みんながパソコン大魔神
閻魔大王<NO.8>

みんながパソコン大魔神
総 合 目 録 趣意書

表題一覧表

NO 表題 起稿 起稿日
48 <眞子さま結婚延期>結婚までに判明して良かった<!> 閻魔大王 18/02/07
閻魔大王NO.7

NO.48 <眞子さま結婚延期>結婚までに判明して良かった<!><起稿 閻魔大王>(18/02/07)


【閻魔大王】 2018/02/07 (Wed) 23:08

まずは、
眞子さまの、婚約者たる、小室圭氏の母親の金銭トラブル発覚<!>

これが、事実ならの大前提での話をするです。

巷の声では、可哀想にと。
母親の話でしょと。
週刊誌も、余計な事をの声多いですが。

一寸待て<!>
自身の子の話として、その子の、婚約者の父であれ、母であれ、借金して、返済してないも、そんな事、当人達に無関係也と、心底祝福出来るですか<?>


圭氏の母親の件、
あくまでもの、週刊誌報道の範疇なれどの、母親の借金が一時には、結婚前提、つまり、婚約してたの相手でして。

圭氏の実の父親は他界してまして、成約ならば、再婚になるですが。圭氏の父親になるですが。
実際には、成立してませんでして、他人様ですが。
ンの、婚約中であれ、他人様ですが。結婚して、初めて、親になるですが。
つまり、母親は、結婚前提とは言え、他人様より、借金、この場合、資金援助を受けたになるです。


別段にの、それこその、独身の母が、再婚については、ご自由にの世界。
それと、その相手の方からの借金なるは、話が違うです。

その借金が無ければ、女手一つで、息子、圭氏を一人前に育てた立派な母親であると、言えるですが。
ならばの、大した母親でして。
片親であれ、何であれの、それは、一切の問題ではありませんです。


で、
借金なるは、誰にでも、大なり、小なりあるです。
住宅ローンは借金の類なれどの、これは、全くの問題に成らず。
理由、そのものズバリの、銀行より借りてましての、金利を含め、キチン、キチンと、返済しなければなりませんです。

で、
それ以外に、勉学のための、奨学金も、返済型のがありで、これも、銀行なり、大学なり、しかるべくの先にキチン、キチンと、返済してる筈。
返済しなくてはならぬです。

返済無用の支給型の奨学金なら、しかるべくの、成績等々、前提でして。ご立派でして。

で、
それ以外に、借金するの、出来るの先、親か<?>
兄姉等の、親族か<?>

一寸待てと、申すは、母親の婚約者、或いは、再婚を考えたの方からの借金なるは、資金援助としても、婚約解消により、返済するが、常識也と。

の前に、一寸待てと。
再婚を考えた方故と、金銭の援助をしてもらうですか<?>
それを、資金援助の金故、返済不要と、出来るですか<?>
これは、金絡みの、交際でして。話簡単には、援助交際<?>


<参考=「【眞子さまご結婚延期】「金銭トラブル」と週刊誌 小室圭さん母親めぐり」(産経ニュース)>

<参考=「【眞子さまご結婚延期】「驚いた」「何があった」 ゆかりの人、困惑の声」産経ニュース)>

<参考=「【眞子さまご結婚延期】「ご結婚の意思変わらない」 宮内庁の一問一答」(産経ニュース)>

<参考=「【眞子さまご結婚延期】「“雑音”心配」「お気の毒」…突然の決定に戸惑いの声」(産経ニュース)>


【閻魔大王】 2018/02/08 (Thu) 02:25

副題=親の事は子に無関係、子の事は親に無関係の非常識がまかり通るの異常

親子の縁は、勘当、絶縁でもせぬの限りは、一心同体也。

まずは、親がした借金故、子に無縁は、言語道断。
知らぬ、存ぜぬでは済まず。
常識的、親の借金、不義理せぬためには、子が返済せよ。
その反対も、同様にしての、金銭にまつわるの不義理、返済せぬは、禍根を残すです。

そもそもがの、数百万円もの大金を何も無しの、呉れるの他人が居てるか<?>です。
そんな大金を、他人より、一度で無くの、多数回に分けてでもの、授受あるは、異常。
その手、話をするが故に、貸すのであり、手渡すのであって。

仮に、その資金で、圭氏が、留学なり、勉学なら、自身のための出費でして。
借金、或いは、他人様より、資金援助で、出来た事。
自身の家庭環境なら、当人、承知してまして。その事を、婚約者であるの、眞子さまに、一言もせぬは、非常識也と。

イヤ、
申してるは、借金も、住宅ローン等々、しかるべくの、返済しているなら、問題には、ならず。
これは、個人からでは無いです。金利含みの、計画的返済前提でして。

子の為には、借金質に入れてでも。
の文言、ことわざ、言い回しがあるです。
誤解すな。返済前提也。


【閻魔大王】 2018/02/11 (Sun) 12:01

副題=宮内庁の大失敗<!>、大失態<!>業務怠慢<!>

基本、結婚なるは、当人同士の意志で、結構。
理由は、我が子を信じる故でして。

秋篠宮一家も、そのよに、進められたと、思うです。
皇族であるからと、一般家庭と、替わらんかと。

がしかし、皇位継承からは、

現天皇=今上天皇<84歳>
第一位=皇太子徳仁親王<57歳>
第二位=秋篠宮文仁親王<52歳>
第三位=悠仁親王<11歳>
第四位=常陸宮正仁親王<82歳>

今上天皇の退位が、2019年4月30日と決定されてるです。
結果、皇位継承第一位の、皇太子徳仁親王が、天皇に即位されるです。

ここで、徳仁親王の次ぎと、なれば、秋篠宮親王で、順当なら、悠仁親王が、即位されるのではと。

で、眞子さま<眞子内親王・26歳>は、皇籍を離れたとても、悠仁親王の姉である。


との、前提あって。
眞子さまの、単なるの友人に非ずの、結婚を前提とした、お付き合いの相手ならばの、事細かに調べるが、宮内庁。

当然にしての、金持ち、貧乏、なるは、時の運。
まあね、金持ちの方が好ましいですが。貧乏も、限度あるですが。
頭の、良し、悪しなら、良い方が好ましくの、悪いも、限度あるです。

その親族に、仮に犯罪者が居たなら、どするやと。
当然の、その、中身に寄るですが。
但し、何も、無いが良いに決まってまして。

申すは、犯罪歴なるは、早々に、あるでは無いです。

では、親族に、障害者あった場合はと。コレ又、その中身、内容にも寄るですが。
無いに越した事は無く。

イヤイヤ、諸般、分かった上での結婚は、結構なると。
後から、ボロボロ出て来るは、所謂の、聞き合わせ等々の調査して無いを意味しの、宮内庁は一体、何をして来たのかと。

その上で、申すの、赤の他人に、誰が、数百万円もの、大金を、与えるのモンですか。
お母様と、結婚の話あるなら、その前提での、解消となればの、返済常識。

その上で、結婚の話あっても、その婚約者より、大金を与えて戴くですか<?>
世間の常識では、ありませんです。

その上で、数百万円程度のはした金、眞子さまの持参金<推定億円>で、軽くの返納出来ると、申すの馬鹿も、居てるですが。
筋違いも甚だしく。
これは、真子さまが結婚後も、皇室出身の一員として、品位を保つがための資金で、元は税金でして。
まあね、その為の出費として、自由にお使いになれば結構ですが。


先日の眞子さまの、話では、交際について、週刊誌報道が先行したと。
経験不足、未熟の事も、触れておられまして。


イヤイヤ、
そんな事を、発表させるの、宮内庁の、職務怠慢<!>甚だしく。


【閻魔大王】 2018/02/12 (Mon) 11:22

副題=ご両人さまが、記者会見で、結婚の件、発表されたのは、その手、聞き合わせ、内偵は完璧にされた上の事かと

世間さま、
眞子さま、小室圭氏がおそろいで、記者会見されたが故、何の問題も無いと、判断したと、思うです。

意味なるは、聞き合わせ、内偵、徹底的に調べ上げたの、上の発表であると。


がしかし、
後日、週刊誌情報で、圭氏、父親の自殺。
母親の元交際相手との、金銭のやりとりの話が、出まして。

されどの、予め、分かっての事なら、宜しいです。
状況より、眞子さま、秋篠宮家が知らなかった可能性ありまして。

さもなくばの、延期発表ありませんです。
その上で、意志替わらずの、結婚されるのなら、コレ又、結構なるの事かと。


結構ねえ。
イヤ、閻魔大王的、大いなるの、疑問あるです。
そもそもが、眞子さま、ご自身のお立場、理解されてるか<?>
秋篠宮家も、大丈夫か<?>

あくまでもの、結婚なるは、当人と、両家のご決定でして、第三者がとやかくの世界でありませんですが。

所謂の皇女が、平民男子と、結婚は勇気あるです。
娶るの、男子、それ以上に、勇気あるです。大したモンです。
或いは、何の思慮もせず、後先考えずの、単なるの、世間知らずの所業か、でして。

当世、身分、皇族、華族、子爵、男爵、貴族、平民、卑属などと、申してみい、人権団体より、猛攻撃受けるですが。

申せば、皇族なるは、
人気商売、ゲーノー人ではありませんです。
現役、退役でもの、一旦は、その芸名、世に出たの、ゲーノー人女子でもを、娶って、どこかの、田舎で、生活してみい。大変でして。
忽ちにしての、村の、町の、市の、町内会の、人気モノになりての、何かと、イベントに、動員されるの可能性がと。

それが、皇女であてみい。
人気商売に非ずの、生まれ、育ちが違うです。家系、神代の時代に、遡れるです。桁が違うです。
世が、世であればの、大名共が、競って、自分にと、名乗り上げたですが。
娶れれば、大いなるの、名誉、箔が付くです。

かと、申しの当世、それが何じゃの時代哉<?>と。


【閻魔大王】 2018/02/19 (Mon) 11:02

副題=週刊誌の大ホームラン也

宮内庁の大失敗、職務怠慢
対して、週刊誌の大ホームラン。


こんな話、ご婚約発表、ご結婚後にでも、出てみい。
それこそ、大問題の、モ遅いです。

そもそもの、圭氏の、親父様が自殺された。
その何が問題か<?>

と、なればの、それを承知の上なら、お好きにして頂戴<?>
がしかし、自殺は、早々にありませんです。余程の事があった筈。

お母様が、知人男性より、金を援助して戴きの、返済云々問題。
これも、世間的、援助交際かと。

でないなら、貸して戴いたの金、返さぬは、その方の、信用失墜で済まずの、下手したら、詐欺罪、前科一犯。
但し、証拠の、借用書あっての話で、この場合、ありませんですが、援助して戴いてたは、事実。

がしかし、これら、当人、圭氏の事で無く、ご両親の話。

親の問題、子に無関係か<?>

親の、子<成人>の、しでかした事は、その子、親が、責任は無い<?>

とは、このところ、特にゲーノー界で、流行ってるの、「責任は無い」は、「無責任」と申すの、発言でして。
世間で、「無責任」が通用してると、これが常識也と、大錯覚のアホウが多く。
されどの、ゲーノー村社会には、通用するの話怪<?>

とか、申したならばの、予測されるの反論。
親が、自殺、借金返済せずで、その子は幸せには、なれんのかと。

論拠も、筋も、デタラメなるの、話をすなと。
この君の幸せは、眞子さまとの、結婚だけか<!>

イヤ、
何度でも、申すの、眞子さまが、全部承知で、親の、親族<皇族>の、心配、反対押し切って、圭氏になら、火の中、水の中。
如何なるの非難、苦労乗り越え、結婚したい。
とされるなら、お好きにして頂戴の世界也。


【閻魔大王】 2018/02/20 (Tue) 00:03

副題=週刊誌情報が事実なら、慎重になって、当然

両親が、そであれば、結婚すら出来ぬのかの話、巷でされてるですか。
まずは、ご当人、眞子さま、両親、秋篠宮が、承知されてるのなら、結構。

それが前提の上で、眞子さま、秋篠宮家には、それ相応のお立場があるです。
平たくには、皇室の方での、世間周知の高名。
交際してるだけでも、週刊誌に載るの方。週刊誌は、それが仕事で、商売である。

余計なお世話と、世間皆考えるなら、買わねば宜しいです。
国民の関心高い故、週刊誌に、又、テレビ報道で、取り上げられるです。

イヤ、
今上天皇の長女、黒田清子さん<48歳>。
黒田慶樹<52歳>氏の奥様になられたですが、黒田氏は、東京都の、公務員。
皇族でも、華族でも無いです。
金持ち、貧乏なら、極普通の筈。
但し、出身校、学習院大学。

イヤ、
その辺り、週刊誌に、この方の素行が、親が、親族がと、スクープされるよな事柄、全くのありませんの、平穏無事。
この、平穏無事が、一番に好ましく。

強いてなら、お子様がと。
だけでして。
これも、結果論にての、仕方が無く。


諸般の事、眞子さまはじめ、秋篠宮家の方々が、承知の上なら、お好きにして頂戴の話。
親であれば、自身の子の結婚について、その相手が、その手、状況を知ったなら、基本、再考を求めるです。


イヤイヤ、借金あるは、構わんです。借金を借金と、認識で、返済してるは、何等の問題無けれどの、返済せずは、道徳観疑うです。
親が自殺は、可成りの慎重になるです。その理由にも寄るですが。


そもそもが、世の無責任発言の根本は何か<?>

結婚は、当事者間で、大方を決めれば宜しいですが。
結婚とは、「家」と、「家」が、姻戚関係になるを意味するを忘れてませんか<?>

眞子さまの場合、今上天皇次男家、「秋篠宮家」と、「小室家」の結婚であり、「姻戚」関係になるです。
「圭」「眞子」だけが良ければ、それで良しの話に非ず。


【閻魔大王】 2018/02/20 (Tue) 10:58

副題=<喝!>噴飯、無責任記事が目障り也<!>

<参考=「眞子さまと圭さん、外野が騒ぐ必要はない」(PRESIDENT Online)>


上記<記事>「も」、無責任も甚だしい<!>
そして、この手のが、目立つです。



さて、
回りくどく、周囲に配慮がため、歯に衣着せた話には、飽きた故、ここから、閻魔大王の言を申す。

そもそもが、眞子さまは所謂の深窓のご令嬢也。
そこに、国際基督教大学同級生の、圭君より、声掛けられた。
ここから、眞子、圭の交際が始まるですが、よくぞ、気楽に声掛けるが出来たな。2人だけの交際に発展したなと、感心致すと同時に、その勇気に感服。

ここまでは、結構なれどの、結婚の話に達するに、圭君、現在の立場にて、妻を娶り、養うが出来るのか<?>

現在、弁護士事務所で、助手的業務をし乍ら、一橋大学大学院に通学。
反対方向からは、大学院生で、アルバイトをしてるになる。
これで、結婚を考えるか<?>
冗談も顔だけにせよ<!>
バカバカしい<!>

眞子さまは、芯がしっかりしている<?>
冗談は、程々にせよ<!>

生まれた時から、皇居。
しかるべくの、警護が付き、保護され、金銭感覚も、市井の、娘とは、全くの違うです。
有り体には、男子が、気楽に声掛けるが出来るの女の子に非ず。
そこを、勇気とするのか、同級生より、初めて、声掛けられ、乙女心を揺さぶった。眞子さまとはいえ、中身、根底、女の子である。

そして、交際が始まり、結婚を意識<?>
初めての、ボーイ・フレンド、男友達故、無理からぬ事也の、知り合って、1年で、プロポーズを受け、交際経験初で、世間知らずの、眞子さま、その場で、受諾。

謂わば、あれよ、あれよの間に、話のみ、進み、遂に、週刊誌で、スッパ抜かれの、後には引けずの、婚約発表会見した。
これが、真相也。

圭君<?>
めざとく、一寸だけ、頭の良い、単なるの、利己主義、チャラ男也。

神奈川県の藤沢市観光協会主催、「湘南江ノ島海の王子」に就任<?>
自身の風貌、外見に自信をお持ちの男子らしいのお。
しかるべくの、定職に就いてから、結婚を考えよ<!>
モ一発、バカバカしいのお。


【閻魔大王】 2018/02/20 (Tue) 19:06

副題=この話、本来的、世に出た段階で、婚約解消が筋

<参考=「【眞子さまご結婚延期】「私たちの未熟さゆえであると反省するばかり」 2020年に延期、宮内庁の発表全文」(産経ニュース)>

この世の中に、圭君にとって、眞子さましか、居ないのか<?>
眞子さまにとっては、圭君しか、居ないのか<?>

圭君にとっては、千載一遇の、大変なる幸運であったは事実。
同じ大学で、眞子さまに遭遇したです。
声掛け、お見事、交際が始まったです。眞子さまも、不用心ですが。
同情するの面多々あるですが。

で、
宮内庁は、何をモタモタしてるのか<!>
単に、結婚を二年後に伸ばすで、宜しいか<?>

宮内庁は、余所事のよに傍観してるでありませんです。
早急に決着付けるべく、動くべきで、眞子さまには、未練あっても、先様には、品格無く、相応しくないと、進言、説得すべき。

イヤ、
この問題、長引き、何の解決になるか<?>
仮に、小室家が、借金返済で、解決か<?>

イヤ、
そんな事でも、あるまいにと。信用失墜してるです。

そもそも、小室家、圭君、この状態で、結婚まで、進めるが出来る、耐えられるなら、相当なるの、強者、強心臓。

ましてやの、警護付きの出勤、通学に、よくぞ、一般人が、大学院生が、耐えるが出来るなと。
お抱え運転手付き故、楽かと。

宮内庁長官たる、秋篠宮家、そして、眞子さまを守るため、圭君には、宮内庁が反対と、通告せよ。
宮内庁長官は、以て、この大失態、責任を取って、辞任せよ。


イヤ、軽々なる話に非ず。
眞子さまは、皇室から、出られる方であるは、世間も、圭君も、承知。
されどの、皇室には、以降、無縁になれるか<?>

品位を保つための、持参金、1億円なにがしも、辞退。新居は、圭君と眞子さま、自力で、調達。
尚且つの、結婚の意思強固、嫁ぐの、娶るの覚悟あるか<?>

長女を無縁にし、秋篠宮家は、耐えるが出来るか<?>
この一連の騒動、それ程の、異常事態也と、宮内庁、秋篠宮家、眞子さまは、認識すべき也。
さもなくばの、前代未聞の禍根を残す。


【閻魔大王】 2018/02/21 (Wed) 00:33

副題=この件、何がため、2年間待つ<?>

1.眞子さま、圭君の、熱が諦めるの期間<?>

2.世間のざわめきが沈静化するの期間<?>

3.発表通り、よりよい結婚の準備が出来るまでの期間<?>

4.圭君が、しかるべくの、定職に就き、眞子さまを養えるの収入を得られるまでの期間<?>


「2」については、収まりませんです。
根も葉も無い、勝手推量の話までが、週刊誌上をにぎわせるです。色んな方が、憶測まじえ、内実暴露するです。
日を追い、収集が付かぬよになるです。

「3」については、この話が表沙汰になって、尚且つ、結婚して、幸せになれるのか<?>
借金、返済せずは、事実故、否定されてませんです。
母、息子の、この手、金銭感覚は、異常であると、断定致す。

「4」については、圭君が、その手、まともなる、勤めが出来るのか<?>
この君は、常人とは、考え方が異なってるです。
むしろ、現職場の、法律事務所も、扱いに困ってるかと。
現時点、秋篠宮家、眞子さまの婚約者でして。圭君も、警護付きで、そのよに、振る舞ってるです。
確かに、延期であり、解消には、なってませんでして。


で、
申すです。
金銭問題、世に出たですが。否定されずで、2年間、結婚準備を進め、無事に結婚で、宜しいか<?>

眞子さま、秋篠宮家が、予め、承知で、婚約発表に至ったのなら、宜しいですが。
有り得ず。

結婚延期の発表が、この問題に無関係で、準備不足とは、嘘八百。

言うまでも無いの、婚約発表が拙速であった。
週刊誌に交際をすっぱ抜かれても、尚、聞き合わせ、内偵、素性調査終わるまで、待つの慎重さが必要であったです。

女性皇族の場合、そこまで、調べずと、するの馬鹿げた話があるですが。有り得ませんです。
当然にして、調べずとも、宜しいのお方ならと。
昭和天皇の五女、貴子様は、島津家でして。
高円宮典子様は、出雲神社の、禰宜でして。
平成天皇<今上天皇>の長女、清子様は、秋篠宮様の学友、黒田慶樹氏。

婚約発表については、眞子さま、圭君が急いだ<?>
又、秋篠宮家は、眞子さまを信用し過ぎた<?>
信用は無理からぬ事なれどの、有り体には、世間知らずのお嬢様でして。
申せば、親たるの、秋篠宮様そのものが、輪を掛けた、世間知らずの、ボンボン也。


よて、
宮内庁役人は、いつまで、もたもたの、何をしてるか<!>と。
長引けば、長引く程に、事態収拾に、面倒加わるです。
既に、面倒になってるですが。


【閻魔大王】 2018/02/22 (Thu) 13:09

副題=結末は如何なるの形になるか<?>

イヤ、
閻魔大王には、分からんです。

但し、閻魔大王の見立てでは、圭なる人物、喰わせ者。
尚、これは、根っからの悪人也と、申すで無い。意図して、人を騙すの、では無い。
価値判断、行動の規範に想像絶するの、ズレあると申す。

この問題、秋篠宮様が、一番に甘かった。
コレ、無理からぬ事と、同情するですが。このままの、成り行き任せでは、皇室そのものが、取り返しの付かぬ大失敗と、相成るです。

且つは、結論を曖昧のままに、放置は、皇室として、会見開き、公表してるからには、出来ぬ話。

要は、どこかで、決着付けねばならぬですが。
当然の、破談の方向也と。
それが、容易なら、会見で、延期でなくの、破談と、申してるです。
容易で無い故、極めての曖昧表現、どちにでも、解釈出来る文言にしたです。

諸般の日程<天皇退位等々>あり、2人も、未熟であったが故、準備期間を充分に取り、慎重に進めると。

申すです。
天皇退位の意向なら、分かってるです。概ねの日程も、内々には、されてたです。
結婚日程、決まれば、決まるで、全体の日程も、相応に進むです。


【閻魔大王】 2018/02/23 (Fri) 11:29

副題=圭君、喰わせ者の意

此度の件、報道されてるの範囲、法律上、何等問題無し。

親父が、祖父が、亡くなったは、犯罪性無い故、自殺。
あっても、被害者なら、問題無く。
もとより、自殺されて、苦労したは、残されたの母子。

母親が、1人息子の圭君に、最高の教育、望むの事は叶えさせてやりたいは、当然での、偶々の、再婚をと、考えたの男性より、支援、援助受けて、何が悪い<!>

これ又、立場的、見方的、替えれば、破談になったの経緯、真相不明なれどの、交際中に、貸した金返せも、身勝手は、身勝手で、母子、被害者でもあり。
ましてやの、圭君自身が、借りたで無く。
資金、何に使われよが、親の考えでして。

これらの事、眞子さまとの、交際中に、眞子さま、秋篠宮ご夫婦に、話をしなかったの問題も、尋ねられもせぬ事、わざわざの、家の内実、説明するの義務無く。
圭君が問題視して無ければ、尚更の、自主的話するの事、毛頭のと。

当人同士で、結婚しましょうで、諾の返答、明確に受理で、親にも面会で、了解戴きの、祖父であるの、天皇陛下にまで、報告され、了解得てるの事也と。

詰まり、圭君には、何の落ち度も、問題も無し<!>
手順的にも、法律論的にも、なと。

落ち度あると、するなら、秋篠宮家の方での、2人の交際を、週刊誌にすっぱ抜かれ、拙速にも、交際認め、結婚の意思あるを、会見にて、公表した事。
拙速とは、圭君の周辺の身辺調査せずであったの事。
これは、世間的にも、驚嘆。当然の、成された上と。

での、
これを、破談とするに、何を以てかと。


ここが、皇室の辛いところ。
世間一般なら、当人同士、矢っ張り、止めましょうで、済むですが。
結納の儀もまだなら、尚更での。

されどの、もめるよなら、手切れ金で済むですが。自己資産から、でして。
されどの、皇族の場合、自己資産は<?>

当然の、国家予算より、賄われておりの、秋篠宮家なら、総額年6710万円。
眞子内親王には、915万円が支給とされてるです。
<注=秋篠宮家総額に含む>

イヤ、
それを言うなら、圭君に付くの、警護は、別経費。


【??】 2018/02/23 (Fri) 16:11

此も一つの欧米化??
グローバルスタンダードのワンステップ

何か亜部といい司る方たちの一つの箍の緩みなのでしょうか??


【閻魔大王】 2018/02/24 (Sat) 09:53

副題=この手、醜聞が出た段階にて、本来的、最早の破談しか、道は無い

ネット上で、週刊誌上で、様々なるの憶測、賛否両論、賑わせたの段階にて、2人の意志に替わらずの、結婚に至って、沈静化するか、結婚生活が上手く行くかと、なればの、甚だの疑問。
余程の強心臓、無神経で無い限りはなと。
との、立場なるを、当事者たる、自覚してるかが、問題でして。

明確、直言的には、本来、この手、醜聞が、世間を賑わせた段階にて、圭君、結婚辞退が妥当なれどの、現在に至るまで、動き無い故、辞退せずを覚悟。
これが、厄介。

イヤ、
皇室以外なら、こんな問題簡単なれどの、皇室故、金銭問題等々なるは、婚約破棄理由に成らず。

そして、このまま、ずるずる、2年もの期間、様子見なるは、眞子さま、御歳26歳。2年経てば、28歳。
それこその、内親王なるの身分で、又、この手、醜聞あって、結婚相手がそは易々の出現致さんです。

引くに、難儀、進むは、地獄と相成ったです。

イヤ、
解決法なら、決まってるです。
小室圭なる人物、眞子さまの立場、幸せを、真剣に思うの、男子なら、自身、悪者になるが一番也。

かと、申しの、それすら、口実難しく。
イヤ、下手な理由申せば、記者団より、質問攻めに会いの、この2人、名実共の、未熟に過ぎての、耐え切れず。

強いてなら、身勝手乍らと、内親王様には、理解得まして、それぞれの道を歩むの結論に至ったと。
理由など、一切の申さずで、結構なると。
平たくは、気が替わったと。

そんな立場なるを、この2人はもとより、秋篠宮殿下、小室母は承知してるかが、極めての、疑問。

イヤ、
圭君、分かってるです。
分かってるが故、眞子さまに声掛け、デートを重ねの、秋篠宮家に訪問し、護衛付きも平然としてられるです。



inserted by FC2 system