点もあって、所謂身勝手な正義感と独断と偏見旺盛。チガウ面は私は常識人でアッチは大魔神で正体不明。
そんなナカで、我がサイトの中味も見学セズ、トヤカク云うのが居てるのです。
幼稚な質問内容、文面でも一生懸命、困った状態を伝えてくれるのは嬉しいです。反して、冗談半分、説明不充分、語彙不足の文面では読み手の受け取りカタもチガウのや。トキには、無礼者とお手討ちしたりたいこともある。
さて、会社での防火訓練のトキ、家が出火であわてた主婦の119番電話。これが社内放送で紹介された。
「火事や。」
「何処ですか。」
「ここや。」
「ダカラ、場所は何処ですか。」
「そやから、ここやて云うてるやないの。燃えてる。早よ来て。」
ナニブン、目の前で我が家の出火。他人事であると笑てられん。ダレしもその場になれば混乱状態。
パソコンの場合はドオなんか。困るのは分かるけど、火事現場には程遠いのです。多寡がパソコン程度で死ぬことはナイ。説明スル時間も充分にある。反対に説明充分過ぎて、延々蕩々、長文にされたら容量を喰われてなあ。
それはソレとして、質問者たるもの表現には注意セヨ。そこらと一緒にしやがたら、どつき廻したるぞ。
(01/03/05)


NO.27 宣伝方法

私の無知を白状してオク。ダレもが知ってることをツイ最近まで知らなんだ。
アル時、友人が我が雑談をお気に入りに登録してると伝えてくれた。
登録自体は嬉しいけど、気に喰わんことです。ナンでTOPページでナイのか。
子細を聞けば時間の無駄が省けるし、タマにはTOPも覗いてるとのこと。
友達甲斐のナイ奴とカリカリしたけど、云われてみれば玄関からの訪問だけが能ではない。当人が見たいページだけを覗けばヨイ。
場合に寄っては迷路同然のサイトが有る。アチラさんの案内が下手なんか、コッチの要領、解釈が悪いのか。進めど進めど、往ったり来たり。疲れ果て、やっとこさで探し当てたる目的地。以降、訪問予定がナイならベツやけど、場所を登録しとかんと、次回もオナジ愚行の繰り返えしとなる。
ナルホド、左様ですか。ガテンした。
ホーム・ページとは、その名の如く家庭的存在であるからにして、訪問者たる者、ピンポンと呼び鈴を押し、コンニチハと挨拶。玄関から入るモンと思い込んでたのです。無論、偵察の場合はベツ問題。
インターネットの世界のこと、玄関先に呼び鈴はナイ。イヤ、チャットと称するものはアルらしいけど、こんなんやったことがナイ。
兎に角、訪問した処でご主人はおろかご家族のダレ一人お顔を出してはくれません。あくまでも気持ちの問題でのことやんか。
そこで、考えるには、ホーム・ページとはページの一枚が一つの部屋。それが集合して家を成す。つまり、ユニット住宅みたいなモンです。
そのナカでも全体の構成を示したTOPページが有りまして、これが表札付きの玄関なら、先には居間、台所に食堂に風呂、便所、そして、豪華絢爛なる応接間が存在する。モシカシテ、掲示板なるものは伸縮自在の応接室に該当するのか。
リンクのページはナンやろか。さしずめ部屋と云うよりも、メモリー付きの電話に相当か。トキには拝借でリンク先を探索したり。
ナカには子供部屋に絵画に写真にペットの部屋が有ったりしてます。私の場合、ナンやろか。ナンの飾りもナシでいたる処文字ばっかり。
我が友人など揃ってヨイお歳。チと老眼気味にはキツイとか。ナニを隠そお、私自身にもキツイのです。眼鏡を掛けたり、掛けんかったり、忘れたり。面倒臭いだけやけど。
一昔マエならこんな調子で文など造れません。鉛筆かシャープ・ペンシルで原稿用紙に差し向かい、消しゴムが一杯要ります。書いては消し、消しては書き、そのうち原稿用紙が破れてしもたり。私なんか一分と持ちません。
筆圧がキツイのでマメが出来るは、ソコラ中に芯の破片と消しゴムのカスが散乱する。それが、イマやパソコンやから筆記用具は消えて便利な世の中になりました。
それはベツにして、私の固定概念ではTOPページが重要と考えてます。よって、余所さんへの訪問の際、カナラズやTOPページが最初です。
この概念から抜け出せずメルマガ(注1:参照)への投稿、検索サイトへの登録等々、我がサイトの宣伝もTOPページだけ。
当然のこと乍ら相互リンクならお互いの紹介はTOPページです。
にも関わらず相互リンク先で我がサイトの小部屋だけを紹介してる奴が居るから、オイ、チガウやないかと注文つけたりして。
初期の頃ですが、TOPページからのリンクは三つのコーナーだけでした。自己紹介とリンク先のページ。
そして、我が掲載文全ては、「四方山話」と銘うち掲載してたのです。
(01/03/06)


NO.28 掲示板荒らし

ここ数日ヤタラ眠たい。
順位は30位から32位をウロウロしてるだけ。転落はイツかと気が気でナイ。
そんな矢先にチとした騒ぎが勃発。アクセスが我がサイト史上最高三千を突破したしもた。くれぐれも京都inetの集計で訪問者が延べ三千人とはチガイます。)
ここで、最高値を示したからとウエにはあがらせてもらえません。ウエにはウエで図体のデカイのがドッカリ居座ってあらせられてます。数字的には史上最高なれど、最近はソレに近い数字を示してた。
ナンなら一気に上位進出のため、騒ぎをアト何日か続行したらドオかいな。達成した途端、私は寝不足でブッ倒れて、病院直行や。
私だけなら結構。突如、登場の私設応援団まで巻き添えにしてしまう危険性がアルから、慎重にせねばナラヌのです。こんな騒ぎで振り回され、ホンマに入院させられたら、反動のためアクセス激減。折角のTOP50も元の黙阿弥。
その騒ぎとは、チョッとした掲示板荒らしのことです。掲示板を設置して約二年。その間に何回かは遭遇してる。
一番最初はアダルト・サイトの宣伝を書き込みしやがった。消したら、マタやりよるから、これが噂に聞く、「掲示板荒らし」ナルもんかと、ヘンに興奮したもんや。削除して、処分してやったと安心してたら、明くる日マタやられ、数日続いたから慌ててしもた。
反面、狙われたと云うことは我がサイトも世間並になったのか。そんな優越感が無かったワケでもナイのです。それが、何回か繰り返されたら掲示板を覗くタビにドキドキしたもんや。
誤解、錯覚、誹謗中傷を覚悟するならばチカンに遭遇した中年女性の感情にも似てるのか。そやけど、荒らしなど単なるイヤガラセ意外のナニ物でもナイから腹の立つことや。
以来、三回遭遇。アチラさんはイツやるか、勝手気儘でヨイけれど、こっちはイツやられるか、寝ずの番までして大変やで。
よって、インターネットの世界は無法地帯とも云えるのです。
公式論的には公序良俗に反することを掲載等した場合、然るべく処分をされることにはなってます。
パソコンの世界のことを自動車の運転に例えるヒトも居てますが、私は似て非ナルものと思てます。操作方法だけなら練習時間と理解力の積分。
但し、自動車は仮想ではナイ。操縦は命掛けで法律も厳格。一定の年齢に達して、受験資格が出来る。且つ、適性検査と技能試験も施される。
パソコンにはナンの資格も不要。基本的にはパソコンを動かす技能が有ればヨシ。
お爺ちゃん、お婆ちゃん、子、孫、曾孫にでも。年齢の制限、男女の区分もナシ。操作の上手下手も気にナラン。気にするのは電話代とパソコンのご機嫌のみ。操作方法が分かれば買おたその日から操縦可能。
それだけに危険性も孕んでる。各人各様で価値判断、基準がチガウのです。
私にとっては非常識行為でも、ご当人はオマエの頭はオカシイぞ。顔でも洗て出直して来い。こっちが云いたい台詞をそっくりそのまま云いやがる。
トリアエズ、アラシモドキはこの日だけで無事終焉。されど、その余波で眠たいのです。
加えて、息子共も後期試験に突入で昼も夜もナシ。冴えん頭が余計ボケッとしてしもて。
(01/03/06)


NO.29 継続こそがチカラ也

嬉しいことに、最近、応援メールが多いのです。
マエが宇都宮で、コンカイは西宮のデンキ屋はん。内容は、
シバケンさんのホーム・ページいつも楽しみに拝見させて戴いてます。
電気屋に22年勤めています。この不況で、この業界もそろそろ終わりかけて来ました。
コンピュータなど販売するとは思いもしませんでしたが、今はこれでも、結構、コミニュケーションなど、お客様ととったりしています。
報告書なども書いたことはありませんし、家電屋がコンピュータの販売などと申し訳無さに自分にむちをいれ、販売したお客様にはご迷惑をかけないようにと日々精進を心がけております。
この先、どのようになるか分からないのですが、私はからだの芯から街の小さな家電屋で何とかこの商売で生きていきたいのです。
Webから全日本電気屋MLというものを知り、今はそれが心の支えになっています。
コンピュータってすごいですね。MLにもシバケンさんのホームページを紹介しました。すごい反響でした。
シバケンさんと大魔神様の姿勢に学んでいます。
やっぱり京都は豊田勇造さんだけじゃないですね。こんなに夢中になったサイトは始めてですし、勉強になります。
頑張って続けてください。応援してます。電気屋も続けていきます。

メールも初めて戴く場合、その背景が不明なことが多いけど、コンカイは宇都宮のデンキ屋はんのツギやから、スンナリ分かりました。
それにしても、家電業界がモオ終わりやて、エライことが書かれてる。
ついでに豊田勇造とはナニ者か。大昔のエライさんで歴史上の人物か、それとも特殊分野の専門家やろか。
豊田となれば自動車の佐吉が有名で、ユウゾウと云えば山本有三しか知りません。字がチガウし京都にも無関係。
知らんモンは仕方がナイ。早速、gooで検索です。結果は大昔の偉人ではナク、新進気鋭ででもナク、音楽家みたいです。
モトモト、音楽の世界には無関心。そのマエに無知有知で区分なら、私なんか他人さんに自慢出来るよおなナニ物もナイ。このおカタのよおにカラダの芯底から家電屋と云い切れる人こそご立派です。
対抗して、心の底からQCマンとでも云いたいけど、イマや追い出されてしもて一銭の値打ちもナイ人間です。マッタクもって気恥ずかしく、穴が有ったら入りたい。
考えてみれば、絵はダメ、歌はダメ、酒もダメで、パチンコもダメ。ダメと云うよりヤル気のナイのもあります。
ピアノ、オルガンなんか触ったこともナイ。エレク・トーンは触ってます。そのムカシ、四十年前のこと、妹がやってたからです。ツギが十数年マエ。これは二男がやったからで、二人共モノにはなってない。お玉杓子くらいは解読出来るやろ。
その他、諸々の楽器を演奏するなど、とんでもナイ。シロホン、カスタネット、トライアングル、ハーモニカ。これなら、鳴らすダケならナンとか成る。
この豊田勇造はナニ者かと、更に探索したら、齢五十歳の中年ギタリスト。トリアエズ、西宮のデンキ屋はんは、このギタリストの信奉者とだけは分かりました。
加えて、全国展開のデンキ屋はんを対象にしたメルマガが発行されており、この正月に我がサイトを紹介して戴いたのがこの中年ギタリスト信奉者。メルマがの購読者数約三百名。
ツイデと云うたらナンやけど、宇都宮のデンキ屋はんも、ホーム・ページを開設され、その宣伝のため松下系列約五千店が加盟するNETに登録されたとか。
ナンとそのサイトのTOPページに我がサイトをリンクして戴いたのです。此処で、デンキ屋店主様のお説です。
多少は、「シバケンの天国」のアクセス・アップに貢献するのやないかいな。
ナルホドなあと納得してたら、ツギには、「コンニチハ、お懐かしいです。」
前の会社の営業担当者から十年ブリの挨拶メールが届いたのです。既に会社は退職して、帰郷してるとか。
それはヨイけど、ナンデ我がサイトを知ったのか。我が友人から伝え聞いたとかで、懐かしく想い訪問してくれて、彼も又知り合いに宣伝してくれてるとのこと。
まあ、嬉しいこと。時間の経過と共にジワジワ、ユックリ着実に色んな経路で伝搬の様子が伺える。
アクセス・アップなるものは、その前提として延々と継続し、存続することでアル。
ナカでも、継続こそがチカラ也。私は斯様に信じてます。
(01/03/07)


NO.30 メルマガの話

マエのハナシのデンキ屋はん。実は我がオヤジもデンキ屋はん。
積もり積もった話が有るから脱線したいのは山々なれど、ここはグッと我慢です。
そのデンキ屋はん仲間のメルマガがどんなんかは知りませんが、私が収集した一般的なメルマガ(注1:参照)なら宣伝効果は薄いです。
イヤ、クレグレもデンキ屋はんのはアカンとは云うてません。メルマガ(注1:参照)には発行目的なるものが存在し、業界情報等、特化された情報なら意味は有る。
ホーム・ページ宣伝用のも形式的には配信先の求めに応じたものではあっても、乱立状態で、配信希望にしとかんことには宣伝投稿も不可で、配信希望セズなら肝心の掲載されたかドオかが分かりません。
斯く申す私も投稿したら掲載してくれるので、病みつきになってしもてたのです。ソラ、我がサイトのことが掲載されてたら嬉しいやんか。
メルマガ(注1:参照)には同類の宣伝メルマガ(注1:参照)も掲載されてますから、手当たり次第に投稿して。掲載分はシッカリ保管のウエ、夜な夜な眺めてはニヤニヤと。ハタから見たらキチガイかヘンなサイトを探索してと余計な勘ぐりされたりして。
されど、載ってなくとも配信されるし、アレコレ投稿してたら数も多なってしもて、眼を通すだけでも大変や。トキには、一生懸命、練りに練った文句を入力。送信したら、もっと期間を開けてくれ。再投稿の間隔はンヶ月です。やっとこさ条件を満たし、再投稿しても掲載がイツのことやら分からへん。
モノに寄れば明くる日で、モノに寄っては一二ヶ月、或いは三ヶ月の間があって、投稿したことさえ忘れた頃に掲載やがな。モノに寄っては没扱いされてたり。
これでは困るので、メルマガの一覧表を作成して管理した。イツ投稿してイツ掲載されたかの記録です。ソレが我がサイトの、「メルマガの倉庫」。(注2:参照)
その記録に基づき、無駄ナク、定期的に投稿したけど、そのうちハタと気がついた。発行部数の少ないのは期限の制限がナイ。毎日でも構いませんが数百部では宣伝効果も薄いです。発行部数が万単位のは没扱いされてたり。
イヤ、デンキ屋はんのメルマガ発行部数が数百では少ないと皮肉ってるのではナイ。発行目的にもよると断ってます。
ホーム・ページ宣伝用メルマガ(注1:参照)も楽しめるのは投稿した数日だけ。イマかイマか、掲載はイツなんやろ。されてしもたら見るのも邪魔くさい。
それよりも、宣伝効果がドオなってるかです。配信された直後のアクセス数を確認すれど、大した変化ナシ。そんなことで、発行部数の少ないのから順に削除してやった。
されど、発行部数が不明のもアル。タブン、数百程度で掲載するのも恥ずかしいのではないか。それなら、早々にでも削除したらヨイのに、管理してたからには勿体ナイ。せめて、もお一回、投稿してからやと、早や、ンヶ月ホッタラカシ。
イマだに記録の更新もしてますが、我ながらアホみたいなことをやってます。
これだけの話で終わってしもたら、メルマガ(注1:参照)なんかアカンみたいやけど、そおでもナイ。
CGI・BOYなるアクセス解析をリンクしてますが、この情報によれば、一二年前に我がサイトを掲載してくれたマガジン(注1:参照)がそっくりそのまま検索サイトに登録され、そこからアクセスされてるのです。ナンの目的か。ナンでムカシのメルマガ(注1:参照)を引っ張り出してまで我がサイトを訪問してくれるのか。
もしかして、アダルト・サイトの宣伝メールの配信か、意味アリのお薬の宣伝用か。これが、ヒツコク送ってくれるのや。五月蠅いからと返品してもアカンなあ。それとも純然たる我がサイトの探索やろか。
ここで、検索サイトに登録してるマガジン(注1:参照)を教えてあげる。避けるべきか利用するべきか。そんなことヨオ責任持たん。
「ホーム・ページの連絡船」、「WindNetホーム・ページ情報」、「新着情報」
把握してる範囲ではこの三誌。
クレグレもご判断は各々方のお好きにして頂戴。
(01/03/08)


NO.31 リンクの話

もお、アカンやろ。もお、アカン。
観念してるのに、遂に30位の壁を突破して29位に成り申した。
アクセス数が伸びたワケではナイ。余所さんが落ちただけですから、明日はドオなることやら。
リンクについての話です。当然のことながら、管理者の思想に左右される。
我輩の思う処では、ツギからツギにリンクを増やして、それはそれで結構やけど、何処まで増やせば気が済むかです。何処かで限界に達するハズ。
十から二十程度なら、我がサイトでもリンクしてる。無精なヤツと同数では不名誉なこと。ソレではと二十を軽く突破して百にでもなればナン種類かに分類してほしい。探索するにも面倒やで。ロゴだけでも容量がかさむし重たいゾ。どっちにしても分類すれば訪問者にもご当人にとっても便利でアル。
更に増え、数百、千にでもなったらドオするのやら。ここまで云うとイヤミになるけど、訪問し、訪問され。ソレだけでも一大事となる。全部が全部、個人サイトでもナイやろけど。
数百程度ならやってるカタもおられます。但し、趣味、専門分野に特化されたもの。出版社、学校、音楽、観光案内、ショップ・サイト等々。ではありますがリンク先が消滅してたり、管理されてナイのがありまっせ。
斯く申す我輩も個人サイトとはベツに、「メルマガの倉庫」(注2:参照)に、「おもしろサイトの倉庫」(注3:参照)のページを作成してますが、これは、「お気に入り」に登録してたのが数が多なって、それならと、メモ的意味で組み込んだだけ。いわば私的メモの公開でアル。
ソレを云うたら、ホーム・ページそのものが私的メモの公開になる。ではあれどナンと云われても、我輩の概念としてはリンク集ではナイ。
特に、「メルマガの倉庫」は役に立つ。発行間隔、発行部数から、投稿間隔に至るまで、至れり尽くせりのメモでアル。(注2:参照)
何処ぞのメルマガ・リンク集に特化のサイトより、余程懇切丁寧と自負してる。実際、そんなサイトが有るのです。そこから、アクセスしてもアクセス不能で損した気分になったから、勝手に収集管理してしもただけ。
専門サイトの管理者はナニをしてるのか。ホカにナンの取り得もナイくせに、かき集めただけのメルマガをリンクだけしやがって。スル限りに於いては確認くらいしとけよなあ。
我がメモはリンク集でナクとも公開してるからには、その責任上、一二ヶ月に一回は確認してるのでアル。
消滅したり、意味の無くなったのは削除して、最近では増やすこともナク、削除するだけになったから、減る一方。参考にするなら早めにやってクレ。
更に数千を過ぎ万をも突破したらドオなるのか。最早、意味合いがチガウことになる。
沢山のサイトを網羅することで相乗効果が発生して、ついでに、十万、百万とか。
基本的には数千を網羅ともなれば、ここから先は探すだけでもシンドイで。イッソのこと検索機能も張り付けて、検索サイトと銘打てばヨイ。
これを真似するためには高度な技術が要求される。我輩の如く、口だけエラソオではアカンのや。単純なるホーム・ページだけで四苦八苦では勝負にナラン。
個人の場合、そこまでヤルことはナイ。趣味の範囲で物色してリンクする。これだけでも立派な専門サイトが構築出来る。
これも一つの指向なれど、我輩のはそこらの個人サイトでアル。
リンクも少数精鋭、厳選主義。イヤ、これも口先だけのこと。基準はヨイ加減なモンで、表現を変えれば無精のため開拓に積極的でナイだけですがな。
それよりも、アクセス向上のタメにはメルマガか検索サイトかどちらが有効であるのか。
結論的にはメルマガ(注1:参照)は情報収集の手段であって宣伝には不向きと、我輩は断定する。
(01/03/09)


NO.32 検索サイトの話(1)

千度、万度とクドイ程、ホーム・ページ宣伝メルマガ(注1:参照)みたいなもん意味ナシと云い乍ら我がサイトに掲載の、「メルマガの倉庫」(注2:参照)を紹介するのもオカシナもんや。
よって、誤解ナキよおに説明すれば、当然のこと乍らナンらかの効果はある。
片っ端から、そこらジュウのメルマガ(注1:参照)に宣伝投稿したら、その分配信されて来る。モノによったら要りませんと、断ることも可能なれど、掲載されるなら見たいのが人情や。
イマでこそ、邪魔くさいので眼を通すこともなく削除してしまうけど、当時は真面目に読んでたのです。云うてもナナメ読み。
それでも、時折眼を停めることがアル。何誌にも宣伝されてるおカタもあって、このサイトはマエにも載ってたで。又、載ってるなあ。ナナメ読みでも多少は記憶に残るのです。
掲載が繰り返されてたら、ドンナンカナアと興味も沸いて探索する気にもなる。
そのナカから、「おもしろサイトの倉庫」が形成され、トキタマ、サイトの有無を探索してるから、先方のやけどアクセス向上には役立ってます。但し、足跡一切残さず。
それと、ナニがドオとは云わんけど、ナルホド、旨いサイト名称のがあるのです。或いは、説明文句で感心するのもアリマスがな。それに釣られ、覗いてみたい気になり、覗いては損した気分になったりして。反面、宣伝文句の巧みさで、興味を引きつける点に学ぶべきモノがある。
それなら、我がサイトの宣伝文句も、もおチョッと工夫などしたら、メルマガ(注1:参照)効果が享受出来るのか。
かと云うて、一行、数行の宣伝文句一発で人様を魅了させる名台詞、名文句など考える知恵も気力もナシでアカンなあ。タダタダ、自信喪失させられてるだけ。
ナカには、有料で宣伝してるのがあって、希には個人のもやってます。単なる個人の趣味サイトで、そこまでするかと思うけど、お金があるならやってクレ。
イズレにしても、メルマガ(注1:参照)での宣伝活動も地道にやってたら多少の効果はありますが、画期的アクセス向上など夢見たらアカン。
これが私の見解です。そしたら、ナニが有効か。検索サイトこそが貢献する。ここでその貢献度合いを検証する。
我がサイトの開設数ヶ月のトキならページも数えるほど。カウンターはナシ、フレームもナシ。ヨチヨチ歩きにも関わらず京都inetでのアクセス数が急増したことがアル。
当時は日に五十程度。下手したら、二十五か一桁で、ナンかの間違いで百になってしもたりして。それが、一挙に倍となり、その数字を維持したのや。しかも、応援メールまで戴いた。
原因はメルマガ(注1:参照)でナイことは分かってます。当時は知ったばっかりで、投稿も一二誌。配信時期とのズレもある。ナニをしたかと云えば検索サイトに登録してた。
ではあっても、検索サイトの存在はインターネットをやるマエから知ってたから、マズ、Yahooに登録して、掲載もされ、gooにもしたけど効果ナシと思てたのです。事実、ナンの効果もナカッタわ。
それならば、アクセスが倍になったのをどお判断するべきかです。
更新を毎日やって数ヶ月と云えば、その分ページ数も増えてます。ページ数こそがアクセス向上策と云うことや。トキタマ、サボりはしてますが、開設以来、一週間二週間と間が空いたことはナイ。
検索サイトの有効性もイマとなれば私なりの判断があるので説明しておく。
コレも利用価値は一律ではナイ。ピンからキリまでありまして、アクセス向上に貢献出来るのと、無意味なものが混在してる。
殆どが屁の突っ張り程度の検索サイト。イチオウ、検索機能らしきものがついてますから、検索サイトと自称してるだけ。それで、訪問者数が、一日、数件から百件では検索サイトとしては寂しいもんがある。やっても、やらんでも、お好きなよおに。管理人さんが義理堅ければ、お礼カタガタ、訪れてくれる可能性はアル。
ホカには個人で簡単にリンク出来るレンタル検索エンジンも存在してる。知ってるのは、WebLinkにFREE−LINX。
これは検索エンジンと云うよりも簡単お勝手リンク集なるもので、訪問者の自由意志でサイトをリンクするかセンかだけ。簡単過ぎて、管理も難しい。とどのつまりはアダルト・サイトで埋まってしもて、個人のは殆どナイのが実体や。
私も検索エンジンなしのなら、「今すぐリンク」なるのを借りたことはある。設置して、不思議に思たことがある。認知度も低かった我がサイト。なのに、ナンで訪問してくれたのか。
どんなツテで、我がサイトを見つけてくれたのか。イマ思えば、検索サイトが原因してるのか。
レンタルのではありません。有名な検索サイトを指してます。
(01/03/10)


NO.33 検索サイトの話(2)

検索サイトが、Yahooとgooだけとチガウことくらいダレでも知ってるよなあ。
メルマガ(注1:参照)にも検索サイトにも、一括登録支援サイトがアルのも知ってるよなあ。
ズイブン前のことやけど、ネットでフラフラ散歩してたトキやがな。一括登録サイトがアルぞ。発見したぞと叫んでる管理者が居たのです。
その当時なら、私も初心者やから一括登録サイトの存在など知りません。便利なサイトは何処やろか。ナカを探しまくったのにイケズなヤツやった。秘密にしてやがる。存在してることが分かれば探せばヨイ
その集大成とは大袈裟やけど、我がサイトにご訪問の皆々様方にはコンナモンと軽くあしらうことなく、是非とも、「メルマガの倉庫」(注2:参照)にご来訪して戴きたい。
ナンの隠し隔てナク、公開してますから、適当なのをチョイチョイとお試しあれば便利さがお分かりになろおかと存ずる次第。よって、ご存分にご賞味あれ。
これなんか、昨日、今日の公開ではありません。ナン年もマエからの無料公開。当然のこと乍ら私めはこのページでメルマガ(注1:参照)に投稿してました。
最初は倉庫のナカもメルマガ(注1注2:参照)ばっかり。次第に卒業して検索サイトに移行してますから、検索サイトも掲載してます。それなら名称も、「メルマガ&検索サイトの倉庫」(注2:参照)に改名するべきなれど、そのウチ気が向けばとイマに至ってる。
結果的にジワジワと、ジワジワとではありますが、アクセス向上と相成った。
そのうちハタと気がついて、TOPページだけを登録するのではナク、ファイル単位で登録開始したのです。これが可能な代表格として、gooがアル。気がつけばアクセスも常時日に五百を確保してたのです。
自慢にはナランけど、それまではメルマガ(注1:参照)にも検索サイトにもTOPページしか登録してナカッタなあ。云うても、メルマガ(注1:参照)ならTOPページだけでヨシ。
これも、よおやくにして、我がサイトのページが登録して意味ある数に達したから云えること。
そやけど、全部はマダやってナイ。ヤル時間がナイのと邪魔くさいのと。
ここで、全部のページをコマメに登録する。これこそが我がアクセス向上秘伝の一つである。
ヤットコサ本題らしくなって来た。表現を変えれば検索サイトgooなるものは我がサイトのタメにこそ存在すると、エラソオに。
絵も写真もナンにもナイのにと、あたかもソース、お醤油も。マヨネーズもケチャップも、野菜も肉もナンにもナイよおな。味も素っ気もナイ、ご飯と梅干しだけのお茶漬けみたいな云われかたされて。そやけど、好物の紀州産梅干しが付いてますから、お高いので、タマにしかお口に入ってナイ。
そのウエ、文字ばっかりで読み辛いやないかと嘲笑られ、皮肉られたけど、文字ばっかりの構成でナニが悪いのか。悔しかったら束になって掛かって来い。
イマや開設以来の努力の甲斐有って、その数大小兼ね合わせ、都合六十ページ。凄い情報量になってます。サッキの表現はチと過激やから、束になって何処からでも検索してクレとでもしときます。
振り返れば、イロイロ云われてたのです。ドッチミチ、ムカシのなんか読まへんやろな。削除したらドオなんやと、逆撫でするヤツが居た。
カリカリ、ムカムカしたけど、私の返事は当然乍ら好きにさしといてクレ。
ナンと云うわれよおが、初志貫徹。短いとは云え積み重ねた歴史やナイですか。私の周辺だけでもサイトなるものが産まれては消え、消えては産まれ、消滅させては、復帰させるのもある。ソレゾレにソレゾレの事情があるのやろ。
私としては、これからも消滅させることなく我がサイトの存在をヨリ広く世間様に知らしめねばならぬ。ナドと益々意気軒昂なれど、一寸先は闇の人生。不安も見え隠れする。
イマ現在なら何等問題はナイ。がしかし、健康面、家族、時間、経済的な問題等々、家族のことまで含めれば不安は膨れ上がるのです。
加えて、もお一人の武者の存在は心強いことなれど、反対面もアル。パソコン大魔神もその家族も含め健康を維持せねばナラヌ。
どちらかに不測の事態が立ちはだかれば、タチマチにして多寡が一個人のサイトなど雲散霧散。瞬時にして意気消沈。消滅する運命にある。これを認識したウエで我がサイトを運営してるけど、サイト命にも出来ぬからこそ不安です。
斯様なことを考え出したのも、TOP50の仲間入りしたからで、その分責任も痛感してるのです。それまでは気楽やったのになあ。
とまあ、エライ大言壮語と気の滅入る話が交錯し、イツの間にやら主題が雲隠れ。それ程に、我が頭のナカも千々乱れてると云うことや。
主題を元に戻すことにする。兎に角、大声張り上げ主張する。ナンと陰口囁かれよおが我がサイトはチッとやソッとで真似出来ぬ構成と自負してる。
文句有ったら余所へ往け。ここに眼を通して戴いたのは縁有ってのことではありますが。
(01/03/11)


NO.34 検索サイトの話(3)

万歳、万歳。
アクセス数、新記録で28位になってしもた。とか掲載してたのは一月のことや。
イマや三月となり、20位辺りをウロウロで最高はナンと18位。ホンマかいなと思てます。
イツまでも月遅れのハナシはナンやから、その点をも踏まえ掲載することにする。
これをもって、マエの掲載分(「パソコンあれこれ」掲載分)は、削除した。
さて、ナニやら異変が起こってる。兎に角、偵察部隊が多いのです。京都inetTOP50のページから飛び込んで来るのが、CGI・BOYの情報で見て取れる。
もっと、イロイロあって大学と会社も多いのです。それなら、パソコン大魔神コーナーがお目当てと思てくれたら大間違いやで。されど、大を付けたらイカンなあ。だけではナイと云うてオク。
「M社のISO物語」、「実録ハイテク裏話」にも人気はあるのです。
そやから云うて勘違いしてません。内容を読めば専門的なハナシでもナイのでガックリしてるやろ。とそんな気もしてるのです。
それだけではナイ。「耳鳴りのハナシ」もあるし、「不可思議の世界」もアル。「超能力のハナシ」もアルし、ソレ以外もアルぞ。早い話が満遍なく覗かれてるから満足してる。
大学は種々雑多です。ピンは東大から、キリは口が避けても申しません。
トリアエズ、北は北海道から南は九州まで網羅してるのです。さりとて、国立では京大がナイなあ。そお云うたら、四国、沖縄もナイ。
私学では東を代表して早稲田に慶応がアル。関西ではナンとまあ京都の立命館のナイのが気に喰わん。勉強のタメにも我がサイトを表敬訪問せえ、バカタレめが。手当たり次第に蹴飛ばしたるゾ。
京都の大学は三校。同志社に京都産業大学、京都学園大学。
京産大は分かります。親友の息子さんが通てます。一度、掲示板にも書き込みしてくれた。
大阪では甥の通てる大学からも有ったなあ。それにしても、我が息子共の通う大学からがナイのです。ナニしてやがる。気に喰わんヤツ。
変わった処では創価大学がアル。信者ではナイけどご訪問していただける分には歓迎する。
云うても常時監視してるワケでナシ。次第に興味が薄れてしもた。
会社は有りすぎて説明が難しい。どおも、パソコン関係が多いよおな気もしてます。
富士通、NEC、日立、SONY、シャープ、IBM、東芝、サンヨー。メルコ、エプソン、キャノン、三星。SOTECも有ったかなあ。図体がデカイのでパソコン部門かドオかは不明です。
クレオ、セガ、日立ソフト等々、ソフト関係も多数。以上、順適当出鱈目ではありました。
さて、このまま脱線してたら詐欺にナル。
検索サイトの登録もページ数を増やすばかりが能やない。これ又、エラソウな云い廻し。
その一つにタイトル・バーに表示の表題がアル。我がサイトの場合、「シバケンの天国」と表示されてます。これが表示されてないのが有るではないですか。笑い事ではナイのです。斯く申す私も開設三ヶ月目にして分かった事柄で、ホカのは表示されるのにナンで我がサイトはURL表示だけなんや。謎が解けたトキの気恥ずかしいこと。
急遽、アレコレ調べて手直しです。プラウザのソース表示でも分かることやった。
この程度のことなら、ホーム・ページを造るおカタなら、大抵知っておられること。悔しいかな、私は知らなんだと白状してる。
ツギは、「description(説明文)」と、「Key Word」のこと。自慢にはナランけど、コレ又私は知らなんだ。
トリアエズ、余所さんのをソース表示で観察したら、時折表題以外に意味不明の呪文が書き連ねてある。プラウザ表示には反映されてナイから気色悪いこと。
検索サイトにも色んな方式が有る。gooの如くページ全文を検索してくれるのと、「Key Word」により検索し、検索結果で、「description」の記述が表示されるのがアル。
更には、登録の際サイトの「説明文」、「Key Word」の入力を要求するのも存在してる。この手のは頼りない。但し、一般的な話です。
いずれにしても、時間を掛け一生懸命登録しても、サイトによっては検索に引っ掛かってくれんことが分かったのです。
これは、ホーム・ページをフレーム対応にしたときに治してしもた。
されど、私の脳味噌は叩けばカランカランと音のする程に軽いから大きな見落しがあったのです。
サイトの顔でアリ、玄関でもあるTOPページだけしかやれてナカッタ。
(01/03/12)


NO.35 検索サイトの話(4)

日本の全国各地。加えて、韓国、シンガポールに、USA。
ホウボウからのご来訪は心強いです。
韓国在住のカタとはホーム・ページの相互リンクしてます。発端は、九十九年十月のこと、メルマガの、「ホーム・ページの連絡船」で我がサイトを知ったけどリンクを了解セヨとのこと。
オナジク、リンクのナーキーさんは、「検索君」で知ったと云うてたで。これは、昨年二月のことで、役立たずと酷評してるメルマガもまんざら捨てたモンではナイ。
シンガポールとUSAはパソコン大魔神コーナーへの質問者。
日本各地の来訪者が会社、大学ならドメインでも分かるけど部署までは分かりません。学生か職員か教授かナンやろか。息子共も家なら京都inetで私とオナジやで。
チナミニ、ローム株式会社はナイのやで。小耳に挟んだ情報では会社でのネット・サーフィンはヤリ難いとか。元より、我がサイトが特別に危険視されてるのではありません。そこまで、意識される程の有名サイトであろおはずもナシ。単に、知るヒトぞ知る範囲です。
会社では機密保持のためメールでの情報交換が主体とか。されど個人としてなら訪問してくれてます。それにしても、大学とか会社の経費でのネット・サーフィンとはウラヤマシイ。
さてまた、秘伝の掲載はヨイのかい。心配してくれるのが居たのです。手のウチをさらけ出してもヨイのかと云うことや。
確かに、ド素人、無知、愚鈍。そんな私が開設以来、ナンとかしてアクセス・アップしたいと、血みどろになって自費で調査して、よおやくにして結集の珠玉情報ではありますが、一切勿体ぶってはおりません。それよりも、イマだ知らんことのホウが多いから、この程度で自慢するなとお叱りを受けるやも知れません。
何故ならば、ホーム・ページ新参者のクセしやがって、立派に採用のオカタが多いのです。
ページ数が多なってしもたら、やってられません。ヒマなハズの私でもやれてナイ。その気になれば打つ手はアルぞと威張ってるだけ。
出来ることなら、競合相手の京都inet上位進出者だけには見過ごしてくれと祈るのみ。その前にとっくのムカシにやってるで。
所謂、META情報と称するものを説明したい。されど、ダレもが注目のサイトならそこまでスルこともナイ。事実、京都inetの上位サイトでもやってナイのがあります。
反対に遙か彼方の下位のでもやってます。いかにも、初心者のクセしやがって生意気なヤツとは思うけど、ナンで下位なんやろなあ。
つまり、このMETA情報なるものもアクセス向上の一手段であると知りオクこと。やったところで、検索サイトに登録しとかんとナンにもナランのや。
タブン、初心者はそこのところが分かってないか、Yahooにのみこだわってるか、数有る検索サイトの特徴が分かってないのかです。私も分かってナイけど、「メルマガの倉庫」(注2:参照)に多少のメモしてるのでご参考に。そのウエで、META情報とはどおするのかです。
ホーム・ページ作成ソフトがあれば、HTMLの知識がナクともやれるけど、説明書をヨク読まねばならぬ。無論、アクセス向上など不必要とされてるならベツ問題。
META情報とはどんなモンか。我がTOPページをプラウザの、「ソース」で開けばヨイ。タチマチにして、隠れ情報が裸同然に晒される。コイツを真似したらヨイだけや。
そお云うてしもたら、オシマイやからチとだけ説明してあげる。

<META name=”robots” content=”index,follow”>
<META name=”auther” content=”表題”>
<HEAD><TITLE>表題</TITLE>
<META name=”description” content=”説明文”>
<META name=”keywords” content=”適当なキーワード”>

知ったヒトでもバカに出来ん一行がアル。その一行とは、「robots」のことで、余所さんには、ナイことがある。
有力な検索サイトでは、登録申請を受けたなら自動的に対象ホーム・ページを探索のウエ、登録してくれる。それをロボット型検索エンジンと称するのです。
その際、ロボットでも見過ごすことがあるのやて。相性が有るのか完璧ではナイらしい。そこで、カクカク、シカジカの呪文を加えてやれば、見過ごされる確率を下げられるとか。
それ以上のことは聞いてくれるな。知りませんのや。そお云うたら、あのページが検索されんとか心当たりがあってりして。私なんかイマでもソレばっかり。
逆には、秘密のページが有ったとしても、それまでを勝手に登録されては困るトキ、「index,follow」ではナク、「noindex」としたら、除外される。これも、聞いてくださるな。呪文とだけの理解です。詳しいことなんか知るハズがない。
このことを知らんトキやがな。我がサイトなど詳細に調べられ悪用なんかされることはナイやろと、多寡を括ってた。そやのに予期センことが起こったのや。
検索でナニやら見覚えある表題をクリックしたら、ドカッとプラウザ一面に我が丸秘メモが出現したら、ソラ慌てるで。登録した覚えがナイのになあ。
こんな具合に我がサイトには丸秘のページが存在してる。コライカンと内容の一部を暗号化した。
云うとくけど、「秘密の三倉庫」はその名とのとおりの秘密ではナイ。ハッキリと公開してるではないですか。ソレ以外にアルのです。注意深く探索すれば分かります。
その後、「noindex」のことを知ったから、HTMLには追加しといた。
そやのに、ビックリさせられたのが何処のサイトか忘れてしもた。
効果の程も分からんのにエラソオに云うてスンマセンですが、タブン、Googleやろ。
(01/03/13)


NO.36 AccessUp虎の巻(1)

京都inetのTOP50突入を肴に脱線し乍らも我がアクセス向上策を述べて来た。
蓋を開けば、実の処は失敗談。されど、実に気分爽快でアル。
順位が着実に上昇して、ナンと16位に成り申した。真相はウエのが落ちただけやけど、季節物の予備校、私立幼稚園情報に投資顧問会社です。反対に、季節物でこれからアガリそおなnがアル。京都の日帰り温泉情報と競馬の予測やろ。
ついでに、イツの間にやらTOP10にのし上がったのもアル。売買春に変態左翼のサイトやから、イヤになる。
ちなみに、「s」の部では2位になってるやんかいさ。イマまで何位と問われれば、3位です。
ナンやな一つ上がっただけやんかと云うナカレ。ここではその一つがバカデカイ。アッサリ、突き落とされるかも分からんで。ナンでて、昨日までの2位は日にン万、ン十万を稼ぐことのあるサイトで、言葉の使いカタやです。何処ゾの糞馬鹿に読ませたろかいな。
我がサイトでは万の桁には程遠く、その半分やで。更新なんかしてないくせに、この位置やからイヤになる。もしかして、それで下降したのかなあ。
それなら、一位は何処なんか。聞かれんでも云うてやる。ワケ有りの下着屋はんや。どれだけの差が有るかも云うてやる。倍はあるから程遠い。コンチクショウめ、この手のは強い。
とか云いつつも、アレヨアレヨとここまで来てしもて我乍ら唖然としてる。
ここまで来たからにはと、その気になって、ワケ有りの下着屋に追い付き追い越せとはナランのやなあ。なった途端に私と大魔神、二人して睡眠不足と過労であの世往き。ついでに家計も破産してしもて、残った一家郎党路頭に迷うことになる。
それは冗談半分、本気半分なれど、ナンで順位が上がるのか。昨年末時点の全ページをgooに登録して以来、ホンマにナンにもしてナイのや。
それで、ナンでこおなったのか。順々に説明するからシバシ我慢して頂戴。
さて、META情報なるものは我がページにも採用してますが、これでヨイとは思てない。
沢山のページがアルから、その有利さを利用して内容に応じた説明文にキーワードでも工夫すればヨイのに、皆一律や。少しづつでも、治さなアカンと思いつつもマダなんや。ならば、一ページづつなら可能やのにそれだに一歩も進まず計画倒れ。そんなことはドオでもヨイ。あるトキ、ハタと気がついた。
私が、「耳鳴りのハナシ」掲載中のトキやがな。これはと思う治療策はナイもんかと色んなサイトを検索して、これはヨイ情報やで、そやけど場所は何処かいな。
遠くなら二の足踏むし、隣近所なら即刻馳せ参じたい。にも関わらず、そのページから一歩も出られず。この管理者は登録のみに専念してリンクを忘れてるのです。
余所事ではナイ。笑てる場合でもナイ。私もやってません。早速、どのページからでもTOPページに行けるよおにしたのです。再登録もすませ、一安心。
と思いきや、アルトキ、ハタと気がついた。それから増えたページがマエのママ。
二年分になったら大変やで。邪魔くさいから、少しづつ手を加え、登録までやり終えたのが、昨年の夏。明らかにこの段階からアクセス右肩アガリ。
日に五百から、スグにも六百となり、七百となり、希には千の日が出現。年末には常時千になったのです。
それに連れ、パソコン大魔神コーナーにも質問が増え、イヤ増え過ぎてなあ。この原因はナンやろか。検索サイトだけのハズがナイ。
厚かましくも、ナニかの雑誌に紹介されたかと、本気になって探したり。雑誌は勿論のこと、アスキーの、「ホームページベスト5000」に至るまで本を取り寄せてまでの調査です。
そやけど、そんな気配ナシ。頭を冷やせば、そんなハズないよなあ。そこまで有名でもナシ。出版社からの連絡もナイやんか。
それではナニがあったかと我が道を振り返ってみれば、昨年の暮れ全ページを対象に検索サイトに登録しただけ。
イマ、CGI・BOYを張り付け、様子が分かる。一番が、Yahoo、ツギがgoo。そして、GOOGLEがあって、OCN。その他、MSN等、諸々有りますが、GOOGLEなんか凄いやないか。
登録したのさえ忘れてたのに先方がサイト全体を定期的に自動更新してるのやて。
暫くの期間、登録停止やったのが、最近再開した。是非ともこのページをご覧の皆様にはサイト登録をお奨めする次第也。ついでなら、我がサイトをリンクしといてやなあ。
とか、イロイロ云うてるワリにアクセス向上対策など近頃やってナイ。
理由は簡単、アクセス向上と共にパソコン大魔神への質問件数も急上昇。幾らナンでも、大魔神の対応にも限度アリ。ここはチと様子を見てからにしましょう。
さもなくば、噂の如く、斯くの如く気難しい大魔神のこと。イツ炸裂してしまうかと気が気でナイがな。既に、炸裂してるやもシレンのや。
これ又、余所事ではナイ。私もタダでさえ健忘症気味。睡眠時間をえぐり取られ、日中でも頭がフラフラ。眼はチカチカ、肩はコリコリ。
フレッツでもナイから電話代もバカにはナランのやで。そやのに質問者の皆様には掲載の旨、メールでご連絡させて戴いて。
にも関わらず、掲載場所が何処か分からんから教えてクレ。
教えてやってもマダ分からんやて。そんな、うすらバカまで相手して、余計に電話代も跳ね上がり、ホンマに蹴飛ばしたろかいな。
シマイにはお家の大魔神様。別名、山の神様。
この穀潰しと罵られ、勘当されるやも知れません。
(01/03/14)


NO.37 切り番獲得記念品(1)

本日、TOP50の15位也。一つ順位が上がってしもた。
日本語云々サイトは総合順位が急降下。最高位1位で、本日20位也。
タマにしか更新してないのにこの順位なら立派なモンやで。などと、なめたらアカンのです。
ヤタラ、変動の激しいサイトで、日に十数万獲得。かと思えば、明くる日数十やったりして、ワケが分からんのです。
我がサイトではそんな無茶苦茶な変動ナシ。最近なら、ホボ三千から五千の範囲です。
日本語云々サイトなら十数万獲得の大砲一発。タチマチにして、席順入れ替わり。チナミニ、「sの部」の順位に変動ナシ。
それならば、総合1位はナンやと思う。「世界の写真家の写真集」
何度か探索したけど、迷路状態。辿り着いた写真集の中味は大凡察しがつくやろな。Nude写真集。ではあれど、所謂、アダルト・サイトではナイのです。
ナカナカ、綺麗な写真やから、お気が向けば、ドオぞご勝手に。イヤ、私は二度しか訪問してません。ウチ一回がコンカイで、説明するからには気分憂鬱なれど再確認せにゃならんがな。
さて、アクセス向上を目指して、メルマガ(注1:参照)、検索サイトとリンクには触れました。
そのホカには、カウンターの切り番踏めば、ホーム・ページに掲示してくれる。或いは、気前ヨク、記念品進呈の企画なども存在する。
私の感覚ではホーム・ページに切り番獲得オメデトさんと掲載して戴いても、ハンドル・ネームではサッパリ分からんし、本名にしたところで何処の馬の骨かも分かりませんで。分かった処でドオなんや。
イヤ、これは掲載されたご当人様がヤッタで、載ったと悦んでくれたらヨイのです。云うても、感激も一時だけと毒ついてはイケマセン。
それならば、素晴らしい記念品でも差し上げましょう。私自身、切り番踏んで記念品を戴いたことがアル。されど、効果の程には疑問也。
真意はこんなことで戴いてもヨイのかなあ。ナニヤラ後ろめたい気がするのと切り番前後のアクセスは上がれど、過ぎれば急減することがある。一番の問題は記念品を一見さんが横取りしてしまうこと。ネットの世界では致し方ナシなれどです。
実は、斯く申す私も考えた。カウンター一万の時、残念乍ら名案ナク素通りしてしもた。
ツギは五万を記念してドオしたものかと考えた。ナニを考えたのか。一見さん絶対お断りの方策やがな。
記念品は無理矢理にでも、インチキしてでも、ナニがナンでも常連さんに差し上げたい。
それであってこそ、常日頃のご贔屓に感謝の意味が有ると信じてる。よって、そんな旨い方策はナイもんかと。
そのマエに記念品はナニがヨイのか。そやけど、ヤッパリ方策が先決やで。そこで、名案が浮かんだのです。その前後、何番までならメールせよ。受理したナカから我輩の独断と偏見で決定するものでアル。
とでも宣言すればヨイのやろ。ここに、カラクリの存在が見え隠れする。
イヤ、コレは当然のことでアル。サイト運営者の独断と偏見で決めてナニが悪いのか。記念品の企画そのものが勝手に決めたこと。その該当者の選定も我が手中に有る。それでナンの文句が有るのか、有ったら、何処からでも掛かって来い。
さりながら、差し上げたい常連さんが複数になったらドオするかやで。
全員に記念品の進呈。ソレもヨシとは考えたけど、ン十人にでもなったらドナイスル。
破産する。イヤ、金額は未定でしたけど。
ハタマタ、常連さんのナカでも、コイツは気に喰わん。このカタには是非とも差し上げたく、受け取っても戴きたい。などと、実の処は女性限定にしてたりして。
それならば、嵐山に「よーじや」のお店があるから、「あぶらとり紙」にでもしとこかい。これで、品物決定やけど、エコヒイキもアカンなあ。
さりとて、メールを出したとしたら、出したホウは期待する。にも関わらずです。
貴方様は残念乍ら我輩の独断と偏見により記念品進呈から漏れました。今後共、宜しく、ご贔屓に御願い申し上げます。
などと、結局の処お断りするのも失礼千万。
私なら、ソオか、ソオやったんか、もおヨイわい。私が気にイランだけやんか。二度と訪問するもんかとなってしまうやろ。
トカトカ、思い悩んでる間にカウンターが五万を過ぎてしもたんやなあ。
イヤ、でっち上げや架空の話ではありませぬ。云うても、実行してナイからオナジこと。
(01/03/15)


NO.38 切り番獲得記念品(2)

京都inetのNO.1は綺麗な女性のNude写真集。
アクセス数では軽く一桁チガウ。広告主の一覧表なるものがありまして、IBM、DELL、三星から、日経BP、パソコン教室、結婚相談所、音楽学校、転職支援会社に至るまで約三十個のバーナーが掲げられてます。それでも、名義は個人になってるけど、ホンマかいな。
ツギなるNO.2は、「京都じっくり観光」。
これは会社か法人か。とりあえず、団体さんで雑誌、本、教科書教材にまで掲載されてるサイト也。邪魔くさいけど、どんなんに掲載されたか教えてヤル。
エーアイ出版、「INTERNET Surfer」。成美堂出版、「実用ホームページ888」。新学社の中学校教材、「国語の新研究」。インプレス、「INTERNET MAGAZINE」。
マキノ出版、「特選街」。NIFTY、「今月のWeb紹介」。WebTVガイドブック、「WebTV」。ごま書房、「ホームページガイド」。日経トレンディにも、小学館の「sabra」にも、日経ネットナビにもです。
ついでに、アスキーの「ホームページベスト5000」にも掲載されたとか。
私は阿呆です。モシカシタラ、我がサイトが雑誌に紹介されたのではと考えて本を取り寄せてまで調査したのは無知蒙昧で勘違いも甚だしい。余程のことがナイ限り、タダで宣伝してくれるもんですか。
掲載依頼を有料で受け付けて、優良サイトと銘打って、売ってやがる。コンチクショウめ。
この、「京都じっくり観光」は三月現在ならアクセス数三四倍の差です。
季節物だけに、これからはドンドン票が延び、益々水をあけられるやろ。現に二月末から伸びだして、この位置に到達した。一月二月頃なら我がサイトとドッコイドッコイやったなあ。観光時季の終焉でどおなるかです。宣伝代を支払おてるワリに、アキマセンなあ。とか皮肉ばっかり云うてます。
イヤ、誤解してはイケマセン。新参組ではナイのです。正確な開設時期不明なれど我がサイトより一年は先輩です。
さて、切り番踏んで記念品進呈以外に随時ならクイズ等の懸賞がアル。
私も切り番を踏んだり、懸賞に応募してデジカメからスヌーピーの置き時計。佃煮とか絵葉書も戴いた。云うても、この四点が全てです。
佃煮は美味しく喰うてしもて、アトのは大切に飾らせて戴いてます。もっとも、デジカメは息子が貸してクレとソレッキリ。私が使たのは一回だけ。これは愚痴ではナイ。私如きにはバカチョン・カメラで充分で、気楽やし、ナニより似おてます。
デジカメが当たったのは昨年始めのこと。立ち寄り先で切り番踏んだら、年賀状が送られて来て。ナンやなご褒美はコレかいな。インチキと思たけど、念のタメ、もしかしてとお年玉番号を調べたら二等賞の景品やった。
そんな具合にアクセス向上のために趣向を懲らし、努力するのも並大抵ではナイ。
私の場合、獲得してウシロメタイ気がしてるのは我がホーム・ページ開設三年。カウンター設置二年になるのに計画倒れでナニもしてないからです。
ナニより難しいのは、進呈の品物はナニがヨイのか。申し込める側にも欲しい物と欲しくナイ物で、申し込まんことを選択する自由がある。ハッキリ云うたら無視する自由。
無視され、敬遠されてしまう程にツマラン物なら意味がナイ。ここに、企画景品選定の難しさがある。
斯く申す私も管理者が四苦八苦して企画されたのに、ハタマタ是非とも欲しいオカタが存在してるやもシレンのに、切り番踏みながら申し訳ナイとは思いつつ景品が気にイランので宣言辞退したことも度々や。
更には、カウンターも完璧ではナイらしい。下手すると切り番獲得でトラブル発生の危惧がアル。私が切り番や、イヤ、俺や。
同時に二名様が名乗りを上げたらドナイスル。失礼乍ら、論争喧嘩裁判する程の品物でなければ円満解決簡単やけど、高級品なら大変やで。云うても、個人サイトがやる範囲で高級品はナイけれど、管理者様も複雑な気分やろ。
勿論、お店に会社等、品物を提示して、意義、目的のある場合はヨイのです。されど、客引きのツモリが応募者が遙か彼方の遠方ではドオなんやろか。それでも、親戚縁者、知人等、旅行のツイデとか、口コミで広まることもあるよなあ。
ソンナ、コンナと考え過ぎたら私みたいに企画前段階で頓挫してしまう。深く考えることなく、ヤルならヤルで素直にご決断を。
コレが一番やけど、結局の処理屈っぽい性格の私には向いてナイのです。
とか弁解ばかりして。
(01/03/16)


NO.39 AccessUp方策余談(1)

全部が全部ではナイやろけど、雑誌に本にと紹介されてるサイトは宣伝広告や。
それを有料で売りやがって、出版社もボロ儲けやなあ。
チナミニ、第3位は投資顧問会社。ナンにも云うことナイわいな。
切り捨てたい処なれど、この人気化は暗雲垂れ込める日本株式市場崩壊で大恐慌の前兆か、ハタマタ、復活の暗示をしてるのか。
ナンでか云うたるわ。日経平均がダラダラと下がってる時なんかは私のソバでウロウロしてたんや。その日経平均が、ガクガク、音を立て急降下。ところがドッコイ、こっちのサイトは急上昇やで。
皆様、コライカンと心配されたのか、絶好の機会到来と判断したのかドッチやろ。イズレにしても、イツの間にやら第3位になって、コンチクショウめ。
イチオウ、探索したら迷路になって、ここでナクとも分かる資料ばっかり羅列しやがって。もお一回、コンチクショウめと云うてやる。チナミニ、我がサイトの二倍から三倍ですがな。
ツギなる第4位がナニかと云えば、欠番やで。京都inet事務局の集計ミスではありません。所謂、覆面サイト。内容を京都inetに登録してナイからで、もしかして、もしかしたらやけど、エッチ系やろかと勝手に想像したりして。それなら、ホカにもあって、27、37、43、45位が欠番や。全部、アッチ系かどおかは知りません。(3月16日現在)
ナイもんは云々出来ませんから、飛ばしてしもて第5位はアルファベット別、「sの部」第一位に輝く意味アリの下着屋はん。
紹介文にナニやら書いてます。セクシーフェミニンなんとかカンとかで、ナンのことやらサッパリ分からず。我輩に女装趣味など有りません。されど、この機会やからチと研究と口実つけて覗き魔宜しく探索した。
まあ、沢山有りましてねえ。男性用セクシー下着と称するものまで有りました。ナンかフンドシみたいなんまであるのです。もおアホクサイから、それだけ見て女性用に移動した。
兎に角、種類が沢山有りまして。アレコレ見てる間に我が心臓の鼓動も激しいなって、もしかして破裂するのやないかと心配やから、中断してしもた。ここは、我がサイトの二倍以内となってます。
ついでに、日本語云々のサイトは、何処行った。昨日のアクセス数37なれど、侮ってはイケマセン。本日約五千。一日分の数字だけなら僅かに追い抜かれてる。
されど、過去一週間分の集計順位ですから、アッチは25位。我がサイトは15位で不動也。
それにしても、ここは無茶苦茶な変動してるから、明日のことは神ぞ知る。相手さんはホカにもありますが、一々紹介してたら日が暮れる。トリアエズ、イマのウチに拍手しといて頂戴。
さて、AccessUpのハナシです。
景品に懸賞は意味ナシとは思てません。一見さんに当たってしもたとしても、それがキッカケとなり、常連さんに変貌してくれたらヨイことです。
ソレに反し私みたいに常連さんにしかヤリとおナイなどと、こんな意固地な石頭ではアカン。
されど、サイト運営者の考え一つ也。スキにヤッテクレ、ヤラセテクレ。余所さんからトヤカク云われる筋合いでナシ。私もトヤカク云われとおナイわい。ただ、こんな方策もアルと紹介してるだけ。
ところで、話がコロリと替わるけど、こんな質問が有ったのです。
掲示板の話で、我がサイト誕生時、ナンで掲示板がナカッタのか。答は至極単純簡潔簡単素朴。掲示板の存在を知らなんだだけ。
当時、まともにネット・サーフィンなんかしたら電話代で破産してしまうがな。
NTTのタイム・プラスにテレ・ホーダイはナカッタし、京都inetのアクセスも京都市内だけ。亀岡からは市外料金とナル。
ここで断ってオク。嵯峨のマンションはその前から借りてますから、インターネットには無関係です。
もしかして、掲示板そのものが一般的でナカッタよおな気もしてる。加えて、当時の相互リンク先でも、設置してナカッタで。してたら、やってたハズやしなあ。
私がホーム・ページを開設するキッカケとなった後輩のサイトでも、投稿された文章を添削のウエ、掲示板方式で掲載してたのです。
それが次第に常識化して、レンタル掲示板の存在を知るに至り採用した。
掲示板を自前にする方策も有りますが、肝心の京都inetが対応してないのやなあ。
そしたら、アクセス数がモット稼げるけど、余所さんも右にならえでオナジこと。
(01/03/17)


NO.40 AccessUp方策余談(2)

我がサイト、当面の目標をドオするか。
トリアエズ、「sの部」一位にでもなったりましょかいな。
メラメラと紅蓮の炎も燃え盛り、意欲も闘志も満々也。
とか、エラソオに云うた処でその一位がワケ有り下着屋はんでは叶わんわい。
アッチは営利目的やし、コッチは大魔神共々持ち出しやんかいさ。元の土俵からしてチガウのやわい。
かと云うて、その差二倍もナイから、まんざらの夢物語でもナイ。さりとて、その方策をドオするかやで。ナンにもナイことナイけれど、そんなにせかさんといてんかいな。
イヤ、ドナタさんからもせかされてませんけど、楽しみはアトに取っといて、ジックリ、料理してやりましょか。
などと、犬の遠吠えだけなら、タダやし、ナンにもならんけど、我輩はその名も「シバケン」で、干支も戌年やわい。そやけど方策がアルのはホンマやで。
「AccessUp秘伝」で臆面もナク、手のウチ晒し出し、掲載してますがな。単に無精で実行してナイだけや。これも、世間衆知のことばっかりやけど、そのマエに、コッチの体力財政共、限界があるから躊躇してると申してます。
されど、見てオレ。聞いてクレ。イヤ、読んでクレ。このまま、我が道を進むことこそ、最大の方策也。
ここでも、再度お断りしてオク。
この「AccessUp秘伝」は、最初、「パソコンあれこれ」に掲載した、「気分爽快」と「続・気分爽快」を抜き出し、手直したものである。
手直しの発端は、我がサイトが人気化するに連れ、パソコン大魔神コーナーのQ&Aが急増したのと、私の掲載分への応援メールも多数戴き悲鳴を上げた。
無論、嬉しい悲鳴ではありますが、副作用として寝不足が慢性化。冗談抜きに、ここンヶ月睡眠時間もン時間となり申した。
イヤ、マトモなご質問に応援メールなら我が頭のナカも冴え渡り、至って快適、疲れも解消なれど、ナカにはご当人は正常なつもりの我が基準からしたら、異常人格的メールも戴くのである。
こんなんが届けば、カリカリ、イライラしてしもてよせばヨイのにツイツイ反論のため長文の返信となり申し、余計に寝不足とナルから、ホンマに蹴飛ばしたろかいなと思う程。
イマや、慢性的寝不足状態。まずはこの対策のタメ、シバシ、サイト運営の労力を軽減せねばならぬと考えた。ハッキリ云うたら手抜きを画策したのです。
加えて、「気分爽快」とその続編の内容など、マサシク我がサイトの歴史を語るもの。
このまま、「パソコンあれこれ」に入れておいたのでは埋没してしまうから、衆目の袖を引くためにも、表題を、「AccessUp秘伝」と改題のウエ、単独掲載してやれば一挙両得、名案也。
軽く考えたのが運の尽き。突入すれば、ナカナカ、大変。手抜きどころか労力倍増。余計に寝不足やがな。
ナンでそおなったのか。
「気分爽快」掲載の発端は気がつけばアルファベット26文字、「sの部」で十位以内になってしもたから、その勢いでもってヤッタヤッタの万歳話を掲載したのが昨年11月のことやがな。云うても、ここが限度やで。と思いきや、年末にはナンとまあ、TOP50に突入してしもてなあ。
これも、ここら辺りが限度やろ。ナンかの間違いで、ハッキリ云うて年末年始の珍事也。
忘年会や、ソレ送別会。明ければ、二千と一年、21世紀也。コンドはドナタ様も、お屠蘇でホロ酔い気分。朦朧とした脳味噌で、カチャカチャとマウスで遊ぶウチ、我がサイトに迷い込んだだけ。
殆どのオカタはお里帰りに、お年始参り。ネット・サーフィンもお休み状態やんか。とは思いつつ、鬼の居ぬ間です。二度とナイ、順位であるからにして、なったのは事実やし、記念すべきである。
更には基準を明確に示すため。イソイソと我がTOPページに京都inet「TOP50」のリンクを貼れど、正直云うて、陥落もスグである。イツ何時でも削除の心ツモリはしてたのです。
ホンマやで。考えてみいな。陥落してるのに、「TOP50」を張り付けてたら無様やで。
最初は、嬉しいから、ウキウキ、ワクワクしてしもて、
『京都inet「TOP50」のページはココです。是非ご参照ください。』と掲示した。
それが、陥落しそおになったトキ、即刻、文字数減らして、
『京都inetTOP50です』
と変更して以来、そのまま張り付いてます。
そのトキも、TOP50から陥落ではナカッタけど、明日にも脱落予知のため目立たんよおにしただけや。
我輩の予知予言など、ヨイことなんか当たったためしがナイ。
不思議に悪いことだけ当たるのに、コンカイのみ摩訶不思議、外れてしもた。
ドナタ様にも気付かれぬ、我輩の複雑にも揺れ動く心理状態を如実に示す裏話也。
(01/03/18)


注2:「メルマガの倉庫」はスパム・メールの原因の可能性があるため、ファイルを削除致しました。
<「SPAM撃退法秘伝」参照>
(追記:03/09/17)

注3:「おもしろサイトの倉庫」は面白くないので削除しました。
(追記:03/09/17)



inserted by FC2 system